高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
8月31日


Indonesia Struggles to Contain Bird Flu Voice of America  (米国) インドネシア、鳥フル封じ込めが泥沼化
 政府の努力も資金難と住民の抵抗に会い、泥沼化。
 非常に良いレビュー。
Questions surround China bird flu vaccine Reuters AlertNet (英国) 中国で開発の鳥フルワクチンにいくつかの疑問
 中国は人に対する鳥フルワクチンを開発し、初期の臨床検査でそれが安全で効果を示すことを確認したと発表したが、世界の指導的専門家は報道を聞いて、より詳細で独立した他研究機関でのチェックが必要であるとコメントしている。
 中国政府が後援している Beijing Sinovac Biotech Coは、今週、人に対するH5N1鳥フルワクチンを、ベトナムで分離されたウイルス株を用いて開発したと発表した。
 最初の臨床テストは6月に終了したが、120人のボランティアが開発されたワクチンを接種され、重大な副作用は無かったとされる。血液検査でも尿検査でも異常は示されず、ワクチンは安全に人に使用できるとSinovac社では説明している。
 4種類の異なった濃度のワクチンが使用されたが、10マイクログラム使用が最も効果があり、78.3%で予防量の抗体が産生されたとされる。会社ではさらなる詳細情報は発表していない。
 しかし専門家は独立した他研究機関でも抗体検査を行ったのか、疑問を呈している。
 ”どんな実験的ワクチンでも、多くの検査で効果を確かめる必要がある”、と香港大学の微生物学者のグアン・イ博士が語っている。同博士はH5N1ウイルスが1997年に香港で初めて人に感染して以来、H5N1ウイルスの研究を続けてきている。
 ”どんなところで作成されたワクチンでも、各段階で多くの独立した研究所(個々に関連性のない)で検査を行い、効果を確かめる必要がある”、と博士は語る。
 中国のワクチンは、中国CDCと協同的に、そして中国科学技術省のサポートのもとに開発されている。
 世界中の製薬会社はH5N1ウイルスに対するワクチンの開発を試みている。
 インフルエンザワクチンは絶えず変異を繰り返しており、専門家達は現在の(H5N1ウイルス)に対して作成されている、前パンデミック・ワクチンが、実際にパンデミックが発生したとき、有効であるのかどうか危惧している。

理論的根拠

 中国の臨床試験の成功発表について、いくつかの疑問が呈されている。
 ”何人の参加者で抗体産生が認められたのか?”、とグアン博士は疑問を呈する。
 同博士はワクチン株としてベトナム株を選んだ理由にも首を傾げる。なぜなら多くのH5N1ウイルス株がインドネシア、北部中国、ヨーロッパ、中東、アフリカで感染を繰り広げているからだ。
 ”この使用した株はインドネシアの株とも、他の地域で出現した株とも違う”、とグアン博士は疑問を呈し、ワクチン株の選択にもっと系統的で熟慮したクライテリアを求めている。
 ”このワクチンは他のH5N1ウイルスに多少の反応は示すだろうし、全く(パンデミックになった際の当該ウイルスに対して)無効ではないと思う。しかし、ワクチンを作るならば、最も広範なウイルス株に対して予防対象を示すワクチン作成を試みるべきであるが、このワクチンの対象は狭すぎる”、と博士は語った。
 一方Sinovac社は、季節性インフルエンザワクチン製造工場を一新して拡大し、2007年から年間2千万人分のパンデミック・インフルエンザワクチンの生産を開始する予定とされる。
Four treated in Indonesia for H5N1 symptoms Reuters AlertNet (英国) インドネシア、H5N1鳥フル症状で4人が治療に
 西ジャワの、人での鳥フル確定および疑い例が多発している地域で、鳥フル症状で4人が病院に入院したと、当局が31日発表した。
 西ジャワ州都バンドゥングの南方90キロのチケレ村で、この2,3週間に少なくとも2人がH5N1鳥フルで死亡したことが確認されている。
 昨晩ガルートのドクター・スラメト病院に3人の患者が鳥フル症状で入院した、とガルートの保健局が発表した。チケレ村はガルート地域に含まれている。3人はチケレ村から来たが、2人は近隣に住んでいる。血液検体はジャカルタに検査のために送られた。3人は退院して自宅で経過をみることになると、病院当局では話している。また3人が住んでいる周辺では死亡した家禽が認められていると言う。
 また8歳の少年が鳥フル症状で入院したことも、病院当局から発表された。

 一方、今週スラウェシ島の病院に鳥フル疑いで入院した5人のうち3人が血縁者であることが、地域の保健省当局者から発表された。3人は従兄弟同士であると言う。彼等の家の周囲には死亡した鶏が見つかっていると言う。また3人は薬を取りに病院へ来たが入院は拒否して自宅で療養しているが、状態は改善してきていると言う。
HCMC airport told to set up bird flu quarantine Thanh Nien Daily (ベトナム) ホーチミン空港に、鳥フル疑い患者隔離場所の設置が要請
 ホーチミン空港管理者側と市保健当局側との会議で、空港側が空港に隔離スペースがないので、疑い患者は救急車で病院へ運ぶと主張したのに対し、保健当局側は他の発熱患者なども病院へ殺到するので、疑い患者の隔離スペースの設置は必須と主張。
Slaughter of live birds at markets to cease China Post (台湾) 市場での家禽の畜殺を禁止に
 台湾は来年4月1日より、伝統的市場での生きた家禽と、家禽の畜殺を禁止する。鳥フルの人への感染予防対策の一環としての措置である。
Indonesia to raise funds for fighting bird flu People's Daily Online (中国) インドネシア、鳥インフルエンザ対策予算増額へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 60人の鳥インフルエンザ感染者のうち46人が死亡したインドネシアは、鳥インフルエンザ対策予算を増額することにしたと世界銀行高官は水曜日語った。
これは世界銀行のインドネシア担当トップのアンドリュー・スティーア氏が、インドネシアのジュスフ・カラ副大統領との副大統領事務所における会見後に発言したものである。
同国が2007年に4,500万米ドルに減額する可能性のあった予算を約5,400万米ドルに戻すだろうとカラ副大統領が述べたと、スティーア氏は語った。
 「(予算が)減るというのなら、それを覆したいとジュスフ・カラ氏は語った」とスティーア氏は言う。
予算減額はインドネシア自身の貢献が低まったと考えられるために資金援助組織の参画を募る努力を阻むことになる、とスティーア氏は語る。
 「我々は、自分の役目を果たすために、国際社会と資金援助組織が参加できる場所で努力するのです。インドネシアの貢献が低くなるなら、そうすることは困難です」と同氏は言う。
 インドネシアは鳥インフルエンザの深刻な被害を受け、同病の症例が増加の一途にある。
スティーア氏は、インドネシアが年間に約2億5千万米ドルを必要としているという点でカラ氏が合意したと語った。
 インドネシアは年間5千万米ドルの負担しかできず、同国が抑制に失敗した場合は他国にH5N1ウイルスが拡大する可能性があるとして、カラ氏は鳥インフルエンザ・ウイルスの拡大を防止するための資金・専門技術の面での更なる国際的な貢献を求めた。
 世界保健機関によれば、1918~1919年の間に鳥インフルエンザのパンデミックで4千万人以上が死亡したという。
5月に北スマトラ県のカロ地区で最大の集団感染が見つかってから、インドネシアは世界の関心の的になっている。この感染で血縁の7名が死亡した。
 スティーア氏は、鳥インフルエンザ対策のため国際社会は6千万米ドルを2007年に拠出する約束をしたと述べた。
しかし同国のアブリザル・バクリー国民福祉・貧困緩和調整相が述べたところでは、この金額は目的に必要とされる上限額で最低  でも約5千億ルピア(5,400万米ドル相当)をインドネシアが割り当てるとしている。
同大臣は国際社会の約束に失望の意を示した。それは現在までにその約束の多くが実現しておらず、例外は小規模の技術的援助だけだからだ。
 鳥インフルエンザ予防・パンデミック対応準備機関議長のバユ・クリスナ・ムルシ氏は、莫大な援助の約束のうち、世界保健機関や食糧農業機関といった専門機関を通じた資材・サービスという形による3,600万米ドルの援助しかインドネシアは受け取っていないと述べている。
 理想を言えばインドネシアは2006年からの3年間で9億ドルが必要だが、同国の能力では1億5千万から1億6千万米ドルしかその期間には拠出できないとバユ氏は言う。
 新華社電
Indonesia: suspected bird flu case Health24 (南アフリカ) インドネシア:鳥インフルエンザ疑い例発生

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシア・西ジャワの60歳男性が、鳥インフルエンザ疑い例の治療のため入院した。この男性は、鳥インフルエンザに感染・死亡した人が他にもいる地域であるシケレの人間である。
 厚生当局筋の話では、この人は入院時に高熱と呼吸器障害を患っていたという。この両者は鳥インフルエンザの症状である。この人は10羽のニワトリを飼っていたが、ガルートの総合病院に搬送される2日前にそのニワトリは突然死亡したと、フランス通信社(AFP)は報じている。
 ここ数日、シケレでは数千羽の鳥が屠殺されたと政府筋は語っている。現時点でインドネシアでは60名の鳥インフルエンザ確定例が発生しており、その内46名は死亡している。これはいかなる国よりも高い数値であるとAFPは報じている。
人 口世界第4位のインドネシアは、鳥インフルエンザ制圧に十分な努力を費やしていないと批判されてきた。専門家が恐れていることは、鳥インフルエンザが更に発生すればH5N1ウイルスがヒトからヒトへ容易に感染する形態に変異するリスクが増大するということである。これによって世界的大流行が誘発しうるのだ。
 8月29日 国営通信Antaraで報道済み。
WHO case definitions for human infections with influenza A(H5N1) virus WHO A(H5N1)症例定義(2006/8/29)
  新規症例定義を発表
 定義症例分類

 調査中事例
   
 疑い例
   
 可能性例1

 可能性例2

 確定例
 
 詳細(訳文)   詳細(英語)

 
Survivors' blood an aid in bird flu fight The Australian (オーストラリア) 鳥フル生存者の血漿が治療に有効
 1918年のスペインインフルエンザの治療記録から、回復者の血漿を治療に使用することで、死亡率と重症度を低下させることが分かった。鳥インフルエンザが世界的にパンデミックになった場合、同様の治療方法が有効な可能性が研究により示唆されている。米国の研究者により、国際的内科学雑誌である「Annals of Internal Medicine」に研究は発表された。

 今日、ワクチンやタミフルのような抗ウイルス剤が鳥フル対策の最前線の手段となっているが、血漿輸注も、価値ある手段となる可能性がある。特に貧しい国々でワクチンやタミフルが容易に手に入らないような国に於いては、非常に有効な手段となる可能性があると、研究者達は言っている。

 この研究発表に関して、さらに血液製剤による、H5N1鳥フルパンデミックに対する対処手段を模索するように、英国のリーダー的免疫学者が主張している。
 ケンブリッジ大学の免疫学名誉教授であるピーター・ラクマン博士は、回復した患者から抗体を分離して、それを患者に使うことを主張している。この方法はすでに免疫グロブリン製剤として、A型肝炎、水痘、および麻疹の患者の治療で用いられている。
 回復した患者から血液を採取して、その血漿にアルコールを加え、いくつかの分画に分ける。分画の一つに、各種病原体に対する抗体である免疫グロブリンが大量に含まれている。この免疫グロブリンをウイルスに暴露された患者に投与する。
 このような試みはインフルエンザ患者では試みられたことはない。理由はワクチンや抗ウイルス剤がより有効であり、また安全であることによる。
 しかしながらマウスの実験では、免疫グロブリンは症状を軽減するのに効果を持つことが示唆されている。

 今回の新研究で研究者達は、スペインインフルエンザ研究に関する当時の8つの研究論文を分析し、時々為された回復者からの血漿輸注が効果を持った、と考えられたことを見いだしている。
 ラクマン教授は、ボランティアを募ってH5N1ウイルスワクチンを投与し、抗体を体内に作らせ、続いてその血液から免疫グロブリンを分離し、患者治療用に用いるのは理にかなっていると語っている。
 また同教授は、パンデミックとなった場合、回復患者から免疫グロブリンを作成し、それを治療に使うことも可能だと言う。しかしパンデミックが爆発的に発生した場合、時間的余裕は十分にないとも、付け加えている。.
Convalescent Plasma: Future H5N1 Treatment? Medgadget.com, (米国) 回復患者血漿:将来のH5N1鳥フル治療法の1つに?
 下記報道と類似内容。



Navy researcher, colleagues make bird flu breakthrough NavyTimes.com (米国) 海軍研究者と共同研究者が、鳥フル治療に新発見
 スペインインフルエンザ患者治療で、回復患者からの血漿輸注が効果を持ったことを当時の文献から確認し、パンデミック・インフルエンザに際し、回復した患者からの血漿を、他の患者の治療に用いることが有用であると論文発表した(Annals of Internal Medicine)。 現在、人からの血漿は、世界中のどこでも分離可能である。
 訳者注:人から持続的に採血し、血漿だけを分離して、他の血球は体内に戻す方法は、赤十字の献血システムでも利用されている。

Dog contracts avian flu Nation Multimedia  (タイ) 犬が鳥インフルエンザに感染
 スファンブリ州で犬がH5N1鳥インフルエンザに感染したことが確認されたが、当局ではパニックになったり、ペットを捨てたりしないように注意を喚起した。
 研究者は死んだ鳥は地中深く埋めるように警告している。
8月30日


Five in Indonesia's Sulawesi tested for bird flu Reuters (国際)インドネシア、スラウエシで5人が鳥インフルエンザ疑いで入院
 インドネシアのスラウエシ島で5人が鳥インフルエンザ症状を呈して入院した。地域当局では家禽の殺処分のための費用を(補償費用)中央政府に求めている。当局者が30日語った。

 中央スラウエシ州の州都であるパルから患者検体がジャカルタの政府検査機関に送られた。
 さらなる詳細は発表されていない。

 パルの農業省は家禽の殺処分のための費用が地域行政府には無いため、ジャカルタの政府に援助を申し込んだ、と語った。

Two more suspected human bird flu patients treated in Indonesia TODAYonline, (シンガポール) インドネシア、さらに2人の疑い患者が治療に
 
インドネシア国営通信Antraで既報済み。
H5 bird flu virus found in ducks in Hanoi TODAYonline (シンガポール) ハノイでH5亜型がアヒルから検出
 ハノイの市場で売られていたアヒル2羽からH5亜型ウイルスが検出された。N基に関しては未定。
 ベトナムではH5N1ウイルスがすでに国内で感染を繰り広げていると考えられている。
China seizes 400 kilograms of fake Tamiflu sold on Internet Raw Story (米国) 中国、インターネット販売の400kgの偽タミフルを押収
 上海市内で摘発。13人が逮捕。上海市内で偽タミフルが製造されていた。
Two more suspected human bird flu patients treated in Indonesia Antara (インドネシア) インドネシア、さらに2人の疑い患者が治療に
 西ジャワの鳥インフルエンザ流行地域でさらに2人が発病した疑いで入院した。
 1人は17歳のアセプ・リドワンで、29日にガルートの病院に入院した。チケレ村の中のランカサラクという集落に住んでいた。同村ではすでに3人が感染している。
 ランカサラクでは鶏がH5N1鳥インフルエンザに感染しているのが確かめられているが、リドワンがそれら家禽と接触したかどうかは不明である。
 またガルート総合病院は昨晩、チガドク(Cigadog)村落から鳥インフルエンザ症状を呈した39歳の男性を受け入れたと発表した。
 他に、チケレ村で死亡した3人が鳥インフルエンザであった疑いが持たれている。
Live poultry easily found at rural markets  The SaigonTimes  (ベトナム)生きた家禽がそこら中にいる地方の市場
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 (サイゴン・タイムス-ドン・ナイ県)当局は多くの予防措置を適用し市民を鳥インフルエンザから保護しようとしている。しかし監督の実施は時には緩いもので、隔離を勧奨するガイドラインにもかかわらず生きたアヒルやニワトリ、卵そして肉が市場で自由に手に入る。
 家禽を供給する全ての食品加工業者が食品の衛生と安全を義務付けられているホーチミン市と違い、ドン・ナイ県のニョン・チャック地区の川を渡れば、買い物客は自由に生きた家禽、その肉や卵を買うことができる。これは勧奨されている市場の安全衛生基準への露骨なまでに明白な違反である。
 更に望めば、売り手にその場で動物を絞めて加工するように頼むこともできる。これは、かなり非衛生的なやり方であることを差し引いても、潜在的な危険性を持つものだ。
 しかし状況の実態は、家禽は1キロあたり30,000から35,000ベトナム・ドン(訳注:約210~245円)、卵は1個あたり1,400から1,500ドン(訳注:約10~11円)にしかならないというものだ。魚や豚といった他の食料に比べ比較的安価なのである。ゆえに、嗜好もあって多くの人がいまも食材として家禽を選んでいる。
 こうした小さな市場の店屋はニョン・チャック地区の大規模工業団地周辺の食堂に食肉製品を供給し、その工場の多くは自社の社内食堂で数千人の労働者に食事を出している。そのため食中毒が劇的かつ壊滅的な影響を地域の住人と経済に与えることもあり えたのだ。鳥インフルエンザ感染が何らかの形で進めば、隣接のホーチミン市にも同様の影響を及ぼす。
 しかし売り手は今も商売の活況を語っている。インタビューを受けた者の中には、客は動物の健康状態や予防のための隔離条件など気に留めないと付け加える者も何人かいた。
Bird flu outbreak would 'hurt economy' The Sydney Morning Herald (オーストラリア) オーストラリア、鳥インフルエンザの大流行で「経済に打撃」 

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 地域的に鳥インフルエンザが大流行した場合、経済的に深刻な被害を被ることになるだろうと大蔵大臣のピーター・コステロ氏は言う。
 「鳥インフルエンザの大流行が発生したら、恐らくこの地域が被りえる最も深刻な経済的ショックとなるでしょう」とコステロ氏はABCラジオに語った。
 このコメントは、来週ベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力(APEC)蔵相会議に先立ってのものだ。
 「大流行が発生すれば国境封鎖が必要になり、国境を越えた貿易を停止することになるでしょう。人の移動を封鎖しなければなりません。多くの企業が生産活動を停止せざるをえないことは明らかです」
 「景気後退となり、それだけでも鳥インフルエンザによる経済的打撃は莫大です。これが我々ができる限りの資金を費やす理由の一つです。実際に多額の資金を投じて起こりうる事態に備えているのです」
CDC発行Emarging Infectious Diseases 9月号発行 (米国CDC)
 鳥フル関連論文多数
 ・Poultry-to-Human H5N1 Transmission, Southern Cambodia, 2005 S. Vong et al.
  家禽から人へのH5N1ウイルス感染に関する研究
 ・Control of Avian Influenza in Poultry I. Capua and S. Marangon
  家禽における鳥インフルエンザ対策
 ・State Plans for Containment of Pandemic Influenza S.D. Holmberg et al.
  州におけるパンデミック・インフルエンザ対策

Biologists Test for Bird Flu in Alaska Washington Post, (米国) アラスカで、生物学者達が鳥フルの調査中  
  


 北極圏の数百マイル彼方、アラスカのノーススロープの凍えるような湿地帯で、生物学者達は致死的H5N1ウイルスを米国に運んで来る可能性ある渡り鳥で、ウイルス検査を行っている。
 
 バロウ郊外の渡り鳥繁殖地を訪れているキルク・ケンプトーン内務長官は、これまで13000羽の鳥を研究者達は調べているが、弱毒性のウイルスは検出されているものの、H5N1ウイルスは検出されていないと語った。。
 ケンプトーン長官は、”万事順調に行われている”、とボランティアの生物学者が検体を収拾するのを手伝いながら、AP通信記者に語った。


State Plans for Containment of Pandemic Influenza Emerging Infectious Diseases (米国CDC発行) 州におけるパンデミック・インフルエンザ対策
 下記報道のオリジナル論文。
States flu pandemic plans are conflicted United Press International  (米国) 各州のパンデミック計画は統一されていない
 非営利団体の Research Triangle Institute International (RTII)が、各州のパンデミック計画を検証し、内容を発表した。パンデミック計画はルイジアナ州以外全てで作成されている。
 RTII事務局によると、ワクチン接種基準は全ての州で統一されているが(保健医療及び緊急業務担当者、ハイリスク患者、そして高齢者)、しかし集会禁止や予防対策に関しては考え方は不統一となっている。
 研究者によると、計画の中には鳥フル発生(パンデミック)の確認と、その封じ込めに関して、詳細なる科学的知識の不足と解釈の混乱が認められるようだ。例えば、パンデミック発生の宣言となる定義がない。
 著者らによると、このような各州のパンデミック計画の不完全さは、国のバイオテロ対策に対する批判と同じように、国からの(内容に対する)指示の弱さに起因しているとされる。
 調査結果はCDCが発行している雑誌である、「Emerging Infectious Diseases」の9月号に発表された。
Ben Tre discovery sparks scare Viet Nam News (ベトナム) ベトナム、ベントレ省でのH5N1ウイルス検出、鳥フル拡大の脅威に
 南部のベントレ省で、アヒルからH5N1ウイルスが検出されたことから、省と地域自治体に拡大対策の強化が求められている。
Quicker Avian Flu Diagnosis Developed International News Service, (オーストラリア) 鳥フル診断迅速診断法が開発
Quicker avian flu diagnosis developed Political Gateway, (米国) 鳥フル診断迅速検査法が開発
 米国の研究者が、これまで1週間以上要していた鳥フルウイルスの詳細情報の検査を、12時間以内に短縮できるマイクロチップを開発したことを発表した。
 開発されたマイクロチップは、多くのインフルエンザウイルス株由来の遺伝子物資で被われている。国立アレルギー感染症研究所長官のアンソニー・ファウチ長官が発表した。
Speedy New Diagnosis Of Bird Flu Virus World Fitness (カナダ) 鳥フル診断迅速キット
 12時間以内に、感染しているH5N1ウイルスの詳細な情報が判明される、検査キットが開発された。
 新テストはFluChipと呼ばれるマイクロチップから構成されており、チップには各種の人インフルエンザウイルスから得られた遺伝子物質、DNA、そしてRNAが含まれている。
 この検査によりウイルスの亜型など多くの情報が72%の確実性(正確度)で判明する、と言われる。
8月29日

Suspected human bird flu case admitted to Indonesian hospital TODAYonline, (シンガポール) インドネシア、発病疑い男性が入院
 
本日のAntara報道と同じ。
ヒト用鳥インフルワクチン、1期臨床試験の結果発表 - 人民日報  (中国、日本語版)
 中国が独自に開発を進めているヒト用鳥インフルエンザワクチンはこのほど、1期臨床試験の結果が発表された。それによると、同ワクチンは人体内で一定規模の抗体を生産することが確認され、10ミリグラムを投与した場合に免疫効果が最も高くなることがわかった。抗体の発生率は78.3%に達し、欧州連合(EU)が制定したワクチン品質基準の70%を超えている。
  1期臨床試験は120人の被験者を対象に行われ、重い副作用を示した例はゼロだった。血液検査、血液生化学的検査、尿検査の結果や、全身および局部への副作用の監察結果などに基づき、人体に対するワクチンの安全性・有効性が基本的に証明された。
  今回のワクチン開発は、科学技術部の支援の下、中国疾病予防抑制センターと北京科興生物製品公司が共同で進めてきた。開発されたのは、ヒトからヒトへの爆発的な感染伝播が懸念されるH5N1型ウイルスの毒性をなくした不活性化ワクチン。現在、2期臨床試験の準備作業が進められている。
Suspected human bird flu case admitted to Indonesian hispital Antara (インドネシア) インドネシア、発病疑い男性が入院
 西ジャワのチケレ村の60歳の男性が鳥フル症状を呈して、ガルートの総合病院へ入院した。高熱と呼吸障害を呈していて、自宅で飼育している10羽の鶏が突然死防止、その2日後に発病したと言う。
 チケレ村では他に3人が鳥フル疑いで死亡している。
New Test Speeds Diagnosis of Lethal Avian Flu Strain New York Times (米国) 新規テストで致死的鳥フルの診断が迅速化
 本日の他報道と基本的に同じ。
Tests rule out Asian bird flu in Michigan swans   WVLT VOLUNTEER TV (米国) ミシガン州の白鳥はアジア型鳥インフルエンザではないと検査で判明
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ワシントン ミシガン州の野生の白鳥から検出された鳥インフルエンザは高毒性のアジア株ではないと連邦政府筋は述べた。
最終的な検査によって、白鳥が感染していたものは低毒性のH5N1ウイルス株であることが確認されたと農業当局は語った。比較的無害なウイルス株が北米の野鳥から検出されることはよくあることで、人間に脅威をもたらすものではないとしている。
高毒性のウイルス株は家禽に猛威を振るっており、世界中で少なくとも141人を死亡させている。
Pregnant Indonesian Woman Takes Tamiflu Washington Post
 (米国) インドネシアの妊婦にタミフルを投与


 インドネシアの医師団は、鳥フル症状を呈した妊婦にタミフルを投与しているが、28日、タミフルは2ヶ月の胎児に影響をもたらさない可能性を確信した、と語った。
 しかしこれまで妊婦に対する適切なデータがないため、研究者達は注意深く経緯を見守ってゆく必要がある。
 WHOとスイスのタミフル製造製薬会社では、胎児に対する危険性発生を正当化出来るだけの、妊婦に対して利益があるならば投与決定すべきである、と語っている。
 北スマトラの35歳女性を治療しているルフル・ソエロソ医師は、患者は1週間以上タミフルを服用しているが、これまで胎児に対する影響は出ていない、と語っている。
 同医師は、継続する高熱と高級困難に対して同時に投与している強力は抗生物質の方が、胎児に対してより危険性があると語っている。

 この情報は27日に台湾ポストで既報済み。
AFRICA: WHO urges greater preparedness for avian flu Reuters AlertNet (英国) アフリカ:WHO、鳥フル対策の強化を急ぐ必要あると警告
 WHOは28日、アフリカ諸国が適切な対策をとらない限り、アフリカ大陸で鳥フルのパンデミックが発生する脅威が続くと警告した。
 ”この(鳥フルパンデミックによる)破滅的大被害を防ぐには、政府が対策のための予算付や、各機関総動員の国家的対策に指導力を発揮する必要がある”、とWHOのアフリカ地域長官であるルイス・サンボ長官が、エチオピアで開かれたWHOアフリカ地域委員会で語った。
 さらに次のように付け加えている。
 ”政府の対策は国際的に十分協力され、十分資金援助され、そして平等の理念に基づいたものでなければならない”。
Amid planning, officials say education best weapon on bird flu Kansas.com, (米国) カンサス州保健当局:鳥フル対策の他に、住民教育も最善の対策と
 カンサス州内ではすでに水鳥のウイルス検査は行われていて、またパンデミック・インフルエンザ対策計画が数ヶ月間に渡って練られている。しかし州と地域の保健当局者達は、もしカンサスにパンデミック・インフルエンザが流行した場合、公衆に対する教育が最善の武器となるだろう、と28日発表した。
CDC announces test distinguishing bird flu Columbus Ledger-Enquirer, (米国) CDC、鳥フルを鑑別できる検査法を開発
 人が鳥フルに感染したかどうかを、検査室内でチェックする生物学的マイクロチップ検査法が開発された。
 ”Flu Chip test ”は、コロラド大学とCDCで開発された。詳細は「Journal of Clinical Microbiology.」に発表される。
 本年度当初、連邦当局者は、人がアジアで流行している鳥フルに感染しているかどうかを、4時間で確認する検査法を発表した。
 しかしこの方法では陽性か陰性かの判断だけで、それ以上の情報は得られない。この新テストでは、12時間要するが、特異的亜型名、ウイルスの地理的発生場所も確認できる(例:H5N1インドネシア株、香港株、または青海省株等:訳者注)
 ”このテストではより多くの情報が得られる”、とコロラド大学のカシー・ロウレン博士が語っている。
 この検査方法では、人が感染しているインフルエンザの全ての亜型をチェックできるから、米国内と海外の研究者達に多大の恩恵をもたらすだろう、と同博士は付け加える。
 Flu Chip testでは、顕微鏡用スライドの上、直径1インチの中に55個の各種ウイルス遺伝子を含んだ試薬がロボットのアームで滴下され、それは次ぎに患者から分離されたウイルス遺伝子の断片を含む検体の中に浸けられる。研究者は顕微鏡下で、患者からの検体がスライド上のどの試薬と結合するかを監察する。
 (In the Flu Chip test, a robotic arm drops spots of various flu viruses' genetic material onto a microscope slide. The 55 spots are each one-hundredth of an inch in diameter. The slide is immersed in a liquid containing flu gene fragments from an infected person. Scientists watch to see if genetic material from the infected person binds to any of the material on the slide, indicating a match.)
 これまでの評価では、検体の72%でウイルス株の完全な性格付けが可能だったとされる。
Quick Diagnosis of Flu Strains Possible With New Microchip Test eMaxHealth.com (米国) インフルエンザウイルスを同定するマイクロチップ利用の新迅速テストが開発
 コロラド大学とCDCの研究者がマイクロチップを利用したインフルエンザウイルス株の識別を可能とする、新迅速テストを開発。H5N1ウイルスを含む72種類のウイルスが同定可能となった。12時間要する。
 研究結果がJournal of Clinical Microbiology.に発表される。
 現在米国の数カ所の施設では数時間でインフルエンザウイルスの型が判定可能であるが、高度の生物学的安全性を有する設備が必要であるが、今回開発されたキットでは、要求される生物学的安全性は低レベルで構わない。
8月28日


Tamiflu's Effect On Pregnant Indonesian Woman Monitored  Easy Bourse (フランス) インドネシア、妊婦に対するタミフルの影響を監視中

JAKARTA (AP)--I
 インドネシアの医師団は、妊婦が鳥フル症状を呈した後、タミフルを投与し、その影響に関して観察中であると、28日発表した。
 35歳女性は北スマトラ州で治療中であるが、1週間以上タミフルをすでに服用しているが、胎児に対する影響は今のところ何もないと言う。しかしながら発熱と呼吸困難は続いている。
 このニュースは昨日のChina Post(台湾)でも報道されている。
Avoiding bird flu pandemic Jakarta Post (インドネシア) 鳥インフルエンザ・パンデミック回避のために
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシア、ジャカルタ・ポスト 社説 8月28日

 最初に述べるのは、暗雲の中の光明だ。数年前に、つまり新秩序政府(New Order government )が健在だった1998年以前に鳥インフルエンザの災厄が襲来していたら、と想像して欲しい。あの頃、鳥インフルエンザが発生していたら、恐らく状況は今日よりもはるかに酷いものだっただろう。報道は今ほど自由ではなかったし、政府は「重要な」問題について口を閉ざすことが多かった。あの頃ならば鳥インフルエンザは、我々が気づかぬうちに数百人を殺す姿なき殺人鬼だっただろう。今日、少なくとも報道機関には政府に真実を語るように迫る力が以前よりもある。
 しかし昔のやり方はなかなか消えうせるものではない。H5N1ウイルスが始めて検出された3年前、政府は最初は否定していた。これは明らかに過去の置き土産だ。動物飼育業界は問題をもっと率直に把握しており、厚生省と意見が食い違っていた。鳥インフルエンザが発症し死亡する人がますます増えてから、厚生省は同業界の警告が真実であると認めざるをえなかった。過去の不透明な政治文化は、それほど強かったのである。いま、変化が起こり、政府は進んで重要な情報を伝えるようになってきている。
 現実にはっきりしていることは、鳥インフルエンザ治療に効果的な薬はまだないということである。今週、政府は西ジャワのガルート地区の村でヒト-ヒト感染は発生していないとした。
 ヒト-ヒト感染は起こりうる最悪のシナリオである。鳥インフルエンザ・ウイルスは常に変異しているが、まだヒトからヒトへ容易に感染する形にはなっていないと専門家は口をそろえている。しかし、この国で既に検知されているいくつかの集団感染は懸念するのに十分な理由である。
 昨年来、国際社会はインドネシアを細心の注意を払って見つめてきた。インドネシア発の世界的な鳥インフルエンザのパンデミックが起こるかもしれないという、恐れに駆られてのことである。こうした詮索は、一つには政府の鳥インフルエンザ対策への締りのない取組によるものだ。また、この国で衛生のレベルが一般的に低いためでもある。鳥インフルエンザに関する一般社会の教育活動がいまだ不足して、多くの家禽飼育労働者がいまもマスクをすることを嫌がっていることも障害となっている。もし鳥インフルエンザウイルスがヒト-ヒト感染型へ変異するとしたら、それはインドネシアであるだろうと、多くの専門家は口には出さないが信じている。
 政府は先に感染地域での鳥の大量駆除のアイデアに費用の理由で反対した。しかし我々のために海外の資金援助が注入さたとき、我々は効果がないと分かっている鳥ワクチン・プログラムに頼ってしまった。2003年にジャカルタ近郊のタンゲランで鳥インフルエンザ・ウイルスが最初に確認されて以来、現在全国33県のうちの29県に拡大してしまっている。
 ヒト-ヒト感染はないという政府の最新の主張が正しいとしても、そうなる可能性は高い。47名が死亡し症例が増加している現在、インドネシアは世界最悪の鳥インフルエンザによる死者数を出している。こうした事実にもかかわらず、政権・官僚の間にも危機感はない。
 インドネシア人は生命を軽々しく扱う習慣がある。その習慣をどのように見るかによって、良い態度にも悪い態度にもなりえる。我々は人の命の価値を気にしないことが多い。特にその命が自分の直近の家族や親戚に関係なければ尚更だ。この国では人の命は安いものだという皮肉な主張は、確かにある程度の真実を含んでいる。
 公平にいえば、政府は手一杯だ。この国は長らく多くの危機に悩まされてきた-広範囲の腐敗、失業、貧困、法の確実性の欠如、無限に続くかのような恐ろしい規模の自然災害。しかし、こうしたことはこの疾病と闘う決意をためらうことを意味しない。
 勝算を高めるために、こうした活力のない態度をやめなければならない。政府は最早、秘密主義でいる必要はない。より確固とした態度でこの災厄に取り組むべきで、そのために自由な報道を利用すべきなのだ。
 ジュスフ・カラ副大統領は先日、中央政府の感染地域での鳥の駆除命令を地方政府が実行していないと述べた。今カラ氏は、どうしてそうなのかという理由を見出すべきだ。地方政府が資金を横領しているならば、厳罰を科すべきだろう。人命がかかっている場合に、無頓着ではいられない。
 これまで毎年、我々は有害な薄煙を近隣諸国に垂れ流してきた。我々は本気で鳥インフルエンザをそうしたリストに加えたいのだろうか?


China: Tests Find Bird Flu Vaccine Safe WJLA (米国) 中国;人用鳥フルワクチンの安全性を確認
 下記と同じ内容。
China says initial tests find bird flu vaccine safe(Updated 02:10 ... China Post (台湾) 中国、人用鳥フルワクチンの初期テストで安全性を確認
 下記と同じ内容。
China: Tests Find Bird Flu Vaccine Safe Forbes (国際) 中国:鳥フルワクチンの安全性を確認
 中国が開発した人用H5N1鳥フルワクチンが、最初の安全性検査で確認されたことが、政府のニュースで、28日発表された。
 研究者達はワクチン開発を昨年から行っており、政府によると大量生産の準備段階に入ったとされる。しかし、どんなワクチンでも人に用いられる前に、度重なる安全検査が必要とされている。
  検査は北京の病院で、昨年11月から今年の6月まで6人のボランティアを対象に行われた。国営通信の新華社の報道による。
 研究者達によると、”ワクチンは投与した段階では、安全で効果を呈した”、とされる。新華社はさらに詳細な内容や、今後の予定については触れていない。
 検査は中国CDCと、中国製薬会社であるBeijing Sinovac Biotech Co.によって行われた。
 中国当局によると、ワクチンは家禽農場従事者のようなハイリスクの人間にとって、意味があると言っている。
 米国の国立アレルギー感染症研究所でも、人に対するH5N1ワクチンの臨床試験が行われている。
Vietnam finds H5N1 virus on duck farm Reuters AlertNet (英国) ベトナム;H5N1ウイルスがアヒル農場で検出
 今年度、人での鳥フル発生を認めていないベトナムで、小さなアヒル農場でH5N1ウイルスが検出されたことが、28日、家畜保健当局者から発表された。
 南部のベントレ省であるが、その近隣のラオス、中国、タイではこの数週間に新規のH5N1が家禽の間で発生している。
Frozen poultry from Egypt seized  The Peninsula (クエート) エジプトからの冷凍された家禽を押収 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ドーハ当局は先日、ドーハ国際空港で大量の冷凍された家禽を押収した。これは休暇から帰ってきたエジプト人の団体が持ち込もうとしたものである。
 エジプト人が絞めた鳥を持ち込むことは、普段ならば通常の習慣であるとあるアラブ日刊紙は述べている。しかし現在は同国が鳥インフルエンザ発生を報告していることを考えると、ドーハ当局が認めるわけもなく冷凍の家禽の押収を決めた。
 しかし国家厚生局(NHA)局長のイブラヒム・アル・シャー博士は、冷凍された鳥から鳥インフルエンザ感染が起こりうるかは医学的に解明されたわけではないとしている。
 けれども、衛生教育センター長のイザーム・アブドゥ博士は異なる見解をもっており、冷凍された鳥から鳥インフルエンザ感染が起こりうるとしている。
Northern province raises flu fear from border smuggling Viet Nam News, (ベトナム) ベトナム;北部の省で、国境を越えた密輸による鳥フル侵入の脅威
 北部の高地のレイチャウ省(Lai Chauでは、国境を越えて隣国の中国から密輸されてくる家禽によって、鳥フルがもたらされることを心配している。
 不正に運ばれてくる家禽は、国境の監視官に没収されていると言われているが、不安感は消え去らない。
 レイチャウ家畜保健局によると、今年に入って家禽を含む家畜の密輸を23件、検出したとされる。
 しかしその数は省に入ってくる密輸家禽の三分の一から四分の一に過ぎないと推定されている。
 レイチャウ省で消費される家畜および家禽産物は、ほとんどが輸入品である。
 レイシャウの町には10軒の家禽屠殺(トサツ)業者がいるが、ほとんどは密輸された家禽を対象としていると考えられている。
 消費者は地域の家禽と密輸家禽の区別は出来ない。
 レストランや市場で提供されている家禽のほとんどは、密輸されたものと推定されている。
 家畜保健局のスタッフによると、中国から密輸されてくる家禽のほとんどは雌鳥であり、鶏冠と大きな卵巣だけで、地域の鶏と区別がつくとされる。しかし屠殺(トサツ)業者によって両方は除去されて市場に出荷される。
 密輸された鶏は1kg当たり2万VND(ベトナムドン:140円)で買われ、5万5千~6万VNDで売られる。
 捕まったときの罰金に比較すると利潤が大きいため、密輸はなかなか無くならない。 
8月27日


Pregnant bird flu patient may add to information on Tamiflu China Post (台湾) インドネシア、鳥フル疑い妊婦、タミフル服用
 インドネシアの鳥フル症状を呈している妊婦が、タミフルを服用することに同意した。同薬はWHOにより鳥フル治療と予防に推奨されているが、胎児に対しては危険性があるかも知れない、と医師が語っている。
 35歳の妊娠8週目の女性がH5N1ウイルス感染の可能性があることから、タミフル服用を開始した。北スマトラの州都メダンのアダム・マリク病院の医師、ルフル・ソエロソ氏が語った。
 医師達はこれまで妊婦に対してH5N1ウイルス感染の治療の経験はない。そしてこの事例のH5N1ウイルス感染が確かめられたら、重要な情報を提供することになる。WHOによると、妊婦に対するタミフルの使用に関して何ら情報はないと言う。ただし、動物実験では、直接的にも間接的にも、妊娠または胎児の発育に対して、悪影響は認められていない。WHOはこの3月にそのように発表している。
 ”我々は彼女の生命を救うことを優先する”、とソエロソ医師が語っている。女性は、タミフル服用により胎児に何らかの影響があるかも知れないと言うことは知っているようだ。
 訳者注:8月19日の報道で妊娠14週の女性が鳥フル疑いで入院したことが報じられていた。他報道では32歳とされる。西ジャワ州都の、バンドゥングのハサン・サディキン病院であるから、今回の事例(北スマトラ)とは異なると思われるが、先の事例に関してはその後のフォロー記事がない。先の事例でタミフルを投与したのかどうかも不明。投与していたなら、今回の事例が初ではないが…。
米国、11801羽の野鳥検査でH5N1ウイルスは検出せず National HPAI Early Detection Data System (米国)

 April 1, 2006 ~ August 25


W Java's Garut to cull 2,000 fowls to prevent spread of AI Antara (インドネシア) 西ジャワ、ガルートで2000羽の家禽が殺処分に
 27日、18日に数カ所の村で。
8月26日


If flu pandemic hits, California likely first, so county prepares Inland Valley Daily Bulletin, (米国) パンデミック・インフルエンザが発生した場合、米国で最初にカリフォルニアに上陸の可能性
 メキシコと国境を隔てている、経太平洋貿易港と空港の存在、渡り鳥の太平洋フライルート等が理由で、最初にパンデミック・インフルエンザが上陸する可能性が高い。それ故州は対策に乗りだしている。
Vietnam finds bird flu in poultry for second time this month Thanh Nien Daily (ベトナム) 今月2度目の家禽に於ける鳥フルウイルス検出
 南部メコンデルタ地域のベントレ州で1羽のアヒルから鳥フルウイルスが検出されたと、州の家畜保健局が発表した。定期検査で見つかった。ウイルス株については不明。
Bird flu: Culling 'can continue  iafrica.com (南アフリカ) 鳥インフルエンザ:駆除は「続行可」
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 プレトリア高裁はゴーテン首都圏州農業省に、密輸された水鳥の駆除を続行するための禁令を認めたと政府筋が金曜に述べた。
ゴーテン農業省スポークスマンのスティーブ・ギャレイン氏は、これは鳥インフルエンザ予防のためになされるものだと言っている。
 禁令はゴーテン首都圏州とノースウエスト州の農家が鳥の駆除中止を求めたことに対するものだ。
駆除はオランダからの卵の密輸への捜査に続くものである。
捜査はゴーテンとノースウエストの農家各一戸で実施されていた。農家はどちらも隔離されている。
禁令のまえに、573羽が既に駆除されている。
 「南アフリカは鳥インフルエンザがない状態を保つことを決意しており、少なくとも過去3ヶ月間に鳥インフルエンザが発生した国から生きた鳥、家禽そして家禽製品を輸入できないようにしています」とギャレイン氏は言う。
 南アフリカのスーパーマーケットのニワトリ・ダチョウ製品は、安全に消費できることを保証されていなければならないとギャレイン氏は言う。鳥の駆除はプレトリアのボン・アコードで実施される。
Three Indonesians hospitalized for suspected bird flu People's Daily Online (中国) インドネシア、3人が鳥フル疑いで入院
 中央スラウエシ州で3人が鳥フル疑いで25日、入院した。
 2歳と1歳半の子供、および21歳の主婦が高熱と呼吸障害で、州都のパルのウンダタ病院に入院した。
 3人が住んでいるカモンジ地区では、最近鶏が鳥フルで死亡している。
Scientists launch effort to share avian flu data CIDRAP (米国) 世界の研究者、鳥フルウイルスのデータの共有に向かって結束
 昨日(24日)、世界の中心的医学研究者達が、H5N1ウイルスを含む鳥フルウイルスの広がりと変異を、より迅速に詳細に知るために、ウイルスの遺伝子情報や他の情報を公開する国際的協会を設立すると発表した。

 24日に出版された(世界的科学雑誌である)Natureの「編集者への手紙」に、70人の研究者と保健当局者が、「鳥インフルエンザ情報共有の国際推進機構(Global Initiative on Sharing Avian Influenza Data (GISAID)」設立に賛同し、参加の意を表をした。
 (以下 Initiativeを推進機構と訳しています)。
 「手紙」の著者には米国CDCのインフルエンザ部門の責任者であるナンシー・コックス博士、H5N1ウイルス遺伝子情報の共有に関する主唱者である、イタリアの獣医学ウイルス学者のイラリア・カプア博士が含まれている。
 ”推進機構ではこれまでインフルエンザ情報の共有を妨げていた各種の要因の排除に、参加者が協力して努める。目的は情報共有を図ることにより、世界の研究者がウイルスの広がり、変異、そしてパンデミックへの可能性を迅速に、詳細に知ることを可能にするためである。そしてGISAIDのホームページで情報を発信してゆく。
 発表された「手紙」によると、機構は全ての研究者に開放されるが、条件として、参加研究者が彼等のデータの共有、他研究者のデータ使用の場合、それを明確にすること、知見を共に分析すること、そして結果を協同的に発表すること、に同意していることが上げられている。またデータは分析後、少なくとも6ヶ月以内に3つのデータベースに登録されると、述べられている。
 詳細は現在詰められている段階であるが、参加者達は既に存在している公共のデータベースで(まだセットアップしていないが)厳重に管理されるセクションに、彼等の保有する遺伝子情報を登録することに同意している。データは当初、加盟研究者しかアクセス出来ないが、6ヶ月以内に公共からのアクセスが可能になる。
 推進機構は、「国際ヌクレオチド構造データベース協力機構(International Nucleotide Sequence Database Collaboration)に加盟している、3つのデータベースを用いる予定としている;英国のEBML、日本のDDBJ、米国のGenBank。

 昨日の(手紙による)発表は、ウイルス遺伝子情報の応用に関する、今週、第二のビッグニュースとなった。2日前、米国CDCは公共データベースであるGenBankに650種類の人インフルエンザウイルスの遺伝子情報を登録し、以後毎年数百種類のインフルエンザウイルス情報を登録すると発表した。ウイルスは米国内で分離されたものである。(昨日のニューヨーク・タイムズで報道済み)。

 世界の研究者達はこの数ヶ月間、インフルエンザウイルス、特にH5N1ウイルスの遺伝子構造情報が、十分公開されないことに不満を抱いていた。WHOは分析した研究所から情報を得ているが、その公開にはウイルスが分離された国の許可が必要となっている。H5N1鳥フルが蔓延している国の中には、情報を公開することを拒否している国もある。最も流行が激しいインドネシアは長い期間、情報公開を拒んでいたが、今月始めに政府はその姿勢を変えた。
 電話インタビューでコックス博士は、GISAIDのゴールは、人鳥フル事例におけるウイルス遺伝子情報だけでなく、臨床および疫学情報が共有されることであると語っている。
 ”目的は、遺伝子情報だけでなく、臨床および疫学情報が登録され、それらが互いにリンクされることだ”、と彼女はCIDRAP Newsに語った。”遺伝子情報は他の2情報と結びついてより意味を持つようになる”。
 臨床情報は、患者の年齢、転帰(死亡、回復)、病状継続期間、検体採取場所が含まれる、と同博士は説明している。
 ”これらの情報全ては、ウイルス変異を知る上で非常に有用だ”。
 
 Natureにおける発表によると、GISAIDの参加者には、獣医学と医学領域のウイルス学者、疫学研究者、バイオインフォマティックス(遺伝子のデータベースを駆使して病気に関与する遺伝子構造を解析する研究分野)の専門家、および知的財産に関する専門家を含んでいる。

 H5N1鳥インフルエンザが流行して、対策に苦慮している国々における問題は、それらの国で分離されたウイルス情報を公開することによる、それらの国における利益がないことである。例えば、その結果(分離ウイルス分析情報が公開された結果)、開発される薬剤やワクチンは、これらの国にとって高価すぎ、十分な恩恵がもたらされない。
 それ故に、とコックス博士は続ける。
 ”ウイルスが分離された国の知的財産権を守ることが重要で、そのためには、ウイルス遺伝子情報の基本的所属権の保証、そしてウイルス分離国の研究者と公衆衛生担当者達の存在の認識が必要だ”。
 コックス博士によると、推進機構内には、知的財産権問題に焦点を合わせるグループがでてくると言う。そのグループは、流行国の最前線で働く研究者達の功績が正当な評価を受けるように推進し、そしてまた、流行国が(情報提供により)利益を得ることが出来るように、援助可能な方法が推進機構にあるかどうかの模索も行う。
 発生国に対する公平な利益配分に関して、多くの議論が行われてきた、とコックス博士は説明する。
 ”いまだ解決出来ていない問題が多いが、もっと議論の必要ある領域だ”。

 コックス博士は、製薬企業で働く研究者も参加してくれたら助けになると言う。
 ”製薬企業はデータを理解できると思う。そして、例えば、H5N1ウイルスや他のウイルスに対する薬を開発する場合、蓄積されているデータを利用することが出来る”、と博士は語る。
 GISAIDのディレクターはカリフォルニア、サンタ・モニカのボグナー機関の責任者である、ペーター・ボグナー氏である。同氏はNature投稿の手紙の共同著者であるが、著者には他にOIEとFAOの共同鳥インフルエンザ専門部会の科学委員会の委員長であるカプア博士、および米国国立バイオテクノロジー情報センター長のデービット・J・リプマン博士が名前を連ねている。
 Natureの”手紙”によると、カプア博士はこの3月にウイルスデータの未公開主義に対して、一種の謀反的行動を起こした。彼女は自身で解析した、H5N1ウイルス遺伝子配列データを、WHOの厳重に保護されたデータベースに登録せず、GenBankに登録し、他の研究者達にも同様の行動を呼びかけた。
 カプア博士は続いてボグナー氏と共同行動に入った。ボグナー氏は、多くの科学者や政治家達と、この問題に関して話し合っていた。続いてOIEとFAOの共同鳥インフルエンザ専門家部会(OFFLU)が、推進機構の設立を支持した。
 70人のNature letterでの署名者は(賛同の意を呈した研究者)、世界各国の研究者と保健当局者から構成されているが、そこにはH5N1鳥インフルエンザの流行を経験しているタイ、インドネシア、ベトナム、中国、カンボジア、エジプト、、そしてトルコからも参加している。
 コックス博士は、”推進機構は今、発達段階に過ぎない。確かに、多くの支持の声が挙がっているし、行動に対する多大なる熱意も感じられる。でも今始まったばかりだ”、と語っている。
 ”Nature”への投稿手紙

 Global Initiative on Sharing Avian Influenza Data (GISAID)
 

International Coalition Comes Together for Greater Transparency of ... Infection Control Today (米国) 鳥フル情報の透明性確立を求めて国際的連携に
Avian Flu Detection Information on Wild Birds Available Online YubaNet, (米国) 米国:野鳥における鳥フルウイルス検出情報がオンラインで入手可能に
 昨日の報道内容と同じ。
 http://wildlifedisease.nbii.gov/ai/.
Scientists publish letter calling for more sharing of bird flu... CBC News (カナダ) 世界のトップ研究者達が鳥フル情報の共有を求める
 先に報道の「Nature」への投稿内容。
8月25日


Indonesia cuts budget for bird flu fight amid rising cases  ANTARA News (インドネシア)インドネシア、患者急増の最中に鳥インフルエンザ対策予算を削減 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

ジャカルタ(ANTARA News)-インドネシア政府は木曜(24日)、今年、その広大な島々で鳥インフルエンザによる死者が着実に増加しているにもかかわらず、2007年の鳥インフルエンザ撲滅の予算を4,650万ドルに減らす計画であると発表した。
 予算案では2006年に割り当てられた5,440万ドルから引き下げたと、鳥インフルエンザ予防全国委員会長のバユ・クリスナムルシ氏は述べた。
 「今年に比べ、来年は使える資金は小さい」と、クリスナムルシ氏は言う。
 しかし、金額については更に修正もありうるとしている。その理由は、さまざまな政府機関--特に財務省による「再確認がまだ必要とされている」からだと、クリスナムルシ氏は述べている。
 「将来的に予算を修正することは可能だ」同氏は、2日間にわたる自分の組織と海外の資金援助機関の間での話し合いの最後でAFPに語った。
 この話し合いでは資金援助機関は総額4,700万ドルのサービス・資材・資金の提供を約束したとクリスナムルシ氏は語り、援助が使えるようになるのは2008年以降になりそうだとも付け加えた。
 同じ日に既に、世界保健機関は西ジャワ地方の6歳の少女が同国での最新の感染例となったことを確認している。
 インドネシア厚生省が国連機関に認めたところでは、その少女はジャカルタに隣接するベカシの住民で同国で60例目の確定例となっている。このうち46人が死亡しているが、これは世界最悪の数値である。
 WHOの発表では、同少女は8月6日に発症し5日後に入院したとされている。
 「病状は改善しつつあります」スリアンティ・サロソ病院の広報担当のイイハム・パツ氏はAFPに語った。
 少女の感染源は調査中であると、WHOは述べている。
 このウイルスは人間の間では容易に感染しないが、人間への鳥からの感染が増加すれば変異が起こりヒト-ヒト感染になる可能性は高まる。
 研究者が恐れていることは、そうした事態となれば膨大な死者を伴う世界的な鳥インフルエンザの大流行につながりえるということである。
West Java wants poultry kept away from residences Jakarta Post (インドネシア) 西ジャワ、家禽飼育場所を住宅地から離す政策に
Ignorance hampers Indonesia's birdflu fight Washington Post, (ワシントンポスト 米国) 無知がインドネシアの鳥フル対策の妨げ

 カスワリさんは、生きた鶏をジャカルタの混雑した伝統的市場で、この10年以上にわたって売ってきた。しかし彼は、鳥フル防止のための情報を何ら受けていないと言う。
 ”私は鳥フルに関してテレビのニュースで聞いただけだ。でも私の鶏は健康だから何も心配はしていない。私も他の数百人の鶏商人も、鳥フルに感染したことはない”、と47歳の彼は生きた鶏をさばきながら語る。
 ”全ての人の生死は、アラーの御心で決まっている”。

 鳥フルはインドネシアのほとんどの地域で、発生を繰りかえしている。しかし専門家は公衆の無知、当局の業務怠慢、そして対策のための資金不足が、人の感染死を増加させているとの見方をしている。
 インドネシアではこれまで46人が鳥フルで死亡しているが、2億2000万人の人口の同国では、鶏、アヒル、そしてガチョウ飼育が生活の糧を得る主要な方法となっていて、それら家禽が自由に自然の中で放し飼いにされている状態にある。そこでのウイルス駆除は極めて困難な業務となっている。
 インドネシアは鳥フルに対する知識を広めるキャンペーンを行っている。そして家禽の選択的殺処分を行うことを決めた。しかし、香港の感染症専門家であるロ・ウイング-ロク博士は、インドネシアの蜘蛛の巣状の地形と、公衆の鳥フルに対する無知が、鳥フル対策を絶望的なまでに困難にしている、と説明する。
 ”人々に協力を求めるのは非常に難しい。鳥フルが恐ろしい感染症であると信じない人たちもいるし、(治療を受けることで周囲から非難されることを恐れて)治療を遅らせる人たちもいるし、また本当に政府を訴えることすら考えている人たちもいる(家禽の殺処分に対してか?:訳者)”。
 インドネシアの状態を象徴する事件が最近2つ起きている。1つは、今月、インドネシアのティーンエイジャーが検査でH5N1鳥フルが陽性であるにも関わらず、入院を拒否したこと、もう一つは、3人の閣僚が鳥フルが(家禽の間で)流行している地域に視察で入った時、村人達から視察を拒否され、閣僚達の着けていたマスクが剥ぎ取られようとした事件である。
 何人かの農民達は、政府が外貨を得るために鳥フル拡大の噂を流していると非難し(鳥フル対策の国際的援助資金のこと:訳者)、鶏の生肉を食べて抗議行動を起こしさえした。

殺処分

 ベトナムのような国と異なり、インドネシアでは家禽の殺処分は簡単ではない。理由として一つは農民達の猛烈な反対と、もう一つは数百万羽の放し飼いの家禽を対象とした殺処分の困難性が上げられる。
 農民達は殺処分に対する補償費が安すぎることで反対している。完全に育った鶏はジャカルタで3万5000ルピア(350円)で売られているが、政府の補償費は1万~1万2500ルピアに過ぎない。
 鳥フルはいまだ鳥の感染症であるが、専門家は、ウイルスが変異して人の間で感染するようになり、世界で数百万人の死亡者を出すようになることを恐れている。

 今月、西jジャワの家禽の間で鳥フルが流行しているチケレ村で、ウイルスが変異して人人感染を起こしている疑いがもたれた。同村では確定例と疑い例が多く発生している。
 WHOは同地域では人人感染が起きている証拠はないと発表しているが、専門家達によると本当に心配なのは、しばしば人の発病事例が当局によって、ウイルスが環境中に存在したのかどうか説明がついていない事、またどの程度広くウイルスが拡大しているのか不明な事とされる。
 ボゴル農業研究所(Bogor Institute of Agriculture)のウイルス学者であるマルテン・マレロ博士は、政府の初期対応は遅いと言う。
 ”政府の対応が遅いから、鳥フルはいまだコントロールできていない。今や鳥フルは広く拡大してしまっている。我々は大量の家禽を相手にするほどのワクチンを保有していない”、と同博士は語る。博士はインドネシアで最初に発生した、家禽における鳥フルの検出者である。
 政府は対策の労力を主張している。2900万羽近い鶏の殺処分、2億6800万羽の家禽に対するワクチン接種、そして財政困難な中での5000万ドル(55億円)に及ぶ対策のための出費。 
 インドネシアは1月に北京で開かれた国際会議で決議された、19億ドルの鳥フル対策国際基金から、1セントも受け取っていないと、インドネシア財政相のアブリザル・バクリー大臣は今月語っている。
 専門家は、政府は今年度5740万ドルを鳥フル封じ込め対策費に割り当てているが、家禽の殺処分措置を受ける農民への補償費として、もっと予算を配分すべき、と主張している。
 国際援助基金のほとんどは、人での鳥フル予防対策費として提供されており、ワクチンの調達、家禽の殺処分補償費としての割り当てはない。世界銀行のルイズ・F・スクラ発展途上国部門調整官が説明する。
 ”家禽の間で鳥フルウイルスが蔓延し続ける限り、人における発病者は突発的に発生する。10%程度の家禽におけるワクチン接種じゃ効果はない。そして、農民に無償で家禽の殺処分を受け入れさせることは不可能なことだ。ワクチン接種と殺処分のための十分な資金が必要とされる”、とスクラ氏は記者会見で語っている。


Vietnam, Laos to cooperate on human bird flu prevention People's Daily Online  (中国) ベトナム・ラオス、鳥インフルエンザの人への感染防止で協力
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナムとラオスは、鳥インフルエンザのヒトへの感染や新興感染症の防止のために情報の交換や経験の共有などで協力することとなったと、ベトナム通信社は報じた。
 両国は研究目的の標本の交換や研究者代表団の相互訪問、関連セミナーや訓練コースの開催、対鳥インフルエンザ計画、そして鳥インフルエンザのヒトの間でのパンデミックに対抗するための模擬演習も両国の厚生相が木曜日に署名した覚書により実施することになっている。
 ベトナムは流行発生時にはラオスを支援すると、覚書は付け加えている。
 ベトナム厚生省の8月23日の発表によれば同国では2003年12月に鳥インフルエンザが同国に襲来して以降、32地域で93例の鳥インフルエンザ患者が見つかっている。その内42名は死亡している。また2005年11月半ば以降はヒトへの感染例は発見されていないとしている。
 ラオスでは7月に首都ヴィエンティアンの家禽間で鳥インフルエンザが大発生した。今月に入って同国は、基本的には鳥インフルエンザを封じ込めたと発表している。
Birdflu detection information on wild birds now available online News-Medical.net (オーストラリア) 米国:野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスの調査結果をウエブ上で公開に
 HEDDS (HPAI Early Detection Data System)と呼ばれるウエブ上でのデータシステムを構築し、米国内での野鳥における高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルス調査結果が公開された。
 今年の春からこれまで9590羽の野鳥が検査されているが致死的H5N1ウイルスは検出されていない。

Database Urged to Share Bird Flu Data  (ニューヨーク・タイムズ、米国) 鳥フルウイルス情報共有のためのデータベース設立へ
 当情報は米国内および世界各国のニュース
 世界のインフルエンザ専門家達は24日、新規データベースを設立して、鳥インフルエンザウイルス情報を共有することを提案した。彼等が提唱するシステムは、H5N1ウイルス研究を促進し、世界中の国が健康大危機を回避する対策の助けになるとしている。
 世界的科学雑誌の「Nature」に掲載された”編集者への手紙”には、6人のノーベル賞受賞者を含む世界の専門家70人がサインしている。彼等は「Global Initiative on Sharing Avian Influenza Data 」に参加し、研究結果を協同的に公開することに同意している。
 しかしながらWHOの研究者の中には懐疑的見方をしている人もいる。
 ”我々は確かに彼等の主張する精神には共鳴する。しかしこの、鳥インフルエンザウイルスのモニターシステム設立に、どんな目的が関与しているのか不明な部分もある”、とWHOの報道官であるディック・トンプソン氏が語っている。
 この国際的データベースで鳥フル情報を共有するという考え方は、確かに安心感は与えるが、どれほどH5N1ウイルスモニター内容に変化を及ぼすか不明だ。なぜなら世界のトップ研究者達は既に、WHOの鳥インフルエンザデータベースに広くアクセスして情報を入手しているからだ。
 しかしこの数ヶ月、WHOは限られた研究者しかアクセス出来ない”シークレット・データベース”の存在に関して重大な非難を浴び続けている。国連は、データはその検体がもたらされた国のもので、WHOが勝手にデータを公開する権限は持っていないと説明している。(全ての情報が全ての研究者に公開されていないという事実に関しての非難:訳者)。
 鳥インフルエンザが発生している国の中で、情報を国際的に共有することを拒否し、世界におけるH5N1鳥フル対策を危うくしていると非難されている、いくつかの国がある。今月、インドネシア保健省はウイルス情報を、国際社会と共有したいとの声明を出した。
 科学者の世界では、論文発表競争が基本になっていることから、各国や研究機関等は、研究者が研究成果を論文で発表する前に、情報を公開することを、伝統的に嫌う傾向にある。
 ”今回の試みは、さらに世界的に情報を共有するための足がかりとはなるが、全ての問題を解決するとは思えない”、とヨーロッパCDCのインフルエンザ対策責任者であるアングス・ニコル博士は語っている。
 貧しい国々ではウイルス情報を提供して国際社会と共有することが必ずしも、彼等にとって有形の利益とはならない、という考え方が強い。
 ”もしパンデミックが発展途上国で起きたとしたなら、彼等がウイルス情報を国際社会と共有していることで、どれだけの利益を得られるか、予想できないのだろうか?”、とニオル博士は嘆く。 ”そうした問題にいまだ焦点が当てられていない”。

U.S. Pushing for Release of Flu Data  (ニューヨーク・タイムズ、米国) 米国、インフルエンザウイルス情報の公開を各国に求める

 インフルエンザ研究のスピードアップを図るために、米国は今週、650種類のインフルエンザウイルスの遺伝子情報を、公共のデータベースに登録した、と発表した。
 しかしながら現在問題となっているH5N1ウイルスに関しては、いまだ米国内で分離されていないため登録されておらず、登録情報は人の季節性インフルエンザウイルスと、動物から分離されたインフルエンザウイルスに限られている。
 米国はH5N1ウイルスが人に感染し、急速に変異しつつある地域の国、すなわちインドネシア、タイ、ベトナム、そして中国に対して、それら国内で検出されたウイルスの遺伝子情報を公開するように求めている。
 米国CDCのインフルエンザ部のナンシー・コックス部長は、
 ”我々は今回米国が情報公開に踏み切ったことが、他の国々に対して十分な影響を与えるものと考えている”、と語っている。

 研究者、研究機関、WHO、各国政府は、この問題に関してこの数ヶ月論議を続けてきた。
 研究者達が彼等の研究成果が論文として発表されるまで(数ヶ月要する)、分離ウイルスの遺伝子情報を隠し、研究を停滞させていると、非難している研究者もいる。
 WHOは全ての研究室の検体は、その国に属するものと考え、分析された遺伝子情報はパスワードで保護されたデータベースに登録している。しかしこの3月にイタリアの獣医学者が、アフリカとヨーロッパで分離されたウイルスの遺伝子情報を、WHOのデータベースに登録することを拒否し、データを一般公開し、他の研究者達にもそうするよう求めた。
 また今回の米国の発表の中で、インドネシアやタイのような貧しい国家が、国内で得られたウイルス情報を、欧米のワクチンメーカーに売ることを考えていると、非難している。
 5月にジュネーブで開かれた世界保健相会議で、タイ代表は各国で得られた情報の商業的使用を妨げている問題の解決を図ろうとしたと、サンシャイン・プロジェクトの米国代表であるエドワード・ハモンド氏が怒りを露わにした。同プロジェクトは、テキサスとドイツに拠点を置き、生物兵器の開発に反対している。
 ”彼等はゲームを開始したいと言っている。我々はビジネス感覚で、我々と折衝しようとする彼等の考え方に怒りを覚える”、と同氏は語る。
 タイでは、鳥フルは大部分コントロールされている。しかしインドネシアの家禽では全く対策は行き届いていない。すでに46人死亡している。
 西ジャワのガルト地区のチケレ村では新規の集団発生の疑いがあり、現在調査中である。20人近くの疑い患者が発生している。そのうちほんの3人のみが検査室で診断が確定されている。地域の保健当局者によると、予防対策として地域の住民2400人にタミフルが投与された。
 

Glaxo wins EU approval for Relenza Reuters.uk, (英国) グラクソ:リレンザがEUで承認
 グラクソ・スミス・クライン社は、24日、ヨーロッパの15ヵ国から、同社の抗インフルエンザ薬”リレンザ”の、インフルエンザAとBに対する予防的使用が認められたと発表した。
 この決定は、これらの国が現在流行中の鳥フルがパンデミック・インフルエンザに発展した時のための備えとして、リレンザを備蓄の対象とすることを意味している。
 今回の各国の決定には、5歳以上の小児に対する使用許可も含まれている。
 これまでリレンザはヨーロッパで、成人と12歳以上の小児のインフルエンザ治療薬として承認されていた。
 米国においては今年の3月に予防治療用として承認されている。
New global birdflu data body Daily Telegraph (オーストラリア) 世界の鳥フルウイルス情報データベースを設立へ
 世界の70人の科学者(6人のノーベル賞受賞者を含む)と保健専門家が、H5N1ウイルスの遺伝子情報を登録するデータベースを設立することを、世界的科学雑誌の「Nature」の編集者への手紙で発表した。
 H5N1ウイルスの脅威から考えると、ウイルス情報は十分に世界で共有されていないことに、研究者達は危惧しての設立となった。手紙の中に記されている名前には、中国の研究者も含まれ、WHOも全面的に協力すると報道官が語っている。
Global Initiative on Sharing Avian Influenza Data (GISAID).
8月24日

Mekong Delta provinces yet to take birdflu threat seriously Thanh Nien Daily (ベトナム) メコンデルタ地域は、未だ鳥フルの脅威が継続中
 アヒルの飼育、雛の孵化など、禁止行為が続いていて、当局の対策も十分とられていない、等。
N. Sumatra reports suspected birdflu case; monitoring continues ... Jakarta Post (インドネシア) 北スマトラで疑い患者発生;ガルト村での監視は継続中
 
 北スマトラのメダン近くのシマルングンで人の感染疑い例が報告された。政府は、北スマトラでは十分コントロールできていると発表してきている。
 35歳女性がアダム・マリク病院に鳥フル症状を呈して入院した。シマルングンは、この5月に家族内8人集団感染をみたカロ地域の側に位置している。
 もし女性の感染が確認されたなら、感染源は最近突然死亡している、近所の鶏と考えられる。鶏は検査で鳥フルが確認されている。
 インドネシアで確認されている62人の人感染者のほとんどは、感染した鳥との接触で感染したと考えられている。専門家達は人における感染者を減らすには、家禽での流行をコントロールすることが先決と言っている。
 シマルングン家畜局の責任者、S・フタウルク氏は、地域内のウイルスはカロ地域に近いため拡大している、と語っている。
 ”我々は13村で24000羽の鶏を殺処分している。さらに他の地域でも続けられる”、と同氏は語っている。
 北スマトラでは、シマルングンの他、ダイリ、デリー・セルダングでも家禽の鳥フルが確認され殺処分が進められている。これら2地区では人における発生は報告されていない。
 西ジャワのチレボン地区では、人での集団発生をみているガルト地区の近くの数カ所の村で(家禽における)、致死的鳥フルが発生しているため、診療所にタミフルを配布している。

 ガルト地区では、先週2人が死亡したチケレ地域の3ヶ所の村落での監視が続けられている。
 チケレ地域ではいまだ4人の疑い患者がいるが、状態が改善してきているため自宅で療養している。しかしながら1人が鳥フル疑いでバンドゥング(西ジャワの州都)のハサン・サディキン病院に入院した。
 農業大臣のアントン・アプリヤントノ氏は、各世帯にウイルスの感染拡大防止のために、鶏小屋の衛生管理を徹底するように呼びかけた。
 ”インドネシアでは3千万世帯が家禽を飼育している。我々はベストを尽くしてきた。しかし人々は、衛生管理の重要性を知る必要がある”。
 アントン大臣は、人々が鳥フル感染防止に立ち向かうことで、2008年までに国内の鳥フルを封じ込めたいと語った。

Vietnam plans border control Gulf News (アラブ首長国連合) ベトナム、入国管理強化を計画

 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ハノイ/バンコク:
 グエン・タン・ダン・ベトナム首相は、同国への入国による鳥インフルエンザ感染を防ぐために入国管理を強化するように地方政府に呼びかけたと、水曜に同国の国営新聞社は報じた。
 火曜に県知事に送られた電文で、ダン氏は地方政府に「国境のチェックポイントと国境沿いの地域での入国管理を強化する」ことを命じた。
 また同首相は、家禽および家禽を使った製品の密輸に関与したものへの厳罰を命じたとも報じられている。
 新聞記事では、同国貿易省の報告からの引用で、莫大な利益を得られるために中国やカンボジアとの国境付近での密輸が未だにはびこっているとしている。
 
 ベトナムでは鳥インフルエンザについて、今年に入ってから家禽間の大発生も11月以降のヒトへの感染も報告されていない。しかし、同国は鳥インフルエンザ再発の高リスクに面していると政府は警告している。これはここ数週間で中国、ラオスそしてカンボジアというベトナムと国境で接する国で再発が報じられているからだ。
 「ベトナムでの鳥インフルエンザの再発は、時間の問題でしかありません」というハノイでの鳥インフルエンザ会議におけるブイ・バ・ボン農業省副大臣の発言をレイバラー紙は引用している。
 ボン氏は、詳しくは述べなかったものの、ベトナムの鳥インフルエンザに対する戦いは重要な段階に入っていると付け加えた。
 一方、タイ厚生相ピニジ・ジャルソムバット氏は水曜日、80万人以上の保健ボランティアにタイの30の県で戸別訪問してもらい鳥インフルエンザに関する啓発を行うと述べた。
 水曜日からの9日間で保健ボランティアは、猛威を振るったH5N1ウイルスの影響を受けた家を個別に訪問し、病気になったり死んだニワトリをどのように扱うかアドバイスを行うことになっている。
 「鳥インフルエンザから身を守るためにどうすべきかという情報を人々に伝えてくれるのです」とピニジ氏は述べている。
World Bank urges more funds for culls in Indonesia  Reuters AlertNet (英国) 世界銀行、インドネシアにおける殺処分補償費に緊急資金援助の必要性と
 鳥フル対策基金は、人における感染予防対策を目的として提供国から拠出されているが、家禽における鳥フルを根絶しない限り、人に於ける感染が発生しつつける。インドネシアにおける家禽の殺処分に対する補償費の援助をしなければ、インドネシアでの人感染例は増え続ける可能性がある。
 そのような理由で世界銀行では緊急資金援助を23日に求めた。
Thailand to begin door-to-door birdflu education TODAYonline, (シンガポール) タイ、戸別訪問による鳥フル啓発教育を開始



バンコクの下町で鶏を処分する家禽販売者
 80万人以上の保健ボランティアが、タイ国内30州で戸別訪問による鳥フル予防啓発教育を開始した。タイ保健省ピンジ・ジャルソムバト大臣が発表した。

 ボランティアが、9日間の予定で、H5N1ウイルスが感染を広げている30州の各家庭を回り、弱ったり、死亡した家禽をどのように取り扱うか、指導する。

 ”彼等は、人々が、鳥フルからいかにして自らを守るかについて教育する”、と大臣は語った。
 分かりやすい言葉や漫画で表現されたポスターやリーフレットも配布される。
 タイは8月に今年度2人目となる、16人目の死者を出しているが、その後鳥フルの高度警戒態勢に入っている。北東部では拡大を抑えるために、30万羽の鶏が殺処分されている。
 2人目の死者は、死亡した闘鶏を処分した後、発病して死亡している。

 タイは致死的H5N1ウイルスが高度に流行した国の一つで、2004年に最初の発生があってから、24人が発病し16人が死亡している。
 これまで対策として、今回と同じように農業省による啓発のための戸別訪問、映画スターであるジャッキー・チェーンが出演したテレビ啓発コマーシャルがある。--AFP
 

US Health Agency Releases Genetic Data on Flu Viruses Washington File, (米国、米政府海外広報) 米国CDC、インフルエンザウイルスの遺伝子情報を公開
 米国CDCは、米国内で分離された人インフルエンザウイルスの遺伝子情報を、世界の研究者が閲覧できるようにデータベースに登録した。鳥インフルエンザに関しても、今後米国内で発生した場合、同じようにその遺伝子情報が公開される。
Mobile labs boost birdflu campaign IHT ThaiDay (タイ) タイ:移動検査室、鳥フルキャンペーンに
 人の鳥インフルエンザ感染の有無を3~4時間で検査できる、最新で安全な移動検査ユニット2台が活動し始めた。公衆衛生相から発表された。
FACTBOX-WHO figures for birdflu cases in humans Reuters AlertNet (英国) WHO統計:鳥フル感染者数更新
 Deaths Total cases AZERBAIJAN 5 8 CAMBODIA 6 6 CHINA 14 21 DJIBOUTI 0 1 EGYPT 6 14 INDONESIA 46 60 IRAQ 2 2 THAILAND 16 24 TURKEY 4 12 VIETNAM 42 93
   TOTAL 141 241

Global flu pandemic "inevitable," says top infectious disease ... Newstarget.com (台湾) 世界のトップ感染症専門家、パンデミック・インフルエンザはいつ起きるか分からない
 米国ミネソタ大学、感染症研究対策センター長で米政府顧問のミハエル・オスターホルム博士の談話。テレビ出演。
 パンデミックはいつ起きてもおかしくはない。
 我々にとって最悪のことは、何も準備せず、それは起こらないだろうと考えることだ。
 実際には、我々がそれに対して今、対処できることは多くある。
8月23日


800,000 ' birdflu busters' set for door-to-door campaigns Thai News Agency MCOT (タイ) 80万人の鳥フルバスターズが各家庭を回り、啓発キャンペーンに
 80万人のボランティアが各家庭を回り、鳥フル啓発キャンペーンを開始。
Bird Flu - Possible Cluster said Indonesian Newspaper Best Syndication (米国) 鳥インフルエンザ-集団感染の可能性とインドネシア紙が伝える
 森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアのシナーハラパン紙の報道によると、当局は鳥インフルエンザウイルスに感染したと考えられる西ジャワ住民の17人の所在を特定した。これによって、鳥インフルエンザは更に感染しやすくなり集団感染となったのではないかという懸念が上がっている。現時点では公式にはいかなる機関も集団感染を発表してはいない。
政府当局はヒトへの感染の場合全て、その半径1km以内のニワトリを駆除してきた。政府は住民にニワトリの代金を賠償している。少なくとも2,505羽のニワトリがこの駆除活動で殺されている。
世界保健機関(WHO)はガルート地区内の村の中の3ケ所の別個の集落のケースを調査してきたが、こうした調査を基に政府が鳥インフルエンザが感染しやすくなったと発表してはいない。
インドネシアでは59名の症例が確認されている。その内、死亡に至ったものは46名で現時点では世界で最悪の死亡者数になっていると考えられる。
BirdFlu Patients Need Testing Before Starting Drugs (Update2) Bloomberg  (国際) 鳥フル疑い者はタミフル服用前に検査の必要性
 インドネシア政府、ガルト地区で2100人の村人へタミフルを配布と本日のジャカルタ・ポスト紙が報道。タミフル服用前、または服用した場合も早期にウイルス検査をしなければ、感染者は擬陰性となる。
 専門家は咽頭拭い液を採取するのに僅か10秒しか要しない。それが治療の遅れには結びつかないから、検査を優先するように警告。
 ……
Indonesia girl tests positive for bird flu--official Reuters AlertNet (英国)インドネシアで少女が検査で陽性に:当局
 ジャカルタの東部郊外のベカシの6歳少女が検査でH5N1鳥フル陽性であったことが、当局から発表された。インドネシアで60人目の感染者となる。
FACTBOX-Bird flu's spread around the globe  Reuters AlertNet (英国) 地球上に鳥フルが拡大中-その状況
Dutch order poultry indoors to prevent bird flu Reuters AlertNet (英国) オランダ、家禽飼育を屋内で
 渡り鳥が南方へ越冬のため向かい出す9月から、オランダ国内での家禽飼育は屋内で行うように規制される。渡り鳥からH5N1ウイルス感染を防ぐための措置で、鶏やガチョウを含む全ての家禽が対象とされる。
No Evidence Indonesia BirdFlu Spreading Washington Post (米国) インドネシア、鳥フル拡大の事実はなし

 本日のAll Headline News と同じ内容。
Nepal Health Officials Rule Out Outbreak Washington Post (米国) ネパール保健当局者、鳥フル発生を否定

 下記報道と同じ内容。
Nepal health officials rule out outbreak Macon Telegraph (米国) ネパール保健当局者、鳥フル発生を否定
 19日、カトマンズ・ポストは、ヌワコット地区のベティニ村で14人が原因不明の感染症で死亡した疑いを報じ、鳥フルの可能性が示唆されている。
 しかしネパール保健当局者は22日、同村ではこの2週間に7人が死亡しているが、それぞれ原因は異なっているとして、鳥フル発生の可能性を否定した。
 カトマンズ・ポストによると感染症は6月に始まり、当初は鶏と犬が発病していたとされる。
 地区病院から保健医療専門家の2チームが、カトマンズから北西48キロの現地に派遣されたが、特に原因不明の感染症の発生はないと、医師の1人は電話取材で答えている。同医師によると、現地では7人が死亡しているが、5人は喘息や腎臓病等の慢性疾患が原因で、2人が下痢が原因で死亡しているとされる。
Virologists fear mutations may hinder vaccine Bangkok Post (タイ) ウイルス学者、ウイルス変異はワクチン開発の障害に
 H5N1ウイルスの遺伝子変化は、タイにおけるパンデミック・インフルエンザ用ワクチンの開発を妨げる結果になっていると、ウイルス学者とインフルエンザ専門家が警告している。

 ”ワクチン開発はもはや1系統のH5N1ウイルス株を対象にしていても、実際にパンデミックが生じた場合には十分ではない”、とシリアジ病院内科のウイルス学者プラサート・オウアラクル(Prasert Auewarakul)氏が、インドネシア赤十字協会主催のインフルエンザ・パンデミック対策会議で語った。
 最近タイ北東部のナコンパノム州で分離されたH5N1ウイルスは、2004年初頭からタイ中央および北部で流行しているH5N1ウイルスと異なっている。
 プラサート博士は、鳥フルウイルスの変化を監視してきているが、タイでのワクチン開発は、ナコンパノム州でのウイルスが見つかる以前の1種類のH5N1ウイルスを対象にしている、と語った。さらにタイにおけるワクチン開発規模は比較的小さいとも語った。
 国内に大きなワクチン製造工場を作らない限り、国民全体を対象にしたワクチン製造は無理だろうと、同博士は付け加えている。
 ワクチン開発の困難性の他に、同博士はタミフルがH5N1ウイルスに耐性となってきている事実に触れ、研究者達は今、ウイルス感染者に対する適切な治療方法を緊急に再検討している、と語った。
 公衆衛生省の研究者によると、インドネシア、タイ、およびベトナムの医学専門家達が2年計画で、タミフルの適切な投与方法について研究する予定で、今年度中にそれが開始される。
 今日までH5N1ウイルス感染者は保健省のガイドラインに従って、タミフルを5日間、毎日2錠づつ服用している。
 
WHO Says There Is No Proof Human-To-Human Transmission of BirdFlu... All Headline News  (国際) WHO、インドネシアでの集団発生に人人感染の事実は無し
 WHOは、22日、インドネシアのジャワ島の奥地の村でH5N1ウイルスの人人感染が生じている事実はないと発表した。同村ではH5N1鳥フルで2人が死亡し、1人が生存中である。
 WHOの研究者はウイルスがすでに変異して人人感染を生じるようになっているいる可能性を否定した。
 同村では4人が確定診断のための検体を採取される前に鳥フル症状で死亡している。
 また地域の当局者達は、4人の鳥フル様症状で治療を受けている村人達の検査結果を待っている。
 村人達はこれまでこのような感染症は経験がなかったため、鶏の死骸の処置方法、または感染して弱った鶏、死亡した鶏を食用にしていたことが、感染の原因と考えられる、とWHOは声明文の中で説明している。
 また、感染確定患者の家族に未診断のまま死亡したメンバーもいるが、検査の結果人人感染が生じた証拠は得られていないし、またウイルスが(変異して)人人感染を起こしやすくなった証拠も得られていない、と声明文の中で付け加えられている。.  
NZ, Australia win praise for birdflu planning New Zealand Herald, (ニュージーランド) ニュージーランドとオーストラリア、パンデミック・インフルエンザ対策で賞賛
 アジア太平洋地域におけるパンデミック・インフルエンザ対策に警鐘を鳴らしている研究者達が、ニュージーランドの対策を賞賛した。その研究内容を世界的医学雑誌である英国の「ランセット(Lancet)」に昨日、発表した。
 ロンドン大学公衆衛生熱帯医学教室の研究者が発表したもので、ニュージーランド、オーストラリア、および香港は、ヨーロッパのトップクラスの対策に比較されうるだけの対策内容で、既存の資源の活用と、その配置計画などを中心とした戦略を賞賛した。
 しかし公衆衛生専門家達は、裕福な国家が量的に限界のある抗インフルエンザ薬やワクチンを、貧しい国家と共有することを求めた。
 彼等は貧しい国家は、適正な抗ウイルス薬の配布が無ければ、世界の他の国々との対策における協力関係や、情報の共有を拒否するかも知れない、と警告する。
 香港、オーストラリア、ニュージーランドの対策マニュアルを研究者達は賞賛するが、同時にタイ、中国およびベトナムに対して、それらを見習うように求めている。これら3ヵ国は、病気の検出能力と適切に対処する能力を十分保有しているからである。
8月22日


BirdFlu Patients Need Testing Before Starting Drugs (Update1) Bloomberg (国際) 鳥フル検査は、タミフル服用前に行う必要
 ベトナムの例から、タミフルを服用して2~3日経過すると、検査でウイルスが検出出来なくなることが示された。
 鳥フルウイルス検査はタミフル服用前か、服用しても短時間後に行わなければ、結果が陰性となる可能性が高い。ベトナムのウイルス研究者チームの調査結果。
Indonesia girl tests positive for birdflu - official Reuters India (インド) インドネシアの少女、検査で鳥フルが確認:当局発表
 ジャカルタの東部郊外のベカシで6歳の少女が検査で鳥フルが確認された。少女の状態は回復に向かっていると、伝染病対策責任者のアイ・ニオマン・カンドゥン長官が記者会見で語った。
 一方、WHOは、西ジャワのチケレ村での人人感染の可能性を否定した。
No evidence birdflu spreading between humans Jakarta Post (インドネシア) インドネシア:人人感染している証拠はなし
 AP通信 下記報道と同じ。
WHO: No proof of birdflu spread between humans in Indonesia INQ7.net (フィリッピン) WHO:インドネシアで人人感染が起きている証拠はないと

ジャカルタ インドネシア(AP)

 WHOは22日、鳥フルで2人が死亡し、1人が発病した西ジャワの奥地の村で、人の間で感染が広まっている証拠はないと発表した。
 
 西ジャワのチケレ(Cikelet)村で、4人の疑い患者が、検体が採取される前に死亡している。他の5人の疑い患者については、タミフルを服用中であるが、検査結果は保留されている。この中には22日早朝に入院した61歳男性も含まれる。
 現地はモーターバイク、または馬でしか行けない奥地の貧しい村であるが、WHOによると村人達が外部から鶏を購入し、そして飼育中の鶏と一緒にしてから、7月に大量の鶏が死亡しだしたと言う。
 ”村人達はこのような感染症は経験がなかったため、鶏の死骸の処置方法、または感染して弱った鶏、死亡した鶏を食用にしていたようだ”、とWHOは声明文の中で説明している。
 ”確定患者の家族に未診断のまま死亡したメンバーもいるが、検査の結果人人感染が生じた証拠は得られていないし、またウイルスが(変異して)人人感染を起こしやすくなった証拠も得られていない”、と声明文ではさらに付け加えられている. 

CDC dispels rumors of birdflu in Taiwan China Post  (台湾) 台湾CDC、鳥フル発病者の噂を否定
 北部で30代の男性が鳥フルに罹患したという噂が広まっているが、台湾CDCは検査でその疑いは否定されたと発表した。男性は海外旅行の既往はないが、鳥への接触の既往はあるという。
Fatal Contact: BirdFlu in America hits DVD on October 31 MoviesOnline, (カナダ) テレビ映画「致死的接触:米国に鳥フル侵入」、10月31日にDVD販売
 5月8日にABCテレビで放映されたテレビ映画がDVD化されて10月31日に発売される。

発売元 Sony Pictures Home Entertainment
DVD Special Features Include:
  • Digitally Mastered Audio and High Definition Anamorphic Video
  • Widescreen Presentation
  • Audio: English 5.1 (Dolby Digital)
  • Subtitles: English, French
  • Bonus Previews
  • Closed Captioned

Bird flu a threat to southern Balkans, Caucasus region, warns UN agency UN NEWS CENTRE (国連広報センター) 南バルカン・コーカサス地域にも鳥インフルエンザの脅威と、国連機関が警告
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
 
 有害なH5N1ウイルスの拡大封じ込めの努力は成功しているが、国連・食糧農業機関(FAO)によれば鳥インフルエンザの脅威はますます多くの国々に迫っているという。同機関によればコーカサス・南バルカン地域は現在、高リスク地域と考えられるという。
 同地域が渡り鳥の主要な休息地であるだけでない。生物学的安全性や強力な規制・監督といったものがほぼ欠けている地方の小さな農家で家禽の生産が行われているという特徴があると、FAOの異種間動物病緊急予防システムの責任者であるホアン・ラブロス氏は言う。
 FAOによれば、家禽間の感染スピードは低下しているにも拘らず、鳥インフルエンザはアフリカ・アジア・ヨーロッパの55カ国で確認されている。わずか4ヶ月前の45カ国からの増加の結果だ。
H5N1ウイルスを野鳥の集結地から根絶できるとは思わないが、家禽に関しては完全に制御できると思う。それこそが、人の間で簡単に感染するウイルスに変異しないようにするための最高の保険だと、FAOの主任獣医学者のホセ・ドメネク氏は言う。
 しかしそのためには貧しい国々で獣医学や検査のサービスを改善しなければならないと同氏は言う。こうした国では資金不足が一般的で公共サービスが妨げられているのだ。
弱い環のある鎖の場合と同様に、H5N1を封じ込める国際的な努力の環の中の弱い部分を探し出し強化する必要があるとドメネク氏は言う。
 国連・世界保健機関によれば、このウイルスにより2002年以来世界中で140人が死亡し、その内63人は今年に入ってのものである。2億2千万羽以上の鳥がウイルスによって死亡するか、同病の拡大防止のための駆除活動で殺されたのである。


Human BirdFlu Cases Found This Year Equal 2005 Level (Update2) Bloomberg  (国際) 人鳥フル感染者数、すでに昨年度と同じ(-インドネシア状況を中心に)
 
Aug. 21 (Bloomberg)

 インドネシアで35歳女性が鳥フルで死亡し、感染者数が昨年と同じ95人となった。一方、保健当局ではウイルスが人人感染で拡大しているのか調査している。

 女性はH5N1ウイルス株に感染していたことが検査で確かめられた。アイ・ニオマン・カンドゥン保健省長官が昨日遅く(20日)に発表した。女性の死亡した村で他に2人が鳥フルに感染していることが確認されている。本日(21日)保健当局者は、人人感染を示している兆候は認められていないと説明した。
 ”これらの事例は遠い、山奥の地域で発生しているが、それら地域では多くの他の疾患が見られる”、とWHOのインドネシア代表であるジョージ・ペーターセンが電話インタビューで語った。”鳥フルで起きたものか、他の感染症で起きたものか、鑑別が重要だ”。
 
 H5N1ウイルス感染による死亡者数は、ウイルスが野鳥や家禽の間で少なくとも38ヵ国に拡大するにつれ、3倍に上っている。もしウイルスが変異してパンデミック株となったなら、それは容易に人の間で感染を広げると考えられている。
 今年度、ウイルスがインドネシアと中国に定着してしまい、初の感染者がトルコ、イラク、アゼルバイジャン、エジプト、そしてディブチで発生し、世界で週に2人平均で感染者が増加している。またタイとカンボジアでは、先月、ウイルスは家禽の間で感染を広げ多くを死亡させているが、人の犠牲者もさらに出している。
 
死亡者数

 WHOの本日発表データによると、2003年以来、H5N1ウイルスは10ヵ国で240人に感染し、141人を死亡させている。本年度の死者数は64人に上り、昨年度の8月までの死者数22人の約3倍に相当する。
 世界におけるウイルスの拡大速度は、国連のFAOによると、感染拡大対策が効果を現したと考えられ、徐々に緩やかになってきている。渡り鳥と家禽における感染危険地域は、FAOによると、46人が死亡しているインドネシアを含むアジア、象牙海岸を含むアフリカの数カ国、そして南部バルカンとコーカサス地域となっている。
 WHOによると、人における感染者のほとんどは、感染、もしくは死亡した鳥との接触が原因となっている。(子供がそれらと遊んだり、大人がそれらを畜殺したり、等)。
 ジュネーブのWHOから医師団がインドネシアの医学および獣医学専門家チームと合流して、35歳女性が住んでいた西ジャワのガルト地区、チケレ村における、多数の鳥フル感染疑い事例を調査している。同地域では既存の感染症での死亡はよく見られ、公衆衛生施設も未発達であると、WHOは今日語っている。

人人感染

 同地区では、7月末と今月初めに、呼吸器疾患により死亡者がでていることが知られているが、検査の為の検体が採取されていなかったことが、WHOがホームページで言及している。
 ”鳥フルと確定された患者家族の中に、何人かの未診断の死亡者がいるが、調査結果からは、人人感染による事実は見いだされていない。さらにウイルスがより人に感染しやすくなっている事実も見いだされていない”、とWHOは声明の中で語っている。
 ガルト地区では、6月末に外部から鶏を購入し、既存の鶏と一緒に飼育しだしてから、大量の鶏が死亡しだしている。多くの鶏の死骸が無防備なまま捨てられたり、食用にされた。WHOは調査結果でそのように説明している。
 ”これらの死骸からのウイルス感染が、今回の患者達(鳥フル確定例や疑い例)の発生原因と、現在考えられている”。そのようにWHOは説明している。

検査

 WHOによると、疑い患者の検査のための検体は送られており、何人かの患者や彼等との接触者達はタミフルを服用している(特に状況や臨床症状から、感染の可能性が高い患者が対象か:訳者)。
 昨日のAFP通信によると、地域では少なくとも16人がウイルスの検査中と言われる。集団発生はウイルスが鳥だけでなく、人にも感染しやすくなってきた兆候と見なされる(そこで人人感染が起きているため、複数以上の集団感染となっていること:訳者注)。

WHO情報原文
  

8月21日


Indonesia plays down likelihood of birdflu cluster Antara (インドネシア国営通信) インドネシア政府、鳥フル集団発生の可能性は低いと
 ガルト地区の鳥フル発生に関して、散発例の発生で、感染した家禽を介して感染の可能性が高く、人人感染による集団発生の可能性は低いとの見解を発表。チケレト村の感染疑い者達の初期の検査は陰性であるが、さらに確認検査が行われている。
Girl suspected of having birdflu checks out of hospital Jakarta Post, (インドネシア) 鳥フル疑いで入院中の少女、入院拒否して自宅へ
 21日、鳥フルで治療中の4歳少女が主治医の反対を押し切って、自宅へ戻り、伝統的治療で様子をみることになった。
 少女はチケレト村の鳥フル疑い、または確定患者11人中の1人で、検査結果はまだ出ていない。
 ガルト地区のDr. Slamet 総合病院に入院していた。
Another person tested positive for birdflu in Indonesia Xinhua (新華社、中国国営) インドネシアで、さらに鳥フル検査で陽性に
 訳者注:情報は他報道と重複、ないし若干異なっています。どれが正しいか分かりませんが、各報道に目を通すことを勧めます。

JAKARTA, Aug. 21 (Xinhua) -- A woman, 35, one of the four bird flu suspects in Garut, Indonesia's West Java province, was tested positive and eventually died.

    "Now three had been tested positive, and two had succumbed from the disease. The latest victim, the 35-year-old woman, had died," Antara news agency on Monday quoted Health Ministry's Disease Eradication and Environmental Health Director General I Nyoman Kandun as saying.

    The other bird flu suspects are a 20-year-old man, a girl, 13, and a boy, four, who had died before a sample of his blood taken for examination.

    Right now, he said Sunda evening, there are nine bird flu cases in Garut regency, one of them is a young man, 17, still alive, and a girl, nine, who had died.

    Two other patients respectively five and six years old, had been tested negative for the bird flu virus, and now still under treatment at the Hasan Sadikin general hospital in Bandung.

    Meanwhile, the Ministry of Health has yet to receive information on a woman patient, 32, suspected of infected with the virus.

    Bird flu cases in Indonesia had reached 61, 46 of whom had died.

    The latest patient who had been tested positive is a girl aged six years and 3 months, who is still under treatment at Sulianto Saroso hospital for infectious diseases in Jakarta. Enditem

                               Editor: Lin Li

JAKARTA, Aug. 21 (Xinhua)

 インドネシア、西ジャワのガルト地区における4人の鳥フル疑い者の1人である、35歳女性が検査でH5N1ウイルスが陽性であることが確認されたが、間もなく死亡した。
 ”現在、3人が検査で陽性であり、そのうち2人が死亡している。最新の犠牲者は、35歳女性ですでに死亡している”、と国営通信のAntaraは、保健省の担当高官発表として伝えている。
 そのほかの鳥フル疑い者は、20歳男性、13歳少女、4歳男児であるが、男児の検体は死亡したため採取できていない。

 一方、同高官は「Sunda evening」に、ガルト地区には9人の鳥フル患者がいて、その1人は17歳少年で、彼は生存中であり、さらに1人は9歳少女で、すでに死亡している、と語っている。
 また他の2人の患者はそれぞれ5歳と6歳の子供で、検査では陰性であったが、西ジャワの州都のバンドゥングのハサン・サディキン総合病院で治療を続けている。

 一方、保健省は32歳の女性疑い患者
についての情報をいまだ受けていないと語った。(他報道での妊娠14週の女性と思われる)。

 インドネシアでの鳥フル感染事例は、61人となり、そのうち46人が死亡している。

 (インドネシア国内で)検査で陽性となった最も最近の患者は、6歳3ヶ月の少女で、ジャカルタの感染症専門病院である、スリアノ・サロソ病院で治療を受けている。
 この事例は他報道では知られていないが…(訳者)

編集者: Lin Li













鳥インフルで46人目の死者 インドネシア  (産経新聞)
 ジャカルタからの報道によると、インドネシア保健省当局者は20日、17日に死亡した西ジャワ州の女性(35)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことを確認、世界最多である同国の累計死者数は46人となった。
 今月上旬には女性の娘(9)が同じ症状で死亡していることから、保健省は「人から人への感染が起きた可能性がある」とみている。また、女性が住んでいた村では現在、10人以上が感染を疑われており、人間に容易に感染するようウイルスが変異した可能性も含め、同省で調べている。
 インドネシアでは5月、北スマトラ州で人から人に連鎖感染し7人が死亡している。
Regional Asia health meet seeks bird flu strategy  Reuters AlertNet (英国) 地域アジアの保健相が鳥フル戦略について会議
 南および東南アジア各国の保健省大臣がバングラディシュの首都ダカに集まり、鳥フルを含む健康問題対策に関する会議を、20日、持った。2日間に亘る会議で、マラリア、鳥フル、パンデミック・インフルエンザ、そして他の健康問題に関して話し合う。
 参加国は、バングラディシュ、ブータン、モルディブ、ミャンマー、ネパール、北朝鮮、タイ、東チモール、およびスリランカ。インドとインドネシアは、保健省当局者が参加した。
Ministry of Health official combs birdflu endemic areas in Garut Antara (インドネシア国営通信) 保健省、ガルト地区、鳥フル流行地域で徹底的対策を開始
 保健省は、西ジャワの鳥フル流行のシケレト村で、地域の小学生、保健当局者、宗教的指導者達に、鳥フル予防の為の本、または対策のための指導内容を記したマニュアルを配布。
 19日、20日にかけて何人かの鳥フル疑い患者が発生。
Indonesian Woman Dies of BirdFlu, 12 Others Infected Daily News Central (米国) インドネシア女性鳥フルで死亡、他に12人が感染
 インドネシア保健省は先週死亡した35歳女性(ユイス・リナ:Euis Lina)がH5N1鳥フルに感染していたことを確認した、と発表した。さらに同女性の住んでいた西ジャワのシケレト村で、他に12人が感染していることが伝えられている。
 同女性の9歳の娘も、2週間前に鳥フル様症状を呈した後、死亡しているが、当局では鳥フル検査をしていなまった。
 保健当局ではシケレト村で鳥フルの集団発生が起きているのかどうか監視している。
 シケレト村は首都ジャカルタの90マイル近くに位置しているため、特に心配されている。
Indonesian woman dies of birdflu in village hard hit by the virus Canada.com (カナダ) インドネシア女性、H5N1鳥フル大発生の村で感染死
8月20日

Indonesian woman dies of birdflu Kentucky.com, (米国) インドネシアの女性鳥フルで死亡
 全米報道
AP

 インドネシアの奥地の村、、シケレトで女性が鳥フルで死亡、当局では村内で鳥フルの集団発生が起きた可能性があることから調査を始めた。
 検査結果で35歳のEuis Linaさんが鳥フルに感染していたことが確認された、と保健省の伝染病対策長官であるナイオマン・カンドゥン氏が発表した。彼女は17日に、西ジャワ州のガルト地区の病院で死亡した。
 彼女の9歳の娘も2週間前に死亡しているが、当局では娘が鳥フルで死亡したのかどうかは確認していなかった。同長官はそのように説明している。
Indonesia confirms 46th birdflu death Forbes (国際) インドネシア、46人目の死亡者を確認

JAKARTA (AFX)

 35歳女性がインドネシアで46人目の鳥フル死者となったことが保健当局から本日発表され、同時に、この女性の鳥フル発症が、地域における集団発生に関係しているのか、緊急調査が始まった。
 女性は、西ジャワのガルト地区の、いくつかの村落から構成されているシケレト(村)に住んでいたが、同村ではすでに2人が鳥フルに感染していることが確認されている。その1人は死亡している。さらに少なくとも16人が鳥フル疑いで検査を受けている。

 女性の検査は保健省の検査機関とNAMRU(米海軍医学研究施設)によって行われ、両施設でH5N1ウイルス感染が確認された。
 シケレトではさらに3人が死亡していて、症状から鳥フルが強く疑われているが、ウイルス検査は行われていなかった。これらの事実は、同地域でH5N1ウイルスの限定された人人感染が生じた可能性を、強く示唆している。
 保健省のシチ・ファディラ・スパリ大臣はElShinta ラジオに、鳥フル疑いで死亡した3人のうち1人は、上記女性の子供であると語った。
 同大臣はさらに同地域の16人から検体が採取され、ウイルス検査が行われていると語った。
 保健省とWHOの専門家達は17日、シケレト村に派遣され、同地域で増加している感染疑い患者の調査を行いだした。同地域は道から容易にたどり着けない場所にある。

Indonesia BirdFlu Outbreak Prompts Culling, Free Tamiflu Therapeutics Daily (subscription) (米国) インドネシア政府、鳥フル感染事例の増加に対し、家禽の殺処分と、無償タミフル配布を急ぐ
 西ジャワの村で9人の疑い例が出たことから、保健省は緊急対策として、家禽の殺処分と住民へのタミフルの無償配布を決めた。
Indonesian woman died of birdflu, cluster probed Reuters  (国際) インドネシアの死亡女性、H5N1ウイルス感染が確認、保健省、集団発生の調査へ
 先週、家禽で鳥フルが流行している村で死亡した35歳の女性が、H5N1ウイルスに感染していたことが、インドネシアの二つの検査機関で確認された。新しい集団発生の可能性があるため調査が開始されたと、20日保健省大臣が語った。

 女性は西ジャワのシケレト村(Cikelet)出身で、8月17日にH5N1鳥フル症状に対する治療にも関わらず死亡している。同村では鳥フル確認例と疑い例が多数発生している。
 ”女性は鳥フルウイルスが確認された。村で集団発生の可能性がある”、と保健省のシチ・ファディラ・スパリ大臣が、電話でロイターに語った。
 5月に北スマトラで、家族内集団発生で7人が死亡した事例が生じた際、ウイルス変異により人人感染が容易に生じるようになった不安が高まっていた。

 訳者注:本日のAntraニュースでは、保健省大臣は集団発生の可能性を否定しているが、このロイター通信では、その可能性を認めている。35歳女性の感染が確認されたことから見解が変わったのだろうか? 

Indonesia widens its birdflu investigation China Post (台湾) インドネシア、鳥フル集団発生の調査へ
 インドネシアの保健当局は、19日、西ジャワで9人の患者が集団発生した可能性について、調査を開始した。5人はすでに死亡している。
 集団発生の可能性ある9人は、西ジャワのガルト地区の村落であるシケレット(村)に住んでいた。2人はウイルスが確認されていて、そのうち1人は死亡している。
New birdflu cases seen in Indonesia United Press International (国際) インドネシアでさらなる新規鳥フル患者発生
 西ジャワでさらに3人の鳥フル疑い患者が治療を受けている。
 Antaraニュースによると、最新の患者は18日に入院しているが、2人の明らかに鳥フルと考えられる患者が西ジャワのバンドゥングの病院に、16,17日に入院している。 
Birdflu cases in Garut not cluster: minister Antara (インドネシア) インドネシア、ガルト村で多数の疑い患者発生、しかし集団発生とは考えられない:インドネシア保健相

 シチ・ファディラ・スパリ保健相は、西ジャワのガルト地区(村)で発生している鳥フルは、集団発生ではないと語った。
 ”違う。我々はインドネシアで今後集団発生は起きないと期待している”、保健相は、貧しい子供達のために建設された小学校の落成式に参加した合間に、そのように語った。
 保健相は、多くの鳥フル疑い者の検体が、現在国立研究所で調べられていると語った。
 
 一方、疾病管理衛生長官は(I Nyoman Kandun)、ガルトの事例は、発生者の住居が離れていること、発生時期が同時でないことから、集団発生とは考えられないと説明している。
 長官によると、現在ガルト村には9人の鳥フル疑い患者が見つかっていて、そのうち17歳少年(U)と、既に死亡している9歳少女(ASA)は検査で陽性で、ウイルスを持っていたと考えられている。
 他の2人の患者で5歳(I)と6歳(S)の少女達は検査で陰性とされたが、まだ西ジャワ、バンドゥング市のハサン・サディキン病院に入院している。
 さらに4人の疑い患者、すなわち20歳男性(M)、35歳女性(EL)、13歳少女(R)、そして4歳少年(S)は、血液検体を保健当局が採取する前に死亡している。
 またさらに32歳女性(K)が鳥フルに罹患した疑いが持たれているが、保健省ではいまだ説明を受けていないとされる。(他報道では妊娠14週の妊婦)。
 長官によるとインドネシアにおける鳥フル確定事例数は、61人で、そのうち46人が死亡しているとされる。
 最も新しい鳥フル患者(疑い?:訳者注)は6歳の少女(NA)で、西ジャワのベカシのポンドクシプタ(Pondok Cipta)に在住している。

 他報道によると、35歳女性(EL)は確定済みとされている(訳者注)。
8月19日


Ministry: Thai birdflu outbreak did not originate in China People's Daily Online (中国) 中国農業部:タイの鳥フルウイルスは中国から拡大したものではない
 国連のFAOやタイの研究者達が最近の調査結果として、タイのナコンパノム州とラオスのビエンチャン周辺で発生しているH5N1鳥フルのウイルスが、南中国で分離されているウイルスに類似していることから、タイとラオスに国境を越えた家禽売買で中国からウイルスがもたらされていると報告していることに、中国農業部は事実を否定した。
 中国は家禽を正式に輸出していないということと、および同地域は中国国境から遠いということが否定の理由である。
Hospital in Bandung treats more suspected birdflu patients Jakarta Post (インドネシア) バンドゥングの病院に、さらに鳥フル疑い患者が収容
 西ジャワの州都であるバンドゥングのハサン・サディキン病院に、現在3人の鳥フル疑い患者が収容されている。全員、シケレト村の村民で、16,17、18日に入院している。
 ”最新の患者は妊娠14週の女性で、18日午後7:30に入院した”、と病院長のハディ・ユスフが19日語っている。
 彼によると、最新の患者の家は、先に死亡した患者の家の側にあるという。
 
 一方、17日夜に女性が、ガルトの病院に鳥フル症状で入院して3時間後に死亡している。病院ではウイルス検査結果を待っている。(シケレト村の住民?)。

 シケレト村はジャカルタの東南150キロに位置し、少なくとも1人が鳥フルで死亡し、1人が発病し、そして4人が検査を受ける前に(鳥フル症状で)死亡している。
Two Indonesian children tested negative to birdflu People's Daily Online,  (中国) インドネシアの2小児、鳥フル検査で陰性と
 鳥フル疑いで治療中の2人の少女が、検査で鳥フルウイルスが陰性であったと、地方のメディアが19日、発表した。
 西ジャワのガルト町で鳥フル様症状を呈したため、バンドゥングのハサン・サディキン病院に6人入院しているが、この中に今回発表の5歳と6歳の少女が含まれていた。
 2人とも症状が改善してきており、熱も消失した、と病院長が語った。
 ジャカルタでは、保健相がガルト町での鳥フル集団発生の報告を否定した。
 ”検査結果では陰性となった患者が出ている。今後全ての患者が陰性であると期待している”。
Birdflu vaccine could spread disease United Press International (UPI、国際) 鳥フルワクチンが、ウイルスを拡大する可能性
 エジンバラとワルウイック大学の研究者が、家禽が不完全に(ワクチンで)予防されると、いわゆる”音無き拡大(silent spread)”が起こることを見いだした。鳥はほとんど死亡しないため、農場から農場へウイルスが拡大しても気がつかないことになる。

 研究者達は世界的科学雑誌の”Nature”に論文を発表したが、その中で農場にワクチンを接種されていない”歩哨役”としての家禽を飼育することを推奨している。さもなければ、家禽を隔離して、少なくとも95%の家禽を”音無き拡大”でウイルスが感染することを防ぐ必要があると言う。
 ”ワクチンは、鳥がウイルスに感染する機会を減じることが出来、そして(感染しても)鳥からウイルスが産生される量も減らすことが出来る”、とエジンバラ大学のニック・サビル氏は説明する。
 ”しかし、ワクチン接種が行われるならば、非常に丁寧に計画的に行う必要がある。さもなければワクチン接種により、事態はさらに悪化することもありえる”。
「人から人へ感染力なし」 タイ北部の鳥インフル  (産経新聞)
  タイ北部ナコンパノム県とピチット県の家禽で確認された鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の集団感染について分析していたチュラロンコン大学の研究者は18日、一部遺伝子に変異があったが、人から人に感染するほどの感染力はないという結果を発表した。ロイター通信が伝えた。ナコンパノム県のウイルスは中国南部で昨年流行したウイルスと似ており、国連食糧農業機関(FAO)は中国からラオスを経由してタイに広がった可能性を指摘している。(バンコク支局)
 訳者注:「人から人への感染力なし」という表現は、正しくは従来のウイルス株と感染力は同じ、とすべきと考えられる。人の気道奥の細胞にのみ感染力を示す現在のH5N1ウイルス株に対して、{人から人への感染力なし」とは、欧米の報道では記載されていない。「極めて感染しにくい」との表現がなされているが、それは現H5N1ウイルスが上気道の細胞のリセプターには付着しない故である。下方のロイターの記事が、より科学性ある記述となっている。
感染力強いタイプ誕生か 神戸新聞 
 下記の報道内容は、海外報道と異なる??
 本日のロイター、17日のBloomberg 、ジャカルタ・ポストを参照。

【バンコク18日共同】昨年12月以来の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)により7月末以降、2人が死亡したタイで、非常に感染力が強く致死率も高い新たなタイプの同型ウイルスが存在する可能性が出ている。感染した家禽(かきん)を調査した国連食糧農業機関(FAO)が18日までに明らかにした。

 FAOアジア太平洋地域事務所(バンコク)によると、タイでは7月23日に北部ピチット県で家禽へのH5N1型ウイルスへの感染を確認。さらに、同28日には東北部ナコンパノム県でも感染が確認された。

 これらの家禽を分析した結果、ピチット県では致死率が10%程度だったのに対し、ナコンパノム県では最大94%に及んでおり、感染力にも大きな差があることが分かった。


Indonesian Human BirdFlu Toll Rises To 45 Medical News Today (英国) インドネシアの鳥フル死者数45人に
 インドネシア当局は35歳女性と、9歳少女がH5N1鳥フルで死亡したことを確認した。同国における死者数が45人と、世界最多となっている。

 2人共、西ジャワのシケレト村(Cikelet)に住んでいた。当局はこの村における集団発生とは考えていないようだ。
 今月早くに同村の17歳少年がH5N1ウイルスに感染したが、入院を拒否して自宅療養している。保健医療専門家が彼の状況を見守っている。これまで彼の家族からの発病者はいない。
 さらにシケレト村でもう一人の男性(上記少年の従兄弟:訳者)が鳥フル症状で死亡しているが、当局では検体を採取していなかった。
 シケレト村の各家庭の個別調査で5歳と6歳の少女が鳥フル様症状を呈していることが分かり、2人とも病院へ収容された。
 シケレト村の当局者は、厳重なチェックにもかかわらず人人感染の事実はないと説明している。

. シケレト村は多くの村落からなっている。全ての患者は異なった村落に住んでいた。当局者によると、集団発生(cluster)は、同じ家、または同じ通りで(複数以上の)患者が発生することを言う、と説明している。シケレト村では大量の家禽の殺処分が行われている。
Thailand's two H5N1 strains do not pose new dangers  Reuters AlertNet (英国) タイで検出H5N1ウイルスの2株は、新たな危険性は保有せず
 最近タイで感染を広げているH5N1ウイルスには2種類あるが、両株とも人人感染を起こすような危険な変異は起こしていないことが示された。
 タイのクラロンコーン(Chulalongkorn)大学医学部のヨング・ポボラワン(Yong Poovorawan)教授は、タイ中央のピチト州(Pichit province)の感染した鶏からH5N1ウイルス2株、そして北東部のナコンパノム州で1株、先月分離し、遺伝子分析を行った。
 ピチト州の2株は、タイで2004年から2005年に感染を広げていたウイルスに類似していた。しかしナコンパノム州で分離されたウイルスは、タイでこれまで検出されたことのない新株で、2005年以来中国で見つかっている株に類似していた。3株とも軽度の変異を起こしていることも確認されたが、人人感染につながる危険な変異は認められなかったと説明されている。

 ポボラワン教授は、ウイルスの危険度には変わりはない、とロイターに語った。人の細胞リセプターへの結合蛋白(H基)にも変化はなく、タミフルに対する耐性度にも変化はないとされる。
 教授によるとナコンパノムで分離されたウイルスは、中国東部の浙江省(2006年)、安徽省(2005年)、福建省(2005年)、および南西部の青海省(2005年)で分離された株に極めて類似していた。
 ”ウイルスが拡大してゆくルートは多くある。家禽、人、そして渡り鳥を介する場合がある”、と教授は説明するが、このタイへのルートに関しては言明を避けた。
 国連のFAOは17日、ナコンパノム州と隣国ラオスの株は、南中国からもたらされたと見解を発表し、より厳重な対策を求めた。
 ”東南アジアや東アジアでは、その危険性が十分知られているにも関わらず、国境を越えた家禽の売買が続けられている”、とFAOでは警告している。ピチト株については、2,3年前からタイ中央部で鳥や家禽、もっとも考えられるのは放し飼いの鶏、アヒル、闘鶏の間で感染を繰り返してきている株と考えられる、と説明した。
Indonesian woman dies of suspected bird flu Reuters AlertNet (英国) インドネシアの女性鳥フル疑いで死亡
 35歳女性が鳥フル様症状で死亡。家禽におけるH5N1鳥フルが蔓延、そして複数の人間が鳥フルに感染している西ジャワのシケレト村(Cikelet)住民。
 当局者によると村の個別訪問調査で、5歳と6歳の少女が鳥フル症状を呈しているのが見つかり、病院に収容されたという。
8月18日

Two more birdflu outbreaks hit ducks in Cambodia Reuters (国際) カンボジア、さらに2ヵ所でアヒルで鳥フルが発生
 東カンボジアの2地区でH5N1鳥フルが発生し、数千羽のアヒルが死亡した。一人の男が感染した鳥を密輸したのが原因と考えられている。当局が18日発表した。
 また2人の感染疑い患者が地方の病院に入院したと当局者が伝えた。検査結果は2,3日以内に出る予定と言う。
Woman dies of suspected birdflu Jakarta Post  (インドネシア) インドネシア、鳥フル疑いで女性死亡、集団感染の疑い
 鳥フルが家禽の間で大流行の村で、女性が鳥フル疑いで死亡した。病院当局者が18日発表したが、保健当局では人におけるH5N1鳥フルの集団発生の可能性があるため調査している。
 ユイス・リナさんは、西ジャワのスラメト博士病院に、17日、鳥フル症状で入院後3時間で死亡した。病院長のヤチ・マリャチ氏が説明し、検査結果を待っていると語った。
 女性はジャカルタの東南150キロにあるシケレト村に住んでいて、そこでは少なくとも1人が鳥フルで死亡し、1人が発病している。さらに4人が検査が行われる前に鳥フル症状で死亡している。
 訳者注:西ジャワのシケレト村(Cikelet)では、先に17歳の少年が発病し、9歳少女が死亡している。さらにニューヨーク・タイムズで記しているように他にも患者が出ているとされる。

2 Avian Flu Cases Confirmed in Indonesia New York Times (米国) インドネシアで鳥フル発病2事例が確認
 

 インドネシアからの報告によると、遠隔地の村で新規鳥フル集団発生が生じた。発生患者の中の何人かはWHOも確認している。
 
 西ジャワ州のガルト地区のシケレト村(Cikelet )で2例の鳥フル患者がWHOにより確認され、それぞれ同国における57、58番目の感染者となった。一人は死亡している。インドネシアの死者数は45人となり、世界最多となっている。
 H5N1ウイルス感染は57番目の事例の従兄弟でも疑われている。従兄弟は検体が採取される前に死亡している。WHOがそのように語っている。
 これらの患者3人の他、地方の報道やラジオ・ステーションでは、8人近くの村人達がこの2,3週間に、重症のインフルエンザ様症状を呈していると情報を流している。最初の鳥フル確認患者が7月26日に症状を呈する前に、既に何人かが死亡していて、1人は支払いが出来ないために病院を去っている。そのように現地の報道は伝えている。
 ジュネーブのWHO報道官のディック・トンプソン氏は、2人の確定例と1人の疑い例(17歳少年とその従兄弟、および死亡9歳少女)については報告を受けているが、それ以外は知らないと語っている。
 ”しかし、何が生じているか状況を掴むまでしばらく時間が必要だ”、と同氏は付け加えた。
 これまで、人人感染の証拠はないと、彼は語るが、”しかしそれは研究の初期の段階での話である”、とも付け加えた。
 昨日確認された58番目の感染者は9歳少女で、8月1日に症状を呈し、15日に死亡した。


Biologists testing wild birds leaving Alaska and Siberia breeding ... KTVA (米国) アラスカとシベリアから去る野鳥のウイルス検査が開始
 連邦と州の生物研究者達は、米国北東部の野鳥の鳥フルウイルス検査を開始した。焦点はアラスカやシベリアの繁殖地から南方に向かう渡り鳥である。これらの渡り鳥は、アジアからやってきた鳥フルウイルスに感染した鳥達と接触していた可能性がある。北東部の農業経営者達は、彼等が飼う家禽がウイルスに感染していることを恐れていると、生物研究者達は語っている。
Indonesian child dies of birdflu Reuters India (インド) インドネシアの子供、鳥フルで死亡、集団感染の可能性が調査
 西ジャワのチケレット村(Cikelet)で9歳少女が15日死亡した。村には多くの鳥フルに感染した、また死亡した鶏がいる。保健省の鳥フル情報センターの責任者が語った。
 同村では先に17歳少年が鳥フル症状で倒れ、検査でH5N1ウイルス感染が確認されている。南ジャカルタの州都であるバンドゥングの病院への入院を拒否して、自宅療養をしている。一方少年の従兄弟の20歳男性が今月初めに鳥フル様症状で死亡している。検査のための検体は採取されていない。
 WHOは二人の間で交互にウイルス感染があった可能性は極めて低いと説明している。二人とも同時に(7月26日)症状を呈したことから、感染源が同一と考えられている。
 少女と2人の男性がどのように感染したのか、WHOはさらに調査している。
Both Endemic and New Virus Strains to Blame for BirdFlu... PR Newswire (press release), (米国) 地域に定着しているウイルスと新規に拡大ウイルスが、東南アジアにおける鳥フル再興の原因:FAO
H5N1 virus now harder to detect in humans Nation Multimedia (タイ) H5N1ウイルスは検出が難しくなっている

 H5N1鳥フルウイルスはより複雑になってきた。理由としてタミフルの使用が上げられ、それは検査室での診断に多大な影響を及ぼしている。タイ公衆衛生省が昨日発表した。
 
 医科学局のパイジト・ワラヒト(Paijit Warachit)長官によると、最近発症した2名の患者において、1回目の検査で擬陰性の結果が得られている。
 ”今年、ウイルスを検出するのは非常に難しくなっている”、と同長官は語った。2名とも2回目の検査で確定されたと言う。
 ”ヒトにおける病気の進展がより複雑になってきている”、とパイジト博士は説明する。
 要因の1つとして、人における鳥フルの唯一の治療薬と考えられているタミフルの影響が考えられる。
 同博士によると、タミフルはウイルスを殺すわけではなく、単にその増殖を抑えるだけとされる。そのことは、検体を採取する気道にはウイルスは排出されないことを意味する。
 医療スタッフは上気道の分泌物をスワブで採取するが、検査でチェックされるほどのウイルスはそこには存在しない。ウイルスは奥の下気道に存在している。博士はそのように説明する。
 インフルエンザウイルスよりも、もっと奥の下気道にしかウイルスが存在しないことは、これらの2人の患者から得られた情報だ。医療スタッフはウイルス検査のための検体を、検体採取器具を用いて、下気道から得るように伝えられている。

 2004年にタイで鳥フルが発生した際、4000人以上でウイルス検査が行われたが、その際、検体採取が不適切なため、検査結果が得られなかった率はわずか3%に過ぎなかったと、長官は語る。しかし今年は20%に上っていると言う。
 ”ウイルスの検出がさらに難しくなってくるのかどうか、さらに研究を続ける必要がある”、とパイジト長官は語る。
 クラロングコーン大学の研究者達が、ナコンパノムで流行しているウイルス株が新型であることを発表したことを受けて(南中国由来のウイルス株であるという研究結果)、同長官は、同株はいまだ人には感染していないと説明している。
 ウイルスは家禽で見つかっているが、それは多分以前の株よりもさらに毒性が強い可能性がある。そのように長官はコメントしている。
 
 一方、公衆衛生大臣のピンジ・チャルソムバト( Pinij Charusombat )氏は、昨日、500人の個人病院と診療所の代表者と会議を持ち、鳥フル監視態勢と疑い患者の報告に関しての協力関係について話し合った。
 大臣は、個人病院が、彼等の患者が恐れを抱く可能性から、疑い患者を報告していない傾向があることを指摘し、もしそのようなことがあれば、いかなる医療機関も厳しく処罰されると、警告した。

8月17日

FAO says Chinese birdflu strain found in Thailand, Laos ... Jakarta Post, (インドネシア) FAO、中国の鳥フルウイルス株がタイとラオスで検出--家禽密輸が原因
 先月タイの北東部のナコンパノム州とラオスで発生した鳥フルウイルスは、中国南部で検出されているウイルスと同じであることが、FAOから発表された。中国南部からの家禽の密輸が、ウイルス拡大の原因であると指摘した。
 渡り鳥説は否定された。この時期は東南アジアでは、渡り鳥は移動しないことが理由。
Indonesia confirms 45th birdflu death, investigates possible ... TODAYonline (シンガポール)  インドネシア、45人目の鳥フル死者を確認、集団発生の可能性
 西ジャワのガルト地区。9歳少女が発症して死亡が確認。同地区で17歳少年が発病して生存中。その少年の従兄弟が鳥フル様症状で死亡。しかし検体を採取する前に埋葬。
鳥インフルエンザで少女死亡、計45人に インドネシア CNN Japan 
 ジャカルタ──インドネシアの保健当局は16日、西ジャワ州の9歳少女が高病原性鳥インフルエンザで死亡した、と発表した。同国における鳥インフルエンザ死者はこれで、世界最多の45人に達した。
 保健省の機関が、感染を確認した。調査結果は、米国系の研究機関も、確認したという。
 保健当局によると死亡した少女は、首都ジャカルタの南東150キロにある村の出身で、17歳の姉も鳥インフルエンザの症状で、手当てを受けているという。この村では、少女のほか少年1人も死亡しており、少年の死因について、詳しく調べる予定。
 この村における感染ルートは、鳥インフルエンザに感染した鳥に接触したためと見られている。
New birdflu strains blamed for SE Asia outbreaks Reuters AlertNet (英国) 東南アジアでの鳥フル発生には、新ウイルス株が関与
 タイとラオスで発生している鳥フルの中に、南中国から拡大してきたと考えられる新H5N1ウイルス株が関与している、とFAOが17日発表した。さらなる拡大を防ぐためには対策の強化が必要と、FAOは声明の中で警告している。

 最近のタイ北東部と隣国のラオスで発生している鳥フルのウイルス株は、以前には同地域で検出されていなかった株で、南中国で見つかっている株に類似しているとFAOは報告している。
 ”国境を越えた家禽売買が危険であるにも関わらず、東南および東アジアでは以前として続けられている”、とFAOは警告する。(南中国から家禽の密輸でウイルスが拡大していることを指摘:訳者注)。

 先月タイの中央のピキト州で鳥フルが発生したが、そのウイルス株は同地域でこの2~3年感染を繰り返している株であった。この流行で17歳の少年が感染して死亡している。
 ”このようにH5N1ウイルスは、いまだタイの中央部で鳥や家禽の間に感染を繰り返している。多くは放し飼いの鶏やアヒル、そして闘鶏である”、とバンコクのFAO鳥フルセンターのマネージャーである、ロウレンス・グリソン氏は声明の中で説明している。
Birdflu drill to begin today across Taiwan Taiwan Headlines, (台湾) 台湾:鳥フル模擬訓練本日開始
China's BirdFlu Virus Caused Thailand, Laos Outbreaks, UN Says Bloomberg  (国際) 中国の鳥フルウイルスが、家禽売買でタイとラオスへ拡大:国連発表
Aug. 17 (Bloomberg)

 南中国で見つかっているH5N1ウイルスの変異株が、先月タイとラオスの家禽の間で鳥フル流行の原因となったことが、国連機関から発表され、ウイルスが家禽売買を通じて、中国から再導入されたことが示唆されている。

 タイで過去3週間、鳥フルが今年度初めて家禽の間で流行している地域で、2人がウイルスに感染して、死亡している。H5N1ウイルスは同様にラオスの首都ビエンチァン近くの農場でも検出されている。新規の鳥フル発生は、ウイルスの変異の機会を多くして、人の間でのパンデミック株となる危険性が増す。
 タイのナコンパノム州とラオスでの鳥フルウイルスは、以前に両国で検出されているウイルスではなく、変異株であることが国連機関のFAOから本日発表された。(ナコンパノム州とラオスのビエンチャンは近接している:訳者)
 ”ウイルスは最近南中国で分離された株に類似している。タイとラオスのウイルスはそこから(家禽売買で)広がったと考えられる”、とFAOはバンコクで発表した。”家禽の国境を越えた売買は、東および東南アジアで、政府や人々に(鳥フルウイルス拡大の)危険性が高いことが十分知られているにも関わらず続いている”。

 タイのピキト州で発生している鳥フルのウイルス株は、遺伝子分析で、同地域でこの3年間蔓延している株と同じであることが確認された、とFAOは語っている(ピキト州では死亡者が出ている)。このように、以前としてH5N1ウイルスが残存して感染を繰り返している。

 家禽売買(Poultry trade across borders ):通常、家禽の不正な売買、すなわち密輸を意味している。

丸で囲んだ部分が、タイのナコンパノム州と、メコン河を隔てたラオスのビエンチャン周辺

Indonesia girl dies of birdflu in afflicted village Reuters (国際) インドネシアの少女、鳥フル流行の村で感染して死亡
 今週死亡した9歳少女が、2ヵ所の国内機関での検査で、H5N1ウイルス陽性と確認され、また彼女の住んでいた村は鳥フルに感染した家禽で充満している、と保健省が17日発表した。
 少女は15日、西ジャワの Cikelet 村の病院で死亡したが、村は多くの鳥フルに感染したり、死亡した鶏で溢れていると、保健省の鳥フル情報センターの責任者が語った。
 少女の死は、インドネシアで45人目の死者が出たことを意味し、世界最多である。
 Cikelet 村は鳥フルで満ちあふれており、至る所に死亡、または弱った鶏が見られる、と同氏は語っている。
 同じ村の17歳少年が同様に検査でH5N1鳥フルウイルスが陽性になったが、入院を拒否して自宅に引きこもっている。
 インドネシアのほとんどの州で家禽の鳥フルは発生しているが、同国では、そうした家禽との接触で患者が発生している。

45th Indonesian dies of birdflu Bangkok Post (タイ) インドネシアで45人目の死者が確認
 西ジャワのガルト地区で死亡した9歳少女がH5N1鳥フルであったことが、インドネシアの検査で確認された。
 最初の検査では陰性だったが、二度目の検査で陽性であることが昨夜判明したと、保健省の報道官がDeutsche Presse-Agentur (dpa)に語った。
Wild Birds Tested For Avian Flu KIROtv.com ワシントン州:野鳥におけるウイルス検査が開始
 ワシントン州全域で、渡り鳥を捕獲して、H5N1ウイルス検査が開始される。
Discovery of new strain of H5N1 prompts rethink of fowl controls Bangkok Post (タイ) タイ、新H5N1ウイルス株の流行は、対策に早急なる変更が必要
 ナコンパノム州で30万羽以上の鶏を犠牲にしたH5N1ウイルスは研究者達により、新規株として同定された。
 この株は遺伝子構造から見ると、南中国の株に類似している。しかし研究者達は、この株がなぜ中国国境を越えてこの地域にもたらされたのか理由は分かっていない。
 タイに存在しているH5N1ウイルス株には4種類ある:いわゆるタイ-ベトナム株、インドネシア株、そして中国で発生している2株。
 タイ-ベトナム株は、2004年初期のタイにおける最初の流行で確認されている。
 ウイルス研究者達によると、新株は人に対する危険性として、これまでのタイ-ベトナム株と変わりはないと言うが、今後のワクチン開発のとっては非常に重要な問題となるとされる。.
Study offers hope for new birdflu drugs MSNBC  (米国) 新抗鳥インフルエンザ薬開発
 
下記と同じ内容
New BirdFlu Drugs Possible, Study Says Washington Post (米国) 新抗鳥インフルエンザ薬開発

 X線解析により研究者達は、致死的鳥インフルエンザに対する新薬開発に成功しそうだ。
 新薬開発まで数年は要するようだが、研究に関する論文が17日に、世界的科学雑誌の”Nature”に発表される。
 ”この研究はこれまで我々が知らなかった、ウイルス攻撃のための新しい標的を見いだしている”、とWHOのインフルエンザ専門家であるミハエル・パーデュ博士は説明している。
 研究者は最新のX線解析により、H5N1ウイルスの表面蛋白の一つを構成する蛋白の原子構造を分析した。
 ニューラミニダーゼ(H5N1ウイルス表面蛋白の”N”)は、ウイルスが体内で細胞に感染してゆくために必要な蛋白であるが、現在使われている抗インフルエンザ薬は、H5N1ウイルスに特異的ではない、他のニューラミニダーゼをモデルとしている。
 H5N1ウイルス表面蛋白の詳細な構造を同定することで、研究者達はこの株を標的として攻撃する薬剤を開発できる。
 この作製される新薬は、現在使われているタミフルと併用して使うことが可能だと、論文の著者が言っている。理由は耐性株を作るリスクを軽減させるためである。
 これまでは、人のインフルエンザ治療薬として開発されたタミフルが、試験管内でH5N1ウイルスに幾分効果的とされてきた。しかしながらタミフルの耐性株も出てきている。
 専門家達は、鳥フルと闘うための手段として、さらなる薬剤が必要であると言うことに関して意見の一致を見ている。 
8月16日


Survey: One third deaths unreported by Chinese hospitals China Daily (中国) 中国:三分の一の死因、未報告と
 郡レベル以上の医療施設は死亡者報告をするように、2004年4月以降義務づけられたが、原因不明死、未確定肺炎等は報告されていないことが分かった。医師達の中には、SARSや鳥フルで死亡した患者だけを報告すれば良いと考えていた医師も多かった。衛生部が16日調査結果を報告した。
中国湖南省で鳥インフルエンザ・家禽21万7000羽を一斉処分 日本経済新聞 
 中国農業省は16日、湖南省長沙市内の農場で家禽への高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が確認されたと発表した。同省ではこれまでに、鳥インフルエンザ感染による住民の死亡例も確認されている。
 同省によると、この農場では今月上旬、家禽約1800羽が相次いで死んだ。地元畜産当局が検査したところ、H5N1型ウイルスを検出した。
 湖南省当局は感染拡大防止のため、この農場の家禽約21万7000羽を一斉に処分したという。
More birdflu possible in Garut Jakarta Post, (インドネシア) 西ジャワ、ガルト地区で鳥フル死亡の可能性
 ガルト地区で9歳少女が鳥フルで死亡した疑いが持たれている。15日保健省が発表した。検体は現在分析中で16日には結果が出る予定とされる。
 少女が感染した家禽と接触したか否かについては不明であるが、症状は咳、発熱、肺炎と言われる。
 西ジャワは鳥フル死亡者が多く、インドネシアの死者45人中14人が西ジャワに集中している。
 WHO統計ではインドネシアの死者数は44人となっているが、昨年7月に家族内で発生した死者3人(父親と娘2人)の中で、娘1人を認定していないため、インドネシア当局の発表している数よりも1人少ない(訳者注)
Jackie Chan birdflu role may not be seen here The Standard (香港) ジャッキー・チェン、鳥フル予防啓発テレビ番組、香港では見られず
 UNICEF作成の鳥フル予防啓発テレビ番組は、香港の国際スクール( Sha Tin Junior School )で5月に作成された。ジャッキー・チェンが子供達に、鳥から危険なインフルエンザが感染する可能性について話をする。
 この番組は香港で流される予定はないとUNICEF関係者は語っている。
Indonesian girl dies of suspected birdflu NewsChannel 9 WSYR (米国) インドネシアの少女、鳥フル疑いで死亡
Girl dies of birdflu in Indonesia Gulf News, (アラブ連合首長国) インドネシアで少女が鳥フルで死亡した疑い
 鳥フル死亡最新例と同じ地域で、少女が鳥フル疑いで死亡したことが保健当局から発表された。
 死亡したのは、9歳少女、アイシチ・アミナで、西ジャワのガルト地区に住んでいた。同地区は2日前に17歳少年がH5N1ウイルス感染で死亡している。
 少女は14日午後に肺炎で入院した。
 ”少女はすぐに隔離病室に収容され、検査のための検体が採取され、すぐに治療が開始された。しかし彼女の状態はすでに非常に悪く、意識が戻らないまま死亡した”。
 検査結果はまだ出ていない。確認されるとインドネシアで45人目の死者となる。
Birdflu kills 1,800 ducks in China, 210,000 culled Malaysia Star (マレーシア) 中国:鳥フルで1800羽のアヒルが死亡、21万羽が殺処分
 北京(ロイター)
 湖南省都の長沙(チャンシャー・Changsha)の農場で、8月4日以来、1805羽のアヒルが死亡したことが農業部から発表された。さらに約21万7000羽のアヒルが殺処分された。国立研究所は14日、H5N1ウイルス感染によるものであることを確認した。
 (訳者注:14日、カンボジアでアヒルが大量H5N1鳥フルで死亡したことが報道されている。
 ベトナム南部のメコンデルタ地域のアヒルはH5N1ウイルスで死亡しないから、ウイルス株は中国株と異なると考えられるが、カンボジアの株は中国株に近いようだ。中国から家禽の密輸が相次ぎ、それが原因でH5N1ウイルスが周辺に拡大している可能性が指摘されているが、遺伝子分析によるH5N1ウイルス流行マップが必要だ)。

Bid to standardize H5N1 response IHT ThaiDay (タイ) バンコク:H5N1鳥フル対策を標準化
 17日にバンコク市内の民間病院と保健センターの代表者が集まって、鳥フル感染疑いのある患者の取り扱いを標準化する会議が開かれる。
 患者記録、患者移送方法、感染予防方法、治療方法の標準化を図る。
Phinij calls for better lab diagnosis Bangkok Post (タイ) タイ:公衆衛生大臣、検査室診断の精度を高めるよう要求
 医科学局が開いたワークショップで、公衆衛生大臣のフィニジ・ジャルソムバト氏は、人の疑い例の検査室診断の迅速性と精度を高めるよう求めた。ワークショップには200人の検査技師と医学専門家、公衆衛生当局者達が参加した。
 フィニジ氏は、隔離されている患者達の検査結果が間違っている例が多く、これは国内の鳥フル流行状況の解釈の混乱を招くだけでなく、患者の治療にも影響を及ぼすと語った。
 今月初めにピキト州で死亡した17歳少年の場合、検体の採取方法が悪かったため、正確な診断が出来なかったため、治療が遅れたと説明された。
 少年は当初デング熱と診断されていた。H5N1ウイルス検査は陰性だった。
 医科学局長官のパイジト・ワラチト長官によると、鳥フル検査は人当たり5000バーツ(1万5000円)要する故、検査技術を十分高める必要があるとされる。
TOP