高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
4月30日
 
・鳥インフルで英のヒナも輸入停止、全体の約8割に 読売新聞 
 農林水産省は29日、英国で鳥インフルエンザが発生したため、同国から生きた鶏のヒナなど家禽(かきん)類の輸入を一時停止すると発表した。
 欧州での鳥インフルエンザの流行で、既に輸入を停止しているフランス、ドイツ、オランダを加えると、日本が昨年輸入した、生きた鶏の約80%を占める。輸入停止が長期化した場合、養鶏農家らに影響が出そうだ。
 日本は主に欧米からヒナを輸入して交配させた上で、その孫にあたるヒナを各地の養鶏農家で飼育し、採卵用、食肉用にしている。昨年の輸入先は、英国がトップで、輸入量の約37%にあたる約37万5000羽。次いでフランス、米国、ドイツ、オランダ、カナダの順となっている。
 ところが、2月24日にフランスからの輸入停止が決定、オランダ、ドイツも停止された。日本国内の養鶏業界では、英米からの輸入を増やしたり、採卵期間を通常の7か月から10か月以上に延ばしたりして対応してきたが、英国からも輸入できなくなることで、茨城、愛知県など全国各地の生産への影響が懸念される。
 農水省は「輸入先を米国やカナダに変更するなどして、欧州分をカバーできる。直ちに農家に影響が出ることはない」としているが、輸入停止が長期化した場合に備え、養鶏農家が農業近代化資金など低利融資制度を優先的に利用できるよう検討を始めている。
・Chickens at two more British farms are found to have birdflu Independent, (英国) 英国、さらに2農場で鳥フル発生
 低病原性と言われるH7N3亜型鳥フルウイルスが、さらに最初に発見されたデレハム周辺の2農場で検出された。そこではすでに35000羽の鶏が殺処分され、感染した関係者が軽い症状を呈している。
・Birdflu spreading quickly Health24.com (南アフリカ) 国連:鳥インフルエンザは急速に拡大している
 約200人がH5N1鳥フルウイルスに感染したことが、これまで知られているが、実際にはさらに多くの人々が感染していると考えられる。国連の鳥フル対策調整官であるナバロ博士が、「いかに人々の鳥フル脅威に関して伝えるか」に関する会議で発表した。
 ナバロ博士は、ウイルスは迅速に拡大しているように思えると語っている。ウイルスは45ヵ国で検出され、100人以上に人間が死亡し、2億羽の鳥が死んでいる。そしてAP通信によると数百万個の農場が経済的打撃を被っている。
 ナバロ博士は2003年から2005年までの間、H5N1ウイルスは15ヵ国で報告された。一方、2006年度に入ってからそれは新規に30ヵ国に広がった。
 ナバロ博士は拡大してきた国々で何ら対策をとってこなかったことも大きな問題だと言う。
 世界の中で新規に発生してきた伝染性の感染症の7割は動物由来である。
 ナバロ博士は、国連のFAOやOIEとともに家畜の飼育衛生管理について指導を行っている。
4月29日

・Japan suspends UK poultry imports Reuters.uk (英国) 日本、英国からの家禽輸入を停止
 英国でH7N3鳥フルが発生したことを受けて、日本の農業省は29日、英国からの家禽とその肉の輸入を停止すると発表した。
・'Don't panic' message over birdflu ic Kent (英国) 鳥フルは心配なし、パニックに陥らないようにメッセージ
 当局はH7亜型鳥フルが発生し、一人が結膜炎を発症したノルフォルクの農場周辺の家庭1800世帯に、心配ないことを伝えるチラシを配布した。
・英で鳥インフルに1人感染 静岡新聞
 英保健衛生当局は28日、死んだニワトリから鳥インフルエンザウイルスが確認された東部ノーフォーク州の養鶏場職員が、低病原性の鳥インフルエンザウイルス(H7N3型)に感染し、結膜炎を発症したことが確認されたと発表した。
 この職員は今月27日に症状を訴えた。入院の必要などはないという。
・China's health official denies cover up of birdflu data EastDay.com, 中国衛生部、鳥フル発生を隠蔽の噂を否定
 中国衛生省は、欧米の一部のメディアが報じている、中国での人鳥フル患者隠蔽の噂を否定した。
・Girl in critical condition with birdflu virus Xinhua (中国、国営通信) 中国:鳥フル発病少女、重体
 先に報道のあった四川省の8歳の少女が重体と発表。
・鳥インフルエンザ対策に4億ドル必要と、ベトナム農業相 CNN Japan
 ベトナムのカオ・ドク・ファット農業・地方開発相は28日、同国で被害が拡大している高病原性鳥インフルエンザの対策費用として、今後5年間に4億ドル(約460億円)が必要だと述べた。必要額の半分は国際援助で対応したいとしている。
 ベトナムの2004年国内総生産(GDP)は、452億ドル。国民1人あたりの国民総所得は同550ドル。
 世界保健機関(WHO)が27日にまとめた鳥インフルエンザの感染者数は、世界9カ国で205人に達し、このうち113人が死亡。感染者数はベトナムが最も多く、93人。死者数も一番多く42人と、インドネシアの24人を大きく上回っている。
・コートジボアールで鳥インフルエンザ発生 同国からの家... EICネット
 コートジボアールで血清亜型H5N1型の鳥インフルエンザが発生したという情報が国際獣疫事務局(OIE)から寄せられたことを受け、農林水産省は2006年4月27日、同国からの家きん(鶏、七面鳥、あひる、うずら、がちょう)・家きん肉などの輸入を一時停止するとともに、この発生についてコートジボアール政府に情報提供を求めることを関係機関に通知した。
 なお、コートジボアールから日本への家きん、家きん肉の輸入は過去5年間実績がない。
4月28日


・鳥インフルエンザで25人目の死者 インドネシア CNN Japan
 ジャカルタ──インドネシアの保健省は28日、首都ジャカルタ近郊のタンゲラン市で、30歳男性が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。これで、同国の鳥インフルエンザによる死者は計25人となった。
 保健省によると、今月下旬に死亡した男性は、鳥インフルエンザに感染した鶏と接触していた。インドネシア内で感染を確認し、現在は香港にある世界保健機関(WHO)の研究機関で、詳細を確認している。
 一方、中国の衛生省は28日までに、四川省遂寧市で8歳女児が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。女児は今月16日に高熱と肺炎の症状が出て、病院で手当てを受けていたという。
 WHOがまとめた鳥インフルエンザの感染者数は27日現在、世界9カ国で205人に達し、うち113人が死亡した。
 被害が最も大きいのはベトナムで、死者は42人と、インドネシアの約2倍となっている。
・四川省で人への鳥インフルエンザ感染 朝日新聞

・Masks help little against pandemic Monterey County Herald (米国) パンデミックに対してマスクは効果をもたない

By LAURAN NEERGAARD
Associated Press

If a worldwide flu epidemic strikes, face masks should be considered a defense of last resort since there's little evidence about whether the masks available to the average person or most health care workers can prevent influenza infection, the Institute of Medicine said Thursday.

Yet if a flu pandemic begins, the millions who undoubtedly will use masks in hopes of protection will need a large supply, because they shouldn't be used more than once, concluded the IOM, an arm of the National Academies, the nation's most prestigious science organization.

Health workers use masks -- simple surgical masks or better-filtering ones called N95 respirators -- mostly to keep from breathing their own germs into open wounds or onto otherwise vulnerable patients. But certain filtering masks also can protect wearers from specific respiratory diseases, such as tuberculosis.

The masks are supposed to be used once and discarded. Anticipating a staggering demand if the bird flu or some other super-strain of influenza sparks the next pandemic, federal health officials asked the IOM to determine whether there are masks that could be reused safely, to conserve supplies.

The first question is whether different masks really block influenza, noted the IOM panel -- a question the government didn't ask, but that the scientific advisers said should be studied, urgently.

''Just to double-emphasize: We don't have good data to make a decision about how effective they are or are not,'' said panel co-chair Dr. Donald Burke of Johns Hopkins University.

That information is crucial because some pandemic specialists fear that using a face mask will give people a false sense of security, perhaps encouraging them to go into crowds or near infected patients when instead they should have stayed away. Thus, the report concludes, ''respiratory protection is the last resort to control infectious spread.''

''We don't want to say, 'Don't use it,' but don't expect to be fully protected if you do use it. That's a tough public health message to get out,'' Burke added.

Officials with the Health and Human Services Department, which is stockpiling pandemic flu supplies, had no immediate comment.

Flu can spread three ways:

• By hand. Someone sneezes into his hand and then grabs a doorknob that you touch, or shakes your hand.

• By large droplets of virus, if someone is in the direct path of a sneeze or cough. Those heavy droplets fall quickly to the ground.

• By tiny particles, which can stay suspended in the air for far longer periods.

No one knows which of those methods is most important.

But surgical masks aren't designed to block tiny airborne particles, just larger ones.

While the N95 respirators haven't been tested to see how effectively they block flu virus specifically, they are designed to block small particles. But they must be individually fitted to users' faces so that air doesn't seep into the sides, a problem for men with facial hair. Also, they come only in certain sizes, none for children, and they're uncomfortable to breathe in for long periods.

Regardless, if someone with flu sneezes on any mask wearer, the outside is contaminated, so users must remove them carefully to avoid infecting themselves through direct contact, the IOM panel stressed.

More expensive reusable masks do exist, but there is no good way to decontaminate and reuse surgical masks and standard disposable N95s, the panel concluded.

The panel noted one exception: Someone could reuse his or her own N95 if the outside were protected from surface exposure, such as by placing a disposable surgical mask over it, stored it carefully to avoid creases or damage, and the user thoroughly washed hands before and after removal and rechecked the fit with each wearing.

What about using a handkerchief or some other improvised mask? They're not likely to be as protective as even a surgical mask might be, but the panel hesitated to discourage them for people with no other options on the assumption that some protection might be better than none. Generally, the tighter the fabric weave, the better.

By LAURAN NEERGAARD
Associated Press
ワイントン:世界的にインフルエンザのパンデミックが発生したとき、マスク着用は最後の頼みの綱としての予防手段になるが、その予防根拠は明確ではない。医学研究所(Institute of Medicine )が27日報告した。

 時間があれば以後訳します。(訳者)



























































・China confirms new human case of birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム) 中国、新規鳥フル感染者を確認
 中国政府は四川省で8歳少女がH5N1鳥フルに感染したことを確認した。同国の感染者数数は計18人なった。
 少女は発熱と肺炎を4月16日に呈し、現在治療中と新華社は報じている。
・Indonesia confirms another case of birdflu fatality Viet Nam News Agency (ベトナム) インドネシアで鳥フル死亡事例
 インドネシアで30歳男性が、近隣の感染した鶏に接触した後、H5N1鳥フルを発病し死亡したと当局から発表された。検査はインドネシアの研究所で確かめられたが、香港のWHO研究機関に検体が送られた。WHOで確認されたら同国で25人目の死者となる。
・Macedonian man suspected of contracting birdflu dies  People's Daily Online (中国) マケドニアの男性、鳥フル感染疑い
  マケドニアの男性が鳥フルの疑いで27日、多臓器不全で死亡した。しかし初期の検査では鳥フルは陰性だった。病院当局が発表した。
・WHO figures for bird flu cases in humans Reuters AlertNet (英国) WHO公式情報、人の感染者数増加
 中国は27日、8歳少女のH5N1鳥フル感染を確認して報告した。症状は四川省に住んでいた。これで中国における鳥フル感染者数は18人となり、そのうち12人が死亡している。
・Workers monitored in birdflu scare ic Hounslow.co.uk, (英国) 鳥フル警戒態勢の中で従業者が健康チェック
 家禽農場の従業員は最近英国で発生している鳥フルの追跡調査として、従業員の健康チェックを行っている。
 ノルフォルクのホッキングの農場で鶏が鳥フルウイルスに感染して死亡したが、医療関係者の話では人での感染者はいない模様。
 ヴィトフォード・ロッジ農場で35000羽の鶏が殺処分され、ウイルスが拡大しないように焼却された。
 獣医関係者によるとウイルスはH7亜型と考えられ、致死的H5N1株の可能性はないようだ。
 しかしながら当局ではH7亜型株も人に感染することもあり、3年前の事例では獣医が死亡していると言う。当局では全ての感染対策は行われていると説明している。
・CDC: Winter flu season one of the mildest in recent years KBZK-TV, MT  (米国) CDC:冬期インフルエンザは中等度流行だった
 CDCの今シーズンにおけるインフルエンザ統計が閉鎖される。流行状況は中等度で、小児の死亡者も少なかった。ワクチンが効果を発揮したと評価。
4月27日

・China's birdflu toll may be higher DailyIndia.com (米国) 中国の鳥フル死者はもっと多い可能性
 中国の鳥フル死者は、報告されている12人よりも多い可能性が指摘された。ウヲール街ジャーナルが26日報告した。
 状況に詳しい関係者によると、地方当局者が鳥フル疑い例を隠している可能性があると言う。
 また衛生省の報道官は新聞社に、病院によっては原因不明の重症肺炎を、鳥フルを疑わずに、何ら報告しない、と語っている。
 衛生省のホームページでは、原因不明の肺炎の報告の遅れや、報告しないことは鳥フルの拡大につながると、警告している。
・Birdflu found on chicken farm This is London  (英国) 英国の養鶏場で鳥フルが発生
 英国環境食料農業省は、養鶏場で鳥フルが発生したことを発表した。
 初期の検査ではH7亜型ウイルスが検出され、H5N1ウイルスではないと言われている。
 ノルフォルクのデレハム近くの農場で死亡していた鶏からウイルスが検出されたが、ウイルス検査の詳細が行われている。
 予防的措置として3万5000羽の鶏が殺処分された。
・Britain to cull 35,000 chickens after birdflu found on farm TODAYonline (シンガポール) 英国、養鶏場で鳥フル発生、35000羽を殺処分に
 東部の養鶏場で死亡した鶏から、初期の検査でH7亜型株が検出されたが、H5N1株ではないと発表された。H7亜型株も時として人に感染、死亡させる危険ウイルスの1種とされている。詳細は今後の検査にゆだねられる。
・US Efforts Won't Slow Pandemic Flu abc11tv.com (国際) 米国の努力は鳥フル拡大に無効

 パンデミック・インフルエンザが来年または将来起きたとき、米国はその保有する医療武器が少なすぎるため、インフルエンザ拡大阻止は難しいことが、コンピューター・シミュレーションモデルで示唆された。

 パンデミック・インフルエンザは何ら対策を講じなければ米国人3人に1人が発症すると、コンピューター・シミュレーションによる研究結果が、27日発行の世界的医科学雑誌「Nature」の論文で発表された。もし政府が十分速やかに反応し対策を講じ、そして抗ウイルス剤を予防のために用いたとしても、発病者は28%にしか下がらない、と結論された。
 ”非常に悲観的結論だ”、と研究代表者のロンドンの王室大学感染症疫学部のネイル・ファーグソン博士は語っている。”パンデミック・インフルエンザを阻止するための単純な魔法の弾はない”。

 今年まで、H5N1鳥フルはWHOによると世界で204人に感染し、113(原文は103人)人を死亡させている。ほとんどの人の事例はアジアであるが、鳥での感染例はヨーロッパでも見られている。
 ファーグソン博士のコンピューター・シミュレーションによる研究は、今月発表された2番目の研究で、先にロス・アラモス・国立研究所のティモニー・ジャーマンにより発表された研究結果では、パンデミック・インフルエンザの感染性はそれほど高くなく、対策はその拡大を抑え込むのに有効とされた。
 ファーグソン博士の研究でも、拡大阻止のための学校閉鎖やタミフルの使用は、インフルエンザによる被害者数を減少させる可能性がある。しかし、航空機による感染者の入国が主な原因と考えられる米国への侵入を防ぐ労力は、せいぜい2~3週間の侵入の遅れの効果しかもたないと言う。
 もし米国が英国と同じよう小さく、さらに人口の四分の一に対するタミフルを、人々が発病する前に用意しているなら、コンピューターモデルでは、発病者数は1億200万人から、8400万人に減少すると言う。
 米国保健福祉省の報道官であるビル・ホール氏は、同省は2800万人分(人口の9.3%)に対応できるタミフルしか備蓄していないと言う。しかし、実際に現在手にしているのは500万人分のタミフルで、残りの2300人分は発注中で今年末までに手に出来る予定と説明する。計画では2008年までに8100万人分(27.1%)用意する予定と言う。
 1人分の治療にはタミフル10錠要する。”人口の25%対応の量を用意するのは極めて難しいし、どこを探しても手に入れることは出来ない”、と研究グループの1人である、米国ジョーンズ・ホプキンス大学の国際保健疫学部のドナルド・ブルケ教授が語っている。
 もし米国が人口の半数に対応できる十分量のタミフルを用意すれば、患者の周辺の家族達へ徹底的な予防投与が可能となり、感染率は75%まで減少可能となる。そのようにファーグソン博士は説明する。すなわち1億200万人の感染者数が3300万人まで減少することになる。
 しかし、先にコンピューター・シミュレーションの研究で楽観的見通しを得たジャーマン博士ですら、どのコンピューター・シミュレーションの結果が正しいのかは誰も分からないと言い、”相手が、出来れば我々が今阻止出来る非常に弱いパンデミック・ウイルスであってほしいと願うが、まず我々は完全に対策を講じることは出来ないだろう”、と語っている。

・NEW WAVE OF BIRDFLU EXPECTED IN AZERBAIJAN TMCnet  (国際) 今春、アゼルバイジャンに再度鳥フルが流行と
 今春、渡り鳥がエジプトやアフリカなどからアゼルバイジャンに戻って来ることで、鳥フルの再流行が起こる可能性があると、アゼルバイジャンの経済資源省大臣が語った。
 ”我々は今週にもエジプトや他のアフリカ諸国から渡り鳥が戻ってくると予想している。我々の情報によると、これらの国々では鳥フルが発生しており、アゼルバイジャンに再度ウイルスが運ばれてくる可能性がある”、と同大臣は語っている。
 最近のモニターでは鳥フルで死亡している野鳥の数は減少してきていると言う。
 ”我々は毎日モニターしているが、日によっては全く死亡野鳥を見つけることが無いこともある”、と大臣は説明する。
 15000羽以上の死亡した鳥がこれまでアゼルバイジャンで見つかっている。
・Deadly BirdFlu Found in Czech Swans Focus News, (ブルガリア) 致死的鳥フル、チェコの白鳥で発生
 チェコ共和国政府は12羽の死亡した白鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスを検出した。BBC放送が発表した。
 白鳥は先月チェコ南部で見つかった。
 近隣でH5N1鳥フルが見つかって以来、対策がとられていた。
4月26日

・Birdflu outbreak on Indonesa's Bali ABC Asia Pacific (オーストラリア) インドネシアのバリ島で家禽での鳥フル発生
 インドネシア当局は、バリ島で鳥フルが発生し、400羽以上の家禽が殺処分されたと発表した。
 多くはジャワ島から運び込まれたアヒルと言う。
 警察はアヒルを売りさばいていた男を逮捕した。
・Airlines say they can't afford plan to track disease CNN (米国) 米国:航空会社、感染症の追跡協力の余裕はないと
 ワシントン(AP通信)

 鳥フル発生に備えて連邦保健当局では、各航空会社に国内及び海外からの乗客に関する個人情報を集積することを求めている。
 航空会社側では、そのようなデータベースを構築するには新たな資金が必要となることから、対応を躊躇っている。


 ”我々が求めていることは、現代の航空機による旅行で想定される様々なリスクを防止すると言う観点から、乗客の情報を集積することを求めている”、と米国CDCの感染症国際対策部長(the Center for Disease Control and Prevention's director of global migration and quarantine)のマーティー・セトロン医師がAPに語っている。
 CDCは鳥インフルエンザや、その他の危険な感染症、例えばペストやデング熱、またはSARSなどに接触した乗客を迅速に見つけだし、治療を勧めるために、容易に乗客情報にアクセス出来るシステムを望んでいる。
 保健当局では、特にパンデミック・インフルエンザに関心を持っている。鳥インフルエンザはいまだ人から人へ感染を起こしてはいないが、そのような株に変異することを恐れている。
 CDCの計画では、乗客のフルネームと住所、緊急時の連絡先、詳細な搭乗情報(detailed flight information.)を各航空会社が乗客に記載を求め、その情報を60日間保存しておくことが求められる。各航空会社はCDCの要求があったとき、12時間以内に情報を提供する必要がある。
 主要な航空会社を代表する航空輸送協会では、CDCの要求を”不当で耐えられない押しつけで、受けることは難しい”、と語っている。
 航空会社は2003年春に中国の田舎で発生し、速やかに世界に拡大したSARSに関して、それに接触した可能性ある乗客の検出に政府に協力した。
 SARSに接触した人々を特定する作業は米国内では非常に大変だった。CDCは税関での申告書や航空会社から速達で送られてきた搭乗者名簿から、手作業で該当搭乗者名を捜さなければならなかった。
 ”探索に費やした半分以上の時間で、個人を特定出来なかった”、とセトロン医師は言う。
  CDCの新計画は8年がかりで作成されているが、それはまず古い時代、すなわち人々が船で国際旅行していた頃の規則の更新である、とセトロン医師は説明する。それは感染する致死的疾病を持つ乗客の隔離に関するシステムの構築や、その明確な措置過程と法的裏付けを含んでいる。
 CDCは航空会社側に他の方法があるのなら、それを共有したいと言っている。
 政府のもう一つの組織、すなわち輸送安全局(Transportation Security Administration:TSA)は、数年前から各航空会社に、政府が迅速に搭乗者をチェック出来るように、米国内での航空機搭乗者に関する電子伝達情報システムの構築を要求してきている。
 問題はプライバシーとコストである。航空会社によると数十億ドルの経費がかかるとされる。それが同意できない大きな原因のようだ。
 米国へ入ってくる国際便では、すでに乗客情報が国家安全局(Homeland Security Department)に伝えられるシステムが出来ており、それによりテロリストを監視している。
 国家安全局では情報をCDCと共有し、重大な感染症を保有する搭乗者のチェックに役立てることに同意している。
 しかしながら、市民自由運動家達は、EUとの協定に反すると主張している。すなわちEUは米国国家安全局との乗客情報の共有を承認していない。
・UNICEF's BirdFlu Public Information Campaign NewsBlaze (米国) アフガニスタン:ユニセフ、鳥フル啓発キャンペーンを開始
 アフガニスタンの4省で鳥フル発生が確認されたことから、ユニセフは人への感染防止のための情報と知識の啓発キャンペーンを開始すると発表。
 国連ニュース

・Pakistani capital shaken, stirred over bird flu Reuters AlertNet (英国) パキスタンの首都、懸命な鳥フル対策

イスラマバード、4月25日(ロイター)

 ”鳥インフルエンザ立ち入り制限地域”とイスラマバードと隣の地域の境界線に看板が立てられている。
 小売店主のモハマド・アフズルさんはその境界線を超えようとはしていない。”僕はウイルスが怖い。僕はここから15キロ離れた場所の小さな農場に、4000羽の鶏を飼っている。もし僕がウイルスを身につけたら、そのウイルスは僕の飼育している鶏に感染してしまうかも知れない”、と彼は語る。
 25日、パキスタン当局は首都近くの農場での致死的H5N1鳥フル発生場所が、11ヵ所に増えたことを発表した。そしてまだいくつかの場所での検査が残っていると付け加えた。
 発生地域は全てタルライとシハラ地域で、多くの小さい農家が家禽の卵や肉を生産して首都とラワルピンディに供給している。
 ”状況は心配だ。流行は今始まったばかりで、拡大している”、と当局の国際的アオバイザーが(匿名を条件に)語った。
 農業省ではイスラまバードとラワルピンディ周辺の全ての農家は鳥フル検査を受けつつあり、また家禽のワクチン接種も行われ、さらに両都市からの家禽の移動は禁止されている。
 ”もし鳥フル発生の気配があったなら、我々は即殺処分を行う”、と農業省大臣は語っている。”これまで5万羽近い家禽を処分している”。

4月25日

・20 Questions about birdflu Anchorage Daily News (米国) 鳥インフルエンザ、20の質問と答え
・連休渡航は感染症に注意を 生水や虫、動物が原因に 北海道新聞
 海外旅行客が増える大型連休を前に厚生労働省は25日、H5N1型の高病原性鳥インフルエンザやデング熱、狂犬病など、海外でかかる恐れがある感染症への注意を呼び掛けた。
 感染源となりやすい生水や生もの、虫刺され、動物との接触には注意が必要で、帰国後に具合が悪ければ検疫所に相談したり医療機関に行ったりするよう求めた。
 H5N1型の人への感染は、アジアから中東、アフリカの一部に拡大。感染した鳥と濃厚接触すると感染するため、生きた鳥を売る市場や養鶏場に不必要に近寄らないことや手洗い、うがいを勧めた。
・Experts say warm weather won't put lid on H5N1 virus Reuters.uk (英国) 専門家、温暖な季節になってもH5N1ウイルスの活動は衰えずと
 専門家によると、温暖な季節になっても、致死的H5N1ウイルスは既にアジアの数カ所で定着してしまっているので、活動は低下しないと思われる。
 研究者達によると、鳥フルウイルスは気温が20度以下になっている10月から3月までの冬期間、活動が活発になることを見いだしていたが、現在、ウイルスは夏が来ても油断が出来ないと警告している。
 ”私は夏が来てもウイルスが消えるとは思わない。それは多分家禽の間で感染を広げてゆくと思う”、と香港の微生物学者マリック・ペイリスが言っているが、彼はH5N1ウイルスが香港で1997年に初めて人に感染し、死者を出して以来、ウイルスの研究を続けている。
 ”このウイルスは多様な気候の中でも存在し続ける。例えばインドネシアでは、非常に暑い気候であるが、家禽の間で大規模に感染を繰り広げている”、と同氏は説明する。
・「鳥インフル警戒を」 感染状況など報告 福島 河北新報
 公衆衛生などの専門家が研究発表する東北国際保健研究会が23日、福島市のコラッセふくしまで開かれ、鳥インフルエンザの現状について、東北大大学院医学系研究科の押谷仁教授(感染症対策)が「世界的流行の危険性は増大している」と警鐘を鳴らした。
 押谷教授は、鳥インフルエンザの流行がアジアからアフリカまで拡大し、人への感染も昨年以上のペースで進んでいると報告。「鳥や人の体内でウイルスが突然変異を繰り返し、人から人に感染しやすい新型インフルエンザが出てくる可能性は高まっている」と述べた。
 その上で「抗ウイルス剤の投与や人の行動制限など、大流行が発生したときの封じ込め策はあるが、国が作成した行動計画は具体策に乏しい。いまのままでは抗ウイルス剤の投与量や範囲、行動制限の法的根拠などで混乱する」と指摘。きめ細かい対策をまとめたカナダの例を挙げ、周到な準備の必要性を訴えた。
・Media campaign to ease panic over birdflu ready to air Capital News 9 (米国) 鳥フルパニックに対するメディアの態勢準備完了
 ニューヨーク州保健当局は、ニューヨークで鳥フルの最初の事例が発表されたときに生じるパニックを沈静化するための、メディアによるキャンペーンの準備が完了していると、発表。
 当局によると(パニック対策)広告は、H5N1鳥フルウイルスの出現は、即、人における流行の開始を意味するものではないと強調される。
 キャンペーンは、印刷物、ラジオとテレビによるスポット放送で、鳥フルの出現の有無に関わらず今夏の終わり、または秋の初めに流される予定であるが、その前に鳥フルが発生した場合には、その時に流される。
・Afghanistan: Deadly H5N1 strain of birdflu hits fourth province ReliefWeb (press release),  (スイス) アフガニスタン、H5N1鳥フルさらに第四の州に拡大
 国連のFAOが、アフガニスタンで4番目の州(東部のカピサ州)にH5N1鳥フルが拡大したことを発表し、さらに国内に拡大する可能性を警告した。
・Inspectors say they're not prepared for birdflu Albuquerque Tribune, (米国) 査察者、鳥フル対策が不十分と
 国家安全局スタッフによる、米国国際空港における海外から持ち込まれる鳥(または産物)に対する取り扱いが、十分トレーニングされていないいため、曖昧になっていると指摘。先週、ベトナムから持ち込まれた鳥に対する不手際な事例を説明。
4月24日

・Africans told to step up birdflu cooperation Reuters South Africa (南アフリカ) アフリカ、鳥フル対策の協力態勢を強化の必要と
 アフリカの科学者達は、24日開かれた地域の会議で鳥フル対策の協力態勢を強化する必要があることを認識しあった。
 ”我々は協力し合わなければ、鳥フル対策は成功しない”、とマラウイ共和国農業大臣は、アフリカ19ヵ国代表参加の国連主催、家畜、農業、および保健当局者による会議の開幕スピーチで語った。
 ”我々はどうやって封じ込めるか、さらにどうやって予防するか、その知識を共有しなければならない”、同大臣は語った。
・厚労省がH5N1型症例案 38度の高熱や鳥との接触 朝日新聞 
 
・Birdflu cases multiply around Pakistani capital Reuters India (インド) パキスタン:首都近郊での家禽鳥フル発生事例増加
 パキスタン首都イスラマバード近郊の9農場でH5N1鳥フルが発生し、4万羽以上の鶏が殺処分された、と当局が発表。
・Akola Vet died of jaundice, not birdflu: Maharashtra government NewKerala.com (インド) インド、獣医師の死は黄疸で鳥フルは無関係と
 一昨日報道されたインドの獣医師の死因は黄疸であり、鳥フルとは無関係とマハラシュトラ当局が発表した。
・Birdflu virus confirmed at two more farms near Islamabad Online - International News Network (パキスタン) イスラマバード周辺2農場で鳥フルウイルスが確認
 23日、致死的H5N1鳥フルウイルスが、イスラマバード近くのタルライとシハラ、2ヵ所の農場で検出された。当局はウイルスが確認された後、1万羽の鶏を殺処分した。
・Arizona to test pandemic flu planning Mohave Valley News (米国) アリゾナ、パンデミック・インフルエンザ行動計画の机上訓練予定
 この7月にアリゾナで、パンデミック・インフルエンザの机上訓練を行う予定と。
・Experts Say Pigeons Unlikely To Carry BirdFlu WMTW (米国) 専門家、鳩は鳥フルを運ばないだろうと

・BirdFlu Might Come But Not To Pigeons CBS News (国際) 鳥フルは鳩では拡大しない
 鳩は致死的H5N1ウイルスに免疫は持っていないが、いくつかの研究結果によると大量のウイルスに暴露された場合感染することがあるが、感染した鳥と接触した程度では感染しないことが明らかとなっている。またウイルスのキャリアとなっても短期間である。米国の国立野生生物保健センター(National Wildlife Health Center)の専門家が語った。
・US wants to work together with Bangladesh to check birdflu The Daily Star, (バングrディシュ) バングラディシュ:米国、鳥フル対策の協力に
 バングラディシュを訪問中の米国保健福祉省副長官のスチュワート・シモンソンは、バングラディシュの鳥フル対策を評価するとともに、その協力を申し出た。
4月23日


・No outbreak of birdflu in Ethiopia EiTB, (スペイン) エチオピアでは鳥フル発生は認めず
 鳥フル対策が強化されているエチオピアでは、家禽におけるH5N1ウイルスの感染は認めなく、人における感染者も発生していない旨の政府からの報告があった。
 マスメディアを通じての国民に対する啓発活動は、鳥フルだけが対象ではなく、他の感染症についても行われている、と当局では語っている。
・Pakistan suspects first human case of birdflu DailyIndia.com (インド) パキスタン、初の鳥フル疑い患者発生
 By Indo Asian News Service
 
 イスラムバード、4月22日:パキスタンで男性が初の鳥フル疑い患者として、イスラムバード近くの病院へ22日収容された。
 ムハマド・ナビードさん(27歳)は、イスラムバードから10キロ離れたラワルピンディの総合病院の隔離病棟へ、鳥フル疑いで入院した。
 ”患者は鳥フルの全ての症状を呈している。血液検査の結果が出たなら確定されるだろう”、と病院当局では説明している。
 血液検査は国立健康研究所で行われていて、23日には結果が出る予定となっている。
 ナビードさんはドーケ・カーバ(Dhoke Khabba)の家禽業者である。
 先週パキスタンは、イスラムバード近くの鶏農場でH5N1鳥フルの発生を確認した。同国の初の鳥フル発生は先月末に、アフガニスタンと国境を隔てている北西フロンティア州の2農場で見つかっている。
・Birdflu pushes up food prices in hungry Niger Reuters AlertNet (英国) ニジェール:鳥フル発生が食料品価格を急上昇:インフレも進む
 
数百万人が広範囲な食糧不足に陥っている、世界で最も貧しい国の一つであるニジェールは、鳥フル発生により食料品の価格が上昇していることが、22日政府の発表した統計で示された。
 
肉の価格は3月に7.7%上昇し、家禽の価格は、2月末に家禽でH5N1鳥フルウイルスが見つかり、家禽の移動が制限されて以来、3割以上上昇している。物価の上昇は年間インフレ率を7%に引き上げた。西アフリカ経済金融連合(UEMOA)が定めている上限の3パーセントを超えている。国の発表した月刊統計白書で示された。
4月22日

・Vet Dies Of Suspected BirdFlu, Samples Sent To NIV MedIndia, (インド) インド:獣医師鳥フルで死亡の疑い
 50歳の獣医師が鳥フルで死亡した疑いがあることから、専門家達の間に警戒心が高まっている。死亡した獣医の組織は公衆衛生当局から Puneの国立ウイルス研究所へ、検査のために送られている。
 同獣医師はジャルガオンに家禽の大量殺処分の監視のために、3月29日にマハラシュトゥラでの鳥フル発生後に配置された。
 4月11頃から目眩と高熱が出現し、病院へ収容された。ICUへ収容され治療を受けたが改善せず死亡した。
 獣医師の死亡は他の獣医師の間にパニックを起こしている。
・Public doubts US government able to deal with birdflu Philadelphia Inquirer (米国) 米国世論調査:国民の多くは政府の鳥フル対策を信頼せず十分の一しか家庭で対策を講じていない

 
AP-Ipsos による世論調査では、政府が鳥フル対策を家庭で行うように勧告しているにも関わらず、何らかの方法で対策を講じているのは十分の一に過ぎない。
 他は下方に掲載のカナダの報道と内容は同じ。
・鳥インフルエンザ感染者200人超える・H5N1型、WHO発表 日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)は21日、毒性の強い鳥インフルエンザウイルスH5N1型の感染者数が2003年以降で200人を超えたと発表した。エジプトが8人の感染例を報告したため、前日までの196人から一気に204人に増えた。エジプトと中国は死亡例も1人ずつ通報、世界全体の死者数は113人に及んだ。
 エジプトでは北部ムヌフィーヤ県で18歳の女性が新たに死亡。エジプト保健省が実施した検査結果を英国にあるWHOの協力検査機関が再確認した。エジプトの感染者は12人、うち死者は4人に上った。中国の死亡者は湖北省の21歳男性。中国が報告した感染者は17人、死者は12人となった。
・Penguins Get Norway's First BirdFlu Shots Chicago Tribune (米国) ノルウエーのペンギン、鳥フルワクチン接種

オスロ、ノルウエー:

 8羽のペンギンがノルウエーで初めての鳥フル接種を21日、受けた。8ヶ月渡る水族館と保健当局の長い論争の結果、水族館側の主張が勝った。

 ”ノルディック地域のもっとも安全な鳥”、と Bergen's Tidende紙が表現した。同紙によるとこれらのペンギン達は、北部ヨーロッパで初めてのワクチン接種鳥となった。
 ノルウエー西部で最も主要な都市であるBergen市の水族館は昨年10月以来、政府のワクチン接種に対する許可を求めてきた。
 
この種の権限を保有する、ノルウエー食料安全部局(Norwegian Food Protection Authority)は、致死的H5N1鳥フル発生が無いことと、ワクチンの使いすぎを避けることから、許可を与えてこなかった。
 21日、当局は考え方を和らげ、ワクチン接種の許可を出した。
 水族館館長の話によると、当局は、水族館や動物園の鳥に、農場の家禽に対する決まりを適用する方針を変えたという。
 ワクチンは鳥がH5N1ウイルスに感染しないことを保証するものではなく、インフルエンザを発症することを、予防するだけと説明される。

・Poll Shows Fear of BirdFlu Widespread The Westfall Weekly News (カナダ) 世論調査:米国民、鳥フルの拡大に不安感

ワシントン: ハリケーン・カトゥリーナの経験が反映されて、鳥フルが米国に上陸した際の政府による対策への期待感は、米国民の間で分かれていることが世論調査で分かった。鳥フルが広がった場合、国民は感染者の隔離を含め、断固とした対策を望んでいる。
 ウイルスが米国内で見つかった場合、その拡大に対する恐れを多くの人は抱いている:半数の人は、もし感染したなら自分が死亡すると予測している。最も不安を抱いている人は、女性、高齢者、マイノリティー、貧困階層者、および低学歴階層者であった。
 WHOが21日発表したデータでは、2003年以来海外で204人が感染し、113人が死亡している。また世界で2億羽以上の鳥が感染して死亡、あるいは殺処分されている。
 (鳥フルウイルスが国内に運び込まれる可能性から)米国政府は渡り鳥のウイルス検査態勢を強化し、家禽企業も家禽でのウイルス検査を強化している。
 調査結果によると、鳥フルが人の間で拡大したときの政府の対策に、52パーセントの人々が不信感、48%が信頼感を抱いている。また10人のうち6人が、米国内の鳥も感染するだろうと考えている。
 今回の調査結果は、他の調査結果と一致していて、政府の危機管理に対する不信感が表れている。2月に行われたAP-Ipsosによる世論調査でも、政府の災害対策の将来についても52%が不信感を抱いている結果となっていた(47%が信頼)。
 政府の対策に含まれるのは:鳥フル感染疑いのある人の隔離、(人での)鳥フル発生国からの入国禁止、学校閉鎖、実験的ワクチンと治療薬の提供、職場へ出ないで家庭に留まって仕事を行う指導等。
 ほとんどの人々は、通常のインフルエンザワクチンが鳥フルに無効なのは知っている。
 チェサピーク湾の水鳥が多く見られる地域近くの、ヴァージニア・ビーチに住む共和党コンサルタントのリサ・クリソンさん(40歳)は、食料供給に関して不安感を抱き、また飼育している3匹の猫が感染することも恐れている。海外では猫が感染した数事例が報告されているが、その危険性に関しては不明である。
 フロリダ州サンフォードのキム・メドゥロングさん(53歳)は、鳥フルを深刻に受け止めている。理由は、ブッシュ大統領が米国で数百万人死亡した、1918年のスペイン・インフルエンザに関する本を読んでいたことを聞いたからである。”スペイン・インフルエンザの例は、鳥フル問題がいかに恐ろしいかを物語る”、と彼は語る。
 メドゥロングさんは、彼の裏庭に18種類もの果物や野菜を植え、そして医薬品や飲料水を鳥フル、または通常起きるフロリダのハリケーンに備えている。”鳥フルが発生しないとしても、ハリケーンに備えなければならない”、と彼は言う。
 世論調査は19日から20日にかけて行われ、サンプリング・エラーは±3%である。
 

4月21日

・Deadly birdflu found at 5 Pakistani poultry farms, 25,000 ... Canada.com (カナダ) 致死的鳥フル5ヵ所の家禽農場で発生
 致死的H5N1鳥フルがパキスタンの首都近くの5ヵ所の農場で発生した。約25000羽の鶏が殺処分された。農業省が21日発表した。
・China confirms 12th human bird flu death Reuters AlertNet (英国) 中国、12番目の鳥フル死者を確認
 中国政府は20日、昨年11月以来12番目の鳥フル死者が出たことをWHOに報告した。WHOの報道官は死亡原因を確認していないが、もし鳥フルだったとしても、その感染原因は分かっていないと語った。
 死亡者21歳男性で湖北省で働いていた出稼ぎ労働者。19日に事例は他報道機関から発表されていた。
・Red Cross seeks funds for bird flu fight Reuters AlertNet (英国) 赤十字鳥フル対策資金を求める
 ジュネーブ、4月20日 (ロイター): 世界で最大の災害救助機関は、20日、1370万ドルの資金が、世界の赤十字社ボランティア数万人の鳥フルパンデミック対策教育に必要と訴えた。
 以下下記のXinhuaの報道と内容は同じ。
・Red Cross launches avian influenza appeal Xinhua (中国) 赤十字、鳥フル対策資金提供を求める

            
 国際赤十字赤新月社(赤新月社:赤十字社に相当するイスラム教諸国の国際組織)(IFRC)は、20日、世界的に拡大している鳥インフルエンザ対策に1340万ドル必要であると訴えた。
 この2,3ヶ月間、鳥インフルエンザはその発生地域を40ヵ国以上に劇的に拡大させ、家禽や野鳥の間で致死的H5N1ウイルスの感染が広がっている。
  IFRCはすでに鳥インフルエンザ対策に乗りだしているが、基本的に鳥インフルエンザと人でのパンデミック・インフルエンザは異なるものであるが、その関係は極めて密なものであるとの考えに基づいている。IFRCの公衆衛生危機管理責任者のアデルハイド・マルシャングさんは、そのように語っている。
 鳥インフルエンザと、その可能性ある変異型の人パンデミック・インフルエンザの限りない危険性に基づいて、 IFRCは世界183の加盟国に対して、被害拡大防止対策の推進を行っている。
 今日までIFRCは、以下の国々に対して鳥インフルエンザ対策のサポートを行っている;ベニン共和国、ナイジェリア、カメルーン、ケニヤ、エジプト、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、スリランカ、ミャンマー、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレイシア、シンガポール、インドネシア、モンゴル、香港、フィリピン、東チモール、中国、ウクライナ、イラク、ニジェール、北朝鮮。
 その重要な役割として5万人のボランティアと職員に対する、パンデミック・インフルエンザ危機対策教育である。
 また、住民に対する危機意識の啓発のために、地域レベルでの情報伝達も強化の必要性がある。
 これまで53万ドルがIFRCの災害対策基金から拠出されているが、対策強化のためにはさらなる基金が必要とIFRCでは訴えている。
IFRC声明原文

・Scotland lifts birdflu quarantine DailyIndia.com (米国) スコットランド、鳥フル隔離を解除
 死亡した白鳥から致死的H5N1ウイルスが検出され、4月5日から行われている地域隔離が解除される。
 21日夜から、発生地周辺1000平方マイル地域内での家禽産物の移動制限が解除される。
 また、感染事例が発生しなければ5月1日から、家禽や他の捕獲鳥の移動制限も解除される。
4月20日

・Birdflu restrictions to be ended BBC News (英国) スコットランド:鳥フル制限域が解除
 スコットランド行政府の第一首相のジャック・マックコンエルは、死亡した白鳥が見つかったファイフェの3キロの予防域は22日に解除される予定と語った。
・Wild birds infected with birdflu in north China Reuters AlertNet (英国) 北部中国で野鳥がH5N1鳥フル感染
 遼寧省で野鳥がH5N1鳥フル感染。
・WHO rules out birdflu in Sudanese man Reuters South Africa (南アフリカ) WHO、スーダンの疑い者を否定
 スーダンで鳥フル感染が疑われていた男性が、WHOの検査により否定された。
 スーダン政府は18日、地方での検査で男性が鳥フルに感染していることが確かめられたと発表した。
 しかし、すぐに派遣されたWHOの専門家チームが移動検査室で検査したところ、鳥フルは否定された。WHOの報道官であるマリア・チャンさんが語った。
・Sudan latest birdflu victim News-Medical.net (オーストラリア) スーダン、鳥フル感染発生
 スーダン保健省によると農夫と彼の飼育している鶏が鳥フルに感染し、同国で発の報告となった。
 ウイルスは鳥フルウイルスとだけ判明しており、致死的H5N1ウイルスかどうかは未定のようだ。
 二カ所の農場の鶏で鳥フルが検出され、その一カ所の所有者が感染疑いとなり入院している。
・Roche donates birdflu drug stockpile to WHO Reuters.uk (英国) ロッシュ社、WHOに鳥フル薬を提供
 カイゼルアウグスト、スイス(ロイター):製薬会社のロッシュ社は、300万人分の鳥フル治療薬のタミフルをWHOに19日提供した。パンデミック発生時に世界各地に配置される予定。

 このタミフル提供は、WHOの発展途上国における鳥フル対策に対する、ロッシュ社の協力の一環となっている。
 同社の取締会長であるフランツ・フマー氏は、ロッシュ社は世界各国政府からの発注で今年度末まで、4億人分のタミフルを製造中であると語った。
 ロッシュ社はWHOへのタミフル提供の他、タミフル製造のライセンスを中国とインドに提供しているが、それは鳥フルウイルス変異によるパンデミック発生への対策が、裕福な国家でのみ行われているという世界的批判に基づいて行われている。
 ”論議を重ねている間に、最初に人でのパンデミックが発生する可能性が高いアジア太平洋地域の国々で、何も対策がとられていないことが非常に明確になった”、とフマー会長は記者会見で語った。
 今回WHOに提供された300万人分のタミフルは、半分がカイゼルアウグストのロッシュ社で、残り半分が米国で保管され、もしパンデミックに発展し始めたとき(人人感染が認められ、それが周辺に拡大し始めたとき:訳者)、それは発生地近くの国際空港に送られる。
 ロッシュ社はさらに200万人分の備蓄用タミフルをWHOに提供予定であるが、それは人での鳥フル発生の可能性が高いと考えられる地域で備蓄しておく、戦略的目的による。
 これらの対策はWHOの世界的対策計画の一環を成していて、300万人分のタミフル備蓄は流行発生時の初期対策用である。
 ”タミフル提供のタイミングが封じ込めには重要で、最初の感染者発生後少なくとも21日以内には、タミフルを感染地域へ配布しなければならない”、とWHO事務総長のリ・ジョン-ウーク氏は語り、”我々には失敗する余裕は残されていない(失敗したら世界的パンデミックとなり、万事休す:訳者)”、と付け加えた。
 H5N1鳥フルウイルスは、この数週間極めて速やかに拡大している。そして今、アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカの一部の国でウイルス感染が家禽や野鳥の間で確認されている。
 ウイルスは今のところ人には簡単に感染しないが、それでも世界で196人を発病させ、110人を殺している。もしウイルスが人に簡単に感染するように変異したなら、それはすぐにも世界的パンデミックを引き起こすと考えられている。しかし、もし十分早期にそれが検出されたなら、タミフルのような抗インフルエンザ薬で(パンデミックに発展前に)封じ込めることが可能であるとする理論が存在している。
 一般名をオセルタミヴィルとして知られているタミフルは、発症後早期に投与された場合有効であることが何人かの患者で確認されている。ロッシュ社によると、2006年度に各国政府からの発注で12億スイスフラン(9億4560万ドル)のタミフルの売り上げが予想されている。
 タミフルは米国の企業であるギリー社(Gilead)で開発されたが、WHOにより鳥フルのパンデミックに際して最善の治療薬として推奨されている。これは既に通常のインフルエンザに対して処方箋薬として販売されている。
 グラクソスミスクライン社の吸入用抗インフルエンザ薬であるリレンザも、選択しうるインフルエンザ薬である。
 オーストラリアのバイオタ・ホールディングス社(Biota Holdings Ltd,)はリレンザを開発し、製造ライセンスをグラクソ社に与えているが、19日、米国国防省が500万ドル以上に相当するリレンザを発注したと発表した。
 バイオタ社はさらにオーストラリア、フランス、そしてドイツ政府が、鳥フルのパンデミックに備えて、同様に備蓄用リレンザを発注する予定と発表している。

 
・3 birdflu virus suspected patients tested negative PakTribune.com, (パキスタン) パキスタンの鳥フル疑い患者3人は、検査で陰性と
 パキスタン医科学研究所に発熱を主訴として入院した3人は検査の結果鳥フルは否定された。担当医師が発表した。
・US to kill flocks suspected of having birdflu CNN  (米国) 米国、鳥フル発生時には、疑い家禽は全て殺処分と


A live chicken gets tested for bird flu as part of California's voluntary testing program.(CNN)
 もし致死的鳥フルが米国の鶏や七面鳥で発生したなら、政府は疑いある家禽集団を検査終了前にでも殺処分する、と19日当局は語った。

 危険な家禽は放し飼いされている鶏や小さな裏庭等で飼育されている家禽で、ロスアンジェルスだけで6万羽いる。
 もし鳥フルが米国に拡大してきたなら、”その対策は迅速な検出と、迅速な封じ込め、そして迅速な駆除である”、と農業省の動植物管理検査局(Animal and Plant Health Inspection Service)のロン・デハベン局長が語っている。


・WHO Completes Tamiflu Stockpile HealthCentral.com (国際) WHO、タミフル備蓄を完了
 スイスの製薬会社ロッシュ社は19日、WHOに提供予定の300万人分のタミフル備蓄量の製造を完了したと発表した。
 この緊急用タミフルは、今後パンデミック・インフルエンザが発生した地域へ配布される予定である。約半分はスイスで保管され、残りは米国で保管される、とAFPは伝えた。
・H5N1 detected in central Parwan Pajhwok Afghan News (アフガニスタン)
 農業食料家畜省の代表団が中央パーワンを調査して、致死的H5N1鳥フルが鶏の間で発生していることを確認して、報告した。
 発生地3キロ以内の家禽を殺処分して、保有者に補償金を支払う予定と言う。
4月19日


・鳥インフルエンザ、スーダンで確認
 朝日新聞
 
・ロシュ、備蓄用「タミフル」3000万錠の製造完了・WHOに供与 日本経済新聞
 スイスの製薬大手ロシュは19日、鳥インフルエンザの拡大に対処する備蓄用の抗インフルエンザ剤「タミフル」3000万錠(300万処方分)の製造を完了したと発表した。昨年夏に、世界保健機関(WHO)に無償提供することで合意していたもので、WHOの依頼に基づいて世界各地の国際空港などに備蓄する。
 鳥インフルエンザの人への感染が広がった場合、備蓄している「タミフル」を急きょ空輸する態勢が整う。ロシュは鳥インフルエンザへの対応を最優先課題と位置づけ、WHOへの「タミフル」供与などを急いできた。各国の政府などと協力して、製造ライセンスの供与も進めている。
・Nigeria Records Fresh Outbreak Of BirdFlu African News Dimension (南アフリカ) ナイジェリアで新規鳥フルが発生
 ナイジェリアの北方カトシナ州のバコリで、200羽の家禽が鳥フルで死亡したことが、政府から発表された。
・Global tests confirm 24th birdflu death in Indonesia Moneycontrol.com, (インド) インドネシアで24人目の死者が確認される
 4月8日に死亡した24歳男性が香港のWHO研究期間でH5N1鳥フル感染が確認され、同国で24人目の死者となった。インドネシア保健省が発表した。
・3 residents of Sihala under observation for birdflu Xinhua (中国) パキスタン:シハラの住民3人が鳥フル疑いで観察中
 17日にパキスタン医科学研究所に発熱を主訴とした3人が鳥フル疑いで入院したことが、現地の報道機関により19日発表された。
 報道によると22歳の男性とその8歳になり妹、そして44歳の女性の3人である。
 この3人はパキスタンで発の鳥フル疑い患者となった。
 報道によると3人の症状は高熱だけで、他の症状は何もないと言う。
 3人は隔離されて、検査を受けているという。
・Family 'infected' with birdflu Jakarta Post (ジャカルタ) 家族全員が鳥フル感染の疑い
 バンダーランプング、ランプング(インドネシア発):5人の家族がスマトラ島バンダーランプングのアブドゥル・メレク病院に16日入院したが、全員鳥フル感染疑いとなっている。
 家族5人(夫婦と6人の子供のうち3人)は高熱と咳の致死的鳥フル症状を呈して、病院の隔離病棟で治療を受けている。
 母親のサマワチは先週の13日から治療を受けているが、6人の子供達の残りの3人は、先に鳥フルの診断を受けており、一人は3月31日に死亡、一人は4月4日に死亡、もう一人は治療中である。死亡した2人の子供達は病院へかかる前に死亡しており、両親は貧しいため金が無く、また鳥フルに関する知識も無かった。
 検査では3人の子供は鳥フルに感染しており、夫婦は陰性と言う。
 同病院へは今回家族が入院する前に7人の疑い患者達が入院していたが、適切な治療で全員回復していると言う。
・First suspected Sudanese human birdflu pantient discovered Kuwait News Agency (クエート) スーダンで初の鳥フル疑い患者発生
 スーダン政府は18日首都ハルツームで、農場経営者が鳥フルウイルスに感染した疑いがあることを発表した。
 保健大臣のタビタ・ソカヤ氏は記者会見で、政府はウイルスが拡大することを阻止するための全ての対策を講じたと語った。
 また同大臣は国内の全ての病院と医学センターが、鳥フル感染疑い患者の受け入れ態勢が出来ていると説明している。
 首都ハルツームの病院では鳥フル患者を隔離するための隔離病棟が用意されたとも付け加えられた。
 大臣によると薬は十分用意されていると言う。
 首都におけるいくつかの農場では、鶏の死亡が確認されており、鳥フル発生の疑いが起こっている。
 現在、疑い患者は隔離され、採取された検体での確認検査が行われていると言う。
 *スーダン地図

・US Public Health Workers May Not Work in Flu Pandemic Voice of America  (米国) 米国:パンデミック・インフルエンザに際し、公衆衛生従事者達は業務放棄の可能性

A new study shows that Americans might not be able to count on public health workers, if an influenza pandemic strikes. Researchers find that nearly half of public health employees would be unlikely to work during a major flu outbreak.

The Bush administration is preparing a national plan to respond to a pandemic, if bird flu adapts to human transmission, but the study indicates that public health workers might confound the arrangements.

Researchers at the Johns Hopkins University in Baltimore and Ben-Gurion University of the Negev in Israel interviewed more than 300 public health workers in three counties in the mid-Atlantic U.S. state of Maryland. They chose these counties because they are comparable in size to those served by the vast majority of the nation's public health departments.

Johns Hopkins physician Daniel Barnett gives the startling main finding:

"Forty-six-point-two percent of the workers surveyed stated they are unlikely to report to duty during an influenza pandemic," he said. "That is almost half of the public health workforce."

Barnett says only one-third of those surveyed even felt knowledgeable about the public health impacts of a flu pandemic.

The findings are similar to a larger survey done last year among 6,200 New York City public health employees, half of whom said they would be unwilling to report to work during an untreatable infectious disease outbreak.

A breakdown of the data in the Maryland study shows that doctors and nurses were more likely to say they would report to work, while technical and support staff, such as clerical workers, were the least likely. Barnett says this is because technical and support personnel do not perceive themselves as important as clinical staff, but he says their perception is wrong.

"This is critical, because people who answer telephones, people who perform the basic computer technician activities, for example, in health departments, are really the glue that will keep the public health infrastructure running during an influenza pandemic," emphasized Barnett.

The researchers say current U.S. pandemic preparedness plans take into account some health personnel shortages, due to illness from influenza, but Barnett says public health workers are clearly not prepared for a crisis.

"I think, we need to reassess how we are doing training for public health workers in the United States, addressing willingness to respond as a variable in our curricula, not just knowledge and skills," he said. "We cannot assume that, just because we are training people in skill sets, that they will take those skill sets and willingly apply them."

Barnett's study appears in the April issue of the journal BMC Public Health.

 最新の研究で、パンデミック・インフルエンザが発生した際には、米国内の公衆衛生従事者が業務を放棄する可能性が示唆された。
 研究によると約半数の公衆衛生従事者達が、パンデミック・インフルエンザ発生期間、業務を放棄する可能性があるという。


 ブッシュ政権は、もし鳥フルが人に適合し、パンデミック・インフルエンザが発生した場合の行動計画を準備中であるが、今回の研究結果によると、公衆衛生関係者の間で相当な混乱が生じることが予想される。
 バルティモアのジョーンズ・ホプキンス大学とイスラエルのネガフ・ベン-グリオン大学の研究者達が、メリーランド州で300人の公衆衛生従事者に聞き取り調査を行った。
 ジョーンズ・ホプキンス大学のダニエル・バーネット医師は、予想外の驚くべき結果を得た。
 ”46.2%の人々がパンデミックの間、業務に従事しないだろうと答えている。これは約半分の公衆衛生業務が遂行できないことを意味している”。
 さらにバーネット医師は、わずか対象者の三分の一程度しか、パンデミック・インフルエンザが公衆衛生に及ぼすインパクトについての重大性を認識していない、と言う。
 これらの結果は、ニューヨークで昨年6200人の公衆衛生従事者を対象に行われた調査結果と似ている。すなわち半数の人々が治療不可能な感染症が流行したなら、職場へは行かないだろうと答えていた。
 メリーランドでの調査結果の分析によると、医師やナースの多くは勤務を継続すると答えている傾向にあるが、技術系業務や事務系業務従事者達の参加率は非常に低い傾向にある。バーネット医師は、この理由をこれらの人々は、自らの業務を臨床業務に比べて重要ではないと考えているからだ、と分析する。しかしそれは間違った認識だと、同医師は強調する。
 ”これは危機なのだ。例えば、かかってきた電話に答える人、コンピューターを操作する人等は、保健当局を機能させるために必要で、パンデミック・インフルエンザ発生中の公衆衛生機能維持の、接着剤のような役割を担うことになる”。
 研究者達によると、最近作成中の米国パンデミック・インフルエンザ行動計画では、保健医療従事者達も発病するために、その数が不足する可能性が指摘されていると言うが、バーネット医師は、それよりも公衆衛生従事者達の社会的危機に対する意識の啓発が重要と主張する。
 ”私が思うには、必要なことは如何にして米国の公衆衛生従事者達の教育を行うかであり、
単に知識や技術の習得だけでなく、主体的に反応して業務に参加してゆく意識を養うための様々なカリキュラムが必要なことだ”、とバーネット医師は説明し、”実際には技術獲得教育しかしていないので、現実にパンデミックが発生したとき、彼等がその修得した能力を自ら発揮してくれるかどうかは分からない”、と結論する。

 バーネット医師の研究は4月号のBMC Public Health.に掲載されている。



   
Nurses are in short supply throughtout the United States(パンデミック発生時には米国内のナースの数が不足するといわれる)



・New human avian flu case reported in Hubei Shanghai Daily, (上海、中国)  中国湖北省で人感染事例
 中国湖北省で新規人鳥フル感染者が確認された。これで中国での感染者総計が17人となり、そのうち11人が死亡している。
 衛生省によると、男性は湖北省の州都武漢の出稼ぎ労働者とされる。現在、重体と発表された。
 男性は21歳で武漢で警備の仕事についていたが、4月1日から高熱と肺炎症状を呈しだしたという。中国CDCでの検査結果で致死的H5N1ウイルス感染が確認された。
 男性と接触歴のある人々は医学的監視下におかれている。現在の処、病的症状を呈している人はいない模様。
 中国政府はこの事例をWHOに報告した。
 これまでの感染者のほとんどは家禽と密な接触の既往を持っているが、この男性に関しては詳細は分かっていない。
 中国における最近の事例では、先月上海で29歳の出稼ぎ女性労働者の死亡がある。
 2005年以来中国では35ヵ所での家禽での感染事例があり、計2300万羽の家禽が殺処分されている。
・US Gears Up For BirdFlu Pandemic Voice of America  (米国) 米国、鳥フルパンデミック対策を強化

 ブッシュ大統領は間もなく、国内に人での鳥フル感染が広がった場合の、米国における対策をまとめた行動計画を承認する予定である。
 
 米国における最初の鳥フル事例は、春の渡り鳥によってこの数週間以内にもたらされる可能性が高い。
 計画では、パンデミックが生じた場合、米国で200万人の死者の発生と、保健医療システムで対応できないだけの感染者が発生する可能性に対する、ブッシュ政権の詳細な対策が盛り込まれている。
 WHOによると、最悪のシナリオでは、9000万人のアメリカ人が感染し、1000万人に入院の必要性が生じると言われる。
 先月、米国上院議会で国連の鳥フル対策調整官であるダビド・ナバロ博士が、現在感染拡大しているH5N1鳥フルウイルスの危険性を強調した。
 ”H5N1の特徴は、その毒性が極めて高く、恐ろしいウイルスであるということだ。それはこの6週間で20ヵ国に拡大している”。
 米国の計画はいまだ展開中ではあるが、そこではワクチン接種対象者の優先順位とか、国内の造幣局が機能しなくなったときの貨幣製造を海外で行うなどの事項が盛り込まれる。またさらに感染疑い者の検査を、駐車場を利用したドライブスルー方式で行うとか、企業労働者が自宅での仕事を可能にするために、インターネット通信能力の増強なども盛り込まれる。
 米国の科学者達の間では、いまだ必要ワクチン量とその接種対象者の優先順位について、意見がまとまっていない。
 米国の家禽養成専門業者達は(poultry growers)、既に養成舎での安全対策を強化している。また家禽農場(Poultry farms)では外来者の制限とか、家禽の他の家畜からの隔離などの対策がとられている。

4月18日

・Workers cull 8,000 chickens on China farm: paper Thanh Nien Daily (ベトナム) 中国報道:8000羽の鶏が殺処分に
 
中国当局は東部山東省の家禽農場で、400羽の鶏が死亡したために、8000羽の鶏を殺処分した。香港の新聞が18日に報道した。
 「South China Morning Post」によると、農場主のチェンさんは当局から鶏の殺処分に関して国家機密であると口止めをされ、彼と妻は16日に注射を受けたが、それが何なのか説明されなかった、と言う。
  Laixi 市のチェンさんの農場では先週400羽以上の鶏が死亡した。チェンさんは15日にその事実を市の家畜事務所に報告したところ、同日スタッフが農場に来て、死んだ鶏から検体を採取していった。
 しかしチェンさんと妻は検査結果について何も知らされないまま、16日、予防衣を身につけたスタッフが30人1やってきて、鶏を殺処分して埋めた、と言う。
 香港の新聞は、山東省鳥インフルエンザ対策本部の職員の談話として、鳥インフルエンザは発生していなく、鶏の死亡原因は調査中と、伝えている。
・Ill-equipped South Asia looks resigned to bird flu Reuters AlertNet (英国) 対策不備の東南アジアで鳥フルは封じ込めが困難




 鳥インフルエンザは、地球上で最も人口が密集した国を超えて拡大しつつある。それは封じ込めが困難のように思われ、今後、東南アジアで長期間に渡り家禽の間での脅威となり続ける可能性が高い。WHOを初めとして各国当局者達が悲観的見通しを語っている。


 2月以来、H5N1鳥インフルエンザが発生したインド、パキスタン、アフガニスタン、そしてミャンマーで数十万羽の鶏が殺処分され、農場の閉鎖が行われてきた。それでもウイルスは新しい場所へ拡大し続けている。
 驚くべき事に、これらの国々では数億人の人々が家禽と共に生活しているにもかかわらず、人での感染例は報告されていない。
 しかしH5N1ウイルスに対する恐怖は鶏肉と鶏卵の需要を低下させ、インドの78億ドルの家禽産業に従事する限りない数の労働者の生計を破壊したばかりか、9人の経営者の自殺も招いている。
 WHOとインド政府当局者は、一度ウイルスが感染すると、発展途上国であれ、先進国であれ、その駆逐はまず不可能だ、と言う。
 ”この50年間にインドへ入ってきた病気で消え去ったものはありますか?”、と鳥インフルエンザ検査を行っている、インドで唯一の動物疾患研究所のプラドゥハン所長は言う。
 悪いことには、インドでは研究施設が不足していて、訓練された獣医衛生専門家も不足し、そして病気に対して多くの人々が無知である。
 保健当局者達はH5N1ウイルスとの困難な闘いを余儀なくされているが、ウイルスは多くの専門家によると、変異により人人感染を起こしやすくなり、そして世界的パンデミックを引き起こす可能性があるとされる。 
 保健医療機関が十分配置されていない地域で、もし変異したウイルスが人々の間に広がったなら、感染した人々は自分達で対処するしかない。
 当局が危機意識を抱いたとしても、多くの一般人の当初抱いたパニック的感情は次第に諦めの感情に変わってゆく。13億人以上の人々が住んでいるこの地域では、鳥インフルエンザは人々が遭遇する多くの困難な問題の一つに過ぎない:貧乏、多くの他の病気、内戦、自然災害。
 ”鳥インフルエンザが、我々の生活の中に浸透してこなければいいけど”、とニューデリーの若いレストラン経営者であるファイツ・クレさんは言う。”毎日通りでは交通事故が起きているけど、我々は運転を止められないでしょう?”、と彼は言いながら、鶏肉とマトン料理で知られる彼のレストラン内を眺めながら語る。ほとんど客は入っていない。

 パキスタンでは都会少数の人々が鶏肉を食べるのを止めたようだ。しかし、大多数は病気に無関心で、鶏販売は通常と変わらないように見える。
 ”私はパキスタンで鳥インフルエンザが発生していることは確信していない。それは単にメディアを賑わせているだけだ”、とカラチに住む主婦が語っていた。

遅い作業の開始

 11億人の人口を抱えるインドでは、2月以来発生してきた鳥インフルエンザの4回目の発生の封じ込めに必死だ。50万羽の鶏と200万個近い卵を処分している。それでもWHOによると、死亡した鳥の発見その検査での確認から、実際の封じ込め作業までに時間がかかりすぎていて、これまでのところ15日間は費やしていると言う。
”鳥の死亡報告から検査結果報告までの時間が長ければ、対策開始が遅れ、その間にウイルスは拡大してゆく”、とWHOの東南アジア・アドバイザーであるサブハシュ・サルンケ氏はロイターに語っている。
 この地域の多くの家禽産業は組織化されていない。アフガニスタンでは年余に渡る戦争や内戦で、国内体制が壊れていて、鳥インフルエンザ対策は思うように進んでいない。
 ”鳥インフルエンザは拡大するし、鶏の殺処分も続き、発生地域の閉鎖も続く”、とアフガニスタン農業省の高官であるアジズラ・オスマニ氏は語る。
 アフガニスタンはこれまで3省でH5N1鳥インフルエンザの発生を確認し、さらに2省で発生が疑われていると、13日国連機関のFAOが発表している。
 近隣のパキスタンでは、当局によると農場でH5N1ウイルス感染が確されたが、2万3000羽の殺処分を行った後には、再発生していないと語っている。
 ”明らかに事態は沈静化されているが、我々は詳細を十分把握しているかどうか不明だ”、とパキスタン家畜担当長官のムハメド・アフザル氏は言っている。”又我々には必要装具やスタッフが不足していて、十分農家を監視出来ていない。だから鳥インフルエンザを発症した家禽が隠されている可能性もある”、と付け加える。
 バングラディシュとスリランカはこれまで幸運なことに、インドに近接しているにも関わらず、鳥インフルエンザは発生していないようだ。しかし、両国とも渡り鳥の密な監視や、感染国からの家禽の密輸を警戒している。
 渡り鳥が中央アジアへ帰り、これから数ヶ月間はスリランカでは気を緩めることができるが、鳥の密輸に関しては今後も心配の種となって続く。
 ミャンマーにおいても深刻な問題が起きている。
 国連当局によると、秘密主義の軍事政権体制は、100以上の家禽での鳥インフルエンザの発生に遭遇している。しかし現在の処、政府は国連チームと協力し合って対策を講じている。




・Pakistan monitors farm workers after birdflu outbreak Reuters AlertNet (英国) パキスタン、鳥フル発生農場の農民の健康状態をモニター
 パキスタン当局は、イスラマバード近くの農場で発生したH5N1鳥フルに関連して、4人の農場従業員を自宅に待機させて、健康状態のモニターを行っていると発表。さらに半径5キロ以内に住む住民の健康状態もチェックしている。
4月17日

・米、鳥インフルエンザで総合対策・最悪190万人死亡を想定  日本経済新聞
 ブッシュ米大統領は鳥インフルエンザをはじめとする新型インフルエンザの大流行に備えた政府の総合対策を近く承認する見通しだ。財務省や国防総省などを含む主要官庁が横断的に対応にあたり、実施項目は300以上に上る。米国内で9000万人が感染し、190万人が死亡するという「最悪のシナリオ」を想定。危機が18カ月間続くというケースを視野に、経済活動の維持にも目配りした対応をまとめる。
 16日付の米紙ワシントン・ポストやAP通信が伝えた。すでに大統領は3月に原案の説明を受けた。米政府がワクチンの備蓄強化や医療体制の整備といった従来のインフルエンザ対策にとどまらない総合的な対応をまとめるのは初めて。早ければ今週中にも承認されるとみられる。
・Businesses preparing for birdflu pandemic Twin Cities Business Journal (米国) ミネソタ:産業界、鳥フルのパンデミックに対する備え
 ミネソタの企業は、鳥フルの世界的パンデミックという最悪の事態に備えつつある。
 各企業は災害に対する計画と、三分の一が感染したり、感染の恐れから会社を休んだ場合を想定した戦略を考慮中だ。
 大企業は自分達で対策を考え、小企業は地域の商工会議所にアドバイスを求めている。
 法律事務所も企業経営者側から、パンデミックが発生したときの雇用者としての法的問題などを相談されている。
 来週75人が参加して、TwinWest商工会議所主催の中小企業のための鳥フル・パンデミック対策研修会が開かれる。2月には、ミネソタ商工会議所とミネソタ大学感染症研究および対策センター共同で、鳥フル対策に関する全国サミットが開かれている。
・Czechs find H5N1 birdflu in four more swans Ely Times (米国) チェコ、さらに4羽の白鳥でH5N1鳥フルウイルスを検出
 チェコの南部で死亡した白鳥から致死的鳥フルウイルスが検出され、同国として計7羽の感染した白鳥が見つかったことになった。
・Birdflu controlled in Afghan capital Washington Times (米国) アフガンの首都、鳥フル制圧と
 アフガニスタンの(内乱で夫を失った)未亡人達は、如何にして彼女達の飼育する家禽と、彼女達自身を鳥フルから守るか学んだ。
 国連の指導で首都カブール近辺に住む、夫を失った女性達は鳥フルについて学び、卵は良く洗ってから茹でて食べ、家禽の檻は清潔に保ち、汚れた土を入れ替え、鳥フルによる被害を食い止めている。
・US Readies Emergency BirdFlu Plan WCCO (米国) 米国、鳥フル緊急対策作成
 
・Government Completing Response Plan to BirdFlu KXTV, (米国) 米国政府、鳥フル対策計画作成を完了
 米国政府は最悪のシナリオで9000万人が発病し、200万人が死亡すると想定されるパンデミック・インフルエンザに対する計画の作成を完了した。
 内容は下記の報告とほぼ同じ。
・Gaza birdflu contained News24, (南アフリカ) ガザ地域で鳥フル封じ込めに成功と
 パレスチナ保健担当者は、ガザ地域での鳥フルは感染した36万羽の家禽の殺処分により封じ込めに成功したと16日語った。
・US Readies Emergency BirdFlu Plan Olberlin, (米国) 米国、鳥フル対策緊急計画が完成

 ワシントン発-鳥フルがパンデミックとなった場合、米国の通貨は海外で製造され、米国人は感染の有無をドライブスルー方式で医学的検査を受ける。政府は鳥フル緊急対策計画作成を完了した。

 連邦政府は、米国における最初の鳥フルは数週ないし数ヶ月以内に海外からの渡り鳥によりもたらされるだろうと考えている。ブッシュ大統領は、鳥フルが人に感染するようになった場合、政府機関がどのように対応するか詳細に検討された、国家対策計画を近々承認すると思われる。
 計画によると、市民は人との接触を避けて自宅に待機、学校や他の公共的集会場等は閉鎖されるとなっているようだ。概要はホワイトハウスの匿名の当局者から、日曜日の(16日)ワシントン・タイムズにより、流された。
 政府は以前、健康問題に焦点を合わせてパンデミック・インフルエンザ対策を論じたが、しかしそれは政府が責任を担う全ての領域に影響を及ぼす。
 大統領の国家安全諮問機関が対応計画をまとめたが、それは優先してワクチンを接種されるべき人々のリスト、米国内での貨幣製造が不可能になった場合に、海外でそれを製造する提案等が盛り込まれている。計画では、労働者達が自宅でコンピューターを使って仕事をしだし、インターネット能力が破壊されることも予知している。
 退役軍人局では、局の駐車場で行える医学検査体制を整えた。そこでは感染疑いの人々が迅速に検査を受けることが出来る。計画は、昨年実行されたドライブスルー方式の、インフルエンザ・ワクチン接種方式を見習っている。
 国立感染症研究所のアントニー・フォウサイ博士は先週のAP通信とのインタビューで、最初にワクチン接種を受ける対象者に関して、いまだ専門家の間で意見がまとまっていないと語った。すなわち通常のインフルエンザワクチンのように、高齢者や乳幼児、さらに慢性疾患を保有した人々が優先されるべきか、それとも(業務上)最もウイルスに接触する可能性のある人々を優先すべきか、については結論は出ていないと言う。

4月16日

・Pakistanis find H5N1 birdflu on another farm Reuters AlertNet (英国) パキスタン、他の農場でもH5N1鳥フルが検出
 パキスタン政府当局は、2月に北西部の2農場でH5N1鳥フルの発生を確認したが、今回首都イスラマバド近くの農場での発生を確認んした。すでに3500羽の鶏が殺処分されている。パキスタンではこれまで人での感染者は報告されていない。
・U.S. Plan For Flu Pandemic Revealed washingtonpost.com (米国) 米国、パンデミック・インフルエンザ対策、明らかに
 ブッシュ大統領は間もなく300項目以上からなる合衆国パンデミック・インフルエンザ対応計画を承認する予定だ。内容は最初にワクチン投与を受けるべき最前線での作業者など詳細に渡る。
・ブッシュ政権、300項目の鳥インフル対策を承認へ 産経新聞 
 16日付の米紙ワシントン・ポストは、鳥インフルエンザの大流行に備え、ブッシュ政権が300以上の項目からなる連邦政府の対策を近く承認すると報じた。
 米国で190万人が死亡する「最悪のシナリオ」に基づき、18カ月間に及ぶ危機を想定。通貨発行ができなくなる場合には財務省が他国に造幣を依頼する可能性を指摘したほか、国防総省が物資調達への懸念からゴム製手袋の備蓄を検討しているとした。(
・Afghan Women With Pluck Tackle BirdFlu Washington Post (米国) アフガニスタンの女性、めげずに鳥フルに立ち向かう


Abida, right, holds one of her chickens as Mohammed, a neighbor's son, watches. "My eyes are too weak to embroider," she said. "I would rather die than kill my chickens." (By Pamela Constable -- The Washington Post)

・Qatar holds 6,000 tests on poultry for birdflu Peninsula On-line (クエート) クエートで家禽の鳥フル検査を6000検体で実施
 これまで全て陰性と。クエートには大きな養鶏場が2ヵ所あるようだ。
・Mammals Not Considered BirdFlu Carriers, UN Reports US Dept of State (米国) 国連報告:ほ乳類は鳥フルウイルスのキャリアとは考えられない
 世界におけるH5N1鳥フル拡大状況の報告。ドイツにおける猫の感染や、以前にあったタイの動物園における虎の感染等から、ほ乳類へもウイルスが伝搬されている可能性が示唆されているが、これまでの事例から見る限り、それらほ乳類は”感染最終宿主(dead end)と考えられ、そこからさらに他のほ乳類へウイルス感染が拡大することは考えづらい。
 ヨーロッパでは主に野鳥での感染だったが、13日にドイツで大量の家禽が感染したことがOIEから報告されている。
 他にエジプトでの人感染例の問題。WHOはエジプトから報告されている感染例を全て公式統計に加えていないが、すでに世界の感染者数が200例を超え、死者数は110例を超えていると思われる。
・Poultry smugglers may be spreading birdflu Mumbai Mirror (インド) 鳥フル拡大に家禽の密輸が関与の可能性

ニューヨーク発盛んになっている家禽の国際的密輸が、H5N1鳥フルの実際的拡大に寄与している可能性が、国際ヘラルドトリビューン誌により報告された。

 家禽産物の密輸には、鳥、ヒナ、卵、肉、羽根が含まれるが、これまでその大部分が見逃されており、それは現在麻薬に次ぐ大きな市場になっている。そのように専門家や政府関係者が語っていることが、国際ヘラルドトリビューン誌で報告された。
 H5N1ウイルスは、生きた鳥だけでなく、冷凍肉、羽根、骨、そしてケージにも付いた状態で生き延びる強いウイルスだ。もっとも料理で加熱すれば死に絶えるが。
 ”実際の密輸による取引数は誰も知らない。しかし、その市場は巨大で、麻薬に次ぐ大きさだ”、とネブラスカ大学のティモシー・ムーア氏は語り、合衆国政府に注意を促した、とトリビューン誌は伝えている。
 ”私の考えでは、鳥フルの拡大に顕著な役割を果たしている可能性が高い。世界の中のある地域では、特に主要な感染拡大ルートとなっているように思われる”、と彼は言っている。
 鳥フル発生国からの家禽産物の輸入は、多くの国で鳥フル侵入阻止のために禁止されているが、それは密輸入により浸食されている。
 トリビューン誌によると、多くの専門家は、アフリカで最初に発生したナイジェリアの鳥フルは、感染した鶏ヒナの密輸入によると考えられ、その証拠に発生は家禽農家だけに限られ、野鳥での感染は起きていない、と言っている。
 今週、ベトナムに中国国境を越えて密輸入された鶏により、4ヶ月ぶりに鳥フルがベトナムで発生した、とベトナム政府は発表した。
 これまで経済的問題としてのみしか捉えられていなかった家禽の密輸入であるが、その鳥フル拡大に対する役割は誰もこれまで注目していなかった。トリビューン誌はそのように帰結する。
 

・Birdflu threat breathes new life into moribund drug Relenza Fort Wayne Journal Gazette (米国) 鳥フルの脅威、忘れられていたリレンザを復活

・Prepare Now For BirdFlu: A Family Checklist Community Dispatch (米国保健省) 今、鳥フルに備えよ:家庭におけるチェックリスト

Examples of food and non-perishables

Examples of medical, health, and emergency supplies

  • Ready-to-eat canned meats, fruits, vegetables, and soups 
  • Prescribed medical supplies such as glucose and blood-pressure monitoring equipment
  • Protein or fruit bars
  • Soap and water, or alcohol-based hand wash
  • Dry cereal or granola
  • Medicines for fever, such as acetaminophen or ibuprofen
  • Peanut butter or nuts
  • Thermometer
  • Dried fruit
  • Anti-diarrheal medication
  • Crackers
  • Vitamins
  • Canned juices
  • Fluids with electrolytes
  • Bottled water
  • Cleansing agent/soap
  • Canned or jarred baby food and formula
  • Flashlight
  • Pet food
  • Batteries
 
  • Portable radio
 
  • Manual can opener
 
  • Garbage bags
 
  • Tissues, toilet paper, disposable diapers

TOP