高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
11月15日(水)

鳥インフルエンザで2歳児死亡、インドネシア CNN Japan
 世界保健機関(WHO)は14日、インドネシアで新たに2人の鳥インフルエンザ感染者が判明し、このうち2歳の男児が死亡したと発表した。同国における鳥インフルエンザ感染者は計74人となり、死者は世界最多の56人となっている。
 WHOとインドネシア保健省によると、2歳6カ月の男児は西ジャワ州カラワン出身で、今月5日に症状が出て10日に入院、13日に死亡した。調査の結果、男児が症状を見せる数日前に、自宅近郊でニワトリの死亡が確認されていたという。もう1人はバンテン州タンゲランの35歳女性で、今月7日に症状が出て、10日に入院した。現在も入院中だという。感染経路は現在、調査中。
米FDA、抗インフル薬「タミフル」の副作用で注意喚起  日本経済新聞  
 米食品医薬品局(FDA)は抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」を服用した患者に幻覚、興奮などを引き起こす可能性があるとの注意喚起をする。製品を開発したスイスのロシュなどに対し、医師に配布する製品の説明書にこうした副作用の例を詳しく記載するよう求める方針だ。
 16日に開催する小児諮問委員会で具体的な内容を勧告する。タミフルは鳥インフルエンザ対策などに有効とされる。世界中で普及するのに伴って、服用後に患者が意識障害やけいれん、肺炎などにかかる例が急増しているためという。
"INTERVIEW-Indonesia needs better birdflu control-hospital head" Reuters AlertNet (英国) インドネシアの鳥フル対策は強化の必要
 鳥フルによる死者数が最も多いインドネシアであるが、公衆の関心は低く、対策はもっと強化されなければならないと、インドネシアのもっとも中心的専門病院の院長が、14日語った。
 闘鶏、裏庭での鶏の放し飼い等は、いまだ国内で続けられている。ジャカルタの国立感染症病院である、スリアノ・サロソ病院長のサーディキン・ギリプトロ( Sardikin Giriputro)は、そのように語っている。
 ”ウイルスはいまだ家きんの間で感染し続けている。それも商業用農場ではなく、裏庭で放し飼いの家きんの間である。制御は極めて難しい”。サーディキン氏はロイターとのインタビューでそのように言っている。
 ”我々の対策はそこに焦点を合わせる必要がある。社会的関心も低い。人々は政府の忠告に従わない。人々の行動様式を変えるのは極めて困難である”。同氏は鳥フル国際会議の合間にそのように話してくれた。

 インドネシアでは74人の発病者がでて、そのうち56人が死亡している。ベトナムだけがさらに多くの発病者を出していて、93人となっているが、死亡者数は42人と少ない。
 多くのインドネシアの家庭の生計は家きん飼育に依存している。政府は主要なタンパク源として家きん産業を奨励してきている。そのようにサーディキン氏は説明する。
 ”人々は未だに家きん飼育、闘鶏、鳥の鳴き声コンテストを続けている。人々はいまだに生きた家きんを地域を越えて各地域へ運んでいる”。
 同氏の病院ではこれまで225人以上の疑い例を扱い、22人が確定され、19人が死亡した。
 ”ほとんどの死亡患者は、かなり病状が進行してから送られてきた。我々はタミフルを投与したが、その時期は発病後、48時間を過ぎていた”。タミフルは発病後48時間以内に投与しなければ効果がないと、WHOでは説明している。なお3人の生存患者はタミフルを服用したが、2人は軽症患者であったという。

 インドネシアには高度に生物的安全対策が施された検査施設は一箇所しかなく、そのため来年度には増設され、合計三箇所になる予定のようだ。
 ”(現在)、診断まで数日間要している。いくつかの診断ミスが生じているかも知れない。採取される咽頭分泌液の内容や、その時期によって、我々が臨床的に鳥フルと診断出来ても、検査の上では陰性とされることもあり得る”。

A flu pandemic: Could it happen again? Sun-Sentinel.com, FL  (米国) パンデミック・インフルエンザ:再び起こるのだろうか
 スペイン・インフルエンザのように、再び新型インフルエンザが発生するのか?
 ロンドンのクイーンメリー医科大学のウイルス学者であるj・オックスフォード博士は、間違いなく起きる、と語り、スペイン・インフルエンザは1918年に米国のカンサス市の米軍基地で発生したという説を覆し、2年前からそれはフランスで発生していたことを、当時の医学雑誌「ランセット」等から立証した。第一次世界大戦の前線で英国軍隊が感冒用疾患を発病し、その致死率は50%であった。軍医はそれを「感染性気管支炎」と呼んだ。現在のH5N1鳥インフルエンザの死亡率も50%であることから、オックスフォード博士は、大発生する前のスペイン・インフルエンザと現在の鳥インフルエンザに共通性を感じている。スペイン・インフルエンザの死亡者は19歳から40歳に集中しているが、現在のH5N1鳥インフルエンザの死亡者の年齢層も類似していて、死亡者の年齢の中央値は19歳となっている。
A Season for Flu World Bank Group, DC  (米国) インフルエンザの季節:ベトナムの状況
 H5N1鳥フルを完全に封じ込めているベトナムの現状。対策強化の背景。無償のワクチン投与、と啓発キャンペーン、そのためのボランティアの育成・教育等。さらに冬期間に向かう中での対策等。

Tan Xuan Binh with a map of Vietnam behind him

  Laboratory for testing avian influenza

FDA: Tamiflu Patients Need Monitoring KOTV, OK (米国) FDA:タミフル服用患者は状態監視が必要
 妄想、幻覚や他の異常な精神症状がタミフルを服用した日本の患者、主として小児、で認められていることから、FDAはタミフルでインフルエンザを治療中の小児について、同様の症状を呈する危険性があるから、十分監視するように、タミフルの添付文書の注意に加えた。
 米国では年に200万人分のタミフルが処方されている。しかし日本では2001年以来3000万人分のタミフルが処方されているという。米国では1999年以来延べ800万回の処方に過ぎない。
Scientists develop cheap, fast and accurate Bird flu test South Asian Women's Forum, India (インド) 安価で迅速性、かつ正確な鳥フル診断キット(Mチップ)が開発
 コロラド大学とCDCが共同開発したインフルエンザ診断迅速キットで、世界中の医師がH5N1ウイルスを含むインフルエンザウイルスの診断を間もなく速やかに行うことが出来るようになる。
 Mチップ(MChip)と呼ばれるキットは、安価な”gene chip(遺伝子チップ)”テストで、一種類のインフルエンザウイルスを基に作成されている。
 研究者達はこのMチップで3年間に亘って集められた24種類のH5N1ウイルスについて検査したが、Mチップは21種類の株でウイルスタイプと亜型について完全に診断した。擬陽性はなかった。
 このMチップは一種類の遺伝子に関して評価するもので、この遺伝子の変異は非常に起こりにくいので、Mチップは今後長らく広範に使用可能と、研究者達は語っている。
 他の検査方法はHA(ヘマグルチニオン)、NA(ニューラミニダーゼ)、そしてM(基質)の遺伝子に基づいていて、これらの遺伝子は絶えず変異してゆくから、それに従って検査キットも変更する必要がある。しかしMチップは、ある特定の遺伝子部分(M遺伝子セグメント)に基づいている。

OSHA Unveils New Avian Flu Guidance Safety.BLR.com, CT  (米国) 米国労働省職業安全健康管理局(OSHA)、新鳥インフルエンザ対策ガイダンスを発表
 OSHAは労働者を鳥インフルエンザ感染から守るための「安全と健康ガイダンス」を更新して発表した。
 以前のバージョンは2004年に作成されたものである。
 新規ガイダンスは、家きん産業従事者、他の家畜産業従事者、保健専門家、食品取り扱い業者、旅行者、そして海外派遣従業員等を個別に対象として説明している。
 基本的予防対策として、衛生管理の強化に焦点を合わせている;予防用グローブ装着、手洗い、感染した動物や患者に接触する場合の、呼吸器感染予防等。
 ガイダンスはまた、他の情報を提供するウエブサイトへのリンク、鳥インフルエンザの歴史やその症状等の情報も記載されている。

ガイダンス本体(PDFファイル)

11月14日(火)

Indonesian with bird flu 'still alive' The Age, Australia (オーストラリア) インドネシアの女性は生存中
 35歳の鳥インフルエンザを発症した女性はいまだICUで治療中であり、死亡してはいない。保健省高官が先に誤って死亡したと発表していた。
 保健省のNyoman Kandun氏は手違いを謝り、インドネシアの死亡者数の合計は56人のままであると語った。
Woman dies from bird flu virus, raising Indonesia's death toll to 57 570 News(カナダ) 鳥インフルエンザ・ウイルスで女性が死亡、インドネシアの死者数は57人に増加
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシア首都の西部郊外で火曜日に女性が鳥インフルエンザのために死亡し、同国の鳥インフルエンザ・ウイルスによる死者数は57名に達したと、厚生省高官は述べた。
 タンゲランの35歳のこの女性は4日間の入院の後に死亡したと、ニョマン・カンダン氏は述べ、感染源は今も調査中と付け加えた。
 世界保健機関(WHO)によれば、H5N1ウイルスは、2003年後半にアジアの家禽に猛威を振るい始めて以来、既に世界中で少なくとも153名を死亡させている。インドネシアでの死者者数は三分の一を大きく上回っている。
 WHOは直近のインドネシアでの2件については確認していない。
 死者の大半は家禽から感染しているが、WHOが恐れていることはウイルスがヒトの間で容易に感染する形態に変異し百万人単位で死者を発生させる可能性のあるパンデミックを発生させることである。
 世界第4位の人口大国で数百万羽の過程で飼育されるニワトリのいるインドネシアは、それが発生する潜在的危険地点と考えられている。
 最初にニワトリやアヒルにウイルスが発生した際にウイルス撲滅の動きが遅かったことで同国政府は非難されたが、ここ数ヶ月は鳥インフルエンザの危険性に関する一般への啓もうに懸命に取り組んできた。
 また同政府はワクチン接種と感染地域での鳥の殺処分も進めている。
China urges vigilance against SARS, bird flu Reuters.uk, UK  (英国) 中国、SARSと鳥フルに対する警戒態勢を強化
 中国衛生部は地方行政府に対して、冬期間に入ることから、SARSと人の鳥インフルエンザ事例に対して警戒を強めるように指令を出した。
 SARSは最初、中国南部の広東省で発生している。またH5N1鳥インフルエンザウイルスに関しては、現在、中国は対処に苦慮していて、すでに2003年以来、数十の家きん流行事例が起こり、また人の発症例は21人に上っている。
 ”専門家達は、中国の季節は既に呼吸器疾患多発の季節に入っていると判断している”。そのように衛生部はホームページで説明している。
 ”衛生部では、全ての地方担当部局に対して、原因不明の肺炎事例、人での鳥フル事例、通常の季節性インフルエンザ、およびSARSの監視と、発生した場合の報告を要求した”、とウエブでは伝えている。
 地方担当部局は、流行発生の迅速な報告と拡大対策をとらなければならない。声明ではそのようにも伝えている。
 中国は、SARS発生時における初期の隠蔽に関して広く批判され、それは結果的に世界に拡大した。
 専門家によると、中国での流行対策は改善されているが、政府によると、指令系統の不備、および地方の当局者が情報公開に消極的なことが問題としてあげられている。
FDA panel proposes Tamiflu warning label Pierceland Herald, Canada  (カナダ) FDA委員会、タミフル使用警告文書の添付を提案
 
 これはAP通信により全世界中で報道。
 海外でのタミフル使用中の小児における妄想や幻覚症状発症の報告に、米国保健省は医師や両親に対し、13日、タミフル服用中の小児の行動異常発生について注意を喚起した。
 FDAはいまだ、3例の死亡例を含む100例以上の事例が、タミフル服用によるものか、インフルエンザウイルスによるものか、もしくは両者によるものか判断は出来ていない。ほとんどの事例は小児で発生している。
 FDAの小児専門委員会は、タミフル投与の推奨内容について16日に討議する予定になっている。FDAは外部委員会の提言に従う必要は無いが、通常は外部委員会の提言は通っている。これについてFDAの広報担当はすぐにコメントは出さなかった。
 委員会による新規データ調査結果は、タミフルの鳥インフルエンザに対する重要な役割から、(FDAにより)慎重に検討されると思われる。タミフルはインフルエンザを予防しないが、症状の持続期間の短縮や軽減には効果がある。
 新規事例は2005年8月29日から2006年7月6日の10ヶ月間に発生している。FDAによると1999年にタミフルが承認されてから2005年8月までの5年間に発生した数以上の126例と急速に増加してきていると言う。
 インフルエンザの重症事例でも類似の症状を呈する可能性があるが、報告された事例数と主治医のコメントから、タミフルが原因であることを除外することは出来ないと、FDAはコメントの中で言っている。
 FDAの関係者は、米国でのタミフル使用量が日本並みに増加する可能性もあることから、注意深い推奨内容の変更を求めている。現在の米国での添付文書には、単に”けいれん、および精神錯乱”が見られる患者がいるとしか記載されていない。
 先にロッシュ社は、タミフル服用によるインフルエンザ患者の死亡率が有意に低下するという米国とカナダの研究結果を引用して発表した。
 添付文書によると、タミフルは1歳以上のインフルエンザ症状を呈する、何ら合併症のない患者に、発症後2日以内に投与すべきと記載されている。 

Flu Drug Tamiflu May Cause Odd Behavior in Children Forbes, NY  (米国) インフルエンザ薬、タミフル、小児に対し奇怪な行動を起こす可能性
 海外からの報告に反応して、米国保健省は医師や両親達に、タミフル服用中の子供達の奇怪な行動の出現に注意するように警告している。
 米国FDAは、海外からの100例以上に上るタミフル服用中の、3例の死亡例を含む奇怪な行動が、タミフルに起因するのか、インフルエンザに起因するのか、または両者に起因するのか、分かってはいない。AP通信の報道による。
 FDAはタミフルの注意文書に、服用患者、特に小児に対し、(行動異常の発生を)詳細に警戒するように書き加えることを検討している。
 当局では、海外で報告されているタミフル服用中の小児で見られる、妄想、幻覚、そして他の行動異常がインフルエンザウイルス自体によって起きているとした場合、タミフルを中止することは、危険であると注意を与えている。その多くの事例は日本で起きていて、同国は米国の人口の半数であるにも関わらず、10倍量のタミフルが処方されている。
 ……
 タミフル使用基準に、上記注意文書を加えるかどうかは現在未定。
What ever happened to Bird Flu? Workplace Law Network (subscription), UK (英国) 鳥インフルエンザはどうなったのか?
 今年の初めには鳥インフルエンザが地球上で大流行するかも知れないという脅威が至るところで言われていて、パンデミックになった場合、保健省は英国人口の6千万人のうちの半数が発病すると予想した。現在、年末に近づきつつあるが、企業界はいまだ鳥インフルエンザの警告とその対策の必要性に耳を傾けているだろうか?それとも鳥インフルエンザは忘れ去られたのだろうか?

 本年1月、投資情報サービス機関(Financial Services Authority (FSA))は、鳥インフルエンザを1年以内に発症する金融リスクのリストに加えた。理由は鳥インフルエンザが地球規模でのリスクとして浮上したからだ。これまで危険なウイルス変異は2006年に生じていないが、専門家達の多くは、それは起きるかどうかという問題ではなく、いつ起きるかという問題だと警告している。
 しかし企業界は本当にパンデミック対策を行っているのだろうか?現実的脅威として考えられているのだろうか?それともより現実的考慮すべき他の問題が優先され、単に抽象的な脅威として受け止められているのだろうか?英国のロイヅTSB Corporate Markets Business の調査によると、33%の企業が今後半年間のもっとも大きな脅威として技術不足を挙げている。一方、鳥インフルエンザが最も大きな脅威と考えている企業は、わずか4%に過ぎない。
(So are businesses really prepared for a pandemic? Do they actually consider it to be a threat, or is it simply an abstract threat pushed aside by more immediate considerations? According to data from the Lloyds TSB Corporate Markets Business in Britain survey 33% of firms cite the skills gap as posing the biggest threat to their firm over the next six months. In comparison, just 4% believe that avian flu represents their biggest challenge.)
 内閣官房の非常事態局長官(政府の非常事態計画作成の協力をしている)であるブルース・マン氏は、パンデミック発生時に重要となる多くの部門、すなわち公共施設、金融機関、救急隊等、は対策が進んできた、と語る。しかしながら高度の計画作成をしているものの、実効性を伴っていない企業が多く、中にはパンデミックは誇張されているといまだ思っている企業もあり、またその危険性に関する優先度を下げた企業もある、と付け加える。
 インフルエンザウイルスは絶えず性格を変えているから、パンデミックの発生時期、その大きさ、またはその内容などは誰も予知出来ない。それにも関わらず、政府は被雇用者の四分の一はパンデミックに際し仕事を休むことになると予想している。スタッフの長期欠席は大企業で15%、小企業で30%に上ると予想される。
 多くの企業は.洪水、テロ、またはコンピューター障害などの単発的危機に関しては、緊急対策は作成しているが、パンデミック対策は全く異質な問題を含んでいる:対策を要する感染の波は2~3ヶ月続き、それは時には数ヶ月後に繰り返されることもある(第2波:訳者注)。またパンデミックの含む第二の問題として”滝効果cascade effect”が挙げられる:インフルエンザは一つの企業や地域だけに流行するのではなく、国全体、そして多少の時間的遅れの後に世界の多くに広がることである。それは(被害を被っている)企業が平常時のように、外部に支援を求めることは極めて難しいということである。
 このような報告があるにも関わらず、英国の組織の半数以上はパンデミック発生時の業務継続のための計画を作成していないし、さらにほとんどの企業では従業員の長期欠席への対処を考えていない。
 企業リスクマネージメント会社のサバイブ社(Survive)は、最近、企業のパンデミック対策を示した一連のガイドラインを発行した。
 同社の常務であるロレイン・レーンは次のように言っている。
 ”これらのガイドラインは、パンデミックに際し全英国の企業が、企業自体と従業員を如何にして保護するかについて説明している。我々はいつパンデミックが発生するか分からないが、(パンデミック発生時に)株主や従業員に向かって、前もって対策を立ててなかったと謝ることが出来る、無責任な企業の最高責任者はいないだろう”。
 いくつかの政府機関から出されている企業に対するガイドラインは以下の通りである。
 英国保健省パンデミック・インフルエンザ行動計画
 内閣官房パンデミック・インフルエンザ・ガイダンス
 企業と組織のためのパンデミック・インフルエンザ・チェックリスト

 企業の雇用者のための、実用的で理解しやすいパンデミック対策ガイダンスが、保健省からさらに出ている。それは従業員と環境の衛生管理に焦点を当てている。オフィスの定期的清掃、頻回な手洗いなどはウイルスの拡大を防ぐことにつながる。またインフルエンザの拡大を防ぐ可能性のある、マスク着用などの細かい指示も記されている。
 ”冬のヤナギ(Winter Willow)”と呼ばれるパンデミック・インフルエンザ行動計画の国家的模擬訓練が、2007年2月19日と20日に行われる予定になっている。これは保健省により企画されるが、それは行動計画内容と、国家、地方、地域レベルでの実効性を確認するものである。
 非常事態局では国家的模擬訓練に向けて、前もって地方と地域レベルで行動計画を作成するように勧奨している。

11月13日(月)


Indonesian boy dies of bird flu, woman in hospital being treated ... CBC News, Canada (カナダ) インドネシアの男児、鳥フルで死亡:女性は入院治療中
 2歳半の男児が13日朝に死亡、35歳の女性が病院で治療中と、インドネシア保健省が発表した。
Indonesia: Bird flu kills 2-year-old CNN International (国際) インドネシア:鳥フルで2歳幼児が死亡
 13日朝に2歳の幼児が鳥フルで死亡したと、インドネシア鳥フル情報センターが発表した。
 発表によると幼児は家きんとの接触歴があり、12日に入院した。
 13日早朝、インドネシア保健省は35歳女性も同様に鳥フル治療を受けていることを発表した。これはAP通信の情報による。
 女性と乳児はインドネシアにおける鳥フル感染確定例とされ、同国で感染者数は合計74人となった。
Turkey Awarded Funding for Avian Flu Preparedness Biosecurity Briefing November 10, 2006より  【トルコが鳥インフルエンザ対応態勢改善のための援助を受け入れ】

情報提供 Yasumitsu OKUBO MD. Ph.D.

 フランスのAFP通信によると、2006年11月7日に、合衆国はトルコに対し、H5N1 鳥インフルエンザアウトブレイク対策を改善するための授与を申し出ると報じられました。 合衆国は二件の援助で合わせて132.5万ドルをトルコに提供します。
 一つめの百万ドルの授与は、家禽の養育と処理についての社会教育と「国民の啓発」のために使われることになっており、二つ目の32.5万ドルの援助はトルコの保健省の検査能力を強化するために用いられます。
 2006年1月に、トルコでは、81の県で家禽の3分の1に広がり、4人の子供の死者をもたらした H5N1 のアウトブレイクを経験しました。
 合衆国の援助金は、今後の同じようなアウトブレイクに対応し、その拡大を止めるトルコの態勢の強化を目的としています。
Officials worried over bacterial infection brought by migratory birds Hindu(インド) 渡り鳥がもたらすバクテリア感染を当局は懸念

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 広大なチルカ湖などのオリッサの主要な水域に渡り鳥が到着するようになり、野生動物担当の当局者と自然環境観察者はバクテリア感染発生の可能性が高まっていることに神経質になっている。
 この疾病は約2000羽の渡り鳥を死亡させている。この渡り鳥はシベリヤ、ヒマラヤ、イランそしてアフガニスタンといった遠くの地からチルカへやって来て、そうした地の厳寒を逃れ穏やかな潟湖で昨冬を過ごそうとしていた。
 野生動物担当の当局者は今年、こうした鳥の安全性確保のための対策をいくつか始めているとしている。これらの死因はバクテリア感染によるものである。
 10月の最終週に渡り鳥が潟湖に到着し始めているが---これは冬の訪れがまだはっきりとせず例年より3週間遅れである---自然愛好家は幸運を祈り続けている。
 病気となった鳥は、この1月には1日40~50羽の割で死亡したが、死亡数は2月と3月には激減した。
 しかし、インドで極めて恐れられている鳥インフルエンザによる死亡は発生していない、と、情報筋はしている。
 バクテリア感染はチルカの環境システムの劣化により発生したかもしれないと、ブラフマル大植物学教授のプラサンカ・クマー・ベヘラ氏は述べている。
 同大の科学者のサイラバラ・パドヒー氏は、この湖で行われているテナガエビの養殖が水質汚染の原因だとしている。
 「テナガエビ養殖に使われる成長促進剤や消毒剤のなかの微量養素が原因となり水中でのバクテリア増殖を起こしているのかもしれません」と、同氏はしている。
Next Flu Pandemic: What To Do Until The Vaccine Arrives? Science Daily (press release) (国際) パンデミック・インフルエンザ:ワクチンが届くまで何をすべきか?

 専門家達はパンデミック・インフルエンザがいつでも発生し得ると考えている。しかしながら、今、効果的対策をとらない限り、我々は”大変な苦境”に陥ると伝える論文が、「Science」の11月10日号に掲載された。アドレス
 論文のタイトルは”パンデミック・インフルエンザ:ワクチンが届くまで何をすべきか?”とされ、この季節性インフルエンザが流行る時期に、非薬物的対策、すなわち患者の社会的隔離、手洗い、マスク等の対策の有効性を研究することを求めている。(パンデミックが発生し、ワクチン作成には数ヶ月要すると言われる。また現在開発中のワクチンでも数週間は要する。それらが実際に地域へ配布されるまでに、何をすべきか、というテーマ:訳者注)。
 
 

 ”これらの対策は皮肉にも1918年に発生した誰もが知っているスペイン・インフルエンザの際の対策と似ている。でも最も有効な防御方法について我々が知らないことが多すぎる”、と論文の筆頭著者である、コロンビア大学公衆衛生学部疫学教室の臨床疫学助教授であるステファン・モース博士は語っている。
 同博士によると、(インフルエンザ防御に関する)もっとも有効な対策を示した直ぐに受け入れることの出来る解説はなく、また地域において効果対策をたてる上で必要とされる、地域疫学に関するデータすらない、とされる。
 ”今、冬期間に向かい出し、インフルエンザの季節を迎える。地域におけるインフルエンザ対策について研究し、有効な対策を考えるのに良い機会と考えられる”。
 どのような様式でインフルエンザは人から人へ感染するのか、大きな粒子である飛沫物が重要なのか、それとも細かい粒子である飛沫核が重要なのか、等が専門家にとって重要な問題と思われるが、モース博士は、それは人々がどの程度感染者から離れていると感染を防止できるのか、そして費用のかからないマスクが感染防止に役立つのか等、に関係する問題なのだ、と説明する。
 共同著者には、IBM研究所のリチャード・L・ガーウイン博士、とアルフレッド・P・スローン財団のポーラ・J・オルスースキー博士がいる。今春、著者達は個人的および職場でのパンデミック・インフルエンザの予防に関するワークショップを、アルフレッド・P・スローン財団の後援でメイルマン公衆衛生大学で開催した。
 ”インフルエンザ感染様式について、多くの基本的なことが分かっていない”、とIBMのガーウイン博士は説明する。
 ”例えば、発病者から感染するのは比較的少数の人々のようだ。感染リングを断ち切る非薬学的対策は試みるべきであることは立証されていて、それが効果を奏するとインフルエンザ予防対策の上で巨大なメリットが得られる”。(手洗い、マスク等の効果等:訳者注)。
 さらにしばしば無視されていることとして、著者等は次のような事項を指摘している。個人的予防に加えて集団全体の予防に関することである。建物、施設、さらに職場や家庭等のような狭い空間における予防対策が挙げられる。例えば、空調設備の改良、部屋の換気設備、ポータブル・エアーフィルター、または部屋を物理的に、またはドアで仕切ったり、等。
 ”実際にパンデミックが発生したときに経験に基づいた対策を一時しのぎに行うのではなく、今、到来する季節性インフルエンザ・シーズンに、我々の不足している知識を埋めるように、体系的に調査研究するべきだ”、とモーセ博士は語っている。

11月12日(日)


China's first human bird flu patient fully recovered China Daily(中国) 中国の初の鳥インフルエンザ感染患者が完全回復

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 中国で初めて鳥インフルエンザを克服した人が、完全に健康との診断を得た。これは日曜日に湖南省の小児病院で行われた検診によるものである。
 10歳のHe Junyaoの身体機能は完全に正常だと病院職員は述べ、この疾病は少年の成長に影響していないと付け加えた。
 江耀輝医師は、同病院の時宜を得た適切な治療がこの少年の命を救ったと述べた。
同医師は、同病院はHe少年が18歳になるまで無料の検診を提供するとしている。
 この少年は発熱と咳に5日間苦しんだ後の昨年10月18日に入院した。衛生部はこの少年を中国初の鳥インフルエンザ感染患者と特定した。
 昨年10月以来、中国では湖南省・安徽省・広西チワン自治区で19件のヒトへの鳥インフルエンザ感染の症例が報告されており、その内14名が死亡している。

 *中国最初のH5N1鳥インフルエンザ発症例は2003年11月の男性である。その事実は、本年8月8日に確認している。
昨年の当事例に関する記事
11.15.2005
・Chinese boy tests positive for H5N1 - report Forbes (国際) 中国湖南省の9歳少年、H5N1鳥フルウイルス抗体が検出
 中国政府当局者が湖南省の9歳少年からH5N1鳥フルウイルスに対する抗体が検出されたと語った。香港紙(the South China Morning Post)が報道した。
 保健省のQi Xiaoqui長官は、政府はWHOとの合同調査結果を待ってから、事実の確認をしたいと語ったと報道は伝えている。
 長官は中国中央CDCが少年の検体から抗体を検出したと語った。
 先に湖南省のCDCが行った結果では陰性と報告されていた。
 WHOの専門家達は昨日湖南省に到着して、中国側と共同調査に入った。

Health center offers flu prevention tips  Daily Yomiuri Online (日本) 保健所インフルエンザ予防用冊子を発行
インフルエンザの季節 「新型」も予防法同じ 読売新聞 
 管理人所属小樽市保健所が、新型インフルエンザをも視野に入れたインフルエンザ対策冊子を発行したニュースからの抜粋。内容は欧米では当たり前かも。日本語版と英語版を対比させました。良い訳がついています。”手前みそかかも?”
 


To prevent flu, the Otaru center's pamphlet offers the following advice:

-- Elderly people and infants should avoid going outside as much as possible.

-- Wear a mask when going out and avoid crowded places.

-- Wash your hands after contact with other people, touching doorknobs or other objects that may have been touched by other people.

-- When people around you cough or sneeze, wash your hands and face as soon as possible. Never rub your eyes with your hands.

-- After returning home, change clothes and wash your hands. Avoid touching the clothes for eight hours after taking them off as flu viruses attached to them can survive for that length of time.

To prevent infecting others when you have flu:

-- Refrain from going outside or going to work until symptoms are eased.

-- If going out is unavoidable, wear a mask. When coughing or sneezing, cover your face with tissue paper while still wearing your mask.

-- Used masks and tissue paper should be put in a plastic bag when disposing of them.

-- Don't cook.

感染しないために

 ・高齢者や乳幼児は、できるだけ外出を控える

 ・外出時にはマスクをして、人込みを避ける

 ・人や物(ドアノブなど)に触れたら、まめに手を洗う

 ・周囲でせきやクシャミをした人がいたら、できるだけ早く手と顔を洗う。決して手で目をこすらない

 ・帰宅したら、着替えて手をよく洗う。脱いだ服には、その後8時間は触らないようにする(付着したウイルスは8時間前後生きているため)

自分が感染した場合、人にうつさないために

 ・症状が緩和するまで、出勤や外出は控える

 ・どうしても外出する場合は、マスクをする。せきやクシャミをする時は、マスクの上からティッシュで顔を覆う

 ・使用したティッシュやマスクは、ポリ袋に密封して捨てる

 ・調理はしない

  (小樽市保健所の冊子より)





Egypt reports fresh bird flu infection India eNews.com, India  (インド) エジプト、新たな鳥フルが家きんで発生
 国営通信MENAが11日に報道したところによると、カイロの680キロ南方のLuxorで、家きんの間で致死的鳥フルが発生した。市の研究所でH5N1ウイルス感染が確かめられた。
 地域一帯は閉鎖され、家きんは殺処分された。
 エジプトでは10月30日に女性が鳥フルで死亡し、同国で7人目の死者となっている。
 エジプトの最初の人での発病者は3月18日に報告された。
11月11日(土)

Depok to vaccinate 120,000 chickens Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア、デポクで鶏12万羽にワクチン接種の予定
 デポク行政府は、10箇所の地区で、市内への鳥フル拡大防止のために鶏12万羽にワクチン接種を予定と発表した。
No genetic mutation of H5NI in RI: Researcher Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシアでは変異株(福建株)は検出されずと
 世界で最も多くの鳥フル患者と死者を出しているインドネシアでは、いまだワクチン抵抗株の福建株は広がっていないと発表された。
 ボゴールの獣医学研究所長のダルミント氏は、インドネシア内の7箇所の獣医学研究所で分離されたH5N1ウイルスについて分析したが、2003年株だけで、新ウイルス株は検出されなかった、と発表した。
 しかしながら同氏は、ウイルスは元来中国から広がってきたものだから、まだまだ警戒することは必要であると語っている。
 家きんにおける監視態勢はさらに強化されたと同氏は付け加えた。検体は定期的に採取され、その中のいくつかの検体に関してはさらに詳細に分析するために、オーストラリアへ送るとも語った。

 一方、インドネシアにおける死亡率が75%と高い理由に関して、住民の無知も関係して、患者の治療開始の平均が発病後5日と遅いことが上げられている。
China shares bird flu samples with global researchers Bradenton Herald,  United States (米国)  中国、鳥フル検体を世界の研究者と共有へ
 1年以上に亘る国際的圧力の後、中国は10日、鳥フルの検体を国際的研究機関と共有することに同意したが、新規に広がっているワクチン抵抗株(福建株)の存在については否定した。
 中国阿2004年と2005年に発生した鳥フルの検体を提供したが、今年度発生したウイルス検体は、変異株が拡大しているとの報告にも関わらず提供しなかった。
WHO apologizes to China for misusing bird flu samples: official People's Daily Online, China (中国)  WHO、鳥フルサンプルの不正使用について陳謝
WHOは、中国政府が提供したウイルス検体を、海外の研究者が悪用(誤用)したことについて陳謝した。10日、中国当局の獣医部局長官のJia Youlingが発表した。
 ”WHO北京事務所のベカダム氏は、私に個人的に2度陳謝した。彼の態度は非常に誠実で、私は深く心を動かされた”、とJia氏は中国国務院情報センターでの記者会見で話した。
 中国農業部獣医担当部長官であるJia氏は、中国は2005年の6月にWHOに鳥フルウイルス検体を5株、WHOの提供に応じて提供した。それは2004年の家きんにおける大発生の後だった。
 ”海外の研究所は2度において不適切に検体を扱い、中国研究者の知的所有権を犯した”、と同氏は語る。
 一つの研究論文では、検体は中国以外の国に属していたが、研究の共同研究者である、米国の聖ユダ小児研究病院のウエブスター博士は関係する中国研究機関に陳謝した、とJia氏 は語った。
 もう一つの研究事例では、検体を中国でのサンプルと言及しているが、そのことは中国側の許可を一切受けていなく、それは国際的慣習に違反したものだ。Jia氏はそのように語ったが、研究者の名前は明らかにしなかった。
 Jia氏はまた、中国が鳥フル検体を国際機関と共有しないという非難について、その内容を否定した。
 2005年に得られた5検体の他に、中国は今年度得られた20検体をWHOに提供したと語った。
 同氏によると20検体の提供には数ヶ月要したという。理由は中国側とWHOの間における厳密な、時間を要する手続きが必要であった事を挙げている。危険なウイルスを扱うためには、厳格な注意が必要とされる。
 Jia氏は、農業部は今後もWHOを含む国際機関と、鳥フル対策のために密に協力し合ってゆくと語った。
 この新華社発信の情報に関してWHO北京事務所のコメントは得られていないが、ベケダム氏は先にロイターに、中国の検体が、農業部によって分離同定されたものであることを付記しないで、研究発表が行われたことを認めている。
 ”このようなことは2度起きた。私はWHO協力センターの代わりに陳謝する。なぜなら科学者として不正な行為だからだ”、と同氏は言っている。


Bird flu samples sent to WHO The Standard, Hong Kong  鳥フルウイルス検体、WHOへ提供
 北京政府は、ワクチン抵抗性を示す新株が国内に流行しているとする科学研究を否定した後、長らく求められていた鳥フルウイルスの検体をWHOに提供することに同意した。
 中国のこの決定は、香港のマーガレット・チャン氏がWHOの事務局長に指名された翌日に発表されたが、それはまた、彼女がジュネーブで記者団に中国に情報の共有についてプッシュすると語った1時間後でもあった。
 WHOによると20ウイルス検体がWHO協力研究機関である米国CDCに送られる予定で、H5N1ウイルスがどのように変化しているのか、理解することが可能になるものと期待されている。
 同氏によると提供が遅れてきた理由として、輸送の安全性問題を挙げている。検体は非常に危険で、輸送中何らかのトラブルが発生した場合、極めて重大な結果となると説明した。


Chan pledges to put pressure on Beijing The Standard, Hong Kong  (香港) チャン氏、中国政府に圧力をかけることを約束
 時期WHO事務局長に指名されたマーガレット・チャン氏の談話。必要があれば中国政府に圧力をかけて情報を公開するように語る。事務局長に就任したなら、中国という国籍は背後においやるとの表現も。
11月10日(金)


WHO次期事務局長「中国に鳥インフルエンザ情報求める」 日本経済新聞 
 9日の世界保健機関(WHO)特別総会で次期事務局長として承認されたマーガレット・チャン(陳馮富珍)氏は記者会見した。チャン氏は香港出身だが、同氏を推薦した中国政府に対して「鳥インフルエンザのウイルスを(ワクチン開発のために国際機関などと)共有するよう声を大にして求める」と述べた。
 中国は鳥インフルエンザに感染した人や野鳥などの検体を国際機関に迅速に提供し、まん延を防ぐ義務を果たしていないとの批判を受けている。
 同氏は「女性」と「アフリカ」の保健改善に重点を置く方針を強調。貧しい国で病気の女性がないがしろにされている状況や、アフリカのある国ではエイズなどのまん延でかつて60歳だった平均寿命が40歳以下に下がったという例を挙げ、「こうした現状を受け入れるわけにはいかない」と、着実な改善を目指すと約束した。
China Disputes Claims of New Bird Flu Strain Voice of America  (米国) 中国、新規鳥フル株発生に関して反論
 中国当局者は、新規鳥フル株に関して北京政府が隠蔽しているとの憶測に対して、怒りを表現した。
 米国の科学雑誌である”Proceedings of the National Academy of Sciences”に先週、米国と香港の研究者により、ワクチン抵抗性の”福建株”が南中国の家きんの間で見つかり、そしてさらに香港やラオス、マレーシヤ、およびタイにも拡大しているとの研究論文が掲載された。
 中国の農業部獣医担当部局のトップであるJia Youling氏は、10日、そうした事実を強く記者団に否定した。
 ”いずこにも福建株なる新変異株は存在しない”、とJia氏は語った。 ”東南アジアでの家きんの鳥フルが、中国のウイルスで発生しているとは、完全に根も葉もない話だ”。
 WHO中国代表のヘンク・ベケダム博士は、新株が存在するかどうかの検証には、もっと広範な調査が必要だと語っている。
 ”新株であるか否かについては科学者によって決定される必要がある。これは非常に専門的領域の話であり、世界の専門家達が一緒に考え結論を出す必要がある”。
 ベケダム博士によると、10日、中国農業部は、WHOが昨年以来求めていた2004年から2005年に得られたH5N1ウイルス20株を発送したことを、伝えてきたと言う(WHOの共同研究機関である米国CDCへ)。同博士によると、科学者達は(中国から送られた)検体を分析する必要があり、それによりウイルス変異の程度を知ることが出来、そしてさらに新ワクチン開発に着手する事が出来るという。
China shares bird flu samples, denies new strain report Reuters.uk, UK  (英国) 中国、新規鳥フルウイルス株の存在を否定、そして分離鳥フルウイルス検体を国際社会に提供
 中国はワクチン抵抗株で新規に確認された福建株の存在を否定したが、続いて長らく求められていた中国の家きんから分離されたウイルス検体のWHOへの提供に、10日同意した。
 WHOによると、20検体がWHOの協力機関である米国CDCに送られる予定という。
Top vet rejects new bird flu strain report Shanghai Daily, China (中国) 中国:獣医学担当責任者、新規鳥フル株の存在を否定
 中国の獣医学部局責任者が、先に香港と米国の研究者が発表した従来のワクチン株に抵抗を示す福建株の存在を否定した。発表によると、研究者達のデータは未承認であるとされる。
China set for WHO leadership News24, South Africa  (南アフリカ) 中国、WHOの指導力手中に
FACTBOX-New WHO chief Chan to focus on Africa, women Reuters (国際) 新WHO事務局チャン氏、5つの優先課題を挙げる
 新WHO事務局長に指名されたチャン氏は5つの優先課題を挙げた。

 ・アフリカにおける健康問題:この対策の評価は、即WHOの評価につながる。
 ・女性の健康問題
 ・感染症対策:HIV, Ebola, SARS, 鳥インフルエンザ
 ・パンデミック対策:全ての国家が参加した監視態勢と対策の確立が必要。
 ・保健専門家の流出:緊急事態として、保健専門家の外部への流出が挙げられる。それは危機的状況であるが、克服出来ない問題ではないと思う。事務局長として私はこの問題に取り組む。
 


AFRICA - "The people of Africa carry an enormous and disproportionate burden of ill health and premature death. The health of the people of Africa must therefore be the key indicator of the performance of WHO."

WOMEN - Chan said women are vulnerable to health problems from indoor air pollution, infectious diseases, and violence, but can also be agents for change. "Reducing health problems in women and empowering them will result in a dramatic increase in health-promoting behaviours, right where it counts most."

INFECTIOUS DISEASES - "Infectious diseases have staged a dramatic comeback. HIV, Ebola, SARS and avian influenza will not be the last bad surprises delivered by the ever-changing microbial world."

PANDEMIC PREPAREDNESS - "For outbreaks, the international community will not be securely defended until all countries have core surveillance and response capacities in place. The global surveillance system must have no gaps or weak spots."

HEALTH WORKER MIGRATION - "As Director-General I will address, as a matter of urgency, the problem of outward migration of health staff. The problem is critical, but not insurmountable."

11月9日(木)


China says Taiwan has 'no right' to join WHO TODAYonline, Singapore (シンガポール) 中国、台湾はWHOに加盟する権利はなしと
 WHOの新事務局長が決まった翌日、中国外交部の報道官は、台湾はWHOに加盟する権利はないと強調した。
Bird Flu Expert Wins WHO Nomination Washington Post, United States (米国) 鳥フル専門家、WHO事務局長に指名される

 チャン博士がWHOトップに指名されたことは、中国の勝利で、また中国が世界的問題に主要な役割を果たすことの関心の高さを示している。

 ”私は我々が共に合意した目的を根気よく目指し、全ての人々の意見に耳を傾け、全ての国に私の心を捧げる”。
 チャン博士は指名された後、34人からなる理事会で語った。


Margaret Chan rose to prominence in Hong Kong's battle with bird... International Herald Tribune, France (フランス) 時期WHO事務局長のマーガレット・チャンは香港の鳥フル対策で一躍有名に
 1997年に香港でH5N1鳥フルが人の間で初めて発生し18人が発病、6人が死亡した際、衛生省長官だったマーガレットチャンは、3日間で香港中の鶏150万羽を殺処分し、感染拡大を制したが、この措置は世界的パンデミックの芽を摘み取ったと評価されている。
 こうした手腕が評価され、彼女はWHOに迎えられた。
Canadian-educated Chinese bird flu expert nomination to head UN ... Canada.com, Canada  (カナダ) カナダで教育を受けた中国の鳥フル専門家がWHOの事務局長に
 カナダ、オンタリオ州、ロンドン市の西オンタリオ大学で医学を修めたチャン博士が、時期のWHO事務局長に選出された。
 米国保健省次官補であるJohn Agwunobi氏は、我々は中国を選んだのではなく、マーガレット・チャンを選んだのだ。彼女は全世界のために奉仕してくれるだろう、とコメントしている。
 WHO職員を始め、多くの関係者はチャン博士に多くの期待を寄せている。
Reuters Summit-Glaxo sees big gov't orders for bird flu vaccine Reuters AlertNet, UK (英国) グラクソ社、各国政府から鳥フルワクチンの大量受注
 グラクソ社(英国)は年末まで2大国から、人用鳥フルワクチンの受注を受ける予定とされる。8日同社の取締役が語った。
 これまでスイスとアジアの小国(名前は未発表)が、このプレパンデミックH5N1ワクチンを発注している。現在まだ新規医薬品として最終的承認されていないが、すでに数カ国と商談中と言われる。
 クリスマスまでに2,3の大国から発注されると考えている、と同社では言っている。
 グラクソ社は来年1億人分以上のワクチンを製造可能と言っている。同ワクチンは将来のパンデミック・インフルエンザ株に対して免疫出来るように作成されたワクチンであるが(現在のH5N1ウイルスがパンデミック・インフルエンザを起こすと想定)、価格は1人分8.94~10.22ドルの予定である。
WHO次期事務局長にチャン氏、尾身氏は落選 日本経済新聞 
 世界保健機関(WHO)は8日の執行理事会で次期事務局長を選ぶ決選投票を実施し、中国推薦のマーガレット・チャン(陳馮富珍)WHO事務局長補を選出した。34の理事国が最終選考に残った5人のうち1人ずつを選ぶ投票を4回繰り返し、最後にチャン氏が当選の条件である過半の24票を制し、メキシコのフレンク保健相を退けた。
 日本の尾身茂WHO西太平洋地域事務局長は3回目の投票で落選した。9日の特別総会で正式に承認する。
 チャン氏は香港出身。中国の推す候補が国連機関のトップに就任するのは初めて。チャン氏は香港政府の衛生局長として重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)の制圧などに収めた実績が高く評価され、故・李鍾郁前事務局長が鳥インフルエンザなど感染症対策を担当するWHO事務局長補に引き上げていた。
在外邦人保護で専門委設置 新型インフルエンザ対策で 北海道新聞
 外務省は8日、海外で鳥インフルエンザウイルスの変異による新型インフルエンザ集団感染が発生した場合の邦人保護対策を検討する医療専門家委員会を設置する方針を決めた。感染拡大で国外への移動が制限された場合は、日本から医療チームを派遣するなど対応マニュアルを年内に取りまとめる。
 来週からベトナム・ハノイで始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の閣僚会議で、鳥インフルエンザ対策の日本の取り組みとして報告する。最終日にまとめるAPEC首脳宣言でも撲滅に向けた各国の協力が盛り込まれる見通しだ。
 新型インフルエンザに関しては▽平常時▽鳥インフルエンザの鳥の間での流行▽鳥から人に感染▽人から人に感染する新型の発生▽感染拡大▽世界的大流行-の6段階に分類されている。専門家委は国立感染症研究所や国際医療センターなどの専門家と外務省担当者らがメンバー。今月中に初会合を開き、各段階での渡航情報の提供や在留邦人の支援策を決める。
 現在はインドネシアなどで状況が悪化し、世界的な広がりが懸念されている。政府が検討しているマニュアルでは第3段階までは邦人への適切な情報提供を行う。第3段階でも鳥から人への感染が拡大すれば「退避の可能性を検討」するように在留邦人に呼び掛ける。
 人から人への感染が確認され、第4段階に入ると世界保健機関(WHO)や他国の対応を見ながら退避勧告を出す時期を見極める。第5、第6段階になるとWHOなどは移動を制限。邦人が退避できなくなるため、日本政府は現地に医療チームを派遣し、邦人保護に当たる予定だ。
 既に邦人対策として外務省は各国の日本大使館など在外公館、本省に抗ウイルス薬「タミフル」計10万人分を備蓄している。
11月8日(水)

Chinese bird flu expert wins nomination to head UN health body News1130, Canada  (カナダ) 中国の鳥フル専門家がWHO事務総長選で勝利
Bird Flu Expert Selected to Head WHO The Casper Star Tribune, WY (米国) 鳥フル専門家がWHO事務総長に
 鳥フル専門家であるマーガレット・チャン氏がWHO事務総長に選出された。中国としては初の国連機関の高官となる。
 先の香港公衆衛生省長官であるチャン氏は、香港のためでもなく、中国のためでもなく、世界のために尽くすと語っている。
 チャン氏は1994年香港公衆衛生省長官となり、1997年のH5N1鳥フルと2003年のSARS流行で手腕を試された。

WHO tells bird flu scientists to stop squabbling  Reuters.uk, UK (英国)WHO、鳥フル専門家達の争いに懸念
 WHOは中国と海外の研究者に論争は止めて、新H5N1ウイルス対策のための情報を共有するように警告した。
 ”メディアを通じて論争するのではなく、中国政府の研究者と香港、その他の国の研究者が共にこれらの問題に関して論議するように求める”、とWHOの中国代表であるヘンク・ベケダム氏が語った。

 先に香港と米国の研究者が、米国の雑誌に発表した新H5N1ウイルス”福建株”に関して、中国政府側の研究者が全く科学的根拠のない話と評した話題。
Vietnam to import 500 mln doses of bird flu vaccines  Xinhua(中国) ベトナム、5億回分の鳥インフルエンザ・ワクチンを輸入へ

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

ハノイ、11月8日(新華社)--ベトナムは5億回分の鳥インフルエンザ・ワクチンを輸入し、2007年から2008年にかけて家禽に使用する見込みと、現地紙ベトナム・エコノミック・タイムズは水曜報じた。
 ベトナムは全国での家禽への今年の第一巡の鳥インフルエンザ・ワクチン接種を終えており、第二巡も今月末までに終える予定である。第二巡で同国は、全国59の都市と省で1億1900万羽の家禽に接種を終えたという、ベトナム農業・地方開発省傘下の動物衛生部からの情報を同紙は伝えている。
 ベトナムは鳥インフルエンザ再発生を防ぐため、家禽密輸への対策を強化し家禽の輸送・取引を監視している。
 鳥インフルエンザの発生はベトナムでは2003年12月に始まり、数千万羽の家禽の死亡と強制的な殺処分へとつながった。
同国での家禽における最後の鳥インフルエンザ発生は2005年12月であると、同省はしている。
Pandemic Influenza -- Preparing for Possible Shelter-In-Place  香港・マカオ総領事館(米国) パンデミック・インフルエンザ--家庭内待避のための準備
 最近米国国務省から香港・マカオの総領事館に送られてきた外電について。
 昨日、香港の新聞で概要を紹介済み。
 外電の趣旨は、パンデミック・インフルエンザ発生に際し、外交機関職員・家族、米国籍市民が、感染予防のために自己隔離として12週までの自宅内滞在のために、必要な生活用品、食料品などの備蓄を勧めるものである。
 内容の概要については昨日の報道で紹介済み。

The U.S. Department of State recently sent a cable to all diplomatic and consular posts entitled "Pandemic Influenza: Preparing for Possible Shelter-In-Place". The cable's main intent was to provide guidance to all staff regarding "shelter-in-place". That is, in the event of severe pandemic influenza with high morbidity, the public may be advised to self-quarantine. Therefore, current guidance notes that families should be prepared to "shelter-in-place" for up to twelve weeks, and maintain sufficient food and water supplies to accommodate that entire period. 

Just as in the United States, U.S. government employees and their families overseas have primary responsibility for maintaining adequate supplies of food to shelter-in-place. This also applies to private U.S. citizens. For the long term, families are advised to store foods that are non-perishable, do not require refrigeration, or preparation (including the use of water), or cooking. The cable also advises that families should store one gallon of water per person per day.

Potable Water

Please note that at this time, Hong Kong's water supply is potable. In the event of complete infrastructure breakdown, water supply that is currently potable in some areas or countries may not remain so. However, water can be purified in several ways. Boiling is a reliable method for killing microbes and parasites. Bring water to a rolling boil and continue boiling for at least ten minutes. Also, regular Clorox Bleach isn't just a laundry-aid, it's a lifesaver (use only regular Clorox bleach, not Fresh Scent or Lemon Fresh). In an emergency, one gallon of Regular Clorox Bleach purifies 3,800 gallons of drinking water. First, let water stand until particles settle. Filter the particles if necessary with layers of cloth, coffee filters, or fine paper towels. Pour the clear water into an uncontaminated container and add Regular Clorox Bleach per the below indicated ratio, mix well, and wait 30 minutes. Water should have a slight bleach odor.

Ratio of Clorox Bleach to Water for Purification:

2 drops of Regular Clorox Bleach per quart of water
8 drops of Regular Clorox Bleach per gallon of water
1/2 teaspoon Regular Clorox Bleach per five gallons of water If water is cloudy, double the recommended dosages of Clorox Bleach.

To insure that Clorox Bleach is at its full strength, rotate or replace your storage bottle every three months. Also, don't forget to sanitize the water storage containers. To sanitize containers and utensils, mix one tablespoon of Regular Clorox Bleach with one gallon of water, creating a Sanitizing Solution. Always wash and rinse the items first, then let each item soak in Clorox Bleach Sanitizing Solution for two minutes. Drain and air dry.

Please remember that water in dehumidifiers is also potable, but be sure to sanitize the dehumidifier water container.

Emergency Supply List

The U.S. Government's "one-stop" web site on avian influenza, www.PandemicFlu.gov, provides a sample list of foodstuffs and other emergency supplies for stocking:

Examples of food and non-perishables:

Ready-to-eat canned meats, fish, fruits, vegetables, beans and soups Protein or fruit bars Dry cereal or granola Peanut butter or nuts Dried fruit Crackers Canned juices Bottled water Canned or jarred baby food and formula Pet food

Examples of medical, health and emergency supplies:

Prescribed medical supplies such as glucose and blood-pressure monitoring equipment Soap and/or alcohol-based (60% - 95%) hand wash Medicines for fever, such as acetaminophen or ibuprofen Thermometer Anti-diarrhea medication Vitamins Fluids with electrolytes Cleansing agents Flashlight Batteries Portable radio Manual can opener Garbage bags Tissues, toilet paper

To better help plan for "shelter-in-place", all U.S. citizens are encouraged to refer to the www.PandemicFlu.gov website, as well as the World Health Organization website (www.who.int/en/). Please also visit the U.S. Consulate General website for further information: Avian Flu.

We will continue to distribute and share pertinent information on Influenza Pandemic Preparedness as we receive it.



Forget needles: When it comes to vaccines, stick it Canada.com, Canada (カナダ) 注射針無用:ワクチンは皮膚への塗布で

 注射針による嫌なワクチン接種は、バンドエイドを貼るがごとく自分で容易に接種出来る日が来るかも知れない。
 皮膚塗布ワクチンの初期臨床試験が数百人のボランティアを対象に始まった。対象感染症は季節性インフルエンザと旅行者下痢症である。
 国立健康研究所(NIH)のサポートを受けたIomai Corpが開発している。
 アイディアは単に注射の痛みを取るというだけでなく、インフルエンザワクチンの接種率を高めるということと、鳥フルまたは他のウイルスによるパンデミック対策としても有用となる。

France rates bird flu risk as negligible Reuters.uk, UK (英国) フランス、渡り鳥からの鳥フル感染の危険性は無視できると判断
 フランス政府は7日、家きんが渡り鳥から鳥フル感染を起こす可能性は無視できると発表した。

 北半球の渡り鳥の南方へ越冬のための移動はほぼ終わり、政府の高官達は鳥フル発生の危険度を変更する必要はないと語った。
 ”初秋の現在まで、北方および東部ヨーロッパからの渡り鳥の大移動はほぼ終了した、と我々は考える”、と環境省の高官であるパトリチェ・ブランチェ(Patrice Blanchet)氏が記者会見で語った。
 フランスには、国家食品安全局が定めた、家きんが渡り鳥から鳥フル感染を受ける危険度を分類した、6段階の警報システムがある。
 このシステムは違法な取引を含む家きん売買は考慮していない。
 現在の危険度はレベル2で、無視できる危険度となっている。それは渡り鳥が南方へ向かっているが、渡り鳥には鳥フルが発生していないと考えられている段階である。
 このシステムでは、もしフランスを横切る渡り鳥に鳥フルが発見された場合、危険度は4となり、家きんは当該地域内に留められて、移送が禁止される。
 鳥フルはいまだ動物の感染症に留まったままであるが、それでも2003年末以来、すでに世界中で250人以上が感染し、150人以上が死亡している。
 専門家はウイルスが人人感染を容易に起こすように変異し、世界中で数百万人死亡する事態が生じることを恐れている。
 今月初旬に米国で発表された研究結果は、2005年に、渡りガモ、カリ、白鳥がロシア、トルコ、ウクライナからH5N1ウイルスを拡大させる役割をもったと結論している。
 2005年10月に鳥フルがヨーロッパ中に拡大しているとき(感染した渡り鳥が見つかっていたとき:訳者)、フランス政府は、国内のいくつかの地域で家きんの室内飼育を農家に指示した。
 しかし国内では今年2月に、偶々野生のカモで初のH5N1ウイルスが検出され、同日内にウイルスは七面鳥農場に拡大した。
 鳥フル感染野鳥はさらに発見されたが、その後農場での発生は無く、5月には屋外飼育が解除となった。 

Public Health Leaders Want Pandemic Planning Moved to HHS from ... SeniorJournal.com, TX  (米国) 米国公衆衛生学会、パンデミックインフルエンザ対策の主管を国土安全保障省から保健福祉省へと
 米国公衆衛生学会は、新施策を評決した。
 それにより、米国政府のパンデミック・インフルエンザの包括的対策をサポートするとともに、現在の戦略の中のいくつかの対策内容の変更を勧奨する:高齢者等のハイリスク層の対策の充実、パンデミック・インフルエンザ対策の主管を国土安全保障省から保健福祉省へ移管。
 新施策は連邦政府に、国土安全保障省によって作成された戦略である、国家パンデミック対策計画を再作成し、国内緊急対策の充実、または連邦政府、州、地域がパンデミックに対して連携できるシステムの構築を求めている。
Firefighting Foam Could Kill Birds In Outbreak WPXI.com, PA  (米国) 鳥フル発生の際、殺処分に消火用泡を使用と
 ノース・カロライナとデラウエアでの研究から、鳥フル発生に際して鳥の殺処分に消火用の泡を使用することが政府が認めた。
 農業省では、伝統的に用いられてきた二酸化炭素ガスの代わりに、水溶性の泡を用いることが出来ると語っている。ガス使用に比べ作業に必要な人員は少なく済み、さらに直接感染した鳥に触れないので安全とされる。
UN Health Agency Quizzes Candidates WVVA TV, IL  (米国) WHO、最終候補者達と面接
 WHO事務総長選挙で、最終候補に選ばれた5人が、WHOの理事会で面接を受け、各種質問に答えた。8日夜に最終投票が行われ、9日までに事務総長が来る。
 最終候補者と得票数は、WHOの鳥フル担当責任者で、元香港衛生省のマーガレット・チャン博士 32票、 WHO西太平洋地域事務所長官の尾身茂博士 31票、メキシコの保健省大臣のジュリオ・フレンク博士 30票、他となっている。
 観測筋によると、チャン博士は中国や他のアジア諸国からの後押しがあり、もっとも有望と考えられるが、国連の事務総長が韓国出身となったことから、理事会での判断がどう出るか不明とされる。同じことは日本の尾身博士についても言われる。
  面接に向かうチャン氏
 
11月7日(火)


US citizens in Hong Kong told to stockpile for bird flu outbreak Raw Story, MA  (米国) 香港在住の米国市民、鳥フル発生に備えて生活用品の備蓄へ

 香港在住の米国市民は、鳥フルのパンデミックに備えて、3ヶ月分の食料、医薬品、飲料水を家庭に備蓄するようにアドバイスを受けたことが7日に報道された。アドバイスは香港に住む6万人の米国国籍を持つ人々に送られ、冬期のインフルエンザ・シーズンに備えての措置のようだ。

 報道元の南中国モーニング・ポスト紙によると、アドバイスでは飲料水を一人一日分4.5リットル、そして完全に水道供給が途絶えた時のために、水浄化装置を備えることを勧めている。
 アドバイスは、さらに長期保存が可能な食品、石けん、アルコール基材の手洗い用消毒剤、医薬品、ビタミン類、懐中電灯、ポータブル・ラジオを用意するように勧めている。 
 アドバイスの発行元については明記されていないいが、米国大使館関係からと考えられるが、詳細は不明(訳者)

Another Indonesian villager dies of bird flu-like symptoms People's Daily Online(中国) 鳥インフルエンザ様症状で新たにインドネシアの村人が死亡

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアの中央ジャワ州バンジャルネガラにあるカリマンディ村の17歳の住人が、6日朝に鳥インフルエンザと疑われる疾病で死亡した。
 (死亡した)ジュワント氏の血液検査結果によると、同氏が鳥インフルエンザを患っていたと考えられる理由があると、現地のマルガノ・ソエカルジョ病院責任者のハルトノ氏は述べている。
 「現在もジャカルタの厚生省によるジュワント氏の血液検査結果を待っているところです」とのハルトノ氏の言葉をアンタラ通信社は伝えている。
 同氏によると、ジュワント氏は重篤な状態になった5日夜にマルガノ・ソエカルジョ病院に入院すると、即座に隔離区画に収容されることになった。
 ジュワント氏は入院時に高熱・呼吸障害・咳といった鳥インフルエンザと関連する症状を見せていた。
 一方、同氏の両親は、ジュワント氏はイマニュエル病院で1週間治療を受けた後の1日に症状が悪化し始めたとしている。「あの子が鳥インフルエンザに感染したとは思っていませんでした。最初、私たちは肺の感染症にかかっただけだと考えていました」と、両親は語っている。
 同じバンジャルネガラ地区のカリウリップ村の住人のミスティネム氏も去る10月13日に鳥インフルエンザで死亡している。この女性はマルガノ・ソエカルジョ病院で12時間の間、治療を受けた後に死亡した。彼女は10月8日以来、病気を患っていた。
Young 'may be denied flu vaccine' Metro, UK  (英国) 若い世代はパンデミック・インフルエンザワクチンを拒否される可能性

 若い世代と高齢者は鳥フルがパンデミックになった際、ワクチン接種が拒否されるだろうと研究者が警告した。
 ワクチン製造量に限界があるから、世界の人口の中で一部分の人しかワクチン接種を受けることが出来ない。ペーター・ダンヒル教授がそのように説明する。
 ”世界は半年間で6億人分しかワクチンを製造できない”、と同教授はBBC放送のドキュメンタリー番組で今晩語る。
 それは大体世界の人口の9%相当である。
 高齢者と乳幼児は、他の人々がワクチン接種を終えるまで、接種は見合わせる、という考え方が現在示唆されている。理由は既に人生の大半を終了している、または社会的に(社会人として成長するために)投資されていない層だからである。
 セントラルロンドン大学の生化学専門家であるダンヒル教授は、さらに、”これらの決定は残忍であるが、人々はこの種の問題を考えなければならないだろう”、と付け加える。パンデミック・インフルエンザは各世紀に3回は発生する。
 前世紀には1918年(スペイン風邪)、1957年(アジア風邪)、1968年(香港風邪)に発生している。
 専門家達の中には、別な理由を挙げて上述の決定を説明する人達もいる。
 H5N1鳥フルと1918年のスペイン風邪の類似性から、パンデミックインフルエンザは20~40代の健康な人々を死亡させる可能性が高い。(それ故ワクチンはそれらの年齢層を優先すべきであるという理由:訳者注)
 1918年のスペイン風邪ウイルスは、健康な人々の体内で免疫作用を持つ化学物質を大量産生させ、それが人々の体内で多臓器障害を起こしたと考えられている。(サイトカインの嵐:訳者)。
 聖バート病院のジョン・オックスフォード教授は次のように語る:今、ウイルスは存在しているが拡大する素振りは示していない。でも1年以内にそれは爆発する。過去のスペイン風邪をもたらした、そのようなウイルスを我々は無視できないのだ。

Do-it-yourself skin patches could replace shots MSNBC  (国際) 注射ワクチンの代わりに、自己接種可能なスキンパッチ・ワクチンが開発

 スキンパッチワクチンの初期臨床試験が、数百人のボランティアを対象に開始される。まず、季節性インフルエンザと発展途上国を旅行する場合の下痢性疾患が対象とされる。Iomai Corpが開発中で米国国立健康研究所(NIH)が後援している。


Vaccine Skin Patches Tested To Replace Shots CBS4Boston, Boston (米国) 注射針を用いないスキンパッチ・ワクチンの臨床試験
 米国の Iomai Corp.が開発中でNIH(国立健康研究所)が後援している、スキンパッチ・ワクチンの臨床試験が始まる。インフルエンザや発展途上国で流行している下痢性胃腸炎が対象となる。注射針を用いず、皮膚に貼るだけのワクチンの意義は、単に痛みを伴わないというだけでなく、パンデミックの際、各戸に郵便で配られ、各自が自分で貼れる、また注射用ワクチンのように冷蔵庫保管の必要がないため、発展途上国でも使いやすい、等の利点がある。
 これまでの基礎実験から明らかになったことは、皮膚からワクチンを吸収させることで、より免疫効果が高まり、高齢者では注射以上に有効と考えられている。特殊に加工されたワクチン粒子は、皮下のランゲルハンス細胞に取り込まれ、そこからリンパ節に運ばれ、抗原として強く認識される。
 季節性インフルエンザ、パンデミックインフルエンザの他に、O-157のような腸管出血性大腸菌も対象となり、発展途上国への旅行者等が利用可能となる。
 安全性実験は終了し、現在、各種の臨床実験に入るが、感染までには数年要するも込みである。
11月6日(月)

Chinese scientists identify deadly gene in H5N1 Washington Post, United States (米国) 中国研究者、H5N1ウイルスの致死的遺伝子を同定
 下記ロイター情報。
Chinese scientists identify deadly gene in H5N1 ABC News  (米国)中国研究者、H5N1ウイルスの致死的遺伝子を同定
 下記ロイター情報。
Chinese scientists identify deadly gene in H5N1 Reuters AlertNet, UK (英国)中国研究者、H5N1ウイルスの致死的遺伝子を同定
 中国 Harbin Veterinary Research Institute の研究者が、H5N1ウイルスの致死的性格を規定する遺伝子を同定したと発表した。
 この遺伝子の存在により、鶏に対する致死的性格が現れることを実験的に証明したという。11月号の世界的ウイルス学雑誌である、Journal of Virologyに発表した。
 この遺伝子を同定したことで、遺伝子に対するワクチン作成が可能になり、致死的H5N1ウイルスに対するワクチン作成が大幅に進展したと考えられる。
Vietnam ends flu outbreaks, keeps awareness high  USA Today (米) ベトナムの鳥インフルエンザ流行は終結 周知徹底は継続

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 バク・ニン省-会議室奥の看板には「アヒルの血のスープは飲まないでください」と書いてあった。
 その看板の下に座っているのは約250名のハノイ郊外の村であるベト・ドアン・コミューンの面々である。この村ではケア・インターナショナルが9月に鳥インフルエンザの危険性と予防方法に関する1日ワークショップを開催した。しかしアヒルの血のスープに関する警告は、この任務に関する一つの困難さを浮き立たせる。
 このスープは生の血で作られる伝統的なたんぱく質の補給源で精がつくものとして珍重されている。現在、鶏の家での飼育やそうした鶏の生きた動物市場での販売といった他の慣行と同様に、この料理を取らないように奨励されている。これは高毒性のH5N1ウイルスへの曝露のリスクのためである。
 「私たちが話し合っていることは、人々が長年大事にしてきた行いを変えようとすることです」と、ハノイにいる世界保健機関の疫学学者であるリチャード・ブラウン氏は言う。
 ベトナムは最初の症例が出現した2003年12月から家禽の最後の症例が報告された2005年12月の間にかけて深刻な被害を受けた。最悪の時期には、地方村落コミューンの4分の1近くと都市の60%が影響を受け、4500万羽の鳥が死亡するか、この疾病を抑制するために殺処分された。
 昨年暮れに政府は1億7千万羽の鶏と7900万羽のアヒルにワクチン接種を開始した。そして鳥インフルエンザの発生は、ヒトと鳥の両方で止まった。「世界で進行している鳥インフルエンザに関する最も重要な実験はベトナムで進行しています。それはワクチンを使い、ヒトと鳥の両方で鳥インフルエンザを抑制するものです」と、メンフィスにある聖ユダ小児研究病院のウイルス学者であるロバート・ウエブスター氏は語る。
 ワクチン接種には賛否両論がある。鳥の発症は防ぐが感染を止めるものではない。そのためウイルスが拡大し続けるままにすることを恐れる者もいる。しかしウエブスター氏はベトナムで使用されているワクチンは鳥インフルエンザ発生の抑止に有効で、様々なウイルスの亜種、例えば最近報告された中国南部で発生しベトナムと国境で接する国々へ拡大した亜株にも対応する可能性があるとしている。新たな亜種はベトナムでは報告されていない。「密輸によって入ってきたこともありえます」と、ウエブスター氏は言う。しかし「ワクチン接種プログラムによって、ヒトと飼育されている家禽の問題にはなっていません」
 しかし政府当局筋は省の指導者に高度の警戒態勢をとるように奨励している。「政府は、次の冬には(鳥インフルエンザの)再来があると懸念しています」と、厚生副大臣のトリン・クアン・ホアン氏は言う。政府は感染被害を受けた国からの家禽輸入を禁じ、屠殺場を住宅街から離れた中央地域へ移動させた。また、鶏とアヒル(アヒルは症状を見せることなくウイルスを運ぶことがありうる)の分離を奨励し、アヒルの孵化を一時的に禁止した
 農家は、家禽が次々に死んだ場合は報告するように求められている。報告を奨励し経済的負担を軽減するために、結果として鶏を殺処分した場合は賠償されるようになっている。
 「ベトナムでの一般の認知度は比較的高いものがあります」と、ホーチミン市にある熱帯疾病病院のオックスフォード大医学研究ユニット責任者であるジェレミー・フェラー氏は言う。この国の一般の人は読み書きができ、子供の90%以上が学校へ行き、言語は一つである。
 権威と情報が中央政府から生まれ出る、均一的な社会主義社会で文化的な変化を作り出すことはインドネシアのような国でよりも容易だ。「(インドネシアでは)複数の言語集団があり、そうした人たちは必ずしも首都ジャカルタに関心を払わない」
 今のところベトナムは鳥インフルエンザを封じ込めているように思える。しかし、このままでいられると確信しているものはいない。抑制対策は一助になるかもしれないが、政府当局筋すら違法な家禽取引が鳥インフルエンザ・ウイルスの再侵入のリスクをもたらしていることは承知している。
 ある推定から今年前半に中国から不法に70トンの家禽が一つの省に持ち込まれたと、ホアン氏はしている。そして専門家も同意していることとだが、長年尊ばれてきた伝統の制限が広く受け入れられるには時間がかかる。
 今のところベトナムは変化の方向にあると思われる。生きた鶏を入れた籠を積んで混雑した街頭を走る自転車を見ることは最早多くはない。しかし雌鳥をハノイの街角や路地で見かけることは今も時々ある。そしてこの国では、鶏とアヒルは今も小川の河岸で虫を争って食べて陽だまりの中で共に日向ぼっこをしているのだ。

Experts refute new bird flu strain claim China Daily, China (中国) 中国専門家、新規鳥フル株の出現を否定
 先に香港と米国の研究者により発表された新H5N1鳥フルウイルス株(福建株)について、中国農業科学院鳥フル研究所の長官が科学的証拠はないと否定した。
3m body bags could be ordered in flu alert This is London, UK  (英国) 英国保健省:パンデミック・インフルエンザ対策用に300万体分の遺体収容袋を発注の計画
 英国保健省の計画。300万人分の遺体袋を発注することを論議している。
 パンデミック時には数十万人の英国人の死亡が予想される。病院等の死体置き場に遺体の収容が難しくなる場合も予想される。また死体焼却場も処理が追いつかなくなり、共同焼却等の措置も考慮される(17世紀に発生したペスト流行時を参考にして)。遺体収容袋が足りなくなれば、2回使用も考える必要がある。等。
パンデミック時にはここまで劇的な予防装具が必要とされる。

11月5日(日)

特記すべき事項なし。
重要情報あれば掲載。
11月4日

Study says new H5N1 strain pervades southern China CIDRAP, MN (米国、ミネソタ大学感染症センター) 新規H5N1ウイルス株が南中国に拡大

 一部分訳してます。内容はこれまで報道されているものとほぼ同じです。
 結論として、昨年夏以来中国で全家きんにH5N1ウイルス・ワクチン接種を行ってきたが、ワクチン抵抗株”福建株と呼ぶ”が増え出してきて、昨年の秋以降急速に家きんと人の間に拡大し、現在は東南アジアにまで拡大している。この事実を香港と米国の研究者が発表したが、中国農業部は否定している。
 問題(訳者):・従来のワクチンに抵抗性を示している株。理由は?単に抗原性の違い?従来株からの変異株?どの程度の変異?鶏に致死性を示さないH5N1ウイルスが中国では最近出現しているが、それとの関係は?
     ・タミフルに対する感受性は?
     ・今後世界に拡大する可能性は?

Nov 3, 2006 (CIDRAP News) – A new subtype of H5N1 avian influenza virus has become predominant in southern China over the past year, possibly through its resistance to vaccines used in poultry, and has been found in human H5N1 cases in China, according to researchers from Hong Kong and the United States.
 H5N1ウイルスの新亜型株が南中国の流行株の大勢となっていて、その原因は家きんに対して投与されているワクチンに対する抵抗性があることが考えられ、そして中国の人における感染者からも分離されている。香港と米国における研究者が発表した。

The rise of the "Fujian-like" strain seems to be the cause of increased poultry outbreaks and recent human cases in China, according to the team from the University of Hong Kong and St. Jude's Children's Research Hospital in Memphis. The researchers also found an overall increase of H5N1 infection in live-poultry markets in southern China.
 昨年10月以降に中国で家きん及び人の間で流行してきた株は、この新規株”福建株”と考えられる。

"The predominance of this [Fujian-like] virus appears to be responsible for the increased prevalence of H5N1 in poultry since October 2005 and recent human infection cases in China," says the report, published this week in the Proceedings of the National Academy of Sciences.

But other disease experts said they could see no evidence that the new strain increases the risk of a human influenza pandemic or is more virulent than other H5N1 strains. Meanwhile, Chinese authorities rejected the report, while a World Health Organization official in China renewed previous complaints that the Chinese have been stingy with information about H5N1 in poultry.

Infection rate in market poultry rises
The research team, including Yi Guan of the University of Hong Kong and Robert Webster of St. Jude's, tested more than 53,000 birds from live-poultry markets in six southern Chinese provinces from July 2005 through June 2006. About 2.4% of the birds (1,294 of 53,220) tested positive for the H5N1 virus, more than double the 0.9% positive rate in the preceding 12 months, according to the report.
 家きん市場における家きんの感染率は、2005年7月から2006年6月までの間、中国南部の6省の市場で53000羽の家きんを調べたところ、2.4%でH5N1ウイルスが陽性であり、それはその前1年間でのデータ0.9%に比較し、倍以上の増加を示していた。さらに研究者達はH5N1ウイルス陽性であった家きんからのウイルスの遺伝子を分析したところ、68%が新規株、すなわち福建株であった。

The researchers analyzed the genomes of 390 (30%) of the 1,294 virus isolates and found that 68% (266 of 390) of them were in the new Fujian-like lineage. The prototype of this lineage was detected in March 2005, and few viruses like it were found in the ensuing few months. But the prevalence of the strain increased dramatically starting in October 2005, until it constituted 103 of 108 isolates tested from April through June of this year.

The team also determined that the hemagglutinin genes of five recent human H5N1 viruses from different Chinese provinces belong to the new strain. In addition, 16 poultry and wild-bird viruses from Hong Kong and two poultry isolates from Laos and Malaysia were of the same type.

To assess the effects of China's poultry vaccination program, the scientists tested serum samples collected from 1,113 market poultry in two provinces between November 2005 and April 2006. Hemagglutination inhibition testing showed that 16% (180) of the samples had antibodies against a 2002 strain of H5N1.

市場で集められた1113羽の家きんの血清分析で、わずか16%でしか2002年のH5N1ウイルス株に対する抗体が検出されなかった。(全ての家きんはワクチン接種されている)。

A subset of 76 of the 180 positive samples was then tested for neutralizing antibodies against the Fujian-like strain and two other recent H5N1 strains. Most of the samples had low levels of antibodies against the Fujian-like strain, though they had relatively high levels for the other two strains. The findings suggest that chickens in southern China "are poorly immunized against [Fujian-like viruses in comparison with other sublineages," the report states.

調べられた抗体の検出された血清中には、福建省株に対する抗体は極めて低くしか存在してなかった。(中国で投与しているワクチンは福建株には無効であることを示唆:訳者)

All the analyzed Fujian-like viruses had molecular characteristics that indicated sensitivity to oseltamivir, the first-choice antiviral drug for H5N1 infection. In addition, only six of the viruses had a mutation that confers resistance to amantadine, an older antiviral drug used to treat flu.

The authors contend that their findings show that the spread of the Fujian-like strain "has initiated a new transmission wave in Southeast Asia," comparable with the first wave in the region in early 2004 and the spread of H5N1 to Europe and Africa following China's Qinghai Lake outbreak in the spring of 2005. They say it is to blame for recent poultry outbreaks in Laos, Malaysia, and Thailand and for recent human cases in Thailand.

They also argue that poor results in China's poultry immunization program might have contributed to the rise of the new strain. "Serological studies suggest that H5N1 seroconversion in market poultry is low and that vaccination may have facilitated the selection of the Fujian-like sublineage," they write.

"The predominance of this virus over a large geographical region within a short period directly challenges current disease control measures," the authors conclude.

Experts see no effect on pandemic risk パンデミックの危険性はない
But the new findings do not signal an increase in the already serious risk of a human flu pandemic, according to Michael T. Osterholm, PhD, MPH, director of the University of Minnesota Center for Infectious Disease Research and Policy, publisher of the CIDRAP Web site.

"The key piece to the situation documented in this paper is that while there is a new strain, there's no evidence that it's more pathogenic or virulent than other existing strains, and there's no evidence that somehow we've selected out for a strain that is more likely to be transmitted to and by birds," Osterholm said.

"At this point, I see no data that support that this will contribute to increasing the risk of a human pandemic or worsening the situation with wild birds and domestic poultry in Asia," he added.

Michael Purdue of the World Health Organization's global influenza program expressed similar views, according to an Oct 30 Bloomberg News report. "We know that strains of flu supplant and replace other subtypes over time," he told Bloomberg. "In terms of human risk, there's nothing to suggest that there's more or less risk than there was before."

Joseph Domenech, chief veterinary officer for the United Nations Food and Agriculture Organization (FAO), said the FAO is checking whether vaccines in China are effective against the Fujian-like strain, according to the Bloomberg story.

Chinese officials reject study 中国農業省は事実を否定
Chinese officials rejected the study this week. The nation's Agriculture Ministry called the researchers' claims "totally different from the real situation," according to a report yesterday by China Daily.

"Gene sequence analysis shows that all the variants of the virus found in southern China share high uniformity, meaning they all belong to the same gene type," the ministry said. "No distinctive change was found in their biological characteristics."

The research report prompted Julie Hall, a WHO official in Beijing, to complain that China has been too reluctant to share H5N1 virus information and samples from poultry, according to news services.

"There's a stark contrast between what we're hearing from the researchers and what the Ministry of Agriculture says," Hall told the Associated Press. "Unless the ministry tells us what's going on and shares viruses on a regular basis, we will be doing diagnostics on strains that are old."

The Agriculture Ministry, in the statement quoted in China Daily, insisted it has been freely sharing virus information and related developments with the world.

Smith GD, Fan XH, Wang J, et al. Emergence and predominance of an H5N1 influenza variant in China. Proc Natl Acad Sci 2006 (published online Oct 30) [Abstract]



遺伝的類似性が関係か 人への鳥インフル感染 北海道新聞 
 世界保健機関(WHO)は3日、人から人への高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染しやすさに遺伝的類似性が関係している可能性があるとする作業グループの報告書を公表した。
 「人と動物の接点でのインフルエンザ研究」と題された報告書によると、インドネシアの北スマトラ州カロ県で4月から5月にかけて発生した集団感染では、血族間で感染が起きた。配偶者や地域の人々にも感染の機会があったが、実際には感染は広がらなかった。
 この事例などを受け、報告書は、遺伝学的要因によって遺伝的に関係がある人同士が感染しやすくなるのか、確認する研究を行うよう提言。研究によって「人の感染例が極めて少ないことや、ウイルスが動物から人、人から人へ容易には広がらない理由が説明できるかもしれない」としている。
 作業グループは世界各国の研究者ら20数人で構成。9月下旬にジュネーブで会合を開いた。

 昨日の海外報道で既報済み
 委員会の報告書(原文)
New H5N1 strain in China not posing new dangers  Reuters AlertNet (英国) 中国の新H5N1ウイルス株は、さらなる危険性はない--中国衛生部と農業省の連携不足
 WHOは中国から東南アジアに拡大している新H5N1ウイルス株(福建株)は、人に感染しやすいタイプに変異はしていないと発表した。
 WHOの北京事務所のジュリー・ホール氏によると、中国衛生部は人からの分離ウイルス株と情報の国際機関との共有には務めているが、農業省からの情報はないという。
 人から分離された福建株の分析では、人に対する危険性が増すような変異は認めていないとWHOは発表した。中国衛生部が6人の発病者から得たウイルス(福建株)の分析結果と、その遺伝子情報および疫学情報はWHOに伝えられていている。
 一方、中国農業省からは、家きんにおけるそのような情報も、新規株発生の報告もなく、公式には否定する発表が行われている。
 中国では人での発生が報告され、その時点では家きんの発生は検出されていないことが多い。家きんでの詳細な監視態勢とウイルス調査が、人での発生が確認されてから行われる傾向にあった。
WHO accuses Chinese government of hampering fight against bird flu Scotsman, United Kingdom  (英国) WHO、鳥フル対策への中国の妨害を非難
 先に香港と米国の研究者から発表された、昨年夏から新H5N1ウイルス株(福建株)が中国から東南アジアに拡大してきているという、情報に関して、中国政府はそのような事実はないと否定したことに関して、WHOは最近分離されたウイルス株も提供されなく、また鳥フル情報も国際機関と共有されていないと非難。
 類似記事はいくつか既報済み。
Susceptibility To Bird Flu May Depend On Your Genes Medical News Today, UK  (英国) 鳥フル感受性は、遺伝的素因が関与している可能性
Bird flu drill ruffles feathers Globe and Mail, Canada  (カナダ) カナダ。南マニトバでパンデミック・インフルエンザ訓練
Genes Could Determine Whether The Flu Will Get You, Illinois ... KSDK, MO  (米国) 鳥フルに感染するかどうかは遺伝子で決まる?
 WHO委員会での発表内容から。
Gene Factors Linked Bird Flu In Humans E Canada Now, Canada  (カナダ) 人での鳥フル感染には遺伝的素因が関与の可能性
 昨日既報道のWHO委員会での見解。
Report: Flu pandemic would kill 2,000 to 5,000 South Carolinians  The State, SC (米国) 報告:南カロライナ、パンデミックインフルエンザで2000~5000人死亡の可能性
 南カロライナ州。パンデミック・インフルエンザで120万人が発病。17000人が入院。2000~5000人が死亡と予想。南カロライナ州保健局と環境局からの報告。

新型インフルエンザに関する3万人の意識調査  gooリサーチ結果
~約8割が「新型インフルエンザの発生に不安」~
国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)と株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 將介)は、「gooリサーチ」登録モニターおよび「goo」ユーザを対象に数十年振りの大流行が懸念されている新型インフルエンザに関する意識調査を実施しました。


総括

調査の結果、回答者の8割以上が、新型インフルエンザの流行に対して、不安を持っていることがわかりました。しかし、その一方で、国や行政機関による、説明が十分に行われているとする回答者は、低い割合に留まっています。
また、新型インフルエンザの感染が拡大した場合の対応(公共交通機関の利用・集客施設の利用等)について尋ねたところ、「なるべく控えるようにする」回答が、7割近く占めたことから、適切な情報提供がなされれば感染拡大を防ぐ行動への協力が得られると考えられます。


調査結果のポイント

(1) 新型インフルエンザに関する不安
新型インフルエンザの大流行については、「非常に不安である」(26.8%)、「ある程度不安である」(56.4%)をあわせると、約8割以上が不安を感じていることが分かった。

(2) 国や行政機関の説明不足
約7割が新型インフルエンザの説明について、「全く行われていない」(22.9%)、「ほとんど行われていない」(46.8%)と回答した。「説明の度合いは分からないが、自分は知らなかった」(17.1%)を加えると、約9割が、国や行政機関からの情報発信を不十分と捉えていることが分かった。この結果からも、国や行政機関は新型インフルエンザに関する情報発信を今後より一層進めなければならないといえる。

(3) 感染拡大防止策周知の必要性
約7割は新型インフルエンザ発生に伴う、「公共交通機関の運行縮小」や「スタジアム、劇場等などで人の集まる事業活動の制限」などの措置に従うと回答した。これらの行動制限が実効性を高めるためは、行動制限が具体的にどの程度、感染の拡大に役立つのかを定量的に示すシミュレーション研究と、感染拡大のための対策とその効果を周知することが今後重要になる。



11月3日

Bird flu kills Thai dog, a bad sign for humans Arizona Daily Star, AZ (米国) タイ、犬が鳥フルを発症して死亡
 2年前、タイ中央のスファンブリ州でアヒルの死骸を食べた犬がH5N1鳥フルを発症して死亡していたことが、研究者の論文発表で明らかになった。犬の全身にウイルスが感染していたことが報告されたが、この事実はH5N1ウイルスがほ乳類に感染して、死亡させる能力がある事実を明白にしている。
鳥インフルエンザ情報のWHOとの共有問題について  人民網日本語版 
 外交部の2日の定例会見で、劉建超報道官が質問に答えた。

  ――世界保健機構(WHO)の専門家は、新たに出現した鳥インフルエンザのウイルス株標本を中国がWHOと共有していないことが、対策を複雑化させていると指摘した。確認と原因の説明をいただきたい。

  中国は、このほど海外の学術週刊誌が、一部の専門家が中国南部で鳥インフルエンザ変異ウイルスを分離した問題を掲載したことに留意している。これは実際の状況と全く符合しない。2004年以降、中国の主管部門は南部の鳥インフルエンザウイルスに対する継続的な監視を行っている。遺伝子配列の分析により、現在までのところ、南部で分離されたすべてのウイルスはきわめて高い同源性を持ち、同一の遺伝子タイプに属し、その生物学的特性に明らかな変化はないことがわかっている。

  北京地区で確認された鳥インフルエンザウイルスの変異については、関係部門が直ちに国連食糧農業機関(FAO)と国際獣疫事務局(OIE)に通知した。

  中国の関係政府部門は一貫して、世界的な鳥インフルエンザ対策に積極的に参与しており、FAOやWHOなどの国際機関と密接な協力関係を築き、感染状況やウイルスに関する全ての情報を国際社会と即時共有している。(

東南アジア:地域の力で鳥インフルエンザの封じ込めを図る JanJan 
 ベトナムでは今年の冬、寒い時期に蔓延しやすいと見られている鳥インフルエンザ対策に万全を期している。国連のデビッド・ナバロ調査官(鳥インフルエンザ担当)は「昨年、ベトナムではH5N1亜型鳥インフルエンザが猛威を振るったが、政府の迅速な対応により現在のところ家禽類への感染を阻止し、さらにヒトへの感染件数も激減している」と金曜日、タイでの記者会見で述べた。

 ベトナムで鳥インフルエンザ対策が成功した背景には、鳥へのワクチン接種や感染した鳥の処分などを行っているハノイの地域ボランティアたちの存在がある。同国は2003年以降、鳥インフルエンザのヒトへの感染で42名の死者を出し、世界の鳥インフルエンザ流行地域の中でも最悪の状況を招いた。しかし、今年はヒトへの感染・死亡例が未だ一件もない。

 FAO(国連食糧農業機関)アジア太平洋地域事務所の地域マネージャ、ローレンス・グリーソン氏は「ベトナムではワクチンによる防疫を積極的に行い、鳥インフルエンザの発生に備えている。さらに安全対策の査察の強化を目的として、援助国から多額の資金を調達している」とIPSの取材に応じて語った。また、ベトナム政府は感染の曝露源の1つである(鶏の屠殺を行っている)生鮮市場を閉鎖し、感染を封じ込めている。

 ベトナムやタイで鳥インフルエンザ撲滅に向けた動きが活発化する一方、インドネシアでは今年に入り、鳥インフルエンザの感染が拡大している。同国政府は今週、鳥インフルエンザによる死者が55人目になったと発表した。55人目の犠牲者は中央ジャワ州の27歳の女性である。

 FAOアジア太平洋地域事務所副代表の小沼広幸氏は「インドネシア国内で感染が急速に拡大している状況を非常に懸念している。実際に(鳥インフルエンザの感染が報告されている国では)未だに十分な知識が人々に定着していない地域もある」と記者会見で述べた。

 この現状に対処するため、国連のナバロ調査官は、東南アジア諸国のうち(感染報告のあった)ビルマ、カンボジア、タイの3カ国を歴訪し、地域住民が中心となって行う徹底した予防策と警戒を呼びかけている。
CDC procures bird flu vaccine amid worries China Post(台湾) 懸念の中、台湾CDCは鳥インフルエンザ・ワクチンを調達へ

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 台湾・疾病管理センター(CDC)は19万回分の鳥インフルエンザ・ワクチンを発注し、パンデミックへの新たな警告の中で台湾のインフルエンザ対応能力を強化することにしたと、昨日ある高官が語った。
 CDC副長官のチョウ・チンハウ氏によると、政府はワクチンを海外2社から調達することを決定した。これはヒトと家禽に高い病原性を持つH5N1ウイルスの薬剤耐性を持つ新たな株のアジアへの拡散が判明したことに伴うものである。
 チョウ氏は香港と米国の科学者が共同で作成した報告書を引用し、新たなウイルス-「福建株」と呼称される-は、家禽への感染を防ぐためのワクチン接種プログラムに反応し変異したのかもしれないとしている。
 この株が2005年に出現し既に中国全土と香港、タイ、ラオス、マレーシアに拡がっているとして、この報告書はウイルスの広大な地域への短期間での拡散は現行の疾病管理対策に対する直接的な問題だとしている。
 こうした背景に対しチョウ氏は、CDCは既に6000万台湾ドル(181万米ドル)を費やし19万回分のH5N1ワクチンを海外2社から購入したとしている。
 このワクチンは70~80%の有効性を持ち6ヶ月から2年の貯蔵が可能だと、チョウ氏は述べている。
 しかし、このワクチンは初期の臨床試験で安全かつヒトの鳥インフルエンザ予防に有効と判明しているが商業販売の承認は得られていないと、チョウ氏は付け加えた。
 そのため、このワクチンは緊急の流行抑制用途または国内での臨床試験のために備蓄されると、チョウ氏はしている。
 「基本的に最前線に立つ医療従事者や流行抑制要員だけがワクチン接種されることになるでしょう」とチョウ氏はしており、このワクチンは一般の人は利用できないと付け加えている。
 調達契約により、このワクチンは今年年末までに台湾に引き渡されると、チョウ氏はしている。「今年の冬に鳥インフルエンザが発生しても、このワクチンが使用できます」と、同氏は述べている。
 各医療従事者が2回ワクチン接種を受けたとしたら、備蓄は9万人、つまり全国の医療従事者の3分の1を十分にカバーできると、チョウ氏はしている。
 更にCDCは世界保健機関の勧告に従い、230万人、台湾の全人口の10%に十分な量のタミフル?インフルエンザ治療用の経口の抗ウイルス薬--の備蓄もしていると、チョウ氏はしている。
Study fingers migrating ducks in bird flu spread Reuters (国際) 渡りカモが鳥フル伝搬の主要な役割を果たしている:研究
 昨年秋のロシアからルーマニア、ウクライナ、トルコへの鳥フル拡大の調査結果。カモ、雁、白鳥がウイルスを運んだが、特に渡りカモが主要な役割を果たしているとの結論。雁や白鳥は感染して死亡することが多いが、カモは発病せずにウイルスを保有して伝搬する。

Ministries refute bird flu virus rumour China Daily, China  (中国) 中国、鳥フルウイルスに関する風聞を否定
 

Citing a statement from the Ministry of Agriculture, Foreign Ministry spokesman Liu Jianchao yesterday refuted reports that a new strain of bird flu has emerged in southern China.

An article in Tuesday's issue of the US-based Proceedings of the National Academy of Sciences (www.pnas.org) said a new strain of the H5N1 bird flu virus, called the "Fujian-like virus," because it was first found in Fujian Province, has emerged in southern China and become prevalent in the Hong Kong Special Administrative Region, Laos, Malaysia, and Thailand.

News of the new virus was widely reported in foreign media.

Quoting the statement, Liu said: "China has noticed recent publications by some foreign academic publications about the bird flu situation in southern China, but their claims are totally different from the real situation.

"Since 2004, China has been keeping a close eye on the bird flu situation in its southern regions.

"Gene sequence analysis shows that all the variants of the virus found in southern China share high uniformity, meaning they all belong to the same gene type.

"No distinctive change was found in their biological characteristics."

In response to accusations from WHO experts that China is reluctant to share information and samples of bird flu, the statement said: "China has always actively participated in the prevention and control of bird flu and has maintained good co-operative relations with international organizations, and shares with the international community all the latest developments in the bird flu situation and virus information in the country in a timely manner."

中国農業省の声明を引用し、外務省の報道官は、中国南部で新規鳥フルウイルス株発生の報告を否定した。

 10月31日、米国の国立科学アカデミ紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)に、福建株と呼ばれるH5N1ウイルスの新規株が香港やラオス、マレーシヤおよびタイで流行しているとする報告が発表された。

 このニュースは広く海外で報道された。
 農業省の声明を引用し、報道官は、”中国はこの論文に気づいているが、内容は現実の状況と全く異なる”。
 ”2004年以来中国は、南部における鳥フル発生状況に関して詳細に観察し続けてきた。遺伝子分析では、南部中国で見つかっているウイルスは極めて均一性が保持され、同じ遺伝子タイプに属していることが確認されている”。
 ”生物学的特徴でも変化は認めていない”。

 中国が鳥フル情報や分離ウイルスを共有することに消極的とするWHOの非難に対して、声明では、中国は常に予防と対策に国際的機関と協力してきているし、中国内の最新の鳥フルとウイルスに関する情報を、適時国際機関と共有している、と発表している。


High death rates possible in bird flu pandemic: WHO report CBC.ca,  Canada  (カナダ) パンデミックになっても高死亡率の可能性:WHO報告
 WHOからの報告。 下記に報道済み内容。
 ・H5N1鳥フルがパンデミックになっても高致死性を維持しないという根拠はない。
 ・H5N1ウイルスに対する感受性に遺伝的背景がある可能性。

Genes may play role in who gets bird flu MSNBC (国際) 鳥フル感染に遺伝素因が関与の可能性:WHO専門家会議報告
 科学者達は、ある人々は鳥フルに感染しやすい遺伝的素因を保有している可能性を考えている。それにより、ある人々が感染しているのに、他の人々が感染しない理由の説明と、鳥フル自体が人に感染するのが比較的希であることが説明出来る。WHOが2日発表した。

 本年5月にインドネシアの北スマトラで発生した、家族内で7人が集団発生した事例では、H5N1ウイルスに対する感染性に遺伝的素因が関係している可能性が示唆された。
 それは、北スマトラのカロ地区で、ある親族だけが発病した事例である。これまで知られている集団発生で最も大きな集団となった。”配偶者や他の村人達に感染する機会が多くあったにも関わらずに…”とWHOの発表では伝えている。
 9月末に35人のWHOの専門家が参加して開催された非公開の会議での報告書が2日発表されたが、その中に、その”理論”が書かれている。
 ”遺伝的につながった人々の間で発生した、希な人人感染のデータから遺伝的素因が感染に関与している可能性が示唆されている”。
 ”さらに十分解明されたなら、なぜ人での発症例が比較的少ないのか、なぜ動物から簡単に人に感染しないのか、なぜ人人感染が容易に生じないのか、が説明出来るかも知れない”。WHOの報告書が語っている。

 鳥フルは主として動物の感染症のまま留まっているが、2003年末以来世界で256人が発病し、そのうち152人が死亡している。専門家はウイルスが変異して人でのパンデミック・インフルエンザを引き起こすことを警戒している。
 全体として、H5N1ウイルスは動物から人へ、そして人の間で”非効率的”拡大をし続けている、と報告書は説明している。
  この感染症の多くはいまだ良く理解されてないままだ。しかし、現状は深刻で、パンデミック・ウイルスが発生する危険性が近い将来減じるとは思われない。そのように報告書では言っている。
 パンデミック用に作製されたワクチンの臨床試験結果は、必ずしも効果を約束してはいないし、そして各国が予防のために、それらの中の一つを選んで備蓄することは、まだ早急と考えられる、とも報告書では言っている。

 'Champion' vectors (主たるウイルスの運び屋)

 鳥フル拡大の役割を果たしている主要な鳥としてマガモが同定され、そしてウイルスが便中にではなく、むしろ呼吸器に次第に排出されるようになってきている、とWHOは説明している。
 この事実は鳥における監視態勢で、便だけでなく、咽頭からも検体を採取する必要があることを示している。
 ”ウイルスの地理的分布という観点からは、マガモが主要なウイルスの運び屋と考えられる;コブハクチョウは非常にウイルスに感受性が高く、それはウイルス拡大の指標となるが(死亡することから発見しやすい:訳者)、多分、ウイルスの運び屋ではないだろう”、とレポートでは説明している。

 また、最近の研究結果から示されていることとして、ウイルスが家きんから渡り鳥へ感染し、そしてまた渡り鳥から家きんへ感染するという、”リレー・トランスミッション(リレー感染)が見られることである。そのように報告書では付け加えている。

 WHOの委員会では、家きんの殺処分が最も効果的制圧戦略であり、それは日本や韓国で成功を収めているが、コストがかかる方法だと報告している。また、家きんに対する高品質のワクチン接種は、資源に限界のある国(発展途上国)では推奨されたが、鶏用に作製されたワクチンはアヒルに対しては必ずしも有効ではない。そのように報告書では説明している。 

If bird flu virus becomes pandemic, high death rates possible: WHO ... Canada.com, Canada (カナダ) 鳥フルがパンデミックになったとしても、高死亡率を維持することもあり得る:WHO
 H5N1鳥フルが、人における世界的流行を引き起こしたとしても、死亡率が下がるという保証はない。WHOの新報告がそのように警告した。
委員会の報告書
 先月、WHOの求めに応じて集まった世界の指導的科学者達は、H5N1ウイルスが人に感染するように変異した場合、より致死性の低いウイルスに変わると信じる根拠はないと結論した。

報告書かあの抜粋
Determinants of virulence and transmissibility. A mutation in the PB2 gene, at
position 627, has been shown to influence pathogenicity in mice, but that finding
has not consistently correlated with severity of infection among viruses isolated
from patients in Indonesia and Viet Nam. Investigation of the role of internal
polymerase genes is continuing. It appears clear, however, that the external HA and
NA genes are not the sole drivers of disease severity. Likewise, transmissibility of
the virus may ultimately prove to be a genetically complex trait. One especially
important question that was discussed is whether the H5N1 virus is likely to retain
its present high lethality should it acquire an ability to spread easily from person to
person, and thus start a pandemic. Should the virus improve its transmissibility by
acquiring, through a reassortment event, internal human genes, then the lethality of
the virus would most likely be reduced. However, should the virus improve its
transmissibility through adaptation as a wholly avian virus, then the present high lethality could be maintained during a pandemic.

 世界保健機関(WHO)は3日、人から人への高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染しやすさに遺伝的類似性が関係している可能性があるとする作業グループの報告書を公表した。

 「人と動物の接点でのインフルエンザ研究」と題された報告書によると、インドネシアの北スマトラ州カロ県で4月から5月にかけて発生した集団感染では、血族間で感染が起きた。配偶者や地域の人々にも感染の機会があったが、実際には感染は広がらなかった。

 この事例などを受け、報告書は、遺伝学的要因によって遺伝的に関係がある人同士が感染しやすくなるのか、確認する研究を行うよう提言。研究によって「人の感染例が極めて少ないことや、ウイルスが動物から人、人から人へ容易には広がらない理由が説明できるかもしれない」としている。

 作業グループは世界各国の研究者ら20数人で構成。9月下旬にジュネーブで会合を開いた。


 会議の報告では、現存する(既成の)ワクチンに、各国政府が多額の費用をかけることに注意を呼びかけている。また、野鳥や家きんに感染しているH5N1ウイルスの中で低いレベルながらも、一定のウイルス株がタミフルに自然耐性となっている可能性も明らかにした。
 しかしながら、会議に招集されたWHOの研究者達は、H5N1ウイルスによるパンデミックが、どの程度致死的かどうかは、科学的にはブラックホールに等しい質問かも知れないと注意している。
 現代科学はこれまでH5N1ウイルスほど危険なウイルスは経験していない。しかしウイルスが容易に人の間で感染しやすくなるのか、もしパンデミックになった場合、どの程度被害が出るのかを知る方法はない。
 ”全て、憶測の域を出ない”、と、WHOの世界インフルエンザ対策担当官で鳥フル専門家のマイケル・パーデュが語る。
 ”我々は、この人にとって全く新しい亜型株について十分知っていない。…もしこの新しいH5N1ウイルスが人のインフルエンザウイルスとして加わったなら、我々が歴史上出会ったことがないくらい、致死的インフルエンザが発生するかも知れない。(でも)、誰がそれについて分かるだろう?”
 ”誰もが危険だと言う意見を持っているが、それは完全に何も分かっていないからだ”。
 最近のモデルを設定した研究で、高度に致死的ウイルスは、患者がすぐ死亡するので、周辺に感染する頻度が低いので、パンデミックを起こす可能性は低いとされる。しかし報告では、そのように予知することは難しいと結論している。
 報告書はさらに、最近のH5N1ウイルス株に対するワクチンを、将来のパンデミックに備えて備蓄することに疑問を呈している。ワクチンが変異株に対して効果をもつという根拠は、乏しいというのが理由である。
 ”我々は、特定のH5N1ウイルスで作製された前パンデミックワクチンが、完全に他のH5N1ウイルス株の感染に有効であるというデータは持っていない”、とパーデューはジュネーブで語った。
 ”人は前パンデミックワクチンが効果をもつことを願うだろうが、それを示すデータはない”。

 米国とスイスは最近作製されたH5N1ウイルスワクチンを備蓄する予定になっている。さらに、シンガポールと英国を含む他の数カ国もグラクソスミスクライン社に、備蓄用としてワクチンをを発注しているとされる。
11月2日

China Denies New Strain of Bird Flu Exists Dog Flu Diet and Diseases, Canada  (カナダ) 中国政府、新規鳥フル株の存在を否定
 中国衛生部によると、南部の省で致死的鳥フルウイルスの新規株は存在しない。このニュースは香港と米国の研究者による、1年前に中国南部の福建省で新規株を検出したという発表を否定することになる。
 状況の食い違いに対する質問に衛生部の報道官は、これまで南部の鳥フルウイルスは非常に均一であり、生物学的に明確な変化は見せていない、と語った。

 一方、WHO北京事務所の鳥フル調整官でありジュリー・ホールは、自分達の理解しているところでは、ウイルスの変化は間違いなく生じていて、2004年以来ウイルスは継続的に変化しており、WHOが要求している2005年以後のウイルスは、いまだ提供されていない、と語った。
Possibility of avian influenza epidemic a worry  Jakarta Post(インドネシア) 鳥インフルエンザ流行の可能性は懸念すべき事項--インドネシア、バリ島の状況
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 バリは観光客にとってだけではなく、鳥インフルエンザとして有名である危険なH5N1ウイルスにとっても、楽園であるようだ。
 観光客が思い出に残る体験を求める一方、このウイルスは種の生存をひたすらに確保すべく奮闘している。
 観光産業における余暇と鳥インフルエンザ流行の脅威を一緒にすることは適切でないかもしれない。確かに面白い比較ではない。
 「面白いかどうかは別にして、我々全員が直ちに取り組まなければならないことは事実です」と、ングラ・マハルディカ氏は述べる。
 マハルディカ氏は、政府が資金を出し現在進行している、ウダヤナ大獣医学教室によるプロジェクトである、鳥インフルエンザ検知・特定プログラムのチームリーダーである。
 2005年後半からマハルディカ氏と同チームは、バリ、西ヌサ・トゥンガラ、東ヌサ・トゥンガラで広範囲の調査を行ない、この危険なウイルスを探してきた。
 結果は恐ろしいものだった。:このウイルスはバリの全55の小管区のうち37で感染を起こしていた。「152の村落で検体を採取したところ、その内53の村で感染した家禽を発見したのです」と、同氏は言う。
 悪いニュースはそこで留まらない。最近同島で800頭の豚に一連の検査を行った結果、同チームは20頭以上の豚が鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していることを確認した。2005年に400頭の豚を調べたときには感染は発見されなかった。
 ウイルス専門家として-同氏はドイツのユストゥス・リービッヒ大で分子ウイルス学の博士号を取っている-マハルディカ氏は最近の進展が示すことの恐ろしさを極めてよく分かっている。
 「このウイルスはヒトへとにじり寄ることに成功しているという事です」と、同氏は言う。
 今のところ同島で、このウイルスがヒトに感染したという報告はない。しかし新たな宿主に感染する可能性を永遠に無視できると考えることは、深刻かつ悲劇的な誤りだ。
 「率直に言って、そういった可能性について極めて憂慮しています」と、同氏は告白した。
 不運にも、同島の人々の大部分は鳥インフルエンザ・ウイルスを直近の増大しつつある脅威とみなしていない。
 同島は鳥インフルエンザ流行の可能性に対応するための適切な準備ができていない。
 「問題は関心がないという雰囲気が一般的だということです。多くの人はトリインフルエンザが同島にとって大きな脅威にならないという誤った思い込みをしているのです」と、同氏は語っている。
 悲しいことに、こうした無関心さは同島の報道機関、公的組織そして政府機関の大部分にも根深くある。
 無関心の度合いは様々だが、最終的な結果は同じである。
 一般の鳥インフルエンザの認知の欠如、効率的で標準化された全島にわたる検知・予防対策の欠如、そして緊急対応管理の欠如は、こうした無関心さの結果の一部である。
 「いかなる種類のシナリオもありませんし、もちろん最悪の事態に関してもです。この島のどの部分が一番脆弱であるかも、ウイルス感染の速度も、流行を効率的に封じ込めるまでに何人が感染するかも判りません」と、氏名を明らかにすることを拒んだ医師は語っている。
 北バドゥンの唯一の医療サービスの供給者であるこの医師は、鳥インフルエンザの流行に対しこの村落が打ち勝てる術は全くないと考えている。
 「この村には多くの養鶏農家があります。人口は密集しています。この村が鳥インフルエンザの流行に対し脆弱だと実感するには難しいことではないのです」と同医師は言う。
 「同時に、鳥インフルエンザが発生したとしたら緊急活動を実施するための人手も施設も医療物資も十分ではありません」と、同医師は説明する。
 この村落は同島の縮小版だといっても、あまり差し支えない。同島全体での家禽の数は1200万羽を超え、また豚は約90万頭である。
 また同島の人口は340万人である。
 「バリには、家禽・豚・ヒトが密集しているのです。その全てがH5N1の宿主となりうると明確になっているのです」と、マハルディカ氏は言う。
 「バリには中国の様々な密集地域との恐ろしい類似性があります。こうした密集によってウイルスには楽園がもたらされるのです。この楽園ではウイルスは好きなだけ増殖できるのです」と、同氏は付け加えた。
 この密集という要因は、バリの養鶏・養豚農家が通常行っている二つの特別な慣行によって更に悪化することになる。
 一つの慣行は、収穫後の水田でアヒルに餌を取らせることである。これによりアヒルは渡り鳥からの感染に晒されることになりかねない。
 「水田は渡り鳥にとって主要な食料源です。世界保健機関(WHO)は、こうした生物を家禽への鳥インフルエンザ感染の主要な作用因としています」とマハルディカ氏は述べている。
 さらにトゥンパン・サリという豚と家禽を同一の場所で飼う習慣によって、ウイルスがある種から他の種へ、すなわち家禽から豚へ「飛び移る」可能性が増している。
 「豚にウイルスがいる危険性は、豚がこのウイルスの様々な亜種のホストになりうるということです」と、同氏は言う。
 「豚ではこうした亜種が、家禽ではない新たな宿主に適合するための遺伝子再集合を行うこともありえます」と、同氏は語る。
 更に、豚はヒトのインフルエンザ・ウイルスにも感染しうる事が判っている。もし鳥とヒトのインフルエンザが豚の中で混合し遺伝子再集合を行えば、結果は悲惨なことになりかねない。
 旧来型のウイルスの強力なタイプが誕生するか、種の障壁を飛び越える殺人的な能力を持つ新たなウイルスが誕生するかのいずれかである。
 「混合と遺伝子再集合の過程によって、このウイルスは新たに対象となりうる宿主へ感染することが容易になります。つまりヒトへと感染するのです」と、同氏は指摘する。
 マハルディカ氏が信じる唯一の希望は、地域社会を基盤とした検知・予防プログラムである。全島規模での政府主導の予防対策がないので、デサ・ペクラマン(伝統的村落)ヤバンジャー(近隣組織)といった強力な伝統的組織が、バリ島島民を一斉に動員できる唯一の組織となる。
 「流行に対応するために重要なことは、検知と予防です。こうした行動を取るために伝統的な組織に教育と権限付与を行うべきです」と、同氏は語っている。
 更に、ペカラン(伝統的な治安要員)を新たな役目につかせる事もありうる。それは養鶏・養豚農家を監督し家禽の取引・輸送を密に監視することである。
 ペカランの役目は、政府が大きく宣伝した対策である生きた家禽のバリ島への持ち込み禁止が失敗した現在、特に重要である。
 賄賂とずる賢さによって、家禽の売買業者は家禽をジャワやロンボクからバリへと日常的に輸送してきた。「毎日、ジャワからの生きた家禽を西デンパサーの通りで下ろしていますよ」と、この地域の住民のプツ・タパ氏は言う。
 マハルディカ氏は伝統的組織への教育と権限付与が脅威を退けるために重要な役割を果たすと考えている。
 「こうした組織の支援によって、鳥インフルエンザ発生を予防したり発生を限定的な地域へ封じ込めることができる可能性が大きくなります」と、同氏は語る。
 教育と権限付与は、一般大衆の鳥インフルエンザの脅威への無関心さを消し去る効果的な手段である。
 結局のところ、一般大衆の無関心は知識の欠如から生まれるのだ。
 しかしマハルディカ氏はそれでも、もう一つの種類の無関心と取り組まなければならない。それは恐怖と強欲さから生まれるものだ。
 政府当局を含む多くの人は、主要観光地としてのバリ島のイメージを汚していると同氏を責めてきた。そうした人が主張するところでは、マハルディカ氏は中身のない脅威で大騒ぎして、それにより同島の観光産業に被害を与えたという。
 「そうした人が恐れていることは、観光客が鳥インフルエンザ発生の可能性を知ればバリ島を訪れなくなるということなのです」とマハルディカ氏は言う。
 マハルディカ氏はそうした見方はしない。責任を持って観光客を迎え入れるためにバリ島島民は確実に訪問客がいかなる危険からも十分に保護されているようにすべきだと、同氏は語る。
 「世界にバリ島と島民--島民同様に訪問者も--を守るために全ての必要な防護措置を取っていることを示せれば、観光産業のイメージを潰すのではなく高めることができると信じています」と、同氏は語る。
 逆に、否定と隠蔽は不毛なだけである。
 「歴史の教訓では、ウイルスの流行は迅速に容赦なく無差別に広がるとしています。バリ島でこうした流行が発生すれば、観光産業の広報機関の力強さを以ってしてもこの島のイメージを救うことはできないでしょう」と、同氏は警告している。

WHO slams Chinese Ministry of Health for not sharing bird flu info ... Canada.com, Canada  (カナダ) WHO、鳥フル情報を共有しない中国を批判
 中国農業部がH5N1ウイルス福建株を提供しなかったこと、その存在が研究者が学術発表するまで報告しなかったことについての、WHOの非難声明の話題。
New Bird Flu Strain Spreads Fast, Is Resistant to Vaccine National Geographic, D.C. (米国) 急速に拡大している鳥フルウイルス新規株は、ワクチンが無効の可能性
 中国は昨年から鳥フル拡大抑制のために、鶏に対して広範なワクチン接種を行ってきた。その結果ワクチン無効株が選択的に増加してきて、本年4月から6月の調査では、中国内の多くの地域でこの福建株がH5N1ウイルスの95%を占めるようになった。この株はワクチンが無効なので今後H5N1ウイルスの主流株となって拡大する可能性が高い。
Plavix interferes with flu drug United Press International (国際) (抗血小板薬)プラビックス、タミフルの作用を阻害
 日本でも多く使われている抗血小板薬のピラビックスがタミフルの作用を阻害することが、試験管内の実験で確認された。米国のロード・アイランド大学薬学部の研究者による報告( University of Rhode Island's College of Pharmacy )。
 抗血小板薬プラビックスは、心臓病、脳血栓等、高齢者が日常的に服用することから、インフルエンザに対してもハイリスク群に属するこれら高齢者が、両薬剤を同時に服用する可能性が高いことから、研究結果が注目を集めている。
FluWrap: China's dirty secret United Press International (国際) 中国のウイルス情報隠し
 昨年初夏から中国で流行し始め、現在は東南アジアまで広がっているH5N1ウイルスの福建株について、中国側からWHOにウイルスが提供されていなかったことを、WHOが非難している話題。この2日間世界中の話題となっている。
11月1日

鳥インフルエンザは中国・福建が起源…米中研究チーム 読売新聞 
 アジアを中心に急拡大している強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の流行は、中国南東部で発見された新しい種類のウイルス株が原因だとする研究論文を、香港大学など米中の研究チームが米科学アカデミー紀要(10月31日付)に発表した。
 世界保健機関(WHO)の専門官らは、「同ウイルス株が拡大した過程を注視する必要がある」として、新型インフルエンザへの変異の可能性などに警戒を強めている。
 論文によると、問題のウイルスは、中国・福建省で昨年5月初めて分離された「福建株」と呼ばれるH5N1型ウイルスの変異体。昨年7月~今年6月、中国6省の家きん市場で1294件が検出されたが、昨年10月以降の感染例で検出が急増し、今年4~6月に感染が確認された108例のH5N1型ウイルスでは、103例が福建株だった。
 福建株の感染地域は、香港、ラオス、マレーシア、タイに広がり、中国とタイでは、人への感染も確認されたとしている。
WHO blasts Chinese ministry for not sharing new bird flu strain ... International Herald Tribune, France (フランス) WHO、新鳥フルウイルス株を提供しない中国を非難
 最近研究で明らかになった中国の新鳥フルウイルス株(福建株)の広がりについて、WHOの北京事務所は、中国農業部が家きんで分離されたウイルスをWHOに提供しないと非難した。中国が新規ウイルスを提供しないならば、WHOは中国で発生している鳥フルが古いウイルス株が原因と判断してしまう、とWHO関係者は語っている。
Human Bird Flu Deaths in 2006 Match Previous Two Years Combined  Bloomberg(米) 2006年の鳥インフルエンザによる死亡者数は過去2年の合計に匹敵

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
 鳥インフルエンザによりエジプトで39歳の女性が死亡した。これにより今年の世界での死亡者数は74人となり、過去2年間に報じられた死亡者数の合計と同数となった。

 エジプト厚生省は同国のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株による7番目の死者を確認したと、世界保健機関(WHO)は昨日の声明で述べた。この女性が感染したのは10月30日の死亡の18日前と診断され、9月にナイル三角州の自宅で屠殺を手伝った病気の家禽と関連付けられている。
 病気の鳥はヒトへの感染の可能性を高め、H5N1ウイルスがヒトにとってより危険な形に変化する機会をもたらす。鳥インフルエンザ・ウイルスは今年、4日に1人の割合で人を死亡させていると報じられており、これは2005年の割合の2倍となっている。H5N1ウイルスが容易にヒトの間で感染するようになり殺人的なパンデミックを発生させれば、100万人単位の死亡者が発生することもありえる。
 「家禽の間で感染が広まれば、人間への露出も増します。こうしたヒトへの感染例と死亡者数の増加は、状況が絶え間なく進展していることの印です」と、国連のデヴィッド・ナバロ鳥インフルエンザ・パンデミック問題担当上級調整官は先月のバンコクから電話インタビューで語った。
 H5N1ウイルスは過去3年間で10カ国において256名に感染し、その内152名を死亡させていると、WHOは昨日述べた。昨年は42件の死亡例が確認されており、これは2004年の32件と2003年の4件に続くものである。
 H5N1の症例のほぼ全ては、死んだ鳥や病気の鳥との密接な接触-そうした鳥で遊ぶ子供や鳥の屠殺や羽を毟る大人-に関連付けられていると、WHOはしている。このウイルスは容易にヒトからヒトへ広まることはないが、ヒト-ヒト感染も何件か発生した可能性はある。

急激な拡大

 このウイルスは今年、少なくとも38カ国で野鳥と飼育された家禽の間に広がったと報じられている。世界中で2004年1月以降、2億900万羽以上の家禽がH5N1ウイルスのために死亡または殺処分を受けていると、国連食糧農業機関は6月19日の報告書で述べている。
 「鳥の間でこのウイルスは今も急速に移動しており、養鶏産業に大きな被害を起こしています」と、ナバロ氏は言う。
 「多くの国が鳥インフルエンザ駆逐のために行った努力の結果でも、ヒトへの感染例と死亡例は数カ国にしか限定できませんでした」と同氏は言う。「家禽などの鳥からこのウイルスを駆逐するための一層の努力を費やし、同時にヒトと病気の鳥の接触を減らすようにしなければなりません」

新鳥フル流行の恐れあり ALJAZEERA.NET, SCI-TECH

2006年10月31日(ALJAZEERA.NET, SCI-TECH)

 養鶏場の鳥の予防に用いられるワクチンに反応して、新しい鳥フルウイルス種が変異してFujian-like H5N1が出現現したとホンコンと米国の科学者は報告している。(中略)

Seroconversion(感染または予防接種により血清中に抗体が出現すること)は低いと考えられると報告書では述べている。すなわちヒトの血液中での変異種ではなく、養鶏場のワクチンによる変異種らしい。 
このウイルス種は2005年に発見され、すでに中国本土、ホンコン、タイ、ラオス、マレーシアに広がっている。(中略)

WHOは近い将来こうした鳥フルが人間界に流行する恐れが多分にあり、そのときには世界で数百万人の死亡が出る恐れありとと警告している。

(抄訳原文:中東アルジャジーラ・ネット英語版、文責:広瀬信雄 平成18年11月1日),
Earlier bird flu vaccine 'causes new strain'  Electric New Paper, Singapore (シンガポール) 初期の鳥フルワクチンが新変異株を誘導
 中国での家きんに対するワクチン接種により、ワクチン無効株が選択的に増加してきた。
 この福建株に関して、WHOの報道官は、この変異株が拡大しているという事実はあるが、それが即人にとって危険性が増したということではないとコメントを発表。
 共同研究者である聖ユダ小児研究病院のウエブスター博士は、この変異株は人に感染しているが、容易に感染するようになっているという事実はないと語り、しかし、このウイルスは今後も変異し続けるだろうとも語っている。同博士は(家きんに対する)新規ワクチンを開発する必要があるとも付け加えた。
New bird flu variant doesn't seem to pose greater human health ... CBC News, Canada  (カナダ) 新鳥フル変異株は人への危険性を増してはいない
 WHOとFAOは、中国で見つかったH5N1ウイルスの新規株に関して、人に対する危険性は従来と同じであるという考えを発表した。
Bird Flu Mutates And Gets More Dangerous E Canada Now, Canada  (カナダ) 鳥フル変異、そして危険性が高まる
 ワクチン無効株の誕生。
 中国における家きんへのワクチン投与で十分免疫が出来ていない。そうした中、ワクチン無効株が選択的に増加してきた。
中国で新系統の鳥インフル 家禽ワクチンが拡大要因か USFL.COM  (米国->日本版)
 中国で昨年秋以降、従来と系統がやや異なる高病原性鳥インフルエンザウイルスがアヒルなど家禽(かきん)類の間に定着、人にも感染が広がり始めたとの調査結果を、米セントジュード小児研究病院と香港大のチームが、30日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 流行するウイルスの系統が変わると、対策が複雑になり費用も余分にかかる。チームは、中国政府が昨年秋から全家禽への接種を義務化したワクチンの影響で、特定の系統が優勢になった可能性があると指摘。対策の改善を訴えている。
 チームは昨年7月から今年6月にかけ、中国南部の家禽市場でアヒル、ガチョウ、鶏など約5万3000羽を調査。検出された高病原性のH5N1型ウイルスの大半は、東南アジアから欧州、アフリカに拡大した従来のウイルスとは表面タンパク質などが異なる新たな系統であることを発見した。
 この系統は昨年春に検出され、秋以降急増。今年6月には家禽から検出されるH5N1型の95%を占めた。中国ワクチンのこの系統への効果が低かったため、生き残って増えたと考えられる。
 チームによると既に香港、ラオス、マレーシア、タイの家禽に拡大したほか、昨年11月以降、中国で起きた人への感染約20例のうち、最近の五例がこの系統のウイルスだったことが判明。人への感染力が強い新型インフルエンザに変異する恐れもあるため監視強化が必要と強調している。(共同)
Bird flu mutates, remains pandemic risk Times of India, India (インド) 鳥フル変異、パンデミックの危険性が存続
 福建省株の情報。
Vaccines not effective against new strain of bird flu WOWK, WV (米国) ワクチンが無効な新規鳥フル株が出現
Bird flu mutates to remain a serious pandemic risk TODAYonline, Singapore  (シンガポール) 鳥インフルエンザ、ウイルス変異により重大なパンデミックの危険性が存続
 昨日のロイター報道と同じ内容。
 
 中国における家きんに対するワクチン投与が、ワクチン抵抗株の拡大を促してきたと考えられている。
 家きんに対するワクチン接種の問題がクローズアップされてきた。(ワクチン無効株が選択的に増加してくる)。
TOP