高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
3月15日

・EU lab confirms birdflu found in Sweden Kentucky.com (米国) EUの検査室でスウエーデンの鳥フルを確認
 スウエーデン南東部で発見された死亡した鳥から、致死的H5N1鳥フルウイルスがEUの検査室で確認された。
・Burmese farmers struggle with news blackout on birdflu Nation Multimedia, Thailand (タイ) 報道管制下でビルマの農家は鳥フルに対して恐怖感増大
 ビルマの軍事政権は15日、同国初の鳥フル発生情報を報道管制下におき、農民達に鳥フルの予防方法に関する情報を伝えないままにしていいる。
 鳥フルの症状も知らないし、自分の飼育している鶏が死んでも、それが鳥フルによるものかどうかすら分からない、とある農民は語っている。
・WHO reports mass bird death in Eritrea African News Dimension, South Africa (南アフリカ) WHO、エリトレアで大量の鳥の死を報告
 エチオピアの北部に位置して紅海に面したエリトレアで、海岸地域で大量の野生の鳥、西方のガシ・バルカ地域では多くの鶏が死亡したことを、WHOの地域代表が発表した。検体はウイルス検査のために送られる(多分ナイロビ)と言われる。今月初めにWHOはエジプトで鳥フル発生、またエチオピアでも鳥フル発生が疑われていることから、エリトレアは鳥フル発生の危険性が高いと警告していた。
・Denmark finds first H5 birdflu case Brocktown News,  USA (米国) デンマークでも初のH5鳥フルが確認
 15日、デンマーク当局は野生の鳥で高病原性のH5鳥フルウイルスを確認したと発表した。
 詳細については不明。
・ハンガリー製薬会社、H5N1型ワクチンを生産 日本経済新聞
 ハンガリーのジュルチャーニ首相は14日、毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザウイルスに有効なワクチンを同国の製薬会社オムニベストが商業規模で生産すると発表した。政府が暫定的に販売許可を与えた。
 オムニベストは1週間当たり50万回分のワクチンを生産する計画。生産体制を早急に構築するため、ハンガリー政府は同社に20億フォリント(約11億5000万円)の金融支援を実施。見返りに同社の売り上げの14%を受け取る権利を保有することになっており、首相は「2年で支援額を回収できる」と説明している。
 世界保健機関(WHO)調べで2003年以降、約100人が死亡したH5N1型には、スイス医薬品大手ロシュの抗インフルエンザ薬「タミフル」の治療効果が高いとされる。だが、米英をはじめ各国の製薬会社は流行封じ込め効果を高めるためにワクチンを開発中。オムニベストは昨年10月に開発成功を発表していた。
・U.S. treats bird flu as inevitable -USDA's Johanns Reuters AlertNet(英国) 米国農業省長官、鳥フル対策を強化と
 インフルエンザ・パンデミックがいつ起きてもいいように対策を強化。また国米に(渡り鳥経由で)鳥フルが侵入してきてもパニックに陥る必要はないと強調。
・India reports new bird flu cases in western state Reuters AlertNet(英国) インド、西部で新規鳥フル発生を報告
 西部のマハラシュトゥ州で農場の鶏で鳥フルが検出されたことを当局は発表した。H5N1鳥フルかどうかは不明。
・Dutch to start voluntary bird flu vaccination Reuters AlertNet(英国) オランダ、家禽に対するワクチンの任意接種が始まる
 家禽の野鳥からのウイルス感染を防ぐ目的で屋内飼育をする代わりに、屋外で飼育される家禽に対するワクチン接種をオランダ政府は認めていたが、16日から開始されると発表された。家禽に対するワクチン接種のEU委員会からの許可は2月22日に出ている。
・Azeri victims take bird flu toll past 100  Reuters AlertNet(英国) アゼルバイジャンで鳥フル死者3人確認、世界の死者数100人を越える
 アゼルバイジャンで3人の若い女性がH5N1鳥フルで死亡したことが確認され世界での鳥フル死者数は100人を超えた。一方、14日、秘密国家のミャンマーは初の鳥フル発生を報告した。
・Birdflu could reach North America this spring Contra Costa Times (米国) 今春、鳥フルが北米へ上陸の可能性
 この数週間以内にアジアからの渡り鳥がベーリング海を越えて北米に飛来するが、致死的H5N1鳥フルウイルスをもたらす可能性が高い。
 これまで南北アメリカ大陸へH5N1鳥フルは拡大してきてないが、春の渡り鳥移動シーズンにアラスカ経由でウイルスが運ばれてくることが懸念されている。
 専門家によるとそれは単に時間の問題であって、直にウイルスがアメリカ大陸へ広がってくるのは間違いはないと言われる。
・Pandemic awareness campaign starts today National Business Review, New Zealand  (ニュージーランド) ニュージーランド:鳥フル警戒キャンペーンが開始
 政府によるキャンペーンが本日より開始。個人レベルで出来る感染予防、パンデミックに対する準備などが強調される。
 強調される焦点は:
  • 友人や家族に対する看護の必要性
  • 緊急用キットの準備の必要性
  • 咳やクシャミの際の感染予防に対する配慮(顔をチッシュなどで押さえる:咳エチケット)
  • 完全な手洗いと乾燥の重要性
・高病原性ウイルスを検出=旧ソ連圏で初の鳥インフル死者-アゼルバイジャン  時事通信
 ロシア通信によると、アゼルバイジャン保健省は14日、同国南東部で鳥インフルエンザにより最近死亡した3人の患者から高病原性のH5N1型ウイルスが検出されたことを明らかにした。
 3人は養鶏業を営む家庭の女性。旧ソ連圏で鳥インフルエンザの感染による人の死亡が確認されたのは初めて。
・鳥インフル死者百人突破 アゼルバイジャンで確認 徳島新聞
 アゼルバイジャン保健省は14日、同国で高病原性鳥インフルエンザによる3人の感染死が確認されたと明らかにした。2003年からこれまで計98人だった世界各国の鳥インフルエンザによる死者総数はこれで100人を突破したことが確実になった。世界保健機関(WHO)は3人の死因がH5N1型ウイルスによるものかどうかの最終確認を急いでいる。
 WHOによると、アジアを中心に流行していた鳥インフルエンザは世界的に被害が拡大。今後も欧州やアフリカなどで一層広がる様相で、人への感染も拡大する懸念が出ている。
 アゼルバイジャンで感染死が確認されたのは、感染が疑われていた南東部の16歳から20歳の男女計4人のうちの3人とみられる。3人はアゼルバイジャン南東部で2月下旬から3月上旬にかけて死亡した。旧ソ連構成国で感染死が確認されたのは初めて。
3月14日


・渡り鳥からは検出されず 高病原性ウイルス 大分合同新聞
 環境省は14日、大陸方面から飛来する渡り鳥、約700羽を調べた結果、いずれの鳥からも高病原性鳥インフルエンザウイルスは見つからなかったと発表した。
 調査は昨年9月から今年2月まで、福島、新潟、千葉、茨城、長崎の5県の渡り鳥飛来地延べ9カ所で実施。トウネンやオオハクチョウ、ミヤマホオジロなどシベリアや中国方面からの渡り鳥の血液やふんを採取し、ウイルスの有無を調べた。
 今後、沖縄県内などで東南アジア方面からの水鳥のウイルス保有状況調査などを継続する。
・BirdFlu Reaches Myanmar, Cameroon, Maybe Afghanistan NBC13.com, AL (米国) 鳥フル、ミャンマー、カメルーンに拡大、アフガニスタンでも疑い
 致死的H5N1鳥フルが初めてミャンマーとカメルーンの家禽で確認された。アフリカと東南アジアで、さらに鳥フルが拡大している兆候が示された。
 さらにアフガニスタンとドイツの家禽でも検査が行われている。
  • 週末に専門家は、ミャンマーの第2の都市であるマンダレイの郊外の農場で死亡した数百羽の鶏が、致死的H5N1鳥フルウイルスに感染していたことを確認した。
  • カメルーン政府は12日、H5N1鳥フルが家禽で発見されたことを発表し、アフリカで第4の発生国となった。
  • アフガニスタンの2地域で家禽からH5亜型鳥フルが確認され、国連の当局者は、まずH5N1鳥フルであることは間違いないだろうと語った。
  • ドイツのババリア地方で死亡したアヒルの検査が行われているが、H5N1鳥フルの疑いが強くもたれている。もし確認されたらドイツで初の家禽における致死的H5N1鳥フルの発生となる。
  • ポーランドとギシシャで新規鳥フルが見つかった。
・Number of H5N1 birdflu cases rises to three NZZ Online, Switzerland (スイス) スイスで確認されたH5N1鳥フル事例は3事例に
 13日、英国の研究所はスイスで見つかった2羽の死亡した野鳥でH5N1鳥フルウイルスを確認し、スイスで確認されたH5N1鳥フル事例は3事例となった。
 2月22日にジュネーブの湖岸でH5N1鳥フルに感染して死亡した野鳥が見つかったが、その後コンスタンス湖近くの村とフォイアーターレンのライン河沿いで死亡した野鳥が検査されていた。

・Three die from birdflu in Azerbaijan Irish Examiner, Ireland (アイルランド) アゼルバイジャン、3人の死亡が確認される
 アゼルバイジャンで鳥フル疑いで死亡した3人の検体で、致死的H5N1鳥フルウイルスが確認された。検査はWHOの機関で行われた。死亡者は10日に死亡した16歳少年と8日に死亡した17歳少女であるが、3人目については詳細不明である。

3月13日

・鳥インフル感染死の疑い アゼルバイジャン 北海道新聞
 バクーからの報道によると、アゼルバイジャン南東部で2月下旬から3月上旬にかけて、鶏を自宅で飼育していた16歳から20歳の男女計4人が相次いで死亡した。保健省当局者は4人のうち1人はがん、3人は肺炎が死因としているが、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡した可能性もあるため、検体を英国に送付。世界保健機関(WHO)の専門家チームが現地入りし、調査を開始した。
 アゼルバイジャンでは、2月にカスピ海沿岸で死んだ野鳥からH5N1型のウイルスが検出されている。
・H5 Strain of BirdFlu Detected in Afghanistan CRI, China  (中国) アフガニスタンでH5鳥フルウイルスを検出
 アフガニスタン農業家畜省は12日にFAOの専門家が死亡した家禽のサンプルからH5鳥フルウイルスを検出したと発表した。
 当局はさらに多くの検体を集めてイタリアの研究所にウイルス検査のために送ったことを発表した。
・ミャンマーで鶏が鳥インフルエンザ感染、初のケースに=FAO (ロイター)
 国連食糧農業機関(FAO)は、ミャンマーで鶏が高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染して死んだことを明らかにした。鳥インフルエンザは同国では初のケースとみられており、今月に入ってマンダレーで112羽の鶏が死んだことから感染が判明した。
 バンコクのFAO当局者は、ミャンマー政府の報告を引用し、人への感染を示す根拠は見つかっていないと述べた。
・Myanmar finds first birdflu case, culls chickens ABC News (米国) ミャンマーで初の鳥フル発生、鶏の大量殺処分へ
 ミャンマーは鶏で致死的H5N1鳥フルウイルスを確認した。人での感染者はいない。国連当局者が13日発表した。
・Myanmar tests dead birds for suspected bird flu Reuters AlertNet(英国) ミャンマー政府、死亡した家禽で鳥フル検査
 ミャンマー政府は中央のマンダレイ地域で多数の鶏とウズラの死亡を確認し、鳥フルウイルス検査を行っていると12日発表した。
 もし確認されたらミャンマーで初のH5N1鳥フル発生の確認となる。
 これまで専門家達の中には、この軍事国家で鳥フル発生報告がないことに疑問の念を持ち、世界的鳥フル対策の中のブラック・ホールと考えている人も多かった。
 1週間以上も前にマンダレイのいくつかの農場で多くの鶏が鳥フル様症状で死亡した、と同地域の家禽産業担当局では語っている。
・Two More Swans in Greece Test Positive to H5N1 Virus CRI, China (中国) ギリシャでさらに2羽の白鳥からH5N1ウイルスを検出
 ギリシャ政府は12日、北部で死亡した2羽の白鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出されたことを発表し、同国で検出した感染野鳥の数が32羽となった。
 家禽での発生は認められていないが、同国における2月に鳥フル発生が確認されて以来85%も減少している。
 専門家によると今冬は北部ヨーロッパで異常な低温気象だったため、ギリシャに多くの渡り鳥が集まったとされる。
・New birdflu outbreak detected Bucharest Daily News, Romania (ルーマニア) ルーマニアで新規鳥フル検出
 ルーマニア当局は東南部の町で、家禽からH5亜型鳥フルが検出されたことを昨日発表した。
 発生地セルナボダ( Cernavoda)を通過する車は消毒されている。市長のGheorghe Hansa氏が語った。
 H5亜型に関する予備的検査は移動検査カーで行われ、さらに確認検査とH5N1に関する詳細検査は、首都ブカレストの研究所で行われる。
 もしH5亜型ウイルス感染が確認されたなら2万人の人口の同市は隔離( quarantined)されると市長は語った。検査結果は本日出る予定のようだ。
 ルーマニアは昨年10月にダニューブ河デルタ地域で最初のウイルスが検出されて以来、40箇所でウイルスを確認してきている。
・Bird-flu fears grip eastern Laghman province Pajhwok Afghan News, Afghanistan (アフガニスタン) アフガニスタン東部で鳥フル発生の恐れ
 アフガニスタン東部のラフマン省で鳥や鶏が死亡し、それを食べた猫も突然死亡したことから、鳥フル発生の不安感が増している。アフガニスタンのFAO事務所では、ウイルス検査が行われていないから、鳥フル発生と考えるには早急すぎると発表し、死亡した鶏の検体を探している。
・China's birdflu threat Channel 4 News, UK (英国)  中国における鳥フル脅威
 香港の研究者達によると、中国と香港との国境沿いで売られている家禽の1%は鳥フルに感染していると言われる。
3月12日

・Experts Say Medical Ventilators Are in Short Supply in Event of ... The Ledger, FL  (米国) 専門家、鳥フルのパンデミックに対してレスピレーターが不足している
 現在米国には10万5千台のレスピレーターがあるが、通常のインフルエンザ・シーズンにおいても10万台のレスピレーター使われる。昨年11月ブッシュ大統領により提案された国家的対策計画で、インフルエンザ・パンデミックに際して74万2500台のレスピレーターが必要とされている。
 通常のレスピレーターは1台3万ドル(3百万円)はする。スペイン・インフルエンザ並のパンデミックに対処するとしたなら180億ドルの出費がレスピレーターに必要となる。ブッシュ大統領が議会に要求した対策費71億ドルのうち38億ドルしか認められていない。その中身はほとんどがワクチン製造費とタミフル備蓄に費やされる。
・Cameroon Reports First Case of H5N1 BirdFlu CRI (中国) カメルーンでH5N1鳥フルウイルスを検出。アフリカで4番目の発生国に
 カメルーンの農場のアヒルでウイルスが確認されたと、カメルーン政府が発表。エジプト、ナイジェリア、ニジェールに次いで4番目の致死的鳥フル発生国となった。
・New BirdFlu Cases Detected in Nigeria, Poland Voice of America  (米国) ナイジェリアとポーランドでさらに新規鳥フルが確認される

(AP通信)カスピ海での白鳥
・New cases of H5 bird flu detected in Poland  Reuters AlertNet(英国) ポーランドで新規H5鳥フルが確認 ポーランドの数カ所の地域でH5鳥フル発生が確認されたが、それらの地域では精力的に鳥フル対策を行ってきていた。11日にポーランド当局が発表した。H5鳥フルウイルスは、オヅラ州のコストルティン(Kostrzyn on Odra)の貯水ステーション近くで死亡した白鳥から検出された。
 最西部のSwinoujscie港(コストルティンの北方155キロ)で死亡したウミアイサ(カモ科)からもH5ウイルスが検出された。さらに1週間前に最初に発生が確認された北方のトルン市の北西50キロにあるBydgoszczでも、死亡した白鳥から鳥フルウイルスが検出された。家畜獣医担当責任者によると、トルン市で発見された死亡した白鳥からのウイルスは、英国の研究所で致死的H5N1ウイルスと確認されたと言う。
・Bird flu hits farm near Nigeria's biggest city, Lagos  Reuters AlertNet (英国) 鳥フル、ナイジェリアの主要都市ラゴス近郊で発生
 ナイジェリア南部の大都市ラゴス近郊のオグン州で鳥フルが拡大している。当局が11日発表した。当局は先に同地域では鳥フルは発生していないと発表していた。鳥フル発生農場からの検体を調べている研究所では、致死的H5N1ウイルスの可能性が極めて高いと語っている。当局では発生した農場の家禽の殺処分と、農場の消毒を行っている。同農場では13万羽の家禽を飼育していた。
・Alaska villagers to help birdflu survey The Grand Rapids Press (米国) アラスカの村人達が鳥フル監視に協力
・Indonesian Health Officials To Step Up BirdFlu Battle WHIOtv.com (米国) インドネシア保健省、鳥フル対策を強化
 ジャカルタ、インドネシア--インドネシア保健省は11日、鳥フル拡大を阻止するために、とられてきた対策を改善強化すると発表した。発表は2名の小児がH5N1鳥フルで死亡して、インドネシアでの鳥フル死者が22人になったことを受けて行われた。インドネシアは3年前に鶏で鳥フルが発生して以来、迅速な対策をとっていないと国際的に批判されてきた。
 台湾では政府がWHOに鳥フル感染地図で、感染国である中国の一部として感染地として表現されていることに抗議している。台湾の指導者達は、台湾では鳥フルは発生していないと主張している。
 国連の農業担当機関はカンボジア保健省に、渡り鳥等の野鳥の監視を強化するよう求めた。東南アジアからヨーロッパとアフリカへの渡り鳥飛来により、鳥フルウイルスが拡大する可能性の監視の一環である。
3月11日


・Greece says four more swans have deadly birdflu Reuters AlertNet (英国) ギリシャ、さらに4羽の白鳥から致死的鳥フルウイルスを分離と
 北部の国境近くで死んだ4羽の白鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスを検出し、これで致死的ウイルスを検出した野鳥は合計で30羽となった、とギリシャ当局が発表した。
・Poland confirms second bird-flu outbreak Monsters and Critics.com (英国) ポーランドでさらに鳥フル発生確認
 ドイツとの国境近くの国立公園で、死んだ白鳥からH5亜型ウイルスを検出したことを当局は発表。今回で2度目の事例となった。6日にポーランドは死んだ白鳥から分離されたH5N1鳥フルウイルスを確認し、EUで10番目のH5N1鳥フル発生国となった。
・東南アジアの鳥インフルエンザ
 東京新聞 
 インドネシア保健省は十日、中ジャワ州で死亡した男児(3つ)と少女(12)から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。国内での死者は計二十二人になり、今年に入ってからは十一人目。他の東南アジア諸国では感染が沈静化しているが、約二億人の人口を抱えるインドネシアでは、依然として爆発的な流行が懸念されている。
・Russia mounts mass poultry vaccination against birdflu ABC Online (オーストラリア) ロシア、大量の家禽に対してワクチン接種に
 ロシアで鳥フル拡大を抑えるために大量の家禽に対するワクチン接種が始まった。
 鳥フルは既にロシアで百万羽の家禽の死をもたらしていて、南部では特にウイルスが拡大していると考えられている。ワクチン接種はこのような南部で始まり、当局では7月まで全ての家禽に対する接種を終えたいと語っている。
 接種計画は、まず先に渡り鳥が集まる池や水路が周辺にある農場が対象となる。
 フランスやオランダでもワクチン接種が行われている。
 専門家の中にはワクチン接種に反対している人もいて、彼等の主張によると、ワクチンは鳥を完全にウイルス感染から予防しないばかりか、感染した鳥を無症状化して、(キャリアとして)ウイルスを周辺に伝搬する可能性があると言う。
・Early indication to detect birdflu possible WNDU-TV (米国) 鳥フルの早期診断検査キットが開発

A group of Japanese researchers say they've developed a quick and easy way to test for the virus in humans and the birds that carry it.

Catching the bird flu early is key to stopping it.

The researchers say their test detects it in both humans and animals in just 15 minutes.

That’s a big upgrade from current tests, which take six hours to test for the virus.

The test is given to people with cold or flu symptoms and is especially designed to identify the gene makeup of the potentially deadly bird flu strain. 

 日本の研究者グループが、人と鳥における鳥フルウイルスを短時間で容易に測定出来る検査法を開発したと発表した。
 鳥フルを早期に検出することは、その封じ込めの鍵となっている。
 研究者達は、彼等の開発した方法によると、人や動物で15分間で検査が可能になると言う。
 現在の方法では6時間要するので、この検査方法は格段に鳥フル診断を改良することになる。
 検査は風邪またはインフルエンザ症状を呈する人々に適用され、致死的鳥フルウイルス遺伝子を同定することで、鳥フル感染の有無の判断を可能とする。

・More birdflu deaths in Indonesia ABC Asia Pacific (オーストラリア) インドネシアでさらに鳥フル死者が発生
・Two Indonesian Children Die From BirdFlu, Raising Country's Toll ... CIO Today (米国) インドネシアで子供2人が鳥フルで死亡
・UN outlines rapid reaction teams to try to contain human birdflu... UN News Centre (国連ニュース) 国連、鳥フル封じ込めのための緊急チームの概要を発表


 人における”鳥フル”感染が生じたときに、早期に流行を封じ込めるための緊急チームの養成を、この2,3ヶ月以内に世界各国で行うと、国連の保健担当高官が本日発表した。
 ”我々は封じ込め方法のトレーニングを受けた人々のリストを作成する”、とWHOの世界インフルエンザ対策責任者の一人であるフクダ・ケイジ氏がジュネーブの記者会見で語った。
 これらの専門家は、疫学者、検査専門家に、兵站学、倫理学、コミュニケーション論の専門家からなる。
 フクダ博士はWHOの3日間に渡る鳥フル対策会議の終了後に談話を発表した。会議には世界中から数十人の専門家や代表が集まり、各国の対策を支援するための世界的戦略を話し合った。
 フクダ氏は、最近の科学的研究や各種の報告から考えると、パンデミック・ウイルスの早期における封じ込めは可能であるが、また一方では失敗することもありえるようだ、と説明している。
 しかし更新された迅速な対応方法でパンデミック・ウイルスの拡大速度を減じることは可能で、その間に各国がワクチンの準備が出来る可能性がある。
 実際の封じ込めのためには、各国は迅速に反応して行動を起こすことが重要で、早期に感染した人々に抗ウイルス薬を投与し、接触者の検出に努める必要がある。WHOはそのように考えている。またWHOは各国に抗ウイルス薬の備蓄を勧めている。フクダ博士はそのように説明した。
 抗ウイルス薬が不足している地域のために、ロッシュ社は3百万人分のタミフルをWHOに提供しているし、さらに9月までに2百万人分追加供与される。
 現在H5N1鳥フルが人に感染するのは極めて希で、人で発生してからこの2年間に、世界的にわずか175人が感染、96人が死亡しているに過ぎない。
 しかし、警戒すべき事はウイルスが人に容易に感染するタイプに変化することで、それ故早期の封じ込めが必要とされている。
 いわゆる1918年に発生したスペイン・インフルエンザでは、2年後に終息するまでの間に2千~4千万人死亡している。
・Expert calms bird fears The Mercury (オーストラリア) 専門家、鳥フル不安を沈静化
・インドネシアの死者22人に・鳥インフルエンザ拡大 日本経済新聞  
 インドネシア保健省は10日、中ジャワ州で死亡した男児(3)と少女(12)の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が世界保健機関(WHO)の検査で確認され、死者が計22人となったと発表した。ロイター通信によると、2003年以降、世界で同ウイルスによる死者は少なくとも98人に達した。インドネシアの死者は今年に入って計11人で、世界で最も速いペースで増加。東南アジアでは最大人口を抱える同国だけが感染が止まらない状況だ。
 感染した鶏の処分が十分でないことが背景にあり、「1億人以上が暮らす世界有数の人口密集地ジャワ島は、人から人へ感染するウイルス変異の場となる確率が高い」(感染症専門家)との懸念が高まっている。
 WHOによると、03年以降の累計でインドネシアの死者は、今年に入ってタイを上回り、ベトナムに次ぎ世界で2番目。ほかの東南アジア諸国では感染はほぼ封じ込められ、今年は人の感染は確認されていない。
3月10日


・Indonesia says 22nd human birdflu death confirmed Jackson News-Tribune (米国) インドネシアで22人目の死者が確認
 中央ジャワのバヨラリの12歳少女がH5N1鳥フルで死亡したことが、香港の研究所で確認されたと、10日インドネシア政府が発表した。インドネシアでの感染者は30人でそのうち22人が死亡したことになる。
・Azerbaijan to receive assistance from WHO experts in ‘ birdflu... TREND Information (アゼルバイジャン) アゼルバイジャン、鳥フル対策でWHO専門家の援助を
 WHOの専門家2名が今月末まで残り、国内の医療施設を回り指導を行う。
・インドネシアの死者21人に 鳥インフル拡大止まらず (共同通信)
 インドネシア保健省は10日、中ジャワ州で2月28日に死亡した男児(3つ)の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が世界保健機関(WHO)の検査で確認され、死者が計21人となったと発表した。同国の死者は今年に入って10人目で、世界で最も速いペースで増加。東南アジアでは最大人口を抱える同国だけが感染が止まらない状況だ。
 感染した鶏の処分が十分でないことが背景にあり、「1億人以上が暮らす世界有数の人口密集地ジャワ島は、人から人へ感染するウイルス変異の場となる確率が高い」(感染症専門家)との懸念が高まっている。
・Leavitt urges calm planning for possible pandemic Sioux City Journal (米国) 米国保健長官、パンデミックに対して冷静に対応計画をと
 パンデミックは起きる。もし起きたなら全ての州に広がる。冷静に対策を急がなければならない。レービット長官は南ダコダ州で開かれた会議でそう語り、68万ドルの州政府への対策費の提供にサインされた。
・Indon toddler's death from birdflu raises country's toll to ... Malaysia Star (マレーシア) インドネシアの男児、鳥フルで死亡
 中央ジャワで2月28日に死亡した3歳男児がH5N1鳥フルで死亡したことが確認された。インドネシアで21人目の死者となる。男児は明らかに感染した家禽との接触があったと言われる。
・Deadly birdflu not in US yet: Report GG2.net (英国) 致死的鳥フルは、未だ米国には到達していない:調査報告
・Government focuses on wild birds as birdflu risks St. Petersburg Times (米国) 米政府、鳥フル拡大に野鳥の監視強化
 連邦政府は米国内への鳥フル拡大のい備え、渡り鳥の監視を例年の5~6倍の回数で行う予定と発表。
・CHRONOLOGY-Bird flu developments Reuters AlertNet (英国) 今年度、H5N1鳥フルの動き
 セルビアで初のH5N1鳥フルが9日、白鳥で検出された。
 ドイツはイタチ様哺乳動物のテンでH5N1鳥フルウイルスの感染を確認し、ヨーロッパで2種目の哺乳動物でのウイルス感染の確認となった。WHOによる公式の鳥フル死者数は96人となった。これまで約2億羽の殺処分された。

 H5N1鳥フルは2003年12月に韓国ソウル近くで再興した。

 以下は今年度における世界のH5N1鳥フルの動きである。
 
  • 1月15日:トルコ政府は東部のドグバヤジットで4人目の子供が死亡したことを発表。
  • 1月18日:19億ドルの鳥フル対策国際基金が、北京の国際会議で各国から提供
  • 1月29日:北部キプロスでH5N1鳥フルウイルスが検出
  • 2月8日:北部ナイジェリアで初のH5N1鳥フルウイルスが検出
  • 2月11、12日:イタリア南部およびシチリー島、さらにギリシャで死亡した白鳥からウイルスが検出。ヨーロッパで初のH5N1鳥フル検出となる
  • 2月14日:イランの湿地帯で死亡した白鳥から、さらにオーストリアでも白鳥からウイルスが検出
  • 2月15日:ドイツのバルト海リューゲン島で死亡した白鳥からウイルスが検出。それ以降100羽以上の野鳥から検出。
  • 2月16日:スロベニアの白鳥でウイルスが検出
  • 2月17日:エジプトの養鶏場でウイルスが検出
  • 2月18日:インド西部の養鶏場でウイルスが検出
  • 2月21日:ハンガリーで死亡した白鳥からウイルスが検出
  • 2月22日:EU委員会はフランスとオランダにおける家禽へのワクチン接種を許可
  • 2月24日:カンボジアで数ヶ月ぶりに、H5N1鳥フルの再興が死んだアヒルで確認
  • 2月25日:フランス東部の七面鳥飼育場で数千羽の七面鳥がH5N1鳥フルで死亡。EUで初の家禽におけるH5N1鳥フル確認となる。
  • 2月27日:アフリカ、ニジェールで、アヒルでH5N1鳥フル感染が確認される。グルジアでは死亡した白鳥からウイルスが検出。
  • 3月1日:スイスのジュネーブで野鳥でウイルス検出
  • 3月2日:セルビアで死亡白鳥からウイルス検出。北部ドイツで猫からウイルス検出。
  • 3月4日:ドイツのロワー・ザクソニー州で野鳥からウイルスが検出され、同国で6番目の鳥フル確認州となる。
  • 3月6日:ポーランドで死亡した白鳥からウイルスが検出。
  • 3月7日:ナイジェリアで新規3州でウイルスを確認。そのうち1州ははるか南部。オランダ、ワクチン接種を準備のため1週間延期。
  • 3月8日:東中国で9歳少女が鳥フルで死亡し、同国10人目の死者となった。アルバニアで鶏からウイルスが検出。
  • 3月9日:WHOは、アゼルバイジャンが3死亡者を含む鳥フル感染疑い患者11人の検体を英国の検査機関に送ったと発表。患者は鳥フルが家禽の間で発生している地域の1ないし2家族と言われる。セルビアで死亡した白鳥でウイルスが確認。ドイツでイタチ様哺乳動物のテンでウイルスが確認。

・BirdFlu Found in Weasel-Like Animal CBS News 鳥フル、イタチ様動物でも検出
 ドイツ北部のリューゲン島でイタチ様哺乳動物のテンでH5N1鳥フるウイルスが検出された。同島では多数の白鳥が鳥フルで死亡し、それを食べたと思われる猫も死亡している。
 AP通信

・BirdFlu May Hit US In Months CBS 2 (米国) 鳥フルは数ヶ月以内に米国へ拡大の予想
 米国安全保障責任者( Homeland Security)のマイケル・チェルトフは、ここ数ヶ月以内に鳥フル感染地域から渡り鳥によって、米国に鳥フルが拡大する可能性が高いと9日語った。
 同氏によるとウイルスを保有した渡り鳥とアヒルや鶏、さらに他の鳥が混じることで、家禽の間に感染が広がる可能性があるとされる。
 しかし同氏は、農業省は鳥フルの他の株でこの数年間に多くの経験を積んでいるので、もしH5N1鳥フルが米国内の家禽に感染したとしても十分対策の用意があるから、パニックに陥る必要はないと説明する。
・More birdflu in Nigeria, spreads to new mammal ABC News (国際) ナイジェリアでさらに鳥フル拡大:別な哺乳動物でもH5N1鳥フルの感染確認
 アフリカにおける鳥フルは、渡り鳥の間よりも、さらに家禽の間で広がりつつあるようだ。9日、専門家はナイジェリアでさらに鶏の間でH5N1ウイルスが広がっていることを報告した。
 ヨーロッパでは、専門家達は家禽貿易よりも渡り鳥でウイルスが拡大していると考えていて、各国政府は家禽の屋内での飼育を指示している。
 アフリカにおけるナイジェリアやニジェールの場合、専門家達によると、鶏の密輸入と十分監視しきれない国境線がウイルスの拡大を招いているとされる。
 ”渡り鳥はこの鳥インフルエンザの拡大に関係しているだろうが、アフリカの場合、家禽産物の売買にもっと監視の目を向ける必要がある”、と南アフリカのOIE代表が語った。
 WHOによると、ナイジェリアの37州のうち11州の130の農場に、ウイルスは拡大しているとされる。
 アフリカではまだ人での発生は報告されていないが、専門家の間では、ウイルスが人の間で感染しだして世界中に広がるのは時間の問題とされている。

 さらに哺乳動物でもH5N1鳥フルウイルスが確認された。ドイツ政府は、イタチ様動物のテンでウイルスが検出されたと発表した。3匹の猫でウイルスが確認されたわずか数日後のことである。WHOでは、この事実が人に対する危険性が増したかどうか評価するためには、さらに調査する必要があると説明している。

 アゼルバイジャンは死亡者3人を含む11人の疑い患者の検体を英国の研究所に送っている。これらの患者は鳥の間でH5N1ウイルス感染が確認されている南東地域の住民である。1人は重体とWHOの報道官は語っている。
・独でテンの一種からH5N1型検出 産経新聞  
 ドイツのニュース専門テレビN24は9日、同国北部リューゲン島に生息していたイタチ科の動物テンの一種から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと報じた。同島では猫や白鳥への感染も確認されている。
 ドイツ連邦動物保健研究所によると、テンの一種は2日、同島で生きたまま捕らえられ、検査の結果、感染が確認されたため処分された。
3月9日


・'Weasel' diagnosed with birdflu Advertiser Adelaide (オーストラリア) イタチが致死的鳥フルウイルスに感染
 ドイツで(stone)テン(野生のイタチ様哺乳動物)がH5N1鳥フルウイルスに感染したことが確認された。
・Birdflu virus found in weasel-like mammal in Germany USA Today (米国) 致死的鳥フルウイルス、ドイツでイタチ様哺乳動物で検出
 猫以外の哺乳動物にもH5N1鳥フルウイルスが感染した、新たな事例。
・Birdflu found in mammal in Germany Kansas.com (米国) ドイツで第2の哺乳動物でH5N1鳥フルウイルスが検出
 イタチ様哺乳動物の(stone)テンでH5N1致死的鳥フルウイルスが検出された。場所は先に猫が感染死したリューゲン島で、死にかかっていた。
 先に見つかった猫と共に鳥フルで死亡した野鳥を食べて感染したものと思われる。
・Top UN BirdFlu Expert Declares Crisis in Parts of West Africa Chosun Ilbo (韓国) 国連の鳥フル対策責任者、西アフリカは鳥フル危機と
 ナイジェリアとニジェールでH5N1鳥フルが家禽の間で広がっているが、他の国での報告はないものの、周辺でも発生していることは予想され、西アフリカは危機的状況と考えられる、と国連のインフルエンザ・パンデミック調整官のナバロ博士は語った。
・Norway tests dead ducks for H5N1 bird flu Reuters AlertNet (英国) ノルウエー、死亡したカモのH5N1鳥フル検査
 12羽の死んだカモについてH5N1鳥フルウイルス検査を行っていることをノールウエー当局は発表した。
・Serbia says H5N1 bird flu strain found in swan Reuters AlertNet (英国) セルビアで初のH5N1鳥フルが検出
 セルビアで、先週クロアチアとの国境近くで死亡した白鳥から分離されたウイルスが、致死的H5N1ウイルスであることが9日、確認された。
・Bird flu kills Chinese girl, sparks fresh fears Reuters AlertNet (英国) 鳥フル、中国少女が死亡:ベルギー人男性、検査で陰性と
 少女の事例は昨日報道済み。ベルギー人男性の事例は先のロイターで報道されたものが更新。
・Birdflu discovered in Sweden DailyIndia.com (米国) 鳥フル、スウエーデンでも確認
 ストックホルムの南方で野鳥から致死的鳥フルウイルスが検出されたと、スウエーデン当局が発表した。
・Birdflu could hit US within a year: UN The Age (オーストラリア) 国連:鳥フルは1年以内に米国へ
 すでにアジア、ヨーロッパ、中東、そしてアフリカへ拡大している鳥フル(H5N1)は、年内に米国へ大西洋を越えて拡大するだろうと、と国連の高官が8日語った。
 国連のパンデミック・インフルエンザ対策責任者のダビド・ナバロ博士は、それは間違いなくこの6ヶ月から1年以内に起こるだろう、と語り、それは渡り鳥によってもたらされる、との見解を明らかにした。
・ベルギー男性が感染の疑い 鳥インフルエンザ 中国新聞 
 ベルギー社会問題・保健省は8日、中国から5日に帰国したベルギー人男性が鳥インフルエンザに感染した疑いがあるとして、ブリュッセル市内の病院に隔離、感染の有無を確認していると発表した。  男性は中国の地方を商用で旅行していたとみられ、北京経由でベルギーに帰国後、発熱や頭痛などを訴えた。
・Belgian man tested for birdflu Ireland Online (アイルランド) ベルギー人男性鳥フル検査
 先週4日中国の田舎を旅行して帰国したベルギー人男性が高熱と頭痛のために6日ブリュッセルの病院に入院した。
 医師達は患者を隔離して鳥フル検査を行っている。ベルギー政府はそのように、本日発表した。
 EUではこれまで人での鳥フル感染者は出ていない。
・Belgian treated for birdflu symptoms in Brussels Reuters AlertNet (英国) ベルギー人、ブリュッセルで鳥フル疑いで治療中-可能性は低いと
 中国から帰国したベルギー人男性が鳥フル様症状でブリュッセルの病院に入院し、検査を受けていることが、ベルギー政府から発表された。
 患者は隔離されているが、患者に呼吸器症状が乏しいことから当局では、H5N1鳥フルウイルスの感染の可能性は低いと考えている。
・Australia at 'very high' risk of birdflu ABC Online (オーストラリア) オーストラリアは鳥フル発生の危険性が非常に高い
 OIE長官が、米国、カナダ、そしてオーストラリアで直にH5N1鳥フルが発生するだろうと警告。
・WHO says make progress in flu pandemic plan Reuters AlertNet,  (英国) WHO、インフルエンザ・パンデミック対策計画の強化が必要と
 WHOは世界中から招集された専門家による3日間の会議で、鳥フルが人の間パンデミックを起こした場合の最終的対策計画をまとめた、と発表した。WHO世界感染症対策副委員長であるマーガレット・チャンさんは、”パンデミック・インフルエンザは大きな問題だけど、世界中が協力し合うことで効果的対策が可能になる”、と語った。
 「パンデミック防止戦略」草稿では、感染発生地の閉鎖と大量のタミフルの使用を求めている。
 チャンさんは、”防止戦略は単にパンデミックを遅らせるだけの効果しかないかも知れないが、各国がワクチンを製造する時間的余裕を与えてくれるだろう”、とも語っている。
・Greece applies protective border measures as birdflu confirmed in ... dtt-net (ベルギー) ギリシャ、アルバニア国境で厳しい鳥フル拡大防止対策
 アルバニアで鶏の鳥フル発生を受け、ギリシャ政府はアルバニアとの国境で厳しい感染対策を開始した。
3月8日

・Albania finds deadly bird flu strain in chicken  Renters AlertNet (英国) アルバニア、鶏で致死的H5N1ウイルスを検出
 8日、アルバニアは鶏で致死的H5N1ウイルスを検出した発表した。アルバニアでは初の事例。場所は南方の海岸地域でギリシャとの国境近く。
・Indonesia rules out birdflu in three recent deaths People's Daily Online, (中国) インドネシア、最新の3疑い例を除外
 インドネシア保健省は、最近鳥フル疑いで死亡した妊婦と2人の子供は鳥フル検査で陰性だったと発表した。
 しかし中央ジャワで死亡した3歳の男児は検査で陽性で、インドネシアにおける死者は21人であると発表した。
・鳥インフル恐れ猫捨てる 動物愛護協会困惑 フランス 産経新聞 
 ドイツで猫から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを受け、フランスでは感染を恐れて猫を捨てる飼い主が現れ始めた。フランス公共ラジオが7日伝えた。保健省などは飼い猫を捨てないよう呼び掛けていたが、懸念が現実になった形だ。猫が捨てられているのは、野生のカモや家禽(かきん)へのH5N1型ウイルス感染がフランスで初めて確認された東部アン県の近く。アン県に隣接するローヌ県リヨンの動物愛護協会は、今月4日だけで40匹の猫を引き取ったという。同協会は「(猫を飼っていても)危険はないことを理解してもらおうと努力しているが、うろたえる市民もいる」と困惑気味だ。フランス農業省は4日、野鳥や家禽へのウイルス感染が確認された地域を対象に、飼い猫を家から出さないよう求める行政命令を出した。保健省は同日、死んだ猫や犬を見つけたら、手を触れず、獣医師に届けるよう求める声明を発表するとともに「ペットを捨ててはならない」と訴えていた。
・鳥インフルエンザ、中国で10人目の死者 日本経済新聞
 浙江省衛生庁は8日、同省安吉県の9歳の少女が毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザのため6日に死亡したことを明らかにした。中国ではこの少女を含めこれまでに15人の感染を確認し、うち10人が死亡している。浙江省での死者は初めて。
・China warns of more birdflu Australian, (オーストラリア) 中国、さらなる鳥フル発生の可能性が強いと警告
 春になり暖かい気候では鳥フルウイルスが拡大しやすく、これから中国では鳥フル流行の危険性が高いと、副農業省大臣が警告。9歳少女が死亡したことを発表した数時間後に、談話が発表された。
・Girl dies of birdflu in China Reuters.uk (英国) 中国で少女が鳥フルで死亡
 中国浙江省で9歳少女が鳥フルで死亡したことが、8日、中国国営通信で発表された。
 少女は中国で10番目の鳥フル死者となった。
 少女の死は32歳男性が広東省で死亡して数日後に確認された。
 ”疫学的に非常に危険な状況だ。春がきたから渡り鳥によりウイルスが伝搬される。疫学的に効果的な手段は世界にはない”、と中国農業省副大臣が語った。
 ウイルスは2月に入ってから急速に広がり、少なくとも新規に15カ国で鳥を殺し、ヨーロッパとアフリカへ深く浸透しつつある。
・WHO urges more studies on birdflu infections in cats ABC News (米国) WHO、H5N1鳥フルウイルスの猫感染事例を早急に調査の必要と
 オーストリアで鳥フルウイルスに感染した猫が発病しなかった事例は、ウイルスがほ乳類に適合し、人に対して極めて危険な株に変化してきた可能性が示唆されると、WHOは7日警告した。
・Suspected birdflu death as virus spreads in Europe, Nigeria TODAYonline (シンガポール) ウイルス、ヨーロッパとナイジェリアで拡大中、インドネシアで死亡者

 AFP
  • インドネシアの4歳男児が鳥フル疑いで死亡。ジャカルタでは昨夜さらに5人の疑い患者が入院。
  • 致死的ウイルスはナイジェリアの南方でさらに3州で拡大。ナイジェリアはアフリカで最初にH5N1ウイルスの家禽への感染が確認された国であるが、さらに隣国のニジェールでもウイルスは検出されていて、周辺国への拡大が懸念されている。
  • 香港の鶏農場では今後3ヶ月で家禽の数を減らすように指示された。5月末まで鶏の飼育数は200万羽までとする、と当局は発表。隣接する中国本土の広東省で男性の死亡が確認され、無症状の家禽から感染した疑いが濃いためである。(H5N1鳥フルウイルスが家禽に感染しても、発病・死亡しない家禽が出てくると、人への感染予防は非常に困難になる:訳者注)。香港ではこの数週間で16羽の鳥でウイルスが検出された。
  • ヨーロッパではH5N1ウイルスは20カ国(ロシアの一部を含む)で検出されている。
  • ロシアの指導的ウイルス学者は、7日、人での感染拡大可能性は非常に高いと語り、政府に速やかに対策を講じるように警告した。”パンデミックになったなら隔離対策は何の効果も持たない”、とロシア科学アカデミーウイルス研究所長のDmitry Lvovは語った。10万ベッドと抗ウイルス薬を、ワクチンが作成されるまでの6ヶ月間分用意する必要があると説明している。さらに彼は現在のH5N1鳥フルウイルスが、人人感染を生じる株に変異する可能性は90%の確率であると、付け加えている。
  • フランスでは、鳥フルウイルスが最も多く鳥から検出されているリオン市周辺で、多くの猫飼育市民が鳥フルの感染を恐れて、彼等のペットを捨てていると、動物愛護団体の地域支部では語っている。それは先週2日に、北方ドイツのバルト海の島で猫がH5N1鳥フルウイルスの感染で死亡してから、パニックとなってきた。
  • ポーランドでも北部のトールン市で、3羽の死亡した白鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出された。
  • ドイツではさらにH5N1鳥フルウイルスが野鳥の間で検出され続け、合計170事例となっている。
  • ポルトガルでは、家禽を飼育している家庭が家禽の飼育数を当局に報告するように義務づけられた。
3月7日


・WHO urges more studies on bird flu infections in cats  Reuters AlertNet (英国) WHO、鳥フル感染猫に関して、さらなる調査を急ぐように警告
 オーストリアで発見されたH5N1鳥フルウイルスが感染した無症状の猫に関して、WHOは警戒心を強めた。ほ乳類にウイルスが適合してきた証拠の可能性もあるからと言う。
・China's latest bird flu death adds to worries for HK HONG KONG (香港) 中国で最近死亡鳥フル事例、香港で不安材料に
 最近中国広東省で死亡した32歳男性は都会に住んでいて、広東の家禽市場を数回訪れたことはあるが、農場や家禽飼育場に出向いたこともなかった。さらに広東の家禽は昨年から全てワクチン接種されており、中国の中でも鳥フル対策が一番進んでいる地域と考えられている。
 専門家の間で、家禽での鳥フル発生がなかった広東で男性が鳥フルで死亡したことから、H5N1鳥フルウイルスが感染しても無症状な家禽が発生している可能性を懸念する声が高まっている。香港は広東省に隣接していることから、人での感染事例が増えることを懸念している。
・Indonesian boy becomes latest suspected birdflu death Forbes (国際) インドネシアで少年が鳥フル疑いで死亡
 インドネシアで4歳少年が死亡し、それはこの8日間で6番目の鳥フル疑い死者となった。病院のナースが情報を語った。
 少年は昨日、東ジャワのマジェタンのセイイディマン州立病院に入院し、その10分後に死亡した。ナースはAFP通信にそのように語った。少年は家禽との接触の既往があり、死因は致死的鳥フルウイルスによると当局では確認したと言われる。
 少年の死は、最近相次いだ5人の死亡に続く6人目の死となった。
 一方、ジャカルタのスリアンチ・サロソ病院の報道官によると、同病院には7人の鳥フル疑い患者が入院して治療を受けていると言う。
・Teenager Hospitalized for BirdFlu Symptoms Zaman Online (トルコ) トルコ、10代少女が鳥フル疑いで入院
  トルコの中央、トカト省(Tokat)16歳少女が鳥フル症状を呈して7日入院したと発表された。少女は最近父親の屠殺した鶏を食べたという。
・US developing new birdflu vaccine CNN International (米国) 米国、人用鳥フルワクチンの新規株製造へ
 米国保健省は人用鳥フルワクチンの新規株製造に着手すると発表。現在保有する(パイロット的)ワクチンよりも新しいH5N1ウイルスを用いたワクチンとなる。
・海鳥大量死、死骸を回収 北海道・知床 朝日新聞 
 
・Birds In Russia Dead Of Illness Or Poisoning The Statesman (インド) ロシア極東で大量の野鳥が死亡-感染症か中毒か、原因は不明
 ロシアの極東のクリル諸島で、大量の野鳥が原因不明で死亡している。地域の生物研究者が新聞記者の報告した。
 鳥フルに対する脅威から検査を求めている。
 先に国後島で数百羽の野鳥が死亡しているのが見つかっているが、当局は原油が原因と説明した。
 しかしながら、生物研究者のエフゲニー・ゲルト(Yevgeny Gert)氏は原油説に反対する。
 彼によると、流氷や海洋の状況から考える限り、死亡した数千羽の海鳥は重篤な感染症か、大量の化学物質による中毒が原因で1月に死亡したと考えられる、と言う。
 ゲルト氏によると、猟師達は海岸に大量の野鳥の死骸があるのに気づいていたが報告をしてこなかった、と言う。そして死骸を食べた狐が1匹死んでいるのも発見されている、と付け加えた。
 致死的鳥フルに関する詳細なる検査が必要と、同氏は訴えている。

・WHO: BirdFlu Poses Bigger Challenge Than AIDS FOX News (国際) WHO:鳥フル対策はAIDS以上に困難
 致死的鳥フル対策は、世界にとってエイズを含む全ての感染症の中で、最大の困難となっている。それは世界の3億人の農民に100億ドル以上の損失を及ぼす。WHOはジュネーブの会議で6日、そのように発表した。
 2月以来、鳥フルはヨーロッパ、中東、アフリカで17カ国に広がっている。この数週間における拡大の速度は非常に警戒すべき事実だ。WHOの高官はそのように語った。
・US Health Officials OK Development Of 2nd BirdFlu Vaccine CattleNetwork.com, (米国) 米国保健省、人用鳥フルワクチンの更新へ
 米国保健省は6日、2番目の(人用)鳥フルワクチンの製造を予定すると発表した。
 政府はすでに数百万人分の(初期)人用鳥フルワクチンを保有しているが、ワクチンは2004年にベトナムで分離されたウイルスで作成されている。ウイルスはその後変異を重ねていると考えられ、最近分離されたウイルスでのワクチン作成が必要と考えられている。
・Cats In Austria Test Positive For H5N1 BirdFlu CattleNetwork.com, (米国) オーストリア、保護施設の猫でH5N1鳥フルウイルスが確認
 南オーストリアのグラッツの動物保護施設で、3匹の猫がH5N1鳥フルウイルスに感染していることが、当局者の記者会見で発表された。2月に同施設の鶏でH5N1鳥フル感染が確認されていたが、今回検査の結果飼育されている猫にも感染が広がったことが確認された。猫は生きているという。
3月6日


・鳥インフルエンザ感染の白鳥、ポーランドで初確認 CNN Japan
 ワルシャワ──ポーランド通信(PAP)は6日、同国の獣医研究所が北部で見つかった野生の白鳥から、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを検出した、と伝えた。ポーランドで高病原性鳥インフルエンザ感染が確認されたのは初めて。
 研究所の研究員によると、北部トルンを流れるビスワ川の浅瀬で死んでいた白鳥2羽が、鳥インフルエンザに感染していたという。
 世界保健機関(WHO)によると、ポーランドの隣国ドイツやスロバキアでも、野鳥への感染が判明しているほか、ウクライナやフランスでは、家禽(かんきん)類にも感染が拡大している。
 WHOがまとめた統計によれば、3月1日現在、人への感染はベトナム、インドネシア、タイ、中国、トルコ、イラク、カンボジアの7カ国で174人に上り、死者は94人に達している。
・World flu experts plan for curbing possible human pandemic ... KPLC-TV, 世界の鳥フル専門家、人でのパンデミック防止計画を討議
 ジュネーブでWHO主催による鳥フル専門家会議。世界から30人が参加。
・Reports of human birdflu cases premature - Azeri health ministry Interfax-Religion (ロシア) アゼルバイジャン:人の鳥フル疑い例は、現在未確定
 アゼルバイジャン保健省は死亡した2姉妹と病院へ入院中の家族6人について、疑われているだけであって、検査では未確認と発表。検査は現在進行中と。
・Pregnant woman, 10-year-old boy die of suspected birdflu in ... TODAYonline, (シンガポール) インドネシア、妊婦と10歳少年が鳥フル疑いで死亡
 ジャカルタの鳥フル専門病院あるスリアンチ・サロソ病院で1日から鳥フル疑いで入院していた25歳の妊婦が、胎児とともに死亡したことが病院当局から発表された。また他の地域で週末に10歳少年が死亡し、H5N1鳥フルによる死亡の可能性が高いとインドネシア当局から発表された。
・Poland becomes latest EU country with birdflu outbreak Sligo Champion (アイルランド) ポーランドで鳥フル確認、EUで最新の発生国に
・First Case of BirdFlu Confirmed in Poland CBS News (米国) ポーランドで初のH5N1鳥フル感染が確認
 AP通信
 ポーランドのワルシャワ北西部120マイルのトールンで3月2日に2羽の死亡した白鳥が発見され、致死的H5N1ウイルスが検出されたことがポーランド当局から発表された。
・鳥インフル対策で機動部隊の設置検討 WHO会議 産経新聞
 世界保健機関(WHO)は6日、世界の専門家によるインフルエンザ封じ込め対策会議を開いた。会期は3日間。WHO当局者によると、アジア、欧州から中東、アフリカの広い範囲でまん延している鳥インフルエンザが人の間で流行するようになる事態への懸念から、WHO本部に感染症の専門医らから成る80人規模の「機動部隊」の設置を検討する。
 鳥インフルエンザの発生地に迅速に出動して必要な封じ込め対策を講じるのが目的だ。
 WHOは1月下旬の執行理事会でインフルエンザ大流行に備えた「緊急対応と封じ込め対策の議定書案」を作成。新型インフルエンザへの効果が期待されている「タミフル」など必要な医薬品の備蓄や、各国からWHOへの通報義務などを定めた。今回の専門家会議では、同議定書案に沿って封じ込め対策の最優先課題を定める。
・China reports another birdflu death Globe and Mail, (カナダ) 中国であらたな鳥フル死亡者発生;政府の報告姿勢に疑い(WHO)
 中国当局は5日、あらたな人でのH5N1鳥フル死亡者を報告した。広東省の32歳男性で2月22日に発病して3月2日に死亡した。
 WHOでは人の感染事例が、中国では十分検出されていないとの判断を示していた矢先での発表だ。
 ”さらに多くの感染者がいることは想像される”、とWHOの中国事務所の代表は語る。しかし彼は中国政府が海外に事例の発生を隠しているとは思わないと説明する。
 問題は中国政府の監視態勢遂行能力で、地方からの情報を十分集約できていない可能性が高い。そのように同氏は語る。
 今回の事例も香港側からの情報が先行し、それから国営通信での発表となった。
 また中国政府が発表の時期を戦略的側面からずらしている疑いも持たれている。先週末、世界のメディアはヨーロッパでの初の家禽における鳥フル発生に関心を集中させた(フランスにおける七面鳥農場での発生)。その時期に中国政府は2名の感染事例を発表したが、ニュースはヨーロッパのH5N1鳥フル拡大問題に被われて、脚注程度になった。
・Birdflu death toll rises in China Seven.com.au (オーストラリア) 中国での鳥フル死者数増加
 中国広東省の32歳男性がH5N1鳥フルウイルス感染で死亡した。中国で9人目の死者となり、また15人目の感染者となる。中国国営通信の新華社が報じた。
・World Health Officials Shape Pandemic Preparedness Strategy NewsBlaze (米国) WHO、インフルエンザ・パンデミック対策戦略を作成
 3月6日から9日までの間、WHOはジュネーブに世界各国から疫学専門家、ウイルス学者、公衆衛生学者。および他の領域の専門家を招集して、最近急速に動物と人の間で拡大してきているH5N1鳥フルに対する緊急対策計画の詳細について話し合う。
・New birdflu death in China; WHO warns more cases likely Winnipeg Free Press (subscription), (カナダ) 中国で新規鳥フル死亡者:WHOさらなるケースの存在を警告
・中国広東省、初の鳥インフルエンザ感染確認・男性死亡 日本経済新聞 
 中国広東省トップの張徳江書記は5日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染死した疑いがあると4日に発表された同省広州市の男性(32)について、感染を確認したと述べた。訪問先の北京で明らかにした。 広東省で人への感染が確認されるのは初めて。中国での感染者は15人目で、死者は9人目となった。 男性は2月22日に発熱などの症状が出て、今月2日に死亡した。鶏と接触する機会が多かったという。
 *4日にCRIから報道されていたケース
3月5日

・Birdflu confirmed in sixth German state Ireland Online (アイルランド) ドイツで新規鳥フル確認、第6番目の州
 ドイツのロベル・サクソニ州でカモからH5N1鳥フルウイルスが検出されたことが、農業省から発表された。ドイツで鳥フルが確認された第6番目の州となった。
・Romania Finds New Suspect BirdFlu Cases Focus News (ブルガリア) ルーマニア、新規鳥フル疑い例
 ダニューブ河沿いの村で新規鳥フルが発生したと当局は5日、発表した。H5N1ウイルスかどうかについてはさらに分析予定。
・Number of birdflu cases rises to 11 Swissinfo  (スイス) スイス:鳥フル発生事例が11に増加
 スイス北東部でH5鳥フルに感染した野鳥の事例が4例確認され、スイス全体で11事例となった。ツルガウ州でカモから、チューリッヒ州でオオバンからウイルスが検出されたが、H5N1かどうかについてはさらに分析中という。
 


・Two suspected human birdflu deaths reported in Azerbaijan Interfax-Religion (ロシア) アゼルバイジャン、2姉妹が鳥フルで死亡した疑い
 家族6人が鳥フルに感染した疑いで病院に入院したが、家長の娘2人が数日前に鳥フルで死亡した疑いがもたれている。アゼルバイジャンの副保健省大臣が発表した。
・Poland detects first case of H5 birdflu-sources
Reuters AlertNet,  (英国) ポーランド、初の鳥フル事例を確認
 ポーランドは北部のトルン市のビスツラ河畔で死亡した白鳥2羽で、H5亜型鳥フルウイルスを確認した。さらに詳細な検査がポーランド内と国外の研究所で行われている。複数の政府関係者が語った。
・鳥インフルエンザ、感染の広がりが心配だ 朝日新聞
 
社説
 
・Birdflu fears in Mauritania, Cape Verde afrol News, (ノルウエー) 鳥フル疑い事例が野鳥で発生
 北アフリカのモーリタニア共和国とカーボ・ベルデ共和国政府は、大量の野鳥が死亡したことから、鳥フルに対する警戒態勢を敷き、野鳥の死亡が鳥フルウイルスによるものかどうか調査に入った。しかし多くの専門家達は、地帯が渡り鳥のルートに無いことから、渡り鳥によってウイルスが伝搬される可能性は低いと考えている。もっとも大きな可能性は違法で持ち込まれた家禽からの感染である。
 死亡が確認された鳥の多くは海鳥である。

 注:モーリタニア・イスラム共和国Mauritania:北アフリカ大西洋岸、人口270万、面積100万(日本の3倍)、首都ヌアクショットNouakchott

ケープ・ベルデCape Verde:公式日本語的には、公用語のポルトガル語で「カーボ(濁音)ベルデ共和国」。北アフリカ大西洋の中の島国。人口40万、面積4000km2、首都プライアPraia.昔はフランス語風に「カポ(半濁音)ベルデ」

・Chinese expert warns of human cases of wild fowl flu People's Daily Online (中国) 中国の専門家、鳥フルの人への感染拡大を警告
 中国科学アカデミーのメンバーのZhong Nanshan氏が、鳥フルが人の間に拡大する懸念を表し、人々がよりウイルスに対する知識を持ち、鳥フル封じ込めキャンペーンに参加する必要があると語った。
・Azeri official says family may have bird flu Reuters AlertNet (国際) アゼルバイジャンで家族内で鳥フル感染の疑い
 アゼルバイジャンの高官が4日、6人の家族が鳥フルに感染した可能性があることを発表した。確定するにはいまだ早すぎるとも付け加えた。
 ”初期の診断は重症肺炎であるが、鳥フルを疑うべき事例である”、と副保健大臣がATVテレビで語った。
 この家族では2人の子供が先月死亡している。
 アゼルバイジャンでは先月渡り鳥からH5N1ウイルスが検出されているが、その後首都のバク近郊で家禽でも鳥フルの発生が確認されている。
・How to prevent children from contracting birdflu — UNICEF Vanguard (ナイジェリア) ユニセフ:(ナイジェリアの)子供達を如何にして鳥フルから守るか

・No sign of birdflu in Afghanistan: Ministry Pajhwok Afghan News (アフガニスタン) アフガニスタン農業家畜食料省、鳥フル発生の兆候はないと
 住民が家禽の死亡を心配している3省で野鳥や鶏の検査を行ったアフガニスタン当局は、鳥フル発生の兆候はないと発表した。
・Some Countries Accused of Hindering Bird-Flu Investigation KLAS-TV (米国) 鳥フル調査を妨害する国が非難される
 
イラン、ナイジェリア、スーダン、チュニジア、およびトルコを含む国で、鳥フル調査に協力せず、調査のための入国を妨害すると、国連FAOの協力機関であるNPO団体の国際湿地帯保護協会(Wetlands International)が訴えた。
 これらの国では、鳥フル発生が明確になることで、家禽の輸出や観光産業への影響を心配している。
・France asks pet owners to be vigilant but calm; flu hits sixth ... WHO-TV (米国) フランス、鳥フルへの警戒をペット保有者に求める
 フランス食料安全局(France's food safety agency)は、鳥フル発生地域の住民に猫は屋内に保ち、犬は放し飼いにしないように求めている。
 しかしフランス当局はパニックになる必要はなく、また鳥フル感染の恐れからペットを捨てる必要もないことを強調している。
 フランスでは感染野鳥の29事例が生じており、また1七面鳥農場でも鳥フルが発生している。一方ドイツでは6州で野鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出されている。
3月4日


・Azerbaijani poultry keeper suspected of catching birdflu... Azeri Press Agency (アゼルバイジャン) アゼルバイジャンの家禽飼育者が鳥フル疑いで入院
 マハバート・イブラヒモヴァ病院の主任医師が、鳥フルが発生した農場の1978年生まれの男性が、重症呼吸障害で入院したことを発表した。ウイルスはまだ検出されていないが、鳥フル疑いで治療されている。
 他に82人の鳥フル感染を疑われた住民が病院で検査されているが、ウイルスは検出されていないという。
・Indonesian boy dies of birdflu, local tests show Boston Globe (米国) インドネシアで男児が鳥フルで死亡
 3歳の男児がインドネシアの中央ジャワで鳥フルで死亡したことが4日発表された。ジャカルタの研究所で確認されたが、香港のWHO協力研究所での検査結果でWHOに認証される。少年は家禽との接触があったと言われるL。
・中国・広東省、鳥インフルエンザの疑いで1人が死亡 日本経済新聞 
 4日付中国紙「南方日報」などによると、広東省広州市の男性(32)がH5N1型の高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いで、死亡した。最終的に確認されれば、広東省では初の感染例となる。男性は発症前に家禽(かきん)を取り扱う市場に出入りしていたという。
 広東省衛生庁が初歩的な判断で感染疑い例とした。北京の衛生省で今後最終確認する。広東省政府では感染場所とみられる市場を消毒するなどの対策をすでに取ったとしている。広東省では2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)が大流行した。
・Afghanistan takes measures to prevent birdflu outbreak PakTribune.com (パキスタン) アフガニスタン、鳥フル発生防止対策強化へ
 死亡した7羽の鶏で鳥フル発生が懸念され検査中のアフガニスタンでは、発生に対する対策が強化されたと、当局では語った。
・China Reports New Suspected Human BirdFlu Victim CRI, China (中国) 中国、新規鳥フル感染死亡疑い例を報告
 香港健康省は、中国広東省の32歳男性が今週始めに鳥フル疑いで死亡したことを、中国政府が報告した、と発表した。
 男性は2月22日に発熱と肺炎を呈して、3月2日に死亡した。もしH5N1鳥フルであったことが確かめられたなら、中国で9人目の死者となる。他に6人の生存者がいる。
・Experts 'very sure' flu is deadly strain The Local (スエーデン) 専門家、スエーデンで検出されたウイルスは致死的H5N1の可能性は非常に高いと
 スエーデンのオスカーシャムンで発見された8羽の死亡したカモは、致死的H5N1鳥フルで死亡した可能性が非常に高いと、ウイルスを検査している英国ウエブリッジの研究所の研究者が、3日語った。詳細な結果は6日に判明するという。
・UN Contractor: Countries Refuse to Cooperate in BirdFlu... Voice of America (米国) 鳥フル対策の協同作業を拒否する国々


ナイジェリアのカンドゥーナで、鶏を捕まえようとしている男性

 オランダに本部を置く国際的自然保護協会である”湿地保護国際協会(Wetlands International)”は、国連組織FAOと連携したNPO団体であるが、いくつかの国家が鳥フル対策の協同作業を拒否していると訴えた。
 イラン、ナイジェリア、スーダン、チュニジア、およびトルコであるが、協会によると、それらの国家ではもし野鳥の間でH5N1ウイルスが発見されると、家禽の輸出と観光に影響することから、積極的にH5N1ウイルス感染の調査を拒否しているとされる。


・Frauds offering false drug against birdflu Czech Happenings (チャコ) チェコ:タミフルの偽薬がサギ販売
 高齢者を対象にタミフルの偽薬”タミフル・エクストラ”が87ドルで販売されていることがチェコ・テレビが伝えた。タミフルよりも効果があるとのふれこみで売りつけているようだ。
3月3日

・猫が鳥インフルエンザで死亡、ドイツ北部 ロイター
  3月2日、ドイツ北部で、猫が鳥インフルエンザで死亡しているのが発見された。
 写真は現場付近の猫(2006年 ロイター/Christian Charisius) 

           
・EU、鳥インフルエンザで猫や犬の隔離を勧告 日本経済新聞 
 欧州連合(EU)加盟国の専門家会合は鳥インフルエンザ対策の一環として、感染地域で猫や犬を放し飼いにしないよう勧告した。ドイツで死んだ猫から毒性が強いH5N1型ウイルスが見つかったことを受けた措置。専門家会合は「家禽(かきん)以外の動物から人への感染は確認されていない」としながらも、鳥インフルエンザ流行への警戒を強めている。
 勧告は渡り鳥からH5N1型が検出された地域が対象。渡り鳥との接触を避けるため、猫は屋内に隔離し、犬はひもでつなぐ必要があるとした。鳥インフルエンザで猫や犬が死んだ可能性がある際は当局への通報を義務付けた。アジアでは猫や虎などの感染が報告されているが、欧州ではドイツの猫が初の哺乳(ほにゅう)類への感染例となった。 
・Serbia Finds 1st BirdFlu Case; Indonesia Finds Infected Birds Bloomberg (国際) セルビアで初の鳥フル確認:インドネシアで感染した鳥を発見
 セルビアで白鳥からH5亜型鳥フルウイルスが検出。インドネシアではオウムで鳥フル感染が確認。
 アゼルバイジャンは本日初のH5N1鳥フルを家禽農場で確認した。
 またアフガニスタンでは多数の鶏農場で鶏が死亡し、検査をするとともに農場の閉鎖が行われた。農業省アドバイザーによる談話としてAFPが報じた。
・Romania detects H5N1 flu in domestic birds, goose Reuters India (インド) ルーマニア、家禽と野生のガチョウでH5N1鳥フル検出
 ルーマニアの西部の村で、家禽でH5N1鳥フルが発生。またブザウ市では野生のガチョウでも発生した。3日に当局が発表した。
・Birdflu outbreak ruled out Xinhua (新華社、中国) 鳥フルの発生は否定
 広東省の2養鶏場における大量の鶏の死亡は、鳥フルではなく寄生虫によるものであると、検査室での検査で明らかになった。
・Bahamas officials: Birds didn't die of flu Biloxi Sun Herald, (米国) バハマ当局、鳥フルは発生していない模様と
・Two more Indonesian likely birdflu patients die Viet Nam News Agency (ベトナム国営通信) インドネシアで2名鳥フル疑いで死亡

 中央ジャワで鳥フル症状を呈し治療を受けていた2人の少年が死亡したと、2日主治医が語った。
 ハニフ・カハヤ・フィトゥリ、13歳少女は、ソロ町モエヴァルディ病院で9日間の治療を受けていたが3月1日に死亡したことが、同病院の鳥フル治療担当医の医師から発表された。
 彼女の弟である10歳のナンヂャ・クルニヤワンも、1日前に彼等の住んでいるボヨラティ病院で死亡した。
 二人の子供達は近くの農場で鳥フルに感染した家禽と接触した既往があることが、主治医から明らかにされている。二人からの検体はジャカルタの保健省の研究所に送られている。
 世界で4番目に人口が多いインドネシアでは、これまでH5N1鳥フルで20人死亡している。そのほとんどはジャカルタかその近郊であるが、感染した家禽は33省のうち26省で確認されている。

・Border tightened against birdflu Brockville Recorder and Times (カナダ) カナダ税関、国境を越えた鳥フル侵入監視強化
 ヨーロッパの多くの国でH5N1鳥フルウイルスが検出されていることから強化。
・Birdflu shadow over Cup The Statesman (インド) 鳥フルはワールドカップ開催に陰を落とす
 ドイツで鳥フルで死亡した猫が見つかって以来、ドイツは鳥フルパニックに陥っている。
 鳥フルが人人感染に移行したなら、(ドイツで開催予定の)サッカー・ワールドカップはキャンセルされるだろうと、FIFAの会長が語った。
・Birdflu health advice issued to travellers 4RFV (アイルランド) 英国保健省、旅行者のための鳥フル予防ガイドを発行
 鳥フル発生地を旅行する人のための予防ガイドが、英国保健省から発行された。
 小冊子は家庭医、保健所、空港、港湾で手に入るが、海外でいかにウイルスとの接触を減らせるか等について説明されている。
 また鳥フルに罹患したときの症状、その際どのようにすべきか等にも記載されている。
  例えば:鳥や家禽を扱っている農場や市場には立ち寄らない、生きている、または死亡している家禽に接触しない、十分加熱して調理されていない家禽産物は食べない、頻繁に石鹸と水で手を洗う。
3月2日


・Iraq woman dies of suspected birdflu - officials Reuters.uk (英国) イラクで女性が鳥フル疑いで死亡
 南イラクで女性がH5N1鳥フル疑いで死亡したことを、イラク政府が発表した。さらなる詳細検査のために検体がバクダッドとカイロの研究所に送られた。
・Birdflu hits seven regions in southern Russia - ministry RIA Novosti (ロシア) 鳥フル、南ロシアの7地域で発生

・Serbia says dead swan tests positive for birdflu Reuters.uk (英国) セルビアでも死亡した白鳥から鳥フルウイルスが検出
 セルビア政府はクロアチアとの境界に近いゾンボル( Sombor)で死亡した白鳥からH5亜型鳥フルウイルスを検出したと発表した。ウイルスの詳細については英国のウエブリッジの研究所で行っている。
・More Tamiflu ordered for federal stockpile Myrtle Beach Sun News (米国) 米国:国内備蓄用タミフルをさらに発注
 すでに500万人用のタミフルを政府は備蓄しているが、さらに1240万人発注すると1日発表された。
・9,000 chicks die on China farm, not birdflu-paper Reuters AlertNet (英国) 中国の農場で鶏が9千羽死亡
 南中国広東省の農場で9000羽の鶏が死亡した。現地の保健当局者は鳥フルを否定した。香港の報道が2日、そのように報じた。
・スイスで初のH5N1型鳥インフルエンザ感染を確認=獣医局 ロイター
 スイス連邦獣医局は1日、英国の獣医学研究所(VLA)の検査結果から、ジュネーブ中心部で死んでいたカモが、高病原性のH5N1型鳥インフルエンザに感染していたことが確認されたと発表した。H5N1型鳥インフルエンザがスイス国内で確認されたのは、今回が初めて。VLAは「スイスから送られてきたカモから、高病原性のH5N1型ウイルスが検出された」と述べた。スイスで実施された初期検査でも、同型のウイルスが確認されていた。また、スイス当局はこの日、ドイツとの国境に近いコンスタンス湖の北西部付近で発見された死んだ白鳥から、鳥インフルエンザ・ウイルスが検出されたと発表。H5N1型ウイルスに感染していたかどうかについては検証中という。同湖のドイツ側でも、死んだ野性のカモ2羽からH5N1型ウイルスが検出されている。
・Niger appeals for help News24 (南アフリカ) ニジェール、鳥フル対策の援助を要請
 ニジェール政府は1日、国際社会に鳥フル対策の援助を緊急要請した。

"Knowing that we are a developing, practically destitute country ... Niger can only turn to the international community to urgently request its support as soon as possible to contain this virus," said government spokesperson Mohammed Ben Omar. ニジェール政府報道官モハメド・ベン・オマル

 ご存じのように我々は発展途上国で、本当に貧困なのです…。
 ニジェールに出来ることは、この危険なウイルスを封じ込めるために、国際社会の緊急援助を仰ぐことしかありません。
                        

・Eight Quebec farms quarantined after imports from avian flu... Canada.com (カナダ) カナダ、ケベックの8農場が鳥フル検査
 最近フランスから生きた家禽を輸入した8農場が閉鎖され、家禽の検査が行われている。当局によると鳥フル感染の可能性は低いようだ。
・Avian Flu Supsected In Bahamas All Headline News (国際) バハマ諸島で大量のフラミンゴが鳥フル感染死の疑い

 南バハマの保健当局者は原因不明のフラミンゴの大量死亡に関して調査中である。当局者は死亡原因が致死的鳥フルの可能性があるため、検体を集めてウイルス検査をしている。
 ハイチのすぐ北のイナグア島で数十羽のフラミンゴの死亡が見つかったが、同島はアフリカ以外では第2のフラミンゴ繁殖地である。
 バハマ農業省や環境省の専門家達は、このような大量の野鳥の死亡は初めてであると語っている。
・Pet owners panic after dead cat found infected with birdflu WBOC TV 16 (米国) 猫が鳥フルで死亡した事から、ペット飼育者がパニックへ
 フランスの動物保護協会長は、ドイツで猫が鳥フルで死亡したことから、多くの猫飼育者から問い合わせの電話が相次ぎ、パニック状態に陥っていると語った。
 ドイツでは猫を屋外に出さないように警告が出された。
・致死性高いアジア型か=H5N1型感染の猫-独 時事通信
 ドイツのロベルト・コッホ研究所のクルト所長は1日、民放テレビの番組で、欧州連合(EU)域内の哺乳(ほにゅう)動物で初めてH5N1型の鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された猫について、致死性の高い「アジア型」のウイルスである可能性を示した
・感染症対策、流行地の船舶入港拒否 新潟県が条例改正へ 朝日新聞
 
・Birdflu likely in US flocks soon: Health Secretary Wired News (米国) 米国保健省:鳥フルは直に米国へ
 世界中に拡大してきている致死的鳥フルは、間もなく米国内の野鳥と家禽に広がってくる可能性が高いと、保健長官のマイケル・レービット氏が警告した。
3月1日


・Encourage sick leave in flu pandemic, firms urged ABC News (米国) 企業へのアドバイス:パンデミック・インフルエンザ発生時には、発病者は家庭に
 もしインフルエンザ・パンデミックが発止したなら一般企業労働者の4割が業務に従事出来なくなると考えられ、企業はその対策を準備すべきである。28日の会議で米国政府はそのようにアドバイスした。
 H5N1ウイルスはほぼ間違いなく米国の鳥の間で感染し出すと考えられ、もしそれが人の間で感染するタイプに変異したなら、それは数週で世界中に広がる。
 もしパンデミックが生じたなら、1/3が発病し、1/3の人々が子供達の世話や、発病した家族のために家庭に留まる必要が出てくる。
 ”この数週間に(世界の)鳥の間で、顕著な流行の拡大が認められている”、とブッシュ大統領側近の生物テロ特別補佐官( special assistant for biodefense to President George W. Bush)のラジブ・ベンカイヤ博士が会議で語った。
 ”米国でH5N1ウイルスが拡大するのは、意外と間近かも知れない”、と同博士は言った。
 ”毎日新規の発生国が報告される”、と米国アレルギー&感染症研究所長のアンソニー・ファウサイ(Anthony Fauci)博士は言う。世界中に間違いなく広がっている、と同博士は強調する。
 以下企業における対策に関して各種論議が掲載。
・Birdflu hits Sweden, seen spreading in EU Financial Express (インド) スエーデンでも野鳥から鳥フルウイルスが検出、EU全体へ拡大中
 スエーデンで野生のカモから”非常に危険な鳥フルウイルス(H5N1ウイルスかどうかは検査では未確認)”が発見され、H5N1鳥フルがEU全体へ拡大しつつあることが示された。
・Deadly birdflu strain confirmed in cat in Germany USA Today (シンガポール) ドイツで猫から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出
 2月28日、北部ドイツのリューゲン湖で致死的H5N1ウイルスが死亡した猫から検出された。
 リューゲン湖では先に100羽以上の野鳥がH5N1鳥フルウイルスに感染して死亡している。
 ジュネーブのWHO本部の報道官であるマリア・チャンさんは、哺乳動物がH5N1鳥フルウイルスに感染するのは知っているが、今回の事例がどのような重大性を人に持つのかは分からない”、と語っている。
・Niger confirms deadly birdflu in ducks, seals affected zone TODAYonline (シンガポール) ニジェール、カモで致死的鳥フルを確認、発生地域を封鎖
 ニジェール政府は南部のマガリアとトゥバンでカモからH5N1鳥フルウイルスが検出され(イタリアの研究所で確認)、地域を閉鎖したことを発表した。
・Do Migratory Birds Spread Avian Flu? Voice of America  (米国) 渡り鳥が鳥フルを拡大させる?
 春になると渡り鳥が北方へ帰り出すが、米国もそのルートに含まれる。H5N1ウイルスがアジアからヨーロッパへ渡り鳥によって、拡大したと推定している保健専門家は多い。これから米国にH5N1鳥フルウイルスが渡り鳥によって運ばれる可能性とその対策に関する論議。
・Pak poultry tests positive for H5N1 strain of birdflu Mumbai Mirror (インド) パキスタン、家禽がH5N1鳥フル検査で陽性
 パキスタン北西部の2農場で家禽からH5N1鳥フルウイルスが検出され、15000羽の家禽が殺処分された。
・Germany Finds Lethal BirdFlu Strain in Dead Cat Voice of America (米国) ドイツで猫が鳥フル感染死
 ドイツの白鳥で鳥フル感染が確認されたリューゲン湖で、猫がH5N1鳥フルの感染して死亡したことが確認された。当局者によると、アジアでは鳥フルで死亡した鳥を食べて猫が感染した事例はあるという。鳥フルが鳥以外で感染した事例はヨーロッパで初である。
・猫からH5N1型検出 独北部、鳥インフル拡大 共同通信 
 ドイツのニュース専門テレビN24は28日、同国北部リューゲン島で死んだ猫が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことが分かったと伝えた。連邦動物保健研究所の検査でウイルスが検出された。同国で鳥類以外への感染報告は初めてで、感染拡大が続いていることを示している。
 AP通信によると、猫は先週末に死んでいるのが見つかった。同研究所の担当者は「感染した鳥を食べれば猫にも感染することがアジアの例で分かっている」と述べた。しかし、感染した猫から人間に感染した例は報告されていないとしている。
 ドイツでは2月中旬に同島で初めて鳥インフルエンザ感染が確認され、同島を中心に白鳥やカモなど100羽以上の感染が報告されている。家禽(かきん)への感染例はない。
・スウェーデンで初の鳥インフル 時事通信
 スウェーデン農業省は28日、バルト海に面した同国南東部の港町オスカルスハムン近くで見つかった野生のカモ2羽の死骸(しがい)から、鳥インフルエンザのウイルスが検出されたことを明らかにした。同国で鳥インフルエンザの感染例が確認されたのは初めて。 
・アフリカで鳥インフルエンザ拡大か、鶏が大量死 読売新聞
 東アフリカ・エチオピアの政府当局者は28日、同国南部の養鶏場で、6000羽以上の鶏が鳥インフルエンザらしき症状で死んだと発表した。現在、イタリアでウイルスの確認作業を行っている。27日には、ニジェールでも同型の感染が確認された。専門家らはアフリカでの感染拡大に懸念を強めている。
TOP