高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
2月15日

・Iran says 135 swans died of birdflu; virus apparently spreads to ... Napa Valley Register (米国) イラン、135羽の白鳥が鳥フルで死亡:ウイルスは明らかにドイツとオーストリアに拡大している
・Indonesian minister worried by birdflu cluster cases Reuters AlertNet (英国) インドネシア保健相、鳥フル集団発生(クラスター)を心配
 インドネシアでのクラスター発生(家族などの集団発生)事例が増えていることに、保健相はウイルスが人人感染し始めている懸念を表明した。
・Nigerian state heavily infected by avian flu steps up mass killing ... Canada.com (カナダ) ナイジェリア、鳥フル感染が拡大している州で、大量の家禽の殺処分
 ナイジェリア政府は、鳥フル拡大対策のために、14万羽以上の家禽を殺処分したことを15日発表した。また北部の家禽業者が保有する数カ所の農場で鳥フルが発生していることが明らかになった。
 カノ州の家禽委員会の責任者であるシェフ・バワ氏は、州で30箇所以上の商業用農場で大量の家禽が死亡し、保健担当者達が14万羽以上の家禽を殺処分したと発表した。
 ナイジェリアの36州のうち3州で鳥フル発生が確認され、5州で疑い例が発生して検査中であると言う。
 ナイジェリアでH5N1ウイルスは2月8日に、カンドゥナ州の大商業用養鶏場で検出されたが、オーナーによるとそれらの鶏はカノ州の業者から仕入れたと言う。
・Swiss order poultry indoors over birdflu fears Reuters AlertNet, (英国) スイス、鳥フル感染の恐れから、家禽の屋内飼育へ
 スイス政府は15日、全ての家禽を2月20日から屋内で飼育するよう通達を出した。2月20日から開始される。近隣の国で鳥フルが確認されていることからの措置。
・Hungary tests dead swans for birdflu virus Reuters AlertNet  (英国) ハンガリー、死亡した白鳥の鳥フル検査実施
 ブダペストの北西60キロのダニューブ河の氷の中で死亡している11羽の白鳥について、H5N1鳥フルウイルス検査を行っていると当局が発表。もしウイルスが検出されたら中央ヨーロッパ初となる。
・Iraq declares avian flu alert in southern province Globe and Mail (カナダ) イラク、南部の省で鳥フル警報
 イラク南部のMaysan 省の少なくとも5地域で家禽における鳥フルが発生した疑いがあり、当局は警報を発し、対策に乗り出した。
・Indonesia: Birdflu more virulent CNN  (米国) インドネシア保健大臣、鳥フルはより強毒性に変化している
 インドネシアでは以前よりも鳥フルに感染する人々の数が増え、発症後死亡するまでの期間が早くなっており、ウイルスの毒性がより強力になってきている可能性がある。インドネシア保健大臣がそのような談話を発表したが、特にそれを示す根拠は提示しなかった。
 WHOの情報では、今年度8人の感染者が発生していて、そのうち7人が死亡している。昨年は17人の感染者が発生して11人が死亡した。
・野鳥の不審死 情報専用ダイヤル開設 都、鳥インフルエンザの発生監視 東京新聞 
 新型インフルエンザに変異する可能性が高い鳥インフルエンザの発生を監視するため、都環境局は十五日から、野鳥の不審死情報を受け付ける「死亡野鳥情報専用ダイヤル」を開設する。野鳥の死骸(しがい)がまとまって見つかった場合や、同じ場所で継続して見つかった場合などにウイルスの保有調査を行う。 都内ではこれまで、鳥インフルエンザの発生は確認されていない。同局は「鳥インフルエンザが野鳥から人に感染した例はないが、野鳥への過度な接触は避け、死骸やふんなどには素手で触らないように」と注意を呼びかけている。 同局では都民から情報が寄せられた野鳥の死骸のほか、毎月十羽程度のカラスのウイルス保有調査も実施していく。
 専用ダイヤルの設置期間は渡り鳥がシベリア方面に帰る四月中旬まで。受け付けは午前九時-午後五時。電話番号は平日=(5388)3425。土、日曜・祝日=090(1048)4457=へ。

・Deadly birdflu spreads to Germany, Austria, Iran Reuters (国際) 致死的鳥フル、ドイツ、オーストリア、イランへ拡大
 南ドイツの湖での白鳥

・Nigerian kids don't have H5N1 News24 (南アフリカ) ナイジェリアの鳥フル感染疑い兄弟、検査で陰性と
 先に感染が疑われていた2兄弟は検査の結果H5N1鳥フルは否定されたと、保健当局が発表。兄弟は現在回復した模様。
・H5N1 birdflu found in dead swans: German ministry Reuters 国際) ドイツ:H5N1鳥フルウイルス、死亡した白鳥から検出
 西ドイツのバルト海、ルゲン島で死亡した白鳥からH5N1ウイルスが検出されたことが、西ドイツ政府から14日発表された。
・Birdflu in Germany, tests show Virgin.net, (英国) 西ドイツでH5N1鳥フルウイルスが検出
・Three more countries detect birdflu Standard-Speaker (米国) さらに新規3カ国でH5N1鳥フルウイルスが確認


オーストリア、2/13
 14日、イラン、ドイツ、およびオーストリアの3カ国で、致死的H5N1ウイルスが野生の白鳥から検出された。

 野生の水棲鳥の越冬地であるイランに、ウイルスが持ち込まれるのは時間の問題と、専門家はこれまで語っていた。近隣のイラク、アゼルバイジャン、そしてトルコではすでにH5N1鳥フルは発生している。

 オーストリアとドイツはそれぞれEUで第3、第4の白鳥からウイルスを検出した国となった。丁度3日前にはイタリアとギリシャでウイルスが見つかったばかりだ。
・Austria Confirms BirdFlu Within Its Borders Free Internet Press (米国) オーストリア、国境近くでH5N1鳥フルを確認
 南オーストリアで2羽の死亡した白鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたことを、オーストリア当局が14日発表した。
・Iran Says BirdFlu Kills 135 Swans Los Angeles Times (米国) イラン、135羽の白鳥が鳥フルで死亡と報告
 イラン国内のカスピ海沿岸の2地域で過去2週間に、135羽の白鳥がH5N1鳥フルで死亡したことが、イラン当局から発表された。
・Germany says tests show H5N1 birdflu Duluth News Tribune, (米国) ドイツでも致死的H5N1ウイルスが白鳥から検出
 ドイツのルゲン島( Ruegen)で死亡した2羽の白鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出され、確認のためにEUの研究所へ検体が運ばれたと、ドイツ政府が14日発表した。
・イランでも初の鳥インフル ハクチョウが大量死 神戸新聞
 イランの獣医師協会は14日、同国北部カスピ海沿岸のバンダルアンザリの湿地帯で大量死したハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。国営イラン通信が伝えた。同国では初の感染例。人への感染は報告されていない。バンダルアンザリでは、ここ2週間で、135羽のハクチョウが死んでいるのが見つかり、当局が国際機関に検体を送り、検査していた。イラン学生通信によると、当局は、現場から半径5キロ以内の鳥を処分した。鳥インフルエンザは、これまでアジア中心だった感染がナイジェリアやイラク、イタリアなどに拡大。人間同士で感染する新型インフルエンザに変異することが懸念されており、各国はインフルエンザ治療薬の抗ウイルス剤タミフルなどの確保を急いでいる。
2月14日

・Nigeria birdflu screening starts Journal of Turkish Weekly, (トルコ) ナイジェリア、鳥フルのスクリーニング開始
・Indonesia Records BirdFlu Fatality Herald News Daily (米国) インドネシア、鳥フル死亡者を追加
 インドネシアは14日、新規の鳥フル死亡例を報告した。23歳男性であるが、他に家族で4人が鳥フル症状を呈して病院で治療中の事例もある。
 男性はジャカルタで12日に死亡した。ジャカルタでの検査では鳥フル(多分H5N1:訳者)が確認されている。しかし検体は香港のWHO協力機関に運ばれて確認される。
 13日、WHOはインドネシアで25人の鳥フル感染者数と、18人の死者数を確認した。
・Nigeria may have birdflu in eight states Duluth News Tribune (米国) ナイジェリア、鳥フル発生8州に拡大の可能性
・<鳥インフルエンザ>隔離で感染防止 CSISのヘイマン氏 (毎日新聞)
 来日中の米戦略国際問題研究所(CSIS)上級研究員、ヘイマン氏が13日、都内で鳥インフルエンザ対策について講演し、「人から人へ感染するウイルスに変異した場合、ウイルスの特定からワクチン開発まで6カ月はかかる。その間、いかに感染を食い止めるかがカギ」と指摘。患者の隔離体制の整備が急務だと訴えた。
・Birdflu stalks duck hunter, spreads in Nigeria Turkish Press (米国) ギリシャでハンターが鳥フル検査中、ナイジェリアでさらに拡大の可能性
 ギリシャのハンターが病院で隔離され鳥フルの検査結果を待っている。(昨日のロイター通信で既報)。もし確認されたらヨーロッパで最初の人感染事例となる。

スペイン、アランフェスの湖の白鳥

・Birdflu spreading South Vanguard (ナイジェリア) ナイジェリア、鳥フル南部へ拡大の可能性
・Southern Iraq family tested for birdflu Malaysia Sun (マレーシア) イラク南部の家族、鳥フル検査中
 イラク南部の家族6人が致死的H5N1鳥フルの検査中であると、発表された。
 一人は自宅で鳥を飼っている漁師で、鳥が死亡して2週後に彼が病気で倒れた。一緒に住んでいる5人の従兄弟も検査を受けている。
・伊、鳥インフルに過敏反応 問い合わせ殺到、野鳥受難 神戸新聞
 イタリア政府が、国内の野生の白鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が見つかったと11日に発表した後、保健省が設けたフリーダイヤルに13日までに計3000件の問い合わせが殺到。各地で野鳥が処分され、鶏肉や卵の消費が激減するなど国中が神経過敏になっている。フリーダイヤルには「鳥を飼っているが、大丈夫か」「鶏を殺した方がいいか」などの質問が寄せられ、14人の獣医師らが対応に大わらわ。ほとんど話し中の状態が続いている。
 感染した白鳥が見つかった南部シチリア島の農民が飼っていた白鳥4羽を用心のために処分して保健所に持ち込んだ例もあり、北部パルマ市の鳥類保護連盟は野鳥の「無意味な殺りく」をやめるようホームページで訴えた。
・EU、鳥インフルエンザ拡大で緊急対応 日本経済新聞 
 欧州連合(EU)域内で鳥インフルエンザへの感染が広がっているのを受け、欧州委員会は13日、鶏肉の出荷停止や家禽(かきん)の屋内隔離などを自動的に義務付ける緊急対応を取る方針を決めた。ギリシャやイタリアで相次いで毒性が強いH5N1型ウイルスが確認されたため。13日にはスロベニアでも白鳥の感染が報告された。
 緊急対応ではウイルス検出の場所から3キロ以内を危険地域とし、家禽の移動禁止や鶏肉の出荷停止などの措置を自動的に適用する。従来はEUが個別の事例ごとに感染防止策を決める仕組みだったが、今後は加盟国による感染の報告と同時に防止策を実行できるようになる。
・US team finishes Iraq birdflu inspection The Conservative Voice, (米国) 米国チーム、イラクでの視察を終了
 米国の保健専門家によるイラク北部の鳥フル発生地視察は終了して、13日イラクを発った。
 専門家達は鳥フルで死亡した15歳少女の叔父も鳥フルで死亡したと信じているが、組織での最終確認は得られていない。
 さらに9人の人々が鳥フル様症状で入院したが、検査ではいまだ確認されていないと言う。
 チームは、イラク当局に厳重な警戒態勢の維持を求めると共に、致死的ウイルスの抑制に関する情報を配布する旨告げた。 
 またタミフルがイラク政府に届けられる予定であるが、個人的予防衣のような装具も必要のようだ。
 *昨日ワシントン・ポストで既報。本日の全米ニュース
・Nigeria: Poultry Workers Too Afraid to Take Tests AllAfrica.com, (米国) ナイジェリア:怯えた家禽農場労働者、検査をしぶる
 ナイジェリア、カドゥナ州のH5N1鳥フル発生サンバワ農場労働者160人のうち、わずか20人しか健康チェックを受けなかった。残りは鳥フルと診断される不安から、病院へやってこないと言う。
 鳥フル検査キットはいまだ無いため、病院では単にインフルエンザ症状と呼吸器感染症の症状があるか問診するだけと言う。
・Croatia tests dead swans for birdflu Sunday Times.au (オーストラリア) クロアチア、死亡した白鳥の鳥フル検査
 首都ザグレブの南方の村で死亡した6羽の白鳥、ザグレブ湖でも1羽、さらにもう1羽が町から40キロの地点で見つかり、鳥フル検査を行っている、とクロアチア当局が発表した。

・Photo in the News: BirdFlu Reaches Western Europe National Geographic (米国) 写真で知るニュース集:鳥フル、西ヨーロッパへ到達
南イタリアのジアーレ村で見つかった死亡した2羽の白鳥を調べる調査員(2月12日)

・ナイジェリアで強毒性の鳥インフルエンザ 深刻、アフリカ拡大 (産経新聞)
 脆弱な検疫・医療体制
 新型インフルエンザへの変異が懸念されている強毒性の鳥インフルエンザウイルスH5N1型がアフリカのナイジェリアで確認され、世界保健機関(WHO)などが危機感を強めている。アジアから欧州、中東に拡大したH5N1型は、アジアよりさらに医療資源の乏しいアフリカでは封じ込めが難しいとの認識があるからだ。WHOなどは、実態調査のため専門チームを現地に派遣した。
 国際獣疫事務局(OIE、本部パリ)が、アフリカで初めてナイジェリア北部カドゥナ州でH5N1型を確認したと発表したのは今月八日。ロイター通信は九日にも、同国北部カノ州の養鶏場二カ所と中部プラトー州一カ所で新たに感染がみつかったと報じた。
 いまのところアフリカでは人への感染例は確認されていないが、カドゥナ州の養鶏場の近くに住む四カ月の乳児と四歳の男児にせきや高熱などの症状が表れたことから、同国政府は海外に患者の血液検査を依頼した。
 ナイジェリアではOIEに報告があった約一カ月前から家禽(かきん)類が大量に死んでおり、調査の出遅れが指摘されている。公式発表で感染が確認されたのは四カ所だが、関係者はカノ州だけで二十カ所以上に広がっているとみており、すでに鳥インフルエンザが同国全体に広がっていることが懸念されている。
 李鍾郁WHO事務局長は九日、「エイズや他の感染症で苦しんでいるアフリカで、鳥インフルエンザが確認されたことは非常に深刻だ。ナイジェリアだけでなく、その近隣諸国への感染拡大が懸念される」と警告した。
 東南アジアを中心に広がってきた鳥インフルエンザは、アジアだけで二〇〇三年から少なくとも八十三人の死者を出している。アジアと欧州が交差し、アフリカにも近いトルコに昨年秋に飛び火し、四人が死亡。イラクでも少なくとも一人の死亡が確認されている。
 トルコのウイルスは東南アジアと違って、昨年四月に中国青海省の湖で渡り鳥が大量死したのと同じ種類であることが判明している。ナイジェリアはシベリアからトルコを経由する渡り鳥の飛来ルートにあり、トルコと同種の可能性が高い。
 欧州でも十一日、イタリアとギリシャでH5N1型が確認された。
 エイズやマラリアなどの風土病などに苦しむアフリカは検疫や医療衛生体制が脆弱(ぜいじやく)なうえ飢えにも苦しみ、封じ込めでもっとも重要な「早期発見と大量処分」が難しいのが現実だ。AP通信によると、ナイジェリアで病死した鳥が市場に出されたとの地元報道があるという。
 国立感染症研究所の谷口清州・感染症対策計画室長は「アフリカでは人に感染しても他の感染症と診断がつかない恐れがある。アジアで取り組みが始まっている抗ウイルス剤の備蓄もないに等しく深刻だ」と指摘する。
2月13日

・BirdFlu Inspections Complete in Iraq Washington Post (米国) イラクでの鳥フル視察完了
 米国の保健専門家によるイラク北部の鳥フル発生地視察は終了して、13日イラクを発った。
 専門家達は鳥フルで死亡した15歳少女の叔父も鳥フルで死亡したと信じているが、組織での最終確認は得られていない。
 さらに9人の人々が鳥フル様症状で入院したが、検査ではいまだ確認されていないと言う。
 チームは、イラク当局に厳重な警戒態勢の維持を求めると共に、致死的ウイルスの抑制に関する情報を配布する旨告げた。 
 またタミフルがイラク政府に届けられる予定であるが、個人的予防衣のような装具も必要のようだ。
・Birdflu spreads to two more states in Nigeria AngolaPress (アンゴラ) ナイジェリアの鳥フル、さらに2州に拡大
 ナイジェリアの鳥フルは新たにヨベ州とジガワ州で確認され、計5州での拡大となっているが、さらに発生が報告されている州も他にあると言われる。
・Couple, 2 others hospitalized in Indonesia with suspected birdflu... Forbes (国際) インドネシア、鳥フル疑いで若い夫婦一家他が入院
 鳥フル症状を呈して4人がインドネシアの病院に入院した。感染した鶏と接触した後に発病したと病院では言っている。

 3人は28歳と22歳の夫婦と2歳の子供からなる家族である。ジャカルタのスリアンチ・サロソ病院に12日に入院した。症状は高熱と呼吸障害と言われる。
 もう1人は50歳の鶏売りである。
 もし3人の家族がH5N1鳥フルであることが確認されたら、インドネシアで5事例目のクラスターとなる。
・Minister tours Italy birdflu areas Scotsman イタリア保健大臣、鳥フル発生地を視察
 保健大臣は、南イタリア6羽の白鳥からH5N1鳥フルウイルスが検出された地域を視察し、簡単な予防方法で十分であり、現在特に心配することはないと説明している。
・Indonesia says confirmed birdflu cases at 26 Reuters AlertNet (英国) インドネシア、鳥フル確認例は26人と
 インドネシア政府は、WHOが正式に26人の鳥フル感染者数(累積)を確認したと発表。
・Greece quarantines 2 people with possible birdflu Reuters AlertNet (英国) ギリシャ、鳥フル疑いで2人を隔離
 ギリシャは13日2人の鳥フル疑い例を隔離したと発表した。
 最初の検査では鳥フルは陰性であったが、2度目の検査を施行中と言い、検査結果については保留と語っている。
 第1のケースは若い男性で白鳥に接触して9日後にインフルエンザ様症状を呈した。第2のケースは3羽のカモを殺したハンターである。両者とも別々に病院で隔離されている。
・UN musters birdflu experts to help Nigeria Swissinfo (スイス) 国連、鳥フル専門家をナイジェリア援助のために招集
 国連からの鳥フル専門家が13日ナイジェリアに到着した。ナイジェリア当局に協力して致死的H5N1鳥フル対策にあたる。
 ウイルスは1月にアフリカで最も人口の多い国で感染を始めたが、検査室は2月8日までH5N1ウイルスの存在を確認できなかった。そして当局の対策も遅れた。
 H5N1ウイルスは北部のカノ州、カドゥナ州、および中央のプラトゥ州の4箇所の農場で確認されている。
 しかし数百キロ離れたいくつかの州でも鳥フル発生が報告されており、鳥フルが凄まじい速度で拡大している恐れが出ている。
 WHOは、6人の専門家をナイジェリアに送り込んだと発表し、さらに多くの専門家が到着する予定と言っている。
・Italy sounds alarm over avian flu Guardian Unlimited (英国) イタリア、鳥フル拡大に警報
 ローマの政府当局は昨夜、死亡したり弱っている鳥に接触しないように警報をだした。西ヨーロッパへ致死的鳥フルウイルスが拡大してきていることから、そのような措置となった。

鳥フルが確認されたヨーロッパ諸国
アゼルバイジャン:2月10日にイラン国境近くのカスピ海で野鳥でH5N1鳥フルを確認

ブルガリア:2月11日にEU委員会が、ルーマニア国境で白鳥でH5N1感染を確認

ギリシャ:2月11日に北部で死亡した3羽の白鳥からH5N1ウイルスを検出

イタリア:2月11日にシチリア島と他の南部地域で5羽の死亡した白鳥からH5N1ウイルスを検出。

スロベニア:2月13日、オーストリア国境で死亡した鶏からH5亜系鳥フルウイルスを検出。詳細なる分析のため検体を他研究所へ依頼。

これまで他にロシアウクライナおよびルーマニアでもH5N1鳥フル発生が確認されている。

・Birdflu found in Slovenia near the Austrian border Monsters and Critics.com (英国) 鳥フル、スロベニアのオーストリア国境近くで検出
 スロベニアのオーストリア国境近くで、死亡した白鳥からH5亜系鳥フルウイルスが検出されたことを、EU委員会が発表した。ウイルスはH5N1であるかさらに分析中である。
・Nigeria Ignores BirdFlu Precautions CBS News  (米国) ナイジェリア、鳥フル予防対策要請を無視
 ナイジェリア政府はWHO等国際的専門家が鳥フル拡大対策のために要請した措置を無視して、日曜日の家禽市場の開催、家禽の自由な放し飼いなどを許可し続けている。
 ”政府は多くのパニックや警戒感を強めることはしたくない”、とナイジェリア農業省の報道官が語っている。
 *米国、オーストラリア内ニュース
AP通信
・Nigeria tests children for birdflu, culls poultry TODAYonline (シンガポール) ナイジェリア、感染疑いの小児の検査中
 ナイジェリアの医師は、アフリカで最初の鳥フル感染者の疑いが持たれている、2人の小児からの血液検体の検査をしている。
 現在国際的専門家チームが感染地へ向かっている。
 しかしながら2人の子供達にとって事態に対する対処は、既に遅すぎる感がある。
 先週、カンドゥナ州当局者はAFP通信に、ナイジェリアで初の鳥フルが確認された養鶏場近くの農家の兄弟が鳥フル様症状を呈して倒れたと発表していた。
・BirdFlu infects 2 Nigerian kids - Prices of chickens, turkeys ... Nigerian Tribune, (ナイジェリア) ナイジェリアで子供2名感染の疑い
 ナイジェリアのカンドゥナ州の養鶏場でH5N1鳥フルが発生したが、その近くに住んでいた2名の兄弟が鳥フル症状を呈して入院。現在検査結果待ちの状態にある。4歳少年と4カ月男児である。
 父親によると、家庭で飼育している全てのガチョウ、七面鳥および鶏が死亡した後、兄弟は高熱と血痰を伴った咳をしだしたと言う。クシャミをするたびに、喉と鼻から血液が出てきたと言う。また彼の妻も胸痛を訴えていると言う。
・Birdflu reaches Italy and Greece Arizona Daily Sun (米国) 鳥フル、イタリアとギシシャに到達
北部ギリシャのミクリ・ボルブ湖で夕陽の中を泳ぐ白鳥(2月11日)。

ギリシャ政府は、北部で死亡した白鳥がH5N1鳥フルに感染していたことが、英国の研究機関で確かめられてから、国民に冷静さを呼びかけている。(AP通信)

2月12日

・インドネシアの死者18人に 鳥インフルエンザ  北海道新聞
 インドネシアで高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して新たに2人が死亡したことが世界保健機関(WHO)の検査で確認され、同国の死者は計18人になった。2人を収容したジャカルタの感染症対策専門病院が12日明らかにした。WHOによると、インドネシアで確認された感染死は今月に入ってタイの14人を上回り、ベトナムの42人に次いで世界で2番目に多くなっている。新たに確認された死者は、ジャカルタ郊外の西ジャワ州に住む22歳と27歳の女性で、9日から10日にかけて相次いで死亡した。
・Tests confirm two more Indonesian birdflu deaths ABC Online (オーストラリア) 2死亡インドネシア女性が香港の研究所でも鳥フル確認
(AFP) 27歳と22歳の死亡インドネシア女性が香港のWHO協力研究所で、H5N1鳥フル感染が確認され、インドネシアの死亡者は18人となった。2名に関してはすでにインドネシアでの検査で鳥フル感染が確認されていて、当局から発表済みだった。
 一方11カ月の男児が高熱と呼吸障害を呈して、鳥フル疑いで11日入院したことが、ジャカルタのスリアンチ・サロソ病院の当局者から発表された。またもう1人10日に男性が入院し、検査結果待ちとなっていると、当局者は付け加えた。
・Indonesia says two more birdflu cases confirmed Reuters  (国際) インドネシア、新規2名の鳥フルを確認
 インドネシア保健省は、2名の死亡患者が香港のWHO協力研究所でH5N1鳥フルウイルスに感染していたことが確認されたと発表し、計18人の死者数となった。(これら2名の死亡事例は先に報告されていた事例と同じ)。

 また23歳男性が10日死亡し、インドネシアでの検査でH5N1鳥フルが陽性であったと発表された。男性は鶏卵を扱っている伝統的市場で働いていた。
・Birdflu found in Italy, Greece, Bulgaria USA Today (米国) 鳥フル、イタリア、ギリシャおよびブルガリアで検出

ローマ(AP通信)

 イタリアとギリシャは11日、死んだ白鳥から致死的H5N1鳥フルウイルスを検出したと発表し、またEU委員会はブルガリアでやはり致死的鳥フルウイルス株を確認したと発表し、致死的ウイルスが西ヨーロッパへ到達したことが明らかになった。

 ギリシャとイタリアからの発表はトリノでの冬期オリンピック開幕の翌日に行われ、致死的ウイルスがヨーロッパ連合の中で初めて確認されたことになった。

 イタリア、ギリシャおよびブルガリア政府は人での感染例は報告されていないと言い、さらにイタリア保健大臣のフランシスコ・ストラチェは、イタリア国民へ、ウイルスは単に野鳥に感染しているだけで、事態には緊急性はない故、心配はないと声明を発表した。
 ”事態は人にとっては比較的安全だし、家畜衛生にとってもそれほど心配はない”、とストラチェ大臣は説明している。

 また11日、ナイジェリア政府は先週発見された鳥フルが人へ感染していないか調査中であると語った。少なくとも2人の子供が病気で倒れたと報告されている。

 鳥フルはWHOによると、2003年以来、アジアとトルコで少なくとも88人の死者を出している。それは2003年以来アジア中で家禽産業に被害をもたらし、1億4千万羽以上の鳥が死亡、または拡大阻止のために殺処分されてきた。

 ほとんどの人の死は感染した家禽との接触で起きているが、専門家達はウイルスが変異して人人感染を起こすようになり、世界で数百万人が死亡するパンデミックが発生することを恐れている。

 専門家によると、ウイルスが人との接触の機会が多い家禽農場ではなく、野鳥の間で検出されていることから、比較的事態は安心できると考えられるようだ。
 ”感染が家禽の間よりも野生動物の間で起きているならば、人への危険性は少ない”、とローマに本部のあるFAOの動物衛生担当高官が語っている。
 
 
 ウイルスは南部イタリアの3地域、 Puglia、 Calabriaおよびシチリー島の5羽の白鳥で検出された、とイタリア保健大臣のストラチェ氏は語った。白鳥はバルカン半島から温暖な気候を求めて南方へやってきたと考えられると、同大臣は説明した。

 EU委員会は、イタリア政府が、前日ギリシャが採用した予防的措置をとることに同意したことを発表した。すなわち発生地周囲2マイル(3.2キロ)の隔離地域(protection zone)の設定、さらに7キロに渡る警戒地域(surveillance zone)の設定である。
 隔離地域内の家禽から得られたサンプルについて検査が行われ予定だ。隔離地域内では家禽は他の鳥達と接触しないように隔離され、感染またはその疑いのある鳥達は殺処分される。
 両地域内での狩猟は禁止され、家禽は警戒地域外へは持ち出すことは禁止される。イタリア保健省はそのように説明した。

 また11日、英国のウエイブリッジにあるEU関連研究所では、ギリシャ北部のThessaloniki市から半径45マイル内で発見された死んだ白鳥の検体が、H5N1鳥フル株陽性だったことが確認された。
 ギリシャ当局は、地域の保健専門家が、家禽を飼育している農場や家庭を調査していると語った。
 ギリシャ農業省の高官は現時点では、ギリシャ第2の都市であるThessaloniki市周辺で行われている、予防的措置を拡大する必要は無いと思うと語った。
 ”新規の対策は必要ない。10日間、新規の発生は認めていない。鳥フルが検出されたのは11日前だから、もうパニックになる必要は無い”、と同高官はは説明している。

 またEU委員会は、ブルガリアのルーマニアとの国境沿いの湿地帯ヴィディンでも、白鳥がH5N1ウイルスに感染していたことを確認した。ブルガリア保健省は、これまで野鳥から直接感染した人はいないと説明し、国内の不安を払拭することに努めている。
 ”感染してから発病するまでの潜伏期間は既に過ぎた。これまで人での感染例は報告されていない”。保健省ではそのように説明している。

 しかしナイジェリアでは保健省大臣のエイタヨ・ランボ(Eyitayo Lambo)氏が、H5N1ウイルスが人の間に感染しているかどうか調査に努めていると語っている。数人がすでに疑われているようだ。
 調査は最大の商業都市ラゴスとカドゥナで行われているが、結果は12日に分かるだろうと、同氏は語った。

 他には、中国がH5N1鳥フルによる8人目の死者を報告し、インドネシアが同じように18人目の死者を報告した。

・UN BirdFlu Chief Says Spread of Disease Increases Chances for ... All Headline News (米国) 国連の鳥フル対策責任者、パンデミックが生じる可能性が高まると警告
 国連の鳥フル対策責任者のダビド・ナバロ氏は、鳥フルが東南アジア、東ヨーロッパを越えて拡大している状況は、世界的パンデミックが生じる可能性がより高まっていることを意味すると警告した。しかし同氏は今のところ、ウイルスは人人感染を起こすような変異は生じていないと語った。
・Birdflu reported in three new European countries Radio New Zealand, (ニュージーランド) 鳥フル、ヨーロッパで新規3カ国で確認
 イタリア、ギリシャおよびブルガリアのヨーロッパ3カ国が、白鳥で致死的H5N1ウイルスを検出したと発表した。
 ギリシャ農業省は、北部で野生の白鳥からウイルスが検出された、と発表。
 イタリア保健省は、シチリー島の白鳥でウイルスが検出され、さらに他の地域でも疑い事例が起きている、と発表。
 また英国の検査機関は、ブルガリアのルーマニアとの国境地域の湿地帯で白鳥から分離されたH5N1ウイルスを確認した。

 国連は警告

 国連の鳥フル対策責任者であるダビド・ナバロ博士は、毎朝、ウイルスの人人感染が生じた報告を受けるのではないかと考えながら、起きると言う。
 彼は世界各国の政府に、人人感染を起こすウイルスが明日にでも現れるものと考えて対策を整えるように警告していると言う。
 専門家達は、ウイルスが変異して人に容易に感染する株に変わり、世界で数百万人死亡する可能性のあるパンデミックが生じる危険性について、長らく警告してきている。
・H5N1 BirdFlu Strikes Swans in Italy Daily News Central (米国) H5N1鳥フルウイルス、イタリアで白鳥から検出
 11日、イタリア保健省大臣は、南部イタリアのPugliaとCalabria、およびシチリー島で白鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。
 同大臣は、ウイルスがイタリアにやってきたのは間違いのないことだ”、と閣議の後に記者団に語った。
・伊、ギリシャで鳥インフルエンザ検出 EUで初 産経新聞 
 イタリアとギリシャ両政府は11日、それぞれの国内で死んだ白鳥から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと発表した。欧州連合(EU)内での野鳥からの検出は初めて。AP通信などによると、EU欧州委員会は同日、ブルガリアの白鳥からもウイルスが検出されたと発表した。イタリアとギリシャでウイルスが検出された白鳥はいずれもほかの地域から飛来。欧州では既にルーマニアやクロアチアなどで家禽(かきん)や野鳥からウイルスが検出されており、各国は人への感染に対する警戒を強めている。
 ANSA通信によると、イタリアでは南部で死んだ白鳥17羽のうち、シチリア島の2羽を調べていた。同国のストラーチェ保健相は11日、シチリアなど南部3州からの鳥類の移動を禁じた。
 ギリシャでは北部テッサロニキ周辺の3羽を調査。国境を接するトルコで20人以上がH5N1型ウイルスに感染、死者も出ていることから、ギリシャ政府はトルコからの車両の消毒や食料の輸入禁止など対策を講じていた。

2月11日

・BirdFlu Virus only Two Mutations away from More Deadly Form: UN CRI (中国) 国連:わずか二箇所の変異で鳥フルウイルスはパンデミック・ウイルスへ
 ”ほんの二箇所で変異が起こりさえすれば、H5N1鳥フルウイルスは人人感染を生じるようになる”、と国連の鳥フル対策責任者であるダビド・ナバロ博士がポルトガルの新聞に語った。
 ”私は、人の間で感染しだした鳥フルの異常な事例に関する報告を、今日こそ受けるのでは無いかと、考えながら毎朝起きる”、と同博士は語っている。
・Nigeria starts testing people for birdflu - WHO Reuters India (インド) WHO、ナイジェリアで鳥フル検査を開始
 鳥フル発生地域の人々について、ウイルス検査を開始した、とWHOが発表した。
 熱帯地域で多くの病気があり、死亡原因も多岐に渡るため、死亡者をチェックするだけでは、H5N1鳥フルの検出は難しいと説明。
・Italy tests likely birdflu cases CNN (米国) イタリア、シチリー島の鳥でH5N1鳥フル疑い
 シチリー島の鳥で鳥フルが発生した可能性があり、検査が行われていることが保健省から発表された。
 検査結果は11日か12日に判明するという。
・BirdFlu Risk on Rise in Hong Kong: Official CRI (中国) 香港、鳥フル拡大の危険性が増す:当局発表
・Another Indonesia woman dies of birdflu: ministry Boston Globe (米国) もう1人のインドネシア女性も死亡
 数日前にジャカルタ当局によってH5N1鳥フルが確認されていた27歳女性が死亡した。昨日は別な女性が死んだばかりだった。
 WHOによって確認されたなら18人目の死者となる。
・Medical staff morale key in birdflu outbreak: expert Jackson News-Tribune (米国) 医療関係者の士気が鳥(新型)インフルエンザ対策の鍵:シンポジウムで専門家が講演

 病院はスタッフの鳥フル(新型インフルエンザと同義語)で生じる精神的ストレス、および最も重要な時期における士気や業務に対する責任性の低下に対して、十分な対策を講じておく必要がある。医学専門家が11日、語った。
 ”もしストレスや士気および責任感の低下に対して前もって対策を講じておけなければ、流行が始まって2週後にはスタッフの数は非常に少なくなっているだろう”、と香港のプリンセス・マーガレット病院のICU部長であるチャールス・ゴマーサル医師が、シンガポールで行われた「鳥フルシンポジウム」で語った。
 ”もしスタッフの士気が低下しているならば、彼等は(新型インフルエンザ患者が治療を求めてやってくる:訳者)病院へ来なくなるだろうから、全ては終わってしまう”。
 同医師は、流行が始まったなら、病院はスタッフのカウンセリングや、ストレスを克服できるように、状況に対する毎日の説明をすべきとと言う。

 H5N1鳥フルはほとんどの場合鳥にのみ感染しているが、2003年末に再興してから現在まで7カ国で少なくとも88人の犠牲者を出している。
 それでも現在までウイルスが変異して人人感染を起こしだしていると事実はない。人人感染を起こしだしたなら、世界で数百万人は死亡する悪夢のような可能性があると専門家は考えている。

 ゴマーサル医師は鳥フルに罹患した患者の死亡率はSARSの死亡率よりも高く、それは小児で著しいと語る。
 ベトナム、タイ、香港そして中国から報告された、54例の濃厚治療が必要だった患者の死亡率は89%で年齢の中央値は12歳半であったと言う。
 ”SARSに比較した場合の鳥フルの問題点はその高い死亡率にある。特に小児における高い死亡率が問題となる”、と同医師は語る。”家族が死んでゆく子供を目にしている光景が、どんなにスタッフに衝撃を与え、その士気に影響するか、それは想像を絶する”。
 ゴマーサル医師は、今、病院は対策のための装備とスタッフのトレーニングを開始する必要があると言う。
 ”流行が始まったなら、患者は症状発現から非常に短時間でICUへの入院が必要になる”。
 ”SARSの場合も、3~4日のうちに患者が溢れかえった。鳥フルがそれよりも軽いとは思えない。鳥フルの方が全てにおいて悪いと思われる。もしまだ対策を講じていない人がいるのなら、すぐ帰って始めるべきだ”。

・China, Indonesia Report BirdFlu Deaths CBS News (米国) 中国とインドネシアで鳥フル死者相次ぐ
  
 (AP通信)中国とインドネシアの保健当局は10日、致死的鳥インフルエンザで死亡した女性をそれぞれ報告した。またアゼルバイジャンは家禽での初の鳥フル発生を報告した。さらにナイジェリアはウイルスの拡大が認められていることを報告した。


 鳥の間における鳥フルの拡大は、ウイルス変異の機会を増やす結果、ウイルスが人に対する感染性を獲得し、パンデミックを引き起こす可能性を高める。そのように国連の鳥フル対策責任者であるダビド・ナバロ博士は語った。また現時点では鳥フルウイルスに何も変化は生じていないとも説明した。
 ”残念ながらいつ変異が起きるか、またどこで生じるか、または変異ウイルスがどのくらい悪さをするのか、誰にも分からない”、と博士はAP通信記者に語った。
 ”それでも我々は、ウイルスの変異が起きて、人人感染を生じるようになり、世界的パンデミックが、いつ起きても対処できるように、警戒を維持する必要がある”。


 もしインドネシア女性の死がWHOで確認されたなら、インドネシアで17人目の死者となる。中国の女性の例は確認されたら8人目となる。8日には26歳の女性が家禽での発生がない地域で鳥フルで死亡したことが、中国政府から発表されている(WHO未確認?:訳者)

 アゼルバイジャン保健省は、首都バク市に含まれるカスピ海に突き出たアブシェロン半島で見つかったカモと白鳥の検体から、H5N1ウイルスがロンドンの研究機関で確認された、と発表した。
 当局は市民に家禽との接触を避けるように伝え、野鳥から家禽を隔離するように指導している。この地は以前ソ連に属していて、鳥フルで4人の子供達が死亡した東トルコと短い国境を隔てている。


 国際的専門家達は、8日にアフリカで初の鳥フルを確認したナイジェリアに対して、鳥フルに対してさらに対策を強化するように要請した。またナイジェリア農業省の高官は、ウイルスは北部の5つの農場に広がったと語った。人での感染例は報告されていない。
 国連のナバロ博士は、早急にしなければならないことは、どの程度ウイルスが西アフリカで拡大しているのかを確認することだ、と語った。国連の専門家は、H5N1ウイルスが検出されたナイジェリアのカンドゥナからのウイルス遺伝子を受け取ったところで、他地域で分離されているH5N1ウイルスの遺伝子と比較する予定だ。ナバロ博士はそのように語った。
 パリに本部を置く世界動物保健機構(OIE)とローマに本部を置くFAOはナイジェリア政府に、感染地域の家禽市場を、ウイルス拡大防止のために閉鎖するように要請した。
 ナイジェリア農業省家畜部門のディレクターであるジュナイドゥ・マイナ氏は、政府はやるべきことは全てやる、と語ったが、家禽市場が閉鎖されているという報告はない。
 WHOの世界ポリオ撲滅計画のコーディネーターである、ブルース・アイルワード氏は、「ポリオ対策のために各戸を回り、子供達にポリオワクチンを投与するスタッフが、鳥フル感染を疑わせる原因不明の肺炎で死亡した住民の有無をチェックできる」、と語った。ポリオワクチンの投与は11日から始まった。

 中国における最新の死亡者は、湖南省綏寧県の20歳の農業従事者である。1月27日に発病し、2月4日に死亡した。検査で致死的H5N1ウイルスに感染していることが確認され、WHOに報告された。
 
 インドネシアでは、西ジャワの女性が鳥フルで死亡したことが当局から発表された。ジャカルタの丁度東にあるバカシに住む23歳女性でスリアンチ・サロソ病院に入院し5日後の昨夜死亡した。
 血液と咽頭拭い液が香港のWHO協力研究所へ確認のために送られた。

 WHOによると、2003年以来88人が鳥フルで死亡している。ほとんどの事例は感染した鳥との接触が原因と考えられるが、専門家はウイルスが人に容易に感染する株に変異して、パンデミックを引き起こすことを恐れている。


・Iraqi town helpless against flu Gulf Daily News (バーレーン) イラクの町、鳥フルに対して全く無力
 
アマラ、イラク発

 もし国際的専門家達が、イラクで人々に鳥フルの脅威について教えることの大変さを知りたいなら、アマラの不毛の地で、死んだ家禽の間で遊び回る子供達の姿を見るのが良いだろう。
 イラクの保健当局ではイラク東南部の町の4人の鳥フル疑い患者について調査しているが、大量の家禽の殺処分も行っている。
 何千羽の殺処分された家禽が捨てられている不毛の大地で、15人の子供達が飛び回っている。非常に危険な光景だ。

・ナイジェリアで感染拡大 鳥インフル、新たに3カ所 USFL.COM (米国->日本語)
 西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、同国政府は9日、北部や中部の養鶏場3カ所で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の鶏への感染が新たに確認されたと発表した。これで感染確認は計3州の4カ所に上り、ナイジェリア中北部での感染拡大が明確になった。世界保健機関(WHO)の李鍾郁事務局長は「ナイジェリア全域や周辺諸国へも感染が拡大する危険がある」と指摘。慢性的な資金不足から対策が不十分なアフリカでの「感染爆発」を警戒する専門家は多く、近隣諸国はナイジェリアからの鶏の輸入を停止するなど対策を急いでいる。 新たに確認されたのは北部カノ州の2カ所と中部プラトー州の1カ所で、政府は不審な死に方をした鶏はすべて焼却処分する方針。
 国際獣疫事務局(OIE、本部パリ)は8日、アフリカで初めて、同国北部カドゥナ州でH5N1型の感染が確認されたと発表した。(
・Europe ‘still not ready to cope with flu pandemic’ Financial Times, (英国) ヨーロッパ、”世界的インフルエンザ流行に対していまだ準備不足”
 この数ヶ月以内にインフルエンザのパンデミックが起きた場合、各国は大量の情報の整理と、各国の間における明確な協力態勢、さらに意志決定などで混乱に陥る可能性がある。
・H5N1 threat grows with two dead Australian (オーストラリア) 鳥フル死者2人報告:H5N1鳥フル脅威増大
・China, Indonesia Report BirdFlu Deaths Wyoming News (米国) 中国とインドネシアで鳥フル死亡者
 中国とインドネシアの保健当局は10日、それぞれ致死的鳥フルで女性が死亡したことを発表した。一方、WHOはナイジェリアで行われているポリオ撲滅キャンペーンが、同地での鳥フル対策に役立つ可能性があると語った。
 WHOのポリオ対策スタッフはナイジェリアで子供達にポリオワクチンを飲ますために各戸を個別に訪問しているため、鳥フル感染を疑わせる原因不明の肺炎による死者の発生を監視することが出来ると言う。

 一方、ヨーロッパの検査所では、新規にアゼルバイジャンで家禽での鳥フルが発生したことを確認した。

 最新の中国での死亡例は中国衛生省によると、南部の湖南省綏寧県の20歳女性である。1月27日に発病し、2月4日に死亡した。検査で致死的H5N1ウイルスに感染していることが確認され、WHOに報告された。
 中国で8人目の死者となる。8日には26歳の女性が家禽での発生がない地域で鳥フルで死亡したことが、中国政府から発表されている(WHO未確認?:訳者)。
 
 インドネシアでは、西ジャワの女性が鳥フルで死亡したことが当局から発表された。ジャカルタの丁度東にあるバカシに住む23歳女性でスリアンチ・サロソ病院に入院し5日後の昨夜死亡した。
 血液と咽頭拭い液が香港のWHO協力研究所へ確認のために送られた。WHOに確認されたらインドネシアでの死者は17人となる。
・Birdflu kills two more people, hits Azerbaijan Reuters (国際) 鳥フルさらに中国とインドネシアで2人の死者、アゼルバイジャンでも発生
・中国で8人目の死者 鳥インフルエンザ 徳島新聞
 中国衛生省は10日、湖南省綏寧県の20歳の女性が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染、死亡したと発表した。中国での鳥インフルエンザによる死者は8人目、感染確認は12人目。同省によると、女性は1月27日に発病。発熱と肺炎などの症状を示し、2月4日に死亡した。検査の結果、H5N1型ウイルスが確認された。女性は発病前、自宅で飼っていた家禽の処分にかかわっていたという。
2月10日


・Indonesian woman dies of birdflu: ministry Washington Post (米国) インドネシア女性鳥フルで死亡
 ジャカルタの専門病院でインドネシア女性が鳥フルで死亡し、もう一人が重体であることが10日、保健省高官から発表された。2人の血液検体は香港のWHO協力研究機関に確認のために送られている。
・China puts 35 farm workers under observation after birdflu... China Post (台湾) 中国、35人の養鶏場労働者を監視下に
 中国山西省でH5N1鳥フルで15000羽の鶏が死亡したが、その後関連養鶏場で働いていた労働者35人が自宅隔離の上、1日2回の健康チャックが行われていると省の当局者が語った。国営通信の新華社が報道した。
・Azerbaijan reports birdflu outbreak in wild birds ABS CBN News, (フィリピン) アゼルバイジャン、野鳥での鳥フルを報告
 アゼルバイジャン政府はカスピ海の野鳥でH5N1鳥フルウイルスが検出されたと発表した。ウイルス検査はロンドンの研究所で行われた。
・BirdFlu Positive Cities Rises To 37 Turkish Press (トルコ) トルコ:鳥フル発生都市は37に
 家禽で鳥フル発生している都市は34から37に増加したと当局が発表。
・タミフルの国内生産を検討 中外製薬、厚労省が打診 神戸新聞
 中外製薬が抗インフルエンザ薬タミフルの国内生産を検討していることが10日分かった。厚生労働省が同薬の輸入販売を手掛ける同社に打診し、中外製薬が検討を始めた。実現すれば懸念が強まっている新型インフルエンザ流行時の安定供給につながりそうだ。タミフルはスイスの製薬大手ロシュが製造し、日本には子会社の中外製薬が輸入している。厚労省は鳥インフルエンザウイルスの変異などによる感染力が強い新型インフルエンザの流行対策として、タミフルの備蓄を進めているが、世界的な需要の高まりもあり、輸入頼みの弱点が指摘されていた。日本は世界の7割を占めるタミフルの最大の使用国。2005年の初めにインフルエンザが流行したため、05年の国内売上高は352億円と、前年比約4倍に増えた。
・Indonesian woman dies of birdflu: ministry Jackson News (米国) インドネシア女性、鳥フルで死亡
 ジャカルタの専門病院でインドネシア女性が鳥フルで死亡し、もう一人が重体であることが10日、保健省高官から発表された。2人の血液検体は香港のWHO協力研究機関に確認のために送られている。
 昨日のロイター通信報道の続き。
・35 in birdflu-hit area under medical observation China Daily (中国) 中国、山西省の鳥フル発生養鶏場労働者35人が自宅隔離
 山西省行政当局が9日発表。
 北部中国の山西省で、15000羽の鶏が養鶏場で死亡し、省の検査所で2月7日に高病原性H5N1鳥フルであることが確認された。同養鶏場で鶏に濃厚接触していた労働者35人が自宅隔離とされ、1日2回健康チェックが行われている。
・Nigerian cases show birdflu's rapid spread -UN Reuters (国際) 国連:ナイジェリアの事例は、急速に鳥フルが拡大していることを示している
・Nigerian birdflu outbreak worries experts Reuters (国際) ナイジェリアの鳥フル発生に専門家は警戒感を強める
・Nigerian birdflu outbreak spreads TODAYonline (シンガポール) 
 アフリカでの初の鳥フル発生は少なくとも4カ所の農場に拡大していることをナイジェリア政府は発表し、大陸全体が鳥フル拡大に対する危機感を募らせ始めた。

・Tough Measures Against Spread of BirdFlu AllAfrica.com (米国) ナイジェリア政府、鳥フル拡大に対する対策は万全と
 ナイジェリア農業省大臣は8日、鳥フルは人の間で確認されて無く、発生するという不測の事態に対しても態勢は整っていると発表した。
・Africa braces for possible birdflu epidemic ABC Online (オーストラリア) アフリカ、鳥フルの拡大の恐れ
 アフリカでの初の致死的鳥フルの発生は少なくとも4カ所の農場に広がっているとナイジェリア政府は語り、アフリカ大陸全体に拡大の恐れが出ている。

 ナイジェリア農業省の報道官は北部ナイジェリアの200キロ以上離れた数カ所の鶏飼育場で、H5N1鳥フルウイルスが検出された、と発表した。
 ”4農場の周辺が交通遮断され地域閉鎖された。カドゥナ州で1カ所、カノ州近くで2カ所、そしてプラテウ州で一カ所である”、と報道官はAFP通信に語った。

 一方、カドゥナ州当局は、鳥が死亡したもう一箇所の農場に住んでいる2人の子供が病気で倒れ、血液の排出を伴う咳が著しくなってきたため、鳥フルの検査を行っていると発表した。

 先にナイジェリア政府は、鳥フルの発生はカドゥナ近くのサンバワ農場1カ所と発表していたが、本日の発表では、鳥フルは国内で拡大している恐れがあることを告げた。
・Greece Suspects EU's First Case of Deadly BirdFlu (Update4) Bloomberg  (国際) ギリシャ:野鳥でEU初の鳥フル発生疑い
 H5亜型ウイルスが白鳥3羽から分離され、H5N1株であるかの確認をロンドンの研究所に依頼していると、ギリシャ政府が発表した。
2月9日


・Birdflu experts arrive in Nigeria after outbreak Reuters India (インド) ナイジェリアに専門家チームが到
 FAOの視察員達がナイジェリアの鳥フル発生が見られている3州に入って調査を開始した、とナイジェリアの首都のWHO事務所の代表が語った。
 発病した鶏に接触した人々の健康調査と、家禽へ接触しないように指導することが役割となっている。
・Dutch say necessary to keep poultry indoors Reuters AlertNet (英国) オランダ、家禽の屋内飼育が必要と
 オランダ農業大臣は議会で、渡り鳥からの鳥フル感染を防ぐために、3月から家禽の屋内飼育が必要であると語った。
・WHO Confirms Jordan's Freedom From BirdFlu Jordan News Agency (Petra), (ヨルダン) WHO、ヨルダンには鳥フル発生していないことを確認
 WHOの専門家チームはヨルダンの病院と保健施設を調査したが、鳥フルはヨルダンに発生していないことを確認し、ヨルダンの対策を評価する談話を発表した。
・Local tests show two Indonesian women have birdflu Reuters India (英国) インドネシア女性2人、ジャカルタの検査で鳥フルと診断
 2名のインドネシア女性が地域の検査でH5N1鳥フルに感染していることが確認された、と9日保健省高官から発表された。
 1人は27歳でもう1人は22歳。2人とも鳥フル患者としてジャカルタの病院で入院治療を受けている。結果は昨夜保健省に届いたが、さらなる検査のために検体はWHO協力機関である香港の研究所に送られた。
 2名とも症状は悪化していると説明された。
 感染源は2名とも不明であるが、少なくとも1人は鶏と接触の既往はないという。
・ナイジェリアで鶏が鳥インフルエンザに感染、アフリカで初の感染例に ロイター  (国際)
 ナイジェリア北部の養鶏場で鶏が病原性の高いH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染したことが確認され、アフリカで初の感染例となった。国連食糧農業機関(FAO)の担当者は「ナイジェリア北部カドゥナ州での感染確認は、(鳥インフルエンザ)のリスクがない国は存在しないことと、われわれが深刻な国際的危機に直面していることを証明している」と語った。また「ナイジェリアの情勢が制御不可能となれば、同地域の家禽(かきん)は壊滅的な影響を受けるだろう。数百万人の生活が深刻な打撃を受け、人がウイルスに触れる危険も増すだろう」と述べた。
 ナイジェリアのベロ農業相は、これまでのところ養鶏場の従業員への感染は見られないとしているが、ナイジェリアの死亡率は世界でも最高水準にあり、正式な検死を行わずに埋葬される例もしばしばあるため、本当に人への感染がないかどうかを当局が確認することは困難とみられている。
・200000 chickens felled in China's latest fight against birdflu Earthtimes.org (国際) 中国、鳥フル対策で20万羽の鶏が殺処分
 最近H5N1鳥フルが山西省の鶏農場で発生したが、中国当局はウイルスが人に感染するのを防ぐために20万羽近い鶏を大量に殺処分した。
・BirdFlu Hits Nigeria, Kills 200,000 Fowls This Day (subscription), (ナイジェリア) 鳥フル、ナイジェリアで発生、20万羽の家禽が死亡
 つむじ風のように、アジアとヨーロッパの一部で被害をもたらしている高致死的鳥フルがナイジェリアで発生し、少なくとも20万羽の鳥を殺している。OIEによるとアフリカで初の発生で、ウイルスは人へ感染すると死亡する可能性の高い高病原性H5N1株と確認されている。
 発生したのは北部のカドゥナ州であるが、現地に専門家チームG送られた。
・Avian flu found in Africa, has killed 40,000 birds on Nigerian ... San Luis Obispo Tribune (米国) アフリカで初の鳥フル発生が確認--ナイジェリアで4万羽の鳥が死亡

世界動物保健機構、OIEは北ナイジェリア、カドゥナ州の農場でH5N1致死的鳥フルが発生して4万羽の鳥が死亡したことを発表した。アフリカで初のH5N1鳥フルの発生となった。人での感染例はないと言う。

 発表はこれまで懸念されていた、中東や東ヨーロッパから鳥フルウイルスが渡り鳥により運ばれてくるという懸念が、確認されたことになった。
 地域では、数百万人の人々が動物に密に接触した生活を営んでいて、さらに鳥フル拡大を抑制する公衆衛生的能力を欠いている。ナイジェリアは大きな商業用家禽農場があることから、鳥フル発生の危険性は高い。またOIEによると、数百万人のナイジェリアの人々は家禽を放し飼いにしている。

 鳥フルは希にしか人に感染しないが、感染した鳥との濃厚接触で人に感染する機会が増える。専門家はウイルスが変異して人に容易に感染するようになり、世界的パンデミックとなることを恐れている。

 H5N1鳥フルウイルスはこれまで165人の発病者と88人の死者を世界で出している。その多くは東アジアであるが、最近トルコや北イラクで死者が報告されている。

 国連機関とナイジェリア政府は感染した鳥を処分し、地域を閉鎖した。専門家チームが地域へ送られると、国連機関では語っている。

 ”もしナイジェリアの状況がコントロール制御不能となるなら、地域で飼育されている家禽、およびそれに生計を依存している人々に対して破滅的ダメージを与え、同時に人へウイルスが感染する機会が増加するだろう”、とOIE長官のサミュエル・ジュッツィが語った。

 8日遅く、ナイジェリアの隣国のベニンはナイジェリアからの家禽および家禽産物の輸入を禁止した。
 
 今回検出されたウイルスは1月16日、鶏、ダチョウ、およびガチョウを飼育する農場から発見され、イタリアの研究所で確認された。ウイルスはさらに遺伝子配列が分析され、これまで知られているH5N1ウイルスと比較検討される。OIEではそのように説明している。

 また今回鳥フルが発生したカドゥナ州隣のカノ州でも、6万羽の鳥が死亡している。現在ナイジェリア当局者は原因を調査していて、予備的検査では鳥フルが否定されたが、さらに検査を続けていると当局者は語っている。
 
 国連の保健専門家達は昨年10月に、冬期間に渡り鳥によりウイルスがアフリカへ運ばれる危険性について、警告を発し始めた。
 また先月国連が北京で主催した会議で、アフリカや東南アジアの貧しい国々の家畜衛生や感染症発生のモニタリング・システム整備に、20億ドルの基金が準備された。

 
・Egret tests positive for birdflu in HK; suspected cases in ... Canada.com (カナダ) 香港で野鳥などでH5N1鳥フル拡大の恐れ--全鶏の殺処分の可能性も
 香港で今週早くに死亡したシラサギから致死的H5N1ウイルスが検出されたと香港政府が発表した。
 また死亡した鶏”Japanese white-eye”も鳥フルの可能性があり、検査中と伝えられた。
 シラサギも鶏も郊外のTuen Mun地域で見つかったものである。
 香港政府は鳥フル拡大対策を強化した。
 香港保健相は8日、もしH5N1鳥フルが複数の農場で複数の鶏から検出されるならば、政府は全ての鶏の殺処分を行う、と発表した。
 ”もちろん政府はこのような事態が起こらないことを願うが、我々は精神的に準備する必要がある”、 York Chow氏は語った。
 香港政府は1997年鳥フルが6人の犠牲者を出したとき、150万羽全ての鶏を殺処分している。

・China reports new human case of birdflu as woman tests positive ... Canada.com (カナダ) 中国で女性が鳥フル検査で陽性
 中国政府は26歳女性が鳥フルに感染したと8日発表し、中国で少なくとも11例目の発病者が出たことが確認された。
 この福建省の事例がでるまで、中国では10例の発病者が報告されていたが生存者は3人のみだった。
 中国国営通信によると、女性の住んでいる地域では家禽での鳥フル流行は認められていなく、女性の感染源は不明となっている。女性との接触者について調査が行われている。
・11人目の感染確認 中国福建省 神戸新聞 
 中国衛生省は8日、福建省の女性(26)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したと発表した。中国での人への感染確認は11人目。衛生省によると、関係当局が調査した結果、現地では家禽(かきん)への鳥インフルエンザ感染は確認されなかった。同省当局者は女性と接触した人への検査を急いでいるが、現時点で感染経路は特定されていない。中国ではこれまでに感染者7人が死亡。家禽への感染は計13の省と自治区に広がっており、感染拡大に対する懸念が強まっている。
2月8日

・ナイジェリアで鳥インフルエンザ感染、アフリカで初めて CNN Japan (日本)
 家畜の安全基準を定める国際機関、国際獣疫事務局(OIE、本部パリ)は8日、アフリカ中央部、ナイジェリア北部の村で、家禽類が病原性の高いH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染したことが判明した、と発表した。アフリカでのH5N1型鳥インフルエンザ感染は初めて。ナイジェリア北部、カドゥーナ州ジャジ村での感染で、OIEの研究所での検査で確認した。
・Birdflu emerges in Africa Toronto Star (カナダ) 鳥フル、アフリカでも発生
 8日、ナイジェリアの北部のカドゥナ州のヤジ村( Jaji)の商業用家禽農場で致死的鳥フルが発生したと同国が報告したことが、OIEにより発表された。OIEのスポークスマンはアフリカで初の鳥フル発生事例であると語った。
 イタリアのパドバの研究所が高病原性H5N1鳥フルであることを確認したが、さらに遺伝子配列を分析して他の地域のH5N1ウイルスとの比較が行われる。
 ナイジェリア当局は農場を消毒し、発生地を封鎖し動物の動きをコントロールしている。
 OIEはFAOと協働して対策に当たる予定と語った。


・Nigeria reports outbreak of deadly birdflu strain in poultry WAVY-TV (米国) ナイジェリアでH5N1鳥フルが家禽で確認
 北ナイジェリアの村で家禽の間でH5N1致死的鳥フルが発生したことが、パリに本部を置く世界動物保健機構( World Organization for Animal Health:OIE)が発表した。詳細は不明。
・State health officials release flu pandemic readiness plan AZ Central.com (米国) アリゾナ州保健当局、インフルエンザ・パンデミック対応計画を更新
 アリゾナ州保健当局は、インフルエンザ・パンデミック対応計画を更新した。そこでは家庭や企業にパンデミックに対する準備を求めると共に、病院に対して溢れかえる患者に対する対応に関して計画を練るように求めている。

 6日に発表された計画では、家庭で食料や飲料水、医薬品を緊急事態の期間に備えて備蓄するように求めている。
・China reports birdflu outbreak in coal-mining north ABC News  (国際) 中国、山西省での鳥フル発生を報告
 山西省の鶏農場でH5N1鳥フルにより15000羽が死亡したと発表。しかし鳥フルはコントロール下にあると農業部が発表。
・HK Baby Boy in Isolation Ward: Possible BirdFlu CRI (中国) 香港の幼児、鳥フル疑いで隔離
 香港の20カ月になる男児が発熱と肺炎を呈し、H5鳥フル疑いで隔離病棟へ入院。
 幼児の検体は検査のために研究機関に送られている。
 入院前幼児は生きた鶏に接触した既往がある。
・中国で新たな鳥インフルエンザ感染、拡大は抑制=農業省 ロイター (国際->日本語)
 中国は、山西省の養鶏場で新たな鳥インフルエンザ感染が見つかったと明らかにした。ただ農業省は、拡大は抑制されているとしている。同省の陽泉市にあるこの養鶏場では、3日までに約1万5000羽のニワトリが死亡した。7日にはH5N1型ウイルスへの感染が確認されたという。現場には農業省のチームが派遣されている。養鶏場の周辺地域では、これまでに18万7000羽以上のニワトリが処分されている。
・Bird Flu Suspected in Boy's Death Newsday (米国) イラク:死亡した少年、鳥フルの疑い
  イラクの保健専門家は、南部イラクで死亡した少年が鳥フルに感染していた疑いがあるため調査中であると、保健当局が7日語った。
 1月17日に北部クルディスタンで15歳少女がH5N1鳥フルで死亡して以来、同地域外での初の感染者疑いとなった。
 ハイデル・アブドゥラ-リドゥハ医師が、14歳の鳩売りの少年がアマラ(バグダッドの南方180マイル)の総合病院で死亡したと語った。
 保健当局では少年の血液サンプルをバグダッドの研究所にさらなる詳細検査のために送ったと、アマラ保健省の伝染病担当長官である同医師は説明した。
 少年が鳥フルに感染していたかどうかについては10日ほどかかると説明され、また少年の家から全ての鳩が当局の手で持ち去られ、鳥フル検査が行われる。
・Romania finds suspect bird flu cases outside delta Reuters AlertNet (英国) ルーマニア、デルタ地域外で家禽の鳥フル発生疑い
 ルーマニアは昨年10月に鳥フル発生が初めて確認されたダニューブ・デルタ地域の東部で、新たに家禽での鳥フル発生の疑い事例が発生したと発表。
・Previous pandemic in 1918 recalled as Cornell plans for possible ... Cornell University News Service (米国) コーネリア大学におけるインフルエンザ・パンデミック対策:スペイン風邪(1918年インフルエンザ)の脅威から学ぶ

As avian flu spreads among bird populations throughout Asia and eastern Europe, accounting for close to 90 human deaths so far, health officials at Cornell University are working out details of an emergency plan for campus in the event of a pandemic.

Such a plan would be necessary only if the virus mutates to allow contagion between people. At present, almost all the human cases have originated from contact with birds, with the source of a few cases still unclear.

This would not be the first time for a flu pandemic to hit Cornell. In October 1918, the "Spanish influenza," now called the 1918 flu, overwhelmed campus and Ithaca for more than a month.

The first cases hit campus in the last week of September 1918, just prior to classes starting, and with the World War I armistice still nearly six weeks away. Within weeks, the number of cases skyrocketed. By Oct. 8, the day The Ithaca Journal ran the front-page headline "Anglo-American Troops Smash Hun Defenses," there were 300 reported cases of the flu, also called the grippe, in Ithaca that day.

Of the victims, 125 were in the Ithaca infirmary and an untold number of ill women students were being housed in the annex of Sage College. To take the overflow, on the afternoon of Oct. 7, Cascadilla Hall was converted into a temporary hospital; by the next morning, 36 beds were filled, and the Cornell infirmary reported the first flu-related death for all of Ithaca: A male student in the vocational school had died from pneumonia. In the subsequent two weeks, many more died, often succumbing to pneumonia after contracting the flu.

C.D. Bostwick, the university treasurer at the time, wrote in a 1919 report to the university's president: "During October and November there were approximately 900 cases cared for, all being students in the university or in one of the government schools. There were 37 deaths." Although Buffalo and other cities shut down such public places as street cars, schools and saloons, The Ithaca Journal reported on Oct. 9 that the Ithaca health board felt such measures were ineffective, and public areas remained open.

At the time, most of the area's medical personnel had been called away to war. "There was a scarcity of doctors, nurses, and help of all kinds, and of equipment and supplies," Bostwick wrote.

The minutes of a Nov. 30, 1918, Cornell Board of Trustees meeting note that the university health facilities would have "been in serious plight" had it not been for "the unselfish labors" of volunteers from Ithaca and nearby towns. The minutes comment that the volunteers "devoted themselves for weeks, day or night, to any service ... however laborious or distasteful the service might be."

In addition, medical students were deputized to care for the sick in the wards. As a result, instruction at the Ithaca division of the medical college came to a halt that October. "For more than a month all of the seniors and juniors were devoting most of their time to the hospital," wrote Walter L. Niles, acting dean of the medical college in Ithaca, in a report to the president. The college's sole instructor in anatomy, Henry K. Davis (A.B. '12, A.M. '14), died in the pandemic.

Overall, there were 1,300 cases of grippe and almost 40 deaths in the Ithaca hospital system, in addition to the cases at Cornell.

The highly virulent strain of Spanish flu had a similar genetic structure to the current H5N1 avian flu strain, according to scientists who have recreated the 1918 virus' genome. That earlier strain jumped straight from birds to humans to kick off the pandemic that killed 50 million worldwide. In 2006, however, the H5N1 strain will need to mix genes with a human flu strain or undergo additional mutations to become transferable from human to human.



・Hong Kong to ban backyard poultry farming over birdflu fears TODAYonline (シンガポール) 香港、鳥フル拡大の恐れから、家禽の放し飼いを禁止へ
 H5N1鳥フルに感染した鶏が密輸入されていた事実から、香港内での鳥フル拡大を懸念し、家禽の屋外飼育を禁止する計画と、そのための法整備が図られる予定。
・Dead boy 'may be birdflu victim' NEWS.com.au (オーストラリア) イラク:少年が鳥フル疑いで死亡
 イラク南部のアメラで少年が2月1日に鳥フル様症状を呈し、2月5日に病院に入院したが同日死亡した。WHOがイラク保健省からの報告として発表した。
 ”イラクでは1例の死亡者が確認され(少女例)ていて、他に3人の死亡者が疑われている。その中には少女の叔父と、南部での死亡した少年、およびもう1例の死亡者が含まれる”、とジュネーブのWHOの本部の報道官が語っている。
2月7日

・Nigerian farms destroy dead poultry, labs testing Reuters AlertNet (英国) ナイジェリアで、数千羽の鶏が原因不明死
 北部ナイジェリアの農家がここ数日内に死亡した数千羽の鶏を処分している。当局は鳥フルも含めて死亡の原因を調査している。
・Woman hospitalized in Indonesia with birdflu Forbes  (国際) インドネシア:女性が鳥フルル疑いで入院
 西ジャワの個人病院で治療を受けていた27歳女性が、鳥フル疑いでジャカルタの鳥フル専門病院であるスリアノ・サロッソ病院へ入院した。
 個人病院で受けた検査では鳥フル疑いが示された。
 2005年の人での鳥フル感染が起きて以来、インドネシアでは16人の死者が出ている。
 インドネシア政府は現在、11名のインドネシアで診断された感染者のWHOによる確認を待っている。
・Indian Sailor Dies in Lithuanian Port, BirdFlu Suspected MOSNEWS (ロシア) インド人船員、リトアニアの港で鳥フルで死亡疑い
 リトアニアのクライペダ港で死亡したインド人船員が鳥フルで死亡した疑いが持たれていると、リトアニア保健省が7日に発表した。
 ”船名「MV Ocean Wind」のクルーの一員のインド人船員がクレイペダで本日死亡した。疑われている死因は鳥インフルエンザだ”、と保健省は述べた。
 死者は62歳の料理人で2月4日に倒れ、本日救急車の中で死亡した、と説明された。
 クライペディアで解剖されたが、さらに詳細なる分析は首都ビリニュスで行われると言う。
 他の詳細に関しては不明。
  Ocean Windは1月17日に西ドイツからリトアニアに到着した。
・Researchers Uncover 4 Different Genetic Bird-Flu Strains HealthCentral.com (国際) 研究者、H5N1鳥フル株を4種に大別
 中国と米国の研究者は、H5N1鳥フルウイルス株が現在遺伝子的に4種に分類されることを見いだした。
 これらの発見はワクチンを作る上で重要となる。
 米国の聖ユダ小児病院のウイルス研究者であるロバート・ウエブスターと香港大学の研究者が発表した。
・Uncontrolled bird flu in China has seeded outbreaks in Vietnam Thanh Nien Daily (ベトナム) 中国でコントロール不能状況になった鳥フルが、ベトナムへも拡大中国研究者が報告
 野鳥や家禽から分離したH5N1鳥フルウイルスの遺伝子分析で、過去10年間南中国で拡大したウイルスがベトナムへも広がったことが、中国の研究者達によって明らかになった。
・Hong Kong Confirms Fifth Bird With H5N1 Flu Strain, Govt Says Bloomberg (国際) 香港でH5N1鳥フルウイルスが野鳥から検出-第5の事例
 香港で死亡したカササギから致死的H5N1鳥フルウイルスが検出されたことを当局は発表し、鳥からウイルスが検出された5番目の事例となった。
 香港では正規に輸入された家禽はワクチン接種を受けており、またH5N1ウイルスが検出された死亡した鳥は全て野生である。
・中国南部の各地に定着 H5N1型の鳥インフル 神戸新聞 
 中国南部では高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の種類が、家禽(かきん)市場や渡り鳥の越冬地によって微妙に異なり、それぞれ定着しているとする研究結果を、香港大と米セントジュード小児研究病院のチームが6日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。東南アジアの鳥で流行しているH5N1型が中国由来であることも判明、渡り鳥が中国から感染を広げたとする従来の説を裏付けた。人への感染力が強い新型インフルエンザに変異する恐れもあり、同病院のロバート・ウェブスター博士は「中国政府は家禽市場の監視を強化すべきだ」と指摘している。
・Iraq confirms second birdflu death Aljazeera.net (クエート) イラク、2人目の鳥フル死者を確認
 姪が死亡して1週間後にインフルエンザ様症状で死亡した40歳男性が、カイロの米軍研究施設でH5N1鳥フル感染が確認されたとクルド自治区保健省高官が発表した。
・Genes of deadly birdflu reveal Chinese origin New Scientist (subscription), (英国) 致死的鳥フルウイルスの遺伝子は中国のウイルス由来と
  H5N1ウイルスは中国南東部を10年間に渡り家禽の間で感染を広げていると、中国の研究者が発表した。大量の遺伝子分析で、ウイルスが主として家禽の間で広がっていること、しかし野鳥が中国からトルコへウイルスを運んで行ったことが明らかになった。

 山東大学のイ・グアンと福建省厦門(アモイ)、および香港の共同研究者達は、ウイルスの拡大は中国南東部でのウイルス封じ込め以外に方法は無いと言っている。中国政府は中国がウイルスの拡大の震源地であることを否定し、個人的インフルエンザ研究を禁止した。
 
 研究者達は2004年1月から2005年6月までの間、中国南東部の13000羽の渡り鳥と、50000羽の市場の家禽を対象に遺伝子分析した。2005年6月以降、中国政府は個人的サンプルの収集は禁止している。
 市場での家禽の2%にH5N1ウイルスを検出した。それら家禽は明らかに健康で、アヒル、ガチョウ、少数の鶏であった。調査期間のうち2カ月間を除いてウイルスは検出された。ウイルスの遺伝子配列は広東、湖南、雲南で少しづつ異なり、地域特異性を示している。しかし、全ては1996年に流行した広東の株に由来していることが示された。
・Sanofi to supply additional $50mn worth of birdflu vaccine to US Earthtimes.org (国際) サノフィ製薬会社、米国へ5千万ドル相当の人用鳥フルワクチンを追加生産
 サノフィ・パスツール製薬会社は15000人分の人用鳥フルワクチンを米国NIHに納入した。同社が本日発表した。
 このワクチンはH5N1鳥フルウイルスに対する人用ワクチンで、アジュバント(免疫効果を高めるために)として水酸化アルミニウムを含有し、さらに効果的ワクチン開発のための臨床試験用ワクチンとされる。
 米国保健省は昨年9月に1億ドル相当のワクチンを同社と契約したが、さらに保健省は米国防衛省のために5千万ドル相当のワクチンを提供する予定と発表した。
 これらワクチンは実験段階の試作品ではあるが、他の開発されているワクチンに比較するとより効果的ワクチンと考えられている。
・インドネシアの鳥インフルエンザ感染者23人に 日本経済新聞
 インドネシアの鳥インフルエンザ感染者は6日、新たに4人の感染が確認されて23人となり、ベトナムに次いで世界で2番目になった。うち世界保健機関(WHO)は16人の死亡を確認した。さらに11人を鳥インフルエンザ感染の疑いで検査中。ジャワ島西部中心に感染が急拡大している。
 WHOは4人の感染者のうちジャカルタ在住の22歳の男性と西ジャワ州の15歳の少年の死亡を確認した。インドネシアでは昨年7月に初めて感染死者が出て以来、半年余りでタイの14人を上回った。ベトナムとタイ両国の感染が沈静化する中、インドネシアでは感染が拡大する一方で、政府の対策に批判が高まっている。
2月6日


・International experts help Iraq tackle birdflu Washington Post (米国) 国際専門家チーム、イラクの鳥フル対策に協力
 イラクでは6日、6人の鳥フル疑い患者が治療中であるが、国際専門家チームも到着し戦争で荒廃した国の鳥フル対策に協力を開始した。
・Iraq finds birdflu outbreak in poultry, OIE says Herald News Daily (米国) イラク、鳥フルが家禽の間で発生
 イラクのスレイマニヤで家禽の間で鳥フルが発生していたことが確認された、とOIEが発表。
 全ての家禽の鳥フルは屋外飼育の鶏、ガチョウ、七面鳥、アヒルで発生した。
 650羽が鳥フルで死亡し、2500羽が殺処分された。家禽での検査はH5亜型が陽性で、詳細検査は施行中と言われる。
・Indonesia Reports 17th BirdFlu Fatality CRI (中国) インドネシア、17人目の死者発生
 4日に死亡した38歳女性が地域の検査で鳥フル感染が確認され、インドネシアで17人目の鳥フル死者となった。6日に、インドネシア保健相が語った。
 女性が鳥から感染したかどうかについては不明。
・HK on alert for birdflu cases CNN International (国際) 香港、鳥フル監視態勢強化
 香港政府は税関に家禽や鳥の密輸入に対して、監視を強化するように指令を出した。
 また中国本土とも連携を良くして、不法な鳥の密輸入対策を強化する予定となった。
・US, UN officials in Iraq to help battle birdflu USA Today (米国) 米国と国連の専門家チーム、鳥フル対策協力のためにイラクへ
 米国軍隊の護衛のもとに、米国とWHOの疫学専門家、獣医学者、医師達が北部イラクのクルディスタン地域で鳥フル対策の協力に着手した。
 当局の報告では少なくとも8人が鳥フル様症状で入院しているという。
 1月17日に15歳少女が死亡し、H5N1鳥フルに感染していたことが確認され、イラクで初の感染者となった。しかし少女が家禽から感染したのか、渡り鳥から感染したのか、それとも他のルートで感染したのか不明となっている。少女の叔父も鳥フル様症状で死亡したが、検査は英国で行われており、そのウイルス検査により、イラクのウイルスが変異して人人感染を起こしやすくなっているか否かについて、明らかになると考えられている。
・WHO teams in Iraq to fight bird flu Aljazeera.net (クエート) WHOチームイラクへ到着
 WHOの専門家2チームがイラクに到着した。イラクで初の鳥フル死者が出た北部クルディスタンでの鳥フル対策に協力するためである。
 8人のメンバーからなるチームはクルディスタンの主要都市であるアルビルに航空機で到着した。そして5日夜にクルディスタン自治政府の保健省と会談した。
 もう一つの2人の獣医専門家からなるチームは4日にバグダッドに到着し、6日にアルビルに向かう。
 最初に感染が確認された少女の叔父も死亡しているが、そのウイルス検査は英国の研究機関で行われている。ウイルスが変異しているのか、人人感染が起きえるのか等、英国の検査機関での結果が極めて重要となっている。
・EU approves Tamiflu for children United Press International (国際) EU、小児へのタミフル投与を承認
 鳥フルが人人感染を起こしだし、パンデミックになった場合、EUはタミフルが含まれる”咳シロップ”の予防投与を承認した。
 ヨーロッパ医薬評価機構(The European Medicines Evaluation Agency)は、インフルエンザ・パンデミックが発生した場合、1~12歳までの健康小児が予防として、”タミフル咳シロップ”の予防量の投与を受けることを承認した。
 これまでは健康小児が治療のために投与を受けることは承認されていた。
・Bulgaria on High Alert over BirdFlu Fears Sofia News Agency (ブルガリア) 鳥フル脅威に対してブルガリアで高度警戒
 初めての鳥フル感染野鳥を確認したブルガリアでは、専門家達が河や湖で野鳥の動向を監視、さらに市民に対しても多くの情報を提供し始めた。関係者達は調査のための予防衣、さらにタミフルの提供を受けている。
2月5日

・Indonesia's Confirmed Bird-Flu Death Toll Rises to 16 (Update1) Bloomberg (国際) インドネシア、鳥フル死亡者16人へ
 インドネシアでの鳥フル死者はWHOが2人の死亡を確認したことから16人となった。
 ”現在感染者は死亡者2人を含む4人が追加されて、確認例は23人となった”、とWHOのインドネシア報道官が電話インタビューで答えた。
 1月26日にジャカルタで死亡した22歳のバナナ売り、2月1日に西ジャワの州都であるバンドゥンで死亡した15歳少年の2人が死者として追加された。
 またWHOはさらに4人の検査結果をインドネシア当局から届くのを待っているようだ。
・Bulgaria Supplies Specialists with Antiviral Drug Tamiflu Sofia News Agency (ブルガリア) ブルガリア政府、鳥フル対策専門家達にタミフルを供給
 3日にブルガリアで野鳥がH5鳥フルに感染していることが初めて報告されてから、当局には多くの死亡した鳥に関する情報が集まっている。政府は対策に当たる専門家達にタミフルを5日に供給する。
・Eleven more suspected Indonesian birdflu cases await WHO ...  Khaleej Times (アラブ首長国連合) インドネシア、鳥フル感染可能性例11人がWHOの確認待ち
 インドネシアにおける公式情報として、H5N1鳥フル感染者は23人で、そのうち死亡者は16人であるが、現在インドネシア政府はさらに11人の可能性例のWHOによる確認を待っている。11人はインドネシアでH5N1感染が確かめられているが、WHOの協力研究機関である香港の研究所での確認により、WHOから公式に承認される。11人のうち4人は死亡している。
・Only one Turkish bird flu patient remains in hospital Turkish Press (米国) トルコ:入院患者は最後の1人に
 4歳半の少年が東部トルコのエルズルムで治療中であるが、鳥フル治療患者の残りは全員退院した、とアンカラの保健省当局者がAFP通信に語った。しかし少年も数日内に退院出来るだろうと、付け加えた。
・Turkey shows how to contain birdflu, expert says Turkish Daily News (subscription), (トルコ) 専門家:トルコは鳥フル封じ込め対策の手本を示した
  感染した鶏の迅速なる検出と、引き続き行われる殺処分。そして関係した人々の健康状態のモニター。これらの措置がトルコでの鳥フル封じ込めにつながっている。
 病院においても効果的感染予防対策(タミフルの使用、緊急患者のトリアージ(本当に鳥フル感染が疑われる患者の発見)が重要な役割を果たしている。CDCから派遣された専門家がそのように語った。
・Last patients discharged from hospital, signaling end to birdflu... News1130 (カナダ) トルコ:最後の患者が退院-鳥フル封じ込めの成功か?

The last four suspected bird flu patients - two of them confirmed to have contracted the deadly H5N1 strain - were discharged from a hospital in eastern Turkey, signalling an end to the recent outbreak, a doctor said Saturday.

There were no bird flu patients left in any hospital in Turkey, a Health Ministry official said, suggesting the outbreak might have come to an end. The official spoke on condition of anonymity because Turkish civil servants cannot speak to media without prior authorization.

The two children confirmed with bird flu had both been in critical condition before improving drastically and being released on Friday.

"The children were under treatment for nearly a month, and they were sent home after they apparently recovered from bird flu," said Dr. Ahmet Faik Oner from the Van 100th Year Hospital, where the four confirmed deaths from bird flu in Turkey occurred.

"The crisis in Van is 95-per cent over" Oner told The Associated Press. "There might be sporadic (bird flu) cases in the future, but I don't think we'll face a new epidemic."

The two children were relatives of Fatma Ozcan, the last of four children who died of bird flu in Turkey.

Two other people who were treated for bird flu, though neither had confirmed infections, also were released Friday from the hospital in Van.

A total of 21 people tested positive for the deadly H5N1 strain of bird flu since the outbreak began in December, the government's bird flu crisis centre said.

Turkey has destroyed more than 1.6 million fowl across the country to contain the virus and limit contact between fowl and humans.

The bird flu virus has so far only jumped from poultry to people, killing at least 85 people in east Asia and Turkey since 2003.

Experts fear that if the strain is not contained, it could mutate into a form spread easily among humans, triggering a pandemic capable of killing millions.

 鳥フル感染が疑われ入院していた最後の4人が(そのうち2人は感染が確認された)東トルコの病院から退院し、医師は4日、流行は終焉した可能性があると語った。

 現在トルコ国内では、鳥フル患者の入院例はない、と保健省当局者は匿名という条件で語り、鳥フル流行は終わったのではないか、と語った。

 入院していた2人の子供は重症であったが、劇的改善により3日退院した。
 ”子供達は1カ月近く治療されていたが、明らかに改善したことから家庭に戻った”、と4人の子供が死亡したヴァンの病院のAhmet Faik Oner医師が語った。
 ”ヴァンにおける危機は95%過ぎ去った”、と同医師はAP通信に語った。さらに”将来突発的に感染者がでる可能性はあるかも知れないが、新規の流行は起きないと思う”、と付け加えた。

 2人の子供は、子供達が死亡した Fatma Ozcan家の親戚である。
 確定はされなかったが、鳥フル治療を受けていた残りの2人も3日退院した。

 トルコ政府の”鳥フル危機対策センター”によると、12月の発生以来21人が致死的H5N1鳥フルに感染したことが確認された。
 トルコは160万羽以上の家禽の殺処分を行い、また家禽と人との接触を制限してきた。

 鳥フルウイルスは2003年以来、家禽から人への感染経路だけではあるが、東アジアとトルコで少なくとも85人を死亡させている。
 専門家はもしこの致死的ウイルスが封じ込まれないとしたなら、ウイルスはいつか変異して容易に人へ感染する株へ変わり、世界的大流行を引き起こすことを恐れている。

・Indonesia reports more birdflu cases The Age (オーストラリア) インドネシア、鳥フル感染人事例さらに増加
 インドネシアで2人の死亡を含む4人の鳥フル感染事例が確認された。インドネシア保健省の高官が語った。
 ”現在、インドネシアでは23人の感染者が確認されている。これらのうち16人は既に死亡している”、と保健省の動物媒介感染症責任者が語った。
 担当者によると新規死亡者はジャカルタの22歳男性の鶏商人で先月末に死亡した。もう一人は西ジャワのバンドゥンで先週死亡した15歳少年である。
 生存している新規事例は、西ジャワのインドゥラマユの5歳少女と、スマトラ島のランプングの5歳少年である。少年のケースは初期の検査で診断が明確になっていなかったようだ。
2月4日

・Morocco reports mysterious deaths of 336 cattle egrets AngolaPress (アンゴラ) モロッコで野鳥が原因不明死
 モロッコのデイ・ルミ湖の側で野鳥(cattle egret、シラサギの類?)が死亡したが、原因は不明で中毒の可能性も高いが、鳥フルの検査も行われているようだ。
・The Flu Of 1918 And What It Means For Today KSDK (米国) 1918年のスペイン・インフルエンザは、現在何を意味しているのだろうか
 当時を記憶している人々の証言をもとに、インフルエンザ・パンデミックの脅威を説明し、そのための備えについて解説。
・Bulgaria detects possible case of birdflu People's Daily Online, (人民網、中国) ブルガリアで野生の白鳥がH5N1鳥フル感染の疑い
 ルーマニアとの国境近くで死亡した野生の白鳥が、H5亜型ウイルスに感染していることが確認。検体は英国の研究所に送られている。確かめられたらブルガリアで初の事例となる。
・Turkey lauded for response to birdflu Scotsman (英国) トルコ、鳥フル対策で賞賛される
 下記報道と同じ内容。
・Turkey shows how to contain bird flu, expert says ABC News 米国専門家:トルコでの対策は、鳥フル封じ込め対策の良い実例
 トルコのヴァンでの病院で、鳥フル患者治療の応援に当たっていた米国専門家が帰国して記者会見。
 感染した鶏の迅速なる検出と、引き続き行われる殺処分。そして関係した人々の健康状態のモニター。これらの措置がトルコでの鳥フル封じ込めにつながっている。
 病院においても効果的感染予防対策(タミフルの使用、緊急患者のトリアージ(本当に鳥フル感染が疑われる患者の発見)が重要な役割を果たしている。CDCから派遣された専門家がそのように語った。
・WHO Sends Tamiflu to Iraq after Bird Flu Confirmed Epoch Times  (ニューヨーク) WHO、イラクへタミフル提供(イラク状況)
 WHOは3日、数千人分のタミフルを、イラクでの鳥フル感染者治療に送ったと発表した。

 国連の保健機関はすでに獣医学者を含む専門家チームを、10代少女が死亡したイラク北部の状況を調査のために派遣し、間もなく到着すると発表している。
 ”WHOはイラク政府がタミフルを入手する援助をしている”、とWHOの伝染病対策に当たっているマガレット・チャンさんが語った。7千から1万人分のタミフルが数日以内にイラクに届くだろうと、彼女は記者団に語った。
 タミフルによる1治療コースは、朝夕1カプセルづつ5日間服用する。タミフルは鳥フルに対して最も有用な薬と考えられている。
 
 1月17日に死亡した10代の少女は、アジアでウイルス拡大をもたらしたとされる渡り鳥が、頻繁に飛来する北部イラクに住んでいた。同地はまた、死亡した4人の子供を含む12人の感染が、WHOにより確認されているトルコとの国境に近い。

 さらに2人、鳥フル感染が疑われているイラク人の検体が、ロンドンの研究所に送られて最終的検査が行われている。その1人は死亡した少女の叔父で、1月27日に死亡している。もう1人は54歳の女性で呼吸器症状で治療中である。

多くの確認されていない噂

 WHOは2日、さらにイラク北部のスレイマニヤに鳥フル症状を呈する2人の患者がいることを発表した。イラクはまた今週初めに12人の疑い患者を治療中と発表した。

WHOはさらに多くの疑い患者に関して、鳥フルでないことを確認していると語っている。
 ”多くの噂が流れているが、これらは実証されていない”、とチャンさんは語ったが、詳細については言及しなかった。

 イラクでは家禽の感染を確認した報告はこれまでない。
 しかしながらWHOはイラクでの人での発病者は鳥から感染したもので、人から人へ感染するようなウイルス変異の兆候はないと説明している。
 このような遺伝子レベルでの変化が、世界で数百万人死亡する世界的インフルエンザの流行の開始を意味する、と考えられている。
 現在まで2003年の致死的H5N1鳥フルの再興以来、7カ国でわずか86人の死者、それも主にアジアで発生しているに過ぎない。

 ”我々は(イラクで)H5ウイルスがどの程度広がっているか分からない故、調査チームを派遣している”、とWHOの世界的インフルエンザ対策の調整官であるケイジ・フクダ氏が語っている。

 WHOやFAOは専門家チームをトルコ周辺の9カ国に送っている。イラン、シリア、ウクライナ、グルジアなど。

 トルコでは1月17日以来、人での感染者は認められていないが、チャンさんは、封じ込められたと言うには早すぎると語っている。

・Official: Don't just count on feds in pandemic Chicago Tribune (米国) 米国政府:州政府は、インフルエンザ・パンデミックに対する備えを連邦政府に頼るな
 アイオワ州でのインフルエンザ・パンデミック対策に関する会議で保健省長官のマイク・レービットは、地方政府が対策を講じるべきで連邦政府の助けを期待すべきではないと語った。
 この会議はブッシュ大統領が指令したもので、今後各州で開かれ、レービット長官他、保健省の高官達が参加する。
・BirdFlu Test Receives Federal Approval Los Angeles Times (米国) 米国:人用鳥フル検査キット承認
 鳥フルの予備的診断用の人用検査キットが3日、政府により承認された。
 新テストは通常2~3日要するH5亜型の診断を4時間で可能にする。
 米国CDCが開発してFDAが承認した。
 このキットで陽性となった場合、次ぎにH5N1であるかどうかの検査が必要になる。
 来週から全米50州の検査所にテストキットが配布されるが、検査の安全性の面から140の施設に限定されるという。またCDCはWHOも含めて、世界の検査所とも検査手技を共有する予定と言う。
2月3日

・「中国南部の風土病に」 鳥インフルで香港当局者 神戸新聞 
 香港政府衛生福利・食物局の周一嶽局長は3日、香港や広東省など中国南部の鳥類の間で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)は「風土病になった」と述べ、一般家庭での養鶏を禁じる条例制定など人への感染防止策を強める方針を示した。今年に入り、広東省との境界近くで鶏や野鳥からH5N1型ウイルスが検出される例が相次いだのを受けた発言。香港の当局者が中国の感染状況について「風土病」と規定したのは初めてで、感染拡大防止に全力で取り組む姿勢を示した。香港の当局者が広東省など中国本土でのウイルスの広がりに言及するのも異例。
・Germany Order Farmers to Keep Poultry Indoors From March 1 Bloomberg  (国際) ドイツ:3月から家禽を屋内飼育へ
・PRESS CONFERENCE OF WHO EXPERTS FAILED Panorama.am (アルメニア) WHO専門家、アルメニア調査終了後に予定の記者会見を開かず
 アルメニアの調査を終わったWHOの専門家達は記者会見を開く予定だったが、開かずにアルメニアを去るようだ。理由は記者会見を専門家達が独自に開く権利が、アルメニアの法律にはないことが挙げられている。
・Birdflu now endemic in Hong Kong Independent (英国) 鳥フルウイルスはすでに香港に定着している
 野鳥と鶏で致死的鳥フルウイルスが検出されたことから、H5N1鳥フルウイルスは既に香港に定着していると考えられると、地域の保健担当責任者が語った。
 ”異なった種類の野鳥と鶏がこのウイルスを持っていたことから、我々はこのウイルスが香港の鳥の間で定着していることが間違いないと考えている。それは香港だけと言うのではなく、近隣地域、すなわち南中国も同じだ”、と担当者は説明している。
・H5N1 likely endemic in HK region, health chief says Washington Post (米国) 香港当局:H5N1ウイルスはすでに地域に定着している可能性
 死亡した鶏から致死的H5N1ウイルスが検出されたことから、ウイルスは多分、すでに香港周辺に定着しているだろう、と3日地域保健担当責任者が言った。
・WHO confirms first Iraqi bird flu death ABC Regional Online (オーストラリア) WHO、イラクでの初の鳥フル死亡を認める
  WHOは先月イラクで死亡した少女がH5N1ウイルスに感染していたことを正式に公認した。英国のWHO協力研究機関で確認されたことによる。これでH5N1鳥フルウイルスは7カ国で人の死亡者を出したことになる。
 WHOは戦争で荒廃したイラクで鳥フルがどの程度拡大しているのか早急に調査する必要があると語った。
 死亡した少女の叔父も10日後に死亡しているが、その検体も英国に送られている。また呼吸器症状を呈して治療されている54歳女性の検体も送られているようだ。
 またWHOは、さらに2人がH5N1鳥フルを疑われていると語っている。
・BirdFlu Scare Looms in Iraq with 162 Suspected Cases NewsFactor Network (米国) イラクにおける鳥フル脅威が増大:162人の鳥フル疑い例
 イラク北部のクルド人居住区で15歳少女が鳥フルで死亡してから2週間のうちに162人の疑い患者の報告がでてきて、イラクでは鳥フルに対する恐怖が高まっている。
 2日、自治区の幹部が、162人が鳥フル感染を心配して病院で検査中であると語った。
 さらにウイルスはラニヤ(スレイマニヤの南東に位置し、トルコとの国境近く。また先に死亡した少女の住んでいた町でもある)の町中に拡大しており、それは”危機的”である、と語っている。
・Syria Free from BirdFlu: WHO Officials CRI, China(中国) WHO事務局:シリアでは鳥フルの発生はなし
 WHO地域事務所では2日、シリアでは鳥フルの発生は認められないと発表した。
 WHOの発表は5日間のシリア国内の調査結果に基づいている。
 WHOによるとシリア政府は鳥フルの発見について、検査室体制を含めて対策をとっていると言う。
2月2日


・Common cold may save us from birdflu New Scientist (subscription), (英国) 風邪ウイルスが鳥フルワクチンに
 人の風邪ウイルスの1種であるアデノウイルスがインフルエンザ・パンデミックから我々を救うかも知れない。米国の2つのグループが、人為的変異アドノウイルスを用いたDNAワクチンを開発し、それぞれマウスと鶏での実験に成功した。両チームとも人での臨床試験を予定している。
 チームは増殖能力を失ったアデノウイルスに、H5N1ウイルスのH基蛋白をコードするDNAを組み込み、H5N1ウイルスのH基蛋白に対する抗体を産生させるワクチンとした。
 詳細は1月27日のロイター通信で報告されている。
・Hong Kong shuts aviaries, a wetland MarketWatch (国際) 香港、飼鳥園と自然保護湿原地帯を閉鎖
 香港政府は鳥フル拡大を防止するために、全ての公共飼鳥園と自然保護湿原地帯を閉鎖すると発表した。
 香港当局は、香港への玄関口である広東省での鳥フル流行を懸念している。
 これらの措置は、中国本土との境界領域に住む家族が、中国本土から密輸入した鶏が鳥フルで死亡し、ウイルス検査で致死的H5N1鳥フルウイルスが検出されたことによる。
 感染した鶏と接触した3人は病院で観察中でタミフルを投与されている。23日行われた初期的検査では鳥フルは陰性だったという。
・Kazakhstan gears up to prevent return of birdflu Reuters AlertNet (英国) カザフスタン、鳥フル再発防止を強化
 これから数ヶ月間、渡り鳥によって鳥フルがもたらされる危険性があるため、発生予防体制を強化すると発表。
・3 in Hong Kong Test Negative for BirdFlu Dateline Alabama (米国) 香港の疑い例3人、検査で陰性と
 中国から密輸入された鳥フル感染鶏に接触した香港の市民3人は鳥フル検査で陰性と発表されたが、さらに検査を行うため隔離病棟への入院は継続となった。
・Doctors warn of shortage for birdflu treatment ReliefWeb (press release), (スイス) イラク:医師達は医薬品(タミフル)が不足していると
 北部イラクのスレイマニヤの医師達は、H5N1鳥フル感染者の治療のための薬品が不足していると語っている。
 ”疑い患者を治療するのに30カプセル程度しか残っていない。各患者は効果的治療のために大量の薬を必要としている”、とクルド自治区の保健大臣は語った。
 同保健省によおると、現在13人が鳥フル症状で入院している模様。
・Indonesian teenager dies of birdflu, local tests show - health ... Forbes インドネシアの10代の子供、鳥フルで死亡
 西ジャワの首都で15歳の子供が鳥フルで死亡したと保健省が発表。検査はインドネシアで行われたが、もし香港のWHO協力機関で確認されたら、インドネシアで15番目の死者となる。
 父親の話では近所で鶏が最近死亡したと言う。
・New birdflu vaccine works in mice Olberlin (米国) 新鳥フルワクチン、マウスでの実験は成功
 米国アトランタのCDCのサヤプラカシ・サンブハラ博士は従来型製法よりも、より早く十分量のワクチン製造法に成功したと発表した。
 H5N1鳥フルウイルスのH基タンパクをコードする遺伝子をアデノウイルスに組み込む手法で、従来のように受精卵でウイルスを増殖させる方法を使わず短期間で大量のワクチン製造が可能という。
 マウスでの実験に成功したと説明した。
 今後人での第1相臨床試験を目指す予定。
・Iraqi Government Tries to Prevent BirdFlu Outbreak Kurdistan Regional Government (クルディスタン地域行政府、イラク) イラク政府、鳥フル拡大の阻止に懸命(イラク鳥フル対策状況)


Amanj Khalil

The Iraqi government is killing hundreds of thousands of chickens in northeastern Iraq in an attempt to avert a widespread outbreak of bird flu in the region.

The measures are being taken following the death of a 14-year-old girl in Rania, a district in Sulaimaniyah province. Health officials announced on January 30 that the girl died of the H5N1 strain of bird flu, confirming months-long fears that the deadly virus had reached Iraqi Kurdistan.

The government has so far killed 500,000 birds in Sulaimaniyah province, in an attempt to staunch the spread of the virus. Rania has been cordoned off, with the authorities limiting travel in and out of the district, as a precautionary measure.

Muhammad Khoshnaw, minister of health in the semi-autonomous Iraqi Kurdistan region, said on January 31 that the government has given 350 Tamiflu pills - life-saving medication used to prevent bird flu - to government workers who are killing chickens.

Mobile clinics are also being set up in Sulaimaniyah and two other northern provinces, Erbil and Duhuk. Two patients with bird flu-like symptoms are being treated at hospitals in Sulaimaniyah province.

Khoshnaw said he expects to have enough medication to treat a potential outbreak. But Tahssin Namiq, head of the Iraqi commission to eradicate bird flu, initially voiced concerns that Iraqi Kurdistan would not have enough preventative medicine.

Residents in northern Iraq are sceptical that the government is telling the truth about bird flu in the region. Rumours that the disease had reached Iraqi Kurdistan have been circulated in the region for months.

"People knew the disease existed, and the girl died because of it. But they kept it a secret from the people," said Kazim Muhammad, a 23-year-old medical student in Sulaimaniyah. "Now if they say they have gotten rid of the virus, people will not believe the authorities because they lied to them from the beginning."

Health officials at first denied that the victim, Shangeen Abdul Qadir, had died of bird flu based on initial test results. But they later confirmed that the H5N1 strain was to blame for her death.

Abdul Qadir was transferred to Sulaimaniyah hospital on January 17 for treatment for bird flu-like symptoms. She was from Sarkapkan village in Rania district, 150 kilometres northeast of Sulaimaniyah city.

Abdul Qadir fell ill on January 10 and was treated in a Rania hospital, but her condition continued to worsen. She died within ten minutes of being transferred to Sulaimaniyah for medical treatment.

Abdul Qadir’s uncle, 40-year-old Abdullah Muhammad, who had been nursing her, died on January 26.

"This is the first case of bird flu to be recorded in Iraq and Kurdistan," Health Minister Abdul Mutalib Ali Muhammad said in a press conference. "This has raised concerns for doctors."

Abdul Qadir’s body was sent to the World Health Organisation in Cairo, which determined that the girl had died of the deadly virus.

"After the deaths of Abdul-Qadir and Muhammad, we began killing all birds in that area," said Agriculture Minister Shamal Abdul Waffa. "We will keep [killing birds] in any area where there are concerns about the disease being spread."

"The government will compensate all citizens whose birds are killed," said Emad Ahmad, deputy prime minister in Iraqi Kurdistan's Sulaimaniyah administration.

The Iraqi health ministry confirmed that no cases have been recorded in central or southern Iraq.

Many residents in northeast of the country stopped buying poultry last fall when the first suspected case appeared in Erbil, the capital of Iraqi Kurdistan.

The government stopped importing chickens when cases appeared in Kuwait and Turkey, and live chicken markets were recently banned in Sulaimaniyah. Concerns grew when Turkey's first bird flu-related deaths were reported in southeast of the country near the Iraqi Kurdistan border last month.

Before the ban, live chickens were caged in open markets where most people shop for meat and vegetables. The chickens were slaughtered and plucked on site for freshness. In villages and rural areas, they roam freely and many people have them on their properties.

Many people in northern Iraq have now cut chicken and eggs out of their diet.

Bahar Mustafa, a 31-year-old teacher in Sulaimaniyah, said she hasn't eaten chicken since the bird flu scare last month.
"After Shangeen's case, I'll never eat it again, even though I like it," she said.

Sardar Kareem, 45, a chicken seller in Sulaimaniyah city, said that before the bird flu scare he was selling around a 1,000 birds each day, but his business was now struggling.

"People are worried about eating chicken because of bird flu, so they're not buying," he said. "If business continues like this, I will shut down my shop."

Amanj Khalil is an IWPR trainee journalist in Sulaimaniyah.
アマンジ カリル

 イラク政府は北部で数十万羽の鶏を地域の鳥フル拡大防止のために殺処分している。
 対策はスレイマニヤ省のラニアで、14歳少女が鳥フルで死亡したことから行われている。保健当局は1月30日に少女がH5N1鳥フルで死亡したことを発表したが、これで何ヶ月もの間抱かれていた、鳥フルがイラクのクルド地域に達しているという恐れが、現実のものとなった。

 
 政府はスレイマニヤで、ウイルス拡大阻止のために、これまで50万羽の家禽を殺処分してきた。ラニアは交通遮断され、不要不急の出入りは制限されている。

 クルディスタン自治区保健省大臣のムハメド・コシュナウは、1月31日、当局は鶏殺処分のために雇用した人々に、感染予防としてタミフル350カプセルを与えたと語った。
 スレイマニヤと他の北部の2省に移動診療所が設置されつつある。スレイマニヤでは2人の鳥フル様症状の患者が治療を受けている。

 コシュナウ自治区保健省大臣は、流行を阻止するために十分量の医薬品(タミフル:訳者注)の入手を期待している。しかしイラク政府の鳥フル対策責任者であるターシン・ナミクは、クルディスタンは予防のための医薬品は十分入手できないのではないか、と当初語っていた。

 北部イラクの住民は、イラク政府が鳥フルに関して真実を言っているかどうか懐疑的になっている。クルディスタンに鳥フルが到達しているという噂は、数ヶ月も前から流れていた。

 ”人々は鳥フルが発生していることを知っていた。そして少女が鳥フルで死亡したことも知っていた。しかし彼等はそれを秘密にしていた”、とスレイマイヤの23歳の医学生であるカジム・ムハメドは語る。”今イラク政府がウイルスを駆除できたと説明しても、誰もそれを信じないと思う。なぜなら政府は最初から嘘を突き通してきたからだ”。

 イラク保健当局は最初少女、シャンギーン・アブデゥル・クエディルが鳥フルで死亡したことを否定したが、後になって少女の死因がH5N1鳥フルであったことが発表された。

 少女は鳥フル様症状を呈していたため、スレイマニヤの病院に1月17日に運ばれた。彼女はスレイマニヤ市から北東150キロにあるラニヤ地域のサルカプカン村に住んでいた。
 彼女は1月10日に発病し、ラニヤの病院で治療を受けていた。しかし状態は悪化し、スレイマニヤの病院に運ばれて10分以内に死亡した。

 彼女の叔父の40歳のアブデゥラー・ムハメッドは彼女の看護をしていたが、1月26日に死亡している。

 ”これはイラクとクルディスタンにおける最初の鳥フル感染事例だ”、とイラク保健省大臣のアブドゥル・ムタリブ・アリ・ムハメッドが記者会見で語った。”この事例は医師達に警戒感を喚起している”。

 アブドゥル・クエディルの遺体はカイロのWHOに送られ、そこで彼女の死がH5N1ウイルスによるものと確認された。(他の多くの報道では、カイロの米軍研究所とされている:訳者)。

”2人の死後、我々は地域の全ての家禽を殺処分した”、と農業大臣のシャマル・アブドゥル・ワファが語っている。”我々は流行が発生した地域はどこでも家禽の殺処分は行う”。

 ”政府は家禽が殺処分された市民に対しては補償費を支払う”、とクルディスタン地域の副首相は言っている。

 イラク保健省は中央と南部イラクでは、鳥フルの発生は報告されていないことを確認した。

 北部イラクでは、昨年秋にクルディスタンの首都エルビルで最初の鳥フル疑いが発生して以来、多くの住民は家禽を買わなくなっている。

 政府はクエートとトルコで鳥フルが発生してから鶏の輸入は禁止した。また最近スレイマニヤでは、生きた家禽市場は禁止された。イラクのクルディスタン近くのトルコ南東部で先月鳥フル死者が発生してから、鳥フルに対する警戒感が高まっていた。

 市場が禁止される前、鶏はケージに入れられ自由に買い物をする市民達の前に並べられていた。買われた鶏はその場で処理されていた。村や郊外地域では多くの人々が鶏を飼っていて、それら鶏は自由に動き回っている。

 現在多くの北部イラクの人々は鶏と卵を食べることを止めている。
 スレイマイヤの31歳女教師であるバハル・ムスタファは、”シャンギーン(死亡した14歳少女)が死亡してから鶏肉は口にしていない”、と語る。

 スレイマニヤの鶏商人である45歳のサルダル・カリームは、鳥フル脅威が起きる前は毎日1000羽売れたが、現在は商売がほとんど成り立たない状態だと嘆く。
 ”人々は鳥フルを心配して鶏を食べなくなっている。このままでは店を閉めなければならない”。

報告者アマンジ・カリルはIWPRのスレイマニヤ地域におけるトレーニング・ジャーナリストである。
 IWPR
 Institute for War & Peace Repoting

IWPR builds democracy at the frontlines of conflict and change through the power of professional journalism. IWPR programs provide intensive hands-on training, extensive reporting and publishing, and ambitious initiatives to build the capacity of local media. Supporting peace-building, development and the rule of law, IWPR gives responsible local media a voice.


・Syria reiterates it's free of birdflu Monsters and Critics.com, (英国) シリア、鳥フル発生はない、と繰り返す
 シリアは鳥フルの発生は認めてなく、情報は国際社会にオープンにしている、と声明。トルコ農業省大臣が、トルコ周辺国では鳥フル発生を隠していると主張していることに反発。
2月1日

・香港で鳥インフルエンザ 中国本土で購入の鶏 産経新聞  (日本)
 香港政府は1日、新界地区の民家で1月31日に死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。民家の住人ら3人を病院に隔離、ウイルスに感染していないか調べている。香港で鶏の同型ウイルス感染が確認されたのは2003年1月以来。政府によると、鶏は民家の住人が中国本土で購入、今年1月26日に生きたまま香港に持ち込んだ。住人は直前に広東省を訪れており、香港政府は今回の感染例を同省当局に通報した。一方、政府は九竜地区で1月30日に見つかった野鳥の死骸(しがい)からも同型のウイルスを検出した。
・Three in Hong Kong hospital amid birdflu fears - health officials Forbes (米国) 香港の病院に鳥フル感染疑いで3人が入院
 鳥フルに感染したと考えられる鶏を食べた3人が香港の病院の隔離病棟に入院した。3人が食べた鶏は、中国から密輸されたもので、H5N1鳥フルに感染していたと考えられる。
・Dead bird and chicken in Hong Kong test positive for birdflu Canada.com  (カナダ) 香港:死亡した鳥と鶏、鳥フル陽性
 香港保健省は1日、死亡した鳥と鶏が鳥フル陽性だったと発表した。
 郊外で見つかった死亡した野鳥(ムクドリの一種、crested myna)からH5N1鳥フルウイルスが最初の検査で検出された、と農業水産省が発表した。
 また中国本土から村人が26日買ってきた鶏が、30日に鳥フル様症状を呈し、検査の結果陽性であった。
 鶏に接触した可能性のある3人が無症状ではあるが、隔離病棟に収容され検査を受けている。
・Turkey BirdFlu Cases May Be Fewer Than Thought - UN Planet Ark (米国) トルコでの鳥フル感染者数は予想よりも少ないだろう、と国連が見解
 トルコで最近発生している鳥フル感染者数は12人のみで、トルコ政府によおって発表されている21人という数よりも少ないだろう。英国のWHO協力研究機関でのデータを確認したWHOはそのような見解を発表した。
・Iraq Says Treating 12 Possible Human BirdFlu Cases Planet Ark, (米国) イラク、鳥フル可能性患者12人を治療中と
 クルディスタンのImad Ahmed副首相はロイターの記者に、鳥フルと思われる肺炎を生じた患者12人をスレイマニイヤで治療している”、と語った。スレイマニヤは地域の中で最も大きな都市の一つである。
 最も重体な患者は54歳のマリアム・クエ-デルで、先に死亡した少女と同じ村に住み、一説によると少女の遠縁に当たると言われる。
・Heading off a birdflu pandemic The Hill (米国、議会新聞) 米国保健省長官:鳥フルのパンデミックの阻止が課題
 保健長官マイケル・レービットの演説内容。

Heading off a bird flu pandemic

This year, we have the opportunity to prepare for one of the greatest public health threats we face — the threat of a global disease outbreak known as a pandemic.

In 1918, as the first World War was coming to a close, an even more insidious killer was gathering muster. In the fall of that year, nature unleashed an influenza virus that would sweep the world and leave an estimated 50 million dead in its wake. The so-called “Spanish flu” killed 675,000 Americans — more than have died on all the battlefields in American history combined.


Today, a relative of the Spanish flu is spreading rapidly among birds. With a little evolution, it could become the source of the next great, global pandemic.

Yet, in the face of this serious concern, I see an opportunity. We could be the first generation in history to be prepared for a pandemic.

TODAY’S THREAT
今日の脅威

The strain of avian influenza now spreading is known as H5N1. The virus was first identified in Hong Kong in 1997, and it has moved throughout Southeast Asia and, more recently, into Europe. H5N1 has proved lethal in more than half the human cases that have occurred.

So far, all of those cases have been caused by direct contact with chickens carrying the disease. Yet scientists fear that one day the virus will mutate into a disease that can be spread between humans via casual contact, like the seasonal flu.

Today, people move around the country and the globe faster than ever before. According to the Federal Aviation Administration, in 2005 an average of 31,600 domestic and international flights took off and landed in America’s airports every day. In such a mobile society, an outbreak of that kind anywhere means an outbreak everywhere.

PREPARING FOR AVIAN FLU
鳥フルに対する準備

President Bush is mobilizing the nation and the world against the threat of pandemic influenza. Under his leadership, the federal government is stockpiling medical countermeasures and working to ensure effective disease monitoring overseas and at home.

Work is under way to develop new treatments and to augment our vaccine-producing infrastructure so that it can meet the heightened demands of an epidemic. We are also working to draft and test communications plans.

These steps at the federal level are vitally important, but preparing for a pandemic is not the sole responsibility of the federal government. States and communities have an essential responsibility in pandemic preparedness.

A pandemic, unlike other disasters, can happen in a thousand different places all at the same time. It is states and communities that will be on the front lines in fighting the pandemic. They will be the ones making decisions about whether to close schools or cancel public events. They will also be deciding how to handle the influx of patients at local hospitals and how to distribute medicines.

For example, antiviral medications have had some success in reducing symptoms and saving lives if they are taken within one to two days of infection. While the federal government is stockpiling antivirals, success will be determined by whether state and local officials can put pills in people’s hands everywhere they are needed within a short time frame.

Actions at the state and local level will define victory. Integrated planning by states, businesses, schools and other community groups for cooperative efforts is critical.

RESOURCES TO PREPARE
対策のための資源

In December, Congress acted on the president’s emergency request for funding for the pandemic. Part of that request included $350 million to be distributed to states this year to strengthen and test their preparedness plans. That is on top of the $5 billion that has been appropriated to the states for preparedness since 2002.

The Department of Health and Human Services (HHS) is allocating that funding to states and offering many tools to help states and communities prepare, including organizational summits and checklists. We are planning to hold summits in every state to discuss the necessity of integrated planning and coordination. I began these flu summits in December and will continue to hold them across the nation throughout the first part of this year.

Additionally, we at HHS have prepared checklists to help organize national thinking and bring consistency to preparation efforts. A checklist for state and local governments, for businesses, for individuals and for many other groups and organizations can be found on-line at www.pandemicflu.gov, along with other important information and updates. These resources provide a direct way for people to get involved in pandemic preparation.

PREPARATION WILL SAVE LIVES
周到な準備で生命を救う

It is unlikely that a pandemic can be prevented entirely. However, steps can be taken to delay its onset and to reduce its peak to a level that is less overwhelming for communities than if they were to be taken completely unprepared.

Fewer sick people at any given time means more open hospital beds, more healthy doctors and nurses available to treat patients and more supplies on hand. This translates to more people getting the treatments they need to survive.

It will also mean that there are more police patrolling the streets, more drivers delivering food and medicine and more utility workers keeping water pumping and electricity flowing.

With issues of coordination and communication clearly laid out in advance, the initial hours of a pandemic outbreak can be met with confidence and decisive action, rather than panic and delay. Good planning will mean that everyone will understand their role and can act effectively from the outset.

Focus on Progress
態勢づくりの焦点

As we endeavor to prepare, we may find weaknesses, but we cannot be afraid to have our weaknesses revealed. By finding and fixing them, we can make progress, and become prepared to meet the threat of a pandemic. Preparation is about cooperation, integration and always progress.

Each day we prepare brings us closer to being ready. We are better prepared today than we were yesterday. And we will be better prepared tomorrow than we are today.

We can truly become the most prepared generation in history for a pandemic. We have the opportunity to save lives by being ready. Let’s seize that opportunity.

Leavitt is secretary of health and human services.


・First Iraqi BirdFlu Death Confirmed National Geographic, D.C (米国) イラクで初の鳥フル死亡者が確認
・Iraq Tries to Contain BirdFlu Outbreak Orlando Sentinel, FL (米国) 下記と同じ
・Iraq Tries To Contain BirdFlu Outbreak CBS 2, CA  (米国) 下記と同じ

・Iraq tries to contain birdflu outbreak The Conservative Voice, (米国) イラク、鳥フル封じ込めに懸命
 アミナ・クエーデルさんは、彼女の主要な収入源であった70羽のアヒルと鶏がビニール袋に入れられて埋葬処理されるため引きずられてゆくのを悲しげに見つめていた。
 この未亡人の家禽は、この2日間に北部イラクで殺処分された50万羽の家禽の中の一部だ。戦争で破壊された国が、致死的鳥フル鳥フルを封じ込める対策としてである。それは30日に、17日に死亡した15歳の少女が鳥フルによるものだったことが発表されてから、引き続き開始された。
 イラク政府は家禽処分に対して報償費を支払うと約束したが、いまだ実行されていない。
 クルド自治区保健大臣は14人が呼吸器症状を呈して鳥フルを疑われて入院したが、2人だけが鳥フルの可能性があると考えられている、と語っている。
 WHOは今週末に疫学者と医師達を派遣する予定である。人や鳥の検査と、どのように鳥フルがイラクに侵入し拡大したのか調査するためである。
 EU委員会もスエーデンに本部を置くCDCから専門家を送ってWHOの協力をする。

 イラク保健当局は鳥フルの拡大を防ぐために、大量の家禽の殺処分と発生が疑われる村落の閉鎖を行う予定である。また5台の移動病院車が31日遅くにクルド自治区に到着し、鳥フル様症状を呈する人々の治療を開始した。啓発キャンペーンも行われている。

 米国大使館のジョン・バウアー氏は、イラク政府は新規事例や拡大防止のためのシステムを構築したが、家禽の殺処分の安全性と効果的方法に関しての能力が疑問だと語っている。
 殺処分に従事するメンバーの中には、十分な予防装具も支給されていない者もいる。
 ”我々は感染した鳥と直接接触するから、感染することが怖い”、とチームメンバーの一人が言っている。”私は何ら予防薬も服用していない。それは不足しているという理由からだ。自分は発言力もない雇われ人で、命令に従うだけだ”。

スレマニヤ大学のトップ獣医学者は、イラク政府は治療薬を少量しか持っていない。近隣のトルコ、イラン、シリアから簡単に密輸者が感染した鳥を持ち込んでいる可能性があるにも関わらずに、と言う。
 ”国境は果てしなく広く、解放されている。密輸者を取り締まることは不可能だ。鶏の密輸が行われているが、それはテロリストの侵入を抑えるのと同じくらい困難だ”、と彼は説明する。
 *文中で抗インフルエンザ薬と訳した単語は原文ではvaccineと表現されている。
 ・I didn't take any vaccine because it is in short supply
 ・A top Sulaimaniyah University veterinarian also said Iraqi authorities had limited vaccines to treat people

・Experts urge Congress to spend more money on flu Reuters.uk (英国) 米国:専門家達はパンデミック・インフルエンザ対策にさらなる資金の投入を要求
 米国政府は抗インフルエンザ薬の備蓄量を3倍にする予定であるが、それでも薬とワクチンの必要量を準備するには数年は要すると31日発表した。CDC長官は準備が出来るのは、良くても4~5年先だろうと語った。
TOP