高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
7月31日

Malaysia on alert for avian flu New Straits Times (マレーシア) マレーシア、鳥フル警戒中
 マレーシアは特にタイとの国境を中心に鳥フル警戒態勢を強めている。
Birdflu outbreak spreading Bangkok Post, (タイ) タイ、鳥フルさらに拡大
 ナコーン・パノム省ムアング地区のバンクラング村で、検査の結果致死的H5N1ウイルスが死亡した鶏から検出されたため、30万羽の鶏が殺処分中である。70の農家で殺処分を行うため、1500人の保健担当者が動員されている。
 昨日公衆衛生省は、鳥フル疑い患者数が19州で80人と発表した。その数は29日発表した113人よりも減少している。

 今回のナコーン・パノムにおける家禽の殺処分は2回目になる。先週家禽の原因不明死が確認されたことから4万羽の鶏が殺処分されている。
 ニコーム・ケルドゥカンマク(Nikhom Kerdkhanmak)知事は、死亡した鶏から得た検体は、獣医研究センターに送ってウイルス検査を行ったが、致死的H5N1ウイルスが確認されたと話している。
 さらなる拡大阻止対策として、地域内の全ての鶏の殺処分が行われるかも知れないと語った。
 車両を消毒するためのチェックポイントが保健担当者により設営される。さらにタイとラオス国境に沿って家禽の移送禁止令が出された。
 家畜担当省副大臣のチャウイワン・リウイジャク(Chaweewan Liewwijak)は、鳥フル拡大は心配だ、と語り、地域の全ての鶏は早急に殺処分しなければならないと語った。
 全ての世帯は消毒される予定で、住人は健康状態が監視されている。チャウイワンさんは、バンクラング村を視察しながらそのように30日語った。
 ナコーン・パノム省公衆衛生局によると、122人の村人が鶏と接触した既往があり、そのうち2人が鳥フルを発病した疑いが持たれ、厳重な監視下に置かれているという。2人とも14歳の少年で、当初の検査では鳥フルは陰性だったとされる。

 公衆衛生省は昨日国内の疑い患者80人の内訳を発表した。ピキト省が最も多く、18人で、続いてスコタイ省の14人、フィトゥアヌロクとスファン・ブリ州の9人と続く。(さらに詳細:Nan, seven; Nakhon Sawan, four; Phetchabun and Uttaradit, three each; Nakhon Pathom and Nonthaburi, two each; Bangkok, Kanchanaburi, Kamphaeng Phet, Chachoengsao, Nakhon Nayok, Pathum Thani, Prachin Buri, Lamphun and Uthai Thani one each.)
 ブリラム州では8月に予定されていた闘鶏大会を中止した。理由は家禽の原因不明死が見られた事からの予防措置とされる。さらに家禽の移動も禁止された。同州の知事は、鳥フル状況が好転しない限り、闘鶏大会の禁止は続行されると語った。
Chan set for world mission The Standard (香港) マーガレット・チャン、WHO事務総長選挙へ意欲
 元香港保健省長官のマーガレット・チャンが、WHO事務総長選挙に向かって世界のロビー外交を開始した。
 中国首脳と4日間に亘って会談した。首脳達から強く推薦され、チャンは自信を深めたようだ。30日香港へ戻ってきたチャンは3日間滞在し、香港の首脳部達と会談して、ジュネーブに26日発つ予定となっている。


7月30日

New birdflu outbreak along Thai-Lao border Washington Post (米国) ラオスとタイ国境で新規鳥フルが派生

 下記ロイターと同じ報道
New birdflu outbreak confirmed along Thai-Lao border Reuters AlertNet, (英国) タイとラオス国境沿いで新規鳥フル発生が確認
 ラオスとメコン河をはさんで位置するナコーン・パノム省で鶏でH5N1鳥フルが発生。下記報道と同じ。

家禽での鳥フル発生が確認されたラオスのナコーン・パノム省
ラオスの首都ビエンチャン南方25キロでもH5N1鳥フルが発生している



New birdflu outbreak in Northeast Bangkok Post (タイ) タイ、北東部で新規鳥フル発生
 ラオスと国境を隔てるナコーン・パノム省で、鶏の致死的H5N1ウイルス感染が確認されたため、30万羽以上の鶏が殺処分されることが決定された。
 7月24日~26日にかけてメコン河流域のナコーン・パノム省で2000羽以上の鶏が死亡し、それが致死的H5N1ウイルスによるものであることが確認された。ウイルスの拡大防止のために78農場の30万羽以上の鶏が24時間以内に殺処分されることが決定された。農業省が発表した。
H5N1 virus detected among chicken in Nakhon Phanom Nation Multimedia (タイ)  タイ:ナコーン・パノム省の鶏からH5N1ウイルスが検出
 ナコーン・パノム省の鶏で致死的H5N1ウイルスが検出されたため、約30万羽の鶏を殺処分すると、23日農業省が発表した。
 同省の説明では先週ナコーン・パノム県の複数の農場で2200羽の鶏が死亡し、検査で致死的H5N1ウイルスが検出された。
 対策として同地域の78農場の30万羽の鶏を殺処分することが決定された。
New suspected birdflu case found in Uttaradit Thai News Agency MCOT (タイ) タイ、ウットラディットで鳥フル疑い新規例が報告
 病的家禽と直接接触した病院職員が、最新の鳥フル感染疑い者として報告された。検査結果は31日まで保留とされている。政府高官が発表した。
In Vietnam, a Gateway for the BirdFlu Virus Washington Post (米国) ベトナムの鳥フルウイルス侵入口

 

 鶏の輸入禁止措置を無視して、密輸人達は中国国境を越えてH5N1ウイルスを、ベトナムに持ち込んでいる


 密輸人達は最初遠くの分水嶺に現れ、中国とベトナムの境界をなしている、青々と、彫刻のようにシャープにその姿を浮きだたせている山から、次第にアリのように悪路を駆け下りてくる。彼等の姿が近づいて来るに従い、背中に生きた鶏を詰め込んだ竹籠を背負った、前屈した彼等の特有の姿がはっきりと見えてくる。
 直に2人の若者が現れ、地域の監視官に止められ尋問され出すと、1人は無線でなにやら分からない言葉で叫んだ。すると遠くの山陰に見えた人影が突然消えた。
 このような密輸を行う商人達が1日に少なくとも1000羽以上の鶏を、中国と国境を隔てている6省の1つであるラング・サン省に運んでくる。そのような密輸により、繰り返し南中国から致死的鳥フルウイルスがベトナムに運び込まれる、と保健専門家達は語る。

               
 鳥フルが東半球で拡大する理由として、国際的保健専門家達は不法な家禽およびその産物の国境を越えた取引が、しばしば原因となっている、と警告している。
 ”国家間だけでなく国内でも、家禽の商用取引が重要な(ウイルス)拡大の要因となる”、と国連FAOの動物感染症対策責任者の、ジュアン・ルブロー氏が警告する。”我々は各国政府に適切に対策を立てる必要があると言っているが、武器や麻薬の密売と同じように取締は簡単ではない”。

 H5N1ウイルスは、すでに50ヵ国以上で農場の家禽や野鳥に大きな被害を与えている。そして少なくとも230人以上の発病者が報告されていて、半数以上が死亡している。保健担当者達はウイルスが変異して、人人感染を起こすようになり、世界的パンデミックが発生することを恐れている。
 ベトナムの獣医当局は4月に、中国国境の捜索でラング・サンで押収した密輸された鶏で、鳥フルウイルスを検出した。その数日後、近隣のカオ・バング県の中国との国境沿いの3つの村で数十羽の鶏が死亡しだし、それらの検体から(H5N1)鳥フルウイルスが検出されたことを、同県の当局が報告した。これらの2つの事例は、昨年の12月以来ベトナムにおける初めての公的確認事例となった。
 2005年5月には、研究者達は既に密輸によってウイルスが(ベトナムに)運ばれている証拠を得ていた。研究者達はベトナムには存在していなかったウイルス株を(ラング・サンに密輸された鶏から)検出したが、それはラング・サンから山を超えた場所の中国広西自治区では一般的に見られている株であった。
 ラング・サンの中国との国境沿いは入り組んだ地形で、150マイルの長さに渡り、角張った、霧深い、そして岩場の絶壁が多い山からなっている。最も高い山の頂点は約1350メートルで、マウ・ソンと呼ばれ、地元の酒の名前にも使われている。何世紀もの間、この境界地域に散らばって住む家族達が、危険な道を往来し、多くの商品を運んだ。最近では電化製品、DVD、外国産の野生動物、そして各種の衣服や靴が含まれている。
 家禽の密輸は、2年前にベトナム政府が鳥フル拡大を抑えるために、約5000万羽の鶏の殺処分を始めて以来、大きな儲けが得られるようになった。ベトナム人の主要な蛋白源である鶏肉不足は、鶏肉価格を上昇させ、国境沿いの密輸を盛んにさせる効果をもった。
 多くの密輸取引は夜間に行われる。しかし、最近は日中も10数人の密輸人達が、国境のドン・サング町(中国からの密輸品受け渡し場所として有名な場所)の外側の急峻な暗い道を降りてくる。当局の取締のバイクが、警告のアナウンスして回った後ですら、密輸人達が境界を超えて多く現れる。多くは狭いルートを歩いて降りてくるが、その姿は木に隠れて遠くからは見えない。
 地域の当局者達は、密輸人達は、突然凶暴になることもあり、門外漢(部外者)に石や火器で攻撃することもある、と警告する。ベトナムの報道によると、ラング・サンの鶏密輸者達は、兵士達に攻撃をしかけたこともある。1例を挙げると、兵士達は石で攻撃され、彼等の車は破壊されたと言う。
 ラング・サン県の家禽保健局のド・バン・ドォック長官は、中国側とベトナム側における鶏の価格の大きさな差が、密輸を盛んにさせている、と説明する。鶏の価格は変動するが、それでも1羽の価格が中国で1ポンド当たり30セント以下であるのに対し、ベトナムでは1ドル以上で売れる、と言われる。
 ドォック長官はベトナムにおける家禽の高値は、輸入ワクチン代、および他の鳥フル対策費用が加わっていると説明する。一方、中国では大養鶏場での飼育管理、低価格の飼料、自国でのワクチン使用で、鶏の価格が安くなっているとされる。
 さらに同長官は、中国の農民達は鳥フルが発生した地域からの鶏をバーゲン価格で売りさばいていると、断言した。いくつかのケースでは、農民達は彼等の家禽を殺処分したと政府に報告し補償費を受け取り、それから鶏を密輸人に小売りするようだ。
 ”彼等は可能な限り金を得ようと試みる”、と長官は眉をひそめて、”鳥フル流行で弱った鶏を売っている”、と語った。
 中国農業部は、家禽が広西自治区からベトナムに密輸されていることを確認している。ベトナムからの書簡での質問に答えて、広西自治区の家禽保健研究者達の研究で、ベトナムのラング・ソン県近くの3地域から密輸されていることが判明しているが、それらの家禽が鳥フルに感染しているという報告は受けていないと、中国農業部は答えている。
 中国農業部はさらに、政府の獣医担当者達は税関や国境警備隊と共に家禽の密輸を取り締まっていると答えている。中国の警察は本年、23000羽以上の鶏と3500羽以上のアヒルの密輸を摘発していると、当局では言っている。
 密輸シンジケートは地域の村人達に鳥の運搬に1羽当たり30セント支払っている。運搬は山の中を、時には10マイル以上(16キロ)の曲がりくねった道で行われる。ラング・ソン県の市場監察長官のヌギュエン・タング・ロイ氏(Nguyen Thang Loi,)が説明する。時には密輸人の中に女性や子供もいて、彼等はせいぜい2,3羽の鳥しか運べないが、屈強な男性の場合は20羽近い鳥を運ぶ。彼等の1週間の収入は、家禽保健担当者や監察官の給料以上になることも多いと言われる。
 密輸商人達は、さらに大量運ぶ手段を考えている。最近ロイ長官の下の監視官は、1トンからの鶏を載せて山の中の鉄道線に沿って運ぶ、木製の荷車を摘発している。
 密輸人により麓に運ばれた鶏は、次ぎにバイクで地域の集荷場所となっている農家に運ばれる。そしてそこからトラックでハノイ、さらに南部へ運ばれると、監視官と家畜保健専門家は説明する。
 平均1500羽の鶏が山を超えて毎日ラング・ソンに入ると、監視官達は推定している。また、中国とベトナム国境に沿ってベトナムに運び込まれる鶏の数は、毎日数千羽を超えるだろうと、ベトナムと国際的家畜専門家達は推定している。

 世界中で不法な家禽や鳥の取引が広範に行われていると、国連FAOのルブロー氏は語っている。詳細は残念ながら不明とされる。
 この不正な取引には、中国からのものがしばしば認められるが、大規模な未検査肉の商業用出荷が含まれ、これらはヨーロッパ各地、アフリカ、そして米国へ向かう。例えば先月、米国の検査官はデトロイト地域の倉庫で、東南ミシガン地区の中国レストランやアジア食料店に運ばれる、中国から密輸された鶏や鴨の冷凍肉を摘発している。
 昨年、台湾当局者は中国から密輸されてきた1000羽以上の鶏から致死的鳥フルウイルスを始めて検出している。2年前には、ブリュッセル国際空港で、鳥フルウイルスに感染したワシの”つがい”が、タイ人の旅行客の旅行鞄から発見され、没収された事例もある。
 アフリカでは、FAOのルブロー氏によると、エジプトからスーダンに家禽貿易でH5N1ウイルスが広がったが、可能性から言って大陸の他の国にも同様に広がったと考えられている。

 ロイ長官によると、ラング・ソンには22人の監視官しかいなくて、バッテリーから車までの密輸を取り締まっているという。警察や軍との共同作戦で繰り返し密輸人達を逮捕している。しかし彼によると密輸組織の大きさには何ら変化は無く、真の密輸仕掛け人達は背後にいて、密輸鳥を運んでいる人々ですら、彼等の名前や情報を得ていないようだ、とされる。
 ベトナムにおける鶏の高価格が鶏の不正取引で利潤を産む限り、それは続くだろうと、FAOのベトナム事務所の家畜保健専門家であるジェフリー・ジルバート氏は語っている。
 ”ヘリコプターを配置し、軍が迅速に動き、そして全ての強化策を実行しても、それは続くと思われる。それは正しく「ホーチミン・ルート」のようなものだ”、と同氏は嘆息をまじえる。

 中国からベトナムへの鶏密輸の実態を報告した日本語ウエブ
 

113 suspected with birdflu Bangkok Post (タイ) タイ:113人が鳥フル疑いで入院中

 


  検査結果待ち、しかし状態は心配ないと


 鳥フル疑い患者の数は国全体で113人となり、全員厳しい監視下にあると公衆衛生省が発表した。検査結果はいまだ出ていないが、患者が出ていたとしても、それまで患者が何人出ているのか言うことは出来ないと語った。

 同省によると、75人の疑い患者がピキト県、14人がスコタイ県内、5人がカンチャナブリ県、3人がナクホン・サワン県、3人がスファン・ブリ県、バンコク、ピトサヌロック、およびペチャブンで2人、そしてカンペング、ナコーン・ナヨク、ナコーン・パトム、ノンタブリ、マハ・サラカム、ウタイ・タニ、及びウッタラディットで1人発生している。(The ministry said 75 suspected patients were in Phichit, 14 in Sukhothai, five in Kanchanaburi, three in Nakhon Sawan, three in Suphan Buri, two each in Bangkok, Phitsanulok, and Phetchabun and one each in Kamphaeng Phet, Nakhon Nayok, Nakhon Pathom, Nonthaburi, Maha Sarakham, Uthai Thani and Uttaradit.)。
 全ての患者の検査は医科学局( Department of Medical Sciences)で行われているが、結果は未だ出ていない。患者は厳重な監視下に置かれている。

 しかしながら公衆衛生省は、患者達はそれほど心配すべき状態ではないと説明し、報告を軽く扱う姿勢を示した。

 疑い患者が入院した最後の地域はウッタラディットである。患者はプラ病院の従業員で、闘鶏と濃厚接触した既往を持ち、鳥フル様症状で入院した。家畜担当局(Livestock Development Department)では、対策に関わっている地域のボランティア達に、消毒薬、予防用手袋、顔面マスクを配布した。
 
 公衆衛生省の査察責任者と保健当局者達は、19危険地域で拡大を防ぐための対策を急ぐ必要があると語った。

 危険地域3の査察責任者は、地域の全保健ステーションに、風邪症状、呼吸症状、そして家禽と接触した全ての人々の健康監視を続けるように指示を出した。彼女はまた、住民に保健当局者に協力するよう語り、決して症状出現を隠さないように伝えた。
 彼女によると、20%の疑い患者は、家禽の死骸と接触したことを隠していると言う。もし患者がそうした事実を隠していたなら、患者が鳥フルを発病する危険性が増す、と彼女は説明している。 
7月29日


112 patients admitted for birdflu tests in North Thai News Agency MCOT (タイ) タイ北部で112人が鳥フル疑いで入院、検査へ
112 people from 14 provinces under watch for birdflu Nation Multimedia, (タイ) タイ、14県で112人が鳥フル疑いで監視下に

 タイ公衆衛生省は14県の112人について、H5N1ウイルスに感染しているかどうか検査中であり、結果が出るまで医学的監視下においている。

 公衆衛生省は患者達が感染しているのかどうかを確認するための、血液検査結果が出るのを待っている。長官のプラト・ブニャウオング゙ビロット(Prat Boonyawongvirot)博士が29日語った。

 ほとんどの患者(75人)はピキト県内で、14人がスコタイ県内(Sukhothai )、そして5人がカンチャナブリ(Kanchanaburi)県内の患者である。
 ナクホン・サワン(Nakhon Sawan)県で3人、スファン・ブリ(Suphan Buri)県でも3人の疑い患者が出ている。その他バンコクや他の地域でも少数出ている。

 ”他の患者の血液検査では鳥フルではなく、通常のインフルエンザが検出されている”、と長官は語っている。

 タイはピキト県で、10代の少年が鳥フルで死亡した後、再度高度の鳥フル警戒に入っている。少年の死はタイで7ヶ月ぶりの人での死者となっている。
 現在、少年の村では家族3人を含む37人が健康状態を監視されているが、現在の処無症状である。

The Nation

China backs Margaret Chan as WHO chief: official People's Daily Online (中国) 中国、WHO事務総長にマーガレット・チャン氏を推薦
 マーガレット・チャンさんは、香港出身で長年香港衛生局長官を務め、SARS、H5N1鳥フル対策で手腕を発揮し、現在WHO事務総長代理。
Birdflu surveillance strictly enforced in Nakhon Sri Thammarat ThaisNews (タイ) タイ、ナクホン・スリ・タマラート県で、鳥フル監視態勢を強化
 ナクホン・スリ・タマラート県(Nakhon Sri Thammarat)の家畜担当局は、鳥フル監視態勢を強化した。
 担当局長は、上部中央地域での鳥フル発生は同県の危機感を高めていると話し、監視態勢を強化すると説明。
Bulgaria's Agriculture Minister Fears Romania's BirdFlu Sofia News Agency, (ブルガリア) ブルガリア農業省、ルーマニアの鳥フルを警戒
 ブルガリアでは致死的鳥フルウイルスは検出されていないが、ルーマニでは発生していることから、ルーマニアからH5N1ウイルスが拡大してくることを、ブルガリア政府は警戒。
More possible birdflu cases in Thailand Malaysia Sun, (マレーシヤ) タイ、さらに鳥フル疑い患者が存在
 フィツアヌロックとフィキト県(Phitsanulok and Phichit)の鳥フル警戒地域で5人の鳥フル疑い患者が発生した。
 バンコク・ポストによると疑い患者は44人に上り、検査結果を待っているとされる。
 新しく発生した5人の疑い患者はインフルエンザ様症状を呈し、死亡した家禽に接触した既往がある。地域では多くの家禽が死亡しているが原因不明とされている。
Asian officials make pact to tackle bird flu Reuters AlertNet, (英国) アジア諸国、鳥インフルエンザ対策協定作成へ
 2日間、ニューデリーで開かれていたアジア鳥フル会議で、情報の共有と、抗インフルエンザ薬、ワクチン、検査キットなどの開発協力を盛り込んだ、「デーリー宣言」が採択された。
 WHOが主催した会議にはアジア11ヵ国の保健相と高官達が参加した。中国、インドネシア、インド、タイなどの鳥フル発生国を含んでいる。
 タイ当局者の発表は下記の記事と同じ。
Thailand for faster Tamiflu use to fight bird flu Reuters AlertNet, (英国) タイ、迅速なタミフルの投与へ
 28日、タイの保健当局者は、8ヶ月ぶりに鳥フルで死者が出たことから、今後検査結果が出る前に疑い例にはタミフルを投与すると発表した。それはH5N1ウイルスが蔓延していると考えられる7県に適用される。

 タイ疾病管理局の長官は、”我々は臨床ガイドラインとタミフルの投与開始基準を更新する必要がある”、と、ニューデリーで開かれている「鳥フル会議」の合間に、ロイター記者に語った。
 ”もし異常な鶏の死亡があり、側にいた人が発熱した場合、重症肺炎が無くても、検査で診断が下される前に、医師はタミフルを投与しなければならない
 タミフルはRoche Holding AGにより製造されている、鳥フルに使用されるもっとも一般的薬である。
 先に死亡した10代少年の場合、主治医は少年が家禽と濃厚接触した既往があるにも関わらず、デング出血熱と診断し、タミフルを投与しなかった。,
 長官によると、10代少年はデング熱と鳥フルの両方に感染していた可能性もありえる、とされる。毎年数千人のタイの人々がデング熱に罹患し、今年に入ってから22人が死亡している、と長官は説明している。
 2003年以来15人目の死者となった少年は、父親と死亡した鶏を埋めた後に発症した。
 父親、親戚、さらに少年を治療した医師やナース達が現在、健康状態を観察されている。最初の血液と痰の検査では、H5N1ウイルス感染は確認されていない。しかし彼等は2週間以内に行われる第二回目の検査結果が陰性と判明するまで、監視下に置かれる。現在全員は無症状のようだ。
India set to declare itself birdflu free The Westfall Weekly News (カナダ) インド、鳥フル一掃宣言へ
 インドでは3ヶ月間、新規鳥フルが発生していないことから、間もなく一掃宣言を出す予定と発表された。
Mystery bird deaths spur cull Bangkok Post (タイ) タイ:家禽の原因不明死で大量殺処分へ
 Nakhon Phanom県の7つの農場で約3000羽の鶏が26日、原因不明死したことが同県の知事から発表された。28日、12000羽近い鶏が、感染拡大予防のために殺処分された。同県隣のラオスで鳥インフルエンザが発生していることからの予防処置と説明された。
 死亡した鶏から採取された検体が、Khon Kaenの研究所に送られて原因が調査中と説明された。

 一方、ブリ・ラムで鳥フル疑いの25人は検査で致死的H5N1ウイルスに感染していないことが確認された。
 ブリラムの保健当局者によると、25人は死亡した鶏に接触した後、鳥フル様症状を呈したとされる。

 保健省大臣のフィニジ・ヤルソンバット(Phinij Jarusombat )は、専門医学チームを編成して、タミフルに対して耐性が出来ないように、本当に必要な患者を選択して、投与させたいと、昨日語った。
 同大臣のコメントは、いくつかの県で合計44人の疑い患者が発生しているとの報告を受けて出された。
7月28日


Suspect H5N1 Cases In Thailand Increase and Spread Recombinomics (米国) タイ、H5N1鳥フル感染疑い患者増加
 現地報道では疑い患者数が44人に上っている。
Thai authorities on alert against birdflu Thai News Agency MCOT (タイ) タイ政府、鳥フルに対する警戒強化
Laos Reports H5N1 BirdFlu Outbreak Washington Post (米国) ラオス、H5N1鳥フル発生を報告
 

 ラオスの首都ビエンチャン近くの農場で、鶏におけるH5N1鳥フルが発生したことを、外務省の報道官が28日発表した。
 2580羽近くの鶏が先週、 Xaythany地域の家禽農場で死亡した。農業省の当局者達が、さらに感染拡大を防ぐために3500羽の鶏を殺処分した。
 ”検査でH5N1ウイルスを確認した”、と外務省の報道官が語った。
 ビエンチャン・タイムズによると、同じ農場で2004年に鳥フルが発生していたと言う。
UN body says H5N1 birdflu found on Lao farm Reuters India (インド) 国連機関、ラオスの農場でH5N1鳥フルを確認
 ラオスの農場でH5N1ウイルスが検出されたことを、国連機関のFAOが25日発表した。
 鳥フルの発生は首都ビエンチャンの南方25キロにある商業用農場で発生し、約2500羽の鶏が先週死亡した。
 同農場は2004年初期にも鳥フル発生を経験している。それ以来ラオスでは、この5月に1羽のアヒルでウイルスが検出されたのみだった。
 ”ラオス政府はウイルス拡大を阻止するために、農場の全ての鶏の殺処分を行うと共に、農場の消毒、さらに半径5キロ以内の監視地域での家禽移動の禁止措置を行った”、とFAOの鳥インフルエンザ対策地域調整官が語った。
Study finds wild birds spread non-threatening form of birdflu to ... KWWL (米国) 野鳥から鳥フルが感染
 カモや他の水鳥由来の、危険性のあまりないタイプのインフルエンザウイルスがいる。最近の研究により、それらウイルスが人々に感染することが確認された。
 アイオワ大学の研究で、1人のハンターと2人の環境調査員の血液から、鳥フルウイルスに対する抗体が見つかった。3人とも症状を呈したことはないと言う。
 CDCの研究者によると、人が野鳥からインフルエンザウイルスを感染した証拠として初めてのことで、野鳥からウイルスが感染する危険性がある証拠であると、説明している。
 ハンターは野鳥に接触するとき、感染予防用の手袋を着用し、接触後十分消毒する必要があると、CDCでは警告している。
Wild birds can spread birdflu to people The Benton Crier (米国) 野鳥から鳥フルが感染する可能性
 アイオワ州の調査で、1人のハンターと2人の州の環境調査員の血液から、無害ではあるが、鳥インフルエンザウイルスの抗体が検出され、過去に鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが証明された。
 この事実は、”野鳥”から人へウイルス感染が起きている証拠と考えられると、CDCの報道官から発表された。
Thailand tries to improve bird flu monitoring Reuters AlertNet, (英国)  タイ、鳥フル監視態勢を強化
 タイ農業大臣のスダラト・ケユラファンは、8ヶ月ぶりの鳥フル再興と少年の死亡が確認されたことから、27日、県の当局者達に警告を発した。
 北部の9県からの家畜担当責任者との会議で、大臣は鳥フルの疑いある死亡した鳥に対する、正確で迅速な検査を要求した。さらに、鳥フル発生疑いについての、村人からのより透明性ある正直な報告をも求めた。
 ”我々は鳥フルが発生するのを、待つわけにはゆかないのだ。我々は鳥フルを探し、全ての家を調べる必要がある”、と大臣は説明した。
 17歳少年が24日、北部のピキト県で鳥フルで死亡した。同県では当局が数百羽の家禽を殺処分し、家禽の移動を禁止した。これはタイにおける8ヶ月ぶりの鳥フル再興となった。
 死亡した少年は、先週父親が死亡した鶏を埋めるのを手伝い、その作業で感染したと考えられている。父親は無症状である。
 タイでは、2003年にH5N1鳥フルがアジアで再興して以来、15人死亡している。最後の死者は昨年12月に発生した5歳の少年の事例であった。
 今回の少年の死の後、ピキト県の保健担当と家畜担当の責任者達は、鳥フルの拡大を阻止しなかった責任を問われて、更迭された。今回の鳥フルは感染した闘鶏によってもたらされたと考えられているが、闘鶏の死亡を所有者は報告しなかった。
 ”村人達は彼等の鶏が死亡したことを、当局に報告することに消極的だ。鶏は高価だからだ(報告して他の所有している鶏も処分されることを恐れている:訳者注)。”、と退職するピキト県の家畜担当責任者が説明した。
 鶏を殺処分する作業員が村に入ると、鶏の保有者達から強い抵抗に会い、結果的に家禽の移動禁止ということで妥協せざるを得ない。そのように彼は説明する。しかし、 ”それは農業省の考えではない”、とスダラト大臣は厳しく批判した。
 2003年末に家禽で鳥フルが発生したとき、タイ政府の反応は鈍かった。それは世界で4番目の鶏輸出国である同国に、悪いイメージを植え付けた。
 タイ政府が今回の鳥フル発生を隠蔽していたとする非難もでている。国連機関のFAOはタイ政府に、鳥フル発生の詳細な調査を要求した。
 タイはこれまで鳥フルウイルスの封じ込めに成果を上げてきた。しかし今、監視態勢をチューナップする必要性が出ていたと考えられる。
More suspected birdflu cases tested IHT ThaiDay, (タイ) タイ、多くの疑い患者が検査中

 タイにおける今年度初の鳥フル死者が報告された2日後、中央地域( Central Plains)の医師達がさらに鳥フル様症状で治療を受けている患者がいることを伝えた。
 保健省の医師達によると、地域には鳥フル疑いの患者が21人いるが、初期の検査ではH5N1ウイルスに感染している可能性は低いと考えられている。
 ”現在21人の疑い患者がいるが、最初の検査では9人が除外された。残りの12人については午前中に判明すると思う”、と保健省の医科学局長官が語った。
 フィキト病院の院長であるSunee Thirakarunwongさんは、彼女の病院では最近2人の鳥フル疑い患者を治療していると語った。1人は、42歳の女性でフィキト県の Sak Lek地域出身である。原因不明で死亡した闘鶏を埋めた後、症状を呈したと言う。
 もう1人は78歳の修道士で、病的、または死亡した鶏に触れた既往があると言う。
 同県(フィキト県)のもう一つの病院では、死亡した鶏に接触した4歳少女が高熱と呼吸困難で昨日入院している。
 フィキト県は、26日に発表された17歳少年の鳥フル死と、県内での多くの家禽の死から、今やタイの鳥フル震源地となっている。

Asian countries discuss birdflu in New Delhi ABC Asia Pacific (オーストラリア) アジア諸国、ニューデリーで鳥フル対策会議開催
 アジアの11ヵ国から保健相と農業相が参加して、ニューデリーで鳥フル拡大防止対策を、本日話し合う。
Brits report success with birdflu vaccine Thunder Bay's Source (カナダ) 英国、(人用)鳥フルワクチン開発成功と
Birdflu vaccine may be ready next year Stuff.co.nz, (ニュージーランド) (人用)鳥インフルエンザワクチン、来年までに準備可能
 昨日のAP通信
Bird-flu vaccine may be ready by next year Bucharest Daily News (ルーマニア) (人用)鳥インフルエンザワクチン、来年までに準備可能
 昨日のAP通信
Bulgaria bans fowl export to EU countries United Press International  (国際) ブルガリア、家禽のEUへの輸出を禁止
 ブルガリア南部での家禽の感染症は、ニューカッスル病と鳥フルの混在したものと考えられているが、EUへの家禽輸出禁止措置となった。鳥フルはH5N1ウイルスによるものではないだろうと考えられているが、詳細は不明。
7月27日


BirdFlu Found In Laos Poultry, Type Not Yet Known CattleNetwork.com (米国) ラオスの家禽で鳥フル発生、タイプは不明
 首都ビエンチアン近くの農場で2500羽の鶏が先週死亡し、それが鳥インフルエンザによるものであったことがラオス当局から発表された。H5N1ウイルスがどうかは現在不明。
 ラオスでは今年の5月にアヒルでH5N1ウイルスが検出された。それ以前では2004年初めに発生した。
Maker Calls New Bird Flu Vaccine More Effective  The New York Times (米国) ワクチンメーカー、新開発ワクチンはより効果的と


 グラクソ・スミス・クライン社が開発した人用新規鳥フルワクチンは、これまで作製されてきたどのワクチンよりも効果的で、非常に少量でも作用する、と同社が昨日ホームページで発表した。
 少量でも人に対する強い免疫作用を有することは、パンデミックに際して多くの人々に対するワクチン作製が可能となることを意味する。
 高濃度の抗原が必要なことが、現在まで鳥フルワクチン作製上の大きな障害となっている。1年前に作製された米国政府が備蓄しているサノフィ・パスツール社の初期のワクチンは、パンデミックには大量生産ができないほどの抗原量を必要としている。
 グラクソ・スミス・クライン社は、ベルギーで18~60歳の健康成人をボランティアとして臨床試験を行った。そしてワクチン投与後、血液を採取して抗体の産生程度を分析した。その結果、抗原量がわずか3.8マイクログラムで、2回の接種で80%以上のボランティアで十分量の抗体が産生された。
 一方、初期のサノフィ・パスツール社のワクチンでは90マイクログラムの抗原量で2回接種しても、約50%の人しか免疫されtなかった。
 しかしながら保健専門家達は、このワクチンが市場に出たとしても、どのように、またいつ使うべきか、推奨するのは難しいと言っている。さらにウイルスが変異しても、ワクチンが効果を持つのかどうかも不明とされる。
 グラクソ・スミス・クライン社のワクチンはまだ利用できない。しかし同社は今年度中に米国のFDA、および各国の医薬品局の承認を取り付ける予定のようだ。FDAの報道官は、”我々はグラクソ・スミス・クライン社の期待に満ちた報告に勇気づけられた”、と語り、ワクチンは6ヶ月以内に審査を終え、承認されるだろうと付け加えた。ワクチンの価格は標準的季節性のインフルエンザに対するワクチンと同価格になるだろうと、グラクソ・スミス・クライン社の報道官は語っているが、世界的にインフルエンザワクチンの価格は、1接種8ドルから12ドルの間にあるという。

 今回のワクチンの特徴は、使用された抗原と一緒に混ぜられる、抗体産生を高める作用を保有する免疫賦活剤であるが、その内容については企業秘密とされている。一般的ワクチンの場合、明礬(みょう‐ばん)が免疫賦活剤(アジュバント)として用いられるが、鳥インフルエンザワクチンの場合、サノフィ社の例ではそれほど効果的ではなかった。
 使用されたアジュバントは企業秘密とされているが、同社の幹部によると、他製品で既に用いられていると言う。
 同氏は”それをどのように抗原とミックスし、適合させるかが、企業秘密なのだ”、と語る。

 国立アレルギー&感染症研究所長官のアンソニー・S・ファウチ博士は、グラクソ・スミス・クライン社の成功を、”全く印象的な成功だ”、と賞賛する。しかし彼は、結果は血液検査に基づいただけで、実際に感染予防効果を試したわけではない、と釘を刺した。
 国連のパンデミック・インフルエンザ主任調整官であるナバロ博士は、”確かに、歓迎すべき情報だが、我々は単に新聞発表で知っただけだ。詳細なコメントをするのは、現時点では難しい”、と語っている。
 コロンビア大学の国立災害対策センター長のイルビン・レドレナー(Irwin Redlener)博士は、”非常に期待がもてる方法だ。でも実際にパンデミックを起こすウイルス株に対して、どの程度効果があるのかはいまだ分からない”、と語る。
 でも、と同博士は続ける。政府がグラクソ・スミス・クライン社のワクチン4000万人分を購入備蓄し、パンデミックが発生したときに使用するのは理にかなっているはずだ。もしワクチンが効果を持つならば、さらに製造すればいいし、もし効果を示さなかったなら、他のワクチンの製造が必要になるだろう。
 人々が免疫を全く持っていない新型ウイルス株に遭遇したとき、インフルエンザ・パンデミックが生じる。A(H5N1)として知られる、現在世界中に拡大している鳥フルウイルスは、このような株と言える。しかしそれは、これまで簡単に人へ、または人から人へ感染はしていない。しかしそれが人の間で容易に感染するように変異したなら、致死的パンデミックが一気に起こる可能性が高い。
 しかしナバロ博士は、A(H5N1)と全く異なる新型ウイルスが、パンデミックを起こすことも否定できないと警告する。その場合は、現在作成されているワクチンは無効となる。またA(H5N1)が大きな変異を遂げて、現在のワクチンが無効になることもあり得る。でもいずれにしてもこの情報は、より対策が強化されることにつながり、喜ばしいことであることは間違いない。そのようにナバロ博士は語った。
 グラクソ・スミス・クライン社の報道官は、同社はいまだどこの国からも、ワクチン使用の相談はされていないと語っている。
 同氏によると、同社の従来型インフルエンザに対するワクチン製造能力は、年間6000~7000万人分であるとされる。そして鳥インフルエンザ用ワクチンも、同程度の量の製造が可能と言う。しかし2008年までには年間1億5000万人分のワクチン製造が可能になると考えているようだが、これらの量は状況によって色々と変動することもあり得ると、説明する。

 A(H5N1)ウイルスは、この2,3年間に、アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカと広がっている。ウイルスは主に鳥に感染しているが、人へも感染する場合もある。その多くはウイルスに感染した鳥に接触して、感染している。これまでウイルスは人に対して非常に致死的で、発病した人の半分以上を死亡させている。希に人から人へ感染しているように思われるが、事態は変化する可能性もある。
 2003年以来、10ヵ国で232人がH5N1鳥インフルエンザに罹患し、134人が死亡している。最近最も多く発生している国はインドネシアである。
 

Glaxo says its H5N1 vaccine works at low dose CIDRAP (米国) グラクソ社、低濃度抗原量ワクチンの開発に成功
 

Jul 26, 2006 (CIDRAP News)

 グラクソ・スミス・クライン社(GSK)により作製された人用H5N1鳥フルワクチンが、これまで試作されてきたワクチンに比較して非常に低濃度でも、ボランティアに対して強い免疫反応を起こすことが、同社から発表された。低濃度で効果があることから、数億人分ものワクチンの製造が可能になる。

 臨床試験で、3.8マイクログラムの抗原量と、免疫賦活作用を持つアジュバントを含むワクチンを2回投与受けたボランティアの80%で、強い免疫反応が起きた(体内で感染を防ぐのに十分量の抗体が作成された)、と英国に本社を置く企業が発表した。通常の季節性のインフルエンザに対するワクチンの含む抗原量は、15マイクログラムである。
 ”このような少量のH5N1ウイルスワクチンが、強い免疫反応を起こすことができたのは、はじめたのことだ”、とGSK社では説明している。
 一方、先に開発されたサノフィ・パスツールのワクチンは30マイクログラムの抗原量とアジュバントを含み、2回の接種で67%のボランティアに良好な免疫効果を持ったことが、5月に同社が発表している。米国政府は現在サノフィ社のワクチンを備蓄中である。
 GSKのワクチンは、2004年にベトナムで分離されたH5N1ウイルスを不活化して作られた、とフィラデルフィアのGSK報道官が説明している。ワクチンは新しい、同社が特許権を持つアジュバントを用いている、と報道発表で伝えられている。
 同社の臨床試験は、ベルギーで18から60歳までの成人400人を対象とし、4段階の抗原量を用いたが、最小量は3.8マイクログラムであった。各ボランティアは3から4週間の間隔で2回接種を受けた。
 研究者達はボランティアの体内で産生される抗体の量を測定した。方法は赤血球凝集阻止反応(HI)を用いた。
 3.8マイクログラムの抗原量を含むワクチンの投与を受けたボランティアの80%以上で、感染予防効果が期待されるHI価40以上の抗体産生が確かめられた。
 GSKの報道官によると、重篤な副作用報告はなく、全体的にワクチンに良く耐えられたと考えられる。


GSK's BirdFlu Data Quell Vaccine Supply Fears Forbes  (国際) グラクソスミスクライン社(GSK社)、人用鳥フルワクチンの大量製造を可能に
 意訳:英国の製薬会社であるGSK社が、効果的免疫賦活剤を配合することで、少量抗原量の人用鳥フルワクチン開発に成功した。このことはワクチンの大量製造を可能とし、製造ワクチンが不足する事態を回避できることを意味している。
Bird-Flu Vaccine May Be Ready by Next Year Washington Post, (米国) 人用鳥フルワクチン、来年までに準備可能
 
AP


 26日、英国企業が人用鳥フルワクチンの臨床試験で画期的結果を得て、2007年までに大量生産が可能となったことを発表した。
 国連の保健担当高官はグラクソ社の初期の結果について、興奮すべき科学的成果だ、もし今後の試験でも効果が確認されるなら、致死的パンデミックから人類を守るための大きな飛躍となる、と語っている
 米国政府の感染症対策責任者で、国立感染症アレルギー研究所長のアンソニー・ファウチ博士も、”臨床試験結果は極めて印象的だ”、と賞賛した。”このワクチン開発により、これまで我々が直面していた大量のワクチン製造という難しい問題が、一気に解決された可能性がある”。

 グラスソ社のワクチンは、ベルギーで400人の健康成人を対象にして臨床試験が行われた。そしてほとんどの対象者が、非常に低濃度の抗原(死活したウイルスから得た抗原)で強い免疫を得た。
 この成功は、先にワクチンを作製しているサノフィ-アベンティスSA社との競争を激化すると予想される。同社はこの3月に開発した実験的ワクチンで悲観的結果を得ている。すなわち90mgという非常に高濃度の抗原量のワクチンを2回接種することでも、半数でしか免疫を得ていない。
 グラクソ社のワクチンは、他社のワクチンよりも非常に少ない抗原量で、被接種者80%で強い免疫が得られている。3.8mgという少量の抗原量でも免疫が得られたグループもある。
 ”非常に強い免疫効果のあるワクチンだ”、とファウチ博士は印象を語る。
 グラクソ社のワクチンは、インドネシアで昨年分離されたH5N1ウイルスを不活化したものを抗原として用いているが、免疫賦活剤を配合することで、必要抗原量を極力少量に抑えることに成功している。接種抗原量が少ないことで、大量のワクチン製造を可能にしている。
 ”これは素晴らしく、興奮を覚える科学的成果である”、と国連の鳥インフルエンザ及びパンデミック・インフルエンザの調整官であるナバロ博士は語っている。”しかし他の得られている新知見も加えて、さらに多くの研究がパンデミック対策を確立する必要がある”。

 サノフィ社ともう一つのワクチンメーカーであるキロン社(Chiron Corp)も同様に、”アジュバント”と呼ばれる免疫賦活剤を使用して研究を続けている。しかしグラクソ社の発表した臨床試験成績は、いまだ医学雑誌に発表はされていないが、これまで発表された成績の中で最も良い。
 ”非常に意義ある結果だ”、とオランダのエラスムス大学のウイルス研究部門の責任者である、世界的ウイルス研究者のアルベルト・オステル博士も評価している。”このアジュバントを用いて、さらなる試験でも良好な結果が得られるなら、(これまでの可能とされた量の)10倍量のワクチン製造が可能になる”。

 WHOのインフルエンザワクチン・アドバイザーであるクラウス・ストー博士は、アジュバントがグラクソ社のワクチン以外でも使用できものであるならば、より意義のあることだとコメントしている。
 これまでH5N1ウイルスに対するワクチンは、世界で30社以上の企業で、20回以上の臨床試験が行われている。

 グラクソ社の臨床試験の成功は、必ずしも全ての人々を、インフルエンザ・パンデミックから守ることが出来ることを保証することにはならない。インフルエンザウイルスは短期間で変異することが可能で、人に脅威を与える株が変化することがあり得る。
 ”これらのワクチンを発注するかどうかの決定にはリスクが伴う”、とヨーロッパCDCのインフルエンザ調整官であるアンガス・ニコル博士は語る。なぜなら次のパンデミックを、どのウイルスが引き起こすか予知できないからだと説明する。
 ”パンデミック・ワクチンに投資するかどうかの決定は、国にとって非常に難しい問題だ”、と同博士は語る。

 5月に米国政府は、グラクソ社を含む5製薬会社に、パンデミックの際に迅速なワクチン製造を可能にする方法の開発のための資金を、10億ドル以上提供した。
 また米政府はアベンティス社に、鳥インフルエンザが人人感染を起こしだしたときに使用するために、備蓄用実験的ワクチンを数百万ドルで発注している。

Glaxo has birdflu 'breakthrough' Radio New Zealand (ニュージーランド) グラクソ社、画期的鳥フルワクチンを開発
 
 英国の製薬会社であるグラクソスミスクライン社は、H5N1ウイルスに対する人用ワクチンを開発し、2007年までに大量に製造可能となったことが明らかにした。

 取材したBBC放送によるとワクチンは、3.8mgという極めて少量の抗原を使用し、2回接種となる。
 グラクソ社によると、少量抗原量のワクチンの開発は画期的なことで、それにより大量のワクチンの製造が可能となったと説明されている。(他社のワクチンの十分の一以下の抗原量であり、それにより多数の人用ワクチン製造が可能となった:訳者)。
 グラクソ社は臨床検査結果の詳細については未発表である。
 同社によると、各国政府は2007年初めにはワクチン発注が可能になるという。
 ワクチンの価格は、通常の季節性インフルエンザワクチンとほぼ同価格になるもよう。

副作用は少ない

 グラクソ社によると、ワクチンの副作用は発熱を呈する人がある程度いるだけで、顕著な副作用はないとされる。
 もしこの秋早くにパンデミックが発生したとしても、グラクソ社開発ワクチンが、ライバルの他製薬会社と共同的に大量製造されることが可能となる。
 また同社は、発展途上国に対するワクチン供給に関して、ゲーツ財団と話し合っているとも発表している。
7月26日

Phichit livestock chief ousted for flu coverup Bangkok Post (タイ) フィキト県家畜担当局責任者、鳥フル隠蔽で更迭
 タイ農業大臣は、フィキト県家畜担当局責任者を、鳥インフルエンザ発生を農業省へ報告しなかった責任で、更迭したことを発表した。
Low-dose Glaxo birdflu vaccine seen ready in 2007 KPLC-TV (米国) グラクソスミスクライン社、人用低濃度の鳥フルワクチンを2007年中に発売
 グラクソスミスクライン社が開発した人用鳥インフルエンザワクチンが、臨床試験で十分な免疫効果が得られることが確認された。抗原量3.8マイクログラムで2回接種。80%以上の対象者で強い免疫効果が得られた。抗原は受精卵を用いて増殖させられる。
'Breakthrough' trial success for birdflu vaccine Times Online (英国) 英国:人用鳥フルワクチンの臨床試験が成功
 ヨーロッパ最大の製薬グループのグラクソスミスクライン社は、来年までに致死的H5N1鳥インフルエンザに対する人用ワクチンを製造できる見通しとなったことを発表した。
 同社の発表によると、18歳から60歳までの健康成人400人を対象に臨床試験を行った結果、80%以上でH5N1ウイルスに対する強い免疫が得られたとされる。
 同社は、この結果は画期的飛躍で、来年早い時期から商業ベースで治療用に用いられることが出来るだろう、と説明した。
 抗原量は従来にない低濃度で、2回接種となる。
Birdflu kills Thai youth amid new outbreaks Reuters  (国際) タイ:新規鳥フルが家禽の間で拡大、若者の感染死が確認
 17歳男性がH5N1ウイルスで死亡したことが、タイの検査機関で確認されたと、保健省高官が26日発表した。2003年末以来15人目の死者となる。
 男性は24日フィキト県で死亡した。同県では家禽における鳥フルが8ヶ月ぶりに再興したことが農業省から発表されたばかりだった。
 青年が鳥フルで死亡したことが最終的に検査で確認されたと、保健省の疫学担当責任者がロイターでの電話取材で答えた。
Americas must prepare for birdflu, UN agencies and partners urge ... UN News Centre  (国連ニュース・センター) 国連:米大陸は鳥フル対策を急ぐ必要がある
 西半球にいつH5N1ウイルスが拡大するか分からない故、米大陸では対策を急ぐ必要があると、国連のナバロ博士が全米保健機構(Pan American Health Organization)の会議で警告した。
 ウイルスは、渡り鳥、または鳥の商取引などでいつ入ってくるか分からない、と語り、今、対策を急がなければならないと語った。
WHO failing to report human-to-human transmission of H5N1 birdflu... Newstarget.com (台湾) WHOは、H5N1ウイルスの人人感染報告に消極的と、批判が高まる

 WHOの鳥インフルエンザに関する発表は、公平さに欠けていると非難が高まっている。WHOが一般社会のパニックを恐れて、真実を発表をしていないとの批判である。
 今年、アジア、トルコ、そしてイラクで鳥インフルエンザの集団発生が見られたにも関わらず、そこで人人感染が起きた可能性があることを、WHOは簡単に否定した。人人感染がいつ発生するか懸念されているにも関わらず。

 5月に発生したインドネシアの北スマトラでの家族内集団発生は、一般に隠すことが出来なかった事例であるが、その事例が知れ渡った後、WHOの報道官であるマリア・チェングは、これまで数例の人人感染事例があった(可能性がある)ことを、初めて発表した。それまでWHOはそれらの集団発生事例は、同一の動物感染源に人々が一度に暴露したため発生したという見解を、維持し続けてきた。しかしながら、WHOの結論が正しいか否か調査することは、他のどの機関も許されなかった。(分離ウイルスの遺伝子分析など:訳者)。
 
 (インドネシアにおける家族内集団発生の調査結果を発表した会議で)WHOは、人人感染が起きたとしても、それは非常に制限された仕方で起きたものである、と説明し、ウイルスは感染集団から外部に拡大する心配はないと研究者達に説明した。またH5N1ウイルスが、人から人へ感染することが出来る科学的根拠が提示された。
 WHOが科学者達に説明した会議で、ウイルスの遺伝子情報が外部にリークされ、ウイルス研究者であるH・L・ナイマン博士がWHOが重要な事実を発表していないことを明らかにした。すなわちWHOが発表した以上に、多くのウイルス変異が生じていたとされる。
 いくつかの国は、WHOに彼等が保有するウイルスの遺伝子情報を発表することを許可していない。それらのウイルス遺伝子情報は今後世界的にワクチンが作成されていく中で重要な情報となるからである。
 
Top health official: High chance Phichit teen died of H5N1 Bangkok Post (タイ) タイ保健省高官:死亡した少年はH5N1ウイルス感染の可能性が高い

 北部のフィキト県で、肺感染症およびインフルエンザ様症状で24日に死亡した17歳少年は、多分H5N1ウイルス感染で死亡したと考えられると、保健省の高官が昨日語った。
 ”この男性が鳥インフルエンザで死亡した可能性は高い”、と高官は話し、さらに医師団は検査のための患者からの組織サンプルを変性させてしまったため、ウイルス検査が出来なかったことも説明した。
 高官の説明によると、青年はフィキト県のタプ・クーロ(Thap Khlo)地区に住んでいて、高熱を呈して18日に入院した。そして彼の状態は急速に悪化した。
 青年は彼の村で、原因不明で死亡した家禽20羽を埋葬処理した後発病した。
 死後解剖の所見は本日発表されるだろうと、高官は語った。

 この発表は、昨日農業省がフィキト県バン・ムン・ナク地区で、同国として8ヶ月ぶりにH5N1鳥インフルエンザが確認された、と発表したことを受けて行われたようだ。
 
 FAOは昨日タイ政府に、鳥インフルエンザの再興に関して詳細な調査を行うと共に、フィキト県からウイルスが拡大している可能性についても、迅速に調査するよう、求めた。
 国連組織も同様に、鳥インフルエンザの早期発見と、迅速で透明性ある国際社会への情報公開が、ウイルスの拡大を防止するために必要であると強調した。

 一方、医科学局(Department of Medical Sciences)は、Phichit, Uttaradit, Phitsanulok, およびPhetchabun県で発生した5人の鳥インフルエンザ疑い患者は、全てウイルス検査で陰性であったと昨日発表した。責任者はフィキト県の12歳少女を含む、これら5人は人インフルエンザに罹患していただけだと説明した。 
7月25日


China recommends Margaret Chan to head World Health body ABC Asia Pacific (オーストラリア) 中国、次期のWHO事務総長にマーガレット・チャンを推薦
 中国は5月22日に先の事務総長が死亡したことを受けて、次期のWHO事務総長に香港出身のマーガレット・チャンを推薦する。中国外交部の報道官が発表したことを、新華社が報道した。
 マーガレット・チャンは現在WHOの事務総長代理を務めている。
 彼女は、1994年から2003年まで香港保健省長官を務め、1997年に世界初の人でのH5N1鳥インフルエンザが香港市内で発生した際、またSARSが発生した際に、迅速な対応を示したことで知られる。
 新事務総長は9月9日に、加盟192カ国により選挙で決められる。
Thailand faces renewed avian flu fight CIDRAP, (ミネソタ大学、感染症研究&対策センター:米国) タイ、鳥フルが再興--人での感染拡大の可能性
 タイで8ヶ月ぶりにH5N1鳥フルが再興し、インフルエンザ様症状を呈する多数の患者が、家禽で鳥フルが流行している地域に発生している。同国の複数のメディアが報じた。
 タイ農業省は、北部のフィキト県から運ばれた闘鶏からウイルスが検出されたと発表したことが、本日のバンコク・ポストで報じられた(下方で同情報を全訳済み)。
 …

Thailand is facing its first outbreak of H5N1 avian influenza in birds in 8 months, along with flu-like illnesses in a number of people in areas with sick birds, according to news services.

Thai agriculture officials said the virus was identified in a fighting cock from the northern province of Phichit, the Bangkok Post reported in a story published late today. The dead bird was from Bang Mun Nak district, where almost 300 birds were culled after the mysterious deaths of about 30 poultry 2 weeks ago, the story said.

The confirmation came shortly after poultry farmers and a senator accused the agriculture ministry of covering up the re-emergence of the disease following "massive deaths of poultry in many provinces" starting early in July, the newspaper reported.

Earlier today, the Thai newspaper The Nation said Agriculture Minister Sudarat Keyuraphan confirmed that 20 samples of dead fighting birds from Phichit had tested positive for avian flu, according to a report today by The Nation. Agence France-Press (AFP) quoted him as saying the virus was an H5 strain, but it was not yet known if it was H5N1.

Sudarat said the virus was detected in imported chickens, and he announced a ban on poultry imports, The Nation reported. To contain the outbreak, he said, officials have imposed quarantine near where the birds died and have prohibited the transport of birds.

Two other provinces, Phitsanulok and Uttaradit, also are reporting suspicious poultry deaths, The Nation said.

Meanwhile, a number of suspected human cases of avian flu have been reported. A United Press International report published 2 days ago said local news media were reporting that two sisters, aged 3 and 4, were in a Phichit hospital with suspected avian flu and that lab results were expected by July 27.

Today The Nation reported that three other patients were hospitalized in Phichit: two men, aged 59 and 86, and a 7-year-old boy. All three were reported to have had contact with dead chickens. Also, a Reuters report said an 11-year-old girl with flu-like symptoms was being treated in a Phichit hospital after chickens died on her family's farm.

In addition, a report yesterday in The Nation said two men, aged 67 and 35, were hospitalized in Uttaradit Provincial Hospital with avian flu–like symptoms that developed after they ate spotted doves. The report said blood samples were taken for testing at a nearby laboratory.

Fifteen other patients, two of them from Phichit, had been on a watch list for suspected avian influenza but were removed after tests came back negative, The Nation reported today. But the disease has not been ruled out in a 5-year-old boy from Phitsanulok, and Uttaradit province has three patients with flu-like symptoms, the story said.

Thailand has not had a confirmed human H5N1 case since last December. According to the World Health Organization (WHO), the country had 17 human cases with 12 deaths in 2004. Five more cases, two of them fatal, occurred in 2005.

Sudarat, the Thai agriculture minister, had said on Jul 6 that he hoped the country would be entirely free of avian flu within 3 years. At that point there had been no outbreaks in 239 days, he said.

In Indonesia, the lone survivor of the family cluster of H5N1 cases in North Sumatra left the hospital last week, according to an Associated Press report. The patient, 24-year-old Jones Ginting, had been hospitalized since May when he and seven other family members fell ill after a family gathering.

Ginting told the AP that he couldn't remember much of his battle with the illness. He said he was afraid to go to the hospital because that was where his relatives died. During his hospital stay, he said, he constantly struggled to breathe, experienced pounding pain in his head and hips, and was exhausted by 2-hour coughing fits. Later, he developed a stiff neck and headaches, and his doctors discovered that he had brain abscesses.

Ginting must return to the hospital for weekly checkups. He said he looks forward to living a healthy lifestyle, but will not avoid eating chicken. "I'm not afraid of chicken. I don't know why," he said.


Hotels lined up to be flu quarantine stations Stuff.co.nz (ニュージーランド) パンデミックの際は、ホテルも隔離施設として考慮
 パンデミックの際、国際便で到着した海外旅行客の中で、感染危険地域から来た人々をしばらく隔離するための施設として、ホテルが適当であるという計画が浮上している。パンデミック対策責任者が明らかにした。
 隔離期間は潜伏期間の2倍の期間であるが、通常のインフルエンザの潜伏期間を適用するならば48時間となり、隔離期間は4日間となる。
 当局が連携するホテル名は明らかにされていないが、国際空港のある7都市のホテルとモーテルが考えられている。
H5N1 virus outbreak confirmed in Phichit Bangkok Post (タイ) タイでH5N1鳥フル流行が確認
 タイのフィキト県でH5N1ウイルスによる鳥フルが発生していることが確認されたと、タイ農業省は発表した。保健省は数人の感染疑い患者の検査を行っているが、結果は保留されている。

 8ヶ月間鳥フル発生がなかったタイで、昨日農業省が北部のフィキト県でH5N1ウイルス感染が確認されたと発表した。
 発表は家禽農場経営者達と辞任予定の上院議員が、今月初めから国内の多くの県で、鳥フルによる家禽の死が発生しているにも関わらず、農業省は事実を隠蔽していると抗議した直後に行われた。
 農業省は繰り返し鳥フルが再興していることを否定していたが、昨日、突然発生を認めた。

 農業省の発表によると、Bang Mun Nak地域から運ばれてきた闘鶏で、H5N1鳥フルウイルスが家畜振興局(The Livestock Development Department)の研究所で検出されたという。Bang Mun Nak地域では2週間前に多くの闘鶏と放し飼いの鶏で原因不明の死が発生していた。
 しかし農業大臣は、かって流行していた地域での再興はそれほど心配なことではなく、もし鳥フルが発生したことのない地域(bird flu-free zone)で確認されたなら、それはより警戒すべきことだろう、と今回の鳥フルウイルスの検出に関して、それほどの心配する必要はないと語った。(フィキト県は発生危険地域に指定されていた。)

 辞任予定のNirun Phitakwatchara上院議員は、家禽の輸出にダメージを与える恐れから、鳥フル発生を隠していると農業省を非難し、農業大臣に鳥フル監視態勢の誤りと、鳥フル発生の確認の遅れの責任をとるように求めた。
 同議員は、地方の家畜当局者から1週間以上も前からH5N1ウイルスが検出されているにも関わらず、農業省はその事実を隠していると相談されていたと、発表した。
 ”農業省は再び、輸出による利益を国民の命よりも優先した”、と同議員は、2004年早々に起きた鳥フル発生時の農業省による隠蔽工作を引き合いに出した。

 家畜振興局疾病対策部長官のNirundorn Aungtragoolsuk長官は、検査結果は前日遅くに判明し、当局は速やかに結果を発表していると主張した。
 また同長官は感染地域の家禽は全て22日に殺処分されているから、感染の拡大は心配ないと説明した。
 同局は、家禽の移送禁止等、感染地域の対策を強化したことも発表した。
 農業省はタイにおける鳥フルの発生をOIEと主要な輸入国に通知した。l

 一方保健省は、フィキト県の11歳少年が鳥フル感染疑いのリストに載ったと発表した。少年の検体は検査のために研究所へ送られた。
 他に7人の疑い患者がいるが検査結果は保留されている。

 
7月24日


Bird deaths 'will be avian flu' Nation Multimedia (タイ) タイ、多くの鳥の死亡は鳥フルの可能性

 多くの地域で家禽の死が観察されている中、指導的ウイルス学者のプラサート・トングチャローン教授は、家畜当局者達による死亡した鳥の、”鳥フル”検査結果の信憑性に疑念を呈している。
 ”私の経験から言うと、彼等が否定する場合は、それは肯定であり、現在の鳥の死亡は、鳥フルによると考えられる”、と教授はThe Nationの電話取材に答えた。多くの家禽が死亡した県の1つである、フィトサヌロク( Phitsanulok)の視察から戻った直後だった。
 ”10中8の確率で鳥フルが原因で家禽が死んでいる”。
 プラサート教授は、先に、彼が微生物学教授として働いているシリラジ病院(Siriraj Hospital)に入院した患者が鳥フルで死亡したとメディアに発表し、国内には鳥フルウイルスは存在していないとする政府と対立した。政府はその後、当該患者が国として初めての鳥フル患者であったことを認めた。
 ”彼等は検体を調べ、単純にウイルスを検出できなかっただけなのかも知れない。でも事態は明白だ”。
 保健省の何人かの疫学担当者達は、彼等の顧問でもある同教授に、家禽の死亡が報告されている地域での調査を行うことに対して、圧力がかけられていると訴えている。
 保健省は鳥のウイルス検査を行う立場には無いため、彼等が行うことが出来るのは、感染した可能性のある人々のスクリーニングだけだ、と同教授は語る。
 一方、人の感染疑い者の検査を行う医科学局の責任者であるパイジ・ワラチト博士は、行った19人ではH5N1ウイルスは陰性で、8人でH1N1ウイルスを検出したと発表している。
同博士によると、毎日10~20の検体が送られてくるが、現在まで鳥フルウイルスは全て陰性であるとされる。
 同局はフィキト県に移動検査ユニットを発送する必要性があるかも知れない。同県では最も多くの検体が出ている。

 当記事は21日付である。

Thai dove-eaters hospitalized with bird-flu symptoms Monsters and Critics.com (英国) タイ、鳩を食べた2人、鳥フル疑いで入院
 タイのウットラディト県で、狩猟で得た野鳥を料理して食べた後に鳥フル様症状を示した男性2人が入院した。同県は、国が指定した鳥フル発生危険地帯とされる7県の1つである。当局が23日に報告した。
 ウットラディトの医療担当責任者によると、この67歳男性と義理の息子が鳥フルに感染しているかどうか、2人の検体がさらに調べられていると語った。
 最後に報告された人の感染者は、昨年10月発症の7歳少年であるが、少年は回復している。
Suspected bird-flu cases in Phichit Nation Multimedia, (タイ) タイ:フィキト県で鳥フル疑い患者が発生
 59歳と86歳男性、および7歳の少年がインフルエンザ様症状でフィキト県立病院へ入院、そして隔離された。3人とも死亡した鶏と接触したと言われる。
 鳥フルウイルスに関する検査結果は保留されていて、医師団は患者を面会謝絶としている。
 家畜保健担当者達は、原因不明の鶏の死亡が観察されている感染地帯を消毒している。
 また当局では死亡した鶏を料理しないように警告している。
 心配な層として、外国人労働者が上げられており、彼等が死亡した鶏を食べる危険性が最も高いと言われる。
 北部と中央の多くの県で家禽が多く死亡しているにも関わらず、タイ家畜省では鳥フルは発生していないと主張している。

Russia Will Have Vaccine against BirdFlu till 10th September Focus News (ブルガリア) ロシア、9月10日までに人用鳥フルワクチンを完成予定と
 ロシア保健省大臣がテレビのインタビューで、人用鳥フルワクチンの臨床試験を9月10日までに終了し、全ての国民が最後の頼みと期待するワクチンを、量産する予定と語った。
Lone Indonesia BirdFlu Survivor Goes Home The Times and Democrat, (米国) インドネシア、唯一の生存者、家庭へ
 北スマトラの家族内鳥フル発生で、唯一生き残った青年が退院して家庭へ戻った。
7月23日

Human birdflu cases suspected in Thai North People's Daily Online (中国) 北部タイで人鳥フル感染疑い事例発生
 タイのウッタラディト県で2人の男性が鳥フルを発症した疑いが持たれている。
 67歳男性と義理の息子で、インフルエンザ様症状を呈したため、ウットラディヒト県立病院に入院した。2人とも種類が不明な野鳥と接触したが、67歳男性が撃ち落とし、2人で料理して食べたという。その後インフルエンザ様症状を呈した模様。検査結果には数日かかるとされる。
China Reports New BirdFlu Outbreak Voice of America  (米国) 中国で新規鳥フル発生
 中国国営通信の新華社は、中国北西部で3000羽以上の鶏が鳥フルで死亡したことを発表した。
 農業部によると7月14日に新疆のアクツ市で見つかった鳥フルは現在コントロールされていると語り、人での感染者はいないとされる。
 22日の報告では、致死的H5N1ウイルスは3045羽の鶏を殺し、35万7000羽近い鶏が緊急対策として殺処分された。
 新華社によると、地域の農業部は感染地域を閉鎖したようだ。
 中国政府による最新の鳥フル発生地域は、今月初めの寧夏回族自治区であった。
 これまで40近いH5N1ウイルスの感染事例が鳥類で報告されている。
  この情報は21日に既にForbesで報道されている。
Avian influenza suspected after two dine on doves Nation Multimedia, (タイ) タイ:鳩を料理後鳥フル発症の疑い
 タイの鳥フル危険地域とされる7県の一つであるウッタラディト(Uttaradit)で、67歳の男性と義理の35歳の息子
が鳥フル疑いで、ウッタラディト県立病院へ入院したと地域の保健担当者が22日、発表した。

 2名の血液サンプルは、Pitsanulokの北部医科学センターに運ばれ調べられているが、結果が出るまでには2,3日要すると言われる。
 同県の家畜担当局の責任者によると、多くの地域で家禽の死亡が見られるが、H5N1ウイルスの検出は確認されていないとされる。
 7つの県がレッド・ゾーンとされているが、政府の家畜局長の話では、どの地域でもウイルスは検出されていないと言う。
 ”レッド・ゾーンは、感染地域となるい可能性の高い地域を示しているだけで、すでに感染している地域を示しているわけではない”、同局長は説明する。
 ウッタラディヒト(Uttaradit)以外のレッド・ゾーンとされた県には、 Sukhothai, Pichit, Pitsanulok, Suphanburi, Nakhon Pathom および Kanchanaburi.が入る。
 同国が初めて2004年の1月~5月の間に鳥フルが発生したとき、レッド・ゾーンは、ウイルス感染が発生した地域を表した。
 当局のレッド・ゾーンの定義は、現場の医療関係者の間で混乱を招いている。ドクターの中にはレッド・ゾーンをウイルス感染地域と考えている者も多い。
 21日、シリアジ病院のウイルス学者であるプラサート・トングカロエン教授は、当局者の情報の信憑性について表現した。
 ”家畜当局者が否定する場合は、大抵肯定を意味する”、と語った。
7月22日


A major hazard on Jakarta's hands Bangkok Post (タイ) 大きな危険がインドネシア政府の責任下に
 鳥フルが拡大しているインドネシアの国情。中央政府の力が地方行政の場に及ばないことが重大な原因と。家禽での発生が続く限り、人での発病者が後を絶たない。それは極めて深刻な事態であると、WHOのコメント。
EU agency backs first avian flu vaccines for birds Reuters AlertNet, (英国) EU委員会、家禽に対する鳥フルワクチンの使用を初めて認める
 EU委員会は、家禽に対する2種類のワクチンの使用を初めて認めた。European Medicines Agency(欧州医薬品庁)が21日発表した。
 この決定は、本年秋から冬にかけての鶏やアヒルにおける鳥フル感染危険季節に、ワクチンを接種することで、鳥フル感染を予防することが可能であることを意味している。2種類のワクチンは家禽の致死率を下げ、感染した際のウイルス排出量を減じるとされる。
 使用は国が指定した当局が行い、毎年使用結果の評価を行うことが義務づけられる。
Seasonal colds raise birdflu fears IHT ThaiDay (タイ) 季節的インフルエンザの増加、鳥フル脅威に
 タイ保健省では今月に入ってから、日に20件の鳥フル疑い患者の検査をしている。数は6月の5倍に上る。雨期に入ったタイはインフルエンザシーズンを迎えていることから、多くのインフルエンザ発症(H1亜型株)患者の痰が、検体として地方から送られてきている。(ヨーロッパや北米では冬期間がインフルエンザシーズンであるが、タイでは雨期がインフルエンザシーズンとなる)。

  最近数百羽の家禽の死亡が報告され、インフルエンザ様症状を訴える人々が出てきているタイの中央地域では、鳥フルに対する警戒態勢がとられている。
 しかしこれらの地域の多くの人々は、病的になったり死亡した家禽の報告をしない、と農業大臣は昨日語った。
 1週間前に農業省は中央地域をハイリスク地域と分類して、地域の人々が十分教育されているか、また発生を報告しているか、調査に乗りだした。
 農業省は、保健担当者達と協同して、地域の農家が農業省の指示に従って対策を講じるように教育する予定という。

 今週初めに2人の少女が、フィキト県立病院(Phichit Provincial Hospital )へ高熱と咳の症状で、鳥フルを疑われて入院した。少女達は19日隔離されたが、21日解放された。このような高熱で倒れる人々が多いが、それらの症状は必ずしも鳥フルとは関係がない、とWHOのタイ事務所の医師は語る。
 タイ農業省の報道官の話では、これまで行われた危険地域での検査では、鳥フルに感染している家禽は見つかっていないという。しかしインフルエンザ様症状を呈した人々の数が多く報告されているのは、医師達が政府の通達に従い報告義務を遵守しているせいと説明される。
Gaps in birdflu plan leave US vulnerable: senators Washington Post, 米上院議員が警告鳥フル対策計画の不備は、鳥フル拡大の危険性に
 6人の2党所属の上院議員達が農業省長官に書簡を送り、鳥フル対策の不備について警告した。
 鳥フル監視態勢について十分な対策を立てることと、各州に対して対策を立てるように言うのではなく、具体的対策を示すように書簡で警告している。いまだ何ら対策を立てることが出来ていない州があることを指摘している。
 (In order to better protect public health, they said, the department should provide states with a protocol for developing their own avian influenza response plan, rather than leaving that to the individual states.)
Senators Slam Voluntary BirdFlu Testing Newsday (米国) 米国上院議員達、農業省の鳥フル検査体制を批判
 上院民主党の議員達が、商業用家禽農場に対する鳥フル検査体制の不備について、農業省長官に書簡で抗議した。
Bulgaria's first cases of birdflu in poultry not H5N1 TODAYonline (シンガポール) ブルガリアの初の鳥フルはH5N1ではない可能性

 ブルガリアで初めて見つかった家禽における鳥フルは、致死的H5またはH7亜型株ではないと、首都ソフィアで行われた検査結果から当局が発表した。
 しかしながら、農業大臣は英国のウエブリッジのEU関連研究所で、さらに詳細な検査を行っていると語った。結果がでるまでさらに10日ほど要するようだ。

7月21日


China kills 400,000 chickens to control fresh birdflu outbreak Forbes (国際) 中国、鳥フル拡大防止に40万羽の鶏を殺処分
 新疆ウィグル自治区で14日3045羽の鶏が鳥フルで死亡し、40万羽近い鶏が殺処分されたことが、中国当局から発表された。
 発生はコントロールされたと伝えられたが、住民に関しては言及しなかった。
 この流行は昨年の10月以来37番目となる。
ROUNDUP: Singapore Conducts Massive Flu Pandemic Drill Playfuls.com, (ルーマニア) シンガポールで大規模鳥フル対策模擬訓練
 シンガポールで鳥フル・パンデミックを想定して大規模訓練が行われている。21日と22日の両日、国内の病院、診療所、学校、高齢者施設、空港、マレーシアとの国境管理事務所などで、1000人以上の保健専門家と公務員が参加している。
 生徒は体温計を学校に持参し、病院職員は感染予防衣を身に着けて訓練が始まっている。
 シンガポール政府の推定では、パンデミック発生により人口420万人のうち25%近くが発病し、その1.5%、または1万5000人が死亡するとされる。
 詳細は以下の原文で。
Students brought thermometers to school and hospital staff donned full protective gear Friday as Singapore kicked off a two-day simulated flu pandemic to test its ability to cope.

More than 1,000 health workers and public servants were participating in "Exercise Sparrowhawk," in addition to 500 volunteer patients.

The large-scale exercise involved 19 locations including Changi Airport, a ferry terminal, border crossing to Malaysia, schools, hospitals, polyclinics, private clinics and a nursing home.

Pasir Ris Polyclinic set up a tent outside as a waiting area for the hordes of "flu patients" who inundated the facility.

Staff at a primary and secondary school checked the temperatures of their students and carried out "contact tracing" to determine who they had been near.

Some 1,500 general practitioners (GPs) who run clinics across the city-state set aside a room to isolate the so-called patients from non-flu ones and a number to call to send the seriously ill to Tan Tock Seng Hospital.

"GPs learned a lot from SARs," said Dr Michael Tan, referring the the severe acute respiratory syndrome that hit Asia hard in 2003.

"During SARS most of us were caught unprepared," he noted. "At one point there wasn't even enough N95 masks to go around. This time most of us GPs are prepared for a flu pandemic."

Although the city-state has not recorded a single case of bird flu, health authorities were taking no chances.

People visiting the National University and Singapore General Hospital streamed past thermal scanners and received surgical masks to wear in wards. Both facilities posted signs informing visitors of the drill and handed out letters to confined patients.

Staff were dressed in full personal protective gear including N95 masks, gowns and gloves.


The exercise came one day after Indonesia confirmed its bird-flu death toll hit 42. The toll now equals that of Vietnam, although Vietnam has had no deaths this year.

Other Asian countries have been hit as well, but with fewer fatal cases reported.

Moving "sick" volunteers at Singapore's three border checkpoints on board a plane, a ferry and a tour bus to Tan Tock Seng Hospital was part of the drill.

The alert level on Friday simulated "orange," the colour indicated a cluster of bird flu cases has been detected. On Saturday, officials planned to raise it to red, indicating a full-fledged pandemic.

The drills "will test and fine-tune" the Flu Pandemic Readiness and Response plan at various levels, said the Ministry of Health. They will determine how well border authorities, health institutions and schools can cope with patients in a pandemic.

"Exercises like this inject a degree of realism and help us better prepare," said Professor K. Satku, the health ministry's director of medical services.

Health experts fear that the H5N1 strain of bird flu could mutate into a form that is transmitted more easily between humans. So far, most of the approximately 130 people who have died since late 2003 were exposed to the virus through close contact with sick or dead birds.

The ministry has stockpiled doses of Tamiflu, considered the frontline drug against a potential pandemic. Households have been mailed information detailing symptoms of the disease.

Up to 25 per cent of Singapore's population of 4.2 million people could be infected in a flu pandemic, according to the ministry. Up to 1.5 per cent, or 15,000, could die.

An exercise in May and June which involved drills at public hospitals and a few private ones revealed that not all health-care workers were able to implement infection control measures as soon as a suspected patient was brought in, the ministry said.   
   


BULGARIA TAKES ALL MEASURES TO PREVENT BIRDFLU SPREAD- KABIL Sofia Echo  (ブルガリア) ブルガリア政府、鳥フル拡大阻止に懸命な対策

 ブルガリア農業省大臣は、家禽における鳥フルの拡大を抑えるための、あらゆる対策を行っていると語った。
 7月20日、ブルガリアは家禽における初めての鳥フル発生を報告した。首相、災害担当大臣、保健省大臣はすぐに事態の重要性に注目したと、農業省大臣は語っている。
 予防的対策の一つとして、発生した村の家禽の全殺処分を行っている。
 農業省の指示で、専門家達は発生した村から3キロ以内での家禽における鳥フル発生の監視を行っている。

.


Nursing home does it with role-playing Electric New Paper (シンガポール) 高齢者施設で鳥フル対策模擬訓練:ロールプレイング実習

訓練で閉鎖された廊下

 シナリオ1:鳥フルパンデミックの際に、施設内で発熱者が発生
 シナリオ2:全ての病院は患者で満床。施設は患者が発生したとしても病院には頼れない。この条件下でどのように施設では対処するか。
Man's death puts Indonesia'sbirdflu toll at 42 ABC Online (オーストラリア) インドネシアの死亡男性、同国の鳥フル死者数を42人に
WHO confirms Indonesia’s 42nd birdflu death Mumbai Mirror (インド) WHO、インドネシアで42番目の鳥フル死者を確認
Bulgaria gets its first case of bird flu in poultry  Yahoo News  (国際) ブルガリアで初の家禽における鳥フル確認
 ソフィアの研究所で鳥フルウイルスが確認。しかし正確な株までは分析されていない。英国のWHO関連研究所に検体が送られた。
Bulgaria finds avian flu in domestic birds Reuters AlertNet, (英国) ブルガリアの家禽で鳥フルが確認
 ブルガリアの南部、トルコ国境沿いの村で鳥フル発生が家禽の間で確認された。当局では株については不明としているが、H5N1ウイルスを推定して対策を開始している。


BirdFlu Confirmed in Bulgarian Farms Mediafax (ルーマニア) ブルガリアの農場で鳥フル発生が確認
 
ブルガリア当局は20日、国内で家禽の間で初の鳥フルが発生したことを報告した。H5N1ウイルス株か否かについては不明。
7月20日

42nd Indonesian BirdFlu Death Confirmed CBS News (国際) インドネシアの42番目の鳥フル死者、WHOで確認
 インドネシアは先週死亡した44歳男性がH5N1鳥フルで死亡したことが、WHOの検査機関である香港の研究所から正式に連絡を受けた。これでインドネシアでの鳥フル死者数は、はベトナムと並んで世界で最多の42人となった。
中国国産のタミフル、8月に販売開始 エクスプロア中国
 ロッシュ社からライセンスの供与を受け、中国国内限定で販売が許可された中国国産の鳥インフルエンザ治療薬の一つであるタミフルが、8月3日より中国で発売が開始される。 
 製造を担当するのは上海医薬集団(上薬集団)で、8月3日の第41回全国新特薬品交易会で正式に発売開始を宣告する。 
 値段は、ロッシュ社のタミフル(中国では10粒で298元、4300円ほど)の半分に抑えられる見込みだが、最終的な価格についてはまだ正式な発表はない。 
  また、具体的な販売経路についても、上薬集団は機密扱いとなっているが、中国政府がまとめて購入する可能性が高い。
インドネシア、鳥インフル感染死者が世界最多の42人に 日本経済新聞 
 インドネシア保健省と世界保健機関(WHO)は20日、H5N1型の鳥インフルエンザによるインドネシアでの感染死者が42人となり、世界最多のベトナムに並んだことを明らかにした。ベトナムやタイでは感染が沈静化しているが、インドネシアでは急拡大している。人から人への感染例も報告されており、WHOは警戒を呼び掛けている。
 WHOは12日にジャカルタ郊外で死亡した男性(44)が鳥インフルエンザ感染だったことを確認した。男性は死んだ鶏と接触していたという。国連食糧農業機関(FAO)は今月中旬にインドネシアでは感染力が強いウイルスができている恐れがあり、「最も警戒すべき地域」と警告したが、インドネシア政府は深刻な財政難から感染防止対策が遅れている。
States unprepared for birdflu, govs say Political Gateway (米国) 州は十分鳥フル対策が成されていない
 米国知事協議会の報告書。
 パンデミックの際には、州は連邦政府、または他州からの応援を求めることは出来ない。まだ対策を講じる時間的余裕はある。
Vaccination key to controlling birdflu - report Reuters AlertNet, (英国) 英国:家禽殺処分は時代遅れ、ワクチンが鳥フルコントロールの鍵
 英国の「自然飼育研究センター(organic research centre)の報告によると、英国の政策として鳥フル拡大防止の為には、家禽の殺処分よりも、ワクチン接種の方が妥当であるとされる。
 ”バイオセキュリティーが戦略的には基本であるが、殺処分という方法は英国の政策としては時代遅れだ”、とElm Farm Research Centreが見解を報告した。
New Review of Studies Says Tamiflu-Type Drugs Do Not Prevent ... Infection Control Today (米国) 調査研究:タミフルはインフルエンザを予防せず
 症状の改善は認めるが予防効果はなしと。「コックラン共同計画」における、多数の評価可能研究のレビュー結果報告。
 明確な効果はないことから、インフルエンザ対策において付加的には使用できるが、規則的使用には反対。
 鳥フルに対する効果は分かっていない。
India hopes to declare ‘ birdflu free’ status soon India eNews.com, (インド) インド、間もなく鳥フル撲滅宣言の予定
 直近3ヶ月間、新規の鳥フルが発生していないことから、鳥フル撲滅宣言が出される可能性が高まった。
7月19日


Two more suspected birdflu cases in Phichit Thai News Agency MCOT, (タイ) タイ:フィヒト省で鳥フル疑いで2名入院
 タイ北部のフィヒト省(Phichit)で若い姉妹が鳥フル様症状で今週入院したことが、地域の保健当局から発表された。
 姉妹は3歳と4歳で、血液が検査のために研究所に送られ、20日に結果が出るという。姉妹の症状は高熱と咳で、Ta Pan Hin District Hospital からPhichit Provincial Hospital に送られた。
 姉妹の住む村で多くの家禽が原因不明の病気にかかり、多くが死んでいるという。
Tamiflu-Type Drugs Do Not Prevent Spread of Seasonal Flu Health Behavior News Service (国際) タミフル系統抗インフルエンザ薬は、季節的インフルエンザの拡大防止には無効
 一般的に使われている抗インフルエンザ薬のニューラミニダーゼ阻害薬(タミフル等:NIs)は、インフルエンザ感染予防効果はないとする、研究結果が出された。
 研究者達は、これらの抗インフルエンザ薬がパンデミック・インフルエンザ、または鳥インフルエンザに効果があるかどうかは不明であると、強調している。
 ”非常に効果が低い故、ニューラミニダーゼ阻害薬は季節性のインフルエンザ対策に用いるべきではない”、と研究者達は報告書で述べている。”今回の研究で、これら薬剤は症状の発現や改善、合併症治療には効果的であるが、感染予防効果は認められない”。(致死率や合併症発生率の改善については明確ではない:訳者)。

 著者等は、これまで発表された感染予防効果に関する4つの論文、治療に関する13の論文等を分析し、The Cochrane Libraryに報告書を載せた。The Cochrane Libraryは、医学研究を評価する国際的機関である(コックラン共同計画)The Cochrane Collaborationが発行するレビュー集であるが、そこでは根拠ある結論が、正しい研究方法で得られているか否かについて審査されている。日本での事務局
 このレビューでは、研究における参加者の年齢が少なくとも4分の3以上は、60歳以下である研究を対象に選んだ。60歳以上だと薬の副作用が増加するからである。
 レビュー結果をみると、NIs(抗ニューラミニダーゼ阻害薬)は、インフルエンザの予防には効果がなかった。症状緩和に対しては、タミフルの1日75mg投与で61%に効果、150mgで73%に効果、吸入薬のリレンザでは毎日10mgの使用で62%で効果を認めている。タミフル1日150mg使用で下気道での合併症を防止する効果は認められている。
 副作用としては、タミフルは悪心、嘔吐でリレンザは下痢が上げられた。
 明確な(予防)効果はないことから、著者等はインフルエンザ対策においてNIsは付加的には使用できるが、規則的使用は推奨出来ないと述べている。感染予防のための個人的衛生管理等無しに、単独でこれらの薬剤の使用はされるべきでない、とも語っている。

 また鳥フルに対する効果は分かっていない、と著者等は強調している。
 著者等は、米国およびWHOが、パンデミック・インフルエンザの拡大防止に有用であるとする見解にはコメントしていない。それらの計画に目を通していないから、というのが理由とされる。
インドネシア 鳥インフルエンザ感染増加 42人死亡、世界最悪に 北海道新聞 
 インドネシアで鳥インフルエンザによる感染死が続出し、十八日までに四十二人に達した。アジアの近隣諸国では感染が下火になる中、同国だけが突出して犠牲者を増やし続け、死者数世界一位のベトナムに並んだ。財政難で鶏の一括処分が進まないことが問題解決を遅らせている。
 インドネシア保健省は十八日までに、ジャカルタの病院で十二日に死亡した男性(44)が鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」に感染していたことを明らかにした。世界保健機関(WHO)が最終確認すれば、四十二人目の死者になる。
 うち三十一人は今年に入ってからの犠牲者で、国連食糧農業機関(FAO)は、インドネシアを「鳥インフルエンザ感染で最も警戒すべき地域」と位置づけている。
 同国では鳥インフルエンザ対策として、今後三年間で九億ドル(約千三十億円)の予算が必要としているが、本年度に確保できたのは六千万ドル(約六十九億円)だけ。養鶏農家への補償金が不足しており、汚染地域の鶏の一括処分は一向に進まない。
 近隣のベトナムやタイでは対照的に、徹底した鶏の処分やワクチン接種などの予防策で感染を封じ込め、今年は死者を出していない。
 インドネシア政府は「国際社会から、もう少し支援が欲しい」(保健省幹部)と窮状を訴えている。
Novartis Plans First US Cell-Based Flu Shot Plant (Update2) Bloomberg  (国際) ノバルティス社、細胞培養によるインフルエンザワクチン製造工場を米国に設立計画
 スイスに本社を置くヨーロッパ大手三番手の製薬会社であるノバルティス社は、2億2000万ドルの助成金を米国政府から受けて、6億ドルの予算で、ノースカロライナ州ホリースプリングに細胞培養法を用いてワクチンを製造する工場を設立すると発表。
 受精卵を使用する従来法に比較して、製造量が飛躍的に増加するとともに、製造期間が数週間は早くなる。
 2011年までに、季節性インフルエンザ(従来型の)に対するワクチンを(年間)5000万人分、パンデミック・インフルエンザ用ワクチンを1億5000万人分製造する計画になっている。
 また同社はヨーロッパ市場向けにドイツのマールブルグにも、同様の細胞培養法を用いたワクチン製造工場を造っていて、2007年第二上四半期に完成する予定になっている。
Governors produce state birdflu guides Sacramento Bee, (米国) 州知事、鳥フル対策ガイドを作成
 もし最悪の鳥フル・パンデミック被害を避けるとしたなら、州は今、対策のためのネットワーク、公共と個人との間の連携関係作り、そして対策のためのトレーニングが必要であると、知事協議会発行の報告書は語っている。
Get powers ready for birdflu, US governors told Reuters AlertNet (英国) 州知事:鳥フル対策のための法的権限の強化を

 米国知事協議会(National Governor's Association)から18日発行された文書で、知事は鳥フル対策のための法的権限を強化すべきであると書かれている。
 パンデミック時の学校閉鎖等の公共的対策に対する法的権限を、保有していることを確認すべきとされる。さらにパンデミックがもたらす公共的被害を明確に州民に伝え、どのような対策が成されているかを明らかにする必要がある、とされる。また州の法律を分析して、パンデミック対策に応じれるように法的整備も必要であると書かれている。
7月18日

Singapore to test flu pandemic readiness NDTV.com (インド) シンガポール、パンデミック・インフルエンザ対策模擬訓練
 シンガポールは今週2日間(金、土)の予定で、パンデミック・インフルエンザに対する同国の態勢をテストする。
 訓練には1000人の職員とボランティアが参加し、予定では全ての公的病院、多くの診療所、そして施設1箇所と学校が2箇所含まれる。
 医療機関では、感染症の管理と、その追跡、疑い例の隔離、そして患者の移送と治療など多岐にわたる。
 他に重要な機関として、空港や陸と海からの入国者に対する入管事務所での、感染予防対策も含まれる。
State birds to be tested for avian flu Culpeper Star Exponent, (米国) バージニア州、野鳥の鳥フルウイルス検査開始
 バージニア州と連邦政府野生生物保護当局者達は、バージニア州の水路で、水鳥の鳥フルウイルス検査を行う。
 約800羽の水鳥と同じく800羽の岸辺の鳥について検査されるが、まず白鳥から8月に始められる。検査される地域は主に東海岸周辺、チェサピーク湾、そして東バージニアの河とされる。
サミット議長総括の詳報 中国新聞  
 ▽感染症対策  われわれは感染症が世界中の社会と経済に与える大きな損害を認識している。感染症の大発生を監視し、対応するため国際的な能力を強化することに努める。  鳥インフルエンザによる脅威を認識し、新型インフルエンザの将来の流行に備え緊密に協力する。ウイルスまん延に対抗するため、ユーラシアと中央アジアのためのインフルエンザに関する世界保健機関(WHO)協力センターを設立するとしたロシアの提案を歓迎する。  エイズ、結核、マラリアとの闘いへの関与を再確認し、世界エイズ・結核・マラリア対策基金へ資金を動員するため他の資金提供者とさらに協力する。官民パートナーシップの構築を通じ、新薬とワクチンの研究、開発を推進する。われわれは早期対応チームの効果的活用などを通じ、緊急事態への国際的な対応、自然・人的災害による保健への被害を緩和するための行動の有効性を改善することを決めた。
Ministry says it hasn't been covering up any outbreaks Bangkok Post (タイ) タイ農業省、鳥インフルエンザ発生は隠蔽していないと
 タイ農業省と関連省庁は、昨日、鳥インフルエンザ発生を隠蔽していることは無いと、噂を否定した。過去数週間、多くの家禽が死亡していることから、そのような噂が流れている。
 鳥インフルエンザの監視および検査に関しては、国際獣疫事務局(OIE)を含むいくつかの組織が密接に関与している故、発生を隠すことは不可能である、と説明された。
 また当局者達は”レントゲン”と呼ばれる検査体制を先月から施行しており、そして5万3000の家禽の検体を分析しているが、全てウイルスは陰性だったと説明された。
Birdflu vaccine offers protection above 90%, immune response good Hindu, (インド) インド:作成(家禽用)ワクチンは90%以上で予防効果
 ボパールに基盤を置く家畜疾病安全研究所(High Security Animal Disease Laboratory)が作成した鳥インフルエンザワクチンは、十分な免疫効果が得られ、90%以上で予防効果が得られることが立証された、と研究所長から発表された。これで、中国、パキスタン、インドネシア、およびタイと同等の手段を持つことが出来た、と付け加えられた。
 ワクチンの理想的使用方法として、発生地域の半径5キロ以内の家禽は殺処分、5~10キロ、またはさらに広い範囲の家禽はワクチン接種となる。
7月17日


G8 サミット 声明文 「感染症との闘い」から、鳥インフルエンザ関連 日本外務省訳
骨子

3.高病原性鳥インフルエンザとの闘い及びヒトへの大流行への世界的準備体制の強化
●高病原性鳥インフルエンザの世界的蔓延、新型インフルエンザ流行の可能性を踏まえ、社会・商業活動の継続性確保を含めた万全な対策・準備が重要。
●獣疫対策を強化し、野生動物の管理向上、ウィルスの探知能力・研究の改善、良い農業慣行の啓蒙等の動物間の流行封じ込め計画を支援することが必要。
●新型インフルエンザの発生に対し即時に対応することが必要。「迅速な対応及び封じ込めに関する取決め」の策定をWHO が加速するよう呼びかけ。
●鳥インフルエンザの被害を受けている開発途上国における包括的支援が重要であり、2006年1月の北京会合でのコミットメントを、早期に実行するようドナー国に要請。
●各種対策の調整が必要であり、国連、世銀、鳥及び新型インフルエンザに関する国際パートナーシップ(IPAPI)を継続して支持・奨励。
●G8 は、WHO、FAO 等の関連国連機関と連携した抑制戦略及び準備計画の更新、抗ウィルス薬の備蓄・生産能力の拡大、医薬品会社と協力しワクチンの生産能力向上・次世代ワクチンの開発促進に向けたオプションの検討、啓発活動の支援、早期の情報・検体の交換促進、国際的な監視能力の強化等を実施。
●流行時の早期対応のため、各国間で準備、予防、対応、封じ込め活動の更なる調整を行うことを合意。

全文


Indonesia warns of more birdflu deaths as toll nears world's ... China Post, (台湾) インドネシア、世界で最多の患者数になっていると警告
 鳥インフルエンザ発生地域での家禽の殺処分は、言うのは容易いが、実行に移すのは非常に難しいと、インドネシア保健省の高官、ニオマン・カンドゥン氏が17日語った。

 さらに同氏は、インドネシア国内の鳥インフルエンザ教育キャンペーンは十分効果が上がっていないとも語った。
 ”インドネシアには1万7000の島があり、そこに2億3000万人の人々が住んでいる。その中で(鳥フルなんて)気にしていない人々もいる。教育水準も低い”、と同氏はAP通信に語った。
 カンドゥン氏は、WHOの検査所は3歳女児の鳥フル感染を認めたので、同国の死者数は少なくとも42人となり、これまで最多のベトナムと並んだ、と語った。
 しかしながらWHOは、1例の死亡例を検査手技の違いから認めていない。そのためインドネシアでの死者数は、WHOの公式発表では41人となっている。(昨年7月発生した父娘3人の例で、娘の1人に関してWHOは公式には認めていない。疫学的には明らかな感染者と見なすべきであるが、WHOの公式患者数は、検査で確かめられた数であって、実際に発生した数ではない。だから発生数に関して、絶えず”少なくとも”という形容が伴う:訳者)
 鳥フルは2003年末にアジアで再興してから、WHO発表によると、少なくとも132人の人々を死亡させている。
 ほとんどの発病者は感染した鳥からウイルスが感染しているが、人の感染はいまだ容易には起きない。しかし専門家はウイルス変異により人人感染が容易に生じ、世界中で数百万人死亡するパンデミックが発生することを恐れている。
 ベトナムは今年に入ってから、新規人感染例の発生を認めていない(家禽においても同様:訳者)。それは部分的には、感染地域の全ての鳥の殺処分キャンペーンによる効果と考えられている。
 インドネシアでは、広範な殺処分を行っていないことから、政府に対して国際的に非難が集まっている。
 ”殺処分に関して語るのは容易だが、実行するのは難しい”、とカンドゥン氏は言う。
 インドネシアには20億羽前後の鶏がいると推定される。そしてウイルスは33州のうち27州で感染を繰り広げている。全ての家禽を殺処分するとしたなら、膨大な補償費が農家や、裏庭で飼育している家庭に支払わなければならない。

ICAR develops birdflu vaccine Business Standard (インド) インド、家禽用鳥フルワクチンを開発
 インド農業省は2月に家禽でのH5N1ウイルス発生後、わずか5月間で(家禽用)H5N1鳥フルワクチンを完成させたと、農業省大臣が発表した。同国ではこれまで、輸入ワクチンに頼っていた。
Russia Expects to Have Prepared Bird-Flu Vaccine by September Bloomberg (国際) ロシア、9月までに鳥フルワクチンを用意

 ロシアは9月までに、鳥インフルエンザ用ワクチンを6000万人分準備出来る予定と、保健省大臣がサンクトペテルスブルグでのG8サミットで発表した。
 ミハイル・スラボフ大臣の話では、モスクワで200人、サンクトペテルスブルグで156人のボランティアにより、臨床試験が行われている。
 ”試験結果は9月10日までに保健省にまとめられて提出される”、と大臣は本日の記者会見で語った。

 致死的ウイルスがアジアからヨーロッパ、アフリカへと拡大するに従い、人での死亡者数は本年上半期で3倍近くに増加している。各国政府とWHOは、鳥に於ける鳥フル発生を断ち切る努力を続けている。鳥での発生が続く限り、ウイルスが変異して、人へ容易に感染する株が誕生する可能性が高いからである。

 1918年に発生し、世界で5000万人死亡したスペイン・インフルエンザのような大パンデミックが発生したなら、世界で7000万人死亡し、2兆ドル(220兆円)の経済的損失を招くだろうと、先月世界銀行は発表している。
 サノフィ-アベンティス、グラクソスミスクライン、メドインミューン、バイカル、等の製薬企業は、パンデミックにおける治療薬開発でしのぎを削っている(主としてワクチン:訳者)。
 7月4日にWHOが発表した報告によると、2003年末以来、H5N1ウイルスは世界で少なくとも229人を発病させ、そのうち131人を死亡させている。
 また先月WHOは、これまでの疫学統計に基づき、人での鳥インフルエンザ発症例は、本年末か来年初めには増加することが予想されることを発表した。

ロシアの対策用予算

 ロシア政府は、感染症対策に4000万ドルの予算で、ロシアと中央アジア内における研究体制を強化している。国はまた、1800万ドルの予算でポリオ対策を強化している。スラボフ大臣はそのように説明している。

 WHO発表では、本年1月以来、アゼルバイジャン、中国、ディブチ、エジプト、インドネシア、イラク、そしてトルコで55人死亡している。昨年度は6月までに19人がベトナムとカンボジアで死亡しているが、本年はその3倍近い死者数となっている。
 ほとんどのH5N1ウイルス感染者は、感染したか死亡した鳥との濃厚接触により感染している。例えば、それらと小児が遊んだとか、料理のために畜殺したとか、または羽根をむしった等の行為である。
 6月19日にFAOが発表した統計によると、2004年以来、H5N1鳥インフルエンザ発生により、世界で2億900万羽の家禽が死亡、または殺処分されている。

.Birdflu has returned, suspects senator IHT ThaiDay, (タイ) タイ上院議員:鳥フルは再興している可能性
 タイの上院議員が、タイでは既に鳥フルが再興している可能性があると語った。
 国の対策が失敗したことが露呈されることを恐れて、政府は隠していると説明。
 この上院議員の発言は、先に家畜局(livestock official)の職員が、Phichit 省と Phitsanulok provinces省で鳥フルが発生していることを地元新聞に発言した内容と符号する。
 家畜局の担当者達は、ニュースが政権の安定性に大きく影響し、タイの政治と経済を悪化させる可能性があることから、口を封じられていて、何も発言しない。

7月16日

鳥インフルで42人目の死者か・インドネシア 日本経済新聞
 【ジャカルタ16日共同】インドネシア保健省当局者は16日、首都ジャカルタ郊外に住む男性(44)が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡した疑いが強いことが、同省の検査で分かったと述べた。
 世界保健機関(WHO)の検査で確認されれば、同国の感染による死者数は計42人となり、ベトナムと並んで世界最悪となる。
 ベトナムは感染をほぼ封じ込め、今年は感染者が出ていないが、インドネシアでは世界で最も速いペースで死者が増加している。
インドネシアが「最警戒地域」・FAO、鳥インフルで 日本経済新聞 
 【バンコク16日共同】国連食糧農業機関(FAO)アジア太平洋地域事務所は16日までに、鳥インフルエンザの感染者や死者が続出しているインドネシアについて、感染力の強いウイルスができる恐れがあり「最も警戒すべき地域」と警告した。
 同事務所は6月、国際獣疫事務局(OIE)と合同で東南アジア8カ国を対象に実地調査。この結果、インドネシアではほぼ全土にウイルスが拡大し、「感染を繰り返し、ウイルス変異が起きる危険性が高まる」状態にあることが分かった。
 ベトナムやタイなどが鳥インフルエンザの封じ込めに成功している中で、インドネシアでは依然として感染者や死者が増加。これについては「中央政府の統制がきかず、正確な情報の把握ができないため、対策が後手に回っている」ことを最大の理由に挙げている。
 FAOとOIEは「感染機会を減らすことで、ウイルス変異の可能性を少しでも減らすことが急務」と指摘している。
Indonesian Man Dies From BirdFlu Washington Post  (米国)インドネシア男性、鳥フル死亡が確認される
Indonesian Man Dies From BirdFlu CBS News (国際) インドネシア男性、鳥フル死亡が確認される
 16日、インドネシア保健省の高官は、44歳男性が鳥フルで死亡したと発表した。
 男性は高熱、咳。呼吸困難で2日間入院後、7月12日死亡した。
 地域の検査ではH5N1ウイルス感染が確認されている。男性はジャカルタの東部境界に住んでいて、家禽との接触が確かめられている。
 もしWHOによって確認されたなら、世界で最も死者数の多いベトナムと並んで42人の死者数となる。
Watch for signs of rapid sickness in flocks Pacific Daily News (米国) 家禽の異常の迅速な検出が必要
You can prepare against pandemic Pacific Daily News (米国) パンデミックに対して準備を急げ
BirdFlu Mutates as Cases Increase All Headline News (国際) 患者数が増加するに従い、鳥フルウイルスは変異
 H5N1ウイルスが人の世代を通過する毎の多くの変異が生じていることが、インドネシアの家族内発生で明らかになった。
 研究者達はH5N1ウイルスが1家族内で3世代に亘って感染し、その間に変異したことを明らかにした。1例では21回の変異が起きている(21ヵ所と同じ意味?;訳者)。
Crowded Airliners Can Be Disease Spreaders Consumer Affairs (国際) 混雑した航空機内は感染症拡大場所

 混雑した航空機内では多くの健康問題が提起されている。
 結核、流行性耳下腺炎、各種のインフルエンザ等が機内での濃厚接触で広がる。
 機内では循環する空気がフィルターで濾過されることで、細菌や、真菌、そして空気媒体感染を起こす微少粒子が除去されると思われるが、せいぜい50%程度と思われる。
 必要な感染対策
 ・頻回なる手洗い
 ・シートベルト、ハンドルノブ、そして他の汚染されていると思われる表面に手を触れない
 ・症状を呈する乗客の側に座らない

 機内が混雑しているときには簡単に席は替われない。そうした状況でも、乗務員は乗客に咳やクシャミをするときには、ティッシューやハンカチで顔を押さえるように指導していない。
 SARSの際には、機内の消毒などを含め色々と対策が取られた。
 鳥フル感染を防ぐために対策が強化される必要がある。



Indonesia to cooperate with Vietnam, Thailand in Tamiflu test Hindu, (インド) インドネシア、ベトナムとタイと、タミフル倍量投与の効果について研究調査に
 インドネシアがベトナムとタイと、タミフル増量効果について共同研究することが15日、地方メディアから発表された。
 三カ国は8月からタミフルを倍量投与して、効果と態勢出現の有無について検討する。
 ジャカルタの鳥インフルエンザ専門病院である、スリアンティ・スロソ病院のサントソ・スロソ院長が発表した。
 投与タミフルは75mgから150mgに増量される。
TOP