高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
4月15日


・Londoners warned to watch for dead swans This is Local London, (英国) ロンドン市民、死亡した白鳥に気を付けるよう警告
・Danish Man Tested Negative for Suspected BirdFlu CRI (中国) デンマークの男性、検査で鳥フル陰性と
 先に鳥フル疑いでコペンハーゲンのロイヤル病院に緊急入院した男性は検査の結果、鳥フルは陰性と確認され、再確認後に退院の予定となったことが医師から発表された。
・肉密輸で感染拡大か 鳥インフルエンザで米紙 北海道新聞 
 【ニューヨーク15日共同】15日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、高病原性の鳥インフルエンザ(H5N1型)が世界規模で感染拡大している一因として、関税を免れるため鳥肉が盛んに密輸されている実態があると伝えた。
 アジアから欧州、アフリカへと急拡大する鳥インフルエンザ感染については主に渡り鳥によるウイルス運搬説が指摘されてきたが、人為的な活動が感染拡大に拍車をかけている可能性が新たに浮上した。
 同紙によると、H5N1型のウイルスは加熱調理によって死滅するものの、生きた家禽(かきん)類や冷凍鳥肉、羽毛、骨、鳥かごに寄生、付着するなどして生き残る。
 米カンザス州立大の専門家ティモシー・ムーア氏によると、家禽など動物の密輸は麻薬に次いで盛んで「鳥インフルエンザの感染拡大に大きな役割を果たすことは疑いない」という。
・Experts debate whether eating infected poultry spreads avian flu... ChronicleHerald.ca (カナダ) 専門家論争:鳥フル感染家禽の摂食は、ウイルス感染を生じるか否か
 H5N1ウイルスが感染した家禽を食べると、人にウイルスが感染するだろうか?英国の医学研究評議会(U.K. Medical Research Council)のコリン・ブラックモア委員長は、心配はいらないと言っている。
 ”料理した鶏肉や鶏卵を食べて感染したという証拠はなにもない”、と彼は先週BBC放送で語り、唯一の危険性は、白鳥の血液を飲むことだと付け加えた(ベトナムではアヒルの血液を飲んだ感染していることから、そのような引用をしたのか?:訳者)。
 ブラックモア氏のアピールは、先週スコットランドでH5N1鳥フルに感染した白鳥が発見された翌日に行われた。
 しかしながら、ウイルスの経口感染は未解決の問題だで、食べて感染するという証拠も無ければ、感染しないという証拠も無い、と日本の国立感染症研究所のウイルス学者Masato Tashiro氏は語る。
 さらに結論はまだ出せないという意見を引用。
・Denmark Finds 1st Suspected Human BirdFlu Case CRI, China  (中国) デンマークで初の鳥フル疑い患者
 デンマークで初の鳥フル疑い患者が発生したとの情報が、15日デンマークの首都コペンハーゲンからストックホルムに伝えられた。
 デンマークの報道機関であるRitzauが15日、鳥フル検査で陽性だった25歳男性が、ファルスター島のナイケビングの病院からコペンハーゲンのロイヤル病院へ移送されたと報じた。
 報道機関では男性が致死的H5N1鳥フルに感染したのかどうかは分からないと伝えている。
 公式発表は今のところされていない。

・Dane tests positive for birdflu Sunday Times.au (オーストラリア) デンマークで人の感染疑い例が発生

 25歳のデンマーク人男性が地方での病院で鳥フル検査が陽性だったため、コペンハーゲンのロイヤル病院へ移送された。デンマークの報道機関Ritzauが本日報じた。
 もし確認されたらスカンジナビアで初の人の感染事例となる。
 デンマーク南部のナイケビングの病院で患者の血液で鳥フル感染が確かめられ、男性は鳥フルと診断されたと言う。そして昨日遅くにロイヤル病院へ緊急移送された。
 男性の感染源は不明。

・Indonesia is birdflu ‘time-bomb’ Peninsula On-line  (クエート) インドネシアは鳥フルの「時限爆弾」
パリ(AFP):
 インドネシアの巨大な数の島々からH5N1鳥フルウイルスの駆除の失敗は、同国を鳥フルの時限爆弾にしてしまった、とOIE(国際獣疫事務局)の事務総長が語った。

 ”インドネシアはあの地域の時限爆弾となっている”、とベルナール・バレ事務総長が語った。同氏は、インドネシアは最も多くの(鳥フル発生)未チェック地域を抱えるアジアにおける国の代表だ、と説明する。そして同国における、感染した鳥の数と感染が確認された人の数の明らかな相関性を強調した。
 ”インドネシア政府にとって重要なことは、対策強化のための政治的決断である”。

 インドネシアでは多くの人々が、町や市においても家禽と密な接触を保ちながら生活している。2003年以来発生した人の感染者数はベトナムに次いで2番目となっている。24人が死亡し、9人が生存している。世界では100人以上の人々が死亡している。
 

・Visitors flock to the Fife 'risk zone' Scotsman, (英国) スコットランド、危険地域への観光客数には変化なしと
 H5N1鳥フルウイルスが検出された死亡した白鳥が見つかったスコットランドのファイフェでは、一週間経っても(春を求める)観光客数の数には変化がなく、むしろ事件の報道で美しい景色が宣伝されて、今回の事件が必ずしも地域に悪い影響を及ぼしていないと、地元では言っている。

・Birds being shot down 'for fear of infection' Times Online (英国) 英国:感染の恐れから野鳥が撃ち落とされていると
 野生動物保護団体により、白鳥や他の野鳥が、鳥フル拡大の恐れからハンターによって撃ち落とされている、と報告されている。

・Alaska Natives face birdflu exposure Stuff.co.nz (ニュージーランド) アラスカのネイティブが鳥フルウイルスに暴露される危険性

 アンカレジ発:アラスカのネイティブは、食料の多くを野鳥に依存していることから、現在北米で最も鳥フルウイルスの危険に曝されている。保健専門家が昨日(14日)、会議で語った。

 アラスカは、野生の水鳥や水辺の鳥などの渡り飛行ルート交差点になっていることから、最初にH5N1鳥フルウイルスが北米に侵入してくる門戸となる可能性が高い。
 ネイティブ・アラスカ人は鳥フルに感染したカモやガンに接触するようになる可能性が高いが、政府の感染予防のアドバイスは単に、撃ち落とした鳥を触った後十分に手洗いを行うようにとか、自然の中で生活している人々にとって、意味のあるものとはなっていない。
 ”私は、(ネイティブの住む)どの村でも、手の消毒液や狩猟に用いるためのビニール手袋を持った人なんかいないことは、断言できる”、とアラスカ・ネイティブ対策科学委員会(Alaska Native Science Commission)の委員長である、パトリシア・コックランさんが、連邦と州政府が開いたパンデミック・インフルエンザ対策サミットで語った。
 ”時には…、現実に即して考えることも必要です”、と彼女は語る。
 アラスカのネイティブは、もともと住みついているエスキモ、インディアン、アレウト族(アリューシャン列島に住みついてきた人々)から構成され、州の人口の16%を占める。そして伝統的に食料は狩猟に依存している。ほとんどのネイティブは、アラスカの田舎地域に住んでいる。
 ネイティブ達の間での鳥フルに対する恐れは、1918年にほとんどの村を襲った、悲惨なスペイン・インフルエンザの記憶からくる。アラスカ北西部出身のネイティブの1人であるコックランさんは、そのようにも語った。

 米国保健福祉省副長官であるアレックス・アザール氏は、米国周辺、特にアラスカを中心に7万5000から10万羽の野鳥のH5N1ウイルス検査を行う予定であると、会議で語った。

 鳥フルウイルスは2003年以来、世界中で109人の人々を殺し、アジアからヨーロッパ、そして中東、アフリカへ現在広がっている。
 保健専門家達によると、H5N1鳥フルウイルスは現在、鳥から人へ感染は容易に起こさず、さらに人から人への感染はまず起こりえないとされる。
 ”それはパニックとなる理由にもならないし、人々に狩猟を止めるように伝える理由にもならない。さらに人々に家禽を食べるな、と言う理由にもならないだろう”。そのようにアザール氏は語った。


4月14日

・Hawaii Readies for Global Flu Epidemic First Coast News (米国) ハワイ、パンデミック・インフルエンザ対策整備
 毎日数千人のアジアからの観光客た入ってくるハワイでは、パンデミック・インフルエンザ発生に備えて、米国でも先進的に対策が整備されている。
・H5N1型鳥インフルエンザ、指定感染症に 厚労省 朝日新聞
 
・Tourism industry ponders birdflu; SARS response provides guide Hotels Magazine (米国) 観光業界の鳥フル対策:SARSでの対策が参考に
ベン・ハーベルコーン (ワシントン・タイムズ)

 観光旅行業界は今、鳥インフルエンザが人の間で大流行し始め、業界も大きなダメージを与える可能性が出てきたときのために、2003年に流行したSARSの際の対策を参考に、如何に鳥インフルエンザに対策を立てるべきか学んでいる。昨日(13日)ワシントンで開催された世界旅行・観光サミットで、業界の指導者達が語った。

 ”今日、鳥インフルエンザは旅行者達にとって脅威となる問題ではない。旅行者が感染したという事実はこれまで無いから”、とフランセスコ・フランギアリ国連世界観光旅行機構事務総長が語った。”しかし、その大流行(パンデミック)が生じたとき、世界の状況は完全に変わるだろう”。
 世界観光旅行機構は、毎日200万人の人々が国境を行き交うと推定し、これらの人々が病気の伝搬の重要な担い手と考えている。H5N1鳥インフルエンザは、これまで感染した鳥に直接接触した人しか発病していない。
 ”旅行や観光は、病気の伝搬とその犠牲者をもたらす可能性を秘めている”、とフランギアリ事務総長は言った。
 もし人々がウイルスに感染することを心配して家庭に籠もって旅行をしなくなったり、世界の一部で旅行客の入国を拒否したりすると、旅行業界は数百万ドルの損失を被ると考えられる。2003年のアジアにおけるSARS勃発は、シンガポールへの旅行客数が19%減少し、中国では10%減少した。(世界観光旅行機構の評価による)。
 鳥インフルエンザは、これまで世界49ヵ国で鳥を主とする動物の間で発生し、109人の人々を死亡させている。(WHOの公式発表による)。
 米国旅行業協会の会長であるロジャー・ダウ氏は、カナダにおけるSARS発生の影響を指摘した。同国では43人死亡している。国際旅行客数が13%減少したと、世界観光旅行機構は言っている。
 ”我々は基本的に米国の旅行業界に忠告している。対策を講じなさい。決してパニックを起こすのではなく”、とダウ氏は語った。
 米国のホテルでは、パンデミックに備えて対策を講じている。そして多くを、SARS勃発の際の香港のホテルの対策に学んでいる。そのようにダウ氏は語り、宿泊客用に用意する使い捨てのペンなどを例に説明した(個々の宿泊客から感染を防ぐための対策の1例:訳者)。
 国際ホテル・レストラン協会の会長であるダビド・マクミラン氏は、(パンデミックによる)惨事が発生した場合、ホテルは仮設の病院として利用可能と語る。
 ”我々は将来、病院を提供する可能性がある”、と彼は語り、”病院は苦しむ患者で溢れかえり、全ての患者を収容できなくなるだろう…、彼等はどこへ行けば良いのか?”、と続ける。
 各国政府はウイルスを封じ込めるために、国境を閉鎖するかも知れない。
 ”もし鳥インフルエンザウイルスが、容易に人の間で感染を広げるように変異したことが明らかになったとき、国によっては政府が国境を閉鎖することはあり得る”、とフランギアリ氏は語っている。
 ブッシュ大統領は昨年11月、もし鳥インフルエンザの大流行が始まったならば、旅行制限も考慮に入れる必要があると語っている。
 コンピューターによるシミュレーションでは、人における鳥インフルエンザ流行が早期に検出されるならば、地域の封鎖または感染者の隔離により、拡大を抑えることは可能とされている。そのように、WHOの国際健康対策プロジェクトチームの責任者であるマックス・ハーディマン氏が説明する。(より早期の感染地域封鎖が有効。そしてその侵入を防ぐための国境封鎖の妥当性:訳者)
 同氏は、H5N1鳥インフルエンザウイルスは、いつ人に容易に感染するウイルスに変異するか分からないと説明する。
 ”我々はそれがいつ、どこで起きるか予測できない”、とハーディマン氏は力説する。
 歴史的に見ると、(インフルエンザ大流行)パンデミックは、1世紀に約3回起きている。前世紀の3回は、1918年、1957年、1968年である。
 ディミトリー・アブラモプラス氏(ギリシャ保健大臣、前ギリシャ観光大臣)は、鳥インフルエンザの世界経済に与える影響について控えめに語っている。
 ”ヨーロッパはすでに問題に直面している。そして今、ヨーロッパ各国政府は、いかにこの問題に対処すれば良いかを知っている。何も恐れることはないのだ。WHOが我々に何をすべきか示している通りに従えば、何も心配する必要はない”。


・Birdflu expected in Alaska in May Toronto Star (カナダ) 鳥フル、5月にカナダに
 下記と同じ内容。
・US Scientists Look North for BirdFlu phillyBurbs (米国) 米国科学者、北方地域への鳥フル到来を予測
 この3週間に水鳥、海岸や河岸に棲む鳥、鳴禽などが、アラスカ半島、ユコンデルタ、そして最西端のアリューシャン列島に到着して繁殖し始める。それは米国で初のH5N1鳥フル発生の機会になる可能性があると、政府の科学者達は考えている。各種機関と団体による鳥フル警戒態勢が敷かれる。
・Fourth birdflu fatality in Egypt BBC News (英国) エジプトで4人目の死者
 18歳女性がH5N1鳥フルで死亡したことを当局が発表。女性は10日にカイロの病院に入院したが、発表によると入院時には重体だったと言う。
 女性は感染した家禽と接触していたと言われる。
 エジプトでは多くの女性が家禽の殺処分に関係しており、当局では感染予防の注意をさらに呼びかけている。
 これまでエジプトでは鳥フル感染者は12人発生しており、そのうち4人が死亡、5人が退院、3人が治療中である。
・Niger completes massive poultry slaughter TODAYonline (シンガポール) ニジェール、大量の家禽殺処分を完了
 ニジェール南部のマガリア地域の全家禽27,000羽が殺処分されたと、ニジェールの獣医筋が発表した。フランス政府援助により、各農家には補償費が支払われた。
AFP
・Uganda: Ready for BirdFlu AllAfrica.com (米国) ウガンダ:対鳥フル態勢が整う
 いつ発生しても対応できるように態勢が整ったと言う。検査機器、監視態勢など。エジプトのように人での死者がでるような事態にはならないと。
・JORDAN: WHO declares country free of birdflu, prevention measures ... Reuters AlertNet (英国) ヨルダン:WHO、鳥フル発生が無いことを確認、防御態勢は維持
 
4月13日

・Azeri bird flu girls discharged as outbreak eases  Reuters AlertNet (英国) アゼルバイジャン、鳥フルで治療中の2少女退院
 
アゼルバイジャン保健省は12日、鳥フル流行は下火となっており、発病して治療を受けていた2少女は回復して退院したと発表。
・Afghanistan confirms H5N1 flu in third province  Reuters AlertNet (英国) アフガニスタン、3番目の州でH5N1鳥フル発生
 家禽におけるH5N1鳥フルが三番目の州で発生が確認され、さらに2州でも疑いが持たれている。国連機関のFAOが発表した。
・BirdFlu Fever Infects the Media City on a Hill Press (米国) 鳥フル熱、メディアに感染

Edva Kashi
 
 10分間という時間で、読者はこのページを読み切るだろうし、61人がサハラ砂漠以南のアフリカでHIVに感染するだろうし、45人がAIDSに関連した病気で死ぬだろう。
 30分間で人は昼食を終えるだろうし、その間、360人の子供達が世界中で餓死するだろう。さらに次のあなたの長い講義の間に、米国では5人が交通事故で死ぬだろう。
 今日、米国では87人が自殺するだろう。
 さて、以上の全ての時間が組合わさったなら、世界で鳥フルで何人死亡するだろうか?答えはゼロ。正確には世界で1/10人。でも人はニュースを見ていてそうは思わないのだろう。
 Googleによる大雑把なニュース検索で「starvation(餓死)」という単語で検索すると2500の情報が検出される。一方、検索用語を「bird flu(鳥インフルエンザ)」に変えると約4万の情報が検出される。
 わずか109人しか2003年末から死亡していないにも関わらず、ウイルスはメディアを乗っ取ってしまった。1人の患者が世界で発生すると世界的ニュースとなる。エジプトで今週初めに1人発生し、同国で12人の感染者となった。しかし私はその数よりも多くペットを飼育している人を知っている。
 鳥インフルエンザは極めて紛らわしい存在だ。このわずか世界の人口の0.000000322パーセント (3.22 x 10 -6)しか感染していないウイルスに多くのエネルギーを費やしている間に、メディアは他のほとんどの今日的世界的危機を見逃している。糖尿病、心疾患、内戦、核拡散、干ばつ、失業、地球温暖化問題、我々の恐るべき保守的政府による女性権利剥奪の試み。これらのどれも今、重要ではない?
 先週国立健康研究所の科学者チームが、鳥フルは人にとって緊急な脅威ではないと主張した。すなわち、アンソニー・ファウチ博士がAP通信に、”1羽の渡り鳥がパンデミックを起こすわけではない”、と語っている。
 個人的に私は当初からそう思ってきた。
 もし鳥フルに費やされている膨大な基金と労力が、世界的飢餓対策に費やされるならば…、と思う。 

・UK birdflu tests 'may be flawed' ic Hounslow.co.uk (英国)英国の鳥フル検査は無効の可能性
・UK birdflu tests 'may be flawed' ic Croydon, (英国) 英国の鳥フル検査は無効の可能性

英国政府科学者による鳥フル検査は無効である可能性が海外の科学者から指摘されている。
 検体の集め方とその保存方法に問題があるのではないかと言う。
 問題は英国環境食料農業省( Defra)による鳥フル検査で、低病原性鳥インフルエンザウイルスの検出率が低すぎることから指摘された。
 昨年12月の検査で Defraは3343羽の鳥での検査で低病原性鳥フルウイルスをわずか2羽の0.06%でしか検出していなかった。別な423羽のカモの検査でも0.7%でしか検出していない。
 しかしスウーデンのカルマー大学のオスレン博士は(ヨーロッパで最大の鳥監視調査を行っている)、英国での調査結果は無効であることを、医科学雑誌のNew Scientistに発表した。”この数値は何か間違っている”、と博士は言っている。
 同博士は年間1万羽の鳥を検査しているが、典型的ケースではカモの10%、ガンの1%で、低病原性の鳥フルウイルスが検出されている。
 他のオランダの共同研究者の研究ではさらに高率の感染頻度だった。米国での調査では6~7%の鳥が低病原性鳥フルウイルスを保有していた。そのように博士は論文の中で語っている。
 博士の意見では、検体の集め方で結果が大きく変わってくるようだ。
 英国では滅菌スワブで糞便検体を採取し、それを乾燥したプラスチック試験管に入れて冷凍保存している。博士によると、検体採取後のスワブ(綿棒)は、生理食塩水に浸した後に、冷凍保存しなければウイルスが死滅してしまうとされる。
 
・St. Petersburg birdflu vaccine passes public health ministry ... Interfax-Religion (ロシア) セントペテルスブルグで開発ワクチンが公衆衛生局の検査を通過
 ロシア医科学アカデミーのセントペテルスブルグ・インフルエンザ科学研究施設が開発した鳥フルワクチンが、ロシア公衆衛生局倫理委員会の全ての審査を通過したことが、政府関係者から発表された。
 同研究施設では、ワクチンテストをもっと早期に終了する予定であったが、いくつかの理由で遅れていた。
・Seven suspected birdflu patients hospitalised in Indore Daily News & Analysis (インド) インド:7人の疑い患者が入院
 インドレ:
 6人の女性を含む7人が鳥フルに感染した疑いで、結核病院の隔離病棟に入院したと、主任医療官から発表された。
 血液検体はデーリの研究所に送られた。
 疑い患者達はクハンドワのモルタッカから、鳥フル疑いで送られてきたと言う。しかし医師達による予備的検査では鳥フルは陰性だったと言う(A型インフルエンザ検査か:訳者)。
 患者達は発病する前に鶏料理を食べたようだ。入院後の症状は、嘔吐、発熱、手足の痛み、と言われる(むしろ食中毒様症状か:訳者)。
・New cases of H5N1 found in southern Russian province Turkish Press (米国) ロシア南部でH5N1鳥フルが養鶏場で発生
 ロシア南部のボルゴグラド州で数十羽の鶏がH5N1鳥フルで死亡した。ここ2週間で2事例目であると当局が報告。
・Tests on H5N1 swan in Fife PressZoom (press release),  (オランダ) ファイフェ(スコットランド)におけるH5N1検査 
 スコットランドで発見されたH5N1ウイルス感染白鳥の死骸はかなり腐っていて、正確な種はDNA鑑定でWhooper swan であることが、明らかになった。この種の繁殖地はアイスランド、スカンディナビア、北部ロシアで、冬期間は英国やヨーロッパ大陸で過ごす。現在は英国から去っている。
 これまで数ヶ月間、この種の死亡した白鳥のウイルス検査が多く行われてきたが、全て陰性だった。
 以上の事実から政府の科学者達は、死亡した白鳥は別の地域で感染死して、スコットランドに流れ着いたのではないかと考えている。
 スコットランドの感染白鳥が報告されて以来、国内では多くの情報が寄せられ、H5N1鳥フルウイルスの検査が行われている。当局は死亡した鳥を発見した場合は、連絡するように広報している。
・Top official predicts reduced birdflu impact in US CIDRAP (米国) トップ政府科学者、米国での鳥フル危険性は引くIい
 
米国に鳥フルウイルスが入ってきても、東南アジアやアフリカのように拡大、そして人への危険性は、米国の場合は低い。昨日のAP通信の内容。
 家禽の放し飼いは極めて希で、家禽と濃厚に接触して生活する習慣もない米国では、それほど心配いらない。国立アレルギー感染症研究所長のアンソニー・ファウチ博士の談話。

国内での鳥大量死問題--鳥フルの可能性は低い

・スズメ大量死760羽に 危険ウイルス検出せず 上川支庁発表 北海道新聞
 道内でスズメの大量死が相次いでいる問題で、上川支庁は十二日、全道から寄せられた通報による死骸(しがい)の発見総数は七百六十羽に達したが、病理検査ではまだ死因を特定できない、と発表した。鳥インフルエンザや西ナイル熱など人体に影響が強いウイルスや、旭川で確認例のある寄生虫・アトキソプラズマは確認されなかった。
 今年一月から十一日までの情報をまとめた。上川、石狩、空知、留萌、胆振の五管内、十七市町から百五件の通報があり、うち三十羽以上の大量死情報は七件。
 死骸数は旭川四百九十三羽、札幌が百九十羽で、両市で全体の九割を占める。道南と道東ではスズメの急減情報はないという。 死因調査は旭川市と札幌市東区で見つかった二十三羽を対象に、一月に北大、四月に酪農学園大で行われた。いずれも栄養状態は普通で、内臓に病変は認められず、「現時点で死因は不明」となっている。道は原因解明のため、全道の支庁自然環境係で情報を受け付ける。
 道自然環境課は「ダニや雑菌の付着も考えられるので、死骸を見つけても素手で触らないで。大量死や連続死の場合は支庁に連絡を」と話している。
・東京都内でハトが大量死、鳥インフルの可能性は低い 読売新聞 
 東京・世田谷区の都立蘆花恒春園と港区の区立都市計画港南公園(仮称)で、8日~12日午前に、ドバト計44羽が死んでいるのが見つかった。
 都は簡易検査の結果、鳥インフルエンザの可能性は低いとみているが、解剖するなどして詳しく調べている。
 都環境局によると、港南公園近くの住民から8日午前、「公園でハトが大量に死んでいる」と通報があり、区で調べたところ、12羽の死骸が発見された。9日以降、蘆花恒春園でも計32羽のハトが死んでいるのが見つかった。2つの公園は約13キロ離れている。
 都家畜保健衛生所(立川市)がそれぞれの公園の死骸計13羽について、鳥インフルエンザウイルスの検査をしたところ、いずれも陰性だった。損傷が激しい死骸もあったといい、都は「人に殺された可能性もある」として、警察に連絡した。
4月12日


・Many Cambodians in the Dark About BirdFlu CBS News (米国) カンボジアの多くの人々は、鳥フルに関して無知なままだ
 カンボジアの国内に十分鳥フルの情報が行き渡っていないため、多くのカンボジアの人々は鳥フルに関して無知なままである。カンボジアにおける状況の報告。
・新型インフルエンザ対策専門家会議を設置 京都府と京都市が初会合 京都新聞 
 新型インフルエンザをはじめ、死亡率が高いとされる新型感染症への対応を自治体レベルで整備しようと京都府と京都市は12日、学識者による「新型インフルエンザ対策専門家会議」を合同で設置、府庁(上京区)で初会合を開いた。万が一の発生に備え、予防薬の配布方法など具体的な対応マニュアル作成を検討することなどを確認した。
 会議は、今西二郎・京都府立医科大教授や、鳥インフルエンザに詳しい大槻公一・京都産業大教授をはじめ、医師や弁護士ら12人がメンバー。
 この日の会合では、府や市が策定している行動計画や国の対応方針などが説明された。また、大槻教授が高病原性鳥インフルエンザの最新動向を紹介、「欧州で流行している鳥インフルエンザウイルスが渡り鳥を通じて今秋、日本に持ち込まれる可能性もある」と警告した。
 委員からは「対応する医療機関をある程度決めておかないと、ほかの診療に影響が出るおそれがある」「市民への周知方法を検討すべきだ」などの意見が出た。 また予防薬「タミフル」の配布や感染者の具体的な搬送、治療に関するマニュアルを作成するため、医師や行政関係者からなる専門委員10人も任命した。
・Chinese school closes after mystery flu kills one student TODAYonline (シンガポール) 中国:インフルエンザ様疾患で生徒が死亡後、学校が閉鎖
 中国山西省の高校で、正体不明のウイルス感染により生徒が死亡し、数十人の生徒が高熱で入院している。
 当局は検査の結果、原因はSARSでも鳥フルでもないと発表した。中国CDC専門家も調査のために派遣されてきた。
 先月末19人の生徒が高熱で倒れてから、ウイルスが検出された。

 もう一つのケースは、河南科学技術大学の学生が400人以上が、原因不明のインフルエンザ様疾患で3月26日入院した。多くの学生は3日間の治療後に退院した模様。.

*中国でインフルエンザ様流行病が流行っている情報は4月3日にも紹介
・Birdflu swan may have died abroad and floated to UK Haber Sağlık (トルコ) スコットランドの鳥フル発症白鳥は、海外から流れ着いた可能性がある
 スコットランドのファイフェで鳥フル検査で陽性だった死亡した白鳥は、英国で感染したのではなく、発病して死亡したものが他の国から流れ着いた可能性が高い。
 その後検査で陽性になった鳥はないため、内閣ではそのような作業仮説を立てているが、王室鳥類保護協会(Royal Society for the Protection of Birds)も、死亡した白鳥が唯一の事例であることを願っている。
・都内の公園でハトが大量死 鳥インフルの可能性低く 朝日新聞
 
・Indonesian BirdFlu Cases Show Virus Control Weakness (Update1) Bloomberg (国際) インドネシアでの人感染者数増加は、対策が不十分なことを示す
 昨年9月以来、週に1人の割合で感染者が出ているインドネシアでの対策は、不十分であるとの記事。
・Prepare, But Don’t Worry Too Much About BirdFlu, Expert Says KWTX, (米国) 米国:備える必要はあるが、過剰な心配は無用、と専門家
 先のAP通信の内容。
・Birdflu tests in Britain 'flawed' Times Online, (英国) 英国での鳥フル検査は無効の可能性
 英国での鳥フル検査は十分ウイルスを検出出来ていない可能性があると、海外の科学者により指摘された。
 英国環境食料農業省による鳥フル検査で、余りにも少数の、通常6~7%の鳥が保有しているはずの非病原性のインフルエンザウイルスさえ検出出来ていないと批判された。
 H5N1ウイルスとは異なる、病原性の低いインフルエンザ・ウイルスが、英国でこれまで集められた3343検体のうち、わずか2検体からしか検出されていない。0.06%。
 検体の集め方に問題があるのではないかと、スウーデンのカルマー教授によって指摘された(New Scientist)

・Top BirdFlu expert says don't worry... yet WZZM (米国) トップ鳥フル専門家、まだ心配はないと
 下記AP通信内容。
 同内容は全米報道。
・Expert says birdflu no imminent threat Monterey County Herald (米国) 米国:専門家は鳥フルの差し迫った心配はないと

ワシントン発(AP):

 鳥フルは一晩で人から人へ感染するように変化するとは考えられなく、またウイルスに感染した鳥が米国に飛来してきたからと言って、それがすぐに人の病気を引き起こすわけではない。そのように政府の鳥フル対策専門科学者のトップが語った。

 ”1羽の渡り鳥が(人における)パンデミックを起こしはしない”、と国立健康研究所感染症部門の責任者であるアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)博士が、AP通信記者によるインタビューで語った。
 H5N1鳥フルウイルスが次のインフルエンザ・パンデミックを引き起こす確率は?という質問に同博士は、それを知る方法はないと答えた。
 鳥の間だけの感染から、人の間でも感染するようになるには、多分、何回もの遺伝子変異が必要に違いない。科学者達は研究の過程でそのような変化を見いだすのかも知れない。また、H5N1ウイルスに鳥から感染した患者のケアに携わっている医師やナースが、患者から感染するということが起きるなら、それは初期の警戒報となるだろうが、そのような報告はこれまでどこからもされていない。
 ”ウイルスが簡単に人人感染を生じないように遺伝子レベルでプログラミングされているだろう事は間違いのないことと思われるが”、とファウチ博士は語り、”期待するのは、鳥における流行が燃え尽きてしまうことで、結果的に人に容易に感染する変異ウイルスが誕生しないことである”、と語る。
 しかし政府は最悪の事態に備える必要がある。博士は”鳥フルが人インフルエンザのパンデミックを生じる場合に備えて、政府が対策を立てないことは、極めて非良心的なことだ”、と語った。
 問題は、春になったら米国に、鳥フルに感染した鳥がやってくる可能性があるとだけ強調されている警告が、社会にとって悲惨なパンデミックが近づいてきていると誤解されている傾向にあることだ、と博士は言う。
 ”人々はどのくらい心配な状況だろうか?と私に尋ねるが、鳥フルが人への感染性を獲得したことが、明確に示されるまでは、そんなに心配はない、というのが私の答えだ”。

・UN Report: Restoring World's Wetlands Key to Reducing BirdFlu Voice of America (米国) 国連報告:世界の湿地帯の回復が鳥フル拡大阻止の鍵

 数万に上る荒廃した世界の湿地帯の回復が、鳥フルのパンデミック阻止につながる可能性があることが国連により報告された。

 予備的調査結果報告が、ケニヤのナイロビの国連環境保全計画推進本部の会議で11日、提出された。
 報告書では湿地帯の喪失が、多くの野鳥の生息地を農場の池や水田に変えてしまっている、とされる。これらの生息地では野鳥達から鶏のような家禽へ、鳥フルの拡大が増加している。
 最近の鳥フル封じ込め対策は、鳥の隔離や殺処分が中心であるが、これらの対策は緊急措置でしかなく、長期的効果にはつながらないと、報告書では結論づけている。

4月11日

・Seven poultry farmers commit suicide over Indian birdflu crisis TODAYonline (シンガポール) インドの鳥フルクライシスで7人の家禽業者が自殺
 鶏の価格が下落したため7人の家禽農家経営者が自殺したことが、National Egg Coordination Committee (NECC), により発表された。
・Man confirmed with birdflu in Indonesia Reuters India (インド) インドネシアで男性が鳥フル感染
 スマトラで治療を受けている23歳男性が鳥フルに感染していることが確認されたと、インドネシア保健省が発表した。香港のWHO協力研究機関で確認された。インドネシアではこれまで23人の鳥フル死亡者が出ていて、世界で2番目の数となっている。
・Egypt finds 12th human birdflu case Leading The Charge (オーストラリア) エジプト、12人目の感染者を確認
 エジプト保健人口省は10日遅くに鳥フル患者が見つかったことを発表した。患者は18歳女性でカイロの北方の地域に住んでいて、感染した家禽を取り扱っていて発病したと言う。彼女の家族も検査を受けている。女性はタミフル服用で治療を受けているが、様態は安定していると伝えられた。
・Ordinary Indonesians unafraid of birdflu threat Washington Post (米国) 一般のインドネシア人は鳥フルを恐れてはいない
 鶏業者などのインタビューを通して、インドネシア人が鳥フルをそれほど恐れてはいないことを報告。
 ”もし感染して死亡したなら、それは僕の運命さ。予防衣や手袋、マスクなどを着けて作業をしたなら、仕事は遅くなる。そうなったら僕の顧客は他に取られてしまうよ”、と家禽行商人は語った。…

・Birdflu seen unlikely in Japan sparrow deaths: official Thanh Nien Daily (ベトナム) 日本での大量雀の死亡は鳥フルの可能性は低い
 ロイター:
 600羽近くの雀が今年に入ってから北海道で死亡していることを地域の当局者が語り、さらに地域の住民から多くの情報が寄せられていると語った。
 ”我々は今の所死亡の原因をつかんではいない”、と当局者は語り、地域の大学でウイルスや寄生虫の検査をしており、11日には結果が判明すると語った。
 当局者によると鳥フルは考えづらく、住民達は死亡した雀を食べているカラスを目撃しているが、カラスの大量死は起きていない。
 もう一つの行政当局ではいくつかの鳥フルウイルス検査を死亡した雀で行ったが、全て陰性だったと説明している。
・Indonesia reports new birdflu case ABC Asia Pacific (オーストラリア) インドネシア、新規鳥フル患者を報告
 23歳家禽農場労働者が鳥フルに感染したことが、インドネシアでの検査で確認され、WHOもそれを確認した。
 患者は西スマトラ省のパダングの病院で治療である。
 感染源は職場での発病した鶏と考えられている。
 インドネシアではこれまで23人の死者と10人の生存している感染者を確認している。
・Woman in southern China being tested for birdflu(Updated 11:31 am ... China Post, (台湾) 南部中国で女性が鳥フル疑いで検査
 WHOは11日、中国南部で41歳女性が肺炎様症状で倒れ、H5N1鳥フル疑いで検査を受けていると発表した。
 症例は3月30日にWHO北京事務所に報告された。
 女性は広州の市場で野菜販売をしていて、発熱と咳、頭痛を呈して入院した。
 女性は生きた家禽のいる近くで働いていたという。現在状態は安定していて、最終的検査結果は5週後になると、WHOでは言っている。
・H5N1型を指定感染症に・新型インフルエンザ対策 日本経済新聞
 厚生労働省は11日までに、新型インフルエンザへの変異が懸念されるH5N1型の高病原性鳥インフルエンザを、患者の強制的な入院や就業制限などの措置が取れる「指定感染症」に指定する方針を固めた。
 14日の厚生科学審議会感染症分科会に諮る予定。
 昨年11月策定の政府の新型インフルエンザ対策行動計画では、新型が国内外で発生した場合に速やかに政令で指定感染症にするよう規定した。
 しかし、手続きには数週間から1カ月弱かかるため対策が遅れかねないうえ、世界保健機関(WHO)が今年に入って新型発生前でもH5N1型患者は隔離が望ましいとしたため、方針を変更した。
 高病原性鳥インフルエンザは現在、感染症法で四類感染症とされ、患者の隔離はできない。指定感染症になると、感染の拡大を防ぐため患者の強制的な入院や就業制限、死体の移動禁止などが可能になる。人権面から安易に指定することへの批判があり、指定は原則1年間に限定されている
・新型インフルエンザ対策 〝疑い患者〟を隔離検査 神戸新聞 
 高病原性鳥インフルエンザの世界的な拡大を受け、県は十日、新型インフルエンザ発生時における初動態勢などをまとめた実施計画を発表した。
 県によると、新型インフルエンザの流行は、十-四十年周期。最後に流行した一九七七年から約三十年が経過しており、関係機関の役割分担などを明確にした対策づくりが急務とされていた。
 実施計画では、海外で新型インフルエンザが発生し、発表時にはすでに国内に感染者がいると想定。発表三日目までの動きを整理した。
 発表一日目は、マスコミなどを通じ、発生地域などを公表し、同地域からの帰国者に県への連絡を呼び掛ける。そのうち、発熱があり、簡易検査で新型に感染した可能性があるとされた“疑い患者”は、県内指定の八つの病院に入院するよう要請、さらに詳しい検査をする。発熱がない人は、各健康福祉事務所の職員が健康調査に訪ねる。
 二日目は学校や企業への感染者調査をする一方、医薬品業者に対し、抗ウイルス薬タミフルの抱え込み防止を指導。三日目も、初期封じ込め対策を継続する。
 県は「現在は世界のいずれの地域でも新型インフルエンザの流行は確認されていない」としているが、七月までに消毒法などまん延防止対策を盛り込んだマニュアルを策定する予定だという。
・Risk to humans from birdflu splits ministry experts Independent (英国) 英国:鳥フルの人への危険性に関して、政府専門家の間で意見が分裂
 二人の政府科学顧問の高官の間で、人のパンデミック・インフルエンザに関する危険性に関して意見が分かれている。
 スコットランドでH5N1鳥フル感染鳥の検索が進められているが、保健省と貿易産業省(Department of Trade and Industry :DTI)の間で(事態の把握に関して混乱が生じている。
 英国は人のパンデミック・インフルエンザに関して1年以上も前から対策を立ててきているが、その中で数百万人分の抗インフルエンザ薬の備蓄と、流行が起きた場合の緊急行動計画を作成した。
 昨日貿易産業省の主任科学的顧問官のダビド・キング卿は、人でのパンデミック・インフルエンザの発生は必然的なものとは考えない、と語った。それは保健省の政府主任医療政務官のライアム・ドナルドソン卿の、”パンデミックは発生は必然的であり、それは発生するかどうかではなく、いつ発生するかという問題なのだ”、という意見と対立している。
 ダビド卿は、政府のパンデミック・インフルエンザ対策に関するテレビのインタビューで9日、”今、我々が話しているのは人でのパンデミック・インフルエンザのことであり、今、発生しているのは人でのインフルエンザではない。政府は人での発生の可能性に対して準備しているが、私はそれは極めて低い可能性しかないと考えている”。
 ダビド卿の報道官は、”ダビド卿は人でのパンデミック・インフルエンザ発生が必然的なものとは考えていない。彼は人のパンデミック・インフルエンザ発生の可能性は現在も将来も低いと考えている。問題はいつ発生するかではなく、発生するのかどうかと言うことだ”、と語った。
 WHOは昨年、パンデミックインフルエンザは発生するだろうがその時期は分からない、との見解を出しているが、主任医療政務官の考えも、それを支持している。
・JORDAN: WHO to declare country free of avian flu  Reuters AlertNet (英国) ヨルダン:鳥フル発生はないとWHOが判断
 国籍がエジプト人である男性が、ヨルダン内で鳥フルを発症したことが今月初めに確認されていたが、完全に回復して退院したことを受けて、WHOはヨルダン内では鳥フル発生がないことを数日内に発表する予定となった。最初のケースが発症後21日間次の発生が見られない場合は、発生はしてないと公式に表明できる。政府の公報担当責任者はそのように語った。
・INTERVIEW-Bird flu may have infected people in W.Africa   Reuters AlertNet (英国) インタビュー:西アフリカでは人感染が起きている可能性がある
 WHOの鳥フル対策ナイロビ代表の医務官が、西アフリカで人が感染していないという報告はないが、それは発生していないということを意味しているのではない、と語り、発生の有無について判断する材料はないが、人での感染例が発生する危険性、発生している可能性は高い、とロイター通信の記者に語った。
・UN Official Says More Donor Money Needed To Stop BirdFlu Playfuls.com (ルーマニア) 国連、鳥フル拡大対策にさらなる資金が必要と
 基金提供国はさらなる数億ドルの基金を、発展途上国における鳥フル対策のために提供することを考慮すべきと、国連の高官が10日語った。

 欧米とアジアの基金提供国は、北京の国際会議で19億ドルの基金を、12ヵ国(ほとんどはアジア)における鳥フル対策のために提供することを約束した。
 しかし、渡り鳥によりウイルスは、少なくとも5ヵ国のアフリカを含む世界中に速やかに拡大し、国連の保健当局はこれらの発展途上国における対策に必要な資金援助を再評価する必要が出ている。国連の鳥フル対策調整官のダビド・ナバロ博士が記者会見で語った。
 ”鳥類での鳥インフルエンザ発生数は、1年前に比較して明らかに増加している”、と博士は言う。
 ウイルスは少なくとも発病した鳥に接触した人々109人を殺した。しかしWHOを初めとする国際的保健当局は、ウイルス変異により人での爆発的感染が生じることを恐れている。
 ナバロ博士はアジアにおける鳥フル対策の視察に5ヵ国を訪問し、バンコクの記者会見で、さらなる基金が必要であるかについての論議には終止符を打ち、鳥フルの世界拡大阻止のための膨大なる基金が早急に提供される必要があると警告した。
 WHOはアジアが人でのパンデミックの発生地となることを恐れている。ナバロ博士は感染国における対策状況について国別に2種類の評価をした。1つはベトナムとタイでの状況で、これまで最も多くの感染者を出したが、驚異に値する努力で対策を進めていると賞賛する一方、中国、インドネシア、そして特にミャンマー(ビルマ)は対策が遅れていると評価した。
・欧州で鳥インフルエンザ 鶏輸入止まり国内養鶏業に影 朝日新聞 
 
・Czechs Seek Chicken Import Limits As 10th BirdFlu Case Found Playfuls.com, (ルーマニア) チェコ、鶏肉輸入制限を考慮--国内10例目の鳥フル発生
 2羽の白鳥からH5N1ウイルスが検出され、国内で10例目の鳥フル事例が確認されたチェコでは、他の鳥フル発生ヨーロッパ諸国から鶏肉が下落した価格で輸入されている。昨年に比較して1月で16%も輸入量が増加していると言う。チェコ政府はEU委員会に対してチェコの農家を保護するために、ダンピングした価格で鶏肉がチェコに入ってくるのを阻止する新しいルールを制定するように働きかけている。当局者によるとイタリアでは鶏肉から魚肉へ消費者の趣向が転換したため、鶏肉消費量が落ち、そのためチェコへの輸出量が増加していると言う。
・Algeria begins manufacturing birdflu drug Tamiflu TODAYonline, (シンガポール) アルジェリア、タミフルを製造へ
 
アルジェリアは抗鳥フル薬のタミフルを、ブランド名”サイフル”としてインフルエンザ・パンデミックに備えて製造を開始した。アルジェリア国営通信のAPSが報じた。
 アルジェリア国営製薬企業のサイダルは、2月にインドの製薬会社ヘテロ(Hetero )の同意のもとにサイフルの製造を始めた。
 サイダルでは今年末まで、600万箱を緊急用備蓄として製造すると説明している。また同社は緊急用備蓄量はWHOの勧奨に従って人口の25%を対象としていると言っている。
また同社は5万箱を4月末まで初期の備蓄量として用意予定と語った。
 サイダルでは2月にスイスのロッシュ社がインドのヘテロ社に、タミフル製造ライセンスをアルジェリアを含む特定の国に回す(pass)
ことを許可したと説明しているが、ロッシュ社の報道官は、そのようなことが出来るのはロッシュ社だけで、そのような事実はないと語っている。そしてサイダル社が許可されているのはタミフル製造の最終段階だけで、その部分に関してはロッシュ社は関与出来ないと付け加えた。
 アフリカのいくつかの国では鳥フル発生が認められているが、アルジェリアではこれまで報告されていない。

4月10日


・Croatia confirms H5N1 case in dead swan near Zagreb Washington Post (米国) クロアチア、ザグレブ近くで死亡した白鳥からH5N1鳥フルウイルスを検出
 先週発見された死亡した白鳥から、H5N1鳥フルウイルスが検出されたことをクロアチア当局は発表した。
・'100 birdflu outbreaks' in Burma BBC News (英国) ビルマで100ヵ所で鳥フル発生

 国連によると、ビルマでの鳥フルは100ヵ所以上に拡大している、と発表された。
 国連のFAOは事態は予想していた以上に悪い、と語った。
 3月13日にビルマは2004年11月以来初の鳥フル発生を発表した。それ以降発生数は5倍に上っている。
 FAOの報道官によると正確な情報を得るのは難しいと言う。政府発表情報も不正確で分かりづらい、と言う。
 また報道官は、ビルマでは鳥フルに対処するための科学的機器と施設は不足していて、国際的援助が必要だろう、と語った。

国連による援助

 国連の鳥インフルエンザ対策調整官であるダビド・ナバロ博士は最近東南アジアを訪問したが、ビルマには大きな問題があると語った。
 ”我々はこの数日間から数週間、ビルマに多くの焦点を合わせて、政府と市民の鳥フル対策を、より強力なものにする予定だ”、と同博士は語った。
 3月13日、ビルマはFAOに、最初の家禽における鳥フル発生を報告した。5000羽の鶏が殺処分され、国営メディアは国民に感染疑い例は速やかに報告するように警告した。

・Birdflu spreading fast in Burma: UN ABC Asia Pacific (オーストラリア) 国連:ビルマでの鳥フルは急速に拡大中
 国連の農業担当当局は鳥フルが似るまで急速に拡大していて、現在100以上の発生が見られていると発表した。
 国連報道官によると2チームがビルマに派遣されたが、状況は予想した以上に酷いと語った。
・Vietnam wants more UN support in fighting birdflu VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム政府、鳥フル対策で国連に援助を要求
・'Very low' risk of birdflu spreading between humans: scientist Thanh Nien Daily (ベトナム) 英国科学者、鳥フルが人の間に拡大する可能性は非常に低いと


Reuters
 英国政府の科学的顧問を務めるダビド・キング卿は、H5N1鳥フルが人の間で広がる可能性は極めて低いと語った。
 ”確かに政府はその可能性に対して、準備を進めてはいるけど、私はその可能性は極めて低く、間違いなく起きるとは考えていない”、と語った。


・Expert says birdflu risk to humans 'very low' Scotsman, (英国) 英国専門家、人への鳥フル拡大の危険性は極めて低いと
 鳥フルウイルスが変異して人人感染を生じる可能性は非常に低いと、政府のトップ科学的顧問官が語った。
 ダビド・キング卿は、そのような変異が生じ、結果的に世界的パンデミックが生じるのは避けがたいとする、いかなる考えも全くの誤解だと言う。

 彼のコメントは、政府が、ウイルスが人の集団内で感染を広げだしたとき、多くの学校の閉鎖を行う計画を立てていることが、判明したことを受けて出された。
 しかしその計画は、トップウイルス学者のアベルディーン大学のヒュージ・ペニングトン教授によって実際的ではないと退けられた。同教授はウイルスが拡大している間最大7ヶ月間学校を閉鎖する必要がでる可能性はあるが、それは最後の手段であると語っている。
 ダビド卿は、スコットランドのファイフェで死亡した白鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出されて以来、人にはすぐには何ら危険性が無いと言うことを社会的にアピールしている。
 彼は”我々が心配しているパンデミック・インフルエンザとは、人の間におけるものだ。現在人の間では何も発生していない。政府はその可能性に対して準備しているが、私はその可能性は非常に低いと思うし、間違いなく起きるとも考えていない”、と言う。
 彼はさらに続ける。
 ”1996年以来、時間の経過と共にウイルスは鳥の間に拡大し、特にアジアでは感染した鳥と多くの人々が接触してきている。しかし人の間での流行は起きていない”。
 さらにダビド卿は英国での鳥フル発生を否定し、スコットランドでの死亡した白鳥の事例は孤立した事例に過ぎないと説明する。
 ”絶対に家禽の間には鳥フルは発生していないし、野鳥から家禽へ鳥フルが拡大しないであろう事には、非常に楽観的見通しを抱いている”。
 ”1羽の白鳥の感染は、英国にそれが拡大してきたことを意味してはいない。英国への拡大を結論づけるためには、我々はもっと証拠を得る必要がある”。
 週末、多くの人々が白鳥やアヒル、そして他の野鳥に餌を与える光景が各地で見られていた。少なくとも国内でパニックが引き起こされているとは考えられない光景だ。
 ダビド卿のウイルス変異の可能性に関するコメントは、WHOのグレゴリー・ハートル(Gregory Hartl)の意見でも支持される。”ウイルスはいまだ変異していない。このウイルスは簡単には変異しないように思われるのは、興味あることなのだが、それでも、ウイルスの変異が起きるかも知れないという危険性は、絶えず存在している”。
 英国とウエールズの主任医療政務官のドナルドソン卿は、人でのパンデミックが発生したとき、10万人からの子供の死亡が予想され、それを防ぐために学校の閉鎖が必要であると大臣達に忠告している。学校を閉鎖することで死亡者数が半減されると説明している。
 しかしペニングトン教授は、学校閉鎖が実際的に有効な手段とは思えないと言う。
 ”もしパンデミックが起きるとしたなら、夏に来るだろう。それから流行は2波に渡って6~7ヶ月間続く。その間学校を閉鎖できるか?”
 ”それは高致死率で人々が死亡し始めたときの政策に過ぎない”
・Birdflu outbreak fears ease ic Liverpool (英国) 英国、鳥フル拡大の恐れ和らぐ

 英国における鳥フル拡大の恐れは、スコットランドでの感染が最初に発見された白鳥以外見つかっていないことから、大幅に軽減した。
 研究所では2月末以来鳥の死骸の検査は自由に受け付けており、これまで1100羽以上の鳥の検査を行っているが、H5N1ウイルスが陽性だったのは、今回のファイファにおけるチェラルダイクの白鳥の例だけだった、と説明している。
 また環境食料農業省の報道官は、最近まで鳥フルが疑われる報告や、検査が必要とされる事例の報告はない、と語った。
 政府のトップ科学的顧問であるダビド・キング卿は、英国の家禽の間で鳥フルは絶対発生していないと語り、さらに野鳥の間で感染が広がっていないことに、極めて楽観になっていると付け加えた。
 同卿は、今回見つかった死亡した白鳥は、ヨーロッパの感染地で感染したものがやってきただけだろう、と語った

・Bird flu could kill 100,000 British children-report Reuters AlertNet (英国) 鳥フルにより、英国の子供達10万人が死亡の可能性:報告
 鳥フルが人の間でパンデミックになったなら、英国で10万人の子供達が死ぬ可能性があることを、政府の保健医療顧問が警告した。彼は学校に流行時には閉鎖することを提言している。9日のSunday Timesの報道である。
 政府の保健医療顧問のドナルドソン卿は同紙に、教育相に内々の手紙を送り、もしウイルスが変異して人々の間に感染が拡大し始めたら、10万人近くの子供達が死亡する可能性があり、それは学校閉鎖により半減出来ることを伝えたと言う。
 ドナルドソン卿によるとパンデミックが発生した場合、英国で70万人もの人々が死亡する可能性があると言う。

 英国は先週東部スコットランドのチェラルダイク港で、初の鳥フルを死亡した白鳥で確認した。鳥フルは主として動物の間でしか感染を広げていないが、科学者達はウイルスが変異して人人感染を起こしだしパンデミックとなる恐れを抱いている。
 英国政府保健医療顧問は、そのようなパンデミックになる可能性は非常に低いと語っているが、政府は可能性に対して対策を立てている。WHOによるとウイルスはこれまで109人を殺したが、その多くはアジアで、さらに感染した家禽と密に接触した人々に限られている。
 スコットランド行政府のジャック・マックコネル首相は、9日(日曜日)のテレビ・インタビューで、もし学童が感染したならスコットランドの学校は閉鎖される、と語った。”学校で感染した生徒達が確認されたなら緊急的措置がとられる”、と Sky ニュースは首相の言葉を引用して報道した。首相は、学校閉鎖が鳥から人に感染した場合に行われるのか、それともパンデミック発生時にのみ行われるのかについては、言及しなかった。
 Sunday Telegraph紙による報道では、鳥フルがパンデミックになった場合の食料不足対策を、政府は立てていると伝えた。政府はパンデミックが起きた際に、トラック運転手の多くが感染地域に入るのを嫌うことを予想している。非番の消防士や定年退職後のトラック運転手が生活必需品を輸送するために駆り出される計画が、Sunday Telegraph紙が明らかにした内閣の秘密文書に記載されていると言う。
.・Niger begins cull weeks after finding bird flu  Reuters AlertNet (英国) ニジェール、鳥フル発見数週後に家禽の殺処分を開始
 世界でも最も貧しい国の一つであるニジェールで、9日家禽の殺処分が開始された。南部のナイジェリア国境近くで鳥フルが発見されて1ヶ月以上経過している。H5N1鳥フル発生が確認された後、2月28日に感染地域の全ての家禽の殺処分が指示されていた。しかし後に当局は交際社会に緊急措置のための資金がないと訴えていた。感染村は隔離され、予防衣を着用した関係者だけしか出入りしていない。また家禽の移動も禁止されてきていた。
・Austrian bird flu tests negative -ministry Reuters AlertNet (英国) オーストリアでの鳥フル検査は陰性と
 オーストリア南部の家禽農場で突然死亡率が上がったため、鳥フル疑いで検査していた当局は、鳥フル検査は陰性であったと、9日発表した。
 短期間に500羽の鶏が死亡したため、検査が行われた。
4月9日


・Scotland well prepared for birdflu: govt. Washington Post (米国)  スコットランド政府:鳥フルに対して十分な態勢
 初の致死的鳥フルが先週見つかったスコットランドでは、人におけるパンデミックに対して十分準備されていると、スコットランド行政府のジャック・マックコーネル首相が語った。
 家禽や野鳥における迅速なる鳥フルの検出と、人での感染予防対策、そしてもし人での感染が発生した場合の対策など、十分準備されていると語った。
 同首相は家禽に対するワクチンは専門家のアドバイスにより行わないと語った。
 ”もしワクチンが接種されたなら、それは実際に感染した鳥とワクチン接種された鳥との間で区別がつかなくなるだろう(ワクチン接種された鳥もウイルスを排出する:訳者)。ワクチン接種の決定は専門家のアドバイスを元に行うのが賢い方法と考えている”。
・Austria tests for birdflu on poultry farm Reuters AlertNet (英国) オーストリアの家禽農場で鳥フル発生疑い

 オーストリア保健省は、南部の商業用家禽飼育場で死亡率が上がったために、鳥フル疑いで検査を行っていることを発表した。結果は9日(現地時間)に発表される予定。
 これまでオーストリアでは多くの野鳥で鳥フルが発見されていて、また動物保護区では家禽1羽の感染を認めている。しかし商業用家禽農場での発生は認められていなかった。
 ドイツでは先週商業用家禽農場で発生している。

・No new birdflu in Scotland Sydney Morning Herald (オーストラリア) スコットランド、さらなる鳥フルは見つから
 その後調べられた14羽の死亡した野鳥、12羽は白鳥、においてH5N1鳥フル検査は全て陰性であったと当局が発表した。
・More birdflu tests negative in Scotland, two positive in Czech ... TODAYonline, (シンガポール) スコットランドでのさらなる検査は陰性と:チェコでは死亡した白鳥で確認


 スコットランドで死亡した白鳥を検査する研究者
 AFP
 鳥フルが死亡した白鳥で確認された後、英国中から死亡した鳥に関する情報が当局に寄せられている。その一方、その後行われたスコットランドで死亡した野鳥での検査で、5羽が陰性だったと発表された。
 他に疑われていたスコットランドの9羽とアイルランドの6羽については、7日に感染していないと発表されている。
 王室鳥類保護協会(RSPB)のスポークスマンによると、ヨーロッパにウイルスが到達してから、英国では1000羽以上の鳥が調べられてきた。その中で1羽だけが陽性となった。
 このウイルスは鳥類の中でそれほど広く拡大はしていない、と同氏は説明する。しかし、この先どの方向へ向かうのかは誰も予知できない、と語る。
 5日遅くにスコットランドで感染した白鳥が確認されたことが発表されでから、翌日の6日には1700件の電話が政府の「鳥フルホットライン」に殺到し、翌日には2420件の電話があった、と環境省では発表している。
 英国環境食料農業省のスポークスマンは、ホットラインに携わるスタッフ数を増やすと共に、対応時間も延長したと語った。
 ”英国とスコットランドには異常に多くの情報がある”、とスポークスマンは付け加えた。
 RSPBの報道官のファーラー氏は、鳥に関心のある全ての人に向かって、何か異常が見つかったら報告するように呼びかけている。
 また同時にRSPBは、(報告されてくる)多くの鳥の死が鳥フルによるものではなく、自然によるか人工的産物による原因である可能性が大きいと考えている。
 英国には数千万羽の野鳥がいると考えられている。

 一方、EUで12番目の鳥フル発生国となったチェコ共和国では、南西部で死亡した白鳥からウイルスを検出された。
.
・Indian poultry farmer hospitalized for birdflu tests TODAYonline (シンガポール) インド:家禽農場経営者鳥フル疑いで入院、検査
 西インドのグジャラト州(Gujarat)の家禽農場経営者が、鳥フルを発病した疑いのある家禽と接触した後、発熱を呈しているため、隔離入院の上、鳥フル検査を受けていると、当局から発表された。
・Human Toll Rises with Avian Flu Deaths in Egypt, Cambodia US Dept of State (press release),  (米国政府広報) 鳥フル死者、エジプトとカンボジアで増加

 カンボジアとエジプト保健省はH5N1ウイルスによる若い人の死亡をそれぞれ確認し、エジプトは1人の感染者を確認した。そしてスコットランド政府は、スコットランド東海岸のファイフェで死亡した白鳥からH5N1鳥フルウイルスを検出した。
 もっとも最新の世界における感染者数は、WHOによると192人で死者は109人となっている。
 スコットランドでH5N1ウイルスが検出されたことにより、野鳥と家禽におけるH5N1ウイルスが検出された国は2003年以来53ヵ国に上った。

エジプトにおける鳥フル

 4月6日にエジプトは、11人目の感染者で3人目の死者となった事例を発表した。
 カイロの北方、Minufiyah governorateに住む18歳少女で、3月29日に発症し、4月5日に入院し、そして翌日死亡した、とWHOが説明している。
 同国の中央公衆衛生研究所での検査でH5N1感染が確認された。
 さらにエジプトではカイロ近くの村に住む6歳少年がH5N1ウイルスに感染したが、容態は落ち着いている。
 他でも見られているように、エジプトにおける全ての感染者は子供か若い人々で、死亡、または感染した家禽との接触歴を持っている。

カンボジアにおける鳥フル
 カンボジア南部のベトナム国境近くのPrey Vengの12歳少年が、カンボジアで6人目の感染者で、また6人目の死者となった。
 少年は3月29日に発熱と頭痛を呈し、私的クリニックで治療を受けた。その後プノンペンの病院に4月4日に入院し、翌日死亡した。少年の検体はプノンペンのパスツール研究所で、H5N1ウイルスが陽性と診断された。
 4月5日に、カンボジア保健省、WHOおよびパスツール研究所のスタッフから構成されたチームが、少年の住んでいた村の状況を調査した。
 WHOの発表によると、ここ数週間、少年の住んでいた村周辺で多くの鶏とアヒルが死亡しており、少年は死んだ鶏を家庭に食べるために持ち込んでいた。
 調査チームは少年との濃厚接触者25人を同定し、その健康調査を行っているが、今のところ発病者はいないと言う。また各家庭を巡回調査して発病者の発生の監視が続けられている。

スコットランドにH5N1ウイルスが到達

 スコットランド行政府は4月6日、英国初のH5N1鳥インフルエンザを死亡した白鳥で確認した。
 4月6日英国とスコットランド共同による、英国環境食料農業省(DEFRA)からの声明で、白鳥から高病原性H5N1ウイルスが検出されたことが伝えられた。
 さらに同国の報道によると、スコットランドで見つかった死亡した他の17羽についても検査されているようだ。
 スコットランドと英国政府の当局者は、緊急に獣医学的危険性を把握するとともに、鳥類学専門家に状況と家禽などに及ぼす危険性を相談すると発表した。
 スコットランド環境大臣のロス・フィニーは7日、全国農業連合のメンバーと鳥フル拡大防止に関する今後の対策について話し合った。
 ”全ての関係者の願いは、この病気をさらに拡大させないことだ。そして決して我々の飼育する家禽の中に感染を広げさせないことだ”、と全国農業連合の会長であるジョン・キンナイルド(John Kinnaird )氏は声明の中で語っている。
 同氏は、さらに家禽産業界がスコットランド政府と共に、発生した鳥フルを最小限に食い止めるために協力し合ってゆくことを、声明の中で付け加えた。
 スコットランド政府は、発生した地域の周辺に予防地域( protection zone)を設定し、家禽やその産物の移動を禁止した。そして警戒地域(surveillance zone )も設定して、農場における高度の警戒態勢が敷かれた。
 またさらに野鳥危険地域(wild bird risk area )も設定され、そこでは家禽の野鳥との接触を避けることが義務づけられた。

 さらなる情報は Bird Flu (Avian Influenza).

4月8日


・Croatia confirms first birdflu case in capital People's Daily Online (中国) クロアチア、首都で鳥フルの発生を確認
 クロアチア当局は7日、首都ザグレブで死亡した白鳥からH5鳥フルウイルスを検出したことを発表した。
 クロアチアでは2月末に、2羽の死亡した白鳥からH5N1ウイルスが検出されている。
・Further Scottish birdflu results return negative Reuters.uk (英国) スコットランド、さらなる疑い野鳥の検査は陰性と
 その後、スコットランドで発見された9羽の野鳥は、検査で鳥フル陰性だったと当局は発表。
・Vietnam reports bird flu outbreaks near China Reuters AlertNet (英国) ベトナム、中国との国境沿いで家禽の鳥フル発生と
 ベトナム当局は中国国境沿いで3農場で鳥フルが発生したことを報告した。ここ数日間で2度目である。
 ウイルスはH5亜型と発表されているが、さらに詳細な分析の予定は無いようだ。ベトナムでは人の感染が疑われない限り、亜型分析まで行わない(H5N1か否かの分析)。
Vietnam has detected bird flu on three farms near the Chinese border, the second such finding in the past few days, an animal health official said on Saturday.
・Swan may have caught the virus a month ago The Observer (英国) 白鳥は1ヶ月前にウイルスに感染した可能性
 発見された時の死骸の腐敗状況から、死んだ白鳥は1ヶ月前頃にウイルス感染していた可能性があると、専門家達は考えているようだ。他の鳥へも感染が広がっている可能性があることから、死亡した鳥の検査体制が昨日から強化されている。
・Scientists play down fears over spread of disease in UK Independent (英国) 科学者、英国における鳥フル発生に対して人への危険性は極めて低いと

 致死的鳥インフルエンザが英国で初めて見つかった後、政府の主任科学者は英国中の鳥の検査を行うことで社会的不安感の軽減に務めはじめた。
 主任科学者であるダビド・キング卿はH5N1鳥フルウイルスが死亡した白鳥から検出されたからと言って、パニックになる必要はないと力説している。
 2001年に口蹄疫が英国に流行した際の経験が、多くを残したことから、英国は他の国以上に流行病の発生に対処出来る、とダビド卿は語る
卿は1羽の白鳥の死がから危機が訪れたとは考えない、とも語る。
 致死的鳥フルの到来は、それが国中に拡大し、人に感染する株に変異する不安を駆り立てさせるが、それにも関わらずダビド卿は強気のメッセージを発した。
 政府の主任医療政務官であるライアム・ドナルドソン卿は、昨年、鳥フルで死亡する可能性のある死者数を5万人と言ったが、最近露見された内閣の秘密文書では32万人に達する可能性もあるとされる。
 死亡した白鳥から病気が拡大する警戒から、昨日ウエブリッジの政府機関の獣医研究所では、少なくとも鳥フルを疑わせる22羽の鳥の検査を行っている。12羽の白鳥を含む14羽の検体は、10日前に白鳥で鳥フルが見つかったスコットランドから運ばれた。また3羽の死亡したカモメがグルチェスターで、1羽のカモの死骸がバーミンガムで見つかり、それらの検体が送られてきている。
 英国の危機管理チームであるCobra委員会が昨日ホワイトホールに集まり、ベン・ブラドショウ動物愛護大臣が座長となって、今後の対策について話し合った。
 緊急対策は3月29日に死亡した白鳥が見つかった、ファイファのセラダイク村周辺に焦点が合わせられた。100以上の農場で300万羽の鶏が飼育されているが、その地域は2500キロ平米の広さであり、その一帯が”野鳥危険地域”と指定され、家禽の屋内飼育が義務づけられ、さらに他の拡大防止対策がとられた。
 警察は鶏や七面鳥を運ぶ車の監視を始めている。
 地域の店や図書館では、犬は必ずリードを着ける様に指導するポスターが貼られた(放し飼いの禁止:訳者)。数千枚のチラシが各家庭に配られ、衛生管理について指導された。
 英国中の公園、動物園、野生動物公園では職員がパトロールを強化して、動物達の異常の有無の早期発見に務めている。
 
 専門家達は、現在のH5N1鳥フルは、人にはほとんど危険性がない、と説明する。それは一般的に、感染した家禽を取り扱う作業者にのみ感染しているとされる。
 王室ロンドン病院教授のジョン・オクスフォードは次のように語る。
 ”感染した鳥の側を歩いたからと言って人は感染しない。くちばしに触ったり、羽根を引っ張ったり、または排泄物に触れたり、等しない限り感染はしない。この時点で人に対する危険性はほとんど無いと言える。感染地域における鶏や七面鳥における危険性の方が遙かに高い”。

・Bird flu lab will work all hours as number of tests grows Times Online (英国) 鳥フル検査は24時間態勢で
 英国における鳥フル検査は24時間態勢で行われると当局から発表された。本日もウエブリッッジの研究所には60羽の鳥の検体が持ち込まれていると言う。
 2月1日以来500羽の白鳥を含む1100羽の鳥の検体が検査されているが、そのほとんどは定期的検査であったが、現在は全ての死亡した白鳥に関して緊急検査対象となった、と説明された。
・Calm urged as Britain responds to first wild bird flu death Political Gateway (米国) 英国、初の鳥フル発生に、国内での動揺の沈静化に

 国として初のH5N1鳥フルが野生の白鳥で見つかった英国では、7日、当局や各団体により、市民に対して過剰反応しないように呼びかけられた。
 科学者達は英国がEUでの13番目の鳥フル発生国となった後、さらに白鳥を中心とする死亡した野鳥の検査を行っている。
 東部グルチェスターの市街地の湖では3羽の海カモメが死亡し、同じようにウイルス検査が行われている。
 ”死亡した野鳥が見つかったなら、例えガンであれ白鳥であれ、またはカモやカモメであれ、すぐに検査する予定だ”、と環境食料農業省のスポークスマンは語っている。
 政府の主任科学アドバイザーであるダビド・キング卿は、”英国は他の国よりも態勢が整っているはずだ。5年前の口蹄疫(牛を種とする感染症)で経験があるからだ”、と語る。さらに”私は1羽の死亡した白鳥が危機到来とは考えない”、とBBC放送で語っている。
 スコットランド行政府は、死亡した白鳥でウイルスが確認されると即座に、周辺2500キロ平米の”野鳥危険地域”を設定し、家禽農家に家禽の屋内飼育を義務づけた。
 7日、エジンバラでスコットランド農業組合の代表者達が、スコットランド行政府の農業大臣と会い、今後何が起きるのか等について話し合った。
 ”今我々が努力していることは、事態が危機状態になることの阻止だ”、と大臣は会談後に語った。
 野鳥危険地域には175件の登録された家禽農家がいて、その中の48件で26万羽の家禽が屋外で飼育されている。
 ブレア首相は6日、アイルランドの訪問中に、冷静を国民に呼びかけた。
 ”これは人人感染を起こすウイルスではないのだ。それは家禽へ感染するものなのだ”、と首相は語り、”人が直接、そして非常に濃厚に家禽と接触しない限り感染はしない”、と強調した。 ”他の国が行った対策に従って、英国も最善の方法で鳥フル対策を行おう”。
 英国でもっとも影響力のある団体の王室鳥類保護協会も、”人に感染することは非常に希だ”、とコメントを出した。 ”それでも病的または死亡した鳥には接触しないことと、庭で鳥を飼育しているならば常に衛生管理に注意することは必要だ”、とも忠告している。
 主要な英国新聞は、6日の死亡した白鳥からウイルスが検出されたことは驚くべきことではなく、アジアからのH5N1鳥インフルエンザの拡大の詳細な足跡から予想されたことだ。冷静に理性的に反応しなければならない、ともアピールした。
 ”H5N1ウイルスの到来は、我々全てが死亡することを意味してはいない”、と Daily Telegraphは社説で語り、さらに、最も危険なことは、”当局の過剰反応の脅威だ”、と付け加えている。
{"The arrival of H5N1 does not mean we are all going to die," wrote the Daily Telegraph in an editorial, adding that the greatest danger was "the threat of official over-reaction".}
・Bird Flu Could Reach North America Via Scotland Playfuls.com, (ルーマニア) 鳥フルはスコットランド経由で北米へ達する可能性も

 英国で初のH5N1鳥フルが検出されたが、さらにカナダから米国へ拡大する可能性が示唆されている。
 英国鳥類学者グループは、英国からの(white-fronted)ガンとカナダからの(snow )ガンが夏場にグリーンランドで一緒になり、そこでウイルス感染が起こり、再びカナダに戻ったガンから北米一帯に広がる可能性を警告した。
 

・Britain rolls out bird flu crisis plan TheNewsTribune.com  (米国) 英国、鳥フル危機計画の実施へ
 野生動物管理局(Wildlife officers)では3百万の鳥の監視と、10数羽の死亡した白鳥についてのH5N1鳥フル検査を開始した。
 
  H5N1鳥フル発生地域周辺では、約25万羽の屋外飼育家禽は室内へ、そして家禽移動の厳格な禁止措置が始まった。
 周辺1.8マイル内の6家禽飼育者達は、鳥フル検査のために検体の提出を指示された。
 発生地周辺6マイル内の監視地域では、監視員と獣医師達がパトロールを開始した。
4月7日

・Birdflu turns up in Scotland; Canada could be next destination Globe and Mail  (カナダ) 鳥フル、スコットランドへ;次はカナダの可能性
 夏になると、スコットランドなどからの渡り鳥がグリーンランドへ北上。そこへはカナダからの野鳥も飛来してきていて、ウイルスが感染する可能性が大。それからウイルスはカナダへ戻る野鳥によって運ばれる。
・Deadly birdflu spreads west, kills Egyptian Reuters (英国) 鳥フル、西方へ拡大:エジプトで死者発生
 スコットランドの記事の他:
 エジプトで6日、16歳少女が鳥フルで死亡したことが保健省から発表された。3人目の死者となった。
 エジプトでは3月中旬から11人が感染し、2人が回復、6人が入院中となっている。
・14 birds tested for flu virus ic Croydon (英国) 14羽がさらに鳥フル検査
 スコットランドで鳥フルが疑われてさらに14羽(12羽の白鳥を含む)の野鳥で検査が行われている。
・Avian flu: wild birds, pets and poultry now at risk The Observer (英国) 鳥フル:野鳥、ペット、および家禽が危険
 スコットランドで死亡した白鳥から見つかった致死的鳥フルウイルスは、英国の家禽業界が脅威に感じる間もなく、英国中に広がってしまっている可能性が高いと、専門家は警告している。
 そうした予知は、スコットランドでさらなる14羽の白鳥でのH5N1ウイルス検査となって現れた。
 現在の調査の焦点は、鳥の感染経路の究明となっている。

 オランダのエラスムス・メディカル・センターの鳥インフルエンザの権威であるオステルハウス教授は、英国でもドイツと同じように、ウイルスがゆっくりと野鳥の間に広がってゆくだろう、と語っている。教授はさらに(感染した)猫がウイルスを家禽農場に持ち込む可能性があると警告している。
 先の英国獣医協会会長のボブ・マッククラケン氏は、ウイルスは時間と共に英国中に広がるだろうと語り、それが現実のなのだ、と付け加えている。
・Tests Confirm BirdFlu Found in Scotland ABC News (米国) スコットランドで鳥フルが確認
・Why the arrival of deadly virus poses a very real risk to us all Times Online (英国) 致死的ウイルスの到来は、なぜ非常に現実的に、我々全てに危険性をもたらすことになるのか?
 少数の死亡した鳥が数百万人の人々の死の危険性をもたらすとの思いは、非常に大きな論理の飛躍かも知れないが、それは以前にも起きたことなのだ。

 Q&A
  • 鳥インフルエンザとは?インフルエンザウイルスで起きる鳥の間での感染症。いくつかのウイルスは何ら症状を起こさないが、ある種の株は致死的である。
  • H5N1株の意味は?インフルエンザ・ウイルスは表面に2種類の突起があり、それぞれ異なったタンパク質で構成されている。一つはヘマグルチニン(H)で、もう一つはニューラミニダーゼ(N)である。Hにはタンパク組成の違いから15種類あり、Nには9種類ある。H5N1株とはH5とN1を表面に持つウイルスである。
  • その特殊性は?これは殊更鳥に対して感染性が強く、また致死的である。
  • どうしたら防ぐことが出来る?まず飼育家禽を野鳥から隔離することであるが、屋外で家禽が飼育されている場合、これは非常に難しい。
  • 鳥達へのワクチン接種は可能?可能である。この予防方法は殺処分と共に発生予防方法として極東で行われてきた。しかしワクチンが効果を呈するまで数週間要することから、殺処分の方が速やかに効果が期待できる。
  • 他にはどのような予防策が?:ベトナムや中国では家禽の移動がウイルス拡大の大きな原因となっていた。家禽の移動の禁止は意味を持つと考えられる。
  • それでも人への感染が起きる?非常に希な場合、人への感染は起きえる。これまでの経験から言うと、感染者の多くは家禽飼育に関与していた人々であり、濃厚に家禽やその排泄物に接触した既往がある。鳥のウイルスが存在する排泄物が乾き、埃となって空気中を漂い、人の呼吸で肺に入ってウイルス感染する。
  • 家禽を食べることは?加熱されて調理されている限り、ウイルスは死滅しているので安全である。
  • 感染した人は危険?極めて危険であり、これまでは発病者の半数が死亡している。ただし感染が確認されていないケースも多いと考えられるので、実際の死亡率は低いと推測されている。
  • 人へ容易に感染しやすくなる?これが大きな問題である。ウイルスが、人への感染性を有するように変異すると、世界的パンデミックとなる。しかし、感染性獲得の過程の中でウイルスは、逆に致死力を減じてゆく(のが通例である)。
  • そのようにウイルスが変わる条件は?時間的経過、人または豚のような動物の体内で、鳥インフルエンザ・ウイルスと人インフルエンザ・ウイルスが交わること。誰も人に対する致死的ウイルスへの変異が起きるか否か、起きるとしたならいつなのか、については予知できない。しかしよりウイルスが拡大すればするほど、変異の可能性は高くなる。
  • そうなったらどうなる?誰も免疫をもっていないから世界で200万人から4千万人の人々が死亡する。
  • 数羽の鳥の感染が数百万人の人々の死につながると言うのは、大きな論理の飛躍では? :実際に過去にスペイン・インフルエンザの実例がある。それも鳥インフルエンザからの変異で、世界で2から4千万人死亡した。それ故、我々はそれが実際に起きえることを知っている。
  • しかしそれは1918年のことであって、現在の我々は十分それに対抗出来るのでは?確かにそうは言えるが、しかしながら我々の現在の医療環境では応じきれない規模のパンデミックが予想される。ワクチンが用意されたとしても量は限られている。
  • もし死亡した鳥を見つけたとき、どうする?
    英国環境食料農業省(DEFRA)は:
     1羽以上の死亡した白鳥かカモを見つけたとき
     同じ種類の鳥が3羽以上死んでいるのを見つけたとき
     異なった種類の鳥が5羽以上死んでいるのを見つけたとき
     
      触らず、下記にどこで死んでいるのを見つけたか、報告するように言っている。
      (08459 335577)

・Still no grounds for panic over avian flu Telegraph.co.uk (英国) それでも、鳥フルパニックの必要はない
 ついに英国に鳥フルがやってきた。それは渡り鳥によりもたらされたのかも知れないが、彼等は今繁殖地へと向かいつつあり、ウイルスをさらに拡大してゆく可能性がある。
 現在致死的パンデミックの恐れは現実的となって現れている。
 それでも、H5N1ウイルスの到来は、我々全ての死を意味するのではない。鳥から鳥への感染が起きるが、人へ感染するような変異がウイルスに起きたわけではないのだ。家禽の間で鳥フルが流行し続けている極東ですら、150人以下しか死亡していない。もちろん十分怖いが、パンデミックとなってはいない。
・BirdFlu Found in Scotland Newstalk ZB, (ニュージーランド) スコットランドで鳥フルが見つかる

 スコットランドで英国初の致死的H5N1鳥フルウイルスが死亡した白鳥から見つかり、英国政府は6日、高度の警戒状態となった。
 鳥は東海岸のファイフェで5日に見つかり検査の結果H5N1ウイルスが陽性だった。
 英国政府の市民危機管理対応局( civil emergency response agency:COBRA)が、緊急対応に6日乗りだした。


・Tests Confirm BirdFlu Found in Scotland CBS News  (米国) スコットランドで死亡した白鳥、H5N1鳥フルと確認


 AP
 英国は致死的H5N1鳥フル株が、死亡した野生の白鳥から検出されたことを6日確認した。鳥フルが大西洋を越えて広がる懸念が出てきた。
 白鳥はスコットランドのセラーダイク(Cellardyke)、ロンドンの北方450マイル以上離れた町で見つかった。
 国民の健康に対する心配をする理由はない、と英国の主任獣医は語っている。鳥フルは非常に希に人に感染するが、それは極端に感染した鳥、特にその排泄物に接触した場合と説明している。
 スコットランドのグラスゴウでも2羽の白鳥が死亡したが、予備的検査では鳥フルは陰性であったと言う。
 
4月6日

・UK confirms first deadly birdflu case: report Washington Post (米国) 英国、初の致死的鳥フルを確認:報告
・Nigerian H5N1 birdflu outbreak spreads to Lagos Reuters South Africa, (南アフリカ) ナイジェリア、H5N1鳥フルはラゴスまで拡大
 ナイジェリアでの鳥フルは、アフリカ最大の都市であるラゴスの大手商業用養鶏場まで広がった。当局は接触した関係者の検体をウイルス検査のために研究所に送ったと語っている。
・Deadly H5N1 birdflu found in dead UK swan: report Pierceland Herald (カナダ) 英国の死亡した白鳥から致死的H5N1ウイルスが検出
 スコットランドのテレビが報道。当局はまだ結果は得ていないと語っている。
・UK Swan Had H5N1 BirdFlu Virus, Sky News Reports (Update1) Bloomberg  (国際)英国の白鳥からH5N1ウイルスが検出。Sky Newsが報告。
・Reports: Vietnam finds birdflu virus in poultry smuggled from ... China Post, (台湾) 報告:ベトナムで中国から密輸された鶏からH5N1ウイルスを検出
 ベトナム北部のLang Son 省へ中国から密輸されてきた鶏からH5N1ウイルスを検出したと発表した。Lang Son 省は中国から鶏が密輸されてくる地域として有名。
・英でも鳥インフル、強毒性H5N1なら初感染例 読売新聞 
 英当局は5日夜、英北部スコットランドの東海岸の農場で死んでいた白鳥から、鳥インフルエンザウイルスが発見されたと発表した。
 強毒性のH5N1型かどうか、6日に判明する。英メディアによると、専門家は同型の公算が大きいとしており、その場合、英国で初の感染例となる。
 ブレア首相は6日朝、緊急事態特別閣議を召集し、対策を協議する。
・Vietnam finds birdflu in poultry from China Reuters AlertNet (英国) ベトナムへ中国から密輸された鶏が、H5N1ウイルス感染
 ベトナムで昨年の12月以来初の鳥フル感染事例。
・Azerbaijan sends samples to London for birdflu analysis Baku Today (アゼルバイジャン) アゼルバイジャン、疑い例の検体をロンドンへ
 アゼルバイジャン政府は43人の検体をWHOのロンドンの研究所へ、鳥フル感染を確認するために送ったことを発表した。
 当局によると、全ての対象者は現地の病院で鳥フル疑いが否定されているが、確認のために送られたと言う。
・Gaza BirdFlu Causes Poultry Shortage Voice of America (米国) 家禽での鳥フル発生ガザ地区で、家禽が減少。深刻な蛋白源不足の可能性:国連専門家
 50万羽以上の鶏が鳥フルに感染し、その半分が殺処分されているガザ地域で深刻な蛋白源不足に陥る可能性があると、国連の専門家が警告している。同地域での主要な蛋白源は鶏肉である。
・Ninth Human Case of Avian Flu Stable, Say Officials AllAfrica.com (米国) エジプトで9人目の感染者発生
 4月4日、1歳4ヶ月の女児が鳥フルを発病し入院したことがエジプト政府から発表された。発熱と咳が主症状。
 女児の母親が家庭で家禽を飼育していて、それらの何羽かがウイルスに感染していたと、当局が説明。
・BirdFlu reaches UK dtt-net (ベルギー) 鳥フル、英国へ拡大
・UK Confirms H5 BirdFlu Virus Found in Dead Swan in Scotland Bloomberg (国際) 英国、スコットランドで死亡した白鳥からH5鳥フルウイルスを検出
・Cambodian Boy, 12, Dies Of BirdFlu, Egyptian Baby Infected Free Internet Press, (米国) カンボジアの12歳少年鳥フルで死亡、エジプトの乳児が感染
 エジプト政府は家庭で家禽を飼育している女児が鳥フルに感染したことが4日分かり、検査の結果鳥フルが確認されたと発表。
 カンボジアではベトナム国境近くで12歳少年が鳥フルで死亡したことが発表された。プノンペンの研究所で確認された。
・Suspected birdflu case in Scotland ic North London Online (英国) スコットランドで鳥フル発生の疑い

 スコットランドで鳥フルが発生した可能性があることを、スコットランド行政官が確認した。
 発表では、ファイフェ(Fife)で見つかった死亡した白鳥から予備的検査で、高病原性H5鳥フルウイルスが検出され、さらなる詳細については(H5N1であるかどうか)明日判明すると言う。
 行政府はEU委員会の決定に基づいて、発生地周辺3キロ以内を予防ゾーン、10キロ以内を警戒ゾーンとした。

・Britain finds H5 birdflu in dead swan Reuters AlertNet (英国) 英国で死んだ白鳥からH5鳥フルウイルスが検出
 スコットランドで死亡した白鳥から鳥フルウイルスを検出したことを、英国政府は明らかにした。予備的検査ではH5亜型株であることが分かっているが、詳細は検査中という。しかし英国の獣医部門の責任者は、致死的H5N1ウイルスであることを想定して、十分態勢を整えていると語った。
・Keep cats indoors if avian flu nearby, researchers warn CBC News, (カナダ) 鳥フルが発生した場合、猫は室内へ:研究者が警告
 本日発行の世界的科学雑誌の” Nature”に、オランダのウイルス学者のオスターハウス等が、H5N1鳥フルウイルスが存在している地域では、猫を室内で飼うべきと警告している。
 感染して死亡した鳥を食べた猫が、ウイルスを他の猫に感染させることを実験的に明らかにし、猫から人への感染の危険性を訴えている。
 鳥フルの感染した可能性ある場合、または接触した可能性がある場合には、猫を隔離して検査すべきと研究者達は言っている。
4月5日


・Birdflu found in German poultry BBC News, (英国) H5N1鳥フル、ドイツの家禽で初めて確認
 ドイツで初めて家禽で致死的H5N1鳥フルウイルスが検出されたことが、政府から発表された。
 発生したザクソニー州のライプチヒ市近くの家禽農場周辺に、隔離ゾーンが設けられた。また農場の1万羽近くの家禽が殺処分された。
 ドイツでは致死的H5N1鳥フルウイルスが2月に野鳥から検出されている。


・Tests of 43 more Azerbaijani birdflu suspects sent to London Azeri Press Agency, (アゼルバイジャン) アゼルバイジャン、鳥フル感染疑いで43人以上の検体がロンドンの研究所へ
 アゼルバイジャン保健省のスポークスマンは、鳥フル疑いで入院中の43人を越える患者の検体が、ロンドンのWHO協力検査機関に送られていると語った。
・Germany confirms 1st case of H5N1 in domestic fowl Reuters.uk (英国) ドイツで初の家禽におけるH5N1鳥フル発生が確認される
 ドイツ東部のザクソニー州当局は5日、家禽で初めてH5N1鳥フルウイルスが検出されたことを発表した。
 先に当局から家禽農場で1万4000羽以上の七面鳥とガチョウからH5亜型株が検出されたことが発表されたが、今回確認されたH5N1株は、その農場の家禽であるのかは不明。
・BirdFlu Kills 12-Year-Old In Cambodia All Headline News (国際) カンボジアで12歳少年死亡
 WHOは、カンボジアで12歳少年がH5N1鳥フルで死亡したことを発表した。
 少年は18日死亡したが、プノンペンの検査所でH5N1鳥フルが確認された。
 2003年以来6人の死亡者となり、本年度2人目となった。
・Experts sent to lake to probe strange bird deaths Standard (ケニヤ) ケニヤの湖で大量の鳥が不審な死
 ケニヤのナイバシャ湖周辺で大量の野鳥が死亡していることが分かり、政府は専門家を現地に送った。同湖周辺は渡り鳥の飛来地であり、多くの渡り鳥を含む野鳥が1週間前から死亡しているのが判明した。
 専門家チームは、死骸が腐っているため、検査のための検体が得られていないと語っている。
   
アフリカにおけるH5N1鳥インフルエンザ発生国

 ナイジェリア、二ジュール、エジプト、カメルーン、ブルキナファソ


・UN Notes Quick Spread Of BirdFlu CBS 13 (米国) 国連、鳥フルの急速な拡大を警戒
 ”これは本当に重大な世界的危機だ”、と国連の鳥インフルエンザ主任調整官のダビド・ナバロ博士が、北京で記者団に語った。”この3ヶ月H5N1ウイルスがものすごい速さで拡大している”。同博士は支援のための多額の基金が必要なことを訴えている。
 ナバロ博士はH5N1ウイルスが家禽の間で感染を繰り返しているアジア各国を訪問しているが、中国が最初の国になっている。
(AP通信)

"A lot of that money is now being spent in Indonesia, Vietnam Cambodia, countries in central and eastern Europe, Turkey, Nigeria and Central Asia," Dr. David Nabarro said.

今、多くの金が対策のために使われている。インドネシア、ベトナム、カンボジア、ヨーロッパ、トルコ、ナイジェリア、そして中央アジアだ。国連主任鳥インフルエンザ調整官のナバロ博士が語る。

4月4日

・Africa now a frontline in war on birdflu: UN Reuters (国際) アフリカ、鳥フルとの戦い最前線:国連
 アフリカに基金的援助をして、人感染への発展を防ぐ必要があると、国連のパンデミック・インフルエンザ調整官であるナバロ博士が訴えている。
・Birdflu: three cases of H5N1 detected in Burkina Faso Khaleej Times (アラブ首長国連合) アフリカ、ブルキナファソでH5N1鳥フル発生
 ブルキナファソの首都近くの農場で3羽の家禽からH5N1鳥フルウイルスが検出された。
 異なった地域から集められた65検体が3月13日にOIEのイタリア研究所に送られていた。
 ブルキナファソはアフリカで鳥フル発生5番目の国となった。他の国はナイジェリア、ニジェール、エジプト、カメルーン。

・Indonesia girl's death last year from birdflu - ministry Reuters.uk (英国) 昨年死亡のインドネシア少女、H5N1鳥フルが確認
 昨年7月に死亡したインドネシアの少女が、香港のWHO協力研究所での検査で、H5N1鳥フルであったことが4日確認された。
 検査の遅れの理由は、適切な検体が得られなかったためと当局では説明している。
・CHRONOLOGY-Bird flu developments Reuters AlertNet (英国) 本年度の鳥インフルエンザ発生状況

  • 1月18日:19億ドルの国際基金が世界の鳥インフルエンザ対策用に提供されることが、北京の国際会議で決定した。
  • 2月8日:初のアフリカでのH5N1鳥インフルエンザ発生が北部ナイジェリアで確認される。
  • 2月、11日、12日:イタリア、シチリー島と南部地域で死亡した白鳥からH5N1ウイルスが検出。ギリシャでも3羽の死亡した白鳥からウイルスが検出。これらの事例はEUとして初の鳥インフルエンザが確認された事例となった。
  • 2月15日:ドイツでも北部バルト海の島で2羽の死亡した白鳥からウイルスが検出。それ以来100羽以上の野鳥からウイルスが検出。
  • 2月17日:エジプトは初の鳥インフルエンザ事例を鶏で確認。
  • 2月18日:インドの西部の州で家禽の間で発生が確認。
  • 2月22日:EU委員会はフランスとオランダの家禽に対するワクチン接種を認める。
  • 2月25日:フランスの東部の七面鳥飼育場で大量の七面鳥がH5N1鳥インフルエンザで死亡したことが確認される。EUとして初の家禽における発生である。
  • 2月27日:アフリカ、ニジェールのアヒルで感染が確認される。
  • 3月6日:ポーランドで2羽の死亡した白鳥でウイルスが確認。
  • 3月12日:カメレオンでも発生が確認。アフリカで4番目の発生国となった。
  • 3月16日:アフガニスタン、ミャンマー、およびデンマークで鳥における初の感染が確認。翌日にはイスラエルの養鶏場でも発生が確認される。
  • 3月21日:パキスタン北西部の家禽農場で発生が確認される。
  • 3月24日:ヨルダンでも七面鳥での発生が確認。
  • 4月3日:WHO、エジプトでの2人の死亡を公式に確認。現在までの世界での死者数は107人、内訳はトルコ4人、インドネシア22人、カンボジア5人、中国11人、タイ14人、ベトナム42人、イラク2人、アゼルバイジャン5人、エジプト2人。


FACTBOX-Bird flu's rapid march around the globe Reuters AlertNet (英国)  鳥フルの現況-迅速な世界への拡大

 WHOはエジプトで2人の死亡者を含む4人の感染者を公式に確認した。エジプト保健省が3日に発表した。
 鳥インフルエンザは2003年末以来急速にアジアからヨーロッパ、中東、そしてアフリカへ広がってきている。
 そうした状況の中で米国は本年度末までに、国内へウイルスが入ってくる懸念を抱いている。
 以下にH5N1鳥インフルエンザウイルスに関する知見と、世界への拡大状況についてまとめた。

  • 2003年にウイルスがアジアで再出現(再興)して以来、鳥における発生はOIE(世界動物保健機構)によると45の国と地域となる。
  • 今年(2006年)の1月以来、30ヵ国以上で発生が報告されているが、その多くは白鳥などの野鳥での発生である。
  • H5N1ウイルスは2003年以来9ヵ国で107人を殺している。アゼルバイジャン、カンボジア、中国、エジプト、インドネシア、イラク、タイ、トルコ、およびベトナム。
  • WHOによると2003年以来の世界での発病者数は190人とされ、死亡者の多くは小児と若年成人となっている。
  • ベトナムとインドネシアで発病者が最も多く、死者数は64人となっている。
  • H5N1鳥インフルエンザウイルスは決して今回新規に見つかったわけではなく、1959年のスコットランドで発生した高病原性鳥インフルエンザの原因ウイルスであった。
  • H5N1ウイルスの他にも多くの鳥インフルエンザウイルスが存在している。例えば、2003年のオランダにおけるH7N2鳥インフルエンザウイルスの発生は、3000万羽以上の家禽の殺処分を要した。それは同国内の25%の家禽数に相当した。ベルギーでは270万羽が殺処分、そしてドイツでは40万羽近い家禽が処分されている。オランダでは89人が感染し、1人の獣医師が死亡した。
  • H5N1鳥インフルエンザウイルスが、初めて人に感染した事例は1997年の香港で発生した。18人が発病して6人が死亡した。香港行政府は即座に地域内の全家禽を殺処分して流行を終息せしめた。
  • 人における鳥インフルエンザの症状は、典型的インフルエンザの症状である発熱、咳、咽頭痛、筋肉痛の他、結膜炎、肺炎、呼吸困難、ウイルス性肺炎、そして他の重篤な生命に関わるような合併症とされている。



・India fears new birdflu cases as latest slaughter endsTODAYonline
 (シンガポール) インド、大量の家禽の殺処分が相次ぐ

 インド当局の高官は、現在数百人の作業員により行われている22万5000羽の鶏の殺処分が終わっても、今週すぐに新たな鶏でH5N1鳥フルが見つかるだろうと言っている。

 西マハラシュトゥラ州の100ヵ所の村から得られている検体の検査結果がもうじき届く予定と、州の家畜担当責任者は語った。
 作業員はいつでも殺処分を開始出来るように待機させられている。
 先週、400人の作業員が、州のある地域の数カ所の村でH5N1鳥フルが鶏で確認されたことから、家禽の殺処分を開始した。
 ”我々はさらなる検査結果を待っている。100ヵ所の村からの検体が送られている。ウイルスが単に2地域にしか存在していないとは考えにくい。さらなる地域にも広がっているはずだ”
 マハラシュトゥラ州は、インドの経済的中心都市であるムンバイをも含んでいるが、インドでも最も大きい家禽と卵の生産地でもある。
 インドで初めて鳥フルが同州で2月に確認されたが、これまで人での感染例は報告されていない。
 家禽と密な生活を送っている人口10億人を越えるインドでは、鳥フルが人の間へ感染拡大することが恐れられている。
4月3日

・WHO confirms 4 birdflu cases in Egypt Reuters.uk (英国) WHO、エジプトの4事例を公式にH5N1鳥フルとして承認
 WHOは4人のエジプト人が鳥フルに感染したことを正式に確認した。うち2人は死亡している。エジプト保健省が3日発表した。
 今回の発表は、WHOの検査協力機関である英国の研究所が、4人のH5N1ウイルス感染を確認したことが2日報告されたことによる。
 エジプト政府によると計8人のエジプト人が鳥フルに感染し、2人が回復し、残りがいまだ治療中とされる。

中国で謎のインフルエンザ2事例
・400 Chinese students infected with unknown type of flu Makfax (マケドニア) 中国で400人以上の学生がインフルエンザ様症状で発病

 河南省大学で400人以上の学生がインフルエンザ様症状で入院したことが、中国メディアから発表された。メディアの情報では不明インフルエンザ株と言う。(previously unknown strain of influenza virus.)。
 流行は3月26日に発生し、22人の学生が発熱で入院した、と新華社通信が報じた。その翌日入院学生数は88人と増加し、3月28日には208人の入院数となった。
 中国メディアは、保健当局がインフルエンザの型を調査中と発表している。学生達は隔離されている。

・広東省など:インフルエンザ流行、小学生の感染が多数、死亡例も 大紀元 (米国-->日本語)


 中国広東省、内モンゴル、雲南省等各地では最近、インフルエンザが流行し、感染者は小学生が多数を占めている。広東省南雄市のある小学校は3月27日から29日かけて児童15人が相次いでB型インフルエンザに感染し、そのうち1人がすでに死亡した。また、内モンゴルのフフホト市托県の学校で、児童273人がほぼ同時期に集団でインフルエンザに感染したという。

 広州市の地方紙によると、広東省南雄市水口鎮の小学校は、3月27日から29日までの3日間、児童15人が相次いでB型インフルエンザに感染し、すでに女子児童1人が死亡、14人が入院した。政府情報筋によると、今回の患者に対して48時間の観察を行い、検査した結果、同インフルエンザは上呼吸道感染であると診断し、鳥インフルエンザおよびSARSの感染可能性を排除した。同省における感染者数は増加しているという。

 また、死亡した児童は、頭痛、嘔吐、目まい、痙攣の症状が続いていたという。専門家らは、中枢神経系統の感染で、内臓器官が衰弱して偶然性死亡の症例であるとの見解を示した。

 一方、内モンゴルのフフホト市托県の学校で、6~17歳の273人生徒は3月25日から27日にかけて、集団でインフルエンザに感染したという。同県のある医療関係者は、体の不調を訴えたほとんどの児童に、発熱、咳き、喉の痛み、耳の痛み等の症状が見られ、上呼吸道感染によるインフルエンザであるとみている。

 また、雲南省思茅塘坊完小学校は3月7日より二週間ほどで、全校児童および教師の8割を占める113人が同様の症状を持つインフルエンザに感染した。一部の児童の家族も感染したという。同地区のインフルエンザは非常な速さで拡大しているため、隣接地区もインフルエンザ感染に脅かされているという。

管理人コメント

 B型インフルエンザにしては死者の発生、症状などから違うような感じを受ける。
 さらなる情報が必要。



EGYPT: Govt. blames bird flu recurrence on lack of compliance with instructions
エジプト:人での鳥フル発生は、農家が政府の指示に従わないのが理由
Egypt reports two more human bird flu infections
エジプト、さらに2人の鳥フル患者を報告
MIDDLE EAST: Interview with WHO experts Hassan al-Bushra and John Jabbour
中東:WHO専門家とのインタビュー

・Two more human birdflu cases reported in Egypt KLFY (米国) エジプトで、さらに2人の感染者が報告
 1歳半と6歳の姉妹が鳥フルで入院したと、エジプト当局は発表した。家庭で鶏を飼育していて、最近全て死亡したと伝えられる。これでエジプトの感染者は8人となり、そのうち2人が死亡している。エジプトでは2月に鳥でのH5N1鳥フル発生が確認された。
・Britain readies mass burials for future flu pandemic Food Consumer, (米国) 英国、パンデミック・インフルエンザに備えて大量の埋葬計画
 パンデミック・インフルエンザの際に発生すると考えられる、30万体余の遺体の埋葬について記載された政府の秘密文書が、暴露された。
 公開したLife Style Extraによると、文書のタイトルは「パンデミック・インフルエンザにおける超過死亡に対する管理(Managing Excess Deaths in an Influenza Pandemic)」。
 文書の中で、政府は効果が変異ウイルスに対して明確でないワクチンや抗インフルエンザ薬を、信頼すべきではないと記されている。
 パンデミック・インフルエンザによる死者数が32万人と見積もられているが、英国やウエールズでは流行が続く15週間に処理できる遺体数は4万8000体でしかなく、遺体の処理には大量の埋葬以外方法はなく、それも感染防止のために迅速に行う必要があるとされる。
4月2日

・In BirdFlu Vaccine Hunt, 1976 Tragedy Looms ABC News 鳥フルワクチン開発、1976年の惨事は繰り返されない
  1976年のブタ・インフルエンザ発生に際して起きたインフルエンザ副作用の惨事を教訓に

印刷用ファイル
 ほぼ9年間、ニューヨークのロッチェスター大学医学センターの感染症専門家達は、鳥インフルエンザワクチンのテストを行ってきた。
 1997年遅くに開始されてから、人への臨床試験は30回異なったワクチンで行われてきた。全てはH5N1ウイルスに対してである。臨床試験は国立アレルギー&感染症研究所と国内の6施設が基金的後援をしている。

 ジェイムス・カールのようなボランティアは、鳥インフルエンザが次のインフルエンザ・パンデミックの最有力候補になっているのを知っている。彼がストロング記念病院でワクチン接種を受けるとき、”この国に鳥インフルエンザが拡大してきたときのために、免疫をつけておきたいんだ”、と語っていた。
 鳥インフルエンザがアジアから中東とヨーロッパへ拡大し、米国へどんどん接近して来るに従い、(米国の)専門家達は対策の緊急性を感じている。
 ”大惨事に対する準備を整えたいなら、もっとも最悪のシナリオを想定すべだ”、とロッチェスター大学のワクチン計画責任者であるジョン・トレアノル博士が語っている。

ワクチンは2回接種の必要性

 これまで、(ワクチンの臨床試験での)成功例は少ない。最も最新のワクチンは、大量投与、すなわち通常のインフルエンザワクチンの、4~12倍量の投与で効果を認めた。そしてさらに2回の接種が必要だ。米国の人口分のワクチン量の製造は、各製薬会社にとって非常に難しい。
 鳥インフルエンザウイルスは未だ、人人感染を起こすように変異はしていない。トレアノル博士と共同研究者は、パンデミックが必ず起きるとは考えてはいない。にも関わらず彼等はワクチンの準備をしている。
 ”ワクチン開発のゴールは、まず安全なワクチンであること、そして少なくとも最も重篤な症状を予防できること”、と同博士は言う。”そしてさらに広く使うことが出来ること”。
 彼は又、専門家達の役割として、政府がワクチンの備蓄と、いつそれを国民に接種するか決定するための、十分の情報を収集して提供することだ、と言う。

ブタインフルエンザ”の際のワクチン惨事を繰り返すことは許されない

 ロッチェスター大学のチームや他の(ワクチン)研究者達の脳裏を横切る苦い思い出は、30年前に起きたインフルエンザ・パンデミック脅威だ。
 そのときパンデミックは起きなかったが、米国人に投与されたワクチンは悲劇的結果をもたらした。
 
 1976年、3人の米軍人がFt. Dix, N.J.でブタインフルエンザで死亡した。それはインフルエンザ・パンデミックが発生する恐怖を煽る効果を十分持った。鳥インフルエンザと異なり、ブタインフルエンザは人人感染する。
 フォード政権は全国民に対する、ブタインフルエンザワクチン接種のキャンペーンを開始した。有名な写真があるが、そこではフォード大統領が自ら腕の袖をまくってワクチン接種を受けている。
 しかしワクチンは安全でなかった。32人の人々が死亡し、数百人の人々がギラン・バレ症候群のために身体麻痺を残した。
 パティー・ティプトンさんは1976年当時、32歳だったがワクチン接種を受けた一人だった。
 ”私は副作用について何も知らされていなかった”、と彼女はケンタッキーのオーエンスボロの自宅で語る。”それは私の人生をこんなに変えてしまった”。
 ブタインフルエンザワクチン接種後、彼女はギラン・バレー症候群を発症し、その後車椅子での生活となった。彼女は細やかな運動神経機能を失い、裁縫や刺繍が出来なくなり、彼女の楽しみであったソフトボール、彼女の最も好きなアウトドアでの趣味であった、乗馬もそれ以来出来なくなった。
 彼女の脳裏にいまだ残る疑問は、もしワクチンを接種しなかったなら、その後どうなっていたのだろうか、と言うことだ。
 ”私はブタインフルエンザで死ななかったかも知れない。私は若かったし、健康でもあった”。
 彼女は鳥インフルエンザワクチンに関して、何を勧奨するのだろう?まず最初に副作用がないかどうかを確かめよ、と言うのだろう。
 ワクチン接種に関して、1976年当時の米国CDC長官のダビド・センサー博士は、それが正当であったことをいまだ主張する。
 ”もしパンデミックが実際生じ、そして我々が何もしなかったとしたなら、死者数はもっと多かったに違いない”、と博士は今、そう語る。
 センサー博士の考えでは、1976年の大きな失敗は、決定権を政治家に譲ったことだと言う。過ちは繰り返されてはならない、と彼は言う。
 ”問題が健康問題であるともっともっと認識されるならば、そして決定が保健医療当局者により行われるならば、状況はより良くなるだろう”、と博士は強調した。

どの鳥インフルエンザウイルス株が問題か?

 今日、ロッチェスター大学と他のセンターでは、1976年の過ちを鳥インフルエンザで繰り返してはならないと言う、統一された見解がある。
 ”我々はワクチンは安全であることを示した。次ぎに必要なことは十分効果があるかどうかを確かめることだ”、とロッチェスター大学の研究責任者であるトレアノル博士は語る。
 同博士は、1976年当時と違って、科学者達は十分時間をかけて鳥インフルエンザの拡大を観察してきた、と説明する。しかしインフルエンザウイルスは急速に(変異により)その特性を変えてしまう、厄介な性格があることが、(ワクチン開発上の)大きな困難性となっている、と語る。
 ”もしパンデミックが生じたなら、そのウイルス株は我々が作成して検査を重ねてきた株でない可能性が高い”、と彼は言う。
 そのような場合、トレアノル博士は、流行株に対するワクチン作成に4~6ヶ月要するかも知れない、と言う。
 しかし、と彼は釘を刺す。パニックが起きたとしても2006年には何も為されないだろう。
 ”明確な人人感染が確かめられるまで、ワクチン接種を行わないとの社会的協定が必要だ。そして、明確な人人感染が生じだして、パンデミックは避けられないという社会的認識が生じたときが、ワクチンを人々に開始するタイミングと考える”、と、トレアノル博士は話を締めくくった。




Bangladesh seizes Indian chickens on bird flu fears
バングラディシュ、鳥フル警戒でインドからの密輸鶏を押収・処分
Indonesian man tests positive for bird flu
インドネシア男性、検査で鳥フル陽性

・Birdflu scare: Bangladesh burns Indian chicks Newindpress (subscription),  (インド) 鳥フル脅威:バングラディシュ、インドから密輸の鶏を摘発、処分
 バングラディシュの国境警備警察は、最近2日間で15000羽のインドから密輸された鶏を摘発して処分した。当局が1日発表した。
4月1日


・Man suspected of having birdflu: Health official Jakarta Post (インドネシア) インドネシア保健省:男性が鳥フル疑いで入院治療
 28歳の養鶏場経営者が鳥フル様症状で入院した。男性の養鶏場の鶏が突然死亡した後、発症したと言う。
 現地での検査では致死的H5N1ウイルス感染が確認されたが、香港のWHO協力研究所に検体が送られ最終的確認が行われている。
 男性は西スマトラ州都のパダングの病院に発熱で入院した。彼の飼育する250羽の鶏が死亡した後に発病したようだ。
 下記のAFP報道では23歳男性となっているが、同一かどうかは不明(訳者)。
・Indonesia confirms H5N1 case; more suspected CIDRAP (米国) インドネシアH5N1症例の発生を確認;他に多くの鳥フル疑い事例


  • インドネシア当局は女児がH5N1ウイルスで死亡したことがWHOの検査機関で確認されたことを発表した。AFP報道。先の地元における検査では陽性だったが、検体が香港のWHO協力研究所に送られて検査されていた。インドネシアで30例目の感染者で23人目の死亡例となった。WHOはまだ公式記録に付け加えていないが、世界では186例の感染者が発生して、死亡者は105例となった。また保健省の話によると、西スマトラの23歳男性が地元の検査で鳥フル陽性となっており、現在治療中と言われる。詳細は不明。
  • アゼルバイジャンでは、ダイキャンド( Daikyand)の、先に6人が発病した同じ村落の16歳少女が鳥フル発症を疑われている。AFP通信が昨日報道した。先月(3月)始めに7人が検査で鳥フル発病が確かめられたが、ダイキャンドの発病者6人中、AFPによると5人が死亡と報じられているが、WHOは4人と発表している。
  • アフガニスタン保健省高官は、少女が検査でH5ウイルスに対して陽性の結果が出たため、検体が英国に確認のために送られたと発表した。さらにロイター通信によると、アフガニスタン当局は3人の子供が鳥フルで死亡した可能性があることから調査中とされる。しかし子供達は埋葬されてしまい、検体は残っていない可能性があるようだ。
  • カンボジアでは、3月22日に死亡した3歳女児の家庭で飼っている鶏から、H5N1ウイルスが検出された。先の調査では、死亡した女児の村での家禽における鳥フル発生は確認されていなかった。
    他に最近鳥フルが発生した地域

    カメルーン:ナイジェリア近くのマラペ湖で野生のカモからH5N1ウイルスが検出。
    イスラエル:ガザ地域とエジプトで鳥フルが見つかった事から、両国境沿いで2万羽の鶏が殺処分に。
    グルジア:3月27日発表のOIE記録では、白鳥が鳥フルで死亡したため、その地域から5キロ以内の七面          鳥と鶏が殺処分に。
    ロシア:南部のボルゴグラド(Volgograd)州で家禽が鳥フルで死亡。州当局ではモスクワから200万羽接          種分のワクチンを取り寄せる予定と。




Groups urge Latin American pact against bird flu
NPO団体等、ラテンアメリカ諸国における鳥フル対策の遅れを懸念
Jordan finds first human bird flu case
ヨルダンで初の鳥フル患者
Bird flu killed Indonesian baby girl
インドネシアで幼女のH5N1鳥フル死亡が確認
Israel culls more chickens after bird flu detected
イスラエル、新規鳥フル発生に対してさらなる鶏の殺処分へ

・Egyptian worker is Jordan's first human case of birdflu... WXXA, (米国) ヨルダンでエジプト人労働者が鳥フル発症
 AP通信
 ヨルダン政府は同国の初の鳥フル患者が発生したことを発表した。31歳のエジプト人労働者で、エジプトの故郷の村で感染したものと考えられている。
 保健省大臣によると、患者は3月27日に南の港であるアカバ(Aqaba)に来て、それからカラクへ旅行中に発病した。
 カラクの医師は検査を行い、WHOも行っている。しかし保健省大臣は患者をH5N1鳥フル感染者と考えて治療を行っていると語った。
 患者はエジプトのカイロの南西のFayoum省出身であるが、自宅では家禽を飼育していて、最近多くが死亡したと、患者は語っている。
 ヨルダン政府はエジプト政府に、患者のいた村で他に感染者が出ていないか調査するように告げた。
 エジプトでは3月に4人の感染者が発表され、2人が死亡している。
 今回報告された患者の状態は安定しているようだ。
TOP