高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
6月15日

・Reporter Hospitalized in Bandung With H5N1 BirdFlu Symptoms Recombinomics (米国) インドネシア、バンドゥング:新聞記者、H5N1鳥フル症状で入院
 バンドゥングで鳥フルの取材をしていた記者が高熱と呼吸困難を呈して入院したことが、現地の報道機関がニュースとして流した。
 10日に発病し14日に入院したという。詳細は不明。
・Contacts of suspected human birdflu patient test clear People's Daily Online (中国) 鳥フル疑い患者との接触者調査で、全員感染なしと
 広東省シンセン市で鳥フル疑いで入院中の男性と接触した98人について(親戚、医療スタッフなど)、H5N1ウイルス検査を行っていたが、全員陰性であると、当局が発表。
・WHO confirms birdflu death in Indonesia Reuters (国際) WHO、インドネシアでの新規鳥フル死亡を確認
 先月、ジャカルタとの境界のパムラングの7歳少女が死亡し、インドネシアでの検査はH5N1ウイルス陽性だったが、確認のため香港の研究所に検体が送られていたが、同研究所で確認されたことがWHOから発表された。インドネシアでの死亡者数は38となった。
 少女の死亡2日前に10歳の兄が死亡したが、検体を得る前に埋葬されていた。
 家族によると子供達が発病する前に多くの鶏が死亡していたと言う。
・ER System Needs Major Changes, Institute Says KETV.com (米国) 救急体制の大変革が必要
 医学研究所( Institute of Medicine)の調査報告によると、毎年50万人の急病患者が救急車で運ばれた救急治療室から、収容しきれない理由で、そこから他の離れた病院まで転送されている。1分間に1人の割合である。そのために死亡した患者数は分からない。
 報告書によると、溢れかえった救急治療室の状況は、いかに国の救急体制が現状に対応できなくなっているかを物語っており、現在は限界にきていると結論する。
 報告書の著者の一人である医師は、テロ攻撃または鳥フルのパンデミックが起きた状況で、どのように業務の遂行が出来るの疑問である、と心配している。
・Alert on silent H5N1 carriers The Standard (香港) 無症状H5N1ウイルス・キャリアー警戒


中国広東省シンセン市
The Standard
 香港行政府の保健福祉食糧庁長官のチョウ氏は、”家禽の間におけるH5N1ウイルス無症状感染”が、香港との国境沿いの中国で発生しており、それが人に対する感染の危険性を高めている。そのような推測を語った。

 チョウ氏の憶測は、広東州のシンセン(Shenzhen)市で31歳のトラック運転手であるジアングさんが、H5N1ウイルスに感染した疑いがもたれていることを、中国当局から報告されたことを受けて、発表された。
 中国の国営通信である新華社は、ジアングさんが6月3日に発熱、背部痛、および咳を呈しだし、翌日入院したことを発表した。
 報道によるとジアングさんは重体であるが、彼の家族は症状を呈していないとされる。しかし全員観察下に置かれているようだ。
 14日、長官の談話では、ジアングさんは妻がロングガング地域の市場で買ってきた鶏を食べたが、家禽と特に接触した既往はないとされる。
 ”彼の感染危険性は他の市民と同じだった”、と長官は語る。
 ”我々は、放し飼いの鶏の間で、無症状感染が起きている可能性を懸念している。感染した鶏は、無症状でウイルスを保有し周辺を歩き回っているかも知れない。それを我々は心配している”。
 シンセン市当局では、ジアングさんは地域の検査所で、3回検査が行われているが、全てでH5N1ウイルス感染が確認されたと発表している。現在、北京の研究所で確認作業が行われているが、結果については保留されている。
 WHOでは、この事例はH5N1鳥インフルエンザ感染として確認されるだろうとの見解をだしている。
 
 香港当局はシンセン市から入ってくる旅行客に対して発熱チェックを行っているが、中国本土から輸入される家禽のチェック態勢も強化する予定と言う。
 チョウ長官は、もし彼の恐れが正しいとしたなら、それは大問題に発展すると説明する。
 ”もし人々がそれら無症状家禽に接触して感染したとしても、我々は発病者の感染源を特定できないことになる”、と長官は警告する。

 (不良ワクチンの疑い)
 専門家によると、不良な、または非標準的(標準以下)なワクチンを接種された場合、家禽は死亡しないか、または発病自体が防止される、と言う。しかし、ウイルス感染が起きた場合、感染は防止されず、ウイルスが鶏の中で増殖し、それらは便中に排出される。
 同様の問題は少なくとも37人が死亡しているインドネシアでも起きている。

 広東省衛生部の報道官は、当局は中国本土から持ち込まれる鶏の監視態勢を強化したと発表した。
 香港では、病院管理局(Hospital Authority)が、全ての市内の病院に対して肺炎患者を報告することを要求した。
 一方、医師や獣医師等から構成された6人のチームが香港からシンセン市を訪れ、発生した患者の詳細な状況の聞き取り調査を行った。
 調査後の、香港保健省の報道官の発表では、患者は重体で聞き取り調査が出来なく、感染源の特定は難しいとされる。

 北京では、保健当局が一般市民の不安を抑えるよう努めている。
 ”これは単なる孤発例に過ぎない。集中発生の兆候のある県は何処にもない。パニックになる必要はない”、と衛生部の報道官は強調している。

 北京のWHO事務所のロイ・ワイダ氏によると、シンセン市の事例は13日に報告を受けたと言う。同時に中国政府は香港当局へも情報を伝えたようだ。
 ワイダ氏によると、中国当局はWHOに対し、何も支援の依頼はしてこなかったようだ。
 ”中国はこれまで、多くの人H5N1ウイルス感染例を経験してきている。今回の事例が確認されると19例目となる”、とワイダ氏は語った。
 ”中国や他の国々での対策の困難性は、家禽における発生、特に小さな発生や散発的発生をしらみつぶしに抑えてゆくことだ”。
 ”通常、動物での発生が、保健当局に対する環境内にH5N1ウイルスが存在している警告になるが、中国の場合(また他の国々においても)、ほとんどの人発症例が、動物での発生の確認の前に見つかっている(他の国々:インドネシア、アゼルバイジャン、等:訳者)”。
 そしてワイダ氏は以下のように結論する。
 ”そういう理由で動物における監視態勢が、鳥フル対策の鍵となっている。もし動物での監視態勢が強化されないならば、中国は鳥フル対策で途方もない挑戦を続けることになる”。
 
 H5N1ウイルスは1997年に香港に初めて出現した。18人感染して、6人が死亡している。200万羽以上の鶏が迅速に殺処分された。
 大量の殺処分は、地域での問題を解決したが、H5N1ウイルスはその後アジアの鳥の間で感染を繰り広げ、最近では渡り鳥の間でも感染が広がり、それはウイルスを長距離に渡って運ぶ結果になっている。
 専門家達はウイルスが変異して、人に容易に感染するようになり、世界的パンデミックになることを恐れている。


・Birdflu vaccine protects ferrets, maybe people ABC News (米国) 鳥フルワクチン、フェレットで効果、多分人でも有効と
 米国、聖ユダ小児研究病院のチームでの研究。
 H5N1の香港株を用いてワクチン作製。接種フェレットは十分量の抗体を産生しなかったが、4種類の異なるH5N1ウイルス株を接種して感染実験をしたところ、フェレットは生き延びた。作成ワクチンが4種類のH5N1ウイルスに対して交差反応を示したことを意味し、パンデミックに対する備蓄用ワクチンとして有用であると結論。
 パンデミックが起きてから流行株を特定してワクチンを作製した場合、作製されるまでの数ヶ月間に数百万人の人々が世界で死亡すると考えられる。初期に用いることの出来るワクチンの開発が求められている。

 国際医薬品製薬企業連合(The International Federation of Pharmaceutical Manufacturers & Associations)によると、世界で15企業により31種類のパンデミック鳥フルワクチンが人用に開発、または臨床試験中にある:オーストラリア、オーストリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、オランダ、スイス、英国、米国。
6月14日

・Employers Not Prepared for Avian Flu, Survey Finds PR Newswire (米国) 調査:雇用者の鳥フル対策が十分ではないと
 Thompson Publishing Groupによる米国企業に対する調査報告。468の解答企業のうち、76%は何ら対策を講じていない。47%の管理者は、対策は重要であると考えている。…
 
WASHINGTON, June 14 /PRNewswire/ -- American businesses are ill-prepared for the potentially devastating effects of a global avian flu pandemic, according to a new survey by Thompson Publishing Group. The survey found that 76% of the 468 respondents have no contingency plan for an avian flu outbreak, even though 47% said senior management considers the issue important. "Moderate estimates by the World Health Organization (WHO) indicate that up to 25% of the workforce could be lost in a pandemic," says John Ortman, Thompson's editor in chief. "This should spur companies to protect against an outbreak." However, of the 63% of the survey respondents who reported having a business continuity plan, only about one-quarter of them have contingencies for a possible avian flu outbreak. What are employers worried about? Human resources-related issues (72%) and remote work agreements (48%) are the areas of greatest concern in developing a plan. Other concerns include IT/data processing (41%) and coordination with state and local governments (35%). IT issues may be less important, according to Ortman, because IT contingency plans are already in place in most large and medium-sized business and in the public sector. Of the 225 people known to be infected with the virus as of June 6, 2006, 128 have died, according to the WHO. Although the virus has mostly spread to humans through contact with infected birds, the possibility of the virus mutating and transmitting human-to-human has health authorities concerned. The World Bank believes that the economic consequences of a pandemic will be severe, costing the global community an estimated $800 billion a year. The U.S. cost alone could top $625 billion. "For employers, this means a contingency plan could be essential to their survival," Ortman says. "Developing programs to cross-train employees, creating telecommuting policies and revising sick leave allowances are recommended ways for an employer to prepare." Thompson Publishing Group, a Washington, D.C.-based information services provider, has been a leading source of analysis and guidance for business and government executives since 1972. Professionals rely on Thompson for help in tracking, and complying with, the dynamic regulatory mandates facing their organizations in a variety of areas including human resources; pensions and benefits; grants seeking and grants management; education, including Title I; FDA; environment and energy; and health care.

・Area unprepared for H5N1 birdflu pandemic Mt. Olive Chronicle (米国) 地域でのH5N1鳥フルのパンデミック対策が不十分と
・Suspected birdflu case investigated China Daily (中国) 鳥フル疑い例を調査
 広東省の事例。
・HK fears healthy-looking but H5N1 infected chickens  Reuters AlertNet (英国) 香港、H5N1ウイルス感染無症状の鶏を警戒

 香港政府は、H5N1ウイルスを保有して無症状の鶏が、人へ感染を広げている可能性を警戒している。

 保健省大臣の声明は、中国本土の広東省でトラック運転手が鳥フル様症状で重体になっていることが、中国衛生部から発表になったことを受けてなされた。
 ”我々は無症状でありながらウイルスを保有して人に感染させる鶏を警戒している”、と大臣は香港の記者会見で語った。
 もし今回の疑い患者がH5N1ウイルス感染を確認されたら中国で19人目の感染者となる。そのうち12人は死亡している。過去1年間、中国は12県以上で約40件の家禽での鳥フル発生を報告しているが、人での発生の多くは、家禽での発生が確認されていない地域である。
 他の国での人の感染は、発病した家禽との直接的接触の後に起こっていることから、中国におけるこのような状況に専門家達は困惑している。
 最新の疑い患者は、発病する前に、生きた家禽市場で鶏を買い、そして食べたと言う。しかし彼は家禽と濃厚接触した既往は無いという。
 大臣は中国の14億羽の鶏の6割が放し飼いであることを警戒している。
 ”ウイルスを保有し、無症状でその辺を走り回っている鶏がいるかも知れない。もし誰かがそれらの鶏に接触して発病したなら、感染源が不明と解釈される”。
 専門家達は、不良な、または非標準的ワクチンを使用したなら、鶏は感染しても死なないか、発病しないけれども、感染したウイルスは体内で増殖し、糞便中に排泄されると言う。
 この問題、すなわち”マスキング”はインドネシアでも観察されている。

・Hungary confirms H5N1 in poultry Portfolio.hu, (ハンガリー) ハンガリーで発生の鳥フルはH5N1と確認
 ガチョウの間で発生していた鳥フルはH5N1ウイルスによるものと確認された。農業省大臣が発表した。
・Anchorage lab certified to test for birdflu Anchorage Daily News (米国) アンカレジでの検査態勢万全
 アンカレジの州立研究所では鳥フル検査態勢が整い、野鳥や家禽のウイルス検査が行われる。
・県、全保健所に対策チーム 東京新聞
 埼玉県は十三日、人から人へ感染する新型インフルエンザへの変異が懸念されているH5N1型鳥インフルエンザの封じ込め対策を決めた。対策推進本部会議(本部長・上田清司知事)で決定。衛生研究所では土日にも検査できるようになり、県内の全保健所に対策チームを設置する。
 十二日施行の厚生労働省の政令で、H5N1型について、疑似症の段階で隔離したり強制入院をさせたりすることが可能になった。
 H5N1型は人に感染して、世界十カ国で二百二十四人が感染し、百二十七人が死亡している(五月二十九日現在)。今のところ、人から人への感染は確認されていない。しかし、今年一月のトルコの死亡事例では、世界保健機関(WHO)は「人に感染しやすい型に変化し感染力が強くなっている」と警告している。
 国内では、H5N1型の鳥から人への感染は確認されていない。鳥から鳥への感染についても昨年二月末の京都での発生以降確認されていない。しかし、国内で新型インフルエンザが発生した場合、県内でも最大百四十万人が感染し、死者が九千人を超えると予想されている。
 県は先月末から、週末も衛生研究所で確認検査ができるよう早期発見体制を整備。県内十三保健所に計百九十五人の対策チームを設置して感染者への体制を強化する。県内五カ所の感染症指定医療機関の医療関係者用に感染防護服を配備している。また、海外旅行者や海外進出企業に検疫への協力を呼び掛けるという。
 今年十二月からは効力のある薬剤タミフルの備蓄を本格化させ、二〇〇七年度末までに目標量の五十八万人分を確保する計画だ。県感染症対策室は「WHOの警告もあり、新型インフルエンザの発生に備え、徹底した封じ込め対策を取っていく」としている。 

・Hungary battles birdflu in domestic flock FoodAndDrinkEurope.com (フランス) ハンガリー、家禽で鳥フル発生
 ハンガリー北部で鳥フルが家禽で発生。H5亜型と確認。
・Indonesia'sBirdFlu Reports Underestimate Disease (Update2) Bloomberg  (国際) インドネシアの報告は過小評価
 国際獣疫事務局(OIE)は、家禽における鳥フル発生事例を十分把握していないので、13億羽の同国内の鶏における鳥フル対策の遅れになっていると発表した。
 OIEが最後に鳥フル発生の報告を受けたのは7週前で、789羽の家禽が死亡、または殺処分されたという。しかしそれ以来17人のインドネシア人が感染し、13人が死亡し、そして最も東のパプア州まで拡大した。
・China Reports Suspected Human BirdFlu Case in Guangdong Province Men's News Daily (米国) 中国、広東省で人の鳥フル感染疑い発生
 香港保健省によると、広東省で31歳男性が鳥フル疑いで入院中であるが重体のようだ。
 6月3日に高熱と肺炎で入院して治療を受けている。
 男性は家禽市場に出かけた既往があるという。
6月13日


・Human birdflu case reported in Shenzhen News.gov.hk,  (香港) 中国で人の鳥フル感染事例が報告
 中国広東州南部のShenzhen(しんせん)市で31歳男性が鳥フル疑いで6月3日に入院。重体であると当局から発表。
 男性は生きた家禽市場を訪れていたという。
・鳥インフルエンザウイルスの分離で、異変なし CRI  (中国->日本語版)
 中国衛生省の毛群安報道官は12日、北京で「中国の科学研究者が分離してきた鳥インフルエンザウイルスには、遺伝子の変異が見つからなかった。臨床でも人間同士での伝染例もなかった」と発表しました。
 毛群安報道官はさらに、「中国では鳥インフルエンザの感染病例はないにもかかわらず、脅威がなくなったとは言えない。中国の科学研究者は今まで発見した鳥インフルエンザに対して、引き続きワクチンと医薬品を含む研究を行っている。」と述べました。
 毛群安報道官は「中国は積極的に鳥インフルエンザ予防に関する国際協力に参加する。先週は、APEC・アジア太平洋経済協力会議の鳥インフルエンザの予防訓練に関わった」と語りました。
・STATE TO TEST EMERGENCY SYSTEMS JUNE 26 KPVI-TV (米国) アイダホ州で6月26日に、危機管理態勢チェック訓練
 5日間における、鳥フルやテロリスト攻撃等の危機に対する態勢をチェックする訓練が行われる。
・Birdflu virus found in eastern Ukraine DailyIndia.com (米国) 東部ウクライナで新規鳥フル発生
 ロシア国境近くの東部ウクライナの村で、家禽における鳥フルが発生したことが、12日、当局から発表された。
 当局によると、家禽数千羽が殺処分されたが、人における感染の恐れはないという。
 先にウクライナでは、クリミア半島周辺で数件の鳥フル発生事例があり、大きな事例では40ヵ所で発生があり、家禽15万羽が殺処分されている。
・State flu experts encourage public preparedness Princeton Times Leader, (米国) 州のインフルエンザ専門家、鳥フル・パンデミックに対する社会的準備を急ぐようにアドバイス
 
8日にプリンストンで行われた「ケンタッキー州鳥フル・サミット」で専門家達は社会における対策を強化する必要があることを強調した。
・Akzo Nobel to Test Spray-On Vaccine MSN Money (国際) スプレー式家禽用鳥フルワクチン開発
 オランダの化学薬品製造会社の Akzo Nobel NVは、スプレー方式家禽用鳥フルワクチンの開発に成功したと発表。家禽の集団にスプレーするだけで注射の必要がないことから、迅速に大量の家禽にワクチンを投与するのが可能と言う。来年度野外臨床試験を行うと。
・鳥インフル対策遅れを批判 インドネシア死者増で世銀 北海道新聞
 【ジャカルタ12日共同】世界銀行が14日のインドネシア支援国会合に提出する報告書で、鳥インフルエンザ感染による死者が世界最悪のペースで増加中の同国について「リスクは世界最高で、対処能力は最低」と厳しく批判、政府に適切な予算措置を急ぐよう求めていることが12日明らかになった。 同国での感染拡大に世界保健機関(WHO)なども懸念を強めており、政府は支援国とともに対策強化を迫られそうだ。報告書は、インドネシアでは全国で家禽(かきん)類への感染が広がっているが、予算不足のため監視態勢が貧弱で、処分された鶏は10万羽に満たないと指摘。「現時点でウイルス変異は起きていないが、人から人への感染の段階に進む可能性は十分ある」と警告した。
6月12日


2006年6月12日 月曜日 6:51:06 AM

・人での新規発生報告無し
・インドネシア情報無し
・アフリカ情報無し

・Hungary's Bird Flu Vaccine Faces Question Marks  RedNova ハンガリアの鳥フルワクチン問題ありと
 本年3月にハンガリア政府によって承認された、同国のオムニベスト社によるH5N1ウイルスに対する人用ワクチンは、EUを始め多くの専門家から問題点が指摘され、発注している国はいまだないと言う。
 WHOのパンデミック・インフルエンザ・ワクチン助言者であるクラウス・ストー氏は、"
ワクチンは当初抗原量が30mgと言われていたが、6mgに変わったようだ。その量では効果はない"、と語る。
 EUの公衆衛生担当長官である、フェルナンド・ザウアー氏は、ワクチンは試作品としては意味があるが、実際にパンデミック発生時には使えないだろうと語っている。
 3月にハンガリア政府が承認して以来、同社は詳細情報を公開することを拒否し始め、未だロンドンに本部のある、ヨーロッパ医薬品委員会(EMEA)にライセンス登録を行っていない。
・New BirdFlu Outbreak In Western China Contained Medical News Today (オーストラリア) 中国、西方新疆での鳥フルは封じ込まれた
 中国農業部は、新疆ウイグル自治区で発生していた家禽におけるH5N1鳥フルは封じ込まれたと7日発表した。

6月11日

2006年6月11日 日曜日 2:05:50 PM

・人での新規発生報告無し
・インドネシア情報無し
・アフリカ情報無し

・Spread Of BirdFlu To Humans Only A “Matter Of Time” newswire.co.nz (ニュージーランド) 人への感染は時間の問題
 オーストラリアの専門家の談話
・Indonesia admits cases of human transmission of birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) インドネシア、人における鳥フル感染を認める
 ベトナム閣僚の発言。家族内集団発生で、限定された環境内での人人感染が起きた可能性。
6月10日


2006年6月10日 土曜日 5:21:09 PM

・人での新規発生報告無し
・インドネシア情報無し
・アフリカ情報無し


・Birdflu human transmission probable in Indonesia Xinhua (中国、新華社) インドネシアでは人人感染が生じている可能性
 意訳
 インドネシアの家族内発生数例では、濃厚接触により人人感染が起きたと推定されている。それはインドネシアだけでなく、アゼルバイジャンでもイラクでの家族内発生でも起きたと考えられる。インドネシア閣僚の談話。
・EU says H5 virus found in Hungary People's Daily Online (中国) EU、ハンガリーの家禽で致死的H5ウイルスが検出と
 EUはハンガリーでガチョウの間で致死的H5ウイルスが検出されたと発表した。
 検体は英国のEU委託研究所へ送られた。
 2300羽のガチョウは全て殺処分された。
 ハンガリーでは、本年当初にも高病原性鳥フルが野鳥の間で確認された。
 H5N1ウイルスが確認されたなら、EUで家禽におけるH5N1ウイルス感染が確認された5番目の国となる。フランス、ドイツ、スウエーデン、デンマーク。
 野鳥で発見されたEU加盟国は13ヵ国である。
・US Health Secretary Urges Central America To Plan for Pandemic Washington File (米国) 米国保健省長官、中米に対し、鳥フル対策を急ぐように警告
 8日、パナマで開かれた中米各国の保健相会議で、米国保健省レービット長官は、鳥フル対策を急ぐべきと警告した。
・Birdflu samples tested show up negative so far WBAY (米国) アラスカ、鳥フルウイルスは検出されず
 連邦、州および地域行政府の専門家達による、野鳥のH5N1ウイルスがこれまで数千羽で行われてきたが、現在のところ陽性例は出ていないと発表された。
・Officials call Asia-Pacific pandemic drill a success CIDRAP, (米国) 「マラッカ海峡インフルエンザ」発生!、模擬訓練は成功と
 6月7~8日にアジア太平洋各国の間で行われた、パンデミックインフルエンザに対する模擬訓練は、主催したオーストラリア当局では成功したと評価した。
 一方、ウイーンで開催された2日間に亘る鳥フル対策会議では、アフリカを中心として緊急な対策資金と対策の強化が必要なことが話し合われた。そして本年度後半にアフリカで国際会議を開くことが発表された。

 21APEC加盟国を含む、パンデミックに対する模擬訓練は、ニュージーランドで始まり、そして米国への連絡で昨日終了した(AFP)。
 訓練のシナリオは、”マラッカ海峡インフルエンザ”と名付けられた、鳥インフルエンザが、パンデミック・インフルエンザを引き起こす設定で始まった。それは感染した漁師達が、クルーズ中の客船に救助されて、そこから感染が広まるという流れだ。
 ”シナリオでは参加国の間での連絡体制の評価が目的とされたが、8時間の時間差がある地域で26時間内で行われ、十分評価出来る結果に終わった”、とオーストラリア外務大臣のアレキサンダー・ダウナー氏と法務長官のフィリップ・ルドック氏が語った。
 訓練では、オールトラリアとニュージーランドが中心的役割を担ったが、他にチリ、中国、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、タイ、およびベトナムも大きな役割を担った。


・China says it contains bird flu outbreak in west Reuters AlertNet (英国) 中国、新疆省での鳥フル封じ込めに成功と発表
 新疆ウイグル自治区・ホータン(和田)県で発生した家禽におけるH5N1鳥フルは、17100羽の家禽を殺処分して、ウイルスの封じ込めに成功したと、国営通信新華社は報道した。新疆でんP鳥フル発生は7日発表されていた。
・Scientists work with Alaska native hunters to look for birdflu San Diego Union Tribune (米国) 米国:鳥フル探索にアラスカのネーティブハンターの協力
                      
・Officials from the US Department of Agriculture test a bird for avian flu in Alaska Reuters AlertNet (英国) 米国農業省、アラスカでの鳥フル検査中
                           
6月9日

2006年6月9日 13:52:38

・人での新規発生報告無し
・インドネシア情報無し
・アフリカ情報無し
・米国内における対策報告が多い


・Birdflu tests are inconclusive on Indonesian girl: WHO Jakarta Post (インドネシア) WHO:インドネシアの少女の検査結果を保留と
 インドネシアの7歳少女の確認試験が香港のWHOの検査機関で行われたが、結果については保留となった。検体の量が少ないことが原因。WHOの発表。
 少女は6月1日に死亡したが、その3日前に10歳の兄が死亡している。少女はインドネシアの検査機関でH5N1陽性とされたが、兄は死亡後すぐ埋葬されたため、検査は出来ていない。
・Medan birdflu patient recovering Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、メダンの鳥フル患者、回復して退院へ
 インドネシア、メダンのアダム・マリク病院で治療を受けていた患者が回復し今週末に退院予定と。
 親族8人が発症し、7人が死亡した家族発生例の唯一の生存者である。
・China reports first birdflu outbreak among poultry since February TODAYonline, (シンガポール) 中国、2月以来初の家禽での鳥フル発生報告
 中国は2月以来初の家禽における鳥フル発生を報告した。
 農業部は中国北西部新疆省で、数は明確にされていないが、多くの家禽がウイルスで死亡したことを発表した。
 中国の国立鳥フル研究所がH5N1ウイルスを確認した。
 詳細に関しては不明。
・Geese Tested For BirdFlu At Local Parks cbs4denver.com, (米国) 公園のガンが鳥フル検査
 野生生物専門家達がデンバーの地方の公園で、ガンから検体を採取して鳥フルの検査を始めた。
 今月中に1万羽以上のガンを検査すると言う。
・新疆で鳥インフルエンザ、家きんが感染死 中国情勢24
 7日付の新華社は国家農業部・報道事務室からの情報として、新疆ウイグル自治区・ホータン(和田)県郊外の農場で飼われていた家きんがH5N1亜型の鳥インフルエンザに感染して死んでいたと報じた。
  4日に同自治区の動物防疫管理監督所が調査していたところ、原因不明のまま死んでいた家きんがいることが分かり、7日になって鳥インフルエンザ感染が確認された。死んだ家きんの数は報じられていない。
  同自治区の新源県では2005年12月、家きん300羽が鳥インフルエンザ感染で死に、周辺で飼われていた約12万羽が殺処分されていた。
6月8日

・Significant Mutations in H5N1 BirdFlu In North Sumatra Recombinomics, (米国) 北スマトラのH5N1ウイルスは有意に変異
 WHOは北スマトラの家族内集団発生で分離されたウイルスについて変異無しと発表した。それに対するナイマン博士の反論。
 明らかに北スマトラのウイルスは性状が異なる…。
・China reports new birdflu case China Daily (中国) 中国で、新たな家禽における鳥フル発生
 新疆ウイグル自治区の家禽の間でH5N1鳥フルが発生と、中国農業部が発表。

・Africa needs $760 mln to fight bird flu-report Reuters AlertNet (英国) アフリカ、鳥フル対策に7億6000万ドル必要と
  アフリカ連合と、支援機関は、今後3年間で7億6000万ドルが鳥フル対策に必要と発表した。先に国際的に鳥フル対策に必要な基金をして19億ドルが各国から提供の予定になっているが、その中のアフリカ部分の予定額の3倍になっている。
・Don’t fear pandemic but be prepared, businesses hear Centre Daily Times (米国) パンデミックを恐れるのではなく、対策を講じよ、企業界がアドバイスを受ける

 

Hazardous chemicals, workplace accidents, fires. Just three on a long checklist of things that business must be prepared for – and worry about.

But a flu pandemic?

“If half of our people don’t show up to work, it is going to hurt us,” said Mark Willcutts, safety director at Indiana Stamp Co. in Fort Wayne.

It is just that kind of scenario the Fort Wayne-Allen County Department of Health warns could occur if avian influenza, also known as “bird flu” spreads rampantly in the United States. Wednesday, health department officials spoke to about 90 people about the consequences businesses face in the event of a flu pandemic.

“We don’t know when it will happen,” said Deborah McMahan, Allen County Health Commissioner. “That is the problem.”

So McMahan said businesses both big and small must prepare now for a worst-case scenario. Absenteeism could spike to as high 50 percent as employees become infected, others care for family members and others fear leaving their home, according to the health department. Other threats involve key staff positions being affected, transportation delays, a drop in product demand and utility interruptions.

Businesses are encouraged to identify a pandemic coordinator, identify essential employees, cross-train and notify critical partners of their plans.

Large companies have money and may already have teams forming to prepare for such a catastrophe, said Phil Laux, Greater Fort Wayne Chamber of Commerce president. Smaller companies with fewer resources could be most vulnerable.

“We have a tremendous amount of small to mid-sized companies,” Laux said. “They potentially have to go through it and survive.”

Becky Rowan, senior sales executive at Parkview Occupational Health Centers, said employers have contacted her in recent weeks asking for information. Rowan used Wednesday’s seminar to gather information to share with them, some of which she said don’t yet grasp the importance of the task ahead. “This is all conceptual now. … Why not be prepared and proactive?”

The spread of avian influenza from one person to another has been reported only very rarely, and transmission beyond one person has not been documented, according to the Centers for Disease Control and Prevention.

McMahan said it is the county’s responsibility to take the threat seriously. “We hope we never implement these plans,” she said.

At Indiana Stamp Co., Willcutts admits until recently he had not put much thought into the need to prepare for a flu pandemic. He intends to take the information he gleaned at the seminar back to his company and begin assembling a written plan.

“I’m not scared, but I’ll definitely get prepared,” Willcutts said.


・Asia-Pacific nations test birdflu pandemic response TODAYonline, (シンガポール) アジア太平洋各国、鳥フル・パンデミック模擬訓練に参加

 アジア太平洋地域の各国が鳥フル・パンデミックに対する模擬訓練に参加した。
 オーストラリアによって主催されるが、21のAPEC加盟国間でのコミュニケーションを図るのが目的とされた。
 シナリオはウイルスが人人感染を起こすように変異して、スペイン・インフルエンザ並のパンデミックが生じる可能性が出たことを想定している。

 また訓練は、各国の関係省庁の高官の迅速な決断能力のチェックも目的とした。
.

・Zambia: More Resources Needed to Counter Avian Flu AllAfrica.com (米国) ザンビア、鳥フル対策にさらなる国際援助が必要と
 ザンビア政府は、鳥フル対策のための技術的専門家、スタッフ、資金が不足していると発表。しかし最近の国際的援助はこの状況を改善する予定と言われる。
 EUはこれまで20万ドル、FAOは今週8万9000ドルを検査キットと他の装具用に提供した。
・Businesses advised to make plans for pandemic CTV.ca (カナダ) 企業界、パンデミック対策の必要性を忠告される



 1万5000の緊急キットが現場の
医療関係者に間もなく配布される

.

 パンデミック・インフルエンザに備えて専門家達が企業界に、職場における空間をさらに広く、従業員の感染予防装具の用意、さらに従業員が手洗いを行う頻度を増やす啓発が必要であると忠告している。
 空間を増やすことにより、ウイルスの拡大からの防止、また多くの事務用品があると、そこに付着したウイルスからの感染の機会が増加する…。

6月7日


・RPT-Scientist urges review of Chinese bird flu measures Reuters AlertNet (英国)  中国研究者、中国での対策強化を主張

 
 中国の指導的科学者が、中国の鳥フル対策に懸念を示し、さらなる対策強化が必要と会議で語った。新華社通信が報道した。
 中国内の指導的技術者と科学者の会議で、揚州大学の獣医学専門家のLiu Xiufanが、5日、政府は現在行われている鳥フル対策をの効果を再評価する必要があると語った。
 ”我々は人のパンデミックインフルエンザ発生のリスクを減らす為に最善を尽くす必要がある。このような危険性が現実的になる前に、必要な対策を行うべきである”。


・WHO rules out bird flu in four Indonesian nurses  Reuters AlertNet (英国) WHO、4人のインドネシア人ナースを鳥フルから除外

 WHOは6日、H5N1ウイルスに感染した患者の看護にあたった後、インフルエンザ様症状で倒れた4人のナースは、鳥フルの可能性はないと発表した。
 ”4人とも検査で完全にH5N1ウイルス感染を否定された”、とWHOはホームページでアナウンスした。(www.who.int)。
 4日間、インドネシアの保健当局とWHOは、インフルエンザ症状を呈したナース達の様態を観察した。2人は西ジャワのバンドゥングで、2人は北スマトラのメダンに住んでいた。
 スマトラの2人は、先月7人が死亡し、ウイルス変異の危険性が高まった家族発生の事例で、患者の看護に従事していた。
 4人のナースの検査結果が陰性だったことからWHOは、ウイルスが容易に人に感染して広がらないという事実が再確認された、と語った。

・New Test Speeds BirdFlu Detection CBS News (米国) 新検査法、鳥フル検出をスピードアップに


 ”世界のいずれかで発生したとしても、数週後には米国に現れる”
  米国保健福祉長官 マイクレービット
 科学者達は鳥や人が鳥フルに感染しているかどうかの判定を4時間で行える検査法を開発した。
 しかし最終的に致死的H5N1ウイルスに感染しているかの確認には、1週間要する。

 レービット保健福祉省長官は、人の間で感染が広がりだしたなら、予備結果が出るまで4時間要するのは長すぎると、さらに短時間で判定できる検査法が必要と語る。

・Officials Warn of Scarce BirdFlu Vaccine CBS News (米国) 米国保健省、鳥フルワクチン不足を警告

各州は鳥フルがパンデミックになった際、十分量供給できないワクチンの配分方法を決定しなければならない。すなわち誰の命を守るかという決定を意味する。保健福祉省のレービット長官が6日語った。
 ”どんなパンデミックに際しても、最初の6ヶ月はワクチンが手に入らないことを認識しなければならない”

・Officials warn of scarce birdflu vaccine Sky Valley Journal, (米国) 米国保健省、鳥フルワクチン不足を警告

ワシントン、AP

 各州は鳥フルがパンデミックになった際、不足しているワクチンの配分方法を決定しなければならない。すなわち誰の命を守るかという決定を意味する。保健福祉省のレービット長官が6日語った。
 ”どんなパンデミックに際しても、最初の6ヶ月はワクチンが手に入らないことを認識しなければならない”、とレービット長官はAP通信に語った。
 一旦ワクチンが製造されだしたなら、”多くの地域で取り合い合戦が始まる。ある地域で問題なく事が進んでも、その方式で他地域もうまくゆくとは限らない”、と長官はヨハンス農業省長官との共同記者会見で語った。

 年末まで10万羽に及ぶ野鳥のウイルス検査が始まった。そこで4時間で結果がでる新検査法が、いくつかの検査室で導入された。ヨハンス長官が語った。
 長官によると現在まで心配な結果は出ていないと言う。しかし長官は早期に、渡り鳥が繁殖のためにアラスカに渡来してきて、H5N1ウイルスを運んでくることを警戒する必要があると語った。
 ”しかし、それは危機ではない”、とレービット長官は強調した。
 これまでの人発病者の大多数は感染した鳥か、その排泄物と濃厚に接触した結果感染している。ほんの少数の人々が、発病した親族の看護の間に感染しているに過ぎない。先月のインドネシアで起きた家族内集団発生のように。

 最初にワクチン接種は誰が受けるべき?
 ブッシュ大統領の計画書では、ワクチン製造会社職員、現場における保健医療職員達の責任者となる。しかし次は誰に優先性があるか、科学者達の間では論争になっている。インフルエンザ拡大原因となる学童?死亡のリスクが高い高齢者?警官、消防隊員、および公共事業に携わる職員?
 多くの地域組織において、その優先性を決めなければならないし、またそれは州によても事情が異なる。レービット長官はそのような問題提起をしている。
 

・Officials: BirdFlu Test Not Fast Enough For Humans WRAL.com (米国) 当局:人での鳥フル検査法、十分早くはないと
 農業省長官と保健福祉省長官の共同記者会見。
 新鳥フル検査法は鳥と人での予備的検査結果が4時間で分かるが、その後確認のための検査に約1週間要するという。
 レービット保健福祉長官は、鳥フルが人の間で感染を拡大し出したなら、もっと短時間で結果を出す検査法が必要であって、米国では今開発中と。 
6月6日

・FEATURE-Amid bird flu, activists plead for humane US culling Reuters AlertNet (英国) 米国動物愛護団体、家禽の殺処分に人道的措置を求める
 アジアからの報告で、家禽を焼き殺したり、生きたままプラスチックの袋に入れて埋めている状況に、米国の動物愛護団体は、米国に鳥フルが夏には拡大すると考えられていることから、その際の家禽の処分に人道的措置を求めている。
・Veterinarians are trained to handle birdflu Agencia Brasil (ブラジル) ブラジル、獣医が鳥フル対策訓練を受ける
 地域で家禽の間で鳥フルが発生したとき、どのようにそれを処理するか等、の教育。
・Top Officials Meeting on BirdFlu Strategy in Vienna Washington File (米国) ウィーンで鳥フル対策戦略、各国高官による国際会議
 6月6、7日の両日、オーストリアのウィーンで鳥及びパンデミック・インフルエンザの国際会議が開かれる。
 オーストリア政府が、EUの後援で米国と共同開催する。
 会議は各国政府と主要な国際機関の、鳥インフルエンザ対策の役割を担っている専門家からなる。
・Birdflu may hit quake survivors in Indonesia Times of India (インド) インドネシア、地震被災者の間で鳥フル感染が広がる可能性
6月5日


・Less than $300 mln spent on bird flu - World Bank  Reuters AlertNet (英国) 世界銀行:3億ドルが鳥フル対策で基金から出費
 今年の1月に北京の国際会議で各国から約束された合計19億ドルの鳥フル対策基金のうち、これまで2億8600万ドル出費されたことが世界銀行から発表された。
 これまで日本、スイス、チェコ共和国だけが約束した援助金全額を提供している。
・Earthquake Survivors At Risk For BirdFlu WRAL.com (米国) インドネシア、地震被災者が鳥フル感染の危険性に

AP  地震被災地では、鶏小屋に運び込まれたテレビ、冷蔵庫、台所用品などと共に、多くの人々で溢れかえっており、救援チームは、住民が鳥インフルエンザに感染する懸念を抱いている。
 ハエが飛び回り、子供達が鶏の排泄物で汚れた床で遊んでいる。
 ”我々は家が壊れたからここに住んでいる”、と村にある二つの大きな鶏小屋の一つの所用者である60歳のパージさんは語った。現在50人がそこで共同生活している。

・WHO: Indonesia Teen Died of BirdFlu KFMB, (米国) WHO、インドネシアの10代少年の死を確認
 WHOの研究所はインドネシアの15歳少年がH5N1ウイルスで死亡したことを確認した。先にインドネシアの検査で確認され、香港のWHO協力研究所で確認検査が行われていたものだ。
 少年は西ジャワのタシクマラヤ町に住んでいて、5月30日に死亡した。家禽との接触歴がある。

 他に鳥フル発症兄妹の看護にあたっていたナースがインフルエンザ様症状で倒れたが、検査ではH5N1ウイルスは陰性だったと当局から発表された。
6月4日

・Local tests negative for Indonesian nurse who treated birdflu... Jakarta Post (インドネシア) 鳥フル感染疑いのインドネシア・ナース、検査で陰性と
 鳥フル発病の2人兄妹の看護に従事した後、インフルエンザ様症状を呈していたナースの検査結果が陰性であったことが保健省高官から発表された。
 ”結果は陰性だった。神に感謝する”、とハリアジ・ウイビソノ氏は語った。
 彼は検体は再確認のために香港のWHO協力研究機関に送られると語った。、
・Human Flu Transfers May Exceed Reports New York Times (米国) 人での鳥インフルエンザ感染は報告以上の可能性
 印刷用PDFファイル
 インドネシアの田舎で親族7人が鳥フルで死亡した事例は、当局がこれまで考えていた以上に多くの人人感染が起きている可能性を示唆している.

 集団発生の数はまだ少ない。それは人人感染が容易に起きるウイルスの変異が生じた事を意味していない。--そのようなウイルス変異により世界的パンデミックとなる危険性がある。全ての集団発生は親族内、または患者と長時間、濃厚接触したナース達に限られている。
 しかし、インドネシア、タイ、トルコ、アゼルバイジャン、イラク、そしてベトナムで起きている集団発生の現実は、WHOが希な事例と語っているが、より恐ろしい状況に変わってきているイメージを抱かせる。
 これまでWHOの代表者はこのような集団発生事例は2ないし3回起きていると語っていた。
 5月24日、米国CDC長官のジュリー・L・ガーバーディング博士は、(集団発生を示唆する事例は)少なくとも3事例はあると語った。また5月30日にWHO報道官のマリア・チャンさんは、多分6例の事例はあるだろう、と語っているが、さらに正確な数は誰にも分からないだろうと付け加えている。
 そしてヨーロッパCDCのインフルエンザ対策責任者であるアンガス・ニコル博士は、多分、人人感染の発生が十分評価されていないと思うと語っている。
 彼によると、一握りの事例では、原因は白黒がはっきりしていると言う。例えば1997年の香港のナースの事例、2004年に叔母の農場で感染した娘の看護に付き添っていたバンコクの女性公務員の事例では、人人感染が起きたことは明白である。
 しかし多くの集団発生では原因究明が困難になっていると、彼は説明する。理由は患者が入院するまで患者発生が気づかれないことと、発生が遠い田舎で、事態を恐れた住民は、詳細についてなかなか話してくれないからだ。
 また彼の説明によると、ジュネーブからWHOの医師が検体を採取に現地に着いたときには、現地の当局者達は既に全ての鶏を殺処分し、埋めてしまい石灰で被ってしまっていることが多い。
 WHOの声明発表内容は一般的に保守的で、国連機関として、時として発言が許されているメンバーは制限されている。
 いまだ何人かの研究者達は人人感染で説明する方が、親族が同じ死亡した鳥から感染して、日を隔てて発病したと説明するよりも合理的と考えられる事例が、たくさんあると考えている。
 例えば、「新興感染症(Emerging Infectious Diseases )」に昨年11月に掲載されたレターでは、2003年から2005年中旬までに東南アジアで発生した15の家族内集団発生例について分析しているが、そこでCDC、WHO、そして数カ国のアジアの国の保健省の研究者達は、4事例で最初の発病者と最後の発病者との間に1週間以上の開きがあるのに気づいている。彼等はバンコクの公務員の事例だけが、人人感染の可能性が高いとする、保守的考え方に疑問を呈している。
 あるベトナムの集団発生例では、若い男性と、彼の10代の妹と80歳の祖父がH5N1ウイルス検査で陽性だったが、(看護にあたっていた)2人のナースも重症肺炎を発症し、1人が鳥フル検査で陽性だった。
 もう一つの疑問となる事例は、アヒルの血液プディングを食べて16日後に発症したとベトナム政府が発表した男性の事例であるが、これは香港大学の著名なウイルス学者によって、男性は発病した兄弟から感染したと考える方が合理的だと指摘された。
 ピッツバーグの生化学者で、インターネット上での多くの鳥インフルエンザ探索者達の間のヒーローで、公衆衛生当局に対して多くの批判を呈しているヘンリー・L・ナイマン博士は、何週間も20~30の人人感染事例が生じていると論じ続けている。
 ナイマン博士の主張によると、「新興感染症(Emerging Infectious Diseases )」のレターの著者達は非常に保守的だとされる。ナイマン博士はレターで分析されている15事例のうち10事例で、感染者達の発病日に少なくとも5日以上の差が出ている。これは鳥インフルエンザの潜伏期間と考えられている2~5日間に適合している。
 そして丁度先月、アゼルバイジャンの村での事例に関して発表された研究では、WHOと米国海軍の研究者達は、人人感染が起きたと考えることは可能であると推論している。この結論はナイマン博士の3月初旬からの主張と本質的に同じである。すなわち、6人の親族と近隣者の間で7人の感染が、2月15日から3月4日までに発生しているが、それらを家族達が2月初旬に近くの沼地で死亡していた白鳥の羽根をむしったことが原因とするには無理があるというものである。
 ナイマン博士の公衆衛生当局者達に対する鋭い批判に対して、当局は時々結論を変える。最近のインドネシアでの家族集団発生例がそうだ。
 WHOは当初豚の料理が十分加熱されていなかったのが原因かも知れないと言ったが、ナイマン博士の調べではバーベキュー料理を作った女性は2日前に発病していて、最後に発病した親族はバーベキューの2週間後であった。
 ジャーナリストによって取り上げられた同博士の痛烈な主張は、結果的にWHOの見解を変更させて、豚が関与していないことや、ウイルスが人から人、そして次の人に3代に渡って感染した可能性が高いことを認めさせている。
 WHOは定期的に鳥インフルエンザ発病者数を更新しているが、死者数は検査室で確認されたものだけに限定している。更新は署名無しで行われ、時々関係国の保健省大臣によっても確認報告されている。
 一方、ナイマン博士は対照的に地域の新聞やラジオ情報から、言語によってはグーグルの翻訳サービスを利用して情報を得ている(時としてこっけいな訳文に出会うが)。情報は詳細で、発症した家族の名前や、その日時、そして死亡した日時等も含む。
 例えば、5月15日のインドネシアの家族発生に関する報告では、村のスポイルトという名の助産婦の話として、クブ・セムビラングで女性が死亡し、彼女の息子の1人が病院に入院した情報を載せている。さらにスポイルトの談話として多くの情報が得られている。
 ナイマン博士は大きな人人感染はインドネシアだけでなく、これまでもトルコのドグバヤジトでこの1月に起きていると主張している。WHOは3箇所での集団発生で12事例が起きたことを発表しているが、トルコ保健省が見解として鶏とアヒルが感染源としたことをそのまま引用している。ナイマン博士は、症状を呈して入院した患者数30名を確認し、そのうち3集団発生での発病者全てが名前が同じ従兄弟関係であり、ほとんどが12月24日に行われた大きな宴会の後に発症していて、そこに12月18日に発病して1月1日に死亡した10代の子供も参加していた情報を得ている。
 ナイマン博士によると、族長が地域の報道機関に、14歳のメメット・アリ・コチイギットが軽い症状を呈した6日後に、二つの親族達が一緒に晩案会を持ったと語っている。少年は1月1日に死亡し、二つの親族の若者達がそのすぐ後に死亡している。他の親族達は1月16日までに症状を呈している。これらの発生に関する科学的報告はWHOから何らされていない。
 ナイマン博士は、また集団発生の頻度は増してきていると言い、それはインドネシアで顕著であると言う。先週さらに2事例が発生していて、一つではナースも関係していて、彼女の感染源はいまだ明確にされていないようだ。インドネシアでは36人の死者が出ていて、もうじきベトナムを抜いて世界で最も犠牲者の多い国になると予想されている。
 国連のパンデミック・インフルエンザ対策主任調整官であるダビト・ナバロ博士は、説明不可能な事例が人人感染だったとしても、現時点ではパンデミック・警戒レベルを現在の3から4に引き上げることは意味しないと語る。(パンデミック・警戒レベル3:人人感染はないか、あっても極めて限局的。 警戒レベル4:人人感染が増加)。
 警戒レベル4は、ウイルスが変異したことを意味し、それは風邪のように短時間の接触でも感染するような状況である。現在は、どの人人感染も非常に非能率的な様式で起きている、とナバロ博士は語る。
 警戒レベル6は、パンデミックが始まったことを意味し、効率的に持続的に人人感染を起こす状態と定義される。
 WHO報道官のチャンさんは、さらに集団発生が起きたとしても、ウイルスが集団内感染に留まっている限り、警戒レベルは3のままだと語っている。
 ”ウイルスがどの程度効率良く人に感染しているかの判断の多くは主観的になされている”、と彼女は語った。、”もし集団感染がもっと一般的になってきたなら、WHOは専門委員会を招集し、警報レベルを引き上げるかどうか検討する”。

・'Likely' more human-to-human birdflu infections in Indonesia Raw Story, (米国) インドネシアでは人人感染はもっと起きている可能性

 インドネシアの田舎で親族7人が鳥フルで死亡した事例は、当局がこれまで考えていた以上に多くの人人感染が起きている可能性を示唆していることが、日曜日のニューヨーク・タイムズのドナルド・G・マックネイル・ジュニアによる論説で知られた。
 また同じようにAP通信は、災害救助チームが地震被害者が鳥フルに感染する危険性を警告していることを報道した。家を失った被災者達が牛の糞の臭いが立ちこめる鶏小屋で生活しているという。

 集団発生の数はまだ少ない。それは人人感染が容易に起きるウイルスの変異が生じた事を意味していない。全ての集団発生は親族内、または患者と長時間、濃厚接触したナース達に限られている。
 これまでWHOの代表者はこのような集団発生事例は2ないし3回起きていると語っていた。
 5月24日、米国CDC長官のジュリー・L・ガーバーディング博士は、(集団発生を示唆する事例は)少なくとも3事例はあると語った。また5月30日にWHO報道官のマリア・チャンさんは、多分6事例はあるだろう、と語っている。
 そしてヨーロッパCDCのインフルエンザ対策責任者であるアンガス・ニコル博士は、多分、人人感染の発生が十分評価されていないと思うと語っている。
・Indonesian Nurse May Have BirdFlu Consumer Affairs (国際) インドネシアのナース、鳥フル感染の疑い
 インドネシアで25歳のナースがインフルエンザ様症状で病院へ入院した。当局によるとナースは、鳥フル患者を多数収容しているハサン・サディキン病院で働いていたという。中国の人民日報(People's Daily)によると、ナースは家禽との接触既往はなく、最近7歳と10歳の鳥フルで死亡した兄妹の治療に関与していたとされる。
 WHOは北スマトラで最近起きた、少なくとも6人が死亡している家族内集団発生で、人人感染が生じたという証拠は見いだしていないと発表している。
 もし今回のナースでH5N1ウイルス感染が確認されたなら、初の人人感染事例となる。病院では患者の検体をジャカルタの研究所に送る予定となっていうようだ。
・One Week After Quake, Indonesian Volcano Raises Concerns WXii 12.com (米国) 地震1週間後のインドネシアで火山爆発の懸念も

大惨事をもたらした地震発生後1週間経ち、インドネシアの人々は新たな不安を抱いている。
 地震発生地域の火山の活動が活発になっており危険性が増している。メラピ山の溶岩ドームがこの1週間拡大してきており崩壊する危険性が高まっている。高温の溶岩は流れ出す可能性があると科学者達は警告している。

 英国の医療チームは地震被災者達が鳥インフルエンザを感染する懸念を表明している。
 少なくとも38人のインドネシア人が鳥インフルエンザで死亡しているが、いくつかの事例は地震発生地域周辺で起きている。


・インドネシアで数回にわたる余震、被災者が再び避難 ロイター
 [バントゥール(インドネシア) 3日 ロイター] 5月27日にジャワ島中部が地震に襲われたインドネシアで、2日夜から数回にわたる余震が観測され、被災者が仮設テントからの避難を余儀なくされた。
 同国の気象観測機関によると、マグニチュード4程度の余震が数回記録されたという。
 世界保健機関(WHO)は2日、6200人以上の死者を出した先月27日の地震により、一部の被災者が養鶏舎に避難する事態が発生していることから、鳥インフルエンザ感染の拡大が懸念されると警告した。
6月3日

・Indonesia fears more family clusters of birdflu amid surge in ... Eyewitness News (米国) インドネシア、さらなる家族内集団発生の恐れ
 インドネシア保健省の高官は、家禽の大量殺処分を行い、鶏の屋外飼育を減らさない限り、さらなる人感染例が相次ぐだろうと語った。
 2日、ジャカルタ郊外で7歳少女が鳥フルで死亡したことをインドネシア当局は確認したが、少女の兄も似た症状で先に死亡している。
・Firm urges WHO to issue bird-flu sequences United Press International  (国際) 研究所、WHOに鳥フルウイルスの遺伝子分析を公開するように要求
 リコンビノミクス研究所(Recombinomics)は2日、WHOに鳥フルウイルス遺伝子の分析結果を公表するように求めた。
 同研究所によると、これまでたった一人の患者の遺伝子構造しか公開されて無く、他の分離株の遺伝子構造はWHOの個人的データになっていると言う。
 同研究所によると現在インドネシアで感染を広げているH5N1ウイルスは遺伝子構造から3種類に分類され、WHOが分離株の遺伝子構造を公開するなら、流行しているウイルスの発生元を分析する手がかりをつかめるとされる。
・BirdFlu Outbreak in Romania Is Cause For Concern Dog Flu Diet and Diseases (カナダ) ルーマニアでの鳥フル発生状況に警戒感
 ヨーロッパ諸国ではルーマニアでの鳥フル発生状況に警戒感を強めている。
 先月、多くの村における家きんでの鳥フル発生が報告されている。すでに100万羽の家きんが殺処分されているが、人での感染例は報告されていない。
 最近の発生報告では首都ブカレストを含む127事例が発生しているとされる。
・State and local officials draft pandemic plan urging stay at home AL.com (米国) 州と地域保健当局、行動計画で自宅待機を要求

デカタール、アラバマ(AP)

 当局は学校を閉鎖し、教会での集会の中止を求め、大学でのスポーツ大会を中止させ、そして市民に外科用マスクを配布する。

 これは鳥フルまたは新型の空気感染を起こす感染症のパンデミック時の対策における、アラバマ州公衆衛生局のシナリオである。州政府はすでにタミフルのような抗ウイルス薬と外科用マスクの備蓄を、空気感染予防のために行っている。
 アラバマ州は、最初に保健医療関係者に投与するための4400人分の抗ウイルス薬(タミフル)を保有している。州と連邦政府は総計8100万人分のタミフルを生産することを目指している。
 また州は45万人分の外科用マスクを保健医療関係者のために発注していて、さらに一般市民用に十分量のマスクを備える計画を立てている。
 通常の生活状況を停止させてしまう鳥フルや新しい空気媒介感染症の発生の脅威を、地域、州、そして連邦保健当局は深刻に受け止め、真剣に対策を立てている。
 このような感染症の発生で、市民の三分の一の生活に影響が出る。保健当局者の説明では、食糧供給、エネルギー供給、そして公共安全サービス部門が機能の低下か、業務の中止を余儀なくされる可能性がある。公衆衛生当局者はパンデミック・インフルエンザが発生した場合、1968年の香港風邪程度では、180万人がアラバマ州で発病し、4200人前後が死亡すると推定しているが、1919年のスペイン風邪並であると38000人の死者がでると予想している。
 ”我々の大きな問題は、通常のインフルエンザでも既に問題を抱えていることだ”、とアラバマ州公衆衛生部局第二地域のジュディー・スミスさんは語っている。
 彼女はインフルエンザのような簡単に空気感染で広がる感染症の予防方法を、一般市民は学ぶ必要があると言う。
 人々はクシャミをティッシューで抑え、咳は手で押さえるよりも袖で押さえ、手は頻回に洗い、インフルエンザにかかった場合は家にいて、人が多くいる場所にいる時間を出来るだけ減らすべきだ。
 州は予防を目的とした新規衛生キャンペーンを開始する予定である。
 またアラバマ州は緊急行動計画実行に備えて、地域の病院、行政当局、学校、企業、米国赤十字、州危機管理部局との連携体制を整えつつある。
 例えばこの5月30日、ローレンス郡では地域のリーダー達が、いかに迅速に反応して抗インフルエンザ薬を入手するか、実地訓練が行われている。保健当局はまた、各企業や行政機関部局がチェックリストを作成するのを支援している:誰が最初に抗インフルエンザ薬やワクチンの投与を受けるか、どの仕事が家にいても可能か、そしてどの時点で組織は業務を停止するか、等。
 この2年間、アジアの一部で鳥フルが流行し、それは数百万羽の家きんを殺し、224人を発病させ、127人を死亡させる結果となり、現在、パンデミック・インフルエンザへの発展が危惧されている。
 しかしながら人の感染は鳥や汚染された物資との接触により起こり、人人感染によっては起きないと考えられている。恐れは、ウイルス変異により、容易に従来型のインフルエンザのように人の間で感染するようになることである。もしそうした状態になったとしても、ワクチンの開発と配分までに少なくとも1年は要し、それも十分量の製造は無理と考えられている。
 ダカドゥール総合病院やパークウエー・メディカルセンターでは、パンデミック・インフルエンザ対策は基本的に、災害対策計画のをチューアップしたものだと説明する。責任者、担当スタッフの確認、そしてスタッフが間違いなく感染予防装具を保有しているかの確認、、そして、発病者から他の患者への感染予防対策などである。
 通常のインフルエンザ・シーズンにはベッドが足りなくなる可能性があるが、パンデミックインフルエンザの際には事情は異なり、ベッド数が足りなくなる可能性はないと考えられている。病院では感染者はグループ単位で入院させてケアを容易にし、死ぬ可能性があるほどの重体患者でない限り自宅療養とする。
 ”その時点では我々は別な計画を用意している”、とパークウエー・マーケッティング・ディレクターのベリンダ・ブラルド氏は言う。”誰を病院へ残し、誰を家に帰すか再確認するのだ”。
 ダカドゥール総合病院の感染管理調整責任者のデボラー・バートン氏は、”パンデミックになってしまったら、隔離対策は実際問題効果は持たない。効果的対策は、社会的隔離であり、もし発病したなら家庭で療養するべきで、そして衛生管理を強化することだ”、と語る。

・New Niger birdflu outbreak near Nigeria - official Reuters AlertNet (英国) ナイジェリア近くのニジェールで新規鳥フル発生

・EU fails to agree on antiviral stockpile for flu Reuters AlertNet  (英国)  EU、抗インフルエンザ薬備蓄で合意に至らず
 EU内で共同備蓄の合意が得られず。
6月2日


・Birdflu not spreading among humans in Indonesia, UN says Antara (インドネシア) インドネシアの事例では人の間でウイルスは拡大していないと、国連が発表
 国際的保健研究者達は、インドネシアの家族内集団発生で人人感染が容易に生じるウイルスが出てきた証拠を見つけてはいないと、WHOが発表した。
 分析ではウイルス自体の遺伝子変異が起きて、人人感染が容易に生じるようになったことは示していないという。
・Birdflu kills eight-year-old Indonesian girl; country sees spike ... Brooks Bulletin,  (カナダ) インドネシアで8歳少女が死亡
 インドネシア保健省は2日、8歳少女が鳥フルで死亡したと発表した。インドネシアの研究所で確認した。
 WHOでは確認していない。
 少女はジャカルタと境界をなす市に住んでいたが、病的になった家きんと接触後、1日遅くに死亡した。
 少女の兄の10歳少年もインフルエンザ様症状で3日前に死亡しているが、遺体はすぐに埋葬されたため、検体は得られていない。
 兄妹の住む家の近くで鶏が死亡しており、当局者はこれら鶏と接触して発病したものと考えている。
・Indonesia culls chickens, to get tough on bird flu Reuters AlertNet (英国) インドネシア、鳥フル対策強化として、鶏の殺処分を開始


Reuters
 今週、15歳少年が鳥フルで死亡したインドネシアの村で、1日、1600羽の鶏が殺処分された。また家きんの提出を拒否した村人達が逮捕され、留置されたことも、インドネシア政府によって発表された。

 少年が住んでいた西ジャワのタシクマラヤの村周辺で鶏が死亡し、その数日後に少年は発病した。病院に入院し、(翌日の)5月30日に少年は死亡した。
 ”タシクマラヤでは今日大量の殺処分が行われた”、と当局から1日発表された。
 作業員達は鶏を焼いた後埋めた。鶏は死亡した少年の家から半径200メートル以内で飼育されていたものだ。
 ”この措置は感染源を絶つためだ”、と殺処分を指導していた獣医の一人が説明した。
 保健省大臣のシチ・ファディラ・スパリが、市民の協力を求めるために、1984年に制定された「流行病に対する法律( Epidemic Law )を適用することを厭わないと発表し、それに引き続いて殺処分が行われた。
 ”法律は住民が明確な理由無しに彼等の保有する鶏の殺処分を拒否した場合、また明らかに地域を危険な状況に陥れた場合、適用する”、と大臣はジャカルタの記者会見で語った。
 ”法律はまた流行の間、人々を隔離する場合にも適用される。拒否した人々は1年間留置される”。
 インドネシア政府はH5N1ウイルス感染拡大対策が進んでいないことから、国際的非難を浴びている。
 隣国のタイやベトナムでは感染源を絶つために大量の家きんの殺処分を行ってきたが、インドネシアではH5N1ウイルス感染発生が知られた地域だけで、それも限定された数の殺処分しか行われていない。

警戒

 ウイルスは今や、インドネシアの33州の全てで感染を続けている。2005年に感染が確認されて以来、49人のインドネシア人の感染が起こり、そのうち36人が死亡している。
 医療機関は先月北スマトラのカロで一家族内で7人もの家族が鳥フルで死亡したとき、警戒態勢に入った。
 WHOはその際、限定された人人感染が起きた可能性があるが、容易に人人感染を起こすと思われるウイルスの明確な変異は認めていないと発表した。
 対策本部長のクリスナムルティ氏は、大臣の命令が下ればカロでの大量殺処分が行われるだろうと語った。それは大臣の決定後5~10日してからのようだ。
 ”私は明日でも指示がでることを望む”。同氏はそう語っている。
 北スマトラでの集団発生の最初の死亡者は、37歳女性で野菜を育てて販売していた。WHOによると、彼女は飼育していた2羽の鶏から感染した可能性があると言う。鶏は彼女が発病する直前に死亡している。また彼女が鶏の排泄物を肥料として使用していたことから、それら排泄物に含まれていたウイルスから感染した疑いも持たれている。WHOの疫学者であるスチーブン・ブジョルゲ氏がそのように語っている。
 また彼女は育てた野菜を市場で売っていたが、そこで家きんと接触し感染した疑いもあるようだ。
 ブジョルゲ氏は最初の発病者と考えられている同女性の感染源として、以上の3つの可能性が上げられているが、いまだ結論は出ていないと語った。

・Wild birds role unclear in spreading bird flu-FAO Reuters AlertNet (英国) FAO:鳥フル拡大に対する野鳥の役割は不明と

 致死的鳥フル拡大に果たしている野鳥の役割について不明であると、2日間に渡って開かれていた国際会議で、5月31日、FAOの獣医専門家が語った。
 H5N1ウイルスはアジアからヨーロッパ、中東、アフリカへと広がり、専門家達は、ウイルスがどのように拡大したのか調査、研究してきた。
 ある専門家は渡り鳥が主要なウイルスの運び屋であると言い、他の専門家達は家きんの国際売買が主要なウイルス拡大の原因であると言う。
 ”野鳥がウイルスの本来の保有宿主なのか否か?それはいまだ未解決の問題だ”、とFAOの家畜保健衛生責任者である、ジョセフ・ドメネク氏が会議の後にロイターに語った。

・Wild Birds' Role in HPAI Crisis Confirmed Yahoo! News (press release)  (国際) 鳥フルにおける野鳥の役割が確認
 
 渡り鳥が高病原性鳥フルウイルス(HPAI)、または鳥フルを運ぶのに役割を果たし、今後もそれが続く可能性が、国連FAOとOIEが主催した2日間に渡る国際会議の結論となった。
 しかし、会議に出席した世界100ヵ国の300人以上の科学者達は、ウイルスの拡大は主として密貿易を含む家きんの国際売買で広がっていることも認識した。
 ”会議におけるいくつかの発表で、渡り鳥が非常に離れた地域までH5N1ウイルスを運び、家きんの間での鳥フル発生に関与したことが示された”、と会議の結論をまとめた文書に書かれている。

保有宿主の謎
 
 しかし参加者達は、もう一つの会議における主要なテーマである、3大陸をまたがる50以上の国々に鳥フルを拡大させた中心的犯人が野鳥なのか、そして現在、野鳥をウイルスの保有宿主として考えるべきかについては結論を得らなかった。(ウイルスを体内に保有し、他の動物に感染を広げている宿主:訳者)。
 もし野鳥がウイルスの保有宿主ならば、次の渡り鳥の飛来時期にウイルスを運んでゆく可能性が考えられる。また別な考え方として、H5N1ウイルスに感染した動物が死んでゆくに従い、同時にウイルスが消えてゆく、またはより病原性の低いタイプへ変異してゆく可能性もある。(ここでの考え方は野鳥が主たるウイルス保有宿主で、感染しながら同時に死んでゆくと考えた場合、最終的にウイルスは消えてゆくのではないかという仮説と思う。この冬、ヨーロッパでは多くの野鳥がH5N1ウイルスに感染して死亡して見つかった)。
 ”これまで得られた知識では判断は難しい。さらなる研究の強化が必要だ”、とFAOの獣医担当責任者であるジョセフ・ドメネク氏が語った。

さらなる資金援助の必要

 ”国際的資金援助国からの、発展途上国における家畜衛生の改善のためのさらなる資金援助が必要だ”、とOIE科学技術部局の責任者であるギヅソン・K・ブルックナー博士が語っている。
 感染野鳥の早期発見と、流行発生に対する迅速な対策のための資金が必要である、と同博士は付け加えた。
 (発展途上国での家きんにおける)H5N1ウイルス対策は、飼育場全ての箇所において、家きん生産段階での生物学的安全性と衛生状態の改善が基本となっている。その中には野鳥と家きんの接触を最低限に抑えることも含まれている。会議ではそのように提唱された。
 参加者達は高病原性鳥フル拡大阻止のための、野鳥殺処分に対するいかなる考え方をも否定した。
 それは科学的にも(対策として:訳者)、倫理的にも正当化されない、とされた。

6月1日

・Indonesia Begins Slaughtering Poultry Bluefield Daily Telegraph  (米国) インドネシアで家きんの殺処分始まる:8歳少女が検査で陽性
 インドネシア当局は先に15歳少年が死亡した村で、1000羽以上の家きんの殺処分が始まったと発表した。
 またジャカルタとの境のパムランの8歳少女が入院し、検査でH5N1ウイルスが陽性だったと1日保健省高官が語った。
・Birdflu explodes among humans in Indonesia Standard-Speaker (米国) インドネシア:鳥フル、人の間で炸裂


 家族内感染で唯一生存中のメンバー (AP)
5月に入ってからインドネシアでは、2日半に1人鳥フルで死亡している。間もなくベトナムを抜いて世界で一番死亡者の多い国となりそうだ。

・Fifty-four people in Indonesian birdflu quarantine : WHO Antara, (インドネシア) インドネシア、自宅隔離の村民が54人
 WHOは、インドネシア集団発病家族と接触した村人54人が自主的に自宅待機の状況にあることを24日発表した。
 しかし周辺からは5月22日以降患者は発生していない。
 この事実は重要で、患者達から周辺にウイルスが拡大していないことを意味していると、WHOはAFPに語った。
 ”ウイルスは他の家族、保健医療担当者、および一般社会に感染出来る多くの機会があったにも関わらず、感染しなかったか、そうした証拠は得られていない”。
 しかし予防対策としてインドネシア当局は、WHOの勧奨期間よりも1週間長い、さらなる3週間に渡って村を監視する予定と言っている。
 自宅隔離中の人々はタミフルを服用し、毎日インフルエンザ症状の発現の有無についてチェックされている。
・WHO criticizes Indonesian birdflu efforts KRQE (米国) WHO、インドネシアの鳥フル対策に不満の意
 インドネシアの官僚政治が、鳥フル対策の大きな妨げになっているとWHOの当局者は語っている。
 ”嵐がきているのに、彼等は屋根の雨漏り対策をしている”。
 5月に入ってからインドネシアでは、2日半に1人鳥フルで死亡している。間もなくベトナムを抜いて世界で一番死亡者の多い国となりそうだ。
 一人のWHO報道官は、”至る所の動物にウイルスはいる”、と語り、”インドネシアの問題は、注意力が行き渡っていないことが、問題を複雑にしている”、と付け加える。
 一人の疫学研究者は、無数の島に複雑に広がっているインドネシアにおける官僚体制は、”信じられない体制”であると評し、行政の指導者達の力は、彼等の事務所の壁から外には作用しない、と語っている。
 専門家達は、スマトラの家族7人が感染し、6人が死亡した事例を心配している。8人目の家族は検査される前に死亡して埋葬されている。
 専門家達は親族間で人人感染が起きたと疑っている。 
・Experimental flu vaccine bypasses needles Reuters AlertNet  (英国) 針無し鳥フルワクチンが実用化へ
 針を用いずに小粒子を皮膚内へ接種する実験的インフルエンザワクチンの安全性が人で確かめられたと、バイオテック企業のPowderMed Ltd. から発表された。英国に本社を置く同社は、このウイルスのDNAを用いたワクチンの免疫効果を確かめる本格的実験に入る。同社によると予備的検査では36人のボランティアに対して十分量の抗体が作成されたという。臨床試験が成功したなら、通年型インフルエンザと鳥インフルエンザに対するワクチンを本格的に作成する事になるが、それは数年先になる見通しである。
・Avian flu H5N1cases top 740 FarmersWeekly (英国) 野鳥でのH5N1ウイルス感染事例、急速に減少
 2月初旬以来、これまでEU加盟国13ヵ国で740羽以上の野鳥が、検査でH5N1ウイルスが検出されている。EU委員会から発表された公式データによる。
 しかし最近数週間はウイルスが検出される鳥の数が激減していて、最悪の事態は去ったと考えられる。
 2005年7月から2006年1月まで3万9000羽が検査され、本年2月から5月まで6万羽がEUで検査されている。
 感染が見つかった鳥は3月が最も多く、362羽であり、4月は162羽、そして5月が17羽となっている。
 発見される場所の地域性もあり、最も多かったドイツの326羽から英国の1羽まで幅が大きい。
 鳥の種類では、白鳥が全体の63%を占め、続いてカモが16%、ガンが4%、他となっている。
・No Evidence To Implicate Wild Birds In Spread Of BirdFlu Food Consumer (米国)野鳥が鳥フル拡大に関与している証拠はない

 白鳥や他の野鳥が、致死的鳥インフルエンザウイルスの世界中への拡大に役割を担っているかどうかは明確ではない、とローマで2日間に渡って開催された鳥インフルエンザに関する国際科学的会議で科学者達が語った。

 H5N1ウイルスは当初鳥で見つかったウイルスであるが、それが人に感染するようになり、2003年に再興して以来127人を死亡させている。今年度だけでウイルスは野火のごとく、ヨーロッパからアジア、そしてアフリカの多くの地域で発生している。ウイルスの拡大原因は、渡り鳥によると考えている専門家もいるが、謎のままになっている。
 ”野鳥がウイルスの自然宿主となっているのか否か、我々には未だ疑問となっている”、と100ヵ国から専門家が集まった会議に参加している、FAOの動物保健衛生担当局の責任者であるジョセフ・ドメネク氏は語った。
 会議はFAOとOIEに寄って開催され、情報交換によりこれまでの知識の集積が目的となった。

TOP