高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
1月31日

・Iraqi Authorities Go on Bird-Flu Alert, Hartford Courant  (米国) イラク政府、鳥フル警戒報発令
 イラク保健当局は全土に31日、鳥フル高度警戒報を発した。それはイラクで初の鳥フル感染者の報告を受けての措置で、数千羽の家禽の殺処分と、国内の農家へ家禽の観察を十分するように警告した。
 今後の展開予想は国内事情と行政的監視態勢網の不備から、警戒する声が多く、米国は支援を申し出ていて、またWHOも専門家を派遣する予定になっている。
 *全米ニュース*8:43:58 PM
・Birdflu: we need co-operation, not recriminations Cyprus Mail (キプロス) 鳥フル:我々は非難し合うのではなく、対策に協力し合うことが必要
 トルコ支配域である北部キプロスでH5N1鳥フルが確認。キプロス全体で鳥フル拡大の危険性がある中、トルコ支配域の北部キプロスと南部の共和国との間で対策で協力関係が必要。
・WHO Puzzled with Young Turkish BirdFlu Victims Zaman Online  (トルコ) WHO、トルコの子供達の鳥フル感染死に当惑
 WHOは30日、最近のトルコでの鳥フル流行における若い世代の子供達の感染死に当惑の意を示した。
 WHOの英国の協力機関は21人のトルコ保健省から報告されている鳥フル疑い例のうち12人について確認している。
 この中には東トルコのドゥグバヤジトの死亡した4人の子供達が含まれている。
・Iraq confirms human bird flu case, suspects more CIDRAP (米国) イラク、人の鳥フル感染事例を確認、さらに疑い例も
 イラクで死亡した少女Shengeen Abdul Qadrの年齢は14、または15歳と言われ確定できない。少女は1月14日にH5N1ウイルスに感染した鳥に接触し、3日後に死亡したとイラク保健省では説明している。初期の検査では陰性だったと当局は説明していた。
 少女のH5N1鳥フル感染の最初の診断はカイロの米軍研究所でなされた、と”タイムス(Times)” では報告している。少女の叔父で同じ家に住んでいて27日に死亡した男性も鳥フルが疑われ、検体が英国の研究所に送られているとロイターでは報じている。
 他にジュネーブのロイターによると、1月18日に呼吸障害で入院して治療を受けている56歳女性も鳥フルが疑われて検査中と言う。彼女も北部イラクの、少女の住んでいたスレイマニヤに近くに住んでいたと言われる。
 さらにイラクの他の地域で2人の疑い患者が出て、検査中というイラク保健相の話がタイムズが伝えている。
・Birdflu not a top concern of Americans: survey Herald News Daily (米国) 鳥フルは米国人の最大関心事ではない:調査報告
 ロイター(ニューヨーク): 最新の調査によると、交通事故、テロ攻撃、ハリケーンや他の自然災害が、米国人の心配事として挙げられており、鳥フルに対する不安はそれら以下となっている。
 1月24日と25日の2日間、1000人の米国人を対象に、鳥フルが米国に侵入してくる可能性に対する国民の反応を調査する目的で、アンケート調査が行われた。
 59%で鳥フルが米国に拡大するだろと答え、44%が自分や家族が感染する可能性を考えている。
 しかし現実に起きえる交通事故や自然災害に対する不安の方が高く、鳥フルのように推定される事例に対しての不安感は低いようだ、と調査を行った会社の担当責任者は語っている。
・Turkey is Successful in BirdFlu Struggle Journal of Turkish Weekly (トルコ) トルコ首相:鳥フルとの闘争でトルコは成果を上げている。他の欧米各国は鳥フル発生を隠している

* Turkish Prime Minister Tayyip Erdogan has implied that Belgium and Netherlands with some other countries have hidden the bird flu cases.

* "Turkey is one of the 25-26 countries where bird flu was seen. Turkey culled 1 million fowl till now. The virus appeared in many countries before Turkey. It was seen in integrated facilities in Europe. The Netherlands culled 28 million, Belgium 14 million, Italy and the United States 10 million of poultry in their fight against bird flu,'' added Erdogan.

Erdogan said that "Turkey does not hide anyhing. We share anything we find about the disease."

Erdogan argued that Turkey is one of the 26 countries in the world which faced the bird flu. "1 million fowl have been culled in Turkey. The flu has been seen in Netherlands, Belgium, Romania, Italy, in some other European countries, in the US and in some Asian countries. 28 millon fowl have been culled in the Netherlands, Belgium culled 14 million birds. Ten millions of birds were destroyed in US and Italy. Turkey is not the only country who fight against the disease in Europe, and it can be argued that Turkey's combat against bird flu is successfull in terms of the mentioned figures" Erdogan added.

Some of the Turkish columnists argued that the bird flu is a part of an anti-Turkish conspiracy. They claim that the anti-Turkish foreign 'sources' have made spread the disease in Turkey.

Turkish businesmen complain that the world media just covers the bird flu news about Turkey while the disease in the other Western countries has been ignored.

 トルコ首相のTayyip Erdoganは、ベルギーとオランダ、さらに他のいくつかの国で鳥フル発生事例を隠していると仄めかした。
 ”トルコは鳥フル発生が認められている25ないし26カ国の一つに過ぎない。トルコはこれまで100万羽の家禽を殺処分した。ウイルスはトルコに現れる前に多くの国に現れている。それはヨーロッパの施設(integrated facilities)で見つかっている。オランダは2800万羽、ベルギーは1400万羽、イタリアと米国は1000万羽の家禽を、鳥フル対策のために殺処分した”、とErdogan首相は付け加えた。
 同首相は、”トルコは何ら隠し事はしていない。我々はこの病気で見つかった全ての情報を国際社会と共有している。
 Erdogan首相は、トルコは世界で鳥フルが発生した26カ国のうちの1つに過ぎないと論じる。”100万羽の家禽がトルコで殺処分された。鳥フルはオランダ、ベルギー、ルーマニア、イタリア、さらに米国、そしてアジアのいくつかの国で認められている。2800万羽の鶏がオランダで、1400万羽がベルギーで殺処分されている。米国やイタリアでも千万羽に上る。トルコはヨーロッパで、鳥フル対策に追われる唯一の国ではない。トルコでの対策は数値で示す限り成功している”、と首相は付け加える。

トルコのコラムニストの中には、”鳥フル”はトルコ叩きの一環だ、と主張する。彼等によると抗トルコ外国勢力が鳥フルをトルコ内に拡大させたと言う。

トルコの実業家達は、世界のメディアはトルコでの鳥フル発生のニュースだけを取り扱い、他の欧米各国における発生のニュースは報道していないと、不満を漏らしている。
 


・Update 5: Officials Confirm BirdFlu Death of Iraqi Forbes (国際) イラクで鳥フル死者を確認
 イラクと国連保健機関は30日、今月17日死亡した15歳少女が、致死的H5N1鳥フルウイルスに感染していたことを発表した。

 ・同じ家に住んでいた50歳の叔父も27日死亡し、鳥フル疑いがもたれて検査中。
 ・トルコト国境を接する北部イラクで家禽の殺処分が始まった。
 ・”我々は残念ながらイラクで初の鳥フル患者が発生したことを発表することになった”、とエジプトの米国海軍医学研究所から少女の検査結果を受け取ったイラク保健大臣は語った。”我々はWHOに対策援助を求める”。
 ・少女の家庭では鶏を飼っていて原因不明の死亡が見られていた。母親は少女が鶏に接していたことを否定している。
・イラクで鳥インフルエンザ感染死 トルコ経由か 産経新聞
 イラクのムハンマド・アリ保健相は30日、トルコ国境に近いイラク北部で今月17日に死亡したイラク人少女が、鳥インフルエンザに感染していたと発表した。ロイター通信が伝えた。国連当局者はAP通信に対し、少女が感染したのは高病原性のH5N1型ウイルスだと述べた。イラクでの鳥インフルエンザ感染死は初めて。少女の自宅は、感染が広がっているトルコとの国境に近いラニヤで、近くに渡り鳥が飛来する湖があるという。 この少女について世界保健機関(WHO)報道官は19日、死因は鳥インフルエンザではないとの見解を示していた。
 AP通信によると、少女と同居していた親族の男性も27日に死亡した。
1月30日


・死亡少女の鳥インフルエンザ感染を確認、イラク初 CNN Japan  (日本)
 イラク・スレイマニヤ──イラク保健相は30日、今月中旬に死亡した14歳少女が、高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染していた、と発表した。イラクで鳥インフルエンザによる感染死は初めて。
 死亡した少女は、すでに鳥インフルエンザ感染者が確認されているトルコと、イランとの国境に近い、北部クルド自治区の住民だった。容体が悪化してイラク北部スレイマニヤの病院に運び込まれたが、17日に死亡。鳥インフルエンザ感染の疑いがあったため、保健当局は検体をヨルダンに送り、感染の有無を確認するとしていた。スレイマニヤ保健当局はロイター通信に対し、「保健相の発表は、エジプト・カイロの研究期間が検査した結果に基づくもの」と述べた。 
 世界保健機関(WHO)は28日、死亡少女のおじにあたる男性が今月27日に死亡しており、鳥インフルエンザ感染の疑いがあるとして、調査中だと発表している。
・Kurdish health minister, UN official report that Iraqi girl died ... WIS (米国) クルド保健大臣と国連当局は、死亡したイラク少女が鳥フル感染していたことを確認
 クルド自治区で死亡したイラクの15歳少女がH5N1鳥フルに感染していたことが、カイロの米国海軍医学研究施設で確認された。国連とクルド保健省が発表した。
 国連関係者の話では、少女の住んでいた地域からさらに30検体が検査のために送られたようだ。
・Iraq girl, 15, 'died of birdflu' CNN International (国際) イラクの少女、鳥フルで死亡が確認
 イラクとWHOは30日、今月死亡した15歳少女が致死的H5N1鳥フルにより死亡したことが確認されたと発表した。
 現在、少女の叔父も同じようにH5N1鳥フルで死亡したか否かについて検査中と言われた。叔父は2、3日前に同じ症状で死亡している。
・Deadly Strain of Bird Flu Detected in Northern Cyprus Voice of America (米国) キプロス北部で致死的鳥フルウイルスが確認
 EU委員会は29日、トルコ支配のキプロス北部で死亡した鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。先週、キプロスは管理されていない家禽の殺処分と、北部から入ってくる車の消毒を開始している。
・Possible human birdflu case denied by doctors Bucharest Daily News (ルーマニア) ルーマニア:鳥フル疑い事例、医師は否定
 ブカレストの病院に入院している81歳の女性は、病院の初期の検査では鳥フルは否定された。医師と病院当局が発表した。
ブカレストのマテイ・バレス病院へ収容される女性
・Cyprus and Saudi Arabia confirm new cases of birdflu Daily Star - Lebanon (レバノン) キプロスとサウジアラビアで新規鳥フル発生を確認
・Birdflu pandemic threatens Ukraine says Health Ministry Monsters and Critics.com (英国) ウクライナ:鳥フル流行の危険性が高いが、態勢は整っていると
 春になって渡り鳥が移動し始めたらウクライナで鳥フルがパンデミックになる危険性が高い。しかし態勢は出来ていると、保健省大臣はテレビ・インタビューで語った。
・サウジで鳥インフルか ハヤブサ5羽から 共同通信 (日本)
 リヤドからの報道によると、サウジアラビア農業省は29日までに、国内で狩りに使っているハヤブサ5羽から、H5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。感染が確認された5羽を含む37羽が廃棄処分にされた。ウイルスが高病原性のH5N1型かどうかを調べるため、国際機関に検体が送られたという。
・香港で再び鳥インフルエンザウイルス・野鳥から検出 日本経済新聞  (日本)
 香港政府は29日、中国広東省に接する新界地区で26日に見つかった野鳥シキチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスが検出されたと発表した。香港で今年、野鳥から同ウイルスが検出されたのは2例目。人への感染は確認されていない。香港では今月10日に新界地区で見つかったシキチョウの死骸から、約1年ぶりにH5N1型が検出されている。
1月29日


・Dead wild bird in Hong Kong tests positive for deadly strain of ... WHO-TV, (米国) 香港で死亡した野鳥、致死的鳥フルウイルスが陽性
 昨日CRI(中国)で発表された記事と同じ。
・Initial tests negative for birdflu in Romanian Woman MedIndia  (インド) ルーマニアの鳥フル感染疑い女性、初期の検査では陰性と
 ルーマニアの鳥フル疑いの81歳女性は病院での検査で陰性と発表された。女性は発熱と呼吸症状が出現してからすぐに病院へ入院した。
 老女は以前鳥フルが発生し、隔離、家禽の殺処分が行われた村に住んでいた。
・UN may use 'flu-casters' if pandemic hits Reuters.uk (英国) インフルエンザ・パンデミック(新型インフルエンザが流行)の場合、国連からインフルエンザ・キャスターが世界に情報を伝達

国連は世界的インフルエンザのパンデミックが発生したとき、テレビのお天気キャスターの様に、インフルエンザ・キャスターによる視覚情報を用いて、世界へ情報を発信することを考えている。

情報はジュネーブのWHO本部の緊急対策室(emergency-response facilities )から発信する。国連のインフルエンザ調整担当責任者のダビド・ナバロ博士が発表した。
 ”インフルエンザ・キャスターは、(インフルエンザ発生状況を示す:訳者注)地図を描き説明し、人々に定期的にWHO本部から情報を発信する”、とダボスでの世界経済フォーラムへ出席しているナバロ博士が記者会見でロイターへ語った。

WHOジュネーブ本部の観測室は、以前の”映画館”に500万ドルの設備を投入して作られたが、世界の鳥フルを含む致死的感染症を追跡している、世界のネット網センターである。

観測室はH5N1鳥フルウイルスが変異して世界でインフルエンザ・パンデミックが発生したときに、(世界中に指令を発する)司令室となる予定である。

司令室の情報が表示されるスクリーンは、TVネットワークを通じてインフルエンザ・キャスターが説明に用いる。

国連は(鳥フル流行による)大災害が起きたときのシミュレーションを行い、その分析結果から、各国政府、企業、そしてメディアが如何に協力して、インフルエンザと闘うか政策を論じている。

より優先すべき課題

分析結果からの最も重要な課題の1つは、基本的社会システムの維持、すなわち水、エネルギー、食料の供給が病人の治療以上に重要なことである。ナバロ博士はロイターに語った。
 ”生きている人々の生活を維持する方策に焦点を合わせる方が、病人の治療に対するよりも、より重要とすら言えるだろう”、と同博士は説明し、”我々は(分析により:訳者注)多くのことを学んだ”、と付け加える。

パンデミックとなった場合、交通や商業活動は停止し、労働者は自宅で待機させられ、学校は閉鎖、そして多くの非常事態用の対策が、インフルエンザ拡大防止のためにとられる。

国連はパンデミック・インフルエンザが発生したときに、国連の対策活動に協力してくれるキーとなる人々をトレーニングする計画を立てている。地域のボランティア・グループ、赤十字のような援助団体、企業、メディアなどである。
 ”企業団体に焦点を当てることは重要なことだ。なぜなら彼等はスキルがあるし、政府が出来ないことも可能なことも多い”、とナバロ博士は言った。また透明性あるコミュニケーションも重要のようだ。

シミュレーションによると、世界は40日間で致死的パンデミックに突入する。
 ”我々に分かったことは、もし我々が効果的に協力し合って、準備に当たらなければパンデミックによる大打撃を被るということだ”。ナバロ博士はそう結論する。

もし当局が被害を少しでも食い止めたいと考えるなら、パンデミックに対する準備には賢い方法論が要求される。例えば携帯電話技術を使用した情報などの配布である。ナバロ博士はそう語った。

同博士は実際にパンデミックとなった場合、まだまだ多くのことが行われる必要があると警告した。
 ”各国政府はようやく、インフルエンザ・パンデミックにより被るダメージに対する対策を立てる必要があることに、気づきつつある”、とナバロ博士はパネル・ディスカッションで説明した。


・タミフルの副作用「懸念なし」 厚労省が調査報告 asahi.com (日本)
 服用後の死亡例が報告されていたインフルエンザ治療薬のタミフル(一般名リン酸オセルタミビル)について、厚生労働省は「現時点で安全性に重大な懸念があると考えていない」とする調査結果をまとめ、27日の薬事・食品衛生審議会の専門家調査会で了承された。同省によると、01年の国内販売開始以降、服用後の死亡が報告されたのは42人。調査では、このうち50歳代と80歳代の男性2人について「死亡と服用との因果関係を否定できない」とした。ただし、いずれも数種類の薬を併用しており、タミフルによる副作用死とは断定できないとした。また、残りの40人(17歳以上26人、16歳以下14人)については「副作用と死亡との因果関係は否定的」と判断した。
 タミフルは昨冬、国内で860万人分が供給された。また流行が懸念される新型インフルエンザへの対策として国や自治体が備蓄を進めている。
・Birdflu vaccine developed New York Newsday (米国) 鳥フルワクチンが開発
 米国ピッツバーグ大学の研究者グループの報告。27日にロイターが情報を公開済み。
・Saudis cull sick falcons NEWS.com.au (オーストラリア) サウディアラビア、鳥フル疑いで病的ハヤブサを殺処分
 サウディアラビア農業省は37羽のハヤブサ集団を殺処分した。そのうちの5羽で鳥フルが疑われ、当局の検査ではH5亜型と確認されたが、それ以上の詳細検査のために検体は送られた(どこに送られたかは不明:訳者)。
 サウディアラビアでは鷹狩りはポピュラーであるが、これまで鳥フルの報告は無かった。
 昨年11月に隣国クエートのアラビア湾岸で、フラミンゴから致死的H5N1ウイルスが検出されている。
・China ends birdflu quarantines WTOP (米国) 中国、鳥フル発生地域の閉鎖を全て終了

・イラクで死亡した男性、鳥インフルエンザ感染有無を検査へ=WHO ロイター (国際)
 世界保健機関(WHO)は28日、27日に死亡したイラク人男性について、鳥インフルエンザ感染の有無を調べる検査を実施すると発表した。 この男性のめいにあたる少女も17日に死亡していたことから、鳥インフルエンザのウイルスがイラクにも侵入した可能性が懸念され始めた。
 WHOのスポークスマンはロイターに対し、この少女から採取したサンプルをイラクで検査したところ鳥インフルエンザの感染は確認されなかったが、2人とも深刻な呼吸困難の症状が出ていたことや、2人が住んでいたスレイマニアがトルコとの国境にほど近いことから、検査する必要があると述べた。
 男性から採取したサンプルは英国にあるWHO関連の研究施設で検査されるされるという。
 トルコでは数カ月前に初めて家禽の鳥インフルエンザ感染が確認され、今月には人間の感染例が20人を超えた。
 イラクではこれまでに家禽の感染は確認されていない。男性と少女の出身地周辺では最近、一部の鳥が死んだが、これが鳥インフルエンザによるものかどうかは不明という。
・イラク、クルディスタンで男性が鳥フル疑いで死亡-先に死亡した少女の叔父 Free Internet Press (米国) 

In Kurdistan, health officials disclosed that a 42-year-old man died on Friday after exhibiting symptoms consistent with bird flu. The man, Hama Sur, was the uncle of a girl who died this month from flulike symptoms, but the Iraqi authorities said tests later showed the girl's death was not from the A(H5N1) bird flu virus.

In Sulaimaniya, the largest city in eastern Kurdistan, the health authorities said they had sent samples from the uncle to be tested at a lab in Cairo. They said he lived in the same village as the girl. Kurdistan borders Turkey, where an avian flu outbreak has struck at least 20 people.

クルディスタンで、保健当局は42歳男性が27日、鳥フルに一致する症状で死亡したと発表。

男性は今月インフルエンザ様症状で死亡し、ただしイラク当局が鳥フルを否定した少女の叔父である。

叔父と少女は同じ村に住んでいたと言う。叔父の検体はカイロに送られた。

クルディスタンはトルコと国境を隔てている。

・鳥ウイルスから備蓄ワクチン…新型インフルエンザ対策 読売新聞 (日本)
 新型インフルエンザ出現に備えて、国立感染症研究所と国内のワクチンメーカー4社は、人に感染した鳥インフルエンザウイルス(H5N1)をもとにしたワクチンの臨床試験を月内にも始める。
 新型インフルエンザが発生してからでないと、新型ウイルスをもとにしたワクチンは製造できない。感染研では、鳥インフルエンザワクチンでも、効果はある程度期待できるとみており、国の新型インフルエンザ対策の行動計画に基づいて、緊急時には医療関係者などに優先的に接種できるよう備蓄を進める。 
 順調に進めば、来年、国の製造承認が出る。ワクチンの製造設備は、通常のインフルエンザワクチンを生産する4月~9月は使えないため、メーカーは承認に先行して、秋から備蓄用ワクチンの製造準備に入る。
 インフルエンザウイルスは変異しやすいため、備蓄用ワクチンのウイルスは、臨床試験で使うベトナムのウイルスと型は同じH5N1でも、より新しいインドネシアのウイルスを使う予定だ。
 新型インフルエンザ用ワクチンは、新型が出現してから接種できるまでに1年はかかるとされ、流行の第1波には間に合わず、第2波以降の対策に使われる。
1月28日

・Romanian woman suspected of having birdflu Reuters India (インド) ルーマニア女性鳥フル疑いで入院
 ルーマニアの女性が鳥フル疑いで入院したと当局が発表。確定診断にはさらに検査が必要と言う。
 ルーマニアでは10月の発生以来、20の村で家禽の間で鳥フルが発生している。人での感染例は報告されていない。
・人感染に適応の兆しか トルコの鳥インフルエンザ 共同通信  (日本)
 東アジア以外で初めて高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染者を出したトルコ。感染者は短期間で増えた一方で死亡率はアジアの3分の1程度にとどまるなど流行の様相が違い、ウイルス遺伝子にも変異が見つかった。ウイルスが人への感染に適応し広がっていく前兆なのかどうか、世界保健機関(WHO)が分析を急いでいる。
 トルコで家禽(かきん)の鳥インフルエンザが初めて見つかったのは昨年10月。北西部で始まった流行は、年末までにほぼ全域に拡大した。人への感染を当局が確認したのは今年1月初め。17日までに患者は計21人(うち死者4人)に増えたが、その後は止まっている。
・Are wild birds to blame for H5N1-flu's march into Europe? New Scientist (subscription),  (英国) ヨーロッパへの鳥フルは渡り鳥がもたらしているのか?
 各国政府と国連は渡り鳥がH5N1鳥フルウイルスを東アジアからロシアそしてヨーロッパへ運んで来ていると主張しているが、多くの鳥類愛好家達は、その証拠を示せ、と言い、無責任な不公正である鳥の殺処分の可能性を訴えている。その論争についての記事。
・EU health commissioner says birdflu-hit Turkey still not safe Turkish Daily News (subscription),  (トルコ) EU保健長官、トルコはいまだ安全ではない
 ウイルスはいまだ我々の周囲で活動している。環境からウイルスが排除されない限りトルコは安全とは言えない。マルコス・キプリアヌEU(Markos Kyprianou)保健長官が26日語った。長官と獣医専門家がトルコ当局者と26日、トルコ政府の対策が適当であるかどうかについて話し合った。
 アンカラでの会議でトルコの農業大臣メーディ・エッカー(Mehdi Eker)は、ウイルスは近隣諸国へ広がっていると以前語ったことを繰り返した。
 ”それらの国々で病気は広がっている。しかし国家体制の違いから、彼等はそれを報告していない”。
 トルコと国境を接している国はイラク、イラン、グルジア、アルメニア、シリア、ギリシャ、ブルガリアである。
・Live markets may pose birdflu risk Kentucky.com (米国) 生きた家禽市場は鳥フル感染の危険性が高い
・China lifts quarantine in all area hit by avian flu People's Daily Online (人民網、中国) 中国、鳥フル発生地域全てを解放
・China lifts quarantine in final bird-flu-hit area  NewKerala.com (インド) 中国、最後の隔離地域を開放
 中国は鳥フルが発生したと報告されていた33地域の最後の地域を開放した。中国国営通信が発表した。
 中国農業部は中国西南部貴州省で3週間鳥フルが発生していないことから、同州の解放を認めた。家禽の持ち運びの禁止、市場の閉鎖が解かれた。
 中国女性が今週死亡し、中国で昨年11月以来7人目の鳥フル死者となっている。女性が死亡した四川省では家禽での鳥フルは報告されていない。
・鳥インフルエンザワクチン開発、ニワトリの感染は阻止 日本経済新聞 (日本)
 アジアや欧州で猛威をふるっている鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)がニワトリやマウスに感染するのを100%阻止する新型ワクチンを米ピッツバーグ大の研究グループが開発した。今後は人間でも有効かどうかを臨床試験で確かめる方針だ。ピッツバーグ大学医学部のアンドレア・ガンボット助教授らは、鳥インフルエンザウイルスの表面を覆うたんぱく質の遺伝子を風邪の原因ウイルスであるアデノウイルスの遺伝子に人工的に組み込むことに成功した。こうして作った改造ウイルスは動物や人間の体内に入っても増殖する力はない。しかし体内の免疫細胞はウイルス表面に現れた鳥インフルエンザたんぱく質を認識して、これを攻撃する抗体を作ることが可能になる。つまり改造ウイルスがワクチンとしての役割を果たすことになる。ニワトリやマウスでの動物実験では、ウイルスの感染をほぼ100%食い止めたという。
・WHO issues rapid-response plan for flu pandemic CIDRAP (米国) WHO、パンデミック・インフルエンザ発生時緊急対策計画を発表
WHOはインフルエンザ・パンデミックに対する初期の封じ込め対策の草案計画を発表した。その中で、仮にこれらの試みが最終的に失敗に終わっても、ワクチン製造や他の対策を練るための貴重な時間的余裕を生み出す可能性があるだろうと記している。

16ページからなる行動計画では、十分早期に発生が見つかった場合、物理的および社会的隔離体制、そして抗インフルエンザ薬使用による初期の封じ込め努力を求めている。WHOは4月1日までにさらに詳細内容を深め、そして5月に緊急対策チームのトレーニングに着手する。

”発生する可能性の高いパンデミックに対する封じ込めはこれまで試されることはなかった;世界はこれまでパンデミック発生予告警報を受けたことはなかった。”WHOパンデミック・インフルエンザ迅速対策&封じ込め計画草稿(WHO Pandemic Influenza Draft Protocol for Rapid Response and Containment)”では、そのように語る。”実際にそれを行動に移すには多くの困難な壁があり、それを乗り越えることが可能かどうかは保証されていない”。
 実際、多くの専門家によると、パンデミックが始まると思われる地域でH5N1鳥フルが大発生したときに、十分な監視態勢と公衆衛生水準が確保されていなければ、パンデミック阻止は不可能とされる。専門家が懐疑的になる要素には、さらにワクチンが無いことと、抗インフルエンザ薬の不足が挙げられる。
 しかしWHO文書は数百万人の命と経済的及び社会的大恐慌を防ぐためにも、成功の保証は無くても、”試み”はされるべきだと告げる。
 ”封じ込め対策が最終的にパンデミックを引き起こすウイルスの出現を抑えることに失敗したとしても、それを試みることにより、パンデミックになるまでの時間を遅延させる効果と、各国が対策を練るための時間的余裕を提供することが出来る可能性がある”。草稿でそのように説明されている。
 ”パンデミック・ウイルスが出現し、ワクチンが製造されだしたなら、毎日500万人分のワクチン製造が可能となる。それら製造され続けるワクチンを利用することで、各国が保健医療サービスを緊急事態に適合させるための時間的余裕を生み出すことが出来る(関係者にワクチンを投与することで、迅速な態勢作りが可能となる(訳者:注)”。
 付け加えるに、迅速な封じ込め対策を練る労力が国家的、地域的、さらに国際的保健能力を高める効果がある、と計画は述べている。

封じ込めが必ずしも不可能ではない理由としてWHOは、全家禽の殺処分で以後の家禽と人でのH5N1感染を食い止めた1997年の香港の事例を挙げる。また理論的に初期封じ込めを可能とする数理的モデルを使用した二つの研究を挙げている。

この計画の目的は、H5N1ウイルスまたは他のパンデミックの原因となるウイルスが、人の間で容易に感染しだしている兆候の早期発見を容易にすること、およびウイルスの初期発生段階からの拡大に対する効果的阻止方法を説明することであるとされる。

計画では、各国は(発生の)監視態勢に責任をもつとされる--人から人へウイルスが感染しだした兆候の探索。
 可能性ある兆候の一つとして、非人インフルエンザウイルスの血球凝集素遺伝子(H基蛋白に対する遺伝子:訳者注)を保有し、人インフルエンザウイルスの遺伝子を内部遺伝子として保有するウイルスの検出である。さらにもう一つの兆候として、1人の患者から、少なくとも5人の人間に感染が広がった場合である。
 各国は上記兆候を察知したときは24時間以内にWHOに報告することが求められている。続いてWHOは、行われる封じ込め対策の内容を検討する。封じ込め対策はウイルスの確定診断がされていないとき、および、すでに封じ込めが失敗に終わっているときは行われない。

もし封じ込め対策が試みられる場合、当該国はWHOと協働して対策にあたることが求められる--隔離対策、抗インフルエンザ薬の配布、監視態勢の整備、そして他の公衆衛生的対策である。計画によると隔離地域において、抗インフルエンザ薬は発病者の治療と無症状の人々の予防に使われる。

”迅速な封じ込めの対策の成功の可否は、迅速な抗インフルエンザ薬の配布態勢と他の保健医療用品の入手にかかっている”、と計画書では記されている。WHOのタミフル備蓄量は現在150万人分であり、それは5月まで300万人分まで増量される予定であり、さらにロッシュ社から200万人分提供される予定になっている。
 多くの国では自国用タミフルの備蓄を行っている。またいくつかの地域では地域用の備蓄も計画されている。これらの備蓄作業の間には何ら連携がないが、WHOは運営上の取り決めを行い、効果的封じ込め対策のために連携する必要があると言う。
 計画書では現在の抗インフルエンザ薬がどれだけパンデミック株に対して効果を持つかに関しては言及していない。先週発行されたThe Lancetに掲載された論文では、H5N1ウイルスに感染した人々にタミフルが有効であったという証拠がないと書かれているが、投与した時期が遅すぎるという解釈もされている。

WHOは感染が生じた国に対して、全ての国際的および地域的支援を結集して対策にあたる、と計画書では約束している。

WHOは他の機関からの応援も求めて、3~5人のワーキング・グループを作り、さらなる詳細な計画作りを目指す。6月までに詳細な計画を作成し、6月6日~10日の間にジュネーブで国際会議を開き、作成された”基本的概念と標準的対策方法(fundamental concepts and standard operating procedures)”について同意を得る予定だ。

続いてWHOは5月に始める予定の、緊急対策チームのトレーニングのための教材作りなどの準備に入る、と計画書で説明されている。チームは、検査室診断の専門家、疫学専門家、臨床専門家、感染予防管理専門家、獣医学専門家、倫理学者、そして他の領域の専門家、から構成される。チームは約2週間のトレーニングを受ける。

緊急対策チーム計画は、インフルエンザ・パンデミックの脅威に焦点を合わせた、WHO戦略におけるの3本柱の1本とWHOは語る。他の二つは、家禽におけるH5N1鳥フル対策、そして世界のインフルエンザ・パンデミックに対策の改善である、とされる。


WHO草稿

・Wild Bird Suspected to Carry H5N1 Virus in HK CRI (中国) 香港、野鳥がH5N1ウイルスを伝搬している疑い
 香港のSha Tau Kokで見つかった死亡した野鳥(Oriental Magpie Robin)がH5N1鳥フルで死亡したことが初期の検査で示唆された。さらに確定するための検査が行われている。香港政府が発表した。
・Pa. Researchers Develop Bird Flu Vaccine NBC 10.com (米国) ピッツバーグ大学の研究者が新タイプのワクチン開発
 昨日のロイター・ニュースと同じ内容。
・Federal Health Official Warns Cities to Prepare for Bird Flu KXTV (米国) 米国政府、国内市長達に鳥フル対策を急ぐように警告
 連邦政府保健省は全国市長会において鳥フルが発生したとき、連邦政府が各都市を救うことを期待すべきではない、と言い、各都市における対策を急ぐように警告した。
1月27日

・North Korea refutes report of birdflu San Jose Mercury News (米国) 北朝鮮、鳥フル報告を否定
 北朝鮮は国連のFAOに鳥フル発生や人の感染例はないことを報告した。
 北京のFAO代表者のMona氏は、j調査する役割をもっていないので、北朝鮮当局が言うことを信じるしかないと語っている。
・North Korea denies birdflu outbreak Washington Post, (米国) 北朝鮮、鳥フル発生を否定
 国連機関FAOによると27日、北朝鮮は平城で女性が鳥フルを発病したという報告を否定し、同国では鳥フルは発生していないと語ったと発表した。
 北朝鮮からの亡命者を助ける団体のネットワークが今週初めに、平城で鶏の鳥フルが見つかった後に、女性が鳥フルに感染したと発表した。
 ”北朝鮮農業省はこの種の噂を全て否定し、国内に鳥フルの発生はなく、人での事例もない”、と中国と北朝鮮のFAO事務所の責任者であるNoureddin Mona氏が語った。
 北朝鮮の国営メディアは11月に、鳥フル侵入を防ぐ対策を強化したと発表していた。
・New birdflu shot took just a month to make - study Reuters India, (インド) 研究成果:新鳥フルワクチン製法で1カ月でワクチンが準備と
 病原体を用いない新製法で鳥フルワクチンが1カ月で作成され、それは鶏が致死的H5N1鳥フルに感染するのを、完全に予防出来ることが米国の研究者によって26日発表された。
 遺伝子学的手法により作成されるワクチンは、従来型の時間がかかる製法から現代的製法へ転換して作成されるワクチンとして、その条件を十分満たしている。
 米国ピッツバーグ大学のチームは新製法によるワクチンの人における臨床試験を計画している。
 ”これは非常に能力が高いワクチンだ”、と同大学のアンドレア・ガムボット博士は語る。
 ”アトランタのCDCからウイルスの遺伝子情報を得てから1カ月でワクチンを作成出来る”。
 現在の鳥および人に対するワクチンは作成するのに数ヶ月要し、ワクチンウイルスは鶏受精卵中で増殖される。産生量は不安定で、ワクチンも完全な予防効果はない。
 専門家達は受精卵のかわりに人培養細胞でウイルスを増やすことに賛成している。
 
 彼等は新型インフルエンザウイルスがパンデミックになったとき、その遺伝子情報をCDCから電子メールで知らせてもらい、続いてウイルスの”H”基を構成しているタンパク情報を持つDNA情報を解析し、そのDNA鎖を人工的に作成する。
 続いてそのDNA鎖を人の一般的風邪ウイルスである、アデノウイルスに組み込む。
 増殖されたアデノウイルスがワクチンとして用いられる。(H5N1ウイルスのH基に対する抗体を産生させる)。
 このようにして作成されたワクチンはマウスと鶏を用いた実験で、鼻腔スプレー方式で部分的予防効果、注射で100%の予防効果を示した。
・Birdflu viruses carry unique genes Reuters.uk (英国) 鳥フルウイルスに特徴的遺伝子の発見--米国研究者チーム
 
 科学者達は、H5N1インフルエンザウイルスが致死的性格を保有する謎を、解明する手がかりを掴んだようだ。--鳥フルウイルスは、細胞に対して特に破壊的に作用させると推定される遺伝子を持っている。26日米国の研究者が発表した

メンフィスの聖ユダ小児病院の研究室で全ての鳥フルインフルエンザを調べたところ、(細胞に対して破壊的に作用させる原因となる)遺伝子を持っていたが、人のインフルエンザウイルスには認められなかったと言う。


ベトナムやタイでH5N1ウイルスに感染した人々は、インフルエンザウイルスの鳥型遺伝子を持っていたが、それは1918年の世界で数千万人死亡した(スペイン)インフルエンザ・パンデミックに罹患した人々も同じだった。

しかしながら、通常のインフルエンザウイルスや、致死性がそれほど強くなかった1957年(アジア風邪)と1968年(香港風邪)のインフルエンザウイルスは鳥型遺伝子を保有していなかった。

サイエンス(Science)に発表された論文は、より危険なウイルスの検出と、より効果的抗ウイルス薬の開発を可能にするかも知れない。そのように研究者の聖ユダ病院のクレイトン・ネーヴ博士は語る。
 ”我々は鳥ウイルスと人ウイルスの間に存在する明確な違いを報告した。さらに精力的研究で、この違いが鳥フルウイルスの毒性にどのように関与しているのか明確にする必要がある”、と同博士は記者会見で語った。

ネーヴ博士と共同研究者は、これまで知られている全ての人インフルエンザウイルスの遺伝子配列を分析してきた。インフルエンザウイルスはたった8個の遺伝子しか持たず、比較的単純な微生物にもかかわらず、これまで誰もしたことはなかった。
 ”この研究で得られた情報は、鳥フルウイルスが鳥から人へ種を越えて感染してゆく機構を解析する上で重要と、我々は考えている。それ故この情報を世界に公開して、他の研究者達の研究の参考してもらいたいと考えている”、と同博士は語った。

ウイルス収集

研究者達は7000個の鳥インフルエンザウイルスを含む11000個のウイルスを研究に用いた。これは聖ユダ病院のロバート・ウエブスター博士によって収集された。
 ”我々はこれらのコレクション(北米、ユーラシア、オーストラリアで1976年から2004年までのの間に、カモ、カモメ、家禽などから集めた)の中から336個の多様な鳥フルウイルスについて遺伝子配列を分析した”、と研究者達は語る。

H5N1ウイルスは数十年間鳥の間で見つかっていたが、人への感染は1997年の香港での事例が最初であった。それが2003年に再発して以来、WHOによると、少なくとも152人の人々が感染し、83人が死亡している。
 さらにH5N1ウイルスは、拡大対策のための殺処分を含めて世界で数億羽の鳥を殺した。

H5N1ウイルスはいまだ容易に人から人へは感染しないが、専門家は変異により人人感染が容易となり、世界で数百万人から数千万人の犠牲者がでるような、パンデミックが生じることを恐れている。

どのような遺伝子変化が、ウイルスの性格を危険なものに変えるのかが疑問を解く大きな課題であり、また現在誰もそれを予知出来ない状況だ。しかし、ネーヴ博士のチームは注目すべき2種類の蛋白を同定できたようだ。

彼等はそれら蛋白をNS1およびNS2と呼ぶが、それらはウイルスの構造蛋白ではなく(ウイルス自体を構成する蛋白ではない:訳者注)、細胞に感染したときに初めて作られる蛋白である。

鳥型ウイルスは人型に比較して、その作られるNS蛋白がより細胞に障害を与えるようだ。ネーヴ博士はそのように説明する。
 ”このNS蛋白には多くの種類の変化があることに我々は驚いている。これは重大な手がかりだと思う。我々はこのNS蛋白が、重要な生物学的役割を担っているに違いないと思っている”、と同博士は語る。

ネーブ博士が言うには、NS蛋白を弱めるような変異が起きたとしたなら、ウイルスは容易に人の間で感染しだす可能性がある(感染した細胞を容易に破壊しないから、細胞の中でのウイルス増殖が可能になる:訳者注)。しかし誰もそれはまだ分からない。
 ”スペインインフルエンザの場合のように、次第により毒性の弱い株への変化が予想もされるが(容易に人人感染を生じて世界的パンデミックへ移行する:訳者注)…、と同博士は言う。
 ”現時点で誰もH5N1ウイルスが将来どのような展開するか予知できない。でも極めて怖い”、とネーヴ博士は言った。

1月26日


・New BirdFlu Case In China Worrying Experts All Headline News (国際) 中国の新規感染者発生に、専門家は不安感を増強
 WHOは中国での7人目の鳥フル死者を発表した。
 BBC放送によると、専門家は世界で一番大きな家禽を保有する中国での鳥フル拡大を心配している。

 最新の犠牲者はこれまで鳥フルが発生していなかった地域に住んでいた。
 彼女は乾燥食品販売店で働いていて、家禽との接触はなかったと報告されている。
・Indonesia reports new birdflu fatality Aljazeera.net, (クエート) インドネシアで死者発生
 昨日発表されたジャカルタの22歳の鶏行商人の男性が26日死亡した。ジャカルタの研究所でH5N1感染は既に確かめられているが、さらに検体は香港のWHO協力機関に送られた。
・Birdflu found in northern Cyprus TODAYonline (シンガポール) キプロス北部で鳥フルが確認される
 25日遅くにH5亜型鳥フルが見つかったと、キプロス北部のトルコ領土の行政当局が発表した。鶏と七面鳥からの検体が詳細なる検査のために、トルコと英国に送られた。
・Egypt farmer dumps 10,000 chicks Sunday Times.au  (オーストラリア) エジプトの農家、1万羽の鶏を破棄
 カイロ東部の砂漠の中の道路に鶏1万羽が近くの農家によって捨てられていた。農民は鶏が鳥フルに罹患したと考えていたようだが、当局の検査では鶏はウイルスには感染していなかった。
・Glaxo hopes to produce pandemic flu shot by yr-end Reuters.uk (英国) グラクソ社、年末までパンデミック・インフルエンザ用のワクチン製造を計画
 グラクソ・スミスクライン社は、H5N1鳥フルウイルスに対するワクチンの最終的臨床試験に着手すると発表した。

25日遅くのBBC放送でのインタビューで取締役(chief executive)のジャン・ピエール・ガーニル氏が年末までに新ワクチンの製造に着手したいと語った。

”我々は最終的臨床試験に2,3週間以内に取りかかる予定と発表している。その予定でゆくとクリスマスまでに、大量の新ワクチンの製造が可能になるかも知れない”、とガーニル氏は通訳を介して説明した。

しかしながら同氏は、実際のパンデミック時にどの程度H5N1ウイルスが変化しているか分からないので、新ワクチンの効果について予測するのは難しいと語った。
 ”それは変異の問題だ”、と同氏は言う。
 ”もしH5N1ウイルスノの変異の程度が小さいなら、ワクチンは効果を持つと思われるが、変異の幅が大きく新ウイルスが現在のH5N1ウイルスから全体的に変化してしまうと、ワクチンは効果を持たないだろう”。
・中国で7人目の死者 鳥インフルエンザ 産経新聞 (日本)
 中国衛生省は25日、四川省成都市で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した女性(29)が死亡したことを明らかにした。新華社が同日報じた。中国での鳥インフルエンザによる死者は7人目。家禽(かきん)への感染は計13の省と自治区に広がっており、感染拡大に対する懸念が強まっている。衛生当局は感染拡大阻止に向け、死亡した女性の感染経路の調査と、生前に接触した人に対する検査を急ぐ。衛生省によると、女性は今月12日に発熱と肺炎の症状を起こし、H5N1型ウイルスを検出。同省は23日に感染の事実を公表、女性の容体は悪化していると説明していた。死亡日時は明らかにしていない。同省によると、四川省では11日にも簡陽市の女性(35)が鳥インフルエンザに感染し、死亡。このほかに広西チワン族自治区、江西省などで死亡例が確認されている。
1月25日

・Japanese group says N.Korean infected with birdflu Reuters AlertNet (英国) 日本のグループ、北朝鮮で人の鳥フル感染者が発生と
 日本の北朝鮮からの亡命者支援団体が25日、先月平城で鳥フルが発生した後、人の感染例が発生したと発表した。
  北朝鮮人民救援ネットワーク(Rescue the North Korean People! Urgent Action Network)の責任者のLee Young-wha氏は、彼のグループのどのようなメンバーが女性が感染したことを知ったのか詳細は語らなかったが、12月に赤十字病院へ入院したことがグループから報告されたと語った。彼は、在日本朝鮮人総連合会から科学者がタミフルを10箱北朝鮮へ運んだ後、キム・ジョンイル主席に強く批判的なグループにチェックさせた。Lee氏は彼のグループは、女性が致死的H5N1鳥フルに感染したのか、弱いタイプの鳥フルに感染したのかまでは明確に出来なかったと説明した。
・昨年、平壌でも鳥インフルエンザ流行 中央日報 (韓国-->日本語)
 産経新聞は、25日「北朝鮮の農村地域で昨年9月ごろ、鳥インフルエンザ(AI)が流行し、人にも感染していたことが24日、分かった」と報じた。  同紙は、日本政府筋の情報として、平壌(ピョンヤン)では同時期に少なくとも女性1人が感染し、平壌・赤十字病院に入院していた事実を確認した、と伝えた。同紙によると、そのため北朝鮮・金正日(キム・ジョンイル)国防委員長は今月、朝鮮労働(チョソン・ロドン)党、政府の関係各機関に、鳥インフルエンザの抑制・防止の徹底を指示したとし「先に極秘で中国を訪問した際、支援と協力を求めたとの見方を強い」と報じた。   中国公安当局によると、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協)幹部が、昨年9月、鳥インフルエンザ効果のある抗ウイルス薬「タミフル」を、アタッシェケース10個分、北朝鮮に持ち込んだという。
・Chinese woman dies from birdflu: WHO Brocktown News (米国) WHO:中国女性鳥フルで死亡
 中国で10番目の鳥フル感染者となった女性が死亡したことを、WHOが25日発表した。
 四川省で農業用品市場で店を開いていた29歳女性が23日死亡した、と北京のWHO報道官が発表した。
・China's BirdFlu Fatalities Up to Seven CRI (中国) 中国の鳥フル死者7人に
 先に10番目の鳥フル感染者として報告されていた四川省の29歳女性が死亡し、中国で7番目の死者となった。
・Japan aims to hit Tamiflu target next fiscal year Reuters AlertNet  (英国) 日本、タミフルの予定備蓄量を2008年度春までに確保予定
 人口の2500万人治療分のタミフルを2007年会計年度中に完了したいと厚労省が談話。
・Jakarta chicken vendor has birdflu Ely Times (米国) ジャカルタの鶏行商人が鳥フル感染
 22歳の鶏の行商人をしている男性がH5N1鳥フルに感染して入院治療中と当局が25日発表。検査はジャカルタで行われ確認されたが、検体は香港の研究所へ送られている。
・World must act as if flu pandemic imminent: UN official TODAYonline (シンガポール) 国連:明日にでも発生する可能性があるパンデミック・インフルエンザに対して、至急対策を強化する必要がある

 国連のパンデミック・インフルエンザ対策責任者である、ダビド・ナバロ博士は、人のパンデミック・インフルエンザが明日にでも起きると考えて対策を強化しなければならない、と語った。

 多くの人々はまだまだ時間的余裕があるように考えているが、それは完全な間違いだ。

 ”このような不確かで不明瞭な問題に対して人々に準備させるのは非常に困難なことだ”、とナバロ博士は記者団に語った。

 ”私が対策について話し合った多くの人々は、準備までまだ数ヶ月の余裕があると思っているが、私はそんな余裕はないと答えている。
 パンデミックが始まってからの対策では遅すぎるのだ”


・US officials promise to help Taiwan on avian flu eTaiwan News (台湾) 米国、鳥フル対策で台湾の支援を約束
 台湾のAmerican Instituteで行われたビデオ・カンファランスで米国保健省の副長官であるJohn O. Agwunobiは、米国は鳥フル対策における支援はするが、鳥フル対策に関する国際会議での台湾の除外に関しては何もコメントはせず、米国は台湾と密接な関係を保ってゆくことを望んでいるとだけ答えた。
・Decentralization seen hurting birdflu fight Jakarta Post, (インドネシア) 地方分権化がインドネシアの鳥フル対策の障害に
 インドネシア政府の積極的地方分権化が、これまで14人の鳥フル死者を出しているインドネシアの感染症対策の障害となっていると、東南アジア医療アナリストが24日語った。
 シンガポール保健サービスの米国の公衆衛生専門家で医師のボブ・ベルンスタインは、2001年以来の地方分権化が、2億2千万人の人口のインドネシアにおける保健医療問題を悪化させていると語った。
 最近のポリオとジフテリアの流行は地方の感染症監視体制が非常に脆弱であることを浮き彫りにした。
 …
・UN flu chief warns pandemic could start tomorrow The Herald, (英国) 国連インフルエンザ担当責任者、パンデミックは明日でも起きえると
 国連のインフルエンザ担当責任者のダビド・ナバロが、WHOの執行委員年次総会で演説。下記記載の他報道と同じ。
・Austria seeks EU crisis stock of birdflu drugs MSN Money (国際) オーストリア、抗鳥フル薬の備蓄をEUに求める
 EU加盟国で鳥フルが流行したときのためにEUが抗インフルエンザ薬の備蓄をするように、EUの持ち回り議長国であるオーストリアが提言した。
・平壌で昨年12月、鳥インフルエンザ流行 人感染も 産経新聞 (日本)
 北朝鮮の平壌市内で昨年十二月、鳥インフルエンザが流行し、人にも感染していたことが二十四日、分かった。政府筋が明らかにした。農村部でも昨年九月ごろから発生していたとみられており、深刻な事態に陥っている可能性がある。金正日総書記は抑制・防止策の徹底を指示し、先に極秘で中国を訪問した際、支援と協力を求めたとの見方が強い。
 平壌市内では昨年末、万景台区域八骨洞▽大城区域龍南山周辺▽光復街の計三カ所で、ニワトリなどが鳥インフルエンザに感染。軍などが出動し、ニワトリの処分や消毒に追われたという。
 この時期に少なくとも女性一人が感染し、平壌市内の赤十字病院に入院した。トリから人への感染とみられ、ウイルス変異による人から人への感染は確認されていないという。感染者がどの程度にのぼっているかは不明だ。
 こうした事態を受け、金総書記は今月、自らの名前で朝鮮労働党、政府の関係各機関に、鳥インフルエンザの抑制・防止の徹底を指示した。首都平壌での発生を深刻に受け止めているとみられる。
・UN urges countries to prepare for flu pandemic Edmonton Journal (カナダ) 国連、インフルエンザ・パンデミックに至急備えるように警告
各国は間もなく世界に現れる可能性のある、それはいつ発生してもおかしくはないと言われている、人の新型インフルエンザに対しての対策強化を急がなければならない。国連の高官が24日語った。

国連の「鳥と人のインフルエンザ対策」調整官であるダビト・ナバロ博士は、各国は緊急に対策を講じなければならない、なぜならH5N1鳥フルウイルスは変異して人人感染を速やかに起こす可能性があるからだ、と語った。

”私は、パンデミックが明日起きるものと考えて対策を急ぐように言いたい。厄介な問題に手をつけることを伸ばし続けてはいけないのだ”、とナバロ博士はWHOの年次執行委員総会で語った。

”それは何ヶ月も先のことではないかも知れない。我々は明日にでも、(現在の鳥フルが)人から人へ感染するインフルエンザに遭遇する可能性がある”、と彼は語った。

これまで、鳥フルウイルスは人へは簡単に感染していない。発病したほとんどの人々は、感染した鳥との接触歴がある。WHOはこの3年間で151人の感染者を確認している。
 ナバロ博士は、人での世界的流行は起きえるのかと尋ねられたら、彼は”イエス”と答えた。
 ”我々は今、落ちたならどのくらい下方まで落ちるのかも見当つかないほど高い、絶壁の縁に立っている。だから準備を急ぐように我々は言い続けているのだ”、とナバロ博士は続ける。

今月初めに北京と東京でインフルエンザのパンデミック対策をテーマにした二つの会議が開かれ、数百万ドルの対策費が主として東南アジアの発展途上国に対する援助費として提供されることになった。

ナバロ博士は、インフルエンザのパンデミックが起きた際の初期に、重要な役割を担うと言われている抗インフルエンザ薬タミフルの製造発売元であるスイスロッシュ社について、特に質問された。

ロッシュ社はタミフルを製造販売する権利を保有しているが、各国がタミフルの備蓄量を増やす方法を模索している中、同社の持つ占有権を緩和するよう国際的圧力がかかっている。

ナバロ博士は、各国がロッシュ社のパテントを破ることを考える必要はないと語る。ロッシュ社はすでに500万人分のタミフルを世界のために提供し、他の製薬会社がタミフルを製造できるサブライセンスの提供を申し出ている。そのように同博士は説明した。

・ウイルス変異の可能性警告=鳥インフル対策強化を-来日中の米局長補 時事通信 (日本)
 来日中の米国際開発局(USAID)のヒル局長補は24日、記者団に対し、鳥インフルエンザについて、「以前より人間が感染しやすくなった兆しがあり、ウイルスが人間同士で感染する型に変異し始めている可能性もある」と警告、農村部の住民に対する啓発事業など、早急な対策の必要性を強調した。
1月24日

・Lunar New Year birdflu caution issued News.gov.hk (香港) 香港政府:春節(旧暦の正月)の休みには鳥フルに注意
 今年の春節は1月29日。休暇で旅行する人々に、鳥フル発生地に十分注意するように、疾病予防センターは人々に呼びかけている。
 感染を予防するための個人的衛生管理、鳥や家禽への濃厚接触を避ける、等、センターのコンサルタント医師によって注意が喚起されている。

・WHO Negotiates with China for Handover of BirdFlu Samples Voice of America (米国) 中国からの鳥フルウイルスの提供が無いことにWHOは不満
 WHOと中国との間に、中国からの分離鳥フルウイルスの提供に関して協定を結んでいるにも関わらず、中国側は一部のサンプル以外の提供はしていないことに、WHOは不満を漏らしている。
・Birdflu virus mutations found in Turkey World Peace Herald (米国) トルコで分離鳥フルウイルスが変異
 トルコの患者から分離されたウイルスが変異していると報告されたが、変異したウイルスが人の間でパンデミック・インフルエンザを起こすかどうかについては不明である。
 先週医科学雑誌のNatureが変異ウイルス発見の論文を掲載したが、WHOは状況を監視してゆくと語った。
 ”それはトルコでの1分離ウイルスについての話だ”、とジュネーブのWHO報道官であるマリア・チャンさんは語った。発見された変異は、”動物の細胞よりも人の細胞へ結合しやすい可能性”がある、と示唆されている。
 チャンさんは”もしトルコの検体から同じような変異を示すウイルスがさらに見つかるならば、我々は重大なことだと考える”、と語った。
 鳥フルウイルスは昨年の10月にトルコの家禽の間で見つかった、と報道されている。そして1月5日にトルコ保健省は2人の兄妹の死亡を発表した。彼等は東アジア外で初めて見られた鳥フル感染例となった。
・WHO Says Possible BirdFlu Pandemic Not Exaggerated Voice of America  (米国) WHO、鳥フルのパンデミックの可能性は誇張ではないと
 WHO事務総長は、鳥フルのパンデミックの可能性は本当であって、決して誇張されたものではないと語った。李総長は1週間という長い会期の会議(WHO執行委員会)の開幕挨拶で、脅威は真剣に捉えなければならないし、そのための対策を強化しなければならないと語った。
 事務総長は、WHOが鳥フルの危険性を誇張しているとする一部の示唆を否定した。
 以下昨日のロイターと同じ。
・Health officials boost number of quarantine rooms Brandon Sun (カナダ) 保健当局は隔離病室数を増加
 マニトバの保健当局は病院と長期療養センターの隔離室の数を増加する。パンデミック・インフルエンザのような致死的感染症の流行に備えるためである。
・Turkey outbreak 'underscores seriousness of birdflu threat' Evening Echo, (アイルランド) WHO事務総長、トルコの鳥フル脅威は過小評価と
 WHOの事務総長は、トルコでの致死的鳥フル発生を過小評価していると語り、鳥フルによる脅威を過剰に捉えているという一部の示唆を否定した。
 以下昨日のロイターと同じ。
・10th case of birdflu reported in China Radio New Zealand, (ニュージーランド) 中国で10人目の感染者
 中国は西部の29歳女性がH5N1ウイルスに感染していることを確認したと発表。
 衛生部によると感染者は四川省の女性で2週間程前に発病して、現在重体であると言う。
 中国は昨年初めから動物の間で鳥フルが30以上発生していると報告しているが、10月以降に多発してきている。
 これまでウイルスで6人が死亡している。
・中国で10人目の感染確認 鳥インフルエンザ 北海道新聞  (日本)
 中国衛生省は23日、四川省成都市在住の女性(29)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したと発表した。中国での人への感染確認は10人目。同省によると、女性は今月12日に発病。発熱や肺炎などの症状を起こしており、病状は悪いという。
 中国では感染者のうち6人の死亡が確認されている。また、家禽(かきん)の感染については計13の省と自治区に広がっており、さらなる感染拡大が懸念されている。
1月23日


・WHO says not overplaying threat of flu pandemic Reuters (国際) WHO、インフルエンザ・パンデミックの可能性は誇張ではない
 
 WHOは23日、人インフルエンザのパンデミック発生の可能性が誇張されていることはないと警告すると共に、致死的鳥フルウイルスの早期検出のための、鳥(家禽)に対するサーベイランス態勢を改善するように求めた。


 鳥での最初の発生が確認されると同時に子供達が同時に感染したトルコの例は、全ての国が初期の警戒システムを構築する必要性が緊急にあることをを示している、とWHOのLee Jong-Wook事務総長は語った。

H5N1ウイルスは2003年以来、6カ国で少なくとも80人を死亡させている。犠牲者はウイルスを病気に罹患した鳥との濃厚接触で感染しているが、ウイルスが変異して人人感染を容易に起こすようになる不安がもたれている。

 ”我々が過剰に脅威を抱いているという、言い方もされているが、そんなことは決してない”、と事務総長はジュネーブで1週間に渡って開かれるWHOの執行委員会の開幕スピーチで語った。
 ”もし我々全てがこの脅威を深刻に受け止め、そして今、完全に準備するならば、人と経済に及ぼすパンデミック・インフルエンザの破滅的衝撃を減じることは可能だ。これは地球規模での問題なのだ”、と彼は語った。

 WHOは、もしインフルエンザ・パンデミックが起きたなら、世界で200~740万人死者が出ると予想している。

 トルコは鳥フル感染者21人を報告した。その中には4人の死亡した小児が含まれているが、WHOは、大量の家禽の殺処分と国内での啓発キャンペーンの結果、人の感染者数は減じてきているようだと言っている。

 WHOの専門家はトルコ近隣の鳥フル発生の危険性ある国に、状況把握の協力をする予定だ。それらの国々は、シリア、イラン、ウクライナ、グルジア、アゼルバイジャンである。

トルコから学んだこと

 人感染の前に家禽での流行が先行した東アジアと異なり、トルコでは極めて特有な状況が観察された。すなわちほとんど家禽における感染の確認が無い状況下で、人の感染が起きた。韓国の医師でもある事務総長はそのように語った。

”パンデミックは動物側から何の予告無しにでも起きえる”。
 トルコにおける事例はまた、健康危機に対して政府当局が国際的協力のもとに、如何に迅速に対策を施すことが出来るかを示した、と事務総長は言った。1日以内に疑い例の検体が採取され、英国のWHO協力研究所へ送られた。
 ”結果は24時間以内に出た。最初の事例の診断が確定された翌日には10万人分のタミフルが用意された”、と事務総長は付け加えた。

事務総長はまた、西側数カ国からの提案、すなわち新国際保健規約(new International Health Regulations)、特に鳥フルに関して前倒しして適用することを支持した。

昨年5月に同意された規則は、国際的に重大な全ての健康危機に適用される。それは2007年6月中旬から義務となる。しかし、鳥インフルエンザに関して、情報と臨床材料の共有のために、数カ国から緊急に前倒しして規則を適用することが求められている。

・鳥インフルエンザに通報義務=国際保健規則の適用前倒し-WHO 時事通信 (日本) 
 世界保健機関(WHO)の執行理事会が23日、当地で28日までの日程で始まった。鳥インフルエンザ対策として、昨年改正が決まった国際保健規則の前倒し適用を決める予定。これにより、人への感染が疑われる事例が発生した場合にWHOへの通報義務が発生、拡大防止策を迅速に講じることができるようになる。 
・Hopes rise in Turkey as two more beat birdflu Anatolian Times (トルコ) トルコ:さらに2名が鳥フルから回復、状況の好転に望み
  トルコ当局は23日、2人の子供がアンカラの病院を退院し、3人目のこどもの状態も確実に改善してきていることから、致死的H5N1鳥フルがコントロール可能になった望みを抱きだした。

 カナク家の兄弟、5歳の兄ムハレムと2歳の弟のイスケンデルは21日夜にアンカラのヌムーン病院を退院し、70キロ離れたベイパザリの自宅に戻った。致死的鳥フルからの回復者となった。
 彼等が回復した大きな理由は、彼等の両親が迅速に彼等を病院に運んだためと考えられる。2週間前、子供達が鳥フルで死亡したアヒルと遊んでいるのを目撃してすぐに両親は子供達を病院へ運んだ。

 彼等はトルコで発生した21人の鳥フル患者の中で7番目と8番目の回復者となった。
 21人中4人はヴァン大学病院で死亡している。しかしそこで子供達が病院へ収容されたのは、救うにはあまりにも遅すぎたと医師達は言っている。
 トルコの当局者達は、東アジアにおける鳥フルの死亡率に比較すると、トルコでの死亡率が非常に低いことから、今後の展望に希望を見いだしているようだ。
 ”私の考えでは、ウイルスは多分人にとって良い方向へ変異している”、とヴァン病院の主任医師である Sahinは22日語っている。
 死亡した4人はSahinの病院で治療したが、そこではさらに、5歳のMuhammed Ozcanを含めて4人の子供達が入院治療を受けている。
 少年Muhammed Ozcanの16歳の姉のFatmaはトルコで死亡した直近の例であるが(15日)、少年は数日間生死を彷徨ったが、現在回復中である。病院へ運ばれてきたのは遅かったにも関わらずにだ。
 ”少年の状態は改善しつつある。しかし間もなく退院できる状態ではない”、と SahinはAFPに語った。
 ”彼の肺はいまだ感染が続いている。でも全てはコントロール下にある。また現在、鳥フルの重症患者はいない”、と同医師は語っている。
 ヴァン病院は12月末にイランとの国境近くのドゥグベヤジットから患者が運ばれて以来、トルコにおける鳥フル治療の最前線となっている。
 ”我々はそれ以来多くの経験を積んだ。患者に対してより迅速に対応出来るようになっている”、と Sahin医師は説明する。
 ”もしウイルスが人人感染をするような変異をしない限り、我々はこの危機を乗り越えられると確信している”。
 国際的援助がウイルス拡大阻止のために必要だと強調しながら、Sahin医師は、町を訪れている米国の専門家チームに、ヴァン市にトルコと周辺国の住民の無症状ウイルス保因者(キャリアー)を迅速に診断する、研究所の設立の援助を求めている。
 ”我々はこの仕事に対して準備は出来ているし、米国の援助があれば着手までの過程は短縮可能だ。彼等は考慮したいと答えている”、とSahin医師はチームとの打ち合わせの後に記者団に語った。
 人と動物の疫学専門家から構成されている米国専門家チームは、視察後にトルコ側の鳥フル対策の努力を評価した。
 ”私はヴァンとトルコにおける、迅速で、透明で効果的対策作りに非常に感心した”、と米国チームのAnn Derseは、コーカサス3国調査に出発する前に語っている。


 コーカサスのアゼルバイジャン、アルメニア、グルジアでは鳥フルの発生は報告されていない。--しかし東部トルコの鳥フル発生地と国境を隔てている。
 トルコ農業大臣の Mehdi Eker氏は、20日、トルコの近隣国は鳥フル発生を隠していると非難声明を出している。
・Birdflu virus mutations found in Turkish sample USA Today (米国) トルコで分離されたウイルスで変異が確認
 トルコで分離されたウイルスが、人への感染力が高まる可能性のある変異を示していることが、20日発行のNATUREに掲載された。
 WHOでは、一つの分離株での分析なので、ウイルスが人への感染性を強めてパンデミックになる可能性があると判断するには早すぎるとのコメントを出している。
・Tamiflu's role in helping keep birdflu at bay New Zealand Herald (ニュージーランド) ニュージーランド:鳥フル侵入に対するタミフルの役割
 タミフルはインフルエンザの治療、または予防に使われる。
 治療には1日2回、朝夕1カプセルづつ服用するが、予防には1日1カプセルを服用する。予防効果は24時間続く。
 政府は人口の21%が10カプセルの治療をうけられるだけのタミフルを備蓄している(5日間コースが治療の標準)。
 使用基準はインフルエンザのパンデミックが起きるまで明確にされないが、予防的使用は、患者に接触した人々に投与する以外使われない予定だ。保健省の Pete Hodgson大臣が語った。
・French woman free from birdflu Reuters.uk (英国) フランス女性、鳥フル感染否定
 21日に鳥フル疑いで入院したフランス人女性は、検査の結果陰性であったとフランス保健省は発表した。
 22日早くにフランス政府は、トルコのタルズスに2週間滞在したフランス人女性が、鳥フルの疑いでモントペリエールの病院に入院したことを発表した。
 タルズスはトルコ東部の地中海沿いに位置しているが、これまで鳥フル発生は報告されていない。
・仏女性に感染疑い トルコ旅行後、鳥インフルエンザ USFL.COM  (日本)
 フランス公共ラジオによると、同国保健省は22日、トルコ旅行から帰国した後、インフルエンザのような症状を示してフランス南部モンペリエで入院した女性(32)が、鳥インフルエンザに感染している疑いがあると発表した。女性は呼吸困難などの症状を訴え、21日に入院。隔離され抗ウイルス治療を受けている。

1月22日

・Hunting BirdFlu Newsweek (米国) 鳥インフルエンザを捕まえる
 トルコへの鳥フル出現はいくつかの科学的謎を呈している。例えば、なぜ13の省でほぼ同時期に家禽の間で鳥フルが発生しているのか?なぜ短期間にこれほど多くの(これまで21人)感染者が出たのか。なぜ死亡者は少ないのか(4ないし5人)。これまでは半分の人々が死亡している。トルコにおける鳥フル流行は4週目に入っているが、感染した多くの人々は回復してきている。ウイルスが感染したにも関わらず無症状の人が1人いる。
  -->ウイルスが病原性を減じてきた?そうだとするなら感染性はより高まり、今後拡大してゆく可能性?
 ……
・Mideast On Edge As Bird Flu Kills In Turkey, No Cases Confirmed ...  KOTV (米国) 中東、トルコ周辺での鳥フル発生の確認はされていない--中東鳥フル事情
AP通信


 中東の北部であるトルコで人々が鳥フルで死亡しており、南部のアラブ諸国の人々は、渡り鳥が既に彼等の国にウイルスを運んでいる不安を抱いている。

 そうした不安にも関わらずレバノンとイラクでは何も確認されていない。しかし多くのアラブ人は鶏を食べなくなり、保健当局は抗ウイルス薬を備蓄し始め、多数の家禽が殺処分されている。さらに当局は人々、に死んだ鳥や鳥フル症状を呈する人に注意するように警告した。

 トルコ農業省が20日、名前は挙げなかったが周辺国で鳥フル発生を隠していると非難してから、ウイルスに対する恐れは人々の間で浸透している。トルコでは21人の感染が確認されており、その中で4人の子供達が死亡している。

 トルコと国境を隔てている国は、アルメニア、イラン、イラク、シリア、ジョージア、ブルガリア、およびギリシャである。

 カイロの学生である17歳のイミシタル・サイエさんは次のように記者に語っている。
 ”2カ月前に自宅での鶏飼育が禁止されてから、母は鶏料理を嫌うようになり、私達にも持ち帰りレストランから鶏料理を買ってくるように言わなくなった。私はそれは危険だと思っている。私達は病気になりたくないし、死にたくもない”。

 ウイルスがトルコから南方へ広がりつつある恐れは、17日にイラク北部のクルド人居住地域で、15歳少女が重症肺感染症で死亡して以来、北イラクで大きくなっている。同地域はトルコとイラン国境沿いにある。少女の住んでいたラニヤはトルコからの渡り鳥が休息する自然保護区のすぐ北に位置している。

 WHOはすぐに検査の結果少女の鳥フル感染は否定されたと発表したが、この事例を発端として周辺で混乱が生じており、その中で本当の発生が地域で起きる可能性もあると、WHOは言っている。イラク当局は少女からの検体をヨルダンのアンマンへ検査のために送ったと発表しているが、ヨルダン側では受け取っていないと語っている。
 19日ジュネーブのWHOは、検査結果は陰性であったと発表したが、イラクの当局者は結論はまだ出ていないと語った。
 続いて21日、カイロのWHO事務局は検査は間違いなくイラク農業省で行われ、間違いなく陰性であったと語った。
 しかしながらイラク北部の住民達は非常に心配している。
 ”我々はこの2カ月間家で鶏は食べていない。そして今、トルコからの(鳥フル発生の)ニュースは非常に心理的衝撃となっている”、と43歳のキルク-クに住む主婦は言っている。
 またキルクークの51歳のエンジニアは、妻はいまだ鶏料理を夕食に作るけど、以前のような味はしない。なぜなら病気にかかるのではないかという妄想が起きるから”、と言う。

 レバノン北部で、7歳少年が鳥フルを発症した疑いで観察のためにベイルートに運ばれた。しかし21日保健当局は初期の検査では鳥フルは陰性であったと発表した。さらなる検査がカイロのWHO協力研究所で行われる予定になっている。
 
 いまだ中東で鳥でも人でも鳥フル感染の報告はないが、多くの人達が言うには、これらの国では鳥フルが発生した場合の対策が既に立てられていたようだ。地域全体での家禽輸入は凍結されている。エジプトでは、飼い猫用の餌の輸入品すら見られないと言う。地中海の港では危険が無くなるまで、それら輸入品がストックされている。

 シリアでは政府が国内で鳥フルが発生していないと保証しているにも関わらず、卵を購入しtない人々がいる。
 ”多分政府の言うことは正しいのだろうけど、私は子供を危険に晒したくない”、と45歳のダマスカスに住む主婦は語る。
 政府は国営メディアを通じて鳥フルに対する啓発情報を流すと共に、鳥で死因不明な死亡が発見された場合、その群の殺処分を行っている。

 ヨルダン政府は6万錠のタミフルの輸入と、850万ドルの鳥フル対策費を用意したと報告している。その多くは家禽へのワクチン費用と、家禽の殺処分した際の補償費となっている。

 エジプト政府は抗インフルエンザ薬をいくらか輸入していると発表し、保健省のスポークスマンは自国の製薬会社が類似薬品(タミフルのジェネリック薬:訳者注)の製造に着手すると発表している。しかし実際に国内に配布する前に検査する必要があるようだ。

 アラブ首長国連合は、アフリカに向かう渡り鳥の主要なコースに位置しているが、これまで数千羽の鳥の検査を行ってきているが、鳥フルは見つかっていないと報告している。ドゥバイでは抗ウイルス薬はいまだ入手していないが、当局は100万錠発注していると言っている。

 クエートではタミフル5万カプセルを用意していると政府当局者は語っている。また政府は定期的に家禽の検査を行い、さらにイラクから入ってくる車のスプレー消毒を行っていると語っている。
 しかし世界に良く知れた宿命論に従って、30歳のMariam Mohammedは、何も心配するようなことは無いと言う。
 ”全ては神のご加護のもとにあり心配はない。我々の家は鶏であふれている”、と。

・FDA Warns of Fake BirdFlu Drugs HealthCentral.com (国際) FDA、偽タミフルに警告

 米国FDAは20日、無許可で無承認の、しばしば詐欺的産物を、例年のインフルエンザや鳥インフルエンザに有効な薬として販売することに警告を出した。
 これらの中にはタミフル類似品も含まれ、健康に有害である可能性もあり、またいかなるインフルエンザに対しても効果をもたない可能性もある。
 これまでFDAと米国税関は国境でタミフルのジェネリック薬として輸入された産物を押収している。中身はビタミンCと効果が全くない物質が含まれていた。
 また他の事例として、FBIが偽のインフルエンザワクチンを販売していた人達を逮捕している。中身は生理的食塩水だった。

・Lebanese boy tests negative for birdflu Pravda, (ロシア) レバノンの少年、鳥フル疑いで検査するも陰性と
 北部レバノンで6歳の少年が高熱を出して、19日鳥フル疑いで入院、検査を受けたが、通常のインフルエンザによるものと診断された。21日解熱したため退院したと、病院の医師が発表。
1月21日

・Birdflu confirmed in deaths of 2 Indonesian children Wired News  (国際) WHO、インドネシアの2人の子供の感染を承認
 香港のWHO協力研究所は今月死亡したインドネシアの2姉弟のH5N1鳥フル感染を確認した。
 これでインドネシアの感染者は14人でそのうち5人が生存中となった。
・Eker accuses neighboring countries of concealing birdflu... Turkish Daily News (subscription),  (トルコ) トルコ農業大臣、近隣国を鳥フル隠しで非難
 
20日、農業大臣は近隣数カ国が鳥フルの発生を隠していて、トルコの鳥フル拡大対策の障害となっていると非難した。


・Indonesia Treats New BirdFlu Patient, Hospital Official Says Bloomberg (国際) インドネシアで新規患者が発生
 西ジャワのバンドゥンのハサン・サディキン病院で、少女が鳥フル治療中と病院の当局者が発表した。
 少女は西ジャワのインドゥラマユに住んでいた。先に13歳少女と弟が同じインドゥラマユに住んでいて鳥フルに感染して死亡している。それはインドネシアの研究所で確認されているが、WHOの香港の研究所では未確認となっている。
 少女は19日夜に病院に入院し、H5N1鳥フルの全ての症状を呈していた、と病院当局者は言っている。報告では少女が死んだ家禽と接触していたようだ。
・鳥インフルエンザ、独のトルコ系住民に影響 母国の“異変”にピリピリ 産経新聞 (日本)
 毒性の強い鳥インフルエンザウイルス、H5N1型の感染がトルコで広がりをみせる中、ドイツに住むトルコ系住民までが神経過敏状態に陥っている。レストランや精肉店では売り上げが大幅に落ち込んでいるほか、トルコ向けの旅行代理店も今後の商売の行く末に気をもんでいる。母国で起きた“異変”の余波は当面、収まりそうにない。
 鳥インフルエンザの余波は、トルコ便が到着する欧州の空の玄関口、ベルリンの「テーゲル空港」にまで及んでいる。イスタンブールなどトルコ主要都市から1日平均7便が到着する専用ゲートでは、通常の約5倍の税関職員が配置され、鶏肉や羽毛などの加工品の持ち込みに厳しい監視の目を光らせている。
 税関職員の1人は「荷物はすべて開ける。関連品の持ち込みは厳禁だ。見つけ次第、取り上げる」と険しい表情を見せる。
 ドイツ国内では、13便が到着するフランクフルトや12便のミュンヘンの空港でも同様の厳戒態勢が敷かれている。欧州連合(EU)の方針に合わせて、ゼーホファー独農相も「故意に持ち込む者にはしかるべき措置を取る」と宣言した。
 仕事のため2週間、母国を訪問してきたばかりというムスタファ・チャイカさん(33)は空港の厳戒ぶりに、「厳しい方がいい。仲間から『ウイルスを持ってきていないだろうな』と変な目を向けられかねないから」と複雑な思いをにじませた。
 ドイツでは今のところ感染例は報告されていないものの、トルコからの空の玄関口である空港は「侵入口」になりかねない。トルコ人のタクシー運転手、オアハン・オスケルさん(50)は「空港に行くのは怖い。客を空港で降ろしたら、直ちに街に逃げ帰るようにしている」とこわごわ話した。
・新型インフルエンザ 水際で阻止 中部空港で訓練 読売新聞  (日本)
  新型インフルエンザの発生に備えた実地訓練が20日、国内の国際空港では初めて、愛知県常滑市の中部国際空港であった。訓練は、強い感染力を持つ「新型」が出現した発生国から邦人男性が帰国したとの想定で、検疫所や県職員ら約70人が参加した。検疫所のサーモグラフィーで、発熱が確認されたとされる男性を、実際に名古屋第二赤十字病院に搬送、病院でも受け入れ訓練が行われた。厚生労働省によると、鳥インフルエンザの人から人への感染は、高い確率で発生が予測され、空港や港湾など水際での封じ込めが課題となっている。橋本迪子・中部空港検疫支所長は「愛知県内で『新型』を受け入れる病院はまだ1か所。空港の場合、複数の患者の発生が予想され、受け入れ先の拡大が最大の問題」と話していた。
・BirdFlu Virus Survives for Days in Droppings, States WHO Epoch Times (米国) WHO:鳥フルウイルスは排泄物中で長期間生存と--WHO更新ファクトシートから

 H5N1鳥フルウイルスは冬期間のような低温環境では、鳥の排泄物の中で一ヶ月以上生存し、夏の高温環境でも一週間近く生存することが、20日WHOが発表した”ファクトシート”の中で報告されている。

 WHOのホームページに掲載されたファクトシートによると、H5N1鳥フルウイルスニルスに感染した人は、非常に早期に高熱と肺炎を呈すると説明されている。
 http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/avianinfluenza_factsheetJan2006/en/index.html.

 更新されたファクトシートは最新の知見をもとに構成されている。

 H5N1鳥フルは韓国から東南アジアを越えてトルコ、ウクライナ、ルーマニアに至っている。これまで149人に感染し、80人が死亡している。これらの数値には最近のトルコの事例は含まれていない。

 WHOによると鳥の排泄物は、鳥フルが人や鳥に感染する主要な感染源となっている。
 ”例えば、高病原性H5N1ウイルスは糞便中で、4℃の低温で35日間生存する”、とWHOのサイトでは説明している。
 ”さらに37℃ではウイルスは糞便中で6日間生存する”
 家禽、特に狭い裏庭で集団で飼育されている家禽は主要なウイルスの供給源となっている(簡単に集団で感染する結果:訳者)。
 ”これらの家禽は食物を求めて動き回り、時には野鳥の群れの中に入ったり、また飲み水を共有したりする。このような状況は、ウイルスが人に暴露される機会を多くする結果となっている。特に家禽が家の中に入ってきたり、または悪天候のため家の中に入れたり、または子供達が遊んだり寝たりする場所で家禽達も共に生活している場合である”、とWHOは説明する。
 さらにWHOはH5N1ウイルスは従来型のインフルエンザウイルスとは、異なった性格を持っていると説明する。

長期の潜伏期間

 ”H5N1鳥フルの潜伏期間は従来のインフルエンザよりも長い可能性がある。従来型インフルエンザは2~3日であるが、最近のH5N1でのデータを見ると、2~8日、そして時には17日という数値も見られる”、とWHOは言う。
 ”初期の症状は通常38℃以上の高熱、そしてインフルエンザ様症状。下痢、嘔吐、腹痛が見られる。そして患者によっては鼻や歯肉からの出血も初期に見られる”
 そしてH5N1感染で全ての感染者は初期に肺炎を引き起こす、とWHOは説明する。
 ”現在の知見によると、発症5日以内に呼吸困難が生じる。呼吸障害、嗄声、吸気時のバリバリ音は共通の症状として見られる”。
 時には血痰も見られる。
 ”他に共通してみられる臨床像として、主として腎臓と心臓を中心とした多臓器機能不全である”、とWHOは解説する。
 WHOは鳥フルの治療として、出来るだけ早急にタミフルを投与することを推奨している。

 WHOはH5N1は、この2年間に数千万羽の鳥が感染してきた、ほとんど鳥類が中心の感染症であることを強調している。
 ”理由は分からないが、ほとんどの人感染事例は田舎または郊外の少数の家禽を飼育している家庭で起きている。また、同じように原因は分からないが、非常に少数ではあるが、推定されるハイリスク環境の人々、例えば家禽産業従事者、生きた家禽市場での従業員、殺処分従事者、獣医、適切な予防装具なしに患者に接触した医療従事者で発生が見られている”、とWHOは付け加えている。
 さらに”健康小児や若い成人層で謎の集中発生が起きていることも説明は出来ない”とも。

・鳥インフルエンザベルギーで流行なら2万人が感染死 日本経済新聞  (日本)
 ベルギーは鳥インフルエンザが人間同士で流行するようになれば、同国で2万人が感染死するという試算をまとめた。人口が約1040万人の同国で、200万―300万人の感染者が出る可能性があるとした。
 ベルギーでは今月中旬、入院中の患者がウイルスに感染した疑いがあると報告された。結果的に通常のインフルエンザであることが判明し、騒ぎは収まったが、欧州に隣接するトルコで感染が広がっていることもあり、その波及に警戒を強めている。(
・千葉、トルコキャンプは予定通り 日刊スポーツ (日本)
 千葉の31日からのトルコキャンプ(~2月15日)は予定どおり行われそうだ。鳥インフルエンザが当地で発症し、ルーマニア、ブルガリアの計10クラブがキャンプ地を変更したが、今のところ中止、変更する考えはない。祖母井(うばがい)GMは「毎日現地と電話で話しているが、問題はなさそう。オシム監督も(鳥インフルエンザより)練習試合の相手がどうなるかを心配している」と話した。
・Protecting Yourself from Flu Pandemic Infection Control Today (米国) 新型インフルエンザから自身を守るために

A worldwide influenza epidemic, is inevitable, say health experts. Pandemics tend to occur when disease-causing organisms that typically affect only animals adapt and can infect humans -- then further adapt to pass easily from human to human. People have little or no immunity so the virus can spread rapidly. Although experts are concerned about H5N1 virus, a strain of bird flu garnering much attention, no one knows what may occur with this or any other influenza virus.

The January issue of Mayo Clinic Health Letter recommends how to minimize risk in the event of a pandemic, whether mild or severe.

-- Be knowledgeable. Look to reliable sources for information such as the U.S. Department of Health and Human Services (http://www.pandemicflu.gov), the Centers for Disease Control (http://www.cdc.gov), the World Health Organization (http://www.who.int/en) and Mayo Clinic (http://www.mayoclinic.com).

-- Get the standard flu vaccine. It won’t protect you from a pandemic flu virus, but it’s a precaution against simultaneous infections.

-- See your doctor within two days after flu symptoms begin. If you have a cough, sore throat, muscle aches or fever of 101 degrees or more, your doctor may be able to prescribe an antiviral drug.

-- Frequently wash hands or use alcohol-based hand sanitizers. Either helps prevent the spread of infections.

-- Stay healthy. A healthy body means a strong immune system. Eat a healthy diet, get adequate sleep and exercise.

-- Consider wearing a face mask in public. It may prevent you from inhaling airborne particles from an infected person’s coughs or sneezes.

-- Be cautious with social contact. If you are sick, avoid public places where you are likely to infect others. If you’re not sick, avoid handshakes or close contact with those who are.

-- Think carefully about travel. Influenza viruses spread easily when people are confined to small spaces such as an airplane, train or bus.

-- Don’t eat undercooked poultry or raw eggs. Thoroughly cooking kills bacteria and viruses.

-- Avoid contact with birds and bird droppings in areas where bird flu outbreaks are occurring. It’s not the time to feed the ducks at a park.

-- Use good respiratory etiquette. Cough or sneeze into a facial tissue and wash your hands often.

 新型インフルエンザの世界的大流行は、いつ起きてもおかしくはない状況であると専門家達は言っている。大流行は、ウイルスが動物だけに感染している状態から人に適合しだして、容易に人人感染を起こす状態になったとき起きる。人々はウイルスに免疫がないため簡単に感染は拡大する。専門家はH5N1ウイルスが大流行する可能性を考えているが、正確にはどのウイルスが世界的インフルエンザ大流行を引き起こすかは予想できない。

 ”Mayo Clinic Health Letter の1月号で、インフルエンザ大流行の際に如何にして被害を最小に食い止めるか、いくつかのアドバイスが掲載された。

--情報を得ること
   信頼性ある情報網にアクセスする
   米国保健省
   http://www.pandemicflu.gov
   米国CDC
   http://www.cdc.gov
   WHO
   http://www.who.int/en
   メイオ・クリニック(Mayo Clinic)
   http://www.mayoclinic.com

--標準的インフルエンザワクチンの接種を受けること
   新型インフルエンザには効果はないが、同時感染の予防。

--インフルエンザ症状が現れたら2日以内に医師に相談(受診)
   もし咳、咽頭痛、筋肉痛、または38.5℃以上の発熱を呈したなら、医師は抗インフルエンザ薬を処方する場合がある。

--頻回な手洗い、またはアルコールを含有した消毒液での手の消毒
   
両方法とも感染の拡大を防止する。

--日常からの健康注意
   
健康な身体は免疫力もある。健康的な食生活、十分な睡眠と適切な運動。

--公衆の中でのマスク着用の考慮
   感染者の咳やクシャミから飛び散る、ウイルスを含んだ粒子を吸い込むことが防止出来る。

--人へ感染させない配慮
   もし発病したときは公共の場へは立ち入らない。もし自身が発病していないときは、発病者との握手、または接触を避ける。

--旅行には注意
   インフルエンザウイルスは航空機、汽車、バスなどの狭い空間で簡単に拡大して人々へ感染を起こす。

--生の家禽の肉および卵は食べない
   
十分加熱して細菌やウイルスを死滅させること。

--鳥フル発生地域で鳥や排泄物に接触しない
    公園で鳥達に餌を与えるのは構わない。

--咳エチケットを守る
   咳やクシャミが出るときは顔をティッシュ等で被い、そして頻回に手を洗う。


・Cheney says birdflu could pose economic risk Reuters (国際) チェイニー副大統領、鳥フルのパンデミックは経済的大ダメージを米国に与えると
 チェイニー副大統領は、もし鳥フルが米国に拡大してきたなら、各種業界、学校、交通へ大きな影響を及ぼし、米国の経済に大打撃を与えると、ラジオ・インタビューで語った。
 拡大を最小に防ぐために、交通システムの停止、学校や公共施設の閉鎖などが必要等と説明した。
・Turkey Says Its Neighbors Covering Up BirdFlu Mediafax トルコ、隣接国は鳥フルを隠していると主張
 トルコ政府は20日、近隣国が致死的H5N1ウイルスによる鳥フルが発生していることを隠しているので、トルコでの対策が思うように進まない、と発表した。
・Syria asks for UN help for birdflu prevention Deepika (インド) シリア、国連に鳥フル対策の支援を要請
 国連機関FAOに、シリアからトルコ国境沿いでの鳥フル対策支援の要請があったと発表されたが、それはシリアで鳥フルが発生していることを意味するものではないとFAOは語った。
 最近シリアで鳥フルが発生しているという噂が出ているが、FAOはそれを否定した。
1月20日

・Tamiflu works against deadly birdflu strain: study Reuters (国際) 研究報告:タミフル致死的鳥フルに効果
 フェレットを用いた実験で、H5N1ウイルス感染後4時間にタミフルを投与すると、発症を抑えられたと言う。さらに感染24~48時間後に投与した場合効果があるか否か確かめる必要があると言う。以上ロッシュ製薬の研究。
・Turkish minister accuses neighbouring countries of hiding birdflu... CBC News (オーストラリア) トルコ農業省、周辺国が鳥フル発生を隠していると非難
 トルコ農業省大臣は、周辺国で鳥フルが発生していることは非公式ルートで知っている、と記者会見で語った。
 しかし国連機関のFAOはトルコ周辺国で鳥フルが発生している報告は受けていないと語った。
・Neighbours covering up birdflu: Turkey ABC Online (オーストラリア) トルコ当局:周辺国は鳥フルを隠している
 ”H5N1鳥フルが閉鎖的体制で統治されている周辺国で発生していることは、非公式に知られていることだ”、とトルコ農業省大臣が語った。
 彼は名前を挙げなかったが、イランとシリアが批判の対象と考えられる。
 保健専門家は周辺国が鳥フルに対して十分な対策をとっていないことを重要視している。
 イランは致死的H5N1鳥フル発生の兆候はないと言っているが、トルコトの国境15キロ以内の鳥を数万羽殺処分している。
 イラクは今週10代の少女が死亡した後、北部のクルド人居住地帯に専門家を鳥フル発生の調査に送った。しかしWHOは少女の死因は鳥フルでは無いと言っている。
 シリアはトルコ国境近くの鳥を殺処分しているが、鳥フル発生の兆候は無いと言っている。
・Hong Kong Reports Positive Bird Flue Test New York Newsday (米国) 香港で野鳥が鳥フル感染
 香港当局は中国本土との境界近くの村でコマドリが死亡し、致死的H5N1ウイルスが検出されたと発表した。
 周辺では鳥フルが発生はしていない模様。
 当局者は水棲渡り鳥から感染したと考えている。
・Second mutation in Turkey H5N1 virus suggests adaptation to humans CIDRAP (米国) トルコ分離ウイルスが変異、人への適合能力が高まっている可能性
 本日発表の世界的医学雑誌”Nature”で、トルコの患者から分離されたH5N1ウイルスが変異していて、人への適合能力を強めている可能性が示された。1週間前WHOもトルコで分離されたウイルスが変異していて、人への感染能力を高めている可能性を示唆している。今回のウイルスは別の患者から分離したものである。
・California Officials Unveil BirdFlu Plan KTVU.com (米国) カリフォルニア、鳥フル対策計画を発表
 カリフォルニア当局は鳥フルのパンデミックに対する行動計画の草案を発表した。薬剤の備蓄、隔離場所の確保、死体埋葬方法など。計画は昨秋連邦政府が発表した行動計画に沿った内容となっている。
・UN Expects Fewer Turkish Bird-Flu Cases Gadsden Times (subscription),  (米国) 国連、トルコの鳥フル感染者数はぞれほど増加しない見通しと
 WHOは19日、トルコでは政府が積極的に鳥の殺処分を行い、住民に病的家禽との接触を避けるように啓発していることもあり、今後感染者数はそれほど出ないだろうと、談話を発表した。
 トルコではこれまで少なくとも21人が感染し、4人が死亡している。
 WHOの報道官 Cristiana Salvi さんは、トルコ政府の対策を評価したが、危機を越えたと言うにはまだ早いとも語った。
 ”状況は好転している…、多くの努力が動物での感染拡大を防止しつつあるが…、まだ時間はかかる”。
・Turkish boy with birdflu slightly better Bucharest Daily News (ルーマニア) トルコ、感染者の5歳少年、症状が好転
 トルコでのH5N1致死的鳥フル感染者21人の中の最新の感染者である5歳少年が危篤状態から脱し、状態が少し好転したと医師が語った。また同時にトルコ中で数十人の患者の鳥フル検査が行われているとも語った。
 11歳のトルコの少女が18日肺炎で死亡し、鳥フルが疑われ、検体がアンカラに送られていると、少女が入院していた東部のエルズルムの病院の主任医師が語った。
・WHO rules out birdflu in Iraqi teen's death ABC Online (オーストラリア) WHO、イラク少女の鳥フル感染を否定
 調査したが、鳥フルである可能性はないと判断された。WHOの報道官ディック・トンプソン氏が語った。
・WHO says girl in Iraq did not die of birdflu Tucson Citizen (米国) WHO、イラクの少女の死は鳥フルではないと談話
 19日WHOは、イラクで死亡した15歳少女の死は鳥フルによるものではないと発表した。一方、イラク当局では検査結果はまだ出ていないと語っている。
 WHOの報道官のマリア・チャンさんによると、地中海地域事務所からの連絡によると、少女は心臓病で死亡したとされる。それはさらに確認される必要があるが、WHOは少女が鳥フルで死亡したとは考えていないと語った。
1月19日

・Girl who died could be Iraq's 1st birdflu case Chicago Sun-Times (米国) イラクで死亡した少女は鳥フル最初の事例かも知れない
 イラクとWHOは、トルコからの渡り鳥の中継地である地域で死亡した15歳少女が、鳥フルであったかのどうか調査中である。
 クルディスタンの自然保護区の丁度北に位置するラニヤに住んでいた10代の女の子が、重症肺感染を生じて死亡した。もし彼女が鳥フルに感染していたことが確認されたら、イラクで最初の事例となる。

 イラクでの鳥フル発生はコントロールが非常に難しいと考えられている。2003年の米軍の進入と内乱発生以来続いている、国内の行政組織の乱れと欠陥による。クルディスタンは北部イラクの一部でクルド人により支配されているが、行政組織は比較的良く機能しており、治安も極度に乱れていない。
 少女の家庭では鶏を飼育しており、それらの数羽が最近死亡している。
・Beware fake Tamiflu on the internet Cyprus Mail, (キプロス) インターネット販売の偽タミフルに注意
 インターネット販売によるタミフルの偽物に対する注意が、保健省の医薬品管理部から出された。英国の関連機関からの情報による。
 偽物は中国で製造されていると考えられている。
・Indonesian tests show toddler died of birdflu ABC News (国際) インドネシアの死亡幼児、鳥フルが確認
 今週死亡したインドネシアの3歳幼児が現地の検査でH5N1鳥フル感染が確認された。
 幼児の姉の13歳少女は先週死亡し、H5N1鳥フル感染が確かめられている。両事例ともWHOに正式に公認されていないが、香港のWHO公認研究機関で確認された後に公認される。
 姉弟の父親も鳥フル疑いで入院している。
 この家族の事例はインドネシアで5番目のクラスターとなる。WHOの公式データではインドネシアで感染者が17名、そのうち12名が死亡している。
・Bird-Flu Pledges Exceed Expectations CIO Today, (米国) 北京での鳥フル対策国際会議、予想以上の成果

 世界銀行は鳥フルのパンデミックを抑えるには少なくとも15億ドルの資金が必要と訴えた。その45%は、ベトナム、カンボジア、インドネシア、タイ、ラオス等、すでに致死的H5N1ウイルスが国内に根付いてしまっている国々に対する対策資金である

 東アジアから鳥フルが拡大している警告を受けて、世界各国は18日、20億ドル近い鳥フル対策費を拠出するを表明した。会議前に予想していた額を大幅に超えた。米国だけでも3億3400万ドルの提供を約束した。
 18日の会議終了直後、開催国の中国は、感染した鶏との接触が原因と考えられる35歳女性の鳥フル死亡を発表した。同国として6人目の鳥フル死亡者となった。

 世界銀行は、最低15億ドルの資金が鳥フルのパンデミック抑制に必要と訴えていた。その45%は、ベトナム、カンボジア、インドネシア、タイ、ラオス等、すでに致死的H5N1ウイルスが国内に根付いてしまっている国々に対する対策資金である。
 ”今日我々に必要とされることは、世界が真剣に対策を立て、鳥フルとその人でのパンデミックに効果的に対応する意欲である”、と国連の鳥および人インフルエンザ対策責任者のダビド・ナバロ博士が語ったが、彼は従来想定してきた”対応”以上のものが必要であると強調した。

 基本的には鳥フルは現在家禽の間で広がっているが、WHOによると、ウイルスは少なくとも77人の人々を2003年以来東アジアで死亡させている。死亡率は50%を越えているので、専門家はウイルスが人の間で簡単に感染するように変異することを恐れている。これまでは大部分の人の感染例は、感染した鳥との接触によると考えられている。

 北京会議はトルコで東アジア外で初めて4人もの死者が出た後に、緊急対策会議として開かれた。
 アジアからトルコへのウイルスの拡大は、ヨーロッパ各国の当初の拠出金の額を引き上げる結果となった。EUは17日、先週表明した額よりも2000億ドル多い1億2100万ドルの提供を約束した。EU加盟25カ国も合計で1億2000万ドルの提供が予定されている。
 ”もはや浪費している時間的余裕はない”、とアナン国連事務総長が会議にビデオメッセージを寄せた。”我々は態勢を整えていることを確認しよう!”、と彼は付け加えている。

 米国は基金の使い方について指導的役割を果たす予定と、米国の健康・科学・環境コーディネータであるナンシー・パウエルさんは語っている。
 米国は1国としては最大の額である3億3400万ドル、多くは技術的支援助成用であるが、提供する。一方世界銀行は5億ドルを貸付金として用意する。米国はさらに今後3年間に人用ワクチン製造に数十億ドル投資の予定とも発表した。
 中国は1000万ドル提供と発表したのに対し、日本は1億5900万ドルの提供となった。
 中国のWen Jiabao首相は、情報の透明性と、発生に関する情報、さらには分離ウイルスの国際社会との共有を約束した。
 中国は2003年度に勃発したSARSに際して、情報公開など緩慢な対応が批判されていた。

 WHOは、スイスのロッシュ社が、発展途上国用に200万人分のタミフルを提供することに同意したことを発表した。タミフルは人の鳥フル治療にもっとも効果があると考えられている。
 ロッシュ社は昨年、300万人分のタミフルを、鳥フル発生地への供給用としてWHOに提供している。
 ロッシュ社によると、本年度は1億5000万人分のタミフルが製造される予定と言われる。

・UN To Prepare For Possible Human Flu Pandemic Scoop.co.nz (press release), (ニュージーランド) 国連、新型インフルエンザのパンデミックに備えるように声明
 アナン国連総長は新型インフルエンザのパンデミックに対して、国際社会は総力を挙げて対策を講じなければならないと、北京で開かれた「鳥と人のインフルエンザに対する国際会議」のビデオメッセージで語った。
 ”真剣に対策を立てるためには、我々は多くの労力を結集しなければならない-畜産システムの改善やワクチン開発から、動物と一緒に生活する形態の改善など”と総長は語り、現在の対策資金はパンデミック防止を目的とする資金に比較すると、あまりにも少なすぎると強調して、各国の協力を求めた。
・China reports sixth human birdflu death Brisbane Courier Mail (オーストラリア) 中国で6人目の死者
 四川省簡陽市の35歳の女性が鳥フルで11日死亡し、中国で6人目の死者となったことが国営通信の新華社が報道した。
 名字以外詳細は発表されていない。中国で報告される鳥フル感染者は9人目となる。
・Birdflu investigated in Iraqi death CBC Ottawa (カナダ) イラクで鳥フル死者発生の疑い
イラク当局は、17日死亡した少女が鳥フルによるものかどうか調査している。

少女は17日イラクのクルド人居住区のラニヤで死亡した。ラニヤはトルコとの国境から100キロほど南方に位置している。

イラクでは(鳥での)鳥フルが確定された事例はないが、国連機関のFAOはトルコの鳥フルがすでに、隣国のイラクとイランに拡大している可能性を想定している。
・イラク北部で鳥インフルエンザ感染で死亡の疑い 日本経済新聞 (日本)
 イラクの保健省当局者は18日、北部クルド自治区で17日に死亡した14歳の少女が鳥インフルエンザに感染していた疑いがあり、毒性の強いH5N1型ウイルスの有無を調べるため検体を隣国ヨルダンの検査施設に送ったことを明らかにした。少女はイランやトルコとの国境に近いラニヤに住んでおり、今月上旬に発病した。自宅近くにはH5N1型の感染例が相次いでいるトルコから渡り鳥が訪れるドゥカン湖がある。家族の健康状態は良好という。
・鳥インフルエンザで6人目の死者 中国、国際会議後に発表 産経新聞 (日本)
 中国衛生省は18日、四川省簡陽市で鳥インフルエンザに感染した同市の女性(35)が11日に死亡したと発表した。中国で鳥インフルエンザの感染が確認されたのは9人目で、死者は6人となった。北京では鳥インフルエンザ対策の資金拠出などを協議する国際会議が18日まで開かれていたが、死亡発表は会議閉幕後。迅速な情報公開は感染拡大阻止に極めて重要とされ、中国政府の対応は批判を呼びそうだ。衛生省によると、女性は3日に発病、10日に入院したが肺炎などの症状を起こして翌日、死亡した。女性は家禽(かきん)の処理などの仕事に従事していたほか、共同家屋の別の農家で家禽が死んだ例があったという。衛生省は周辺地域の消毒などの措置を取り、これまでのところ、ほかに感染例はないとしている。中国ではこれまで遼寧省などで人への感染が確認されている。家禽の感染は計13の省と自治区に広がっている。
1月18日

・鳥インフルエンザ疑いで少女死亡、イラクで初 CNN  (日本)
 イラク・スレイマニヤ──イラク保健当局は18日、イラク北部スレイマニヤの病院で17日に死亡した14歳少女の死因について、高病原性の鳥インフルエンザに感染していた疑いがあるとして、検体をヨルダンに送り、感染の有無を確認すると発表した。感染が確認されれば、イラクで初めての感染死となる。死亡した少女は、すでに鳥インフルエンザ感染者が確認されているトルコと、イランとの国境に近い、北部クルド人地区ラニヤの住民。近くには、多くの渡り鳥が飛来する湖があるという。少女は約2週間前から容体が悪化しており、病院に運び込まれて間もなく、息を引き取ったという。
・Iraq tests dead girl for birdflu BreakingNews.ie (アイルランド) イラク、死亡少女の鳥フル検査
 イラクの医師達が、トルコとイランの国境沿いのクルディスタンで死亡した15歳少女の死因が、鳥フルによるものかどうか検査している。
 少女は住んでいた町のラニヤで重症肺感染症を発症して昨日死亡した。ラニヤはトルコからの渡り鳥の中継地のすぐ北に位置している。
 クルディシュ当局では捕まえた渡り鳥を殺処分するとともに、死亡した鳥達を懸命に埋葬している。
 少女の家族は家の中で鶏を飼っており、それらの中の何羽かが死亡していたと言う。それらの死因が鳥フルによるものかどうかは検査結果が出ていないので不明と言う。
・Iraq tests for birdflu after girl dies in north Standard-Speaker (米国) イラク、死亡少女について鳥フル検査
 下記と同じ情報
・Iraqi girl dies of suspected birdflu Aljazeera.net (クエート) イラクの少女鳥フル疑いで死亡
 イラク保健当局はスルマニヤ州クルディシュ市で死亡した14歳少女の検体を、ヨルダンへH5N1鳥フルウイルス検査のために送ったと18日発表した。少女はトルコとイラン国境に近いクルディスタン州のラニヤ町に住んでいて、発症15日後に病院へ運ばれてきたが、到着後に死亡した。クルディシュ地域保健省が説明している。
 ”医師は鳥フルかも知れないと疑っている”、保健省はロイターに語った。”病院では検体をアンマン市に送ったが、結果は来週に出ると思われる”。
 ラニヤは多くの渡り鳥が集まるドゥカン湖に近いく、イラク当局は渡り鳥から家禽への鳥フル感染対策を行ってきている。

・Birdflu victims' father shows signs Sunday Times.au, (オーストラリア) インドネシア:鳥フル死亡姉弟の父親も発症
 二人の子供が鳥フル疑いで死亡した父親が鳥フル様症状を呈して病院で治療を受けている、保健省が発表した。
 43歳男性が西ジャワのバンヅゥン市のハサン・サドキン病院へ、発熱と呼吸困難で運ばれた。保健省のHariyadi Wibisonoが発表した。
 ”我々は専門的治療をするためにジャカルタのスリアンチ・サロソ病院へ転送しようと考えている”、とWibisono氏は説明している。同病院はインドネシアの鳥フル専用病院となっている。
 男性の13歳になる娘は週末に死亡し、インドネシア当局による検査でH5N1鳥フル感染が確認されている。
 また彼の3歳になる息子は同様に鳥フル症状で昨日死亡している。検査結果はまだ出ていない。
 もしこれらの姉弟が、香港のWHO関連研究所でH5N1感染が確認されたら、インドネシアで13,14番目の死者となる。
 さらに姉弟の15歳になる姉も先に父親の入院している病院へ、鳥フル疑いで入院治療を受けている。
 Wibisono氏は家族は全員、家庭で飼っている家禽に濃厚接触していると語っている。
・US To Pledge $334M At BirdFlu Conference CBS 2 (米国) 米国、北京の国際会議で3億3千4百万ドルの基金援助を表明
・各国、拠出額表明へ 北京の鳥インフル会議 徳島新聞 (日本)
 鳥インフルエンザ対策の資金拠出などを協議する国際会議は最終日となる2日目の18日午前、北京の人民大会堂で開かれた。午後には各国・各機関が拠出額を正式表明するとみられる。鳥インフルエンザ対策に必要な拠出額について世界銀行当局者は、12億-14億ドル(約1400億-1600億円)と試算。会議筋は17日夜、目標額の達成見通しについて「世銀や日米欧などが既に表明している支援額だけで相当額に達する。難しいことではない」と指摘した。午前中の会合では、世銀、欧州委員会とともに会議を共催している中国の温家宝首相が同国政府が鳥インフルエンザ対策に1000万ドルを拠出する方針を表明。「(鳥インフルエンザをめぐる)情勢は依然として厳しく、感染防止策を講じるのは並大抵ではない」と述べた。
・Bird flu mail drop to 1.4m households STUFF (ニュージーランド) 鳥フル啓発リーフレットを140万全家庭へ配布
 1月16日のニュースでもあるように、ニュージーランド保健省は今週から鳥フル啓発キャンペーンを開始した。その一環として各家庭へ家庭ですべき、個人ですべき対策をまとめたリーフレットを3月に各家庭へ配布する予定とのこと。
・鳥インフルエンザ感染死女児の弟も死亡 インドネシア 朝日新聞  (日本)
 
・Children seen at particular risk as Turkey's human bird flu cases ... Canada East (カナダ) トルコでの鳥フル感染者21人に、その多くが小児
 トルコ保健省は17日、エルズルム市の病院に入院している、ドゥグバヤジットに住んでいた4歳半の少年の鳥フル感染を確認したと発表した。ドゥグバヤジットでは小児が4人死亡している。
 トルコでの感染者21人中19人が小児で、年齢は4歳から18歳に渡る。
・トルコで21人目の感染者/同保健省当局者 四国新聞  (日本)
 AP通信によると、トルコ保健省当局者は17日、東部エルズルムで入院している子供1人が、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)感染を調べる暫定検査で陽性を示したと述べた。これにより、同国の感染者は21人(うち4人死亡)となった。
・Roche donates 2M more Tamiflu doses United Press International (国際) ロッシュ社、さらに200万人分タミフルをWHOに提供と
 ロッシュ社がWHOに発展途上国用としてタミフル200万人分の提供を発表した。これで5125万人分の提供となる。
 先に提供した分はWHOの中央での備蓄用となっているが、今回の提供分は発生地域分での備蓄用となる。
・鳥インフルエンザ国際会議が開幕・資金調達枠組み合意へ 日本経済新聞  (日本)
 鳥インフルエンザの拡大防止に向け資金面での協力を検討する国際会議が17日、北京で開幕した。不足する抗ウイルス薬の生産・備蓄支援などに使う1600億円規模の資金を米国や日本など約100カ国と約20の国際機関が拠出する枠組みをつくるが、必要額を確保できる見通しとなった。18日に拡大防止策など盛り込んだ「北京宣言」採択し閉幕する。
 会議は中国政府、世界銀行、欧州委員会の共催。17日の実務者会合では感染対策に必要な資金の額や調達メカニズムについて議論した。世界銀行の試算によると、人への感染拡大をにらんだ鳥インフルエンザの対策費用として今後3年間で12億―14億ドル(約1400億―1600億円)が必要。抗ウイルス薬の生産・備蓄支援のほか各国の医療、研究機関のネットワークづくりなどに使う。
1月17日

・Three people admitted into Hospital with Probable BirdFlu... Focus News (ブルガリア) トルコ:鳥フル可能性例3人が入院
 子供を含む3人がトルコMugla 省のMugla町病院へ入院したと、Hurriyetのオンラインエディションが伝えた。3人とも死亡した鶏との接触があったようだ。家禽を当局は殺処分する予定であるが、住民の抵抗に会っていると伝えられる。
・FACTBOX-World pledges to fight birdflu Reuters AlertNet (英国) 北京で鳥フル対策の国際会議
 世界89カ国とWHOおよびFAOを含めて世界の国際機関20以上が集まり、主として対策のための基金について話し合う。世界銀行は鳥フルパンデミック時は12億ドル必要と考え、EUは1億ドル、世界銀行は5億ドルの拠出を表明している。
・EU各国、鳥インフルエンザ感染に警戒 日本経済新聞  (日本)
 欧州連合(EU)各国が鳥インフルエンザの感染拡大への警戒を強めている。鶏肉の輸出大国であるフランスは家禽(かきん)の屋内隔離の対象地域を拡大し、オランダは大規模な予防接種を決めた。隣接するトルコでは人への感染が広がっており、加盟国はEUレベルでの治療薬の備蓄で合意。初期段階での流行防止に全力を挙げる。トルコでは今年に入って鳥インフルエンザへの感染が拡大。欧州委員会によると、16日時点で18人の感染、うち3人の死亡が確認され、33人に感染の疑いがあるという。フェレロワルトナー欧州委員(対外関係担当)は「鳥インフルエンザは欧州の玄関先に迫った」と警告。加盟国に早急な対応を促した。
・Nabarro Begs Richest Nations as Millions Face BirdFlu Death Bloomberg (国際) 国連高官のナバロ氏、鳥フル対策に15億ドルの資金援助を富裕国へ要請
 今週北京で開かれる鳥フル対策の国際会議で、国連は先進国へ鳥フル対策のための資金提供を要請。ナバロ氏の手腕が試される。
・4th case of birdflu found in Turkey Washington Times (米国) トルコで4人目の死者
Turkey Monday reported a fourth death from avian influenza, saying that the H5N1 virus strain has been found in a 15-year-old girl.
      Fatma Ozcan died Sunday in a hospital in Van, the BBC reported. Although she tested negative at first, a second test was performed after the virus found in her brother, Mohammed, who appears likely to recover from the disease.
      The deadly bird flu virus strain has been identified in 20 people in Turkey. Investigators say they had all been in contact, directly or indirectly, with infected poultry or wild birds, and there is no sign that the disease has been transmitted person-to-person.
      About 60 people are known to have died from avian influenza, most of them in China and Southeast Asia. While Turkey's death rate appears to be lower, that may be because more people have been identified with comparatively mild cases of the disease.
      The U.N. Food and Agriculture Organization has advised the European Union to take steps to keep the disease out by requiring arriving air passengers to sign declarations that they are not bringing in uncooked eggs or chicken.
 トルコ政府は、先に死亡した15歳少女(12歳の間違いと思われる)からH5N1鳥フルウイルスが確認され、トルコで4人目の死者となったことを発表した。
 15歳のFatma Ozcanはヴァンの病院で15日に死亡した、とBBCは報告した。最初の検査では陰性であったが、彼女の弟で、現在回復しつつあるMohammedからウイルスが確認されたことから再度検査が行われていた。
 トルコで致死的鳥フルの感染者は、20人確認されている。研究者達によると、全ての感染者達は直接的、または間接的に感染した家禽や野鳥との接触した既往を持っていると言う。さらに病気が人から人へ感染している証拠はないと説明している。
 世界で約60人の人々が鳥フルにより死亡している。そのほとんどは中国と東南アジアの人々である。トルコでの死亡率は低いように思われるが、その理由は比較的軽い症状の患者も検出されているせいと考えられる。
 国連機関のFAOはEUに対して、空港へ到着する旅行客が、調理していない鶏卵や鶏肉を持ち込まないよう、監視を強めるように忠告した。

・Experts Await BirdFlu Test Results Leading The Charge (オーストラリア)  トルコ: 死亡12歳少女もH5N1鳥フル感染確認--周辺国へも拡大か?
 先に感染が確認されていた5歳の少年の姉で、15日に死亡した12歳のFatma OzcanがH5N1鳥フルに感染していたことがトルコ保健省により確認され、トルコで20人目の感染者となった。少女は当初検査で陰性だったが、弟のMuhammetが陽性であることが確認された後、保健省は再度新しい検査法でのチェックを要求し、それにYり確認されたと言う。
 WHOジュネーブ本部の報道官マリア・チャンさんは、トルコ政府から20人の感染者の報告を受けているが、英国の研究室の結果を見てから、WHOとしての公式データを変更すると語った。現在WHOの公式データでは4トルコでは4人の感染者と2人の死亡者となっている。

 トルコ周辺国では、ギリシャ保健省が国民へのトルコへの旅行を避けるように警告し、シリアではトルコとの国境沿いで住民や車の消毒を開始した(トルコから入国の際か?:訳者)。
 国連機関のFAOは、鳥フルはすでにジョージア、アルメニア、イラン、およびシリア等のトルコ隣接国、さらにはモルドバ、やイラクなどにも拡大しているかも知れないと語った。
 トルコの農業大臣のMehdi Ekerは、病気は拡大していて、いくつかの国では発生を隠していることを示唆した。
1月16日

・Indonesian girl dies of birdflu, local test shows Reuters AlertNet インドネシアの少女、鳥フルで死亡姉弟も感染
 インドネシアの13歳少女が週末に鳥フルで死亡し、家族の2人が検査でH5N1鳥フル感染が確認された。いずれもジャカルタでの検査結果であり、海外のWHO協力機関で確認されたなら、Kインドネシアでの感染者数は20人、死亡者数は13人となる。
 少女は西ジャワのインドラマユ在住で、現地の病院で死亡した。15歳の姉と3歳の弟は、ジャカルタの専門病院に送られた。家族の住む地域で多くの家禽が死亡したと言われるが、その原因については不明で、現在調査チームが派遣されているという。
・German in birdflu scare The Sun (英国) ドイツ人、鳥フル感染の恐れー検査結果で否定
 
トルコから戻ってきた男性が昨日、鳥フルに感染した疑いでドイツの病院に入院した。詳細は不明。
 この男性は検査の結果陰性であったことが、しばらく後のニュースで発表。
・Ministry of Health's flu pandemic campaign begins Radio New Zealand (ニュージーランド) ニュージーランド保健省、パンデミック・インフルエンザに対するキャンペーン開始

An avian flu expert says the Ministry of Health's influenza pandemic awareness campaign is particularly timely, given recent events in Turkey.

A nationwide campaign hits high gear today, with broadcasts on Radio New Zealand and other radio stations about how to prepare for a possible flu pandemic.

The deputy director of Public Health, Ashley Bloomfield, told Summer Report there is no real change in the risk of a pandemic, although officials are watching developments in Turkey very closely.

A fourth child, who has died in an area infected by the disease, is being tested for the H5N1 virus. Her five-year-old brother is critically ill, with initial tests for bird flu positive.

Three siblings from another family earlier died of the deadly H5N1 virus in the same village. Eighteen people from across the country have been confirmed to have the H5N1 virus, all from contact with birds.

A Massey University professor of animal health, Roger Morris, says the bird flu virus in Turkey is showing some new characteristics, indicating it is mutating from earlier forms.

He says in New Zealand, nobody should be excessively concerned, but everyone should know what they have to do to prepare.

The ministry's campaign will later include messages on television and in newspapers, and a mailout to every household in the country.

鳥フル専門家は、保健省のパンデミック・インフルエンザに対する啓発キャンペーンはタイムリーであり、トルコでの状況を社会に伝える良い機会ともなる、と語った。
 ラジオ・ニュージーランドや他の放送を通じてのパンデミック・インフルエンザに対する啓発の全国的キャンペーンは、今日、非常に有用な手段となる。
 公衆衛生局の副長官のAshley Bloomfieldは、サマー・レポートでパンデミック・インフルエンザに対する危険性の変化はないが、当局はトルコでの状況の進展を注意深く観察していると語った。
 トルコで4人目の子供が感染地域で死亡し、現在H5N1鳥フルに対する検査が行われている。彼女の5歳になる弟は重体と言われ、鳥フル検査で陽性であった。
 同じ村で先に3人の姉弟姉妹が致死的H5N1鳥フルで死亡している。トルコ中でこれまで18人の感染者が確認されているが、全ては感染した鳥との接触が確認されている。
 マッセー大学の動物保健学教授であるロジャー・モリス氏は、トルコにおける鳥フルウイルスにはいくつかの新しい特徴が見られており、初期の株から変異している可能性が示唆されている、と言う。
 同教授は、ニュージーランドで過剰な心配はいらないが、誰もがどのように対処すれば良いのか知る必要はある、と語っている。
 保健省のキャンペーンは、後にテレビや新聞でのメッセージ、そして全ての家庭へ(情報を載せたリーフレット)の郵送(mailout)と続く。
 

・Syria culls birds near Turk border to prevent flu Reuters.uk (英国) シリア、鳥フル侵入防止のために、トルコ国境沿いで鳥の殺処分
 シリアは15日、トルコ国境近くの市場で鳥の大量殺処分を行った。
 ”不定期の市場で売られる全ての家禽と鳩は全て殺処分される”、とシリア農業省の動物衛生局長は言っている。
 ”現在鳥フルが拡大しでこないと言える国はない。特にシリアはトルコと国境を隔てているので安全とは言えない”、とも語った。
・Turkish flu cases reach 19 Shanghai Daily (上海、中国) トルコの鳥フル感染者数が19人に
 トルコ保健省は昨日(15日)、5歳少年の鳥フル感染を確認し、トルコでの感染者数が19人となったことを発表した。
 一方、少年の姉の12歳少女は昨日早くに死亡したが、予備的検査ではH5N1が陰性だったという。さらなる検査が必要であると、保健省では説明した。もし少女の鳥フル感染が確かめられたらトルコで4人目の死者となる。
 現在何十人もの人々がトルコ中でインフルエンザ様症状で入院していて、その中にはイスタンブールでの3人の子供達も含まれている。
・Turkey Testing Girl's Body for BirdFlu ABC News (国際) トルコ:鳥フル疑いで死亡少女を検査へ、弟は19番目の感染者と
 トルコ東部のドゥグバヤジット近辺の村の、5歳の弟の鳥フル感染が確認されていた12歳少女が、15日ヴァン大学病院で死亡した。弟はトルコで19番目の感染者となったが、現在様態は小康状態の模様。姉弟は感染した家禽との接触既往がある。
TOP