高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
1月15日

・Birdflu cures called suspect El Paso Times (米国) 米国:鳥フル関連商品発売に警告
 連邦政府当局は、インターネット上で広告されている鳥フルに対する予防効果とか、治癒、または症状改善などの宣伝文句に警告した。
 ウエブ上で宣伝されている商品;Vira 38、鳥フル感染を阻止すると伝えられていて、処方箋無しで薬局で購入できる、米国CDCにより推薦されたと謳っているマスク、ナノマスクおよびナノフィルター、等。

 一方、米国FDAは鳥フル治療に関するサギ治療法について警告をだした。

 また連邦政府当局は鳥フル関連商品を販売している9つの企業に警告の手紙を出した。この結果Vira 38は米国内と関連地域では購入できなくなった。
・Condition of two Turkish birdflu patients deteriorating: doctor Khaleej Times (アラブ首長国連合) トルコ:鳥フル疑いの2姉弟の状態が悪化
 トルコ東部のヴァン大学病院で鳥フル様症状を呈して治療を受けている姉弟の状態が悪化したと、当局者が15日発表した。
 12歳のFatma Ozcanは重体で人工呼吸器が装着されている。5歳の弟Muhammedも合併症で重体と言われる。
 病院当局によると2人とも感染した鶏と接触した既往があり、症状を呈した6日後に病院へ運ばれてきた、と言う。H5N1鳥フルかどうか検査結果は出ていないが、16日には報告されるだろうと、当局では言っている。
 一方、ヴァン市から1600キロ離れたイスタンブールで14日、鳥フル疑いで1人入院した。
・A second drug to fight pandemic, but at twice the price Telegraph.co.uk (英国) 英国:タミフルに次ぐ抗インフルエンザ薬、しかし価格は2倍
 英国の主任医療政務官であるライアム・ドナルドソン卿は、8月までには1460万人分のタミフルが備蓄されると語り、その量は成人の1/4の治療を可能にする。
 現在、タミフルに代わる抗インフルエンザ薬のリレンザに関して備蓄を巡って色々な論議が起きている。
 タミフルに耐性になった場合、またはタミフルが十分量使えない場合など、リレンザを備蓄しておくことが意味あるという意見があるが、その使用は吸入をつかうということで、どれだけ服用されたかの把握が難しいことと、価格が2倍することが問題となっている。
・WHO wants to track birdflu in humans Coos Bay World (米国) WHO、トルコでの人感染に関して拡大調査に
 WHOは13日、トルコ中で広がっている致死的鳥フルウイルス株の詳細なる分析のために、鳥フルが発生している村にチームを派遣して、(村人から)血液と咽頭拭い液の採取、および質問をする旨の許可をトルコ政府に求めたと発表した。
 国連機関の感染症専門家であるGueneal RodierがAP通信に、WHOは特にウイルスが人に感染するタイプに変異しているのかどうかについて知りたいのだ、と語った。以下昨日のStandard-Speaker (米国)の報道と同じ。

AP通信写真(トルコのドゥグバヤジット近くの村で鶏を殺処分のために徴収する関係者)


・Six-week plan to beat birdflu Stuff.co.nz (ニュージーランド) 鳥フル対策6週プラン −−ニュージ−ランドにおける個人と地域社会での体制作り

 トルコで鳥フルウイルスがより危険な株へと変異しているので、ニュージーランドの地域コミュニティのグループと個人が、鳥フルのパンデミックに備えるための計画づくりをしている。

 ニュージーランドの地域社会は、インフルエンザがパンデミックになった場合、3週間までは自分たちで地域を守るように準備するように言われている。インフルエンザがパンデミックになった場合、120万人以上が発病し、3万人以上が死亡する可能性がある(ニュージーランドの人口は450万人:訳者)。

 クライストチャーチ市のウイルス学者のランス・ジェニングス博士は、トルコで分離されたH5N1ウイルスは人に危険な方向性で変異している、と説明する。
 ”これらの変異から示唆されることは、ウイルスがより人の細胞に入りやすくなり、結果的に人人感染を起こしやすい方向に変化しつつあるということだ”。
 しかしジェニングス博士は、ウイルスが現在どのような挙動を示しているのか確定するには、早すぎるとも言う。
 ”それは道路地図のようなものだ−我々少しづつ地図を広げながらいくつかの情報を得るが、道路がどこに続いているのかは、いまだ分からない”。
 
 保健省では、家庭で備えるべき事項を説明したパンフレットを作成して、各家庭に配布するすことを考慮中である。明日から、国営ラジオでパンデミック・インフルエンザへの備えを訴える公共サービスメッセージが流される。
 しかし誰もが政府の助言をただ待っているわけではない。

 コロヒナ・エリナさんとソニヤさん姉妹は週に10ドルを食料の備蓄用に取ってある。
 ”私達は6週間以上は、(生活を)持ちこたえるための十分の食料、水、そして他に必要なものを用意しようと思っている。それは私達の家族と、パートナーの家族のためだ”、とエリナさんは説明する。
 ”みんな笑って、何も起こらないのに、なぜ心配しているの?と言うけど、もし何も起こらなかったら、それは素晴らしいことだし、嬉しいことだ、と私は説明している。最悪の事態は食料が無くなり、中身が無くなった缶詰の缶だらけになることです”。
 コロヒナさんは、パンデミックのもっともひどい状態の時期には、南オークランドのクリブドン(Clevedon)の友人のところに行くことを考えていると語る。そこは独自の源泉から水が供給されていると言う。
 ”計画は私達自身の生活の場を(一般社会から)分離することで、私達の生活の場を大きな鯨のようにすることです(親戚縁者や友人達との生活共同体を作るということ:訳者)”。

 クライストチャーチ市の(パンデミック・インフルエンザに対する)体制づくりに協力している”ペガサス・ヘルス”の理事長であるBaden Ewart氏は、次のように状況の印象について語る。
 ”私がもっとも驚いていることは、誰も自ら準備をしようとしないで、当局の誰かが指示してくれるのを待っている、と言っていることです”、と語る。

 ”ほとんどの人々は言います。何をすればいいのか?でも本当にそのような対策をとる必要があるの?”。
 Ewart氏はテレコムやボーダーフォンと、インフルエンザに罹患した人々にメッセージを流すサービスを協議する予定と言う。

 オークランドのデボンポート地域委員会の議長であるJohn Duder氏は、(パンデミックとなった場合)病院は多くの患者を受け入れることは不可能だから、発病した市民は家庭で、家族や友人、または近隣の人々の看護のもとに療養する体制を、地域委員会では考えている、と語っている。
 ”それは地域社会における協力体制の一貫であり、そのためには、人々が彼等の近隣に住む人達の状況を知る必要があります。もし母親が発病して倒れたら、その子供達は誰が面倒見ます?インフルエンザのパンデミックが生じるか否かとは別に、このことは地域社会について考える良い機会となっています”。


・CDC: Two drugs don't work against flu MarketWatch (米国) CDC:インフルエンザに無効の2種類の薬を発表
 米国CDCはフルマジン(rimantadine)とシンメトリル(amantadine)をインフルエンザに処方しないように、国内の医師達に通達を出した。両薬ともH3N2インフルエンザに無効であることが分かった。ウイルスが耐性になった理由に関して、突然変異か、またはアジアで店頭販売された結果過剰使用によるものかは分からないと説明。両薬の代わりにタミフルとリレンザがあるが、両薬ともCDCでは備蓄してあり、不足はしていない、とも説明。
・Man cleared of birdflu virus in Turkey Radio New Zealand (ニュージーランド) ベルギー在住の男性、鳥フルは否定
 ベルギー当局はトルコから戻ってきたベルギー在住のカメラマンがインフルエンザ症状で入院し、鳥フル疑いで検査していた事例に関して、鳥フルは検査で除外され、従来型のインフルエンザであったと発表した。
1月14日


・Belgium reports bird flue scare Melbourne Herald Sun (オーストラリア) ベルギー、鳥フル疑い患者が入院
 トルコの鳥フル感染地から帰国したベルギー在住の人が鳥フル疑いでブリュッセルの病院に入院したことが、ベルギー当局から本日発表された。
 ”これは疑い例であり、鳥フルという診断は下されていない”、と政府の鳥フル委員会のメンバーの一人が語った。
 患者は12日にトルコから戻ったという。
・Belgium hospitalises person with flu symptoms Reuters AlertNet, (英国) ベルギー:トルコ帰りの旅行客、インフルエンザ症状で入院
 トルコの鳥フル感染地域から帰ってきたベルギー在住の人が、インフルエンザ症状で入院。詳細は不明。
・WHO wants to take blood tests, throat swabs of Turks to combat ... Canada East (カナダ) WHO、トルコ住民の血液と咽頭拭い液を検査して、H5N1鳥フル感染の調査
 下記と同じ内容。
・WHO steps up birdflu testing in Turkey Standard-Speaker (米国) WHO、トルコでの鳥フル検査を拡大
 WHOは13日、トルコ中で広がっている致死的鳥フルウイルス株の詳細なる分析のために、鳥フルが発生している村にチームを派遣して、(村人から)血液と咽頭拭い液の採取、および質問をする旨の許可をトルコ政府に求めたと発表した。

 国連機関の感染症専門家であるGueneal RodierがAP通信に、WHOは特にウイルスが人に感染するタイプに変異しているのかどうかについて知りたいのだ、と語った。

 これまで専門家達は、H5N1感染が確認された18人と、インフルエンザ様症状で入院している人々に対して焦点を合わせてきた。トルコ政府によって確認されている18人の感染者のうち3人は、先週死亡した姉弟達である。

 3人は少なくとも2003年以来77人が死亡した東アジアの外での、初の死亡者となった。WHOは13日、今週死亡した29歳のインドネシア女性が鳥フル検査で陽性であったと発表し、世界での鳥フルでの死者数が少なくとも79人となった。WHOはこれまでトルコでの死者3人のうち2人しか確認していない。

 死亡した人々のほとんどは感染した鳥との濃厚接触の既往があった。

 もしトルコ政府の許可が得られるならば、新しいアプローチは、感染地域の村や市を詳細に観察し、どのようにウイルスが広がったのか、誰が感染するリスクが高いのかなどを調査する良い機会となる。さらに検査によって、人々がウイルスを保有しているのかどうか、例え症状が無くても、また抗体を保有しているのか等を、明らかに出来る可能性がある。
 ”我々はいくつかの疑問点を持っている。どのように感染様式が変化しているのか知るための、手がかりを掴みたい”。Rodierは語った。
 彼は、トルコ保健省はオープンで、”我々がこの病気について知るための機会が必要なことも理解している”、と言う。保健省の高官はAP通信に、WHOは研究を許可されるだろうと語った。
・United States to send birdflu team to Turkey NewKerala.com (インド) 米国、トルコに専門家チームを派遣
 米国はトルコに鳥フル対策の協力として専門家チームを派遣することを14日発表した。
 チームは月曜日(16日)トルコに問到着し、WHOとCDCの専門家チームと合流する。
・Birdflu: 'no need to panic' Telegraph.co.uk, (英国) 鳥フル:パニックの必要はない

British travellers are urged to continue visiting Turkey but to keep away from animal markets, Jeremy Skidmore reports.

British holidaymakers were this week urged to continue travelling to Turkey despite fresh outbreaks of bird flu across the country.

Francesco Frangialli, the secretary-general of the United Nations World Tourism Organisation, said it was early to talk about a crisis in tourism in Turkey, or any other country, but gave warning that holidaymakers must be prepared for the virus to spread.

"Despite more cases of bird flu among people being reported, no transmission between humans has been detected. No tourists have been affected, and we believe the current situation does not warrant any form of restriction or other discouragement to travel to any destination," said Mr Frangialli.

The H5N1 strain of bird flu was this week detected in north, east and central areas of Turkey. So far, two people have died and a further 13 are in hospital. In total, 147 people have caught bird flu, of which 78 have died, since the virus first emerged in South-East Asia in 2003 and spread to China, Russia and Europe.

Turkey has been growing in popularity with British holidaymakers. It lies outside the euro zone and is cheaper than many other Mediterranean destinations. In January, the peak booking period for summer holidays, travel companies had already been reporting a growth in sales for Turkey.

Nick Wrightman, the managing director of Tapestry Holidays, which specialises in Turkish holidays, said: "We have sold 36 per cent of our programme for 2005, which is better than last year. But front-page stories about bird flu don't help the situation and, if it drags on, the easiest thing is for people to book holidays to other destinations. But we hope they don't do that."

A spokeswoman for the Turkish Tourism Board urged holidaymakers not to turn their back on the country. "The areas where humans have been affected are in the far east of Turkey and about 1,000 miles away from the tourist resorts in the west," she said.

Professor Colin Blakemore, the head of the Medical Research Council, has advised holidaymakers not to visit affected areas in Turkey. More than 300,000 birds have been culled in Turkey, and Juan Labroth, the health officer at the United Nations Food and Agriculture Organisation, has said that bird flu could spread to other parts of Europe. The virus has already been detected in fowl in the Aegean port city of Izmir, and in other birds at the resort of Kusadasi, near the Greek island of Samos.

The Foreign Office said that there was no need for people to cancel their holidays to Turkey. In its travel advice, it states: "The risk [from bird flu] is believed to be very low, provided you avoid visiting live animal markets, poultry farms and other places where you may come into close contact with domestic, caged or wild birds."

A spokesman for the Association of British Travel Agents also advised travellers to Turkey to avoid street markets but added: "Eating birds is not a problem, because cooking kills the virus."

 英国の海外への旅行者は、トルコへの旅行は継続しても構わないが、動物の市場には近づかない方が良い。Jeremy Skidmoreが報告する。

 英国の旅行予定者は、トルコで新規の鳥フルが広く流行しているが、トルコへの旅行のは差し支えないと今週アドバイスされた。

 国連世界旅行機構のFrancesco Frangialli長官は、トルコや他の国(鳥フル発生地:訳者)への旅行の危険性について論議するのは早すぎると語ったが、ウイルスの拡大に対する備えはしなければならないと警告した。
 ”多くの人の発病は報告されているが、人の間での感染は報告されていない。旅行者が感染した報告もない。それ故我々は、現在の状況はどの場所への旅行に対しても、反対や制限を加える必要はないと考えている”、とFrangialli長官は語った。
 
 H5N1鳥フルウイルス株は、今週トルコの北部、東部、中央部で検出された。これまで2人が死亡しさらに13人が入院している(最新情報では3人死亡、合計18名で感染確認:訳者)。
 世界では2003年にウイルスが東南アジアに初めて現れて以来中国、ロシア、そしてヨーロッパへ広がり、147人が感染し78人が死亡している。

 トルコは英国人にとって休日を過ごすのにポピュラーな国である。それはユーロ地帯の外に位置し、他の中近東諸国よりも安価で旅行が出来る。1月は夏の休暇での予約がピークに達するが、旅行会社によるとトルコへの販売(旅行の)は増加していると言う。

 トルコ旅行の専門会社である”Tapestry Holidays”の支配人のニック・ライトマン氏は、”会社は2005年の販売計画の36%を売った。その数値は昨年よりも良い。しかし新聞でのトルコの鳥フルに関するニュースは芳しくない。もし流行がだらだら続くならば、人々は旅行先を変更すると思うが、自分たちはそれを望んではないない”。

 トルコ旅行局の報道官は旅行予定者達にトルコに背を向けないように語っている。”人が感染している地域ははるか東方であり、西部のリゾート地域から1000マイルも離れている”。

 英国医学研究評議会(Medical Research Council)の委員長であるコリン・ブラックモア教授は、旅行者達にトルコの感染地域へは行かないように忠告している。
 トルコでは30万羽以上の家禽が殺処分されている。そしてFAOの保健担当者は、鳥フルはさらにヨーロッパの他の地域へ広がるかも知れないと語っている。ウイルスはすでにエーゲ海の港町の Izmirや、ギリシャのサモス島近くのリゾートであるKusadasiでも感染した鳥が見つかっている。

 英国外務省はトルコへの旅行計画を立てている人達はキャンセルする必要はないと言っている。
 その旅行に対するアドバイスとして;
 ”旅行者が、動物市場や家禽飼育場、そして他の家禽や野鳥などに接触する状況を避ける限り、鳥フルに感染する危険性は非常に低いと考えられる。

 英国旅行業者協会のスポークスマンは、トルコでは通りの行商人の店(street markets)には近寄らないように忠告する。しかし、調理された鳥を食べることは問題ない、なぜなら加熱でウイルスは死亡するから、と付け加える。










・Birdflu expert investigating person-to-person transmission in ... KXAN-TV, (米国) 鳥フル専門家、トルコでの人人感染の可能性も示唆
 WHOのトルコ派遣チームの責任者であるGuenael Rodier博士は、トルコでの感染者の事例を完全に分析できていないので、人人感染が起きている可能性を完全に除外できていないと語った。
 しかし同博士は、もし人人感染が起きていたとしても、現在の流行を抑えることは出来ると語った。
・Birdflu stops Romanian teams going to Turkey Reuters.uk (英国) 鳥フル流行で、ルーマニアチームのトルコ訪問中止へ
 冬期トレーニングのためのトルコ訪問を5チームが取りやめ。
・Is birdflu a real threat? Times Online (英国) 鳥フルは本当に脅威か?
The Times paediatric consultant solves your problems

I have a one-year-old baby and hope for a second pregnancy soon. The potential bird flu pandemic is a worry. If the pandemic should occur, what plan is in place for treating very young children, including newborns, and what would be their chances of survival?
Sarah Ebbutt, Alton, Hampshire

I can understand your concern. There has been a great deal of coverage about the potential effects of a bird flu pandemic recently, including the deaths of three children in eastern Turkey last week.

A flu pandemic happens when a strain of flu virus emerges (or re-emerges) to which human beings are not immune and which spreads easily from person to person, resulting in an extremely large number of cases.

The World Health Organisation last week confirmed 147 cases of H5N1 in humans in Indonesia, Vietnam, Thailand, Cambodia, China and Turkey, leading to 79 deaths.

Owing to the high mortality rate and the knowledge that the influenza virus constantly changes, there is concern that the virus may mutate, enabling it to spread rapidly in a population that has no immunity to the H5N1 strain.

If this happens, it’s difficult to predict which age groups might be most at risk. Deaths occurred predominantly in infants and the elderly during the 1889 and 1947 pandemics, while young adults were most severely affected in 1918.

The Department of Health and Health Protection Agency have taken the threat extremely seriously and are leading a co-ordinated strategy to ensure that the health service is prepared. There are two major components. First, making provision for continuing care at a time of increased need constrained by staff shortages.

Secondly, antiviral medications, which may be able to reduce the likelihood of catching the disease, are being stockpiled and guidelines for their use developed.

Current policies for preventing infections in babies and young children have not been finalised.

The proposal is that children with a cough, fever and/or flu-like symptoms and a temperature higher than 38.5C would be referred to a community health professional. Any child who has had symptoms for fewer than two days would be given an antiviral medication, such as Tamiflu (oseltamivir), to reduce temperature, and fluids. Children under a year or at risk of complications should be referred to a GP or A&E department for assessment. Children who are severely ill would be admitted to hospital.

There have been some concerns regarding possible side- effects of these antiviral drugs in children and close monitoring would be needed.

There is currently no vaccine available to protect against avian flu but once the virus is known (which will only be after the pandemic has started), vaccine production can begin.

The current strategy is to initially provide the vaccine to children who are perceived to be at highest risk, such as those undergoing cancer treatment, patients with severe respiratory, liver or renal problems and diabetics.

”タイムズ”の顧問小児科医があなたの疑問にお答えします


 私には1歳の乳児がいますが、現在2人目の出産を考えています。鳥フルの世界的流行が心配です。もしパンデミックになった場合、非常に小さい乳児とか新生児に対してどのような治療が可能なのでしょうか?また死亡する危険性は高いのでしょうか?
 (Sarah Ebbutt, Alton, ハンプシャー)

 あなたの心配することは十分分かります。先週東トルコでの3人の死亡など、鳥フルがパンデミックになる非常に多くの不安材料が増えています。

 パンデミック・インフルエンザは、人がまだ免疫を獲得していない、人から人へ容易に感染し多くの発症者を出すウイルスの出現、または再出現で起こります。
 
 WHOは先週、インドネシア、ベトナム、タイ、カンボジア、中国、およびトルコで、147人の感染者と79人の死亡者を公式に発表しています。

 高い死亡率とウイルスが絶えず変化することから、ウイルスが変異してH5N1ウイルスに免疫のない集団に速やかに広がってゆくことが懸念されています。

 もしパンデミックとなったなら、どの年齢層がもっとも危険か予測することは極めて難しいと思います。1889年から1947年の間に起きたパンデミックでは乳児と高齢者での死亡率が高かったのですが、1918年のスペイン・インフルエンザの場合は若い成人層の間で多くの死者がでています。

 保健省(The Department of Health and Health Protection Agency)では、パンデミックの脅威を深刻に受け止め、保健サービスが十分準備されるべく、関連組織と対策を協議をしてきています。その中の主要な2協議点として、まずパンデミック時に必要とされるケアに対する専門職の不足に関する問題、抗ウイルス薬の備蓄とその方法に対するガイドラインの作成です。

 赤ちゃんや小さな小児に対する統一された感染予防策は、いまだ方法が明確になっていません。

 提案として、咳と発熱、そして/またはインフルエンザ様症状、および38.5℃以上の体温を呈する小児は、地域の保健医療専門家(community health professional)に相談したほうが良いと思われます。症状が出て2日以内の小児は、体温を下げる目的でタミフルのような抗ウイルス剤を服用させるのが良いと思われますし、また十分量の水分の補給も重要です。1歳以下の小児、または合併症のおきやすいハイリスクの小児は、家庭医または救急病院(A&E Department)に連れてゆくべきです。重症な小児は入院が必要です。

 抗ウイルス剤(タミフル:訳者)には副作用があるとの報告もあり、投与された小児では慎重に様子を見る必要があるでしょう。

 現在使用できるワクチンはありませんが、もしパンデミックが生じ、その原因ウイルスが分かったときにはワクチンの製造が開始されます。

 現在想定されている戦略として、ワクチンは次のようなハイリスクの子供達にまず投与することです;ガン治療中、重症呼吸器疾患、肝腎に障害、糖尿病。























・Turkish BirdFlu Virus Has Mutated National Geographic (米国) トルコの鳥フルウイルスは変異
 トルコで分離されたウイルスの遺伝子分析で変異が確認されたが、特に危険な感染性を有してはいないようだ。

 これまでトルコでは18人の感染者と3人の子供の死亡者が発生している。
 2人の死亡者から分離されたウイルスは変異していることが示されたが、人人感染を生じる危険性はないようだ。
 致死的H5N1鳥フルウイルスはトルコ中の家禽の間で広がっている。
 12歳少女と彼女の2人の姉弟が、南アジア外での初めての鳥フル死亡者となった。姉弟は東トルコのイランとの国境沿いの田舎に住んでいた。
 トルコ政府は数百万羽に及ぶ大量の家禽の殺処分の計画を報じた。
 WHOは世界でこれまで150人の感染者と78人の死者が出ていると評価している。
 専門家達は、もしウイルスが変異して人に容易に感染するようになるなら数百万人の人々が世界で死亡すると警告している。
1月13日


・Worrisome mutation found in birdflu virus National Post, (カナダ) 鳥フルウイルスの変異が確認
 トルコで死亡した子供の一人から分離されたウイルスで気になる変異が確認された。その変異は専門家によると人に、より容易に感染するような株の可能性がある。しかしながらこの感染した子供から他の人に感染したという事実はないものの、専門家はウイルス構造で何らかの変化が生じている可能性があり、人の細胞に適合しつつある兆候かも知れないということで多大な関心を抱いている。
・EU pledges $100 mln as Turkey tackles birdflu Reuters.uk (英国) EU、鳥フル対策に1億ドルの提供
 ・EUは世界的鳥フルの脅威に対する費用とそて1億ドルの提供を決定。
 ・トルコは鳥フル対策として多くの家禽の殺処分へ。
 ・スイスのロッシュ社はアジアへさらにタミフルの提供を。同社はすでに300万人分のタミフルをWHOへ提供している。
・HK reminds citizens to Turkey to be cautious against birdflu EastDay.com (中国) 香港、トルコ旅行客へ鳥フル注意を呼びかける
 香港行政府は、トルコへの旅行客に対して鳥フル感染を予防するための7つの要点を発表するとともに、航空会社にも旅行客へ注意を呼びかけるように伝えた。
・Birdflu fully contained in Viet Nam: Health Ministry Viet Nam News Agency (国営通信、ベトナム) ベトナム:鳥フル、完全に封じ込めたと保健省が発表
 ベトナムは完全に鳥フルをコントロール下においた、と保健省は12日発表した。
 しかしながら、国は将来とも鳥フルが再燃する危険性が高く、また冬期から春期、特に来る旧暦の正月(テト)に人での感染症の発生の危険性もある、と保健省は警告した。
 保健省は同時にH5N1感染症を防ぐために、家禽産物を食べる際に十分注意するように警告した。
・East Jakarta woman dies of birdflu Jakarta Post (インドネシア) 東ジャカルタの女性、鳥フルで死亡
 29歳の東ジャカルタの女性で、先にジャカルタの研究所で鳥フルが確認されていた患者が11日に死亡したと、入院していたスリアント・サロソ病院が発表した。患者は感染した鳥との接触の既往がある。
・Birdflu spreads Swissinfo (スイス)  アンカラ(ロイター) 鳥フル拡大
 
 トルコで鳥フル陽性で無症状であった少年2人の1人が症状を呈しはじめた。トルコ政府は12日、専門家の話として鳥フルのパンデミック脅威は間違いなく高まっている、と語った。
 世界銀行は5億ドルの基金をH5N1鳥フル感染地域の援助のために提供することを決定した。また米国は1億ドルを国と各州における対策に費やしている。

 H5N1ウイルスは拡大し、また変化しているが、いまだパンデミックの緊急的恐れはないとされているが、専門家達はパンデミックはいつ起こるか分からないと強調している。専門家達は、緊急対策チーム、抗ウイルス薬の備蓄、新規発生の早期発見のためのネットワークの準備が重要と言っている。
 H5N1ウイルスはトルコ中の野鳥や家禽の間で広がっている。特にヨーロッパ国境沿いのイスタンブールから、イランやイラクとの国境沿いのヴァンまでの貧しい村々で著しい。
 トルコでは3人の子供達が死亡し、感染者総数はWHOによると18人となっている。その全ては病的鶏と接触している。
 最新のWHOの公式発表では、世界的のH5N1感染者数は147人で死亡者数は78人となっている。そこではトルコ例は4人しか加わっていない。
 一方、WHO西太平洋地域事務所の尾身茂長官が、東京で開かれているアジア各国と国際機関の会議で次のように講演している。
 ”トルコでH5N1ウイルス感染者の新規例が報告され、事態は月ごとに悪くなってきている。そしてインフルエンザのパンデミックの危険性が日ごとに増強し続けている”、と
 
 また、インドネシアは29歳女性のH5N1鳥フルによる死亡を報告し、同国における死亡者数が12人となった。
 
子供達における感染多発

 トルコにおける最新の2報告例は1歳少女と4歳少年で、2人とも東南トルコに住んでいて、症状は安定していると報告されている。
 トルコ保健省は先週死亡した3人目の子供、先に死亡した2姉弟の妹も同じようにH5N1感染していたことが、確認されたと発表した。
 さらにアンカラ病院に入院していて、検査では陽性であるにも関わらず無症状だった2少年の1人が、症状を呈しだしたと、トルコ派遣WHOチームの責任者であるGuenael Rodier博士が語った。

 英国のWHO協力研究所がトルコの最初の死者2人から分離されたウイルスを分析し、理論的には鳥から人へさらに感染しやすい株へ変異していることを見いだした。
 しかし、科学者達はウイルスがさらに危険な状態になっている事実はないと強調し、同じような変異はこれまでも見られ、結果的に何も状況に変化は無かったと言う。でも注意深い観察と分析を続けることは必要だと付け加える。
 ”子供が感染するとウイルスに人への適合能力を身につけさせる機会を与えることになり、また新型ウイルス出現の環境を提供することにもなる”、とRodier博士は記者会見で語った。
 一方、 米国の国立アレルギー&感染症研究所長官の Anthony Fauci,博士は、変異したウイルスがどのような影響を及ぼすか分からないと、電話取材で答えた。
 ”同じような変異を2003年の香港で見いだしたが、いまだ鳥から人、または人から人への感染性に変化が生じたか不明だ”。

家禽の殺処分

 トルコ政府は35万羽の家禽をこの2週間に殺処分した。感染地域に3キロの立ち入り禁止ゾーンを設けた。さらにお情報をテレビを通じて、また車のバンに取り付けたスピーカーで人々に伝えている。
 世界銀行は来週北京で開かれる会議に先立ち、感染国のために5億ドルの対策基金を提供すると発表した。
 世界銀行頭取のJim Adams 氏はロイター通信社に、キリギスタンが最初に基金の提供を受ける予定で、金額は500万ドルと語った。
 
 ヨーロッパの各国はウイルスの拡大に対して対策を強化している。
 オランダはヨーロッパでフランスに次ぐ家禽飼育国であり、輸出量では世界のトップクラスであるが、鳥フル対策として全家禽のワクチン投与に関して議論を重ねている。
1月12日

・NUMBER OF PEOPLE TESTED POSITIVE FOR BIRDFLU IN TURKEY RISES TO Reuters AlertNet (英国) トルコの鳥フル陽性患者18人に
 トルコ保健省は最新の検査結果で3人の鳥フル感染が確認されたと発表。合計18人となった。このうち11歳の死亡した少女Hulya Kocyigitも含まれている。少女は当初の検査で陰性とされていた。

・Birdflu virus found in 3rd dead Turkish child Reuters.uk (英国) トルコ3人目の死亡少女、鳥フルと確定
 既にH5N1鳥フルで死亡したことが確認されている2人の姉弟に続いて6日に死亡した、11歳の妹も同じように鳥フルで死亡したことが確認された。
・23 being tested for birdflu in Istanbul Hurriyet (トルコ) イスタンブールで23人が鳥フル疑いで検査中
 23人が現在イスタンブールの病院で入院中である。そのうち13人が子供で鳥フルの検査が行われている。23人の検査結果は間もなく判明する予定である。もし検査結果が陽性だったとしたなら、ウイルスがトルコを横断して1200万人もの人が住む大都市まで拡大してきたことを意味して、鳥フルに対する恐怖感に火がつく可能性がある。
・Asia meets to devise birdflu plan CNN (米国) アジア諸国、鳥フル対策計画作成を主題に会議開催
 鳥フルのパンデミックに対する脅威が日ごとに増しているが、各国とWHOが迅速に行動するならば、パンデミックは避け得ないものではない、とWHO当局者は12日語った。
 トルコでのH5N1鳥フルウイルス感染者が多数発生していることから、さらに他の国への拡大の恐れが増している。
 ”トルコでのH5N1ウイルス人感染者の増加が示すように、状況は月ごとに悪化してきていて、(新型)インフルエンザのパンデミックに対する恐れが日ごとに募ってきている”、とWHO西太平洋地域事務所の尾身茂長官が語った。
 彼は東京で2日間開かれる会議の、アジア各国と国際機関の参加者を前に演説した。会議は12日に始まった。
 ”我々はパンデミックの初期の兆候に対して、我々の保有する全ての手段で対抗できるように準備出来ているかどうか確認しなければならない”。
 さらに長官は、 ”もし我々がこうした対策を早急に達成できるならば、事態が制御不能に陥る前にウイルスの拡大を止める良いチャンスを手にする可能性がある。しかしもし我々が失敗したなら、生じるだろうパンデミックの結果計り知れない社会的、経済的、公衆衛生学的損害を被る”、と付け加えた。
 尾身長官はロイターとの11日のインタビューで、会議で議論されるテーマとして、社会に対する啓発方法と監視体制の強化であると語った。

パンデミック阻止のためのシナリオ

 WHOはトルコでの突然の人における鳥フル発生は、監視体制の不備が原因の一つと考えていて、人でのパンデミックの阻止には、初期の(社会に対する)警告が重要な鍵となっていると考えている。
 ”会議終了までに我々全ては、ウイルスがパンデミックを引き起こさないために、我々が何を為すべきか、十分理解を深める必要がある”、長官は会議で語った。
 ”我々は多くの実際的問題に焦点を合わせる必要がある。例えば備蓄しているタミフルを如何に早急に感染地域へ配給するか等である”。
 WHOはまたH5N1ウイルスが変異して人人感染を起こしだしたシナリオを提供し、それに基づいてアジア各国が協力し合って如何に対策を講じるか、抗ウイルス薬の配布を含めて議論する。
 裕福な国家が、鳥フルが発生している発展途上国に対して援助することは非常に重要なことだ、と尾身長官は11日語った。
 ”発展途上国の努力と先進国の協力があって課題は達成される”、と長官は説明する。
 今回の東京会議には、アジア以外からも英国、米国や、アジア開発銀行、世界銀行などの援助機関も参加するが、新しい経済協力の話し合いは期待されていない。尾身長官は来週開かれる北京での会議で援助を申しでる国が現れるものと期待しているようだ。
・World Tourism Organisation warns Avian flu but no travel ... -Travel Blackboard (press release), (オーストラリア) 世界旅行機構、鳥フルを警戒するも、旅行制限は発令せず
 世界旅行機構(World Tourism Organisation (UNWTO) )は11日、旅行会社で働く人々に最新のトルコにおける鳥フル流行状況の変化と脅威に関して、十分認識するように声明を出した。
 現在旅行制限の必要はないが、最悪の事態に備えておく必要があると説明している。
 ”多くの人々が鳥フルに感染しているという報告があるが、我々は人人感染が起きていないフェーズ3と判断している。旅行者が感染した報告はない。我々は旅行制限などの警報を出す必要はないと考えている”、と UNWTOの長官は語った。
 ”我々はWHOや他の旅行に関連した組織と密に連携をとりながら、鳥フルがパンデミックになる気配があるとき、十分な対策をとれるように準備する”、と長官は説明した。
・国際協力で新型封じ込め/インフルエンザ会議始まる 秋田魁新報 (日本) 
 新型インフルエンザの出現に備え、アジアを中心に約20カ国が集まり、早期の封じ込め対策や現状と課題を話し合う国際会議が、東京で12日から2日間の日程で始まる。日本政府と世界保健機関(WHO)の共催で、米、英、ロシアなども含め、計100人以上の政府関係者や研究者らが参加。新型に変異する恐れがある高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の人への感染が続くアジアが各国と協力し、予防や発生時の被害を最小限にする「人、物、金の態勢づくり」(厚生労働省)が狙い。提言をまとめるほか、封じ込めのマニュアル作成に役立て、国際ネットワークも強化する。会議では、WHO関係者が想定される発生のシナリオを示し、迅速な把握や医療関係者の派遣、抗ウイルス薬タミフルの集中供給などの拡大防止策や課題を発表。ベトナムや中国など人への感染が起きた国からは、対応について報告される。各国の事情を踏まえて、情報の共有や役割分担、意思決定など、早期対応の仕組みづくりを目標に提言がまとめられる見通し。
・Turkey battles to weaken grip of deadly birdflu Reuters (国際) トルコ、鳥フル制圧に懸命の戦い
 トルコは11日、人と家禽における鳥フル撲滅に向かってより対策を強化したが、国連専門家はウイルスはトルコの家禽の間に根付いてしまったので、近隣諸国への拡大の危険性があると語った。
 専門家は、より気温の低下してゆく感染地域で、今後数ヶ月にウイルスはより活発化する、そして東南アジアの旧正月に人々は多くの鶏を殺処分するので、鳥フルは拡大する可能性がある、と警告している。


・Birdflu may spread: UN Toronto Star (カナダ) 国連:鳥フルは拡大する可能性
 ・トルコ周辺国(ギリシャ、シリアなど)での鳥フル警戒感が強まっている。
 ・EUは野鳥と家禽のモニターを今年度末まで続けることに。
 ・スイスのサッカーチームはトルコ訪問をキャンセル
 ・WHOは、人人感染の事実がなく、またパニックになる理由もないとの保証
  ”最悪な状況は人々がパニックに陥ることだ。パニックになる理由は何ら無い”、とWHOのヨーロッパ地域代表の Marc Danzon博士は語った。
 ・Danzon博士とトルコ保健省大臣は、国民に家禽に接触または遊ばないように警告。−−これまで発症した15人全員の共通した感染要因となっている。
 ・国連機関のFAOはトルコの鳥フルが周辺国の家禽に拡大する可能性を警告。
 ”ウイルスは拡大防止策にも関わらず広がるだろう”、とローマのFAOの動物衛生担当局の高官が談話。
 ・パリの動物保健世界機構( World Organization for Animal Health)のトップは、トルコおよび東ヨーロッパ各国の鳥フル診断能力と対策に疑問の談話。
 他
・Preparing public for birdflu Times Online (ニュージーランド) ニュージーランド、鳥フル予防のための公衆衛生強化の呼びかけ開始
 トルコでの人の鳥フル感染が増加してきて世界的脅威が高まってきているのに対して、保健省はマスコミを通じて、公衆衛生強化による個人的予防方法啓発のキャンペーンを開始する。
・All fowl slaughtered at 3 poultry farms in Crimea Monsters and Critics.com, (英国) ウクライナ、クリミア半島で3家禽農場の全家禽が殺処分
1月11日

・WHO urges Asian countries to be ready against birdflu Xinhua (新華社、中国) WHO、鳥フル対策を強化するようにアジア諸国に呼びかける
 WHOの当局のトップがアジア諸国に鳥フルのパンデミックに備えるよう呼びかけた。
 尾身茂WHO西太平洋地域事務所長官は、H5N1鳥フルウイルスのパンデミックな些細な兆候にも対応できるように、すぐに準備するように警告した。
 現在パンデミックが始まる兆候はないが、各国はパンデミックに対して可能な限り準備すべきである、と尾身氏は語った。
 ”過去のインフルエンザ・パンデミックと違い、今回は、世界に事前準備するよう(出来るだけの猶予をもって)警告が発せられている。我々はこの価値ある時間的余裕を反撃のための準備と、パンデミックを示すいかなる兆候に対しても阻止する試みに使うべきである”。尾身氏は東京で開催された、日本主催の「パンデミックを引き起こすウイルスの出現に対するアジア各国の対策に関する会議の前夜集会で語った。
 迅速で集中的対策によりパンデミックを防止、または少なくともその展開速度を減じることは可能である、とWHOは報道発表した。対策として、集団への抗ウイルス薬の投与と(感染者と接触した可能性のある集団:訳者)、患者の隔離と社会的活動停止などの公衆衛生的対策が含まれる。
・Indonesian woman has birdflu, local test shows Reuters AlertNet  (英国) インドネシアの女性、鳥フル発症が確認
 29歳のインドネシア女性が致死的鳥フルに罹患していることが11日、ジャカルタの検査機関で確認されたことが、インドネシア当局が発表した。これまでWHOの公式データでは、11人の鳥フル感染死亡者と5人の感染後回復者が登録されている。
 またジャカルタの検査では今月39歳男性が鳥フルで死亡しているが、WHOでの確認はまだされていない。
 女性は8日にジャカルタの専門病院に入院したが、死亡した鶏との接触があったことが主治医によって確認されている。
・WHO: Turks Shouldn't Panic Over BirdFlu CBS News (国際) WHO:トルコは鳥フルでパニックになるべきではない
 トルコは最近の鳥フル発生に対してパニックになるべきではないが、病的または死亡した家禽との接触はさけるべきである、とWHOの高官が11日語った。
 初期的検査で少なくとも15人のH5N1感染者を確認したトルコはこの2,3日鳥フル発生の防止に懸命である。30万羽の家禽の殺処分やモスクから拡声器で警戒を呼びかけたり等。
 ”最悪の状態はパニックに陥ることである。パニックになる理由は何もない”、とWHOのヨーロッパ地域事務所のMarc Danzon長官は記者会見で語った。
 長官はトルコ保健当局はこの困難な事態に対処すべきことは全て行っている、とも語った。
・中国で新たに2人死亡=鳥インフルの犠牲者計5人に−WHO (時事通信)
 世界保健機関(WHO)は11日までに、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したと発表されていた中国南部の広西チワン族自治区の女児(10)と中南部江西省の男性(35)の2人が新たに死亡したことを明らかにした。中国国内での鳥インフルエンザによる死者は、計5人になった。 
・農業省の対応に批判集中 鳥インフル拡大のトルコ 神戸新聞  (日本)
 鳥インフルエンザの人への感染が拡大しているトルコで、家禽(かきん)への感染が確認された昨年秋以降の対策が不十分だったことが被害拡大につながったとして、農業省に批判が集中している。トルコ紙などによると、同国西部バリケシルの農場で昨年10月、七面鳥から同国初の鳥インフルエンザウイルスが確認された。専門家は当時から、農場や養鶏場に加え、個人宅で飼育されているニワトリなどが感染する可能性が高いと警告していたが、特別な対策は取られなかったという。世界保健機関(WHO)は「トルコ政府は対策を怠った」と指摘。美味で人気が高い個人飼育のニワトリは“村の鳥”と呼ばれ、最近まで全国の市場に出回っていた。
・Two new China birdflu deaths CNN  (米国) 中国で2死亡例が報告
 鳥フルに感染した2名が中国で死亡した。11日WHOが発表したが、これで中国での死亡者数が5人となった。
 中国南部の Guangxi 省の10歳少年と東部のJiangxi省の35歳男性で、先月合併症で死亡した。北京のWHOが発表した。
・Shortage of birdflu drugs Australian Financial Review (オーストラリア) オーストラリア:抗インフルエンザ薬論争

 トルコにおける最近の鳥フルによる死亡例の発生、そしてオーストラリア・インフルエンザ専門家グループのリーダーでWHOの医学的コンサルタントでもあるAlan Hampsonが、東南アジアでの鳥フル流行は大きな脅威であると声明を出したことなどから、今、オーストラリアは鳥フルに対してどの程度防護体制を敷いているのか問うことは重要である。
 2,3週間前、連邦保健大臣のトニー・アボットは、オーストラリアは少なくとも国民の44パーセントの治療に必要な抗ウイルス薬を備蓄してあると語り、オーストラリアは鳥フルのパンデミックに十分備えが出来た国の1つであると語った。
 しかし通常の市民はこれらの薬を書いた処方箋を手にすることが出来ない。地域の薬局はタミフルもリレンザも入手することはほとんど不可能であると語っている。
 もし薬局の言い分が正しいとしたなら、アボット大臣が備蓄した薬を尻の下に敷いて、薬局へ配給していないと思われる。このことは鳥フルのパンデミックが起きたとき、初期にそれを防ぐことが難しいことを意味する。なぜなら薬剤が薬局に届くまで1週間はかかるだろうし、さらに市民が薬剤で治療を開始出来るまでさらに時間が費やされると思われるからだ。そのときまで発病した市民は死亡する可能性もある。社会はアボット大臣から状況の説明を受ける権利がある。

 
・Initial WHO assessment is birdflu in Turkey mirrors Asian ... CBC News (カナダ) WHOチーム、トルコの状況はアジアの状況と類似
 トルコ政府はさらに新規の鳥フル感染者を確認したが、WHOチームはトルコにおける状況はアジアにおけるこれまでの状況と似ていると印象を語った。
 ”私はトルコの状況が何か変だとは感じない(人人感染を思わせる状況ではない:訳者)。それは私の印象だけど”、とチームの責任者であるGuenael Rodier博士は語った。”印象を語っているだけで、事実についてはさらにデータを集めて解析しなければならない。それには時間がかかる。でも、ここの状況が何かおかしいと考える理由は私にはない”
 10日、WHOはさらに1人のH5ウイルス感染者を発表した。WHOは初期検査でH5N1鳥フルが確認された事例として受け入れた。これで計15例の感染者となったが、うち2例は死亡している。H5N1鳥フルの症状で入院している患者がさらにいるので、感染者の数はさらに多い可能性がある。
 Rodier博士は、”見る限り人人感染を示唆するような事実は無いようだが、でも全て初期的判断に過ぎない”、と語る。
 もしロンドンのWHO協力研究機関が全15例を確認するならば、トルコはインドネシアが昨年の7月以来半年間で検出した数を、この短期間で見いだしたことになる。
 ウイルスがより効果的に動物から人へ感染しているのかどうか分からない。Rodier博士は語る。
 しかし同博士は、現在の脅威に対するトルコの反応から見ても、状況は比較的に早期にコントロールされる可能性があると、語った。
・BirdFlu Infects Turkish Girl Who Kissed Ailing Chickens NBC30.com (米国) トルコの少女、病気の鶏にキスして発病
 8歳のスメイヤ・マムクは鶏をペットのように可愛がっていた。病気になり死亡した鶏にキスをし、別れの涙を流して両手で顔を覆った。翌日マムクの顔と両目は腫れ、高熱が出てきた。病院で数日後H5N1鳥フル感染と診断された。彼女は病院でタミフルによる治療を受けて回復している。
 トルコでは多くの子供達が家禽の飼育を手伝っており、病的になった家禽との濃厚接触が見られている。こうした状況は東南アジアと同じであると、WHOの専門家は語る。トルコではすでに15人の感染者が発生し、その多くは子供である。
1月10日

・Another BirdFlu Case Found in Turkey CBS News  (国際) トルコ、さらに新規感染者が検出
 トルコにおける予備的検査でさらに1人が致死的鳥フルに感染していることが確認された。15人目の感染者となる。トルコ保健省の発表。
 さらに鳥フル様症状で入院している患者数は70人に上っているとも保健省は発表した。
 患者は Sivas市の病院へ入院中。
・Chinese BirdFlu Patient in Critical Condition CRI (中国) 中国の鳥フル感染者、危機的状態に
 中国で8番目の鳥フル感染者である6歳の少年は10日危機的状態に陥った。医師団は必死の治療にあたっている。両肺が極度の傷害を受けていると説明された。
・China says birdflu outlook 'not optimistic' Reuters.uk, (英国) 中国、鳥フル状況は決して楽観的ではない
 8人目のH5N1鳥フル感染者が出た翌日、国営通信の新華社は、鳥フルが家禽の間で拡大する限り、人の感染例も増加すると、事態は決して楽観的ではないと報じた。
・birdflu outbreak worsens Boston Globe (米国) 鳥フル流行状況が悪化


ヴァン市の病院で治療を受けている少年を見舞うトルコ保健大臣
ドゥグバジットトルコ(ロイター)

 トルコ政府は9日、14人が鳥フル感染と確認されたと発表したが、国連の保健担当者はウイルスが変異して人人感染を起こしている事実はないと語った。
 国連WHOは鳥フルに感染した人々は東南アジアと同じように、感染した鳥から直接感染していると思われると語った。

 ”確認された感染者の合計数は14人で、このうち3人の子供が死んでいる”、とトルコ保健大臣は記者会見で語った。
 子供達が死亡したドゥグバジットの村に関して保健大臣は、家禽に近づかないように、特に子供達には注意して見張るように警告した。
 
 中国は9日8番目のH5N1鳥フル感染者を報告した。湖南省の6歳少年で、病院で治療中である。

 インドネシアでは、国内の検査機関で39歳の死亡した男性が鳥フル感染していたことが確認された。インドネシアで12例目の死亡者となる。

 最新の状況はH5N1鳥フルは、2003年以来少なくとも84人の死亡者と150人以上の感染者を出し、そしてトルコにおける発生状況は、それがヨーロッパ中央に拡大している兆候の可能性があることを示している。
 WHOは現在まで人人感染の証拠は見いだしていないと言っているが、専門家達はH5N1株が進化することにより人人感染を容易に起こし出すことを恐れている。
 もしウイルスが人人感染を起こし出すとしたなら、人々が免疫を持たないことから数千万人の死者が出るほどの、破滅的パンデミックを招来する可能性がある。

人から人への感染の証拠は無し

 ”初期の検査ではウイルスが人への感染性を強めている、または人人感染を起こしている事実は見いだしていない”、とWHOはトルコの状況に関して、ウエブサイト http://www.who.int.で発表している。
 ”調査中の大多数の人々は子供で、中には同一家族からの者も含まれる。そしてほとんどの例で死亡、または病的家禽との接触が記録されている。

 トルコに着いたWHOの専門家達も同じようなコメントを繰り返した。
 ”この村では(ドゥグバジット)現時点で人人感染が起きている兆候は無い。我々が東南アジアで見てきた実情とほとんど変わらない(鳥からの感染が主であること:訳者)”、とWHOチーム責任者のGuenael Rodier氏がロイター・テレビに語った。
 
 イスタンブールでは13人の子供を含む23人が(インフルエンザ様症状を呈し)鳥フル検査中である。同市は同国の大商業都市であり、またヨーロッパへの門戸でもある。

 保健専門家達は、インフルエンザ様症状を心配した市民が多数病院を訪れているので、さらに多くの感染事例が見つかる可能性があると言っている。 
 ”人々はH5N1ウイルスについて非常に良く知っており、死んだり病的になった鳥との接触がどのような意味を持っているか知っている”、と米国CDCのインフルエンザ専門家の Nancy Cox博士は語っている。
 Cox博士はトルコでなぜこのような集団での発生(クラスター)が起こったのか分からないと言う。
 ”人のインフルエンザが気温の低い冬期間に流行するように、鳥のインフルエンザにも季節性があることは知っている”、と博士はロイターに語った。
 ”我々はどのような要因が(この集団発生に)関与しているのか、正確には分からない。もしかしたなら、ウイルスが家禽の間で拡大し、人が死亡したり病的になった家禽と接触するのに、十分な期間がこれまであったのかも知れない(かなり以前からH5N1ウイルスがトルコで広がっていた可能性:訳者)”
 
 ドゥグバジットで死亡した兄弟姉妹の4番目の6歳弟のAli Hasan Kocyigitが9日、鳥フル感染を否定されて病院を退院した。
 ”このことはトルコ国内の全ての人々にとって課題となるべきた。子供達を以前よりももっと慎重に見守る必要がある”、とAli Hasanの叔父が語った。

 ”我々はこのウイルスを以前知らなかった。しかし今、我々は家族の中の3人の子供を失った。しかし最後の1人はこのように生きることが出来た。神に感謝する”、と彼はヴァン市の病院を去るときに語った。
 
 ロシアは8日、市民にトルコへの旅行を避けるように警告した。
 ブルガリア農業大臣は次に自国にウイルスが拡大することを警戒していると談話を発表した。


・8th human infection reported in Hunan People's Daily  (人民網 中国)
 中国衛生部は昨日8人目のH5N1鳥フル感染者を報告した。
 感染者は6歳少年で、湖南省に住んでいて、家庭で飼育していた家禽が死亡した後、少年は発熱と肺炎症状を12月24日に呈した。検体は中国のCDCで調べられた。
・中国、8人目の鳥インフルエンザ感染を確認 ロイター (国際−−>日本語)
 中国の新華社は9日、衛生省の情報として、湖南省で6歳の少年が鳥インフルエンザH5N1型に感染していることが確認されたと伝えた。中国でこれまでに確認された鳥インフルエンザ感染者数は、8人目となる。この少年は現在、病院で治療を受けているという。
・トルコの鳥インフルエンザ感染者、14人と確認=WHO ロイター  (国際−−>日本語)
 世界保健機関(WHO)は9日、トルコ政府が同国内で14人が鳥インフルエンザに感染したことを確認し、WHOが現在14人の治療を行っていることを明らかにした。WHOのマクナブ報道官は「8日に確認された感染者5人と、9日に確認された5人の治療を行っている」と述べた。 WHOはこれまでに、トルコでの感染者を4人と発表していたが、その後の検査の結果、新たに10人の感染が確認された。
・中国で8人目の感染 静岡新聞  (日本)
 新華社電によると、中国衛生省は9日、湖南省で6歳の少年が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したと発表した。中国での人へのH5N1型感染確認は8人目。衛生省によると、少年は先月24日に鳥インフルエンザとみられる症状を起こし、入院したという。
・Number of victims jumps in Turkish birdflu outbreak Swissinfo (スイス) トルコでの鳥フル、犠牲者数増加
 トルコ当局は9日、鳥フル感染者数が14人になったと発表。さらに多くの人々が鳥フルの検査を求めて病院へ殺到している模様。
 WHOは、犠牲者は鳥との濃厚接触で感染しているので、現在の処、人から人への感染の心配はないと言っている。
・Turks Urged to Keep Kids From Dead Birds The Tribune-Democrat (米国) トルコ、死亡した鳥に子供達が接触しないように警告
 トルコでさらに5人の子供が検査で鳥フルが確認されたことから、当局は子供達が死亡した鳥と接触しないように警告を出した。 
1月9日

・Update 3: Tests: 5 New Cases of BirdFlu in Turkey Forbes (国際) トルコ、5新規例が確認
 トルコの東部と中央、黒海沿岸沿いの4省で5人の鳥フル感染新規例が見つかった。ウイルス検査はトルコの研究室で行われた。WHOはまだ確認していない。トルコ政府によって確認された感染者数は15例となる。先にトルコ当局により確認されている10例のうち4例が、WHOによって確認済みである。このうち兄妹2例が死亡している。もう一人の妹も死亡しているが、WHOは正式に確認していない。
・Turkey’s avian flu moving west NTV MSNBC (トルコ) トルコの鳥フル、西へ拡大
 トルコの鳥フルは明らかに西方、ヨーロッパに向かって拡大している。首都アンカラで3人の感染が確認され、イスタンブールでは家禽の感染が確認されている。
Turkey’s avian flu outbreak is apparently spreading westward towards Europe, with a further three human cases confirmed in the capital Ankara and domestic fowl infected in Istanbul.
・21 people treated for suspected birdflu in Istanbul: report ABC News  (国際) トルコ、イスタンブールで21人が鳥フル疑いで治療中
 イスタンブールの病院に21人が鳥フル疑いで入院、治療中と、9日現地の新聞が報じた。
 21人の検査結果は9日に明らかになる模様。
・SEVEN people are now being treated for birdflu in Turkey. Mirror.co.uk (英国) トルコ:7人が現在鳥フルで治療中
 3人の子供達が東部トルコで致死的鳥フルで既に死亡している。
 2兄弟と1人の成人がトルコの首都アンカラでH5N1鳥フル感染を確認されている。
 ヴァン市では、すでに2例の鳥フル感染が確認されているが、さらに兄妹例が追加された。
 人々が家禽を殺処分のために当局に提出しないため、さらなる発生が懸念されている。
 イスタンブール医師協会長のGencay Gursoy博士は、トルコと世界は重大なる感染症に直面していると警告した。
・Indonesia records 12th birdflu death ABC Online (オーストラリア) インドネシア、12例目の鳥フル死者
 インドネシア保健省は39歳男性が1月1日に死亡し、地域の病院での検査で鳥フルが確認されたと発表。男性は死亡した家禽との接触が確認されている模様。WHO協力機関で確認されたら12例目の死者となる。
・Birdflu risk for humans has not increased: WHO Ninemsn (オーストラリア) 人に対する鳥フル拡大のリスクは増加していない:WHO
 WHOの専門家がドイツのラジオ放送で、鳥フルの人に対する危険性は何ら変わっていない、トルコでは家禽の間で流行が拡大しており、人々の健康管理(health control)が不十分で人への感染例が増えている、と語った。
・Birdflu team probes Turkey cases BBC News, (英国) WHO専門家チーム、調査を開始
 WHOを初めとする国際専門家チームは東部トルコのヴァン市に入り、致死的H5N1ウイルスの拡大状況を調査し始めた。
・Indonesia treating new suspected human case of birdflu TODAYonline (シンガポール) インドネシア、新規鳥フル疑い例を治療中
 インドネシア、ジャカルタのスリアノ・サロソ病院で治療を受けている29歳の女性が鳥フル疑いをもたれている。
 彼女は住居近くで死亡した鶏に接触した既往をもっているとされる。
・BirdFlu - Russians Advised Not To Visit Turkey Medical News Today (英国) 鳥フル:ロシア政府トルコへ旅行しないように警告
 …
 ロシアでは現在従来型インフルエンザが流行しているが、専門家は鳥フルウイルスが従来型インフルエンザに感染している人々に感染し、そこでウイルス遺伝子の再集合が起こり、人人感染を起こすウイルスが誕生することを恐れている。…
・Human birdflu cases reach Turkish capital Wired News (国際) 人の鳥フル感染、トルコの首都まで拡大
 アンカラで5歳と2歳の兄弟、および60歳の男性がH5N1鳥フル感染が確認された。兄弟は死亡した野鳥に接触したと言われる。兄弟の両親は検査で陰性だった模様。
鶏が殺処分のために袋に入れられるのを眺める子供(CNN.comニュースから)

・As Turkish authorities say birdflu case count hits 9, WHO team ... CJAD, (カナダ) トルコ政府、9人の鳥フル感染を確認、WHOチームVヴァン市に到着

  The Turkish Ministry of Health reported Sunday that five more people in that country had tested positive for H5N1 avian flu, including three people in Ankara, far from the nexus of infections to date.
  Meanwhile, a team of international experts arrived in the eastern Turkish city of Van to begin assessing how many cases exist there and whether there are any troubling changes to the pattern of human infections. And the World Health Organization served notice through GOARN - its global outbreak alert and response network - that it may need to tap member countries for additional expert assistance.
  WHO spokesperson Cristiana Salvi, reached in Van, told The Canadian Press that Turkish authorities had informed the team of positive laboratory tests for three people from Ankara province - two brothers, aged five and three, and an unrelated man, 65 - and two more children from Dogubayazit, a girl, aged nine and her brother, aged three.
  Dogubayazit, located about 170 kilometres north of Van, is the village where the first human cases in Turkey came to light.
 A spokesperson at WHO's Geneva headquarters said the agency needs more information about the tests used on the five newly identified cases to determine whether to accept the diagnoses. "We've been informed of those by the Ministry of Health," Maria Cheng said in an interview. "But we don't know what kind of testing was done so we're not considering those official yet. We want to get further clarification on what kind of diagnostic test they did."
  For the time being, the official WHO case tally in Turkey remained at four, all young children. Two have died. They bring the global count of H5N1 avian flu cases in the past two years to 146, with 76 deaths.
  A WHO collaborating laboratory in Britain has provided independent verification of three of the cases and WHO is accepting the diagnosis of Turkey's national lab for the fourth.
  Previously the WHO only officially confirmed cases of avian flu when one of its collaborating laboratories had verified the findings. But the organization is shifting its approach.
   "We are moving away from the old model in which we needed samples to be verified by an external laboratory," Cheng said.
  "What we're doing basically is moving towards a system where, if we have confidence in the laboratory, then we accept the results - which is the case with Turkey."
   More than 30 people remain in hospital in Van receiving treatment for illnesses that bear hallmarks of H5N1 infections, Cheng said. But experience elsewhere shows that when avian flu first appears in a country or region, increased surveillance produces a spike of suspect cases, some of which may later be ruled out.
   Some members of the team of experts that arrived in Van late Sunday headed to the hospital there to begin the work of helping to determine what the actual case count is. The team had hoped to make the journey Saturday, but was forced to remain in Ankara because of a winter storm.
  Officials in Geneva have already begun the process of providing them with back up, if it is needed, and will likely send reagents used in testing as well as lab equipment, Cheng said.
  "We just really anxious to get information," said Michael Perdue, a scientist with the WHO's global influenza program. "We're gearing up. But we don't know exactly how many people we need to send and what resources they really need."
  Countries that help WHO in such cases have been alerted through GOARN that a call for additional expertise may be coming soon.
  Backup might include experts in hospital infection control, Cheng said. If human-to-human spread of the virus is occurring, experts would expect to see some cases among the health-care workers caring for avian flu patients.
  To date, there have been no reports of infections in health-care workers, Perdue said.
  Meanwhile, scientists who specialize in studying H5N1's genetic makeup were expected to be mining newly completed sequence data to see if the virus samples retrieved from the Turkish cases showed signs that the virus is mutating in ways to allow it to spread more easily to and among people.
  Perdue said the full genetic code of human and animal viruses from Turkey have been charted and posted on databases used by scientists in the WHO collaborating lab network. "We should be getting information tomorrow (Monday) from the experts on the sequence information," he said.
 トルコ保健省は8日、さらに5人のH5N1鳥フル感染を確認したが、中にはこれまでの発生地(ドゥグバヤジット)から遠く離れたアンカラでの3人が含まれている。
 一方、国際専門家チームはトルコ東部のヴァン市に到着して、人での感染事例の調査を開始した。そしてWHOはGOARN(世界的流行警報システム)を通じて情報を流した。


 ヴァン市に到着したWHOの報道官のクリスチーナ・サルビさんは、トルコ政府の報告として、アンカラで5歳と3歳の兄弟、および兄弟と関係のない65歳男性、さらにドゥグバヤジットで9歳少女と3歳の弟が検査でH5N1鳥フル陽性であったとカナダ通信の記者に語った。
 ドゥグバヤジットはヴァン市の北方170キロに位置しており、トルコで最初の人の鳥フル感染が確認された地である。
 ジュネーブのWHO本部の報道官は、今回トルコ政府から報告された5人に関して、確定するためには、さらに詳細な検査が必要であると語っている。
 ”我々はトルコ保健省から報告を受けている”、とマリア・チャンさんは記者会見で語っている。”しかし、我々は検査内容が全く分かっていないから、これらの事例に関しては保留状態だ。診断のためにどのような検査を行ったのか、詳細情報が必要だ”。
 目下のところ、WHOの公式情報として、トルコでのH5N1感染者数は4人で、全て子供である。そのうち2人は死亡している。彼等を入れて世界での感染者数は146人で、死者数は76人となっている。
 トルコのWHO公式感染者に関して、英国のWHO協力研究所が3人の診断を確定しているが、4人目はトルコの国立研究所が診断を確定した。
 以前、WHOはWHO協力研究所が確定した事例のみを公式感染者として発表していたが、最近WHOは考え方を変更したようだ。
 ”我々は外部機関(当該国外)によって確認されたデータだけを採用していた古い方式を改めた”、とWHOのマリア・チャンさんは説明している。
 ”我々が意図していることは、基本的に、信頼出来る機関ならば結果を認めることである。トルコの場合は正しくそうである”。
 ヴァン市の病院では30人以上がH5N1感染の烙印を押されて治療されている、とチャンさんは言う。しかし他の地域での経験から言えることは、監視体制が強化されると副産物として、疑い例が増加するが、その中の何人かは最終的に除外される、と説明する。
 8日遅く着いた専門家チームの何人かは現地の病院へ向かい、正確な患者数の把握を開始した。チームは7日に現地に着く予定だったが、吹雪のためにアンカラを出発できなかった。
 ジュネーブ本部ではすでに、検査薬品や器具の提供など、派遣チームへのバックアップを開始している、とチャンさんは言った。
 ”我々は詳細情報を待っている”、とWHOの世界インフルエンザ対策担当研究者のマイケル・パーデュは言っている。
 ”我々は調査を加速している。しかし我々はどのくらい専門家を送るべきか、また何が今必要とされているのか分からない”、と同氏は焦燥感を滲ませる。
 このような場合、 GOARNを通じてWHO協力国に専門的応援が必要なことが伝えられる。
 バックアップには院内感染症専門家の応援も必要とされるかも知れない、とチャンさんは言う。もし人人間感染が生じているなら、専門家は鳥フル患者の中で働く医療関係者を指導する必要がある。
 一方、今日まで医療関係者の中で感染が起きたという報告はない、とパーデュ氏は言う。
 トルコでのH5N1ウイルスが、人から人への感染性を突然変異により強めているのかどうかは、人感染者から分離されたウイルスの遺伝子解析をすることで判明される。
 パーデュ氏によると、トルコでの人と鳥から分離されたウイルスの完全な遺伝子配列は、WHO協力機関ネットワークのデータベースに登録されたばかりで、明日(9日)、遺伝子解析の専門家から情報を得るつもりだ、と語った・















1月8日

・Three people found with birdflu in Turkish capital Asharq Alawsat (英国) トルコの首都で3人が鳥フル陽性と
 トルコの首都アンカラで治療を受けている3人が検査で鳥フル陽性と8日発表された。子供が2人大人が1人。H5N1株かどうかは不明。
・Birdflu jumps to northern Turkey, found in poultry Reuters India (インド) 家禽での鳥フル、北部トルコへ拡大
 トルコ北部の黒海沿岸の2つの村で死亡した鶏から鳥フルウイルスが検出された。
 さらなるヨーロッパへの拡大の恐れがでてくる可能性がある。
・Three more people tested positive for birdflu in Turkey Xinhua (新華社通信、中国) トルコでさらに3人が鳥フル検査で陽性と
 トルコの首都アンカラで治療を受けている3人が検査で鳥フル陽性と8日発表された。子供が2人大人が1人。H5N1株かどうかは不明。

トルコ地図
人感染例が確認されているドゥグバヤジットと収容している病院の所在するヴァン
vAN
・Turks complain over birdflu response Grand Forks Herald (米国) トルコの住民、国の鳥フル対策に不満の声
 鳥フル発生地域の住民は、行政当局が何もしてくれないと不満の声を挙げている。死亡した鶏や病的鶏を抱えていても、行政当局から誰も引き取りに来ないという。触ることは危険だから自分たちではどうしようもないと説明。7日には人の感染死亡が起きているDogubayazit地方の農業省の建物に住民が押し掛けて、対策の遅れを抗議した。
・WHO calls for calm after flu deaths United Press International  (国際) WHO、トルコの鳥フル死者発生を受けて、冷静さを呼びかける
・WHO calls for calm after flu deaths Washington Times (米国) WHO、トルコの鳥フル死者発生を受けて、冷静さを呼びかける

  The World Health Organization says Turkish residents should not panic following the deaths of a brother and sister from avian influenza.
      The H5N1 strain of the flu virus has not yet been confirmed in another sister who died Friday.
      The BBC reports residents of Dogubeyazit, the eastern Turkish town where the three lived, have been showing up at the local hospital reporting a variety of symptoms. Twenty people were hospitalized in Van, a large city in the same part of Turkey.
      The deaths are the first in humans from bird flu outside of China and Southeast Asia. Doctors say there is no sign that the disease is spreading between humans, since the three siblings appear to have been playing with the remains of chickens that had been infected.

 WHOは、トルコで姉弟が鳥フル感染で死亡したことを受けて、トルコの住民がパニックに陥るのを恐れ、冷静な行動を呼びかけた。
 H5N1鳥フルウイルスは、もう1人の6日に死亡した妹ではまだ感染が確認されていない。
 BBC放送は、3姉弟姉妹が住んでいたDogubeyazitの住民が、様々な症状で鳥フル感染を心配して地元の病院に殺到していると伝えている。鳥フル患者を収容している東トルコのVan市の病院には、20人の人々が鳥フル疑いで入院している。
 トルコにおける鳥フルでの人の死亡は、東南アジアと中国外で初めてとなる。医師団によると人の間で感染が広まっている兆候はなく、3姉弟の場合は感染した鳥との濃厚接触があったと言う。


・More Turkish bird flu cases confirmed NEWS.com.au (オーストラリア) トルコでさらに人での鳥フル発症事例が確認ートルコ直近情報
 トルコ首相は国内に家禽の殺処分を逃れるために、家禽を隠さないように声明を出した。その一方で国連の保健担当者達は昨夜さらに2人の子供の鳥フル感染を確認したと発表した。

 3人の子供達が先週死亡した東トルコの住人は、助けの声を挙げている。
 ”我々は当局に(鶏を引き取るように)申請しているが、彼等はやってこない。自分では鶏を運んではいけない。そのための費用がないのだ”、と3人の子供達が死亡したDogubayazitの町の中年の男性は語った。
 ロイターの記者は、鶏がいまだ通りを歩いているのを見たし、また大きな鞄に入れられて運ばれるのに逃げ出す鶏もいた。鶏は生きたまま穴に葬られている。
 首相は、政府は全て必要な対策は講じていると語り、流行の拡大を防ぐための予算を配分していると、 CNN トルコで語っている
 同首相は人々に家禽を隠さないように警告した。
 ”失ったものに対して保証される。誰も損害を受けない”、と彼は強調した。
 ”我々はパニックに陥るべきではない。我が国民は、鶏や七面鳥、ガチョウを隠そうとしてはならない”。

 ジュネーブでWHOの報道官であるマリア・チャンさんは、”5歳と8歳の子供がH5N1鳥フル感染が確認された。これらの子供はすでに入院している”、と語った。
 彼女はこの2人は、先週死亡した3人の子供達と同じ地域に住んでいたと語った。
 WHOの医師団はアンカラに入っているが、霧のために現地に入ることが出来ないでいる。

 EU委員会は英国のウエブリッジの研究所でトルコのウイルスがH5N1株であることを確認したと発表した。
 ウイルスはすでに東アジアで74人を殺している。そして最近トルコで同じ家族の中の3人の子供達を殺した。犠牲者の何人かは切断した感染鶏の頭で遊んでいた、と医師は語った。
 専門家達はウイルスが変異して人人感染が起きてきている可能性を心配して調査の予定であるが、もし人人感染が起きるならば、世界で数百万人の死者と大きな経済的損害を被ると考えられている。
 最近のトルコにおける人の感染事例に関して、国連の鳥フル対策責任者のダビド・ナバロ博士はCNNテレビに、いまだ鳥から人に感染している状況で、人人感染が起きている証拠はない、と語っている。

 トルコ環境森林省は国内の全ての野鳥の狩猟を禁止し、狩猟者に野鳥との接触を避けるように警告した。
 トルコ政府の努力にも関わらず、住民からはもっと協力するように不満の声が上がっている。鶏は何日間も引き取りにこないと言う。何人かは殺処分のために鶏を運ぶためのトラック代金がないと言う。
 一方、シリア国境近くのSanliurfaからの4人家族が、病的鶏を食べた後、鳥フル疑いで入院中と当局は語った。
 また東部の町のArdahanの7人家族は、やはり鳥フルが疑われてイスタンブールの病院に昨夜運ばれている。
 その他の場所でも病院は(鳥フルを心配する人々で)受診患者で溢れかえっていて、医師達は適切な診察や治療をせずに、簡単な検査の後に患者達を家に帰している。
 いくつかの地域では家禽の売買が行われており、人々は鳥フルの発生すら疑っている。
 ”鳥フルの噂は、子羊の価格を意図的に引き上げるために流されているのだ”、と該当の鳥販売商人は語った。
・WHO confirms 4 human cases of birdflu in Turkey; first outside ... CBC News (カナダ) WHO、人の鳥フル感染4例を確認


AP通信
 WHOは7日、東トルコに住む4人の子供のH5N1鳥フル感染を正式に確認した。2人は先週死亡しており、他の2人は死亡した子供達と関連がなく、生存中である。
 一方、WHO当局は、感染した人のウイルスと家禽からのウイルスの遺伝子構造を比較し、子供達から分離されたウイルスが家禽の間で広がっているウイルスに極めて類似していて、変異を起こしていない可能性が示唆されていると、発表した。しかしながら、さらなる分析で、ウイルスが変異を起こして人人感染を起こしやすくなっている可能性を除外する必要があるとも語っている。
 ”全ての遺伝子を分析してはいない。しかしこれまで分析された、ヘマグルチニンとニューラミニダーゼに関しては、遺伝子の変異は起きていないようだから、それは朗報だ”、とジュネーブのWHO世界インフルエンザ対策担当の科学者であるマイケル・パーデュ(Michael Perdue)は説明している。
 ヘマグルティニンとニューラミニダーゼはウイルス表面の蛋白で、ウイルスが細胞への侵入や細胞間での広がりに関与している。
 
 WHO協力機関である英国の研究所が、トルコの研究所が先にH5ウイルスと発表したウイルスが、実際にH5N1株であることを確認した、とジュネーブのWHO報道官であるマリア・チャンさんが語った。
 これまで英国の研究所は、1日に死亡した10代少年と5日に死亡した15歳の姉、そして病院で治療中の5歳の少年についてH5N1感染を確認した。5歳の少年は死亡した姉弟と同じ村に住んでいたが姉弟ではない。
 さらに9歳少女がイスタンブールの研究所でH5N1鳥フル感染を確認されているが、英国の研究所ではまだ確認していない。しかしながらマリア・チャンさんは、WHOはイスタンブールでの検査結果を受け入れている、と語っている。
 先のDogubayazitからの姉弟である、6日死亡した11歳少女は鳥フルとはいまだ確認されていないが、7日発表のWHOのコメントでは、彼女も鳥フル感染であることは間違いないだろう、と言っている。初期の鼻汁での検査は陰性だった模様。
 同じ家族の4番目の6歳少年は入院中であるが、多分鳥フルに感染していると考えられている。検査は施行中である。
 もし姉弟例の残りの2名がH5N1鳥フル感染と確認されたなら、トルコでの感染者は死亡3人を含め6人となる。WHOでの集計によると2003年末のH5N1鳥フル流行以来、世界で146人の感染者と76人の死亡者となっている。感染者はタイ、ベトナム、カンボジア、インドネシア、中国、そしてトルコとなる。
 東トルコでは少なくとも34人がH5N1鳥フルと類似の症状で入院していて、そのほとんどが15歳以下の子供である、とアンカラに着いたWHOの報道官のクリスチアナ・サルビさんが語った。 WHOのマイケル・パーデュ氏は、このうち少なくとも12人が可能性例と考えられると語っている。
 WHOのマリア・チャンさんは、現時点では入院患者のうちどの程度が鳥フルと診断されるか分からないと説明している。
 ”これらの疑い例の何人かは広い監視ネットの結果見つかった(鳥フルとは関係ない)患者である可能性がある。我々はこれまで鳥フルが報告された国でそのような経験をしている”、とチャンさんは説明し、秋にメディアがインドネシアで多くの疑い例を報告したが、結果的にそれらは除外された例を指摘した。
 ”現時点で我々は正確なところは分からないが、迅速に結果を出す必要はある”。

 WHO、欧州CDC、およびEU委員会の専門家チームは、疑い例が入院しているVan州の州都であるVanに7日入る予定であったが、吹雪のためアンカラを離れることが出来ないでいでいる。WHOのクリスチアナ・サルビさんは出来れば8日早くに行動開始できたら、と語っている。

・約40人がウイルス感染か H5N2型の鳥インフル 徳島新聞  (日本)
 茨城県内の養鶏場関係者ら約40人が、H5N2型の高病原性鳥インフルエンザに過去に感染していた可能性が強まり、厚生労働省と国立感染症研究所が、体内にできた抗体などの詳細な検査を進めていることが7日分かった。 いずれも症状はなく、2次感染の恐れもない。同県内の養鶏場では、昨年6月から鶏への感染が相次いで判明したが、抗体検査の結果から関係者が感染した時期はそれより前の可能性があるという。 茨城県内で流行したH5N2型は、アジアを中心に人への感染が広がり新型インフルエンザへの変異が懸念されるH5N1型より、毒性は弱い。しかし感染が確認されれば、鳥から人への感染報告がほとんどないH5N2型が、人へも予想以上に広がることを示す結果で、対策が課題となる。
1月7日


・Turkey birdflu confirmed as H5N1 CNN International (国際) トルコの鳥フル、致死的H5N1と確認
 EU委員会はトルコで拡大している鳥フルウイルスがアジアで流行している致死的H5N1株と同じであることを正式に発表した。EUの研究機関で確認された。
・Turkish family who ate sick chicken checked for flu Reuters (国際) トルコ:病的鶏を食べた一家が鳥フル発症疑いで検査中
 東トルコで3姉弟姉妹が鳥フルで死亡しが、さらに別な一家が病的鶏を食べた後に発病(症状の詳細は不明)。当局が発表した。
 シリアとの国境沿いのトルコ東南部のSanliurfa市の、家禽貿易業者と妻、2人の子供が、病的鶏を処分して食べた後、体調がおかしくなり、6日近くの病院へ収容された。
 Harran 大学病院では、現時点では鳥フルかどうかは分からないが、隔離して治療している、と語った。
・Hospital Staff Works 7/24 for BirdFlu Cases Zaman Online (トルコ)  Van病院のスタッフ懸命の治療中
 Van Yuzuncuyil研究病院の主任医師であるHuseyin Avni Sahin助教授の談話。
 24人のスタッフからなる専門家チームが鳥フル疑い患者の治療にあたっている。医師達は多大なる犠牲を払って努力している。患者は日中いつでも入院出来る体制である。3人の子供達が死亡してスタッフ達は落胆している。
 12月31日以来、51人が鳥フル疑いで病院を受診し、そのうち18人が入院した。18人のうち3人が鳥フルで死亡し、残りの15人がいまだ治療中である。他の患者は外来で診ているが、鳥フルとは診断されていない。
・BirdFlu Spreads to Western Turkey Despite Measures Zaman Online (トルコ) 鳥フル対策にも関わらず西トルコへ広がる
 首都近くの野鳥保護区で2羽の鴨が死亡し、検査で鳥フルと確認された。
・Birdflu suspected in 3rd child's death Washington Times (米国) 三番目の子供が鳥フル疑いで死亡
 特に新しい内容は無し。
・Tracking a Killer Hamilton Spectator  (カナダ) 殺人ウイルスの追跡と捕獲
 WHOとヨーロッパCDC、およびEU委員会の専門家達は7日に、東トルコのVanの町に入る。Vanの病院に鳥フル感染が疑われている多数の人々が入院している。
AP通信

Marifet Kocyigit weeps over the grave of her son Mehmet Ali, before her daughter Hulya is buried.

 1月1日に死亡した14歳少年Mehmet Aliの墓の前で泣き崩れる母。
 主治医によるとタミフル不足から少年の治療が2日遅れたようだ。

・Third child dies but initial birdflu test is negative; another ... CBC News (米国) トルコ:死亡した第3の子供は検査で鳥フル陰性;他に陽性の子供も存在
 WHOとヨーロッパCDC、およびEU委員会の専門家達は7日に、東トルコのVanの町に入る。Vanの病院に鳥フル感染が疑われている多数の人々が入院している。
 正確な状況は3人の確定例(3人とも死亡)、19人の疑い例、そして数百人の感染を心配している人々がいる。
 死亡した3人はKocyigit家の子供達で家禽との濃厚接触の既往がある。2人はH5亜型と確認され、WHOではH5N1株と確信している。4人目の子供は入院中である。
 もう一人のKocyigit家とは無関係の同じDogubayazitの村の5歳の少年もH5亜型株の感染が確かめられている。同村はVanの北方170キロに位置している。
 もっとも最近死亡したKocyigit家の子供である11歳少女は6日に死亡しているが、検査では鳥フルが陰性であった。しかしWHOでは鼻汁サンプルの検査の失敗と考えている。WHOの報道官であるチャンさんは、状況から考えると、誰でもH5N1感染による死亡と考えるはずだ、と語った。
 他の19人の疑い例に関する情報は少ないが、WHO関係者の一人は数人が重体であると語っている。19人は Dogubayazit またはVan在住である。
・Glaxo in pandemic flu vaccine move Virgin.net (英国) グラクソ社、”新型”インフルエンザワクチンの製造を計画
・Turkish Birdflu To Be Controlled CRI  (中国) トルコの鳥フル:家禽の殺処分急ぐ
 
3人の子供達が鳥フルで死亡したことが確認された町周辺の家禽の殺処分が急がれている。7日までには終了したいと当局者は語った。
 6日には、WHOとFAOの専門家がトルコに到着して、状況の確認と対策の指導が始まる予定となっている。
・Deaths Grow in Turkey from Suspected Human BirdFlu
 US Dept of State (press release), (米国) 人の鳥フル感染死者が増加:トルコ
 トルコ政府は鳥フルで3人目の子供の死が確認されたと発表した。高病原性鳥フルはほんの数ヶ月前にアジアからヨーロッパへ広がったばかりだ。
 死亡した3人の子供達は姉弟姉妹でトルコの田舎に在住していた。子供達の死で、トルコは世界で6番目の人におけるH5N1鳥フル発生国となった。(最終的確認は英国のWHO協力研究機関での確認が必要となっている)。
 3人の子供達が死亡したDogubayazit地域では20人以上の人々が鳥フル様症状で治療を受けていると報告されている。
 H5N1鳥フルは、これまで世界で144人の人の感染と76人の死亡が公式に確認されている。
1月6日


・Third Turkish child dead from birdflu, more ill Reuters.uk  (英国) トルコ、鳥フルによる第三の小児死者発生、さらに多数の疑い患者も入院中
 ……
 Van病院では23人が鳥フル疑いで治療中。
 ……
・Town panics over birdflu Advertiser Adelaide (オーストラリア) 鳥フルで町がパニックに
 3人の姉弟姉妹が死亡したトルコ東部Dogubeyazitの町の病院に、多くの市民が鳥フル感染を心配して訪れ検査を受けている。朽ちかけてように見える病院の廊下に長い市民の列が出来ている。
・Indonesian tests show man died of bird flu, bringing death toll to ...
  Forbes (国際) インドネシアで男性が鳥フルで死亡、インドネシアで12人目の死者に
・Bulgarian Crisis Headquarters Gathers after Turkey BirdFlu Deaths Sofia News Agency (ブルガリア) トルコの鳥フル死者増加に対し、ブルガリア危機対策本部が招集
 ブルガリアの農業大臣は、隣国トルコでの鳥フルによる3人の死者発生から、国の危機対策本部を招集した。ブルガリア国内での感染拡大対策について確認したものと思われる。
・BirdFlu Kills Third Child in Turkey; WHO and EU Send Experts Bloomberg (国際) トルコ、鳥フルで3人目の死者;WHOとEUは専門家を派遣
 …
 トルコのNTVによると Van 大学病院には15人の患者が鳥フル疑いで入院していると言う。ほとんどの患者は小児でDogubayazitの町周辺に住んでいる。…
・No need for hysteria - but now is the time for real action Irish Independent (アイルランド) ヒステリックになる必要はないが、実効性ある行動を起こすときである
・Third child dies from birdflu U.TV (英国) トルコ、3人目の子供が鳥フルで死亡
 11歳少女が鳥フル疑いで死亡した。先に15歳の姉と14歳の兄が死亡している。
 同じ町の25人近くの住民が鳥フル様症状を呈して治療中と言われる。
・A third child from same family dies of deadly avian flu strain in ... CJAD (カナダ) トルコ、3人目の兄妹が死亡
 11歳少女が鳥フル疑いで死亡した。先に彼女の兄と姉が鳥フルで死亡している。
 4人目の兄弟である少年はレスピレーターが外れて、状態は回復しつつあると言う。
 Van州の病院では他に3人の重体の患者が入院しているとAP通信は報じている。
・トルコ、3人目の子供が鳥インフルエンザで死亡 ロイター (国際−−>日本語)
 トルコの国営アナトリア通信は、同国東部の病院で治療を受けていた子供が鳥インフルエンザのため死亡したことを明らかにした。この家庭では、すでに2人の兄と姉が鳥インフルエンザで死亡している。死亡したのは11歳の少女で、先週末には14歳の兄が、5日には15歳の姉が相次いで死亡した。この家族はアルメニア国境付近の辺境部の住民。現在、この家族の6歳の男の子も、鳥インフルエンザで治療を受けている。
・鳥インフルエンザ トルコで死者2人 欧州へ本格上陸の懸念 産経新聞 (日本)
 アンカラ発のロイター通信によると、トルコ保健省などは五日までに、同国東部ドグバヤジトに住む姉(15)と弟(14)の二人が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。二人のうち、少なくとも弟は毒性の強いウイルスH5N1型に感染していたという。鳥インフルエンザの人への感染はこれまで東南アジアと中国で確認されているだけだったが、トルコでの感染が報告されたことで、欧州への本格上陸が懸念されている。
 同国保健省などによれば、二人は鳥インフルエンザに感染した家禽(かきん)類を小さな農場で家族とともに育てていた。弟は発熱やのどからの出血の末、今月一日に死亡し、姉も五日に死亡した。
 二人のうち、弟から採取された検体は世界保健機関(WHO)と英国の研究所に送られ、H5N1型かどうか最終確認が行われている。WHO当局者はロイター通信に対し、「H5N1型に感染したのはほぼ間違いない」と話している。姉の検体についても近く、確認が行われる見通しだ。
 この村ではすでに、七百五十匹の家禽類が処分されたほか、村自体も完全隔離された。周辺地域では、計十三人に同様の症状が出ており、検査が進められている。
 トルコでは十月中旬、家禽類への感染が確認され、欧州連合(EU)は同国からの家禽類の輸入を一時、制限していた。また、欧州内外ではトルコ以外に、ルーマニアやロシア、クロアチアでも鳥への感染が確認されており、フランスやスイスは先月まで野鳥が飛来する地区での家禽類の放し飼いを禁止していた。
 EUは先月下旬、農相理事会を開き、鳥インフルエンザの感染防止策を強化することで合意。毒性の弱いウイルスが突然変異するのを防ぐため、低病原性ウイルスへの監視を強化するとともに、各国が予防接種などの措置を柔軟に行えるようにした。トルコで今回、人への感染が報告されたことで、EUはさらなる対策を取る必要に迫られそうだ。
・Chicken industry plans to test every flock for birdflu Billings Gazette (米国) 米国、鶏工場で全ての出荷鶏の鳥フル検査
 米国養鶏業界は屠殺の前に全ての出荷鶏集団の鳥フル検査を行う計画と発表した。
 Chicken companies intend to test every chicken flock in the United States for bird flu before slaughter, an industry group said Thursday.  The National Chicken Council said companies that make up more than 90 percent of the nation's production have signed up for testing and that more are expected to follow.
・Nine in hospital with suspected birdflu Advertiser Adelaide (オーストラリア) トルコで9人が鳥フル疑いで入院
 トルコの医療責任者が、少なくとも9人が鳥フル疑いで東部の Van市の病院に入院中と発表した。
 ”Kocyigit家の4人の子供達が12月31日に入院し、それから他の7人が加わり合計11人となった”、とVan州立病院の主任医師が語った。Kocyigit家の14歳の少年が1日、そして15歳の姉が昨日死亡し、現在治療中の患者は9人となっている。
・WHO confirms Turkish teens died of birdflu, first cases outside ... CBC News (カナダ) WHO、トルコの死亡例を鳥フルと確認
 死んだ鶏と遊んでいて死亡したと言われる、トルコの子供達の事例をWHOは鳥フル感染によると語った。
 14歳少年が1日、15歳の姉が5日死亡、もう一人の姉妹が重体で治療中である。3人とも死亡した家禽と濃厚接触しており、住んでいる東部トルコでは多くの家庭が住居周囲で家禽を飼育している。
 少なくともこの家族の他の兄弟を含む8人の子供達が鳥フル疑いとして経過観察中であると、WHOのマリア・チャンさんが説明している。彼等を治療している医師の一人は、子供達は死亡した鶏と遊んでいた故、鳥フルに感染したと考えられる、と語っている。
 死亡した子供の検体はロンドンのWHO関連研究所に分析のために送られている。しかしチャンさんは子供達の死が鳥フルによるものであることは間違いはないと語っている。トルコの国立インフルエンザセンターは、英国の関連研究所とも密な関係を持っていて、信頼出来る検査を行っている。彼等は自分達の検査結果に自信をもっている。チャンさんはそのように説明している。

 チャンさんによると、今回の鳥フル発生者のクラスター(集団)は大きく、人人感染の可能性は否定できないとWHOは考えていると語った。同一の感染源に全員が触れたか、人人感染によるものか、現在は結論は出せない。そのように彼女は付け加えた。
1月5日
 

・Ukraine suspects new birdflu outbreak in Crimea Reuters.uk (英国) ウクライナ、クリミア半島で新規鳥フル発生の疑い
・Calm urged after Turkish birdflu deaths Telegraph.co.uk (英国) トルコの鳥フル感染死亡事例:パニックになる必要はないと、英国の専門家
 一般細菌学会会長のペニングトン教授は、トルコでの鳥フル感染死亡事例は、あくまでも鳥からの感染事例であり、人人感染が起きているのではないから、過度の心配はいらないと語った。
・WHO team to help probe Turkey birdflu deaths Reuters.uk, (英国) WHO、専門家チームをトルコに派遣
 トルコ政府の依頼があり、WHOは疫学専門家を含む専門家チームをトルコに5日派遣した。
・Six more birdflu cases suspected Melbourne Herald Sun, (オーストラリア) トルコ、さらに鳥フル疑い例が6人
 東トルコの Igdir省で、6人の患者が鳥フル疑いで病院へ運ばれたとNTV商業テレビジョンが報道した。 Igdir省はアルメニアとの国境沿いにあり、2姉弟が鳥フルで死亡したAgri 省のすぐ北側にある。死亡した2姉弟が在住していたAgri 省からの7人はVan病院で、鳥フルを疑われて治療中である。
・トルコで2人目の死者/鳥インフルエンザ 四国新聞  (日本)
 【カイロ5日共同】ロイター通信などによると、トルコ東部ワン県の病院で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したとみられるきょうだいの少女(15)が5日死亡した。弟(14)も1日に死亡しており、感染によるとみられる同国内の死者は計2人となった。 妹(11)も感染が疑われ重症という。きょうだいは農場で家禽(かきん)の飼育を手伝っていた。病院では、ほかに約10人が同様の症状を示して治療を受けているといい、感染が広がっている可能性がある。
・Second birdflu death reported in Turkey Bangkok Post (タイ) トルコで第2の死者が報告
 CNNトルコによるとトルコで2例目の鳥フル死者が出た。
 トルコ東部のDogubeyazit地区在住の14歳少年が鳥フルで1日死亡したが、彼の姉で重体だった15歳少女が今朝死亡した。検査で鳥フルが確認されている(H5N1か否か不明)。
 兄弟姉妹4人はVan大学病院で治療を受けていた。
 保健省によると3番目の兄弟も鳥フルの疑いがもたれていると言う。
 保健省によると家族は鳥フルに感染した鶏と一緒に生活していて、それらを食べた既往があると言う。
 家族以外の5人がやはり鳥フル疑いでVan大学病院で検査、治療を受けていると言う。
・Second child dies from birdflu Australian (オーストラリア) トルコで鳥フル2人目の死者
 東トルコで、同一家族で2人目の鳥フル死亡者が出たことを地方当局が発表した。
 15歳少女は今朝死亡し、彼女の弟はすでに死亡しており鳥フルが確認されている。
 Van州当局者によると、他にさらに重体な患者と、それほど重体ではない患者がいると言う。
・Turkey confirms teenager died in bird flu outbreak The Independent  (英国) トルコ、10代少年の鳥フル感染死亡を確認−他にも複数の感染者の可能性
 トルコ保健省は10代の少年が鳥フル感染で死亡し、彼の姉も重体であることを発表した。もう一人の妹も鳥フル感染の疑いが濃厚とされている。 死亡した10代の少年の兄弟姉妹4人の他、近隣に住む8人が重症肺炎でVan 大学病院に入院し、治療または検査を受けている。
 大学病院の医師によると死亡した少年の治療開始はタミフル不足から、少なくとも2日間は遅れたと言う。
 保健省では国家的行動計画は作成されていると言うが、大学病院の医師によると十分な対策はなされていないと言う。

 訳者注:子供達は病気に罹患した鶏を食べた後に発症したと言われるが、一緒に食べた両親には異常はないと伝えられている。
・Turkey flu cases not a worry yet: expert Seven.com.au, (オーストラリア) 国連:トルコの人鳥フル発生はそんなに心配する事態ではない

 トルコで2人の子供が鳥フルを発病し、1人が死亡した事例は憂慮すべきと思われるが、パニックを引き起こすほどの事態ではない。国連の当局者が語った。
 トルコ保健省は2人で鳥フルの診断がつき、うち14歳の少年が1日に死亡したと発表した。医師団は死亡した少年の姉も重体であると伝えている。
 検査ではH5N1ウイルスであるかどうかまで確認されていないが、WHOの高官は少年は多分H5N1ウイルスで死亡したのだろう、と語った。
 ”これは憂慮すべき事態ではあるが、我々は鶏や他の家禽の間で鳥フルが発生している環境下では、突発的に人の感染事例が生じることは予想している”、と電話取材で国連の鳥フル対策委員長であるナバロ博士が語った。
 ”これはパンデミックの始まりではない。パンデミックの始まりとは、人人感染が確認され、それが継続しだした時である”、と同博士は語った。
 もしH5N1感染が確認されると、東アジア外で初の事例となる。
 2人の検査にどの検査法が用いられたか、感染ウイルスがアジアで142人感染し、74人が死亡しているH5N1ウイルスなのかどうかは不明である。
 ”確認がとれるまで待つしかない”、とナバロ博士は言っている。



・Roche boosts Tamiflu shipments to states TheNewsTribune.com  (米国) ロッシュ社、米国へのタミフル出荷量を増加へ
・スイスのロシュ、米市場向け「タミフル」販売を強化 朝日新聞  (日本)
 
・Turkish boy dies of H5N1 birdflu Sydney Morning Herald, (オーストラリア) トルコの少年H5N1鳥フルで死亡
 トルコ政府は4日、2名で鳥フル感染が確認されたと発表した−東南アジアと中国外で初の事例となる−そして医師はその一人である14歳少年が致死的H5N1ウイルスで死亡したと語った。
 もし公的に少年の死がH5N1ウイルスによるものと確認されるなら、この殺人的インフルエンザの劇的西方への移動となる。
 ”少年はH5N1ウイルスで死亡した”、とVan 病院の主任医師がテレビ記者会見で語った。
 少年の姉も同じようにH5N1ウイルス感染が確かめられているが、重体と発表された。
・Turkey Reports Two Human Cases of BirdFlu Washington Post (米国) トルコ、鳥フル感染人2事例を報告
 肺炎様症状で死亡した14歳少年が鳥フル検査で陽性であったことが、4日トルコ保健大臣により発表された。
 重体となって入院している少年の姉も同様に陽性であったと発表された。
 大臣の発表ではH5N1株であるかどうかについては言及されなかったが、患者の検体がヨーロッパの研究所に送られて分析中と説明された。
・Turkish boy is the first birdflu victim to die outside East Asia Times Online (英国) トルコ:東アジア外で初の鳥フル犠牲者
 先に死亡した14歳少年と姉が鳥フルに感染していたことが確認された。保健省大臣が発表。
・Turkish confirms human birdflu cases Sydney Morning Herald (オーストラリア) トルコ、人の鳥フル感染事例を確認
 トルコ保健省大臣は、死亡した少年と姉が鳥フルに感染していたことを確認したと発表した。
 少年は肺炎様症状を呈し死亡したが、姉M重体であると言う。
 3人目の兄弟も鳥フルの可能性が強いと大臣は語った。
 死亡した14歳のMehmet Ali Kocyigitは高熱と咳、および咽頭出血で先週入院して1日に死亡した。子供達はDogubeyazit町の小さな農家で、家禽飼育の手伝いをしていて、病的になった家禽と濃厚接触していたという。
 Dogubeyazit町から約60キロ離れたAralik町で、先週H5亜型(H5N1かどうかは未分析)ウイルスが何羽かの鶏から検出されていると、トルコ保健省は発表している。
・Turkish boy diagnosed with birdflu dies Reuters  (国際) トルコの死亡少年、鳥フル感染が確認
 トルコ保健省は先に死亡した少年を含めて2人の鳥フル感染を確認したと発表した。東南アジアと中国外での感染者は初である。
 トルコは渡り鳥の飛来ルートに含まれていて、渡り鳥が鳥フルウイルスを運ぶと考えられ、過去3カ月間、二カ所で家禽の間で鳥フルが発生していた。
 ヨーロッパの獣医専門家達は警戒しており、10月にトルコとルーマニアで鳥フルが発生して以来、鳥の殺処分や他の感染拡大対策を行ってきている。
1月4日

・Sydney scare 'not birdflu' Australian (オーストラリア) シドニーの鳥フル脅威、否定される
 保健当局は検査の結果、患者が鳥フルに感染していないことが確認されたと発表。
・鳥インフルが主要議題に 7月のG8サミット 徳島新聞 (日本)
 今年7月にロシアで開かれる主要国(G8)首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で、鳥インフルエンザ拡大防止を主要議題として取り上げることが、4日までの参加各国の調整で固まった。日本政府筋が明らかにした。
・鳥インフルエンザの偽薬 朝日新聞  (日本)
 
・Bird-flu test in Sydney hospital NEWS.com.au (オーストラリア) シドニーの病院で緊急入院男性に鳥フル検査
 東南アジアからシドニー空港に到着した男性が病院に運ばれ、鳥フルの検査を受けている。病院側では明確な情報を公開していない。
 ABCラジオによると男性は台北からの飛行の間に虚脱状態に陥ったと言う。
・Hospital refuses to confirm birdflu Australian Financial Review (オーストラリア) 鳥フル疑いであることを病院は発表せず
 東南アジアから到着した男性がシドニーの病院へ隔離されて鳥フルの検査を受けている。
 しかし当該病院のプリンス・ウエールズ病院では鳥フル疑い患者であることの発表を拒否している。
 病院のスポークスマンは、現時点では診断はついていないと語っている。
 男性は4日、シドニー空港に到着して午後1時から1時半の間に入院した。
・China Reports New Bird-Flu Outbreak in Sichuan (Update1) Bloomberg (国際) 中国、南西部の省で新規鳥フル発生を報告
 中国は南西部の四川省で家禽の間で鳥フルが発生したと、昨夜農業省のホームページで発表した。
 12月22日前後に大竹県で約1800羽の家禽が死亡した。致死的H5N1ウイルス感染が中国鳥インフルエンザ研究所で確認された模様。
 発生地域から半径3キロ以内の12900羽の家禽が12月27日に殺処分されている。
 中国では全家禽142億羽に対してワクチンを投与中である。新規鳥フル発生の予防のためとしている。
・Eastern Turkey slaughters more poultry to prevent birdflu... TODAYonline (シンガポール) 東トルコで鳥フル拡大対策のためさらなる家禽の殺処分
 東トルコのSutevleri地域で家禽が鳥フル疑いで死亡したことから、鶏、七面鳥、ガチョウが予防的処置として殺処分された。ウイルス検査は施行中。


・中国四川省で感染確認 鳥インフルエンザ 徳島新聞 (日本)
 【北京3日共同】中国農業省は3日、四川省大竹県で新たに高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の家禽(かきん)への感染を確認したことを明らかにした。同省で家禽への感染が確認されたのは初めて。 農業省によると、昨年12月22日、同県の農家で飼われていた家禽1800羽が死んでいるのが見つかり、3日に感染を確認した。四川省の関係当局は感染拡大防止のため、周囲の家禽約1万2900羽を処分したとしている。
1月3日

・Hospitals prepare for avian flu outbreak Baltimore Business Journal (米国) メリーランド病院、鳥フル対策を強化
 メリーランド病院は鳥フルが米国に侵入した場合に備えて、対策を強化するとともに必要な装備品を購入している。
 同病院は今後数ヶ月以内に700万ドルの対策費を国から受け取る予定となっている。メリーランド病院協会の副理事長が語った。
 予算の一部はマスク、顔面防護ゴーグル、予防衣、滅菌手袋、抗生物質などの購入に当てられる。
 副理事長によると今のうちに揃えるのが良く、実際流行が始まってしまうと品物が不足する可能性が高い。
 しかしながらこのような対策の多くは、「9−11テロリスト攻撃」以来多くの病院が備えてきた内容に類似している。
 バイオテロや炭疽菌攻撃に対する備えは鳥フル対策と多くを共有している。病院当局者はそのように説明する。
・BirdFlu Symptoms in Turkey Focus News (ブルガリア) トルコで鳥フルパニック
 14歳少年が鳥フル様症状で死亡した後、トルコで鳥フル流行を懸念する噂が流れパニックを引き起こしている。
 少年は他の3人の兄弟姉妹と共に入院した。子供達はイラン国境沿いのドグバイアスト(Dogubaiasit)町在住で、2週間前に鳥フルを発症したと思われる鶏を食べた後、鳥フル様症状を呈して入院した。しかしながらトルコ政府は(子供達が鳥フルに罹患したという)噂を否定し、検査で陰性であったと発表した。
 これまでトルコ内で2カ所で鳥フル発生が報告され、2例目はドグバイアストから100キロ足らずの地域で発生している。検査ではH5亜型と確認されているが、致死的H5N1ウイルスかどうかは未定である。

・DISEASE CONTROL CHIEF SAYS TAMIFLU RESISTANCE IS POSSIBLE WHEN THE ... ThaisNews (タイ) イ疾病管理局長官、タミフルの不適切使用で耐性が発生する可能性と
 長官は、中国やベトナムでタミフル耐性ウイルスが報告されているにも関わらず、WHOは鳥フルやインフルエンザの治療の第一選択薬としてタミフルを位置づけている、と語った。長官によると、適切な使用をしないならば、どんな薬に対しても病原体は耐性となりえると説明する。WHOはタミフルの適切な使用を強調している。
 タイでは地方のハーブの鳥フルとインフルエンザに対する治療効果の臨床試験の第2相と第3相が行われている。
・鳥インフルエンザ疑いの死亡少年、検査で陰性と トルコ CNN (日本)
 トルコ保健省は2日、鳥インフルエンザ感染の疑いで今月1日に死亡した14歳の少年について、検査の結果、鳥インフルエンザ及びインフルエンザには感染していなかったと発表した。死亡した少年は、6〜15歳までの兄弟姉妹3人とともに、高熱や咳、吐血などの症状が出たたため、12月31日に入院。手当てを受けていたが、脳機能が停止して死亡した。少年らの家族は、トルコ東部のアルメニアとイランの国境に近いアラルク近郊の出身で、兄弟そろって農場で家禽(かきん)類の世話をしていた。報告によると、世話をしていたニワトリに鳥インフルエンザ症状が出ており、子ども達はこのニワトリを食べた後、体調を崩したという。
 少年のほか、残る3人も検査結果は陰性だった。少年の死因ならびに3人に出ている症状の原因については調査中。
 一方、4人が入院した病院には、別の5歳幼児と35歳女性が1日、鳥インフルエンザ感染の疑いで運び込まれた。この2人についての検査結果は、まだ明らかになっていない。
・Another Indonesian dies of suspected bird flu TODAYonline (シンガポール) インドネシアで鳥フル疑いで男性が死亡

 39歳男性がインドネシアの鳥フル治療センターであるジャカルタ市内のスリアンチ・サロソ病院で、鳥フル疑いで治療を受けていたが1日後に死亡した。
 検査は施行中である。もし確認されたらインドネシアで12番目の死者となる。
 ”患者は鳥フルが疑われている。彼は死んだ鶏との接触歴を持っている”、と病院のスポークスマンは言っている。
 患者は1日、ジャカルタ市南部の国際病院からサロソ病院へ移送された。彼はジャカルタ南西部のタンジェラング市(Tangerang)に住んでいたが、そこでは家禽の間で鳥フルが発生していた。
 一方、保健省幹部は、先週死亡し、鳥フル疑いがもたれていた48歳男性は検査の結果陰性であったと発表した。

・Malta-registered website selling bogus Tamiflu Malta Today (マルタ) マルタに登録のウエブサイトで、タミフルの偽薬がインターネット販売
 
 英国保健医薬品監視局(The UK’s medicines and healthcare products authority:MHRA)は”MaltaToday”に、偽のタミフルを発売しているマルタ登録のウエブサイトを、マルタの当局と調査中であると語った。
 MHRAは該当ウエブサイトの詳細については明かさなかった。当局は先進的方法を用いて、インターネット上で違法なタミフルを販売しているウエブサイトを確認したようだ。
 他に17サイトが確認されているが、それは米国、カナダ、英国、スイス、バーレーン、キプロス、シンガポールなどに登録されている。
 一方、マルタ保健省はメディアを通して調査取り締まりの情報を得ているだけで、何ら通知を受けていないと語っている。
 マルタ保健省は、インターネットを通じて購入した医薬品は、国内の医療とは無関係である、と語り、インターネットを介して購入した医薬品は偽物の可能性が絶えずあり、タミフルの場合は製造会社と正規の契約をした会社のみが販売できる、と説明している。
 処方箋医薬品なので、タミフルの宣伝はマルタでは違法行為である。抗ウイルス薬は医師により処方され、法に従って配布されなければならない。マルタの薬局はタミフルを購入した全ての人々のリストを、行政当局に提供する必要がある。

 MHRAの調査は、鳥フルのパンデミックの可能性に対する恐れと、タミフルの世界的不足が、偽のタミフルのインターネット発売を急増させている可能性があることが端緒となった。
 11月、ヨーロッパ医薬品監視局(European Medicines Enforcement Officers )が、インターネット上の多数のウエブサイトでタミフルを販売していると報告した。タミフルはヨーロッパでは、各国保健当局の提供する合法的経路以外では入手できない。
 ほんの2週間前、米国税関当局は、インターネットを介して注文された偽のタミフル50箱をサンフランシスコ国際空港で押収した。FDAによる分析結果ではタミフルの成分は含まれていなかった。
 当局が疑いを持った理由は、タミフルはスイスのロッシュ社だけが製造しており、合法的ジェネリック薬(類似薬)の製造、販売はされていないからである。
 

・Turkey rules out birdflu in boy's death after new outbreak TODAYonline (シンガポール) トルコ、少年の死因から鳥フルを除外
 トルコ保健省は、先に鳥フル疑いで死亡した少年と、その兄弟姉妹4人から鳥フルウイルスは検出されなく、H5N1鳥フル感染は除外されたと発表した。検査は子供達が入院しているVAN市の病院で行われた模様。
1月2日

・Turkish boy's death not birdflu BBC News (英国) トルコの死亡少年からウイルスは検出されずと
 週末に死亡した14歳のトルコの少年は鳥フルによるものではなかったと、トルコ保健省は発表した。
 少年は当初、アジアで70人以上が死亡しているH5N1鳥フルによる疑いがもたれていた。
 彼の他の3人の兄妹も検査の結果鳥フルは否定されたが、残りの2人については不明。
 死亡した少年の死の原因はいまだ不明となっている。

 死亡した少年は31日に、彼の弟と2人の姉妹とともに、高熱と咳、咽頭出血のために入院した。
 子供達は家禽農家に住んでいるが、そこで最近何羽かの鶏が病気になった。報告によると病気になった鶏を食べた後、子供達は発病したと言う。
 長女はいまだ重体と言われる。
 他の2人、5歳と35歳の患者は1日に入院したと報道発表されている。
・BIRDFLU FEARED IN TURK DEATH Special Broadcasting Service (オーストラリア)
 東トルコで10代の少年がが鳥フル症状を呈して死亡した。もし鳥フルが確認されたならヨーロッパで初の死亡者となる。
 報道は死亡者を14歳のMuhammet Ali Kocyigitと名前を明らかにした。
 彼は4人兄弟(11〜15歳)の1人で、兄弟はイランとの国境近くの Dogubeyazit町に住み、鶏を食べた後に症状を呈して病院に運ばれた。
 医師団は鳥フルの可能性もあるが、従来型のインフルエンザの合併症による可能性もあると語っている。検体は首都アンカラに運ばれ分析されている。
 医師の1人の話では、2週前、鶏が致死的病気の兆候を示して死亡したと言う。
 これまでトルコでは2カ所で鳥フル発生が確認されており、最新の例では先週 Aralikという小さな町で発生している。そこは Dogubeyazit町から100キロほど離れている。
 もし4人の兄弟でH5N1ウイルス感染が確かめられたら、東アジア外で初めての人の感染事例となる。
・Birdflu suspect dies in Turkey CNN International  (国際) トルコで鳥フル疑いの少年死亡
 トルコで鳥フル疑いで検査を受けている6人の中の14歳少年が1日死亡した。そして妹も重症であると、医師団が語った。
・Child tested for birdflu dies in Turkey Brocktown News (米国) トルコで鳥フル疑いで検査中の子供が死亡
 トルコの病院で、鳥フル疑いで検査中の子供が1日死亡した。しかし医師はアジアで70人以上が死亡している鳥フルにより死亡したという証拠は今のところ無いと語っている。
 東トルコの同じ地域で他に5人(4人は小児)が抗生物質無効の肺炎症状で Van病院に入院している。
 ”14歳のMehmet Ali Kocyigitは全ての努力にもかかわらず死亡した”、とVan病院の医師団の責任者であるHuseyin Avni Sahinが語った。少年の死因はいまだ不明と付け加えた。
 同氏によると首都アンカラから専門家チームが2日に到着すると言う。
 トルコは渡り鳥の飛行ルートになっていて、この3カ月間に2地域で家禽の間でH5N1ウイルスによる鳥フルが発生している。最近の事例は東トルコの Igdir省で発生している。
 ヨーロッパの獣医専門家は警告を発し、10月以来トルコとルーマニアで各種の対策を講じているが、トルコと他のヨーロッパ地域での人の感染例は報告されていない。
 Igdir省ではウイルスはH5亜型としか同定されていないが、アジアで拡大しているH5N1ウイルスと同じかどうかは、検体を送ったWHOとEUで検査中である。
 死亡した少年を入れて6人は、農業と家畜飼育を営む田舎地帯であるDogubayazit地域に住んでいた。
 Anatolia州ニュースによると、地域当局はDogubayazit地域からの家禽の輸送を全て禁止するとともに、予防的措置として家禽の殺処分が開始されると言う。
 Sunday‘s Zaman 紙によると、やはり東部のErzurum 省で15羽の鶏の原因不明死が見つかり、700羽の家禽の殺処分が行われたと言う。
 10月にトルコ北西部で鳥フルが発生し、1万羽以上の家禽が殺処分された。ウイルスはH5N1と同定され、その際数人の人々が短期間入院した。
 農業省は12月初めには当該地域で鳥フルは撲滅されたと発表したが、専門家は同国が渡り鳥の飛来ルートになっていることからら、鳥フル発生の危険性は残っていると警告していた。
 トルコ政府は Igdir省での鳥フル発生は、コ−カサスからの渡り鳥によってウイルスが運ばれてきたものと考えていようだ。
・CDC: US Not Ready For BirdFlu WCCO (米国) CDC:米国は鳥フルに対して十分準備していない

 米国は鳥フル対策を強化しつつある。流行が起きたとき、学校の閉鎖や発病した家族の隔離など。12月31日、保健当局のトップ達が談話を発表した。

 しかし彼等はワクチンに関して供給体制が不適当なままであると語った。

 ”我々が予定している対策には、患者と、多分家族の隔離が含まれる”、とCDC長官のジュリー・ガーバーディングがCBSに語った。
 しかし彼女は、”隔離という言葉には多くの悪い意味が含まれている…、でも我々の誰も国全体の完全な隔離とか、地域全体の隔離を考えてはいないと思う”、と付け加えた。
 それは早急に生じる脅威か?米国に拡大するのは単に時間の問題なのか? CBSのレポーターが質問すると、
 ”あなたも知っているとおり、それに答えることが出来たなら苦労はないのだけど”、と長官は答えた。
 ”我々はアジアと東ヨーロッパで拡大しているH5N1ウイルスに多大の関心を持っている。ウイルスが人から人へ感染するように変化するかどうかについて、我々は分からない。しかし、今、それに備える必要がある”。
 ”現在は、多分、1917年よりはパンデミックに近づいてはいないと思われる(スペイン風邪流行1年前)。ウイルスがどこかで増殖している(拡大している)不吉な兆候が見えるならば、我々は深刻に事態を受け止め、米国への拡大を防ぐための未解決の問題に着手する必要がある”。
 鳥フルウイルスのH5N1株は2年前に出現してからアジアで70人以上の人を死亡させた。その事実はスーパーインフルエンザとして世界中の関心を呼び起こしている。しかし実際には死亡者のほとんどは鳥との濃厚接触で感染している(いまだ人から人への感染は起きていない)。
 いまだ危険性は低いと強調する一方で、専門家達はウイルスが変異して容易に人人感染を生じるようになったなら、世界的大流行につながるだろうと警告している。
 保健省長官のマイク・レービットは、CNNの "Late Edition,"に登場して、いつかは(パンデミックを起こす)何らかのウイルスが米国に入ってくると思われるが、その時を予知するのは難しいと語った。
 ブッシュ大統領は先週、鳥フル対策費38億ドルの議案に署名した。インフルエンザ薬製造企業に対する債務保護の費用も含まれる。レービット長官は、今後1年間のインフルエンザ対策における基金として、非常に効果的予算てあると賞賛している。
 ”それは間もなく米国に出現する。我々は十分備えなければならない”、とレービット長官は言う。そしてワクチン製造が重要で、その問題を早急に解決することにより、鳥フルのパンデミックに対して重要な武器を手に入れることが出来る、と語っている。

・Birdflu fears as child dies Scotsman (英国) トルコ、人での鳥フル発生の恐れ:疑いで子供が死亡
 鳥フルが疑われて検査を受けている5人の子供の1人が死亡し、他の1人が重体であると、病院の医師団の責任者が語った。
 この2日間に、5人の子供達と35歳の女性が発熱と肺炎様症状を呈し、鳥フルの検査を受けている。
 死亡したのは14歳の少年であるが、国東南部100 Yil 省の病院の医師は、必ずしも鳥フルとは断定できないが、鳥フルも鑑別診断の中に入っていると語っている。アンカラで検査が行われていて、病院側はその結果を待っている。
 保健省によると検査結果は2日には明らかになるようだ。
 6例が鳥フル疑いとなっており、全てウイルス性肺炎を起こしていて、4人が家禽との接触が発病と関係している”、と保健省では説明し、専門家チームを当該地域に送った、と言っている。
 子供のうちの4人は、6歳から15歳の兄弟2人と姉妹2人で、発熱、咳、咽頭出血を呈して31日に入院した。子供達は家で飼育している家禽と濃厚接触の既往があり、それら家禽を食べた後に発病したと報告されている。
 WHOでは十分加熱すれば感染地帯の家禽を食べても安全と言っている。
1月1日


・Four kids tested for birdflu in Turkey NDTV.com, (インド) トルコで兄弟4人が発病疑いで検査中
・Four children tested for suspected birdflu in Turkey  People's Daily Online, (人民網、中国) トルコで感染した鶏を食べた4人の子供が鳥フル発症の疑い
 家庭で飼育していた鶏を食べた兄弟4人(兄弟2人、姉妹2人、6〜15歳)が、高熱、咳、咽頭痛を訴えて入院。鳥フル検査を施行中。病院の医師が31日発表した。鶏は病気にかかっていたようだ。兄弟はトルコ南東部の Van省の病院に入院した。
・If the Avian Flu Hasn’t Hit, Here’s Why. Maybe. New York Times, (米国) 
 渡り鳥が越冬地へ落ち着き、米国内での発生が報告されていないことから、米国は鳥フルの侵入を回避したように思われる。…
WILD birds have completed their seasonal migration, and it appears that the United States has dodged the avian flu threat for now. The pattern of the semiannual migration itself provides some protection. On the three main flyways of the Western Hemisphere, migratory birds travel roughly north-south, with only relatively small areas in the Arctic and far northern regions where birds fly east-west, to and from Asia and Europe. In the Eastern Hemisphere, however, where five main flyways interconnect, the virus can spread much more easily. The route over East Asia, where the deadly H5N1 virus has killed millions of birds and at least 74 humans, overlaps with the Central Asian flyway, which overlaps with those to Africa and Europe. These long migrations increase the possibility that the flu viruses the birds carry will infect domestic fowl. This raises the odds that the virus will one day evolve or mutate to spread from human to human. The United States, Canada and Europe try to keep track of migratory waterfowl. If wild or domesticated birds are discovered to be infected with H5N1, they and those nearby can be destroyed, and uninfected birds vaccinated. But surveillance is not universal. In Asia, people who raise chickens for food are hesitant to report sick birds, unless they know they will be compensated. In addition, some nations were initially reluctant to declare that a flu problem existed at all. Experts worry that H5N1 will appear next in East and North Africa, where public health services are almost nonexistent. The concern is that avian flu could wipe out domestic bird stocks and that it could spread unchecked, should it acquire the ability to pass between humans. It is possible that avian flu may never pose an epidemic threat to humans. But for now, the best way to reduce the danger is to keep watching the birds.

・Birdflu information to be stepped up NZ City, (ニュージーランド) 市民への鳥フル警戒啓発を強化
・New birdflu victim had no contact with poultry, China says  WTOP,D.C. (米国) 中国、福建省で鳥フル発病女性は家禽との接触はないと
 中国当局の発表では12月21に死亡した41歳の女性は、家禽との接触の既往はなかった模様。福建省では鳥フルの発生はこれまで報告されていない。
・鳥に感染しても死なないウイルス? 香港の教授が指摘 朝日新聞 (日本)
 
TOP