高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
2月28日


・Birdflu found in German’s Bavaria Pravda (ロシア) 鳥フル、ドイツのババリア地域でも確認
 ドイツのババリア地方で野鳥からH5N1鳥インフルウイルスが検出されたことが、当局から発表。ドイツで鳥フル発見5州目となった。しかしながらドイツでは家禽での発生の報告はこれまではない。
・Birdflu hits Sweden, seen spreading in EU poultry Reuters AlertNet, (英国) 鳥フル、スエーデンでも発生
 野生のカモで致死的鳥フルウイルスが検出された可能性があることを当局は発表。H5N1ウイルスかどうかは現在不明。
・Romania confirms new case of birdflu in poultry Reuters AlertNet (英国) ルーマニア、家禽での鳥フル新規発生例を報告
 ルーマニア政府は南東部のトパルで、家禽における致死的H5N1鳥フルの発生を報告し、同地域内の家禽の殺処分を行うと本日発表した。
・各国、鳥インフルへの対応に全力投球 CRI (中国->日本語)
 鳥インフルエンザの感染が世界的に蔓延している中で、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ニジェール、パキスタンは27日、鳥インフルエンザの初めての発生を確認し、また一部の国でのウイルス感染が拡大したことを受け、関連の諸国や国際機構はそれぞれ、対応措置を取っています。
 27日、ボスニア・ヘルツェゴビナとニジェールは、H5N1型鳥インフルエンザの発生を確認し、パキスタンも、自国では最初のウイルス感染を確認しましたが、それはH5N1型ウイルスであるかどうかはまだ明らかにしていません。これに対処するため、ボスニア・ヘルツェゴビナとパキスタンは緊急措置を取っており、OIE・世界動物保健機構も、鳥インフルエンザの対応でニジェールを支援すると表明しました。
 同日、ロシア連邦のアドイゲヤ共和国で鳥インフルエンザが発生したことを受け、ロシアのプーチン大統領は、専門対応チームを設け、専門資金を増やすことを発表しました。
 ウクライナ、グルジア、クロアチアでも、H5N1型鳥インフルエンザが発見されています。
 このほか、東ヨーロッパと南ヨーロッパの8カ国とWHO・世界保健機関など国際機構からの専門家と獣医たちは、ブルガリアで会議を開き、鳥インフルエンザ抑制の経験などで情報交換を行い、早期通報体制の確立などについて話しあいました。
・Tamiflu fears KTVA (米国) タミフルの違法販売が懸念
 鳥フルに対する警戒感は世界中で高まっていて、タミフルに対する要求の声も大きい。同薬は治療に使われる。
 しかし当局は違法なタミフル類似薬の販売取り締まりを続けると言う。先月英国では100万ドル相当の違法製造疑いのタミフルが押収された。
 当局によると偽薬はインターネットでも販売されていると言う。
・Swiss brace for more cases of birdflu Swissinfo (スイス) スイス、鳥フル拡大に警戒強化
 ジュネーブで死んだカモが鳥フルに感染していたことが確認された後、さらに野鳥の間での鳥フルがいつ発見されても不思議ではないと、当局では警戒態勢を強めている。
・90,000 birdflu tests all negative Scotsman (英国) インド、9万人の鳥インフル検査は全て陰性と
 先週鳥インフルが発生したマハラシュツラ州とグジャラト州で、数十箇所の村を訪問して健康チェックが保健当局者により行われたが、9万人全ての人々で鳥インフルを示唆する兆候は認められなかった。
 現時点では、人の感染例はない、と森林環境省では発表した。
 (健康チェックであって鳥インフルウイルスに関する検査室診断が行われたものではないと考えられる:訳者)
・WHO pats India for birdflu control Times of India (インド) WHO、インドの鳥インフル対策に納得の意
 WHOは鳥インフルが鶏農場で発生したインドの迅速な対応に、満足の意を表した。
・16000 hens, 11000 eggs culled in Abbottabad PakTribune.com (パキスタン) アボタバートで、1万6千羽の鶏と1万1千個の卵が処分
 H5亜型株が検出されたパキスタンのアボタバードの養鶏場で、鶏と卵の処分が始まった。当局者はN1株かどうか未定だが、H5亜型株は危険だから、即処分すると説明した。
・Cooked poultry safe from birdflu risk: WHO Brocktown News (米国) 加熱された家禽の肉は安全と:WHO
 WHOは27日、消費者の間に広がる不安を沈静化する目的で、加熱した家禽の肉は鳥インフルウイルスを感染しないから安全と発表した。
 ”WHOは、家禽産物が安全に製造され、適切に加熱料理されている限り、それを食べることで人にH5N1鳥インフルを感染させることはないことを確認している”、とWHOは声明文で語っている。
 鳥インフルウイルスが検出されたヨーロッパ各国では、鶏肉や他の家禽産物の消費量が低下していると報告され、ヨーロッパで最大の家禽産物生産国であるフランスでは、それらの輸出が停滞してしまった。
 ”世界的に見ても家禽の肉や卵が適切に加熱調理されている限り、それを食べて鳥インフルに感染した事実はない。家禽産物は世界で、蛋白源として重要な食材となっている”、とWHOでは家禽産物の安全性と重要性を訴えている。
・BirdFlu Spreads to Third African Country The Tribune-Democrat (米国) 鳥フル、3番目のアフリカの国に拡大
 致死的H5N1鳥インフルは27日アフリカの3番目の国(ニジェール)で、鳥での発生が確認された。専門家達はウイルスが大陸全体に広がっている懸念を抱いている。
  • 家畜衛生の未整備、検査所の不足、農家の知識不足と、発生を報告した際の殺処分に対する補償への不信感、等がアフリカにおける鳥インフルの拡大の原因と、パリでの会議に集まった専門家達が語った。
  • ニジェールでのアヒルの感染を確認したイタリアの研究所長は、これがアフリカにおけるH5N1感染の拡大の序曲のような気がする、と懸念を表した。
  • 我々は全てのアフリカの国で感染が広がっていると理解すべきだ、とロシアの家畜衛生担当高官はAP通信記者に語った。ウイルスの拡大程度は、新聞報道以上に大きい、とそのようにも語っている。
2月27日


・Pakistan confirms birdflu strain on poultry farms - UPDATE Forbes (国際) パキスタンでも致死的鳥フルが家禽農場で発生の疑い
 パキスタンは2鶏農場でH5亜型鳥フルが発生した、さらなる詳細検査が行われていると発表した。発生農場の25000羽の鶏がガスで殺処分されている。
・Deadly BirdFlu Strain Confirmed in Niger CBS News (国際) ニジェールで致死的鳥フルを確認、アフリカで第2の発生国へ
 ニジェール保健省の高官はナイジェリア国境に近いイレーラ村で(家きんで)致死的H5N1鳥フルが検出されたと発表した。詳細については不明。検査はイタリアの研究所で行われた。

・Georgia confirms birdflu ITN (英国) グルジア、鳥フルを確認 
 グルジア政府は白鳥から致死的H5N1ウイルスを検出したと発表。


・カンボジアでまた鳥インフルエンザ アヒルが感染 人民日報 (中国->日本語)
 カンボジア農林漁業省は24日、死んだ数羽のアヒルから、H5N1型の鳥インフルエンザウイルスを再び確認した。現地メディアが報じた。  同省担当官によると、アヒルはコンポンチャム州の湖際で発見。周囲は野生鳥類の生息地だ。すでに担当機関が該当する飼育場の全アヒル200羽余りを処分し、周辺を隔離した。
・スイスでも高病原性鳥インフルエンザを確認 CNN Japan
 スイスの連邦獣医局は26日、同国西部ジュネーブで死んだ野鳥が、鳥インフルエンザH5型ウイルスに感染していたと発表した。スイスで高病原性鳥インフルエンザが確認されたのは初めて。当局は現在、検体を精査し、アジアを中心に死者が出ているH5N1型ウイルスかどうかの確認を急いでいる。地元テレビの報道によるとジュネーブのほか、ドイツ国境に近い同国北東部シュタイン・アム・ライン地域でも、鳥インフルエンザに感染した野鳥が確認されたという。獣医局によると、ジュネーブで見つかった野鳥は、同市の観光名所でもあるレマン湖ジェッドー(大噴水)近くの水面に浮かんでいたという。スイスを取り囲む近隣諸国のドイツ、オーストリア、イタリア、フランスでは、すでに鳥インフルエンザの感染が確認されている。このため、スイス当局は感染予防のため、国内の家禽(かきん)類をすべて屋内に入れるよう指導していた。
・Five cleared of birdflu in Malaysia ABC Asia Pacific, (オーストラリア) マレーシアの疑い例5人、検査で陰性と
 隔離されていた5人の鳥フル疑い市民は、検査の結果陰性と判断され、解放された。同国保健省担当者が語った。
・More birdflu found in Germany Irish Examiner (アイルランド) ドイツで、さらなる鳥フルが検出
 ドイツ北東部でさらに3羽の野鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出された。これで合計117羽の野鳥からウイルスが検出されたことになった。
 ドイツでの初の事例は2月14日、バルト海のリューゲン島で発見された。
 それ以来、ウイルスは近くの本土でも検出されている。
・Hong Kong bans French poultry NEWS.com.au (オーストラリア) 香港、フランスからの家禽産物の輸入を停止
・BirdFlu Spreads In India newswire.co.nz (ニュージーランド) 鳥フル、インドでの鳥フル拡大
 インドの保健当局は鳥フルが西方の地域へ拡大したと発表した。
 マハラシュトラ州の隣のグジャラト州のスラトで、2農場からH5N1ウイルスが検出され数千羽の家禽が殺処分された。
 グジュラト州保健当局では、38箇所の村を閉鎖地域としたと語った。
・Romanian man tests negative for birdflu Reuters AlertNet (英国) ルーマニアの鳥フル疑い男性は検査で陰性と
 鳥フル発生地域に住む男性が発熱と頭痛を訴え、鳥フル感染疑いでブカレストの病院で検査を受けていたが、初期の検査で陰性と判定されたため、当局では男性が鳥フルの罹っていなかったと発表。
 ルーマニアではこれまで11人の疑い患者が出たと、当局では発表している。
・BIRDFLU RAISES CONCERNS IN FRANCE AND NIGERIA Amherst Times.com (米国) 鳥フル、フランスとナイジェリアで危険性高まる
  • フランスの七面鳥飼育場で致死的H5N1ウイルスが検出されたという25日の報道は、フランスの70億ドルに上る家禽市場を破壊し、フランス人の間に感染を恐れる警戒感を広めた。
  • 25日朝にシラク大統領は”フランス国際農業フェア”で農家や家畜保健衛生専門家達と会い、冷静になることをを要請した。
  • フランス東部での七面鳥飼育場でのH5N1ウイルスの検出は、EUでの初の家禽におけるウイルスの検出なった。
  • フランス当局は家禽市場での損失は30%と見積もっているが、パリでの市場ではこの2日間で50%の下落と言われる。
・Birdflu arrives in Switzerland NZZ Online (スイス) 鳥フル、スイスへ到達
 スイスで、ジュネーブ他の地域でH5亜型ウイルスが野鳥から検出され、スイス初の鳥フル確認Sとなった。ウイルス検査はロンドンのWHO協力機関で確認される。
 ジュネーブ、シャフハウゼン、トゥールガウの3県の当局は、3キロの隔離ゾーンと10キロの警戒(観察)ゾーンを設けた。
 スイス当局者はH5N1ウイルスの0可能性が大と考えているが、パニックにならないように国民に呼びかけている一方、警戒態勢を強化している。
・EU warning as birdflu spreads Virgin.net (英国) EU、鳥フル拡大の警告
・France confirms birdflu virus detected in 15 dead wild swans Xinhua (中国国営通信) フランス、死亡した15羽の白鳥で鳥フルウイルスを検出
 東部フランスで野生の白鳥から致死的H5N1ウイルスを検出したことを26日、フランス当局は発表した。
2月26日

・英政府、遺体袋20万枚発注=鳥インフルに備え-日曜紙 時事通信
 26日付の英日曜紙サンデー・ミラーは、英政府が鳥インフルエンザ発生に備え、20万の遺体袋を発注したと報じた。隣国フランスでは先に家禽(かきん)から高病原性のH5N1型ウイルスが発見されているが、同紙では「犠牲者発生の可能性に対する政府の懸念を反映した措置」と伝えている。 
・Birdflu in Switzerland Bangkok Post (タイ) スイスで鳥フル発生
 スイス政府の報道官は、ジュネーブ地域とコンスタンス湖のシタインにてH5N1鳥フルの発生が確認されたと報告した。
 詳細は不明。
・Switzerland reports first H5N1 birdflu case SABC News (南アフリカ)  スイス、初のH5N1鳥フル事例を報告
 スイスで初の鳥フル事例が発生したことが報告されたが、詳細については不明。
・Hong Kong govt suspends French poulty imports Forbes (国際) 香港政府、フランスの家禽産物輸入を停止に
 フランスで致死的H5N1鳥フルが発生したことから、家禽と内蔵の輸入は停止すると香港政府が発表した。
・China On 'High Alert' Over BirdFlu WCBS-TV New York  (米国) 中国、鳥フル高度警戒報
 中国農業省大臣は、最近の状況から大量の鳥フルが(家禽の間で)大流行する可能性を除外出来ないとして、農業省当局に高度の警戒態勢と、流行発生のモニター強化を指示した。
・EU tries to soothe trade tensions over birdflu Reuters.uk (英国) EU、家禽貿易に高まる警戒感の低減に必死
 日本がフランスの全家禽産物の輸入を禁止して、オランダに対しても警戒感を強めていることに対し、EUは貿易対象国に対して過剰反応しないように訴えた。
・Two more human cases in China The Statesman (インド) 中国でさらに2名の感染者
 中国政府は25日、重体に陥っている2名の鳥フル感染者が発生したことを報告した。
 浙江省の9歳少女と安徽省の26歳農業従事者である。少女は10日に発熱と肺炎を生じて病院に入院した。現在危篤とされる。少女は安徽省の親戚の家に2度ほど行ったと言われる。(鳥フル発生地)。もう一人の安徽省の女性は11日に発熱と肺炎の症状を呈し、やはり現在危篤とされる。
・Key global birdflu developments Fort Wayne Journal Gazette (米国) 世界的鳥フル拡大情報
  • EUで最大の家禽生産国であるフランスは、商業的家禽飼育場でEUとしては初めてに致死的H5N1鳥フルの発生を確認した。
  • インドネシアのジャカルタで27歳女性が鳥フルで死亡し、同国で20人目の死者となった。
  • 中国は9歳少女と26歳女性のH5N1鳥フル感染を確認し、同国の感染者数の累計は昨年10月以来14人となった。
  • グルジア政府は野生の白鳥がH5N1鳥フルで死亡したと考えられる地帯周辺での大量の鳥の殺処分を指示した。
  • ドイツのブランデンブルグ州で2羽の野鳥からH5N1ウイルスが検出された。
  • インドの西部のグジャラト州で死んだ5羽の鶏からH5N1ウイルスが検出され、同国として2箇所めの発生地域となった。
  • 先週鳥フルが発生したマレーシヤで家禽の販売量が激減したと、当局が発表。
  • 香港の郊外で死んだカササギが致死的鳥フルウイルスに感染していた疑いがあると、当局は語った。
・Site offers alternative to flu information San Jose Mercury News, (米国) インフルエンザ情報を提供する非公的サイト
 人々は公式サイトでインフルエンザ情報を得られるが、さらに他のサイトでも多くの情報を得ている。
  リスク・コミュニケーションを専門としている52歳男性が運営しているFlu Wikiについて紹介している。
・France fights panic following flu outbreak MLive.com (米国) フランス、鳥フルパニックとの闘い
 シラク大統領は、EUで初の家禽でのH5N1鳥フル発生に対して、国内での動揺を抑えるために、パニックになる必要はない。鶏の肉や卵は安全であり、消費者の間で広がっているパニックは根拠のないものだ、と発表した。
 中国で2名のH5N1鳥フル感染者が報告された。
2月25日


・France urges calm as H5N1 birdflu hits turkey farm Reuters AlertNet (英国) フランス、七面鳥農場でH5N1鳥フル発生に対し、国民に冷静さを呼びかけ
 シラク大統領は25日、東部の七面鳥農場で数千羽の七面鳥が鳥フルで死亡したことを受けて、フランス国民に冷静さを呼びかけた。これはEUの中の家禽農場での最初の鳥フル発生となった。フランスの年間70億ドルにもおよぶ家禽産業に重大な影響を及ぼす可能性がある。フランスの家禽売り上げはすでに3割減少しているが、さらに日本がフランスからの全家禽産物の輸入を禁止した。
・米国民24%が年内の感染予想、鳥インフルエンザ CNN Japan
 アトランタ――アジア、欧州などで感染拡大の動きを見せる鳥インフルエンザで、米国民の57%が自国内での発生に不安を感じ、24%が年内に国内で感染が発生すると考えていることが最新世論調査で判明した。ハーバード大の公衆衛生研究部門が実施した。米国で年内に人間への感染例が起きると回答したのは14%だった。調査結果によると、米国の家禽(かきん)類への感染が発覚した場合、鶏などを食べるのをやめると答えたのは約46%。人間への感染が起きた場合、旅行を減らしたり、避けるとの回答は75%。68%は、自宅滞在を増やし、子供の外出もやめさせる、と応じていた。半分以上が、メディアで感染の状況を注意深く追っていると答えた。ただ、鳥インフルエンザ感染に備え、薬などで医師と相談した経験を持つのは2%だった。調査は今年1月17日から同25日まで、成人1043人を対象に実施。米疾病対策センター(CDC)は、鳥インフルエンザに関する初めての包括的な世論調査としている。
・Indonesian Health Ministry Confirms 20th Bird-Flu Fatality Bloomberg (国際) インドネシア政府、20人目の鳥フル死亡者を確認
 インドネシアで20日に死亡した女性がインドネシアで20番目の鳥フル死亡者として確認された。検査は米国アトランタのWHO協力研究所で行われた。
 東ジャカルタのユリア・ジノさん(27歳)がジャカルタのスリアニ・サロソ病院で治療されていたが20日死亡した。女性は死亡した鶏との接触歴があったと言われる。
 インドネシアでは学生と地域の当局者達がジャカルタの過程と裏庭を鳥フル感染した家禽の探索今週行っていた。
・Deadly strain of birdflu found in India Kentucky.com (米国) インドで致死的鳥フルウイルス検出
 先にマハラシュツラ州の養鶏場でH5N1鳥フルが流行し、50万羽以上の鶏が殺処分されたが、25日となりのグジャラト州でも、少なくとも2羽の鶏でH5N1ウイルス感染が確認された。
 人での感染は報告されていない。
・Greece reports six new cases of H5 birdflu in wild swans People's Daily Online, (中国) ギリシャ、白鳥での鳥フル新規感染6事例を報告
 北部と北東部のギリシャで6羽の死亡した白鳥からH5亜型ウイルスを検出したと、ギリシャ農業省が25日発表した。
・Dead turkeys in France test positive for birdflu RxPG NEWS (米国) フランスの死亡した七面鳥、H5N1感染が確認
・Two children discharged after testing negative for birdflu virus Malaysia Star (マレーシア) マレーシア:鳥フル検査が陰性で2小児が退院
  今週初めに鳥フル感染疑いで入院していた2名の子供が昨日H5N1鳥フルウイルス検査結果が陰性だったことから退院した、と保健省大臣が発表した。
 他の2名、すなわち鶏が鳥フルで死亡したセタパク村の42歳男性と10歳少女は観察のため入院中であるが、必要な検体は採取済みで結果待ちと語った。
 また初期の段階で必要な感染地域の調査と拡大予防対策は終了しており、その中では2065人の住民と健康調査も行っている。
 タミフルは現在備蓄中であるが、政府はまだ目標の人口5%分の備蓄には達成していない。
・Europe braces for birdflu on farms, human case feared in Iraq Turkish Press (米国) ヨーロッパ、農場での鳥フル予防を強化、イラクで人感染事例発生の疑い
・パニック防止へ啓発活動-鳥インフルエンザでEU サンケイスポーツ
 欧州で拡大している鳥インフルエンザへの対策を協議する欧州連合(EU)の保健相の非公式会合が24日、ウィーンで開かれ、急速な拡大で市民の間にパニックが生じないよう、鳥インフルエンザの正しい知識の普及を目指すメディアを使った啓発活動を展開することなどで合意した。欧州ではハクチョウなど野生の鳥から高病原性のH5N1型ウイルスの検出が相次いだことで、各国で鳥肉の消費量が減っており、適正に調理すれば安全であることなどもアピールする予定。
・タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ 読売新聞
 インフルエンザの特効薬タミフルを植物原料を使わず化学的に製造する方法を東大大学院薬学系研究科の柴崎正勝教授らのグループが開発した。世界で需要が急増している抗ウイルス薬の安定生産を可能にする技術として注目されそうだ。
 タミフルは、スイスの製薬大手ロシュが独占的に製造している。中国料理に使われる植物トウシキミの果実「八角」を原料に、その成分であるシキミ酸から複雑な工程を経て生産される。新型インフルエンザにも効くと予想されるため、各国が備蓄を進めているが、慢性的に品不足状態にあるうえに、天候不順だと原料の確保が難しくなる。
 柴崎教授らは、石油から生成される安価な化学物質「1、4―シクロヘキサジエン」を原料に、シキミ酸なしでタミフルを作ることに成功した。反応を促進させるため、野依良治博士のノーベル賞受賞業績でもある「不斉触媒」という技術を用いた。柴崎教授はこの分野の第一人者で、日本が世界をリードしている。タミフルに耐性を持つウイルスが出現した場合も、この製造法を応用すれば、新薬開発につながる可能性があるという。東大は大学所有の知的財産として23日、この製造法を特許出願したが、タミフルの製造販売権を押さえているロシュの許可なしには生産できない。柴崎教授は「ロシュと話し合い、実用化研究を進めることになるだろう」と話している。
・小樽市保健所新型インフルエンザ対策 スペイン風邪に学べ 大正時代の新聞冊子に 北海道新聞
 大正時代に猛威を振るった「スペイン風邪(インフルエンザ)」の道内の被害状況を、小樽市保健所が当時の「北海タイムス」(北海道新聞の前身)から調べ、二十四日、小冊子にまとめた。教訓として新型インフルエンザへの対応に生かしてもらうのが狙い。
 冊子は「忘れられたパンデミック(世界的な大流行)-北海道におけるスペイン・インフルエンザ惨状記録」(A4判、本文十四ページ)。市保健所が市立小樽図書館に保管されている一九一八年(大正七年)-二○年の新聞をもとに被害状況を調査し、年表も載せた。
 それによると、世界的なスペイン風邪の流行は時期によって三波に分かれ、国内は第二、第三波の影響を受けた。道内は一八年秋から第二波に襲われ、二カ月半で死者が約八千人に達した。第三波は二○年春に流行し、小樽では二カ月半で百七十五人が死亡した。
 ただ、新聞記事では、道内の最終的な患者数や死亡者数が分からず、市保健所は罹患(りかん)率や致死率から「当時の人口二百三十五万人に対し、死者は一万人以上」と推計した。

 予防法が分からずに混乱し、札幌警察署長が「鼻毛をそること絶対禁ずる」と呼び掛けたことや、短期間で一家全員が死亡した例があったことなども紹介。市保健所の外岡立人所長は「こういう状況が今後もないとは言えない」と話している。冊子は小樽市内の医療関係者らのほか、希望があれば一般の人にも配布する。問い合わせは市保健所(電)0134・22・3110へ。
・Iraq urged to step up birdflu control in poultry Reuters AlertNet (英国) イラク、家禽での鳥フル対策を強化の必要と、WHO
 イラクにおける人での鳥フル感染を防ぐには、家禽での鳥フル対策をさらに強化する必要があると、WHOのイラク代表は語った。
・Ten wild ducks found dead in western Georgia ITAR-TASS, (ロシア) グルジア西部で10羽のカモが死亡
 23日には11羽の白鳥が鳥フルで死亡した可能性が出ていたが、今回はグルジア西部の国立公園で10羽の野生のカモが死亡しているのが見つかった。鳥フルウイルスの検査は施行中。
・France Reports Possibly BirdFlu In Turkeys NBC 11.com (米国) フランス、七面鳥飼育場で鳥フル発生の可能性と
・Mock BirdFlu Drill Tests French Town's Preparedness, and Gets a ... ABC News (米国) フランスで鳥フル対策模擬訓練

2人の医学生とフランス兵達が、南東部のリオン市で鳥フルの世界的流行を模した訓練に参加した。訓練は3部からなり、テレビでも放映された。
2月24日

・Slovakia detects H5N1 strain of birdflu for first time Xinhua (中国国営通信) スロバキア、初のH5N1鳥フルウイルスを検出
 野鳥からH5N1ウイルスを検出。半径3キロを閉鎖した。
・Poll: 60% of Americans worried about birdflu AZ Central.com (米国) 米国世論調査:60%の人々が鳥フルを心配
 最近の世論調査によると、60%近くの米国人が鳥フルに関心を持っているが、今年米国へ入ってくると考えている人は1/3以下であった。
 調査では黒人の方が白人よりも心配している割合が高く、またもし人の間で流行が始まったなら、ほとんどの人々は引きこもると答えている。
 これらの調査はハーバード公衆衛生大学が1043人を対象に電話調査したものである。
 現在鶏肉を食べている人で、質問に答えた人々の46%が、もし米国で鳥フルが家禽の間で流行したなら鶏を食べるのは止めると答えた。
 もし人の間で流行が始まったなら、75%の人々は旅行をしないか、出来るだけしないようにすると答え、71%は公共の場での集会をに参加はしないと答え、68%は流行が続く間家に留まると答えている。
 わずか2%の人が医師とタミフルや他の抗ウイルス剤について相談したと答え、処方してもらった人はほとんどいなかった。
 この調査報告は、CDC広報官のグレン・ノワクが、多くの人々が個人的にタミフルを備蓄しようとしていると語ったことと相反する。
 しかしながら、もし人の間で流行が始まったなら68%の人々が抗ウイルス剤を処方してもらうと答えている。
 今年、何が起こると思うか?という質問に対し、24%が米国の家禽の間で広がるだろうと答え、14%が人の間で広がると答えている。
 調査は1月17日から25日の間に行われた。
・BirdFlu Could Be Detected In Georgia Prime News Agency, (グルジア) グルジアでも鳥フルが検出か?
 グルジアで鳥フルで白鳥が死亡した可能性があることを同国首相が発表した。詳細は不明。
・Birdflu reported on France turkey farm Grand Forks Herald, (米国) 鳥フル、フランスの七面鳥飼育場で発生
 鳥フルウイルスが検出されたが、致死的H5N1ウイルスかどうかは不明。
・Mass poultry deaths registered in Southern Russia Bahrain News Agency, (バーレーン) 南ロシアで大量の家禽の死亡

・インドネシア、首都の全家禽類の検査宣言、鳥インフルエンザ対策で CNN Japan 
 鳥インフルエンザ感染の阻止でインドネシアのアプリヤントノ農相は24日、首都ジャカルタ市内にいる家禽(かきん)類の全面検査を実施する、と発表した。3日間の予定で、政府関係者や獣医ら数百人が参加する。ジャカルタの人口は推定で約1200万人。自宅で鶏、小鳥などを飼育する家庭も多い。この他、市場などで数万羽規模の鶏が売られているとみられる。市内にいる鶏の総数は不明で、全面検査の成果を疑問視する向きもある。インドネシア政府は、感染が発見された場所から1キロ内の家禽類はすべて処分する方針を発表。飼育者には1羽につき1米ドル(約117円)を支払う予定となっている。ただ、感染が見付かっても、近所の飼育者が鶏などを自主的に差し出すのかは不透明となっている。
 インドネシアでの鳥インフルエンザ感染はこのところ目立っておりこれまで19人が死亡し、ジャカルタ市内が多い。国際関係機関は、同国の対策不足に不満を漏らしていた。
・仏東部で2例目の高病原性鳥インフルエンザを確認 (ロイター)
 フランス農業省は、同国で2羽目の野生のカモが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していると診断されたことを明らかにした。感染確認は国内で2例目。問題のカモは19日、東部アン地方で死んでいるのが発見された。同省は22日遅くに声明を発表し「(この鳥から検出されたウイルスは)18日にジョワイユで発見された鳥から検出されたものと99%一致する」と述べた。
・Flu's Resistance to Some Drugs Causes Concern Forbes (国際) インフルエンザウイルスの薬剤耐性に関する問題
 専門家によると、従来から流行している季節的インフルエンザは、今や広く使われている抗ウイルス剤に耐性となっている。
 23日の世界的医学雑誌である”New England Journal of Medicine”にフレデリック・ハイデン医師は論文を発表し、、最近米国CDCから警告されている、H3N2インフルエンザウイルスが、M2チャンネル阻害薬である、アマンタジンとリマンタジンに耐性となっていることを、繰り返した。
・NO BIRDFLU RISK FROM PARK PONDS Eastbourne Herald (英国) 英国、公園の鳥から鳥フル感染の危険性はない
 カモや白鳥、海鳥から人が鳥フルを感染するという心配はない。野鳥専門家は、野鳥から公園にいる鳥や、人に鳥フルが感染したという事実はないことから、そのように説明している。
・State and federal officials prepare for birdflu outbreak Belleville News-Democrat (米国) ミズリー州、鳥フル流行に対する行動計画
・Experts rule out human-to-human transmission of birdflu The Tribune, (インド) インド、専門家は鳥フルの人人感染を否定、パニックに陥るべきではないと
 インドのトップ微生物学者や専門家は、現在までH5N1鳥フルが人人感染を生じた事実はないことから、パニックに陥る必要はなく、(家禽で)鳥フルが発生した地域での学校閉鎖等の措置は必要ない、と語った。
・State Releases Action Plan For Flu Pandemic WNBC (米国) ニューヨーク州、パンデミック・インフルエンザに対する行動計画を発表
 
・Birdflu vaccine contracts awarded ic NorthWales (英国) 英国、人用鳥フルワクチン製造の契約に
 英国死府は3300万ポンドで人用鳥フルワクチンを2製薬会社と契約の予定。
 テレビニュースによると350万人分のワクチンがインフルエンザ・パンデミックになった際、保健医療関係者に投与される予定と言われる。
・ドイツ、初のH5N1型鳥インフルエンザ感染疑い例  ロイター
ドイツ当局は23日、バルト海のリューゲン島の農場で飼育されていたカモが初期検査の結果、H5N1型鳥インフルエンザの陽性反応を示したことを明らかにした。
 鳥インフルエンザの疑いがあるケースとしては、ドイツで初めて。

2月23日


・First Case of BirdFlu Among Poultry in Germany Detected Deutsche Welle, (ドイツ) ドイツで家禽から鳥フルウイルスを検出
 死んだ白鳥からH5N1ウイルスが発見された、ドイツ北部のバルチ海のリュゲン島の農場のアヒルから、鳥フルウイルスが検出されたことが、ドイツ当局から発表された。ウイルスに関する詳細検査は施行中という。

・鳥インフルエンザ感染の疑いで8人を収容
 MNN (マレーシア->日本語) 
 ニワトリへの鳥インフルエンザ感染が確認されたセランゴール州ゴンバで22日、住民8人が鳥インフルエンザ感染の疑いでクアラルンプール病院に収容された。ニワトリへのH5N1型ウィルス感染が確認されて以降、厚生当局は当該地域の4つの村の住宅161軒、住民916人に対する検査を実施したが、このうち8人に鳥インフルエンザ感染の疑いありの症状がみられたため、病院に収容した。
 病院に収容されているのは2カ月~12歳までの子ども6人と50代の大人2人。検査の結果、陰性の反応が出た6人には帰宅が許された。
 一方、家禽事業局は19日にゴンバでニワトリへの鳥インフルエンザ感染が確認されて以降、ウィルスに感染したニワトリが出た場所の半径1キロ以内の地域でニワトリやアヒル、ガチョウの全数の90%以上にあたる800羽以上を処分した。
 厚生省はまた、半径1キロ以内の鳥類販売店の閉鎖を命じた。さらに当局はニワトリへの鳥インフルエンザ感染が確認されたクアラルンプールのセタパ地区からの鳥類や家禽類の移動を禁止した。
 同省はさらに、当該地域でのさらに集中的な検査を実施するため監視チームを増員し、警戒態勢を強化している。
 一方、鳥インフルエンザ騒ぎにより首都圏クランバレーでは、処理済みのニワトリの売上げが15%減少するといった動きも起こっている。セランゴール州・連邦直轄区家禽類取引業者協会のリー・チョンメン会長によれば、半島部マレーシアのニワトリの1日平均売上総額は770万リンギだが、鳥インフルエンザ感染が確認されて以降、売上げ減により1日あたり100万リンギ以上の損失が出ているという。
 鳥インフルエンザに関する問い合わせは、厚生省:(03)8888-6212か、家禽事業局のホットライン:(03)8870-2041、(03)8870-2042(受付時間:午前8時~午後9時)へ。同局は鳥の不審な死を目撃した場合、連絡してほしいと市民に呼びかけている。
・Several kinds of poultry tested positive for birdflu in Bengkulu Antara,  (インドネシア)  インドネシア、ベンクール州で数種類の家禽からH5N1鳥フルウイルスを検出
 インドネシアのスマトラ島ベンクール州で数種類の家禽からH5N1鳥フルウイルスを検出したと、当局が発表した。
・Seven Malaysians show flu symptoms Gulf Times (クエート) マレーシア、7人が鳥フル症状を呈し、病院に入院
 マレーシアで鳥フルが発見されたが、発生地から300メートル以内に住む人々の中から7人が呼吸障害を起こし病院に入院し、鳥フルの検査が行われている。
 大人2人と子供7人であるが、マレーシア当局では、疑い例とは考えていないと説明。
・Support for Poultry Vaccination to Fight Flu New York Times (米国) 国際的専門家:家禽への鳥フルワクチンを支持の方向へ
 国内外の保健専門家達は、これまでアジアの一部でしか行われていなかった家禽へのワクチン接種を容認する方向へシフトした。ヨーロッパからアフリカへウイルスが拡大して、家禽での死亡が続いていることからの判断となっている。
 ”発生が少ないとき、または新規に国内で発生したときは、殺処分と厳重な感染予防対策( biosecurity)が基本的対策だが、そのような対策が困難なときはワクチン接種も選択肢の一つとなう。FAOの専門家がそのように語っている。
・BirdFlu Virus Advances in Nigeria PR Newswire (press release), (米国) 鳥フルウイルス、ナイジェリアで拡大
 FAOによるとH5N1鳥フルウイルスは、ナイジェリア当局の必死の対策にも関わらず家禽の間で拡大し続け、大被害を地域へもたらしている。今後封じ込めの可能性はたっていないと言う。
・Health experts worried about spread of birdflu Brandon Sun (カナダ) 保健専門家、鳥フル拡大を心配
 過去3週間で14以上の国で鳥フルが拡大している。鳥フルが人々に感染する機会が増えてきているので、人での発症の可能性も高い。人に感染する事例が増えるとウイルスが変異する危険性も高まる。
 ジュネーブのWHO報道官であるマリア・チャンさんは、1種類のウイルスがこれだけ多くの国で感染症を発生させたことは、これまで知られていない、非常に心配だ、と語った。
・Birdflu fears lead to panic buying of water in Egypt Hindu, India (インド) エジプト、鳥フルパニックで市民が水道水に警戒
 水道水から鳥フルウイルスが感染するのを恐れている市民が、ペットボトルの飲料水を求めているのに対し、政府は懸命に水道水は危険でないと説得。
・Flu may have hit humans Mumbai Mirror (インド) インド、人が鳥フルに感染した可能性がある
 何人かの人々が鳥フルに感染した疑いがあり検査中。結果は23日中に出る予想。
・鶏から鳥インフル検出=EU内の家禽で初めて-オーストリア  時事通信
 オーストリア保健省報道官は22日、同国内の鶏2羽からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。欧州連合(EU)加盟国内の家禽(かきん)で同型ウイルスが見つかったのは初めて。
・感染の疑いで7人収容 鳥インフルでマレーシア 神戸新聞  
 マレーシアのチュア保健相は22日、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死んだ鶏が見つかった同国スランゴール州の村近辺の住民7人を、首都クアラルンプールの病院に収容したと発表した。いずれも高熱やせき、のどの痛みを訴えており、23日にも7人の検査結果を公表する。7人は生後2カ月から12歳までの子供5人と、52歳と57歳の大人2人。性別は不明。
 マレーシアでは2004年に家禽(かきん)類への同ウイルス感染が確認されているが、これまで人への感染例はない。
2月22日

・Euro nations to start birdflu vaccinations Daily Mail - UK (英国) EU、家禽への鳥フルワクチン接種開始
 オランダとフランスはEUから家禽へのワクチン接種の許可が下りると予想され、家禽へのワクチン接種が近々開始される。
・ジャカルタで鳥インフルエンザによる女性の死亡が判明 ロイター
 インドネシアの保険当局者によると、ジャカルタ在住の27歳の女性が鳥インフルエンザで死亡したことが明らかになった。病院での検査で判明した。世界保健機関(WHO)公認の海外施設でこの結果が確認されれば、同国の鳥インフルエンザによる死者としては20人目となる。女性は、鳥インフルエンザの症状を訴えている患者が収容されるジャカルタの病院に収容された後、20日に死亡したという。病院の広報担当者によると、女性は自宅の近所で死んだ鶏と接触していた。
・Croatia confirms new case of bird flu (abc.net.au) クロアチアで新規鳥フル発生を確認
 クロアチア南部の島で死んだ白鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスが検出された。
 昨年10月にもウイルスが検出されたが、積極的対策で封じ込まれた。
・IS AUSTRALIA READY FOR BIRDFLU? Special Broadcasting Service (オーストラリア) オーストラリアは鳥フル対策は十分か?
・Birdflu mutating, risk to humans no bigger: WHO Jackson News-Tribune (米国) WHO、H5N1鳥フルウイルスは変異しているが、人に対する危険性は大きくなっていない
・40 fowls die due to birdflu The Tribune (インド) マレーシア、H5N1鳥フルで40羽の家禽が死亡
 首都近くで鶏40羽がH5N1鳥フルで死亡。1年ぶりに再興。
・「W杯中止も」と独委員長 鳥インフル拡大で 北海道新聞 
 ドイツ連邦議会農業委員会のヘーン委員長は21日、欧州で鳥インフルエンザの感染が広がれば6-7月にドイツで開かれるサッカー・ワールドカップ(W杯)の中止を求める考えを明らかにした。ニュース専門テレビN24で語った。 W杯は6月9日から1カ月間、ドイツ各地で開催。同委員長は「夏まで(感染拡大が)続くとは思わない」としながらも「開催時期にウイルスが存在したとすれば、中止を考えるべきだ」と主張した。
 同じ番組で世界保健機関(WHO)のインフルエンザ部門担当部長も、「パニックが広がれば慎重に対応を講じる必要がある」と述べた。
2月21日

・中国、今春に鳥インフルエンザ再発の可能性を警告 ロイター (国際-->日本)
 中国政府は、今春新たに鳥インフルエンザが発生する可能性があると警告し、最近発生が報告された10カ国からのペットと野生の鳥類の輸入を禁止した。政府系メディアが21日伝えた。中国では過去1年間に十数省で30件以上のH5N1型ウイルスの感染が野鳥と家禽の両方で見られ、最近では人への感染も11件報告されている。このうち8人は死亡した。中国青年報は、杜青林・農業相が会議で行った発言として、「今春、国土の広い範囲で鳥インフルエンザが発生する可能性が依然ある」と伝えた。同相はその原因として、冬が終わって渡り鳥の移動が活発になることと、新たな飼育シーズンの開始で家禽の出荷が増加することなどを挙げた。
・BIRDFLU SPREADS TO HUNGARY Special Broadcasting Service (オーストラリア) 鳥フル、ハンガリーへも拡大
 先週発見された死んだ3羽の白鳥から致死的H5N1ウイルスが英国の研究所で検出されたと、ハンガリー当局が発表した。
 ハンガリーでは初。
・CORRECTED-India quarantines 6, birdflu spreads faster Reuters.uk, (英国) インド、6人を隔離
 20日、インド当局者6人の鳥フル疑い者を病院へ隔離、そして各家庭を回って発熱している者の有無をチェックした。
・エジプトで動物園閉鎖 アヒルなどが感染死 (共同通信)
 高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の家禽(かきん)への感染が確認されたエジプトで、首都カイロ郊外にあるカイロ動物園のアヒルなど80羽以上が死んでいるのが見つかり、同動物園など8つの動物園が19日、閉鎖された。ロイター通信が伝えた。 閉鎖期間は2週間。保健省は死んだアヒルやシチメンチョウなどのうち、6羽の感染が確認されたとしている。
 カイロ動物園は563羽の鳥を処分。すべての池の排水や、おりの消毒を行った。同動物園では入園者が鳥などに直接餌を与えることができるという。
・インド、予備検査では人の鳥インフルエンザ感染見つからず ロイター (国際-->日本語)
 インド政府は、同国で初の鳥インフルエンザ感染による死亡が疑われた男性について、予備検査の結果ウイルスは検出されなかったと報告した。保健当局は声明で「緊急対応チームによる予備検査で、この男性が家禽に接触していなかったことが示された」と述べた。同国ではマハラシュトラ州西部で鶏5万羽が大量死。現在、複数の人を対象にウイルス検査を行っている。一部の家禽からは、病原性の高いH5N1型ウイルスが検出された。
ニューデリー郊外で、鶏のオリとそばに転がった死がい。
・インドネシア、鳥インフル対策で都市部での鳥類飼育禁止へ 日本経済新聞
 インドネシア政府は鳥インフルエンザの感染被害を抑え込む目的で都市部での鳥類の飼育を禁止する。ジャカルタでは家庭の裏庭などを中心に約23万羽の鶏が飼われるなど感染者拡大の一因となっているためだ。ユドヨノ大統領はジャカルタ特別州や西ジャワ州など6州に感染対策チームの発足を指示。ジャカルタ特別州は24日から職員500人で感染経路の実態調査を進め、家庭での鳥類の飼育を禁止する州条例を策定する。政府は飼育している鳥類の処分費に300億ルピア(約3億8000万円)を充てる。世界保健機関(WHO)は19人の死者を確認したインドネシアでの感染が世界で最速のペースで拡大中だと警戒している。
・Swiss reject vaccinating poultry Swissinfo (スイス) スイス、家禽へのワクチン接種を拒否
 EU農業相会議は20日、ヨーロッパ内に拡大している鳥フル対策について、家禽へのワクチン接種も含めて話し合った。
 フランスは100万羽の鶏に対してワクチンを接種する予定と発表しているが、スイスはワクチン接種を拒否した。
 ワクチンを接種すると病気を発症しないがウイルスは感染し、そのウイルスを周囲に感染させる。そのため、鳥フルが侵入してきても発見しずらいから危険であるというのが理由である。

北ドイツのリューゲン島で死にかけた白鳥と消防士

・India Seeks Humans Sickened by BirdFlu phillyBurbs.com, (米国) インド、鳥フル感染者を探索
 ・20日、インドの保健当局者は鳥フル感染が見つかったナバプール(人口3万人)周辺の家庭や農場を訪問して、鳥フル感染者の有無、飼育されている家禽が適切に処分されているか等、調査した。

 ・EU農業相会議がブリュッセルで開催され、ワクチン接種も含めて鳥フル対策について話し合った。
 ・マレーシアは致死的H5N1鳥フルで40羽の鶏が死亡したことを発表した。1年以上発生はなかった。
 ・インドでは20日大量の鶏が殺処分された。鳥フル発生地域で27歳の農場経営者が鳥フル様症状で死亡し、現在検査中であるが、結果はまだ出ていない。他に少なくともナバプール周辺の8人がインフルエンザ様症状で病院に入院し検査中と言われる。
 ・ナイジェリア保健当局は20日、H5N1鳥フルウイルスがさらに2州で発見されたと発表した。政府はただちに地域での家禽の殺処分を指令した。カトシナ州とザンファラ州であるが、これでナイジェリア36州のうち5州で鳥フルが確認されたことになる。人での感染例は報告されていない。
 ・ヨーロッパでは、250人近いドイツ人が先週鳥フル発生が確認されたバルチ海のリューゲン島で、死亡した鳥を処分した。
 ・EU当局では、鳥フルは商業用家禽へは感染していないからパニックになる必要はなく、家禽を食することは問題ないと、呼びかけている。
 ・フランス、オランダ、イタリア、および他の国では家禽へのワクチン接種を希望しているが、意見は分かれている、とEU会議の司会者であるオーストリアの農業相は語った。
 ・マレーシア政府は先週40羽の鶏がH5N1鳥フルで死亡したことを発表した。首都クアラ・ルンプール周辺であるが、人での感染者はいないと言う。地域の全ての鶏110羽が処分された。同国は2005年1月に鳥フルが一掃されたことを宣言していた。
2月20日

・欧州で鳥インフルエンザ拡大 EU内6カ国に 中日新聞 
 鳥インフルエンザ被害が欧州で拡大している。欧州最大の家きん生産国フランスでも感染鳥が確認され、欧州連合(EU)内でイタリア、ドイツなどに続き六カ国目の感染国に。風評被害もあって、各国で家きん類の販売は激減し、生産者に大打撃を与えている。人への感染も懸念され、EUは対策を急いでいる。


・Most Pathogens That Infect Humans Came From Animals WSOCtv.com (米国) 人に対する病原体のほとんどは動物由来
 下記と同じ
・Birdflu might be one of growing number of diseases able to jump to humans WSTM-TV (米国) 鳥フルは、人での感染性を獲得する可能性ある動物感染症の1つかも知れない
 

ST. LOUIS New research suggests that humans risk being overrun by diseases from the animal world.

And the scientists have documented 38 illnesses that have made that jump over the past 25 years. Scottish researcher Mark Woolhouse says there are some 14-hundred pathogens -- viruses, bacteria, parasites, protozoa and fungi -- that can infect humans. And Woolhouse says 58 percent of those come from animals. Scientists consider 177 of the pathogens to be "emerging" or "re-emerging." But they say most will never cause pandemics. But experts fear bird flu could prove an exception. Recent advances in the worldwide march of the H-Five-N-One strain have rekindled fears of a pandemic. The virus has spread across Asia into Europe and Africa.

・India tests for H5N1 birdflu strain ABC News (米国) インド、関係者のH5N1鳥フルウイルスの検査施行
 インド当局は、19日、鳥フル発生周囲の人々数十人の検査を行った。
 一方フランスは、消費者の不安を取り除くことに懸命で、鶏肉は安全だから積極的に食べることを勧めている。
 鶏で鳥フルが発見されたエジプトでは、カイロの動物園を閉鎖し、7箇所の他の公営動物園を19日から2週間閉鎖する。
・Chicken sales fall as flu fears grow Sydney Morning Herald (オーストラリア) 鳥フル脅威から鶏販売量低下
 ヨーロッパへの鳥フルの拡大は家禽産業へ大きな影響を及ぼし、いくつかの国では先週売り上げが50パーセント以上低下したと言い、フランス農業大臣は養鶏業界に対する支援は重大な問題だ、と語った。
・FRANCE LATEST BIRDFLU SITE Special Broadcasting Service (オーストラリア) フランスが最新の鳥フル発生地に
 致死的鳥フルはヨーロッパへ拡大し続け、最も西の地でもあるフランスでも発生が確認されて、EUで6番目の発生国となった。
 フランス当局は鳥フル封じ込めに全力を注ぐと声明を発した。フランスはヨーロッパで最大の養鶏国で、世界で4番目の輸出国となっている。
2月19日

・Massive bird cull begins in India BBC Bengali, (英国) インドで大量の家禽の殺処分始まる
 50万羽の家禽の殺処分が開始。
・First suspected human death from birdflu in India SABC News (南アフリカ) インドで初の鳥フル疑い死亡者
 西インドで鳥フル疑いで男性が死亡した。インドで初の鳥フルが鶏で発生したことが報告された翌日に、インド当局のトップが発表した。男性は17日に死亡し、地域の研究所では鳥フルと診断された。しかし検体は国立研究所に送られて確認される。
・Poultry farmer dies in India, birdflu suspected Ninemsn (オーストラリア) インド:家禽農場経営者死亡、鳥フルの疑い
 インドで初のH5N1鳥フルが鶏で発生したマハラシュトゥラ州の家禽農場経営者が死亡し、鳥フルの疑いがもたれている。
 27歳の西マハラシュトゥラ州の農場経営者であるが、17日に死亡した。血液検体が研究所に送られて検査中と言う。
・タイで一男児が鳥インフルで死亡 CRI (中国) 
 タイ衛生省は18日「このほど、一人の男の子が鳥インフルエンザに感染して死亡した。これは、この四ヶ月以来タイで発見された最初の鳥インフルエンザ感染者の死亡である」と発表しました。タイの新聞「バンコクポスト」の報道によりますと、タイ衛生省は当日「首都バンコク近くに住み今年5歳の男の子がこのほどH5N1型鳥インフルエンザに感染して入院し、その後15日に死亡した。こうして、タイでの鳥インフルエンザ感染による死亡者数は14人になった」としています。現在、関係部門はこの男の子の鳥インフルエンザの感染ルートを調査しています。
・BirdFlu: Concern Grows Over Possible Spread in West Africa The Lincoln Tribune (国際) 鳥フル:西アフリカへ拡大の恐れ
 FAOは18日、先週ナイジェリアで発見されたH5N1ウイルスが西アフリカへ拡大する懸念を表した。
 極度の低栄養状態の国にウイルスが広がると悲惨な結果になるだろう、と国連機関のFAOは警告している。
 ”我々は貧しいアフリカの農民達に対して、もし家禽の間で鳥フル発生の疑いが出たときは、すぐに報告するように教育すべきだ。そして彼等に市場で(病的鳥を)売らないように警告すべきだ”、とナイジェリアに派遣されているFAOの専門家は言う。
・Bird alert! Mumbai Mirror (インド) インド、ムンバイ市:鳥フル警戒!
 ムンバイの全てのホテルとレストランは鳥フルに対する警戒態勢に入った。市当局は市内に入ってくる全ての家禽の肉と鶏のチェックを始めた。


・France confirms first case of H5N1 birdflu in duck Reuters AlertNet (英国) フランス、カモでのH5N1鳥フル発生を確認
 フランスは18日、野生のカモから致死的H5N1ウイルスが検出されたことを確認した。
 ウイルスは99%アジアのH5N1ウイルスと同じと説明された。
・Adequate plans in place for birdflu Newstalk ZB (ニュージーランド) ニュージーランド:鳥フル拡大に備えて適切な態勢を
 鳥フルが以前考えられていた以上に早く拡大する可能性があるから、適切な態勢を整える必要があることが再確認された。
 H5N1鳥フル株はフランスとドイツに拡大し、死んだカモや白鳥でウイルスが見つかっている。
 家禽産業協会のマイケル・ブルークスは、最新の状況は渡り鳥がいまだウイルスを拡大させていることを示している、と説明する。
 しかし彼は、ニュージーランドで渡り鳥からウイルスは未だ見つかっていないが、もしこの国で見つかり、それから対策をとるとしたなら遅すぎると警告した。
・Indian testing Maharashtra state residents for birdflu Radio New Zealand, (ニュージーランド) インドのマハラシュトラ州で住民の鳥フル検査
 インドの当局者はマハラシュトラ州での鶏におけるH5N1鳥フル発生に引き続き、何人かの住民が鳥フル感染を疑われて検査中と語った。
 また他に数人が病院で観察中とも言われる。
 50万羽以上の鳥が殺処分される予定で、さらの他にも予防的対策が考えられている。
・More than eight lakh chickens to be culled, others vaccinated NewKerala.com (インド) インド:80万羽以上の鶏が殺処分、他はワクチン接種へ
 ムンベイ発:80万羽以上の鶏が殺処分、そして他の20万羽がワクチン接種の予定。マハラシシュトラ州のナンヅールバールとドゥール地区で致死的鳥フルが見つかったが、その措置として行われる。また当局は人への感染の可能性を考えて監視態勢を強めている。
 ”我々は明日80万羽の鶏の殺処分を開始する。そして他の20万羽に対してワクチンを接種する。すでに6万羽の鳥が過去2週間に死亡している。我々は病気が拡大しないようにあらゆる対策をとっている”、とマハラシュトラ州の畜産担当局長が語っている。
 ”数人がナンヅバールのナバプール公立病院へ発熱を伴った感冒で入院したのは事実である。この地域で家禽が鳥フルに感染していることを考えると、我々は全ての何らかの症状を伴った発熱患者をチェックし、血液検体を採取する必要がある”、と同氏は語る。
 地域当局は、入院した8人から血液を採取し検査所に送った、と言う。
 殺処分された鶏の飼育者には補償費が支払われると言う。
・Birdflu: Ranbaxy ready with drug Economic Times (インド) インド:ランバキシ-製薬会社、抗インフルエンザ薬を用意
・Anti-virals next week Hindustan Times (インド) インド:抗インフルエンザ薬、来週から店頭販売へ
 インドの製薬会社(Ranbaxy, Cipla 、 Hetero)はタミフルの類似薬(ジェネリック薬)を製造中であるが、来週早々シプラ社はマハラシュトラ州で店頭販売する予定と発表した。1人、1日2錠、5日間服用。2500円の価格となる(10錠1000ルピー)。
2月18日


・Report: Swan found dead in Vienna infected with H5N1 birdflu... Malaysia Star (マレーシア) 報告:ウイーンでH5N1鳥フルに感染して白鳥が死亡
 ウイーンの公園で死亡していた白鳥からH5N1ウイルスが検出されたことを当局が発表した。
・Maharashtra minister confirms H5N1 virus in poultry Reuters India (ロイター:インド) インドで家禽のH5N1鳥フルが確認される
 インドのマハラシュトラ州で、死んだ家禽でH5N1検査が陽性だったと、州の農業大臣が18日ロイターに発表した。この数日間に5万羽近い家禽が死亡し、検体をボパールの政府の研究所に送ったが、H5N1鳥フルが確認されたと言う。
 ”そう、確認された。病気はH5N1だ。それはついにマハラシツトラにやってきた”、と大臣は語った。
・インドで初の鳥インフル 西部で5万羽死ぬ 徳島新聞
 ロイター通信によると、インド西部マハラシュトラ州の高官は18日、死んだ家禽(かきん)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと語った。インドでの鳥インフルエンザは初めて。高官によると、同州では過去数日間に約5万羽の鳥が死んだ。検体を政府系の研究所で調べたところH5N1型に感染していたことが確認されたという。東アジア地域で流行した鳥インフルエンザは昨年後半から今年にかけ、欧州やアフリカへと拡大。今月に入り、ナイジェリアやイラン、エジプト、ドイツ、イタリアなどで家禽や野鳥のH5N1型感染が報告されている。
・インドネシアの死者19人に 鳥インフル卵運ぶ 徳島新聞
 インドネシア保健省は18日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)で男性(23)が死亡したことが世界保健機関(WHO)の検査で確認されたと明らかにした。同国の死者は計19人になった。男性はジャカルタの病院で10日に死亡。市場で働いており、仕事中に運んだ鶏卵などから感染した可能性があるという。インドネシアでは1月下旬にも市場の従業員が感染死している。WHOはジャカルタの市場を調査し、感染防止のため市場の衛生状態を改善するよう同国政府に勧告している。
・Birdflu 'likely to reach Britain' ic Teesside.co.uk (英国) 鳥フル、英国へ到達する可能性がある
・仏でも鳥インフルか 野生のカモが感染の可能性 神戸新聞 
 フランス農業省は17日、東部アン県の湿地で死んでいるのが見つかった野生のカモについて、初期検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染している疑いが極めて強いことを明らかにした。フランス公共ラジオが伝えた。感染が確認されれば、フランスでは初めて。詳細な検査結果が出るまで、あと数日かかるという。
・エジプトで初の鳥インフル H5N1型 北海道新聞 
 エジプト内閣報道官は17日、首都カイロなど3カ所で計7羽の家禽(かきん )から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを明らかにした。エジプトで鳥インフルエンザ感染が確認されたのは初めて。 アフリカ大陸では、西アフリカのナイジェリアでもH5N1型に感染した鶏が確認されており、トルコやイラクで感染による死者を出した鳥インフルエンザが同大陸にも広がっていることが示された。感染が確認されたのは、カイロの4羽のほか、近郊ギザの2羽と中部ミニヤーの1羽。いずれも家庭で飼育されている鶏という。飼い主らへの検査では、これまでのところ、人への感染は確認されていない。
・エジプトで初の鳥インフル H5N1型 USFL.COM (米国->日本語)
 世界保健機関(WHO)当局者は17日、エジプトの3カ所で死んだ鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたことを明らかにした。エジプトで鳥インフルエンザ感染が確認されたのは初めて。ロイター通信が伝えた。アフリカ大陸では、西アフリカのナイジェリアでもH5N1型に感染した鶏が確認されており、トルコやイラクで感染による死者を出した鳥インフルエンザが同大陸にも広がっていることが示された。同当局者は、3カ所の地名には言及しなかったが、AP通信によると、エジプトの獣疫当局者はH5N1型と確認されていないとしながらも、首都カイロと近郊ギザ、中部ミニヤー、南部ケナで鳥インフルエンザに感染した鳥が見つかったとしている。感染した鳥は18~20羽という。主要閣僚は同日、緊急閣議を開き、対応を協議した。
・Tests find deadly H5N1 strain in Egypt and France Vancouver Sun (subscription), (カナダ) エジプトとフランスで致死的H5N1株が検出
 ・エジプトで致死的H5N1鳥フル発生が鳥の間で確認(国連関係者が語る)。政府は国内緊急事態警報を発令予定。フランスでは死亡したカモでH5亜型ウイルスが検出。H5N1鳥フルであることが確実視されている。
・New BirdFlu Cases Reported In Egypt WRAL.com (米国) エジプトで新規鳥フル事例が報告
 17日、エジプト政府当局は、18羽から20羽の死んだ鳥が鳥フル検査で陽性だったと発表した。しかしアジアから中東とヨーロッパへ拡大してきた致死的H5N1鳥フルであるかどうかは、まだ決定されていないと付け加えた。
 エジプト国民の食生活は鶏と七面鳥に依存している部分が大きく、さらに数百万人の国民は生きた鶏を飼育している。
 これまで人での感染は確認されていない。保健当局は閣議の後、国内へ正式な発表を行うと考えられる。
・Birdflu reaches France for first time Swissinfo (スイス) 鳥フル、フランスでも発生
・Birdflu reaches France for first time ABC News (米国) 鳥フル、フランスでも発生

 17日、フランス東部で死んだカモが発見され、人へ感染性のある致死的H5N1ウイルスによるものであることがまず間違いなく、フランスへも鳥フルが拡大したことが示された。
 WHOは1月に死亡したイラクの男性がイラクで2人目の鳥フル死亡者であることを確認した(イラク北部で先に死亡した少女の叔父)。
 エジプト当局は鶏で鳥フルが発生したことを報告し、またアゼルバイジャンとスロベニアでは、さらなるH5N1感染鳥事例を報告した。
 
 首相官邸での緊急会議で報告の後、フランス農業相のドミニク・ブセル氏は沼地で数羽の死亡したカモが見つかったと語った。
 ”それらの1羽で検査を行ったがH5亜型鳥フルウイルスの感染が確認され、それはまず9割以上の可能性で人に危険なH5N1ウイルスと考えられる”、と同氏は記者団に語った。完全確認まで30時間ほど要するとも付け加えた。

 ドイツとハンガリアではさらなる発生の恐れがあり、またギリシャでは疑われている鳥の検査が行われている。
 ボスニアでは17日、2羽の白鳥で鳥フル疑いがもたれ、検査が行われている。

 H5N1ウイルスは主として家禽の感染症であるが、それはすでに2003年以来アジアと中東で169人の感染者を出し、91人を死亡させている。

 先月死亡したイラクの男性は、同国で2番目のH5N1感染者と確認されたことがWHOから発表されたが、他の疑われていた14人は検査で陰性だった。
 またブカレストでWHOと同国の専門家は、半数近くが水道と下水道が整備されていない田舎に住むルーマニア国民から、ヨーロッパで初の鳥フル感染者が発生する可能性を警告している。
2月17日

・Bush urges people to be informed, prepared for flu pandemic The Ledger (米国) フロリダ州:住民はさらにインフルエンザ・パンデミックに関する情報を自ら得て、自らの対策を急ぐべき
 ”インフルエンザ・パンデミックが生じたときに対策を開始したとしても遅すぎる”、と米国保健省長官のマイク・レービット氏が、フロリダ州と連邦保健当局との会議で語った。
 フロリダ州当局に対して予防対策を充実させるように伝えている。
・NEW BIRDFLU CASES IN GERMANY Special Broadcasting Service (オーストラリア) ドイツでさらに鳥フル発生を確認
 バルト海の島で9羽の白鳥と1羽のカモからH5N1ウイルスを検出したことをドイツ政府が発表した。
・European Poultry Is Safe to Eat in Europe Voice of America (米国) ヨーロッパの家禽は安全

 致死的H5N1鳥インフルエンザウイルスが今週、ヨーロッパとアフリカへ拡大した。ジュアン・ルブロース氏(国連FAOの感染症グループの責任者)は、北ナイジェリアの30農場で鳥フル拡大阻止のために、15万羽の家禽が殺処分されたと、発表した。
 ”最近、(ナイジェリアの鳥フル発生地域である)カノ州とカドゥナ州からの、家禽の移動は制限されている”、とルブロース氏は語る。”その制限命令は書面で明確に伝えられているが、実際には守られてはいないようだ”。
 ルブロース氏はナイジェリアの近隣諸国は、これらの家禽移動禁止が守られない限り、感染拡大の危険性が非常に高い、と語る。またイタリアとギリシャでは、致死的ウイルスが家禽ではなく野鳥の間で検出された。

 FAOの動物衛生部門の責任者であるサミュエル・ユッツィ氏(Samuel Jutzi)は、鳥フルの早期発見と感染拡大処置がヨーロッパでは効を奏していると語る。
 ”ヨーロッパではパニックになる必要はない。ヨーロッパでは非常に厳格な獣医学的監視態勢が敷かれている。ヨーロッパの家禽産物は食べても安全だ”。

 H5N1ウイルスはすでに90人の人々と1億4千羽の鶏を殺している。しかしながらそれはいまだ、本質的には動物の病気として認識されている。
 ウイルスが容易に人から人へ感染しだし、世界的パンデミックを引き起こすには、ウイルスの変異が必要であると想定されている。
 公衆衛生当局では、感染した鳥との接触を避け、家禽に接触した後や、鶏産物を料理した後には、十分な手洗いをするように忠告している。

 1月に北京で開かれた「基金提供者会議」で、19億ドルが世界各国から鳥フル対策基金として提供された。

・Second BirdFlu Case Found in Iraq CIO Today (米国) イラクで2人目の感染者が確認
 先月死亡したイラクの少女の、やはり死亡している叔父も致死的H5N1鳥フルに罹患していたことが、カイロの米軍研究所で確認された。叔父が少女から感染したのかどうかは、検査では確認できなかった。
・No-go areas planned as birdflu closes in Times Online (英国) 鳥フル発生地域へは近づくな!
 もし致死的鳥フルウイルスに感染している野鳥が発見されたなら、英国では人への感染防止のために、1マイルの隔離地域が設定される。
 昨日発表された、野鳥から家禽への感染防止措置としての家禽の屋内飼育の通達は、5年前の口蹄病の悪夢を思い出させる
2月16日

・European Commission Urges Calm Over Spread of BirdFlu Deutsche Welle (ドイツ) EU委員会、鳥フル拡大の沈静化に懸命
 EU委員会は致死的鳥フル発生への対策強化で意見の一致を見たが、消費者に対してパニックになる必要はなく、鶏肉を避ける必要はないことを強く訴えた。
・Third man clear of avian flu Kathimerini (ギリシャ) ギリシャ:第3の感染疑いの男性は鳥フル陰性と--疑い例は全て陰性
 北部ギリシャのセレに鳥フル疑いで入院していた65歳男性は検査の結果、鳥フルは否定された。この男性はギリシャで鳥フルが疑われた3番目の男性であったが、今週初めに疑いで入院した29歳男性と10代少年に引き続いて、鳥フル感染が否定された。
 しかしながらギリシャ政府は鳥フルが疑われる事例は検査を続けると言っており、最新の事例としてエデッサの78歳の女性が検査中と発表している。
・BirdFlu Kills Swans in Iran, Spreads Further in EU (Update1) Bloomberg (国際) イランで鳥フルにより白鳥死亡
 イランの北西部ラーシ地域アンザリ湿地帯で153羽の白鳥が死亡したが、イタリアの研究所でH5N1鳥フルによる感染が確認された。
・Poultry, Not Wild Birds, Most Often Carrier of Deadly Avian Flu... Washington Post (米国) 致死的鳥フルウイルスは、渡り鳥ではなく、家禽が運んでいる

 ナイジェリアにおいて致死的H5N1鳥フルが今月発生したが、それは多分、家禽の間で感染が広がったと考えられ、渡り鳥によりもたらされたものではないことが、渡り鳥専門家の意見や、いくつかの状況証拠から推測されている。

 最初のナイジェリアにおける発生は4万6千羽を飼育する商業用養鶏場で、野鳥と接触する機会の多い放し飼い養鶏場ではなかった。ナイジェリアでは年間100万羽以上の鶏を、昨年の秋にH5N1鳥フルが家禽の間で発生したトルコ、および10年間に渡ってウイルスがはびこっている中国から輸入している。

 さらにナイジェリアの北方の2州で感染した鶏が見つかっているが、そこは渡り鳥が越冬する湿地帯に近くはない。またアジアや東ヨーロッパのように水鳥が死に絶えた等という報告も国内にはない。少数の種の、時にH5N1ウイルスを保有するといわれる渡り鳥が数ヶ月前に到来したが、これから去ってゆくところである。

 もし自然が(渡り鳥)ウイルス拡大に関与してなく、家禽取引がH5N1ウイルスをアフリカにもたらしたなら、家禽輸入における感染予防対策が、アフリカおよび他の大陸における感染拡大を防止出来ると考えられる。公衆衛生専門家達はそのように語る。
 ”もし全ての可能性を対等に並べたなら、ウイルス拡大を渡り鳥がもたらしたという飛躍した結論にはならない”、と国際湿地帯保護機関の鳥類学者であるWard Hagemeijer氏は語っている。(Wetlands International, a Dutch conservation organization)。
 野鳥によるH5N1ウイルスの拡大説は、”多くの人がそう思っているが恐ろしい仮説だ”、と米国国立動物園のスミソニアン研究所渡り鳥センター生態学者であるPeter Marra氏は語る。”渡り鳥が何らかの役割を果たしている事実には疑問はないが、彼等は(ウイルス拡大の)主要な役割は担っていない”。
 同氏は家禽と愛玩鳥の合法的および不法的取引に対する監視の目を強める必要があると言う。
 この推理は、ナイジェリアの例でも事態の説明を可能とする。
 最近発行されたラゴスの日刊紙である” Guardian”は、アルジェリア農業大臣アダム・ベロ氏の談話を紹介した。”我々は誰かが感染した鳥を輸入、または密輸入したのではないかと考えている”。
 
 国内外の疫学専門家チームがナイジェリアの家禽でのH5N1鳥フルの発生について調査している。そしてウイルス検査のために野鳥から検体を採取している。(それらの結果により事態はより明確になる:訳者補足)。

 ナイジェリアの60%の家禽は放し飼いで飼育されており、25%が大商業用飼育場(屋内)、そして残りが混合形態である。

・Europe going on guard against birdflu Sacramento Bee (米国) ヨーロッパ、鳥フル警戒態勢を強化
 
 ヨーロッパ各国で野鳥(白鳥)からH5N1ウイルスが検出されていることから、フランス、ドイツ、チェコ、スイス、スエーデンは15日、家禽飼育を野鳥と接触のない屋内飼育へ変更。英国とオランダではまだH5N1鳥フルは見つかっていないが、同じような措置をとった。
・Additional European Countries Report BirdFlu NewsBlaze (米国) ヨーロッパ各国に鳥フル拡大
 野鳥(白鳥)でのH5N1鳥フルが、ここ数日間にドイツ、スロベニア、イタリア、ブルガリア、およびギリシャで確認されている。
 さらにオーストリアとデンマークでも死亡野鳥が発見されており、ウイルス検査が行われている。
・Birdflu 'could take 142m lives' CNN International (国際) 鳥フル、世界で1億4千2百万人死亡の可能性も
 オーストラリアに本社をおくロイ・シンクタンクによる分析(Lowy Institute think tank)
   パンデミック・インフルエンザの程度を4段階に分けて考察

   ・1968~1969年の香港インフルエンザ類似の小規模パンデミック
   ・1957年のアジア・インフルエンザ類似の中規模パンデミック
   ・1918~1919年のスペイン・インフルエンザ類似の大規模パンデミック(世界で10億人感染、5千万人死亡)
   ・スペイン・インフルエンザ以上の最悪の事態

・Europe scrambles to stop birdflu spread Reuters (国際) ヨーロッパ、鳥フル拡大防止態勢へ
・Preparing for pandemic: know how to bury your dead Reuters.uk (英国) パンデミック・インフルエンザ対策:遺体をどのように埋葬するか
 ミネアポリス:パンデミック・インフルエンザに関する業界に対するアドバイス。様々な問題を提起。
・Europe going on guard against birdflu Duluth News Tribune (米国) ヨーロッパ、鳥フル拡大に警戒態勢
TOP