高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
5月31日


・China, Indonesia, Africa underreport birdflu--OIE Reuters AlertNet (英国) 中国、インドネシア、アフリカは鳥フル過小報告:OIE
 監視するための予算不足から、十分な評価が行われていないとのOIEのコメント。
・鳥インフルエンザが指定感染症に‐6月2日に公布 薬事日報 
 政府は5月30日の閣議で、鳥インフルエンザ(H5N1)を指定感染症として定める政令及び検疫法施行令の一部改正について了承した。海外におけるH5N1の発生状況から、日本での発生予防や蔓延防止措置を講ずるために、指定感染症として定めるもの。公布は6月2日で、公布の日から起算して10日を経過した日から施行。施行期間は1年以内に限定される。
 川崎二郎厚労相は閣議の会見で、政令改定が決まったことに関し、世界的に鳥インフルエンザの患者発生が拡大しており、トリからヒトへの感染リスクが高まっていることを指摘。現時点では、ヒトからヒトへの感染の流行がはじまる段階ではないが、これに備えて迅速な蔓延防止対策がとれるよう法的な体制を整備するため、H5N1を指定感染症及び検疫感染症として政令指定したと説明した。さらに、今後は検疫において入国者の健康診断等実施することによる水際対策、患者の入院等の措置による国内の蔓延防止対策の強化を図る考えを示した。
・鳥インフル、ヒト同士の感染・WHO、48時間内に検証 日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)は30日、鳥インフルエンザウイルスが人から人へ感染する事態に備えた緊急対策の最終案を固めた。ヒト同士の感染が疑われる症例への対応の流れを詳細に定めた。症例確認から48時間以内で、ウイルスが人に感染しやすい性質に変異したかどうかを検証、必要に応じて抗ウイルス剤「タミフル」の備蓄も放出する。各国政府に迅速な対応を求め、新型感染症のまん延を未然に防ぐ。
 対策案は従来の草案を大幅に改定した。ヒト同士の感染が疑われる症例が見つかったら、24時間以内にWHOに通報するよう各国政府の保健当局に要請。続く24時間以内にWHOが検査機関の協力を得て、H5N1型ウイルスの遺伝子が人から人に感染しやすい形へ変異しているかどうかを検証する。
 ウィルスの遺伝子変異を認めた場合は、症例発生地の周辺住民を隔離。半径5―10キロメートル以内の住民1万―5万人を対象に、H5N1型ウイルスにも効果があるとされる抗インフルエンザ剤「タミフル」を大量投与する。
・Tests find birdflu kills in Indonesia Biloxi Sun Herald (米国) インドネシアで新たな死者発生 (全世界ニュース)
 インドネシアの西ジャワで死亡した15歳少年がH5N1鳥フルであったことが、インドネシアの検査で確認され、現在検体が香港の研究所に送られて確認されている。
 少年は29日バンドゥングの病院へ入院し、翌日死亡している。保健省の感染対策責任者のハリヤディ・ウイビソノ氏が発表した。
 少年はタシクマラヤの町に住んでいて、家きんと接触した既往があると言う。
 西ジャワでは最近18歳と10歳の兄妹が死亡しているが、それらの例とは関連性が無いようだ。
・WHO confirms 6 new H5N1 cases in Indonesia CIDRAP (米国) WHO、インドネシアで6新規感染者を確認
 WHOは昨日、インドネシアにおけるH5N1ウイルスの6新規感染者を確認した。地理的に分散した地域での発生で相互に何ら感染上の関連はなく、また北スマトラの家族内集団発生例とも関連はないと考えられる。

 インドネシアでの事例に基づきWHOは、鳥インフルエンザ流行のフェーズ分類をさらに明確な内容に更新する予定と発表した。2,3週間以内に行われる。(現在のインドネシアでの状況はフェーズ3なのか4なのか曖昧となっている:訳者)
・Pandemics: How would it impact you? Branford News (米国) パンデミック:どの程度のインパクトがありますか?
 パンデミックが発生し、もしあなたが発病したとき、政府が全てを行ってくれると思っているのなら、考え直すべきだ。それは自分自身で備える必要がある。
 地域の指導者達と多くの行政機関と企業からの代表者達が、パンデミック対策に関して話し合いを、5月25日に行った。
 スワニー郡におけるパンデミック・インフルエンザ対策を進める為に開かれた。
 テーマは:
 ・地域社会に及ぼす通常の災害とパンデミックの違い
 ・市民と企業が個々に自己防衛のための対策をたてる必要性
 ・州や連邦政府の助けが得られない可能性
 ・地域社会システムが停止する可能性
   他
・Human trials of birdflu vaccine start New Zealand Herald (ニュージーランド) 人用鳥フルワクチンの臨床試験開始
 グラクソスミス・クライン社による新しい人用H5N1ウイルス鳥フルワクチンの臨床試験が始まった。
 免疫賦活剤のアジュバントを加えた新ワクチンで、ドイツとベルギーで行われる。
 3ヶ月以内に安全性と効果を確認し、年末までには量産体制に入りたいと同社では語っている。
・WHO issues plan to limit birdflu outbreak in humans ABC News   WHO、人における鳥フル封じ込め計画を発表
 30日、WHOは人における初期発生時の、鳥フル封じ込め計画を発表。早期発見と抗インフルエンザ薬の大量使用が中心となる。3月に行われた70ヵ国からの専門家会議で提案されたものである。
 計画は「早期封じ込め戦略(rapid response and containment strategy)」と呼ばれ、流行発生から3週間以内に危険地域の人々が、大量のタミフルの投与を受けることで成功するとされる。
 成功の鍵は、完全に時間に依存しているとされる。
 数理的モデルによると、ウイルスが人人感染を起こしだしたことが確認されてから、3週間以内にタミフルが投与されることが成功の鍵となっている。
 計画によると人人感染が疑われた事例を検出した国は、24時間以内にWHOへ報告しなければならない。さらにWHO認定研究所は24時間以内にウイルスの遺伝子変異、または再集合について確認しなければならない。
 続いてWHOがロッシュ社から提供されているタミフル300万人分が利用され、各地域へ提供されると共に、感染地域の閉鎖、感染予防対策、接触者調査などが行われる。
 WHOがロッシュ社にタミフルの発送を求めると、同社は発生地域に最も近い国際空港へタミフルを輸送する予定となっている。
 27日、WHOは初めてロッシュ社にタミフルをインドネシアの北スマトラ(家族内集団発生が起きた地域)へ発送する準備を整えるよう求めた、と発表している。
     WHO 原文 (PDFファイル)

・Poultry, wild bird trade spread birdflu--experts Reuters (国際) 家きんや野鳥の国際売買で鳥フル拡大:専門家
 ローマで行われている鳥インフルエンザ対策国際会議で、米国の聖ユダ小児研究病院のロバート・ウエブスター教授の談話。
 ・H5N1ウイルスは渡り鳥で運ばれている証拠はある:昨年の中国青海省からモンゴル、そしてロシア、ヨーロッパ、中東、アフリカ
 ・しかし、家きん、家きん産物、野鳥などの不正取引を含む国際貿易でウイルスが拡大していることも考慮する必要がある。専門家は、貿易地図とウイルスの拡大状況を照合する必要がある。
・県が鳥インフルエンザ対策訓練 二戸 岩手日報 
 県は30日、二戸市石切所の二戸地区合同庁舎などで、高病原性鳥インフルエンザ対策訓練を実施した。万一の発生時に備え適切、迅速な対応について確認した。
 県、二戸地域の市町村の担当者ら約140人が参加。県合庁では、鳥インフルエンザの特徴や防疫対策のほか、マスクやキャップ、ゴーグルなど防護用具の衛生的な着脱方法などを学んだ。
 カシオペアメッセ・なにゃーとでは、鳥インフルエンザの発生を想定した図上訓練を実施。発生状況や飼育状況などの情報を基に、県対策本部・支部設置までの正しい情報伝達、初動措置の流れを確認した。
 県環境生活企画室の高橋誠食の安全安心・消費生活担当課長は「指針やマニュアルがあっても、発生時にパニックに陥らず対応できることが肝心だ。正しい初動措置と情報伝達の訓練を通じ、被害や不安を最小限に抑える態勢づくりにつなげたい」と話していた。
・インドネシア、鳥インフルエンザ感染拡大 日本経済新聞
 インドネシアの各地で鳥インフルエンザの感染が広がっている。世界保健機関(WHO)は29日だけで6人が新たに高病原性のH5N1型ウイルスに感染したことを確認し、このうち3人が死亡した。WHOはジャワ島中部地震の被災地に対する救援活動と、鳥インフルエンザの封じ込めという二正面作戦を強いられている。
 インドネシア保健省はジャワ島西部で23日に死亡した18歳と10歳の兄妹、19日に死亡した西ジャカルタの39歳の男性がH5N1型に感染していたことを確認。WHOは死んだ鶏に触れたり、野鳥の排せつ物を始末したりした際などに感染したとしている。このほかジャワ島東部の18歳の男性、南ジャカルタの43歳の男性、スマトラ島西部の15歳の女の子からもH5N1型ウイルスを検出した。
5月30日


・Romania finds new suspect birdflu case Swissinfo (スイス) ルーマニア、新規鳥フル発生事例
 ルーマニアで30日、ブカレスト郊外の家庭で飼育されている家きんが鳥フルに感染している疑いがあることが分かった。
 検査では99%H5N1鳥フルであることが確認されている。
 この3週間に100件以上の鳥フル発生が相次いでいるルーマニアであるが、何件かはブカレスト市内で、多くは首都の北方170キロの家きん農場周辺で発生している。
・Moscow tests human birdflu vaccine  TREND Information (アゼルバイジャン) モスクワで、人用鳥フルワクチンの臨床試験が開始
 医療関係者を中心とする120人のボランティアが参加。
・BIRDFLU SPREADS IN ROMANIA, BULGARIA STILL OUT OF DANGER Sofia Echo (ブルガリア) ルーマニアで鳥フル拡大中、フルガリアは危険性なし
 鳥フルはルーマニアで拡大中で、発生数は115件数に達した。ルーマニア農業省の発表による。
 ルーマニア政府は、検査結果が出る前でも家きんの殺処分を行って良いとの許可を出した。
 ブルガリアは感染した家きんや家きん産物が入ってこないように国境での監視を強めている。
・強毒型の鳥インフルを指定感染症に分類 読売新聞
 政府は30日、強毒型の鳥インフルエンザH5N1を、感染症法の「指定感染症」と、検疫法の「検疫感染症」とする政令を閣議決定した。
 指定感染症は2003年の新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)以来2例目。いずれも来月2日に公布、同12日に施行する。
 この結果、国内でH5N1の患者が見つかった場合、知事が〈1〉患者の入院勧告〈2〉患者の就業制限〈3〉患者に接触した人への健康診断の勧告――などの拡大予防策を取ることができる。
・More birdflu deaths in Indonesia The Age (オーストラリア) インドネシアでさらなる鳥フル死者発生
 WHOは、インドネシアで6人の鳥フル感染事例を確認し、そのうち3人が死亡したと発表した。
 この新規確認で、世界の10ヵ国で鳥フル死者が127人となり感染者が224人になった
 WHOは、これら新規例は北スマトラの家族発生とは無関係で、発生場所も地理的に広く散っていると説明している。
・Sole BirdFlu Survivor Shuns Treatment Wyoming News (米国) 鳥フル、唯一の生存者、治療を嫌う
 AP配信による全米ニュース







A service of the Associated Press(AP)
メダン、インドネシア

 インドネシアの鳥インフルエンザ家族内集団発生の唯一の生存者は、通常の病室で治療を受けている。
 ドアの外では鶏が餌を突っついているし、訪問客はマスクや予防衣無しで部屋を出入りしている。

 患者のヨハネス・ギンティングは、未だ非常に弱々しい状態であるが、重体には見えない。彼は最初H5N1ウイルスに感染して、発病し、病院に収容された時、すぐに病院を逃げ出しさえした。
 それ以来彼はタミフルや他の薬の服用をためらって、治療に抵抗している。

 ”我々は家族にマスクや予防手袋を与えて、如何にこの感染症が恐ろしいかを説明している。しかし彼等は我々の指示に従おうとはしない”、とアダム・マリク病院の副院長であるヌラシード・ルビス医師は嘆く。
 ”我々は同じように彼にも病気の恐ろしさを伝えているが、彼は信じない”。

 病院の別棟では病院スタッフが感染対策の重要性について簡単な情報を与えられた。
 病院中の壁に世界中で124人を殺した鳥インフルエンザを警告する、燃える地球の中に鶏がいる啓発用ポスターが貼られている。

 鳥インフルエンザの死者の四分の一はインドネシアの人々である。撲滅対策が遅すぎると世界中から非難が集中している。
 住民の関心が欠如していることが問題の一つであると保健専門家は指摘する。無数の島からなるインドネシアの田舎地帯では、多くの人々は鳥インフルエンザについて聞いたことがないし、またはギンティングのように、(発病しても)それを否定する患者がいるのも問題を大きくしている。
 北スマトラの小さなクブ・シンベラング村で、少なくとも6人のギンティングの親族がH5N1ウイルスで死亡した。7人目の死亡者は検体が採取される前に埋葬されているが、WHOはこの親族も鳥インフルエンザであったと考えている。
 この事例は初めて報告される大集団発生となっている。
 今回の事例が注目される理由は、感染源として明確な鳥との接触が確認されていないからである。専門家は限定された人人感染が起きた可能性を考えているが、家族以外での発病者がいないことも指摘している。
 鳥インフルエンザはいまだ人には簡単に感染しない。ほとんどの発病者は感染した鳥からうつっている。しかし専門家はウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、パンデミックとなることを恐れている。しかしながら、WHOの専門家達はクブ・シンベラング村ではそのようなことは起きていないと強調している。
 名前を明かすのを断ったギンティングの母親は、息子の病室の外の、所々雑草が生えた地面の上に麦わらのマットを敷いて座っている。
 3人の子供と4人の孫を失ったにも関わらず、彼女は息子の看病につくのを恐れていない。息子は5月4日に発病して以来、いまだ座るのも難しいほど弱々しい。
 彼女は、息子は徐々に回復してきているが、いまだ咳が強く、話すのも困難であると言っている。
 ”私は怖くはない。マスクや他のものは一切着けようとは思わない”、と彼女は言う。”もしそれがうつるものなら、私が最初に死ぬだろう”。
 ギンティングの母親は弱い天然興奮剤のビンロウジを噛み続ける。雌鳥や雄鳥、おしてひよこがすぐ近くで地面を突っついている。数匹の猫が息子の病室のドアのそとを動き回っている。
 ”なぜこの辺の鶏を私が怖がる必要があるのだろう”、と彼女は言う。”死んだ者達は誰も鶏を食べてはいない”。

 集団発生をみたギンティング家に関して門外漢にはほとんど話されていないが、同家族は今、感染者数の多さから国際的に注目を浴びている。WHOの当局者達は、家族内で人人感染を起こしたと考えられ、H5N1ウイルスの重要なる進化として注目されると語っている。
 専門家達はこれまで発生した全ての家族内発生は、血縁関係者の間でウイルスが感染したものと考えてきた。何人かの専門家は、それらの事実は、遺伝的なH5N1ウイルスに対する脆弱性が関係しているとする仮説を提唱しているが、それを支える証拠はない。
 この村の多くの人達は死の原因が、鳥インフルエンザであるとは信じようとはしない。なぜなら配偶者や近隣者は発病していないからだ。ギンティングや彼の家族も、それ以外の村人達も保健当局者達に協力しようとはしない。
 ”ヨハネスは注射を拒むし、タミフルや他の薬を服用しようとはしない”、とルビス医師は言う。しかし入院当初よりは協力的にはなっていると、同医師は付け加えた。
 またギンティングの見舞い客の無防備さから分かるように、予防についての無理解も問題点としてあげられる。
 ルイス副院長は29日に感染予防に対する話し合いを院内で持ったと言う。
 ルイス医師が話しているとき、ギンティングの部屋の外で、女性が予防手袋や予防衣を着けずに、彼の部屋から出たゴミをいじりだした。隣接する病室の患者達の家族は、ギンティングの病室の開いたドアの側を行き来する。
 WHOのガイドラインでは、保健医療関係者にマスク、手袋、予防衣、ゴーグル、そして特別製のブーツを、患者に接触するときには身につけるように指導している。WHOの報道官のディック・トンプソン氏はそのように説明している。
 ギンティングの病室に入る医師やナースは予防装具を身につけているが、無防備な状態で病室に入る訪問者に対して誰も注意しない。
 ルビス医師は、病院はギンティングを隔離するために最善を尽くしたと語る。
 ”隔離のための病室の準備に我々は出来る限りのことをした。これ以上我々に何が出来るか、我々には分からない”、と同医師は語っている。

A service of the Associated Press(AP)

5月29日

・Indonesian human birdflu toll climbs to 37 WSTM-TV (米国) インドネシア、人死亡者数37人に増加
 インドネシア保健省は、18歳少年が鳥フルで死亡したことを確認したと発表した。先週23日死亡したが、同じ日に妹も鳥フルで死亡している。この兄妹例はインドネシアで7番目の家族内発生となった。また14歳少女の鳥フル感染が検査室で確認され、インドネシアで50人目の感染者となった。
・WHO to rewrite pandemic staging descriptions in wake of Indonesian ... Calgary Sun (カナダ) WHO、フェーズ分類を改変予定と--インドネシア集団発生事例を考慮に入れて
・Indonesian Villagers Blame Magic, Not Flu Bluefield Daily Telegraph (米国) 原因は鳥フルでは無く悪霊-インドネシアの集団発生の村の状況

By MARGIE MASON
AP通信


 
3軒の煉瓦と羽目板造りの家が、村の今は誰も通らない静まりかえった泥道の脇に並んでいる。裸電球がドアにぶら下がり、未だ光りが灯ったままだ。白い愛玩用の鳥がケージの中から餌を求めて鳴き声を上げている。
 しかし誰も近づこうとはしない。

 WHOを中心とする保健専門家達は鳥インフルエンザで親族内集団発生が起きてから、それらの家に調査の焦点を当てている。しかしいまだ感染源が発病した鳥だと結論が出ていない。彼等は限定された状況下での人人感染が起きたことを推定しているが、この高地の村で家族以外に発病した村人はいなく、ウイルスは変異もしていないので、パニックになる必要はないと説明している。
 しかしながら近くの住人達は、それは鳥インフルエンザのせいではないと主張する。彼等は悪霊が働いているのだと言う。それが1500人近くの敬虔なクリスチャンが住む村に、頻繁に現れてくると言う。
 多くの村人達は家族達の家の側を通らない。そして何人かは、次ぎに自分達が死ぬのではないかと夜にうなされる。
 ”私達はあの家には怖くて入れない”、と、センビニングと名前を語った37歳の女性は言う。”何が怖いのか分からないけど、怖いのだ”。
 彼女は死亡した家族達の側に住んでいて、最初に死亡した女性は姉のような存在だった。彼女は友人が高熱で倒れた後、食事の世話や介護で側にいたが、なぜ彼女が鳥インフルエンザに感染しなかったのか、センビニング自身にも分からないと言う。
 ”私は家族達は呪われていたのだと思う”、と彼女は言う。”もし鳥インフルエンザが原因なら、なぜあの家族だけが感染したのか、おかしい、家族達の血に問題でもあったというのだろうか?”。
 専門家達は血縁者だけの間で感染が広まり、配偶者には感染していないことから、H5N1ウイルスに対する遺伝的な易感染性が存在することを推定している。しかし現在のところ明確な証拠はない。
 検査では村の家きんにはH5N1ウイルスが見つかっていない。
 家の周囲では、多くの雌鳥や雄鳥、そしてヒナ達が自由に走り回っている。さらに豚、牛、水牛、そして裸足の子供達が深い轍のできた道路や、オレンジやライムの畑を自由に行き来している。
 感染源が何であったとしても、家族の7人が検査でH5N1ウイルス陽性で、6人が死んでいる。8人目の発病者は検体が採取されずに埋葬されているが、WHOは彼女も集団発生の中の1人と考えている。
 家族達が死に始めると共に、混乱と不信感から村人達は当局者達に協力しなくなった。多くは、自分たちも発病し死亡することを恐れ、血液検体の提供を拒んだ。
 この事例はWHO当局者達にとって、住民とのコミュニケーション確立と啓発教育が、初動体制において重要であることを思い知らされる良い経験となっている。
 ”我々は手探り状態で色々学び続けている”、とWHOの報道官であるディック・トンプソン氏は語っている。
 ジュネーブのWHO本部の緊急対応チームのジュレス・ピーター氏は、この地域の習慣、言葉、文化に詳しい人々が、初期に村人に対応して、何が起きているのか、どのように予防するのか、発病した場合の治療の重要性等の説明を十分して、村人達が事態を理解するのを助ける必要があるのは、明白なことだ、と語る。
 実際、多くの人々は以前は医師を怖がらなかったが、現在は恐れている。
 ”私達は隔離室に送られるのが怖い。隔離室は屠殺室みたいなところで、死にたい人達の為の部屋なんだ”、と村人の一人は語る。”だから私達は医師の所へ行って血液を採られたくない。私にとって血液を採られることは、死んでゆくことを意味する”。
 インドネシアの当局者達によると、少なくとも1人の患者が病院を逃げ出し、伝統的医学治療を求めたようだ。その後間もなく病院へ連れ戻されたが、H5N1ウイルスが人人感染を生じるように変異した場合、このような行動がウイルス拡大、そしてパンデミック発生へつながると、専門家達は大きな懸念を抱いている。
 ”このような状況で我々にまず最初に必要なことは、危険性に関して人々の信頼感を得ることだ”、とトンプソン氏は語り、”今、この事例から我々が学んでいることは、この地域にタミフルを投与する方法で、単純に事態を解決することは出来ないということだ”、と付け加える。
 彼によると、何人かの村人達は、家族達の死を見て、タミフルを服用し出していると言う。家族達の多くはタミフルを投与されているが、それは余りにも遅すぎた。
 村人は、誰も村を立ち去ろうとはしていない。
 自身の小さな店の前のベンチに腰掛け、ギターをつま弾きながら、バパク・カルニア・センビリングは、鳥インフルエンザについて記者が質問すると微笑み、答えた。”もしドクターがそう言うのなら、そうじゃないの”。
 彼によると、当局者達が村人の健康状態を監視して、消毒液をスプレーして歩いているから、彼は安心していると言う。しかし彼は、今後、村が社会から避けられる不安を抱いている。
 ”私はこの村が将来どうなるのか、少しばかり心配している。しかし最も怖いのは世界が我々を憎み、勝手な判断を下すことだ”、と彼は言った。

5月28日

・Three more birdflu deaths confirmed Jakarta Post (インドネシア) インドネシアでさらに3人の死者が確認 
 インドネシアで3人の死者が確認され計36人の死者数となった。インドネシア当局の発表。
・Recent Developments in Indonesia Washington Post (米国) 今日のインドネシア状況
 ・マグニチュード6.2大地震発生
 ・鳥フル
   さらに3人の死亡が確認された。1人は北スマトラのH5N1ウイルスで死亡した家族における6人目のメンバーである。
 ・東チモールのテロ事件
・Churches invited to attend birdflu program Longview Daily News (米国) 鳥フル対策会議に教会関係者も参加

・Roche Says Ready To Ship Tamiflu Anywhere It's Needed CattleNetwork.com (米国) ロッシェ社、緊急用タミフル出荷準備整う
 WHOがインドネシア家族における鳥インフルエンザ集団発生で、H5N1ウイルスの人人感染が起きた可能性から、ロッシュ社に警戒するように求めたことから、同社は世界中何処にでも緊急用タミフルを出荷出来る態勢にあると発表した。ロッシュ社は300万人分のタミフルを用意している。(ロッシュ社はこれまで500万人分のタミフルをWHOに提供しているが、そのうち300万人分は同社が保管していて、同社の責任の基に出荷する態勢にある:訳者)。
 ロッシュ社の報道官によると、同社はWHOといつも密な関係にあると言う。

・WHO Puts Tamiflu Maker on BirdFlu Alert The Southern (米国) WHO、タミフル・メーカーに鳥フル警戒態勢を指示



 インドネシア家族集団発生が、H5N1ウイルスの人人感染の可能性が高いことから、WHOはロッシュ社に対して警戒態勢に入ることを求めた。必要な場合は即刻タミフルを出荷する必要がある。
5月27日

・Fresh Outbreak of Bird Flu Confirmed in Nigeria VOA (米国) ナイジェリアで新規鳥フル発生

 AP通信  ナイジェリア農業省は北方のカノ州で鶏の間で致死的鳥フルが発生したことを報告した。

 カノ近くの農場で1万6000羽以上の鶏が殺処分された。

・Another H5N1 case cited in Java; Sumatra quarantine grows CIDRAP (米国) ジャワで新規鳥フル患者発生:スマトラでの患者隔離数増加

 インドネシア保健省は西ジャワで18歳男性がH5N1ウイルス感染で死亡したことを発表した。男性は先にH5N1ウイルス感染が確認された10歳少女の兄である。
 また、北スマトラの家族内集団発生に関しては、当局は家庭内隔離者を昨日発表の33人から54人に増やした。またWHOは集団感染のきっかけとなった可能性ある感染源を鶏と同定したと、本日ロイターに伝えた。

 AFPによると、10歳と18歳の兄妹は西ジャワのバンドゥンで23日死亡した。昨日、10歳少女がH5N1ウイルスに感染していることがインドネシアの研究所で確認されているが、兄に関しては結果が保留されている。
 2人とも入院して1日以内に数時間をおいて死亡したと言われる。検体は香港のWHO協力研究所に送られた。
 もしこの2例が確認されたら、インドネシアでの死亡者数は35名となる。

自発的自宅待機

 北スマトラでの患者調査が進む中、WHOはクブ・センベラング村の54人の村人に自宅での待機を求めた。当局によると症状を呈している村人は今のところいないと言う。
 54人中、39人が予防として、タミフルを服用している。服用していないのは妊娠女性、授乳中の女性、または子供と言われる。
 スマトラの集団発生の感染源は不明だが、WHOの疫学者であるスティーブン・ブジョルゲは、感染した家きんが可能性が高いことをロイターに語っている。
 彼によると未報告の鶏における鳥インフルエンザの発生がその地域では非常に多いようだ。この2,3週間でもその地域で2,3の鶏における大量死亡事例が起きていると言う。
 ”最初に感染したと考えられている37歳の女性は、どこかで感染したに違いない。それは環境内に存在していたものだ”、とブジョルゲ氏は語り、それが感染した鶏である疑いを持っていることを示唆した。

・Leavitt stresses need to be prepared for pandemic Boston Globe, (米国) レービット長官、パンデミック対策が必要と強調
 レービット保健福祉省長官はニューハンプシャーで、全ての住民は最悪の大惨事に備えることが必要と強調。

 西暦2000年問題と同じ?または狼少年と同じ?私はそう願う。でも歴史が正しいなら、パンデミックは起きる。長官はそのように、ニューハンプシャーでのパンデミック対策州サミットで語った。
 また、21世紀がこれまでの世紀と異なるという理由は何もないと語り、1918年のスペイン・インフルエンザの例を挙げた。
・Experts track spread of disease by tracing deaths Bangkok Post (タイ) 専門家、ウイルス拡大の足跡を調査

By MAGGIE FOX

ワシントン(ロイター)


 インドネシアにおける鳥フル集団発生は、パンデミックの始まりの検出が如何に難しいかを示していると専門家達は語っている。
 WHOは23日、ウイルスは危険性あるタイプへは変異していないと発表しているが、専門家達によると、もし変異が起こっていたとしたなら、その情報は遅すぎるとされる。
 実際、彼等の言うところによると、危険なタイプに変化したウイルスが感染し出していることは、多数の人々が発病、そして死亡しだしてからしか分からない。
 ”我々は多数の人々が感染するまでそれが(ウイルスが変異したこと)分からないだろう”、とピッツバーグ大学医学センターの救急医学専門家のトナー博士は語る。
 博士はもしウイルスが効率良く人に感染するならば、保健医療関係者の中から感染者が出る可能性が高いことを指摘する。
 遺伝子分析で何らかの答えが出されるだろうが、実際に流行の発生を検出する方法は、伝統的な疫学調査方法にしかない。
 ”遺伝子分析の結果を待つには遅すぎる故、我々は疫学的手法で調査を進めなければならない”、とミシガン大学の感染症疫学専門家であるアーノルド・モント博士は言う。ウイルスの8個の遺伝子を完全に分析するには、数日から数週要する。
 WHOによると、研究者がウイルスを分析している間に、発生国が迅速に感染者を同定して隔離できる体制が望ましいようだ。
 しかしインドネシアの例では、現実的にはそのように作業が進んでいない。
 ”我々は不十分な情報を基に重大な決定をしてゆかなければならない。この地では迅速さが最も重要なのだ”、とミネソタ大学の感染症専門家のマイケル・オスターホルムは語る。
 インドネシアではあまりにも全てが遅すぎる。”最初の事例は4月下旬に起きているのだ”、とオスターホルム教授は言う。
 WHOは状況に関する最初の確定的声明をこの23日に出している。1ヶ月近く経ってからだ。効率良くウイルスが人に感染して、多くの人に感染しているには十分な期間だ。

 H5N1鳥インフルエンザウイルスはいまだ鳥のウイルスに留まったままと言える。ウイルスはアジアからヨーロッパ、アフリカへ広がる間、数億羽の鳥を殺すか、または対策のための殺処分に追い込んでいる。
 ウイルスはしばしば人に感染するが、これまで10ヵ国で218人に感染し、そのうち124人を犠牲にしている。しかし些細な遺伝子変異で人に感染しやすくなり、それは世界中に広がり数百万人の犠牲者を出すと考えられている。
 専門家達は人感染例が時として発生することを予想はしているが、スマトラで発生したような集団発生は特に警戒している。
 これまで知られている人の感染者は、感染した鳥に密に接触したか、または人の感染者に”非常に”密に接触したかと考えられてきたが、家族内発生の場合、遺伝的に感受性が高いことも考慮される。
 しかしインドネシアにおいて、集団発生の最初の引き金になった37歳女性の感染源がいまだ不明だ。
 研究者達はインドネシアの患者から分離されたウイルスの遺伝子分析を行い、変化が無いことから安心感を抱いたようであるが、ウイルスが人人感染を起こすようになる遺伝子変化については誰も分かってはいないのが実情である。

・Birdflu kills two siblings in Indonesia Monterey County Herald (カナダ) 鳥フル、インドネシアで兄妹が死亡
 西ジャワのバンドゥンの病院で18歳の兄と10歳の妹が23日死亡。インドネシアの検査でH6N1ウイルスが陽性だった。現在香港のWHO協力研究所で確認中。インドネシア当局が発表。
・危険性高い感染症の通報義務化 WHO総会が決議採択 産経新聞
 世界保健機関(WHO)総会は26日、2007年6月に発効する新たな「国際保健規則」を各国が自主的に前倒し適用し、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)など危険性の高い感染症の発生をWHOへ直ちに通報するよう義務付ける決議を採択した。
 WHOはH5N1型ウイルスが変異し、ヒトの間で新型インフルエンザが大流行する事態を懸念しており、同規則の前倒し適用によって封じ込め態勢の強化を目指す。
 1969年に制定された同規則は昨年のWHO総会で改定され、新型インフルエンザ、新型肺炎(SARS)、ポリオ、天然痘の4感染症の発生通報を義務付けた。改正前はコレラ、ペスト、黄熱病の3種類に限って通報が義務付けられていた。
 エボラなどの出血熱、西ナイル熱などについても国際的な感染が懸念される場合には通報を義務付け、原因が分からない健康被害でも、事態が深刻で拡散が懸念される場合には速やかにWHOに通報することとした。
 生物・化学兵器テロなどにも対処するため、感染症のほか「生物、化学、放射性物質が故意に使用された場合」も対象としている。
・鳥インフル「ヒト・ヒト」感染 専門家が懸念 産経新聞
 インドネシアで家族や親類計8人が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したとみられ、うち7人が死亡した事例に対し、各国の感染症専門家が懸念を強めている。家族の集団感染としては過去最大規模で、「ヒトからヒト」への感染が複数回起きた可能性が26日までに明らかになったからだ。
 世界保健機関(WHO)の調査では、ヒトの世界で大流行が心配されるようなウイルス変異は検出されていない。たまたま条件がそろって家族内で感染が広がった「特異例」との見方がある一方、ウイルスがヒトに定着する兆しである可能性も否定できず、今後の調査に注目が集まっている。
 集団感染は北スマトラ州カロ県の農村地帯で起きた。4月27日、何らかのルートで鳥から感染したとみられる女性(37)が発病。29日には激しいせきなどの症状がみられ5月4日に死亡した。検査せずに埋葬されたが、WHOはH5N1感染と判断している。
 その後、同居の家族や近隣の親類ら7人が相次いで発病。このうち大人と子ども6人が死亡し、全員の感染が確認された。病気の鳥との接点は明らかになっていない。
 WHOによると、5月22日に死亡した女性の弟(32)は、先に発病した息子(10)の看病中に感染した疑いがある。そうだとすれば女性から少年へ、さらにその父親へと「ヒト・ヒト」感染が2回起きていたことになる。過去にもベトナムやタイで「ヒト・ヒト」が疑われた事例はあるが、感染は1回止まり。
 米疾病対策センター(CDC)当局者は「これは懸念される事態だ。ウイルスに大きな変異がないのは幸いだが、従来よりヒトに感染しやすい微細な変化が起きていないか、さらに調べる必要がある」と指摘する。
 一方で、感染例は今のところこの親族内に限定されている。喜田宏・北海道大教授は「家族がH5N1に感染しやすい遺伝的特徴を共有していた可能性も考えられる。その方面からも調査すべきだ」と話している。
5月26日


・過去最大の集団感染に懸念 ヒト定着の兆しか 北海道新聞 
 インドネシアで家族や親類計8人が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したとみられ、うち7人が死亡した事例に対し、各国の感染症専門家が懸念を強めている。家族の集団感染としては過去最大規模で、「ヒトからヒト」への感染が複数回起きた可能性が26日までに明らかになったからだ。
 世界保健機関(WHO)の調査では、ヒトの世界で大流行が心配されるようなウイルス変異は検出されていない。たまたま条件がそろって家族内で感染が広がった「特異例」との見方がある一方、ウイルスがヒトに定着する兆しである可能性も否定できず、今後の調査に注目が集まっている。
 集団感染は北スマトラ州カロ県の農村地帯で起きた。
・Woman in fatal flu cluster may have had contact with sick birds Chicago Tribune (米国) 家族内集団発生の最初の女性は、発病した鳥から感染の可能性
 家族内集団発生事例の最初に発病した女性は、発病したか死亡した鳥から感染し、その後親族に感染させた可能性が高いことがWHOから発表。
 女性は野菜を植えていて、それを市場で売っていた。そこで感染した家きんと接触した可能性が高い。WHOの疫学者が語っている。また専門家達は彼女が肥料として使っていた鶏の糞から感染した可能性も否定できないと言っている。
・Poultry dying in Indonesia village likely flu source Reuters AlertNet (英国) インドネシア家族内発生:大量の家きんが鳥フル感染と
 鳥フルの家族内発生があった村周辺で大量の鶏が鳥フルで死亡していることが判明し、集団発生の最初の感染源はこれら家きんと専門家達は考えている。
・Indonesia's local test shows another birdflu cluster death EastDay.com, China  (中国) インドネシア、さらにい家族内発生の疑い
 兄妹が鳥フルで感染死亡。インドネシアでの検査では鳥フルが確認されたが、検体は香港のWHO協力研究機関で再確認される。
 保健環境保健省長官によると、二人が家きんに接触したかどうかは不明と言う。
・Indonesia's local test shows another birdflu cluster death People's Daily Online, (中国) インドネシア、さらに家族内発生の可能性
 家族内で2名が今週初めに西ジャワで死亡し、地域の検査で鳥フルが確認されたという。インドネシア保健当局が発表。
・Nigeria confirms fresh outbreak of birdflu People's Daily Online (中国) ナイジェリアで新たな鳥フル発生
 25日、ナイジェリア家畜研究所(Veterinary Research Institute)は、カノ州のカカラ村の家きん農場で新たな鳥フルの発生が起きたことを確認した。
・Birdflu team 'too late' Advertiser Adelaide, (オーストラリア) WHOの対策チーム、活動開始が遅すぎる

世界で最も大きな鳥フル発生に対する調査の遅れは、家族内で6人が死亡した原因が人人感染によるものかどうかの結論を得ることを不可能にしている。
 世界の鳥フル専門家達のチームは、非常に田舎の北スマトラのクム・センベラング村に到着し、過去3週間に起こった多数の死について調査を開始した。
 しかしながら、メルボルンのインフルエンザWHO協力研究所の所長であるイアン・ガスト氏は、ほとんどの証拠は消え去ってしまっているだろうと語っている。
 ”これまでの我々の集団発生調査の経験では、調査団が到着したときには、感染を引き起こした可能性ある鳥はすでに周囲にいないか、殺されてしまってい。そのため適切な検体を採取出来ないことになり、真の感染原因を突き止めることは不可能となっている。それが問題なのだ”。
 インドネシア保健当局者達は患者発生の可能性が出たとき、迅速に反応しない。The Australianのガスト博士はそのように語る。
 ”インドネシアの体制はいまだ遅れたままだ。鳥フルに関しては、ベトナムはかって非常に深刻な状況にあったが、強力な対策を行ったせいで、現在完全に制圧したように思われる。しかしインドネシアではいまだ多くの鳥での発生が続いているし、人での発生も多い”、とガスト博士は説明する。
 ベトナムは昨年61例の発生と19例の死者を報告していて、他の国に比較して異常に多かった。
 しかし今年に入って22人がインドネシアで死亡しているのに対し、ベトナムでは発生していない。
 WHO西太平洋地域事務所の報道官であるペーター・コーディングレイ氏は、これまでの最大規模の集団発生に関して、その発生源に言及している。
 彼によると当該村で、原因と考えられる感染した鳥は見つかっていないとされる。
 ”感染源が見つからない場合、我々は人人感染の可能性を考える必要がある”、と彼は説明する。
 感染した家きんが人感染のほとんどの感染源となっているが、WHOによると、これまで数回の事例で人人感染が疑われているようだ。
 コーディングレイ氏によると、人人感染を確かめる効果的検査方法はないとされる。
 ”我々は人人感染を強く示唆する事例をこれまで経験している。しかし調査の終了時には、何ら結論は得られていない”。
 …
 以下は他報道のコメントと類似。


・No need to panic Alberta Daily Herald Tribune (subscription),  (カナダ) パニックに陥る必要はない
 インドネシアの家族内集団発生にもかかわらず、WHOはアラートレベル(警戒レベル)を引き上げる必要はないと発表。
・Dozens quarantined in Indonesian birdflu village  TODAYonline (シンガポール) インドネシア、鳥フル発生村で数十人の村人が隔離

家族内鳥フル集団発生したインドネシアの村で、30人の村人がさらなる拡大防止のために(自宅)隔離を求められている。WHOが発表した。

 北スマトラの村で先月から親族7人が鳥フルで死亡しているが、これら親族と接触した人々の健康調査が行われていると、WHOの報道官ディック・トンプソン氏がAFPに語った。
 ”現在の焦点は接触者調査である。これらのクラスター(集団発生者)と接触した人々を同定することに力が注がれている”、と電話でトンプソン氏は語った。
 ”我々は彼等の健康状態を観察し、家庭から出ないように指導している(自己家庭隔離)”。
 前日もう一人のWHOの報道官であるペーター・コーディングレイ氏が、WHOは感染源について突き止めることが出来ていない、と語ったが、トンプソン氏は感染した鳥との接触が、感染原因として可能性が高いと考えている、と語った。
 コーディングレイ氏はやはり前日、今回の集団発生は、これまでの全ての集団発生の中で最大のものである、とも語っている。
 専門家の一人は、ウイルスが第三世代まで感染、すなわち一人から一人へ感染、そしてさらにもう一人に感染したことを重要視している。
 もしそれが本当だとしたなら、今回の事例はこれまで知られている中で最も長い感染チェーンとなる。これまで知られている人人感染疑い例は、全て一人から一人への感染である。
 しかしトンプソン氏は、ウイルスが人に容易に感染するような遺伝子変異の事実はない、と強調する。
 ”我々の考えでは、非常に密に、長期間親族達が発病者と接触していたため、ウイルス感染が生じた可能性が高い”、と彼は説明する。
 トンプソン氏は、今回のインドネシアの集団発生はこれまでの中で最も大きいが、2003年末以来の鳥フル発生で、多分4ないし5回の”濃厚接触感染”が起きていると語る。
 ”完全に間違いのないことを言うのは極めて難しい”、と同氏は、人人感染の立証の難しさを説明する。
 トンプソン氏によると、今回の家族から得られたウイルスは香港の研究所に送られて、その遺伝子配列が分析されているが、より毒性の高い株への変異の兆候は示されていない、とされる。
 インドネシア保健省大臣のシティ・ファディラ・スパリ氏は、スマトラの家族内集団発生事例では人人感染は起きていないと語っている。
 ”私はその(人人感染)推定を否定する。ウイルスは人と人の間を通過していない(人人感染は起きていない)”、とシンガポールからの電話取材に答えている。
 ”疫学的調査でも、人人感染を示唆するような根拠は得られていない”、と同大臣はさらに付け加えた。

 WHOは10人の専門家チームを現地に派遣して接触者調査を行ってきたが、これまで親族も含めて30人以上の接触者を同定し、家庭での自己隔離を求めている。
 ”我々は1~2週、接触者達の健康調査を続け、もし彼等が発病した場合は直ちに病院へ隔離する態勢にある”、とトンプソン氏は説明している。
 彼によると、健康状態を観察されている接触者達は、タミフルを投与されるのが良いかも知れない、と語った。
 誰でも症状を呈した場合、鳥フルの検査が行われることになっている。
 
 家族の6人がH5N1ウイルスに感染したことがWHOにより確認されている。WHOはさらに家族で最初に発病し死亡した女性も、鳥フルであったと結論した。彼女は検査を受けずに埋葬されている。

 インドネシアでの鳥フル死亡者は合計33人となり、このうち22人が本年の数である。
 
 AFP


・Checklist To Prepare For Flu Pandemic WDIV (米国) パンデミック・インフルエンザ対策のためのチェックリスト
 米国オークランド郡保健福祉局作成
 計画書は要をなさない。計画することが全てである。

 インフルエンザのパンデミックは地球規模のインフルエンザ流行で、通常多数の人々を犠牲にする。いつパンデミックが発生するのか予知するのは難しい。パンデミック発生の可能性に対して準備することは、あなた自身、家族、組織、そして会社における危険性を一段下げることにつながる。
 最大の準備は事実を知ることである。地域社会では、危険性に対する教育、計画、パンデミックの際の公衆衛生的危機における各種物資の備蓄等を、お互いに協力し合って準備する必要がある。
 下記の各種組織における対策のためのチェックリストが用意されている。
 家庭、学校、地域社会、職場、病院 
5月25日


・300 scientists to gather in Rome May 30-31 for conference on bird... Providence Eyewitness News, (米国) ローマで5月30日-31日、300人の専門家による鳥フル会議
 FAOとOIE主催による国際会議。テーマは野鳥が鳥フルウイルスを拡大させているのか否か。野鳥が鳥インフルエンザウイルスの拡大源なのかどうか。
・Bird-Flu Quarantine In Romania Ends For Humans, Not For Birds Mediafax (ルーマニア) ルーマニアで人の隔離は解除、鳥の対しては維持
 ルーマニア政府は鳥フル発生地域の住人の隔離を解いた。自由に地域を通行することが可能となった。感染地域で、鳥フル感染が疑われた住民15人の検査が陰性だったことからの決定。
 しかし感染地域での消毒や鳥の殺処分は継続となる。
・China reports new birdflu outbreak among migratory birds People's Daily Online (中国) 中国報告:渡り鳥の間で新規鳥フルが発生
 中国は西方の青海省とチベット自治区で、渡り鳥の間でH5N1鳥インフルエンザが発生したことを24日報告した。
・「要観察」から治療薬投与 神戸新聞 
 新型インフルエンザ対策で厚生労働省の専門家会議は25日、H5N1型高病原性鳥インフルエンザの感染の恐れがあれば、ウイルス検査を受ける前の「要観察症例」患者でも抗ウイルス薬タミフルを投与するなどとした指針をまとめた。
 指針によると、要観察症例は、H5N1型ウイルスに感染した鳥や患者らと10日以内に接触し、38度以上の熱と急性呼吸器症状があるか原因不明の肺炎などがある場合。タミフルを投与するとともに、ウイルス検査を実施し入院を勧める。
 また、検疫では発生地から来航する船舶に、インフルエンザ症状や原因不明の肺炎・死亡者がないかや、感染鳥や患者との接触歴の通報を求める。
 厚労省は6月にもH5N1型を「指定感染症」に指定するのに合わせ、指針を都道府県に通知する。
・New birdflu outbreak found in far-western China province China Post (台湾) 中国極西部で新規鳥フル発生
 中国は24日、青海省とチベット自治区で野鳥の間でH5N1鳥インフルエンザが発生したことを発表した。
 新華社通信によると、約400羽の野鳥が最近死亡しているの確認された。
 昨年夏に青海湖で数千羽の野鳥がH5N1ウイルスに感染して死亡し、そのウイルス株がその後ヨーロッパ、アフリカ、中東へ広がっている。
 ”昨年も同様に起こっているので異常とは考えられないが、人々への感染に注意するする必要がある”、とWHOの中国報道官であるロイ・ワディ氏は語っている。
・鳥インフル、人から人へ感染の可能性 インドネシア 朝日新聞
 
・WHO panel may weigh worldwide birdflu alert Dallas Morning News (subscription),  (米国) WHO委員会、鳥フル危険レベルを検討の可能性
 検討委員会が招集され、アラートレベルを検討するかも知れない、というWHOの情報。
・WHO to Study BirdFlu Deaths in Family New York Times (米国) WHO、インドネシア家族における鳥フル集団発生を調査中
 WHOの専門家はインドネシアの家族で発生した特異な集団感染の原因を調査中である。人人感染の疑いがもたれている。
 
 ”最も可能性のある仮説”として、発病者を含む親族が非常に狭い居住空間にいて、患者と濃厚な接触をしたことでウイルスが感染したというものである。米国CDCのジュリージャーバーディング長官がそのように語っている。
 しかし、WHOの専門家は、家族から得たウイルスの分析結果では、ウイルス変異は認められなく、それ故世界のパンデミックに発展する危険性はないとしている。
 H5N1ウイルスは数億羽の鳥をこの数年間で殺しているが、人に対する適合性は低く、わずか214人の感染者しか出してなく、それもほとんどは発病した鳥に濃厚接触した場合だけである。
 ”確かにこれはこれまで経験した中で最も大きな集団人感染であり、それ自体心配すべきものだ”、と昨日インドネシアに着いたWHOの専門家であるディック・トンプソン氏は語った。”人人感染を示唆してはいる。心配すべき事だ。
 ……
・Disease experts analyze birdflu deaths in Indonesia Monterey County Herald, (米国) 専門家達、インドネシアでの集団鳥フル感染死を分析
・Checks into birdflu cluster reassuring: CDC ABC News (国際) 米国CDC:インドネシアでの鳥フル集団発生のチェックを強化と
 米国CDC長官のジュリー・ジャーバーディング長官の談話。
・Case may be first 3-person birdflu chain Biloxi Sun Herald (米国) インドネシアの事例は初の三代に渡る感染の可能性
 インドネシアで家族内で8人が感染した事例は、家族内で感染が広がった可能性が高いが、WHOは24日、パンデミック警報レベルを上げる理由は現在のところないと判断している。
 この事例は2003年に香港で流行が始まって以来、人人感染を疑わせる4事例目で、かつ最大のものであることがWHOの報道官のグレゴリー・ハートル氏が語った。
 しかしこの事例は人を3代に渡って感染した特異な事例であることが米国のトップ保健専門家から指摘されている。
 これまでの例では一人の発病者に何人かが接触して、その後発病していたが、この事例は人から人へと滝状に(カスカーデ)感染が広がっている。そのように米国CDC長官のジュリー・ジャーバーディング長官は電話取材で説明している。
 WHOのハートル氏によると、親族が極めて狭い空間に居住していたことが、人人感染の要因になった可能性があると、説明している。
・Indonesia birdflu deaths fuel fears Reuters.uk (英国) インドネシアでの鳥フル集団発生で恐怖感が増強
 インドネシアの家族内での集団発生事例は、家族内でウイルスが感染した可能性があることから、WHOは発病者と接触した人々の調査を尾もなっている、と23日発表した。
 今月家族内で7人が鳥フルで死亡しているが、その後感染者は出ていない。
 WHOの高官は家族内での集団発生事例は今回が初めてではないとジャカルタで語った。WHOは、人人感染を容易に生じるようにウイルスが変異した科学的証拠はないと強調している。

・Family's BirdFlu Deaths Not Precursor to Pandemic Forbes  (国際) インドネシア家族内発生、パンデミックの初期状況へは至らない

インドネシアの鳥インフルエンザ家族内集団感染死は、WHO当局者達にウイルスが変異して容易に人人感染を起こしやすなっている危惧感を与えているが、感染症専門家達はこの最新の事例は公衆上のパニックの原因にはならないと強調している。

 24日WHOは警戒レベルを変更しないと発表したが、現在の警戒レベルは、人人感染がないか、あっても非常に制限されたレベル、すなわちレベル3となっている。
 WHOはインドネシアのウイルス株が北スマトラ島の同居親族7人の間で感染拡大したのかどうか、現在も調査中である。
 32歳の男性死亡者は、発病し死亡した10歳の息子から感染して死亡したように考えられている。少年は叔母から感染したと考えられる。もしこれらが確認されたなら、3人に渡ってH5N1ウイルスが伝搬された初の記録となる、と専門家達は語る。
 しかしながら、WHO当局者達はこれまでウイルスが変異した証拠は無いとも説明する。
 また、8人目となる親族が検査される前に埋葬されている事実が知られているが、彼女もH5N1ウイルスに感染していたと考えられている。
 鳥インフルエンザ発生を追っているトップ疫学者達、その中にはジュネーブのWHO本部、および米国CDCから派遣の研究者も含まれている、はスマトラで感染者と接触した人々の同定と、発病の兆候の有無などを調査中である。
 一方、そうした中、24日インドネシアの専門家は、現時点では心配する原因は無いと語っている。
 
 ”今回のインドネシアにおける家族内集団発生が、ウイルスの重大な変異によって発生したという証拠はない”、とマーク・シーゲル博士が語る。同博士はニューヨーク大学医学部の準教授で、「Bird Flu: Everything You Need to Know About the Next Pandemic (鳥インフルエンザ:あなたが知らねばならない次のパンデミックの全て)」の著者である。
 専門家達は一般論として、ウイルスが人人感染を容易に生じるようになるためには、主要な変異が必要であるとの一致した意見を持っている。
 そしていまだ感染した鳥が(同定はされていないが)流行の引き金になったという可能性が、今回の事例では残っている。
 ”最初の感染者と考えられている死者は2週間以上前に死亡し、埋葬されてしまっている。そして多分発病した鳥達も死亡し埋葬されていると思われる”、とニューオーリーンズのトゥレーン大学医学部のスーザン・マックレラン準教授は説明を付け加える。
 ”この事例はインドネシアで発生しているのだ。私はそれほど大きな謎をはらんでいるとは思わない。最初に死亡した女性は多分、鳥から感染したと思う。
 しかし、当局者達が感染源を特定できていないことから、感染は鳥から人というよりも人人感染で広がった可能性を呈している。この可能性はさらにウイルスが容易に人へ感染し、世界的パンデミックを引き起こすという不安につながる。
 これまで、鳥インフルエンザは10ヵ国で124人を死亡させている。そのほとんどはベトナムとインドネシアである。感染者の総計はやはり10ヵ国で218人と記録されている。2億羽以上の家きんが世界中でウイルスを一掃するために殺処分されている。
 人の感染者の大部分はアジアに限られていて、その中でも家きん農場で働いていて、感染した家きんに密に、長期間接触する人々が犠牲になっている。
 それにも関わらず、人人感染を示唆する孤立例が知られている。その全ては、ニューヨーク・タイムズによると家族内発生である。
 ”(今回の事例の)大きな疑問は、何処で彼等がウイルスに感染したかである”、とシーゲル博士は言う。
 ”立証はされていないが、もし彼等の中で感染が起こったなら、非常に大量のウイルスが侵入したと考えなければならない。誰かの肺の中に大量のウイルスを投与したなら、発病はするのは確かだ”。
  シーゲル博士によると、咳やクシャミだけで人人感染を生じるほどのウイルスは排出されないと言う。なぜなら鳥インフルエンザ感染のためには、相当量のウイルスが肺に入り込む必要があるからだ。もし発病した家族の介護にあたったメンバーが感染するとしたなら、十分危険な程接触しなければならないだろう、と説明する。
 さらに最初の感染した女性は、発病してからブタ料理を数人の客に提供していた。
 ”間違いなく彼女は咳をしていただろう…、そして人々は非常に狭い部屋にいた。それ故客達と彼女の間では濃厚な接触があったと考えられる”、とマックレラン準教授は語る。

 最初に発病した女性に接触していた少年(甥にあたる:訳者)は発病し、その後父親に感染させた。解釈が厄介な第二世代感染だ。しかしながらここでも非常に狭い居住空間で感染が起こっている、とマックレラン準教授は説明する。
 そして専門家達は、最初の発病者である女性が作った料理から、人々が感染した可能性を除外していない。またはその女性がもっと効率良くウイルスを周囲に感染させた可能性もある。これらの事を十分検証する必要がある、と同準教授は語る。
 ”これらの可能性は決して無視できない。なぜなら通常の人以上にウイルスを効率よく飛散させる人がいる可能性もあるし、また汚染した料理から感染するなどという、これまで認識されていなかった感染様式もあり得る。我々はそれらについても知る必要がある”、と同準教授は付け加える。(SARSの際のスーパースプレッダーを指していると思われる:訳者)。
 ウイルスが大きな変異無くして、人により順応(適応)して来ているのか、当局者達は知る必要があるとも、シーゲル博士は言う。
 しかしながら、完全な答えは決して得られないだろう。
 ”何が起きているのかもっと情報が必要だ。しかし専門家達は一つか二つの方法で完全に説明をするのは不可能だろう”、とマイアミ大学医学部感染症部門のチーフであるゴードン・ディッキンソン博士は語る。
 ”この事例は、人人感染が生じた可能性のある集団発生として(のみ)記録される可能性が高い”。

・WHO pandemic alert level unchanged despite 7 deaths in Indonesian ... CBC News, WHO、インドネシアでの7人集団発生にもかかわらず、警報レベルに変更無しと
 インドネシア家族内での7人の集団発生があったが、WHOは24日警報レベルを変更する理由は現在のところ無いと発表した。
5月24日

・息子の看病で感染死か インドネシアの鳥インフル 西日本新聞
【ジュネーブ24日共同】世界保健機関(WHO)は24日までに、インドネシアの北スマトラ州の家族が相次いで高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した事例で、父親が息子の看病中に感染した疑いがあると指摘、慎重に確認作業を進めている。確認されれば鳥インフルエンザによる人から人への初の感染事例となる。
 しかし、WHOによると、家族からは世界的な大流行につながる人のインフルエンザウイルスとの交雑や大きなウイルスの変異を示す形跡はない。
 今月13日に死亡した少年(10)を看病していた父親(32)は15日に発症、22日に死亡した。
・BirdFlu Scare: Human Spread? KSBI 52 (米国) 鳥フル脅威:人人感染?
・Birdflu case in Indonesia may have spread from person to person Agriculture Online (国際) インドネシアの鳥フル事例は人人感染の可能性
・Humans spread birdflu? Winnipeg Sun (カナダ) 人感染者が感染を拡大の可能性?

 インドネシアで発生した鳥インフルエンザの集団発生は、ウイルスが人からさらに他の人への感染に成功した初のケースの可能性があることが、WHOから昨日発表された。

 WHO報道官は世界パンデミック・アラートレベルを現在のフェース3から4へ上げる手続きにはまだ入ってはいないと語った。
 しかし報道官のマリア・チャンさんは、WHOはアラートレベルの決定にアドバイスする専門家を招集する可能性はあり得ると語り、そこで決定に必要な感染地域でのさらなる情報が話し合われると説明した。
 ”これは一人の感染者から次の人に感染したもので、WHOが初めて把握した事例である”、とチャンさんはCanadian Pressに語った。

 WHOの6段階に分かれたパンデミック対策によると、フェース3では人人感染はないか、あっても患者と濃厚接触した等の特殊な状況での感染である。フェース4になると、小さなクラスター(小集団)または制限された局所的な人人感染の発生で、ウイルスがいまだ十分効率的に、人に感染出来る状態に進化していないていない状況である。フェース6がパンデミックである。

・Survey Finds Companies 'Very Concerned' About a Possible Flu... PR Newswire (press release),  (米国) 企業調査:多くの企業で鳥フル警戒体制
 129の米国、ヨーロッパの大手企業経営者に対するアンケート調査。世界的企業コンサルティング会社のORC Worldwide が行った。
 大多数の企業は鳥インフルエンザのパンデミックに対して重大な関心を持っていて、対策が行われているが、発病による被雇用者数の不足に対する考え方が行き渡っていない。
・Indonesia birdflu cluster most significant yet - WHO Antara (インドネシア) インドネシア、鳥フル集団発生は極めて深刻
 下記と同じ内容。
・Indonesia birdflu cluster most significant yet - WHO Reuters India (インド) インドネシアの鳥フル集団発生は極めて深刻
 WHOの西太平洋地域事務所の報道官ペーター・コーディングレイ氏は、インドネシアの家族内集団発生は、公衆衛生学上、これまでの事例の中で最も重要な問題を提起している”、とロイターテレビに語った。
 ”これほど大きい集団発生を認めたことはないし、患者達がどのように感染したのか不明な事例の経験もない”。
・BirdFlu Probe in Indonesia Intensifies on Human Link (Update3) Bloomberg  (国際) インドネシア家族内発生:WHO、人人感染の可能性、調査を強化、警戒レベルを上げる可能性
 WHOはインドネシアの家族内で7人発症、6人死亡の事例を調査中。人人感染の可能性があることから、警戒レベルを上げることを考慮中。
・WHO Probes Family That Died of BirdFlu ABC News (国際) WHO、鳥フルで死亡家族の(人人感染に関して)検証中
 下記ロイター通信とは異なる内容。
・Possible human transmission of birdflu probed --WHO investigating 7 cases among family members in Indonesia Newsweek (米国) インドネシア家族内集団発生:WHO、ウイルスの人感染の可能性を検証中

 基本的に下記ロイターと同じ内容。
 他に検査では確認はされていないが最初の患者の話。
  最初に女性が発熱と激しい咳で発症し、3家族メンバーが狭い部屋で少なくとも1晩以上一緒にいた。
  女性は死亡して埋葬され検査は受けていない。
  WHOはこの女性が第1例目と判断していて、今回の事例では合計8人の感染者が出たと考えている。
・Probe into possible human-to-human birdflu spread Stuff.co.nz, (ニュージーランド) WHO、人人感染の可能性について検証中
 下記内容
・WHO probes possible human-to-human birdflu spread Reuters (国際) WHO、インドネシア事例人人感染の可能性を検証
 下記内容
・WHO probes possible human-to-human birdflu spread Washington Post (米国) WHO、インドネシア事例人人感染の可能性を検証
ジュネーブ(ロイター)

 WHOは23日、インドネシアでの家族内集団発生に関して、鳥インフルエンザの人人感染が除外出来ないことを発表した。


 ウイルスはより危険なタイプに変異はしていない、とWHOは説明し、さらにこれまで死亡しているアジアを中心とする124人の死亡者のほとんどは家きんから感染している、と強調した。

 23日イランで発生している疑い事例はイラン保健相によって否定された。死亡した2人兄妹が検査で陽性であったと報告されているが、当局はそれを否定した。
 当局の否定にも関わらず、WHOはイラン政府にさらなる情報の提供を要求しているようだ。もし確認されたらイランで初の事例となる。
 ・・・・

 インドネシアの家族内集団発生は、2003年にH5N1鳥フルが再興して以来の最大の集団発生の1事例となるが、ウイルスが簡単に人人感染を起こすように変異した脅威を提起している。
 専門家はもしウイルスがこのような変異、多分通常のインフルエンザウイルスとの遺伝子結合により、を遂げたなら世界で数百万人の死亡者をだすと警告している。
 しかしWHOは、インドネシアの事例において変異の兆候、または急速に地域から世界へ広がる可能性を示唆するような兆候はないと、説明している。
 ”遺伝子配列分析では…遺伝子再集合の事実は確認されてないし、有意な変異の証拠も得られていない”、とWHOでは声明文の中で語っている。
 しかしながら、北スマトラの村で感染者達が接近して生活を続け、そして感染者の看護を続けているうちに発病した人々がいることは、少なくともある状況では人が感染源となることが可能であることが示唆されている。
 ”確認された全例で、発病者がもっとも重体な時期に、直接的接触が長期間に渡ってあった”、とWHOは説明する。
 ”人人感染が否定できないが、他の感染原因についてもさらに調査中である”、とWHOはホームページで説明し、さらに現地では、効率的な人人感染は起きていないとも伝えている。
 WHOは他の国で以前にもいくつかの人人感染が起きていると考えているが、インドネシアの事例と同じく、遺伝子分析で人人感染が容易に生じるような証拠は得られていない。
 インドネシアではベトナムに次いで2番目に多い33人が死亡しており、訓練された職員と医療器具の不足、人々の公衆衛生的知識の低さ、政府職員の対策業務への信頼性の低さ、等で、鳥インフルエンザ封じ込め対策が困難な状況にある。

イラン政府が否定(国内人感染者事例の報道に対し)

 22日、イランの医療当局者が(匿名で)41歳男性と26歳妹が北西部の都市ケルマンシャで死亡し、検査でH5N1ウイルスが陽性であったとロイター記者に報告した。それを受けてWHOの専門家達は警戒態勢に入っていた。
 しかし23日、カムラン・ランカラニ保健相はその事実を否定した。
 ”幸運にもこれら2人での検査結果は陰性だった。イランでは現在まで確認された事例はない”、とジュネーブで開かれているWHOの年次総会に参加している同保健相は、ロイター記者に語った。
 死亡した2兄妹は、発病して鳥インフルエンザ感染が疑われている家族5人のメンバーで、残りの3人は現在入院中で、1人は重体と言われる。
 イランでは、2月に鳥でウイルスが検出されている。近隣のトルコ、イラク、およびアゼルバイジャンでは人が鳥インフルエンザで死亡している。

 H5N1鳥インフルエンザは2003年遅くに再興し、アジアの多くの国に広がった。今年に入って拡大の速度が上がり、アフリカ、中東、そしてヨーロッパに広がった。この5ヶ月間で30ヵ国で家きん、または野鳥で発生が報告されている。
 世界のトップウイルス学者は米国に対して、いまだ発生が報告されていない地域がどんどん減少してきている事実を示し、渡り鳥よりも、家きんと人々での発病に注意するよう警告している。
 ”ウイルス感染した家きんの密輸…、そして一人の感染者によりウイルスが米国内に持ち込まれる可能性が高い”、と米国メンフィスの聖ユダ小児研究病院のウイルス学者ロバート・ウエブスターは香港でロイターの記者に語っている。
(ロバート・ウエブスター:世界のトップウイルス学者。日本の高名なウイルス学者達も彼の元で研究してきた)。
 多くの人感染者が増加してきて保健医療関係者の間で警戒感が高まっているが、同じように家きん産業へも大きな影響を及ぼしている。
 ”このような世界中に拡大した経済的損失について、これまで見たことはない”、と世界家きん産業協会長(president of Global Poultry Strategies)のゴードン・バットランド氏はロンドンの会議で語った。

5月23日


・Birdflu continues to spread in Burkina Faso afrol News (ノルウエー) ブルキナ・ファソで鳥フルの拡大継続
 ブルキナ・ファソで首都のOuagadougouと、第二の都市Bobo-DioulassoでH5N1鳥フルが広がっていることが、政府から発表された。ウイルスは英国の研究所で確認されたようだ。
・Iranian siblings died of H5N1 bird flue Radio New Zealand  (ニュージーランド) イランの兄妹、H5N1鳥フルで死亡

 イランの兄妹が肺炎様症状で死亡し、彼等の検体からH5N1ウイルスが検出された。

 イランの医療当局者は、2人は1家族の5人のメンバーに属し、マリバン町への旅行から戻ってきてから発症したと説明している。
 家族の残りの3人は入院中で、1人は重体と言われる。
 死亡した2人は41歳男性と26歳女性である。
 検体は確認のために国際的研究所へ送られ、イランでの検査結果が確認されたら、同国で初の死者となる。

・BirdFlu Deaths Climb as Scientists Probe Human Link (Update1) Bloomberg (国際) 鳥フル死亡者数急増加、人人感染の疑い

 今月の鳥インフルエンザ死者数は13人となり、2004年2月以来最も多くの死者数となっている。研究者達はウイルスが変異して人に、より感染しやすくなった可能性について調査している。

 今月インドネシアの1家族で7人が感染して6人が死亡する事例が発生しているが、研究者達はその感染源をいまだ明確に出来ていない。昨日インドネシア保健省は人人感染が家族内で起きたことは否定できない、と発表している。
 ”ウイルスが、何らかの重要な遺伝子変異を起こしているのか決定することは、最も重要な優先されるべき事項である”、とオーストラリアの代表的ウイルス学者のジェニファー・マクリム-ブレシキンは電話取材で答えている。
 致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスが人の間で感染しやすくなってきているならば、WHOは人のパンデミックに対する危険レベルを引き上げる必要がでてくる。
 WHOと米国CDCはインドネシア当局者とスマトラで合同会議を開いた。
 ”感染源としてこれまで動物は見つかっていない。家族の集団発生が人人感染によるものである疑いはある”、とマクリム-ブレシキンは語る。”感染した人々と接触した人々の検査は緊急課題だ”。

・Human-to-human spread suspected in latest Indonesian bird- flu... Macleans (カナダ) 最新のインドネシアの事例は人人感染を疑わせる
 WHOは22日H5N1鳥フルで死亡したインドネシア男性が、感染した家きんではなく10歳の彼の息子から感染した疑いを抱いているようだ。
・Thousands of people quarantined in Bucharest as Romania battles ... TODAYonline (シンガポール) ルーマニア、鳥フルとのバトル:数千人の市民が隔離
 ルーマニア首都のブカレストの約四分の一の地域で1万3000人の人々が隔離され、警官が通りを封鎖している。市における2回目の鳥フル発生に対する措置である。
・鳥インフル対策など協議 WHO総会が開幕 東京新聞
 世界保健機関(WHO)総会が22日、開幕した。6日間の会期中、世界192カ国・地域の代表が鳥インフルエンザやエイズなど地球規模の保健衛生問題を協議する。
 国連に議席を持たない台湾が10年連続で申請している総会へのオブザーバー参加問題は、初日に「総会の議題とするかどうか」を協議するが、「1つの中国」原則を掲げる中国が台湾参加に強く反対しており、今年も議題にされず「門前払い」に終わりそうだ。  今年の総会では、WHO加盟国が新たな「国際保健規則」を来年6月の発効に先立って自主的に適用し、鳥インフルエンザなど危険性の高い感染症の発生をWHOに通報するよう義務付ける決議を採択する見通し。
・Two dead Iranians 'had birdflu' Channel 4 News, (英国) 2死亡イラン人は”鳥フル”だった
 死亡した41歳男性と妹の検査で致死的H5N1鳥フルウイルスが検出された。匿名を条件に医療当局者が語った。
 二人の血清は海外の研究機関に送られて確認される。
・BirdFlu Confirmed In Bucharest District 4 Mediafax, (ルーマニア) 鳥フル、ブカレストの第4区でも発生


 22日ブカレスト第4区でも鳥フルウイルスが検出され、1万3000人の人々が第1級隔離状態にある。市長がMEDIAFAX.に伝えた。

・Tests on two dead Iranians show H5N1 birdflu SABC News, (南アフリカ) イランで死亡した兄妹が鳥フルの疑い
 海外検査機関で確認中。41歳男性と26歳の妹。医療関係者が匿名を条件に発表。
・「ワクチンの皇帝」、WHOの李事務局長が死去 産経新聞
 世界保健機関(WHO)の李鍾郁事務局長が22日、ジュネーブ市内の病院で死去した。61歳。WHO総会に参加中の韓国代表団関係者らが明らかにした。李氏は21日、脳出血の手術を受けたが、意識が戻らなかった。李事務局長は感染症対策に尽力したことで知られ、「ワクチンの皇帝」との異名をとった。最近は世界的な蔓延(まんえん)が危惧(きぐ)される鳥インフルエンザ対策にも精力的に取り組んでいた。
 ソウル生まれで、ソウル大医学部を卒業。1983年にWHOの南太平洋地域途上国のハンセン病対策チームの責任者になったのを契機に、WHOでワクチン普及・改良などを担当。2003年に事務局長に就任した。WHOの運営とともに、ビル・ゲイツ氏ら世界の著名人から寄付を募り、エイズ治療の普及につとめるど、指導力を発揮した。
 妻の鏑木玲子さんは東京都出身。李氏が大学在学中、「慶州ナザレ園」(日本統治時代、韓国人に嫁いだ日本人の施設)をハンセン病治療のため訪れた際、そこで奉仕活動をしていた玲子さんと知り合った。
5月22日


・Romania: Birdflu in Bucharest Washington Times (米国) ルーマニア:ブカレストで鳥フル流行
 ブカレスト市長は、地域内の鳥フル発生地域を封鎖した。
 また農業大臣はブカレストと人口10万人以上の都市で、家きんと家畜の飼育を禁止する法律の制定を考えていると語った。
・Scientists look for North America's first birdflu carrier San Diego Union Tribune (米国) 北米で最初の鳥フルウイルス感染野鳥の監視態勢が強化
アラスカで野鳥におけるH5N1鳥フルウイルスの調査が行われている。米国へウイルスを運び込む可能性ある野鳥の探索。


・China's ability to detect birdflu outbreak in poultry still too ... CBC News (カナダ) 中国の鳥フル監視態勢はいまだ不十分
 世界へのWHOのトップ代表者のカナダプレスへの談話。
・Birdflu triggers temporary quarantine in capital's neighborhood Bucharest Daily News (ルーマニア) ルーマニア首都周辺で隔離対策

 ブカレストでの鳥フル流行の可能性に対して、大統領は閣僚を集め危機対策として、拡大阻止を図るよう求めた。

 
市内周辺で家きんでの感染が確認された地域の隔離対策が行われている。

5月21日

・Chinese vice premier says "not optimistic" about birdflu... TODAYonline (シンガポール) 中国副首相、鳥フルは国内外で楽観的ではないと
 回良玉( HuiLiangyu)副首相が中国内および世界の鳥フル状況は楽観的ではないと語り、保健当局に警戒と監視態勢を強化するように求めた。中国報道が伝えた。
・Birdflu cases in Indonesia raise questions about pandemic containment plan. CBC News (カナダ) インドネシアの鳥フル集団発生事例は、パンデミック対策に大きな問題を投げかけている
 インドネシアの離れた村での人の集団感染事例は、発生源を早期に封じ込めるという国際的パンデミックプラン実行の難しさを浮き彫りにしている。(発生源が突き止められていない故、対策が進んでいない等:訳者)
 このインドネシアでの集団発生はパンデミック対策のテストケースと言える。WHOの報道官であるマリア・チャンさんはそのように語っている。
・Canada's north worried about birdflu Global National (カナダ) カナダ北部、鳥フルを心配
 春になり河の氷も溶け多くの渡り鳥がやってくる季節。カナダ鴨の肉を食べるのが習慣となっているが、今年は鳥フルが拡大してくる危険性があるため、いつもの年とは異なる。
 ……
・Birdflu continues spreading in Europe Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) 鳥フル、ヨーロッパで拡大が続く
 チェコ共和国:2羽の死亡した白鳥が見つかり、1羽から致死的鳥フルウイルスを検出。
 デンマーク:家きんの間でH5N1鳥フルが発生。先に野鳥の間でH5N1鳥フルは確認されていたが、家きんでははじめて。
 ルーマニア:鳥フル拡大が国中で継続と農業省大臣が談話。先週だけで20ヵ所で発生。合計60ヵ所を超えた。 
・Threat of birdflu goes unnoticed across much of Indonesia's ... San Diego Union Tribune (米国) 多くのインドネシア人には鳥フル脅威は伝わらず
 全米報道。
・Egypt denies new human BirdFlu case Bahrain News Agency, (バーレーン) エジプト、新規患者発生を否定
 エジプト保健省は、本日新聞で報道された2歳の子供がH5N1ウイルスに感染したという情報を否定した。子供は検査で鳥フル陰性の結果であったという。
 また報道官は、政府は情報を隠蔽することはないと付け加えた。さらに家きん飼育する全ての市民に、子供達を家きんに近づけないよう警告した。 
・Suspected birdflu patient in Surabaya dies Antara, Indonesia (インドネシア) インドネシア、スラバヤの疑い患者死亡
 ブディ・ムリア病院で5月9日より治療を受けていた20歳男性が20日死亡。高熱と肺炎が続いていたというが、ウイルス学的検査では確認されていないので、疑い例となっている。
・BirdFlu Threat Ignored in Indonesia WJLA (米国) インドネシア:鳥フル脅威が市民に伝わらず

・Nigeria Investigates Suspected Symptoms of BirdFlu Blogger News Network (国際) ナイジェリアでさらなる鳥フル発生疑い
 1ヶ月前に鳥フルが一掃されたと発表されたナイジェリアであるが、その1週間後にカノ市近くの農場で家きんの間で鳥フルが確認された。現在ウイルスの検査中という。
 ナイジェリアの対策の遅れが各方面から指摘されている。
5月20日

・Deadly birdflu spreads in Burkina Faso Reuters AlertNet (英国) ブルキナ・ファソで鳥フル拡大
 4月初めに首都近くの家きんでH5N1鳥フルが確認されたが、さらに2つの町で発生が確認されたと19日政府が発表した。さらなる家きんの殺処分の予定という。
・BirdFlu Fatality Rate in Humans Climbs to 64% as Virus Spreads Bloomberg (国際) 鳥フル致死率64%に上昇
 WHOの統計によると今年度に入ってからの鳥フル致死率は64%となり、昨年度の43%以上の数値となった。
 今年度に入ってから73人の感染者が確認され、そのうち47人が死亡した。
 インドネシアではさらに致死率は高く78%となっている。
 さらにインドネシアでは33人目の死者がでた可能性があり、現在検査で確認作業中と言われる。
 また他に11人の疑い例が検査中と地元紙で報道されている。
・BirdFlu Virus Confirmed In Bucharest City Mediafax (ルーマニア) 鳥フルウイルス、ブカレスト市内で確認

・Experts urge Indonesia to pin down bird flu source Reuters AlertNet (英国) 専門家達、インドネシア集団発生の感染源を早急に突き止める必要と

 専門家達はインドネシアでの家族内集団発生の感染源調査が進まないことに焦燥感を示している。感染源を早急に突き止めなければ、危険な変異が起きている可能性も否定できない。

 北スマトラのクブ・シムベラング村での7人の家族メンバーがH5N1鳥フルに感染し、6人が5月4日から12日の間に死亡した。しかし専門家達と地域の保険当局者はいまだその感染源を突き止めることが出来ていない。
 ”この事例は監視態勢を強化する必要があることを示している。人での感染例が確認されたとき、その感染源を見つけなければならない。今回の事例では遅すぎる”、と1997年にこのウイルスが人に初めて感染して以来、H5N1鳥フルウイルスの研究をしてきているウイルス学者のグアン・イィ氏は語っている。
 ”初期での動物におけるウイルス検出は必須だ。もしそれがパンデミックを生じる株ならば全ては終わりとなるだろう”、と同氏は言う。専門家達はウイルスが人人感染を起こすように変異したならば、それはパンデミックとなるだろうと、1年以上も前から警告してきている。
 インドネシアでの集団発生は、他の全ての集団発生(クラスター)と同じように、ウイルスがパンデミックを生じる株へ変異した可能性をも示唆し、非常に心配な状況となる。しかし専門家達の憶測では、家族メンバー7人以外に感染者が発生していないことから、ウイルス変異は生じていない可能性が高いとされる。
 ウイルスは2003年末以来世界で123人を殺している。
 ”さらなる感染者が発生していないことは良い情報だ”、とインドネシアのWHO報道官であるサリ・セチオギさんは語る。
 感染源調査をしている実地疫学者達はいまだ手がかりを掴んでいなく、ブタ、鶏、ガチョウでウイルスの痕跡を辿った。そしてブタでウイルスの抗体は検出したが、鼻腔分泌物中にウイルスを見いだせず、また全てのブタは健康のようだ。他の全ての動物では検査は陰性だった。
 ”この結果が意味することは、ブタはかってH5N1ウイルスに感染し、抗体を産生した。しかし感染は持続しなかったため、呼吸器官にウイルスが検出されない”、と香港大学のウイルス学者であるレオ・プーン氏は説明する。
 
感染源調査の困難性

 しかしながら感染源を突き止めることは容易ではない。遺伝子分析で人と動物から得られたウイルスが非常に似ていたとしても、それは片方からもう一方へウイルスが感染した可能性の他に、同じ感染源に両者が暴露した可能性をも示唆する。
 人人感染が起きたか否かを決定するのはしばしば不可能となる。なぜなら家族が同一の発病動物、または環境内の感染源に接触した可能性と、互いに感染しあった可能性があるからだ。
 ”私は(インドネシアの家族内発生が)人人感染により広がったとは思わない。なぜなら彼等は同じ環境内で、家きんやブタに接触しながら生活していたから、彼等は何度も感染源に接触した可能性がある”、と前述のグアン氏はスマトラの家族集団発生について語る。
 インドネシアでの人感染頻発に警戒感を抱いたWHOは多くの専門家を、スマトラの家族内発生以前から、インドネシアに派遣している。しかし彼等の調査ではこれまで何も分かっていない。
 ”我々は人人感染か動物人感染なのか判断は出来ていない。現在も調査中だ”、とインドネシアのWHO報道官のセチオギさんは説明する。
 しかし調査は難航している。
 彼女は次のように語っている。
 ”家族は嘆き悲しんでいる。子供達を失い、そこに見知らぬ人間がやってきて色々と質問することになる。そう簡単に調査は進まない。多くの家族を失った人々を相手にするのだ。彼等は何が起きたのか思いだせないかも知れない。また間違ったことを語るかも知れない。再度同じ質問をしたとき、異なった返事が返されることもある。彼等にとって考え返事をすることは簡単なことではないのだ”。

・Birdflu found in Russian village Washington Times (米国) ロシアの村で鳥フルが検出
 ロシアの大陸の真ん中に位置するトロイツク村で、小さな6ヵ所の農場で150羽以上の家きんが鳥フルで死亡した、とロシア当局者が発表した。検査した14血液サンプルのうち4サンプルでウイルスが検出されたと言う。

・Birdflu detected on Danish farm Washington Times (米国) デンマークで鳥フルが検出
 デンマーク農業省は19日、フネン島の鶏農場で鳥フルが発生したことを発表した。
 デンマーク農業食料省は、農場で飼育する100羽の鶏の半数近くが鳥フルで死亡し、残りは殺処分されたと説明。デンマークで、家きんにおける鳥フルが発生したのは初めてである。
 致死的H5N1ウイルス株かどうかについては検査中とされる。
・Spanish flu survivors may help in birdflu research Staten Island Advance (米国) スペイン・インフルエンザ生存者が鳥フル研究に協力
 1018年に流行したスペイン・インフルエンザに罹患し、回復した92歳の女性が、研究者に血液を提供して鳥フルワクチン開発の協力をしている。
 血液内に残存しているスペイン・インフルエンザウイルスに対する抗体を用いて、より有効なワクチン開発に役立てるとされる。.
・WHO Confirms BirdFlu Has Yet To Mutate After Recent Deaths All Headline News (国際) WHO、ウイルスはいまだ変異していないと
 鳥フル死者がインドネシアで2人確認され、世界での死者数は123人となった。
 WHOによるとインドネシアでこれまで32人が死亡し、保健医療専門家達は世界的パンデミックに広がることを恐れている。
 インドネシア保健省の報道官によると、一人はスマトラの10歳の少年で5人が死亡した家族内のメンバーである。
 もう一人はジャカルタ郊外の12歳少年である。
 スマトラの家族の住む地域では家きんの間で鳥フル発生がないと言われていたことから、専門家の間では人人感染が生じたと懸念された。
 しかしWHOは、人人感染を起こすようなウイルス変異は認めていないと発表している。
・Human-To-Human Transmission Unlikely In Indonesian BirdFlu Cases Food Consumer (米国) インドネシアの家族発生例は人人感染が原因とは思われない
 DNA検査では、明確な変異は認められていないとインドネシア当局の発表。
・Everyone must be prepared for birdflu Huron Daily Tribune (米国) 全ての人々は鳥フルに対して準備をしなければならない
 アラスカでの渡り鳥に対する鳥フルウイルス検査が開始されたが、国家安全局のトップ医務官は、全ての州が必ずしも万全な対策をたてていないと警告した。AP通信社のインタビュー記事。
・WHO backs dual antiviral therapy for some birdflu cases ABC News  (米国) WHO、鳥フル治療にタミフルとアマンタジンの併用療法を推奨
 鳥フル患者は第一選択治療薬としてタミフルが投与されるが、他にタミフルと古い高インフルエンザ薬を併用する方法も有効であることがWHOから19日示された。
 オプションとし推奨されているのが、いわゆる”抗ウイルス薬2剤療法”である。
 この治療法は、3月末にWHOが主催した30人の国際的専門家達が集まって行われた会議で提唱されたもので、19日にWHOのホームページ上で公開された。
 それによると専門家達は、タミフルを強く勧め、第二選択薬としてリレンザを勧める。リレンザは吸入薬である。
 両薬ともニューラミダーゼ阻害薬に属し、ウイルスが細胞に感染する最初の段階を阻止する。
 しかし専門家達は、古いタイプのインフルエンザ薬で、M2阻害薬で安価なアマンタジンとリマンタジンも、上記ニューラミダーゼ阻害薬に、症例によっては併用すべきと主張する。
 ”もし流行地域のデータでウイルスが感受性あるならば、両薬を併用するのが良いかも知れない”、とWHOの報告書では述べられている。
 2剤療法はウイルスの増殖を二つの異なった方法でブロックする、とWHOの医療官であるNahoko Shindoがロイターに語った。
 ”これは2剤療法の可能性について我々が明確に述べた初の声明である。中等度の流行でも、2剤療法は効果を持つ。また病気の初期から開始できる方法だ”、と同医療官は説明するが、この日本人の女性医師は、この1月に東トルコの病院で患者治療についてアドバイスをしていた。
 WHOによると致死的鳥フル患者に対しての明確な臨床的知見はなく、副作用も含めてさらなる研究が必要とされる。
5月19日

・デンマークで鳥インフルエンザ発生 同国からの家きん輸... EICネット
 デンマークで血清亜型H5N1型の鳥インフルエンザが発生したという情報が駐日デンマーク大使館から提供されたことを受け、農林水産省は2006年5月19日、同国からの家きん(鶏、七面鳥、あひる、うずら、がちょう)・家きん肉などの輸入を一時停止するとともに、この発生についてデンマーク政府府に情報提供を求めることを関係機関に通知した。
 なお、デンマークから日本への家きんの輸入は05年には実績がないが、家きん肉は274トン、加工卵などは578トン、05年に輸入されている。
・First case of lethal H5N1 birdflu found at Danish poultry farm Islamic Republic News Agency (イラン) デンマークの農場で初の致死的H5N1鳥フルが確認
 デンマークのフューネン島の農場でH5N1鳥フルが家きんの間で確認された。47羽の家きんが死亡し、少なくとも3羽でウイルスが確認されている。
・Indonesia has two more birdflu deaths - ministry Reuters India (インド) インドネシア、さらに2人の鳥フル死者
 WHOはインドネシアで2人の鳥フル死者を確認した。
 1人は北スマトラのすでに5人の感染が確認されている家族の少年で、もう一人は東ジャカルタの12歳少年で先週死亡している。
・Genetic link to birdflu cluster? Edmonton Sun (カナダ) 鳥フル家族内集団発生は遺伝的要因が関与?
 家族の遺伝的感受性に基づく仮説。
・Many states said not ready for birdflu Myrtle Beach Sun News (米国) 米国:多くの州では十分な対策が立てられていない
 国家安全局( Homeland Security Department)の談話。
・Indonesia failing to halt birdflu spread MeatProcess.com (フランス) インドネシア、鳥フル対策に失敗

 昨日WHOは、インドネシアにおける5人の鳥フル死者を確認したが、インドネシア政府に対して国際社会から対策の強化が一段と求められている。

 さらに東部のパプア州でも最近家きんにおける発生が確認されており、周辺国はその拡大に対して神経質になっている。
 国連のFAOによると、インドネシアでは3千万世帯が合計2億羽以上の鶏を屋外で飼育していて、それらの鶏の間で感染が広げられている状況をいかに改善するかが課題であるとされる。
 WHO西太平洋地域事務所の尾身長官は今月初旬に、インドネシア政府は鳥フル制圧のための対策に苦しんでいると語っている。
 各州では政府の支援無しに地域での対策に責任を課せられている。しかし家きんにおける鳥フル拡大の監視態勢すら出来ていない状況だ。
 インドネシアはベトナムやタイに比較すると対策が遙かに遅れているようだ。両国は鳥フル拡大を阻止出来たことでWHOから最近賞賛されている。

・Indonesia: World help needed against birdFlu ic Wales (英国) インドネシア:鳥フル対策に世界の協力が必要と!

 インドネシア大統領は、30人の死者を出している鳥フル対策に国際的協力が必要であることを訴えた。

 インドネシアは効果的対策をとるために、完全な経済的、そして技術的援助が必要であると、大統領は国連職員、援助国関係者、および発展途上国関係者を前にジャカルタで語った。
 大統領の発表は、昨日スマトラ島で4人の家族構成員が鳥フルで死亡し、1人が発病した発表を受けて行われた。

・Four More People Hospitalized In Romania With Bird-Flu Like ... Mediafax, Romania (ルーマニア) ルーマニア、さらに4人が鳥フル様症状で入院
 ブカレストの病院にさらに4人が鳥フル様症状で入院した。15日から11人が入院しているが、検査で7人が陰性で、4人が結果待ちである。
・Scientists Fear BirdFlu Virus May Have Mutated Consumer Affairs (米国) 専門家達は鳥フルウイルスが変異したことを心配
 
WHOは感染源が明確でない人の鳥フル発病に、これまで心配されてきたウイルス変異が生じた可能性を警戒し始めている。
 そのような懸念は、インドネシアの家族で7人が発病したことが端緒となった。
 医師達は家族が住んでいる地域で鳥の間での鳥フル発生がないことから、発生した事態に対して困惑した。これまで200人以上の感染者が世界で発生しているが、そのほとんどは発病した鳥から感染している。
 WHO当局者達達は家族7人に共通する感染源が発見されることを期待しているが、これまでそのような感染源は見つかっていない。
Canada Launches 2006 Wild Bird Survey for Avian Influenza Government of Canada Newsroom (カナダ、政府広報室) カナダ、2006年度、野鳥における鳥フルウイルス監視計画を発表
 春から秋までの野鳥における鳥フルウイルス検査態勢。今年度は特に高病原性ウイルスに焦点を当てて検査と。
・Testing for birdflu begins in Alaska Myrtle Beach Sun News, (米国) アラスカで鳥フル検査が開始
 米国内における野鳥監視態勢の一環として、アラスカで渡り鳥からの鳥フルウイルス検査のための検体採取が開始された。この春に鳥フルウイルスが運ばれてくる可能性があることから、アラスカで最初に検体採取が開始された。
・BirdFlu Confirmed In 18 Locations, 23 More Suspected Mediafax (ルーマニア) ルーマニア:鳥フル18ヵ所で確認、さらに23ヵ所で疑い
 ルーマニア農業省は、18日まで18ヵ所での鳥フル発生を確認し、さらに23ヵ所で発生が疑われていると発表した。動物衛生局に、全ての家きん農場で必要な対策がとられているか確認するように指示したと付け加えた。
 保健省長官は、人での発生の疑いはないが、専門家は予防対策と監視態勢を強化していると語った。
5月18日

・INTERVIEW-Indonesia promises no birdflu cover-up Reuters  (国際) インタビュー:インドネシアは情報は隠蔽しないことを約束

{インドネシアは、もし人人感染が起きたなら、情報を隠蔽せずに公開する}、とインドネシアの高官が18日、語った。
 北スマトラの家族で6人が死亡したことから、人人感染の懸念が高まってきた。
 インドネシア当局者達は色々調べているが、家族の感染したウイルスの源を明確に出来ていない。そして専門家達は家族が人人感染で発病した疑いを否定できていない。
 しかし、感染した保健医療従事者がいないことから、人人感染は起きていないと、当局者達は考えているようだ。人感染が起きるたびに保健医療従事者達の検査が行われている。
 ”私は、インドネシアが何も情報を隠さないことを保証する。情報隠しは利益を生むよりも遙かに危険な結果となる。情報を公開することで色々な所からの協力を期待する”、とインドネシア保健省の伝染病対策局長官が語った。

・Pigs Blamed for Recent BirdFlu Fatalities in Indonesia CRI (中国) インドネシア鳥フル家族内集団発生は感染ブタから?
 インドネシアの北スマトラで5人が鳥フルで死亡したが、そのウイルスがブタによって拡大された可能性があることが、政府高官から18日発表された。
 ”検査結果では、ブタがウイルス陽性だった。しかしさらなる確認検査が必要だ”、と農業省大臣が記者に語った。
 大臣によると、死亡した家族の家から半径1キロ以内の感染したブタと家きんは殺処分される予定となっている。
・Indonesia says poultry, pigs tested positive for birdflu on ... China Post (台湾) インドネシア、スマトラ:家きん、ブタでH5N1鳥フルウイルスが検出
 H5N1鳥フルで家族4人が死亡し、他に感染者が出ているスマトラ島で、家きんとブタでH5N1鳥フル検査が陽性であったと当局が発表し、国際的援助を求めた。
・Increased birdflu surveillance to start soon Radio New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド、鳥での鳥フル監視体制が強化
 鳥フル感染ハイリスクの鳥集団での血液検査が来月から開始される。商業用家きんからゲーム用の鳥、そして野鳥まで対象が広げられる。
・鳥インフルで5人死亡 インドネシアで感染拡大 USFL.COM (米国-->日本語版)
 インドネシア保健省当局者は17日、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染により同国で新たに5人が死亡したことが、世界保健機関(WHO)の検査で確認されたと述べた。同国の死者は計30人となった。
 保健省によると、死亡したのは北スマトラ州カロ県の一家4人と、東ジャワ州スラバヤの1人。WHOの専門家が感染の経緯を調べているが、保健省によると、人から人に感染した証拠は見つかっていないという。両州とも感染死が確認されたのは初めて。
 人の感染死は昨年7月以降、首都ジャカルタ周辺を中心に相次いで確認されたが、今回はスマトラ島北部やジャワ島東部にも広がり、拡大が止まらない状況だ。
 同国の感染死は今年に入って計19人となり、世界で最も速いペースで増加。ベトナムやタイでは鶏の大量処分が実施され感染をほぼ封じ込めたが、インドネシアでは「予算不足で養鶏業者への処分補償が十分でなく処分が進まない」(WHO専門家)など対策の遅れが感染拡大につながっている。(
・Residents halt Djibouti bird flu chicken slaughter Reuters AlertNet (英国) ジブチ、鶏の殺処分に住民が協力せず
 人での感染が起きたジブチ共和国で、補償費が支給されないことから住民が協力を拒否しているため、家きんの殺処分が進んでいない、と当局者が語った。
 警察の協力のもとに獣医師が、ソマリア国境近くの2歳女児が鳥フルで死亡したバハー村で、今週26羽の鶏を殺処分した。しかし続いて近くの別な村で作業を行おうとした際、住民が鶏の提出を拒否した。補償費が支払われないことが理由と当局者がロイターに説明した。
 ジブチ共和国政府は鳥フル対策に440万ドル必要であると国際社会に援助を申し出ている。
・Woman suspected of having bird flu is ushered to hospital in Bucharest Reuters AlertNet (英国) ルーマニア、ブカレストで女性が鳥フル疑いで入院



・Birdflu prevention hampered by poor international coordination NutraIngredients-usa.com, (フランス) 国際的協力関係の不備が鳥フル対策の障害に
・Symptoms of birdflu found in Nigerian city TODAYonline (シンガポール) ナイジェリアで再び鳥フル発生
 ナイジェリアのカノ市近くの農場で1万6000羽の鶏で鳥フルが発生したことが当局者から発表された。その地域は一ヶ月前にウイルスが一掃されたと報告されていた。
・New birdflu cases found in Romania as officials sacked TODAYonline (シンガポール) ルーマニア、さらに新規鳥フル発生、当局者が更迭
 少なくとも10ヵ所以上で鳥フルが発生して、当局の2人のトップが責任を問われて更迭(解雇?)された。
5月17日

・WHO confirms six birdflu cases in Indonesia Reuters  (国際) WHO、インドネシアでの6人の鳥フルを確認
 WHOは17日、インドネシアで6人の鳥フル感染を確認した。そのうち5人は同一家族のメンバーで人人感染が起きた不安を起こしている。
 ”6人が確認された。1人はスラバヤで、5人はメダンである。メダンの1人は生きている”、とWHOのインドネシア報道官は語った。
 別にインドネシア保健省は12歳少年が4日前にジャカルタの東部郊外で鳥フルで死亡したことを発表した。
・鳥インフルで5人死亡 インドネシアで感染拡大 北海道新聞
 インドネシア保健省当局者は17日、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染により同国で新たに5人が死亡したことが、世界保健機関(WHO)の検査で確認されたと述べた。同国の死者は計30人となった。保健省によると、死亡したのは北スマトラ州カロ県の一家4人と、東ジャワ州スラバヤの1人。WHOの専門家が感染の経緯を調べているが、保健省によると、人から人に感染した証拠は見つかっていないという。両州とも感染死が確認されたのは初めて。人の感染死は昨年7月以降、首都ジャカルタ周辺を中心に相次いで確認されたが、今回はスマトラ島北部やジャワ島東部にも広がり、拡大が止まらない状況だ。
・WHO Confirms 5 Indonesian BirdFlu Deaths Washington Post (米国) WHO、5人のインドネシア人の鳥フル死亡を確認
 WHOは17日、インドネシアでの新規鳥フル死亡例を確認し、同国では合計30人の死者数となった。
 4人は同じ家族のメンバーで、もう1人はインドネシアで2番目に大きい都市であるスラバヤで死亡した。
 家族の5人目も鳥フルで死亡したと考えられているが、インドネシア政府によるとWHOは確認を保留したとのことである。
 インドネシアでは33省のうち27省で家きんの鳥フル感染が確認されているが、感染地域の家きんの大量殺処分を行うことを拒否しているインドネシア政府は非難されてきている。
・Mass bird death reported from two Novosibirsk reg villages ITAR-TASS (ロシア) ノボシビルスクの2ヶ所の村で大量の鳥が死亡
 ノボシビルスク地域の2ヶ所の村が鳥フル発生のため封鎖された。
 専門家は既にレシェティイー村で50羽以上の鶏が死亡し、その原因が鳥フルであることを確認しているが、ライアグシャチン村(Lyagushachye)で死亡した70羽に近い鶏やアヒル、そしてガチョウの死の原因を確定していないが、おそらく同じくH5N1鳥フルによるものと考えている。
 昨年夏ノボシビルスクの16地域で1300羽の鶏、ガチョウ、およびアヒルがH5N1鳥フルで死亡し、10万羽近い家きんが殺処分されている。
・WHO Confirms Six Indonesian BirdFlu Deaths; Total Reaches 30 Bloomberg (国際) WHO、インドネシアの6死亡例を確認:死者数の合計30人に
 WHOは6人のインドネシア人のH5N1鳥フル死亡を確認した。このうち5人は1家族のメンバーである。また東ジャワの38歳女性が5月12日に死亡しているが、やはり鳥フルであることが確認された。
・Bulgaria ends ban on live bird markets  Reuters AlertNet (英国) ブルガリア、生きた家きん市場を再開へ
 ブルガリア政府は生きた鳥の市場を解禁した。渡り鳥がバルカン半島へウイルスを運んでくる脅威が去ったことが理由。
・Kenya: Country Free of BirdFlu - Experts AllAfrica.com (米国) ケニヤ:鳥フルウイルスは検出されず-専門家調査結果
 国内で死亡した500羽の野鳥と鶏を検査したが、ウイルスは発見されなかったと対策チームが発表した。

・Birdflu vaccine priority: tough decisions United Press International  (国際) 鳥フルワクチン優先権:決定の困難性
 米国の倫理学者達は、鳥フルパンデミック発生時のワクチン接種優先権について論じている。
 昨日の報道と同じ。全米報道となっている。
・Swiss press on with birdflu preparations Swissinfo (スイス) スイス、鳥フル対策強化


 スイス保健当局は鳥フル対策は非常に進んでいて、6月にパンデミック行動計画が更新されると発表。
 また現在スイス実業界と密に接触して、パンデミック発生時の経済的被害を最小にするための話し合いを行っているとも言った。
 2週間前、スイスは2ヶ月半に渡って禁止してきた家きんの屋外飼育を、野鳥からの感染の危険性が低下したことから許可した。
5月16日


・Roche says Aspen to make generic Tamiflu Belleville News-Democrat, (米国) ロッシュ社、南アフリカのアスペン社がタミフルのジェネリック薬製造を許可と
 アフリカ諸国へのタミフル供給のために、南アフリカのアスペン社がタミフルのジェネリック薬製造を開始すると、ロッシュ社が発表した。来年から製造開始の予定。
・Bird-Flu Cluster in Indonesia Hasn't Spread Past Infected Family Wall Street Journal  (米国) インドネシアの家族におけるクラスター事例は、家族以外への感染拡大を認めず

インドネシアとWHOの保健当局者は、北スマトラの家族8人が鳥フルを発症した村を調査しているが、これまで家族以外への感染拡大を認めていないと語った。
 すなわちウイルスが変異して人人感染を起こしている根拠は得られていない。

・Meat and related products from Brasov seized from stores Bucharest Daily News (ルーマニア) 鳥フル発生農場からの鶏肉、市場に流出、当局は懸命な撤去作業
 ブカレスト家畜衛生査察員は、鳥フル発生農場(ブラソブ郡コドゥリア)から出荷された鶏肉4トン以上をブカレスト市内の2カ所の大スーパーマーケットから撤去したと当局者が発表した。
・IBM Help Ease The Spread of BirdFlu
 All Headline News (米国) IBM、鳥フル拡大対策に協力態勢
 
IBMは鳥フル拡大対策に、サンホセのアルマデン研究センターで開発した技術を用いて、協力体制を敷くことを15日発表した(現地時間)。
 内容は下記と同じ。
・IBM、WHOなどと共同で伝染病対策プロジェクト推進 ITmedia
 米IBMは5月15日、世界保健機関(WHO)、米疾病対策予防センターなど世界の主要公衆衛生機関と協力して伝染病の拡大予防を目指すプロジェクト「Global Pandemic Initiative」を発表した。
 同プロジェクトでは先端のソフトウェア技術を使って疫病の流行に関する情報共有を支援し、感染がどのように拡大するかの予想に役立ててもらう。IBMではこの技術の要素をオープンソース化する意向。
 具体的には、IBMが開発した技術「Interoperable Healthcare Information Infrastructure」(IHII)を使い、医療従事者と研究者のコミュニケーションおよび協力態勢を強化。電子医療情報をもっと簡単に共有/発掘できるようにする。
 また、疫学モデリングフレームワーク「Spatio-Temporal Epidemiological Modeller」(STEM)のユーザーコミュニティーを構築し、IHIIから収集した情報と、世界の道路地図、空港の位置情報、旅行パターン、渡り鳥の飛行ルートといった情報を活用。これを利用して時間の経過に伴う疫病の地理的拡大の予想モデルを構築してもらい、公衆衛生機関や政府機関の効果的な対策立案を支援する。
 IBMとScripps Research Instituteの共同研究プロジェクト「Project Checkmate」では、IBMのBlueGeneスーパーコンピュータなどの高性能システムを使ってインフルエンザウイルスに関する高度な生物学的研究を行い、効果的なワクチンの開発に役立ててもらう。
 共同研究に当たっては、中国、インド、イスラエル、日本、スイス、米国のIBM科学者が中心的な役割を担う。
・Birdflu deaths worry Indonesians The Age (オーストラリア) 家族内集団鳥フル死亡事例、インドネシアで不安感広まる

 インドネシア政府は北スマトラの家族で6人の死亡者を含む8人の鳥フル感染者発生について調査を進めている。

 8人中5人(4人は死亡)で鳥フル検査は陽性で、残り3人については検査中で、疑い例として扱われている。農業省はそのように説明している。
 農業大臣によると、同地域では、通常人での感染源となる家きんにおける鳥フル発生の報告がないと言う。
 ジュネーブのWHO本部では人人感染の可能性があるため、大きな関心を抱いて状況を追っていると語った。
 ”非常に深刻に受け止めるべき事態と思う”、とWHOの報道官であるマリア・チャンさんは、インドネシアでの事例について語っている。
 ”クラスター発生(集団と思われる発生)の可能性があるたびに、人人感染の可能性が示唆される”、とチャンさんはロイター通信に説明する。
 専門家達はこれまで、家族内での集団発生は、必ずしもウイルス変異を意味するわけではないと説明してきている。
 H5N1鳥フル感染は、家族内で密な接触でも通常起こりえると考えられている。
 家族内での複数以上の発生例は、ベトナムとタイでもこれまであった。
 ”これらの人々は共通の感染源に暴露したか、または家族の介護で病人から感染したか、考えられる”。WHO報道官のチャンさんはそのように説明する。
 ”(インドネシアの事例の詳細について)現在我々には分からない。でも我々の注意を十分引きつける事例である”。
 チャンさんはWHOは情報を収集中であり、2,3日中には詳細が分かるかも知れない、と語った。
 WHOは北スマトラに調査団を送ったと伝えられている。


・BirdFlu Infects Indonesia's Papua Province as Virus Moves East
 Bloomberg (国際) 鳥フル、インドネシアのパプアまで拡大:東部へさらなる拡大
 鳥フルがインドネシアの最東部のパプア省の家きんで発生したことが確認された。この事実は鳥フルが南太平洋とオーストラリアに、より接近してきていることを示している。

・Infants or Adults? NIH Ethicists Argue for New BirdFlu Priorities eMaxHealth.com, (米国) ワクチン投与優先権は乳児、または大人?:米国NIH倫理学者が政府案に対して反対論争
 米国でのパンデミック・インフルエンザ対策では、極めて困難で悲壮な選択が要求されそうだ:9000万人の米国人が発病する可能性があるが、パンデミック発生初年度には全国でワクチンが不足して、約90%の米国人が無防備な状況に曝される可能性が高い。
 
 十分な量のワクチンが無い状態で、政府は如何にして少ない量のワクチンを誰に優先的に用いるべきなのだろうか?
 米国ワクチン計画委員会(National Vaccine Advisory Committee)とワクチン政策諮問委員会(Advisory Committee on Immunization Policy)のガイドラインでは、高齢者、乳幼児、および病弱な人々(何らかの慢性疾患を保有)に優先権を与えている。2~64歳までの人々の優先権は非常に低い。
 しかしながらベルモント大学の倫理学者アラン・ワータイマー名誉教授とNIHの臨床倫理学主任研究者のエゼキール・エマニュエルは、5月12日発行の科学雑誌”Science”で、別な見解を示している。
 エマニュエルとワータイマーのワクチン接種優先権についての考え方は:
  最前線で働く保健医療関係者とワクチン製造関係者が、まず最優先権があり、続いて思春期の子供達から中年期の人々に優先権がある。
 この考え方は、対象となる人々が人生のどの部分に位置しているか、ということを重要要素として捉えている。
 命を救うという考え方ではなく、人生を救うという考え方が研究者達の基本的原則となっている。
 ワータイマーによると、20歳の人は65年間の人生が残されている。一方65歳の人の人生の残りは、20年少々でしかない。
 二人の研究者にとって、健康な学生達を差しおいて、残り少ない人生しかない病的な人々にワクチンを捧げるのは、必ずしも願わしいことではないとされる。
 研究者達は彼等が表現するところの「ライフサイクル原則」に基づいて優先権を決定している。
 彼等の原則に従えば、人間は人生の全ての段階(ステージ)を通して生きる機会を与えられべきとされる。すなわち小児期、青年期、社会人となり家族と共に過ごす成熟期。
 このような見方からすると、子供の死は高齢者の死よりも悲劇的である。理由は単に高齢者が社会的に重要性が低いということではなく、若い人々はまだ人生の全ての段階を楽しむ機会を得ていないという理由からである。
 しかし、ワクチンを単に残りの人生の期間の長さだけに従って投与するならば、限られた量のワクチンの大半の対象が乳幼児になってしまうという問題が発生する。
 そのためエマニュエルとワータイマーは、ワクチン投与基準に、さらに個人的に人生に投資された”量(amount)”について加味する方式を取り入れている。すなわち20歳の若者は、まだ実現されていない関心事、計画、そして希望など、乳児以上に身につけてきている。それ故彼等はワクチン投与の優先権を与えられる権利があるとされる。 
・Indonesia confirms two more birdflu fatalities Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) インドネシアでさらに2人死亡
 北スマトラのAdam Malik Hospital Medanで8歳の子が13日に、18ヶ月の子が14日に死亡し、同病院で死亡した患者が6人となったことを病院当局者が発表した。2人の子供達は高熱で病院へ運ばれ、隔離病棟に収容されていた。
TOP