高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
6月30日

Chinese Health Ministry investigating whether man died of birdflu... KRIS-TV (米国) 中国衛生部、2003年の事例について調査
 北京の専門家は2003年11月に鳥インフルエンザで死亡したとされる男性の検体について検査を開始した。当初SARSと診断されていた事例が、鳥インフルエンザであったことが、先週発行のNew England Journal of Medicine に中国研究者によって投稿された論文で明るみに出た。
State to begin testing wild birds for avian flu Holbrook Sun (米国) マサチューセッツ州、野鳥のH5N1ウイルス検査開始
 400羽の様々な野鳥でのウイルス検査を今週開始。
Journal Letter Spotlights China's Bird Flu Reporting  Science Magazine (subscription)  (サイエンス) 「編集者への手紙」、中国の鳥インフルエンザ報告に問題点を投げかける

Science 30 June 2006:
Vol. 312. no. 5782, pp. 1855 - 1857
DOI: 10.1126/science.312.5782.1855a

AVIAN INFLUENZA:
Journal Letter Spotlights China's Bird Flu Reporting

Dennis Normile


以下抄訳 by 管理人

 今週発行されたNew England Journal of Medicine (NEJM) のレター(編集者への手紙)を巡って発生した異様なエピソードは、再び中国の公衆衛生情報の透明性に関して問題を投げ変えた。

 レターでは、24歳の中国男性が2003年11月に死亡した事例について、詳細に報告している。当初SARSが疑われたと著者等は伝え、しかしSARSウイルスに関する検査は全て陰性だったと言う。続いて患者の保存されていた組織での検索でH5N1ウイルスが検出された、とレターでは伝えられている。患者の死亡は、中国が家禽での発生を公式に発表する3ヶ月前、人での公式発表の2年前となる。
 雑誌発行直前の前日である21日に、編集部は投稿者の一人である Wu-Chun Cao博士から、投稿を撤回したいとのe-mailを受け取った。しかしながらレターはすでに印刷されていたから、編集部では雑誌購読者にe-mailでそのレターは投稿者により撤回されていることを伝えると共に、ホームページでもその旨を発表した。
 その後23日になってから編集部はまた別な発表を行った。すなわちWu-Chun Cao博士が編集部に電話とFAXでレターの撤回を要求していないと伝えてきた故、22日発行された雑誌のレターは正当な投稿論文として扱う、という趣旨であった。
 これらのエピソードは中国政府による検閲を疑わせるが、解釈には不透明な謎が残ったままである。
 Science編集部では、Wu-Chun Cao博士等と連絡をとることが出来ていない。

 WHOのインフルエンザ監視協力機関責任者で、日本の国立感染症研究所部長であるMasato Tashiro博士は、レターで記載されているように、鳥インフルエンザを当初SARSと誤診することは、臨床症状が類似していることからあり得る話である、と語り、さらに毎年中国で発生する数千人のインフルエンザや肺炎の患者の中に鳥インフルエンザ患者がいたとしても、それが見逃されることは、驚くべき事ではないだろう、と付け加える。
 インフルエンザ専門家は、1997年に香港で初めて流行が観察されて以来、南中国でH5N1ウイルスが検出出来ていなかったり、報告されていない可能性があると考えてきた。また他の事実として、2003年に福建省を旅行して帰ってきた香港の家族の2人が、検査でH5N1ウイルスが陽性であったことがあり、また福建省で死亡したもう一人の家族が鳥インフルエンザに罹患していた可能性も指摘されている。
 WHO北京事務所のロイ・ワディア氏は、情報の共有システムに問題があるのかも知れないと語る。Wu-Chun Cao博士の研究室は軍医科学研究所(Academy of Military Medical Scinences)に属し、他の研究者は人民解放軍病院(People's Liberation Army hospital)と北京遺伝子研究所(Beijing Genomics Institute)に属している。
 ワディア氏は、中国衛生部はこの情報を、NEJMに報告が掲載され、出版直前に配布されだしてから知ったと考えている。
 WHOは中国政府に情報の詳細について報告するように求めている。”情報を的確に共有することは公衆衛生上、重要なことである”。
 著明な中国軍に属する生物学者は匿名で次のように語っている。
 中国の民間と軍の研究者は、しばしば研究結果について情報交換しない。なぜなら情報を盗まれるのを恐れるからだ。今回のレターの件に関して同氏は何も知らないと言うが、可能性から言うと、H5N1感染患者が軍の病院に入院したことがもっとも考えられ、それで情報の共有が図られなかった可能性が高いと言う。
 

・Experts meet to discuss pandemic flu outbreak in workplace News 14 Carolina, (米国) 専門家会議:職場におけるパンデミック・インフルエンザ対策
 ノースカロライナ州 (ラーレー):従業員の多くが鳥インフルエンザで倒れたなら、会社は如何にして業務を継続するか?
 地域の企業関係者と保健専門家達は29日、ラーレーでパンデミック・インフルエンザ発生の場合の対策戦略に関して会議を持った。
 円卓会議で従業員のクロストレーニングや、従業員不足に関してどのような対策を立てるかについて話し合われた。
6月29日

China strenghens surveillence of flu-like outbreaks People's Daily Online (中国) 中国、インフルエンザ様感染症発生の監視を強化
 
 中国衛生部は28日、インフルエンザ様疾患の監視体制の強化のために、報告と調査義務に関するガイドラインを作成した。
 衛生部によると、適切な発見と対策は、感染症の拡大防止対策にとって重要であると言う。
 中国では近年、多くのインフルエンザ様感染症が発生しており、発生場所の多くは学校の様な人が多く集まる場所である。
 ガイドラインによると、インフルエンザ様症状には、発熱、咳、咽頭痛が含まれる。
 ガイドラインでは以下の状況が発生した場合、2時間以内に県のCDCに報告する義務があるとされる;1週間以内に、30人以上のインフルエンザ様疾患が発生した場所(地域)、または5人以上の入院、または1人の死亡。
 もし検査室でインフルエンザと確定された場合は、全ての事例はネットワークを通じて衛生部に報告しなければならない。
 中国の最初の人の鳥フル事例は湖南省の9歳の少年であったが、インフルエンザ様症状で発病し、両親もインフルエンザと考えていた。
 中国は今月初めに19番目の鳥フル感染者を報告している。
 科学者は、H5N1鳥インフルエンザウイルスが、人に感染しやすいタイプに変異し、世界的パンデミックに発展することを恐れている。
 これまでほとんどの人での患者は、ウイルスに感染した鳥から感染している。

情報元:新華社

Australian team test new birdflu vaccine News-Medical.net (オーストラリア) オーストラリア・チーム、新鳥フルワクチンの臨床試験へ
 先に少量投与で半数の被験者で抗体産生を確認したが、今回は量を増加して、臨床試験をする。
 先の試験は安全性が目的だったが、今回はその有効性の確認が目的とされる。
 ワクチンには生きたウイルスは入っていないので、ワクチンから感染することはないという。
Fatal Infection with Influenza A(H5N1) Virus in China. (和訳) New.Engl.J.Med (米国) 中国におけるH5N1インフルエンザウイルスによる致死的感染
 6月22日発行の世界的医学雑誌に中国の研究者から投稿された世界初と考えられる、鳥インフルエンザ患者に関する医学論文。投稿後、撤回を求めるメールが著者と称する者から雑誌社に届き、その後論議されたが、それは掲載妨害のメールの可能性として結論された。
 8人の中国科学者達による、2003年11月にH5N1鳥インフルエンザによる死者が中国で出ていたとする報告は、昨日の中国報道で、中国政府も否定していないようなので、今後既存の事実とされる可能性が高い。すなわち人でのH5N1鳥フルは、2003年度には中国で発生していたとなる。
 論文の和訳。
Switzerland ready to order 'pre-pandemic' birdflu vaccine TODAYonline (シンガポール) スイス:”前パンデミック”ワクチンの発注へ
 スイスは致死的H5N1鳥インフルエンザウイルス用”前パンデミック”ワクチンを800万人分発注の予定であることが、政府から発表された。
 ワクチンメーカー2社が協議に入っている。
 ワクチンは、パンデミック発生の初期にスイス国民に投与するもので、その後数ヶ月してから、実際にパンデミックを起こしている正確なウイルスに対するワクチンが作製され、それを再度接種することになる。
 パンデミック発生により、スイス政府の推定では、人口の千分の一に相当する7400人が死亡し、185万人が発病し、46000人が入院を必要とする。
Children given all clear; officials cull 5,000 birds IHT ThaiDay (タイ) 鳥フル疑い小児、検査で陰性:当局、5000羽の鶏を殺処分
 タイ政府は昨日(29日)、 Sukhothai で今週初めに鳥インフルエンザ様症状で入院した2名の子供が検査の結果、通常のインフルエンザであったと発表。
 10歳少年と3歳少女が今週初めに重度のインフルエンザ症状で入院した。家庭で鶏を飼育していて、最近死亡していることから、鳥インフルエンザ感染が疑われていた。
 検査の結果、子供達の鳥インフルエンザ感染は否定され、通常のインフルエンザであることが確認された。
 しかしながら子供達の家庭周辺の5000羽の鶏が殺処分された。
6月28日


BirdFlu Fatalities Almost Triple, Spurring Need for Treatments Bloomberg  (国際) 鳥フル致死率が3倍に、治療薬の供給量の増加が必要と
 昨年の上半期には、ベトナムとカンボジアで19人の死者数であったが、今年の同期間ではアゼルバイジャン、カンボジア、中国、ヂブチ、エジプト、インドネシア、イラク、、そしてトルコで合計54人が死亡している。
 人の感染者が増えると、ウイルスが変異する機会が増加する。
 明日から2日間の予定で、パリのパスツール研究所で200人以上の保健専門家、政治家、研究者、製薬業界関係者による国際会議が開かれ、鳥フル拡大防止や治療に関して情報交換が行われる。
Probe continues into 'first birdflu death' People's Daily Online (中国) 中国:最初の鳥フル患者の調査を継続
 
 中国の科学者は世界で最初の鳥フル死者と考えられている事例の調査を続けている。
 「New England Journal of Medicine(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン)」の「編集者への手紙」へ、8人の中国の研究者が、24歳の北京の男性が2003年遅くにH5N1鳥インフルエンザで死亡したと6月22日報告した。
 科学者達は死亡した男性からウイルスが分離されたと報告している。
 ”中国衛生部は、メディアを通じて新しい事実を知り、今週科学者達と会って話を聞いた”、と衛生部の報道官は発表した。
 衛生部は現在、その男性の死亡について、検査室でのデータ、疫学調査、臨床的治療内容等について調査を進めている。そのように報道官は語った。
 調査結果については終了次第報告されると発表されたが、それがいつになるかについては言及されなかった。
 死亡した男性は軍に属していて、SARSが流行した年の2003年11月25日に発病したとされる。
  WHOの中国事務所の報道官であるロイ・ワディア氏によると、男性は No 309 Hospital of the PLAに運ばれたが、12月3日に原因不明の肺炎で死亡した。
 さらに同氏によると男性の検査結果は、男性がSARSではないことを示していたようだ。
 その時点では人でも家禽でも、鳥フルの発生は中国本土では報じられていなかった。最初に発表された事例は2年後の2005年11月である。
 WHOの情報によると、最近のH5N1ウイルスの流行は、2004年初めにベトナムで確認されたものが初めてである。
 中国衛生部からWHOへ届いた情報では、科学者達は死亡した男性に関して、過去2年間多くの分析を行い、最終的に男性がH5N1ウイルスに感染していたとの結論を得たとされる。ワディア氏はそのように語った。
 同氏はさらなる調査が必要と語っている。
 ”例えば、男性の感染源、家族や彼と接触した人々の状態等を知る必要がある”。
 原在まで中国では、19人が鳥フルを発病し、12人が死亡している。世界では225人が発病し、128人が死亡している。

Health officials warn of possible birdflu scenarios WDBJ7.com (米国) 保健当局者、鳥インフルエンザ対策の必要性を警告
 鳥インフルエンザはまだ米国内で発生していないが、対策を立てるのは今である、と地域の保健当局者達は警告している。
 ウイルス変異により人人感染が起きたなら、重大な健康危機状態に陥ると説明。



Journal says case closed on attempted withdrawal of Chinese bird... CBC News, Canada (カナダ) 雑誌編集部、中国鳥インフルエンザ死亡事例報告の撤回問題は終了と
 中国政府が公式発表する2年前にH5N1鳥インフルエンザ死亡事例が中国で発生していたとする、中国科学者の医学雑誌への投稿記事を巡る問題に終止符を打ったことが、雑誌編集部から発表された。
 2003年11月に死亡した男性がSARSと診断されたいたが、その後の検査の結果H5N1鳥インフルエンザであったことを8人の北京の研究者が世界的医学雑誌(New.Engl.J.Med)に報告してきたが、発行直前にe-mailで投稿の撤回を求めてきた問題。
 最終的(23日)に雑誌編集部は投稿してきた中国人科学者と電話で話をして、投稿内容の確認と、投稿の意志を確認したため、それ以上調査はしないと説明した。

 WHOは中国政府に詳細情報を求めている:いつ男性がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことを政府は知ったか?男性の感染源は何か?なぜ2年半も経ってから事実が現れたのか?
Milwaukee County Zoo implements birdflu protocol WBAY, WI  (米国) ミルウォーキー郡動物園、鳥インフルエンザ対策計画作成
 2002年に西ナイル熱が動物園で発生し、ペンギン12羽が死亡した経験を基に、行動計画を作成。ウイスコンシン州農業局と連携して対策にあたる。

Feds: BirdFlu Border Closures Unlikely Washington Post (米国) 米国国務省副長官国境閉鎖は最後の手段
 国務省副長官の談話。鳥インフルエンザ拡大防止のための国境閉鎖は、流行を抑えるための効果は期待でないばかりか、合法的国内外の出入りが妨げられる。そのため最後のオプションとしてしか意味がない。
CDC Director: Few Vaccines in Case of Flu Pandemic WUSF, FL (米国) CDC長官:インフルエンザ・パンデミックに際してワクチンは不足
 米国CDC長官のジュリー・ガーバーディングは、最初に鳥インフルエンザが発生し、多くの人々が死亡した国々では、現在新規患者の発生が減少し小康状態であるけど、今、パンデミックが米国内で発生した場合、米国では懸命にがんばったとしても、必要ワクチンの12分の1しか製造できないだろう、と語った。
 長官はまた、大統領も議会も数十億ドルの予算を配分して、ワクチンメーカーに製造を促していると語り、出来れば国民全員に投与できるだけのワクチンを用意したい、と語った。
6月27日


Birdflu threat barely raises stir in Bali village Washington Post (米国) バリ島、鳥インフルエンザにあまり関心がない
 
バリ島の住民は鳥インフルエンザの話は聞いているが、情報量は少ない。ジャワ島での話だと思っている。
 その警戒感のない生活状況を取材。
 病的鶏を食べることに無頓着
 家の周辺には鶏の排泄物が多い。
   等
Human-to-Human Transmission of BirdFlu Confirmed About - News & Issues, (米国) 鳥インフルエンザの人人感染が確認
 10歳の鳥インフルエンザを発病した息子から感染して死亡した男性が、H5N1ウイルスにおける初の人人感染事例として確認された。23日にWHOが発表した。
CHINA: Birdflu project constrained by mainland, says expert Asia Pacific Media Network (米国) 香港:鳥インフルエンザ研究は本土政府により抑圧

 香港大学では、コンピューターで中国本土のデータを集積できないため、将来起こると予想される、人における鳥インフルエンザ発生の予知が難しい。計画に関係している研究者がそのように語っている。
 ライ・ポ-チン地理学準教授は、本土政府は最近の(鳥インフルエンザ)事例の、発生場所とか症状等の詳細を提供してくれない、と語る。
 ”我々は3月以来、情報のアクセスが制限されている”、とライ博士は語る。
 彼女は香港大学の地理情報システムを利用して、香港や本土における鳥インフルエンザのモニターをしたいと考えている。そのシステムは2003年のSARS流行の際も、”危険地域”の同定に利用された。
 ”発生危険地域を予測するようなことに、システムの利用は必要だ”、と彼女は説明し、流行が勃発した場合、彼女の研究所は「疾病予防センター( Centre for Health Protection)」と協力態勢に入ると付け加える。
 立法府議員で保健委員会委員長のKwok Ka-ki氏は、研究チームが本土から機密扱いの資料を入手することが出来ないのは、驚くべき事ではないと語っている。

 香港保健当局は、昨日、北京で2003年11月に発生したH5N1ウイルス感染人事例が未報告であったことに、重大な関心を表明した。
 先週、世界的医学雑誌のNew England Journal of Medicineに、本土の医師達が当初SARSと誤診されていた、鳥インフルエンザで死亡した患者について、「編集者への手紙」で報告した。
 最近の家禽におけるH5N1鳥インフルエンザは、2003年12月に韓国で流行が始まったと考えられているが、今回の報告では、もっと前に発生していたことが示唆される。

.Scientists Develop Possible BirdFlu Vaccine Using DNA Voice of America  (米国) 人用鳥インフルエンザ・DNAワクチンの開発
 マサチューセッツ医学大学の研究者が英国の製薬企業と、DNAを用いた人用鳥インフルエンザワクチンを共同開発した。現在動物実験段階であるが、人への臨床試験は数ヶ月以内に行われる予定とされる。
 このDNAワクチンは、H5N1ウイルスの遺伝子の一部を用い、注射針は用いず、高圧噴射で皮膚を通過させる。迅速に大量に製造できる利点がある。
 安全性に関しては、いまだ多くの課題が残っている。


6月26日


特別編集
#ジャカルタ会議(6/21-23)に関する報道記事の全訳集(PDF)#
ニューヨーク・タイムズ、ロイター、ワシントン・ポスト他 (現在のH5N1ウイルス感染症の論点が集約)
#2003年、中国鳥インフルエンザ患者発生報告に関する報道記事全訳集(PDF)#
ニューヨーク・タイムズ、ロイター、カナディアン・プレス他


China Reaffirms Control Over News Epoch Times (米国) 中国、情報漏洩取締に関して再確認
China reaffirms control over flow of news Swissinfo  (スイス)中国、情報漏洩取締に関して再確認
China reaffirms control over flow of news Scotsman (英国) 中国、情報漏洩取締に関して再確認


北京の歩道での新聞売り。

中国政府は緊急事態に関して許可無くメディアへ情報を流すことに科料を科すことを考慮中である。中国の報道が26日伝えた。共産党が報道管理を行うことの再確認となった。

REUTERS/Claro Cortes IV


China reaffirms control over flow of news Reuters.uk, (英国) 中国、情報漏洩取締に関して再確認

北京(ロイター)

 中国政府は緊急事態(emergency)に関して、許可なくメディアに情報を流すことに罰則を適用することを考慮中と、中国の新聞が26日報じた。共産党による情報管理の再確認となった。

 草稿案ではまた、緊急事態に関する不法的情報に関しても罰則が適用されるようだ。

 政府機関はすでに緊急事態に関する情報の漏洩を厳しく管理している。そして政府の許可無しに事件などを報告しようとした場合、国家的機密の窃盗、または漏洩として投獄される。
 しかし、長年事故や災害に関して明確な報道管理してきた中国は、昨年、自然災害での死者数を機密管理から外して、中国政府の情報の透明性に対する努力姿勢を示した。
 新法律が制定されたなら、政府の情報や報道に対する管理態勢が再確認される。
 ”不法に情報を流したり、緊急事態に関して虚偽の情報を流す報道機関は、違反が重大か、または重大な結果を招いた場合、5万~10万元の間の罰金を科せられる”。北京の報道機関は法律の草稿案を引用して説明した。
 ”規則では、政府が緊急事態に関して統一されて、正確で、タイムリーな方法で報告し、また報道機関への適切な発表を管理することになる”。
 草稿案では、対象となる事態は、突然発生した事態、および社会安全上に関わる事態、とされるが詳細に関しては書かれていない。中国では通常このような記載は、暴動、自然災害、そしてSARSや鳥インフルエンザのような感染症の発生が該当する。
 中国は、緊急事態の隠蔽の長い歴史がある。そして報道管制は、常に支配政党のイメージを損なわないようなニュース提供を神経質なまでに意識して、行われてきた。
 1975年の河南省における台風によるダム破壊に際して8万5千人が死亡した事実は、1998年に発行された「20世紀の中国における大災害」に記されているだけである。
 昨年の11月、北東部の吉林省で数日間に亘る Songhua 河への毒物流出事例が報告されなかった。黒竜江省の人口800万人のハルビンでは、1週間近くも水道の供給が途絶えた。
 

WHO: Birdflu virus mutated Xinhua, (新華社 中国国営通信) WHO:鳥フルウイルスは変異している
First cases found of avian flu caught from wild Guardian Unlimited  (英国) アゼルバイジャンで発生した、人感染H5N1鳥フル事例:野鳥から感染した初の事例
 本年度初めにアゼルバイジャンで死亡した白鳥の羽をむしっていた少女達4人は、ウイルスを感染して死亡した。3人も白鳥から感染しているが生存している。ベルリンのコッホ研究所の疫学者であり、調査チームを派遣した、アンドレアス・ギルスドルフ氏が語った。
 ”我々が知る限り、野鳥からH5N1ウイルスが人に感染したことが確かめられた初の事例である。しかし、それは非常に濃厚な接触の結果である。濃厚接触により、野鳥から人に感染することが確認されただけで、事態は何も変わっていない”。
Indonesia to upgrade labs for bird flu tests Reuters AlertNet (英国) インドネシア、鳥インフルエンザ診断能力を強化と
 インドネシアでは、現在確定診断のために香港のWHO認定研究機関へ検体を送っているが、自国の研究機関の診断能力水準を引き上げることで、迅速な診断を可能にすることにした。
Birdflu funding plan for Jakarta The Australian, (オーストラリア) インドネシアに対する鳥インフルエンザ対策基金計画
 オーストラリア政府は、インドネシア政府の鳥インフルエンザ被害農家に対する、適切な補償政策の支援を申し出tた。被害農家に対する補償が無いことがインドネシアでの対策の大きな問題で、世界的パンデミック防止の上で重要な鍵となっている。
6月25日


ZAMBIA: Fear of bird flu panics Zambians Reuters AlertNet (英国) ザンビア:鳥フルパニックが広がる
 ザンビアのリビングストーンで21日40羽以上の野鳥の死亡が見つかって以来、ザンビアでは、ついにH5N1鳥インフルエンザがやってきたという恐れから、パニックが広がっている。死亡した野鳥のうち村人に食べられたものもあるが、いくつかの検体が採取され、首都のルサカに送られている。
 22日、テレビで死亡したり、呼吸が喘いで死にかかっているカラスが発見されたことがニュースで流されていた。
Researcher denies trying to pull bird flu report  Reuters AlertNet (英国) 中国研究者、報告の撤回を否定

 中国で政府が公式に発表する2年前に、既に男性が鳥インフルエンザで死亡していたと医学雑誌の「編集者への手紙」に投稿していた中国人研究者が、23日、報告掲載の撤回を申し入れたことを否定した。雑誌発行元の編集部が語った。

 ウ・チュン・カオ博士( State Key Laboratory of Pathogens and Biosecurity in Beijing )は、「The New England Journal of Medicine 」の編集部に、彼の名前で出されたe-mailは、彼が書き、出したものではないと電話で語った。
 この「編集者への手紙」の内容の信頼性は非常に重要で、中国政府が公式にH5N1ウイルス感染者の発生を2005年11月に発表する以前から、多くの鳥インフルエンザ発症者がいた可能性を、内容は示唆している。

 21日、編集部は研究者の名前が入ったe-mailを受けとったが、そこで著者は投稿していた「手紙」の掲載の撤回を求めていた。その後ウ博士は編集部に電話をかけてきて、メールを送ったことを否定する内容のFAXを送ってきた。
 ウ博士は21日に雑誌に掲載された報告の8人の著者の1人である。報告では、24歳男性が2003年11月に肺炎で死亡し、当初SARSと診断されたが、実際は鳥インフルエンザで死亡していたとされる。
 SARSは2002年に中国南部の広東省で発生し、2003年に封じ込まれるまでカナダにまで広がった。世界で8000人が感染し、800人が死亡した。
 皮肉なことに、インフルエンザ専門家達の中には、この流行してきた中国の原因不明の呼吸器疾患を、H5N1ウイルスによるインフルエンザと推定していた人もいる。それは1997年に香港で発生し、直ぐに消失した。専門家によると、インフルエンザウイルスは直ぐに消えることが希にあり、しかし再び現れてくると言う。それが今回の報告の2003年の例と考えられる。
 雑誌社は21日、「投稿内容」は有効であると語ったが、著者の名前をかたって送られてきたmailを調査していると言う。
 24歳男性の場合、組織での検査でインフルエンザウイルスが検出されている。そして遺伝子配列の分析では、後にそれがH5N1ウイルスであることが示された。それは遺伝子構造からすると、2004年に中国内の各地の鶏から分離されたウイルスと似ている、と報告では言っている。
 H5N1ウイルスはその後、中国からアジアの多くの国を超えてヨーロッパとアフリカへ拡大していった。ウイルスは主として鳥に感染するが、しばしば人にも感染して、これまで9ヵ国で130人の人々を死亡させている。
 専門家達はこのウイルスが次の世界的パンデミックを引き起こす可能性を危惧していて、いくつかの研究室や製薬会社では現在のH5N1ウイルスに対するワクチンの開発に懸命になっている。
6月24日


#ジャカルタ会議(6/21-23)に関する報道記事をまとめたファイル(PDF)#


Mystery Deepens on Possible Avian Flu Case in China in 2003 New York Times (米国) 2003年に発生した中国の鳥インフルエンザ感染事例の謎は深まる

                          


 中国が公式に鳥インフルエンザの人発生例を発表する2年前に、中国で鳥インフルエンザ死者が出ていたのは本当だろうか?

 謎は昨日深まった。そして可能性として何者かが、その事例の報告が著名な米国の医学雑誌に、掲載されるのを妨害したことが浮かび上がっている。

 New England Journal of Medicineは、8人の中国の科学者が、2003年11月に鳥インフルエンザで死亡した男性に関して、詳細を報告している「編集者への手紙」の掲載希望の宣誓書を、無効にした(破棄した)、と発表した。

 非常に重要な疑問として、患者の死亡した時期が浮上している。なぜなら多くの科学者達は、中国で鳥インフルエンザは何年も前から鶏の間で広がり続けていたと考えていたからだ。しかし、中国政府が公式に鳥インフルエンザウイルスの中国内での感染発生を報告したのは、1人の発病者を報告した昨年11月が初めてだった:それ以来、これまで公式には19人の感染者と12人の死亡者を発表している。
 2003年、中国はSARS勃発後何ヶ月間も数十人の患者の死亡を隠していた。

 雑誌は20日に印刷されたが、そのとき編集者は数通のe-mailを受け取り、2003年の死亡事例を報告する「手紙」を掲載しないように求められた。1通は、「手紙」の責任著者のウ・チュン・カオ博士(State Key Laboratory of Pathogens and Biosecurity)のメールアドレスから届いたように思われた。
 昨日、雑誌社の編集者達はカオ博士と接触したことを発表した。そして彼がメールを送ったことを否定したことを伝えた。編集者の求めに応じてカオ博士は、彼等が投稿した「手紙」について、掲載の責任をもつという宣誓書にサインしてFAXで送ってきた。しかし雑誌社の広報員であるサンドラ・ヤコブさんは、送られてきたサインは、最初の投稿時のサインと異なっていたと語った。
 カオ博士と話をした編集者は、(博士が)なぜ、そしてどのようにe-mailがねつ造されたか、知っているかについて明らかにしたくはないと言っている。ニュヨーク・タイムズからのe-maiによる問い合わせに、現在までカオ博士は応答してこない。
 「手紙」では、医師達は当初24歳の男性がSARSに罹患したと考えたが、肺組織での検査ではSARSは否定された。「手紙」では、いつ鳥インフルエンザに関する検査が行われたか言及していない。また患者の死亡の時期と中国当局の正式な患者報告の時期が異なる事についても言及していない。
 報告では、検出されたウイルスの遺伝子情報の詳細について述べられている。それは2004年に中国の3ヵ所と、日本の1ヵ所で見つかったウイルスの遺伝子の混合した株であったという。この事実は、ワクチンを作成する上で複雑な作業が要されることになる。WHOの中国事務所では中国政府に真偽を確かめている。
 ニューヨーク中国領事館の広報室顧問のリュ・ペンギュ氏は昨日、彼は研究に関しては何も知らないが、政府が初期に於ける(2003年度の)鳥インフルエンザ患者の死亡を隠しているとは、信じられないと語った。SARSが流行したとき、それを隠し、世界から非難されたことを示して、”首相はこれらの問題を、非常に深刻に受け止めている。隠し事があるとは考えられない”。


Slight Mutation Found in BirdFlu Virus Washington Post (米国) 鳥インフルエンザウイルスに軽度の変異を確認

 WHOは、人人感染で鳥インフルエンザを発病した人からウイルスが軽く変異して、第3の人に感染し、発病させた事例の科学的証拠について、詳細に報告した。しかし専門家達は23日、これらの遺伝子上の変化は、パンデミックの脅威につながらないと説明した。
 調査によると、H5N1ウイルスの変異は、先に報告されているインドネシアでの家族内集団発生の犠牲者の1人である、10歳少年から分離されたウイルスで認められた。集団発生の最初の引き金となった女性は、家禽から感染したと考えられている。彼女は次ぎにウイルスを、少年と他の5人の親族に感染させた。少年は次ぎに、彼の父親に感染させたと考えられる。父親から分離されたウイルスも、少年から分離されたウイルスと同じ変異を示していたのが証拠となる。以上はAP通信が得た情報による。
 親族の中で1人だけが生き残った。
 ”感染の輪は止まった。その時点で感染の継続は終了した”、と米国CDCからインドネシアへ派遣されている疫学者のチム・ウエキ氏は語った。
 調査チームのメンバーの1員であるウエキ氏は、ウイルスは常に軽度の変異を起こしているもので、そして、現在このウイルスが人々の間に容易に感染を広げるような能力を獲得していないことから、この変異が危険性の高まりを意味していると考える理由はない、と強調した。
 国連の鳥インフルエンザ主任調整官のダビド・ナバロ氏は、今回得られた事実にも関わらず、人と家禽におけるH5N1ウイルスの監視態勢の継続の重要性について語っている。
 ”ウイルスの変異が持続的人人感染を起こす結果にならなくて、我々は幸運だった”、と同氏は電話取材で語った。”今回得られた事実は、ウイルスがどのような変化をしてゆくか、詳細に厳重監視してゆく必要性があることを、如実に示している”。
 専門家達はH5N1ウイルスが最終的に人に対する高度の感染性を獲得し、世界的パンデミックとなる危険性を危惧している。最近のウイルスは人への感染性は極めて弱い状態を維持しており、ほとんどの感染者は発病した家禽との接触が原因となっている。専門家達によると他の集団発生事例で、少数の例において限定的人人感染が生じた可能性があるが、それらは非常に濃厚な接触をした場合とされる。
 WHO報告は、世界のトップ鳥インフルエンザ専門家が集まった、ジャカルタでの3日間の会議中に配布された。インドネシア当局者達は出席者限定の会議を開催して、人での感染者数が急増している同国での対策の協力を求めた。(先月は2日半に1人の割合で死亡者が出ている)。
 WHOの世界インフルエンザ対策調整官であるケンジ・フクダ氏は、先月発生したインドネシアでの集団発生は、その規模の大きさから国際的注目を浴びた。それでも、これまで発生してきた他の家族内発生と類似している、と同氏は語る。
 ”我々が探索している真の人人感染とは、近隣の人々まで拡大する集団発生、そして大きな社会的地域全体での発生を引き起こすようなものだ”、と同氏は説明する。スマトラのウイルスは8人の血縁者以外に感染は広がらず、配偶者には感染していない。
 バンデルビルト大学の鳥インフルエンザ専門家であるウイリアム・シェフナー氏は、今回の変異を”注目すべきだが心配はない”と表現する。一般的にウイルスはいくつかの変異を重ねて、人におけるパンデミックの危険性を引き起こす性格を身につけてゆく、と同氏は電話取材で語った。
 シェフナー氏は、研究者達が奥地で起きた事例で、ウイルスの変異を発見したことは、驚くべきことである、と語った。それは強力な監視態勢と、”21世紀のウイルス分析技術”が一体化した結果と考えられる、と評価した。
 23日の会議の終わりに、インドネシア福祉省大臣のアブリザル・バクリー氏が、今後3年間にインドネシア政府は鳥インフルエンザ対策に9億ドル必要であることを繰り返し述べた。
 ”インドネシアの家禽で鳥インフルエンザが発生し続ける限り、人の感染例と集団発生は起き続けると予想される”、とバユ・クリスナムルチ、インドネシア政府鳥インフルエンザ調整官が語った。
 ウイルスは2003年末にアジアの家禽に被害を与えだして以来、世界で少なくとも130人を死亡させている。インドネシアでは39人死亡しており、42人死亡しているベトナムに次いで多い。
 
 WHO他の関係者達は、2003年11月に北京でSARSと診断されて死亡していた男性が、実際は鳥インフルエンザであったという医学雑誌への投稿である、「編集者への手紙」を調査している。中国が初めてH5N1鳥インフルエンザ感染者を報告した2年前のことである。
 8人の北京の研究者達が21日の(世界的医学雑誌である)ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)の「編集者への手紙」で詳細を発表した。発行直前に雑誌編集部は、著者からと称する電話とe-maiで「手紙」の撤回の申し入れを受けた。しかし雑誌はすでに印刷されていた。
 22日、雑誌編集部では、「手紙」の著者達の責任者と称する男性が、電話で、「手紙」の取り下げを頼んだ覚えはないと言い、彼はその「手紙」の投稿に対し責任をとると語った、ことを発表した。編集部では報告者達に警告をして、その研究者に「手紙」の投稿を確認する全員のサインを送るように求めたと言う。

鳥インフルエンザに関する日本国内(左)と米国内(右)情報2006年6月24日 土曜日 11:04:39 AM

鳥インフルに実質変異なし 対策強化は必要とWHO
USFL.COM - 6時間前
世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
鳥インフルに実質変異なし 対策強化は必要とWHO
北海道新聞 - 10時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
パスポートの発行状況
びわ湖放送 - 10時間前
... 実際にはわずかな増加にとどまったことについて、県国際課では中国での反日デモや鳥インフルエンザのヨーロッパへの感染の拡大などがあったためではないかとみています。
茨城県、鳥インフルエンザの「終息宣言」
日本経済新聞 - 11時間前
茨城県の鳥インフルエンザ問題で、県は23日、感染が確認された県内40農場の鶏舎検査ですべての陰性を確認、昨年6月から続いた鳥インフルエンザ感染は終息したと発表した ...
鳥インフルに実質変異なし 対策強化は必要とWHO
山陽新聞 - 11時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
◎鳥インフルに実質変異なし
福島民友新聞 - 11時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
鳥インフルに実質変異なし
静岡新聞 - 11時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
鳥インフルに実質変異なし
東奥日報 - 11時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...
鳥インフルに実質変異なし 対策強化は必要とWHO
河北新報 (会員登録) - 11時間前
【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について ...

Slight mutation found in birdflu virus
Myrtle Beach Sun News, SC - 18 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
San Luis Obispo Tribune, CA - 19 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
The Jackson Citizen-Patriot, MI - 20 minutes ago
JAKARTA, Indonesia (AP) — The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then ...
Slight mutation found in birdflu virus
Monterey County Herald, CA - 20 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
Fort Worth Star Telegram, TX - 21 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
Contra Costa Times, CA - 23 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
MLive.com, MI - 23 minutes ago
JAKARTA, Indonesia (AP) — The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then ...
Slight mutation found in birdflu virus
The State, SC - 24 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
Wilkes Barre Times-Leader, PA - 28 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then passed a ...
Slight mutation found in birdflu virus
Times Picayune, LA - 31 minutes ago
JAKARTA, Indonesia (AP) — The World Health Organization has detailed the first evidence that a person likely caught the birdflu virus from a human, then ...


鳥インフルに実質変異なし 東奥日報
 (日本国内の報道は全て同じ内容)
 【ジャカルタ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、人間にとって危険な鳥インフルエンザのウイルス変異が起きたかどうかが注目されたインドネシアの家族8人集団感染について「実質的なウイルス変異は認められなかった」と発表した。警戒レベルは引き上げないという。
 ジャカルタで開かれた3日間の専門家会合の結論としてWHOのインフルエンザ対策責任者のケイジ・フクダ医師(米国籍)らが明らかにした。しかし会合は、同国の対策は不十分として、予算措置や病気の鶏の処分を進めるよう求めた。
 WHOによると、北スマトラ州カロ県で4月から5月にかけて8人のうち7人が死亡。最初の感染者の女性(37)は鶏が感染源だが、ほかの6人はこの女性から感染。さらに、女性から感染した少年(10)の病室内で父親が感染する2度目の「ヒトからヒトへ」の感染の連鎖が起きた。
(共同通信社)
H5N1 virus mutated slightly in Indonesian family cluster: WHO ... Macleans (カナダ) インドネシア家族集団発生事例でのH5N1ウイルスに軽度の変異:WHO
 今日まで観察された中で最大のH5N1鳥フル集団発生事例に対する、懸命の国際的調査により、ウイルスが変異して人人感染を起こしたことが明らかにされた。WHOが、ジャカルタで3日間開かれていた専門家会議の結論として報告した。
 ウイルス変異は、少年と、彼から感染した父親から分離されたウイルスで確認された。これはH5N1ウイルスが人人感染を起こしたことを説明する、初めての根拠となると考えられる。そして会議に参加した専門家達は、この家族内集団発生では人人感染でウイルスが拡大したと考えられることに同意した。
 …
Slight mutation found in birdflu virus Hinesberg Journal (カナダ) 鳥フルウイルスに軽度の変異が確認
 WHOは、人から感染したと考えられる感染者が、変異したウイルスを次の人に感染させたと考えられる、世界初の事例をまとめた。しかし専門家達はこの遺伝子変化はパンデミックの危険性には発展しないと説明している。
 …
H5N1 mutated in Indonesia, says WHO Reuters.uk, (英国) インドネシアでH5N1ウイルスは変異:WHO

 インドネシアの家族内集団発生事例で、H5N1ウイルスは軽度の変異を示していたが、人に対するさらなる易感染性を獲得してはいないと、WHOが23日発表した。
 WHOの報道官であるマリア・チャンさんは、5月に発生した北スマトラの家族内集団感染死亡事例の調査結果について説明した。
 ”変異が見つかり、それは最近インドネシア政府に提出した報告書の中に記載されている。それは北スマトラでの事例の要約である”、と彼女はジュネーブでロイター記者の質問に答えた。
 ”しかしその変異の結果、ウイルスがより人に感染しやすくなったわけではない。なぜならウイルスは集団以外に感染していないからだ”、とチャンさんは付け加えた。
 ジャカルタで開かれている専門家会議に、香港から参加していたマリク・ペイリス氏は、会議の合間に新聞記者に、インフルエンザウイルスが変異するのは一般的な事だ、と語った。
 ”インフルエンザウイルスは常に変異する。変異して、より人に感染しやすくなる可能性はあるが、それはこれまで起きていない”。
 インドネシアとWHOの当局者達は、北スマトラで起きた事例に関して、発生以来数週間に亘り、50人以上の接触者調査を行い、同時に自宅での自発的待機(隔離)を求めてきたが、これまで症状を呈した人はいないと、ジュネーブのWHO本部では説明する。
 この数ヶ月、H5N1ウイルスは東アジアから急速に広がりだしてきた。それはほとんどと言っていいくらい、鳥にしか感染しないが、2003年以来アジアを中心として130人の人々を死亡させている。専門家達はウイルスが人人感染の能力を獲得することで、世界で数百万人の死亡者を出す可能性のあるパンデミックの危険性を危惧している。
 
警戒報は出ない

 北スマトラにおける最近の集団発生は、WHOによると、分析の結果、世界的パンデミックに発展する恐れはないとされる。
 WHOの世界インフルエンザ対策調整官であるケイジ・フクダ氏は記者会見で、ジャカルタで3日間に亘って開かれた専門家会議での焦点は、集団発生事例の分析により、WHOの警報レベルを引き上げるかとうかであったと語り、
 ”答えは明らかにノーである。我々はパンデミック・インフルエンザが始まった証拠を何ら見いださなかった”、と結論した。
 さらなる人人感染の広がりの可能性を示す根拠は得られていないが、専門家達はインドネシア政府に対して、人の集団感染事例の発見態勢を強化するように求めた。
 インドネシア当局者はH5N1ウイルス撲滅のために努力していると語るが、会議に集まった専門家達は十分ではないと警告した。
 ”高病原性H5N1鳥インフルエンザは拡大していて、インドネシアに定着している。しかしその完全なる把握は出来ていない。多くの動物での感染が見逃されていると考えられる。人々は家禽や自分達における危険性を基本的に認識していなく、それ故家禽における予防対策も理解していないし、自分たちの感染予防方法も十分知らない”、と専門家達による意見が報告書に付記されている。

 インドネシアでは着実に人での感染者数が増加し続けている。 


Indonesian Man Caught BirdFlu From Son, WHO Concludes New York Times (米国) 鳥インフルエンザ死亡インドネシア男性、息子から感染:WHOが結論

                        

 H5N1鳥インフルエンザで死亡したインドネシア男性は、10歳になる彼の息子から感染したことがWHOの報告で明らかになった。異常とも思われる家族内集団発生の調査をWHOは行ってきたが、検査室レベルで明らかになった初の人人感染例が報告された。
 また研究者達は息子が発病したときウイルスに軽度の変異が生じていたことを確認したが、それはさらに人人感染を広げてゆく可能性はないと判断した。 H5N1ウイルスのようなインフルエンザウイルスは絶えず変異を続けており、その変異の多くは生物学的に重大な意味を持たず、今回のインドネシアの集団発生において認められた変異もも、そのように解釈された。

 ”確かに、ウイルス遺伝子には軽度の変異は認められた。しかし、それは一般的にインフルエンザウイルスは軽く変異することはある、と言う意味の範囲内である”、とジュネーブのWHO報道官であるディック・トンプソン氏は、一般には公開されない調査結果について説明した。”しかしその変異はウイルスを、より人へ感染しやすくさせるものでもなく、またより重症な疾病を引き起こすようなものでもない”。

 今回、確認されたウイルスの軽度変異の持つ重要性は、WHOと米国CDCの研究者達が初めて、ウイルスがほぼ間違いなく息子から父親へ感染したと、報告書に記載する証拠となったことである。
 これまでの人人感染が疑われた事例(状況から:訳者)では、研究者達は、患者から検体が得られなかったからとか、または患者から得られたウイルスが、地域の家禽から分離されているウイルスと違いがないからとかの理由で、人人感染に関して確かな表現はしなかった。
 研究者達は、世界で数億羽の鳥を殺しているH5N1ウイルスは、簡単に人の間で感染を広げないと言っている。しかし彼等は、正常な生物学的変化の過程で、人に感染するようなウイルス変異が起きてきて、人の間での破滅的パンデミックが発生することを心配している。
 これまで世界で200人以上の人々が鳥インフルエンザに感染しているが、そのほとんど全ての例は感染した鳥と接触することで、ウイルス感染が生じている。
 国際的保健当局者達は先月中、インドネシアのスマトラ島の奥地で、7人の感染者をだし6人が死亡した家族発生事例の調査を続けてきた。
 インドネシアでは年から年中、家禽における鳥フル発生対策に追われているが、スマトラ島の家族発生例では、最初の発病者である女性が、鳥も扱っている市場で野菜を売っていたというエピソードがあるだけで、他に感染者全員において、特に病的家禽に接触した既往がなかった。
 研究者達は、H5N1ウイルスは鳥に感染症を起こす「鳥のウイルス」であるとしても、長時間患者と接触していると、希に人人感染が起きえると考えている。
 家族は4月下旬に集まって晩餐会を開いたが、そのとき市場で野菜を売っていた女性はすでに発病していて、ひどい咳をしていた。家族の何人かが彼女と狭い部屋の中で夜を過ごした。また何人かはその後親族から出た発病者の看病にあたった。
 病院では医師やナース達は、鳥インフルエンザ発症の患者を治療する際はマスクを着用する。
 最初に発病した5人の家族は、インドネシアの家禽から分離されている一般的なH5N1ウイルス株であった。しかし6人目の発病者である10歳少年から分離されたウイルスには軽度の変異が認められた。そして少年は明らかに父親にウイルスを感染させた。研究室で確認されたそのウイルス変異が、少年から父親への感染ルートを確認させる結果となった。(変異したウイルスが少年と父親からも検出:訳者注)。
 それでもWHOのトンプソン氏は、この変異したウイルスが以前よりも人に適合しているという証拠はないと言う。実際、WHOは1ヶ月に亘り、54人の近隣者と親族の健康状態を追っているが、これまで誰も発病していない。
 
 The International Herald Tribune(国際ヘラルド・トリビューン)

China Had BirdFlu Case in '03, Letter Says New York Times (米国) 中国、最初の鳥フル患者2003年に発生と、研究者報告
 (22日報道分を本日訳。22日分と重複)


 北京の研究者達のサインがある「編集者への手紙(レター)」で、中国の最初の鳥インフルエンザ患者が2003年に発生していたと報告された。それは中国が公式に患者の発生報告をした時の2年前であり、また患者はSARSを誤診されたとされる。
 雑誌社の編集者は、20日朝に、著者からと思われるe-mailを受けとったが、それはレターの投稿を撤回したいというものであった。しかしそれは遅すぎたため、雑誌社は著者らに電話またはe-mailで連絡をとったが、接触出来なかったという。レターは21日の雑誌に掲載された。
 ”我々は著者等から撤回の理由の説明を聞いていない”、と雑誌社の主任編集者であるジェフリー・M・ドラゼン氏はニュース・メディアへのe-mailで説明している。著者等はニューヨーク・タイムズのからのメッセージに反応してきていない。
 報告では、24歳男性が2003年11月にSARSと診断され死亡していたが、分離されたウイルスは2004年に中国の家禽から分離されたA(H5N1)ウイルスと同じであることが、遺伝子分析の結果明らかになったとされる。
 中国は昨年11月まで人での鳥フル死亡について一切報告はしていない。

6月23日

Indonesian woman transmitted birdflu to family - WHO Forbes (国際) インドネシアの女性、家族に鳥フルを感染:WHO
 AFP
 インドネシアの女性が、彼女の家族数人に鳥フルを感染させた。しかしウイルスはより危険性が高まるような有意の変異は起こしていない。WHO当局者が語った。

 WHOの世界インフルエンザ対策調整官であるケイジ・フクダ氏は、北スマトラで先月発生した家族集団感染事例における女性は、発病してから狭い部屋で数人の家族と一緒にいた、と説明する。。
 ”彼女は咳をしていた。家族は彼女の直ぐ側にいた。すなわち数時間以上に亘って狭い空間で濃厚接触があったと考えられる。我々はこの事例を、「制限された非持続的人人感染( limited non-sustained transmission of person to person)」と記載する。同氏はこのようにAFPに語った。
 しかし同氏は、非常に些細な変異が起きているが、それはそれほど意味のあることではないとも語った。
 ”それは我々の心配を助長させるほとのものではなく、警報の用意をするようなものでもない”。

WHO: BirdFlu Virus Mutated in Indonesia The Ledger, (米国) WHO:インドネシアの鳥フルウイルスは変異している
 

By MARGIE MASON
AP Medical Writer


 インドネシアの北スマトラの家族内集団発生の調査で、WHOはウイルスが軽度の変異を生じていることを確認した旨の発表した。しかし鳥フル専門家達は23日、人でのパンデミックの可能性は高まっていないと主張した。
 先月家族の8人に感染し、7人を死亡させた事例で、父親に感染させたと考えられている10歳少年から分離されたウイルスが軽度に変異していたことが、WHOの研究報告書に記された。
 米国CDCから参加した疫学者のチム・ウエキ博士は、今回の事例は人人感染の可能性を示した初の例であると説明している。彼はウイルスは父親の死と共に消滅した。家族外には広がっていない。そのように語った。
 ”ウイルスの感染の輪は止まった。それが(父親)感染の輪の最終ポイントとなった”、と同氏は強調し、同時にウイルスは絶えず軽度の変異を続けており、現在警戒報を出す理由は何らない、と結論した。
 ジャカルタで、世界の指導的鳥フル研究者の間で開かれていた会議で配布された報告書を、AP通信が入手し、これらの情報を得た。

WHO Investigation Shows H5N1 BirdFlu Virus Mutated Slightly KOTV (米国) WHOの調査、インドネシアのH5N1ウイルスは軽度の変異を示していると
WHO: BirdFlu Virus Mutated in Indonesia WJLA, (米国) WHO:インドネシアの鳥フルウイルスは変異している
 
WHO: Birdflu virus mutated in Indonesia Ottawa Recorder, (カナダ) WHO:インドネシアの鳥フルウイルスは変異している
 インドネシアの北スマトラの家族内集団発生の調査で、WHOはウイルスが軽度の変異を生じていることを確認した旨の発表した。しかし鳥フル専門家達は23日、人でのパンデミックの可能性は高まっていないと主張した。
BirdFlu Cases May Be Harder to Detect in China, Indonesia Bloomberg (国際) 人鳥フル感染者の発見は、中国とインドネシアでは困難

 中国とインドネシアでは、家禽にワクチン接種を行っているせいで、ウイルス保有家禽が不明なため、人の鳥フル事例の検出が非常に難しくなっている。
 ヨーロッパCDCチームの報告によると、不完全な家禽へのワクチン接種や実験的ワクチンの使用は、人へのウイルス感染の危険性が高まる可能性があるから、十分考慮されなければならないとされる。家禽がワクチン接種されている国々で、人での発生数が減少した場合は十分注意して評価する必要がある、と報告書で述べられている。
 ”家禽に対するワクチン接種が広く行われ、しかしそれが不完全なものであると、人におけるH5N1発生の監視態勢は非常に難しくなる。なぜなら、地域における家禽の死亡が、人の感染例検出の指標になっているが、家禽が死亡せずにウイルスだけを排出し続けると、人の発病例は見逃される可能性が高いからである”。昨日発表された報告書ではそのように説明されている。
 中国とインドネシアは、H5N1鳥フル発生を防止するために家禽にワクチンを投与しているが、今年度発生した84例の人感染例の半数以上を両国が占めている。家禽や人でのH5N1ウイルス感染は、ウイルスが変異する機会を増やし、それはパンデミックに発展し、数百万人の人々が死亡する危険性を高める。
 インドネシアでの家禽における鳥フル拡大防止と、人感染の予防は、国際的にも注目されている。この世界で4番目に人口の多い国で、ウイルスは6日毎に1人を死亡させている。
 ”…インドネシアは貧弱なワクチン対策を含む、獣医学的対策が不十分なため、鳥フルの発生を抑え込むのに失敗している”、と報告書では分析している。
 WHOは不完全なワクチン接種と低品質のワクチン使用が、人へのウイルス感染の危険性を高めることを指摘している。北京のWHO報道官であるロイ・ワディア氏がそのように警告している。

警告が発せられない

 ”もし家禽がウイルスに感染していても、死亡しない限り、誰も警戒しないだろうし、人々に危険性を知らせないだろう”、とワディア氏は語る。
 中国はこの4ヶ月間に家禽におけるH5N1鳥フル発生を1件報告している。同じ期間に5州で7人の人が感染している。世界で最も人口の多い中国は、これまで19人の人感染例を報告し、そのうち12人が死亡している。
 ワディア氏によると、これらの感染例のうち18例で、家禽の発生が前もって知られていなかった。
 適切なワクチンを家禽に用いることで、地域で循環しているウイルス量を100%ではないけれど、減らすことは可能ではあるが、人のH5N1ウイルス感染に対する危険性に焦点を当てて、さらに検証する必要があ、と同氏は説明する。

感染のマスク

 ”ワクチン接種は、鳥の感染をマスクしてしまう。そのため家禽へのワクチン接種で、人での感染発生の心配がなくなるとは考えるべきではない”、とワディア氏は警告する。
 家禽のH5N1ウイルス感染対策に、現在、ワクチンは以下の国で使われている:エジプト、カザフスタン、ロシア、イラク、ヨルダン、パキスタン、ベトナム。
 ベトナムでは2005年に全国的ワクチン・キャンペーンにより、1億1800羽の家禽のワクチン接種を行った後、6ヶ月近くの間、家禽と人における鳥フル発生は報告されていない。

 .
Residents refuse birdflu testing Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 北スマトラ:住民、鳥フル検査を拒否
 インドネシア保健省のシチ・ファディラ・スパリ大臣は、北スマトラの村人の中で、鳥フル検査のための血液採取を拒否する者が出ていることに、重大な懸念を示した。タナ・カロ地域で7人の親族で集団発生が起きた後、村人のフォローが行われている。
 ”多分、村人達は鳥フルに関して正しい情報をいまだ受けとっていないと思われる”、と同大臣は説明した。
 村人達は同様に、彼等の鶏をチェックのために当局に提出することも拒んでいる。村人達は、地域では鳥フルの発生はないと主張している。
WHO seeks meeting with Chinese over report of unreported 2003 bird... CBC News (カナダ) WHO、中国当局に2003年の人のH5N1ウイルス感染事例報告に関して、説明のための会見を求める

The Canadian Press

 WHOは中国衛生部当局者に、中国が公式に発表した2年前に、既に鳥インフルエンザ患者が国内で発生していたとする、驚くべき報告が医科学雑誌に投稿された件について、説明をい受けるための会議を開くことを要求した。
 WHOの中国代表からの求めは、報告が雑誌「 New England Journal of Medicine」に掲載された22日行われた。
 WHOの中国事務所報道官は、WHOの中国に対する説明のための会見要求は、報告が雑誌に正式に掲載されるまで待ったと言う。説明のための会見要求は、雑誌掲載の2,3日前から予定されていたという。
 ”中国政府は実際にこの問題に気づいている”、とWHO中国事務所のロイ・ワディア氏は、北京で語った。
 ”我々が聞いたところでは、中国政府は事実を確かめていて、結果が出しだい我々に報告するようだ。我々は中国からの正式回答を待っている”。
  8人の中国の科学者達が、2003年11月に北京で死亡した男性の肺から分離した、H5N1ウイルスの分子生物的性格を記した報告(レター)を雑誌に投稿したことは、国際的インフルエンザ専門家達の間での驚きとなっている。
 それは中国が正式にH5N1ウイルス感染者をWHOに報告した2年前のことになる。そしてそれは、1997年、初めて香港で発生したH5N1ウイルスが、再び2004年末にアジアで人の間で再興した1ヶ月前になる。
 再興以来、H5N1ウイルスは10ヵ国で少なくとも228人に感染して、少なくとも130人を死亡させている。中国は2005年11月に初めて報告しだし、19人の発病者と12人の死亡者を報告している。
 もし中国政府が1003年11月の事例を知り、それを直ぐに世界に報告していたなら、周辺国は、より迅速に対策を講じれたはずだ、とワディア氏は語る。
 ”多くの命がベトナムやタイで救われたかも知れない”、と同氏は続ける。
 ”それ故、この事例は非常に多くの問題を含んでいる”。
 中国外のインフルエンザ専門家達は、中国が人におけるH5N1ウイルス感染を隠しているか、または診断出来ていないと考えてきていた。--しかし、その事実が世界で最も名高い医学雑誌の一つに報告されるとは予知していなかった。
 今週号が発行される数時間前に、著者の1人であるウ・チェウン・カオ博士が雑誌編集部に発表の撤回を申し入れてきたが、すでに雑誌は印刷されており、その要求は遅すぎた。
 雑誌編集部の報道官であるカレン・ペダーソンさんは、22日カオ博士にメールを出し、撤回説明と、科学的文献集から、報告の除去を希望するのかどうか尋ねている、と語った。
 ”我々はいまだ著者から解答はもらっていない。もし我々が、(彼等の)報告を撤回しなければならないとしたなら、説明が必要である”。
 カオ博士はカナディアン・プレスからのE-MAILにも反応してきていない。我々は彼とのインタビューまたは、さらなる情報を得たいと考えている。
 ワディア氏は、WHOは報告撤回の理由について尋ねたいとも語っている。
 ”我々が知りたいことは、それはいつ分かったのか、誰が知ったのか、診断のためのプロトコ-ル、全ての技術的情報、、そしてどのように政府内で情報交換されたのか、そして(責任者として:訳者)誰に、いつ報告されたのか、である”。
 ”我々は中国衛生部を通してしか何事も行えない。今、電話をかけてこれらの科学者達と、話をすることすら出来ない”、とワイディア氏は語った。

Chinese scientists ask US journal to withdraw letter on human bird... TODAYonline (シンガポール) 中国の科学者、米国医学雑誌への鳥フル人事例の報告撤回を求める

 8人の中国科学者が、米国の世界的医学雑誌に、彼等が投稿した、”中国政府が公式に患者発表した2年前に、鳥フル人事例が発生していた」とする報告の撤回を求めた。
 「The New England Journal of Medicine」の編集者は、21日に研究者から投稿撤回の申し出をメールで伝えられてから、状況を調査していると語ったが、撤回の理由を投稿者から説明されていないし、また報告はすでに今週号に印刷されている、と語っている。
 報告(レター)によると、北京の24歳男性が2003年11月に死亡したが、当初、SARSによる呼吸器障害と考えられていた。
 しかし実際は男性はH5N1ウイルス感染症であった。それは鶏で2004年に、中国で初めて発見され報告されている。科学者達はそのように伝えている。
 WHOは中国政府に22日詳細報告を求めた。
 ”これはそれほど驚くべき事ではない。2003年に鳥インフルエンザに感染した人の事例が、中国で発生していた可能性はある。なぜならH5N1ウイルスはかなり前から中国の環境に存在していたからだ”、とWHO北京事務所のロイ・ワディア氏は語っている。
 ”この事例が当時確認されていて、中国政府が発表していなかったとしたなら、むしろそれが驚くべき事だ”、と同氏は付け加える。
 中国の最初の人感染者のWHOへの報告は、2005年11月であった。それ以後19人が発病して12人が死亡している。

BirdFlu: What Is China Hiding? Food Consumer (米国) 鳥インフルエンザ:中国は何を隠しているのか?

Query over death classed as SARS The Standard, Hong Kong  (香港) SARSとして診断された鳥フル患者に関する疑惑

              The Standard Hong Kong

 中国本土の公衆衛生情報の透明性に関して、再び疑惑の目が向けられる状況になっている。8人の中国の科学者が、2003年に肺炎で死亡し、SARSとして診断されていた患者が、実は鳥インフルエンザで死亡していた可能性があることを発表したからだ。
  
  発表されたのは米国の世界的医科学雑誌の「New England Journal of Medicine(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン)」の「編集者への手紙(Letter)」で、8人の中国の科学者が、中国がWHOに正式に報告した2年前に、鳥インフルエンザ患者が既に発生していたと伝えた。
 しかし、少なくとも1人の発表者が雑誌社に、その発表を取り下げたい旨のメールを直前に送ったことから、事態は混乱した。報告は今週号にすでに印刷されていたから、取り下げは不可能であった。
 
 報告によると、24歳の本土の男性が2003年11月に、肺炎と呼吸窮迫状態で死亡した。
 ”臨床症状がSARSと一致していたことと、当時の南中国ではSARSがいまだ突発的に発生していたことから、SARSが疑われて、患者の血清、胸水、および肺組織を検体としてSARSコロナウイルスの検索が行われた。しかし全ての検査でウイルスは検出されなかった”、と研究者達は伝えた。

 WHOはこの事実に多大の関心を示して、中国衛生部に詳細を質した。
 衛生部の報道官であるマオ・クナン氏は論評を控え、情報を確かめているとだけ語った。

 最初のH5N1ウイルス人感染事例は、WHOへの報告によると2003年12月にベトナムで発生した。中国は最初の発生者報告を、昨年(2005年)11月に行っている。
 ”これは早急に確かめる必要のある重大な問題だ”、とWHO北京事務所のロイ・ワディア氏は語っている。
 ”これはどれだけの事例が(鳥インフルエンザとして)見逃されていたのか、または後で検査で(鳥インフルエンザとして)再確認されていたのか、大きな疑問を呈することになる”。
 報告を投稿した研究者達には、国家的研究所のウイルス研究者達や人民軍病院の医師達が含まれる。
 研究者達は、患者から分離されたウイルス遺伝子には系列の異なる遺伝子が混ざっており、それ故H5N1ウイルスに対するワクチン作成にとって重要な発見と述べている。
 「この研究で検出されたウイルス遺伝子と、最近作成が計画されているワクチンで用いられているウイルス遺伝子に違いが存在することは、効果的ワクチンの作成には、各地域で分離されたウイルスを用いることを考慮する必要があることを示唆している}、と著者達は結論している。

 訳者注:現行のインフルエンザ・ワクチンのように、いくつかのH5N1ウイルス株に対するワクチンを作成する必要がある。
 ここで発表されたレター(Letter)とは、編集者に対して報告する「速報」のようなもので、投稿して1ヶ月以内に掲載される。それはA4用紙1枚程度の短いものであるが、続いて長い論文が2,3ヶ月以内に投稿されて掲載される。

 

6月22日


Glaxo aims to file bird flu vaccine in October Reuters AlertNet (英国) グラクソ社、10月に人用鳥フルワクチン承認を目指す

 グラクソ・スミス・クライン社は、人用鳥フルワクチンのEUによる承認を10月を目処に目指して、臨床試験に入っている。今年度末には、商用に出荷されることが出来ると期待されている。
 同社のワクチンは、特殊なアジュバントが加えられて、それによる免疫効果の増幅が期待される。
 専門家達によると、グラクソ社とそのライバルのサノフィ・アベンティス社等のワクチンは、ウイルスの抗原が若干変化した株でも(drifted" strains of H5N1 )効果が期待できる可能性があると考えている。それ故備蓄用ワクチンとしての意義があると考えられる。
 同社はEUの承認を得るための臨床データを8月から9月までに準備する予定という。また10月には医学会に結果を発表する予定とも言っている。

China Had BirdFlu Case in '03, Letter Says New York Times (米国) 中国、最初の鳥フル患者2003年に発生と、研究者報告



 北京の研究者達のサインがある「編集者への手紙(レター)」で、中国の最初の鳥インフルエンザ患者が2003年に発生していたと報告された。それは中国が公式に患者の発生報告をした時の2年前であり、また患者はSARSを誤診されたとされる。
 雑誌社の編集者は、20日朝に、著者からと思われるe-mailを受けとったが、それはレターの投稿を撤回したいというものであった。しかしそれは遅すぎたため、雑誌社は著者らに電話またはe-mailで連絡をとったが、接触出来なかったという。レターは21日の雑誌に掲載された。
 ”我々は著者等から撤回の理由の説明を聞いていない”、と雑誌社の主任編集者であるジェフリー・M・ドラゼン氏はニュース・メディアへのe-mailで説明している。著者等はニューヨーク・タイムズのからのメッセージに反応してきていない。
 報告では、24歳男性が2003年11月にSARSと診断され死亡していたが、分離されたウイルスは2004年に中国の家禽から分離されたA(H5N1)ウイルスと同じであることが、遺伝子分析の結果明らかになったとされる。
 中国は昨年11月まで人での鳥フル死亡について一切報告はしていない。

Earliest Human Case of BirdFlu Disclosed International News Service (オーストラリア) 中国で最初の人での鳥フル感染事例が露わに
 北京の科学者が、世界的医学雑誌である「New England Journal of Medicine」に、2003年の11月に男性が鳥インフルエンザを発症して死亡していたことを21日発表した。
 しかし科学者達は発表直前に、論文発表の撤回をメールで申し入れてきたが、雑誌はすでに印刷されていた。
 死亡した男性は当初、SARSに罹患していたと考えられていたようだ。
 ロッチェスター大学のインフルエンザ専門家であるジョン・トレアノオル博士は、この一人だけがH5N1鳥インフルエンザに罹患していたとは考えられない、と語っている。
 同年に診断されていたSARS患者の中に鳥インフルエンザ患者が紛れ込んでいた可能性が示唆される。
Chinese scientists reveal earliest human case of birdflu WWAY NewsChannel 3, (米国) 中国の科学者、鳥フルの人感染例がより早期に発生していたことを明らかに
 WHOは中国衛生部に、中国の人での最初の事例は2003年に起きていたとする報告に関して、詳細を発表するように申し入れる、と報道官は語った。
 それは中国で正式に人の感染事例が報告された2年間になる。世界的医学雑誌である「New England Journal of Medicine」に発表される論文によると、当初患者の男性はSARSと考えられていたようだ。
 論文を投稿した中国の研究者達は発表直前に、論文発表の撤回を申し入れてきたが、雑誌は既に印刷済みとなっている。
 雑誌社の女性編集者は、何が問題なのか推定は出来ないが、8人の科学者達が論文を撤回するのかどうか推移を見たいと語っている。
・WHO finds no human transmission in birdflu cluster in Indonesia People's Daily Online, (中国) WHO、インドネシアの家族例で人人感染は立証されずと
 WHOの専門家チームの調査で、北スマトラで発生した世界最大の家族内集団発生事例で、感染は動物から人へ起こったものであると結論された。インドネシア保健省大臣が21日発表した。
 ”感染は動物から人へ広がったものだ”、と内閣での会議が終わった後、シチ・スファリ;ファディラ保健省大臣は中国国営通信の新華社に伝えた。
WHO: BirdFlu Spread Among Family Members CBS News (米国) WHO:家族内で鳥フル感染が起きたことを確認
 (AP)
  WHOはインドネシアの家族で発生した鳥フル事例で、人人感染が生じた可能性が高いと結論した。
  昨日AP通信が入手した報告では、集団発生の引き金となった患者は、多分感染して病的になった家禽から感染したと考えられるが、その後感染は、多分、家族内で広がったと考えられている。さらに患者の少年は、父親に感染させていた可能性があることも、結論として書かれている。
 WHOではウイルスが変異していないことと、親族外に感染が拡大していないことを強調している。
Ignorance a key factor in H5N1 infections: experts Washington Post, (米国) 専門家:無知がH5N1ウイルス感染拡大の原因
 下記と同じ内容。
Ignorance a key factor in H5N1 infections-experts Reuters AlertNet (英国) 専門家:無知がH5N1ウイルス感染の大きな原因--インドネシア国際会議で集まった専門家達へのインタビュー
 
 インドネシアでH5N1ウイルスに感染した多くの人々は病気について無知だったし、また何も病気について警告されていなかった。そして小児が最も危険な状態にある。21日医学専門家が語った。
 ”子供達に病気に罹った鶏と遊ばないように注意しなければならないのだ”、WHOの指導的疫学専門家であるトーマス・グレイン氏は、ジャカルタで開催されている世界の専門家による「鳥インフルエンザ会議」の合間に、ロイターの記者に語った。
 ”さらに感染の危険性の高い行為として、病的家禽の殺処分、羽根のむしり、鳥の調理等が上げられる。しかし、手を洗うことで感染の危険性を大幅に減らすことが出来る”、と同氏は説明する。
 ”しかし、こうした予防行為は大人に比較して若い層ではあまりなされていない”。
 2005年以来、H5N1ウイルスはインドネシアで51人に感染し、39人を死亡させている。そして今や、国内33州のほとんどで、家禽の間で感染を繰り返している。
 インドネシアの広く散らばった17000の島々の家庭では、鶏を食料として、または予備の収入源と飼育することは一般的である。それは家禽農場従業者だけでなく、誰でも鳥インフルエンザに罹患する可能性があることを意味している。
 学童と10歳以下の子供達が、インドネシアにおける人でのH5N1ウイルス感染者の4割以上を占めている。
 人々は病的になった家禽が危険だと思うことはなかったし、子供達は鶏と遊ぶのが常だったし、鶏を洗うのが子供達の役割だった。
 ”危険性を有する人々は、我々が予想していた以上に広い層に渡る。それは家禽農家だけでない。ウイルスは放し飼いにされている鶏から広く検出されている”、とWHOの伝染病対策医務官のスチーブン・ブジョルゲ氏が語った。
 ”鳥には他にも病気があるが、それらはこれまで人には感染することはなかった。だから人々は鳥の病気について無関心なのだ。人々は死亡した鶏は非常に危険であることを認識する必要がある。もし死亡した鶏を見たなら、すぐに当局に連絡して、適切に処分してもらう必要がある。決して接触してはならないのだ”。

無知からくる感染は、インドネシアだけではない

 香港でも1997年にH5N1ウイルスが人に感染して発病者がでた。18人の発病者のうち9人が6歳以下の子供達であった。最初の発病者は3歳の男児で、発熱と咽頭痛、そして咳を症状と呈して12日後に死亡している。1997年の5月のことだった。
 専門家達は男児の感染源を確認出来ていないが、その子はヒヨコや小ガモを飼育している託児所に預けられていた。他に発病した子供達の少なくとも2人は、卸売り市場の隣に位置する学校に通っていた。市場で彼等はよく遊んでいたが、そこには糞にまみれた鶏のケージが並べられていた。
 H5N1ウイルスに感染した鳥は便中に大量のウイルスを排出し、専門家達は粒子状になった便がウイルスの主要な運び屋と考えている。
 多湿の低温環境でウイルスは糞便中で数日間は生存する。
 ”もしH5N1ウイルスに感染した鶏が、家庭の床にウイルスを大量に含んだ便をまき散らすならば、家族はH5N1ウイルスに暴露される危険性が高い”、と香港の中国大学の微生物学者であるジュリアン・タング氏が説明する。
 ”ウイルスは鶏の糞便中で生き延び、糞便が乾燥したなら埃として舞い上がり、人の肺の中に吸い込まれる。もし家庭の床が便で汚れ、そこを人々が歩いたり、子供達が遊び回ったりしたなら、そのようなことが起きえるのだ。子供達は床の上で遊び回るからもっとも感染の危険性が高い。さらに子供達に死亡した鶏の洗浄を行わせたなら、結果がどうなるか、想像するのは簡単だ”、とタング氏は語る。

 アゼルバイジャンで2月と3月に発生した4人の若い少女達の死亡例も、無知に起因した事例と考えられる。彼女たちは枕に入れる為の羽根を、死亡した白鳥からむしっていた。そしてその後発病している。
 羽根からウイルスを感染したと考えられている他の事例として、先月鳥インフルエンザで死亡したバドミントンの羽根作りをしていた、18歳のインドネシア人の例もある。
 ”感染した鳥がくちばしで羽根を整える際、口からの分泌物で羽根が汚染される。そしてウイルスは羽根を手で触る人に感染するか、羽根から空中に舞うウイルスを含んだ塵を呼吸で吸い込む人に感染する”、とロイヤル・ロンドン大学のウイルス学教授のジョン・オックスフォード氏が語っている。 

INTERVIEW-Poverty raises risk of bird flu pandemic -official  Reuters AlertNet (英国) 貧しい国で鳥フル・パンデミック発生の危険性:ヨーロッパ・CDC
 ヨーロッパ各国では数百万羽の鳥を殺処分して、病気の拡大を阻止するための措置をとった。しかしアジアやアフリカでは全く何もされていない。ヨーロッパCDCのツザンヌ・ヤコブ長官が語った。
 ”それらの国では鶏を殺処分する努力を惜しんでいて、人々は感染した鳥すら食べている。これは極めて深刻な状況なのだ”、と長官はロイターに記者会見で語った。
 ”アフリカにおける状況は、世界の公衆衛生に大きな危機感を呈している。我々は目を離されない”

ヒトからヒトへ2回感染/WHO、鳥インフルで報告 四国新聞 
 世界保健機関(WHO)は21日、鳥インフルエンザの人間への感染が世界最悪のペースで拡大しているインドネシアの首都ジャカルタで専門家会合を開き、同国で起きた家族8人の集団感染について同国政府との合同調査結果を報告した。鳥からの最初の1人を除き「ヒトからヒトへ」の感染で、うち1例では「ヒトからヒトへ、さらにヒトへ」と、感染が2回連鎖したとしている。
 「ヒトからヒトへ」の感染とみられる事例は過去にもベトナムやタイで起きたが、感染の連鎖は1回止まりだった。今のところ、人間での大流行が心配されるウイルスの変異は検出されていないが、各国専門家の注目を集めている。
6月21日

 
Indonesia Seeks Help Fighting BirdFlu CBS 4, FL (米国) インドネシア、鳥フル対策の援助を要請
World's birdflu experts hold talks in Indonesia Monsters and Critics.com (英国) 世界の鳥フル専門家、インドネシアで会議
Indonesia Holds Urgent Avian Influenza Expert Consultation Environment News Service (国際) インドネシア、鳥フル専門家による緊急会議を開催

増加する家禽と人におけるH5N1ウイルス感染症対策のために、ジャカルタで世界の専門家による3日間の会議が本日開かれた。

写真はジャカルタのスリアンチ・サロッソ感染症病院で、日本のアドバイザー医師達と同病院の医師達が、鳥フル患者の治療について相談している光景。


Indonesia seeks help fighting birdflu Miami Herald (米国) インドネシア、鳥フル対策の国際的援助を要請

 インドネシア政府は21日、増加するH5N1ウイルス感染のための対策資源がないと警告し、国際的援助を求めた。

 国連機関のFAOの家畜衛生専門家のペーター・ローダー氏は、今後3年間に亘り、家禽における鳥フル対策のシステムを構築するのに、インドネシアは5000万ドル必要であると語った。3日間に亘るジャカルタでの鳥インフルエンザに関する専門家会議の合間に、記者会見で語った。
 インドネシアでは、少なくとも39人がH5N1鳥フルで死亡している。そして最近の死者の急増ぶりは、世界で最も死者数の多いベトナムを凌ぐ勢いである。ベトナムでは少なくとも42人の死者数が報告されている。
 ”インドネシアで何が起きているか?それは我々があなた方から回答を得たい最も重要な質問なのだ”、とインドネシア政府の鳥インフルエンザ対策調整官のバユ・クリシュナムルチ氏が、会議の開幕挨拶で専門家達に語った。
 ”人的にも、経済的にも、施設的にも資源が不足している状態で、我々は何をすべきなのか?”
 インドネシアでは2004年の津波、そして先月の地震と、自然大災害が続いていて、H5N1ウイルスと闘うための人的資源も予算も不足している。インドネシア当局者達は、今後3年間の対策のために9億ドル必要であるが、2006年度の予算は僅か5900万ドルしか計上していない、と語っている。
 ローダー氏は、5000万ドルは、インドネシア国内における家禽に対する監視態勢、協力態勢、そして迅速な対応態勢の強化に使われるだろう、と語る。
 ”私はこの会議で、世界が大局的見地から事態を収拾しなければならないという事実を、理解してくれることを期待する”。ローダー氏はそのように語る。
 クリシュナムルチ氏は教育と公衆への注意喚起は、この感染症対策の鍵となっているが、それは数千の島に2億2000万人が住む貧しい国にでは極めて難しいことなのだ、と説明する。
 ”住民達に、将来危険だから鶏を殺処分するように伝えるのは容易なことではない”、と同氏は語る。
 会議はスマトラで7人の家族のうち6人が鳥フルで死亡した1ヶ月後に開かれた。8番目となる親族も死んでいるが、検査のための検体が採取される前に埋葬されている。
 科学者達は感染した親族達が病的家禽と接触した事実は掴めていなく、限定した人人感染が起きたと考えている。しかしながら家族の外部では感染者は発生していなく、またウイルスも変異していないと考えられている。
 ”2006年のインドネシアは、家禽におけるH5N1ウイルスのホットスポットだ。そして結果的に人においてもホットスポットとなっている”、と米国のCDCから参加している、疫学者のチム・ウイェキ氏が語っている。

 専門家達は、最近のウイルスが人の間で容易に感染するウイルスに変異して、世界的パンデミックを生じることを恐れている。これまではほとんどの人の発病事例は、感染した鳥との接触で起きている。。2003年末にアジアの家禽の間でウイルスが感染拡大しだしてから、少なくとも129人が、世界で死亡している。
 ”もし今、広範な人人感染が発生したなら、それに対策が十分立てられている国は、まず、ないだろう”、とジュネーブのWHOの世界インフルエンザ対策計画の調整官である、Keiji Fukuda氏が語っている。
 一方、東南アジア諸国の保健省大臣が28日ミャンマーで、鳥フルがパンデミックになった場合の対策について話し合った。そこでミャンマーを含むいくつかの国が、情報の不透明性について非難を浴びた。 

Birdflu outbreak could lead Veterans Affairs to close military ... San Diego Union Tribune, (米国) 鳥フルパンデミック時には、国立軍人墓地を閉鎖と、退役軍人省
 下記と同じ内容。
BirdFlu Could Close Military Cemeteries Forbes (国際) パンデミック・インフルエンザ発生時には、軍人墓地は閉鎖と

 パンデミック・インフルエンザ発生時に死亡した退役軍人は、葬送ラッパのもとに軍人墓地に埋葬はされるのは無理なようだ。

 退役軍人省は、パンデミック・インフルエンザ発生時には、国内の120の国立墓地の閉鎖を余儀なくされる可能性があることを発表した。理由は発生時に予想されるスタッフ不足によるもので、(インフルエンザで)死亡した退役軍人の家族には、埋葬を延期してもあうか、他の墓地を探してもらうことになるようだ
 退役軍人省は毎日250人以上の軍人と適格とされる家族の埋葬を行っている(年、約9万3000人)。それらは30州とプエルトリコの国立墓地が対象となっている。
 これらの墓地はパンデミック・インフルエンザ発生時には閉じられ、埋葬は停止される。これらの措置は死者数が増加したとしても継続される。同省のパンデミック・インフルエンザ対策計画ではそのように定めた。
 連邦政府は最悪のシナリオとして米国内で200万人近い死者が出ることを予想して対策を練っている。

 国内で最大の規模を誇る退役軍人省の保健医療システムは、その150余の病院と数百ヵ所の診療所での医療は継続される。同省はさらに現役軍人達のバックアップも行うと説明している。
 スタッフ不足等で墓地が閉鎖される場合、計画では退役軍人省の国立墓地管理事務所が葬儀会社や(死亡者の)近親者に連絡して、埋葬を延期することを求める。実際にパンデミックが発生した場合、連邦政府の推定では40%の労働力が失われるとされている。
 ”これは(パンデミックの際に)発生する共通の問題である。スタッフをどうやって集めれば良いのか?それが問題なのだ”、と国際共同墓地及び埋葬連合の総合助言者で、同省主任外部調整官のロバート・フェルス氏は語っている。(Robert Fells, external chief operating officer and general counsel for the International Cemetery and Funeral Association.)
 
死体に関して、退役軍人省では、冷凍貯蔵室や一時的死体置き場に改造したトラックに保管する計画である。
 1918年に発生したスペイン・パンデミック・インフルエンザの際は、死体は時々掘られた堀に埋められた、とフェルス氏は語る。またパンデミックが発生した場合、埋葬には数日要するだろうし、多分、大量に死体を同時に埋葬するか、一時的墓を作るか等が必要だろう、と同氏は付け加える。
 ”そういうことは必要になるだろうか?多分、そうなると予想される。だから我々は準備しなくてはならないのだ”。
 退役軍人省の計画には、共同墓地は(教会墓地ではないという意味で)、もし閉鎖や埋葬延期などの措置が適切な対応と思われない場合、出来るだけ多くの埋葬が行われるように、職員や場所の再配分等を考慮すべきであることを付記している。
 ”もし実際に破滅的事態が起きたとき、それが数千人から数万人の死者を出す、パンデミック・インフルエンザであろうが、テロリストによる攻撃であろうが、ブルドーザーを必要とする事態になるだろう”、と米国在郷軍人協会の副会長であるマイク・ダガン氏は語っている。

 在郷軍人省はコメントを求める多くの電話に直ぐには応じていない。
 職員の不足は葬儀業界に深刻な問題を呈するが、墓地を閉鎖するように圧力をかけるべきではないと、ジョン・フィッチ国立葬儀管理者協会(National Funeral Directors Association)副会長がコメントする。
 ”我々は他の業務と同じようにやり遂げなければならないのだ。我々は何らかの方法と手段を見つけて、死体の処理と埋葬を的確に行わねばならない”、とフィッチ氏は言う。グループではメンバー間で、パンデミックが終了するまでの間、死体の冷凍または一時的保管方法などについて話し合ったと言う。
 鳥インフルエンザは、2003年末からアジアで流行しだしてから、少なくとも世界で128人を死亡させている。
 科学者達は、H5N1ウイルスが変異して、人に感染しやすいタイプになることを恐れている。これまでのところ、発病した人の多くは感染した鳥から、ウイルス感染が起きたと考えられている。

Audit Faults BirdFlu Tests for Poultry Washington Post, United States (米国) 連邦会計監査、家禽検査態勢は不備と指摘
 米国内における家禽業界では鳥フル検査が自主的に行われるが、それは法的に義務付けされていないため、連邦政府への報告体制も出来ていない。農業省の監査で指摘された。
Canada birdflu believed low pathogen strain Reuters Canada (カナダ) カナダの鳥フルは低病原性ウイルスと考えられる:当局
 カナダ食品安全局(The Canadian Food Inspection Agency)は、20日、東部カナダの放し飼いで飼育の家禽農場からのサンプルには高病原性鳥インフルエンザは見つからなかったと発表した。
 ”これまでプリンス・エドワード島から送られてきたサンプルは(H5N1ウイルスは)全て陰性だった”、と同局の獣医師は語った。
Zambia investigates possible birdflu outbreak TODAYonline (シンガポール) ザンビア、鳥フル発生の可能性
 ザンビア政府は観光地のリビングストーンで40羽以上の野鳥が死亡したことから、鳥フル発生の可能性を考えて調査中と発表した。
 野鳥の死亡は2日間に亘って発見された。
 検体は首都ルサカに送られて検査される。
 住民には死亡した野鳥に触ったり食べたりしないように注意が流されている。
Zambia Tests for BirdFlu after Chickens Found Dead Epoch Times, NY (米国) ザンビア、鶏で鳥フル発生の疑い

 ザンビアの観光地であるリビングストーンで、放し飼いの鶏が農場で死亡し、住民が病院で検査を受けている。保健当局が20日発表した。

 ”我々は調査中であるが、今までのところ(鳥フルの)発生は確認されていない”、と保健省長官は語った。
 死亡した鶏の数は不明であるが、それらを料理して食べた数人の住民が病院へ送られて検査を受けていると、長官は説明した。

Canada birdflu not highly pathogenic H5N1-source Reuters AlertNet (英国) カナダで発生の鳥フルはH5N1ではないと
 匿名の有力情報筋からの情報によると、先週ガチョウの子から検出されたH5亜型鳥フルウイルスは、高病原性H5N1ではないようだ。
6月20日

米国と日本における鳥フル情報の違い(Google検索)
2006年6月20日 火曜日 9:51:32 PM

米国:インドネシアにおける14歳少年の鳥フル死亡ニュース
Indonesian teenager dies of birdflu - WHO
Reuters India, India - 6 minutes ago
JAKARTA (Reuters) - The World Health Organization has confirmed an Indonesian teenager who died last week was infected with birdflu, a health ministry ...
BirdFlu Kills 14-Year-Old Indonesian Boy
Hartford Courant, United States - 14 minutes ago
JAKARTA, Indonesia -- A 14-year-year-old boy died of birdflu, officials said Tuesday, raising the country's death toll to at least 39 people. ...
BirdFlu Kills 14-Year-Old Indonesian Boy
Bluefield Daily Telegraph, WV - 15 minutes ago
By MARGIE MASON. A 14-year-year-old boy died of birdflu, officials said Tuesday, raising the country's death toll to at least 39 people. ...
Indonesian Boy Dies of BirdFlu; Experts to Discuss Cases ...
Wall Street Journal (subscription), NY - 18 minutes ago
JAKARTA, Indonesia -- Indonesia edged closer Tuesday to becoming the world's hardest-hit birdflu country after tests confirmed a 14-year-old boy died from the ...
Birdflu kills 14-year-old Indonesian boy
Kentucky.com, KY - 20 minutes ago
JAKARTA, Indonesia - A 14-year-year-old boy died of birdflu, officials said Tuesday, raising the country's death toll to at least 39 people. ...
BirdFlu Kills 14-Year-Old Indonesian Boy
CBS News - 20 minutes ago
By MARGIE MASON AP Medical Writer. (AP) A 14-year-year-old boy died of birdflu, officials said Tuesday, raising the country's death toll to at least 39 people. ...





日本:フランスからのフォアグラ輸入解禁ニュース他
フランスに対する家きん輸入一時停止措置を解除
EICネット - 3時間前
フランスについては、06年2月24日に鳥インフルエンザ発生に関する情報が同国家畜衛生当局から農林水産省に寄せられたため、即日家きん ...
富士経済、一般用医薬品市場調査結果を発表
日経プレスリリース - 5時間前
... 1千3百億円を超える大きな市場を形成している。PPA配合製品の販売中止や暖冬により風邪やインフルエンザがあまり流行しなかったこと、鳥インフルエンザ報道により医療機関の利用 ...
山西で高病原性鳥インフル、広東の患者は好転か
中国情勢24 - 10時間前
農業部は19日、山西省・長治(ちょうじ)市長子県の養鶏所でニワトリが死に、国家鳥インフルエンザ参考実験室(国家禽感参考実験室)が死体を検査した結果、高病原性のH5N1型の ...
P4施設は動きだすか
東京新聞 - 13時間前
... テロ対策のため病原体の移動が難しくなり、海外施設を使いにくくなっている」と、調査研究の背景を説明する。新型肺炎(SARS)や鳥インフルエンザなどで ...
フォアグラも4か月ぶり…仏家禽類、一部除き輸入再開
読売新聞 - 2006年6月19日
フランスで2月に鳥インフルエンザが発生し、同国からの家禽(かきん)類の肉や内臓の輸入が停止されていた問題で、農林水産省は19日、新たな発生がないとして ...
◎仏産フォアグラの輸入解禁
福島民友新聞 - 2006年6月19日
農水省は19日、フランスの鳥インフルエンザ発生以来停止していたフォアグラなど同国からの家禽(かきん)や家禽肉、内臓の輸入を一部を除き、約4カ月ぶりに解禁した ...


Indonesian teenager dies of birdflu: WHO Washington Post, (米国) WHO:インドネシアの10代少年が死亡
 WHOは、先週死亡したインドネシアの14歳少年が鳥フルに感染していたことを確認し、インドネシアでの鳥フル死亡者数が39人となった。少年は南ジャカルタに住んでいたが詳細については不明。
UPMC plans flu pandemic conference Milwaukee Business Journal (米国) ピッツバーグ大学医学センター、パンデミック・インフルエンザ会議を開催
 
 ピッツバーグ大学医学センターは、21日、保健医療専門家および企業経営者達と、パンデミック・インフルエンザが発生したとき、どの程度の被害が地域の産業に及ぼすかについて話し合う。
 この一日会議は、”企業界に危険性:パンデミック・インフルエンザに対する備え”と題され、企業経営者や管理者達に”鳥インフルエンザ”の状況を説明し、発生の危険性に対する行動計画を作成してもらうことを意図している。
 
 世界銀行の専門家達は、パンデミック・インフルエンザが米国内で発生した場合、20万人の死者と70万人の病院入院者、そして4000万人の病院受診者が発生すると推定しているが、それらによる経済的損失は2000億ドル(20兆円)と評価されている。(これらの評価は分析検討する機関、および推定する流行規模で異なり、オーストラリアのローリー研究所では、米国における最大死者数は210万人と推定している。因みに日本での最大死者数は200万人とされる)。
 ピッツバーグ大学のスタッフ以外の講演者として、下記の企業からの代表者が予定されている。
 Giant Eagle(食料雑貨販売商社):食糧や医薬品の供給をいかにして継続するか。
 Mellon Financial Corp.: 人的資源確保に関する施策(human resource policies)
 Port Authority of Allegheny County(アレゲニー郡港湾管理者):サービスの継続とその停止に関する問題( a plan to maintain service and how to prioritize which services are cut first.)

 会議登録は無料であるが人数は200人に制限されている。

Canada quarantines second poultry flock for birdflu New Zealand Herald (Subscription),  (ニュージーランド) カナダで第2の家禽農場隔離へ
 カナダは第二の放し飼い家禽農場で、鳥フルの調査を行っている。全ての家禽の健康状態に問題はないと当局は語っている。
 最初の鳥フル発生が確認された農場との間で、家禽同士の接触や、従業員の足で汚染された可能性があるため、閉鎖して調査していると、当局者は語った。
 
 先に家禽農場でガチョウからH5亜型ウイルスが検出されているが、詳細に関しては未定。もしH5N1ウイルスが確認されたなら、米大陸で初の検出となる(訳者注)。
US trains foreign scientists in bird-flu testing Reuters India (インド) 米国、海外の研究者に鳥フル検査を指導

 海外19ヵ国からの20数人の研究者を対象に、今週、鳥フル検査の手技を指導すると、米国農業省は19日発表した。1週間コース。先に2回同様のコースを持ち、34ヵ国から51人の研究者が参加している。
 アルゼンチン、ブラジル、ブルキナ・ファソ、ビルマ、コートジボアール、コンゴ、ドミニカ、インドネシア、レバノン、リビヤ、メキシコ、モザンビーク、オマン、パキスタン、ルーマニア、スーダン、台湾、ウガンダ、ウルグアイ。

Churches, families urged to prepare for possible birdflu pandemic Catholic Online (米国) 鳥フルのパンデミックに教会と各家庭は備えなければならない
 
 米国カソリックニュースサービス (www.catholicnews.com)

 教会は鳥インフルエンザ問題の最前線にある。情報伝達の役割、ワクチン接種や患者のトリアージ(重症度の判断、または緊急性の判断)の場所、または一時的避難場所、ないし保健医療提供の場、等として必要とされる機構の一つと考えられている。問題を研究している専門家が語った。
 世界はパンデミック・インフルエンザをいつ迎えてもおかしくはない。
 
 ミネソタ州の各教会関係者が Westwood Community Churchに集まってフォーラム。
 世界の鳥インフルエンザ状況と、そのパンデミックの可能性、そして教会組織の役割など。

Catholic News Service (www.catholicnews.com)

The world is statistically overdue for a flu pandemic, said Bruce Johnson, chief strategist for Bioingenuity and chairman of the avian flu task force at Westwood Community Church in Excelsior. A former researcher with a major feed company, he holds a doctorate in animal science.

"The sky in my world is not falling," despite the many warnings that a bird flu pandemic could, someday soon, kill half the world's population, he said.

Johnson spoke at a community preparedness forum on the bird flu at Westwood Community Church. The forum drew church staff members from St. Luke Catholic Church in St. Paul, Minn., to St. Hubert Catholic Church in Chanhassen, Minn., and elsewhere.

A pandemic is a disease that starts locally and spreads worldwide. The bird flu – known as the H5N1 virus – has caused 128 human deaths as of June 6, according to World Health Organization reports.

According to information from WHO and both the national and Minnesota pandemic influenza plans, the flu is highly contagious and affects both domestic and migratory birds.

Experts predict that the virus will be in migratory birds that will reach the United States by the end of June, most likely in Alaska or California. The virus already has been found in migratory birds in the United Kingdom and Scotland.

The worry is that the bird virus will mutate into a human-to-human virus, similar to the 1918-1919 Spanish flu, Johnson said. Some 20 million to 40 million people died worldwide in that epidemic. Unofficially, it may have been 100 million, Johnson said.

In a worst-case pandemic flu scenario, Minnesota's Human Health Services estimates that 30,000 people in Minnesota could die over an eight-week period. In an average year, 38,000 people die from all causes in Minnesota.

About 40 percent of the workforce would be home ill or caring for ill family members or self-isolating for two weeks or more during the eight weeks of the first wave of the influenza. Those most at risk would be school-age children, young adults and pregnant women.

Rev. Dave Trautmann, adult ministries pastor at Westwood Community Church in Excelsior, said the June 1 gathering was a grass-roots effort that developed from a previous gathering of 30 church, medical and public health leaders in Carver County.

Bryan Higgins and Susan Danzeisen from the Basilica of St. Mary in Minneapolis were among the people who heard about the June 1 forum through the National Association of Church Business Administrators.

Higgins, the basilica's night and weekend coordinator, said, "Overall, we're trying to plan ahead." With many social service programs and about 250 meetings a week, the parish needs to have a plan to meet the needs, he told The Catholic Spirit, newspaper of the Archdiocese of St. Paul-Minneapolis.

Danzeisen, administrative assistant to basilica facilities, said she believes many people are in denial about the bird flu.

"Look at New Orleans," she said. Poor emergency planning left people stranded for days in the wake of Hurricane Katrina.

"Families should have a plan," she said, because people can't depend on the federal government.

Tim Remington, Westwood communications director, said he heard a talk by the CEO of an oil company in New Orleans that had a plan in place for its employees to get back to work after a hurricane. The company was back to work weeks before other companies after Katrina because it had cash, food and temporary housing set up in advance.

"I thought, 'If this oil company can do that for their employees, do we have a plan for our employees as a church? Do we have a plan for our communities of faith and those outside of our community?'" he said. "We certainly have a higher call than what business does.... Those who prepare will be more able to be the hands and feet of Jesus."


H5N1 Vaccine Could be Basis for Life-Saving Stockpile Infection Control Today (米国) H5N1ウイルス・ワクチンは備蓄用として有効の可能性
 米国聖ユダ小児研究病院の研究者達が2,3年前に作成したH5N1ウイルスに対するワクチンが、株が異なる同ウイルスに対しても効果を示したことから、将来発生する可能性の高いH5N1ウイルスによるパンデミックに備えるため、備蓄用アクチンとして有効であることが示された。
 詳細内容は18日に紹介。
New birdflu outbreak found in China Brownfield (米国) 中国で、家禽における新規鳥フル発生
 19日中国農業部は、北部の山西省で新規鳥フルが発生したことを発表した。家禽農場で鶏が死亡したことから確認された。
 中国報道によると、国立鳥フル研究所で、H5N1ウイルス感染が確認されたという。
 感染地域は緊急閉鎖され、新たな発生を防ぐために消毒と家禽の殺処分が開始された。
 中国報道によると。獣医担当責任者は先週、本年渡り鳥の間でウイルスが蔓延していると警告していた。1168羽の渡り鳥が6月1日まで、青海省とチベット自治区で死亡しているのが見つかっている。
 H5N1鳥フルは昨年多くの種の鳥類で発生しており、農業部では渡り鳥の飛行ルート、特に感染発生が報告されている地域を、今後の発生危険地域と考えてきた。
 昨年10月以降中国では30以上の鳥類における発生が報告されている。
 人での発生は、最近6月15日に南中国の広東省で確認され、合計19人の感染者が報告されている。
Animal Health Group: France No Longer Afflicted By BirdFlu CattleNetwork.com, (米国) 国際獣医事務局(OIE):フランスを鳥フル感染国から除外
 フランス農業省は、OIEが4ヶ月ぶりにフランスを鳥フル感染国リストから除外したことを発表した。南東部で商業用家禽農場でH5N1鳥フルが発生していたが、3ヶ月間連続新規発生が見られなければOIEは感染国リストから外す。
 日本は同国からの主要なファオアグラ輸入国であるが、19日、輸入禁止措置を解いた。

6月19日


More culling urged to rein in Indonesia's bird flu  Yahoo! News インドネシアでの鳥フル封じ込めには、大量の家禽の殺処分が必要
 当局が家禽の殺処分を行うための法律制定が必要。現在では飼育者が拒否したら、当局は家禽の押収は出来ない。現在法律制定を準備中と。6ヶ月以内に大量殺処分が開始出来るだろうと、当局者は見通しを語っている。
Cat infected with birdflu virus in Indonesia New Straits Times (マレーシア) インドネシアで猫が鳥フルに感染
 感染した家禽を食べた猫が鳥フルを発症したことが、WHO当局者が語った。インドネシアで初の事例。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
             
 H5N1鳥インフルエンザ感染疑いの患者を治療するインドネシア人医師 2005年10月 ジャカルタの病院 AFP写真

                        

Indonesia seeks expert help with birdflu problem, but faces major ... Canada.com, (カナダ) インドネシア政府、専門家達に鳥フル対策の助言を求める
 世界のインフルエンザ専門家達が今週、同国の鳥フル発生状況の把握のためにジャカルタに集まり会議を開く。
 インドネシア政府が専門家達を招聘。
Jakarta calls in birdflu experts amid criticism Financial Times (英国) インドネシア政府、鳥フル専門家を招聘

 国際的専門家チームが今週,、インドネシアにおける鳥フル対策に関する緊急検討会を開く。同国の死者数が増え続けていることからの緊急集合となったようだ。

 インドネシアとベトナムでは致死的H5N1ウイルス感染者が世界でも最も多く、2003年以来、123人確認されている死者数のうち81人を占めている。そしてインドネシアは間もなく世界で一番感染者の多い国になると考えられている。 WHOによると、インドネシアでは少なくとも38人が死亡している。一方、ベトナムでの死者数は43人である。

 WHO、FAO、ユニセフ、そして米国とヨーロッパのCDCの専門家達が、21日からジャカルタで会議を開く。初の死者がインドネシアで出て以来ほぼ1年経過している。
 会議は、インドネシア政府によるH5N1ウイルス対策が不備であるとの、国際的非難が高まってきていることから開かれる。特に家禽におけるウイルス拡大対策が失敗している。また、インドネシア政府は国際的専門家を招集して会議を頻繁に開いているにも関わらず、専門家達の意見に従わないという批判も起きている。
 18日、西欧のある研究者が語ったところによると、インドネシア政府は国際的非難の高まりは十分認識していて、今回の会議の開催は、そうしたことに対する反応の現れのようだ。
 インドネシア政府は今月ウイーンで開かれた”供与国会議”(本年1月に北京で開かれた国際会議で、発展途上国での鳥インフルエンザ対策用に19億ドルが国際的基金として、各国から提供されることが決まった。その後のフォローに関しての会議)で示されたプレッシャーを認識している。また4月にはWHO、FAO、そして世界銀行からの代表者による、30ページに及ぶ対策に関する勧告文書がインドネシア政府に渡されている。
 WHO当局者の1人は、インドネシアは最近人での感染者発見と対策に、積極的歩み寄りを示していると弁護する。さらに強い非難は同国の自尊心を傷つける危険性があるとも説明する。
 インドネシア政府の不明瞭な対策姿勢は、供与国によるインドネシアへの資金援助の意義に関して、懐疑的憶測も生まれている。
 インドネシア政府は9億ドルの資金援助を、北京の会議以降3年間の鳥フル対策費用として求めている。しかしながら、西欧の専門家は2億ドルが現実的金額であると評している。
 しかし金額がさらに少額であったとしても、それは一種の冒険になる可能性も高い。インドネシア政府は、それはH5N1ウイルス対策借用基金ではないと主張しているのに対し、供与国側は供与基金とすることには躊躇している。
 インドネシアの計画はある意味では良くできているが、実行されない限り、学術的計画書に過ぎない、と専門家の1人は18日語った。もし供与基金が提供されない限り、インドネシアが計画通りの対策を実行しないとしたなら、彼等は代わりの計画を用意しているのだろうか?現在はそのような計画は用意していないようだ、と語る。

BirdFlu Case Confirmed In China Prompts Poultry Ban Dog Flu Diet and Diseases (カナダ) 香港、本土からの家禽輸入禁止へ
 中国で19例目の鳥フル死者が確認されたことから、香港行政府は中国本土からの3週間の生きた家禽輸入禁止措置を行った。
 最新の死者は広東省深せん市の31歳トラック運転手で、6月3日から発熱と背部痛を訴えていた。
  
 香港では毎日2万羽の生きた鶏を本土から輸入している。
6月18日

HK fights poultry smuggling to keep out birdflu Washington Post, (米国) 下記と同じ
HK fights poultry smuggling to keep out birdflu Boston Globe (米国) 香港、鳥フル侵入防止に、家禽の密輸対策を強化
 香港の本土との4つのチェックポイントで家禽の密輸の取締を強化した。

H5N1 Vaccine Could be Basis for Life-saving Stockpile Newswise (press release)  (国際) H5N1ワクチンの備蓄が、パンデミック・インフルエンザ対策の基本
 聖ユダ小児研究病院の研究者達は、2、3年前に開発した、H5N1ウイルス株の中の1種類の株を用いて作成したワクチンが、将来のパンデミック・インフルエンザに対しても効果を持つ可能性を発表した。

 聖ユダ小児研究病院の研究者達は、2,3年前にH5N1ウイルス株の1種で作成したワクチンが、将来パンデミックとして発生するH5N1ウイルスの他の株に対しても、有効である可能性があると発表した。
 この方法で作成したワクチンは、パンデミックが発生した場合、新ワクチンが作製されるまでの間使用するために、備蓄しておく意義があると研究者達は説明している。
 出版前の論文はJournal of Infectious Diseases (JID)のオンライン版で掲載される。
 研究では、H5N1ウイルスを接種されたフェレットの発病を、ワクチンが完全に抑えることが確認された。ウイルスはワクチン株として用いたものの他、他の新しい変異株を用いて、フェレットの鼻腔に接種された。全てのウイルスはフェレットと人に致死的感染を起こすのが確認されている。
 ワクチン接種によりウイルスは上気道から下気道、または脳へ広がることが阻止された。
 今回の実験で2回のワクチン接種が効果的であることがフェレットで確かめられた。
 聖ユダ小児研究病院チーム作成のワクチンは、最近のH5N1ウイルスに対しても交差免疫を示したことが、同病院の世界的ウイルス学者のウエブスター博士により高く評価された。
 交差免疫はワクチンが作成に用いた株だけでなく、それらの変異株に対しても効果があることを意味している。
 ”このような交差予防効果は、現在作成したワクチンを備蓄しておいて、パンデミック発生時に、当該株に対するワクチンが作製されるまで使用することが出来ることを意味し、今回のフェレットを用いた我々の実験結果は、非常に期待感がもてるものだ”、とウエブスター博士は語っている。
 
 今回のワクチン作成には、reverse genetics手法が用いられて、研究室内の安全な鳥インフルエンザウイルスの遺伝子と、香港で分離されたH5N1鳥インフルエンザウイルスの赤血球凝集素蛋白(HA)をコードしている遺伝子が混ぜ合わされた。細胞表面のHA蛋白はウイルスが呼吸器の細胞に付着するのに必要とされる。出来たワクチン(中に含まれるウイルス)は、外表には危険なウイルス(H5N1ウイルス)のHA基を保有し、それは接種された宿主の免疫機構を刺激するが、内部は安全で、病気は起こさないウイルスの遺伝子から出来ている。
 聖ユダ小児研究病院のチームの作成したワクチンは、 reverse genetics手法を用いて臨床試験が試みられた初のワクチンである。
 研究の詳細説明は同病院のホームページに記載。http://www.stjude.org/media/0,2561,453_5484_4638,00.html.

 聖ユダ小児研究病院 ホームページ http://www.stjude.org
 (このワクチンは、H5N1ウイルス表面のHA蛋白に対する抗体を宿主に作らせることで、侵入してくるH5N1ウイルスを排除するものである:訳者注)
 
New cases of birdflu in S Hungary MTI (Subscription), Hungary (ハンガリー) ハンガリー南部で、ガチョウに新規鳥フル発生
 先に家禽の間でH5N1ウイルス感染が確認されていた地域で、ガチョウで感染が確認され、周辺の家禽の殺処分が行われている。
ルーマニア、ウクライナ南部でもH5N1ウイルスは家禽の間で広がっている。


Press release: Red Cross Red Crescent prevented from preparing for ... Reuters AlertNet, UK (英国) 国際赤十字赤新月社、基金不足から鳥フル、パンデミック・インフルエンザ対策が困難とアピール
 
国際赤十字赤新月社が世界的対策のために1340億ドルの基金援助を求めて2ヶ月、いまだ3.2%しか集まってなく、対策が困難な状況であると、同社は訴えた。
 (同社のアピールは4月21日に紹介してある:訳者)
Hungarian birdflu vaccine to be tested on 500 volunteers MTI (Subscription), Hungary (ハンガリー) ハンガりー:自国製造鳥フルワクチンの臨床試験へ
 最近150人を対象に臨床試験を行い、H5N1ウイルスに対して効果があることが確認されたH5N1鳥フル用ワクチンに対して、小児や年金受給者を含む500人のボランティアでさらなる臨床試験が行われる。試験の目的はEU規則をパスして、EUに公式認証してもらうためである。
 アジアや中東の数カ国からすでに数百万人分発注されており、2~3百億円(数百フォリント)の取引高(1人分4500~5000円)
 になるようだ。
 製造会社のオムニベストによると、パンデミック発生時には国民を予防するのに十分なワクチン製造能力を4月に確立してあると言う。
 (訳者:このワクチンに関して、WHOを初めとして専門家から、人に使用するのは危険で、あくまでも試験的ワクチンでしかないと、批判が相次いでいる。今回の臨床試験でEUが公式に認証するかどうかは分からない)。
6月17日

Flu likely ‘to sweep’ state, killing 2% The Republic.com (subscription), IN  (米国) インディア州:パンデミック・インフルエンザで2%が死亡の可能性も
 インディアナ州保健長官がパンデミック・インフルエンザに対し、市民は深刻に受け止めて対策を立てる必要があると語った。もし米国内に拡大してきた場合、それは数週間で米国内に広がるだろうと警告した。
 彼女によると、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、33%が発病し、2%が死亡する可能性があるという。
IWHO completes birdflu study on biggest cluster death in Indonesia People's Daily Online, (中国) WHO、インドネシアの家族内集団発生の調査を完了
 WHOはインドネシアの北スマトラで発生した家族内集団発生事例に関する、1ヶ月に亘る調査を終了したと発表。
 調査結果は地元住民の反対があるため公表しないと、WHO報道官は語った。
 WHOの調査と村人達の脅威の高まりは何ら関係はない。WHOは調査を終えたから、現地を去らなければならない。報道官はそのように語り、調査結果はインドネシア保健省に提出済みであると言った。
カナダ東部で鳥インフルエンザ・ガチョウからウイルス 日本経済新聞
 カナダ食品検査局は16日、同国東部のプリンスエドワード島でガチョウから鳥インフルエンザウイルスを発見したと発表した。ウイルスはH5型だが、アジアなどで死者を出している病原性の高いH5N1か、病原性の低いH5N2かは不明。カナダでは昨年末にH5N2が発見されている。今回のウイルスがH5N1の場合、北米で最初の感染例となる。
 食品検査局などによると、ニワトリやアヒルと一緒に飼育している群れの中で、12日に4羽のガチョウが死んでいるのが見つかった。初期検査でH5ウイルスと確認され、現在、さらに詳しい検査を実施している。
H5N1 virus may have mutated China Daily  (中国) H5N1ウイルス、変異の可能性
 中国広東省で死亡した31歳男性の事例を受けて、香港保健省大臣が、ウイルスが変異して暑い季節でも活発化している危険性を語った。
BirdFlu Case Found In Canada Trading Markets, CA (米国) カナダで鳥フル発生
 カナダ東部のプリンス・エドワード島で家禽におけるH5鳥フルが確認された。H5N1ウイルスにようものかどうかは詳細検査結果がでるまで分からないとされる。同地域の保健当局の責任者によると、人への感染は心配ないとされる。
An H5 avian flu virus found in domestic goose in PEI; further ... 940 News, Canada  (カナダ) カナダでガチョウでH5鳥フルが発生
Canada finds bird flu, unclear what virus strain Reuters AlertNet, UK (英国) カナダでH5鳥フル発生、亜型は不明
 カナダの東部、プリンス・エドワード島で家禽におけるH5鳥フルが発生した。さらに亜型に関する分析が行われる。人への感染の危険性はないと当局では言っている。
Meetings set up to discuss flu pandemic Linton Daily Citizen, IN インディアナ州:パンデミック・インフルエンザ対策会議が開始
 
What is a flu pandemic? パンデミック・インフルエンザとは?
How is the disease spread? どのようにそれは広がる?
What will be the potential effects in Indiana or Greene County? インディアナ州とグリーン郡ではどんな被害が生じる?
What can be done locally to prepare for an outbreak? 流行発生に我々はどのように対処ですべき?

 間もなくグリーン郡で開かれる4回シリーズの、パンデミック・インフルエンザ・サミットでのテーマである。
Maine begins testing wild birds for avian flu Boston Globe, United States メイン州で野鳥での鳥フル検査が開始
 ヨーロッパからの渡り鳥ルートに最も接近している州であるメイン州で、野鳥におけるウイルス検査が始まった。
Alaska is front line vs. avian virus WZZM, MI アラスカは鳥フル最前線
Red Cross BirdFlu Appeal Draws Meager Response, Despite Need To ... Mediafax, Romania 国際赤十字赤新月社、基金援助をアピール
 国際赤十字咳半月社は、鳥フル対策のための資金援助を求めていたが、いまだ僅かしか得られていないと、さらなるアピールをした。
 1340万ドルの資金援助を求めてから2ヶ月間にその3.2%しか集まっていない、と言う。
 (4月21日に先の報道)

Report: Birdflu kills Indonesian girl Political Gateway, FL 報告:鳥フル、インドネシアの少女を死亡に
6月16日

New China case suggests H5N1 now more infectious-HK Reuters AlertNet, UK (英国) 香港保健省:中国の最新事例は、H5N1ウイルスの感染性が高まっていることを示唆
 中国広東省での最新事例から、香港保健省は、ウイルスが温暖な気候でも感染するように変異の可能性を懸念。年中感染性を有するウイルスとなったなら、冬期間はさらに感染性を増す危険性。
Indonesian boy dies of birdflu TODAYonline, Singapore  (シンガポール) インドネシアで少年が鳥フルで死亡
 インドネシアで14歳の少年が鳥フルで死亡したことが、保健省の高官から発表された。インドネシアの検査でH5N1ウイルスが陽性だった。
 少年は14日、南ジャカルタ病院へ入院し、同日死亡している。
 少年の肺から得られた検体は香港のWHO研究所へ送られている。
 接触者調査が現在行われている。
 (他報道では、少年は家禽と接触の既往があると言う)
Another Death in Indonesia Deepens Fears of BirdFlu's Spread New York Times (米国) さらなるインドネシアにおける死者の発生は、鳥フル拡大の恐れを増強
 インドネシアで昨日38人目の鳥フル死者がWHOにより確認され、インドネシアの状況の悪化が続いていることが示された。
 インドネシアにおける対策が極めて貧弱なことと、実際に人人感染が生じて広がっている可能性がないのか、疑問を呈している。
 WHOの発表に対するナイマン博士の懐疑的見解を紹介し、ナースを初めとして本当に感染者が広がっていないのか警告。
 (ナイマン博士の見解は6月4日の同紙(ニューヨーク・タイムズ)の報道で既に紹介済み)。
印刷用PDFファイル
 インドネシアで昨日38人目の鳥インフルエンザ死者がWHOにより確認され、インドネシアにおける鳥インフルエンザ発生状況の悪化が続いていることが示された。

 インドネシアは今や42人の死者を出したベトナムに次いで、第2の鳥インフルエンザによる人の犠牲者を出している国になった。しかし、ベトナムは今年度、感染者を出していないのに対し、インドネシアでの発生数はうなぎ登りで、その中でも家族内発生が目立っている。
 世界銀行は12日、インドネシアの鳥フル対策は、無秩序で、資金も乏しいと語った。13日、OIEはもはや家禽における発生すらチェック出来ていないと警告した。インドネシア政府による公的発表では、昨年、僅か800羽の鶏しか鳥インフルエンザで死亡していないとされていたが、現地のニュースでは、33州のうち29州で、数千羽の鶏の死が報じられていた。
 インドネシアは人口が2億4千2百万人と多く(それは世界で4番目)、そして推定では13億羽の鶏が1万8千の島々で飼育されている。
 12日、ジャカルタ・ポスト紙は何人かの専門家の意見として、政府がこの感染症の広がりを十分把握していないことと、何度、人人感染が起きた可能性があるのかをも明確に出来ていないことを、報道で伝えた。そして先週、インドネシア保健省のシチ・ファディラー・スパリ大臣は、国民に如何にしてこの感染症の恐ろしさを伝え、食べずに殺処分するように指示すれば良いのか、方法が見つからないと語っている。
 昨日、インドネシア保健省は、バンテン州で6月1日に7歳少女が死亡し、同国で38人目の鳥インフルエンザ死亡者となったことを発表した。10歳の兄も5月29日に死亡しているが、検体が採取される前に埋葬されているので、死因は不明となり、鳥インフルエンザ死者には数えられない。家庭で飼育していた鶏が兄妹が発病する前に死亡していたとされる。
 報道機関が保健当局者の話として伝えるところによれば、7歳少女が生存中に採取された、鼻と咽頭の拭い液からはウイルスは検出されず、死後の肺から得られた検体でウイルスが確認されたようだ。(死亡しない場合は診断が未確定となる可能性が高い:訳者)。
 H5N1ウイルスの場合、鼻と喉からの拭い液(スワブ)-通常のインフルエンザ診断手技-では擬陰性の結果が得られやすい。なぜならH5N1ウイルスは肺の奥の細胞に付着するからで、上気道の細胞では検出されずらい。WHOによると本年1月に、トルコでの最初の人感染例で同じ失敗があって、誤診につながった。
 生化学者で、WHO発表の公式患者数に疑問を投げかけてきたヘンリー・L・ナイマン博士は、検査方法のエラーで患者数は過小評価されていて、さらに血液検査を行っても、検出され得る抗体量が体内で産生される前なら、擬陰性となり、診断は下さないと主張している。
 16日のインドネシアの報道「The Tempo」によると、ジャカルタ郊外での、感染した家禽の殺処分と死亡者の葬儀を取材した記者達の1人が、インフルエンザ様症状を呈して入院した。報道では検査結果については触れていない。
 WHO報道官のディック・トンプソン氏は、記者の件については何ら報告を受けていないと語ったが、WHOはジャーナリスト向けに”安全ガイドライン”を作成していると語った。またジャーナリスト達の中には、感染源のすぐ側まで接近しすぎる者もいる、と警告している。
 さらに、鳥インフレエンザ患者達の看護を担当して、病的症状を呈して入院したナース達に関する、いくつかの報道が現地ではあるが、その事実はウイルスが容易に人に感染しやすくなっている可能性を示している。6月6日、WHOはこれらのナース達4人の検査では間違いなくH5N1ウイルス感染は否定されたと発表した。そして1人のナースは季節性のインフルエンザ(H1N1:ソ連風邪(訳者注)に罹患していたとも伝えた。
 ナイマン博士は、血液で検査されない限り、事実は確認出来ないと語っている(抗体が産生されてくるか否かで判断:訳者)。
 最近インドネシアから戻ったWHOの報道官トンプソン氏は、ナース達の検査がどのように行われたのかは分からないが、インドネシアの保健当局は、家禽での対策はお手上げ状態ではあるが、人の事例に関しては一生懸命調査分析している、と語った。


Schools encouraged to plan for pandemic flu Columbia Daily Tribune, MO (米国) ミズリー州:学校に対するパンデミック・インフルエンザ対策を推進

 パンデミック・インフルエンザに対して、各学校は過度に反応してはならないが、準備を急ぐ必要はある、と当局が警告している。

 コロンビア公立学校と他の学校地区は、パンデミック・インフルエンザに対処する計画を州機関と協同的に作成している。エディー・ヘドリック(ミズーリ保健高齢者福祉局の新興感染症調整官が語った。

 その緊急計画(それは年末までに利用できる予定)は、パンデミック発生の場合に、地域社会と学校、および両親によってとられるべき詳細な対策が盛り込まれる。

 ヘドリック氏は、パンデミック・インフルエンザの可能性を論議するために、昨日、コロンビアのミズーリ学校評議委員会本部で、国立学校評議員協会(MSBA)のアンネ・ブリアント会長と会談した。内容はMSBAのインターネットネットワークを通じて全国の学校当局者にテレビ放送された。

 季節的インフルエンザとは異なり、パンデミック・インフルエンザは、インフルエンザウイルスの新しい株が人間に感染しだしたとき発生する。ほとんど免疫がないので、ウイルスは人から人へ短時間で蔓延する。パンデミック・インフルエンザは、鳥または家禽から人間に感染する”鳥インフルエンザ”とは異なる。(異なるというよりも、その変異したものと考えられる、予想される:訳者)。

 現在、パンデミック・インフルエンザの流行は認められていないが、「間もなくそれは発生する」と、ヘドリック氏は語っている。そして、過去1世紀内に3つのパンデミック・インフルエンザが発生していることを強調した。最後は、1968年である(香港風邪:訳者)。

 学校では、閉鎖された空間に多くの集団が集まるので、特に対策が必要となる

 実際に人々が流行を防止する方法としては多くのことはないが、個人的な単純な予防措置でインフルエンザの拡大を遅らせることは出来る。頻繁な手洗いは重要だと、ヘドリック氏は言う。消毒用ゲル剤は効果があるが、汚れた手には十分ではない。また、両親と先生は、子供たちに咳をする場合の注意点について、教える必要がある。ハンカチーフまたは袖で、口と鼻を押さえて、ウイルスの広がりを防がなければならない。学校は、毎晩、机とテーブルを消毒するべきである(Schools should clean desks and tables nightly)。

 「これらは、我々がいつもすべき常識的なことである。決して最新の科学的方法ではないが」と、ヘドリック氏は説明する。

 州と連邦機関はガイドラインを提供することができるが、パンデミック・インフルエンザは地域社会の問題であると、ブライアント会長は語る。彼女は、学校当局は対策に関して、地域の保健当局、企業、そして両親達と話し合ってゆく必要があると説明する。

 地域の学校における対策では、発病した子供達を学校から家庭、または子供を預かる施設に送り届ける方法を盛り込む必要があり、また家庭で発病した子供達に付きそう教師に関する対策も必要である。そしてどの時点で学校を閉鎖するかに関しても検討する必要がある。
 ”関係者全てで行動する必要がある”、とブライアント会長は語っている。

University Of Iowa Develops Bird-Flu Response Plan KCCI.com, IA (米国) アイオワ大学で鳥フル対策計画を作成
 
 アイオワ大学の特別対策チームは、鳥フルのパンデミックに対する行動計画を作成した。
 鍵となる対策は、流行時には授業やイベントの中止、学生を寄宿舎に隔離となっている。

 パンデミックによる被害の予測では、学生やスタッフおよび教授団の35%に相当する15000人が発病、15%に相当する6500人が入院、そして2%の860人が死亡する。
 公衆衛生学部のクリストファー・アトキソン教授は、誰が授業閉鎖などの中止を決定するかなどの責任を持つか等、問題があると語っている。学長が最高責任者であると考えられるが、州政府や、大学評議員会、さらに保健当局の指示に従う必要もある。


 
UN official praises Viet Nam for combating birdflu Viet Nam News Agency, (ベトナム国営通信) 国連、鳥フル対策で、ベトナムを賞賛
 国連の鳥フルと人インフルエンザ対策調整官であるダビド・ナバロ博士は、6月14日、ベトナムとタイをH5N1ウイルスを撲滅した国家のモデルとして賞賛した。

 ”私は毎日のように新しい鳥フルの発生を耳にする。しかし、また、ウイルス撲滅のために懸命に努力している国々の話を聞く”、とナバロ博士は語っている。
 彼は、ベトナムとタイがH5N1鳥フル発生を減らす為に素晴らしい対策を行い、中国も大きな進歩を示していると付け加えた。
 
 またナバロ博士は、世界の他の国々ではウイルスは深刻な状況にあると語り、特にインドネシアでは火山の爆発や地震で環境要因が変化してきて、警戒される、と語った。
Report: US Hospitals Not Prepared For Major Emergency WKRC 12, Cincinnati  (米国) 報告:米国の病院は大災害に対応できていない
 医学研究所( Institute of Medicine)の調査報告によると、毎年50万人の急病患者が救急車で運ばれた救急治療室から、収容しきれない理由で、そこから他の離れた病院まで転送されている。1分間に1人の割合である。そのために死亡した患者数は分からない。
 報告書によると、溢れかえった救急治療室の状況は、いかに国の救急体制が現状に対応できなくなっているかを物語っており、現在は限界にきていると結論する。
 報告書の著者の一人である医師は、テロ攻撃または鳥フルのパンデミックが起きた状況で、どのように業務の遂行が出来るの疑問である、と心配している。
鳥インフルエンザ、38人目の死者 インドネシア CNN Japan
 ジャカルタ──インドネシア保健省は15日、首都ジャカルタ近郊のパムランで約2週間前に死亡した7歳少女の、鳥インフルエンザH5N1型ウイルス感染を確認した、と発表した。これで、同国における高病原性鳥インフルエンザによる死者は、計38人となった。
 少女の検体を調べた、香港にある世界保健機関(WHO)の研究機関が、確認した。インドネシア保健省によると、少女の兄弟もインフルエンザ様の症状が出た後に死亡したが、感染を確認する前に埋葬されたという。
 高病原性鳥インフルエンザの感染者数は2003年以来、東南アジアを中心に増加している。WHOによると、インドネシアでは49人が感染し、このうち38人が死亡。感染死者数は、ベトナムの42人に次ぐ人数となっている。 
 インドネシア政府はこれまでに、高病原性鳥インフルエンザの対策費用として、今後3年間で9億ドル(約1035億円)が必要だと主張しているが、2006年に盛り込まれた予算額は、5900万ドル(約68億円)に過ぎない。世界銀行も今週、インドネシアの対策費用は足りないと指摘している。
TOP