高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
5月15日

・HK checks reports of 30,000 China chicken deaths Reuters India (インド) 香港、中国で3万羽の鶏の死を警戒
 香港は中国北東部の大連市の農場で3万羽の鶏が死亡したとのメディアの情報を警戒している。15日政府当局の報道官が語った。
 香港当局は当該農場でのH5N1鳥フル発生を警戒している。ウイルスは変異して容易に人人感染を起こし世界的パンデミックを起こす可能性がある。
 農場は大連 Hanwei Chicken Farm Coにより経営されているが、200万羽の鶏を飼育し、北京や香港、マカオ等中国南部への主要な鶏卵供給地となっている。
 ”我々は正確な情報を中国当局に求めている。中国本土から輸出されている全ての食料品は、本土の当局により許可されている”、と香港政府の報道官は語った。
 しかし、回答はまだ得られていないと言う。 
・Birdflu - the battle could be over News-Medical.net (オーストラリア) 鳥フル-戦いの峠は越えた?
 国連の高官であるダビド・ナバロ博士は、ベトナムとタイで鳥フル征圧に成功を収めたことに満足しているものの、致死的H5N1鳥フルはインドネシアとアフリカで予断が許されない状況と警告。
・Indonesian toddler dies of birdflu Mumbai (インド) インドネシアの幼児鳥フルで死亡


北部スマトラのメダンで鳥フル疑いの男性を検査する病院スタッフ
ロイター

 インドネシアの先に検査でH5N1鳥フル陽性であった幼児が死亡したことが、14日保健省高官から発表された。
 18ヶ月男児であるが検体が確認のために香港のWHO検査機関に送られている。
 発表した保健省長官によると、男児は北部スマトラの既に検査で5人が鳥フル陽性と確認されている家族の1員である。
 もう一人の保健省当局者によると、家族は鶏を食べたが、病的家きんに接触した既往はないと言う。

・One million birds culled in Romania after birdflu outbreak TODAYonline (シンガポール) 鳥フル発生のルーマニアで100万羽の家きんが殺処分
 先週中央ルーマニアで鳥フルが発生したが、ルーマニア当局は発生地で100万羽の家きんの殺処分を行うと発表。
・Djibouti asks for help in coping with birdflu TODAYonline (シンガポール) ジブチ政府、鳥フル対策の協力を求める
 先週2歳の女児がH5N1鳥フルで死亡し、その2姉妹も鳥フル症状を呈して検査中であるジブチの政府は、国際社会に鳥フル対策の緊急援助を求めた。
・BirdFlu Strikes Indonesian Family Again CBS 13 (米国) インドネシア家族、鳥フルで多くの死亡者
 先週4人が死亡したインドネシアの家族で5人目の死亡者が出た。全てインドネシアの研究所でH5N1鳥フルと確認されていて、現在香港のWHO協力研究所で確認検査が行われている。
 当局の話ではさらに6人目となる死亡者が先に家族内に出ていたが、既に埋葬されていて検査も行われていないと言う。
5月14日

・Tests confirm five Indonesians from one family died of birdflu Antara (インドネシア) インドネシアで5人の家族メンバーが鳥フルで死亡
 家族として共同生活している2人の男性と2人の女性、そして8歳の少女が鳥フルで死亡したことが、保健省長官によって発表された。検体が香港のWHO協力研究所に送られて確認されるが、通常インドネシアでの検査結果は正しい。5人とも家の近くで病的状態の鶏とブタに接触し、過去3週間以内に死亡している。WHOによって正式に確認されると、インドネシアでの死亡者は30人となる。
・Canada ups effort to prepare for birdflu pandemic Metro Toronto  (カナダ) カナダ、鳥フル・パンデミック対策を強化
 13日カナダ保健省は鳥フル・パンデミックに対する態勢を強化していると発表した。
 カナダの計画は、抗インフルエンザ薬を現在の1600万人分から5500万人分へ、2007年夏までに増量することが含まれている。
 パンデミックとなった際、必要な国民には抗インフルエンザ薬が投与出来る態勢にする、と保健大臣のトニー・クレメン氏は語っている。
 ”現在我々はインフルエンザ・パンデミックに備え、カナダ人を守るための手堅い対策を立てた”、と大臣は声明文の中で語っている。
・Ottawa, provinces prepare for pandemic CBC - Newfoundland & Labrador (カナダ) 連邦政府、パンデミックに態勢強化
 保健大臣のトニー・クレメント氏は、トロントでの州と地域保健当局者達との会議終了後、パンデミックとなった場合全てのカナダ人が抗ウイルス薬を手に入れられるように戦略が立てられていると発表した。
・Avian Flu Wanes in Asian Nations It First Hit Hard New York Times (米国) 鳥フルウイルス、初期に流行したアジアの地域で勢力減じる
 人におけるパンデミックの恐れを提起している致死的鳥フルは今、ヨーロッパやアフリカの片隅で見つかっているが、それが当初拡大し、人や家きんで多くの被害を出した東南アジアの一部の国では発生事例が無くなった。
 保健当局者達はこれらの事実に安堵感を示すと共に驚きの声を上げている。”タイとベトナムで我々は伝説的な成功ストーリーを得ることが出来た”、と国連のパンデミック・インフルエンザ主任調整官のダビド・ナバロ氏が語った。
 ベトナムは世界における人発生事例のほぼ半数を占めているが、今年、人や家きんでの発生は全くない。タイは、インドネシアで発生し出すまでベトナムに次いで発生件数が多い国であったが、現在、1年近く人での発生がなく、また家きんではこの半年間に1件の事例を認めただけだ。
 中国でも期待できる状況であるが、詳細は良く見えていない。

 これらの事実は、人におけるパンデミック阻止のための当局の奮闘における、二つ目の望ましい兆候となっている。
 (一つ目は)春にアフリカから北方へ帰ってゆく渡り鳥が、当初警戒されていたようにヨーロッパへウイルスをもたらさなかった。
 しかしながらナバロ博士や他の当局者達は、問題が解決したと考えるにはまだまだ早すぎると警告する。ウイルスは急速に大陸中に広がっているし、いまだミャンマー、インドネシアやその隣国で感染を続けている。ウイルスはひよこや闘鶏、または熱帯地方の観賞用の鳥の密輸や、または渡り鳥によりいつでも戻ってくる可能性がある、と彼等は警告する。
 しかしこの初期の鳥フル発生地域での成功は、殺処分、ワクチン接種、家きんの感染予防対策、人々への教育などの積極的対策が、これら貧しい国においても効果を上げた証拠となっている。
 ナバロ博士は、これらの鳥フル発生様式の変化を警戒していると言う。なぜなら鳥フルの拡大様式についてほとんど知られていないからだと説明している。
 他の当局者達も同様の見解だ。
 ”それらの地域で鳥フルが一掃されたと言う表現は、多分、強すぎるし、根拠もそれほど明確とは言えない”、と国連のFAO、東南アジア地域鳥フル監視責任者のワンタニ・カルプラヴィド(Wantanee Kalpravidh)博士が語っている。同博士は、ベトナムとタイの政府は鳥フルを一掃できたと考えているが、またいつ発生し出すか分からないとも考えている、と説明した。
 両国では全く異なった戦術がとられた。
 ベトナムでは、2億2200万羽全ての家きんに対してワクチンの接種を昨年夏に始めたが、タイは家きん輸出産業が盛んなため、他国が無制限に輸入禁止措置をとることを恐れ、ワクチン接種は行わなかった(ワクチン接種により、ウイルスが感染しても家きんは死なないが、ウイルスは家きんに感染し続ける。すなわちそのような家きんを輸入するとウイルスを持ち込む結果となる)。その代わりタイでは、広大な地域で家きんの殺処分を行い、補償費を十分支払い、そして全ての村に権限を与えたボランティアに、病的鶏の発生報告を行わせた。
 タイでは数千ドルの価値のある闘鶏にワクチンを接種し、またパスポートにワクチン接種の記録を記した。
 タイ政府は2月に国内全土で鳥から検体を集めてウイルス検査を行っているが、57000羽で全て陰性であった。
 WHOのインフルエンザ専門家であるクラウス・ストウ博士によると、タイとベトナムでは小さな病院へもタミフルが配備されていて、医師達は検査で確認されなくても、全てのインフルエンザ症状を呈する患者にタミフルを投与するように指示されている、と言われる。
 続いて中国情勢に関して記述。
・Romania detects more deadly birdflu in poultry Reuters AlertNet (英国) ルーマニア、家きんでのさらなる鳥フル発生
 1ヶ月前に鳥フルが一掃されたと発表されたルーマニアで、新規に再びH5N1鳥フルが家きんの間で発生したと、当局が発表した。
 トランシルバニアのいくつかの地域で死亡した家きんからウイルスが検出された、と当局が説明。
5月13日

・Four deaths in suspected birdflu outbreak Scotsman, (英国) インドネシアで4人が鳥フル疑いで死亡
 インドネシア当局とWHOは、本日8人の鳥フル疑い患者の検査を行ったことを発表。そのうち4人は死亡している。スマトラのある村で発生と言う。
 WHOのスポークスマンの話では村人の検査は完了していないと言う。現時点では疑いと表現されている。
・Indonesia investigates 8 new birdflu cases Edmonton Journal (subscription), (カナダ) インドネシアで8人の新規例が検査中
 インドネシア当局とWHOは本日、8人の鳥フル疑い例を検査中と発表。そのうち4人は死亡している。
・Local tests confirm three Indonesian birdflu deaths Reuters AlertNet (英国) インドネシアで家族3人が鳥フルで死亡
 13日インドネシア保健省は、先週家族3人が死亡した事例は鳥フル感染だったことを、インドネシアの研究所が確認したと発表した。
 当局は3人の血液と咽頭拭い液を(29歳女性、19歳男性、35歳男性)香港のWHO協力研究所へ確認のために送った。
 同じ家族の子供と25歳男性もインドネシアの検査で陽性であったが、いまだ生存中という。家族は北スマトラの村に住んでいると言う。インドネシア保健省のニオマン・カンドゥン長官がロイター通信へ語った。
 ”インドネシアでの検査では5人が陽性。彼等は全て血縁関係にあり、互いに一緒に生活していた”、とカンドゥン長官は説明した。
 長官は家族が鳥から感染したのかどうかについては明確にしなかった。
・So Far, Migration Not Accelerating BirdFlu Los Angeles Times (米国) 渡り鳥が鳥フル拡大を増強している事実は未だなし

致死的鳥フルウイルスが、アフリカやヨーロッパを渡り鳥によって運ばれているという事実はいまだ得られていないが、危険性が完全に無くなったわけでは無いと、オランダに本部を置く環境団体が11日発表した。

 Wetlands International(国際湿地帯保護協会)の専門家達が、チュニジア、エジプト、ブリキナ・ファソ、スーダン、セネガル、マラウイ、ケニヤを含む国々で5000羽の野鳥を検査したが、高病原性のH5N1鳥フルウイルスは検出されなかった。研究を行った責任者のワード・ハゲマイジャー氏は語った。
 アフリカのいくつかの国で(家きんで)鳥フルウイルスが見つかったが、研究者グループは渡り鳥ではウイルスを検出出来なかった。
 鳥フル専門家達は、多くの渡り鳥でウイルスを検出しなかったことは事実であるが、その情報は野鳥においてウイルスの心配はないと言うことを意味するだけだ、と説明している。(鳥フルウイルスが拡大する心配がないということでは無いと言うこと:訳者)。
 ”ウイルスは干し草の山の中の、1本の針のようなものだ。我々が探した干し草の中には何も針が見つからなかった、と言うだけのことに過ぎない”、とローマに本部を置く国連FAOの動物保健の上級担当官であるジュアン・ルブロー氏は説明する。
 オランダは渡り鳥の主要な渡りルートとなっているが、2月以来1万3000羽以上の野鳥が検査されたが、H5N1ウイルスは検出されなかった。
 ヨーロッパでは2月に、白鳥や他の野鳥でウイルスが見つかり、各国は高度の警戒態勢を敷いた。EUは家きんが、渡り鳥と接触するのを避けるために屋内で飼育するように指導していた。
 

・DJIBOUTI: First human case of avian flu  Reuters AlertNet (英国) ジブチ:初の鳥フル人事例
 ジブチでの状況。
 基本的にジブチには商業用養鶏場は無く、鶏は全て輸入されている。生きた家きんの輸入禁止と、鶏料理の十分な加熱が指導されている。
・New Possible BirdFlu Outbreak In Central Romania Mediafax (ルーマニア) 中央ルーマニアで新規鳥フル発生の可能性
 野鳥か家きんか不明。
・Djibouti Officials Fear Bird-Flu Outbreak Near Somali Border Voice of America  (米国) ジプチ:ソマリア国境近くで鳥フル発生
 ジブチのソマリア国境近くで、女児が致死的鳥フルを発病したが、WHOとFAOは地域でさらに家きんと人々の血液を検査している。
 
 WHOの発表によると3人が感染した可能性があることから観察下にあるという。3人とも先に発病が確認されている2歳女児と密に接触していたとされる。2歳女児は現在治療を受けているが、症状は安定している模様。
 ジブチ国営テレビによる保健省大臣の説明では、女児の家族は鶏を飼っており、少なくとも3羽で鳥フル検査が陽性だったとされる。
 今回のニュースは、東アフリカで渡り鳥から家きんに鳥フル感染が広がっている不安感を再浮上させている。
 アフリカでは、ナイジェリア、カメルーン、ニジェール、エジプト、そして今回はジブチで鳥フルが確認された(ブルキナ・ファソでも発生している:訳者)。これらの国の何処も主要な渡り鳥の休息地とはなっていない。WHOのパンデミック対策のチームリーダーであるディック・トンプソン氏は、いまだ渡り鳥がアフリカ大陸へウイルスを運んできているという根拠は無いと語る。
 ”我々はウイルスはある程度渡り鳥で運ばれていると考えているが、その明確な根拠はもっていない。鳥の売買でウイルスが広がっている可能性もあるが、我々は良く分からない”。
5月12日

・Siblings of Djibouti birdflu case tested-WHO Reuters AlertNet (英国) ジブチの発病女児の姉妹も検査中:WHO
 ジブチで2歳女児が初のH5N1鳥フル感染者とした確認されたが、状態は安定していると12日WHOが発表。しかし3人の姉妹も鳥フル疑いで検査中であることがWHOの報道官から発表された。
 家族はソマリアとの国境近くに住み、鶏を飼育している貧しい家庭と言われる。
 WHOは専門家チームを派遣するとともに、タミフルや防護用品を提供する。
・China sacks officials for ignoring birdflu reports Scotsman (英国) 中国、鳥フル報告無視の行政職員を解雇
 中国四川省で鳥フル発生報告を受けながら調査をしないで、その後の対策も十分に行わなかったということで、5人の行政職員が解雇された。
 四川省では1月初旬に鳥フルが発生した。その後3人が発病して、2人が死亡している。
・Morocco says market worker death was not bird flu  Reuters AlertNet (英国) モロッコ政府:死亡家きん市場労働者の鳥フル感染は否定
 
家きん市場で働いていた42歳男性の死亡が、地元新聞で鳥フルによるものと噂が出ていたが、解剖によりそれは否定されたと当局が発表。ヘビースモーカーで肺出血による死亡と説明。 
・COTE D IVOIRE: Birdflu outbreak is under control, government Reuters AlertNet (英国) コートジボアール:鳥フル流行は制圧下に
 発生地域における家きん処分、消毒などにより新たな発生は見られていない、と政府が発表。
・Djibouti confirms one human H5N1 birdflu case Reuters AlertNet (英国) ジプチで人の鳥フル感染例
 ロイター
 
 11日、ジブチ政府は人のH5N1鳥フル感染例を確認したことを発表した。
 ”一人の感染と3羽の鶏でウイルスが確認された”、と保健省大臣がテレビで語った。
 ジュネーブのWHO本部でもジブチでの人感染例を確認している。
 ”2歳少女がH5N1ウイルスに感染したが生存中である”、とWHO報道官のディック・トンプソン氏が語った。
 紅海の入り口の人口がわずか30万人の小国のジブチは、渡り鳥の飛行ルートになっている。
 女児は入院中であるが状態については不明。地域でのさらなる調査はこれから行われる模様。

・Baby in Djibouti diagnosed with birdflu CNN  (米国) アフリカ、ジブチ共和国で女児が鳥フルを発症

 
 AP通信

 WHOは11日、ジブチ共和国で女児がH5N1ウイルスに感染したことを発表した。同国では初、アフリカではエジプトに次いで2番目の人発生国となった。

 WHOの報道官ディック・トンプソン氏はAP通信に、
 ”患者は、2歳少女で生存中と聞いている”、と語り、診断はカイロの米国海軍医学研究大3施設(NAMRU-3)で行われたとも付け加えた。その他の詳細については語っていない。
 ジブチ政府は、首都での人での発生例を確認し、3羽の鶏もウイルスに感染したことを発表した。しかし人の発症と鶏の感染との間の関係は不明。
 当局の話では4月27日に、女児が症状を呈したため検査が行われたようだ。.
・French Researchers Develop BirdFlu Vaccine Voice of America (米国) フランスの研究者が鳥フルワクチンを開発
 サノフィ・パスツール製薬会社(研究所)の研究者が、安全に投与可能で効果的な人用鳥フルワクチンを開発したと、医科学雑誌のLancetに発表した。しかし、実際にパンデミックが発生したとき、どの程度効果が期待されるのかについて予測は出来ないとも言われる。
・鳥インフルエンザ「感染疑い」93人に…厚労省発表 読売新聞
 茨城と埼玉の養鶏場で昨年、弱毒型の鳥インフルエンザウイルス「H5N2」が発生した問題で、厚生労働省は11日、感染の疑いのある人は、最終的に養鶏場の従業員ら93人に上ると発表した。
 今年1月の中間報告では77人だったが、その後の検査で16人増えた。
5月11日


H5N1鳥インフルエンザ、人での新規発生報告無し

・Human genetics may play a role in avian flu cases Jakarta Post (インドネシア) 鳥フル感染感受性には遺伝子が関係
 世界的ウイルス学者のロベルト・ウエブスターは、H5N1ウイルス感染感受性には、遺伝子が役割を果たしていると発表した。
 ”異常にH5N1ウイルスに感受性が高い人々がいる”、とメンフィスの聖ユダ小児研究病院のウエブスター教授は語った。”これは母系由来の遺伝子に基づいている可能性がある”。シンガポールでの記者会見で同教授は語った。
・Birdflu may be in US as early as summer Southeast Missourian, (米国) 米国で鳥フルは早ければ今夏にも拡大
 9日夜、香港で発生し人へ感染するように変異したH5N1鳥フルが米国に上陸し、900万人の米国民が死亡するというシナリオのテレビドラマがABCテレビ網で放送された。
 専門家達は現実的話ではないと注意するが、鳥フルはこの夏か来年の夏には米国に上陸するだろうと警告している。
・Birdflu vaccine passes first trial ic Kent (英国) 鳥フルワクチン、最初の臨床試験を通過
 300人のボランティアを対象にした鳥フルワクチンの第一相臨床試験が行われ、安全に抗体が産生されることが確認された。
 現在、H5N1ウイルスが人人感染を生じる証拠はないものの、ウイルスが人の間で感染を広げるように変異した場合に備えて、信頼できるワクチンが必要とされている。
 フランスのサノフィ・パスツール製薬会社の研究者達はワクチン開発を行っているが、その成果について医学雑誌の「ランセット」に発表した。
 臨床試験では投与量、免疫賦活剤としてのアジュバントの併用など、6種類の投与方法を試した。その結果30マイクログラムのワクチンの2回投与法でアジュバント併用で、42日後には安全に抗体が産生されることが確認された。
 しかしながら研究者達は、どの程度の抗体産生量で実際に予防効果があるのかは分からないとコメントしている。
・Migrating Birds Didn't Carry Flu New York Times (米国) 渡り鳥はインフルエンザを運ばない
 昨秋秋に南方のアフリカへ渡った渡り鳥が最近ヨーロッパへ戻ってきているが、保健当局者達の予想に反して鳥フルを運んできていない。科学者達はそのように結論づけている。
 国際的保健当局者達は、鳥フルが渡り鳥の南方への飛来でアフリカへ拡大し、そしてこの春にヨーロッパへ戻ってくるときに再びウイルスを拡大させると警戒していた。しかしそれは起こらなかった--ヨーロッパの家きんの間でウイルスは広がらなかった。家きんでのウイルス監視は野鳥における監視よりも容易である。これはヨーロッパで非常に重要な事実となった。
 以下基本的に下記報道と同じ。アフリカでも予想外に広がらなかったことも含めて、渡り鳥がウイルスを拡大させている可能性に懐疑的内容。
・No H5N1 Virus in Birds Migrating From Africa to Europe KPHO Phoenix (米国) H5N1ウイルスはアフリカからヨーロッパへ渡り鳥で運ばれない
 この冬、オランダに本部を置く国際的湿地保護団体「Wetlands International」の鳥インフルエンザ研究者達は、アフリカで数千羽の野鳥からのサンプルを調べたが、H5N1ウイルスは検出されなかったことを報告し、渡り鳥がヨーロッパへウイルスを運ぶ可能性を否定する見解を示した。
 さらに4月に入ってからヨーロッパで見つかっている野鳥におけるH5N1感染事例は少ない。
 ”多くの人達が予想したのに反し、今は感染事例の発生が少なくなってきている”、と「Wetlands International」の専門家であるワード・ハゲマイジャー氏は説明している。
 以上の情報に基づいて、ヨーロッパでの多くの国は、野鳥からの感染を防ぐための家きんの屋内飼育などの規制を緩和している。
 しかしながら、科学者達は将来ウイルスがヨーロッパへ戻ってくる強い警戒感を示している。
・China steps up bird flu monitoring, WHO still worried Reuters (国際) 中国、鳥フル監視体制強化するも、WHO警戒感持続

 中国は青海省での鳥フル監視体制を強化したと国営メディアが10日報じた。一方、WHOは警戒感を示し、いまだ安心できない状況であるとの見方を示している。

 州都西寧より800キロ離れた玉樹自治州で先週、野鳥の間でH5N1鳥フルが確認されたが、保健当局が対策を強化したことを新華社は伝えた。
 青海省はH5N1鳥フルウイルスの研究をしている科学者達の、主要な関心地域となっている。
 1年前、渡り鳥の休息地である青海湖で、変異したと考えられるH5N1ウイルスで、数千羽の渡り鳥が死亡した。
 そして間もなく、ウイルスは急速にヨーロッパ、中東、そしてアフリカへ広がった。これらの事実から青海湖や他の中国で起きていることの監視が重要であることが強調されている。
 WHOは青海湖でのH5N1ウイルスは、ナイジェリア、イラク、そしてトルコで見つかっているウイルスとほぼ同じであると言っている。
 青海湖で渡り鳥が多数死亡する以前は、H5N1ウイルスは時には渡り鳥の死亡を起こすことがあるが、大量の死を招いたり、渡り鳥により長距離運ばれるとは考えられていなかった。そのようにWHOの中国鳥フル調整官であるジュリー・ホールは言う。
 ”今鳥達は移動している。今は繁殖の時期になっている。野鳥や家きんでのH5N1感染が報告されたとしても、不思議ではないと思う。極めて不安定なウイルスで予想できない性格をもったウイルスなのだ”、と彼女は付け加える。

危険性

 専門家達は、人の間で感染するタイプにウイルスが変異することを警戒している。もしそのように変化したなら、世界で数百万人の死者がでると予想されている。
 中国では12人死亡しており、6人が生存している。
 世界では9ヵ国で115人が死亡している。
 H5N1ウイルスは鳥の間での感染症を引き起こすもので、人には簡単に感染しない。
 ”我々は、動物での感染事例の報告が無いとしても、いまだ1週間に1人に近い割合で人の感染事例を見いだしている。明らかにウイルスはいまだ中国の中で感染を繰り広げている。”。そのようにホールさんは説明する。
 昨年中国は十数カ所の省で、40に近い家きんでの鳥フル発生を確認している。世界の保健専門家達は、国土の広さと人口の多さ、地方の貧しさなどから、中国を世界の中でも特に危険な国と考えている。
 アジアの他の多くの地域と同じく、中国ではしばしば家きんが人々と密接した状態で飼育されており、それが感染した鳥から人へのウイルス感染の危険性を高めている。
 ”動物での監視体制は極めて重要だ。動物での感染事例報告が減少していると言っても、人での感染事例がいまだ続いていることから、動物に対する監視体制はさらに強化されなければならない”、とホールさんは警告する。
5月10日

H5N1鳥インフルエンザ、人での新規発生報告無し


・Spread of birdflu slows in Nigeria, officials say ABC News (国際) ナイジェリア、鳥フル拡大速度減弱
 アフリカで初のH5N1鳥フルの発生を家きんで見たナイジェリアは、3ヶ月経った現在、拡大速度を減弱してきていると当局が発表した。
 人での感染報告は無いが、専門家達は監視体制が完全ではなく、見逃されている可能性があると警告している。
 最初の数週間に鳥フルは急速にナイジェリア国内に広がり、36州のうち13州と、首都周辺で鳥フル発生の報告があった。しかし3月末に大都市のラゴスで発生したのを最後に新規発生報告がない。
 ”ラゴスでの発生以来、新規に発生した州はない。しかしそれは必ずしも発生が完全に停止したことを意味していない”、と国立獣医学研究所のウイルス研究部門の主任研究者が語っている。
・Smugglers Spreading BirdFlu, Experts Warn National Geographic  (米国) 鳥の密輸が鳥フルを拡大と、専門家が警告
 野鳥から拡大する可能性よりも、家きん、鳥、その産物の密輸によりウイルスも持ち込まれる可能性の方が高い。米国で鳥の密輸市場は数十億ドルに上ると推定。
・Indiana outlines birdflu plan WTHR (米国) インディアナ州、鳥フル行動計画を作成
 インディアナ州当局は、9日、パンデミック・インフルエンザに対して準備するように呼びかけた。そして州が計画を作成中であることを発表した。
・Birdflu pandemic will hit young people-biologist Reuters (国際) 鳥フル・パンデミックは若い人々を犠牲に:ウイルス学者
 カナダ、トロントの微生物学者が9日、1918年のスペイン・インフルエンザの被害を例にして、鳥フルがパンデミックになった場合は、学童が最も危険であると語った。トロントはSARS勃発の際、375人の患者が発生し、44人の死者が出た。
5月9日


・US companies struggle with birdflu plans Financial Express (インド) 米国企業界、鳥フル対策行動計画作成に
 もし鳥フルがパンデミックになったとしたなら、如何にして対策を講じるか計画を作成し始めている。
 パンデミック発生により三分の一の人々が発病し、ピーク時には40%の人々が会社を休んで自宅に留まることになる、と専門家は推定している。
 ”何も起こらないと言う専門家がいれば、悪い事態を想定する専門家もいる”、とUnited Parcel Service社のリスク管理責任者のジャック・マッククルビン氏が語る。
 ”どの考え方が正しいのか分からないのだから、全ての可能性とシナリオを考慮に入れて計画を作成しなければならない”。
 ……
・ABC BirdFlu movie Fiction not Fact Cherry Creek News (米国) ABCテレビの”鳥フル”ドラマはフィクションであり、事実ではない
 コロラド州公衆衛生環境局は8日、9日にABCネットワークで放映される予定のテレビ映画{致死的接触:米国で鳥フル発生(Fatal Contact: Bird Flu in America)}は、あくまでもフィクションで、事実では無い、と州民に注意を促した。
 デニス・エリス局長は、”これはあくまでもフィクションであり、記録ではない。パンデミック・インフルエンザが米国で発生する可能性は極めて低い。パニックを起こす必要はない”、と語った。
 しかしエリス局長は、家族、企業、学校、地域の各組織などは、この映画をもとに、健康危機、気象危機などに際してどのように対策をたてるべきか学ぶことが重要だ、と警告した。
・Colleges begin plans for potential birdflu outbreak Centre Daily Times (米国) ペンシルバニア:鳥フル発生に備えて大学で対策に
 鳥フルが学生に発生したシナリオに基づいて、各大学では対策に乗りだしている。
 
 鳥フルに感染した大学生が入院した。既に友人達に感染させている可能性が高い。
 彼の寮の学生達はウイルス拡大を防ぐために隔離されるべきか?クラスは閉鎖されるべきか?
 …
・Pa. considering whether to buy its own supply of birdflu drugs phillyBurbs.com (米国) ペンシルバニア州:タミフルを独自に追加購入すべきか考慮中
 連邦政府は2008年まで人口の25%を対象とするタミフルを備蓄することを望んでいるが、取り合えず180万人分のタミフルをペンシルバニア州へ提供する予定となっている。しかし人口1200万人のペンシルバニア州では、インフルエンザ・パンデミックに際して人口25%分のタミフルを用意する必要がある。さらに120万人分のタミフルを州独自で購入すべきかどうかを決定しなければならないと州当局者が語った。(足りない分は州で用意するように連邦政府は指導中:訳者)。
・US birdflu TV movie worries experts Reuters AlertNet (英国) 米国での鳥フルドラマに関して専門家達は懸念
 鳥インフルエンザのパンデミックをテーマにしたフィクションドラマが9日にテレビで放映される。専門家達は、それはある人達に対してパニックを起こし、他の人達に対しては単なる誇大宣伝的ドラマと受け取られることを心配している。
 しかし同時に専門家達は、個人、企業、そして地域の行政当局が、準備として何が出来るかを一般社会に対して示す利点があるとも考えている。…
・Birdflu in Burma major concern for neighbours in region Bangkok Post, (タイ) ビルマでの鳥フルは周辺国にとって脅威的
・Birdflu vaccine effective in animal test Mathaba.Net (英国) 鳥フルワクチン、動物実験で効果
 サンディエゴのVical Incorporationで商業用に開発されている鳥フルワクチンが、マウスやフェレットの実験で成功を収めた。このワクチンは各種の鳥と人インフルエンザウイルスに効果を示し、前もって想定されるパンデミック・インフルエンザウイルスに対しても十分効果を発揮すると考えられている。聖ユダ小児研究病院の研究者達によって行われている研究。
 ワクチンはVical社が開発したDNA-based ワクチンであるが、ウイルスの各種蛋白を対象にしているが、2種類のワクチンが作られ、両方とも効果を示したという。
5月8日

・Indonesia confirms birdflu death KESQ, (米国) インドネシア、鳥フル死亡者確認
 WHOはインドネシアで25人目の鳥フル死者を確認した。
 先月死亡した男性はジャカルタの西方25マイルの都市で家きんに接触した既往があるとされる。
・Health Secy Leavitt: US 'Overdue' For Pandemic CattleNetwork.com  (米国) 保健省レービット長官:パンデミックはいつ起きてもおかしくはない
 米国保健省レービット長官は、7日のCNNの番組 "Late Edition"で、米国ではいつパンデミックが発生してもおかしくはない、と語り地域社会は鳥フルがパンデミックに移行した場合に備えて対策を強化しなければならないと警告した。
Health and Human Services Secretary Mike Leavitt said Sunday on CNN's "Late Edition" that the U.S. is overdue for a pandemic, saying that communities have to take steps in case the bird flu becomes a crisis. "We're overdue for a pandemic, but we're underprepared. And we're working on every front at this moment to prepare for an event of that type," Leavitt said. He said it wouldn't be a "big surprise if we saw the (H5N1 bird flu virus) in the next few months." He noted that for it to be a pandemic, it would have to be transmitted efficiently through human-to-human contact. Right now, humans appear to contract it only from birds. He said a modern pandemic could lead to the deaths of up to 2 million people in the U.S. He also said the federal government would be unable to assist each community in the nation if there was an outbreak, and communties must prepare their own responses.

・A Plan for a Pandemic TIME (米国) 米国パンデミック計画

 ブッシュ大統領は先週、鳥インフルエンザのような危険な感染症発生に対する政府の計画を発表した。その戦略のハイライトが紹介。

 大統領の計画とは?
 彼の先週発表された実行計画は、昨年11月に発表された12ページに渡るパンデミック・インフルエンザ国家戦略に従ったものである。内容を読みこなすのは簡単ではない。227ページと分量は多いが、粋な彩色のカバーで作られている。 

What's the President's plan? His Implementation Plan released last week was the follow-up to the 12-page National Strategy for Pandemic Influenza issued in November. It's not easy reading. Inside the snazzy red, white and blue covers are 227 pages of dense bureaucratese. The White House plan is to try to contain problems overseas, show the country that the President is in command and keep people informed so they will be calmer. Local and state governments are urged to prepare as for a terrorist attack or natural disaster. In other words, don't rely on the feds.

What could happen in a pandemic? The plan estimates that a pandemic could kill 200,000 to 2 million U.S. citizens. It also says the U.S. lacks "adequate stockpiles of antiviral medications and plans to distribute the supplies we have."

What if avian flu strikes? State and local law enforcement, backed by the National Guard, may have to isolate or quarantine victims. The U.S. would not seal borders with Canada and Mexico; that would not stop a pandemic and "would have significant negative social, economic and foreign policy consequences," the plan says. The Administration may order the screening of people flying into the U.S., though carriers of the virus who show no symptoms could evade detection.

What can individuals and businesses do? Wash your hands. Clean sinks, railings, keyboards and phones--the virus can survive up to two days on hard surfaces. Reduce face-to-face meetings. Encourage telecommuting as well as flexible work hours. Keep 3 ft. of distance from other people ("spatial separation," in governmentspeak). Oh, and cover your mouth when you cough.


・APEC、鳥インフルエンザ阻止へ行動計画採択 日本経済新聞
 鳥インフルエンザがヒトからヒトへ感染し大流行する事態の予防と対応策を協議するため、アジア太平洋経済協力会議(APEC)閣僚級会議が5日、ベトナム中部ダナンで開かれ、各国間の協力強化などをうたった行動計画を採択し閉幕した。
 会議では、42人の死者を出しながらも徹底した封じ込め政策で昨年12月以降、ヒトや家禽の新たな感染例を出していないベトナムが、その経験を報告。世界保健機関(WHO)など国連機関が各国への協力状況を紹介した。
 行動計画は、ヒトや家禽の感染例に関する迅速な情報交換や、経済的打撃を軽減するため政府と商業部門の協力の必要性などを確認している。
 会議はベトナム政府が主催し、日本など21カ国・地域の大臣、副大臣らが参加した。
・アジア開発銀行、鳥インフルエンザウイルスの変異の危険性を警告 CRI  (中国)
 アジア開発銀行の代表は6日、ベトナムのダナンで開かれていたアジア・太平洋経済協力機構の保健相会議で、「人間の間で伝染する鳥インフルエンザウイルスの変異種が現れれば、アジアの国家がそれにより蒙る損失は1000億ドルを超えるだろう」と述べました。
 4日から6日まで開かれたアジア太平洋経済協力機構の保健相会議では、鳥インフルエンザの感染拡大対策について議論されました。アジア開発銀行の代表は、「アジアの鳥インフルエンザ感染状況は観光産業などへの影響はそれほど深刻ではないという、世界保健機関の予測が発表された。しかし、鳥インフルエンザウイルスに変異が発生して、人間の間で伝染するようになれば、6ヵ月以内にアジアの国々が蒙る経済的損失は113億ドルに達するだろう」と指摘しました。
・Vietnam Conducts Large Scale Anti- BirdFlu Rehearsal CRI, (中国)  ベトナム、大規模対鳥フル模擬訓練実行
 7日、ベトナムは南部のカント市(Can Tho city)で、人々の間に鳥フルが発生したことを予想した大規模模擬訓練を行った。ベトナム国営通信が報告した。
5月7日


・The Next Big Thing: Businesses look at influenza battle plans Texarkana Gazette, (米国) 次の為すべき重要事項:企業界における対策
 アルカンサス州での鳥フルサミット。下記のコミュニティー対策と同系列上のテーマ。

State and federal health officials say businesses need to plan now for a potential influenza pandemic.
 アルカンサス州と連邦保健当局は、企業界は今パンデミック・;インフルエンザ対策を整備する必要があると警告している。
Businesses from the region were among groups represented at the Southwest Region Pandemic Influenza Summit held Friday in Texarkana.
 5日に開催された南西地域パンデミック・インフルエンザ・サミットに、地域を代表する企業界からも代表者が参加した。
The summit, meant to provoke discussion and planning at the local level, was presented by the Arkansas Department of Health and Human Services, County Judges Association of Arkansas, and the Arkansas Department of Emergency Management.

“Unfortunately, I think there is growing recognition by businesses that they do need to do something, but they have yet to initiate plans,” Dr. Paul Halverson, director of health and state health officer for DHHS, said during a break from the formal session.

Halverson hopes businesses soon start developing plans to deal with a potential flu outbreak.

In his presentation, he pinpointed several specific ways businesses can start to flesh out those plans.

One is to identify the positions needed to maintain critical functions. The health department suggests identifying the less-critical functions that could be suspended in case of a pandemic.

In order to handle the inevitability of workers being absent due to illness, cross-training is seen as a way to manage. Planning for alternative work schedules could also be part of a plan to handle a pandemic.

Halverson said telecommuting is a strategy that businesses can also explore.

He said one of the difficulties containing a flu pandemic is that “people can actually be infectious before they’re symptomatic.” Workers could be infecting people “right and left,” but it would not be known until symptoms show, he explained.

He said one of the difficulties containing a flu pandemic is that “people can actually be infectious before they’re symptomatic.” Workers could be infecting people “right and left,” but it would not be known until symptoms show, he explained.

Halverson suggested, too, that businesses establish face-to-face relationships with different partners before a disaster hits.

Domtar spokesman Max Braswell said the Ashdown mill’s safety director attended the pandemic flu summit and that information gathered there will help build a plan of action at the mill.

“We plan to use that certainly as an opportunity to begin more specific planning along those lines,” Braswell said.

He said the mill has been following the issue and is in the process of preparing a plan to handle a pandemic outbreak.

“Today gives us a something tangible to pull some information together we would need to put a specific plan in place,” said Braswell.

In a telephone interview, a spokesman from Wal-Mart’s corporate headquarters, Sharon Weber, said Wal-Mart has been looking at the issue.

“As an international company, we are closely monitoring global activities and we have many contingency plans in place that can disrupt our business, and we’re constantly updating them to ensure the utmost standards of safety,” Weber said.

Wal-Mart updates its work force through its Intranet service to keep employees informed of what the company is doing, she said.

“Our overriding concern is the health and well-being of our customers and associates,” Weber said, adding that the plan is a “living document” and has not been addressed in a public forum.

An afternoon session at the summit involved a fictionalized scenario from the Department of Homeland Security that portrayed a progressively more serious pandemic flu outbreak.

TV newscasts describe the outbreak in this scenario, and that alternated with a whole-group discussion about how to best respond at the state and local level during different stages of a pandemic.

The scenario gave insight into just how massive a problem government agencies, health authorities, businesses and local communities would be tackling in the event of a flu pandemic.

From an outbreak of bird flu virus with no reports of human infection, it grows to cover several continents and two different strains of the flu, including a “duck flu” in Europe and strain of bird flu that spreads in northern Mexico.

Eventually, there’s concern about a “super virus” spreading, with a fictional newscaster describing in this scenario how “in some cases, planeloads of people are being quarantined” because of one passenger falling ill.

A repeating theme during group discussion about the fictional scenario was that education would be key.

Establishing a pandemic flu plan should be a collective effort, it was suggested.

“We want you to think about is the importance of a pandemic flu plan,” said Andy Threlkeld of the DHHS’s division of health for the southwest region.

The fictional scenario presented an unsuccessful response, including citizen frustrations with government agencies. Final segments of the fictional TV newscasts show many social stresses as millions die worldwide, the economy crumbles and medical supplies and personnel are exhausted.

“I hope that what you saw is a glimpse into what never happens,” Halverson said.
For more information on pandemic flu planning, visit the Website www.pandemicflu.gov.


・The Next Big Thing: Communities encouraged to prepare for birdflu Texarkana Gazette (米国) 次の為すべき重要事項:コミュニティーにおける鳥フル対策の推進

 パンデミック・インフルエンザに対する脅威は、いつまでも残存し続けている。
 起きるのかどうかではなく、いつ起きるのかという問題なのだ、とアンカサス州保健当局者達は地域の当局者達に警告し、最悪の事態に備えるように言っている



 5日、アルンカサス州保健福祉局がホリデー・インでパンデミック・インフルエンザ・サミットを開催し、200人が参加した。鳥フルパンデミックに対する準備がテーマだった。
 ”我々の目的は、地方におけるパンデミック・インフルエンザ対策を援助することで、知識や情報を十分伝え、このような集会で十分目的を果たすことだ”、と州南西地域保健局のドン・アダムス局長が語った。
 参加者は、病院や公衆衛生局からの保健医療従事者、地域緊急計画管理担当局、郡判事、郡保健担当者、長期療養施設の代表者達から構成されていた。
 H5N1ウイルスがいつパンデミック・インフルエンザを発生させるか知る方法はないが、現在、多くの保健専門家達の関心を集めている。
 州の疫学専門家で、公衆衛生実施センターの副長官でもある、フランク・ウイルソン博士は、H5N1ウイルスについて知られている概要を話し、この株がなぜ、記録されているインフルエンザの中でも、最大の致死率を保有しているものとして、恐れられているか説明した。
 アジアを主としてH5N1ウイルスに194人(205)が感染し、104人(113)が死亡しているとウイルソン博士は説明する。()内は直近数。
 ”これは不気味さを感じさせるし、今日、なぜ我々専門家が関心を抱いているかの理由だ。我々はこんなに致死率の高いインフルエンザに遭遇したことはこれまで無い”。
 ”感染者の多くは鳥から直接感染し、人から感染することは極めて希と思われる。故に現在人の間でパンデミックとなっていない”、とウィルソン博士は説明する。
  州の保健当局では保健専門家達にH5N1対策を整備するように勧めている。なぜなら実際にパンデミックが生じたなら、医療資源は不足するからである。
 ”もしパンデミックが生じたなら、医薬品は不足するだろう。要求される医療の量も質も我々の能力を簡単に超えるだろうし、基本的サービスの維持すら困難になるだろう”、とウイルソン博士は語る。
 ”パンデミックはやってくる。いつそれが来るかは分からない。でもすでに来ていたとしてもおかしくは無い状況であることを知らねばならない”。
 ”我々はパンデミックを阻止できないだろうが、その拡大速度を緩めることは可能だ。それによりパニックと社会破壊の程度を抑えることが可能になる”。ウイルソン博士はそう語る。
 地域レベルでのさらなる対策計画が要求される。
 ”計画を達成するためには、郡と市当局者が一緒に計画作成に当たることが重要だ。我々は地域での計画作成が重要と強調したい”、とアダムス局長が語っている。”インフルエンザ・パンデミックが発生したとき、我々の業務のほとんどは、地域の医療資源や整備などについて要求されることになるだろう。しかし、州や、連邦政府には資源は十分用意されているとは言えないのだ”。
 計画は、鳥フル対策用に作られるが、それは他のどんな大災害時にも応用可能とされる。

 家庭での対策に関しては、アンカサス州保健福祉局で情報を提供するし、下記ホームページでも情報公開している。
www.healthyarkansas.com.

 


・WHO sees gaps in China, Indonesia birdflu fight TODAYonline, Singapore (シンガポール) WHO:中国とインドネシアの鳥フル対策は遅れている
 WHOのアジア担当責任者は、ベトナムとタイでの草の根レベルでの鳥フル対策を評価したが、インドネシアと中国に関してはまだまだ改善の余地があると語った。
 全ての国は鳥フル対策の重要性を政治的問題として認識している、とWHOの西太平洋地域事務所の尾身茂長官は、APECの大臣会議終了後に語った。
 ”しかし、政治的政策レベルで見ると、いくつかの国、例えば中国やインドネシアでは、政府が意図した通りの対策が地方で行われていない、と言った問題がある”、と同長官は説明する。
 中国各省における問題としては、地方組織の強化、人的資源の確保、委託内容の明確化などが、特に重要だ。同長官はそのように説明した。…
・WHO: BirdFlu Cases Must Be Noted Sooner CBS News (米国) WHO:鳥フル事例はさらに早く確認されなければならない
 人での鳥フル感染事例の半数程度しか2週以内にWHOに報告していない。WHOの高官が、さらに迅速に反応しなければならないと6日に語った。
 WHO西太平洋事務所の尾身茂長官は、人の間で感染事例が増えだしたとき、それを封じ込め、または拡大速度を減弱するのに、2~3週間しか対策の時間がない、と説明した。
 最初にとるべき措置は、発生集団の確認、そしてWHOへの報告である。尾身長官はそのように説明する。続いて国際チームが編成されて現場へ調査のために派遣される。地域は閉鎖され、抗インフルエンザ薬が配布される。
 ”全ての段階は2~3週以内に終えなければならない。現在は最初の発生報告ですら半数の例では2週間以上要している”、とベトナム中央で開催された「鳥インフルエンザ対策アジア-太平洋会議」の閉幕で語った。
5月6日

・中国青海省で鳥インフルエンザ 時事通信
 中国農業省は5日、中国青海省南部の玉樹県の湿地で発見されたガンの死骸(しがい)を検査した結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが分かったと発表した。発見は4月23日で、今月3日に鳥インフルエンザ感染を確認。これまでにガンなど渡り鳥125羽が死んだ。 
・Illegal animal trade is a bird-flu concern AZ Central.com (米国) 動物の密輸が鳥フル拡大の原因に
 動物の貿易が、合法的と違法的も含めて、渡り鳥以上に鳥フル拡大に寄与している可能性があると、世界の野鳥専門家の指導者が5日語った。…
・Warm-up slows avian flu spread Newsday, (米国) 気温上昇が鳥フル拡大速度を減少に
 3月には世界で週に40以上の鳥フル発生が報告されていたが、4月下旬には5事例ほどに減少してきたことがOIEから発表された。鳥での発生件数が減ると、人での感染事例も減少する。
 聖ユダ小児研究病院のウエブスター博士は、冬期間が最も鳥と人にウイルスが感染しやすい、と語り、アフリカの気温上昇が、アフリカにおける鳥フル拡大の歯止めになるとの予想を語った。気候が温暖になるにつれ、感染速度が減少してきていると
・Expert: Bird trading may spread flu Marquette Mining Journal (米国) 専門家:鳥類貿易で鳥フルが拡大の可能性と
 動物の貿易が、合法的と違法的も含めて、渡り鳥以上に鳥フル拡大に寄与している可能性があると、世界の野鳥専門家の指導者が5日語った。
 鳥フルはアジアからヨーロッパとアフリカへ拡大しているが、米国にはいまだ入ってきていない。
 ”野鳥の監視も重要であるが、それ以上に、家きん貿易でウイルスが入ってくる可能性の方が現実的には脅威である”、と国立オーデュボン協会(鳥類学)の会長のジョン・フリッカー氏が米国連邦議会での報告後に語った。

・Outbreak of new birdflu cases in Qinghai confirmed People's Daily Online,  (中国) 中国、青海省で新規鳥フル発生
 中国農業省は5日、中国北西部の青海省で野鳥の間でH5N1鳥フルの発生を確認したことを発表した。
 発生地は州都の西寧や青海湖より800キロ以上離れた玉樹自治州で高地で寒い。4月23日に17羽のガン(bar-headed geese)が死亡していて、H5N1ウイルスが検出されている。その後死亡した野鳥の数はさらに数は増えて、4日まで125羽となったが、そのうち123羽はガンであった。
 発生地域の玉樹自治州には人口は少なく、近くでは家きんも飼育されていないと当局では説明。

 左 中国全土地図    右  青海省地図

・COTE D IVOIRE: Poultry cull in city markets after bird flu outbreaks Reuters AlertNet, (英国) コートジボアール:市の市場で家きん殺処分へ
 4月26日にOIEによって、鳥フル発生が報告されていたが、今週に入ってから政府当局も発表した。
 主要な都市であるAbidjanの3地域で鳥フル発生が確認されているが、当局は同市の全ての家きん市場で家きんの殺処分を行うと発表。
 政府は家きん殺処分の補償費として1100万ドル必要と言われる。

・CHRONOLOGY-Bird flu developments Reuters AlertNet, (英国) 最近の鳥フル拡大状況
  • 1月18日:北京での国際会議で国際的資金援助額19億ドルが参加国の間で締結
  • 2月8日:最初のアフリカでのH5N1鳥フル事例がナイジェリア北部地域の家きん飼育場で検出
  • 2月11/12日:イタリアで死亡した白鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出。ギリシャでも同様。以上はEUとして最初の事例となった。
  • 2月14日:イランとオーストリアでも事例
  • 2月15日:ドイツ黒海沿岸で死亡した白鳥からH5N1ウイルス検出。さらに検査された100羽以上の野鳥からもウイルスが検出。
  • 2月17日:エジプトで初の鳥フルが養鶏場で発生。
  • 2月18日:インドで初の鳥フルが養鶏場で発生。
  • 2月22日:EU、フランスとオランダで家きんへのワクチン接種を了承。
  • 2月25日:フランスの七面鳥飼育場で多数の七面鳥がH5N1鳥フルで死亡。EUとして初の家きんにおける鳥フル発生事例となった。
  • 2月27日:ニジェールのアヒルからH5N1ウイルスを検出。
  • 3月6日:ポーランドで死亡した白鳥からウイルスが検出。
  • 3月16日:アフガニスタン(鶏)、ミャンマー(鶏)、デンマーク(野鳥)で鳥からH5N1ウイルスが検出。
  • 3月17日:イスラエルの養鶏場で発生。
  • 3月21日:パキスタンの2農場で発生。
  • 3月24日:ヨルダンの農場で七面鳥からウイルスが検出。
  • 4月6日:スコットランドで死亡した白鳥からウイルスが検出。
  • 4月26日:コートジボアールでも発生。アフリカで6番目の発生国となった。ナイジェリア、ニジェール、エジプト、ブリキナ・ファソ、カメルーン。スーダンでも報告されているがH5N1の同定はされていない。
  • 5月5日:WHO、エジプトで5人目の死亡者を確認。世界の死亡者内訳--合計114人、エジプト5人、トルコ4人、インドネシア24人、カンボジア6人、中国12人、タイ14人、ベトナム42人、イラク2人、アゼルバイジャン4人。
・Avian flu claims another life; expert calls virus 'worst' CIDRAP (Center for Infectious Disease Research & Policy :CIDRAP 米国) 鳥フルでさらなる死者:専門家、H5N1ウイルスは最悪のウイルスと
 
  • 昨日エジプトで27歳女性がH5N1鳥フルで死亡。エジプトで13人目の感染者で5人目の死者。
  • シンガポールの鳥フル会議に出席している、ウイルスが学者のウエブスター博士が、H5N1ウイルスはこれまで経験したインフルエンザウイルスの中で最悪のウイルス、とAP通信に談話。
・No evidence birdflu spreading BBC News (英国) 英国:鳥フル拡大の兆候はなし
 Norfolkで発生したH7N3鳥フルのさらなる拡大は見られていないと当局が発表した。
・Expert: Research avian flu Albuquerque Tribune (米国) 世界の専門家:H5N1ウイルスは最悪のインフルエンザウイルス
 世界の指導的インフルエンザ研究者が、H5N1ウイルスは彼がこれまで関わったインフルエンザウイルスの中で最悪のウイルスであり、世界的パンデミックに対処するには、まだまだ十分な知識と対策手段が乏し過ぎると講演した。

 ウイルスは家きんに対して悪質な殺人ウイルスであり、それは脳にも侵入し、そして呼吸器を破壊する。メンフィスの聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるロバート・ウエブスターが、医学雑誌ランセットが主催したシンガポールでの2日間に渡る鳥フル会議で語った。
 ”私は自分の人生全てをインフルエンザ研究に捧げてきたが、このH5N1ウイルスはこれまで経験した中で最悪のウイルスだ。もしこのウイルスがパンデミックを引き起こしたなら、神に救いを求めるしかない”。数十年間インフルエンザ研究をしてきたウエブスター博士はそのように語っている。
 これまで人での発病者のほとんどは、感染した鳥との濃厚接触が感染原因となっているが、専門家はウイルス変異により容易に人人感染が生じるようになって、世界的パンデミックが起きることを恐れている。
 ウエブスター博士は、ウイルスが人人感染を生じるようになるには、少なくとも10以上の遺伝子変異が必要だろうと語ったが、それがいつ起きるのか、知る方法は全くないと語った。
 同博士は多くのワクチンを備蓄することが必要と語っているが、現在のところワクチン製造の労力は徒労に終わっていると表現した。
 博士は、かって初期に香港で流行した株で作成したワクチンを用いたフェレットをでの実験では、現在流行しているH5N1株に対しても感染死亡を予防出来ていることから、このような株を用いて人に対する流行初期用のワクチンを製造することも、意味があるのではないかと説明している。
 同博士はもっと多くの研究が為されて、ウイルスの性格、その感染拡大様式を知る必要がある、と語っているが、研究は文化的違いから障害が起きているとも語った。すなわち感染死した患者113人の中で、解剖された件数は数件程度に過ぎない。アジアでは遺体を損傷することを嫌うからだ。
 ”この地域の文化的問題からくる解剖拒否は何とかしなければならない。死体からの組織は、ウイルスの生物学的特徴を分析する上で必要なのだ”、とウエブスター博士は語った。

 バージニア大学のウイルス専門家である、フレデリック・ハイデン博士は、抗ウイルス剤のさらなる研究も必要と訴えた。
 同博士は、ベトナム、タイ、そしてインドネシアの成人と小児の患者を対象に、タミフルの投与量と効果の研究に参加している。

 一方、米国政府は4日、製薬会社5社に計10億ドル以上の資金を提供して、より迅速なワクチン製造方法の研究を委託した。パンデミック・インフルエンザ発生時に対処するためである。
 この資金は昨年パンデミック・インフルエンザ対策費として議会が認めた38億ドルから拠出されたものである。連邦政府の説明では、目標はパンデミック・インフルエンザが発生した場合、6ヶ月以内に全ての米国人にワクチン接種を可能にすることとされる。現在のインフルエンザ製造方法は特殊な鶏卵を用いているが、その方法だと迅速に大量のワクチン製造は不可能とされる。

・$1 Billion contract awarded to five firms to develop flu vaccine Earthtimes.org  (国際) 米国、インフルエンザワクチン新規製造方法開発に10億ドルが5社に提供
 米国保健福祉省は4日、5社に合計10億ドルの米国用鳥フルワクチンの開発費を提供し、作成委託契約した。
 GlaxoSmithKline 2億7480万ドル、MedImmune Inc 1億6850万ドル、Novartis 2億2050万ドル、DynPort Vaccine Co 4100万ドル、 Solvay Pharmaceuticals 2億9860万ドル。
 これら5社は、例年のインフルエンザとパンデミック・インフルエンザに対するワクチンの製造を、従来の受精卵を用いた製造方法ではなく、細胞培養を用いた方法を開発する予定である
 保健福祉省のレービット長官によると、従来の受精卵を用いた方法では緊急時に十分量のワクチン製造は不可能で、細胞培養を用いた製造法を確立することで、米国内で十分量のワクチン製造が可能となると語っている。
・Seven Russian villages still hit by birdflu Interfax-Religion, (ロシア) ロシアの7村で鳥フル発生
 家きんでの鳥フル事例。
5月5日

・青海省でまた鳥インフル 神戸新聞
 中国農業省は5日、青海省玉樹県で同日までにガンなど計125羽の野鳥の死骸(しがい)が見つかり、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。
 同省では4月にも渡り鳥の同ウイルス感染が確認されている。
 青海省は死骸の発見現場付近を消毒するとともに、人への感染が起きないよう住民への広報活動などを強化している。
・鳥インフル情報「隠ぺいはない」 中国、米紙に反論 西日本新聞
 中国衛生省の毛群安報道官は、米国の一部メディアが「中国の鳥インフルエンザのデータは疑わしい」と報道したことに真っ向から反論し、「中国政府の発表に虚偽はない」と強調した。新華社などが伝えた。
 中国衛生省によると、中国国内で昨年11月以降、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に18人が感染、うち12人が死亡している。米紙ウォールストリート・ジャーナルのアジア版は「中国の地方政府の関係者が発症例のデータを隠している可能性があり、死亡者は政府発表の12人を超える可能性がある」と伝えた。
 これに対し、毛報道官は「感染情報の発表は速やかに行われており、透明だ」と強調。過去、18人の感染経緯を発表した際に「あまり迅速ではなかった報告があるが、原因の1つは知識不足だ」と指摘し、「隠ぺいの事実は一切ない」と述べた。
 衛生省は、原因不明の肺炎患者が見つかった場合、ネットワークを通じて直接通報するよう指導し、現地の衛生部門にも報告。速やかに専門家チームによる確認、診断などを行っているという。
・米、鳥インフルエンザに備え実施計画・300項目以上 日本経済新聞 
 ブッシュ米政権は3日、アジアから欧州などに拡大した鳥インフルエンザが、人間の世界で「新型インフルエンザ」として大流行する懸念が強まっているのを受け、大流行時や事前に連邦政府などが取るべき300項目以上の措置をまとめた実施計画を公表した。
 計画は流行初期に国際便を受け入れる空港数を制限する可能性に言及する一方、不足が確実なワクチンや抗ウイルス薬をどう配分するかの具体策には踏み込んでおらず、野党民主党から早くも内容に批判が出ている。
 計画は昨年11月に大統領が発表した国家戦略に基づき関係機関の責任分担などを盛り込んでおり、全227ページ。
 新型インフルエンザ流行時には最悪の場合、国内で約200万人が死亡する恐れがあり、複数回予想される流行のピークには労働者の約40%が約2週間にわたり就業不能になると想定している。
 ウイルスの上陸防止を目的とした国境の完全閉鎖は「実施困難」と否定。人での流行発生が見つかった国からの旅客の検査で対応する方針を明らかにした。
・Fifth Egyptian dies of bird flu Reuters AlertNet, (英国) エジプトの女性死亡
 1日に鳥フルを発症して入院したことが報じられていたエジプトの女性が4日死亡。同国で5人目の死者となった。なお感染者数としては13人となっている。
・Flu report warns of warlike disaster TheNewsTribune.com (subscription),  (米国) パンデミック被害は戦争被害と類似
 ホワイトハウスが公表したパンデミック・インフルエンザ対策実施計画の紹介記事。
・UN birdflu coordinator stresses need for countries to plan for pandemic. UN News Centre (国連ニュースセンター) 国連、パンデミック対策の強化を訴える
 国連の鳥インフルエンザ対策トップ調整官が今日、非常に困難で複雑な側面があるが、人におけるパンデミック対策を各国が強化する必要があることを強調した。
 また調整官のナバロ博士はニューヨークで行われた記者会見で、アフリカでは資金不足も含めて困難な対策状況にあることも語った。
 いつパンデミックが起きるのか、どこで起きるのか、誰が犠牲になるのか、等分からないことが多いため、対策の強化が難しくなっている。しかしパンデミックの持つ脅威は大きく、対策を講じていない国々には大きな被害がもたらされるだろう。調整官はそのように語っている。……
5月4日 

National Implementation Plan Released  米国政府パンデミック・インフルエンザ・ホームページ  米国実行計画が発表

・US outlines human birdflu plan Macon Area Online (米国) 米国、人の鳥フル対策行動計画作成

・Workplace Plans For The BirdFlu WCIV, SC (米国) 職場における鳥フル対策を急ぐように:政府

・Chaos Feared in Pandemic Flu Plan Chippewa Herald (米国) パンデミック・インフルエンザ対策、社会的大混乱をいかに静めるかが課題と

・Is Rochester Prepared For The BirdFlu? 13WHAM-TV, (米国) ロッチェスターは鳥フル対策準備されているか?

・Companies Urged To Put BirdFlu Plans In Place Boston Channel.com, (米国) 
5月3日

・Birdflu expert says disease may arrive through smugglers Providence Eyewitness News (米国) 鳥フル専門家、鳥フルは米国に鳥の密輸により侵入の可能性と
 *全米ニュース*
聖ユダ小児研究病院の世界的ウイルス学者であるロバート・ウエブスターは、シンガポールの鳥インフルエンザに関する会議で、H5N1ウイルスは今年米国へ渡り鳥によって侵入してこないだろうと思うが、感染した鳥の密輸により入ってくる可能性は否定できないと語った。


・Egypt finds 13th case of human birdflu Reuters AlertNet, (英国) エジプトで13人目の感染者発生
 2日、エジプト保健省の報道官は27歳女性が鳥フルに感染して治療中であると発表した。
 女性は家庭で飼育している家禽と接触後に発病した模様。現在タミフルによる治療を受けているが、状態は安定している。
・Jakarta says birdflu aid pledges not delivered Stuff.co.nz (ニュージーランド) インドネシア政府、鳥フル対策基金はいまだ支給されずと
 本年度もっとも多数の鳥フル死者を出しているインドネシアは、約束された対策資金が提供されていないと発表した。
 2003年以来少なくとも24人死亡しているインドネシアでは、多くの国民が鳥フル流行の持つ地球規模での危険性を認識していなく、また鳥フル感染を防止する積極的対策もとっていない。インドネシア政府は鳥フルの脅威を理解しているが、草の根レベルでの各種対策が必要で、そのための資金が不足している。
・US to outline another part of birdflu plan Reuters (国際) 米国、”もう一つの”鳥フル対策計画作成

By Maggie Fox, Health and Science Correspondent

 ワシントン、5月2日(ロイターズ)

 
ホワイトハウスの声明によると、連邦政府各省庁の役割を決めた鳥インフルエンザ”実行計画”が3日(米国時間)に発表される。
 広くすでにリークされている計画は、最悪の事態を想定している:すなわち世界的パンデミックが発生したとき、それは間違いなく米国にも波及し、最善の対策を整えるのに数ヶ月はかかるだろう、と予測している。
 一方、社会は全面的にパンデミックに対して対策を講じなければならないが、パンデミックはその自然経過で拡大し続けると考えられる。計画はいかに社会がこのパンデミックに対処に、被害を最小に食い止めるかについての指導的内容で構成されている。
 計画内容の多くは良く特徴づけられている。
 政府はパンデミックのピーク時には労働力の40%が失われると考え、最悪のシナリオでは190万人のアメリカ人が、ウイルスのために死亡すると想定している。
 保健福祉省長官のマイケル・レービットは、対策には最悪のシナリオを想定して準備し、そしてその後出来るだけ軽微な被害で済むことを祈ることが、重要なのだと言っている。
 ブッシュ大統領は昨年11月の初期の戦略計画を発表し、71億ドルの対策費を議会に要求した。議会は半額を了承したが、保健福祉省はどのように経費が使われるか詳細が明らかになったなら、残りの半額も了解されるだろうと自信のほどを示した。
 ”戦略計画の中で、実行計画の作成が求められている。この実行計画は道路地図のようなもので、大統領の描いた戦略の実行方法と、連邦政府の各省庁が果たす役割を明確にしたものだ”、とホワイトハウスの報道官は2日記者団に語った。
 マサチューセッツの上院議員エドワード・ケネディーは、今回の実行計画を先の計画の”再発表”として嘲笑した。
 ”昨秋国内中に響きわたるファンファーレと共に、ブッシュ政権はパンデミック・インフルエンザ対策計画を発表した。しかし今、当初の計画は不適当で不完全であったことを知らされたのだ。”無駄な時間の遅れは、米国民を危険な状況に陥れることにしかならない”。

 
空前の拡大速度

 H5N1鳥インフルエンザウイルスは、アジアからヨーロッパを経て多くのアフリカ諸国へ広がっている。それは世界中で数億羽の鳥の感染死、または殺処分による死亡をもたらしている。
 WHOは、鳥におけるウイルスは世界48ヵ国で検出されていて、また本年2月から32ヵ国に急速に広がっていると発表している。
 この拡大速度は1878年に鳥インフルエンザが世界で初めて認識されてから、いかなる鳥インフルエンザウイルスの中でも、最も速く、最も広範に広がっている。WHOはこのように説明している。
 
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは簡単に人には感染しないが、WHOによるとこれまで世界で205人が発病し、そのうち113人が死亡している。
 些細な変異でウイルスは、容易に人人感染を生じるようになる可能性が高い。もしそのような状態になったなら、間違いなく数週間または数ヶ月以内に世界中にウイルスは広がり、パンデミック・インフルエンザを引き起こし、世界で数千万人の死者を出すと考えられている。それは変異により毒性(致死力:訳者)が今より低下したとしてもの話である。
 現在、専門家達はH5N1鳥インフルエンザウイルスが、世界的パンデミックインフルエンザを引き起こす可能性の最も高いインフルエンザウイルスと考えている。(鳥インフルエンザウイルスは全て変異により人に感染するようになる可能性が高いが、その中でも現在世界的に流行しているH5N1ウイルスがもっとも可能性がある:訳者)。

 専門家達からは、パンデミック・インフルエンザに対して計画を作成することの意義について、多様な意見が出されている。
 しかし、”もし近々パンデミックが起きなかったとしても、計画が十分整備されているならば、我々米国人はより強く、より健康的国民となれるのだ(we will be a stronger and healthier nation)”、と保健福祉省長官のレービットは最近のスピーチの中で語っている。
 より理想的パンデミック対策に関しては多くの意見がある。米国CDCと国家安全局は、国境や航空機搭乗中に発見された疑い患者の隔離について同意している。
 それでもいくつかの研究では、これらの措置は無駄であると示唆している。ピッツバーグ大学医学センター微生物安全研究センター( Center for Biosecurity at the University of Pittsburgh Medical Center)の専門家達は、隔離(地域閉鎖)政策は、生活必需品不足を将来し、そして政府に対する信頼感を低下させる、と主張している。
 学校閉鎖、商業企業関連や公共の場の封鎖が何か意味を持つかに関しても、同じように反対の意見がある。
 訳者注:隔離対策は、本当に初期の段階では効果を持つと言われているが、パンデミックになってからの意義は少ないという意見も多い。閉鎖地域の生活必需品不足、長期間の学校閉鎖、長期間の商店閉鎖など、効果よりも社会的機能低下の方が著しいのではないかという考え方は、英国でも起きている。

・St. Jude birdflu vaccine test successful United Press International  (国際) 聖ユダ小児研究病院で鳥フルワクチン開発に成功
 メンフィスの聖ユダ小児研究病院(St. Jude Children's Research Hospital )で開発された鳥フルワクチンが、マウスやフェレットを使った実験で、致死的鳥フル感染を予防するのに成功した。このワクチンで各種の鳥フルウイルス感染を、人や鳥で予防可能なことが示唆された。詳細は3日に開かれる米国公衆衛生専門家会議で発表される。
5月2日
 
・Business plan for a pandemic? Standard-Speaker (米国) 企業はインフルエンザ・パンデミックに対策を講じている?
 米国企業の三分の二はこの先2年以内にパンデミック・インフルエンザが発生すると予測していて、その三分の二は、企業も含めて社会的に大打撃を被ると考えている。しかし三分の二の企業では何も対策を講じていない。……
・AP: Government Drafts Pandemic Flu Plan nwitimes.com (米国) 米国政府、鳥フル行動計画草案
 5月3日に発表予定の草案をAP通信が入手。その概略を説明。228ページからなる草案。米国で最大210万人が死亡との予測の元に行動計画が作成。時間が出来たら訳します。
・政府、タミフル50万人分を供与・ASEANに日本経済新聞 
 日本政府は2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に対し、新型インフルエンザ対策支援のため、抗ウイルス剤タミフル50万人分とマスク、手袋など防護用品70万人分を引き渡す式典をジャカルタで行った。数カ月間かけてシンガポールで備蓄する予定。
 ASEAN統合を促進するため、日本が75億円を拠出して3月に設立した日・ASEAN統合基金による初の事業。式典には藪中三十二外務審議官、オン・ケンヨンASEAN事務局長らが出席した。立ち会った世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(マニラ)の尾身茂事務局長は「装備はそろった。監視態勢強化や住民啓発が今後の課題だ」と述べた。
 東南アジアでは鳥インフルエンザ感染で一時多くの死者が出たベトナム、タイで封じ込めに成功したが、インドネシアでは対策が遅れて死者がなお相次いでいる。
・Travel restrictions useless against birdflu: study ABC News (国際) 研究報告:旅行制限は鳥フル拡大に対して効果は薄い
 英国の研究者達が航空機乗客のチェックは鳥フル拡大に効果はなく、また迅速な対策もわずか2~3ヶ月の拡大抑止効果しかないという研究結果を報告した。
 研究報告の結論は、ワクチンが作成されるまで社会は鳥フルの変異型であるパンデミック・インフルエンザを抑止できないと悲観的見通しである。
 英国健康予防局感染症センターのベン・クーパーと共同研究者達は、数理的解析モデルを用いて、最初に中等度の流行であった1968~1969年のインフルエンザ(香港風邪)に関してその拡大様式を分析検討し(評価方法の妥当性を確認した後)、続いて現在のH5N1鳥フルをいくつかのシナリオに分けて解析した。
 ”我々はどのシナリオにおいても航空機による旅行制限は、流行発生直後に全ての旅行が中止されない限り、効果を持たないことが分かった”、と著者等はPublic Library of Science Medicine.で述べている。
 99.9%の旅行が中止されても、ほとんどの都市では流行の開始がせいぜい4ヶ月遅れるに過ぎない、と著者等は述べている。
 またSSARSの際と比較して、SARSは症状を呈している人から感染が起きたが、インフルエンザは無症状の潜伏期間にある人間からも感染するので、空港でのチェックはそれほど役に立たないと言う。

 国際的保健専門家達や、ほとんどの国はパンデミックに備えてワクチンを作成することに必死であるが、ワクチンは実際にパンデミックが発生し、正確なウイルスが同定されるまでは作成は無理と思われるし、治療用薬剤は不足している。
・More than Half of US Physicians Believe BirdFlu will Achieve ... Business Wire (米国) 米国の半数以上の医師は鳥フルが4年以内に人の間で感染拡大しだすと予想
 国内656人の医師を対象にしたアンケート調査で、56%の医師達が今後4年以内に鳥フルが米国内で人の間で拡大すると予想していることが明らかになった。

 HCD Researchが4月6~7日に、国内の医師達に対して、鳥フルが米国内で人の間でパンデミックとなる可能性に関する見解を求める調査が行われた。
 
 得られた結果:
 
 --人でのパンデミックに発展する
     6年以内 65%
     5年以内 61%
     4年以内 56%
 --実験的(パイロット)ワクチンを米国内で2000万人に投与することでパンデミックが予防可能:34%
    ワクチンは無効:51%
    分からない:15%
 --今後2年以内に人に対する有効なワクチンが開発され、米国内で人人感染を予防するのに効果が発揮される:24%
    ワクチンの開発と国内での配布は不可能:65%
    分からない:12%
 --自分自身または家族など関係者が感染することを(非常)に心配:39%(7%)
    それほど、または全然心配していない:53%
 
 HCD Researchの共同研究者で調査責任者でもあるGlenn Kessler氏は、”調査結果から言えることは、医師達の大多数は鳥インフルエンザが人の間で感染を広げだすと予想しているが、それはこの1~2年に起きるとは考えていないということである”、と説明している。

 アンケート結果の詳細
    

・Dutch Allow Domestic Poultry Outdoors CBS4Boston (米国) オランダ、屋外での家禽飼育を解禁
AP(ブリュッセル)

 オランダ農業省は1日、鳥フル発生の脅威が無くなったため、家禽の屋外飼育を解禁したと発表した。
 オランダとベルギーを除いて近隣では、ドイツ、英国、デンマーク、そしてフランスが全てH5N1鳥フルに感染した野鳥を発見している。
 オランダ農業省では、オランダ国内で鳥フルが発生しなかったのは幸運でもあったし、また対策が適切であったからだと説明している。
 ”当然我々は多くの対策を施したし、それが多分効果を持ったはずだ。また我々は運が良かったのだという言い方も出来る”、と農業省の報道官は語った。
 オランダでは2月以来1万3000羽以上の死亡した野鳥について検査をしてきたが、H5N1ウイルスは検出されていない。そのように報道官は説明した。
 オランダは昨年8月にブリュッセルで、EU委員会のガイドラインが出る前にオランダ国内での屋外家禽飼育を禁止した。EU委員会は過剰反応だとコメントをだしたが、遅れて類似の対策を指示した。
 2003年以来H5N1鳥フルはアジアからヨーロッパまで広がり、少なくとも113人が死亡している。
 オランダが警戒した理由は、2003年に別な鳥フルであるH7N7株が流行した経験からもきている。3千万羽以上の家禽が死亡し、89人が感染し、1人が死亡している。
 しかしながら、同国が黒海沿岸の渡り鳥ルートにドイツやデンマークのように存在していることから、専門家達はいつかはオランダでも渡り鳥により鳥フルがもたらされると判断していた。
 ”なぜオランダで死んだ白鳥が見つからないのか?我々には分からない”、と国連のFAOの感染症グループの責任者であるジュアン・ルブロウス氏は語っている。
 ”我々が事態を知れば知るほど、鳥フルについて何も知らないことが分かってくる。専門家達は未だ学んでいる過程にあるだけだ”、と彼は語った。
 ”我々はこの春と夏に、中央アジアと中国で何が起きるか観察してゆく。そしてその結果から何が秋に起きるのか予測する”。

 オランダ政府に対策を色々アドバイスしているウイルス学者のオステルハウス博士は、NOSテレビで、解除は長く続かないだろうと語った。
 ”自分は同じような問題が今年も、7月か8月に起こると思っている(渡り鳥によってウイルスがもたらされる状況:訳者)。我々は正確にそれを予測できないが、今後数年間は覚悟しなければならない問題なのだ”。

 スイス政府も1日に屋外飼育を解除した。ドイツは少なくとも5月12日まで屋内飼育を継続すると発表した。最初に商業用七面鳥農場での発生を見たフランスでは、今後状況を見ながら閉鎖を解除してゆく予定と言う。
             











             

 
・A company prepares for pandemic Scripps Howard News Service (米国) パンデミックに備える1企業の例

5月1日


・Smuggled pets, sporting birds worry birdflu watchdogs fearful of ... 680 News (カナダ) 密輸されるペットやスポーツ用の鳥が米国に鳥フルをもたらす危険性
・Smuggled Pets Worry BirdFlu Watchdogs CBS 13 (米国) 米国:密輸されるペットが鳥フルを持ち込む危険性と
・HOLLYWOOD CATCHES BIRDFLU PR Inside (Pressemitteilung),  (オーストラリア) ハリウッドで鳥フル映画製作に
 米国ABCネットワークは資金提供して、鳥フルをテーマの災害恐怖フィルムを製作した。ニュージーランドでロケし、先週評論家に対して試写会を開いた。鳥フルがパンデミックとなり香港から米国へ広がってくるというスリラー映画で、5月9日に放映される予定。
・また渡り鳥感染を確認 鳥インフル、中国青海省 共同通信
 新華社電によると、中国農業省は30日までに、青海省剛察県で、渡り鳥3羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを明らかにした。
 同県では昨年5月にも渡り鳥の鳥インフルエンザウイルス感染が確認され、世界保健機関(WHO)の北京駐在代表は同年6月、5000羽の死んだ渡り鳥が見つかったと発表している。青海省は地元の衛生、畜産部局に対し、人や家畜への感染防止に向けた措置をあらためて講じるよう通知した。
TOP