高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
11月30日(木)


Bird flu vaccine leaves 10 Canadians dead Vancouver Sun (subscription),  Canada  (カナダ) カナダ、タミフル服用で10人死亡、多数の副作用の事実ありと
 タミフル服用により、10人のカナダ人が死亡、そして74人で副作用が認められていたが、カナダ保健省は29日まで発表していなかった。

 カナダ保健省は、タミフル服用による副作用が国際的に警告された2週後の29日に、カナダにおける副作用実態を明らかにした。
 カナダ保健省の発表によると、2000年2月以来、84人のカナダ人がタミフル服用により副作用を呈したが、その中で10人が死亡し、7人の成人で精神的副作用が見られたとされる。
 ほとんどの被害者は60歳以下であったが、20歳以下はわずか2人であった。
 今年度は13人で副作用を認め、3人の女性が死亡している(95歳、88歳、81歳)。
 保健省によると、副作用および死亡と薬の因果関係は明確になっていないとされる。
Conflicting views on Tamiflu WorldPoultry.net, Netherlands (オランダ) タミフルに対する相反する見解
 最近タミフル製品情報添付文書の内容が変わったが、それによると、タミフルを服用することにより、危険な行動を起こす危険性があるとされる。
 タミフル製造会社であるロッシュ社は、製品危険情報を更新し、タミフルは服用患者に妄想状態を生じたり、自己傷害を起こしたり場合があると記載した。それらは必ずしも希な副作用ではなく、特に小児で生じやすいとされる。

 WHOはタミフルを、鳥インフルエンザに対して最も効果的薬と説明している。
 世界各国政府は、タミフルを数百万人分備蓄しているが、その一方で専門家達の間では、それが本当に人の鳥インフルエンザに有効かどうかが論議されている。
 鳥インフルエンザが人から人へ感染する事実は無いにも関わらず、英国政府はすでに1460万人分購入し、米国は2000万人分備蓄している。
 ウイルスは頻繁に変異するために、現在作成されているワクチンが将来出現するウイルスに有効であるとは言い切れない。そのため、ロッシュ社は、”各国政府は、WHOが勧奨しているように、タミフルが鳥インフルエンザに対する決定的薬剤である事を信頼して、パンデミックに備えて備蓄すべきである”、との見解を維持している。
鳥インフルエンザ対策、万全期す 滋賀県が会議・韓国での発生受け 京都新聞 
 韓国南部の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、滋賀県は30日、「県インフルエンザ総合対策会議」を大津市の県庁で開き、県内で発生した時の対応を確認し、緊急連絡体制の再点検をした。
 会議では、担当者が、養鶏業者に防鳥ネットや消毒槽の設置を呼びかける緊急対策巡回を30日から始めたことや、職員の携帯電話の番号を入れた職員間の連絡体制表を新たに作成したことを報告した。2004年12月に策定したマニュアルに従い、緊急時の体制を点検した。 県畜産課は「いつ国内で発生するか分からない状態。監視体制の充実強化と流行防止のため、関係機関の連携を強化したい」としている。
鳥インフル拡散、益山で家禽類77万羽を殺処分 YonhapNews World Service  (韓国->日本語)

全羅北道益山市で鳥インフルエンザの発生が確認された2つの養鶏農場から半径3キロメートル以内にいる77万羽の家禽(かきん)類がすべて殺処分される。農林部の朴弘綬(パク・ホンス)長官が30日、家畜防疫協議会からの建議を受け決定した。家畜防疫協議会は前日、これまでの疫学調査結果などを基に、鳥インフルエンザウイルスの拡散を防ぐため、殺処分の対象となる範囲を従来の半径500メートルから3キロメートルに拡大する必要があるとの判断を下した。

  農林部の調べによると、この範囲内には40の養鶏農場があり、合わせて77万2000羽が飼育されている。26日からこれまでに15万羽が殺処分されたが、処理速度や人手不足のためすべてを処分するには時間がかかる見通しだ。また家畜伝染病予防法に基づき、殺処分された家畜については、時価により100%の補償が受けられるが、補償金規模も急増する見込みだ。

  一方防疫当局は、2番目に鳥インフルエンザの発生が確認された農場が、最初に確認された農場から半径10キロメートルの警戒地域内にあるものの、警戒を促す意味から国家安全保障会議(NSC)などとの協議を経て、鳥インフルエンザ警報の段階をこれまでの「注意」から「警戒」に引き上げた。警報は「関心」「注意」「警戒」「深刻」の4段階となっている。


South Korea to kill poultry in mass to stop bird flu Ninemsn, Australia (オーストラリア) 韓国、鳥インフルエンザ拡大防止のために大量の家きんの殺処分に


 韓国は致死的H5N1鳥インフルエンザの拡大を阻止するために、50万羽以上の鶏を殺処分する。当初ウイルスが検出された農場ではすでに15万羽近い鶏が処分されている。

Japan's Tamiflu stock below government goals for worst-case flu... International Herald Tribune, France  (フランス) 日本のタミフル備蓄量、予定量以下
 
下記と同じ内容
Japan's Tamiflu stock below government goals for worst-case flu... Mainichi Daily News, Japan (日本) 日本のタミフル備蓄量、予定量以下
 日本の抗インフルエンザ薬であるタミフルの備蓄量は、政府がパンデミック・インフルエンザ対策として定めた目標量以下であることが、厚生労働省の当局者が明らかにした。

 日本政府の推定によると、パンデミック・インフルエンザに際し日本人の四人に一人が感染し、2500万人の人々が病院での治療を求める。最悪の事態では、64万人が死亡することも考えられる。
 最悪の事態に備えて日本政府は、タミフルの備蓄量を、2005年12月に立てられたプログラムに従って2500万人分と計画している。しかし、そのプログラムでは備蓄までの時間的スケジュールは定められていない、と厚生労働省の関係者は説明している。
 計画では中央政府が1050万人分、地方行政府(都道府県)が1050万人分を備蓄し、残りの400万人分を、市場で流通している分から備蓄するとされる。
 しかしながら備蓄量は目標に達していない。
 中央政府は750万人分備蓄し、都道府県は525万人分を2007年3月までに購入予定としている。計画された備蓄量の60%に過ぎない。同省の当局者であるMitsuru Tashiro氏の説明である。
 Tashiro氏は市場流通分の備蓄状況に関しては分からないと語っている。
 
 タミフルは広く日本で使われ、1999年から2005年までの世界のタミフルの80%近くが消費されている。これはタミフル発売元であるロッシュ製薬のデータに基づいて、その子会社である中外製薬N説明による。
Rumors of Canada bird flu case not true-official Reuters AlertNet, UK (英国) カナダの鳥インフルエンザ患者の噂は事実ではない
 カナダのケベック州で発生した人での鳥インフルエンザ患者に関する、インターネット上で流れている憶測は事実ではないと、29日、当局者が発表した。
 ”事実ではない”、とケベック州保健省の報道官である、ヘレン・ギングラスさんはロイターに語った。 ”そのような話は聞いていない”

 先に、少なくとも一つの鳥インフルエンザ関連のウエブサイトに、ケベック州のリムスキー町の病院に9歳の少年が入院したと投稿された。
 そこは鳥インフルエンザ専用インターネット討議場(ディスカッション・フォーラム)で、情報源は記されていなかった。タイトルは、「カナダ、ケベック州のリムスキーでH5N1鳥インフルエンザ患者発生の疑い」となっていた。
 情報によると、肺炎を起こした少年が隔離された、とされる。
 リムスキー町は、ケベックの北方310キロに位置している。

 以下は訳者注
   パンデミック・インフルエンザ・フォーラムというウエブサイトであるが、非常に多くの情報が世界中から寄せられ討議されている。専門家から一般人まで多く参加しているが、そこに寄せられる情報は必ずしも科学的裏付けがあるわけではない

 フォーラム掲載ウエブサイト
  なお当情報は、鳥インフルエンザ研究者として世界的に有名なヘンリー・ナイマン博士(個人的研究所を設立)もいち早く関心を示したが、現在、情報は確認できないと、同氏のホームページで記している。
 ナイマン博士のページ

no new cases of resistance to Tamiflu seen in patients infected ... E Canada Now, Canada (カナダ) タミフルが無効の新規鳥インフルエンザ患者は出現していない。むしろ感受性は高まってきている。

 2005年の3月以来、科学的に立証されたタミフル無効のH5N1鳥インフルエンザ患者例はないと、ロッシェ社が発表した。

 季節性インフルエンザ患者数千人のデータにおけるタミフル耐性率は、成人で0.32%、小児で4.1%となっている。小児での耐性率が高い理由として、体内におけるウイルス量が多いことと、増殖期間が長いことが上げられている。
 日本の小児で耐性率が高いとの報告が出ているが、投与量、投与期間が標準以下である例が多い。しかし耐性率が上がってきているという報告はない。
 
 抗ウイルス剤に対する耐性株の出現は、パンデミック計画と対策に重要な問題となる。しかしながら、これまでタミフル耐性H5N1ウイルスに関しては3つの報告しかない。
 一例は、治療量ではなく予防投与量(75mgを1日1回投与)が、すでに症状を呈した患者に用いられていた。
 他の2例では投与開始時期が遅かった(1例は症状発現2日目、1例は6日目)。
 他にはタミフルに対するH5N1ウイルス耐性株は2005年3月以来、同定されていない。
 最近の研究では、1997年に検出されたH5N1ウイルスや現在の季節性インフルエンザウイルスに比較して、2004年と2005年に分離されたH5N1ウイルスは、10倍タミフルに感受性が高い結果となっている。この研究結果によると、ウイルスは、タミフルに対する感受性をより高めてきていることが示唆される。

 
Internet rumours of a human bird flu case in Rimouski exasperate ... Canada.com, Canada  (カナダ) カナダ:ケベック州リムスキーの病院で鳥インフルエンザ患者発生のインターネット界での噂が発生
 リムスキーの病院で小児の鳥インフルエンザ患者が入院との噂が、いくつかのウエブサイトで情報として流されたが、病院当局者は根も葉もない噂であって、小児の呼吸器疾患の患者は1例たりとも入院していないと談話を発表。
Health Canada warns of adverse reactions from Roche's Tamiflu Hemscott, UK (英国) カナダ保健省、タミフルの副作用を警告
 カナダ保健省はロッシェ社製造のタミフルの副作用を警告し、同社に警告文を製品に添付するように伝えた。
 保健省は、タミフル服用で発生する幻覚、異常行動、自殺等の国際的報告を指摘している。
 薬の直接的副作用でこれらの症状が発生しているのか、またはインフルエンザによる高熱、または他の合併症で発生しているのか、不明であると保健省では言っている。
Novartis to sell bird flu vaccine in '08 Dailyrecord.com, NJ  (米国) ノバーティス社、2008年度に鳥インフルエンザワクチン発売予定
 今春ワクチンメーカーのキロン社を買収したスイスの製薬会社、ノバーティス社は、2008年度から実験的鳥インフルエンザワクチンを発売すると発表した。
 ワクチンは季節的インフルエンザに対するワクチンと一緒に医療機関に売られる。スイスのバーゼルに本拠を置くノバーティス社は、2007年末にはEUで承認されるものと考えている。
 人用鳥インフルエンザワクチンは、ノバーティス社、グラクソスミスクライン社、サノフィ・アベンティス社、他約30社が開発競争している。
益山の家禽類処分範囲、77万羽に拡大の見通し YonhapNews World Service  (韓国->日本語)
 全羅北道益山市で、鳥インフルエンザが発生した2カ所の養鶏場から半径3キロメートル以内にあるすべての家禽(かきん)類、合計77万羽が殺処分される可能性が高い。
  農林部が29日に伝えたところによると、同日開かれた家畜防疫協議会で、防疫当局関係者と学会の専門家らがこれまでの疫学調査結果を基にウイルス拡散を防ぐための殺処分範囲を検討し、従来の半径500メートルから3キロメートルに広げる必要があるとして意見をまとめた。処分範囲は農林部の朴弘綬(パク・ホンス)長官が30日に最終判断を下す予定だが、諮問機関の協議会の意見を受け入れ、処分範囲は3キロメートルに拡大される見通しが強い。
  農林部の集計では、2養鶏場の半径3キロメートル以内には40カ所の農場があり、約120羽のアヒルと77万2000羽余りの鶏が飼育されている。このうち14万羽の処分が終わっており、さらに60万羽が処分されることになる。家畜伝染病予防法に基づき、処分された家畜に対しては時価で全額が補償される。処分範囲の拡大に伴い補償規模も大幅に膨らむとみられる。
11月29日(水)

China Bans Poultry From South Korea to Deter Bird Flu  Bloomberg(米) 中国、鳥インフルエンザ防止のために韓国からの家禽輸入を禁止

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 中国は6つの省で韓国からの家禽入乳を禁止した。これは国境からの拡大で鳥インフルエンザが発生することを防ぐためだ。
農業及び疾病隔離担当の当局者に対し、黒龍江省・吉林省・遼寧省・江蘇省・山東省・浙江省での国境を越えてきた貨物への取調べ強化を命じたと、農業部はホームページ上の声明で述べている。
 韓国は11月25日以降、2件の鳥インフルエンザ発生を報告している。これは3年ぶりのもので、この夏に東南アジアで新たに発生してから鳥インフルエンザ・ウイルスが北アジア中に広まっているのではないかという懸念が高まっている。
政府各部は「家禽製品の輸入禁止など、H5N1鳥インフルエンザ・ウイルスへの予防措置を強化すべき」と、韓国に近接する省へ家禽輸入禁止を課するにあたり中国農業部は述べた。
 鳥インフルエンザ研究者が観察するH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株は、ヒトの間で容易に拡大する形態に変異する恐れがある。過去3年間で10カ国において少なくとも258名に感染し、その内153名を死亡させていると、世界保健機関(WHO)は11月13日に述べている。韓国では鳥インフルエンザのヒトへの感染は報告されていないと、ジュネーブに本拠を置くWHOはしている。

中国での発生

 今回の感染は2003年12月の初のH5N1発生以来、韓国では初めてのものである。前回の発生により、4ヶ月で約530万羽の家禽を殺処分した。これは1500億ウォン(1億6100万ドル)に相当した。
 中国では今年7つの省で10件の鳥インフルエンザ発生を経験しており、4万7千羽の家禽が死亡し294万羽の鳥を殺処分したと、中国の主席獣医官のJia Youling氏は11月11日に語っている。
 遼寧省の野鳥からの検体は、青海省やチベットのものと同様に鳥インフルエンザ陽性となっている。遼寧省では1年前、少なくとも4件の鳥インフルエンザ発生が報告されている。
 国連食料農業機関は、中国南部で発見されたH5N1ウイルス株の亜種が7月にタイやラオスで家禽への新たな鳥インフルエンザ発生をもたらしたと、8月に述べた。これは貿易を通じてウイルスが再び持ち込まれていることを示している。
 中国は東南アジアでの新たな鳥インフルエンザ発生に関する非難を受け入れていない。
高病原性AI、益山で再び発生 東亜日報 (韓国->日本語)
 全羅北道益山市(チョルラブクド・イクサンシ)のある農場で、高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生してから8日後に、周辺の農場で再び高病原性AIが発生した。
 政府は当初、徹底した防疫作業を行っているので、AIはこれ以上広がらないだろうと期待したが、今週、追加発生で、AI拡散への憂慮が出ている。
 農林水産部(農林部)は益山市黄登面(ファンドゥンミョン)のある養鶏場で、27日午後、AIと疑われる集団死の事例が報告され、国立獣医科学検疫院が精密に検査したところ、高病原性AIと判明したと、28日明らかにした。 
 同農場は19日、高病原性AIが初めて発生した農場から約3キロ離れたところにあり、1万2000羽の鶏を飼育していた。ここでは26日には6羽、27日には200羽あまりが死んだのに続いて、28日にも400羽余りの鶏が集団死した。
 金チャンソプ農林部家畜防疫課長は、「今回のAIウイルスも最初の農場と同様の『H5N1型』である可能性が高い」とし、「高病原性AIが発生した二つの農場の間にどのような関連性があるのか疫学調査を行っている」と語った。
 政府は、AIの拡散をふせぐため、二つの農場からそれぞれ半径3キロ以内にある鶏やアヒルなどの家禽類をすべて処分することにしたという。
 最初の農場から半径3キロ以内には約17万羽がおり、2番目の農場から半径3キロ以内には約70万羽の鶏やアヒルなどが飼育されている。
 一方、益山教育庁は、高病原性AIが最初に発生した農場から半径1.5キロ内にある咸悅(ハムヨル)中学や咸悦高校など、計5学校の生徒57人については下校、または登校中止の措置をとった。
$1 billion more needed for bird flu - World Bank Reuters India, India (インド) 世界銀行、鳥フル対策に10億ドル以上の追加資金が必要と
 下記と同内容。
World Bank says $1 billion more needed for bird flu Stuff.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) 世界銀行、鳥インフルエンザ対策に、さらに10億ドルが必要と
 アフリカでの対策用に必要な5億ドル以上の資金と共に、13億ドル以上の資金が世界における鳥インフルエンザ対策に必要であると、世界銀行と国連の専門家が本日語った。
 この額は今年1月に北京の国際会議で各国から約束された、19億ドルの世界銀行の資金に上積みされる金額となる。
S. Korea Kills Animals to Stop Bird Flu Washington Post, United States  (米国) 韓国、鳥インフルエンザ拡大防止のために動物の殺処分へ
 専門家達の中に、家きん以外の動物の殺処分に対する懐疑的意見が多い中、韓国当局は益山市周辺の犬、猫、豚などの殺処分を行う。
 益山市の当局者によると、農場で食用に飼育されている677匹の犬と300頭の豚、野良猫、ネズミが殺される。
 またペット用に飼育されている犬も殺処分の対象にされる。
 韓国と米国の動物愛護団体は、家きん以外の動物の殺処分には何ら科学的根拠はないとして、非難声明を出している。
11月28日(火)


韓国でまた強毒性の鳥インフルエンザ確認 朝日新聞
 
Bird flu confirmation tests risk treatment delays WorldPoultry.net(オランダ) 鳥インフルエンザ検査で治療が遅れるリスク

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ発生に関する新たな2件の研究の結果によると、標準的な鳥インフルエンザ検査による遅延が危険な治療の遅れにつながりうるという。
 ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに発表された研究は、トルコとインドネシアにおける鳥インフルエンザの家族間の集団感染例に焦点を当てている。
 研究者によると、標準的な検査によりウイルスを検知することは困難で時間がかかるため、この遅延によって患者が誤って診断される危険があるという。
 報告書によれば鼻と喉のぬぐいによる迅速な検査は毎回失敗し、トルコでは全てELISA法と呼ばれるフォローアップを行うこととなったという。
 一貫して有効だった唯一の検査はポリメラーゼ連鎖反応検査(PCR)であるが、これは先端的な検査施設でのみ可能で数時間を要する。
 ヴァイル・コーネル医科大学の小児医学・免疫学教授のアン・モスコーナ博士は「誰にでもPCRを使わなければならないとしたら、悲惨なことになります。どこででも使用できるものでは決してないからです」と述べている。
 H5N1インフルエンザがパンデミック・ウイルス株に変異すれば、迅速な検査が「本当に重要な鍵になります」
Roche rejects claims of increased Tamiflu resistance in H5N1 ... Forbes, NY  (米国) ロッシュ社、H5N1ウイルスに対するタミフル耐性報告を否定
 スイスのロッシュ社はH5N1ウイルスに感染した患者が、タミフル治療に反応しづらくなってきているという報告(タミフル耐性株が増えてきている)に対して、2005年3月以来新鮮例はいないとして、否定した。
 ”この2,3ヶ月間、タミフル耐性H5N1ウイルス株が増加してきているという誤った見方が出ているが、それは何ら科学的根拠に基づいたものではない”、とバーゼルに本社を置くロッシュ社ではコメントを発表した。
 ロッシュ社は、タミフルはWHOが推奨している通り、各国政府にとってパンデミック・インフルエンザ備蓄用薬として、十分信頼出来うるものであると、説明している。
RPT-S.Korea says second bird flu case is H5N1 strain Reuters AlertNet, UK - (英国) 韓国、二例目の鳥インフルエンザ発生事例もH5N1ウイルスによると発表
 韓国政府は28日、二例目の鳥フル発生事例も、H5N1ウイルスによるものであることを確認したと発表した。
 農業省によると、二例目の発生地は全羅北道益山市の、1例目の農場から3キロ離れていて、鶏が200羽前後死亡したとされる。
Indonesian woman dies of bird flu -health ministry Reuters AlertNet, UK  (英国) インドネシア女性鳥インフルエンザで死亡:保健省発表
 35歳インドネシア女性が鳥フルで死亡し、インドネシアで57人目の死者となったことが保健省から発表された。
 女性は西ジャワに住んでいて、今月初旬からジャカルタの病院で治療を受けていた。(13日の報道で既報済み)。
 女性は鶏卵に接触した既往があり、また周辺で家きんが死亡した報告もあったとされる。
益山で2件目、高病原性の鳥インフル感染を確認  YonhapNews World Service (韓国->日本語)
 全羅北道益山市の養鶏場で19日に高病原性の鳥インフルエンザが発生したのに続き、同じ益山で2件目の感染が確認された。農林部が28日、明らかにした。
  今回感染が確認されたのは最初に発生した養鶏場から約3キロメートル離れた養鶏場で、27日午後、鳥インフルエンザで鶏が死んだ可能性があると申し出ていた。国立獣医科学検疫院が精密検査を実施した結果、高病原性の鳥インフルエンザと判明した。
  拡散を防ぐため、この養鶏場から半径500メートル内の地域が家畜殺処分の範囲に設定される予定だ。防疫対策本部によると、この地域に鶏を飼育する別の農家はないため防疫作業に大きな問題はないようだ。
  鳥インフルエンザの潜伏期間は通常3日程度で、今週半ばまでに新たな感染例が発見されなければ防疫がある程度成功したとみなすことができた。しかし、2件目の感染が確認されたことで、長期にわたる拡散の可能性も懸念されている。
鳥インフルエンザ発生初期から防疫・監視に穴 中央日報  (韓国->日本語)

鳥インフルエンザ(AI) 発生で全国が超非常事態となったが、現場の防疫や監視体系はあちこちに隙がある実態を見せている。

  高病原性鳥インフルエンザと確認された全北益山(チョンブク・イクサン)の養鶏農場主は、地方自治体など関連機関に申告せず、死んだニワトリを数百キロを積んで運ぶなど監視体系がおろそかだった。

  また主務部署である農林部は発病1週間が経っても発病場所半径500メートル以内の家畜現況さえまともに把握することができなかった。最初の発生以後、申告が遅かったことも問題となった。現在、鳥インフルエンザが発生した全国4地域はすべて最初の集団死後4~6日が過ぎてから防疫当局に届け、早期防疫に支障を来たした。

  ◆監視システム未備=鳥インフルエンザが発生した益山の農場主李某さん(56)は22日午前に死んだニワトリ5羽をビニールで包装した後、自分の乗用車に載せて京畿道安養(キョンギドアニャン)にある国立獣医検疫科学院を訪れた。

  李さんの農場では19日(19羽)→20日(200羽)→21日(400羽)→22日(5000羽)相次いでニワトリたちが死んで行ったが、地方自治体に知らせなかった。このために全北道や益山市は獣医検疫科学院から22日午後「疑死鳥インフルエンザ」という通報を受ける前までは集団死の事実さえ知らなかった。李さんは「ニワトリたちが勝手に死んで行き、状況が緊急な上に地方自治体に届ける場合、むしろ時間ばかりむだ使いすることと思い、直ちに国立獣医科学検疫院に駆け付けた」と言った。農林部はまた汚染地域の処分対象統計を誤って出すなど状況把握もきちんとされなかった。
 農林部は鳥インフルエンザが「高病原性」だと判明されると26日、汚染地域(500メートル以内)内のニワトリ23万羽を処分すると対策を出した。しかし実際ここの4農家には18万6000羽のニワトリしかいなかった。一部の農家で育てたニワトリが2~3週前に搬出されたことを把握さえできていなかったのだ。
  ◆防疫活動に隙=現場初期の防疫活動はずさんだった。全北道は「疑死鳥インフルエンザ発生」発表の次の日の23日午前10時、発生農家500メートル以内の接近を禁止し、車両通行を制限すると明らかにした。しかし発生農家の入口200メートル地点に臨時警戒所を設置して進入を阻んだだけで村の入口は開放された状態だった。警戒所周辺には警察と公務員など20人がいたが、大部分制服はもちろんマスクさえ付けない状態で勤務していた。また発生農家から200~300メートルほど離れた農家の庭先では数百羽のニワトリが歩き回る場面も目撃された。

  おまけに周辺農家の住民たちは鳥インフルエンザの発生事実すら知らないほど広報は十分でなかった。住民たちは「一体何があったのか、どうしてこんなに人が寄り集まっているのか」と問い返すほどだった。

  朴弘綬(パク・ホンス)農林部長官は「これからは死んだニワトリや農場勤労者の移動なしに迅速な検疫が行われるようにする」とし「28日、全国地方自治体と農協など関係者が集まって全国的な防疫対策会議をする予定」と言った。




Bird Flu Outbreak Plagues Korea The Seoul Times, South Korea (韓国) 鳥インフルエンザ、朝鮮半島を襲う(北朝鮮の平城でも発生)
 鳥インフルエンザは朝鮮半島に広がっている。11月に鶏とアヒル1万羽が殺処分された。11月26日には韓国当局は、益山で23万6000羽の家きんを殺処分した。
 一方、朝鮮中央通信( Korean Central News Agency (KCNA))によると、平城のHadang農場で10万羽以上の家きんが殺処分された。(この情報については詳細不明:訳者)。
 いずれの国でも人の感染者は出ていない。
 …
 …
More Chickens Die Near Epicenter of Bird Flu Outbreak Chosun Ilbo, South Korea  (韓国) 鳥インフルエンザ発生震源地近くでさらなる発生
 全羅北道益山市の養鶏場から3キロメートルほど離れた地域の農場で、新規鳥インフルエンザ発生が確認された。血液検体は国立獣医科学検疫院に送られ、28日中には詳細が判明する予定。
 農業省の推定では死亡した鳥が少ないことから、強毒性ではない可能性が高いという。農場からの報告では12000羽飼育している鶏のうち、26日に6羽、27日に200羽死亡したという。
益山でまた鳥インフル陽性反応、当局が精密検査 YonhapNews World Service (韓国->日本語)
 高病原性鳥インフルエンザが発生した全羅北道益山市の養鶏場から3キロメートルほど離れた地域で、新たに鳥インフルエンザの発生が確認された。農林部と全羅北道が27日、明らかにした。
  農林部によると、該当養鶏場は最初に鳥インフルエンザが確認された養鶏場から半径3キロメートル以内の「危険地域」付近に位置している。1万2000羽余りの鶏を飼育しているが、26日に6羽、27日に200羽余りが死亡した。農林部はサンプルを摂取し国立獣医科学検疫院に精密検査を依頼しており、高病原性かどうかについては28日午後にも明らかになる見通しだ。
  また農林部など防疫当局は、該当養鶏場と最初の発生養鶏場との関連性について調査を行っている。全羅北道でも、同農家を完全統制し調査を行っているほか、地域内の全農家に対する調査を強化している状態だ。


統制されている養鶏場前=28日、益山(聯合)

Cat, dog cull in flu reaction The Standard (香港) 韓国、鳥インフルエンザ騒動で猫と犬が殺処分に

瑞山-楊平で確認された鳥インフルエンザは低病原性 東亜日報  (韓国->日本語)
 全羅北道益山市(チョルラブクド・イクサンシ)で高病原性の鳥類インフルエンザ(AI)が発生し、波紋が広がっているなか、忠清南道瑞山市(チュンチョンナムド・ソサンシ)と京畿道楊平郡(キョンギド・ヤンピョングン)でも鶏が集団死した。しかし、これは高病原性の鳥類インフルエンザより危険性が低い低病原性の鳥類インフルエンザによるものだったと確認された。
 農林部は瑞山の養鶏場で鶏が集団死し、国立獣医科学検疫院が精密検査を行なった結果、低病原性の鳥インフルエンザが原因であることが確認されたと、27日明らかにした。一方、京幾道が27日伝えたところによると、楊平郡介軍面(ケグンミョン)のチョン某(67)氏が、自分の農場で飼っていた鶏およそ1700羽のうち約800羽が、21日から最近までの間に集団死したと申告した。
 京畿道が国立獣医科学検疫院に検死を依頼したところ、集団死の原因は低病原性の鳥インフルエンザだった。低病原性は死亡率が低く、人体にも影響がないことから、病気として分類されない。
 朴ホンス農林部長官と柳時敏(ユ・シミン)保健福祉部長官は同日、合同の記者ブリーフィングで、「鳥インフルエンザが発生した地域の鶏肉と鴨肉などは市中に流通させず、屠殺の過程でも徹底した衛生検視が行なわれている」とし「行き過ぎた不安感を持たないように」と要請した。
 しかし、公務員らが主要顧客である政府果川(クァチョン)庁舎の構内食堂では、27日からチキンスープ、鶏肉の揚げ物など鶏肉に関連したメニューがなくなっており、議論が広がっている。
 構内食堂側は「顧客がタマゴ入りの肉料理にも手をつけず、そのまま残していたため、鶏関連の食べ物をメニューからはずしたものと聞いている」と伝えた。
Bird flu fear: S Korea to kill cats, dogs Times of India, India  (インド) 鳥インフルエンザ脅威:韓国、犬と猫の殺処分へ
 韓国当局は、H5N1鳥インフルエンザ発生農場の半径500メートル以内の鶏23万6000羽と、全ての猫と犬の殺処分を30日までに終えると発表。
South Korea to Slaughter All Livestock Near Bird Flu Epicentre International News Service, Australia  (オーストラリア) 韓国、鳥インフルエンザ発生地周辺の全家畜を殺処分に
S. Korea to Kill Cats, Dogs to Stem Bird Flu Spread FOX News (米国)韓国、鳥インフルエンザ拡大防止のために猫と犬を殺処分に
State bankers prepare for bird flu Charlotte Business Journal, NC  (米国) 州の銀行で鳥インフルエンザ対策計画

 ノースカロライナ州銀行協会(North Carolina Bankers Association)は、パンデミック・インフルエンザ発生に対する金融機関の対応のために、セミナーを開く。
 協会の説明によると、パンデミック発生により、銀行が前もって対策を取る必要がある破滅的経済的大損害が生じる可能性が高いという。
 医学技術と治療方法の進歩にも関わらず、パンデミックが発生した場合、米国人の200万人が死亡し、国内総生産が5%は低下すると、米国議会予算局では推定していると、協会は説明している。
 セミナーは12月5日に開かれ、鳥インフルエンザが人に感染する様式、そして金融機関はそれに如何に対策をとるべきかを論議する。

South Korea to Kill Cats, Dogs Washington Post, United States (米国) 韓国、犬と猫の殺処分に
 下記と同内容(AP通信)。

South Korea Plans Mass Dog, Cat Slaughter KLTV, TX  (米国) 韓国、大量の犬と猫の殺処分計画

 韓国は先週致死的鳥インフルエンザが発生した農場周辺から、ウイルスが拡大するのを防ぐために大量の犬と猫を殺処分することを発表した。
 半径500メートル以内の鶏23万6000羽と、豚、犬、猫全ての殺処分を30日までに終える予定とされる。犬と猫の数については未発表。
 犬と猫の殺処分には多くの論議が起こっているが、2003年に同じように致死的鳥インフルエンザが発生したときも、犬と猫の殺処分が行われたと語っている当局者もいる。
 また韓国では犬を食用として繁殖させていて、そのために殺処分することも行われている。
 専門家によると、鳥インフルエンザ拡大防止策として、犬と猫の殺処分は異例のことであり、ウイルスを保持しているという根拠はないと言うが、別の韓国筋の当局者は、発表していないだけで、他国でも犬の殺処分はされていると言う。
 
11月27日(月)


韓国中西部でも鳥インフルエンザ、鶏1000羽死ぬ 読売新聞 
 韓国農林省は27日、韓国中西部の忠清南道瑞山市の養鶏場で20日から26日にかけ、約1000羽の鶏が死んだと明らかにした。
 1次検査を行った結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たが、同省は「毒性の弱いタイプの可能性が高い」としている。聯合ニュースによると、この養鶏場は、毒性の高い「H5N1型」ウイルスが検出された全羅北道益山市の養鶏場で産まれたヒナを飼育していた。国立獣医科学検疫院で現在、精密検査を進めている。
 韓国では11月19日以降、計約8000羽の鶏が鳥インフルエンザで死んでおり、韓国政府は各地の養鶏場に注意を呼びかけている。
瑞山の鶏大量死は低病原性鳥インフル、農林部が推測 YonhapNews World Service  (韓国->日本語)
 農林部は27日、忠清南道・瑞山市の養鶏場で鶏が死んだ原因は低病原性の鳥インフルエンザである可能性が高いと明らかにした。
  農林部関係者は、瑞山市の養鶏場から検査の依頼を受け国立獣医科学検疫院で精密検査を行っているが、死んだ鶏の規模や回復状況、解剖結果などを総合的に考えると低病原性の可能性が高いと説明している。この養鶏場では20日に130羽、21に238羽、22日に154羽と、26日までに1000羽余りの鶏が死んだ。
  全羅北道・益山で今回発生した高病原性の鳥インフルエンザは死亡率が高く、人体に感染する可能性もあるが、低病原性鳥インフルエンザは家禽(かきん)類に比較的発生しやすい疾病で、毎年全国で20件ほど確認されている。
Bird flu spreads in South Korea despite quarantine measures Yonhap News, South Korea  (韓国) 隔離対策にも関わらず韓国での鳥フル拡大の傾向
 H5N1鳥フルが発生した益山北方の瑞山においても、数羽の鶏で鳥フルが確認された。政府が27日発表した。
 感染が確認された雛は益山の家きん農場から出荷された卵から生まれたものであると、当局は発表した。
N. Korea steps up preventive measures against bird flu: KCNA Yonhap News(韓国) 北朝鮮、鳥インフルエンザ予防措置を強化:朝鮮中央通信
 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 韓国での鳥インフルエンザ発生に伴い、北朝鮮もこの高毒性の疾病への予防措置を強化していくと、北朝鮮の主要報道機関が報じた。
 同国の公式通信社である朝鮮中央通信によると、北朝鮮の疾病抑制を担当する機関はH5N1ワクチンを家禽に接種したという。
 また国境沿いの監視所は疾病抑制の機関と連携を密にし北朝鮮への鳥インフルエンザ拡大を封じ込めているという。
 「動物衛生を担当する機関はこれまでになく重要な役割を担っており、鳥インフルエンザ向けの隔離計画がこれまでにないほど活発に実施されています」と報じられている。
 ソウルの南230kmの益山で先週発生した鳥インフルエンザによって、数千羽のニワトリが死亡している。韓国政府は先週、死因が高毒性の鳥インフルエンザ・ウイルス株によるものだと認めている。
 このウイルスはそのままにしておけば、変異し他の家畜同様にヒトに感染する能力を持つと考えられている。
H5N1 Bird Flu Outbreak in South Korea ShortNews.com, Germany (ドイツ) 韓国(の家きん農場で)でH5N1鳥インフルエンザが発生
 韓国の全羅北道で6000羽の鶏が、渡り鳥から感染したと推定されるH5N1鳥インフルエンザウイルスで死亡した。同国として3年ぶりとなる。
 ”H5N1ウイルスによるものである”、と農業省担当官が発表した。農業省は当該農場から半径500メートル内の家きん23万6000羽の殺処分を指示した。また半径10キロ内からの家きんの移動も禁止された。
State planning for flu pandemic that could kill 3,000 Vermonters WCAX, VT (米国) バーモント州、パンデミック対策行動計画を作成
 人口約60万人のバーモン州ではパンデミック・インフルエンザ発生で約3000人が死亡すると推定されている。同州の年間死亡者数は5200人。
 パンデミック発生時には、学校は閉鎖され、公共の場での集会は禁止される。多数の患者診察・治療のためにテントや体育館が州全体で使われる。インフルエンザ薬は配分され、病院は不要不急の医療は中止される。
Transparency plea over bird flu The Standard, Hong Kong (香港) 次期WHO事務局長チャン氏、鳥インフルエンザ情報の透明性を要求
 次期WHO事務局長の中国(香港)出身のチャン氏は、WHO参加国の代表を集めて、鳥インフルエンザに関する情報の透明性を訴えた。
 また同氏は、中国に関して、その公衆衛生上の情報に関して他の国が多大な関心が持たれている大国である。中国は地域の公衆衛生に関して、良い国際協力関係を築くことに努力している、と新華社のインタビューに答えた。
Tests Show Ohio Poultry Free Of Bird Flu NewsNet5.com, OH  (米国) オハイオ州、これまでの家きんでの鳥インフルエンザ検査は陰性と
 オハイオ州家きん協会( Ohio Poultry Association)では、本年度18000羽に上る鶏、七面鳥、さらに他の家きんに関して致死的鳥インフルエンザウイルスの検査を行ってきたが、全て陰性だったと発表した。今後も調査は継続する予定。
 他に州農業局でも鳥インフルエンザの検査が行われている。
11月26日(日)

South Korea Begins Slaughtering Poultry Wyoming News, WY  (米国) 韓国で家きんの殺処分が始まる
 毒性の強いH5N1ウイルスによる鳥インフルエンザが発生した農場周辺での家きんの殺処分が26日始まったと、韓国農業省が発表した。



北朝鮮、韓国での鳥インフルエンザ発生を報道 YonhapNews World Service (韓国->日本語)
 北朝鮮の朝鮮中央放送と平壌放送は26日、韓国で鳥インフルエンザが発生したことを報じた。韓国メディアの報道を引用し、全羅北道益山市の農家で鳥インフルエンザのウイルスが発見され鶏6000羽が死んだことや、京畿道平沢市でも呼吸器系の異常症状を示した鶏が大量死した事実を伝えた。
  昨年3月に平壌で鳥インフルエンザが発生した際、北朝鮮はこの事実を発表し韓国をはじめとする国際社会の支援を求め、韓国は拡散防止に向けた支援に乗り出した。
鳥インフル発生農場主夫婦「検査で陰性」 中央日報 -(韓国->日本語版)
 高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生した全北益山市咸悦邑石梅里(チョンブク・イクサンシ・ハムヨルウプ・ソンメリ)A農場主のイ某さん(55)夫妻は簡易検査の結果、人体には感染されていないことがわかった。
  26日、疾病管理本部によると農場に居住しているイさん夫妻を対象に簡易診断キットにより検査をしたところ、陰性反応が出たとし、人体には感染していないものと暫定推定した。またAIが初めて発生した19日前後にこの農場に出入りした住民ら10人余りも検査したが何の異常もなかったと付け加えた。
  しかし疾病管理本部は23日、この夫婦から採取した血液と尿などの精密検査の結果が出てみなければ正確な結果は分からないとしている。疾病管理本部はこのウィルスの潜伏期間を考慮し、発生3週目に血液および尿検査を追加で実施する計画だ。
  疾病管理本部は「イさん夫婦が簡易検査結果のみならず類似の症状も見せていないので感染されていないものと判断できる」と話している。
鳥インフルエンザ:忠清北道の各自治体、予防に総力 朝鮮日報  (韓国->日本語版)
 全羅北道益山と京畿道平澤で鳥インフルエンザ(AI)が発生したことにより、養鶏農家が多い忠清北道内の各地方自治体が特別防疫対策を立てるなど、予防に総力を傾けている。
 26日、清原郡は事業費6000万ウォン(約745万円)を緊急投入して消毒薬品3660キロ相当を養鶏農家に供給、週1回以上畜産施設に対する消毒を実施する計画だということが分かった。
 芙蓉面登谷里チュングァン農園の産卵鶏密集飼育地域には、防疫車を利用して週1回以上消毒することにした。
 また、畜産施設に外部車両、外部の人間の出入りを統制し、どうしても出入りしなければならない時には消毒を徹底的にした後で出入りするようにした。ニワトリなどを出荷する農家への立ち入りをしばらく慎むよう措置をとった。
 報恩郡も特別防疫対策状況室を24時間運営するなど、AIの防疫に緊張が張りつめている。
 郡内26の養鶏農家(55万匹羽育)別に予防要員を指定して予防活動をしており、ニワトリなどと渡り鳥の接触を防ぐため、飼育場や史料倉庫などに網を設置するよう誘導している。
 また、養鶏農家に畜舎の消毒薬品510キロを供給した。
 郡の関係者は、養鶏場内の外部の人間、車を統制し、畜舎の消毒を徹底的にするよう要請した。
South Korea begins slaughtering poultry Bradenton Herald,  United States  (米国) 韓国、家きんの殺処分を開始
 26日、韓国当局は高毒性のH5N1鳥インフルエンザが鶏農場で発生したため、20万羽以上の鶏の殺処分を開始した。
 益山の発生農場周辺半径1650フィート内の236000羽の家きんが対象になる。
S Korea confirms H5N1 bird flu outbreak ABC Online, Australia  (オーストラリア) 韓国、H5N1鳥インフルエンザ発生を確認
 下方ロイターと同内容。
Highly virulent strain of bird flu confirmed in South Korea Yonhap News, South Korea  (韓国) 韓国で高毒性の鳥インフルエンザウイルスが確認

韓国の鶏大量死、鳥インフルエンザと確認 日本経済新聞

 韓国農林省は25日、南西部の全羅北道益山(イクサン)市の養鶏場で死んだ約6000羽の鶏を精密検査した結果、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと発表した。
 同市の防疫対策本部は同日、養鶏場の残る約6000羽の鶏と犬2匹を追加処分。さらに同養鶏場の半径500メートル以内にある6カ所の養鶏場で飼われている鶏やアヒルなど23万6000羽をすべて処分する方針を決めた。半径3キロ圏内の養鶏場で生産された卵なども廃棄し、半径10キロ圏内では家禽(かきん)類の移動を禁止する。
 韓国では2003年末から04年春にかけて養鶏場などで19件のH5N1型の鳥インフルエンザの大量感染が発生し、鶏やアヒル計530万羽が処分された経緯がある。
South Korea confirms outbreak of bird flu New Zealand Herald, New Zealand  (ニュージーランド) 韓国、鳥インフルエンザ発生を確認
 ロイター記事と同じ。

South Korea confirms bird flu of H5N1 strain  Reuters AlertNet  (英国) 韓国H5N1ウイルスを確認

 韓国は25日、家きん農場で発生した鳥インフルエンザは高毒性のH5N1ウイルス( highly virulent H5N1 strain )によるものであると発表した。同国としては3年ぶりに、人に対しても致死力のある鳥インフルエンザの発生になった。
 農業省は今週早くに、南西部の渡り鳥のルートに当たる地域の農場で6000羽の鶏が死亡し、原因は鳥インフルエンザと考えられていることを発表した。
 ”それはH5N1ウイルス株である”、と農業省の担当者は25日、検査結果が出た後、電話で答えた。
 農業省の発表によると、ソウルの南方170キロの全羅北道の当該農場の半径400メートル以内の家きん、236000羽の殺処分が指示された。
 隔離担当当局者達は半径10キロ以内の農家221軒が飼育する500万羽以上の家きんの出荷を禁止した。
 他の農業省のスタッフとの電話インタビューでは、地域住民や隔離担当者の間では感染者は出ていないとされる。
 2003年12月から2004年3月まで、40万羽の家きんが韓国の農家で鳥インフルエンザに感染した。その流行の間、韓国では530万羽の家きんが殺処分され、そのための経費として16億ドル要した。
 引き続き米国で行われた検査で、鶏の処分に関与した作業員の中で少なくとも9人がウイルスに感染していたことが分かった。しかし明確な症状を呈した発病者はいなかったとされる。

鳥インフルエンザ感染確認 韓国鶏大量死 24万羽処分へ 中日新聞
 韓国農林省は25日、南部の全羅北道益山市の養鶏場で大量死した鶏を検査した結果、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)感染を確認したと発表した。韓国での感染例は約3年ぶり。政府は、発生農場から500メートル以内の約24万羽の鶏やカモなどを処分する方針だ。
 政府は、発生源の農場から3キロ以内を「危険地帯」に指定。この農場から供給された卵約600万個のほか、危険地帯内で生産された卵をすべて処分する。さらに約505万羽以上の鶏とカモが飼育されている同10キロ以内の地区を「警戒地域」とし、鳥類の移動を禁止する。
 益山市の養鶏場では19日以降、鶏約1万3000羽のうち約7000羽が大量死。残る約6000羽も処分された。
 一方、農林省は200羽以上が死んだ韓国北西部・平沢にある養鶏場の鶏を検査した結果、死因は致死率が低く感染力も弱い低病原性の鳥インフルエンザだったとしている。


韓国の鶏大量死 毒性強いH5N1型と確認
 日テレNEWS24 
 韓国南部・益山の養鶏場で先週、鶏約6000羽が死んだ問題で、韓国農林省は25日夜、毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザによるものと確認されたことを明らかにした。
 感染拡大を防ぐため、半径500メートル以内で飼育されている鶏など約23万6000羽を殺処分にするほか、半径10キロ以内にいる家禽(かきん)類の移動を禁止する措置を取る。
 韓国では03年から04年にかけてもH5N1型の鳥インフルエンザが発生し、ヒトへの感染が確認されている。
SK to slaughter 236 000 poultry News24, South Africa (南アフリカ) 韓国、23万6000羽の家きんの大量殺処分に
 韓国隔離対策局(quarantine officials)では、高毒性のH5N1ウイルスが検出されたため、当該農場の鶏236000羽を殺処分にした。農業省が25日発表した。
 発生はソウルの南方250キロのイクサン(益山)で起こったが、結果的に6700羽の鶏が死亡した。
 検査結果では発生は”高病原性”のH5N1ウイルス("highly pathogenic" type of H5N1 virus)によるものであることが、農業省の発表の中で言われた。
 発表によると、当該農場周辺500メートル以内の家きん236000羽の家きんは、鳥インフルエンザ拡大防止のために殺処分される。
 ”高病原性”のH5N1ウイルスは家きんに対して致死的であるが、人に対しての危険性は低い(人へは簡単に感染しない、という程度の意味だと思うが:訳者)、と韓国疾病管理センターの当局者のKwon Jun-wookが語った。
 農場経営者の健康状態には変わりはないとされる。
South Korea Confirms Bird Flu Outbreak On Migratory Bird Route  All Headline News  (国際) 韓国、渡り鳥のルート上での鳥インフルエンザ発生を確認
 
 ソウル南方100マイルの地で見つかった鳥インフルエンザの発生は、人をも殺す可能性のある毒性の高いH5N1ウイルスによるものであることが分かった。感染地域は渡り鳥のルートになっている。
 ウイルスの確認は国立獣医研究隔離対策で行われ、発生株はH5N1ウイルスであることが網業森林省の報道官から発表された。
 報道官は、農業省は鳥インフルエンザ発生地周囲の隔離と、半径6.2マイル内の23万6000羽の鶏と他の動物の殺処分、そして埋葬した。
11月25日(土)

MBCニュース (韓国)
 事実上高病原性H5N1鳥インフルエンザが発生と報道。
South Korea confirms bird flu of H5N1 strain Reuters.uk, UK  (英国) 韓国、H5N1鳥インフルエンザを確認
 韓国政府は25日、鳥インフルエンザが発生した家きん農場に関して、ウイルスはH5N1ウイルスであることを確認したと発表した。
 高病原性か否かについてはさらに分析中と発表。
Iksan hit by virulent strain of bird flu, government says Yonhap News, South Korea (韓国) 全羅北道益山市で発生鳥インフルエンザは強毒性株(H5N1ウイルス)によるものと確認
 ソウル南方230キロの益山で発生した鳥インフルエンザは、強毒性株によるものであることを韓国政府は25日確認した。
Official: South Korean bird flu outbreak caused by virulent H5N1 ... International Herald Tribune, France  (フランス) 韓国当局発表:鳥インフルエンザは強毒性H5N1ウイルスによるものと確認
 韓国の鶏農場で発生した鳥インフルエンザは、強毒性のH5N1ウイルスによるものであることを確認したと韓国政府が25日発表した。
 ”ウイルスはH5N1ウイルスであることが確認されたが、低病原性か高病原性か、確認する必要がある”、と国立獣医学研究隔離対策局の主任研究者であるKim Jae-hongが語った。
 株の保有する病原性については25日に、後ほど発表すると当局では言っている。
All animals at farm hit by bird flu culled, quarantine being ... Yonhap News, South Korea  (韓国) 鳥インフルエンザ発生農場の全動物が殺処分、さらに隔離が強化
 下記の英語版
鳥インフルエンザ疑い、益山で鶏6千羽を殺処分 YonhapNews World Service (韓国->日本語版)
 鳥インフルエンザ発生の疑いが強まっている全羅北道益山市で、疑い例が見つかった養鶏場で鶏6000羽が殺処分された。益山市に設置された防疫対策本部は25日、高病原性の鳥インフルエンザの可能性が高いことから、病原菌の拡散を防ぐため同日午後にこの養鶏場で飼育されていた鶏のほか、犬2頭を殺処分した。鳥インフルエンザと関連し鳥以外の動物が殺処分されたのは国内では今回が初めて。これに先立ち、同じ養鶏場で19日から22日にかけて鶏6000羽が大量に死んでいるのが見つかっている。
  対策本部はまた、高病原性であることが確認された場合には、発生した養鶏場の半径500メートル以内にいる鶏、アヒル、犬、猫などを殺処分する方針だ。
韓国産鶏肉の受難 東亜日報 (韓国->日本語版)

日本政府が24日、韓国産の鶏肉輸入を中止した。

塩崎恭久官房長官は同日「韓国で鳥インフルエンザ(AI)の疑いのあるウイルスで、鶏6000羽がのたれ死にしたという報道があったと聞いている」とし「韓国側に詳細な情報提供を要求している」と話した。

日本全域の国際空港と港湾などの動物検疫所では、23日から韓国産の鶏肉について輸入検疫証明書の発給を中断しており、空港では韓国から入国する人々の靴底を消毒するようにしている。日本が輸入する韓国産鶏肉は年間約1500tに達する。

▲自治体は検疫非常〓全羅北道益山市(チョルラプクド・イクサンシ)の養鶏所で擬似のAIが発生した後、各自治体は拡散を防ぐために非常対策状況室を設置するなど防疫に大忙しだ。

全国の各市・道は鶏飼育農家に生石灰を供給し、消毒薬の購入を増やす一方、主要道路のあちこちに検問所を設置し、益山地域で生産された鶏と卵の移動があるかどうかを点検している。

また、忠清南道浅水湾(チュンチョンナムド・チョンスマン)と京畿道(キョンギド)シファ湖、坡州市臨津江(パジュシ・イムジンガン)、江原道鉄原郡(カンウォンド・チョルォングン)、全羅南道栄山湖順天湾(チョンラナムド・ヨンサンホ・スンチョンマン)など主な渡り鳥の渡来地周辺地域では渡り鳥によるAI感染を遮断するために野原を消毒する一方、随時、渡り鳥の糞便を採取し検査している。

忠清南道は益山の鶏肉加工会社である(株)ハリムから分譲を受けた雛を飼っている9つの農家の35万羽をサンプル検査しており、全羅南道のハリムから来た134の農家の鶏に対する調査と消毒を強化している。

▲相次ぐAI擬似申告〓全国の養鶏農家で鶏がAIにかかったようだという擬似申告も相次いだ。京畿道平沢市(ピョンテクシ)オソン面のある鶏農場のオーナーが21日から飼っていた鶏200羽が3日間でのたれ死にしたと23日、京畿道に届けた。これについて、農林部は検査結果、のたれ死にの原因が感染の少ない低病原性AIであることが明らかになったと発表した。全羅北道扶安郡(プアングン)サンソ面の鶏飼育農家のチョン某氏も200羽余りが呼吸器異常の症状でのたれ死にしたと23日に届けたが、AIとは関係ないと全羅北道は明らかにした。

一方、全羅北道は擬似AIが発生した益山市のハミョル養鶏所に残っている鶏7000羽余りを25日に屠殺処分して地に埋め、この農場で生産されて現在近くのナンサン・サムギ孵化場に保管、または孵化中の卵600万個も廃棄することにした。

全羅北道は、ウイルスが真性と判明すれば、発生農家から半径500mの中にある6の農家の23万6000羽の鶏をまず屠殺処分する計画だ。

今後の拡散ぶりを見ながら、処分区域を3~10kmまで拡大し、国内最大の鶏肉生産会社であるハリムの操業中断措置まで検討する計画だと明らかにした。

また、周辺の住民たちの感染可否についても検査を実施し、車と住民の移動統制のために郷土師団と警察に人員支援を要請することにした。








New drug to boost defence against bird flu pandemic Times Online, UK (英国) 鳥インフルエンザのパンデミックに有効な新薬が開発
 米国のBioCryst 製薬が開発中の抗インフルエンザ薬のperamivir(ペラミビル)に関する話題。
 従来薬(タミフル、リレンザ)に比較し二つのメリット。
 ・筋肉内および静脈内投与のため意識のない患者でも投与。十分高い血中濃度が得られる。
 ・タミフルに対する耐性株にも有効。
 他に原材料からの製造が容易であることも上げられている。 

 現在安全試験が終了し、続いて来週から100人の季節性インフルエンザ患者を対象に筋肉内投与製剤の効果を判定する第二相臨床試験が行われる。同様に1月には静脈内投与製剤での臨床試験が始まる。これらの試験が成功したなら、次の冬期間に大規模第三相臨床試験が行われる予定になっている。
 薬は2~3年内に市場に出る予定であるが、もしパンデミックがそれまでに発生した場合は、安全試験で良好な成績を収めていることから、ペラミビルは緊急用薬剤として用いられる可能性もある。
A new flu drug that can kill deadly strains of bird flu is promising to transform global preparations for an influenza pandemic.

Peramivir, an antiviral agent, could provide the world with a critical new line of defence against flu viruses with the potential to cause millions of deaths, such as the H5N1 avian strain, research has suggested. Studies in the United States show that it should be more powerful and easier to give to seriously ill patients than either Tamiflu or Relenza, the two existing drugs for H5N1 flu.

Flu experts said that the advent of a third effective option could save hundreds of thousands of lives if H5N1 acquires the ability to pass easily from person to person — the key trigger for a pandemic. H5N1 has already infected 258 people and killed 153, mainly in South-East Asia, and it has recently mutated in ways that make human infections more probable.

“We need as many good antiviral drugs for flu as we can develop,” said Frederick Hayden, a World Health Organisation medical officer who has studied peramivir. “Having multiple options with different antiviral spectra is very desirable.”

Peramivir has two important advantages over the other therapies. Tamiflu, which is taken orally, and Relenza, which is inhaled, are difficult to administer to unconscious patients. Peramivir does not have this problem because it is injected, and the first human studies have shown that it also reaches the bloodstream in higher concentrations and remains active for longer.

The new drug would also provide a valuable alternative if a pandemic strain were to evolve resistance to Tamiflu, the front-line treatment that has been stockpiled by many countries, including Britain. Some H5N1 viruses have already shown resistance to Tamiflu, and if such a strain became dominant the drug would become useless. This week, a report from the Royal Society urged the Government not to rely on it exclusively.

Laboratory tests show that peramivir is effective against every known variant of H5N1, and its greater potency means that the virus is less likely to acquire resistance.

It is also simple to manufacture from synthetic raw materials that are readily available in bulk. Tamiflu production has been delayed by a shortage of star anise, the plant from which the active ingredient comes.

Peramivir was developed by BioCryst Pharmaceuticals, based in Alabama. It said that facilities already exist that could make a billion doses a year; Roche can make only 400 million doses of Tamiflu a year. BioCryst recently completed successful safety trials on human volunteers, which also proved that both intramuscular (IM) and intravenous (IV) injections deliver high levels of the drug to the bloodstream.

Phase 2 trials of the IM formulation will start testing peramivir’s effectiveness in more than 100 patients with seasonal flu from next week, and a similar study of the IV injection is due to begin in January. If these are successful, larger phase 3 trials would take place during next winter’s flu season, and the drug could be marketed within two to three years.

If a flu pandemic were to start before then, peramivir could be made available as an emergency measure, as it already has a good safety record.

Protection for the masses

What is H5N1 flu? It is a strain of the influenza virus that has killed millions of birds, mainly in Asia and Africa. So far, 258 people have been infected and 153 have died, according to World Health Organisation figures

Why is it a concern? The virus has a mortality rate of 59 per cent. The “Spanish flu” of 1918-19 killed 20 million to 50 million people

How likely is a pandemic? We don’t know. The chances of H5N1 passing from person to person are small, but the virus has acquired two mutations that allow it to infect people more easily. Even if it does not trigger a pandemic, another flu virus that does is likely to emerge some time soon. Pandemics tend to be cyclical, roughly every 40 years. The last one occurred in 1968

What can be done about it? There are two main options: vaccines and antiviral drugs. Vaccines, which use a dead or weakened virus to stimulate immunity, can be designed only once the precise pandemic strain is known. A vaccine would take seven to nine months to develop

What are the drugs? Tamiflu, or oseltamivir, is the front-line treatment. It does not stop people becoming infected, but reduces symptoms and the probability of transmission. It is made by Roche. The other drug is Relenza, or zanamivir, made by GlaxoSmithKline. It is inhaled rather than taken orally. An injectable version is being developed

How do they work? Both drugs block a key protein called neuraminidase — the “N” of H5N1 — which allows the virus to replicate and spread. The class is known as the neuraminidase inhibitors.

What is peramivir? It is another neuraminidase inhibitor, working in similar fashion to the other two drugs. It is made by BioCryst Pharmaceuticals.

What are its advantages? First, it offers an alternative if resistance emerges to either of the other two. Secondly, it is injectable, making it simple to use in a hospital setting. Thirdly, it is more potent than the other agents, more of it reaches the bloodstream, and stays in the body for longer.

How far is it developed? The injectable versions have passed safety trials and the first effectiveness trials with humans will begin next month. A round of trials is scheduled next winter. The drug could be licensed in 2008 or 2009.

Could it be used if a pandemic started next year? It could be licensed in a public health emergency. BioCryst could make 1bn doses a year









韓国便旅客の靴底消毒 鳥インフルで成田空港 朝日新聞 
 
Got a cough? See a doctor Shanghai Daily, China  (中国) 咳が出るなら医師に診てもらう

THE Shanghai Health Bureau yesterday warned residents with a consistent cough they should get a physical to ensure they don't have an infectious respiratory disease such as SARS, bird flu and influenza.

The bureau said such diseases are most prevalent from November 15 to April 15. Local schools and medical facilities are supposed to report to district-level disease prevention and control centers if there is a sudden breakout of fevers for uncertain reasons. The bureau said it has launched a citywide vaccination campaign this month, mainly targeting the elderly, those with chronic illnesses and health care workers.
 上海衛生局は昨日、市民に対して咳が持続する場合、医師に診察してもらい、SARSや鳥インフルエンザ、またはインフルエンザでないことを確かめるように警告した。
 衛生局によると、このような感染症は11月15日から4月15日までの期間に、最も流行しやすいとされる。
 地域の学校や医療機関は、もし原因不明の発熱疾患が発生した場合、地域の疾病管理センターに報告することになっている。
 同衛生局は、今月、市内で(インフルエンザ)ワクチン接種キャンペーンが始まったが、それは主として高齢者、及び慢性疾患保有者、そして保健医療従事者を対象としている。


主張】鳥インフルエンザ 今度こそ「教訓」を生かせ 産経新聞 
 お隣の韓国で、養鶏場の鶏が大量に死んでいる。韓国農林省は23日、毒性の強い鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に感染した疑いがあると発表した。…
11月24日(金)


鳥インフル発生に備え初の演習 東奥日報 
 高病原性鳥インフルエンザの万一の発生に備え、県は二十四日、青森市のアピオあおもりで、防疫作業の初の実動演習を行った。地域対策の中核を担う県内各家畜保健衛生所や市町村の担当者ら約八十人が、実際に防疫衣を身に着け、感染した鶏を殺処分する作業を模擬体験した。
 演習に先駆け県農林水産部の中島久宜理事が、二十三日に韓国で鳥インフルエンザの発生が報じられたことなどを踏まえながら「手順をしっかり体得し、各地域で周知徹底を図ってほしい」とあいさつした。
 グループに分かれた参加者は、防疫つなぎ、マスク、ゴーグル、キャップ、グローブ等で防備した後、重さ二キロの作り物の鶏を使い-1-ケージから鶏を取り出しポリ容器へ収容する-2-殺処分のため炭酸ガスを注入する-3-箱詰めする-など、一連の作業を体験した。
 肌を露出させない完全防備のため、暑さでゴーグルが曇る参加者も。「これに万一の際の緊張感が加わると、かなりきつい」といった声も聞かれた。
Avian Flu Found Korea Times, South Korea  (韓国) 鳥インフルエンザが発見される
 高病原性鳥インフルエンザの可能性があることから、厳格な対策で拡大を防ぐ必要がある。
 2003年12月に発生した際には、1500億ウオン(約150億円)の経済的損失があった、等。
Japan bans S.Korean poultry imports over bird flu Reuters AlertNet, UK  (英国) 日本、韓国からの家きん輸入禁止へ
 日本、農水省は、韓国の農場で鳥フル疑い事例がでたため、家きんの輸入禁止措置とした。

鳥インフルエンザ:感染疑い例発生に養鶏業者ら困惑 朝鮮日報 (韓国->日本版)
 鳥インフルエンザの疑い例が発生した全羅北道益山市咸悦邑ソンメ里ソッキョ村にあるT種鶏場。普段から人出の少ないこの村には、人や車の出入りを統制する益山市の職員10人余と取材陣を除いては、23日午後も訪問客がなかった。
 防疫服とマスクに身を包んだ現場統制・防疫班は「午後1時から国立獣医科学検疫院と疾病管理本部の調査チームが、同種鶏場を経営するイ某さん(57)夫婦とともに鶏舎を回り、鳥インフルエンザ感染疑い例が発生したいきさつについて詳しく調べている」と話した。
 ……

Africa must join fight against bird flu-WHO Reuters.uk, UK (英国) アフリカは鳥フルとの闘いに参加しなければならない:WHO
 23日、コートジボワール共和国で家きんにおける鳥フル発生が報告されたことを受けて、WHOは鳥フル対策にアフリカ諸国は立ち上がらなければならないと警告。
 以下詳細情報が続く。
Ivory Coast records bird flu case Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) コートジボワールで新規鳥フル発生
 死亡した2羽の七面鳥から致死的H5N1ウイルスが検出されたことが、家畜生産省から発表された。11月9日に死亡した七面鳥が見つかり、17日にウイルスが確定されたとされる。
 6ヶ月前に首都で発生して以来、初の事例となる。
International bird flu conference slated for Mali in December TODAYonline, Singapore  (シンガポール) 国際鳥インフルエンザ会議が12月にマリで開催

 第四回国際鳥インフルエンザ会議が600人の参加者予定で、12月6日~8日までマリの首都であるバマコ(Bamako)で開催されることが、マリの内閣当局から発表された。
 会議では過去に行われてきた対策を総括し、そして人におけるパンデミック発生の危険性を評価する。そのように家畜水産省大臣は記者会見で語った。
 この国際会議はマリ政府、EU、およびアフリカ連合が共同で主催するが、各国の保健省大臣、鳥インフルエンザ対策責任者、獣医学専門家、および医師達が100ヵ国から参加する。
 また会議と平行して各国内外の非政治組織(NPO)や市民組織代表等が、マリの首都に集まって、致死的鳥インフルエンザウイルスに関する対策について話し合う。
 H5N1鳥インフルエンザウイルスは人にも感染することがあり、しばしば致死的で、これまで世界の50ヵ国以上で検出されてきている。
 アフリカでは8ヵ国でウイルスが検出されている:ナイジェリア、エジプト、ニジェール、カメルーン、ブルキナ・パソ、スーダン、コートジボワール(象牙海岸)、そしてディブチである。
 

11月23日(木)


鳥インフルエンザか、韓国南西部で鶏6千羽死ぬ 読売新聞 
 韓国農林省などは23日、韓国南西部・全羅北道益山市の養鶏場で19日から22日にかけて、飼育中の鶏1万3千羽のうち約6000羽が鳥インフルエンザと見られる症状で相次いで死んだと発表した。
 同省によると、22日に養鶏場関係者が全羅北道庁に通報。死んだ鶏を検査した結果、鳥インフルエンザと見られるウイルスが検出された。現在、2次検査を進めており、最終的な検査結果は25日に判明する予定。韓国メディアは検出されたウイルスについて「H5N1型」だと報じている。
 韓国政府は農場の周囲10キロ・メートルを立ち入り禁止として調査を進めるとともに、現地にインフルエンザ治療薬「タミフル」やマスクを送り、人間への感染についても調査を進めている。
 韓国では2003年12月から04年3月にかけて各地で鳥インフルエンザが流行し、処分に関与した作業員も感染した。
Suspected bird flu outbreak in Iksan Korea Herald (subscription), South Korea (韓国) イクサンの家きん農場で鳥インフルエンザ発生疑い

 韓国農業省は本日、韓国南西部の益山(イクサン)の家きん農場で、鳥インフルエンザが発生した疑いがあることを発表した。
 農場の1万3000羽の鶏中6000羽が19~22日の間にかけて死亡し、保健当局で.ウイルス検査を開始している。農業省の主任獣医担当官の Kim Chang-seob氏が発表した。
 Kim氏は政府は22日に報告を受けたが、大量の鶏が死亡していることから、強毒性のウイルスの可能性が高いと語った。
 冬に向かう朝鮮半島には渡り鳥が多く飛来していて、そこから高致死性の鳥インフルエンザが拡大する危険性があるため警戒中の矢先、今回の鳥インフルエンザ発生が報告された。、
 ”我々は農場を閉鎖し、そして全ての家きんと卵の輸送を禁止した”、とKim氏は語っている。
 農業省は又同時に、二箇所の孵化場の閉鎖と、半径10キロ以内の隔離を指示した。
 
 韓国は2003年の12月に最初のH5N1鳥インフルエンザが発生した。約530万羽の鶏とアヒル(1億6100万ドル相当)が4ヶ月間に殺処分された。
 H5N1ウイルスは過去3年間に、10ヵ国で258人を発病させ、153人を死亡させている。本年だけで75人が死亡しているが、この数は先の2年間の合計を上回っている。
 WHOによると、これまで韓国では人の発病者はいない。

 

Vietnam lab awaiting authorization for bird flu vaccine human ... Forbes, NY  (米国) ベトナム研究所、人用鳥インフルエンザワクチンの承認待ち
 2005年に開始されたベトナムでの人用ワクチン開発は中央ベトナムのNha Trang Institute of Vaccines and Biological Productsで行われてきたが、動物実験で成功し、現在5000回分のプロトタイプワクチンが完成し、保健省の研究所に送られ、国の(臨床試験に対する)承認待ちとなっている。ワクチンは受精卵での培養方式をとっている。
S. Korea finds suspected bird flu CNN International  (国際) 韓国で鳥インフルエンザ発生の疑い
 ロイターと同じ内容。
South Korea Suspects Bird Flu Case Wall Street Journal (subscription), NY (米国) 韓国で家きんの間で鳥インフルエンザ発生の疑い
 韓国南西部で6000羽の鶏が死亡し、高病原性鳥インフルエンザが発生した疑いが持たれている。当局はさらに数千羽の鶏を殺処分した。
 現在の処、人での感染者はいないとされる。
S.Korea finds suspected bird flu case at poultry farm Malaysia Star, Malaysia  (マレーシア) 韓国の家きん農場で鳥インフルエンザ発生疑い
 
下記と同内容。
S.Korea finds suspected bird flu case at poultry farm Reuters.uk, UK  (英国) 韓国の家きん農場で鳥インフルエンザ発生疑い
 韓国農業省は23日、南部の家きん農場で鳥インフルエンザが発生した疑いがあることを発表した。それが致死的H5N1ウイルスにようものかどうかには2日間要すると言う。
 North Cholla province(全羅北道)の家きん農場の鶏が鳥インフルエンザ症状を呈して死亡したが、詳細は不明。
 韓国では2003年12月から2004年3月までの間に、40万羽の鶏が鳥インフルエンザに感染した。
 その際処理に当たった作業員の血液から抗体が検出されたことが、後に判明している。
鳥インフルエンザ発生か、益山で鶏5600羽死ぬ YonhapNews World Service 
 全羅北道は23日、益山市の養鶏所で鳥インフルエンザと疑われるウイルスで鶏約5600羽が死んだことが確認されたと明らかにした 鶏は19日から22日にかけて死んだ。この養鶏所では1万3000羽を飼育しており、鶏肉処理工場に納品してきたという。全羅北道は現地に防疫団を派遣し、一般人の通行を制限するとともに防疫と原因菌に対する調査を進めている。

  一方、農林部も同日、鳥インフルエンザの発生が疑われることから精密検査に着手した。また、鳥インフルエンザの場合、鶏から人にも感染する高病原性のものである可能性が大きいことから、保健福祉部と疾病管理本部などとともにウイルスを緊急支援することを決めた。調査の最終結果は25日ごろにも判明する見通しだ。
韓国で鳥インフル発生か 保健当局が精密検査 東京新聞
 韓国の聯合ニュースは23日、韓国西部の全羅北道、益山で鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生、保健当局が詳しい調査に乗り出したと伝えた。
 農林省はYTNテレビに、鳥インフルエンザと確認されたわけではないと説明。疑われるインフルエンザのタイプが毒性の強いH5N1型かどうかなど、詳しいことは分かっていない。
 韓国では2003年12月から04年3月にかけ、養鶏場などで19件のH5N1型の大量感染が発生。鶏などの処分に従事した作業員がウイルスに感染した。また04年12月には弱毒性のH5N2型による感染もあった。
Outbreaks Show Bird Flu Virus Is Changing HealthCentral.com, VA (米国) 鳥インフルエンザウイルスは変異している
 11月23日に発行されたNew England Journal of Medicineに掲載された、トルコとインドネシアにおける鳥インフルエンザ患者事例の分析論文を中心としたアーティクル。論文の概要は下方の報道で掲載しているが、H5N1ウイルスが人に感染しやすく変化してきているかどうかが論点。
 雑誌編集者のコメントとして、聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるロバート・ウエブスターとエレナ・ゴボーコバの両博士は、
 ”ウイルスは絶えず変異している。だから人に容易に感染しやすいウイルスはいつでも誕生しうる”、とコメントしている。

 しかしながら他の専門家は、H5N1ウイルスの変異が人に容易に感染する方向に向かっているという根拠はないと語る。
 ”そのような可能性の確実性は極めて小さい”、とニューヨーク大学の臨床助教授であるマルク・シーゲル博士は語る。同博士は”鳥インフルエンザ:次のパンデミックのための重要知識”の著者である。
 ”ウイルスは人人感染を生じやすくなってくるかも知れないし、その逆かも知れない。今回得られた2つの論文から、ウイルスが人により感染しやすくなっていると結論は出来ないと思う”。
Scientists welcome rare H5N1 information CBC News, Canada (カナダ) 科学者達はH5N1ウイルス情報を切望している

 世界中の科学者達はH5N1ウイルスに関する情報を切望している。

 この3年間のH5N1鳥インフルエンザ発生に関して、国際的研究者の2チームが、科学的信頼性ある情報を追加した。22日、国際的医学雑誌である”New England Journal of Medicine ”に、H5N1ウイルスに感染した患者16人に関して、その診断と治療に関する論文が発表された。

 もっともっと多くの情報が必要とWHOの専門家は語っている。
 多くの情報により解決されるべき問題とした以下の項目が上げられる。

  ・鳥インフルエンザウイルスはどのようにして人に感染するのか?
  ・多くの人がウイルスに接触しているのに、なぜ一部の人しか感染しないのか?
  ・なぜ血縁者の中で多くの集団発生(クラスター)が見られるのか?
  ・なぜ子供達に多いのか?

Bird Flu: Mild to Fatal in 2 Countries WebMD  (国際) 鳥インフルエンザ:二ヵ国で調査-軽症から致死性まで
 トルコとインドネシアで発生した人における鳥インフルエンザ事例が分析され、症状は中等症から致死性まで渡り、致死率は50%であった。
 二つの研究結果は”The New England Journal of Medicine”に発表された。

 これらの研究では最近の患者は対象とされず、すでに公表されている2005年と2006年に発症した患者が分析されている。

 11月14日WHOは2006年度に発症した事例を111人と発表し、そのうち75人が死亡している。
 これらの事例は9ヵ国で報告された:アゼルバイジャン、カンボジア、中国、ディブチ、エジプト、インドネシア、イラク、タイ、トルコ。
 鳥インフルエンザは、人でも鳥でも米国では報告されていない。

 トルコ事例研究

 東トルコで発生した、2005年12月31日~2006年1月10日までの8事例を対象にしている。研究室検査でH5N1ウイルスが確認されている。
 患者は5歳~15歳までに亘り、全例が発病、または死亡した家きんと接触している。
 全例が発熱、1人を除き肺炎を起こしている。
 患者の半数が死亡した。

 インドネシア事例研究

 もう一つの研究結果はインドネシアから出ている。
 3地域で発生した8事例を調査研究している。2地域はジャカルタ郊外である。
 患者の年齢は1~38歳に亘り、平均年齢は8.5歳となっている。
 半数が死亡している。
 これら3地域で発症した患者は親族関係で、多くは一緒に住んでいた。
 例えば、1人の少年は発病した叔母と一緒に住んでいた。
 1人の患者は、死亡した鶏と接触し発病したが、続いて2人の親族が発病した。
 著者等は、遺伝子が感受性に関与している可能性を指摘している。

 冬期間にさらなる患者が発生するか?

 雑誌の編集陣は、冬期間にウイルスは容易に鶏に感染するようになるため、結果的に人への感染の危険性も高まると警告している。
 編集陣には、聖ユダ小児研究病院のウイルス学者である、ロバート・ウエブスター博士も含まれている。(世界的インフルエンザ研究者で鳥インフルエンザ研究の最高峰に立つ研究者:訳者)。
 編集陣は次のようにコメントしている。
 ”いつの日か新しいパンデミック・インフルエンザが発生するかもしれないとの推定には、疑問の余地はない。我々はそれがいつ起きるのか、または現在のH5N1ウイルスで引き起こされるのかについて、全く分からない”。
 ”このようなパンデミックに対して確固たる計画を慎重に作成することが要求される”、と編集陣は結論している。
Flu experts will talk at St. Agnes Nov. 30 Arbutus Times, MD  (米国) インフルエンザ専門家、聖アグネス病院で講演
 

 米国メリーランド州、ボルチモアの聖アグネス病院で、パンデミック・インフルエンザに関する専門家円卓会議が11月30日開催される。
 会議は一般に公開される。
 主催者は、鳥インフルエンザは終息したと語られている。現在、パンデミック・インフルエンザウイルスは誕生していない。そして人々は、それはそれほど重大な問題ではないと言う。実際にパンデミックが起こり、それが報道のヘッドラインで告げられると、人々は初めて脅威を感じるのだ、と説明している。

Governments' choice of bird flu vaccines questioned New Scientist (subscription), UK (英国) 英国政府の鳥インフルエンザワクチン選択方法疑問視
 (英国)政府は我々を鳥インフルエンザから守ってくれるだろうか?多分、答えはノー。

  今週、ロンドンに本部を置く王立協会と医科学アカデミーは、英国が2種類のH5N1ウイルスワクチンを330万人分買うことに批判的意見を発表した。すなわちそれらワクチンは、十分検討されていないというのが理由である。報告では、商業上の秘密主義がワクチンに対する重要な情報の公開を妨げており、ワクチンに対して行われた個々の検査結果の公開を求めている。
 ”我々は情報の透明性を必要とする”、と報告書を作成したライセスター大学のカール・ニコルソンが語る。
 彼によると、パンデミック・インフルエンザに備えて、研究者と企業の緊密な連携が必要とされる。

 報告書ではまた、パンデミックに対して1種類の抗インフルエンザ薬(タミフル)しか備蓄していないことを批判している。現在タミフル耐性株出現が懸念されているにも関わらず、政府が十分専門家に相談して、将来の抗インフルエンザ薬備蓄を計画していないと批判している。

 さらなるH5N1ウイルスワクチンに関する問題が米国で浮上している。すなわち米国では730万回分のワクチン(365万人分)を備蓄しているが、現在効力が失活してきているため、590万回分(290万人分)の備蓄量に減少している。
 

Bird flu vaccine ban to get rethink Bangkok Post, Thailand  (タイ) タイ、鳥インフルエンザワクチン禁止の再考慮へ
 これまで家きんに対する鳥インフルエンザワクチンが禁止されてきたタイで、ウイルスを完全に封じ込めるためには、家きんに対するワクチン接種が必要であるという考えが再浮上し、専門家と農業省が再考慮する会議を開く。
 専門家の中には多くの反対意見があるが、それはワクチン接種により家きんは生存するが、その結果ウイルスを体内に保持したまま他に感染を広げる可能性があることと、ウイルス変異が加速される可能性あることが上げられている。
 ワクチン接種された家きんを十分監視してゆく体制が必要であるが、国内で200万人から存在する家きんの放し飼い農家を指導してゆくのは不可能という声も強い。
 ワクチンを希望する農家は家きんの放し飼い農家が多い。

 タイでは2004年始めに鳥インフルエンザが発生し、その後6000万羽以上の家きんが殺処分され、また17人が発病して死亡している。
11月22日(水)

Baxter says Austria has option on bird flu vaccine Reuters(英) バクスター、オーストリーは鳥インフルエンザ・ワクチンのオプションを保持と発表

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 バクスターインターナショナルインクは火曜日、オーストリー厚生省は同社の試験的なパンデミック・インフルエンザ用ワクチン1600万回分のオプションを保持していると述べた。これは全オーストリー国民への接種に十分な量である。
バクスター社によると、3年契約で鳥インフルエンザ・パンデミックの際にはオーストリーの同省は同社の細胞由来ワクチン生産能力から供給を受けられるという。
HHS Buys Additional Vaccine for Potential Use in an Influenza ... Government Technology, CA  (米国) 米国保健福祉省、パンデミック・インフルエンザ用ワクチンの備蓄量を増加に
 ここ1,2日、他報道で既報済みの内容。
 全米ニュースとして、取り上げられ続けている。
A dead parrot is no joke Guardian Unlimited, UK  (英国) 昨年の鳥フル騒動はジョークだったのか?

 昨年の秋、スリナムから輸入され検疫所で、鳥フルに感染し死亡していたオウム。また冬にファイファ(スコットランド)の海岸に打ち上げられていた、鳥フルで死亡した白鳥の死体。
 全ては忘れ去られたのだろうか?

 昨年の今頃は新聞紙上でルーマニアやトルコでの鳥フル発生がカラフルに報道され、ヨーロッパへの鳥フル侵入が警告された。また多くの種類の渡り鳥のシベリアからのルートが紹介され、問題は鳥フルが発生するか否かではなく、いつ発生するのかだと、熱っぽく語られてた。

 今年はなぜヨーロッパの湖で死亡している白鳥の話が聞かれないのだろうか?昨年の話は、誇張に過ぎなかったのだろうか?

 答えは多分イエスである。
 獣医学者達は、昨年、なぜヨーロッパの渡り鳥で多くの鳥フルが見つかったのか、それに対して今年は、なぜそのような話が聞かれないのか、理由が分かっていない。
 一方、東南アジアではウイルスは蔓延していて、家きんと人々に感染し続けている。そしてH5N1ウイルスがタミフルに耐性になってきている兆候もあり、それ故、昨日、”Royal Society and the Academy of Medical Sciences”から治療薬の第二の選択肢としてリレンザを備蓄するように警告がでた。

 昨年秋のヨーロッパにおけるH5N1鳥インフルエンザに感染した野鳥の発見の説明として、昨年夏に発生した中国青海湖での渡り鳥の鳥インフルエンザ集団死を原因とする考え方が有力である。
 一つの仮説として、H5N1ウイルスが青海湖から雁によってシベリアへ運ばれ、そしてそこから他の渡り鳥によってカザフスタン、ロシア、そしてヨーロッパへ運ばれたとするものである。
 しかし、もう一つのほとんど語られてない仮説として、そのウイルスの拡大経路がシベリア横断鉄道に沿っていることから、鳥インフルエンザの拡大は渡り鳥によるというよりも人が介したものとする考え方である。
 これらの仮説は安心させる面と、不安をかき立てる面がある。
 まず今年は中国で同じような大規模の渡り鳥の死亡が見られていないことから、そこからヨーロッパへ鳥インフルエンザが拡大してこないと予想出来る。しかし人為的要因が関与して鳥インフルエンザが拡大するとしたなら、動物保健担当者達の厳格な取締だけが、H5N1ウイルス拡大を阻止できる決定要因となり、もし取締が緩むと、今年初めにトルコで発生したように多数の発病者と死者を出すことになる。

 これまでイタリアとベトナムでしか、家きんに対する大量のワクチン接種を行っていないことは、注目に値する。ベトナムではこの措置は成功を収めたように思える。今年は人での発病者は出ていない。一方、世界で最高の致死率を示しているインドネシアでは、家きんに対する大々的ワクチン接種は行われていない。さらに中国では危険な新株である”福建株”が、ワクチン接種にも関わらず広がっていると報告され、WHO当局者達は、政府による情報の不透明性を非難し続けている。

 最後に昨年の秋に検疫所で発見された、鳥インフルエンザに感染したオウムは、ほぼ間違いなく台湾からもたらされたフィンチ(主にホオジロ科, アトリ科, スズメ科など.の小鳥)から感染したことを忘れてはならない。こうした理由で自然保護団体( RSPB)では、英国へ鳥インフルエンザが渡り鳥によってもたらされる危険性はなく、家きんの商業取引によってもたらされると主張している。それ故、ヨーロッパへの永久的野鳥輸入禁止が求められている。

 しかし実際問題として、世界中で153人を死亡させているが、そのほとんどが東南アジアで起きているH5N1鳥インフルエンザに対して、我々がどれほど警戒心抱く必要性があるのだろうか?
 毎年マラリアで110万人の人々が死亡していて、しかしそのほとんどはサハラ砂漠南方アフリカであるという理由で、我々が心配することは希である。
 オックスフォード大学の熱帯医学教授で、またマラリア専門家であるあるニック・ホワイト氏によると、答えは残念ながらイエスである。
 教授は20日、ロンドン自然歴史博物館で年次科学講演を行った。教授はオックスフォードとタイで研究活動を行っているが、タイは鳥インフルエンザが最も流行した国の一つでもある。同教授は、英国で肥満や喫煙が大きな健康上のリスクであるにも関わらず、メディアは鳥インフルエンザに関して誇大的に扱ったという意見に、反論している。
 理由は発生した場合の惨事の大きさは計り知れないからだと言う。
 1918年に発生したスペイン・インフルエンザでは2000~4000万人死亡しているが、ホワイト教授によると、現在、H5N1ウイルスが容易に人に感染するようになったなら、地球上の人の移動がジェット機の速度になっていることから、僅かな期間で世界中に拡大し、数十億人が感染するだろう、とされる。
 言い換えるならば、心配すべき対象は鳥ではなく我々人類なのだ、とホワイト教授は警告する。
 そのような理由でホワイト教授は、今週王室協会(Royal Society)の、政府に対するリレンザ(タミフル以外の唯一の抗インフルエンザ薬)の備蓄要求を支援し、政府に科学的専門家の意見に注意を向けるように要求する委員会に参加した。
 彼はまた、我々はもっと安価で単純な対策、すなわち迅速な患者隔離等が、現在の薬が無効と判断された場合、必要と考えているようだ。
 教授の結論は? 
 ”発展途上国の感染症は、もし我々が適切に対処しなければ、我々自身の脅威となる”、と言うことで、我々は警告されているのである。

 
Bird flu drug stocks leave UK at risk, warn experts Telegraph.co.uk, United Kingdom (英国) 英国:専門家警告、抗鳥フル薬は不足
 人口の25%相当を対象にしたタミフルを備蓄しているが、タミフルに対する耐性株も出現してきている可能性があることから、もう一種類のリレンザも備蓄が必要と専門家達が警告。

Afghanistan free of bird flu: Official Online - International News Network, Pakistan  (パキスタン) アフガニスタン、鳥フルは消失と
 この6ヶ月間、鳥フルの発生がないことから、国内では消失したと発表。
 同国では(この春に)20件の家きんと野鳥における鳥フル発生が見られたが、人での発生は報告されていなかった。
11月21日(火)

Dutch let poultry outdoors as bird flu fears ease Reuters.uk, UK  (英国) オランダ、鳥フル発生の恐れがないことから、家きんの屋外飼育を許可へ
 EUによる渡り鳥のウイルス検査でH5N1ウイルスが検出されないことから、オランダ農業省は9月1日から発令していた家きんの屋外飼育禁止令を解除した。
米政府、約2億ドルの鳥インフルエンザ・ワクチンを追加注文 日経ビジネス オンライン
 米政府は20日、1億9945万ドル相当の鳥インフルエンザ「H5N1」型ウイルスのワクチンを追加注文したと発表した。
 保健福祉省が、270万人に投与するのに十分な量のワクチンを仏医薬品大手サノフィ・アベンティス傘下のサノフィ・パスツール、スイスのノバルティス、英グラクソ・スミスクライン の3社に発注した。
 今回発注したワクチンは、最近発見された新種の「H5N1」型ウィルス向けのもの。
 保健福祉省のレビット長官は「H5N1」型ウィルスに対処できるインフルエンザワクチンを備蓄することは、インフルエンザ流行に対する準備計画の要だ」と述べた。
 現在ワクチンは、590万回分の投与量が備蓄されているいるが、完全な免疫を得るためには2回の投与が必要なため、対処できるのは約300万人となる。
 保健福祉省は最終的には2000万人分のワクチンを購入して、備蓄する計画。
Sudan moves to contain suspected avian flu in Juba Sudan Tribune, Sudan  (スーダン) スーダン:ジュバでの鳥フル疑い対策強化
 下記と同内容。
SUDAN: Moves to contain suspected avian flu in Juba  IRIN News (国連) スーダン:ジュバでの鳥フル疑い対策強化
 南スーダンの首都ジュバ(Juba)周辺で、数ヶ月前に報告された鳥フル流行の阻止のために家きんの殺処分が行われている。
 南スーダン当局は、9月にH5N1鳥フルウイルスが鶏と、その所有者から検出されたことを報告している。所有者は鳥フル症状を呈して入院したが、後に検査で陽性であることが確認された。報告を受けたWHOは専門家チームを調査のために送っている。
Government Orders More Bird Flu Vaccine Washington Post, United States (米国) 米国政府、さらなる鳥フルワクチンの備蓄へ
 
 (米国)政府は270万人分の鳥フルワクチンを追加注文したことを20日に発表した。
 1億9900万ドルに上る契約はワクチン製造会社3社と行われた:ノバルティス、サノフィ・パスツール、およびグラクソスミスクライン。合計530万回分であるが、1人に2回接種する必要がある。
 現在大体300万人分のワクチンが備蓄されているから、今回の追加注文で備蓄量は倍となる。政府の計画では最終的に、危機管理業務従事者および保健医療関係者を含む2000万人分のワクチンを備蓄する予定となっている。

 先週政府から発表された情報では、備蓄ワクチンは時間と共に効力を失ってゆくとされる。ワクチンがどれだけの期間、有効であるかは未解決問題となっている。

UK urged to stockpile two anti-bird flu drugs Scientific American  (米国) 英国、2種類の抗鳥フル薬の備蓄が必要と
 先進的科学者の協会である、王室協会は、H5N1ウイルスに対するタミフルが耐性になることを懸念し、もう一つの抗ンフルエンザ薬であるリレンザの備蓄を、政府に要求した。
 昨日、他紙で既報。

New Contracts Double Stocks Of Bird Flu Vaccine NBC4.TV, CA  (米国) 米国、新規契約で鳥フルワクチンの備蓄量を倍増へ
US to stockpile more bird flu vaccine; Quebec plant providing ... CBC News, Canada  (カナダ) 米国、鳥フルワクチンのさらなる備蓄へ、ケベック工場で80万回分製造

US orders more bird flu vaccine Reuters (国際) 米国、鳥フルワクチンの備蓄量を増加
 
 米国政府は20日、H5N1鳥インフルエンザに対するワクチンを、2億ドル相当契約したことを発表した。
 
 保健福祉省はワクチン製造を3社、サノフィ・パスツール、ノバルティス、グラクソスミスクライン、と契約し、270万人分確保する。
 ワクチンはこの数ヶ月以内に分離されたH5N1ウイルスの新規株、またはクレードを用いて製造される。
 ”H5N1ウイルスに対して予防効果を発揮すると考えられるワクチンの備蓄は、米国のパンデミック・インフルエンザ対策の中でも重要な部分である”、と保健福祉省長官のレービットは声明の中で語っている。
 レービット長官によると、新規ワクチンはこれまで備蓄している590万回分のワクチン(1人に2回接種が必要なので300万人分)に追加される。正確な契約価格は1億9945万ドルとされる。
 保健福祉省は最終的に2000万人分のワクチンを購入、備蓄する計画を立てている。
 H5N1ウイルスはほとんどの場合鳥に感染するが、たまに人にも感染する。これまで10ヵ国で258人に感染している(発病させている):タイ、ベトナム、インドネシア、中国、トルコ、アゼルバイジャン、イラク、エジプト、ディブチ、そしてカンボジア。死者数は153人に上る。
 専門家はウイルスが人に容易に感染するように変異することを警戒していて、そうなった場合、世界で数百万人死亡すると考えられている。
 新規株が出現した場合、備蓄しているどんなH5N1ウイルスワクチンも完全には適合しないが、研究によると感染した場合の死亡率は下げると考えられている。
 グラクソ社はカナダに設立した新工場で80万回分のワクチンを製造する予定という。北米で初の鳥フルワクチンの製造となる。
 
 本年5月に、保健福祉省は10億ドル以上の予算で、5社と新型ワクチンの開発と製造を契約したと発表した。この製造方法は従来型の卵を用いる方法ではなく、細胞培養を用いる方法である(迅速に大量生産が可能となる:訳者)。

11月20日(月)

Report criticises preparations for bird flu outbreak Guardian Unlimited, UK (英国) 英国:鳥フル対策は不完全との批判
 ”Royal Society and the Academy of Medical Sciences (王立協会&医学界)”からの報告。英国政府のパンデミック・インフルエンザ対策への批判。
 1460万人分のタミフル(英国人口の25%)を英国では備蓄しているが、タミフルに耐性のウイルスが出現してきている。他の抗ウイルス薬であるリレンザの備蓄も必要との批判。
  また感染者が友人に電話をして抗インフルエンザ薬を届けてもらう方式が最近提案されているが、その方法だと多くの人々が薬を入手できない可能性もあると批判されている。
Another person infected with deadly illness Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) オーストラリア、インフルエンザ様高致死性感染症が高齢者施設で流行
 キャンベラのジンダリー高齢者施設(Jindalee Nursing Home)で10月中旬から、インフルエンザ様呼吸器疾患が流行し、これまで50人の高齢者と7人の職員が発症している。他に6人の死亡者がでている。
 施設には140人の入居者と150人の職員がいるが、全員タミフルを服用して予防にあたっているという。

 インフルエンザに類似はしているが、通常の季節性インフルエンザとは異なるとの見方を保健省では示している。
 ウイルス検査の結果は出ていないが、流行は峠を越していると、同省では語っている。
Bird flu fears ease Melbourne Herald Sun, Australia  (オーストラリア) 鳥インフルエンザの脅威は去る
 世界は鳥インフルエンザのパンデミックを既に回避できた可能性が高い。
 オーストラリアの主任医療官であるジョン・ホーバス(John Horvath)教授が、H5N1ウイルスに対して世界で施された対策により、その大規模な発生は回避できた可能性があると語った。
 ”世界は大量の家きんの殺処分や感染者の隔離等の対策で、パンデミックを回避できたと思われる”、とホーバス教授は語った。

 最も最近のH5N1鳥インフルエンザ発症事例はインドネシアでの2歳男児と35歳女性である。
 2003年以来、258人の鳥インフルエンザ発症患者が報告され、そのうち153人が死亡している。
 WHOの統計ではほとんどの事例はインドネシアとベトナムで発生している。
 しかし、今週発行された”オーストラリア医学雑誌(Medical Journal of Australia)”で、ホーバス教授と共同研究者は、社会は鳥インフルエンザに対する警戒態勢は維持する必要があるとも警告している。
 国立ワクチン研究センターの医療社会学者の、ラルフ・イツワース(Ralf Itzwerth)氏は、パンデミック発生時の対策のための組織が機能しない状況を警告するとともに、国内の全病院に包括的バックアップ体制を組織するように主張している。
 
 ノーベル賞受賞者の免疫学者であるピーター・ドハーティ(Peter Doherty)教授は、時間と共に鳥インフルエンザがパンデミックになる可能性は小さくなっていると語っている。
 ”オーストラリアは米国を含む地球上の全ての国と比較して劣らないだけの、H5N1鳥インフルエンザ対策が立てられている…、でも(絶対大丈夫であるという)保障はない”、とドハーティ教授は語っている。
 ”でも一般的に言って、(何も起きないで)時間が経てば経つほど、我々は(パンデミックは発生しないと)安心できるだろう”。
 ”しかし、今回、パンデミックを回避できたとしても、我々が費やしてきた努力は無駄ではなく、今後のパンデミック対策に十分生かされるはずだ”。そのように同教授は付け加えた。 

Health of Africans and Women Top Concerns of Next WHO Chief Voice of America  (米国) 新WHO事務局長、アフリカ人と女性の健康問題が重要な課題と
 本年5月の事務局長の急逝により、来年1月からWHO事務局長を務めることになった(香港出身の)マーガレット・チャン氏の紹介。
 任期は5年。

 チャン氏は、WHOは全ての人々の健康に奉仕すべきだが、特に、アフリカの人々の健康問題と、女性の健康改善問題が重要と語っている。
 チャン博士は、鳥インフルエンザの専門家で、59歳になる。医学教育をカナダの西オンタリオ大学で受けた。また彼女は公衆衛生学をシンガポール国立大学で学んだ。
 彼女は国連機関の主要なポストに就いた初めての中国人となる。中国当局は彼女を推薦したが、チャン博士は、国籍よりもWHOの任務の方が優先されると語っている。
 中国政府は公衆衛生的重要問題が発生した場合、その迅速な報告姿勢に欠けると、国際的に非難されてきている。WHOは感染症拡大を防止するには、各国の協力が必要であると強調している。チャン博士は、彼女がWHO事務局長に就任することで、中国政府に多大の影響を与えることを願っていると語った。

 チャン博士は1978年に香港保健省に加わり、1994年に長官に就任した。その3年後、世界で初めての人での発病者を含むH5N1鳥インフルエンザの発生を経験した。
 その際、チャン博士は香港市内の全ての家きんの殺処分を指示し、ウイルスの拡大を阻止した。その手腕は国際的にも評価された。また彼女は2003年に発生したSARSに際しても、手腕を発揮し、国際的評価を得た。
 チャン博士はその年(2003年)遅くにWHOに加わった。

 現在彼女は伝染病担当副局長、およびパンデミック・インフルエンザ(新型インフルエンザ)担当局長を務めている。
 今月初旬、彼女は理事会で時期事務局長に選出された。

The next chief of the World Health Organization wants the performance of the W.H.O. to be judged by two measures.  One is improvements in the health of the people of Africa.  The other is improvements in the health of women.

Margaret Chan says the W.H.O. must help all people, but especially those in greatest need.  Doctor Chan will begin a five-year term as director-general in January.  She will replace Lee Jong-wook of South Korea who died in May. 

She will be the first Chinese head of a major United Nations agency.  China nominated her, but she says she considers her nationality secondary to the interests of the W.H.O. 

The Chinese government has been criticized for slow reporting of public health emergencies.  W.H.O. officials say lack of cooperation has hurt the agency's ability to follow the spread of disease.  Doctor Chan says she hopes her new job will give her more influence with government officials. 

Margaret Chan is a bird flu expert.  The fifty-nine-year-old doctor completed her medical training at the University of Western Ontario in Canada.  She also studied public health at the National University of Singapore.

She joined the Hong Kong Department of Health in nineteen seventy-eight.  She became its director in nineteen ninety-four.  Three years later she had to deal with an outbreak of the h-five-n-one virus that included the first known cases in humans.

Doctor Chan ordered the killing of all poultry birds in the city to control the spread of the virus.  She won international praise.  She was also praised for her handling of the outbreak of severe acute respiratory syndrome, SARS, in two thousand three. 

She joined the World Health Organization later that year.  Most recently she served as assistant director-general for communicable diseases.  She was also the representative of the director-general for pandemic influenza. 

Earlier this month, a series of votes by a nominating committee narrowed the list of candidates for director-general.  On the final ballot, Margaret Chan defeated Mexican Health Minister Julio Frenk twenty-four to ten. 

Then the World Health Assembly approved her nomination at a special meeting in Geneva, Switzerland.  The assembly represents all one hundred ninety-three member nations in the W.H.O.

And that's the VOA Special English Development Report, written by Jill Moss.  For MP3 files and transcripts, go to voaspecialenglish.com.  I'm Steve Ember. 



Egyptian Warning: Bird Flu on Its Way Spotlighting News  (国際) エジプト政府、冬期間に鳥インフルエンザ流行を警戒
 先週、カイロの南方720キロにあるLuxonで鶏の間で鳥インフルエンザが発生し、地域が閉鎖され、飼育家きんが全て殺処分された。同地域では人での発生はないとされる。
 保健省では十分な対策は行っているが、冬期間に入り渡り鳥が飛来してくる今後も、鳥インフルエンザの発生が相次ぐことを警戒している。
11月19日(日)

Life-and-Death Decisions ABC30.com, CA  (米国) 生と死の決定:副作用の強い鳥インフルエンザワクチン接種を受けるか?

 もし生存か死かを決定する必要が出た場合、あなたはどうするか?あなたは自分の運命を決定する心の準備は出来ているか?三分の一以上の米国人は、生存するためなら、出来ることは全て行いたいと答えている。しかし、それに大きな危険が付随するとしたなら、どうするか?

 もし致死的鳥インフルエンザが米国内に拡大してきた場合、あなたは副作用で死亡するかも知れない危険なワクチン接種を希望するだろうか?それとも流行の中で死亡する危険性に直面することを選ぶだろうか?(流行が発生したなら)毎日、数千人の人々が難しい医学的決定を迫られる。
 ”私は厳密な決定を迫る言葉を覚えている:(医師による言葉:訳者注)私はあなたに悪い情報を伝えなければならない。あなたは急速に拡大してきている悪性リンパ腫に罹患している。すぐに化学療法を受ける必要がある”。そのように語るMichelle Kingsfield さんは、妊娠四ヶ月のとき、過酷な意志決定の必要性に直面した。化学療法、外科的治療、薬物療法、どれを選択する?
 化学療法は彼女の命は救う可能性はあるが、胎児は殺すことになるかも知れない。

 ”医学的決定する際、多くの感情的戸惑いが交錯する。多の恐れからくるものだ”、とミシガン大学の精神医学者であるBrian Zikmund-Fisher博士は説明する。
 同博士はそうした種類の恐れを自身で知っている。彼の小さな娘が1歳を過ぎた頃、彼は生か死かの選択を迫られた。”私は骨髄移植をしたのです”。
 Zikmund-Fisher博士は後に、もし自身の生命が危険に晒された場合、人々はどうするのだろうか、という問題を多くの人々に問いかけるようになった。

 人々は鳥インフルエンザワクチン接種を受けるだろうか?
 48%の人々は危険を覚悟の上、受けると答える。しかし、彼等が医師の観点に立った場合、患者に接種を勧めるかと質問されると、63%が勧めると答えている:自身の命が危険と感じた場合、事態を総合的に判断するのが如何に難しいかが示されている。
 Zikmund-Fisher博士は、”思考過程を少しばかり戻し、もし病気になっているのが自分でないとしたなら、自分はどのように相手に勧めるか、自身に問うべきだ”、と説明する。
 ここで再び鳥インフルエンザの問題について考える。あなたの主治医の観点からその問題を捉えてみたなら、あなたは答えを変えるだろうか?

 生存か死かの意志決定のために、医師達は、患者達に選択肢とその危険性に関する多くの情報を与えなければならない、とZikmund-Fisher博士は言う。

 Kingsfieldさんの答えは化学療法だった。今、彼女の息子は幸せに健康である。そして彼女の癌は完治している。

Pandemic flu/key terms KVOA.com, AZ  (米国) パンデミック・インフルエンザ:キー用語

Flu: An infection of the respiratory tract caused by the influenza virus. Complications can include pneumonia.Bird flu: A disease caused by viruses. It normally infects only birds and pigs but has infected some humans.
H5N1: The bird flu virus.
Pandemic: A worldwide outbreak of a disease. An example of a bad one would be the "Spanish flu" pandemic of 1918 that killed at least 40 million people around the world.
Antiviral: a drug that may improve prospects of survival if administered early.
Vaccine: A preparation used to produce immunity against a disease.

インフルエンザ:インフルエンザウイルスによって発生する呼吸器感染症。合併症として肺炎が含まれる。
鳥インフルエンザ(鳥フル):ウイルスによって生じる感染症。通常鳥と豚のみに感染するが、時には人にも感染することがある。
H5N1:鳥フルウイルス
パンデミック:疾病(感染症)の世界的流行。代表的例として、1918年の”スペイン・インフルエンザ”が上げられるが、世界で少なくとも4000万人以上死亡している。
抗ウイルス薬:初期に投与された場合、生存率を改善する可能性ある薬。
ワクチン:特定の感染症に免疫を賦与する製剤。

出典元
 アリゾナ州保健局、WHO

New bird flu cases discovered in Egypt Turkish Press, MI (米国) エジプトで新規鳥フル発症者
 エジプト南部のSohag県で4人の鳥フル疑い患者が16日入院したことが、17日、現地の新聞で報道された。
 患者は9ヶ月から18歳までの4人で、Sohag総合病院と地域の大学病院へ入院した。
 血液検体は保健省の中央研究所へ送られた。

 昨日のルーマニアの報道と同じであるが、現在のところ、他の通信社、報道機関からは発表されていない。(訳者注)
Bird flu control program B92, Serbia and Montenegro  (セルビア&モンテネグロ) 鳥フル対策行動計画作成
 セルビア政府は鳥フル制御、予防、阻止、そして駆除に関する行動計画を作成した。
 計画は、セルビア内と近隣国で鳥フルが発生した場合の対策を定義している。
 作成に関連した省庁は、農業森林省、保健省、防衛省、経済省、および内務省である。
11月18日(土)

H5 strain found in wild duck in central Greece; measures demanded Kathimerini, Greece  (ギリシャ) 中央ギリシャでカモからH5鳥フルウイルスが検出:対策の強化の必要
 中央ギリシャのFthiotidaで野生のカモからH5亜型株が検出され、検体は英国に送られ致死的H5N1ウイルスかどうか分析される。
 Fthiotidaの当局では、家きんの屋外飼育を禁ずるなどの緊急対策を講じた。
Inoculate kids first: bird-flu expert Montreal Gazette, Canada  (カナダ) ワクチンは子供を優先すべき:鳥フル専門家
 鳥フルが人の間で拡大してきたなら、小児に優先的にワクチンを接種すべき、とカナダの指導的疫学者が昨日示唆した。
 小児は感染を広げる格好の媒体である故、最初に小児をワクチンで感染から守ることは意味があることだと、ブリティシュ・コロンビア大学の疾病管理センターのダヌタ・スコロンスキーが、モントリアルで開かれた免疫学会のシンポジウムで講演した。
 高齢者は過去のインフルエンザ感染でいくらかの交差免疫がある、とスコロンスキーは説明した。そして、1918年のスペイン・インフルエンザで4000万人死亡しているが、ほとんどの死亡者は40歳以下だったことを強調した。
 同様に現在の鳥フル死亡者は、WHOで集計している153人の94%は40歳以下であると、同氏は説明する。
 一旦パンデミックが始まったなら戦法の変更は不可能だから、現在の鳥フルに対する戦略を再考慮することは非常に重要であると、同氏は語り、小児に予防の優先権を与える考え方も一つの別な選択肢であると語った。
New Bird Flu Cases Discovered In Egypt Playfuls.com, Romania (ルーマニア) エジプトで鳥フル疑い患者が発生
 エジプト南部のSohag県で4人の鳥フル疑い患者が16日入院したことが、17日、現地の新聞で報道された。
 患者は9ヶ月から18歳までの4人で、Sohag総合病院と地域の大学病院へ入院した。
 血液検体は保健省の中央研究所へ送られた。
Tamiflu Troubles Central Florida News 13, FL (米国) タミフルの副作用
 米国FDAはタミフル服用による小児での精神症状の出現に、両親達に十分な監視をするように望んでいる。
 FDAによると、タミフル服用による小児での妄想や幻覚等の精神症状の副作用報告が、世界で100以上なされていると言う。
 日本から100例以上報告があるが、米国よりも4倍以上処方されている。

 同様報道は14日、15日にも。
Iran successful in combating Avian Flu Persian Journal, Iran  (イラン) イラン、鳥フル封じ込めに成功
 WHOとFAOは、イランにおける鳥フル拡大防止対策が成功したことを確認した。

 本年ギラン州のアンザリ湿原の渡り鳥でH5N1鳥フルが確認された後、その地域、および発生している隣国との境界領域における対策が成功し、国内でのさらなるウイルス拡大が防がれた。
Stockpiled bird flu vaccine weaks over time KOMO, WA (米国) 備蓄ワクチン、時間と共に効力が低下
 全米報道
 米国で備蓄されている最初に作成されたワクチンの中に、時間が経ち効力を失いつつあるものが出てきている。もしワクチン接種がすぐにでも要求された場合、当初予想したよりも少ない100万人以下の対象にしか接種出来ない。
 さらに新しいワクチンが現在備蓄されつつある。それは現時点で300万人に対して十分の効力を持つ。そのように保健福祉省のマイク・レービット長官が、今週発表した。

 昨年夏、保健福祉省は400万人分のワクチンを備蓄していると評価した。
 ある一定の時間を経過したなら全てのワクチンは効力を失う。
 確かにそうした効力の低下がH5N1ウイルスに対して作成された初期のワクチンで起きていることが、検査で明らかになったことを、保健福祉省の報道官であるビル・ホール氏が17日発表した。
 政府はH5N1ウイルスに対する抗インフルエンザ薬と少量のワクチンを、鳥フルの拡大、または他の何らかのパンデミック・インフルエンザ発生に備えて、備蓄している。
 ここに厄介な問題が横たわっている:もしパンデミック・インフルエンザが発生した場合、当該ウイルスに正確に対応したワクチンが産生され供給されるまで数ヶ月要する。ここで現在の希望は、パンデミック・インフルエンザがH5N1ウイルスで引き起こされ、保健医療担当者や、他のハイリスクの人々が初期に作成されていたワクチンの接種を受け、感染防止を図れることである。
 米国で備蓄している最初のH5N1ウイルスに対するワクチンは、2004年の株を用いている。現在ワクチン製造メーカーは、昨年インドネシアで蔓延していた株を用いてワクチンを製造している。その新規ワクチンで来年には、さらに500万人分備蓄出来ると保健福祉省では考えている。
 一方、古い備蓄ワクチンは次第に効力を失ってゆく。それは、絶対ワクチンが必要な状況になったとき、効力の低下しているそのようなワクチンを使用できるのかどうか、という問題を提起している。ホール報道官は、”効力が低下したからと言って、100%がゼロになる訳ではない”、と語っている。 

Over 100 million chickens in Indonesia vaccinated against bird flu  People's Daily Online, China (中国) インドネシア、1億羽以上の鶏が鳥フルワクチン接種
 インドネシア政府の発表によると1億4000羽の鶏が鳥フルワクチンの接種を受けたが、それは14億羽と推定される同国の鶏の10%に過ぎない。
 国営通信であるAntara報道機関は国家鳥インフルエンザ対策委員会のメンバーであるアミン・ソエバンドゥリオ(Amin Soebandrio)氏の談話を引用し、家きんに対するワクチン接種を、鳥フル拡大阻止のために最適化しなければならないと伝えた。
 同氏は低品質のワクチンを鶏に接種すると、新型で、そしてより危険なウイルス株を作る結果になると語った。
 ”以前は、鶏は鳥フルに感染したなら、死んだだろうが、今は、ウイルスに感染しても、鶏はまだ生きている”、と同氏は説明する。そして、ウイルスに感染した鶏は、そのままその辺をうろつき回っているから本当に危険だ”、と付け加える。
 アミン氏はインドネシアにおけるその場しのぎの対策を嘆く。
 ”鳥フルワクチン接種が継続されないのは残念だ”。16日に、同氏はそう語っている。
 同氏によると、住民の鳥フルに対する予防対策と、感染した家きんの殺処分の必要性に対する知識の保有率はいまだ低い。

 ”多くの家きんを積んだトラックが人口密集地域や渋滞した道路を通ってゆくが、誰もその家きんが鳥フルに感染しているのかどうかについては分からない”。そのようにアミン氏は実情を話し、また、予算不足が、政府の殺処分対策の消極性につながっていることも指摘する。

 インドネシアにおける鳥フル死者数は57人に上っている。世界で一番多い数値である。
 
Southern Colorado prepares for possible pandemic KOAA, CO  (米国) 南コロラド、パンデミック・インフルエンザに備える
 地域保健当局が啓発。世界的状況。各家庭での食料品、飲料水、懐中電灯等の備え。他。
 米国内では鳥インフルエンザが流行はしないが、他のタイプのパンデミック・インフルエンザが発生すること可能性はある。
11月17日(金)


Bird flu suspected in child's death in Medan Jakarta Post(インドネシア) メダンで鳥インフルエンザ疑い例の児童が死亡

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスに感染した疑いの6歳児が、北スマトラ、メダンのアダム・マリク病院で死亡したと、木曜日に病院責任者は語った。
 同病院・副院長のM.ナー・ラシード・ルビス氏は、この児童は同病院で2日間、治療を受けていたと述べている。
 この児童は水曜日の午前1時に死亡した。呼吸障害、咳そして食欲減退の後に39度の高熱を発していたと、同氏は付け加えた。
 この児童は前に自宅付近の病院に入院していた。しかし病状が改善せずアダム・マリク病院に転院したと、ラシード氏はしている。
 家族の者は、自宅付近で多数のニワトリが死亡した後に、この児童が2週間にわたり高熱を発したとしている。
 ラシード氏は、公式にこの少年の死因が鳥インフルエンザであるかを決定するためには更に検査が必要だとしている。
 北スマトラ衛生局局長のファトニ・スラニ氏は、同局は死因確定のために死亡した少年の血液検体をジャカルタの検査施設に送ったとしている。
 「検査結果判明まで3日間待つ必要があります」とファトニ氏は述べ、死因は他の疾病かもしれないと付け加えた。
 一方、厚生相のシティ・ファディラー・スパリ氏は木曜のメダン訪問中に、鳥インフルエンザ疑い例患者の死亡について情報を一切受け取っていないと述べた。
 同相は鳥インフルエンザによるインドネシアでの死者数は、全体で74名の鳥インフルエンザ症例のうち55名に達したと語った。
 シティ・ファディラー氏は、拡大原因が場所によって異なるためインドネシアにおける鳥インフルエンザの拡大は特異なものだとしている。
 「カロ(北スマトラの統治区)への出現、これは野鳥により拡大したものですが、ジャワのタンゲランに再び出現した時は野鳥と飼育された家禽との接触によるものでした」と同氏は述べた。
 「これは、鳥の渡りを押さえ込めない限り、ウイルスの拡大を止めることは大変難しいということを意味します」と、同氏は語っている。
 同相は、一定の地域の家禽がウイルスを保有しているとなった場合、地区責任者は感染したニワトリの殺処分を迅速に決定しなければならないと繰り返した。迅速な決断が必要とされるのは、感染したニワトリがウイルスをヒトに感染させる恐れがあるからだと、同氏はしている。
 世界保健機関によれば、今も鳥インフルエンザは原則的には動物疾病であるが、世界中で2003年後半以降250名以上のヒトに感染し150人以上を死亡させていると、ロイターは報じている。
 インドネシアはこの疾病との戦争における最前線の一つになっている。17000以上の島々から成り100万羽単位のニワトリが裏庭を自由に歩き回る、この国ほどに死者を出した国は他にない。
 ヒトの死者数の増加にもかかわらず、同国政府は鳥の大量殺処分には抵抗している。その理由は、多くの人が鳥インフルエンザの脅威を未だに実感していない広大で多くの人口を持つこの国では、費用や実現性の点で問題があるということである。

Bird Flu's Pandemic Potential ABC News  (国際) 鳥インフルエンザのパンデミックの可能性
 下記のYoshihiro Kawaok氏のグループの研究を紹介すると共に、ロッチェスターのメイオクリニクのメイオ・ワクチン研究グループ責任者のグレゴリー・A・ポ-ランド博士のコメントを紹介している。
 この総論的解説は卓越。
 中から重要部分だけをここに引用。
 同博士は、
 ”我々の語彙から”もし”という単語を削除すべきだ。我々は絶対間違いなくパンデミックに遭遇する。私は命に賭けてそう言う”、と語っている。”誰も、それがいつ起きるの、どれだけ大きな被害をもたらすのか、また、それがどのウイルスで起きるのか、分かってはいない。でも現在その候補の筆頭はH5N1ウイルスであることは間違いない”。
 ”このウイルスの進化を見守っているしかない”。
Scientists Find Mutations That Let Bird Flu Adapt To Humans Science Daily (press release)  (国際)
 鳥フルウイルスが人に適合するための変異様式が発見
 鳥と人で分離された鳥インフルエンザウイルスを比較し、ウイルスがパンデミック株になるために必要な鍵となる遺伝子変化が解明された。

 11月16日号の科学雑誌「Nature」に、H5N1ウイルスが人の細胞に侵入する際結合する、細胞表面のリセプターを認識する遺伝子変化について報告されている。
 ”我々はH5N1ウイルスが人の細胞のリセプターを認識するのに必要な、二つの重要な変化を解明した”、と論文の筆頭著者で、ウイスコンシン-マディソン大学獣医学部のウイルス学者である、Yoshihiro Kawaoka氏が語っている。
 この新しい研究報告は、鳥にしか感染できないウイルスが、人の細胞のリセプターを容易に認識出来るように変異するのに必要な遺伝子変化の、分子生物学的青写真を示している。リセプターはウイルスを細胞に付着させる分子構造を成し、それはその後に続く感染過程にとって必至な存在となっている。ウイルスが人の細胞に容易に感染するために必要な遺伝子変化を解明することは、ウイルスがパンデミック株に変化した場合、容易に早期にそれを知ることが可能で、それにより公衆衛生担当者とワクチン製造企業は、それぞれ対策準備のための貴重な時間を得ることができる。
 ウイルスが細胞に感染するためには、宿主となる細胞をウイルスが認識し、そして付着する必要がある。しかし人と鳥のインフルエンザウイルスは、それぞれ異なるリセプターを認識する。
 鳥インフルエンザウイルスは、人のインフルエンザウイルスと遺伝子交換をして、容易に人の細胞のリセプターを認識し、人の呼吸器の細胞に感染するような変異をとげることが分かっている。
 このような変化は、人の患者が同時に人のインフルエンザウイルスと、鳥インフルエンザウイルスに感染することによって生じると考えられている。
 国際的研究チームによる研究結果は、ベトナムとタイで人の患者から分離されたH5N1ウイルスが、人と鳥の両細胞のリセプターを認識するが、鶏とアヒルから分離されたウイルスは、鳥の細胞のリセプターしか認識できなかったことを示している。
 今回の研究は、パンデミックを引き起こす脅威を抱かせている、H5N1として知られている鳥インフルエンザウイルスに起きた変化を、明確に解明するのに役立っている。1997年に初めて同定された頃に比較し、ウイルスはすでに劇的に変化していると、Kawaokaは説明する。同氏は東京大学にも属している。
 ”1997年に見つかったウイルスと、現在我々が目にしているウイルスの間には大きな違いがある。我々はこのウイルスが人の病原体に変わってゆくのを監視している”。そのように同氏は語る。
 Kawaoka等のグループによって発見された変異が鳥インフルエンザウイルスに、人の細胞に感染する完全な能力を、即与えるものではないが、それに向かうステップとなっていることは間違いはない。人の細胞に適合するためにはさらなる変異が必要だとKawaoka氏は語るが、どの程度の数の変異がさらに必要なのかは不明だ。
 しかしながら研究者達が、人に感染するウイルスを監視、そして分離、分析を続けるならば、ウイルスの変異の軌跡を追うことが出来、そしてウイルスが人の病原体となる閾値を超えることを予知することも可能となりえる。
 1957年と1968年に起きた2回のパンデミック・インフルエンザ(アジア風邪と香港風邪)は、人のウイルスと鳥のウイルスのハイブリッドにより生じたウイルスが原因となっている。Kawaoka氏はそのように語っている。
 今回の研究は、日本文部科学省、厚生労働省、および米国健康研究所(NIH)からの研究費によってサポートされたものである。


人の感染に重要な変異特定 鳥インフルウイルスで東大 USFL.COM 
 通常は人に感染しにくい高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が、人の細胞に結合しやすくなるのに重要とみられる変異を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授と山田晋弥研究員のグループが突き止め、16日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この変異に加え、ウイルス増殖などに関する別の複数の変異が重なると、人の世界で大流行する新型インフルエンザに変わる恐れがあるという。
 今回の変異を持つウイルスは、数は少ないものの既にイラクなどで人から検出されており、河岡教授は「検出例の広がりを監視することで、新型の出現がどの程度近いか予測することができそうだ」としている。
 グループは、ウイルス表面に突き出ていて、細胞への感染のしやすさを決める「ヘマグルチニン(HA)」と呼ばれる糖タンパク質のアミノ酸の並び方を解析。182番目と192番目のアミノ酸が変異して置き換わると、先端の形が変わり、鳥だけでなく人の細胞にも結合しやすくなることを確かめた。
 死者が世界で4000万人以上とされる1918年のスペイン風邪など、過去に大流行したインフルエンザのウイルスでも、似たような変異が起きたと考えられている。
 大流行に至るには、人ののどや鼻の細胞で効率よく増殖するような別の変異が必要だが、河岡教授は「HAの変異が大流行に向けた重要なステップであることは間違いない」と話している。

11月16日(木)

OSHA Offers More Advice on Bird Flu Insurance Journal(カナダ) 労働安全衛生局、鳥インフルエンザに関する勧告を更に提供

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 (米国)労働省職業安全衛生局(OSHA)は鳥インフルエンザ感染予防のために、手袋の着用、手洗い、そして場合によっては呼吸器保護器具の着用といった衛生的な慣行を労働者に勧めている。
 OSHAは今週、企業と労働者にむけて高病原性の鳥インフルエンザの危険に対処するためのガイドラインを提供した。企業にはガイドラインに従うことを奨励しているが、義務にはなっていない。
 例えば、養鶏従事者には軽量の使い捨ての手袋または消毒可能の頑丈なゴム手袋を着用するように勧告している。このガイドラインでは使い捨ての外衣、安全ゴーグルそして呼吸器保護器具を着用すべきとしている。
食品取扱者は、生の家禽製品を扱う際は自分の口、鼻そして目には触らないようにすべきである。またある種の検査機関の従業員は退勤前に更衣室に行きシャワーを浴びるべきだと、この安全指導書はしている。
全ての種類の労働者に手洗いを十分かつ頻繁に行うことを勧めている。
 「鳥インフルエンザに曝露する可能性が最も高い雇用者と被雇用者に、適切な予防そs地をとることを勧めています」と、OSHA局長のエド・フォーク氏は述べている。「この指導書で、疾病防止のための手洗いや適切な保護器具の使用といった現実的な手がかりが得られます」
 世界保健機関がまとめた数値によれば、高病原性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスは3年前にアジアで家禽に猛威を振るい始めて以来、世界中で153人を死亡させている。
 鳥インフルエンザによるヒトの死亡の大部分は感染した鳥との密接な接触に関係するが、専門家はこのウイルスがヒトからヒトへ容易に広がる形態に変異し世界的なパンデミックを引き起こしかねないことを恐れている。
労働安全衛生局 http://www.osha.gov/
East Texas Takes Part in Pandemic Flu Outbreak Drill KTRE, TX (米国) 東テキサスでパンデミック・インフルエンザ訓練
Bird flu mutations may offer early warning of pandemic CBC Ottawa,  Canada  (カナダ) 鳥フルウイルス変異のチェックで、パンデミック・インフルエンザ発生のモニターが可能に
 日本の科学者達が、H5N1ウイルスのパンデミックの発生につながる2つの変異点を明らかにした。
 ……
 以下他記事と同じ。
Inexpensive Test Detects H5N1 Infections Quickly, Accurately Student Operated Press, FL (米国) H5N1ウイルス検出のための安価で正確な迅速キットが開発
 コロラド-ブルダ-大学とCDCの研究者達は、安価な”遺伝子チップ”を考案し、速やかにH5N1ウイルスを含むインフルエンザウイルスを同定出来るキットを開発した。
 遺伝子チップ、またはDNAアレイと呼ばれる、はガラス、またはプラスチックやシリコンの表面に貼り付けた顕微鏡下で視認されるDNAスポットの一種である。このDNAアレイは、各種の遺伝子が産生する、または表現する各種の蛋白の性状を把握するのに用いられる。
 このような遺伝子チップは数千の遺伝子の表現型(表現される蛋白)を一度にモニター可能となる。
 同様情報は昨日も紹介済み。
Scientists find bird flu mutations to humans Bangkok Post, Thailand (タイ) 科学者、鳥フルウイルスの人への感染性獲得性のための変異点を発見
 鳥と人から分離されたインフルエンザを比較し、研究者達は人におけるパンデミック・インフルエンザを発症するの二必要なウイルスの変異点を明らかにした。
 「ネーチャー(Nature)」の最新号に研究結果は発表された。
 ”二つの変異点の発見は極めて重要だ”、と論文の筆頭著者である、ウイスコンシン-マディソン大学獣医学部のYoshihiro Kawaoka氏は説明している。
……
  以下、基本的に下記の内容。
Two Key Mutation Spots In Bird Flu Virus Identified All Headline News  (国際) 鳥フルウイルス悪性化への2箇所の変異点が明らかに
 香港(AHN)- 科学者達はH5N1ウイルスが、人の細胞に感染するための遺伝子上の二つの変異点を明らかにした。H5N1ウイルスは動物で広く感染しているが、人の細胞のリセプターを認識するようになると、人でも容易に感染するようになり、世界で数百万人を犠牲にする可能性がある。
 この発見は最新の科学雑誌である「ネーチャー( Nature )」で報告された。
 日本、英国、米国の研究者からなる国際チームが行った研究であるが、二箇所の変異点は、ウイルス表面にあるヘマグルチニンと呼ばれる蛋白にある。182番目と192番目のアミノ酸が変異したなら、ウイルスは容易に人の細胞に感染するという。
 研究者達はインドネシアとベトナムの人感染者から21種類のH5N1ウイルス株を分離した。鳥と人から得られたウイルスを比較し、鶏とアヒルに感染するウイルスは鳥の細胞のリセプターしか認識しないのに対し、人に感染する株は、人と鳥の両方の細胞のリセプターを認識するという。

 研究者達によると今回の発見により、H5N1ウイルスのどの株が、人に感染する可能性が高いのかを判断する手段に有効であるとされれる。
人の感染に重要な変異特定 鳥インフルウイルスで東大 神戸新聞 
 通常は人に感染しにくい高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が、人の細胞に結合しやすくなるのに重要とみられる変異を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授と山田晋弥研究員のグループが突き止め、16日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この変異に加え、ウイルス増殖などに関する別の複数の変異が重なると、人の世界で大流行する新型インフルエンザに変わる恐れがあるという。
 今回の変異を持つウイルスは、数は少ないものの既にイラクなどで(今年度初めに発生:管理人)人から検出されており、河岡教授は「検出例の広がりを監視することで、新型の出現がどの程度近いか予測することができそうだ」としている。
 グループは、ウイルス表面に突き出ていて、細胞への感染のしやすさを決める「ヘマグルチニン(HA)」と呼ばれる糖タンパク質のアミノ酸の並び方を解析。182番目と192番目のアミノ酸が変異して置き換わると、先端の形が変わり、鳥だけでなく人の細胞にも結合しやすくなることを確かめた。
 死者が世界で4000万人以上とされる1918年のスペイン風邪など、過去に大流行したインフルエンザのウイルスでも、似たような変異が起きたと考えられている。
 大流行に至るには、人ののどや鼻の細胞で効率よく増殖するような別の変異が必要だが、河岡教授は「HAの変異が大流行に向けた重要なステップであることは間違いない」と話している。
TOP