高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News
休日は特記情報に限定します(2006/12/19)

*管理人編集2005年まとめはこちら*
12月31日(日)

N. Korea builds hospital ward for suspected bird flu patients with ... Yonhap News, South Korea   (韓国) 北朝鮮、鳥インフル疑い患者用の隔離病棟を建設
 北朝鮮は、WHOのサポートを受けて平城病院内に、鳥インフルを中心とする感染症病棟を建設した。
Vietnam begins anti-bird flu campaign Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、鳥インフル啓発キャンペーンを開始

 鳥インフル啓発、家きん農場、市場おyび家きん殺処分場の消毒、そして家きんのワクチン接種を勧める1ヶ月間のキャンペーンが始まった。

 省と市の行政府は、家きんとその産物の輸送と貿易の厳しい監視が要求され、生産地が不明な家きんとその産物は摘発され処分される。
 バクリュウ省の動物保健担当者は、インフルエンザ様症状を呈するアヒルとガチョウ600羽以上を殺処分したと発表した。
 バクリュウ省はメコンデルタ地域の3省の一つであるが、他の2省でも家きんの鳥インフル再発生が報告されている。
 鳥インフルはこれらの省の9地域で発生し、数万羽の家きんが感染死亡、または殺処分されつつある。
 これらの省で発生した鳥インフルはH5鳥フルウイルスと確定されている。

 カマウ省の家族の4メンバーが25日から28日までの間に、病的鶏を食べた後、鳥インフル様症状を呈して入院した。カマウ省の保健局は30日、これら家族の様態は改善していないと語っている。
 隣のソクチャン省では、鳥インフルの発生は報告されていないが、2名が鳥インフル様症状で29日入院したことが報告された。

Vietnam family tests negative for bird flu Daily News & Analysis, India  (インド) ベトナムの家族、鳥インフル検査で陰性と
 AFP

 31日、ベトナムの保健当局者は鳥フル疑いで入院中の家族は、検査の結果陰性であったと発表した。
 1週間前にカマウ省で家族の飼育する農場で死亡した鶏を摂食した後、鳥フル様症状を呈して、母親と3人の子供達が入院していた。
 しかしホーチミン市のパスツール研究所の検査では家族はH5N1ウイルスに感染していないことが確認された。研究所のファンバン・ツ博士が語った。
 ”彼らは通常の肺炎に罹患している”、と同博士はコメントしている。
Vaccine For All Types of Flu ShortNews.com, Germany  (ドイツ) 全てのインフルエンザに有効なワクチンが開発中
 30日に万能インフルエンザワクチンとして、オーストラリアの報道で発表済み
 致死的鳥インフルを含む全A型インフルエンザに有効なワクチンが開発され、実用化が間近いようだ。このインフルエンザ予防の”聖杯(holy grail”は、2回の注射で長期間効果を持続する。

 開発中のワクチンは数ヶ月以内に臨床試験される。このワクチンは細菌培養液の中で増殖され、1リットルから1万回分製造可能と言われる。
 
 英国の生物工学企業であるアカンビス社がベルギーの研究者と共に開発中であるが、スイスのサイトス・生物工学社(Cytos Biotechnology)も類似のワクチンを開発中で、両社とも5年以内に実用化する予定である。

Six suspected bird flu cases in Mekong Delta Thanh Nien (ベトナム) メコンデルタ地域で6人が鳥フル発病の疑い

 メコンデルタ地域のカマウおよびソクチャン省で6人が鳥フル発病疑いで隔離された。全員、鶏を摂食した既往がある。29日、地域の保健担当者が発表した。

 カマウ省保健局の高官Huynh Trung Kien氏は、ナムカン地区の(Nam Can district)家族メンバー4人が先週鶏を摂食した後、高熱と咳を呈しだして入院したことを発表した。
 患者は即隔離され、採取された検体は検査のために送られた、と同氏は語った。

 ソクチャン省の動物保健局の副局長のNguyen Huu Minh氏は、My Tu地区で2人が鶏を食べた後、呼吸困難を呈したと発表した。
 同氏は同省では家きんの間で鳥フルの発生は報告されていないと語り、さらに患者は異常のない鶏を食べたと補足した。検査結果はまだ出ていないようだ。
 これまで、
Ca Mau, Bac Lieu および Hau Giang の3省の6地区の10自治区(communes)で鳥フルが再興している。

*訳者注:カマウ省の家族4人の事例は、ロイターで報道済みであるが、他2例に関しては欧米の報道では知られていない。

鳥インフルエンザ感染か、6人隔離=ベトナム newsclip.be (日本)
 ベトナム南部のカマウ、ソクチャン両省で、せきや高熱の症状を示した6人が、鳥インフルエンザに感染した疑いで29日までに隔離された。タインニエン(電子版)が報じた。
Campaign on bird flu E-Pao.net, India  (インド) 鳥フルキャンペーン
Vietnam reports first suspected bird flu cases in a year Hindu, India (インド) ベトナム、今年度初の鳥フル疑い患者を報告
Family shows bird flu symptoms Gulf News, United Arab Emirates  (アラブ首長国連合) 家族内で鳥フル疑い
12月30日(土)

Vietnam reports first suspected bird flu case NDTV.com, India  (インド) ベトナム、初の鳥フル疑い事例を報告
 南部ベトナムで4人の家族メンバーが鳥フル症状を呈して入院したことを、入院先の医師が語った。
 これは1年以上に亘り人の感染事例が無かったベトナムで、初の疑い事例となった。

 36歳の母と3歳から13歳の間の3人の子供達が、Ca Mau省のNam Can病院へ今週入院した。症状は発熱、咳、白血球減少、および肺傷害である。病院の医師であるHo Van Vanが説明している。
 家族は4羽の鶏と5羽のアヒルを所有し、そして病的となり死亡した1羽の鶏を12月23日に調理して食べたと、同医師は語った。

 4人の患者の咽頭粘液(Swab)が採取され、致死的H5N1ウイルスの検査が行われている。保健当局では家族の家や近くの住宅を消毒していると言う。

 ベトナムは、その広範な家きんに対するワクチン接種、厳重な監視体制、感染地域の家きんの殺処分等により鳥フル対策が成功しており、鳥フル対策のモデルとして評価されてきていた。
 しかしながら今月に入ってから、1年ぶりにメコンデルタ地域のCa Mau省と他の2省で家きんの間で鳥フル発生が確認された。
 これらの3省で13000羽以上の家きんが殺処分されている。
 Nguyen Tan Dung首相は、29日に閣僚11人を感染地域へ派遣し、鳥フル対策を指示することを決定した、と国営通信は報じている。

Vietnamese family in hospital with bird flu symptoms Boston Globe, MA   (米国) ベトナム、鳥フル疑いで家族が入院
Vietnamese family in hospital with bird flu symptoms Reuters  (国際) ベトナム、鳥フル疑いで家族が入院

 ベトナムの家族の4人のメンバーが、病的になった鶏を食べて鳥フル症状を呈し、入院した。南部の家きんで最近鳥フルが再興した地域である。

 もしH5N1鳥フルと確認されたら2005年末以来初の人感染事例となる。

 感染疑い者は、母と3歳から13歳までの3人の子供達である。全員、高熱と咳、およぼ肺感染症を呈している。南部のCa Mau.省のNam Can 病院で治療を受けている。
 ”彼らの検体はホーチミン市の研究所に送られており、間もなく結果は分かるはずだ”、とCa Mau.省の動物保健局の当局者が30日語った。
 Ca Mau, Bac Lieu およびHau Giangのメコンデルタ地域の3省は、12月11日に最新の鳥フル発生が検出されて以来、数千羽のアヒルと鶏が殺処分されている。
 今週、農業省の当局者は、渡り鳥や家きん密輸により、鳥フルがさらに他の地域へ拡大する危険性を警告していた。
 政府は、動物保健当局と警察に対して、家きんの輸入、特に中国国境における、の監視を強化するように指示した。当局者達は、旧正月に家きんの消費が増加することから、鳥フルの再興を懸念している。

Flu vaccine breakthrough close: report The Age, Australia  (オーストラリア) 報告:インフルエンザワクチン、飛躍的進歩の可能性
 科学者達はほとんどのインフルエンウイルスに効果を持つ画期的ワクチンの開発に近づいている。
 インフルエンザ予防の”ハリー・ゲイル(holy grail)”と言われるこの開発中のワクチンは、鳥フルを含む全ての24種類のA型インフルエンザに効果を持つ可能性がある。
 2回の注射で長期間の免疫を持続させると言われる。
 
 ワクチン開発中の英国の生物工学企業のAcambis社とベルギーの研究者達は、数ヶ月以内に臨床試験を行う予定と発表した。
 CSIROのウイルス学者であるJenny McKimm-Breschkinは、このような万能型ワクチンは、流行株に適合したワクチンが作成されるまでの間、一時しのぎに使用できるかも知れないが、臨床試験の結果が出るまで評価は難しい、とコメントしている。

Ultimate flu vaccines go on trial The West Australian, Australia (オーストラリア) 究極的インフルエンザワクチンの臨床試験に
 全ての主要なインフルエンザウイルスに対して長期間効果を保有する万能インフルエンザワクチンが、二つの国際的生物工学企業で開発されている。

 英国企業であるAcambis社は、2,3ヶ月以内に実験的ワクチンの人における臨床試験を行うと発表。一方スイス企業のCytos Biotechnologyは、来年臨床試験を行う予定で、5年以内に実用化したいと考えている。

 これまでのウイルス表面の変異しやすいタンパクに対するインフルエンザワクチンと異なり、これらの新ワクチンは極めて変異しにくい「protein M2(M2タンパク)」に対するワクチンで、そのため全てのA型インフルエンザに効果を持つと考えられる。
 この万能インフルエンザワクチンは、二つの大きな問題を解決できるかもしれない:次期の冬に流行するインフルエンザ株を予測する必要がなくなる、ハイリスクの人々に毎年ワクチンを接種する必要がなくなる。

 インフルエンザ専門家達の中には、動物実験での結果が人でも同様に適用される保証はないと警告する人もいるが。両企業とも成功に自信を持っている。

 Acambis社の関係者は、新ワクチン接種により、パンデミック・インフルエンザが発生しても、ワクチンは永久的予防効果を持つ可能性があるだろう、と語っている。
 主任研究者であるトーマス・モナス( Thomas Monath)氏は、ワクチンはA型とB型株を標的とし、毎年ワクチン株を選定し、改めて作成する必要が無くなると説明している。同氏は、ワクチン供給が遅れると、パンデミックに際し、無防備状態におかれる市民が多数出てくると語っている。
 
 Cytos 社では、毎年世界で10~20%の人々がインフルエンザに罹患しているが、インフルエンザウイルスの表面タンパクが絶えず変化するので、ワクチンの開発がなかなか難しいと説明している。
 その鼻腔スプレイワクチンである実験的ワクチン「VLP-M2」は、マウスの実験で完全にインフルエンザ感染を予防した。

 オーストラリアでは、インフルエンザワクチンは通常A型とB型株の2種類に対して作成されているが、地方の専門家達は、インフルエンザは動く標的のようなもので、地域社会が免疫を獲得するに従い、容易に変異してしまうと、考えている。
 

Study: Travelers Should Take Simple Precautions Against Avian Flu... All Headline News - (国際) 研究:海外旅行者は個人的鳥フル感染対策が必要
 ソウル市の第121総合病院の研究者達が、H5N1鳥フルは人に希にしか感染しないが、それでも感染した場合の死亡率が50%以上に上ることから、発生国を旅行する場合は個人的に予防対策が必要と啓発している。研究報告は「Wilderness and Environmental Medicine(野生動物と環境医学)」に29日、発表された。
 注意事項は以下の通り。

 ・鳥、特に家きんと接触しないこと
 ・十分加熱していない家きんの肉を食べない
 ・家きんの排泄物で汚染されている物に触らない

Indonesia to allocate 61 mln USD for bird flu control in 2007 People's Daily Online, China (中国) 
 インドネシア政府は来年度鳥フル対策予算として6100万ドルを配分する予定で、今年度の5500万ドルから増額すると発表した。
 海外援助国からの対策基金が増額されることによる。
 2820万ドルは家きんにおける鳥フル対策費用、1240万ドルは人の感染対策費用、120万ドルは、ハイリスク群対策費用となる。
 他に研究、疫学調査、公衆啓発等に使われる。
Indonesia To Increase Funding To Fight Bird Flu E Canada Now, Canada  (カナダ) インドネシア、鳥フル対策予算を増額
 来年末までは人での感染者数をゼロにする作戦を立てているインドネシアは、鳥フル対策予算を5500億ドルまで増額予定と発表。
Bird flu cases in Asia predicted to rise in winter Capital Press (subscription), OR  (米国) アジアの鳥フル発生は冬期間に増加すると推定
 聖ユダ小児研究病院のロバート・ウエブスター教授の談話。シンガポールで先に行われた国際鳥フル会議の合間の記者会見。
 ・冬期間にアジアで発生が増加する懸念
 ・米国には、密輸などの家きんの不正売買が無い限り、本年は鳥フルは発生しない
 ・家きんに対するワクチンは、人におけるワクチンと同じように国際的基準を設ける必要がある

12月29日(金)

Indonesia sets bird flu deadline BBC News, UK  (英国) インドネシア、鳥フル封じ込めの最終期日を設定
 2007年度末までに人での感染者をゼロにする作戦。
Indonesia aims for zero human bird flu cases in 2007 TODAYonline, Singapore (シンガポール) インドネシア、2007年中には人における鳥フル感染者をゼロにと
 家きんに対するワクチン接種と、社会全体における鳥フルに対する啓発強化により。
Jakarta hopes to beat bird flu by end 2007 Reuters.uk, UK (英国) インドネシア、2007年中には鳥フルを封じ込めると
Bird flu still major threat despite fewer deaths Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) 鳥フル死亡者数減少するも、いまだ重大な脅威は続いている

Bird flu spreads to Hau Giang Saigon Times Daily, Vietnam  (ベトナム) 鳥フル、Hau Giang省へも拡大
  昨日のロイターで報道済み
Bird Flu Cases Decline, Raising New Risk: Complacency (Update1) Bloomberg  (国際) 鳥フル発症事例減少により新たなリスク-独りよがりの解釈-が高まる

 今年後半期、鳥フル発症事例は減少している。専門家達はパンデミック・インフルエンザ対策における新たな障害の発生を指摘している。すなわち独りよがりの解釈である。
 今年の前半、人における鳥フルは2日に1人発生していた。しかし7月以来、発生頻度は1週間に1人となった。そして専門家達は、ウイルスは簡単に人へ感染するようにならないと言い出した。

 各国政府はこの感染症を追い続け、そして排除すべきである。社会的認識が低下し、パンデミック・インフルエンザの発生の危険性が低下したとしてもである。そのように国連のデービット・ナバロ、パンデミック・インフルエンザ主任調整官は語っている。鳥フルは2月以来、38カ国で家きんや野鳥で感染してきた。それは人に対して、より危険性ある株に変異する機会を多くしている。
 ”2年間ハイジャックが起こらないからと言って、空港におけるセキュリティー・チェックの廃止を考えはしないだろう”、とナバロ博士は先週ニューヨークでのインタビューで語っている。
 ”パンデミックの危険性は以前と同じ程度、現在でも重大なのです”。

 ”発生数が減り、マスコミ報道が減ったからと言って、パンデミックの危険性も減少したわけではない”、とイタリアのパドバに研究室を持ち、世界動物保健機関(World Organization for Animal Health)に協力している、イラリア・カプア博士も電話取材で答えている。
 同博士によると、いくつかの国でナイジェリアのように鳥フルが拡大したなら、それはすぐに他の国でも同じ状況になるだろう、と付け加えている。

 致死的H5N1ウイルスは南中国の広東省のガチョウ農場で1996年に確認された。その後東アジアに拡大する前に、2003年12月に韓国で発見され、その後2005年に東ヨーロッパへ広がった。
 ”H5N1ウイルスは10年近く感染を繰り返している。もしこのウイルスがパンデミック株になるのだとしたなら、すでにそのように変化していると考えてもいいかもしれない”、とヨーロッパ疾病監視管理センターでは、先週発行した報告書で記載している。
 ”それでも1918年のスペインインフルエンザでは、人の間で容易に感染するようになるまで数年要した”、と彼らはコメントを加えている。

 パンデミック・インフルエンザは、人々が免疫を有していない新しいA型インフルエンザが誕生することで発生する。H5N1ウイルスは次期のパンデミックを生じる可能性が最も高いと考えられている。
 ”遅かれ早かれ高致死性のインフルエンザが発生するだろうが、誰がその時を予知できる?”、とハーバード大学のケネス・ヒル教授が先週電話取材で答えている。
 ”我々は独断的になてはいけない”、と教授は付け加えている。

 
[06回顧・世界]「不安定化が進んだ1年」 読売新聞 
鳥インフルエンザの拡散が止まらない。
総死者数は3月100人、10月末に150人を超えた(8位)。

Quigley's drug falls short in eye virus United Press International  (国際) ヘルペスウイルス感染症治療薬、抗インフルエンザ薬として効果
 Quigley製薬が開発中のヘルペスウイルス感染症治療薬であるQR-435が、インフルエンザウイルスに対して効果を持つことが確認された。
 今回の実験ではウサギのヘルペス性角膜炎に対して同薬は、角膜の細胞内に浸透できないため効果が得られなかった。
 しかし同薬は、ヘルペスウイルスやインフルエンザウイルスに対して直接作用させると、ウイルスを殺すことができることが、同社でのこれまでの研究で明らかになっていた。
 同社は今後QR-435をインフルエンザ(H3N2、H5N1を含む)治療薬として開発することを発表した。
Bird Flu Deaths Up, You Didn't Hear About It New York Press, NY  (米国) 鳥フルでの死亡者数は増加している!、それは報告されていない
 Bloomberg.comは今日、エジプトの3親族が鳥フルで死亡したことを報じるとともに、今年の鳥フル死亡者数が、昨年までの3年間のそれよりも多いことを伝えている。

 昨年まではこの鳥フル問題はメディアで嵐のように話題にされた。
 しかし、今年はそれほどニュースにはなっていない。
12月28日(木)

EGYPT: Bird flu claims tenth fatal victim Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト:鳥インフルエンザで10人目の死者
 3人の親族が発病、そして死亡。3人とも感染した家きんから感染したと考えられる。他の同居親族では検査の結果感染者はいない模様。
Herpes Treatment Fails in Animal Testing Kiplinger.com, DC  (米国) インフルエンザに対する新薬が開発
 クイグレイ製薬(Quigley Corp.)は28日、開発中の抗ヘルペス薬QR-435が動物実験で無効であったが、呼吸器感染症ウイルスの治療用に開発を進めると発表した。
 QR-435はH5N1ウイルスを含むインフルエンザウイルスに効果を持つことが示されていた。
Bird flu spreads in Vietnam's Mekong delta Reuters  (英国) ベトナムのメコンデルタで鳥フル拡大
 農業省が鳥フルが封じ込まれたと発表した翌日の28日、家きんにおける鳥フルの発生が第三番目の省で確認された。
 動物保健局は、H5N1ウイルス感染がHau Giang省の450羽のアヒルの集団で確認されたことを発表した。同州は先にアヒルでの感染が見つかった二州に隣接している。
Thailand stockpiles anti-bird flu drug  People's Daily Online(中国)  タイ、鳥インフルエンザ薬を備蓄 
 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 タイ・公衆衛生省は抗ウイルス剤のオセルタミビル250万カプセルを備蓄した。これはアジア諸地域での鳥インフルエンザ流行の報告に伴うものであると、同省の常任長官であるプラット・ブーニャオングビロット氏が水曜に述べた。
 同省は農業当局者などのリスク・グループ向けに47万5千回分のインフルエンザ・ワクチンも備蓄しているという、プラット氏の言葉をタイ通信社は伝えている。
 12月のアジア地域における鳥インフルエンザの流行の報道について、同氏は、公衆衛生省は冬季のタイでの鳥インフルエンザの脅威について懸念していると述べている。
 寒冷な天候はH5N1ウイルスの拡大に好都合だと、プラット氏は言う。
 病気にかかった家禽との接触やニワトリやアヒル料理を食べることを一般の人々は避けるようにと、同氏は示唆している。
 2003年から今年12月12日までで、今のところ56カ国で鳥インフルエンザ発生が報告され、10カ国で258例の鳥インフルエンザの症例が確認され154名が死亡している。
 タイでは2003年以降25名の鳥インフルエンザ患者が発生しその内17名がH5N1ウイルスへの感染で死亡している。
Avian influenza in Egypt  (WHO) エジプトでの鳥フル状況

 エジプト保健・人口省は、3人のH5N1鳥フル患者が発生したことをWHOに報告した。3人ともカイロの80キロ北西のガービヤ県で同居する1親族の構成員である。同国の鳥フル治療専門病院に指定されている、カイロの病院へ移送され治療を受けていたが、30才女性、15歳少女、および26歳男性は死亡した。もっとも最新の死亡は27日である。報告によるとこれらの事例は発病したアヒルに接触した既往がある。

 3人の臨床材料はエジプト中央公衆衛生研究所で検査され、H5N1鳥フルウイルスが陽性と確認された。また3人中2人の検体からウイルスが、第三米国海軍医学研究施設(NAMRU-3)でも検出された。検体はウイルスのさらなる分析のために、WHO協力研究機関に送られる。
 
 エジプト保健・人口省は、さらなる調査の予定であるが、公衆衛生的対策を開始した。他の家族構成員は現在のところ健康であるが、厳格な医学的観察下におかれている。
  
Egyptian man dies of bird flu, 10th death Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト男性、鳥フルで死亡、同国10人目の死者に
 26歳男性が鳥フルで死亡し、親族内で3人目の死者となった。
 男性は12月14日に発病し、3日後に病院へ入院した。タミフルによる治療は20日から開始された。理由は2番目の患者が親族から現れたことと、男性が家きんから鳥フルを感染した可能性を知ったことからだった。
 妹の15歳少女が25日死亡し、その前日親族の女性が死亡していたため、人人感染の疑いがもたれたが、WHOの報道官はその可能性を否定している。
 家族はアヒルを放し飼いしており、鳥フルの感染が起こったため、兄妹がその殺処分を行っていたとされる。
 WHO報道官によると、同国で他に鳥フルで治療を受けている患者はいないとされる。
12月27日(水)

26-YEAR-OLD EGYPTIAN MAN DIES OF BIRD FLU - WHO OFFICIAL Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプト、26歳男性鳥フルせ死亡:WHO発表
 10日間の入院治療にも関わらず、エジプトの26歳男性が鳥フルで27日死亡した。WHO当局者がロイターに伝えた。
 ナイルデルタのガルビア県の親族における3人目の死者となった。
 エジプトとしては10人目の死者となる。
2 More Die as Bird Flu Continues Spreading to Humans in Egypt New York Times, NY (米国) エジプトで鳥フルが人に間で拡大、2名死亡
 現地の報道機関によると、北部で20人の疑い患者が発生。
 30才女性と姪の15歳少女が死亡。女性の家族メンバーに感染者が発生の可能性。
新型インフルに対応計画 仙台市部署ごとに具体的行動 河北新報
 新型インフルエンザと高病原性鳥インフルエンザに備え、仙台市は26日、各局・各区レベルの対応マニュアルを盛り込んだ「市新型インフルエンザ対応計画」を策定した。部局ごとに行動計画をまとめたのは政令市で初めて。感染患者の早期発見、拡大防止、感染者へのケアに努める。
 昨年11月に策定した「新型インフルエンザ基本指針」に基づき、東北大医学部、厚生労働省仙台検疫所などの指導・助言を受け策定した。インフルエンザ発生から感染拡大の時期までに各局、区役所が取るべき具体的行動を細かく想定した。
 例えば、健康福祉局は、健康相談窓口の設置をはじめ、診断・医療体制の構築、感染者の心のケア対策に取り組む。教育局は、児童生徒への受診指導や保護者への情報提供、臨時休校の検討などを担当する。
 全体の指揮は、梅原克彦市長を本部長とする市危機対策本部が執る。
 市の基本指針によると、新型インフルエンザが大流行した場合、市は、市内で5300人の死者が出る可能性があると想定している。梅原市長は「インフルエンザの大流行は人類全体に深刻な影響を与える。市の最重要課題として対策に全力を挙げて取り組む」と話した。
Bird flu claims Egyptian teen  Edmonton Journal (subscription), Canada  (カナダ) 鳥フル、エジプト少女を犠牲に
 二日間で二人目の犠牲者が少女。
Vietnamese gov't takes urgent anti-bird flu measures Mathaba.Net, UK  (英国) ベトナム政府、懸命の鳥フル対策
 政府、地方自治体、関連組織等、国あげての家きんと人での鳥フル拡大防止対策が行われている。
Bird Flu Kills Woman From Egypt E Canada Now, Canada  (カナダ) 鳥フルでエジプトの女性死亡
12月26日(火)

Bird Flu Kills Woman in Egypt, Infects Family Members (Update2) Bloomberg  (国際) 鳥フル家族内で発生。女性が死亡
 エジプトで、この1週間で4名が発病し、2名が死亡した。同国における発病者は19人、死者数は9人となった。死者数の全ては女性で、男性よりも女性の方がリスクが高いことが示唆されると、国連機関のUnited Nations' Integrated Regional Information Networkでは、昨日コメントを出している。
Egyptian girl dies of bird flu Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) エジプトの少女、鳥フルで死亡
 エジプトの15歳少女の死。
 村の近くで処分された家きんが埋められる。

  
Two deaths in two days from bird flu WorldPoultry.net, Netherlands  (オランダ) 二日間で二名鳥フルで死亡
 エジプトの事例
Nigeria: Bird Flu May Reappear in Kano AllAfrica.com(米)  ナイジェリア:鳥インフルエンザ、カノで再発か

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 カノの養鶏業者は、鳥インフルエンザ流行の懸念を表明した。これはカノ州政府が昨年に同疾病の被害を受けた養鶏業者に補償の支払いを開始したが再発した場合は懸念があるとするものである。

 カノ州養鶏業者協会会長のアルハジ・ムハンメド・アミヌ・アダム氏は、この懸念を昨日ダワキン・トファにある氏の養鶏場でデイリー・トラスト紙に明らかにした。
 カノの養鶏業者協会のある会員は、カノ地域の外周部にある自分の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと既に報告していると、同氏はしている。
 昨年、カノの協会の会員は30万羽以上のニワトリを鳥インフルエンザのために失い連邦政府は今でも完全に補償していないと、同氏は述べている。
 ナナ養鶏場の社長兼会長であるアルハジ・アミヌ氏は、連邦政府は政府当局が殺処分したニワトリについてカノの養鶏業者に補償する決定をしたが、死んでいたものや鳥インフルエンザによって死亡したニワトリの補償をしないと述べている。
 「当局が私の養鶏場に来る前でも、鳥インフルエンザで1万羽以上のニワトリが死亡していましたし、養鶏場から外に出す様にもしました。しかし、私には自分たちが殺処分した分しか支払えないというのです。私たち養鶏業者の損害は大きいのですから、これは不幸なことです」とアルハジ・アミヌ氏は断言する。
 同氏の述べるところでは、養鶏業者が現在鳥インフルエンザなどの家禽の疾病から自分の飼育場を守るために行っていることは予防措置を講じることだという。飼育場の一つでの現在の流行の知らせは会員からのもので、協会会員は業務や日常生活で養鶏場を訪れる全ての者への清掃・消毒に乗り出したと、同氏は付け加えた。
 「現在、あなた方ジャーナリストのような重要な案件でない限り、養鶏場へは誰も入れないことを方針にしています。そういう訳で入っていただく前に消毒用の化学剤を吹きかけさせてもらったのです。今年に入って被害を受けただけに、更なる鳥インフルエンザの流行のリスクを取るわけには行きません」と、同氏は主張している。
 同氏が明らかにしたところでは、同氏は前回2万3千羽以上の家禽を失い、将来こうした疾病からの家禽の保護法方に関するセミナーやワークショップに従業員を参加させてきたという。
Girl becomes Egypt's ninth death from avian flu CTV.ca, Canada   (カナダ) エジプト、少女が9人目の死者に
 エジプト保健省によると、25日、少女がこの二日間で二例目の鳥フル死者となり、エジプトで通算9人目の死者となった。
 発表によると、少女は12月20日に入院し、3日後に致死的H5N1ウイルスに感染していることが分かったとされる。
 この15歳少女がカイロのアバシヤ病院で死亡したことは、準国営通信である中東情報機関Middle East News Agency(MENA)から発表された。
 24日には、WHOのカイロ事務所が30歳のIntisar Fareedの死亡を発表している。
 WHO当局者であるHassan el-Bushra氏によると、Fareedと他の3人の親族、すなわち15歳の妹、26歳の弟、そして30歳のいとこ、が検査でH5N1ウイルスが陽性であったという。
 25日死亡した少女はFareedの妹と伝えられている。
 本年度2月にエジプトで最初の鳥フルが発生して以来18人の人々が感染している。ウイルスは同国の26州のうち、少なくとも19州に広がっていると考えられている。

Egyptian girl dies of bird flu - MENA Reuters.uk, UK  (英国) エジプトの少女、鳥フルで死亡
 15歳のエジプトの少女が25日鳥フルで死亡したことをエジプト保健省が発表した。
 少女は12月20日に鳥フルの診断で入院し、タミフルによる治療を受けていた。
 エジプトで9人目の死者となった。
12月25日(月)

Bird flu claims eighth victim in Egypt RTE.ie, Ireland  (アイルランド) 鳥インフルエンザ、エジプトで8人目の犠牲者を発生
Bird Flu Inflects Three In One Egyptian Family - One New Death HealthNews-Stats (press release), NY  (米国) エジプトの親族内で3人が鳥インフルエンザ発病、1人が死亡

            
Eighth Egyptian dies of bird flu - WHO Reuters  (国際) エジプトで鳥インフルエンザ8人目の死者が発生
 一親族で3人がH5N1ウイルスに感染していることが確認され、WHOから24日発表されたが、その一人である30歳女性が死亡したことが直ぐ後に報告された。
 女性は17日から病院に入院していたが、家きんに接触したことを否定していたため、医師は鳥インフルエンザを疑っていなかった。
 WHOによると先に親族内の26歳と15歳の兄妹の感染が分かった後、30歳女性もその親族と分かったため、検査を行い、初めてH5N1ウイルス感染が確認されたという。そしてその直後に死亡した。
 これでエジプトでの鳥インフルエンザ感染者は18人、死亡者は8人となった。
12月24日(日)

Three members of extended family in Egypt test positive for bird... International Herald Tribune, France (フランス) エジプトで親族内で3人が鳥インフルエンザ検査で陽性に
Egypt reports three human bird flu cases Hindu, India  (インド)
Three in Egypt family test positive for bird flu Sydney Morning Herald, Australia (オーストラリア) エジプトの家族で3人が鳥インフルエンザ検査で陽性に:WHO
Three in Egypt family test positive for bird flu - WHO Reuters.uk, UK  (英国) エジプトの家族で3人が鳥インフルエンザ検査で陽性に:WHO
 WHOは先に26歳と15歳の兄妹がH5N1ウイルスに感染したことを発表したが、さらに3人目の親族である30歳の女性も、検査で確認されたことを発表した。
 3人とも一軒の家に住む親族で、家には合計33人住んでいる。
 他の家族は厳重な医学的監視下にある。
豚を大量処分、鳥インフルエンザ対策と関係か 韓国 CNN Japan
 ソウル──韓国当局は24日、首都ソウル南方90キロの忠清南道牙山にある養豚場で飼育されていた豚4200頭近くを処分した。同道関係者が明らかにした。
 同道では先週、ここ1カ月近くで4例目となる鳥インフルエンザの感染が確認された。関係者は農林省から、鳥インフルエンザの感染が判明した地点から500メートル以内で飼育されている豚を処分するよう指示されたと説明した。
 同省当局者のコメントは今のところ得られていないが、聯合ニュースによると、豚は呼吸器系の病気に弱く、ウイルスを拡散する恐れがあるという。
 韓国当局は先月、全羅北道益山で鳥インフルエンザの1例目と2例目が確認された際に、感染地点から3キロ以内で豚や犬、14種類の動物を処分。23日には最新の感染地点付近で飼育されていた鶏2000羽近くを処分した。処分された家きん類の数は2万5000羽に膨らみ、先月からの累計は110万羽を上回っている。
S. Korea carries out mass pig cull CNN International (国際) 韓国で豚の大量殺処分
Mass pig slaughter Melbourne Herald Sun, Australia (オーストラリア) 韓国で鳥インフルエンザ対策のために大量の豚が殺処分に
S. Korea kills thousands of pigs, chickens to stem spread of bird flu Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、鳥インフルエンザ拡大防止のために、多数の豚と鶏を殺処分に
 韓国検疫局は、24日、4000頭の豚と2000羽の鶏を、鳥インフルエンザ拡大防止のために殺処分したと発表した。
 合計21146羽のアヒルと2820羽の鶏、そして4177頭の豚が、21日以降、この1ヶ月で4番目の高病原性鳥インフルエンザ発生地となった 、ソウル北方90キロのAsanで殺処分された。
Egypt detects two new human H5N1 bird flu cases Reuters AlertNet, UK (英国) エジプト、人のH5N1鳥インフルエンザ感染2事例を確認

 エジプトで兄妹がH5N1ウイルスに感染したことを、WHO当局者が発表した。
 兄妹はカイロの北方80キロにある、Gharbiya県のZifta町の近くの村に住んでいた。
 家族はアヒルを飼育していて、26歳の兄と15歳の妹が、多くのアヒルが病的になったり死亡したため、処分作業を行った。
 発病した兄妹はカイロの病院へ入院し、タミフルによる治療を受けている。他の家族達は医療観察下に置かれている。
 これでエジプトの鳥インフルエンザ発病者は17人となり、そのうち7人が死亡している。最初にエジプトにH5N1ウイルスが現れたのは、今年の2月で、鶏から検出された。

 最初に鳥インフルエンザが発生した際、エジプトではパニックに陥った。国内の主要な蛋白源は家きんの肉で、貧しい家庭ではしばしば、町中や田舎で鶏やアヒルを飼育し、彼等の食事用にしたり、収入の一部にしている。
 エジプト政府の内閣では11月に、国の家きん生産量は以前と同じ水準に戻ったと発表したばかりだった。
 10月にFAOは寒い季節を迎えて、家きんにおける鳥インフルエンザが再び発生しやすくなると警告していた。 

Egypt reports two new human cases of bird flu Australian Broadcasting Corporation  (オーストラリア) エジプト、鳥インフルエンザエンザ感染2人事例を報告
Egypt reports two new human cases of bird flu  Yahoo News (国際) エジプト、鳥インフルエンザの2人事例を報告
 2人のエジプト人が検査の結果、致死的H5N1ウイルスに感染していることが確認されたため病院へ入院した。保健省の発表による。
 Gharbiya県のHanut村に住んでいた2人は、家庭で飼育していたアヒルから感染したものと考えられている。
 これでエジプトの鳥インフルエンザ感染者数は17となり、そのうち死者数は7人である。
South Korea slaughters thousands of pigs to stem spread of bird flu China Post, Taiwan (台湾) 韓国、数千頭の豚を鳥インフルエンザ拡大対策のために殺処分
 韓国Asan,の農場から500メートル以内で飼育されている豚4200頭が、鳥インフルエンザ拡大予防処置として24日殺処分される。理由は明確にされていないが、鳥インフルエンザウイルスが感染しやすいことからの処置と考えられる。
Vietname Takes Strong Measures To Control Bird Flu eMaxHealth.com, NC (米国) ベトナム、鳥インフルエンザ封じ込めに強力な対策
Avian Flu Outbreak in Vietnam Again AlaskaReport, AK  (米国) 鳥インフルエンザ、ベトナムで再興
S Korea Slaughters Thousands Of Poultry To Stem Bird Flu CattleNetwork.com, KS (米国) 韓国、鳥インフルエンザ対策で数千羽の家きんを殺処分
Asia faces new bird flu threat ic Wales, UK  (英国) アジア、鳥インフルエンザ脅威に再度直面
Vietnamese gov't takes urgent anti-bird flu measures Xinhua, China (中国) ベトナム政府、緊急鳥インフルエンザ対策
12月23日(土)

Vietnam, South Korea, Nigeria battle avian flu CIDRAP, MN  (米国) ベトナム、韓国、ナイジェリアで鳥インフルエンザとの闘い
 報道によると、最近鳥インフルエンザが再興したベトナムの州でさらに家きんがH5N1ウイルスで死亡し、韓国でも新規に発生し、またナイジェリアの3州でも発生している。
 各国の状況について。
New Flu Pandemic Could Kill 81 Million Today's THV, AR (米国) パンデミック・インフルエンザで8100万人が死亡する可能性
 AP通信
 スペイン・インフルエンザと同程度に致死力の強いインフルエンザウイルスでパンデミックが生じたとしたなら、現在の世界で8100万人の死者がでるという、新しい研究結果が発表された。
 過去の歴史上の死亡数記録を現代の社会の人口動態に調整して計算し、パンデミックが発生した場合、研究者達は世界の死亡者数は5100万人から8100万人の間と推定し、中央値として6200万人という数値を上げた。
 この数値は驚くべき高いものであると、分析の一部を担当した研究陣のリーダーであるハーバード大学のクリス・マレイは語っている。
 彼等は当初1500から2000万人ほどの数値を予想していたが、マレイによるとそれは間違いだったとされる。
 研究結果は23日に発行される世界的医学雑誌「The Lancet」に発表される。
 1918年のスペイン・インフルエンザで、世界で4000万人死亡した。しかしパンデミックによる被害程度は様々である。もっとも最近発生した1957年(アジア風邪)と1968年(香港風邪)のパンデミックでは、それぞれ200万人および100万人と推定されている。
 今回の研究でマレイと共同研究者達は、1914年から1923年までの間の世界中で利用できるだけの死亡者数登録データを集めた。十分な情報が世界27ヵ国から得られたが、その中には米国24州とインドの9州が含まれている。
 研究者達はパンデミックの間の死亡者数と、パンデミック前後の死亡者数を比較した。彼等はそれによりパンデミックでどれだけの死者がでたかを予測した。超過死亡率(excess mortality)と言われる。彼等は次ぎにその超過死亡率を2004年の世界の人口統計に当てはめて、今回の研究結果を出した。。
 もし彼等の推定した6200万人という死亡者数が、現在の世界で1年間に発生したなら、年間死亡者数は倍以上に増加する。
 この研究でさらに驚くべき事は、国によって死亡者数が大きく異なることである。研究結果によると世界の死亡者数の96%が発展途上国で発生すると考えられる。そして、マレイと共同研究者は、死亡者数が国によって30倍以上異なることに気づいた。
 ”こうした結果は単にウイルス遺伝子が変化し、人に感染しやすくなったことだけでは説明できず、死亡者数に影響する要因が他に多く存在することを示唆している”、とマレイは説明する。
 被害を和らげる要因が分かるならば、世界の大惨事を防ぐことも可能になるかも知れない。
 ”もしその回答を見つけることが出来るなら、非薬学的戦略で世界の死者数を大幅に減らす道を見いだすことが出来るかも知れない”、と同氏は語っている。
 人口密度、栄養状態、免疫状態等が全て役割を持っている、と同氏は示唆する。

 ”今後発生するパンデミックによる死者数が、1918年のスペイン・インフルエンザよるそれよりも少なかったとしても、現在の世界は極度にストレスを受けることになるのは周知のことだ”、とWHOの世界インフルエンザ対策調整官であるKeiji Fukuda博士が語る。
 ”実際にどの程度死者数が出るのか推定することは、興味を引く研究であるが、現実的に重要な作業はそれに対して我々が何をするか、と言うことだ”、と同博士は付け加える。
 2003年末からH5N1ウイルスが広く蔓延し出し、パンデミックの脅威が生じ始めてから、世界はそれに対する計画作成が急務であることを悟った。
 今日の医療システムは前世紀よりも強力であり、抗ウイルス薬や抗生物質はかっての世界では無かった。しかしこれらの進歩の多くは、発展途上国では、まだまだ到達できていないものだ。
 もう一つの問題は、パンデミック・インフルエンザがHIV感染者達に持つ衝撃だ。季節性インフルエンザは、これらの免疫力の低下した人々の死亡率を高める。そう考えると、マレイ等のパンデミック・インフルエンザによる死亡者数の評価は楽観的と言えるかも知れない。
 スペイン・インフルエンザがパンデミック・インフルエンザの最悪のシナリオと時々言われるが、次のパンデミック・インフルエンザがスペイン・インフルエンザ以上に致死的ではないという保障はない。1918年には数千万人死亡したが、それでも感染者の中での死亡率は大体2%に過ぎない。H5N1鳥インフルエンザによる人の死亡率は約60%である。
 しかしながら専門家達は、もしH5N1ウイルスが人人感染を容易に起こす株に変異した場合、その致死性は減じるだろうと考えている。
 ”感染した人を簡単に死亡させるならば、ウイルスは増殖する機会をもてない”、とオーストラリアのメルボルン大学のインフルエンザ専門家であるイアン・ガスト博士が説明する。
 それでも、H5N1ウイルスが、より致死性を減じるという保障は無い。
 もし致死性が減じなければ”世界は破滅的局面を迎えるかも知れない。全く予測はつかない”、とガスト博士は警告する。

Bird Flu 'to Kill 62m' International News Service, Australia  (オーストラリア) 鳥インフルエンザ、パンデミックになると世界で6200万人死亡の可能性
More Nigerian states hit by bird flu infection Reuters (英国) ナイジェリア、さらなる州で鳥インフルエンザ発生
 ナイジェリアでこの2,3週間に致死的H5N1ウイルスが新規に2州で広がり、ほかにすでに流行が終息したと考えられていた2州で再興した。22日に当局が発表した。
 家きんの移動が感染の拡大の原因といわれる。
Vietnam Reports One More Case Of Bird Flu On Friday All Headline News (国際) ベトナム、22日、さらなる鳥インフルエンザ発生事例を報告
 ベトナムは今週大量の家きんでの鳥インフルエンザ発生が発生したメコンデルタの2州で、さらに1事例が発生したことを報告した。
12月22日(金)


牙山でも高病原性鳥インフル 中央日報  (韓国->日本語版)
 今年に入って4例目の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が、忠清南道牙山市(チュンチョンナムド・アサン)で確認された。
  農林水産部は、21日「11日に届け出があった忠清南道牙山・カモ農場の大量死に関連、2回目の精密検査を行なった結果、最終的に高病原性鳥インフルエンザに判明した」と伝えた。牙山湯井面(タンジョンミョン)にあるこの農場では最近、カモの産卵率が激減し、1羽以上から異常が見られ死だために、2回の精密検査が行なわれた。
  農林部と忠清南道はこの農場から半径3キロ以内にある家きん類約2万3000羽を処分するなど防疫措置を取る予定だ。今年に入り高病原性鳥インフルエンザは、全羅北道益山(チョンラブクド・イクサン)で鶏、全羅北道金堤(キムジェ)でウズラに続き、今回のカモまで合わせて4回発生している。農林部・金昌燮(キム・チャンソプ)家畜防疫課長は「冬が終わる来年3月まで追加の拡散を防ぐため予察活動を強化している」と述べた。


 カモかアヒルか不明。Duckと英語では表示されているが…。
Vietnam battles three bird flu outbreaks Bangkok Post, Thailand  (タイ) ベトナム、鳥インフルエンザ発生3事例
New Flu Pandemic Could Kill 81 Million CBS News, NY  (米国) パンデミック・インフルエンザで8100万人が死亡の可能性
 23日に発行される世界的医学雑誌の「The Lancet」に米国ハーバード大学の研究者達が発表する論文で、パンデミック・インフルエンザが発生したなら、世界で5100万人から8100万人(中央値6200万人)死亡する可能性があると結論されている。
New Outbreak of Bird Flu Reported at Duck Farm in S. Korea Voice of America  (米国) 韓国のアヒル農場で鳥インフルエンザの新規発生事例
 韓国当局は、南部のアヒル農場で別の高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表。
 この事例はこのい1ヶ月で4度目になる。
 発生場所はソウルの南方92キロに位置したAsanのアヒル農場である。
 農業省では3キロ以内の家きん2万羽以上を殺処分する予定である。また10キロ以内の家きんの移動も、感染拡大防止措置として禁止する。
Bird flu in Nigeria is more widespread than thought WorldPoultry.net, Netherlands  (オランダ) ナイジェリアの鳥フルは予想以上に拡大している
 ナイジェリアのほとんどの州で鳥インフルエンザが家きんの間で再興しつつあると、獣医協会の報道官が語り、警告を発している。
Birdflu outbreak spreads in Vietnam Radio Australia, Australia  (オールトラリア) 鳥インフルエンザ、ベトナムで拡大
 8月以来初の鳥インフルエンザが発生しているベトナムで、さらにメコンデルタ地区の4地域で発生が広がっている。
 農業省によるとすでに8300羽が死亡または殺処分されている。
12月21日(木)


鳥インフルエンザ・ワクチンで慎重論 バンコク週報 (会員登録) (タイ)
 タイの専門家による鳥インフルエンザ会議が20日に開かれ、ヒト用ワクチン備蓄について意見が交わされた。国立児童健康協会のタウィー博士は、H5N1型がヒトの間で流行するという確証はないとして、莫大な費用のかかるワクチン備蓄について現在のところ不要との見方を示した。タイでは2年前にヒト用ワクチンの備蓄が閣議決定されたが、流行が起こらない場合は費用が無駄になるとして中止になっている。
S. Korea confirms fourth case of pathogenic bird flu Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国、4番目の高病原性鳥インフルエンザを確認
  12月11日にソウルの南方90キロのAsanで報告されたアヒル農場での集団死亡は、最終的に高病原性鳥インフルエンザであった、と21日農業省が発表した。
Another bird flu attack VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) さらなる鳥インフルエンザ発生
 ベトナムのメコンデルタ地域で家きんの間で鳥インフルエンザが拡大中。その問題と対策に関する話題。
Bird flu outbreak spreads in Vietnam's Mekong Delta Reuters AlertNet, UK (英国) ベトナムのメコンデルタ地域で鳥インフルエンザが拡大
 ベトナムで再興した鳥インフルエンザは、メコンデルタ地域でさらに4地域に拡大したことが農業省から発表された。
Indonesia claiming bird flu success as cases drop KPLC-TV, LA  (米国) インドネシア、鳥インフルエンザ対策が成功し、発生事例が低下と
 インドネシア当局は、鳥インフルエンザウイルスに対する強力な対策が効を奏して、この3ヶ月間に於ける発生数が減少したと、発表した。
 保健相は強力なワクチン接種と殺処分方針が、発生数の減少につながったと説明した。
 同相はまた、住民に対する公衆衛生教育も結果に関係していると語っている。
 政府によると、最近は33州のうち14州で家きんの間で鳥インフルエンザウイルスは検出されていないとされる。
 しかしながらWHOは、発生数の明らかな減少傾向は示されていないとし、直接的コメントは避けている。
Vietnam prevents human infection amid bird flu outbreaks People's Daily Online, China  (中国) ベトナム、家きんでの鳥フル発生から、人の感染予防を強化
40000 Marin Schoolkids Get Bird Flu Warning CBS 5, CA (米国) カリフォルニア州、マリン郡の学童達4万人に、鳥フル警戒のチラシを配布
 マリン郡の保健当局は、郡の学童の保護者に、パンデミック・インフルエンザに対する備えを促す警告チラシを配布した。
 チラシでは、パンデミック・インフルエンザが発生した場合、カリフォルニア州内で、数千人、多分数百万人が発病すると考えられている。
 そこでは、生活用品や医薬品の備蓄は、通常の3日分の危機管理用の備蓄ではなく、2週間分の備蓄を勧めている。
Experts: It is still too earlyto stockpile an H5N1 vaccine Bangkok Post(タイ) H5N1ワクチン備蓄は時期尚早と、専門家

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ヒトのインフルエンザ・パンデミックに備え鳥インフルエンザ・ワクチンを備蓄するのは時期尚早であると、インフルエンザ専門家が語っている。国立小児医学研究所の衛生専門家であるタウィー・チョトピタヤスノンド氏は昨日、鳥インフルエンザ・ワクチンの備蓄は、現段階ではタイにとって不要かもしれないと語った。専門家によっても未だH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株がヒトのパンデミックを引き起こすか否か断言できないのである。
 「余りにも多くの科学的な疑問に答えがない現状で、プレパンデミック・ワクチン発注を急ぐ必要はありません」と、鳥インフルエンザ全国会議で同氏は述べた。
 世界保健機関(WHO)が招集した専門家集団は以前、「ヒトと動物の接触におけるインフルエンザの研究」という報告書の中で、不必要なワクチン備蓄に注意を促している。
 米国などの国はH5N1ワクチンを備蓄してきたが、それらがヒトのパンデミック・ウイルス株に有効であるという保証はまったくない。スイスも最近、同国の全国民に接種可能なワクチンを購入する計画を発表した。
 タイでは、公衆衛生省が2年前の鳥インフルエンザ流行期にヒト用ワクチンの予算計上に努めたが棚上げとなった。それはパンデミックが発生しなかった場合は巨額の資金が無駄になるためだったと、同氏は言う。
 16ページの研究報告書が焦点を当てているのは、H5N1ウイルスによる脅威の深刻さがこれからも続くという事である。これはヒトの間での鳥インフルエンザ・パンデミックのリスクが近い将来になくなる可能性が低いためである。
 また同報告書はH5N1ウイルスがパンデミック・ウイルス株となった場合、ヒトからヒトへの感染能力の獲得の状況によっては人類にとって致命的なものであることに変わりはないだろうとしている。
 現時点の症例死亡率は、約256件の症例で152名の死亡であり、約59%となる。
 ワクチンの科学的な研究開発は、プレパンデミック期に抗ウイルス剤オセルタミビルの備蓄と同時に必要とされていた。そうすればタイがインフルエンザ・パンデミックに対応できる可能性が増すからだったと、あるインフルエンザを研究する小児医学専門家は述べている。
 有名なウイルス学者のプラサート・ソングチャロエン氏は、タイのオセルタミビル備蓄は未だ適切からは程遠いものだと強調している。公衆衛生省が備蓄している量は10万回分しかないのに対し、ヒトのインフルエンザ・パンデミックが発生した場合は推定で1500万回分が必要とされる。
 衛生上の記録ではインフルエンザ・パンデミックは40年ごとに起こる傾向があり、そろそろ発生してもおかしくない。
 「政府は数億バーツを投じてオセルタミビルを備蓄する必要がありますが、人命を救うための投資としては価値のあるものでしょう」と、同氏は語っている。
 関連の開発では、疾病抑制部部長のサワット・スンダラチャン氏は、同省は米国や日本といった豊かな国からの寄せられたWHOによるプレッジング・ファンドからの追加予算を求める建議書を送付したとしている。これはインフルエンザ・ワクチン製造工場を現地に作るためのものである。承認されればタイは最大8千万バーツを受け取り、こうしたプラントの設計書を揃えることができる。
 建設には最大6億バーツかかる。サラブリのタンボン・タブ・クワンに位置することになるこのプラントは最大で年に200万回分のヒトのインフルエンザ・ワクチンを生産する能力を持つことになる。
 しかし竣工には4年以上が必要で、衛生専門家は中国企業のシノビック・バイオテクノロジーから製造技術を学んでいるところだと、同氏は述べている。
Fresh Outbreak of Bird Flu Alarms Nigerian Officials Men's News Daily, CA (米国) ナイジェリア政府、新規鳥インフルエンザ発生を警告
 ナイジェリア国内でH5N1鳥インフルエンザ発生が続き、長期間に亘る危険性が続くと、警告。
Vietnam Confirms Avian Flu Outbreak Is Lethal Strain Medical News Today (英国) ベトナム、致死的鳥インフルエンザ発生を確認
Experts Urge Nations To Report Flu Cases Immediately, Share Data Washington File, DC  (米国海外広報) 専門家、各国は鳥インフルエンザ情報を迅速に報告するように警告
 先にアフリカのマリで開かれた「鳥インフルエンザ」国際会議での話題。
Fresh Bird Flu Concerns in Nigeria RedBolivia.com 
Fresh Bird Flu Concerns in Nigeria Chosun Ilbo, South Korea  (韓国) ナイジェリアにおける新規鳥インフルエンザ発生が警戒

 国内で致死的H5N1鳥インフルエンザが家きんの間で流行しているナイジェリアで、さらに新規の発生が相次ぎ、国内で広がっている。

12月20日(水)

Provincial livestock offices nationwide closely monitoring for ... ThaisNews, Thailand  (タイ) タイ、家きんの鳥インフルエンザ発生の監視を強化
 冬期間に入ることから発生の危険性が高まることから監視の強化へ。
Vietnamese region suffers new outbreak of bird flu Scotsman, United Kingdom (英国) ベトナムで新規鳥インフルエンザ発生
Vietnam finds first bird flu outbreaks since August Reuters AlertNet, UK (英国) ベトナム、昨年8月以来初の家きんにおける鳥インフルエンザが発生
 既報とほぼ同じ内容。冬期間に入ることと、飼育農家が死骸を遠方に投棄したことから、メコンデルタ地域でさらに発生する危険性が高いと言われる。
UN Studying SKorea Bird Flu Outbreaks Houston Chronicle, TX  (米国) 国連、韓国の鳥インフルエンザ発生を調査に
 今月韓国で発生した3件の鳥インフルエンザ発生事例を、国連の危機管理センターのチームが調査に入る。国連組織のFAOが19日発表した。
 データを分析し、そこから他の国に拡大する可能性等についても調査する。
Bird flu recurrence triggers red alert in Vietnam Thanh Nien Daily, Vietnam  (ベトナム) 鳥インフルエンザ再興でベトナムに赤信号

 19日に開かれた鳥インフルエンザ対策運営委員会で、Cao Duc Phat農業相は、12月初旬に鳥インフルエンザが発生した2つの省の行政府を、その発見の遅れを非難した。
 12月6日、Ca Mau省のTran Van Thoi地区で鶏とアヒルのヒナ2500羽が鳥インフルエンザで死亡した。後にウイルスが確認された。
 翌日にはBac Lieu省の Hoa Binh地区で、アヒルの5集団で発病が見られ、3500羽のヒナが死亡した。全てH5N1ウイルスが陽性だった。
 委員会によると、ヒナは不正に孵化されたもので、ワクチン接種を受けていないと非難している。
 農家ではこの事件が明るみになる前に死骸を遠方に破棄しているので、現在、鳥インフルエンザが他の地域へ広がる危険性が出ている。
 最近の低温の気候はウイルスを活発化させる。
 Phat農業相は2省に対して、発生地域の迅速な隔離と消毒を指示し、他地域には警戒を強化するように指示した。
 約1億4000万羽にワクチンを接種しているベトナムでは、この13ヶ月間、新規鳥インフルエンザは家きんでも人でも発生していなかった。
 

12月19日 (火)


New bird flu outbreaks in Vietnam Bangkok Post, Thailand  (タイ) ベトナムで鳥インフルエンザ発生
 ベトナムは19日、二箇所での家きんにおける新規鳥インフルエンザ発生を確認したが、1年以上発生がなかった同国としては久しぶりの発生となる。
 2つのメコンデルタ地域の省で数千羽の鶏とアヒルが、拡大防止のために殺処分された。
 2005年の11月以来家きんと人での鳥インフルエンザ発生の報告がベトナムでは無かったが、先週南部のCa Mau とBac Lieu省で大量の鶏とアヒルが死亡し、検査の結果H5N1ウイルスが確認された。ベトナム動物保健局の疫学部門の長官であるHoang Van Nam氏が発表した。
 死亡した鶏とアヒルは、ほとんどが孵化後1ヶ月で、明らかに違法に孵化され、ワクチン接種も受けていない、と同氏は付け加えた。
No bird flu at St.Petersburg zoo - Onishchenko Interfax Russia, Russia  (ロシア) セント・ペテルスブルグ動物園では鳥インフルエンザは発生していない
 死亡したガチョウは、鳥インフルエンザに感染していないことが検査で確かめられた。ロシアの公衆衛生担当責任者が発表した。
2 Geese Die of Bird Flu St.Petersburg Times.ru, Russia  (ロシア) 動物園のガチョウが2羽、鳥インフルエンザで死亡
 動物園側では否定しているが、死亡した2羽のガチョウは鳥インフルエンザにようrものであると、報道関係筋では判断していて、政府にはそのように報告されているようだ。詳細は不明。
White House Reports Progress On Pandemic Prevention KWTX, TX  (米国) ホワイトハウス、パンデミック・インフルエンザ予防対策の進展を報告
 2005年11月1日、ブッシュ大統領は71億ドル予算のパンデミック・インフルエンザ対策計画を議会に提出した。ホワイトハウス国家安全局では、計画の92%が達成されたと発表した。

Flu pandemic Web site light on concrete advice The Capital Times, WI  (米国) パンデミック・インフルエンザのウエブサイトが現実的アドバイスに照明
 ウイスコンシン州パンデミック・インフルエンザ情報ページ
 関連情報は14日に掲載。
Bird Flu Risk Bottoms Out CBS News, NY (米国) 鳥インフルエンザの危険性は底値をつく
 危険要因は減少し、楽観的情報が増加。
 (楽観的情報のみを引用か?:訳者)

 H5N1ウイルスは簡単に人に感染するように変異しない:2006年の「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載されたCDC研究者の論文。フェレットに感染させたH5N1ウイルスは容易に他のフェレットに感染しなかった。さらにH5N1ウイルスとH3N2ウイルス(香港風邪ウイルス)の遺伝子を組み変えたウイルスは、フェレットを発病させなかった。(フェレットは、人のインフルエンザウイルスに感染、発病することから、人の代用として、インフルエンザウイルス感染実験に用いられている:訳者)。
 致死率はそれほど高くはない:WHO統計では致死率は50%以上となっているが、実際には0.71%程と考えられる。本年1月に「Archives of Internal Medicine」に発表されたスウエーデンとベトナムの研究者の論文を引用している。そこでは2004年に3ヶ月間に亘って、ベトナムの田舎で4万5478人の人々を対象に調査し、どの程度の人々が病的になった家きんに接触し、そしてどの程度の人々がインフルエンザ様症状を持ったか調査した。その結果、8149人がインフルエンザ様症状を呈し、650人~750人が、それを家きんから感染したと考えられた。WHO統計では、2004年度における鳥インフルエンザ発病者は29人で死亡者は20人に過ぎない。これは0.71%の死亡率となる。(年間700人 x 4が発病し、20人が死亡:訳者注)。季節性のインフルエンザの致死率は1%程度であるから、差はなく、以上にH5N1鳥インフルエンザの致死率が高いとは言えない。
 (訳者注:ベトナムでの調査が正しいか否かは不明であるが、他の抗体検査による研究では、それほど感染はしていないという報告もある。また季節性インフルエンザ死亡率が1%という高さであるが、これも出典が不明。米国での季節性インフルエンザによる死亡者数は3万人台とされるが、感染者数が300万人程度とは思われないが…)。
 タミフル製造量が増加した。
 タミフルやリレンザのインフルエンザに対する効果が確認された。
 ワクチン製造が本格的になっている。

  等。
France tests dead birds, does not suspect bird flu Reuters AlertNet, UK (英国) フランス、死亡した家きんを調査、しかし鳥インフルエンザを疑っていない
France investigating sudden death of 4000 chickens International Herald Tribune, France  (フランス) フランス、4000羽の鶏の突然死を調査
 フランス農業省の発表によると、家きん農場で鶏4000羽が死亡し、その原因調査中という。初期の印象、解剖では鳥インフルエンザではないように思われる、とされる。
 鶏は16日夜に突然死亡したが、残りの3500羽には異常ないという。
12月17、18日(日、月)

State Pandemic Preparations Vary Widely KFMB, CA 各州のパンデミック・インフルエンザ対策整備状況には大きな差 (AP通信調査)
 印刷用ファイル
 パンデミック・インフルエンザが発生した場合、簡易ベッドや医薬品等を満載したトレイラーがコロラド州中の秘密の場所に待機し、学校体育館における臨時の病院設立に備える。
 ワシントン州西南部地域では、パンデミックの間、ドライブ・スルー方式でワクチン接種を行うことを考えているが、今秋の季節性インフルエンザ接種の経験から言うと、整理のための交通警官が必要なようだ。
 もしアラバマ州でパンデミック・インフルエンザの間学校が閉鎖されるとしたなら、学生達は公共テレビを通じて学ぶことになる。ダラス市では市の図書館員が、発病した「911 operator」の代わりを務める予定になっている。

 各州と地域社会は、ブッシュ政権のパンデミック・インフルエンザ対策の強化の求めに応じて苦慮しながら、地域によって様々な創造的対策を展開しつつある。

 AP通信では、各州の対策準備状況を詳細に調べたが、州によりその状況は様々で統一性がない。

 ほとんど半分の州では連邦政府の対策補助金の他に、対策用に独自の出費はしていない。

 十分量確保できない抗インフルエンザ薬とワクチンの配分に関する倫理的問題が存在している。オクラホマの疫学研究者のブレット・コウセン博士(Dr. Brett Cauthen)はそれを強調する。”最も困難な課題がそこにある”、と同博士は言う。

 いくつかの州では、連邦政府から勧奨されている抗インフルエンザ薬の購入と備蓄をすべきか、または連邦政府から十分量を得ることができるのではないか、と言った論議が続いている。

 いくつかの州では、警備された倉庫に備蓄している他のパンデミック対策用品のリストを示している。例えば450万人分のフェースマスクを備蓄していることを、ニューヨーク州では誇っている。その一方、ウエストバージニア州では、行動計画の最終案の草稿中である。

 ”どのように各州では対策を立てているのか?、そして、如何にして我々はそれを知ることが出来るのだろうか?”、 とCDCのパスカル・ワートレー博士は疑問を呈する。
 ”重要であるが、実行が非常に困難な対策が多く存在している。これは本当の意味でチャレンジなのだ”。

 実際、政府がこの数週以内に各州の対策状況を確認するが、当局者達は、最も重要な課題を解決できている州はほとんどないのではないかと、予測している。
 ・どのようにして食料店に商品を備蓄しておくか?
 ・公共事業従事者が、水道や電気の配給を維持するために、彼等に提供する抗インフルエンザ薬は十分に保存しているか?
 ・もし学校が閉鎖されるとした場合、地域の企業界は従業員が子供達の世話を家庭で行うため、従業員の欠勤を許すだろうか?それとも首にするだろうか?
 ・連邦政府がワクチンと薬品の配給分を、各州に空輸した場合、それは安全に保管され、強奪されることなしに患者に届けられるだろうか?

 ”5000の自治体に全力を尽くして問題を解決してもらう以外、良い方法は思い浮かばない”、と連邦保健福祉省の危機管理対策主任のウイリアム・ラウブ博士は語る。
 ”ある州でうまく運ぶ対策が、他の州でも通用するとか限らない”。

 容易に変異するスーパー・インフルエンザウイルスが2,30年毎に世界で流行する。前世紀は3回流行した。
 最悪の流行事例は1918年のパンデミックで世界中で約5000万人死亡した。米国内では50万人死亡している。もしこの1918年のパンデミックと同程度のものが発生したなら、米国内で人口の三分の一が発病し、190万人が死亡する可能性がある。

 いつでも起きえる次のパンデミックに備えて、CDCは政府に対策を立てるように何年も前から言い続けてきた。この対策はH5N1鳥インフルエンザが世界中で発生しだしてからは、緊急を要する課題となった。2004年には29州だけが何らかの行動計画を作っていたが、現在は紙の上の草案を含めると全ての州で計画を作成している。

 来春、連邦政府保健当局では各州に対してアンケート調査をし、それを集計発表する予定になっている。質問は保健問題だけではなく、地域社会が如何にして経済と社会機能を維持できるかという問題まで踏み込んでいる。
 ラウブ氏は、決してそれは”摘発”ではなく、各州が結果に対して反応することにより、対策の遅れた州が、より対策が進んだ州をまねることが期待される、と考えている。
 ”私はそれにより全ての重要な対策がカバーされるだろうと確信している”、と同博士は付け加える。
 
 現在、初期対策の課題として、病院での患者収容限界、タミフルの購入、学校閉鎖、そして如何に州が流行に対して行動をとるか、が挙げられる。
 レイビ等のグループの研究では、半分の州でパンデミック発生2週後には病院での患者対応能力は破綻するとされる。それは1918年に発生したパンデミック程重度のものでなくてものようだ。
 AP通信が各州の担当者に行ったインタビューでは、保健担当責任者達は繰り返し、病院での患者対応能力は破綻するのは間違いはないが、それはベッド不足が最も重要な原因ではない、と言う。
 ”全ての患者を扱うだけの医療従事者がいない”、とアラバマ州保健局のドン・ウイリアムソン氏が言う。
 看護師不足や他の問題で、今日の病院は保有するベッドの6割に対応出来るだけのスタッフしかいない。パンデミックに陥った場合、これらスタッフは自身が発病したり、発病した家族の看護のために自宅にいなければならない。そのため病院へはやってこれなくなるだろう。
 そのためいくつかの州では様々な創意工夫している。

 コロラド州中の戦略的地点に駐車しているトレイラーには、計6500個の簡易ベッドが積み込まれてあり、学校の体育館、またはイベントホール等に、電力、水、そしてバスルームと共にセットアップ出来る態勢にある。
 州ではこれらのベッドに横たわる感染者を看護するボランティアを募集している。さらに薬剤師から理学療法士まで、通常はインフルエンザ看護に関与しない保健医療関係者のマスターリストを作成している。
 エルパソ郡では退職した医師達の電話バンクを作成している。市民が混雑した病院を受診すべきか、それとも家で安静にしているべきかの相談にのる。

 ルイジアナ州では、親戚関係者が患者を看護するのをサポートするために訪問時間を拡大することや、回復患者に何らかの容易な義務を与えることを考えている。

 カリフォルニア州では、今年1800万ドルの予算を計上して、3個の200床移動病院を購入予定とし、7800万ドルで2万個のベッドを含む医療用具を購入する。
 考え方として、非常に重症な患者は入院とし、中等度の場合は家庭、そして中間型は学校やイベントホール等のベッドに収容すると、している。
 
 病院内ではベッド以外にも不足は色々ある。例えば、ジョージア州では重度のパンデミックの間2万台のレスピレーターが必要と考えられる。州全体で現在は1500台しかない。当局は2000台の携帯用レスピレーターを購入したが、それらの耐久性に関しては不安感が持たれている。

 パンデミックが生じてから、そのウイルスに適合したワクチンが製造されるまで数ヶ月は要する。それまでの期間、タミフルを中心としたインフルエンザ治療薬が重要な存在となる。世界のインフルエンザ専門家達は、人口の四分の一、または米国の場合なら7500万人分の抗インフルエンザ薬の備蓄を勧めている。
 ブッシュ政権は4400万人分のタミフルを購入しつつあるが、各州の購入分と合わせて国家備蓄量とされる。
 各州は残りの3100万人分のタミフルを購入する予定であるが、連邦政府は25%割り引いた価格で提供することになっている。
 ほとんどの州は、少なくともある程度の量は購入予定としているが、現在議会の予算の承認を待っている段階とされる。
 しかしながら少なくとも四州では、これら余分の薬剤を購入するだけの予算が取れるか分からないという。薬剤はスーパー・インフルエンザに効かないかもしれないし、または備蓄していても期限切れになるかも知れない、と消極的態度の理由を付け加える。
 ”それは役立つ可能性もあるし、また全然役立たない可能性もある”、とアリゾナ州の保健局副局長のウイル・ハンブル氏が言う。州は連邦政府からの助成金100万ドルで、66000人分の薬(タミフル)を購入している。しかし同氏は、さらに州が購入するかどうかは分からないと語る。

 ネバダ州は200万ドルの国からの助成金でタミフルを購入したが、さらに購入する考えはないようだ。
 他。
 

「早期封じ込め」へ指針 新型インフルエンザ対策で厚労省 日刊県民福井 
 新型インフルエンザの流行に備え、厚生労働省は、国内で第1号患者が発生した場合の早期封じ込め策や、感染拡大の段階ごとに国や自治体、企業、個人が取るべき行動を具体的に示す指針づくりに着手した。来年1月をめどにまとめ、中央省庁と地方自治体合同の大規模訓練を早期に実施したい考え。
 政府は世界保健機関(WHO)の定義に基づき、新型インフルエンザの患者発生前から世界的大流行に至るまでを6段階に分け、主要な対策を行動計画にまとめている。
 鳥インフルエンザの人への感染がみられる現在は「第3段階」で、この段階までの指針は「診断・治療」などについて作成済み。今回は、人から人への感染が起きる「第4段階」から、世界的大流行の「第6段階」の行動指針を整備する。
 「早期封じ込め」のほか「ワクチン接種」「事業者、職場の感染対策」「個人、一般家庭の感染対策」など11種類を作る予定。同省の専門家会議で検討を進めている。
 同省のたたき台によると、早期封じ込め策は、第1号患者の行動を調査して接触者に抗ウイルス薬を投与することなどを検討。ワクチンは、接種を受ける優先順位を盛り込む。一般家庭に対しては水や食料の備蓄を求める方向で、大流行で多数が死亡し火葬場の焼却能力が限界を超えた場合の対応として、土葬の承認も検討中だ。
  【新型インフルエンザ】  毎年流行するインフルエンザウイルスとは違い、人に感染しなかったウイルスが人から人に感染するように性質を変えて起きるとされる。ほとんどの人は免疫を持っていないため世界的流行になる。20世紀には4000万人以上が死亡したとされるスペイン風邪(1918年)やアジア風邪(57年)、香港風邪(68年)が発生した。現在、人への感染が報告されている高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が新型になる恐れが指摘されている。国の推計では新型が発生した場合の国内の死者は最大約64万人。
12月16日(土)


早期封じ込めに具体的指針 厚労省が1月策定へ 東京新聞 
 新型インフルエンザの流行に備え、厚生労働省は16日までに、国内で第1号患者が発生した場合の早期封じ込め策や、感染拡大の段階ごとに国や自治体、企業、個人が取るべき行動を具体的に示す指針づくりに着手した。来年1月をめどにまとめる方針だ。
 アジアなどで人への鳥インフルエンザ感染が続いて新型発生の危機感が高まる中、具体的指針を求める声が強かった。完成後は中央省庁と地方自治体合同の大規模訓練を早期に実施したい考え。
 同省のたたき台によると、早期封じ込め策は、第1号患者の行動を調査して接触者に抗ウイルス薬を投与することなどを検討。ワクチンは、接種を受ける優先順位を盛り込む。一般家庭に対しては水や食料の備蓄を求める方向で、大流行で多数が死亡し火葬場の焼却能力が限界を超えた場合の対応として、土葬の承認も検討中だ。
Texas prepares for possible pandemic flu outbreak Team 4 News, TX  (米国) テキサス、パンデミック・インフルエンザ対策を更新
 テキサス州のパンデミック・インフルエンザ行動計画は2004年に作成されて以来、数回に渡って更新されてきた。
 来年には州全体での模擬訓練が予定されている。
 地域の保健当局、病院、企業界、および学校も、州の対策に合わせて個々の行動計画を作成してきた。
 州の計画では世界的パンデミックが起きたとき、25~50%が感染発病すると推定している。すなわち500万~1千万人のテキサス人が発病する。このうち20万~40万人が入院する可能性があり、さらに7万5000人~50万人が死亡する可能性がある。
 テキサス州病院協会では、州の554の病院には7万7000のベッドしかないと発表している。
 パンデミックの間、ベッド不足だけでなく、病院での職員確保が最も重大な対策であると、保健当局者達は言っている。
 テキサス州の人口 2200万人

 
 special page

TOP