高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
8月15日

新疆自治区で鳥インフルエンザ感染者を確認 朝日新聞 
 
Indonesian girl dies of suspected birdflu Newswatch 50, NY (米国) インドネシアで少女が鳥フル疑いで死亡
 下記と同内容。 全米ニュース。
 確認されたらインドネシアで45人目の死者となる。
Indonesian girl dies of suspected birdflu TODAYonline, (シンガポール) インドネシアで少女が鳥フル疑いで死亡
 鳥フル死亡最新例と同じ地域で、少女が鳥フル疑いで死亡したことが保健当局から発表された。
 死亡したのは、9歳少女、アイシチ・アミナで、西ジャワのガルト地区に住んでいた。同地区は2日前に17歳少年がH5N1ウイルス感染で死亡している。
 少女は14日午後に肺炎で入院した。
 ”少女はすぐに隔離病室に収容され、検査のための検体が採取され、すぐに治療が開始された。しかし彼女の状態はすでに非常に悪く、意識が戻らないまま死亡した”。
 検査結果はまだ出ていない。
Cousin of Indonesian birdflu case dies with flu-like symptoms Antara, (インドネシア) 鳥フル発症17歳少年の従兄弟も鳥フル様症状で死亡していた
 西ジャワのガルト地区の17歳少年、ウマル・アウプはインドネシアで57番目のH5N1鳥フル感染者であるが、彼の従兄弟も1週間以上前に鳥フル様症状で死亡していたことが、ガルト地区の保健担当者から発表された。また彼は感染対策用の医療装具の不足を訴えた。
 20歳になる従兄弟は検体が採取される前に埋葬されていた。
 ”我々は明確には彼が鳥フルで死亡したとは言えないが、彼は鳥フル患者の症状と同じ症状を呈していた”、と担当者は語った。
 従兄弟の両親から検体を採取して、ウイルスに感染していたかどうかの検査を行っているとされる。
Ministry says birdflu under control IHT ThaiDay, (タイ) タイ保健省、鳥インフルエンザはコントロール下にと強調
 タイ保健省は昨日、鳥インフルエンザの拡大はコントロール下にあると強調した。

 ”現在、保健省は鳥インフルエンザ拡大と闘っている。これまで2人だけが発病を確認されている”。と保健大臣のフィニジ・ジャルソムバト氏が語った。
 大臣は鳥フルが疑われている2人のバンコクの患者は回復してきていると語った。2人はノンタブリ省のバムラスナラドゥラ研究施設で、治療を受けながら監視下に置かれている。1人は24歳男性で、現在は発熱も消耗もなく、もう1人は66歳女性で微熱があるが、咽頭痛も咳もないと言う。
 検査結果で鳥フルが否定されたら、2人は退院の予定という。

 しかしながら、昨日ピキト州立ワング・サイ・プーン・パエト病院に、高熱と咳を呈した2人の鳥フル感染疑いの小児が入院した。
 8歳と13歳の小児から、血液と喀痰が採取され検査されている。
 2人とも隣家で鶏が死亡していたとされる。
 
 現在国内全体では、191人が疑い例として、医学的監視下にあり検査結果を待っている。


WHO confirms China's 14th avian flu fatality, Indonesia's 57th ... CIDRAP, MN (米国) WHO、中国の14人目の死者と、インドネシアの57人目の感染者を確認、
 WHOは新疆ウィグル自治区の62歳男性がH5N1ウイルスで死亡したことを確認すると共に、インドネシアの17歳少年が発病したことも確認した。少年は入院を拒否して自宅に戻っているが、重体とされる。また62歳男性は感染した家禽との接触の既往がないと伝えられる。
China Reports New Human BirdFlu Death Washington Post, (米国) 中国、新規鳥フル死者を報告

 

中国の極西部地域で農民が鳥フルで死亡し、同国として14人目の死者となった。

 中国衛生部は、新疆ウイグル自治区の62歳の農業従事者が7月12日にH5N1ウイルス感染による鳥インフルエンザで死亡したことを発表した。国営通信の新華社の報道による。

この事例で、中国の鳥インフルエンザ感染者数は21例となった、と新華社は報道している。この計算には、政府が2年前の2003年に発生した事例も加えている。
 2003年の事例は、この6月に中国の研究者により、世界的医学雑誌の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New. Engl. J. Med)の「編集者への手紙」で明らかになったもので、中国政府の重大感染症発生把握能力が問われていた。

China confirms human death from bird flu Reuters AlertNet (英国) 中国、鳥フル死者を確認
 中国の北西地域の新疆ウィグル自治区で62歳の農夫がH5N1ウイルス感染で死亡したことが、衛生省から14日発表になった。このリさんと呼ばれる農夫は、ジムサール地区に住んでいて、6月19日に発熱と肺炎を呈し、そして7月12日に死亡した。衛生部はホームページでそのように伝えている(www.moh.gov.cn)。昨年の11月以来、中国として20人目の感染者で13人目の死者となる。(WHO報告では2003年11月の事例が加わっているから、各1人多い:訳者)。
 衛生部によると死亡したリさんは、発病前に感染した家禽との接触の既往は無かったとされる。
中国で14人目、鳥インフルエンザで62歳男性死亡 読売新聞
 新華社電によると、中国衛生省は14日、新疆ウイグル自治区の農業の男性(62)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、死亡したと発表した。男性は6月19日に発病し、7月12日に死亡。中国での鳥インフルエンザによる感染者は21人、死者は14人となった。
China Reports Human BirdFlu Death with Unknown Infection Source Washington File, (米国政府海外向け広報) 中国鳥フル死亡者を報告、しかし感染源は不明
  新疆ウィグル自治区で62歳男性が鳥フル症状を呈し、6月19日に入院し、7月12日に、中国として21人目の死亡者となったことが、中国当局から発表された。H5N1ウイルス感染によるものであることが、2回に渡る検査の結果確認されたことが、WHOの報告に記されている。
China reports new human death from birdflu WHO-TV (米国) 中国、新規鳥フル死亡者を報告
 中国当局報道官は、鳥フルによる死亡者が確認されたことを発表した。
 極西部地域の農民がH5N1鳥フルに感染して死亡し、中国の鳥フル感染者数は21人となり、死亡者数は14人となった。
White House: Lesser BirdFlu May Be Here CBS News (米国) ホワイトハウス:低病原性鳥フルが米国に

 ミシガン州のエリー湖の岸辺で捕獲された2羽の白鳥から鳥フルウイルスが検出されたが、高病原性のアジア株ではないようだ。当局が発表した。
 

Two Michigan swans have avian flu; experts quell concerns CIDRAP, MN (米国) ミシガンの白鳥2羽で鳥フルウイルスが検出:しかし専門家は心配無しと
 ミシガン州で非移動性の白鳥から鳥フルウイルスが検出されたが、現在のところ、H5亜型株であることは間違いは無いが、そこにN1株も混在しているのか(H基は不明)、それともH5N1ウイルスが感染しているのか確定はされていない。
 しかしウイルスの遺伝子分析では、先に北米で検出されている弱毒株に類似していることが分かっている。1975年と1986年に行われた野生のカモにおける定期的調査で、低病原性のH5N1ウイルスが見つかっている。このウイルスは2005年にカナダでも見つかっている。
BirdFlu Found in Michigan is Less Dangerous Strain of the Disease Muslim American Society, VA  (米国) ミシガン州で見つかった鳥フルは低病原性の可能性
 ミシガン州で2羽の白鳥から鳥フルウイルスが検出されたが、政府当局者によると、危険性の低い、低病原性のウイルスと思われている。
 ウイルスの病原性の高さは、病気を起こす能力によって規定される。
 最近H5N1ウイルスが世界の多くの国の家禽に被害をもたらしている。米国政府は、国内へウイルスが到達する可能性があることかRあ、その監視態勢を強めてきた。
 しかしながら、ミシガンで今回発見された鳥フルウイルスに感染した白鳥は、病的状態には陥っていなかった。そのことから州の農業局では、発見された鳥フルウイルスはやっかいな株ではないと語った。
 低病原性ウイルス、時々”北米”H5N1ウイルスと呼ばれる株は、野鳥の間で一般的に感染が見られる株と考えられている。軽い症状を呈する場合があるが、無症状の場合も多い。
 当局者は、鳥に致死的であることは希であり、人への健康にも影響はない、と説明している。
 鳥フルウイルスは表面蛋白によって分類される、H蛋白とN蛋白であり、その組み合わせで多くの株が誕生する。
 H5N1株には、高病原性と低病原性の2種類がある。
8月14日

Indonesian teenager stays home despite birdflu Reuters AlertNet (英国) インドネシアの10代少年、鳥フルにも関わらず自宅に引きこもる
 西ジャワ奥地の17歳の少年がH5N1鳥フルを発病したが、病院での治療を拒否して村に戻った。保健当局者の説得にも関わらず、家族は季節性のインフルエンザであると主張し、伝統的治療法で治すと主張している。主治医によると状態はかなり悪いとされる。少年の従兄弟も鳥フル様症状で死亡しているが、検査は受けていない。
Indonesian birdflu patient refuses treatment, officials say Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、鳥フル発病患者、治療を拒否
 インドネシアの直近の患者が一晩病院に入院しただけで退院してしまった。一方彼の従兄弟が先週鳥フル様症状を呈して死亡したが、ウイルス検査はしていなかった。保健当局者が14日語った。

 ウマール・アウプ(Umar Aup)は先週9日西ジャワの病院に入院した。しかし家族の要望で翌日退院した。家族が祈祷などの伝統的治療法で、治したいというのが理由だ。保健省の担当官であるエカ・ソニー医師が説明した。
 同医師は13日奥地の17歳の患者の村を訪れたが、非常に状態は悪いと言っている。
 同医師は患者を病院に収容できないことに苛立ちを見せているが、患者の父親は、治療の選択権は、例え危険な状態でも彼にあると主張したようだ。
 村人達によると、患者のアウプと従兄弟は、先週突然死んだ100羽近い鶏の死骸を集めて、犬たちに餌として与えたと言う。
 ソニー医師によるとアウプの従兄弟はウイルスによる症状を呈してから死亡したと言う。
 保健担当者達は、多くのインドネシア人が鳥フルで死亡しているようだと言っている。検査が行われていないので、十分把握されていないようだ。(Health officials have said they suspect that many Indonesians have died from bird flu unreported because they no tests were performed.
Southern Vietnam city reinstates ban on poultry farming Thanh Nien Daily (ベトナム) 南ベトナム、ホーチミン市で家禽繁殖を再禁止に
 先にホーチミン市では鶏繁殖禁止の解除を決定し、アヒル繁殖は8月初旬まで解除を延期するとしていたが、メコンデルタ地域で鳥フルで家禽が50羽以上死亡したことから、家禽の繁殖を来年2月まで禁止とした。(鳥フルウイルスの詳細な株については未発表:訳者)
Five things you need to know Joliet Herald News (米国) イリノイ:鳥フル、知っておくべき5ポイント

 1. パンデミックというのは世界的に発生する感染症を言う。鳥インフルエンザはパンデミックの状態には至っていないが、警戒感は続いている。連邦政府のホームページで詳細が説明されている。www.pandemicflu.gov.
 2. 世界中の野鳥は、鳥フルウイルスを腸管内に保有しているが、通常発病はしない。鳥フルは鳥の間で非常に感染しやすく、鶏やアヒル、七面鳥などの家禽に感染し、多くを感染死させる。
 3.感染した鶏は、唾液、鼻道分泌物、排泄物などを介してウイルスを拡大させる。家禽は感染した水鳥、または他の感染した家禽との直接接触、または汚染物質、水、餌などに接触することで感染する。
 4.こうした状態からウイルスが人へ感染することがあるが、現在、人人感染が継続して起きている状況にはない。
 5. WHOによると、これまで少なくとも132人が死亡している。2003年にベトナムで3人死亡し、翌年ベトナムで20人、タイで12人、3005年には、インドネシア、中国、カンボジアでも死者が発生し、今年になってから、西側諸国でも死者が出ている(トルコ、アゼルバイジャン、イラク、エジプト)。インドネシアでは二日半に1人のペースで死者が出ている(これは5月頃のデータ:訳者)
Cambodian Village Monitored for BirdFlu Washington Post, カンボジア、鳥フル発生村が監視下に

 1200羽のアヒルが突然死亡したカンボジアの村が、ウイルスの拡大を防ぐために30日間の監視下に入った。8月初めからアヒルに鳥フル様症状が出現し、突然1000羽以上が死亡した。12日にH5N1ウイルスが確認された。

 ←ボーイフレンドと料理した鶏の足を食べるカンボジアの少女(12日、Teuk Chhou, Kam Pot province,)


AP

Cambodian village monitored USA Today (米国) カンボジア、鳥フル発生村が監視下に
 カンボジアの村で新規の鳥フル発生でアヒルが突然1200羽死亡し、拡大を防ぐために30日間の厳重監視下に置かれた。13日当局者が語った。12日にH5N1ウイルスが確認されている。
 AP配信全米ニュース
 訳者注:ベトナム南部のアヒルは、H5N1ウイルス感染で死亡せず、ウイルスキャリアとなり、周辺にウイルスを拡大させる媒介動物となっている(米国のウエブスター博士が昨年言ったトロイのアヒル)。今回のウイルスはアヒルに対して致死的毒性を持っているところが異なる。中国からの密輸家禽によるウイルス感染の可能性が高いのだろうか?それともウイルス変異によるものか?
Virus H5N1 discovered in smuggled poutry, Vietnam prepares VietNamNet Bridge, (ベトナム) ベトナム:密輸家禽にH5N1ウイルスが検出

 最近のタイとラオスにおける鳥フル発生に対して、ベトナムでは密輸家禽の摘発態勢と、危険地域での流通家禽の検査態勢を強化した。
 北方の中国との国境沿いのラングソン州では検査した30検体の中で1検体からH5N1ウイルスが検出されている。11日に当局が発表した。

46 under birdflu monitor IHT ThaiDay (タイ) 46人が鳥フル疑いで監視下に
 保健大臣は、12日から13日にかけて、16州から46人が鳥フル疑いで監視下に入ったことが報告された、と発表した。
 さらに96人が鳥フル疑いで、H5N1ウイルス検査結果を待っているとされる。
Quarantine wards to be built in badly hit provinces Bangkok Post (タイ) タイ:鳥フル流行地域の病院に隔離病棟を増設
 鳥フル流行地域で感染疑い患者を収容するための隔離病棟を、国内に100増設する予算が承認されたことが、昨日公衆衛生大臣から発表された。
 鳥フル流行地域の、ピキト州、ウタイタニ州、カンファエングペト州、ナコンサワン州が含まれる。
 建設は3ヶ月以内に完了する。
Village In Cambodia Under Strict Watch For BirdFlu All Headline News  (国際) カンボジア、鳥フル発生村、30日間の厳重監視下に
 プレイベング州のロカル・クオル・ティムオイ村で1200羽のアヒルが突然鳥フルで死亡したため、保健当局では村を厳重な監視下においた。
 8月2日頃からアヒルに鳥フルの症状が現れ、翌日突然1000羽近くが死亡したと言う。12日にH5N1ウイルスが確認された。
8月13日


46 possible Thai birdflu patients being monitored Thai News Agency MCOT (タイ) タイ:鳥インフルエンザ疑い患者46人が監視下に
 46人の鳥インフルエンザ疑い患者が厳重な医学的監視下にあると、公衆衛生省のピンジ・ジャルソムバット大臣が発表した。またタクシン・シナワトラ首相が、全国に鳥インフルエンザ患者対象病室を100以上作るための予算を認めたことも伝えられた。

 ピンジ大臣は13日午後に、国立病院へ2人の鳥フル疑い患者の見舞いに訪れた。
 1人は24歳のバンコクの隣のサムトプラカン州からの患者で、もう1人は北東部のナコンラチャシマ州からの66歳の女性である。
 大臣によると2人とも重体で、彼等の診断は14日に確定すると語った。(通常のインフルエンザかH5N1鳥インフルエンザか)。
 また大臣によると、全国の16州で、46人が鳥インフルエンザ疑いで、医師のもとで厳重な監視下にある。
 北部のピキト州が最も疑い患者が多く9人となっていて、ナコンサワン州が8人、バンコクの隣のノンタブリ州で5人となっている。
BirdFlu confirmed in the Netherlands Spero News オランダでH5N1鳥インフルエンザが確認
 オランダ政府は初のH5N1鳥インフルエンザをロッテルダムの動物園の若い死亡した2羽のフクロウで確認したと発表した。
H5N1 suspected in Rotterdam zoo Reuters.uk, (英国) オランダの動物園でH5N1鳥フル発生の疑い

 オランダのロッテルダム動物園で死亡した2羽フクロウが致死的H5N1ウイルスに感染していた疑いが持たれれている。オランダ農業省が12日遅くに発表した。
 オランダはヨーロッパでフランスに次いで、第二の家禽生産国であるが、これまで致死的鳥フルの発生は報告していない。
 農業省の報道官はさらなる詳細な検査が行われているが、高致死的鳥インフルエンザウイルスが疑われていると語った。最終的確認結果は2,3日以内に出る予定だ。
 さらに死亡した鳥はいないが、動物園では他の鳥も検査している。ほとんどの鳥はワクチン接種されているという。
 オランダは今月はじめに弱毒性のH7株を1農場で検出しTげいる。
 2003年にH7N7株の大流行が家禽の間で発生し、国内の家禽の三分の二、すなわち3千万羽の殺処分を行っている。 

 
Indonesia confirms new bird flu case Yahoo! News  (国際) インドネシア、新規鳥フル事例を確認
 インドネシアの西ジャワの奥地の村に住む17歳少年がH5N1ウイルスに感染していることが確認された。保健当局者が発表した。
 しかし少年は病院での治療を拒否して村に戻ってしまった。
 少年は当局の検査で確かめられ、インドネシアとして59人目の感染者となった。
 少年は通常の季節性のインフルエンザに罹患していると信じているとされる(H1N1ソ連型:訳者)。
 チームは少年を病院へ入院するように説得している。
 少年の感染源は家庭で飼っている鶏が病的になったときにに接触したことが原因と考えられている。
Cambodia reports fresh birdflu outbreak in poultry TODAYonline, (シンガポール) カンボジア、家禽での新規鳥フル発生を報告
 カンボジアは、4ヶ月ぶりに家禽でのH5N1鳥インフルエンザの発生を確認したことを発表した。
 ウイルスは11日、プレイベン州で2羽のアヒルから検出された。(90キロ首都から北)。
 6羽のアヒルを調べて2羽から検出されたと言う。
Birdflu warning raised in northern Iran: report Xinhua, (中国) イラン北部で鳥フル警告
 イランの医学大学が北部イランで鳥フル汚染の危険性を警告した。12日報道機関が発表した。
 ギラン医科学大学は、生きた家禽の売買は控えるように警告すると共に、鳥フル予防のための衛生管理と予防手技について知識を得るように伝えている。
 イランでの最初の鳥フル発見の事例は、本年2月で、135羽の死亡した白鳥からウイルスが検出されている。
India is birdflu-free Hindu (インド) インドは鳥フル発生無し
 インド農業省はこの3月間、インドで鳥フル発生がないことをOIEに報告した。鳥フル清浄国としての位置づけになる。
India declares itself as avian flu-free nation India eNews.com, (インド) インド、鳥フル清浄国として申し立て
 本年2月に家禽の間でH5N1鳥インフルエンザが発生したインドではその後、マハラシュトゥラ州を中心に広がったが、最後に4月18日のジャルガオン地区での発生があった後、発生が認められていないという。
 インド政府はOIE(国際獣疫事務局)に11日、鳥インフルエンザの国内での発生は認められていないことを報告し、鳥フル無発生国として申告した。
8月12日

Indonesian teenager tests positive for birdflu EiTB (スペイン) インドネシアの10代若者、鳥フル検査陽性
 
下記と同じ。
Indonesian teenager tests positive for birdflu Jakarta Post, (インドネシア) インドネシアの10代若者、鳥フル検査陽性
 西ジャワの病院で治療中の17歳少年がH5N1ウイルス陽性であることが確認された。保健省が発表した。
 少年は西ジャワのガルートに住んでいて、発熱と呼吸困難のために入院した。
 保健省の研究所と米海軍医学研究所の検査結果でH5N1ウイルス感染が確認されたと、保健省では説明している。入院している病院名は明らかにされていない。
 今週2人の10代の若者が鳥フルで死亡し、インドネシアの死者数が、世界最多の44人となったばかりだった。
Indonesian teenager tests positive for birdflu Reuters AlertNet (英国) インドネシアの10代若者が鳥フル陽性
 下記と同じ内容。
Teen tests positive to birdflu Melbourne Herald Sun (オーストラリア) インドネシアで10代若者が鳥フル発症
 西ジャワの17歳の若者が発熱と呼吸困難を呈し、インドネシアでの検査でH5N1ウイルス陽性であったと、インドネシア保健省が本日(12日)発表した。感染源は分かっていない。
 検査は保健省の機関と米海軍の医学研究所(NAMRU)で確認されたと発表された。
Cambodia reports birdflu outbreak CNN International (国際) カンボジア、鳥フル再興を報告
 AP
 カンボジアの南東部で家禽における鳥フルが発生したことをカンボジア農業省が12日発表した。
 農業省の家畜保健局のカオ・ハパル長官は、鳥フルは致死的H5N1ウイルスによるものであることを明らかにした。
 それは11日、ベトナムとの国境沿いのプレイベング州で確認された。
 H5N1ウイルスは2003年末にアジアで再興し、世界中で少なくとも138人、カンボジアで6人死亡している。
 カンボジア保健省は国内の全州に緊急対策チームを発足させ、病院と保健センターにおける疑い患者発見に努めるように求めた。
 国連の広報によると、今月初めからカンボジアの電話による”ホットライン”に150以上の相談が入っており、死亡した家禽の処分方法や病気の症状に関する質問が寄せられていたという。
 政府は仏教の修業僧に住民に対する鳥フル予防啓発活動を依頼している。また今月11州の2538のパゴダ((仏教の多層の塔)で修業僧と住民達によるワークショップが開催される予定になっていると、国連が9日に発表している。
Thailand, Laos talk birdflu Bangkok Post (タイ) タイ、ラオスと鳥フル対策協力の話し合いに
 タイとラオスは鳥フル対策、特にメコン河流域沿い(両国が国境を隔てている)における対策の強化ついて話し合った。両国が協同的に鳥フルを封じ込める。
Experts say birdflu effort still far from success Jakarta Post (タイ) タイ:専門家は対策はさらに強化されなければならないと警告
 感染している家禽の数に比較すると、殺処分されている鶏の数はまだまだ少なすぎる等。
Town meeting addresses possibility of flu pandemic Oneida Dispatch (米国) パンデミック・インフルエンザの可能性をテーマにタウンミーティング開催
 マディソン郡保健局が、季節型インフルエンザと、より深刻なパンデミック・インフルエンザに関してタウンミーティングを開催した。
Birdflu suspect in Nongbua Lamphu dies Thai News Agency MCOT (タイ) 鳥フル疑い患者死亡、検査では陰性と
 タイ北東部ノンブアランプ州の60歳男性が鳥フル症状を呈して入院中であったが、11日に死亡した。7つの検査で鳥フルは否定され、細菌による感染症が疑われている。
 患者は彼の飼育していた数羽の鶏が死亡した後、鳥フル症状を呈して、7月中旬に入院していた。
New BirdFlu Drug Promises To Beat The Problem Of Resistance Medical News Today (press release),  (英国) 新抗ウイルス薬が開発、タミフル耐性問題の解決へ
 英国の研究者達が開発中の抗インフルエンザウイルス薬は、タミフルとは違う作用機序の薬であることから、タミフルに耐性の鳥フルウイルスに対しても効果が期待される。MRC(英国医学研究評議会)からの多額の助成金により開発中であるが、今後3年以内に臨床試験に入る予定となっている。
Govt slaps controls on aspirin sales Bangkok Post, (タイ) 政府、子供へのアスピリン販売を禁止
 タイ公衆衛生省は11日、薬局などにおける15歳以下の小児へのアスピリン販売を禁止した。インフルエンザ等における解熱薬としてアスピリンが小児に用いられ、その致死的副作用を防ぐためである。
Govt braces for birdflu outbreak in the capital IHT ThaiDay (タイ) タイ政府、首都での鳥フル発生に警戒
 政府当局者は昨日、首都で鳥フルが発生する危険性が高まっており、この致死的感染症の広がりを阻止するための緊急対策を発表した。

 農業大臣のクニイング・スダラト・ケユラフェン氏は、
 ”バンコクでは家禽と一緒に生活している家族が多いから、事態は深刻だ”、と警戒感を示している。
 大臣は1ヶ月間の訓練プログラムで、7000人以上のボランティアをバンコク市内で養成すると語った。ボランティアは、市内の各家庭を訪れ、鶏や闘鶏、観察用鶏の飼育状況の調査と、鳥フルの予防方法の教育にあたる。

 タイ保健当局ではこの2日間、300人の鳥フル感染疑い者を検査したが、全て陰性だったと発表した。最後の感染者は8月3日に死亡した、本年度2人目に当たる27歳男性となっている。
8月11日

Schools told to prepare for flu OCRegister (米国) 学校での鳥フル対策が必要と

 オレンジ郡の保健当局者と学校関係者達は、鳥フルのパンデミックが起きるとしても、すぐに起きるとは考えていない。
 しかし、だからと言って学校における対策が、必要ではないことにはならない。10日にベックマン高校で行われた会議で関係者達はそのように語った。

 郡の各地域から集まった学校と地域行政の代表者達が、鳥フル・パンデミックに対するワークショップに参加した。オレンジ郡保健局と教育委員会が主催し、5時間に亘る会議であった。
 各講演者は異なったインフルエンザ株について話したが、現在アジアで流行している鳥フルについても焦点が合わせられた。講演者達は鳥フルに関して、いまだ米国内の家禽や人で感染はみられていないことを強調した。
 保健局のヒルディー・メイヤー医師は、将来パンデミック・インフルエンザが地域に拡大してきたとき、ほとんどの学校や、多数の人間が集まる場所は数日から数週間、閉鎖されるだろうと語った。
 参加者達は、DVDが付属した”教育現場におけるパンデミック対策”ツールキットを配布された。DVDには、出席簿からインフルエンザに関連した欠席者の異常な増加をチェックする方法などが示されている。
 キットの中では、学校におけるインフルエンザウイルスや他のウイルス拡大防止方法、 基本的衛生管理方法、そして疑い患者が発生したときの隔離方法などが記されている。また、鳥フルに関連した政府の情報が掲載されているホームページ・アドレスと電話番号も記載され、学校が疑い患者を見いだしたときの地方および連邦当局への報告の方法、さらに校内で発生したときのパニックの防止方法なども説明されている。
 ”全ての伝染性感染症は学校のような多数の人間が集まる場所が、最もリスクが高い”、とメイヤー医師は語った。

 鳥フル情報と、オレンジ郡対策計画に関しては以下を参照
www.ochealthinfo.com/epi/af.

オレンジ郡
 カリフォルニア州で2番目(人口300万人)、全米で5番目に大きい郡
 詳細


鳥インフルエンザに備え、平壌で隔離病棟建設中 YONHAP NEWS (日本)
 北朝鮮が平壌に鳥インフルエンザ感染患者の発生に備えた隔離病棟を建設している。在日本朝鮮人総連合会の機関紙、朝鮮新報(電子版)が11日に伝えた。
 この病棟は世界保健機関(WHO)の協力により新築されるもので、鳥インフルエンザの隔離病棟として世界的な基準に合致する標準タイプだという。延べ面積は695平方メートルで平屋建て。医療スタッフが使う事務室のほか、病室8室が作られる。他への伝染を防ぐため、3段階の浄化施設を含む換気システムを備えているほか、患者用の出入り口を別に設けるなど徹底して病室を隔離する。  北朝鮮の国家非常防疫対策委員会の関係者は、鳥インフルエンザの事前予防に向けた措置のひとつとして隔離病棟を新設していると説明している。6月末に着工され、来月中旬に完工する予定だ。
 平壌では昨年、鳥インフルエンザが発生し、家禽(かきん)類が大量死した経緯がある。
Mr. Pinij admits that the birdflu assessment is now more ... ThaisNews (タイ) 人での鳥フル鑑別はさらに難しくなっている
 公衆衛生大臣のピンジ・ジャルソムバト( Pinij Jarusombat)氏は、タイでは鳥フルの人での発生を監視することはさらに困難になっているが、ウイルスがタイで突然変異することはないと主張した。
 ピンジ氏は、タイではデング出血熱と季節性のインフルエンザが流行しているため、鳥フル感染患者の発見は非常に難しくなっていると語った。さらにウイルスの封じ込め対策や、家禽に対する鳥フルワクチンの使用は、さらなる改良が必要だ。また科学的領域での意見では、タイがウイルス変異の地となる可能性が言われているが、それは決してあり得ないし、またこれまでそのような事実もない。そのように大臣は語った。
 バンコク市内では11人の患者が疑い例としてリストアップされていたが、9人が季節性のインフルエンザに罹患していることが確認され、残りが結果待ちとなっている。
Vietnam finds more birdflu-infected fowl in south  Reuters AlertNet (英国) ベトナム、さらに鳥フル感染家禽が見つかる
 サイゴン・ジアイ・フォン(民主サイゴン)紙は、ホーチミン市地域獣医センター長の談話として、チエンジャン、ロングアンおよびベントレの各州でH5亜系株が家禽間で検出されたことを報道した。H5N1株であるかどうかは、検査結果が出ていない。
China denies bird flu cover-up  Yahoo! News (米国) 中国、(2003年の事例)隠蔽を否定
AFP
 中国衛生省は2003年にH5N1鳥フルで死亡したことが確認された事例に関して、情報を隠蔽していたことを否定したが、公開の遅れに関しては認めた。
 当時はいまだSARSが流行していて、鳥フルの症状は類似していた。しかし臨床的検査でSARSが否定された。鳥フルは新しい病気だったので研究者達は診断に苦慮した。そのように公開の遅れに関しての理由を、担当報道官は述べた。
BirdFlu Monitoring Expands Nationally Washington Post (ワシントン・ポスト) 鳥フルウイルスの監視、全米へ拡大
 
 科学者達は、渡り鳥のH5N1ウイルス調査を全米領域へ拡大する。
Fear grips Abeokuta residents over Avian Flu Nigerian Tribune (ナイジェリア) ナイジェリア:アベオクタの住民に鳥フルの脅威

 オグン州のアベオクタの農場に鳥フルが流行している可能性が出ている。オグン州の保健省高官が記者会見で発表した。
 詳細な結果がでるまで確定的なことは言えないが、と前置きして、多くの鶏がここ2,3週間に原因不明なまま死亡している、と発表された。地域には多くのコッテージ農場が密集している。
 州政府によると鳥フルの発生は、これまでラゴス近くのアクテの2つの農場でのみ発生が報告されていた。
 ナイジェリアでは人の発症例は報告されていないが、これまで14州で家禽での発生が確認されている。訳者注:ナイジェリアだけではないが、アフリカでのH5N1鳥フル発生は家禽のみで報告されており、野鳥での報告はない。これは家禽の密輸によりアフリカへ鳥フルがもたらされたことが、強く示唆されている。

Entire US now being monitored for migratory birds that might have ... KTVA, (米国) 野鳥でのウイルス検査を米国内全域に
 野鳥におけるH5N1ウイルス検査が、大陸内と太平洋諸島の米国全領域に拡大される。
FDA to put controls on use of aspirin Bangkok Post (タイ) タイFDA、アスピリンの小児への使用を禁止へ
 食品薬品管理局(FDA)はアスピリンを特殊管理薬に指定する予定にした。最近Lop Buriでインフルエンザで死亡した9歳少女の死因が、アスピリン服用と関連していたことによる(少女は当初鳥インフルエンザ感染の疑いがもたれていた)。少女はアスピリンに対してアレルギーをもっていたとわれる。
 FDA長官のパクディ・ポティシリ氏は、少女はアスピリンで直接死亡したわけではないが、同薬が少女の死亡につながる症状を起こしたと考えられる、と説明している。
 アスピリンを特殊管理薬とするために、FDAは同薬を処方箋薬とする予定で、長官は語った。
 長官によると最近薬局で売られているアスピリンは、適切に服用する限り、非常に有用な薬であるとされる。
 しかしながら、アスピリンは12歳以下の小児に投与された場合、またはインフルエンザや水痘が疑われた場合は、危険となることがある。*訳者注:インフルエンザや水痘に罹患している小児にアスピリンを投与すると(致死的)ライエ症候群を発症する危険性があるから、日本も欧米でも小児へのアスピリン投与は注意を喚起されている。
 パクディー長官は、薬局のいくつかで販売されている粉末形態のアスピリンに注目している。多くの人々が粉末アスピリンは小児用と考えているからだ。FDAは製薬会社に粉末状アスピリン製造の停止と、同薬を錠剤とカプセル形態のみにするよう求める。
 同時に長官は薬局にアスピリンを求めてくる保護者達に、小児への投与は危険であることを告げるように求めた。
Indonesia Confirms Second Human BirdFlu Death in Days Washington File (米国政府公報) インドネシア、第二例目の鳥インフルエンザ死者を確認
 インドネシア政府は17歳少女が鳥フルで死亡したことを8日発表し、9日にWHOも確認した。
 少女の隣家では家禽を飼育していて、また少女の家庭では鳩を室内で飼育していた。7月28日に少女は症状を呈し、8月8日に死亡した。これでインドネシアの鳥フルによる死者数は44人となり、世界で最多となった。
 一日前には16歳少年が死亡している。
衛生省、鳥インフルエンザ「初の人感染」発表遅れ説明 CRI  (中国-->日本語)
 中国の蒋作君衛生次官は10日、初めての人に対する鳥インフルエンザイの感染の発表が遅れたことについて説明しました。
 衛生省は8日「2003年原因不明で、発熱し肺炎になった患者は、人に対する鳥インフルエンザ感染だと確認された。」と発表しました。
 この症例の発表が遅れたことについて、蒋作君衛生次官は、「2003年SARS ・新型肺炎が流行したが、人に対する鳥インフルエンザ感染とSARSとは似通った症状がある。SARSの基準で診断した際、この病例はSARSではないと判断された。人に対する鳥インフルエンザの感染は当時、完成した診断基準がなかった。このため、この症例に対する研究、確認に時間がかかり、発表がは遅くなった。」と説明しました。
8月10日

Bird flu monitoring expands nationally Yahoo! News (米国) 米国、野鳥の鳥フル監視を全米に拡大
 米政府は9日、渡り鳥における致死的H5N1ウイルスのモニターを全米と太平洋の米国領土に拡大すると発表した。
Tests of Southern province’s flocks positive to H5 virus VietNamNet Bridge, (ベトナム) 南部の省の家禽検査で、H5亜系株が陽性に

 ベントレ州(Ben Tre province)の2家族で飼っている家禽の239検体に関して、ホーチミン市の獣医センターでウイルス検査を行った結果、4検体でH5株に関して陽性だった(H5亜型株に感染していた。H5N1、H5N1かどうかは不明)。
 それら家禽の中の54羽のアヒルについて、30羽は即殺処分されたが、残りはすでに市場で売られていた。
Illegal birdflu vaccine use worries officials Thai News Agency MCOT (タイ) タイ当局:鳥フルの違法ワクチンの使用を懸念
 鳥フルワクチンの家禽への不正使用が確認されたため、タイ農業省は農民達にワクチン使用は違法であり、鳥フルウイルス拡大阻止対策の弊害になることが、法律に書かれていることに注意するように緊急通告した。
Govt warned of birdflu risk Bangkok Post, (タイ) タイ:政府、鳥フル危険性を警告
 WHOは昨日タイ政府に、いまだ家禽と人における鳥フル発生状況が危険域にあることから、この3年間の対策を見直して、ウイルスの封じ込めを強化するように通告した。

 政府はもっと効果的対策を探す必要がある。現状では、人々はウイルスに感染する危険性が高い。そのようにWHOタイ事務所の医療官が語っている。
 国際的専門家達は、中国、インドネシア、およびタイをパンデミック・インフルエンザ震源地の可能性が高いと考え、警戒視している。
 タイのウイルス研究者や、疫学者達は、家禽農場での不正ワクチンの使用を重大視している。それはウイルスの遺伝子的変化を誘導する可能性があり、人における感染が生じたときの診断に障害を生じてくる、と説明する。
 ワクチンは鶏の免疫を高めるが、H5N1ウイルスを殺しはしない。それ故、ワクチン接種を受けた家禽は、無症状なままウイルスを拡大し続ける可能性がある。
 政府は厳しくワクチン使用を取り締まるべきだと、専門家達は主張している。
 多くのワクチンは中国やインドから密輸されており、2003年以来152万5千本のワクチンが摘発されている。
 シリラジ病院のウイルス学者であるプラサート・トングチャロエン博士は、タイの鳥フル流行は第三期に入っていて、人人感染の可能性が高まっている、と警告している。

 バンコクで昨日疑い例がでて、同市の疑い例が4人となったことが、市当局から発表された。
 47歳男性でラトフラオ病院へ入院した。新鮮市場で鶏肉のスライスを先週3日に購入したという。 
Indonesian teenager dies of birdflu Sydney Morning Herald (オーストラリア) インドネシアのティーンエージャー、鳥フルで死亡
 インドネシアの17歳少女が鳥フルで死亡した。インドネシアの2研究機関でH5N1ウイルス感染が確認されたが、検体は米国のCDCに送られて確認検査が行われる。しかしWHOによると、インドネシア内の異なる2機関でウイルス感染が確認されたならば、それは決定的と考えられるようだ。
[ANN]Indonesia birdflu toll climbs to 45 Korea Herald (subscription), (韓国) インドネシアの鳥フル死者数45人に
 8日に16歳の男女が死亡し、インドネシアでの鳥フル死者数は45人となり、世界最多の死者数発生国となった。
 以下論説が続く。
FACTBOX- Birdflu's spread around the globe Reuters AlertNet, (英国) 世界における鳥フル拡大状況
FACTBOX-WHO figures for birdflu cases in humans Reuters (国際) 人鳥フル感染者、WHO統計
  発病者数、死亡者数
 AZERBAIJAN 5 8 CAMBODIA 6 6 CHINA 13 20 DJIBOUTI 0 1 EGYPT 6 14 INDONESIA 44 56 IRAQ 2 2 THAILAND 16 24 TURKEY 4 12 VIETNAM 42 93 ------------------------------------------------- TOTAL 138 236
Cambodia enlists Buddhist monks to help fight birdflu TODAYonline (シンガポール) カンボジア、仏教僧侶が鳥フル教育に参加
 カンボジアでは先月隣国のラオスとタイで鳥フルが再興したことから警戒態勢に入っている。同国では、これまで6人の死者が出ている。
 国連のユニセフとカンボジア政府の発表によると、国民の鳥フル予防啓発に仏教の僧侶達(修業僧と指導僧)が参加することになった。カンボジアでは修業僧(monk)が最も尊敬されていると言われる。
8月9日

ASEAN nations concern over birdflu Nation Multimedia (タイ) アセアン各国、鳥フル拡大を懸念
 最近の、タイとラオスにおける鳥フルの再興と、インドネシアにおける着実なウイルスの拡大は、他のアジア各国に危機感をもたらしている。
 AP通信によると、WHOの専門家達はタイとベトナムに関しては、ウイルスの封じ込めの実績があることから、それほど重大な心配はしてないとされるが、インドネシアに関しては、何ら対策の上での目に見える実績を上げたことが無いことから、警戒感を強めている。

East Java's regency high alert on birdflu Jakarta Post, (インドネシア)東ジャワ、鳥フル高度警戒報
 ジャンバー地域で家禽における鳥フル感染が拡大していることから、高度の警戒報が出された。
Thai government builds birdflu quarantine rooms Pattaya Daily News (タイ) タイ政府、鳥フル・パンデミックに備えて国内の病院に隔離室を準備
 タイ政府は、鳥フルのパンデミックを予想して、53万ドルの予算で国内100ヵ所の病院に隔離室を用意する。
Birdflu spreads to six districts in Bantul Jakarta Post (インドネシア) 鳥フル、バントゥルの6地域の家禽の間で拡大
Indonesian teenage girl died of birdflu-local test Reuters AlertNet (英国) インドネシア、10代少女鳥フルで死亡
 インドネシアで17歳の少女が鳥フルで死亡したことが、インドネシア当局の検査で確認された。保健省が発表した。
 保健省のニイオマン・カンドゥン長官によると、北ジャカルタ出身で8日死亡した少女がH5N1鳥フル検査で陽性だった。感染源については説明されなかった。
 この少女の事例発表は、ジャカルタ郊外で16歳少年が鳥フルで死亡したことが発表された数時間後に行われた。
 WHOが確認するとインドネシアでの鳥フル死亡者数は44人となる。インドネシアでの検査結果だけでは公認されない。

Human birdflu death toll rising in Indonesia MSNBC (米国) インドネシア、人鳥フル死亡者数増加


 死亡した16歳少年の墓の前で祈る親戚縁者
 ジャカルタ郊外の16歳男女2名が検査で鳥フルが確認された。検体は米国CDCに送られたが確認されると同国での死者数は44人となり、世界最多となる。

China confirms human birdflu case from 2003 Washington Post (米国) 中国政府、2003年の人鳥フル感染事例を認める
 内容は基本的に下方のThe Standard,(香港)」と同じ。
 
相違事項
 ・WHO声明
   ”患者のH5N1ウイルス感染源は不明。当時北京の家禽の間で流行していたと報告はない”。
   ジュネーブの報道官であるディック・トンプソン氏:患者が北京以外へ出たという報告もされていない。
 ・中国政府当局はWHOに、さらに残っている検体で感染者がいたかどうかの検査をする予定はない、と伝えた。

Indonesian Bird-Flu Toll Rises to 44 Washington Post (米国) インドネシアの鳥フル犠牲者数44人に
FACTBOX-WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet, (英国) WHO統計:鳥フル人感染事例
 WHOは8日、インドネシアとタイで各1例の感染者を追加した。さらに2003年度に中国で1例発生が追加された。
Indonesian birdflu toll rises to 44 PhysOrg.com, (米国) インドネシアで鳥フル死者2例発生
 死者の1人は16歳少年で7日に死亡。もう1人は16歳少女で8日に死亡。少年の事例はWHOも確認している。WHOによると少年は家族内の感染した家禽と接触したという。
Beijing hit as 2003 death is tied to H5N1 The Standard, (香港) 2003年に北京で死亡した事例はH5N1鳥フルと確認
 
 北京の中国政府は、中国本土で最初のH5N1鳥インフルエンザ事例が、これまで報告されていたよりも2年早く発生していたことを確認し、WHOは情報の透明性を強く中国政府に求めている。
 
 この事例は、昨年末に初めて中国本土で人の感染者が発生したという報告があったが、それ以前に中国本土で、人での鳥インフルエンザが発生していたという問題を喚起している。
 6月に発行された世界的医学雑誌{New.Engl.J.Med ( New England Journal of Medicine) }に、8人の中国本土の研究者が、2003年11月に呼吸障害と肺炎で入院し、死亡した24歳の軍人がH5N1ウイルスに感染していたことを、”編集者への手紙”で報告した。
 研究者達によると、患者から分離されたH5N1ウイルスは、2004年に中国各地の鶏から分離されたウイルスに、遺伝子構造が類似していたとされる。
 そのような報告を知った中国衛生省は、この事例の検体にH5N1ウイルスが感染していた事を、WHOの協力のもとに行われた”平行した検査”で、確認したと、8日新華社電は伝えた。

 WHO(中国事務所)の報道官であるロイ・ワディア氏は、中国政府機構の中の組織が、もっと密で透明性ある協力関係にある必要がある。中国政府は事例が6月の医学雑誌に載るまで知らなかったとようだ”、と語っている。
 ”中国内外で見落とされている散発例がいる可能性はある。今回の事例が明らかになったことは意味があるが、問題はどのくらい多くの患者が見落とされているかだ”。
 また同氏は、衛生省は中国軍の研究者達は最初に患者を検査し、そしてH5N1ウイルスに患者が感染していることを見いだしたが、それを衛生省に最近まで報告していなかった、と伝えていると、語っている。
 しかし衛生省は、警戒する必要はないといっている。
 ”中国本土における人での鳥インフルエンザの初めての発生が、先に発表したよりも2年早かったとしても、それが2003年に鳥インフルエンザが流行したことを意味はしない”、と報道官のマオ・クナン氏が語ったことを、新華社電は伝えている。
 ”人々はパニックに陥る必要はない。2年前に比べて現在は監視態勢は比べようも無いほど強化されている”、と同氏は付け加えている。

 香港の感染症専門家であるロ・ウィング-ロク博士は、この事例は、中国本土がより正直に、発生する情報を公開すべきであることを示している、と語っている。
 香港の専門家達は、H5N1ウイルスは中国本土に存在し続けていると、長らく主張してきた。しかし中国当局はそれを否定していた。香港の家族数人が2003年2月に福建省でウイルスに感染した際も、情報は当局により抑えられた。
 ”もし情報がもっと早く公開されていたなら、世界はもっと早くに対策を講じることが出来ていたかも知れない。でもすでにウイルスは3大陸に広がっている”、とロ博士は語っている。

 H5N1ウイルスが最初に人に感染した事例は、1997年遅くに香港で発生した。それ以後2003年遅くに東南アジアで再興して、ベトナムで3人を殺すまで、ウイルスは消えていたと思われる。
 WHOによると、中国本土では昨年末より、19人の感染者が発生し、12人が死亡しているとされてきた。

先に発表された原著論文と報道記事

中国、鳥インフル隠ぺい? 発表2年前に感染者 WHO「再調査必要」 西日本新聞
 中国衛生省は8日、国内で2003年11月末に肺炎などの症状を起こした男性が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことを確認したと発表した。中国が鳥インフルエンザの患者発生を公式に認めたのは05年11月。2年も早く感染者が出ていたことで、実際の感染者数は現在の発表より大幅に増える可能性が出てきた。
 新華社電によると、男性は入院の4日後に死亡した。世界保健機関(WHO)北京事務所は8日、ほかの肺炎のケースについても再調査が必要との考えを示した。
 衛生省によると、男性は24歳の軍士官で、同省報道官はこれまで「当初は新型肺炎(SARS)感染が疑われたが、その後原因不明の肺炎とされていた」と説明していた。
 男性については、北京の研究者らが今年6月に米医学誌で、03年11月に肺炎や呼吸不全で死亡した患者が鳥インフルエンザに感染していたと発表。これを受け衛生省が再調査していた。
 同誌は、研究者側から事前に「発表を取り下げたい」との連絡が入ったとしており、中国当局が研究者らに公表しないよう圧力をかけた可能性もある。衛生省は今回、感染ルートなどは明らかにしておらず、新華社電によると、同省報道官は「別の事案を再調査する予定はない」と述べた。
 中国は昨年11月に国内での人への感染を確認して以降、計19人が感染し、うち12人が死亡したと発表。WHOの7日までのまとめによると、世界では計135人が感染死している。
 03年春に中国で新型肺炎が大流行した時は、北京市が感染者数を過少報告、当時の衛生相と北京市長が更迭された。
8月8日


Two teens die of birdflu, making nation world's hardest-hit ... USA Today (米国) インドネシア、2人のティーンエージャーが鳥フルで死亡
 下記と同じ内容。
Indonesian Teens Die from BirdFlu 6abc.com, (米国) インドネシア;10代の若者2人が鳥フルで死亡
 2人のインドネシアのティーンエージャーが鳥フルで死亡した。インドネシアでの検査で確認された。もし正式に確認されたら、インドネシアの死者数は44人となり、世界で最も死者の多い国となる。
 死者は16歳の男女で今週死亡したことが、保健当局者から発表された。
03年に鳥インフル感染死 再調査必要とWHO 徳島新聞
 中国衛生省は8日、国内で2003年11月末に肺炎などの症状を起こした男性が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことを確認したと発表した。中国が鳥インフルエンザの患者発生を公式に認めたのは05年11月。2年も早く感染者が出ていたことで、実際の感染者数は現在の発表より大幅に増える可能性が出てきた。
 新華社電によると、男性は入院の4日後に死亡した。世界保健機関(WHO)北京事務所は8日、ほかの肺炎のケースについても再調査が必要との考えを示した。
 衛生省によると、男性は24歳の軍士官で、同省報道官はこれまで「当初は新型肺炎(SARS)感染が疑われたが、その後原因不明の肺炎とされていた」と説明していた。
China confirms human birdflu case from 2003 Reuters AlertNet, (英国) 中国、人鳥フル発病者が2003年に発生したことを確認

BEIJING, Aug 8 (Reuters) - China confirmed on Tuesday that the country's first human case of the H5N1 bird flu virus in 2003 was two years earlier than originally reported, prompting the UN's health agency to call for greater transparency. The case had spurred questions about whether there might have been other human H5N1 infections in China prior to what had been its first reported human case, near the end of 2005. Eight Chinese researchers published a letter in the New England Journal of Medicine in June saying a 24-year-old soldier, who was admitted to hospital in November 2003 for respiratory distress and pneumonia and later died, had been infected with H5N1. His virus samples genetically resembled H5N1 viruses taken from Chinese chickens in various provinces in 2004, the eight experts said. China's Health Ministry confirmed the case on Tuesday by "parallel laboratory tests" carried out in cooperation with the UN's World Health Organisation, Xinhua said. "It speaks about the need for really close collaboration and transparent communication between various players within the government structure," said Roy Wadia, the WHO's spokesman in Beijing. "The Ministry of Health says it was not aware of the man's H5N1-positive tests until the letter came out in the journal in June," he added. "As we've said all along, it has been conceivable that there have been sporadic cases out here and in other countries that have not been picked up. It's good that this case came to light, but the question is how many cases might there be out there?" Wadia said the health ministry had told them military scientists first tested the man and found he was infected with the H5N1 virus but did not tell the health department until much later. China's health ministry said there was no cause for alarm. "Although this human infection confirmed in the mainland was two years earlier than previous figures, it has no indication that China had an outbreak of bird flu in 2003," spokesman Mao Qun'an was quoted by the official Xinhua news agency as saying. "People need not panic," he said. "The surveillance capability of bird flu in the country is significantly strengthened nowadays in comparison with two years ago." BREWING The scientists' findings were one of the clearest indications yet that the virus might have been brewing for much longer in the vast country than what had been reported. Lo Wing-lok, an infectious disease expert in Hong Kong, said this incident was a lesson and reminder for China to be honest, transparent and more forthcoming with information. Experts in Hong Kong have long insisted that the virus has always been present in mainland China, but Chinese authorities have denied that. Even after several members of a Hong Kong family contracted the virus in Fujian province in southern China in February 2003, the incident was swept under the carpet. "If it had been more forthcoming, so much more could have been done for the rest of the world. But now, the virus has spread to three continents," Lo said. "It's a lesson to be learnt." The H5N1 virus made its first known jump to humans in Hong Kong in late 1997, and then more or less petered out until it re-emerged in parts of Southeast Asia in late 2003, when it killed three people in Vietnam. The virus is known to have infected 19 people in China since last year, killing 12 of them, according to WHO. (Additional reporting by Tan Ee Lyn in Hong Kong)

100 hospitals to build rooms for birdflu-suspected patients ThaisNews (タイ) タイ、全土の100の病院で鳥フル患者専用病室を準備
 内閣は全国100の病院へ2000万バート(6000万円)を投入して、鳥フル患者専用病室を用意させることを了解した。

 各病院は60万円の助成を受けて、鳥フル疑い患者を収容する専用室を用意することになった。
 また抗鳥フルワクチンに関して、政府は、人への使用は認めなかった。
Tests confirm teenager doesn't have H5N1 Thai News Agency MCOT (タイ) タイ、19歳男性は検査で陰性と
 北部のウタイタニ州で発生した19歳の疑い例は検査の結果、鳥フルも人インフルエンザも陰性であったことが、8日、医科学局長官から発表された。しかしながら肺炎の原因を確かめるために、さらなる検査を行う必要があると言う。

                 

China confirms first human case of birdflu in 2003 China Daily (中国) 中国、2003年に発生、人鳥フル感染者を正式に確認
 中国衛生部は8日、最初の人での鳥フル事例が、2003年に発生したことを確認した。
 8人の中国科学者が6月22日に{New England Journal of Medicine}に、24歳男性が2003年11月25日に鳥フル疑いで死亡したことを発表した。
 衛生部は事例の確認をWHOの強力の元に確認した。
Thailand kicks off campaign to halt bird flu  Reuters AlertNet (英国) タイ、鳥フル拡大防止の全国的キャンペーンに
 
 タイはバンコク市外も含め、全土29州で1週間に亘り各家庭をチェックして鳥フル発生を調査する。タイではここ3週間、2人が鳥フルで死亡している。
 数10万人のボランティアが各農場を回り、病的あるいは死亡した家禽がいないか調査すると共に、8ヶ月ぶりに7月に再興したH5N1ウイルスに関して村人達に教育して歩く。
 ”今日から我々は全ての村の全ての農家を回り、鳥フルで死亡した疑いのある鶏がいないか調査する”、と農業省高官のNirandorn Uangtrakulsook氏がロイターに語った。そしてもし疑わしい事例が検出されたとき、半径1キロ以内の家禽は殺処分すると説明した。
 タイの76州の三分の一以上の州が鳥フル危険地域に指定されているが、家畜局では、ピキト州とナコンパノム州でのみ、家禽からウイルスが検出されていると主張している。
 しかし公衆衛生省では、中央のウタイタニ州で発生した2例目の死者の場合、彼が予防装具を着けないで死亡した家禽を埋める作業をした際に、ウイルスに感染したと発表している。
 一方、ウタイタニ州の19歳の若者が先週鳥フル疑いで入院しているが、これまでの検査では鳥フルは陰性とされる。しかし、最終確認検査結果は、8日に判明すると、保健省の疾病管理局長官が語った。
 また同長官は、現在国内で、10人前後の疑い患者(ほとんどは中央と北部地域)が厳重な監視と検査を受けている、と語った。

Man quarantined for H5N1 Bangkok Post, (タイ) バンコク、男性がH5N1ウイルス感染疑いで隔離
 バンコクのサトン地区(Sathon district)の37歳男性がバンコクの病院で隔離された。同病院の初期の血液検査で鳥フル感染が確認された。2日に入院した。男性は鳩に接触したと言われる。
 H5N1ウイルスに感染しているかどうか、詳細な検査が行われていると、市当局責任者が語った。
Cats infected with birdflu in Iraq - report Independent Online (南アフリカ) 報告:2月に鳥インフルエンザ流行のイラクで、猫にも感染していたことが確認
 米海軍医学研究者達の報告。
 2月にH5N1鳥フルが流行したイラクで、猫にもウイルスが感染していたことが米海軍医学研究者達によって確かめられ、医学雑誌に掲載された。
 トルコやイラクの獣医師達は、鳥フル流行地で多くの猫が死亡していると、当時語っていたことから、研究者達は北部イラクで発見された猫の死骸で研究した。
Emergency Management: Can America Respond to a BirdFlu Pandemic? RealityCheck.Org (米国) 鳥フル・パンデミックに対して米国は対応できるか?--全米警察署長連合会議の要約
 警察署長連合(Chiefs of Police Association)は、テロリストNよる国際的鳥フル拡大を警戒していて、米国内における対策を論じた。
Fourth case of birdflu outbreak in Bucharest Makfax, (マケドニア) ブカレストで4度目の鳥フル発生
 家禽における鳥フルがルーマニアのブカレストで発生。これは4度目となる。市民が合計400人隔離されている。
Indonesia records 43rd birdflu death Hinesberg Journal (カナダ)インドネシア、43人目の死者

Indonesia Records 43rd BirdFlu Death Washington Post (米国) インドネシア、43人目の死者
 
 下記AP通信記事
Indonesia records 43rd birdflu death Herald News Daily (米国)インドネシア、43人目の死者

AP

 ジャカルタ-インドネシア

 インドネシアで16歳少年が鳥フルで7日死亡したと当局が発表した。インドネシアでの検査でH5N1ウイルス感染が確認された。もしWHOで確認されたなら、インドネシアは世界で死者数が最多となる。

 少年は、名前は明らかにされていないが、5日に入院していた。
 WHOが正式に確認したなら2005年7月以来43人目の死者となり、また本年度の世界での死者数の三分の一を占めることになる。
 H5N1ウイルスは2003年末に、アジアの家禽で再興してから、世界で少なくとも135人を殺している。
 専門家によると、同国で放し飼いされている数億羽の家禽の間での鳥フル拡大を阻止しない限り、人での死者数は増え続けると予想されている。
 ”我々は基本的には感染しない。それはあくまでも動物の感染症なのだから”、と米国NIH(国立健康研究所)の感染症部門責任者のアンソニー・ファウチ博士は、APの電話取材で答えた。
 ベトナムは全土に於ける家禽の大量ワクチン接種でウイルスの拡大を防止することに成功している。タイでは、16人の死者が出ているが、各村レベルでの監視態勢の強化と、発生した際の家禽の大量殺処分が行われている。
 インドネシアにおける鳥フル流行は5月に、家族内で7人死亡という集団発生が起こり、世界の注目を浴びた。その際、WHOは、限定された人人感染が起きたことを認めた。しかしウイルスは血縁者を超えてまで感染はしなかった。

8月7日

Birdflu found in storks Viet Nam News (ベトナム) コウノトリから鳥フルウイルスが検出
 ホーチミン市の動物保健局はスオニティーン観光地域のコウノトリ53羽を殺処分した。検査で2羽からH5N1ウイルスが検出されたことを受けての措置となった。
 ホーチミン市の検査所での初期の検査結果では確定出来なかった。
 動物保健局では、H5N1ウイルス分離は、昨年以来初の出来事と説明している。
Teen tests positive for birdflu Daily Telegraph (オーストラリア) (インドネシア)、十代の若者検査で陽性
 インドネシアのベカシ出身の若者が、鳥フル疑いでインドネシアのスリアンチ・サロソ病院に入院しているが、地域の検査でH5N1ウイルス陽性と確認された。
Cats infected with birdflu in Iraq Alarab online, (英国) イラク;猫が鳥フルに感染
 2月にイラクで鳥フルが流行した際、死亡した猫からH5N1ウイルスが分離されたことを、米海軍医学研究者達が「緊急感染症雑誌(journal Emerging Infectious Diseases.)8月号」に発表した。鳥フルが発生している時に死亡した猫や病的になった猫は、ウイルス検査をすべきであると、研究者達は言っている。
Indonesian teenager tests positive for birdflu Reuters AlertNet (英国) インドネシア、ティーンエージャーが鳥フル検査で陽性
 インドネシアの16歳の若者が地域の検査で鳥フル陽性であることが確認された。検体は米国のCDCに送られて確認検査を受ける。
 若者はジャカルタ郊外のベカシ出身で、ジャカルタの鳥フル専門病院である、スリアンチ・サロソ病院に入院している。
 患者は病的鶏に接触したとされる。
 症状は、白血球増多、高熱、呼吸困難であると、保健省の鳥フルセンター長が語った。

Two Uthai Thani men put under close medical watch for birdflu... ThaisNews (タイ)
Third suspected human bird-flu case reported IHT ThaiDay (タイ) タイ、三人目の疑い患者報告
 ウタイタニ州の農場で働く19歳男性が死亡した鶏を埋める作業を予防装具を着けないで行った後、鳥フル様症状を呈し、病院で隔離された。タイで3人目の鳥フル疑い患者と考えられている。
8月5日から7日までのファイルが飛んでいます。
 タイで2例目の患者がウタイタニ州で確認。他。
 タイの農業省と公衆衛生局の間で検査結果について論争。農業省では患者発生地域の家禽で鳥フル発生は認めていないので、患者の感染源についてさらに調査するように公衆衛生省に抗議。
 
8月4日

Vietnam fears birdflu could return Thanh Nien Daily, (ベトナム) ベトナム、鳥フル再興を懸念
 ベトナム政府は国境を越えた家禽の密輸に対する警戒態勢を強化するように国内に指令を出した。
New Asia outbreaks fan fears birdflu spreading Washington Post (米国) アジアにおける新規鳥フル発生、拡大傾向への懸念が高まる
 インドネシアにおけるウイルス変異に関する懸念は低下したものの、タイとラオスにおける新規の鳥フル発生は、アジアで再び流行が始まった不安を呼び起こしている。
 ベトナムでは、この7ヶ月間、家禽での発生が無かったものの、南のカンボジアとの国境沿いのKien Giang州で、35歳男性が鳥フル疑いで入院した。
 またタイでは、北部および北東部で発生していた鳥フルが、さらに中央部へ拡大してきた兆候が3日報告されている。

 国連のFAOは、関係各国の政府に、3年前にアジアの多くの国に拡大し、いまだ蔓延っているH5N1鳥フルウイルスに警戒するように、緊急通達した。
 ”関係各国はベストを尽くすべきだが、動物保健衛生監視に関してはアジアは遅れている”、とFAOの報道官がロイター記者に語っている。

 一方、インドネシア北スマトラ州で発生した6人の鳥フル疑い事例が、予備的検査で陰性とされ、不安が軽減された。
 これらの人々は、5月に家族内で7人が死亡した村がある地区の別の村に住んでいるが、検査の結果、通常の人インフルエンザに罹患していたものと、検査結果で確認された。
 このような事例は、ウイルスが変異して人人感染を生じるようになった不安をかきたてる。いまだそのような証拠は得られてはいないが。

 ベトナムでは2003年末以来42人が死亡しているが、最近発生した疑い例に関して州立病院の医師は、患者はアヒルの肉を食べた後高熱を呈したと説明している。
 検査結果は2,3日中に出る予定のようだ。ベトナムで最後に確定された患者は、2005年11月であった。
 ベトナムの当局者は、感染しても無症状のアヒルを含め、水鳥における感染対策の不備が、いつでも新規の鳥フル発生がベトナムで起きる可能性がある、と語っている。
 アヒルや他の水鳥は孵化が禁止されているにも関わらず、2月以来、数が倍の800万羽以上に増加している。
 ”我々は水鳥の集団を管理できない”、と農業省家畜担当局長は、Tien Phong紙の取材で答えている。
 また同局長はそうした危険性の他に、ウイルスを保有していると考えられる野鳥が、間もなく北方から飛来してくる、と付け加えた。
Girl, 9, dies; suspected infections soar to 164 Bangkok Post (タイ) 9歳少女死亡;疑い患者164人に増加
 4回目の鳥フル流行に対する大きな危機感が高まっている。
 昨日、Lop Buri州で9歳の少女が鳥フル様症状を呈して死亡、また国内の疑い患者は21州で164人に増加した。

 少女はLop Buri州で初の疑い患者となった。今回の流行で国内初の患者は、7月24日ピキト州で発生している。Lop Buri州の公衆衛生局の担当者が語った。
 少女の組織検体の検査結果は今日中に出ると言われる。
 しかしながら、同州の家畜担当者は、少女の住んでいる村で家禽の異常な死亡は報告されていないので、少女が鳥フル感染したとは考えづらいと語っている。
 東部のChachoengsao州では2人の疑い患者が昨日報告された。両患者ともアヒル加工工場でアヒルの死骸に触れていた。2人は、この、3日インフルエンザ様症状を呈し、検体はバンコクの研究所に診断のために送られた。
 医科学局長のパイジト・ワラキト氏は、全国21州で164人の疑い患者がいて、107人がピキト州で発生と語った。
 この10日間、新規鳥フル発病者は出ていない。(確定患者は出ていない:訳者)。
 最新の確定患者はピキト州の17歳少年で、7月24日にH5N1ウイルス感染で死亡している。
 
 政府医薬品局( Government Pharmaceutical Organisation;GPO) は昨日、国内で製造されたオセルタミビル(鳥フル治療に唯一効果的薬剤と言われる)が、来年から各州の病院へ配布されると言う。
 このジェネリック薬はGPO-A-Fluと呼ばれ、1錠70バーツ(210円)の予定価格である。(日本で処方される場合1錠363円であるが、これはスイスのロッシュ社から中外製薬が輸入しているものである)。
 タイでは現在30万人分(300万錠)のタミフルを備蓄している。
8月3日


Preliminary tests clear Indonesians of birdflu Reuters AlertNet (英国) インドネシアの鳥フル疑い事例、予備的検査で陰性と
 北スマトラで発生した6人の鳥フル疑い例は、保健省の研究所とジャカルタの米軍のNAMRU-2( U.S. Naval Medical Research Unit)での検査の結果、H5N1ウイルス感染は確認されなかったと、保健省大臣は発表した。しかしさらに確認のための検査は続けるが、結果がでるまで5~7日要すると言う。
Suspected birdflu patients isolated in Chachoengsao Bangkok Post (タイ) タイ、鳥フル疑い患者Chachoengsao州で隔離
 2名の疑い患者がChachoengsao州の州立病院に隔離された。
 一方、 Lop Buri州では9歳少女が鳥フル疑いで死亡し、検査結果が待たれている。
Human BirdFlu Cases Suspected in Thailand, Vietnam (Update1) Bloomberg  (国際) タイとベトナムで疑い患者が発生
 アジアにおける鳥インフルエンザ脅威は、タイ、インドネシア、そしてベトナムでの疑い患者発生で高まっている。
 タイのChachoengsao州、バンコクの東方50キロ、で発生した患者は、今回の鳥インフルエンザ流行で第2例目の感染者と考えられる。タイ公衆衛生省の疾病管理局長官が語っている。
 初期の検査では鳥インフルエンザの可能性を示したが、現在確定検査の結果を待っていると、電話取材で長官は語った。
 南ベトナムの Kien Giang州では男性が、鳥インフルエンザ感染疑いを持たれているが、検査結果はまだ出ていない。
 またインドネシア当局は6人の疑い患者について、初期の検査でH5N1ウイルスが陰性であったが、再度検査を行っている。

 2004年以来、タイは23人の鳥インフルエンザ感染者を確認し、そのうち15人は死亡している。最も最近の死亡例は、北部のピキト州の17歳青年の事例である。7月26日に確認された。昨日遅くの時点で保健省は143人の鳥インフルエンザ様症状の人々を監視下に置いていると発表した。
 昨日遅く死亡した Lop Buri州の9歳女児がH5N1ウイルスに感染していた可能性が強いと当局者が語っている。現在検体でのウイルス検査結果が待たれている。
 またLop Buri州の61歳女性が検査で鳥インフルエンザ陽性で、隔離病棟で治療を受けている。しかし鳥インフルエンザとしての最終診断は保留されている。Lop Buri.のBan Mi病院長は、女性がH5N1ウイルスに感染している可能性は、Chachoengsao州の患者に比べると低いと語っている。

 ベトナムの メコンデルタ地域のカンボジアとの境界沿いのKien Giang州で、男性がアヒルを食べた1週間後、高熱と肺障害で入院した。
 ”患者は危機的状態で、彼の両肺は高度に障害あれており、現在人工呼吸器がつながれている”、と同州立総合病院の院長が、記者会見で本日語っている。患者の検体はホーチミン市のパスツール研究所で検査中と言われる。
 さらにベトナム南部のTay Ninh州の2家庭で飼育しているアヒルが、原因不明で死亡した。ウイルス検査結果は保留中である。Tay Ninh州も同じくカンボジアの国境沿いにある。
 
 ラオスはタイ、ベトナム、カンボジア、そして中国と国境を隔てているが、首都ビエンチャン地区の3農場の鶏でH5N1ウイルスが検出されている。

 インドネシアでは、北スマトラの鳥インフルエンザ感染疑いのある3人の子供達を収容している病院では、子供達を全て隔離できず、もしウイルスが人人感染を起こすようになったなら、完全に拡大を阻止することが難しいことが示されている。
 子供達3人の初期のウイルス検査では陰性であったが、さらに検体が採取され確認検査が行われている。保健省大臣が記者会見で語った。
 子供達の症状は咳と高熱で、近くで死亡した鶏で鳥インフルエンザ感染が確認されている。状況から鳥インフルエンザ可能性例と考えていると、主治医は電話取材で答えた。中でも6歳の女児は、胸部レントゲン像も良くないことから、監視を強めている、とも語った。
Nine-year-old girl dies, suspected of catching birdflu Nation Multimedia (タイ) タイ、鳥インフルエンザ疑い9歳少女、死亡
 Lop Buri州で鳥インフルエンザ疑いで州立病院に入院した9歳少女が、3日朝、死亡したと、病院当局者が発表した。
 少女はKokcharoen地区から2日午後10時に運ばれてきて、3日午前6時45分に死亡した。
 当局者によると少女は重症の肺炎を起こしていたと言う。
 少女は7月30日に高熱を呈していて、2日午後に地域の病院に入院した。
 確定診断のための検査結果はまだ出ていないと言う。
Suspected Indonesian birdflu cases test negative - health ... Forbes (国際) インドネシアの疑い例は検査の結果陰性と
 6人の鳥インフルエンザ疑い患者は致死的ウイルスに感染していないことが確認されたと、保健省大臣が発表した。
 当初、保健当局者は一つの村で7人の疑い患者が出たと発表したが、その後の確認で6人とされた。
 保健省大臣の発表では検体中にH5N1ウイルスは検出されなかったという。
Seven Indonesians test negative for birdflu KESQ (米国) 7人の疑い例は初期検査で陰性と
 インドネシア政府は、スマトラ島の鳥フル感染疑い患者は、検査の結果、H5N1ウイルスは陰性だった発表した。
 病院での結果は全て陰性と確認され患者全員は回復してきていると伝えられた。患者の症状は咳と微熱で、医師は鳥フル感染を疑っていた。

Suspected Indonesia birdflu patients stable - doctor Reuters India (インド) インドネシアの感染疑い小児、状態は安定と
 
メダンのアダム・マリク病院に収容されている3人の子供達の状態は重篤ではないと、主治医が語った。検査結果は3日中に出る予定となっている。
 他の4人に関してはカロ地区の病院で治療を受けており、詳細は不明となっている。

Winter season could mean return of birdflu to Vietnam Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、冬期間に鳥フルが再興する危険性
 ベトナムの隣国、中国、ラオス、タイで鳥フル発生が報告されていることから、この冬にベトナムで家禽と人での流行が起きる可能性が高いと保健省副大臣が語った。

Hard-hit Vietnam fears new birdflu eruption Reuters AlertNet (英国) ベトナム、鳥フル再興が避けがたいと
 タイにおける8ヶ月ぶりの致死的H5N1鳥フルの再興に、ベトナム政府は、再興は避けがたい可能性があると、警戒感を深めている。
CDC urges travelers to avoid birds China Post (台湾) 台湾CDCはバリ島への旅行者に、鳥を避けるように警告
 CDCは昨日観光スポットのバリ島で、鶏の間で鳥フルが発生していることから、現地で鳥や、その排泄物に接触しないように警告を出した。
More avian flu feared near site of Indonesian family cases CIDRAP (米国) インドネシアの家族内集団発生地の近くで、さらに集団発生の疑い
 インドネシアの北スマトラのカロ地区で鳥フル疑い患者が発生したが、その地域の村では5月に人人感染が記録された、家族内集団感染が起きていて、再び集団感染が発生した不安が持たれている。
 AP通信がインドネシア保健当局者の発表として伝えているところによると、感染者は2集団感染に分けることができ、一つは2姉妹を含み、もう一つは3人の家族メンバーを含んでいるとされる。
Thailand steps up efforts to produce anti- birdflu drug People's Daily Online (中国) タイ、抗インフルエンザ薬製造を急ぐ
 タイでは現在インドからタミフルのジェネリック薬を輸入しているが、11月には自国で製造のジェネリック薬が試用可能となる予定。医薬局高官が語った。
H5N1 Confirmed Patient in Lop Buri Thailand Recombinomics (米国) タイ、 Lop Buri でH5N1ウイルス感染患者が確認
 タイで二例目のH5N1ウイルス感染者が確認された。最初の事例はピキト州で、そこでは現在多数の疑い患者が病院に入院中である。しかし今回の事例はLop Buriで発生した。明らかにH5N1ウイルスは拡大している。
Indonesia tests seven for birdflu from same village New Zealand Herald (ニュージーランド) インドネシアの村で7人が鳥インフルエンザ発症の疑い
Chan vows to serve world, not China The Standard, (香港) チャン、中国のためではなく、世界のために奉仕と誓う
 WHO事務総長になったなら、自分の中国国籍は遠く背後に消え去り、自分は世界の人々のために尽くす、と先の香港衛生省長官のチャンは語った。
Health authorities keep watchful eye on Central plains after woman ... Nation Multimedia (タイ) タイ、中央地域で女性が鳥フル疑いで入院、保健省同地域の監視態勢を強化
 中央地域のLop Buri's Sa Botで61歳女性が、裏庭で鶏が死亡した後間もなく、鳥フル様症状を呈して入院した。1日に入院したが、最初の検査ではH5N1ウイルスが陽性だった。
 州内の全家禽の緊急殺処分が行われる。州内には養鶏農家は少なく、飼われている家禽の多くは闘鶏と言われる。

 保健省では住民教育のために10万部の「鳥フル対策マニュアル」を作成し配布する。
 政府が1日発表したところによると、24州で144人が鳥フル疑いで監視下に置かれている。
 また政府の発表によると、今年度分として30万人分のタミフルが備蓄されていると言う。

 最初に鳥フルで青年が死亡したピキト州でさらに2疑い例が出ている。またペトチャブン州で4人、さらにピトゥサヌロク州で3人出ている。
 (健康監視下に置かれている住民は、発病する可能性のある住民で、疑い患者は鳥インフルエンザ様症状が出ていて、検査で確認を待っている患者:訳者)。
Indonesian Health Ministry: Two new human clusters of BirdFlu... Blogger News Network (国際) インドネシア保健省発表:人鳥フル感染の2集団事例発生疑い

 インドネシア保健省は、北スマトラのカロ地区で少なくとも7人が、H5N1鳥インフルエンザに感染した疑いで入院していると、発表した。そして当局では2家族における2集団発生の疑いが強いと考えていることも発表した。全患者は1日に、メダンのアダム・マリク病院に入院した。
 AP通信によると、保健省高官のナイオマン・カンドゥンの説明を引用し、”2集団発生のうち1つは、2姉妹で、もう一つは家族メンバー3人であり、さらにそこに近所の人が1人づつ加わっている”、と伝えている。3人の子供達は、1歳半から6歳までの年齢である。
 しかしながら専門家達は、検査結果を待っていて、科学的に確認する必要があると、語っている。
 患者達の状態は安定しているが、全ての患者は発熱と咳、そして鳥インフルエンザに似たインフルエンザ様症状を呈している、と当局では説明している。
 ”全員の肺は肺炎を起こしていないが、1,2日で急変することがあるから厳重に監視してゆく必要がある”、と病院長のルール・スロソ氏が語った。
 鳥インフルエンザ対策委員会のメンバーは、状況が許されたら、本日にでも地域の家禽の殺処分を行いたいと言っている。
 5月に同地区で、同一家族で7人が鳥インフルエンザで死亡し、人人感染の可能性が示唆されている。 

WHO hopeful in Hong Kong promises to serve the world, not China TODAYonline (シンガポール) WHO事務総長立候補のチャンさん、中国のためではなく、世界のために奉仕と
 香港出身のチャンさん、中国政府から強い推薦を受けているが、中国に偏った政策はとらないと言明。

8月2日


Indonesia tests 7 for birdflu from same village Reuters AlertNet (英国) インドネシア同一村で7人が鳥フル疑いで検査中
Human birdflu cluster fears in Sumatra Times Online (英国) スマトラで、人鳥インフルエンザ集団発生の恐れ
Indonesia tests 7 for birdflu from same village Reuters India (インド) インドネシア同一村で7人が鳥フル疑いで検査中
 Reuter

 
北スマトラの同じ村の中で7人が鳥フル疑いで入院した。鳥フルに関する検査結果はまだ出ていない。新規集団発生の恐れが出ていることが、当局の2日の発表で明らかになった。
 患者は北スマトラのカロ地区の村に住んでいるが、カロ地区の他の村では5月に家族内集団発生があり、ウイルスの変異の可能性が指摘された。
 ”これが新規集団発生事例(クラスター)かどうかは、科学的方法で確かめる必要がある”、とインドネシア保健省の鳥インフルエンザ情報センターの責任者であるルニザー・ルエシン(Runizar Ruesin)氏が語った。
 同氏によると7人は地域のカバン・ジャエ病院に入院したが、3人は州立アダム・マリク病院へ移送された。この3人は子供で、10歳と6歳の2姉妹と、隣家の1歳半の子である。
 検査結果はまだ出ていないという。
 別な当局者によると地域では鶏が死亡しており、検査で鳥フルが確認されていたと言う。
Seven Indonesians being treated for suspect birdflu on Sumatra WANE (米国) スマトラで7人が鳥フル疑いで治療中
 AP

 一つの村で7人が鳥フル症状で治療中で、医師や当局者は、新規の2つの鳥フルクラスターが発生した可能性を提起している。

 患者達は鶏から感染したと考えられている。これらの患者の中には2姉妹が含まれていて、1人は10歳、もう1人は6歳で、さらに隣家の1歳8ヶ月の男児も含まれている。H5N1ウイルスに対する血液検査結果はまだ出ていない。
 この村のある地域の他の村では5月に家族内集団発生が生じている。
Three Indonesians in hospital, birdflu suspected Thanh Nien Daily (ベトナム) 下記と同じ
Three Indonesians in hospital, birdflu suspected Reuters AlertNet (英国)下記と同じ
Three Indonesians in hospital, birdflu suspected Reuters India (インド) 3人の子供が鳥フル疑いで入院:インドネシア
 本年5月に家族内で7人が鳥フルで死亡した北スマトラで、3人のインドネシア人の子供が鳥フルに感染した疑いで入院した。当局が2日発表した。
 3人の内訳は、10歳と6歳の兄弟(性別不明)、1歳半の近所の幼児で、州立アダム・マリク病院へ1日入院した。病院長のルール・スロソ氏が発表した。
 ”我々は彼等の検体を調べている”、とスロソ院長はロイターの記者に語ったが、詳細に関しては発言を拒否した。
 保健省の人獣感染症対策長官のハリアディ・ウイビソノ氏は、患者達は北スマトラ州のカロ地域に住んでいて、同地域では5月に家族内集団発生が起きている、と説明した。
 しかし今回発生した疑い例の住んでいる村は、先に家族内発生が生じた村とは異なっている。
Three in Karo District hospitalized for birdflu like symptoms Antara, (インドネシア) インドネシア、北スマトラで3人が鳥フル疑いで入院
 北スマトラのカロ地域で、少なくとも3人の村人がメダンのアダム・マリク病院へ入院し、鳥フル検査と治療が開始された。病院の鳥フル対策チームの責任者が1日語った。3人は病院の隔離室に収容されている。
 北スマトラのカロ地域では5月に家族内で7人が発病している。
Bird Flu Outbreak in Thailand Renews Fears Among Tour Operators VOA (米国) タイにおける鳥フル発生、観光産業に再び危機感
 10月からの観光シーズンに向けて、国内の鳥フルを一掃するように観光業界は政府に要請した。タイの観光業界は2004年の津波、2003年のSARS発生から立ち直ったばかりである。現在観光客に対する影響はないが、観光業界では将来的懸念材料として捉えている。
Flu cover-ups can be deadly Bangkok Post, (タイ) 鳥フル発生の隠蔽は命取り

 最近の鳥フルの拡大は、我が国におけるいくつかの不幸なな欠点を露わにした。この明らかに地域に蔓延ってしまった感染症の発見と治療において、当局者達はあまりにも過去の習性に取りつかれた状況である。初期の隠蔽状態から最終的説明にいたるまで、政府当局者達、特に州や村レベルにおいて、満足出来るような業務にはなっていない。最初のH5N1ウイルスによる死亡者が香港近郊で発生して以来、すでに9年経過していて、タイで最初の人での事例が発生してから2年経過している。

 タイでの対策はさっぱり進んでいない。この状況は二側面から不満を高まらせる。まず、タイは鳥フル発生に対して必要な、その検出、診断、そして各種の意志決定など、地域のリーダーとしての知識と背景を保有している。そして政府の指導的閣僚達と国際社会が、タイがこの感染症を専門的に対処することを確認、そして支持している。
 まあ東南アジアにおけるH5N1対策本部として、タイは国連のWHOやFAO、そして米国CDCからの専門家達を受け入れている。それ故タイ政府はタイ市民に対して、そして周辺地域に対して二重の責任を有している。
 残念ながら、先月、新規鳥インフルエンザが発生したとき、バンコクや各州の当局者達は以前の習慣に戻って事例を対処しようとした。隠蔽と告発が、責任ある迅速な措置の代わりに発生した。
 先月鶏が死亡しはじめたとき、最初に北方、続いて北東部、ほとんどの地域の担当者は、従来の習慣に従って隠蔽工作をした。どこの州の農業担当者達も、彼等の監視業務の中にH5N1鳥フルの発生を望みはしなかった。
 しかしこのような危機に際してとるべき措置は今や明確となっている。全てを迅速に包み隠さず、中央政府と地域住民に伝え、そして隔離対策と殺処分が効果を持つのは明らかだ。
 ピキト州、ウットラディット州、そしてこれらを取り巻く州では、これらの必要なことがほとんど為されなかった。調査は未だ不十分であるばかりか、地域当局が初期の鳥フル発生報告の隠蔽を村人達と共謀しているようにも思える。ある家族は病的状態になった何羽かの鶏を埋めたが、その際17歳の息子が病的症状を呈した。しかし彼は病院へ運ばれなかった。この若者は、この3年間足らずにタイで発生した鳥フル死者の15番目となった。
 当局では若者の死が、鳥フル発生を隠蔽しようとする習慣が原因で起きたと考えている。さらに残念なことに、北東部のナコーンパノム州で鶏が死亡しだして鳥フル発生が気づかれたとき、当局者達は直ぐさま隣国のラオスを非難した。実際、ラオスでは、(ナコーンパノム州近くの)メコン河に沿った村で、H5N1ウイルスが検出されていた。しかしこのような仕方で相手を非難することは、救いようもなく、悪い行為であることは明白だ。感染症は国境を意識していないのだ(感染症は簡単に国境を越えて広がる:訳者)。タイでエイズやマラリアを周辺に拡大させているにも関わらず、鳥フルを拡大させていると言うことでラオスを非難することは嘆かわしいことだ。今必要なのは、この感染症の拡大に対して相互に何をすべきか、対策を練るのが重要であって、その責任を相手に科するのはその障害になるばかりだ。
 鳥フルは農家や輸出産業における大きな暗雲だ。それはまた、専門家達によって、世界の人々の生命に対する大きな危険性をはらんでいることが指摘されている。
 H5N1ウイルスは、その性格から長期間くすぶっていたかと思うと、突然再興する。農業省も保健省もその2004年以来、鳥フルの危険性、性格、振る舞い、そして治療法について学んで来ている。
 高致死的鳥フルがピキト州とナコーンパノム州で発生した際、当局者達はより迅速に反応して、適時国民に情報を提供すべきだった。
 農業省大臣は、隔離規則をさらに詳細に制定することを考えている。実際、農民達はH5N1ウイルス発生の際、なぜ家禽を移動させると良くないのか、理解できていない。良い教育をする必要がある。
 
 しかしさらに重要なこととして、農業省大臣や他の大臣達が、彼等の領域の州の担当者達に、もう一度、なぜ鳥フル発生の隠蔽や、偏った非難は悪いことで、さらに致死的考え方ですらあり得るのか、教えなければならない。
 
 悪い:wrong   この訳は道徳的に”良くないこと”としましたが、日本社会では現在一般的に使われない表現です。どうでしょうか?
8月1日


Health Ministry Issues BirdFlu Warning for Autumn and Winter Zaman Online, (トルコ) トルコ保健省:今秋から今冬にかけ鳥フルが発生の危険性と
 トルコ保健省が各地の知事と保健担当責任者に対策強化を呼びかけた。
Tests Confirm BirdFlu in Bali Wall Street Journal (subscription), (米国) バリ島でH5N1鳥フル確認
 先週バリ島で300羽の鶏が死亡したが、検体からH5N1ウイルスが検出されたことが当局から1日発表された。
Indonesian chickens test positive for birdflu NDTV.com, (インド) インドネシアのバリ島で鶏からH5N1鳥フルウイルスが検出
 インドネシアのリゾート地であるバリ島で、数百羽の鶏が死亡したが、検査でH5N1鳥フルウイルスが検出された。当局が1日発表した。
 先週、300羽近い鶏が死亡したが、人へ感染が広がっている兆候はないと言う。
Birdflu pandemic alarm more muted Houston Chronicle (米国) 鳥フルのパンデミック警報、さらに弱まる
 鳥フルのパンデミックは、一部の公衆衛生専門家が心配しているように、すぐにはやってこないようだ。
 連邦政府の科学者達は実験により、鳥フルウイルスが人へ簡単に感染するようになるには、有意の遺伝子変化が生じる必要があり、簡単な遺伝子変化では生じないことを明らかにした。
Thailand to Jail Recalcitrant Farmers Over BirdFlu (Update1) Bloomberg (国際) タイ、鳥フル対策に抵抗する農民は投獄
 タイ当局は、死亡した家禽の迅速な報告を行わなかった場合、飼育者を投獄する内容の規則を発令した。また国の国境での家禽の売買も禁止した。
With ferrets' aid, study finds birdflu outbreak not likely Newark Star Ledger (米国) フェレット実験、鳥フルのパンデミック予想に反対知見
Ferrets spark optimism over birdflu Hamilton Spectator (カナダ) フェレットでの実験結果、鳥フルに対する楽天的予想に着火
Researchers Explore Ways BirdFlu May Spread New York Times (米国) 研究者、鳥フルウイルスの人への感染様式を探る
 

 最も緊急な公衆衛生上の疑問に対して新研究が行われた:鳥フルウイルスが人に対して感染性を有するには何が必要なのか?
 研究結果では正確な答えを出せなかったが、単純な遺伝子変化だけではパンデミックを生じるウイルスは誕生しないことが示された。

 米国CDCの研究者達は、A(H5N1)鳥フルウイルスをさらに人へ感染性が高い株に変える実験を行ったが、それはできなかったことが、今週、「The Proceedings of the National Academy of Sciences」のオンライン版に論文として掲載された。(米国の一流科学者が投稿できる有名な科学雑誌:訳者)。
 研究結果は朗報に思えるが、科学者達は注意を促す。
 ”これらのデータはH5N1ウイルスが、人人感染を起こすようなウイルスに変化できないことを意味しているわけではない。単純な様式で変化するわけではないことを、意味しているだけだ”、とCDC長官のジュリー・ガーバーディング博士は語っている。
 2003年以来、ウイルスはアジアからヨーロッパ、アフリカへ拡大し、数百万羽の鳥と何人かの人々に感染した。それらの人々の多くは感染した鳥と接触して、ウイルス感染が起きたと考えられている。これまで世界10カ国で232人が感染し134人が死亡している。
 これまでウイルスが人の間でパンデミックを生じなかった原因は、ウイルスが容易に人の間で感染拡大する能力を保有していないからであった。しかしその能力を保有する可能性はある。科学者達の最も大きな恐れは、A(H5N1)ウイルスが、流行している人のインフルエンザウイルスと混ざり合い、いくつかの遺伝子を交換して、より人の間で感染しやすい株に変わることである。
 このことが実際に起きえるのか否かを検討するために、CDCの科学者達は両ウイルスの遺伝子交換を実際に行った。このような実験は、ウイルスが外部に漏れたり、研究者が感染したりしないように、閉鎖された Biosafetyレベル3の高度に安全性が保たれた研究室で行われる必要性がある。
 研究者達は鳥フルウイルスのいくつかの遺伝子を、人のA(H3N2)ウイルスのそれと交換した。(H3N2:人インフルエンザウイルスの香港株。世界中で流行している一般的株)。
 彼等はそれからその作成した株をフェレットで、ウイルスが致死的鳥フルの性状を持ち、人インフルエンザウイルスのように高度の感染性を示すか否か検討した。フェレットは人インフルエンザの研究には向いた実験動物で、人インフルエンザウイルスに高度の感受性があり、そしてフェレット間で容易に感染を広げる。鳥フルウイルスに対しては、人のように感染するが、フェレット間では容易に感染はしない。
 研究結果では、作成したウイルス株はフェレットに感染したが、フェレット間では容易に感染しないことが示された。そればかりではなく、オリジナルのA(H5N1)ウイルスよりも病原性が低くなっていた。
 しかしながら28日に行った電話による記者会見で研究者の一人である、ジャクリーン・M・カツ博士は、検査されたウイルスは、多くのハイブリッドが可能であるウイルスの中の少数に過ぎないので、今後さらに多くのウイルスに関して検討する必要があると語っている。
 いずれにしても、鳥フルウイルスは自然の中で変異をし続けるが、その過程で、現在科学者達が求めている危険な遺伝子の組み合わせに、(変異の過程が)出くわさないように、研究者達は祈り続けることになる。
 CDC長官のガーバーディング博士は、”我々はH5N1ウイルスに関して何も知ってはいないのだ”、と語っている。

Birdflu-human flu virus mix doesn't transmit easily in animal ... CNN (国際) 人インフルエンザウイルスと遺伝子組み換えを起こしたH5N1ウイルスは、容易に感染しない
 フェレット実験でCDCの科学者達は、鳥インフルエンザウイルスの遺伝子が、人インフルエンザウイルスH3N2の遺伝子と部分交換を行っても、簡単にフェレット間で感染を起こさず、また病原性も強くなることはなかったと発表した。この事は鳥フルウイルスが人に感染性を獲得するには、複雑な経路が必要であり、簡単にはそのような変化を遂げないことが示唆している。
Flu viruses don't transmit easily in test MLive.com (米国) 遺伝子交換された鳥フルウイルスは、容易に感染しない
 全米ニュース

 科学者達はアジアの致死的鳥フルウイルスと人のインフルエンザウイルスの遺伝子交換を行ったが、その株は容易に人には感染しないことが判明した。
 それでもそれが、ウイルスがパンデミックを生じるように変化出来ないことを意味しているとは、必ずしも言えないと思われる。今月の米国の科学雑誌「 Proceedings of the National Academy of Sciences」に、CDCの研究者達の研究論文が掲載された。
 
 指導的専門家の1人は、この研究結果で一筋の光りが見えたと語っているが、そのような感慨はCDC長官には受け入れられていない。
 ”我々は”安心”という言葉は使えない。ウイルスはいまだそこにいて、変異し続けているのだから”、とCDC長官のジュリー・ガーバーディングは研究結果に関する記者会見で語った。
 長官によると、(鳥インフルエンザ)ウイルスが容易に感染するようになる変化様式には、2通りあるとされる。1つはゆっくりと変異してゆく様式で、1918年のスペイン・インフルエンザのウイルスがそうだったと言う。もう1つは人のインフルエンザウイルスと遺伝子組み換えが起きる様式で、1957年と1968年のインフルエンザウイルスがそうだったと言う。(アジア風邪と香港風邪:訳者)。
 そこで研究者達は今回、人と鳥のインフルエンザウイルスの遺伝子を組み替えて、出来た株が迅速に動物間で感染し出すのか否かを検討した。
 実験ではH5N1ウイルスとH3N2ウイルスの遺伝子を交換した株が作成され、それをフェレットに感染させた。フェレットは人のインフルエンザウイルスに感染し、人と同様にクシャミや咳でウイルスを他に感染させる。(すなわち人への感染実験の代用となる:訳者)。

 ある遺伝子組み合わせの場合、ウイルスはフェレットの体内で増殖したが、それでも他の動物へは感染しなかった。またある組み合わせではウイルスの増殖さえ起こらなかった。
 研究者達はこの方法を、将来起きる可能性あるウイルス変異が、どれだけ人への感染性を有するかの判定に有用と評価している。
 この研究では1997年の香港で分離されたH5N1ウイルスが使われているが、研究者達によると、さらに最近分離されている株を使って研究予定とされる。

 ヴァンデルビルト大学のウイリアム・シャフナー博士は、この方法が、ウイルスがパンデミックを引き起こす可能性があるのかをチェックする迅速検査となりえる、と評価する。
 ”例えば、北インドネシアの集団発生で分離されたウイルスがCDCの研究室に運ばれ、彼等がフェレットによる感染実験を行うことは可能だっただろう、と私は思う。そしてこの方法が、我々が心配しているウイルスの検定を行う方法にもなりえると考える”、と政府のインフルエンザ対策顧問でもある同博士は語った。
 シャフナー博士は研究チームの一員ではないが、さらにこの研究から一筋の光りが見えた、とも語っている。
 これまで鳥フルウイルスは、人のインフルエンザウイルスと混じり合う多くの機会を持ったにも関わらず、遺伝子組み替えが起きて、人に容易に感染する株が誕生していない理由が、この研究結果から理解される。そのように博士は語った。
 ”変異には非常に複雑な過程がある。人に感染できるようになる正しい遺伝子の組み合わせをいまだ我々は知らないし、鳥フルウイルスもいまだ見つけることができていないのだ”。
 

Bird-flu alert for entire country Nation Multimedia (タイ) タイ、全土に鳥フル警戒報
 
 国内で鳥フル感染疑い患者数が増加していることから、タイ政府は昨日国内全州に、家禽の移動や死亡した鳥の扱いに関する厳格な規則を適用することを宣言した。

 この措置は、週末にナコーンパノム州の78の農場で、30万羽の鶏が殺処分されたのに引き続き発表された。
 公衆衛生省は同州で鶏の殺処分に携わった765人の人々について、鳥フルの感染が起きていないか健康の監視を続けている。それは14日間続けられる予定だ。この中で現在まで6人が高熱を呈しているが、そのうち2人がインフルエンザ様症状を呈しタミフルを服用した。残りの4人はインフルエンザ検査で陰性であった。
 同州における監視と消毒は今後強化されると、農業省では説明している。
 医科学局の2台の移動検査車が昨日ナコーンパノム州病院へ送られ、疑い例のさらなる検査が行われている。公衆衛生担当大臣のピニジ氏は、鳥フル対策顧問チームの編成を同州の公衆衛生局に指示し、地域の病院における患者診断と適切なタミフル使用の指導を行わせる、と語った。
 ……
 

131 suspected birdflu cases awaiting lab tests Thai News Agency MCOT, (タイ) 鳥フル感染疑い131人が検査結果待ち
 31日、タイ公衆衛生省は国内で131人の鳥フル疑い患者がいて、現在検査結果待ちであると発表した。
 疾病対策局長のタワト・スントラジャルン氏(Thawat Suntrajarn)は、今年初めから鳥フルが疑われた患者は1960人いて、そのうち1828人で検査が陰性だったと語った。
 131人の検査結果はまだ出ていないが、このうち37人は北部のピキト省で、続いて隣のスコタイ省が35人、ピトゥサヌロク省が16人、そして中央のスパンブリ省が12人となっている。
 公衆衛生当局者との会議で、公衆衛生大臣は医学専門家と高官達に、鳥フル、デング熱、手足口病に関して、厳重な監視態勢を維持するように指示した。
 大臣はまた、北東部のナコーンパノム省で、発病した鶏と接触した765人が14日間の医学的監視下に置かれたとも発表した。
 H5N1ウイルスが鶏で検出された同省では30日、30万羽の家禽が殺処分されている。
 一方、ピキト省では先週10代の少年が鳥フルで死亡している。
 2台の移動検査車が31日、ピキト省とナコーンパノム省に送られ、そして20人の専門家達が危険地域内で24時間態勢で現地の保健担当者達にアドバイスを与えている。
765 villagers under H5N1 surveillance IHT ThaiDay (タイ) 765人の村人がH5N1監視下に
 家禽の間で鳥フルが流行しているナコーンンパノム省で765人が、14日間の健康監視下に置かれたと、保健省が発表した。
 全員、死亡した鶏を含めて地域の鶏に直接接触した既往がある。
 これらの村人の中で昨日6人が高熱を呈したが、検査は続行中で結果は出ていない。
 医科学局の移動検査車が昨夕、ナコーンパノム省病院へ到着し、直ちに作業が開始された模様。
 昨日バンコクで公衆衛生省の高官達との会議で、大臣はナコーンパノム省の全公衆衛生および医学担当者達に、片時も目を離さずに、週末も含めて警戒態勢をとるように指示した。それはラオスとの国境沿いの鳥フル拡大が制圧されるまで続けられる。
 ナコーンパノム省でのH5N1ウイルスの検出は、公衆衛生および家畜担当者達にとって予想外の出来事だった。なぜならウイルスは中央の地域でしか、初期には発生していなかったからだ。
 一方、農業省副大臣は、移動制限地域から鶏卵を持ち出し、ナコーンパノム省で販売した悪徳業者によりウイルスは同省へもたらされた可能性があると語っている。また同大臣は、現在、鳥フル発生はピキト省とナコーンパノム省に限定されていることが確認された、と語った。
 他にウットラディヒト省では死亡した50羽のアヒルが路上に捨てられているのが発見された。飼育していた農民がアヒルの死亡を報告した場合、全ての家禽が殺処分されるのを恐れたせいと見られている。 

TOP