高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
3月31日

・Israel suspects journalists of spreading birdflu Mail & Guardian Online (南アフリカ) イスラエル、鳥フル拡大には取材ジャーナリストが関与と
 イスラエル農業省はジャーナリスト、特にカメラマンが鳥フル拡大に関与している可能性を示唆した。機材や衣服にウイルスをつけて伝搬する可能性があると説明。ただしそれはいまだ作業仮説ではあると付け加えた。
・RI confirms 23rd human birdflu fatality Jakarta Post (インドネシア) インドネシアで23人目の鳥フル死者
 3月23日死亡した1歳少女のH5N1鳥フル感染が、香港の研究所で確認され、インドネシアの鳥フル死者数は23人となった。
・Birdflu discovered in Kibbutz Kerem Shalom Jerusalem Post (イスラエル) イスラエルでさらに家禽での鳥フル発生
 Kibbutz Kerem Shalomの七面鳥飼育場でで致死的鳥フルが確認された。軍放送によると感染した家禽の殺処分が開始されると言う。先に鳥フルが確認された地域の近くのようだ。
・チェコで鳥インフルエンザ、H5N1型ウイルスを初確認 CNN Japan (日本)
 チェコの獣医当局は29日、同国南部で見つかった白鳥が、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染していたと発表した。チェコで高病原性鳥インフルエンザが確認されたのは、初めて。
 白鳥の死がいは今月22日、首都プラハの南約130キロ、フルボカ近くのモルダウ川で見つかった。鳥インフルエンザ感染の有無を確認するため、英国にある欧州連合(EU)関連の研究所に検体を送り、調査していた。
 チェコの隣国ドイツやオーストリア、ポーランド、スロバキアでは、死んだ野鳥からH5N1型ウイルスを検出している。 また、プラハの南約150キロのチェスケ・ブデョイビッツエ近くで25日に死んでいるのが見つかった白鳥は、H5型ウイルスの感染が確認された。H5N1型ウイルス感染については、現在詳しく調べているという。
・グラクソ・スミスクライン、2種類のH5N1型パンデミック・インフルエンザワクチンの臨床試験を開始 (ベルギー ->日本語)

2006年3月30日ロンドンおよびリクセンサート(ベルギー)発

グラクソ・スミスクラインplc(本社:英国 以下GSK)は、3月30日に2種類のH5N1型鳥インフルエンザワクチンの国際的な臨床試験を開始しました。この2種類のワクチンの臨床試験は、パンデミック(新型インフルエンザの世界的大流行)の脅威に対応するための明確な選択肢を各国政府当局に提供するというGSKの取り組みを反映するものです。

ドイツで開始した臨床試験では、免疫反応を高めることにより一回の接種に必要な抗原の量を少なくできるアルミニウムアジュバントを用いたパンデミック・インフルエンザワクチンを、健康な成人被験者400名に接種し、効果を検証します。この臨床試験は、GSKが2005年12月にヨーロッパの当局に提出した申請資料の裏付けとなります。WHO(世界保健機関)によりパンデミック・インフルエンザのウイルス株が同定された場合、同申請資料を一部変更することでパンデミック・ワクチンのヨーロッパにおける迅速承認および生産が可能となります。

また同時に、ベルギーで行われる臨床試験では、新規アジュバントを用いたパンデミック・ワクチンを健康成人400名に接種し、効果を検証します。GSKは、この新規アジュバントを用いたワクチンが、異なるH5N1型ウイルス株に対しても免疫応答を促し、パンデミックの脅威に対してさらに幅広い予防効果を示すことができると期待しています。また、GSKの新規アジュバント技術を使うことで、一回のワクチン接種に必要な抗原の量をさらに少なくさせることができ、世界各国に供給できるワクチンの数を増やすことが期待できます。このワクチンは、各国政府に対しパンデミック発生前からの備蓄や事前接種という選択肢を提供するものとなります。

これら2つの臨床試験によってワクチンの安全性およびH5N1型ウイルスに対する免疫応答の向上を検証します。使用するワクチンは、不活性化したH5N1型ウイルスから作成されており、異なった用量が試験されます。試験では、ワクチンの接種を2回、約3週間間隔で行います。GSKは、これらの臨床試験から最適な用量および処方を決定し、今後インフルエンザ感染の際に合併症を起こすリスクの高い子供や高齢者などに対して、安全性を評価する臨床試験を行う予定です。

2006年第3四半期にはこれら臨床試験の予備結果が発表できる見通しで、GSKは、パンデミック用のインフルエンザワクチンの生産を年内に開始する予定です。

GSKのワクチン部門を統括するGSKバイオロジカルズ社の社長であるジャン・ステファン氏は、 以下の通りコメントしています。「GSKは、世界各国におけるインフルエンザ・パンデミック対策に不可欠なものとなり得るワクチンの臨床試験を進めています。一つは、パンデミックの発生に対する強力な防御策となることを目的としており、二つ目は、パンデミック発生の前に積極的にワクチンを備蓄し、接種を開始するという望ましい選択肢を各国政府に提供するものであり、これによりパンデミック発生時により素早い対応が可能となります。」

GSKのインフルエンザ事業のトップであるエマニュエル・ハノン氏は、以下の通り説明しています。「適切なH5N1型ワクチンの接種により、ヒトの免疫システムがウイルスの型を憶えることで、パンデミックが起きた場合のインフルエンザの罹患率および死亡率の減少につながると考えています。つまり、現在の鳥インフルエンザウイルスが変異し、ヒトからヒトへと感染するものとなった場合、ワクチンを接種している人のほうが、H5N1型パンデミック・インフルエンザウイルスに対処できる準備ができているということになります。」

H5N1型の鳥インフルエンザの感染は、鳥およびヒトに重篤な疾患をもたらします。公衆衛生の専門家によると、このウイルスはヒトからヒトに伝播しやすいウイルス株に変異する恐れがあり、世界規模の大流行を引き起こす可能性について指摘されています。インフルエンザのパンデミックとは、ヒトがほとんどあるいは全く免疫を持っていないウイルスによって引き起こされる世界規模の大流行のことであり、H5N1は、そのうちのウイルス株の一つです。


・New Case of H5N1 BirdFlu Confirmed in Northern Poland CRI (中国) ポーランド北部でH5N1鳥フルの新規例が確認
 北部ポーランドのグルディアズ市で死亡した白鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたことが当局から発表され、同国で5事例目となった。
・Afghans investigate 3 deaths for bird flu link Reuters AlertNet (英国) アフガニスタンで3人が死亡の可能性
 呼吸器感染症で死亡した3人の子供で鳥フルが疑われているが、すでに死亡して埋葬されたため、詳細は不明と。
・Two more people hospitalized with birdflu in Azerbaijan Pravda (ロシア) アゼルバイジャン、さらに2人が入院
 2姉妹が入院、検査を受けていることが当局から発表。
・St. Jude technology to help stop spread of avian flu in France Memphis Business Journal (米国) 聖ユダ小児病院の技術がフランスでの鳥フル対策に応用
 聖ユダ小児病院のウイルス研究施設で開発されたワクチン作成法が、家禽に対する鳥インフルエンザワクチン作成に応用されて、フランスの家禽に対するワクチン接種に用いられる計画。
・Vietnam Achieving Success Against BirdFlu CBS News (米国) ベトナム、鳥フル封じ込めに成功の可能性

 印象的なまでの爆発的行動力で、かって鳥インフルエンザの発生源ととなっていたベトナムは、現在一時的にせよ、この流行病を消し去ってしまった。去年の11月から人での感染例はなく、また12月からは家禽での発生も認められていない。
 貧しい共産国はこのように語る;数百万羽のアヒルと鶏へのワクチン接種と、数百万羽以上の家禽の殺処分を、WHOの指示に従って行い、そして市民教育を精力的に行った結果、鳥インフルエンザの恐れは国から消え去った。
 対策の中には地方の伝統的食生活に対する取り締まりさえあった。例えばアヒルの血液を用いたプッディングは、少なくとも一人の死を招いているため、禁止された。
 ”現在ベトナムでは鳥インフルエンザは存在しない”、とWHOのベトナム代表であるハンス・トルードソン Hans Troedsson)が言う。”多分ウイルスは存在しているのだろうが、大量のワクチン接種で環境内のウイルス量が減少したことにより、大量のウイルスに暴露することが無くなったと考えられる”。
 しかしながら動物保健衛生専門家達は、ワクチン接種で単純にH5N1ウイルスを一掃することは出来ないだろうと、警告している。
 人には簡単に広がらない鳥フルは、2003年以来100人以上の人々を殺した。それは最近多くの国に出現している。
 ”問題は今からベトナムで何が起きるかだ”、と国連機関のFAOの動物保健衛生専門家のペーター・ローダーが説明する。彼はアジアでのアオバイザーを務めてきている。ワクチン接種は非常に高価であるから、それを継続することは不可能だ、と同氏は言う、
 ベトナムは1890万ドルを1億2000万羽の家禽へのワクチン接種に昨年費やした。そしてさらに1億6000羽に対してのワクチン接種の予定となっている。ワクチン後検査した80%の家禽で十分の抗体が検出され、ウイルスは検出されなかった。
 中国は国内の家禽140億羽全てにワクチン接種を行ったと声明を出しているが、未だ家禽での鳥インフルエンザの発生と、人での感染が見られている。先週は上海で初の死者が確認され、WHOによると中国での死者数は少なくとも11人となった。
 広範なワクチン接種には数千人のスタッフが必要で、彼等はワクチンを冷蔵して、最初の接種の後3~4週後に追加接種のために、再び村に戻るということを繰り返す。3回目の接種は数ヶ月後に行うが、多くの家禽はそれほど長生きしない。
 ……
3月30日

・Hong Kong to ban live poultry sales in three years TODAYonline (シンガポール) 香港、生きた家禽売買を3年間禁止へ



AFP

香港は今後3年間生きた家禽の市場での売買を禁止した。

・Azeri girl, 16, treated for suspected birdflu  Reuters AlertNet (英国) アゼルバイジャンの16歳少女、鳥フル疑いで治療
 先に3人のメンバーをH5N1鳥フルで亡くした家族の16歳少女が、鳥フル疑いで治療を受けている。ウイルスを確認するために、検体がロンドンに送られる予定であるが、臨床症状からは鳥フルが間違いないとされる。感染源は先に死亡した他の家族と同じように、死んだ鳥の羽をむしっていて感染したと推定される。
・Tests confirm birdflu virus in Cambodian ducks Reuters AlertNet (英国) カンボジアのアヒルで鳥フルウイルスが確認
 ベトナム国境沿いで2週間前に死んだアヒルからH5N1鳥フルウイルスが検出されたと、環境省大臣が発表した。100羽以上のアヒルと59羽の鶏が殺処分された。
・Alaska to run birdflu tests in lakes and ponds Pierceland Herald (カナダ) アラスカの湖や池で鳥フル検査が開始予定
 アラスカの湖と池の水で致死的鳥フルウイルスの検査が行われる。アラスカの生物学者達が計画している、と州政府が29日発表した。アラスカは渡り鳥でウイルスが持ち込まれる可能性の最も高い地域と考えられている。
・First Bird-Flu Vaccine Only Partly Effective 10News.com (米国) 最初の鳥フルワクチンは部分的にのみ効果
 米国の最初の鳥フルワクチンは中等度の効果しか示さず、2回の大量接種を受けたボランティアの半数余りで軽度の予防効果しか認めなかった。
 ワクチンは昨年夏1億6200万ドルで発注し、ウイルスが変異して人人感染を生じだしたときのために備蓄する予定になっているが、致命的欠陥を持っていることが示された。
 結果はEngland Journal of Medicineに掲載されたが、大量のワクチンを2回接種されたボランティアの54%で軽度の量の抗体が産生されたという。投与量は通常のインフルエンザワクチンの12倍量となる。
・Test Shows First US BirdFlu Vaccine Moderately Effective Food Consumer, (米国) 初の米国鳥フルワクチン、中等度の効果
 鳥フルに対する実験的ワクチンは安全であるが、効果は大量投与したときに、半数の人間に中等度の効果を認めた。投与量は2回に分けられ、通常のインフルエンザの12倍量になる。
・More birdflu cases in Kandahar, Logar Pajhwok Afghan News (アフガニスタン) ロガール省、カンダハル地区でさらなる鳥フルが検出
 アフガニスタンの国連協力使節団(United Nations Assistance Mission)は、ロガール省のカンダハル地区で、3例のH5鳥フル事例が、農家の鶏で検出されたことを発表した。
 カンダハル地区では初の事例であるが、今月初めからアフガニスタンでは7省でH5鳥フルが26事例見つかっている。
・H5N1 BirdFlu Found In Poultry In Baghdad Mediafax (ルーマニア) H5N1鳥フル、バグダットの家禽で発生
 イラクはバグダッドの家禽で、H5N1鳥フルウイルスを検出したと発表した。
 また今週に入ってからバグダッドで死亡した男性が鳥フルの疑いがあるため、医療当局がウイルス検査を発注した。
・Birdflu could reach Alaska in weeks MarketWatch (国際) 鳥フル、数週以内にアラスカへ拡大の可能性
 米国政府は鳥フルの拡大をモニターしているが、3週以内にアラスカ、秋には西海岸へ拡大してくるとの予想を立てている。Prudential Equity Groupが29日発表した
・Relenza wins additional federal approval Centre Daily Times (米国) リレンザ、予防薬としてFDAが正式に承認
 米国FDAがリレンザをインフルエンザの予防および治療薬として5歳以上の患者に使用することを公式に承認した。鳥フル対策のためにタミフルに続いてリレンザも備蓄される予定。
・Birdflu: Annan pleads for urgent aid to poor countries ... UN News Centre (国連ニュースセンター) 鳥インフルエンザ:アナン総長発展途上国への早急なる援助を懇願

Deeply concerned by the rapid spread of bird flu, United Nations Secretary-General Kofi Annan today made an impassioned plea for greater funding beyond the $1.9 billion already pledged to help poor countries, above all in Africa, to fight a disease that in a worst case scenario could mutate into a deadly human pandemic. 鳥フルの急速な拡大に重大な関心を抱き、国連のアナン事務総長は、1月の北京の会議で決定された発展途上国への援助額19億ドルを越える基金が、最悪のシナリオである、人でのパンデミックが生じる可能性のある鳥インフルエンザ対策に、必要であると熱弁をふるった。

New York , 29 March 2006 - Secretary-General's statement on the urgent need of poor countries for funds and technical assistance to control avian influenza


3月29日

With Every Epidemic, Tough Choices  ニューヨークタイムズ特集
4.流行病に対する対策決定は常に困難

 世界中に広がりつつあり、すでに数千羽の鳥をアジアとヨーロッパで殺しているH5N1鳥インフルエンザウイルスは、公衆衛生学に古典的ジレンマを呼び起こしている。
 保健当局にとって、鳥インフルエンザが実際に大被害を発生するのか分からないにも関わらず、それが人の間で流行すると予測したとき、初期の警戒報をいつ出すか、または出すべきかを決定することは、非常に困難な作業となっている。 
 ジレンマはしばしばインフルエンザウイルス、そのものに対して起こる。すなわちそれは絶えず変異し続けていて、人の間でのパンデミックを予想通り、予期しない時に引き起こす。科学者達は、次のパンデミックがどの株で、いつ、引き起こされるのか情報を欠いているが、それでも彼等は次のパンデミックはいつ起きても不思議ではないと確信しており、それ故対策を急ぐように主張する。
 その種の迅速な行動がとられたのは、1976年、ブタインフルエンザがニュージャージーの米軍基地で4例発生したときだった。このインフルエンザがパンデミックに移行する恐れを抱いた連邦公衆衛生当局は、再選を計画していたフォード大統領に、ブタインフルエンザのワクチンを全てのアメリカ人に接種するように勧告した。
 フォード大統領は1億3500万ドルの予算を計上して2億人のワクチン製造に踏み切った。当時の人口の95%分に相当する。全ての国民に対して特定の感染症に対するワクチン接種の計画は、米国として初の試みで、議会もそれを承認した。
 しかしながら作成されたワクチン接種は、開始後間もなく保留状態となった。なぜなら麻痺性の病気であるギラン・バレー症候群が4200万人のワクチン接種者から発生したからだ。
 ワクチン接種と明らかにリンクしていた患者数は少数であったが、政府はワクチン接種による副作用の可能性がありえることを伝えていなかったし、またそれを公共の場で論議することもしなかった。
 恐れられたパンデミックは起きなかった。しかしワクチン接種を終了した時点で535人のギラン・バレー症候群が発症し、その中で23人が死亡した。ブタインフルエンザは米軍基地で230人発生していたが、そのほとんどは軽症だった。ウイルスは拡大しなかった。ワクチン計画は大失敗に終わった。保健当局者達は責任を問われて解雇された。それは極めて不当であると評する人達もいた。
 このエピソードは保健当局者達のトレーニング用のテキストにも載せられた。充分考慮した計画無しの、早すぎる警戒報発令の危険性である。

 逆の問題--危機発生に対する警戒報の遅れ、は2001年に起こった。
 9月11日(世界貿易ビルでのテロ事件のあった日)を過ぎて間もなく、当時のトミーG・トンプソン保健省長官はナショナルテレビで、国民に対して政府はいかなるバイオテロに対しても十分対策を立てていると発表した。
 その数日後、郵便システムを利用した炭疽菌ばらまき事件が続発し、同長官の発表の正当性が否定された。事件は5死亡例を含む22事例と被害者数は少なかったが、その事件は、政府が緊急事態に、医師達および公共との間で適切なコミュニケーションがとれない事実を露呈してしまった。それは多くの政府当局者達に、健康被害に対する反応の遅れを、反省点として残した。
 上記2事例は多くの人々に政府の健康被害発生警告、またはその不足に対して、不信感をもたらす結果となった。
 H5N1鳥インフルエンザに対する警告は、1997年に香港の科学者達が、鳥インフルエンザウイルスが直接人に感染することを発見した時に始まった。それまで鳥インフルエンザウイルスは、ブタの体内で人インフルエンザウイルスと混じり合ってから(両ウイルスの間で遺伝子交換が起こって)、人に感染すると考えられていた。以後、ウイルスが鳥の間で感染を広げてくると共に、当局者達はウイルスが変異、または人インフルエンザウイルスと結合して、人でのパンデミックを生じる新型ウイルスが誕生する可能性を警告してきた。
 しかし世界で186人が感染し、105人が死亡したものの、ウイルスによる人でのパンデミックは未だ生じていない。
 保健当局は厳格な警戒報を出すことで人々を恐れさせるべきか?それとも当局は安全に、パンデミックが実際に起きそうな場合にのみ公共の場にそれを伝えるべきか?
 もし当局が早期に警報を出し、何も起きなかったなら、信頼性を失い、社会は科学者達が研究費が欲しいがために、最悪の可能性を主張したと言うだろう。
 もし当局が早期のまたは適時な警報を出さないで、そしてパンデミックが起きたなら、公共には何も情報を提供してなく、そして適切にそれを防止しなかった、と批評家達は責めるだろう。
 1978年のブタインフルエンザに対する政府とワクチン製造企業の反応を分析して出版したハーベイV・ファインバーグ博士は、警報をどんな内容で、いつ発するかを決定するには、2つのジレンマが存在する、と説明する。
 1つは、カテゴリー5のハリケーンのような場合で、発生に関する長期的展望に立った確率、しかし起きたなら大被害が発生する危機。
 ”このような場合は否定者の方が概ね正当化される”、と国立科学アカデミー医学部門長官のファインバーグ博士が、パンデミックに対する対策は不要と主張する人々に言及しながら、インタビューで説明した。(一定期間での発生確率は低いから:訳者)

 もう1つは、科学者が政治家のリーダー達や公共が、自分達の感じているのと同レベルの警戒感をもっていない、と感じている時に起こる緊張からのジレンマである。もしある専門家が危機発生の可能性が10%程度あるから対策が必要と信じていたとき、行政当局者達が10%の可能性は対策を講じるには低すぎると考えていることを知ったときに、問題が生じる。
 それ故科学者は、政府に科学者が考えていることが正しいと認識させるために、事実の説明と評価の方法を模索する必要がある。
 昨年、ブッシュ政権はパンデミック・インフルエンザに対する包括的行動計画を発表した。それでも、いつ警告を発するのか、というジレンマは残ったままである。

On the Front: A Pandemic Is Worrisome but 'Unlikely'    ニューヨークタイムズ特集
 3.現場から:パンデミックは厄介だが、起きるとは思えない--ファーラー医師インタビュー

 ホーチミン市の熱帯病専門病院のジェレミー・ファーラー医師は過去3年間に20数人の鳥インフルエンザ患者を治療してきている。
 少人数のチームではあるが、ファーラー医師とベトナム人の仲間達は、他の医師達に比べて、より多くのH5N1鳥インフルエンザ発症患者の治療経験がある。H5N1鳥インフルエンザは国際的保健当局が、次のパンデミック・インフルエンザの候補として現在警戒している。
 2003年以来、ほんの少数の感染者しか発生していないにも関わらず(186人)、そのパンデミックに関する科学的会議が、特に最近多く開催されていることをファーラー医師は気にしている。
 ”患者数と会議数の比率は約1:10だろう。明日はハワイ、来週はジュネーブ、そしてシンガポール”と、ファーラー医師はジーンズに赤いリュックを背負って語る。彼が講演する会議の合間に。
 ”関心は極めて驚異的だ”、と彼はパワー・ポイントのスライドを提示しながら語る。
 いまだ、この関心の高さが合理的判断からきているものかどうかは、ファーラー医師には分からないと言う。
 数年間アジアでH5N1鳥インフルエンザを観察してた彼は、このウイルスが種を越えて人に感染するように変わり、人の間でパンデミックになるとは思えないと言う。また、恐怖に満ちたパンデミック・インフルエンザがいつ起きるか分からないとか、すでに起きても不思議ではない等という言い方を彼は否定する。彼はこれまで生じた破壊的パンデミック・インフルエンザは1918年のスペイン・インフルエンザだけで、それは”特異的生物学的出来事”だと言う。
 ”何年間も人々はそれは起きるだろうと我々に言い続け、そして起きなかった”、とファーラー医師は説明する。彼はベトナムにおけるオックスフォード大学臨床研究施設のディレクターも兼ねている。”アジアで数十億羽の鶏が感染し、数百万人の人々が一緒に生活している。--我々アジアに住む者は家禽と密接な関係を持った生活をしている--、に関わらず200人足らずしか感染していない。
 それでもファーラー医師の中には、ウイルスに対する警戒感がある。-”非常に嫌なウイルス”、と彼は呼ぶ。そのウイルスによって肺を貪り食われて死んだ、若い健康的人々を彼は医師として観察してきたのだ。
 昨年、ウイルスは鳥における感染地域を東中国から西アフリカへ拡大した。時間と共に、感染する対象動物の種類を増やしている。フェレットや猫。
 ”それは警戒すべきだ”、と彼は英国風の抑揚を抑えた言い方をした。
 全ての責任感のある科学者と同じくファーラー医師は、世界はパンデミック・インフルエンザ対策を行うべきと考えている。しかしマラリアや結核などで実際に人々が死んでいる地域での教育に、最後の審判の予知を国際機関当局者が行っているような感じを、彼は受けている。事実というよりも、より空想の世界に近い話のように。
 そしてもしこれら当局者達の差し迫った予報が事実だったとしても、彼等が準備している計画の多くは機能しないと、ファーラー医師は言う。発展途上国では医療用資源も無いうえに、対応できる医療施設もない。
 ”私は、パンデミックが生じる確率は本当は分からないのだ、と言うべきと考える。それを聞いた人々は決して安心はしないだろう。それは微かなうなり声を上げて僅か98人程度しか殺さないかもしれない。さもなければ、かってWHOのナバロ博士が推定した数に近い2億人もの人々を犠牲にするかも知れない。
 ”もしそうなればそれは恐ろしいことだ。でもそれは非常に、非常に考えにくいことだ、と私は考える。でも、これらの考え方の釣り合いをとるのは難しい”。
 ベトナムの熱帯病専門病院では、医師達は決して起こりはしないだろうと予想されるパンデミックに対して、緊張感を持って対処してきている。パンデミック、それはかなり以前から、一種のファッションのように欧米で語られてきていることではある。
 ベトナムが2005年中旬に家禽へのワクチン接種を開始する前は、鳥フルは家禽の間で自由奔放に広がっていた。186人の患者のうち93人がベトナム人だった。しかし今年は発生していない。
 しかしながら熱帯病千専門病院のスタッフは完全な予防装具を身につけて疑い患者に接している。なぜなら”次の患者が人人感染の開始となるかどうかは、誰も分からないからだ”とファーラー医師は説明する。
 新規患者に遭遇するごとにスタッフは国際的に勧奨されている方法に従うように努めている。しかし彼等の現場での経験からすると、ジュネーブやローマの国連の専門家が作成した手際の良い対策計画には、穴がいくつも空いていることに気がつく。
 WHOは、患者を早期に発見して、接触者を同定し、そして抗ウイルス薬を処方し、そして隔離する方法等で(これはあくまでも例としてであるが)、パンデミックは封じ込むことが可能かも知れないと言っている。
 これに対する反応として、ファーラー医師は1人の患者の家庭の写真を示す。メコン河沿いのあばら屋だ。その患者が病気になったとき、彼はボートを漕いで地域の保健施設に行った。そしてそこから地域の病院へ移送された。後に救急隊が彼をホーチミン市へ連れてきた。そこでウイルスの遺伝子的分析が行われて、肺炎ではなく鳥インフルエンザの診断が確定された。もし鳥フルが人に簡単に感染する能力を身につけていたなら、彼は診断される前に数千人に感染させていたと考えられる。
 ”速やかに行動しなければならないが、その過程は現在数日間は要する。(症状が現れてから病院へ収容され診断がつくまで)。”、とファーラー医師は言う。診療所、検査室、専門家を揃えるためにさらなる金が必要であることを示唆している。
 患者が発生した村へ行き、タミフルで村を飽和することが出来ると思うだろうか?ファーラー医師はそのように尋ねる。”もし患者が発生したことを村人が聞いたなら、彼等はどのような行動を起こすだろうか? 彼等はおとなしく座ってはいない。彼等はバスに乗って逃げだし、他の村の親戚の家に行く”、そこでインフルエンザはさらに拡大してゆく。
 ベトナムの医師達にとって、人の鳥インフルエンザ事例は3年以上も前から、現実的恐怖であった。そしてファーラー医師は、当初、患者から感染するかどうかも定かでない中、献身的に働いた医療スタッフの恐怖を生々しく思い出す。
 ”この肺をみてごらん、何もないんだ”、とファーラー医師は現在回復して大学に戻っている患者の胸部写真を示した。患者の左胸には何も無く大きな空洞となったままだ。病院における研究は世界にH5N1鳥インフルエンザに関して多くを教えた:人が感染した場合、ウイルスが消え去るまで通常のインフルエンザよりも時間がかかる、そしてタミフルは速やかに耐性株を作る等。
 しかし悔しいことに、ファーラー医師には治療方法の改善策は今のところ無い。
 ”我々が必要としているものは株を越えて効果を発揮するワクチンである。なぜならウイルスは毎年変化する”、と彼は言う。”英国に住む自分の母親は、毎年ワクチン接種を受ける。しかしそれはアジアの田舎では現実的方法とはならない”。
 タミフルは注目されているが、1種類の薬だけではウイルス疾患には対処出来ないことは周知の事実である。エイズでは数種類の薬が使われている。
 ファーラー医師の病院の患者にはタミフルが投与される。そしてそれは何らかの効果を呈する。”それは我々が保有する手段の全てだ”、と彼は言う。”もし自分が発病したなら、間違いなくそれを服用したいと思うだろう”。
 しかし、彼は10年近く続いているアジアでの鳥インフルエンザに対する、国際的研究と共同作業が十分でなかったことを悔しがる。例えば、彼が言うには、ベトナムではワクチンの家禽への投与で鳥フル発生が著しく減少したが、ウイルスの中に変異してワクチンに対して耐性となる株が現れ、それが翌年にリバウンド状態となって流行するする可能性があるのか、否か、誰も分からない(そのような研究が行われていない)。
 個人的にはファーラー医師は楽観的で、パンデミックは生じないだろうと信じている。もしウイルスが変異して人人感染を起こすようになったとしても、そのときは致死性を著しく減じているだろう、と彼は言う。
 しかし、もし大被害が生じたなら、と彼は言う:”人々は過去を振り返り、言うに違いない:このウイルスは他の種にも感染していた厄介なウイルスだ。それはあなたも知っていたはずだ。にも関わらず何もしなかったのか?やったことは効果的薬1種類を手にしただけで、ワクチンは用意しなかったではないか”。

At the U.N.: This Virus Has an Expert 'Quite Scared'  ニューヨークタイムズ特集 
 2.H5N1ウイルスは非常に怖い--国連ナバロ博士インタビュー


 国連の鳥インフルエンザ対策主任調整官であるダビド・ナバロ博士は、現在鳥の世界で大惨事をもたらしているH5N1ウイルスが、人の世界でも同じような状況をもたらすのか、もしそうならいつなのか?、という問題に対して予知することに対して、非常に神経過敏になっている。

 しかしナバロ博士は彼自身”極めて怯えている”と表現する。特に病気がアジア地域で弾けて、アフリカとヨーロッパ、そしてインドへ彼が予測した以上の速さで拡大してからだと語る。
 ”全く自由奔放で爆発的速さだ”、と同博士は言う。”そしてそれは劇的な仕草で、家禽をものすごい速さで殺し続けていて、我々が極めて残忍なウイルスに遭遇していることを示唆するには、十分すぎる状況となっている”。
 ナバロ博士は先のWHO危機管理の責任者であるが、昨年9月に着任したときに鳥インフルエンザの大流行が起きると、世界で1億5千万人死亡する可能性があると語り、世界中から非難されて以来”人騒がせな人”とされてしまった。
 同博士はこれまで世界の危機に関して数多くの実績がある(詳細省略;訳者)
 鳥インフルエンザに関して彼は5百万人から1億5千万人の死亡を予知したが(これは世界銀行の予測と同じである)、ニュースではより大きい数値だけが取り上げられた。
 そして今、彼にどのくらい死ぬ可能性があるのか?と答うと、”私は分からない、誰にも分からない”と答える。
 しかし彼は繰り返すように言う。彼が現在の職務についた昨年の9月頃以上に、彼は心配していると。10月に彼はウイルスはアフリカに拡大するだろうと予知した。そこでは監視態勢が整っていないから、家禽や人々の感染の確認が数週間は遅れるだろうと語った。そしてそれは先月立証され、ナバロ博士の予言が正しかったことが証明された。

 さらに多くの国で数百万羽以上の鳥が感染してゆく状況は、”世界中にウイルスが対数的にその量を拡大してゆくことを意味する”、と博士は説明する。そしてインフルエンザウイルスの変異は極めて早い。感染した個々の鳥や人の中でいつ変異が起きるかどうか、それらをチェックすることは不可能だ。
 H5N1鳥インフルエンザが人の間でパンデミックを引き起こすことに懐疑的研究者もいる。その理由は、10年間もウイルスは人に適合すること無しに、鳥の間で感染を繰り返していたということである。だから今後も簡単にウイルスは変化しないだろう。彼等はそう言う。それに対してナバロ博士は、その10年間経った今、ウイルスは急速に地球の半分に拡大したのだ、と反論する。(現在急速に変化しつつあるのだ。今後はどうなるのか分からない:訳者)
 この懐疑論は、彼に1980年代の東アフリカで発生したエイズを思い出させる。誰もこのウイルスが世界中に拡大するとは認識していなかった。そして未だにエイズウイルスが世界中に性的行為で広がったのか否か不明なままとなっている。専門家達の中には性的行為だけでウイルスが世界的脅威となるだけ拡大するのは考えづらい、と考えている人も多い。
 現在エイズウイルスは世界で2千万人の人を殺し、4千万人の人が感染している。
 ”我々はエイズ発生の初期に、真剣に取り組むことをしなかった故(重大な感染症であると認識し、初期対策を怠った:訳者)、現在の状況になった”、とナバロ博士は語る。
 初期のエイズと同じように鳥インフルエンザには、未解決の問題が多く存在している:なぜ何年間も家禽の間でのみ感染を繰り返していたのに、突然渡り鳥に感染して世界中へ拡大しだしたのか?なぜ中国北部のウイルス株(現在西方で拡大している株)は、検査で擬陰性を呈することが多いのか?なぜトルコで、多くの人々が非常に速く発病したのか?
 ”パスルの中でいくつかの部分が見失われている”、と博士は語る。”この先も我々は現在見失っている重要な現象を見いだせないまま、自分達を嘲り続けなかればならないのだろうか?”
 彼はウイルスが間もなく至る所に定着してしまうことを恐れている。ウイルスの封じ込めがより困難となり、人への感染の機会が増大してゆく。猫への感染は彼の不安感を増大させた。それは絶えず人と共生しているからだ。
 ウイルスの変異は人に対する致死性を減じるという意見は、逆説的に悪い結果となる、と彼は説明する。感染した人々の半分を殺してしまう感染症は、次の対象者に感染する前に燃え尽きてしまう(発病者が他人にウイルスを感染させる前に死亡してしまう:訳者)。一方感染者の98%を生かしておくウイルスは、1918年のスペイン・インフルエンザのように、何億人もの人に感染を広げる。なぜなら多くのキャリア(元気なままウイルスを持ち運ぶ人)がいるからだ。
 公衆衛生分野の官僚として、56歳の英国出身であるナバロ博士は以下のような自分を理想と考えている:正直で、正確で、現実的で、複雑な事実を感覚的に人々に伝えることが出来る専門家。
 

・How Serious Is the Risk? New York Times (ニューヨークタイムズ、米国) ニューヨークタイムズ特集 
 1.鳥インフルエンザの危険性はどのくらいあるのか:Q&A

 
 一部抜粋訳
 昨年中テレビや新聞紙上で、鳥フルとそのパンデミックの可能性について報じられないことは無かった。最初はアジア、続いてヨーロッパ、そして現在はアフリカと、H5N1鳥フルウイルスは間違いなく拡大している。最新の報告された国はアゼルバイジャンで、7人が感染して5人が死亡している。
 ウイルスはまだ米国に辿り着いていないが、それは時間の問題と言われている。しかしもしそうだったとしても、人におけるパンデミックが必ずしも生じるということでもない。多くの研究者達は、人でのパンデミックが生じることに疑いを抱いている。ウイルスは容易に人に感染しないし、感染したとしても、そこから別な人間には決して感染しない。鳥インフルエンザは、名前の通り、鳥での感染症と言っても過言ではない。それは数千万羽の鳥に感染したが、人に対してはほんの200人にしか感染してないし、そのほとんどは鳥からの感染である。
 しかしH5N1ウイルスが人に感染したなら、それは致死的症状を引き起こす。感染者の半数以上が死亡するほどの異常な致死率を示している。さらに同じように警告的な現象として、死亡しているのは、通常ハイリスクとされる人々ではなく、健康的人々であることだ。
 明らかに高い致死率と急速なる拡大傾向に、科学者達は真剣に危機感を高めている。さらに1918年のスペイン・インフルエンザのウイルスが、やはり鳥インフルエンザ・ウイルスであって、それが直接人に感染を広げたという事実が最近明らかになったことで、警戒感はさらに高まっている。
 付け加えるに、H5N1ウイルスはA型インフルエンザウイルスに属するが、パンデミックを生じるウイルスはA型に限られている。これらのA型ウイルスは元来鳥インフルエンザ・ウイルスだった。過去におけるパンデミックが生じた年代を挙げると、1918年、1957年、1968年であり、研究者達の中では新しいパンデミックがそろそろ生じる可能性が論議されている。それはA型インフルエンザであるが、今は正しくH5N1ウイルスに照準が当てられている。
 現在H5N1ウイルスは人から人へ感染する能力だけが欠けている。もしウイルスがこの能力を獲得したならパンデミックは生じる可能性が高い。
 全てはウイルスの感染能力にかかっている。しかしH5N1ウイルスが人の間での感染性を獲得するかどうかは予知できない。ウイルス遺伝子は変化してきている。そして研究者達はその変化により、ウイルスの人への感染性が高まることを警戒している。またはH5N1ウイルスが感染した人の中で、さらに感染してきた人インフルエンザウイルスと交わり、遺伝子組み換えが生じ、人への高い感染性を獲得する可能性もある。
 しかしほとんどの鳥インフルエンザ・ウイルスは種を越えて人に感染するようにはならない。専門家の中には、H5N1鳥フルウイルスは10年もの間鳥の間で感染を繰り返していたにも関わらず、人へ感染するような変化は生じていないから、今後もそう簡単には変化しない、と解釈する人もいる。またその意見を否定する研究者もいる。
 現在感染を拡大しているH5N1ウイルスは、1997年に香港で検出された感染者18人と6人の死者を出したウイルスとは、全く異なっている。時間と共に、H5N1ウイルスは感染する鳥の種を広げているように思われる。そして哺乳動物へも感染能力を拡大してきている。
 実際に感染した人の数は、報告されている数以上と推定される。そして医師の診察を受けることもなく回復している軽症例も存在する可能性がある。もしそうならば、実際の死亡率はより低いと考えられる。しかし誰も軽症例が実際に存在するかどうか、さらに(H5N1ウイルスに)免疫を持った人がいて感染しないかどうか等、分からない。
 さらなる情報が無いままに、保健当局では発病者の半数を殺してしまうと現在考えられている感染症に、立ち向かってゆかなければならない。


 ウイルスが人人感染を起こしだし、パンデミックになることを、如何にして知ることが出来るか?


 もしパンデミックが生じたなら、それは一つの町とか国で発生するのではなく、どこでも起きえる。このような状態をいち早く検出するために、世界150ヵ国以上が参加した国際的監視システムが作られている。そこで人に感染する新規インフルエンザの発生を監視している。パンデミック・インフルエンザ発生の代表的兆候として、異常な感染発病様式が挙げられる。例えば、多くの患者の発生、通常のインフルエンザよりも重症な患者の発生、通常のインフルエンザ・シーズン外での発生など。


 鳥インフルエンザが米国に上陸するとしたなら、最初にどこで発生するだろうか?


 
色々なルートが考えられるが、渡り鳥によりもたらされるなら、アラスカかまたは西海岸が考えられる。
 しかし鳥の密輸で上陸するなら、全ての国際空港から入ってくる可能性がある。


 鳥インフルエンザに罹患した人々の死因は?


 重症肺炎で死亡する人々のように、多くの患者は肺が機能しなくなり死亡する。
 病気は通常発熱、易労感、頭痛、そして通常のインフルエンザのように全身の痛みなどで始まる。しかし、数日以内に肺炎を呈し、患者の肺は高度に傷害され体液で満ちあふれる(血液が主:訳者)。
 数例の事例であるが、小児の場合脳炎で死亡する場合がある。明らかにウイルスが脳を傷害した結果である。また多くの人々は高度の下痢を呈しているが、これは通常のインフルエンザでは見られない症状であり、ウイルスが腸管に対しても傷害を与えている証拠である。感染死した猫の例から考えると、ウイルスは哺乳動物の心臓、肝臓、副腎なども傷害するようだ。
 しかしさらなる詳細な情報は患者の解剖により得られるが、ベトナムなどの発生国では解剖を行えるケースが少なく、解剖により医学的情報を得る機会が得られにくい。

3月28日


・Denmark receives confirmation of H5N1 Playfuls.com (ルーマニア) デンマーク、H5N1鳥フルを確認
 先に北部で確認された鳥フルウイルスが、H5N1株であることが英国のEU関連研究所で確認された。
・India reports more birdflu cases among chickens Khaleej Times (アラブ首長国連合) インド、さらなる鶏での鳥フル発生を報告
 インドはマハラシュトゥラ州の200近い村での鳥フルの発生を報告した。ウイルスはH5N1と考えられるが検査中である。
・7 new cases of birdflu reported in Jalgaon Daily News & Analysis (インド) インド:ジャルガオンで鳥フル7事例発生

・Tests clear Cambodian birdflu suspects, says hospital ABC Asia Pacific (オーストラリア) カンボジアの疑い例、検査で陰性と
 カンボジアのプノンペンの病院当局者は、3歳の幼女が鳥フルで先週死亡後発生した3人の疑い例は、検査の結果陰性であったと発表した。3人は発熱と咳で入院検査されていた。
 大人1人と小児2人は25日に入院以来治療を受けていたが、病院側は鳥フル検査で陰性と発表した。
 WHOは検査結果については確認していない。
・Second Egyptian Woman Dies of BirdFlu San Francisco Chronicle, (米国) エジプト女性、同国で2人目の鳥フル死亡
 AP通信
 
  • 30歳女性が27日H5N1鳥フルで死亡し、エジプトで先月ウイルスが見つかって以来2人目の死者となった。
  • チェコ共和国で死亡した白鳥からH5ウイルスが検出され、同国としては初のH5N1ウイルス感染の確認となる可能性が高い。
  • スウエーデン当局はH5N1と考えられる鳥フルに感染した野生のミンクが見つかったと発表。2週間前に最初の鳥フルが見つかって以来、数十羽の鳥でH5N1ウイルスが検出されている。感染したミンクは鳥を食べて感染したと考えられている。

・Experts say birdflu can no longer be controlled Earthtimes.org (国際) 専門家達、鳥フルはもはや制御不能と

The uncontrolled spread of bird flu across Europe. Asia and Africa suggests that the virus is rapidly moving and is closer to a critical mutation that makes it easily transmissible between humans, experts have said. This year alone the H5N1 virus has accounted for 29 lives and is responsible for the unfettered culling of tens of thousands of poultry animals.

"We expected it to move, but not any of us thought it would move quite like this," said Dr. David Nabarro, coordinator on bird flu efforts at the United Nations. "Something generally disturbing is going on at the moment. It's certainly in the bird world, and it's pushing up against the human world in a serious way."

The H5N1 virus was confined to Southeast Asia since its discovery in 1997. Most of the deaths related to it have occurred here and experts felt that the culling of birds in Hong Kong had controlled it to a large extent. However, the virus made its appearance in a deadlier form last year and has caused havoc among poultry animals this year.

Overall 103 people have succumbed to it, but experts fear that if the critical mutation occurs, it will spread like wildfire and kill millions of people the world over. Dr. Robert Webster, who has been studying the virus since 1997 says that the virus can no longer be controlled. "Nature is in control," the virologist at St. Jude Children's Research Hospital in Memphis, Tenn. admitted.

"The slaughter of all poultry in Hong Kong did slow it down. We thought we had gotten rid of it for quite some time." Experts at the UN have asserted that the virus will hit North America by the end of this year. Researchers at the U.S. Centers for Disease Control and Prevention recently said that the virus has shown its second genetic form.

"Each morning I sit down at the computer … there's another country, another outbreak or another human case," said Nancy J. Cox, who heads the influenza division at CDC. "Once it's in migratory fowl, you really can't contain the movement of the disease. In an ideal world, we'd put the spark out, but that's in an ideal world."
 ヨーロッパ、アジア、そしてアフリカへ広がりつつける鳥インフルエンザは、ウイルスが速やかに拡大し、人人感染を起こす株への変異が生じる可能性が高まっていることを、示唆している。
 そのように多くの専門家達が語っている。今年だけですでに29人の死者が出て、数知れない家禽が殺処分されている。
 ”我々は拡大すると予想していたが、このような速さで進行するとは誰も考えはしなかった”、と国連の鳥フル担当調整官のナバロ博士が語っている。”確かに現在は鳥の世界の出来事だけど、それは間違いなく人の世界にシリアスな方法で接近している”。
 H5N1ウイルスは1997年に香港で見つかって以来、その感染は東南アジアに限定されていた。専門家達は香港における全家禽の殺処分という措置が効を奏したと感じていた。しかしウイルスは昨年、より致死的姿に変わり、今年に入って家禽の間で大混乱を起こしている。
 これまで103人が死亡しているが(3月24日のWHO発表では105人:訳者)、専門家達はもしウイルスに重大な変異が起こり、人に容易に感染する株に変わったなら、ウイルスは野火のごとく世界中に広がり、世界で数百万人の死者がでると恐れている。
 1997年以来ウイルスの研究をしてきている聖ユダ小児研究病院の世界的ウイルス学者のウエブスター博士は、ウイルスはもはや制御不可能だ、と語っている。
 国連の専門家達は、ウイルスは今年の末までに北米に拡大する、と断言している。
 米国CDCの研究者達は最近、ウイルスが第二世代の遺伝子構造に変化していることを見いだしている。

 ”毎朝私はパソコンの前に座り…、さらに新しい国で鳥インフルエンザが発生したことを、または人での死亡例が確認されたことを知る”、と米国CDCのインフルエンザ部門の責任者であるNancy J. Coxさんは語る。
 ”ウイルスが渡り鳥に感染して、渡り鳥がウイルスを拡大しているから、我々にはその拡大を抑えることが出来ない。想像上の世界では我々は簡単にそれを抑え込む事が出来るだろうが、現実の世界では極めて難しい”。



・Citizens urged to 'be cautious' of birdflu Daily Star - Lebanon (レバノン) レバノン市民、鳥フルへの警戒を求められる
 農業省大臣は、レバノンでは4ヶ月前から厳重な鳥フル対策が行われてきたため未だ鳥フル発生はない、と語り、しかし周辺国では現在発生しているため、いつレバノン国内に鳥フルが拡大してくるかわからない状況だ、と語った。そして市民にこれまでの対策をさらに強化するように求めた。(渡り鳥と家禽を接触させないように充分監視)。
・Gaza farmers refuse to kill chickens in wake of birdflu outbreak International Middle East Media Center, (パレスチナ) ガザの農家、鶏の殺処分を拒否
 パレスチナ政府から補償費支給が約束されていない農民達は、彼等の生活の手段を失うことから、農場での鶏殺処分を拒否している。先週、イスラエルでは100万羽以上の家禽が殺処分されたが、農家は報償費を政府から支給されている。


・State of 15-year girl suspected of Birdflu is stable Today.Az (アゼルバイジャン) 鳥フル疑いの15歳少女の様態は安定
 保健省が発表。
・Second Egyptian dies from birdflu virus Swissinfo (スイス) エジプトで2人目の死者
 WHOのエジプト地域アドバイザーが、エジプトで2人目のH5N1鳥フルによる死亡者がでたことを発表した。死亡した女性は感染が確認されていた5人の中で2人目の死者となった。
3月27日

・Czechs testing dead bird for H5N1 birdflu strain Reuters AlertNet (英国) チェコ共和国で死亡した白鳥のH5N1鳥フル検査
 チェコ共和国は中央ヨーロッパとして初めてのH5N1疑い事例として、死亡した白鳥の検査を行っている。獣医担当局の責任者が27日発表した。
・米、鳥インフル対策急ぐ・州との連携も強化 日本経済新聞 
 米政府が鳥インフルエンザのまん延に備えた対策を急ぎ始めた。抗ウイルス剤である「タミフル」と「リレンザ」を大量発注、備蓄量を2600万人分に増やした。各州で「対策サミット」を開催し、州政府との連携も強化する構えだ。米政府は「タミフル」を380万人分、「リレンザ」を220万人分それぞれ発注した。1日にも計1400万人分発注したばかり。最終的に国民の25%相当分の備蓄を確保することを目指すという。
・Shanghai birdflu victim down after buying chickens at market China Daily (中国) 上海での鳥フル死亡女性、露店で鶏を購入後、発病死
 これまで上海当局は、鳥フル死亡29歳女性の感染経路について説明することを拒否してきたが、女性と接触した人々の追跡調査はを行っていると語っている。
 しかしながら信頼できる経済誌の Caijingによると、女性が露店で生きた鶏を2羽購入後発病したことを、同誌の調査で判明したと報道している。
 市場で生きた鶏を販売することは昨年の9月以来禁止されている。しかし無許可の露店が通りでいまだ生きた家禽を売っている、と同誌は説明している。


Czechs testing dead bird for H5N1 birdflu strain
チャコ共和国で死亡した白鳥のH5N1鳥フル検査
Three sick Cambodians tested for bird flu
カンボジアで3人が鳥フル疑いで検査(昨日のWHO発表記事と同じ)
Egypt finds 5th suspected human bird flu case
エジプト、5例目の疑い例を報告
Israel eradicates all bird flu in poultry-minister
イスラエル、家禽における鳥フルを完全に除去と

・Jordan culls 13,500 birds in fight against birdflu TODAYonline (シンガポール) ヨルダン、13500羽の家禽を殺処分と
 ヨルダンは24日、3羽の死亡した七面鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスを検出したが、その後地域の2農場の主として13500羽の鶏の殺処分を行った。
・Falcon dies of H5N1 birdflu in HK Shanghai Daily (上海、中国) 香港、ハヤブサが鳥フルで死亡

 香港でハヤブサ( peregrine falcon)がH5N1鳥フルで死亡したことが当局により確認された。
 農林水産環境省が25日、検査により確認したと発表した。
 鳥は21日、Grandeur TerraceでAFCDのスタッフにより収容されたが翌日死亡した。
 同省のスポークスマンは市民に、個人的衛生管理に気を付けるように発表した。
 ”個人的に野鳥や生きた家禽に接触しないこと、そして接触した後には充分手を洗うこと”、と同氏は語っている。
 今年に入ってから香港では多くの鳥がH5N1鳥フル検査で陽性になっている。

 一方、市内で25日、感染症に罹患した患者を病院へ移送する模擬訓練が行われた。
 鳥フルに感染した疑いの患者をバプチスト病院からクイーン・エリザベス病院へ運ぶシナリオで行われた。
 クイーン・エリザベス病院では、予防衣で身を固めたスタッフが、患者を運ぶ救急隊を隔離病棟へ案内した。

・Jordan still free of human birdflu infection, says health ... Monsters and Critics.com, (英国) ヨルダン、人での感染者は出ていない
 ヨルダンの保健省大臣は、国内の病院からは鳥フル発生の報告は現在のところ無いと語り、ヨルダンでの鳥フル人感染者は出ていないこと発表した。国内の病院からの鳥フル患者発生に関する報告態勢が確立されていると説明した。
・Shanghai Confirms First BirdFlu Fatality W*USA 9 (米国) 上海、最初の鳥フル死亡者
 既報
・Source of the birdflu- Gaza Strip Katif.net (イスラエル) イスラエル:鳥フル感染源はガザ地区である
 イスラエルの農業省大臣は、公式発表として、今日まで120万羽の家禽を犠牲にした鳥フルの発生源はガザ地域であると語り、現在イスラエルの鳥フルは一掃されたが、再びガザ地域およびヨルダンから入って来る可能性があると付け加えた。
3月26日

・Cambodia's latest birdflu outbreak a 'serious' problem - WHO Forbes (国際) カンボジア状況は深刻と、WHO
 WHOはカンボジアの鳥フル流行状況について、先週子供が鳥フルで死亡した後、さらに3人が疑いで入院したことから、極めて深刻な事態であると表現している。
 重要で、深刻な状況だ。我々は出来る限り深刻に受け止める必要がある、とWHOの代表であるマイケル・オレアリー(Michael O'Leary)氏がAFPに語った。
 3人--一人は大人で二人は子供--は発熱と呼吸困難で、プノンペンで治療を受けている、と保健当局者が語った。
 3人は先週死亡した3歳の子供が住んでいた村の近くの村に住んでいた。
 疑い患者達に接触した5人の人々も検査を受けていると、保健省感染症部門長官が語った。
 3人がどのようにして感染した可能性があるのかは、原因は不明であるとも、彼は語っている。
 農業省当局者はこの地域一帯で家禽の検査を行っているが、これまでH5N1鳥フルウイルスが見つかっていないと言う。今月初旬にこの地域で数百羽の家禽が死んでいたにも関わらず。
 もし3人が鳥フル感染していることが確かめられたら、非常に事態は複雑となる。オレアリー氏はそのように説明する。3人が何処で鳥から感染したのか?
・Birdflu death reported in Shanghai Washington Times, (米国) 上海で鳥フル死者が報告

The Chinese Ministry of Health said investigators are trying to determine how a 29-year-old woman who died in Shanghai was infected with avian influenza.
      The woman, identified only by her surname Li, died on March 21, eight days after she first developed symptoms, Xinhua, the official government news agency, reported. The deadly H5N1 strain of the virus has been confirmed.
      Li was the 16th person in China known to be infected with the strain and the 10th to die.
      Officials describe Li as a migrant worker. People who had been in contact with her are being monitored, but so far none have shown signs of the disease.
      Avian influenza has not been found among poultry in Shanghai.

 中国衛生部は、上海で鳥フルに感染して死亡した29歳女性の感染源に関して、調査中であると発表した。
 Li(リュウ)としか名前が発表されていない女性は、症状が発現して8日後の3月21日に死亡した。国営通信である新華社が報じた。H5N1鳥フルウイルスが確認されている。
 Liの死で中国での鳥フル感染者16人となり、そのうち10人が死亡している。
 当局はLiさんは出稼ぎ労働者だったと説明している。彼女と接触した人々の健康状態が観察されているが、これまで発病の兆候を示した人はいない。
 鳥フルは上海の家禽の間で発生はしていない。

・Are we ready for birdflu? Sunday Vision  (ウガンダ) ウガンダ:我々の鳥フル対策は大丈夫?
 鳥フルが拡大してくる脅威下での、ウガンダにおける鳥フル対策に関する論点。
・Health improved for three Egyptians infected with H5N1 ... Kuwait News Agency  (クエート) H5N1鳥フルに感染した3人のエジプト人が回復

 エジプト保健省は、H5N1鳥フルに感染した3人のエジプト人は回復してきていると発表した。

 アブデルラーマン・シャビン医師は、3人は早期に発見され迅速な治療を受けることが出来たが、先に死亡した女性は発見と診断が遅れた、と語った。
 彼は、”今回の事例で確で迅速な治療を学んだ”、と語っている。
 患者の(診断のための)定義が明確にされ、病院は患者の診断が出来るようになっている。保健省の報道官が語った。
 2月中旬にエジプトでH5N1鳥フルウイルスが検出されて以来、447ヵ所の農場が査察され、191人の疑い例が保健当局によって検査された。

・Israel culls more than 1 million birds
Monsters and Critics.com  (英国) イスラエル、100万羽以上の家禽を処分
 イスラエルは25日までに数カ所の農場の100万羽の鶏と他の家禽を処分したと発表した。



Palestinians get $2 mln in World Bank bird flu aid  
世界銀行、パレスチナに200万ドルを鳥フル対策に資金提供
Tests show no bird flu virus in Slovenia poultry
スロベニアの家禽で鳥フル検査は陰性
Serbia confirms first case of H5N1 in rooster
セルビアの鶏でH5N1鳥フルウイルスが検出
Indonesia baby girl dies of bird flu, local tests show
インドネシアの女児鳥フルで死亡、検査で確認

・Indonesia: 23 Human BirdFlu Deaths Prensa Latina, (キューバ) インドネシア:23人が鳥フルで死亡
 インドネシアの乳児が鳥フルで死亡して、同国の死者が23人になったことが保健省から発表された。
 
 保健省のハリヤディ・ウイビソノは、1歳女児の検査が地方の検査所で行われ、H5N1鳥フルウイルスが検出されたと語った。
 23日に死亡した女児はジャカルタの西部に住み、感染した家禽にに接触し発病したと言われる。
 女児の検体はWHOの検査所に送られて、確認のための検査が行われる。
 2003年12月以来、H5N1鳥フルで186人の感染者、そして105人の死者が世界で出ている。
 病気はアジア、中東、ヨーロッパ、そしてアフリカに拡大しているが、世界の最も地域であるアフリカでは拡大阻止対策が遅れている。
・上海で初の死者、鳥インフルエンザ感染 中国で11人目 朝日新聞 
 
・Culling of avian flu-infected poultry nearly done Jerusalem Post, (イスラエル) イスラエル:鳥フル感染家禽の処分はほぼ終了
 25日、イスラエル農業省はH5N1鳥フル感染家禽の処分がほとんど完了したと発表した。
 100万羽以上の鶏と七面鳥が殺処分された。

 またパレスチナのガザ地域では13000羽以上の家禽が処分された。
・Palestinians get $2 mln in World Bank birdflu aid Khaleej Times (アラブ首長連合国) 世界銀行、パレスチナの鳥フル対策に200万ドルを提供
 パレスチナ統治下のガザ地区の2農場でH5N1鳥フルが発生したことを受けて、世界銀行は対策のために200万ドルを提供した。
・WHO urges birdflu aid for Gaza ABC Online (オーストラリア) WHO、ガザ地域での鳥フル対策の緊急援助を急ぐ
 WHOはガザ地域での家禽農場で発生している鳥フル対策が進んでいないことに、重大な関心を示し、国際社会とイスラエルに、早急なる対策のために資金援助を行うように要請した。
3月25日


・Hong Kong confirms deadly avian flu in another bird TODAYonline (シンガポール) 香港でさらに致死的鳥フルで死亡した鳥が発見
 17羽目の鳥フル感染鳥が発見
Bird Flu: "This thing just continues to march" City Pages  (米国) ミネソタ大学のオスターホルム教授へのインタビュー
 City Pageのインタビュー記事。世界のトップウイルス学者の中でも、最も鳥フルのパンデミックを危惧している著名なオスターホルム教授へのインタビュー。
 1918年のスペイン・インフルエンザ以上の悪性インフルエンザと語る。
Osterholm: "H5N1 is the most powerful influenza
virus we've seen in modern human history
"

Courtesy of CIDRAP


・Indonesian baby girl dies of birdflu, local tests show Reuters India (インド) インドネシアで女児が鳥フルで死亡
 ジャカルタの病院で1歳の女児が23日、病院収容後間もなく死亡し、検査の結果H5N1鳥フルと確認された。WHOで確認されたらインドネシアで23人目の死亡者となる。
・鳥インフル、上海29歳女性が21日に死亡 人民網日本語版 
 衛生部は24日、上海市で、高病原性鳥インフルエンザの人への感染が1例確認された、と発表した。
  患者は李という姓の29歳女性。外地から上海へ、働きに来ていた。3月13日に発病した。診察では発熱と肺炎のような症状があった。病状が重く、治療の効果も無く、21日に死亡した。上海市疾病予防抑制センターと、上海市公共衛生センターが、患者の標本について調べたところ、鳥インフルエンザのウィルス「A/H5N1」型核酸に陽性反応があった。23日の、中国疾病予防抑制センターによる再検査でも、同じ陽性反応が出た。
  衛生部の専門家グループは、世界保健機関(WHO)の高病原性鳥インフルエンザの人への感染に対する診断基準と、中国の診断基準により、患者を高病原性鳥インフルエンザの人への感染例と確認した。
  感染例の発生後、事態を非常に重くみた現地政府では、衛生部門が感染防止措置をとった。また患者に密接に接触した人には、厳密な医学的観察を行っているが、今のところ異常な症状は出ていない。  
  今回の患者に関する状況は、衛生部がWHOと、香港、澳門(マカオ)、台湾地区、また一部の国へ既に通報している。
・US Now Has 26 Million Avian Flu Antiviral Treatments to Fight ... SeniorJournal.com, (米国) 米国、2600万人分のタミフルを用意
 米国保健省長官のマイク・レービットは抗ウイルス薬(タミフル)を600万人分発注したと発表。米国はこれで2600万人分を備蓄することになった。
・Jordan confirms 1st cases of avian flu Centre Daily Times (米国) ヨルダン、鳥フル発生を初めて確認
 ヨルダンは24日、飼育七面鳥でのH5N1鳥フルの発生を確認した。
・Could your family respond to birdflu threat? 9NEWS.com, (米国) あなたの家庭は鳥フル・パンデミックに対する準備をしていますか?
 もしインフルエンザ・パンデミックがコロラドを襲ったとしたなら、あなたの家族は食料、飲料水、医薬品をどこで手に入れますか?従業員の25%は発病し休みますが、いかにしてあなたの企業の業務を続けますか?
 これらはデンバーで24日に開かれたパンデミック計画サミットでの質問である。
 米国保健省ではすでに家族や企業、教会に対して対策のための情報を提示している。
・Birdflu fears WHDH-TV, (米国) 鳥フルの脅威高まる
 政府は鳥フル対策の緊急なる整備を言っているが、パニックを起こさず、十分な対策の計画が必要。…
・Birdflu bites the world – spreads panic LiveArticles.org (米国) 鳥フル世界へ広がる--拡大するパニック
 鳥フルは世界へ野火のごとく広がっている。…
・Health officials outline pandemic planning for Colorado The Coloradoan (米国) コロラド、保健当局が対策行動計画作成
 コロラド州と合衆国はインフルエンザ・パンデミックに対して十分態勢がとられていないと、保健省長官のマイク・レービットは語り、パンデミック・インフルエンザに対して連邦政府とコロラド州が連帯責任を負うものとすることが、両者の間の合意事項となった。コロラド州の対策支援に連邦政府から、160万ドルの支援費が提供された。
・Birdflu reaches German capital TODAYonline (シンガポール) 鳥フル、ドイツの首都まで拡大
 西ベルリンのアパートのバルコニーで死亡した野鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出されたことが、ドイツ当局から発表された。これでドイツの16州のうち7州でウイルスが検出されたことになる。
・China reports 11th birdflu death BBC News (英国) 中国、11人目の死者を報告
 29歳女性が中国で11番目のH5N1鳥フルによる死者となった。
 感染者モニターのため市内160ヵ所のクリニックにモニター・ステーション(発熱外来)が開設された。
 女性の感染経路は不明。
・BirdFlu Forces Israeli-Palestinian Cooperation noticias.info (スペイン) 鳥フル対策でイスラエルとパレスチナが協力体制
 パレスチナのハマスが政権に着く準備態勢で、イスラエルと緊張感が高まっている中、鳥フルが発生した両国は緊急対策で協力体制を余儀なくされている。
・Birdflu kills two more in Asia Swissinfo (スイス) アジアでさらに2人死亡
 鳥フルはカンボジアで幼い少女を死亡させたが、同国では1年ぶりの犠牲者となった。一方中国は24日、上海市で女性が鳥フルで死亡したことを発表した。
・新型インフルエンザ対策 道内大手企業、23%が「必要」 小樽市保健所が調査 北海道新聞
 新型インフルエンザ出現に備え、道内大手企業の23%が「現時点で社内の危機管理対策が必要」と考えていることが二十四日、小樽市保健所が実施したアンケートで分かった。六割以上の企業は、新型が国内でも流行するとみており、同保健所は「予想以上に警戒感は強い」と分析している。
 調査は企業の意識を把握し、行政に生かすのを目的に同保健所が独自に行った。札幌証券取引所の上場企業や、資本金一億円以上の企業など道内百三十八社に文書を送り、九十八社(71%)が回答した。
 回答したほぼ全社が新型の脅威を認識。うち64%が「日本でも流行する」とした。流行時の対策を「現時点で準備する必要がある」は23%、「行政の指示があれば準備する」は43%で、七割近くが対策が必要と考えている。「準備の必要はない」は7%だった。同保健所は、外国人観光客などの増加で民間の危機意識は高まっていると分析。今後、企業の対策行動計画を作る方針。
・6 in 10 Canadians Concerned With Potential BirdFlu Outbreak PharmaLive.com (press release),  (米国) 6割のカナダ人が鳥フル拡大と予想、2%が食料品など備蓄
 ほとんどの専門家が今年の秋までに鳥フル(H5N1)が北米に拡大するだろうと予測しているが、ケベック州政府は市民に対してパンデミックに備えて食料品などの備蓄をするように勧めている。このたびIpsos Reid により行われたカナダ人に対する世論調査によると、約60%の市民がH5N1鳥フルウイルスに警戒しており、100万人(4%)の市民が既に現金、食料品、飲料水、医薬品の備蓄を済ませており、他の27%がそうする予定と答えている。しかしながら多くの人々は(69%)は実際に鳥フルが流行するまで様子を見ると答えている。
 しかしながら企業や個人、およびペットに対する予防的対策の必要性に関しては、全てのカナダ人で意見は一致している。例えば、法的権限を持った隔離対策、対策に違反した場合の罰則など。
・鳥インフルの感染確認 上海で初の死者 徳島新聞
 中国衛生省は24日、上海市に出稼ぎに来ていて死亡、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した疑いがあるとされた女性(29)について、感染を確認したと発表した。中国での鳥インフルエンザの人への感染例は昨年11月に初めて確認されて以降、16人目で、死亡は11人目となった。上海での人の感染死は初めて。女性は13日に発病、21日に死亡した。上海衛生当局が感染疑い例と診断、衛生省が確認を進めていた。上海は中国最大の経済都市で、在留日本人も4万人以上と中国国内で最も多い。
3月24日


・Shanghai intensifies monitoring of birdflu China Daily (中国) 上海、鳥フル感染者のモニター強化

 上海は29歳女性が鳥フル疑いで死亡したことから、市民の間に鳥フルが拡大するのを阻止するための予防措置を強化した。
 市の衛生局は市内に160ヵ所の発熱外来付属のモニターステーションを設置した。全ての発熱市民はここで治療を受けなければならない。
 付け加えるに、全ての病院は疑い患者の隔離と消毒の強化、そして医療スタッフに対する鳥フルに関するトレーニングが義務づけられた。
 市民には予防のための方法が記された小冊子が配布された。
 ”パニックになる必要はないが、個人の衛生管理に気を付けることと、集団の中に入ることを避けることは必要だ”、とHuashan Hospital のZhang Yongxin教授は語っている。
 死亡した女性は出稼ぎ労働者で、咳と発熱で3月15日に病院へ入院した。女性は原因不明の肺炎で21日死亡した。
 上海市の衛生局の専門家が22日、いくつかの検査と分析を行った結果、女性は高病原性鳥インフルエンザが原因で死亡した可能性が高いと暫定的結論を出した。
 同市衛生部では、この事例は北京の衛生省に報告済みで、専門家の派遣を依頼したと言う。
 もしこの事例が確認されると、上海で初めての鳥フル感染者となる。
 当局によると、死亡した女性と接触した人々は医学的監視下に置かれていて、現在のところ異常者は出ていないと言う。
 中国はこれまで15人の感染者を確認していて、そのうち10人が死亡している。
 上海が最終的に家禽の間で鳥フルが発生したのは2004年であった。

・Birdflu found on Jordan farm Middle East Online  (英国) 鳥フル、ヨルダンの農場で確認
 北部ヨルダンの農場で死亡した家禽で致死的H5N1鳥フルが確認された。ヨルダンの保健省大臣が発表した。
・Birdflu confirmed in Jordan Valley Jerusalem Post (イスラエル) 鳥フル、ヨルダンでも発生が確認
・Cambodian child dies of birdflu Swissinfo (スイス) カンボジアの子供が鳥フルで死亡
 3歳のカンボジアの少女がH5N1鳥フルで死亡した。24日政府当局とWHOが発表した。。少女は病気になったり、死にかかっている鶏と接触した既往がある。
・BirdFlu May Have Killed Woman in Shanghai's 1st Case (Update1) Bloomberg (国際) 上海:鳥フルで女性が死亡の疑い
 上海で原因不明の肺炎で3日前に死亡した女性が鳥フルであった疑いがもたれている。上海市の保健当局者が発表した。
 WHOは北京の中国衛生部にこの女性の詳細に関しての情報提供を求めている。すなわちどのような検査が行われたのか、女性は家禽と接触の既往があるのか、等。
・Girl dies of birdflu in Cambodia, seven other suspected cases TODAYonline (シンガポール) カンボジアで少女が鳥フルで死亡、他に7人の疑い例
 カンボジアで3歳の少女が死亡したが、最初の検査で鳥フルと確認された。他に7人の疑い患者が発生していると、当局が発表。
・Shanghai says birdflu may have killed woman China Daily (中国) 上海、鳥フルで女性が死亡した疑い
 上海で出稼ぎ労働者の29歳女性が鳥フルで死んだ可能性があることを、上海当局が発表した。
 上海市は中国衛生部に専門家を診断のために派遣するように要請した。
 当局によると女性は15日、発熱と咳を主症状として病院を受診した。彼女の様態は急速に悪くなり、21日の夜間に死亡した。
 女性と接触した可能性ある市民は医学的観察下におかれているが、症状を呈している市民はいないと言う。
 医療スタッフが、彼女が訪れた市内の各所を消毒している。
 上海では2004年初めから家禽の間での鳥フル発生は報告されていない。市内では鳥フル感染者の確定例は報告されたことはない。
・Israel helps Gaza cope with H5N1 bird flu  Reuters AlertNet, UK (英国) イスラエル、ガザでの鳥フル対策を支援
 イスラエルはパレスチナのチームに、ガザ地域におけるH5N1鳥フル発生に対して、予防衣と専門的援助を提供している。イスラエル当局が発表した。
・Albania finds second H5N1 bird flu case in poultry Reuters AlertNet, UK (英国) アルバニアで2番目の家禽における鳥フルが発生
 アルバニアの首都近くで家禽でH5N1鳥フル発生が確認されたが、人での感染は報告されていない。
・BirdFlu Scare Intensifies in Northwest AllAfrica.com (米国) カメルーン:北西部で鳥フル脅威増大
 北西部で多くの鳥が死亡しているニュースが流れたことから、鳥フルに対する脅威が増大している。
・Chinese Get Crash Course in BirdFlu Brocktown News (米国) 中国:赤十字、鳥フル対策キャンペーン
 鳥フルウイルスは皮膚から感染するのだろうか?漢方医学は鳥フルを予防出来るのだろうか?鳥フルに対する薬の備蓄は役に立つのだろうか?
 人々が受け取った主たるメッセージは、病気にかかった鳥と接触すると感染する危険性が大きい、ということである。
 赤十字とそのボランティアは、ポスターやパンフレットで鳥フル予防啓発のキャンペーンに乗り出した。市場やバス乗り場、さらに他の公共的場所にポスターが貼られる。
 ポスターのメッセージ: 子供達を鳥と遊ばせないで!!

 ”我々は人々の習慣を変えなければならない”四川省の中国赤十字総裁であるZhang Bo氏が語っている。
 15万ドルのキャンペーン資金が米国赤十字と米国政府(発展途上国支援担当部局)から提供されているが、類似の額が同じ目的でベトナムとカンボジアに支払われていると、米国赤十字では説明している。

・Jordan on maximum alert over birdflu Daily Star - Lebanon ヨルダン、鳥フルに高度の警戒感
 イスラエルやパレスチナでH5N1鳥フルが発生したことを受けて、ヨルダンは高度警戒態勢を敷いたことを発表した。
・カンボジアでも女児死亡 神戸新聞
 カンボジアの保健省当局者は23日、21日にプノンペンの病院で死亡した3歳の女児から高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスを検出したことを明らかにした。世界保健機関(WHO)がさらに調べているが、最終的に確認されればカンボジアの鳥インフルエンザによる死者の発生は昨年4月以来で、5人目。当局者によると、女児は中部コンポンスプー州出身。鳥インフルエンザへの感染が疑われる家禽と接触した数日後、発熱や呼吸困難の症状を訴え、21日に入院したが死亡した。両親も発熱などを訴えているため、保健省は家族の検査も進めている。
3月23日


・Woman dies of suspected birdflu in Shanghai-TV Scotsman (英国) 上海で鳥フル疑いで女性が死亡
 29歳の出稼ぎ労働者の女性が23日原因不明の肺炎で死亡したことが、上海テレビを通じて当局から発表された。鳥フルが疑われて検査中とされる。病院内で隔離されていると関係者は語っている。
・鳥インフルの疑いで死者 上海、在留邦人に懸念 山陽新聞 
 上海テレビによると、中国上海市に出稼ぎに来ていた地方出身の女性(29)が21日に死亡、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)感染の疑いがあると診断された。衛生省の専門家が確認中という。確認されれば、上海では初の人の感染死。上海は中国最大の経済都市で、在留日本人も4万人以上と中国国内で最も多いだけに、影響は深刻だ。上海では今年、家禽(かきん)類の感染も確認されていなかった。中国での鳥インフルエンザの人への感染例は昨年11月に初めて確認されて以降、15例に上り、うち10人が死亡した。感染者は当初、内陸の農村部が多かったが、今月5日には広東省広州市の男性の感染死が確認され、同6日には浙江省の女児が感染死するなど、沿海の大都市部へ拡大し始めている。
・BirdFlu on Hospital Specialists' Agenda CBS News 病院感染対策専門家による鳥フル対策
 鳥フル拡大に警戒感を強めている院内感染対策専門家は、米国における最初の感染者は海外の発生地からの帰国者であろうと語った。
 シカゴ大学病院ではアジア旅行をして生きた家禽と接触した帰国者がインフルエンザ様症状を呈した場合、隔離室へ送ると院内感染担当者であるステファン・ウエーバー医師が語った。
 ……
・Tests confirm H5N1 in Gaza NEWS.com.au (オーストラリア) イスラエル、ガザ地区でH5N1鳥フルが確認
 イスラエルはガザ地区の農場で家禽の間でH5N1鳥フルが発生していることを発表した。本日、イスラエル保健省の代表が、パレスチナの専門家と会談後に明らかにした。
・Bird flu can't spread easily in humans -expert Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥フルは容易に人には感染しない-研究結果が報告
 鳥フルウイルスがなぜ容易に人へ感染しないのか、その理由を明らかにしたと研究者が発表した。
 H5N1鳥フルウイルスは細胞のリセプターまたは分子に結合して感染するが、人の細胞でリセプターを保有するのは呼吸器の奥の肺胞の細胞に限られていることが明らかにされた。上気道(気管支、鼻腔)の細胞にはリセプターは存在しないという。咳やクシャミでは容易にウイルスは人に感染しないと考えられる。米国ウイスコンシン-マディソン大学のYoshihiro Kawaoka博士等の研究者チームが明らかにし、医科学雑誌のある Natureに発表した。
・Fear grips Azerbaijan bird flu region  Reuters AlertNet, UK (英国) アゼルバイジャンの鳥フル発生地域、恐怖感増大
 アゼルバイジャン中央の人での鳥フル発生村では、感染を恐れた村人が死亡者の葬儀に参加するのも拒否している。
・Experts seek to contain Azeri bird flu outbreak Reuters AlertNet, UK (英国) アゼルバイジャンの鳥フル、拡大傾向は示さず
 アゼルバイジャンで5人が鳥フルで死亡したが、その後新規発病者は出てなく、状況は安定していると、WHOが22日発表した。一方パレスチナではガザ地域で鳥フルが発生した不安感が高まっている。
・H5N1 Difficult for Human Transmission, Scientists Say FOX News (国際) H5N1鳥フルが人へ感染しにくい理由を明らかに:新研究
 鳥フルが容易に人人感染を起こさない理由が研究者により明らかにされて論文発表された。
 新知見は、H5N1鳥フルウイルスは呼吸器の奥でしか増殖しないため、咳とかクシャミで簡単に人に移らないというものである。
 研究はウイスコンチン-マディソン大学のウイルス学者Yoshihiro Kawaokaと日本の共同研究者によってなされ、23日の医科学雑誌であるNatureに発表される。オランダの研究者による類似の研究が 科学雑誌Scienceのオンライン版に掲載される予定ともなっている。
・鳥インフルは肺で増殖 感染広がりにくさに関係か 山陰中央新報 
 鳥インフルエンザのウイルスが感染、増殖しやすいのは、人間では肺など呼吸器の奥深くとする研究結果を、河岡義裕東京大医科学研究所教授と新矢恭子鳥取大助教授らが23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。人で流行する通常のインフルエンザウイルスが、のどや鼻で盛んに増殖し、くしゃみやせきの飛沫(ひまつ)に含まれて周囲に感染を広げるのに対し、鳥ウイルスは飛沫中には少なく体外に放出されにくいことを示す結果。河岡教授は「これが、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1型が人間で広まりにくい理由の一つではないか」としている。H5N1型は、アジアから中東、欧州、アフリカなどで鳥への感染が広がり、100人以上の死者を出している。ただ、人から人への感染が疑われる例は少なく、何が2次感染を防いでいるのか、よく分かっていない。
・Birdflu may have reached Palestinian poultry KVIA, TX (米国) 
鳥フルはパレスチナの家禽でも発生している可能性
 イスラエル当局は鳥フルがパレスチナ地域にも拡大したと思われる、と発表した。
 ガザ地域で見つかった死んだ鶏から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出された。しかしイスラエル当局によると最終的確認には2日以上は要すると言う。
 パレスチナ当局もガザ地区の個人農場で死亡した鶏が見つかっていると語っているが、イスラエル当局と同じ農場について言っているのかどうかは不明。
3月22日

・Poor nations need help fighting birdflu Reuters.uk, UK (英国) 発展途上国に対して鳥フル対策の援助が必要:国連
 せいぜい30カ国程度の国家は鳥フルの早期発見と迅速な対策が可能となっているが、多くの発展途上国では対策が遅れ、資金的援助が必要、と国連の動物保健機関の長官であるベルナール・ベレ氏が警告した。援助しなければならない国家は140以上と言う。
 バレ長官は鳥フルウイルスの発生に迅速に対応できる能力のある国家として、EU、米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの名前を挙げている。
・Slovenia suspects first poultry birdflu Malaysia Sun, (マレーシア) スロベニアで初の家禽における鳥フル発生疑い
 20日に小さな農場で10羽の鶏が死亡し、致死的鳥フルでの死亡が疑われている。
・Human Death Toll From BirdFlu At 103 WCCO, MN (米国) 鳥フルでの世界の死者103人に
 AP通信(ジュネーブ)
 アゼルバイジャンで5人が死亡し、世界でのH5N1鳥フル死亡者は103人になったと21日WHOが発表した。
 WHOによると、アゼルバイジャンで感染が疑われた11人について英国の主要な研究所で分析した結果、7人の感染が確認されたと言う。そのうち5人が死亡している。
 感染源は調査中であるが今のところ不明である。
 ”感染事例の大多数は15~20歳の女性である。この地域では鳥の羽を抜く作業は若い女性の仕事となっている”、とWHOは説明している。
 中には感染した、または死亡した家禽と接触の既往のない事例も存在している。
 一方、パキスタンにもH5N1鳥フルウイルスが拡大したことが、政府当局から発表された。
 パキスタン農業省は、北西部の2農場の鶏について英国の研究所が検査していたが、パキスタンの研究所で検出したように同研究所でも致死的ウイルスを確認した、と発表した。
・Egypt confirms four human cases of birdflu Hindustan Times (インド) エジプト政府、鳥フル感染者4人を確認
 エジプト政府は21日、致死的H5N1鳥フルに死亡者1人を含む4人が感染したことと、さらに3人が疑われて検査中であることを発表した。
 しかしながら保健省で行われた検査結果は英国の(WHO公認)研究所で再確認される必要がある。
 最新の事例は17歳の学生ガーバシで19日入院している。
 ガーバシは3000羽の家禽を飼育している彼の父の農場を手伝っていた。家禽の多くが週末に死亡したと言う。
 ・Five die of deadly H5N1 birdflu in Azerbaijan: WHO Baku Today, Azerbaijan (アゼルバイジャン) WHO:アゼルバイジャンで5人致死的H5N1鳥フルで死亡
 21日、WHOはアゼルバイジャンで5人がH5N1鳥フルで死亡したことを発表した。ウイルスが変異して人感染を容易に起こすタイプとなっているか否かについては、さらに分析中と言う。
・鳥インフル死者103人に 神戸新聞
 世界保健機関(WHO)は21日、アゼルバイジャンで高病原性鳥インフルエンザへの感染が疑われた11人の検体を調べた結果、7人がH5N1型ウイルスに感染していたことを確認した。うち5人が死亡しており、鳥インフルエンザによる死者数は2003年以来、8カ国で103人に達した。WHOによると、アゼルバイジャンで死亡したのは16歳から21歳までの女性4人、男性1人の計5人。
 鳥インフルエンザはアジアから中東・アフリカの広い地域に拡散、エジプトでは17日、アフリカ大陸として初の死者が出ており、WHOはアフリカの紛争地域で難民や国内避難民など抵抗力の弱い人々に感染が広まらないよう、警戒と監視を強めている。
3月21日


・France reports new H5N1 case in wild duck Irish Examiner (アイルランド) フランス:カモで新規H5N1鳥フルが発生
 フランス南東部のスイスとの国境近くで死んだカモからH5N1鳥フルウイルスが検出されたことが、フランス当局から発表された。
・BirdFlu Spreads in Cameroon; Third Egyptian Tested (Update3) Bloomberg (国際) 鳥フル、カメルーンで拡大;エジプトで3人目の感染疑い
 カメルーン南部で数百羽の家禽が死亡したことが当局から発表。鳥フルが西アフリカで拡大していることを示唆している。エジプトで3人目の鳥フル疑い患者が発生して、ウイルスの検査中と。
・米、渡り鳥調査を強化・鳥インフルの拡大懸念  日本経済新聞  
 米政府は20日、米国でも今年中に高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した鳥が見つかる可能性が「徐々に高まってきた」として、アラスカ州などで渡り鳥調査を強化すると発表した。米国への鳥インフルエンザ感染拡大は、アジアなどから渡り鳥が到達するアラスカ州経由の公算が大きい。アラスカ州や北米の太平洋岸、太平洋上の島を中心に野生の鳥のサンプル調査を実施。ほかに北米大陸の中央地域やミシシッピ川流域、大西洋岸の3つの渡り鳥の飛来ルートも調査することにしている。年内に7万5000羽から10万羽の鳥のサンプルを集めるほか、感染する確率が高い水鳥の生息地の水なども全米で5万サンプル集めることにしている。
 米政府はサンプル調査をこれまでも実施してきたが、米国への感染拡大が現実味を帯びつつあることから、今回調査を大幅に強化。ジョハンズ農務長官は「(渡り鳥の飛来を防ぐために)米国全体を取り囲むような鳥カゴは作れない。ウイルスに備える必要がある」としている。
・Worried Egyptians head to hospital for avian flu tests Gulf Times, Qatar  (クエート) エジプト:鳥フル感染を心配する市民が病院へ
 2人の感染者が確認されたエジプトでは、鳥フル感染を心配する市民が病院を訪れ、検査を受けていると言う。
・H5N1 birdflu strain confirmed in three Afghanistan provinces Gulf Times, Qatar (クエート) アフガニスタン:H5N1鳥フル、3県で確認
 アフガニスタンの、首都カブールを含む3県で、鶏でのH5N1鳥フル発生をが確認された。アフガニスタン当局が発表した。
・Birdflu likely in US this year: gov't officials Boston Globe, United States  (米国) 鳥フル今年中に米国に:米政府
・4月に米上陸の恐れも=鳥インフルエンザの警戒強化 時事通信
 ノートン米内務長官は20日の電話記者会見で、世界各地で感染報告が相次いでいる高病原性の鳥インフルエンザH5N1型ウイルスの米上陸時期について「渡り鳥は4月にアジアからアラスカ州へ移動し始める。そのころから同州で(検査した鳥から)陽性の結果が出始めるかもしれない」と述べた。同長官は、ジョハンズ農務長官、レビット厚生長官とともに会見。感染源である渡り鳥の監視強化などを柱とする早期警戒強化の方針を表明した。米国ではまだH5N1型の感染は確認されていない。
・エジプトで感染3例目か・鳥インフルエンザ 日本経済新聞
 エジプトのガバリ保健・人口相は20日、北部カリユベイヤ県の女性(30)が鳥インフルエンザウイルスに感染した疑いがあることを明らかにした。中東通信が伝えた。同国ではこれまで2人の感染が確認されている。保健・人口省報道官によると、女性は自宅で飼育していたアヒルなどを半月前に処分した後、鳥インフルエンザの症状を訴えて入院した。集中治療室(ICU)で治療を受けているが、病状は安定しているという。
・Birdflu could shave $60 billion off GDP: CME National Post, Canada (カナダ) 鳥フルのパンデミックで600億ドルのGDP損失:CME
 ほとんどのカナダのビジネスマンは、600億ドルの経済的損失を招くと推定される鳥フルのパンデミックにいまだ備えていない、と輸出業界と製造業界の有力なロビー団体であるCMEが警告した。
 ”カナダの実業界は危険に遭遇している…それは起きるかどうかということではなく、いつ次のパンデミックが起きるかということだ”、と カナダ製造業者および輸出業者協会(Canadian Manufacturers and Exporters. :CME)の会長のPerrin Beatty氏が警告した。

Most Canadian businesses aren't yet prepared for a bird flu pandemic that could eventually cost the economy $60 billion, warns a leading lobby group for the export and manufacturing sector.

By failing to prepare continuity plans, including ways to cope if a global flu outbreak closes borders and cuts transport routes, businesses are flirting with serious trouble, warns Perrin Beatty, president of Canadian Manufacturers and Exporters.

"Canada's business community is at risk...it's not a matter of if but a question of when the next pandemic will strike,'' added Beatty, whose group has prepared a planning guide to help business prepare for the impacts.

The business lobby based its forecasts on both World Bank estimates that the cost to the global economy of a flu pandemic would exceed $800 billion US, and a U.S. Congressional Budget Office prediction that an outbreak would shave five percentage points off U.S. annual GDP. That means an economy growing at five per cent a year would essentially stand still.

Apply that metric to Canada's $1.2 trillion annual economy and the cost of a bird flu pandemic could rise to as high as $60 billion, says the manufacturing group, which has posted its planning guide on its website.

Good incentive for even smaller businesses to develop internal plans for coping, said the group.

But that can be easier said than done, said the organization's chief economist Jay Myers.

"You really do need kind of a guide...it's very difficult to prepare for something where you really don't know what all of the various implications might be,'' he said.

The CME's forecast of the potential economic harm from a pandemic is high compared with other estimates to date.

The federal Finance department, for one, reckons a 1.2 percentage point hit to Canada's economy, at a cost of about $14 billion.

Worldwide, concern is growing about the likelihood of a pandemic and how government and business can prepare.

Such a pandemic is the global threat that most preoccupies business leaders, beyond even terrorist attacks or a spike in oil prices, according to a study prepared for the recent World Economic Forum in Davos, Switzerland.

Oil price shocks and terrorism were deemed to be risks but thought less likely in 2006 than an avian flu pandemic, concluded the Global Risks 2006 report.

Another recent survey by TEC International found 87 per cent of 100 Canadian chief executives polled said they expect a pandemic would have a negative impact on business.

So far, the avian flu hasn't jumped from humans to humans, the more than 80 people who have died from the virus since 2003 caught it by direct contact with infected birds.

But health experts fear the H5N1 virus could find a way to mutate into a form that spreads between people and could then spread far more rapidly and easily around the world.

Government and health agencies have been preparing contingency plans.

But companies in Canada have many more questions than plans, said Myers.

Alcan Inc., (TSX:AL) is one international player that has a crisis management plan for a pandemic, incorporating medical preparedness, a business continuity plan and communications strategy.

It has also struck a special committee including health and safety officers to advice senior management on an flu outbreak or pandemic.

But smaller outfits need a little advice in developing their own plans to stay operational during an outbreak, said Myers.

That should include naming a pandemic coordinator, defining what elements of the operation are essential and how to cope if supply lines are cut off or even slowed.

For example, illness among border guards could slow transport of goods in and out of Canada which could hurt companies that rely on just-in-time delivery.

Sizable numbers of staff could call in sick for as long as two weeks, or be needed at home to nurse ill relatives.

"Be aware that as a business, you have an obligation to your employees and to other stake-holders, suppliers, customers, and some of those are legal obligations that you'll have to follow as well,'' said Myers.

Certain sectors of the economy would likely be hit harder than others if a flu pandemic spreads to Canada.

Travel and tourism would be obvious early targets but the hospitality and entertainment sectors would also be sideswiped as people would likely avoid going out socially and risking infection.

Federal Finance department documents have suggested an avian flu virus could infect as many as 6.2 million Canadians, killing about 133,000.

In an average year, seasonal flu kills about 8,000 Canadians, says Health Canada.

South of the border, the administration of U.S. President George W. Bush has taken a darker view.

It has warned that a severe pandemic could infect up to a third of the U.S. population and kill anywhere from 209,000 to 1.9 million Americans, says the Bush administration's recent Pandemic Influenza Plan.

It put the health costs alone, not counting disruption to the economy, at $181 billion US for even a moderate pandemic.


・Health Officials May Vaccinate Before a Human Pandemic Begins Bloomberg  (国際) パンデミック発生前に人へのワクチン接種を考慮:WHO
 WHOの世界インフルエンザ対責任者であるKeiji Fukuda氏が、アトランタで開かれた国際新興感染症会議で、現在開発中の鳥フルワクチンを、パンデミックが生じる前に、危険性のある地域の住民へ接種することの意義と問題点について語った。
・Pledged aid fails Africa in birdflu fight - UN Reuters AlertNet, UK (英国) アフリカに対する鳥フル対策支援進まず
 発展途上国の鳥フル対策を支援するために約束された多額の支援金が未だ集まらず、アフリカ諸国と国連は、緊急計画に要する資金の調達に苦慮している。国連の鳥フル対策調整官のダビド・ナバロ氏が20日、アフリカ各国から集まった代表による鳥フル対策会議で語った。
 1月に開かれた中国北京での会議で、発展途上国の鳥フル対策等の支援ため、19億ドルの基金が各国と国際機関から提供される約束となっていた。
 現時点では対策をたてるための十分な資金はない、とナバロ氏は語った。
 ”アフリカの各国と国連組織は資金集めに努力するとともに、先進国が早急に反応することを願う”、と同氏は主張した。
 ナバロ氏は資金がなぜ集まっていないのかについては語らなかった。
 資金不足はアフリカにおける緊急計画の実行に支障を来している、と同氏は語る。
 さらにアフリカで得られたウイルス検査のための検体を外国の研究所に送り、その結果が得られるまで10~20日間要する。この期間は対策を講じる上で膨大な時間的損失となっている。そのようにナバロ氏は説明した。
・US gov't sees birdflu likely in US this year Reuters AlertNet (英国) 米国政府、今年中に米国内へ鳥フルが拡大と
 ブッシュ米国政府は20日、鳥フルが今年中に米国に拡大する可能性が高いが、それは必ずしも人でのパンデミックの始まりを意味しないと、声明をだした。
 以下、下方のScotsman, United Kingdomと同じ内容。
・Health minister speaks to farmers about avian flu CTV.ca, Canada  (カナダ) カナダ保健省大臣、農家に鳥フルについて説明
 トニー・クレメン保健省大臣は、鳥フル最前線に立つと彼が表現する養鶏業者に、初めて大臣として本格的演説を行った。
 大臣は、養鶏業者は農場におけるバイオセキュリティー対策の先端にいると語り、カナダにおける鳥フル到着の早期検出の役割を果たすだろう、と語った。
 クレメン氏は1100人前後集まるオンタリオの養鶏業者の年次総会で、初めて本格的演説を行った。
 彼は業界のH5N1鳥フル発生の早期報告体制について評価し、その重要性を語った。
・Denmark confirms H5N1 in ducks Sunday Times.au, Australia (オーストラリア) デンマーク、カモでH5N1ウイルスを確認
 デンマーク政府は本日、致死的H5N1ウイルスをさらに9羽の鳥で確認したと発表した。2日前には同国としては初めてカモからウイルスを検出したばかりだ。
 19日に南部の Aeroe島のAeroeskoebingという町で感染した鳥は見つかった。
・Birdflu likely in US this year - government Scotsman, United Kingdom (英国) 鳥フルは今年米国へ拡大-政府予測
 ブッシュ米国政府は20日、鳥フルが今年中に米国に拡大する可能性が高いが、それは必ずしも人でのパンデミックの始まりを意味しないと、声明をだした。
 ゲイル・ノートン内務省長官、マイク・ジョハンズ農業省長官、そしてマイケル・レービット保健社会福祉長官等が、ウイルスを米国へ運ぶと想定されている渡り鳥の監視強化計画を発表した。
 ノートン長官は、ウイルス早期検出計画はアラスカと太平洋の島で先行して行われる、と語った。それらの地域は、専門家が最も早くにウイルスが到達すると考えている。
 ジョハンズ農業省長官は、米国で鳥フルウイルスが見つかっても、それはパニックに陥る理由とはならない、なぜならウイルスが無害な株に変化している可能性もあるから、と説明した。また同氏は米国の家禽が感染した場合、農業省は速やかに感染地域を閉鎖し、感染した家禽の殺処分を行う、そして農家には損失した被害に対して補償費を支払う、と語った。

・US study defines two clear birdflu strains Olberlin, KS (米国) 米国の研究者、鳥フル人感染ウイルス株を2系統に分類
 下記と同じ内容。
・Two clear birdflu strains found Australian, Australia (オーストラリア) 人でのH5N1ウイルス、2種類に大別と
 人におけるH5N1ウイルスは2系統に別れて進化していることが米国の研究者によって報告された。この事実はワクチン開発を複雑にする可能性がある。
 1つの株、または分岐郡はベトナムやカンボジア、そしてタイで2003年と2004年に人に感染した。もう一つの株は最初の株の従兄弟で、2004年にインドネシアで人に感染した。
 CDCの研究者によると、2003年には人に感染する株は1系統しかなかったが、現在は2系統に別れていると、説明される。
3月20日

・Israel confirms deadly H5N1 birdflu Pravda, Russia (ロシア) イスラエル、致死的H5N1ウイルスを確認
 イスラエル政府は発見された鳥フルがH5N1鳥フルウイルスにようものであることを確認したと発表した。
・Malaysia reports new bird-flu case in Penang state Reuters AlertNet, UK (英国) マレーシアで新規鳥フルが発生
 マレーシア政府は20日、致死的H5N1鳥フルウイルスが、北部の州の村で死亡した鶏から検出されたと発表した。
・BIRDFLU: DEADLY H5N1 STRAIN RETURNS TO CAMBODIA AKI, Italy  (イタリア) 致死的H5N1鳥フルカンボジアで再発
 カンボジア当局はカンポン・チャム省で200羽のアヒルを殺処分した。場所はベトナムとの国境近くで、湖で発見された死亡したアヒルからH5N1鳥フルウイルスが発見されたことによる。人での感染者は出ていないと言う。(ducksをアヒルと訳した。カモではないと思うが?:訳者)
・Birdflu fears rise in Egypt Pioneer Press, MN  (米国) エジプト、鳥フル脅威広がる
 カイロ発
 致死的鳥フルウイルスへの恐れがエジプトで高まっている。女性が鳥フルで死亡し、男性の感染が確認された。
 エジプト保健省は19日、2番目の発病者は28歳の男性で18日に死亡が報告された30歳女性と同じ村の住人である。当局によると男性の容態は回復しつつあると言う。
 しかしH5N1鳥フルで死亡者が出たという情報は、多くのカイロ市民に対して家禽を食することの拒否につながった。
・エジプトで感染2例目 神戸新聞 
 エジプト保健・人口省は19日、同国保健当局の検査で、北部カリユベイヤ県の男性(28)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したことを確認したと明らかにした。エジプトでは18日、同県の30代の女性の感染死が確認されたばかりで、ヒトへの感染は2人目。
 保健当局は最終確認のため、男性の検体を米国に送った。
 男性は養鶏場を所有。13日に複数の鶏が死んだ後、鳥インフルエンザの症状を示し、16日に入院した。すでに回復し、一両日中に退院できる見込みという。
・Woman From Kibbutz Nirim Hospitalized With Suspected Avian Flu Arutz Sheva, Israel (イスラエル) イスラエル:キブツ・ニリムの60歳女性、鳥フル感染疑いで入院
 キブツ・ニリムの60歳女性が鳥フルに感染した疑いで、19日夕方にベエレ・シェバ・ソロカ病院(Be'er Sheva's Soroka Hospital)へ入院した。
 同女性はH5N1鳥フルが発生した七面鳥共同飼育場で働いていたが、高熱を呈したため病院へ緊急入院となった。
・Birdflu: 3 more under isolation in Jalgaon Times of India, India (インド) インド、鳥フル:ジャルガオンでさらに3人隔離
 ムンバイ発

 5歳の子供を含む3人がこの週末に鳥フル発生のジャルガオンで病院に隔離された。現在合計4人が病院に隔離となった。
 ラワー・タルカの少女チナ・ナナヴァデは19日午後にナヴィ病院に入院。発熱と咽頭痛を訴えている。彼女はタミフルによる治療を受けている。
 1人は、ジャムナーの40歳女性サーラ・モレで、鳥フル発生地の住人ではないが、死んだ家きんと接触後発熱したと言う。彼女はジャルガオン市民病院に入院してタミフルの投与を受けている。
 残りの1人はアマナー・タルカの55歳医師で、生卵を自分の手のひらで割ってしまってから働いている病院へ入院した。タミフルの投与を受けたが、アレルギー反応を起こして足や顔が腫れたと言われる。
 17日に11歳の子供が Chopada Rural病院へ隔離されている。
 他に11人の人の検体がウイルス検査のために中央に送られたという。
3月19日

・Egyptian recovers from suspected birdflu Reuters.uk, UK (英国) 鳥フル疑いのエジプト人男性が回復と
 28歳の鳥フル疑いで16日から治療中の男性は明らかに回復してきているとエジプト保健省が19日発表した。男性はタミフルで治療を受けていて、2~3日中には退院できるだろうと言われた。男性は初期の検査では鳥フル陽性で、現在2度目の検査が行われている。
・Egypt Reports Second Suspected Human BirdFlu Case Voice of America (米国) エジプトで2人目の鳥フル感染者発生疑い
 鶏農場を経営している若い男性が16日から鳥フル様症状で入院し、治療をうけていることが当局から発表。鶏農場で大量の鶏が死亡した後に、鳥フル様症状が出てきたと言われる。
・Four people test negative for bird flu in Israel  Reuters AlertNet, UK  (英国) イスラエルの鳥フル疑い患者4人、検査は陰性と
 イスラエル保健省は、鳥フルが発生した農場の労働者4人が感染した疑いで病院に隔離されていたが、検査結果で陰性だったと発表した。
・H5N1 birdflu still unconfirmed in Israel-official Reuters AlertNet, UK  (英国) イスラエル当局、H5N1鳥フルはいまだ確認されていないと
 イスラエル農業省では、国内2ヵ所の農場で発生した家禽の鳥フルについて、H5亜型であることは確認しているが、Nに関しては
未定。ただしN1である可能性は非常に高い。そのような声明を18日発表した。
・Minor Mutations In Avian Flu Virus Increase Chances Of Human ... Science Daily (press release) (国際) 微少変異で鳥フルウイルスは人への感染性を獲得
 米国科学者による研究成果:The Scripps Research Institute, the Centers for Disease Control, and the Armed Forces Institute of Pathology
 些細な遺伝子変異で、H5N1ウイルスが人の呼吸器組織の細胞のリセプターに、簡単に接合して感染を生じるようになる。そのメカニズムを分析して明確にした。
・中国首席獣医「今年中国で鳥インフル大発生の恐れ低下」 CRI  (中国・日本版)
 中国国家首席獣医の賈幼陵氏は18日、北京で「今年、家禽に対する全面的な免疫が進み、中国では、去年のように鳥インフルエンザが広域に大規模に発生する危険性が大いに減少した」と明らかにしました。去年以来、中国の14の省や自治区で35件の鳥インフルエンザ感染が発生しました。賈幼陵氏は、「現在、中国は各地に30億本のワクチンを配り、4月までに大部分の地区の農家の家禽の免疫がほぼ完了する」としています。
・中国、「タミフル」の臨床研究を承認 CRI  (中国・日本版)
 中国国家食品薬品監督管理局はこのほど、中国が開発した「タミフル」カプセルを人体の生物試験にすることを承認しました。これは、中国国産の抗インフルエンザ薬品の開発の重要な進展を示しています。「タミフル」はスイスのロシュ社が生産したもので、現在公認されている鳥インフルエンザの特効薬です。中国上海医薬グループはロシュ社に授権された後、リン酸オセルタミビルカプセルの開発を始めました。人体への生物試験はロシュ社原産の「タミフル」を対照の薬とし、試験の結果はこの薬の生産が承認されるかどうかに関わるとのことです。
・エジプトで鳥インフルエンザ感染死 アフリカ大陸で初 産経新聞 
 
エジプトのガバリ保健・人口相は18日、記者会見し、病死した首都カイロ北方の女性から採取した検体を調べた結果、鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。人への感染・死亡例はアフリカ大陸で初めて。AP通信などによると、世界保健機関(WHO)の当局者は、カイロの米軍施設で検査したところ、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと述べた。検体は英国にも送り、最終確認する方針。この女性は30代で、北部カリユベイヤ県の自宅の屋上で家禽(かきん)を飼育していた。2週間前に家禽が大量死。生き残った家禽を処分した女性は鳥インフルエンザの症状を示して病院に運ばれ、17日に死亡したという。エジプト政府は先月17日、カイロなどで家禽から毒性の強いH5N1型が初めて検出されたと発表、鳥インフルエンザはその後国内各地に拡大した。アフリカでは、カメルーンやニジェール、ナイジェリアでも鳥への感染が確認されている。
3月18日


・Egypt reports 1st human H5N1 birdflu case Xinhua, China (中国国営通信) エジプト、初のH5N1人感染例を確認
 エジプト政府は18日、女性がH5N1ウイルスに感染して死亡したことを確認した。国営テレビが報道した。
 検体は英国にさらなる検査のために送られた。
・Egypt confirms first case of birdflu in human-WHO Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプトで初の鳥フル感染者確認
 女性が鳥フルで死亡したことをWHOが発表した。
・Afghans await protective suits for birdflu cull Daily Times, Pakistan (パキスタン) アフガニスタン、鳥殺処分用の予防衣が必要と
 アフガニスタンでは、H5N1鳥フル発生地域での鳥殺処分が予防衣が無いため行うことが出来ないでいる。
 当局者は米軍が提供してくれることを期待しているが、出来る限り早期に手に入れ鳥の処理を行わなければならないと言っている。
・Avian flu virus needs only minor adaptations to infect humans RxPG NEWS, CA  (米国) 鳥フルウイルス、微少変異で人に適合の可能性
 Scripps Research Institute による研究紹介。
・Four Israelis Hospitalized With ' BirdFlu' Post Chronicle (国際) イスラエルで4人が鳥フル疑いで入院
 イスラエルで鳥フル疑いで4人が入院し、当局は数千羽の家禽の殺処分を開始した。
 14日頃から家禽が大量に死亡しだし、農場労働者が鳥フル様症状を呈し病院に入院した。発生農場から2マイルの地域内の家禽を全て殺処分すると当局は発表した。
・BirdFlu Suspected in Israel Washington Post, United States  (米国) イスラエルで鳥フル感染疑い者発生
 イスラエル保健当局は17日、1000羽以上の七面鳥が最近鳥フルで死亡したと考えられる、と発表した。
 当初行われた検査では、南部の4農場で発生した大量の家禽の死亡は、H5N1鳥フルによりもたらされたと考えられているようだが、さらなる確認がWHOの関連研究所で必要とされる。
 農業省は発生農場の2マイル以内の86000羽の家禽の殺処分の準備を始めた。また当局は、加工していない七面鳥と鶏の肉の輸出を禁じたが、商店に置かれている家禽産物は安全であると国内に声明を出した。
 現地の報道によると農場関係者の少なくとも3人が鳥フル様症状で病院で治療中と言われる。

・Israel Confirms First H5N1 BirdFlu Outbreak HealthCentral.com (国際) イスラエル、初のH5N1鳥フル発生を確認
 イスラエルのラジオ放送によると、イスラエル農業省は数カ所の農場で七面鳥11000羽以上が、H5N1鳥フルで死亡したことを確認したと伝えた。また鳥フル様症状で5人が入院したことも伝えられたが、当局では、多分鳥フルではないだろつと語っているようだ。
・WHO calls for urgent studies on best use of Tamiflu The Kindred Times, Utah (米国) WHO、タミフルの適切使用に関する早急な研究が必要と
 WHOは17日、人での鳥フルに対する効果的投与方法を至急研究する必要があると、ホームページで声明を出した。
 これまで鳥フル感染者に対する十分なタミフル投与方法が検討されていないことから、そのような発表になったようだ。
3月17日


・Israel confirms deadly H5N1 birdflu Daily News & Analysis, India (インド) イスラエル致死的H5N1ウイルスを確認
 イスラエル政府は家禽で見つかった鳥フルがH5N1ウイルスによるものであることを確認した。
・アジアとヨーロッパ、多国でH5N1型鳥インフルの発生を確認  CRI  (中国)
 アフガニスタン、ミャンマー、マレーシア、デンマークなどの政府は16日、H5N1型鳥インフルエンザがそれぞれ発生したと発表しました。国連アフガニスタン支援団とアフガニスタン農業省は当日の共同声明で、「アフガニスタンで採集した家禽のサンプルがH5N1型鳥インフルエンザウイルスを持つことが確認された。これまでに人への感染例はない」としています。FAO・国連食糧農業機関は当日、「実験室での検査の結果、ミャンマーのマンダレー管区で発見されたニワトリの死骸からH5N1型鳥インフルエンザウイルスを検出した」と発表しました。マレーシアの農相は当日、「このほどマレーシアのぺラク州の二ヶ所で発見された疑い例は、H5N1型鳥インフルエンザであると確認された」としています。デンマーク政府も16日、国内で発見された1羽の野禽がH5N1型ウイルスに感染していたことを初めて確認しました。同じ日、国連の鳥インフルエンザ防止担当官は、資金を増加し、抑制に力を入れ、鳥インフルエンザの蔓延に対応するよう国際社会に呼びかけました。
・Bird deaths spread panic The Tribune, India (インド) インド:鳥フルパニックが広がる


・Five Nations Confirm BirdFlu Outbreaks CRI, China (中国) 5カ国で鳥フル発生を確認
 ロイター通信

 アジアの4カ国とデンマークで致死的H5N1鳥フルウイルスが、16日確認された。さらにイスラエルの2農場でも大量の家禽が死亡し、鳥フル発生の疑いが濃厚になっている。
  • アフガニスタン、インド、ミャンマーは家禽でのH5N1鳥フル発生を報告し、マレーシアでは野鳥と鶏での発生が確認された。
  • デンマークはコペンハーゲンの南で見つかった死亡したヒメコンドルから致死的H5N1ウイルスを検出した。
  • イスラエルでは南部のNegev地域の2農場で死亡した多数の七面鳥で鳥フルの疑いが持たれている
  • スイスのロッシュ社はタミフル製造能力を3倍に拡大予定と発表した。
  • インドでは7万羽以上の家禽の殺処分が開始。数百人の人々が発熱に関して検査された。”論議の余裕はない。速やかに家禽の殺処分が行われなければならない”、と鳥フル流行地のマハラシュトラ州当局では説明している。
  • セルビアの鳥フル発生地の10代の子供が高熱を呈して鳥フル感染を疑われている。
  • 国連の鳥フル対策責任者のナバロ博士は、”鳥がH5N1ウイルスを運んできたことは、我々に目を覚ます合図をしていることを意味する。全ての国の全ての指導者達が、これは地球規模での問題であることを本当に認識して欲しい、”と訪問中のブリュッセルで記者団に語った。"With the arrival of H5N1 in birds, we have been given a wake-up call. It is truly essential for every leader of every country to be aware that this is a global issue,"
・Initial Tests on Israel Turkeys Show BirdFlu Epoch Times, NY (米国) イスラエルの七面鳥で鳥フル検査が陽性
 イスラエルの南部の農場で1000羽以上の七面鳥が死亡。当局による初期の検査では鳥フルと確認されたが、H5N1であるかどうかまでは分かっていない。
・Virulent birdflu confirmed in Denmark United Press International (国際) デンマークでH5N1ウイルスが確認
 デンマーク政府は16日、コペンハーゲンの50マイル南方で死亡したヒメコンドル( buzzard)から致死的H5N1ウイルスを検出したと発表した。
・Roche's Tamiflu exceeds current demand Rocky Mountain News, CO (米国) ロッシュ社のタミフル製造量、需要量を超える
  ロッシュ社はタミフル製造能力を拡大することにより、今年度末には年間4億人治療分のタミフルが製造可能になると発表した。この量は現在までロッシュ社が世界各国から受注した2億人分の量を上回る。
 昨秋のロッシュ社の製造能力は5500万人分相当であった。
 製造能力の増強は、すぐに各国がタミフルを入手することにはつながらず、製造には6~8カ月要するので、発注している各国が薬を入手するには1年ほど要すると言われる。
 製造はロッシュ社のでは主にBoulder県の工場で行われる。が、他に多くの提携会社がある。
 提携会社リスト:Albemarle, Ampac Fine Chemicals, API Corporation, Clariant, DSM, FIS, Martek Biosciences, Novasep/Dynamit Nobel, PHT International, PPG Industries, Sanofi-Aventis, Shaanxi Jiahe Phytochem Co. and Siegfried Ltd.
・Study finds mutations needed for birdflu pandemic Reuters AlertNet, UK (英国) 鳥フルのパンデミックにつながるウイルス変異が解析
 人への感染に必要な表面構造の変化を起こす変異が、研究者達によって明らかにされた。科学雑誌Natureに発表された。
 研究者達が開発したグリカン・マイクロアッセイ法により、その変異の有無がモニター可能であると言う。
 ウイルスのヘマグルチニンが細胞膜に付着するリセプター(Hリセプター:H1~H3まで知られる)は、鳥と人では構造が違うが、ウイルスのヘマグルチニンの構造変化により、容易に人に感染するようになる。研究者達は人と鳥の細胞のリセプター構造の違いを明らかにし、前者をalpha 2-6 receptor、後者を alpha 2-3 receptorと呼ぶ。研究者達はウイルスのヘマグルチニンの構造変化をモニターする方法を開発し、それによりウイルスの人への感染性の変化を早期に知ることが出来るようになると言われる。
・Dead birds spark Israel flu fears EgyptElection.com, UK (英国) イスラエル:家禽の大量死
 数百羽の鳥が養鶏場で死亡。当局は鳥フルの疑いで調査中。人々の間で鳥フル発生の警戒感が高まっている。
3月16日

・First Afghan Bird-Flu Case Confirmed Leading The Charge, (オーストラリア) アフガニスタンの鳥フル、致死的H5N1と確認される
 国連のアフガニスタン代表とアフガニスタン政府は、鳥フル疑いで死亡した家禽からH5N1鳥フルウイルスが検出されたことを発表した。
・Finland to vaccinate whole population if birdflu pandemic breaks ... Helsingin Sanomat, Finland (フィンランド) 鳥フルがパンデミックになった際には、国民全員にワクチン接種と
 フィンランド社会保健省作成プラン:もしパンデミックが1918年のスペインインフルエンザと同じくらい重度である場合は、国民全てにワクチン接種をするが、最も若い年齢層から接種を開始する。
 もし1957年のアジアインフルエンザ、または1968年の香港インフルエンザ程度の場合は、65歳以上の人々とハイリスクと考えられる人々から接種を開始する。
・Unconfirmed reports of birdflu at Orkney farm Scotland Today, UK (英国) スコットランド:オークネイの農場で鳥フル発生の疑い
 スコットランド北部のオークネイ島の農場で、大量の家禽が鳥フルで死亡した疑いが持たれて、現在鳥フルとニューカッスル病の調査が行われている。
 スコットランド当局がオークネイ本島の農場で多数の家禽が死亡したことを発表。鳥フルに関する検査が行われている。
・金融機関、鳥インフルエンザの流行に備えるべき=米金融当局 ロイター
 米金融当局は15日、金融機関は鳥インフルエンザの流行に備え、緊急措置を準備するべきとの共同声明を発表した。
 米連邦準備理事会(FRB)や連邦預金保険公社(FDIC)などの金融当局は声明のなかで、「金融機関や金融サービス供給業者は、不可欠な金融サービスを提供しており、病気流行の可能性に備えた対応や準備を考慮すべきだ」と述べた。
・Old drug may become new birdflu weapon United Press International  (国際) 古い薬が鳥フル治療の武器の可能性
 アマンタジンは1970年代にインフルエンザ治療薬として開発されたが、インフルエンザ・パンデミックに対してタミフルと共に武器となる可能性がでてきた。
 当初の研究では、東南アジアの感染者から得られたH5N1ウイルスは、アマンタジンに対して耐性となっていることが示唆された。
 しかし15日発売された「The Wall Street Journal」によると、遺伝子構造の違いで分類された130種類のH5N1ウイルスの中には、アマンタジンが有効なウイルスも存在するという。
 WHOが同紙に伝えたところによると、ベトナム、タイ、およびカンボジアで分離されたH5N1株はほとんどアマンタジンに抵抗性を示すが、中国、インドネシア、そしてトルコで分離されたウイルス株は幾分同薬に対して感受性を示すと言われる。
・Officials say Azeri dog dies of bird flu Reuters AlertNet(英国) アゼルバイジャンで犬が鳥フルに感染して死亡
 アゼルバイジャンの首都バクで死亡した野犬からA型鳥フルウイルスが検出されたことを当局が発表。同国ではすでに3人がH5N1鳥フルで死亡している。
 ヨーロッパにおける哺乳動物が鳥フルに感染した事例として、ドイツの猫とテン、オーストリアでの猫の事例がすでに知られている。
・India fights bird flu, virus kills Azeri dog Reuters AlertNet(英国) インドで鳥フル拡大中、アゼルバイジャンで犬が鳥フルで死亡
 西インドでは保健医療担当者が各家庭を個別に訪問し、鳥フル症状を呈している住民の検出に努めている。一方、アゼルバイジャンでは犬が鳥フルに感染して死亡した。デンマークではH5N1株かどうかは未定であるが、高病原性鳥フルが野鳥で確認された。隣国のスウエーデンでは15日、東海岸で発見された死亡した2羽のカモでH5N1鳥フルウイルスが検出された。

 この数週間、拡大阻止とパンデミック防止の努力にも関わらず、鳥フルはヨーロッパでさらなる拡大を続けると共に、アフリカでも発生が相次ぎ、またアジアでも新たに発生が報告されている。
 現在家禽での感染がほとんどであるが、鳥フルはしばしば発病した鳥に接触した人にも感染する。科学者達はウイルスが変異して人人感染を生じるようになるのは時間の問題であり、そして世界的大流行(パンデミック)が発生して数百万人の犠牲者が発生し、経済的恐慌が引き起こされる可能性があることを警告している。
・デンマークで初の鳥インフルエンザH5型感染を確認 ロイター 
 デンマークの家族・消費者問題省は15日、同国内で初めて、野鳥が鳥インフルエンザH5型ウィルスに感染しているのを確認したと発表した。確認されたウィルスがH5N1型かどうかは不明。デンマークではこれまで、H5N1型ウィルスは確認されていない。デンマークの養鶏業者は年間30億クローネ相当の鶏などを生産しており、そのうち3分の2を主にスウェーデンやドイツなどに輸出している。
・Most birdflu samples are ‘unfit for testing’ Daily News & Analysis, India  (インド) インド:ほとんどの検体は不適
 インド、マハラシュトゥラでの鳥フルの広がりは、恐れられている以上の可能性がある。当局の高官が語った。
 検査で送られてくる検体のほとんどが検査に適していないため、ウイルスの広がりを確認することが出来ていないと言う。
・Birdflu spreads into Denmark PhysOrg.com, VA (米国) 鳥フル、デンマークへ拡大
 バルト海の島などで野鳥から鳥フルウイルスが検出されたことを、デンマーク政府は発表し、同国で初の鳥フル発生となった。
・Birdflu outbreak reported in Dagestan DailyIndia.com, NY (米国) 鳥フル、ダジェスタン(ロシア)で発生
 今週、明らかに鳥フルに寄り数千羽の鶏がダジェスタンで死亡した事が当局から発表。
・スウェーデンで初のH5N1型鳥インフルエンザを確認 ロイター 
 スウェーデン当局は15日、同国東海岸で見つかった死んだ野生のカモ2羽からH5N1型の鳥インフルエンザ・ウイルスが検出された、と発表した。スウェーデンでH5N1型ウイルスが確認されたのは初めて。死んだカモ2羽は、先月末の簡易検査でH5型ウイルスへの感染が判明していた。家禽への感染は報告されていない。
TOP