高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
10月31日


Scientists Uncover New Bird Flu Strain Washington Post, United States (米国) 科学者、新規鳥フル株を検出
Scientists Uncover New Bird Flu Strain Wyoming News, WY (米国) 科学者、新規鳥フル株を検出
H5N1 strain could start wave of bird flu outbreaks Reuters.uk, UK  (英国) 新規H5N1ウイルス株が、新たな鳥フル流行を引き起こす可能性

 世界的報道

香港、31日 ロイター

 香港と米国の研究者達が中国で新規H5N1ウイルス株を検出し、東南アジアの家きんで新たな流行を引き起こし、ユーラシア全体に拡大する危険性を警告した。

 新規株は2005年5月に中国の南部福建省で初めて分離されたため”Fujian-like virus(福建株)”と呼ばれ、2005年10月以来中国の6省で拡大しだし、他のH5N1ウイルス株に置き換わってきている。

 この新規株は、中国が2005年9月からH5N1鳥フル防止のために広範囲に家きんに投与しているワクチンに、抵抗性を獲得しているかも知れない、と研究者達は語っている。

 今回の発見に関与している研究者は、香港大学のウイルス学者である Guan Yi とMalik Peiris、米国の聖ユダ小児研究病院のロブ・ウエブスターである。
 ”福建株が増えていることが、2005年10月以来家きんでのH5N1鳥フル流行が拡大している事と、最近の中国における人での感染事例に関与している”、と研究者達は、発表論文の中で言っている(米国で発行のProceedings of the National Academy of Sciences「www.pnas.org」:高水準の科学論文の短報を掲載する、世界的科学雑誌:訳者注)。
 ”この株は既にラオス、マレーシヤ、およびタイの家きんで流行を起こし、そしてタイでは人感染も起こしている。この株は既に3回目の流行を東南アジア全体で引き起こし、ユーラシア全体に拡大する可能性がある”、とさらにコメントしている。

 H5N1鳥フルの最初の流行は、2003年末から2004年にかけてアジアの多くの国で発生した。第2回目の流行は、2005年の5月に中国の青海湖で始まり、その株はその後ヨーロッパの一部、アフリカ、中東に広がった。

 ウイルスは2003年末以来150人以上を殺し、そして現在も鳥の間で拡大し続けている。専門家達は、このウイルスが人人感染を引き起こすように変異し、世界的パンデミックを引き起こし、世界で数百万人の死者を出すことを恐れている。

SUPER STRAIN (スーパー株)

 研究者達は2005年7月から2006年の6月の間、中国の6省の家きん市場で、53200件の糞便検体を、鶏、ガチョウ、アヒルから採取した。これらのうち1294件からH5N1ウイルスが検出された(2.4%)。
 遺伝子学的分析で2005年10月以来、検出H5N1ウイルス株の中で、福建株が有意に全体を占めてきていることが確認され、本年の4月から6月までの間に分離された108株の中では103株が福建株であった。
 ”これはこの新規株が有意に増加してきている明確な証拠と言える”、と香港研究チームのゲイビン・スミス博士は説明する。

 ワクチン接種されている家きんがどの程度、この新規株に抵抗性を示すか検討するために、研究者達は2005年11月から2006年4月までの間、1113羽の鶏から血液を採取した。
 180検体(16%)でしか抗体が検出されなかったが、さらにこの抗体はH5N1ウイルスの従来株には反応したが、福建株には反応しなかった。
 研究者達は、家きんに対する感染株を福建株が占めてきている理由に、中国でのワクチン接種が大きな原因と考えている(従来株は抑えるが新規株には効果を示さないため:訳者注)。
 

Flu Pandemic: Protecting Yourself Toronto Daily News, Canada (カナダ) パンデミック・インフルエンザ:自分自身を守る
 保健専門家達は、パンデミック・インフルエンザの発生は時間の問題だけだと言っている。
 パンデミックは動物だけしか感染しない病原体が、人間に適合し、容易に人の間で感染し出すことによって発生する。人々はほとんど免疫を持っていないため、容易にウイルスは世界中に拡大してゆく。
 専門家達はH5N1ウイルスに最も注目しているが、誰もこのウイルスで、または他のインフルエンザ・ウイルスで何が起きるのか分かっていない。
 メイオ・クリニックの、パンデミック・インフルエンザ対策には、パンデミックの際に如何にしたら危険性を最小限に抑えるか、下記のように記されている。
  *メイオ・クリニック 米国ミネソタ州の世界的に有名な病院

1) Be knowledgeable. Look to reliable sources for information such as the U.S. Department of Health and Human Services, the Centers for Disease, the World Health Organization and Mayo Clinic.
 情報を得ること。米国保健福祉省、米国CDC、WHO、そしてメイオ・クリニック等の信頼性ある発信元からの情報を得ること。
2) Get the standard flu vaccine. It won’t protect you from a pandemic flu virus, but it’s a precaution against simultaneous infections.
 標準的インフルエンザワクチンの接種を受けること。それはパンデミック・インフルエンザ感染を予防しないが、同時に二つのインフルエンザに感染することを予防する。
3) See your doctor within two days after flu symptoms begin. If you have a cough, sore throat, muscle aches or fever of 101 degrees or more, your doctor may be able to prescribe an antiviral drug.
 インフルエンザ症状が出た場合2日以内に病院を受診すること。もし咳、咽頭痛、筋肉痛、または38度以上の発熱を呈した場合、医師は抗インフルエンザ薬の処方をする場合がある。
4) Frequently wash hands or use alcohol-based hand sanitizers. Either helps prevent the spread of infections.
 頻回なる手洗い、またはアルコールを含んだ消毒薬で手指の消毒。両方法とも感染の拡大を防止する。
5) Stay healthy. A healthy body means a strong immune system. Eat a healthy diet, get adequate sleep and exercise.
 健康を保つことに努力する。健康的身体は強力な免疫システムを維持する。健康的食事と、適切な睡眠、そして運動が大切。
6) Consider wearing a face mask in public. It may prevent you from inhaling airborne particles from an infected person’s coughs or sneezes.
 公衆の場ではマスクの着用を考える。 マスク着用で、感染者の咳やクシャミから飛び散る飛沫物を吸い込むことを防ぐことが出来る可能性がある。
7) Be cautious with social contact. If you are sick, avoid public places where you are likely to infect others. If you’re not sick, avoid handshakes or close contact with those who are.
 他の人々との接触に注意を払うこと。 もし発病した場合、他の人々に感染させる可能性ある公衆の場に出ないこと。(パンデミックの間)もし発病していない場合は、発病している人との握手を避け、また接近することも避ける。
8) Think carefully about travel. Influenza viruses spread easily when people are confined to small spaces such as an airplane, train or bus.
 旅行については慎重に。インフルエンザ・ウイルスは機内やバス等の狭い空間に多くの人々が存在する場合、容易に感染拡大する。
9) Use good respiratory etiquette. Cough or sneeze into a facial tissue and wash your hands often.
 咳エチケットを守ること。 咳やクシャミをする場合、顔をティッシュで被うこと。そして十分な手洗いを行う。 
Planners prepare for possible pandemic Stuff.co.nz, New Zealand (ニュージーランド) 保健当局者達、パンデミック・インフルエンザ発生に備える
 WHOがパンデミック・インフルエンザ発生を発表した場合、ニュージーランドは国境を閉鎖する。クライストチャーチ国際空港に到着した旅行客は、軍の兵舎、テント、スポーツスタジアム、およびホテル等に隔離されることが考慮される。カンタベリ地区保健委員会が30日発表した草案による。
 保健当局者は、隔離場所としてホテルが最も適しているとコメントしている。
Seventh Egyptian dies of bird flu - agency Reuters AlertNet, UK  (英国) エジプトで7人目の死者が発生
 30日、エジプトで女性が鳥フルで死亡し、同国での死者数が7人となったと国営通信のMENAが報じた。
 死者は、ナイル・デルタのサマナ町(Nile Delta town of Samanoud)の39歳女性で、家きんの屠殺を行っていた。エジプトでの死者の発生は5月以来初である。
 女性は高熱と呼吸困難で10月4日に病院へ入院した。そして10月12日にカイロの専門病院へ送られ、そこでタミフルによる、鳥フルの治療を受けた。
 同女性は首都の北方にある家庭で11羽のアヒルを飼育していた。発病して入院する前に、2羽が病気になり死亡し、残りを女性が屠殺したとされる。

10月30日

No dead bird found during fifth monitoring on bird flu Azeri Press Agency, Azerbaijan (アゼルバイジャン) 第5回目の野鳥調査で死亡した野鳥は見つからず
 10月25日~29日までの間、アゼルバイジャン各地で野鳥の調査が行われたが、死亡した鳥は見つからなかった。その間41羽の野鳥が捕獲され、その検体についてウイルス検査が行われる。
Bird flu: the front line Times Online, UK  (英国) 鳥インフルエンザ:最前線
 最近の事情。長文。
Glaxo speaks to UK about bird flu vaccine Reuters(英)  グラクソ社、鳥インフルエンザ・ワクチンに関し英国と協議

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 グラクソ・スミス・クライン Plc社は英国政府と全国規模の鳥インフルエンザ・ワクチン接種について協議中である。これはシンガポールと同様の契約を結んだことに続くものであると、英国のタイムズ紙は月曜日(30日)報じた。
 CEOのJ.P.ガーニエ氏はトニー・ブレア首相とゴードン・ブラウン蔵相と、今月会談を持ち同社のH5N1ワクチンを一千万人分単位で備蓄する可能性について話し合ったと、同紙はしている。ただし情報源については述べていない。
 グラクソ社は既にシンガポールと契約を結んでいると、タイムズ紙はしているが詳細は一切明らかにしていない。
 同社はフランスとも契約締結が迫っており、決定はまだ先であるが米国政府とも大規模ワクチン接種プログラムに関し話し合いを持っていると、同紙はしている。
 グラクソ社のスポークスマンは今のところコメントを出していない。
 先週、ヨーロッパ最大の製薬会社である同社は、スイスとの契約に続き人間用の試験ワクチンの政府への提供契約をさらに見込んでいるとしていた。
 スイスの連邦公衆衛生局は、インフルエンザ・パンデミックの際に全国民を防衛するために、800万人分のワクチンを発注した。こうしたパンデミックは、多くの専門家が鳥インフルエンザに寄って引き起こされるかもしれないと恐れている。
 このワクチンはまだ承認を受けていないが、グラクソ社は2006年暮れまでに欧州医薬品庁に申請する予定である。
 英国の人口は約6000万だが、シンガポールは440万人である。

Portsmouth company helping track bird flu Boston Globe(米) (米国) ポーツマスの企業、鳥インフルエンザ追跡に協力
 
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ニューハンプシャー州ポーツマス?ポーツマスのある企業が世界中の鳥インフルエンザ追跡に協力している。
 グローバル・リリーフ・テクノロジー社が開発した技術により、鳥インフルエンザを追跡している関係当局はPDAや携帯コンピュータを使い患者や状況に関する情報を記録・報告する事ができる。データは衛星によって同社本社に送られ即座に分析される。
 国防総省は同社と350万ドルの契約を結び、約120台のPDAを東南アジアで活動中の海兵隊の現場要員に供給する。現場のチームは、発見した死んだ鳥の数やヒトへの鳥インフルエンザ拡大地域などの情報を収集することになる。
 同社CEOのマイケル・グレイ氏は、目的は現在進行している事態をより迅速かつ正確に特定することだと言う。
 チームからの情報は同社が開発したプログラムにより数時間で分析可能で、関係当局は図表や地図を作成し鳥インフルエンザに感染したヒト、流行地域そして感染拡大の速度を示す事ができる。
 今回の協力関係までは、現場要員は鉛筆と紙で情報を集め電話で結果を伝えており分析作業が遅れていたと、同氏は言う。
 「こうしたやり方では時間が余りにもかかりデータが解析されるよりも前に状況が変化してしまいました」と、グレイ氏は述べている。
 グレイ氏はバルカン半島での高速村落評価に関与しており、時に紙ベースの情報が分析もされず書類箱の中に何ヶ月も留まっている様に不満を覚えていた。
 同氏は、アフガニスタンでの人道援助計画策定に関する統合参謀本部と国務省間の連絡役も勤めていた。
 「何らかの分析をしなければ、多くの情報は大して意味がないのです」と、同氏はしている。
 この記事の情報はニューハンプシャー・リーダーから http://www.unionleader.com/
欧米は休日のため報道量は少ない。

Sunday Special: Flu flight path Winnipeg Free Press (subscription), Canada (カナダ) 日曜特集:鳥インフルエンザの飛来経路
 アジアから北米へ渡り鳥が致死的鳥フルを運んでくる、最初の地は遠いアラスカの村だ。
 アラスカ北部の少数のイヌイット達が住む村に、多くの研究者達が渡り鳥の鳥フルウイルス調査にやってきていることを中心にした話題。
                

Tamiflu helped avert outbreak of bird flu Times of India, India (インド) タミフルは鳥フル感染発病予防に効果
 インドの研究者による、この2月に同国で分離されたウイルス遺伝子の研究結果を基にした、タミフルが鳥フル発病に有効であるという話。

Bird Flu: Symptoms and Treatment Information ProgressiveU.org, CA (米国) 鳥フル:症状と治療方法
 鳥フル一般に関するQ&A。

・How does avian influenza spread among birds? 鳥フルは鳥の間でどのように感染する?
 感染した鳥の唾液、鼻からの分泌液、糞便中にウイルスが存在し、そうした物を介して、ウイルスに感受性ある鳥に感染してゆく。家きんなども同じ。
・Do bird flu viruses infect humans? 人に感染するか?
 通常は感染しないが、WHOの報告によると1997年以来百数十人の人々が感染して死亡している。
・How do people become infected with avian influenza viruses? どのようにして人は感染するのか?
 ほとんどのケースは鳥から人への感染であるが、ごく希に人から人へ感染したと考えられる事例がある。しかしさらにそこから人への感染が継続的に広がった事例はない。
・What are the symptoms of avian influenza in humans? 人での症状は?
 典型的インフルエンザ症状(発熱、咳、咽頭痛、筋肉痛)から、目の感染症(結膜炎:訳者注)、肺炎、急性呼吸窮迫症候群のような重症呼吸器疾患、その他の生命に関わる合併症。
・How is avian influenza detected in humans? 人での感染はどのようにして診断するのか?
 検査室での診断。
・What are the implications of avian influenza to human health? 鳥フルの人への健康に対する危険性は?
 2種類の危険性が考えられる。1つは、個人が感染し、時に重症になること、もう1つは、ウイルスが変異して人へ容易に感染する株となること。
・How is avian influenza in humans treated? 人での治療方法は?
 研究室での実験では、処方薬が鳥フルウイルスに効果を持つとされるが、これらの薬はウイルスに対して耐性となる可能性もあるため、必ずしも常に効果を発揮するとは限らない。

Does the current seasonal influenza vaccine protect me from avian influenza? 季節性インフルエンザに対するワクチンは効果を持つ?
 今年度のワクチンにはそのような効果はない。
・Should I wear a surgical mask to prevent exposure to avian influenza? 鳥フル予防のために外科用マスク(サージカルマスク)を着用すべきか?
 最近、マスクをインフルエンザ予防のために常用することは勧められていない。米国内では使い捨て外科用マスクは呼吸器感染症を予防するために保健医療関係者の間で使用されているが、一般公共の場(学校、会社、集会)では使用されていない。
 訳者注:そうした使用方法は無意味だから。具体的に発病している患者の側でケアに当たる間、または感染の可能性ある場所での使用は、他の感染予防方法と組み合わせると意味がある。しかし一般公衆の場での予防には、マスクだけの効果はほとんどないと言われる。顔や着衣、手などにウイルスが付着しているので、洗顔、手洗いなどが重要で、マスクを着用した場合、その着脱の際にウイルスが手に付着するので、脱着した後の手洗い、洗顔等が不可欠となる。最近はむしろ、感染者が咳をしたり、クシャミをする際に、顔面をティッシュで抑えるなど、感染者側の注意の方が重要とされる。また本格的流行の際には、集会への参加を控える等の予防行為の方が意味がある。
 他。


10月29日

特記すべきニュースはなし。6年10月29日 日曜日 6:22:39 AM
10月28日


Migrating flocks declared H5N1-free Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシア:渡り鳥ではH5N1ウイルスは検出されず
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社) 

 過去一年間の森林省による観察研究によって、渡り鳥の群れは鳥インフルエンザ・ウイルス株を運搬していないことが分かった。
 H5N1ウイルスはこれまで家畜化された鳥か飼育されている家禽からしか発見されていないと、森林省の生物資源保護責任者のアディ・サスミヤント氏は述べている。
 同省は鳥インフルエンザに影響を受けやすい地域や集落の渡り鳥や野生の鳥の研究を行ってきた。これは野生の鳥の間での鳥インフルエンザ・ウイルスの流行を明確にするためのものだった。
 「鳥インフルエンザに感染したものが見つかれば即座に殺処分するでしょう。これまで西ジャワ・インドラマユの3羽の飼育されたバリケンを殺処分しています」と同氏は木曜日に語った。
 アディ氏と15人の鳥インフルエンザ専門家からなるチームは、鳥インフルエンザ制圧とパンデミック警戒に関する国家委員会(Komnas FBPI)から独立して活動している。
 アニマル・コンサベーション・ネットワークやバードライフそしてウエットランド・インターナショナルといったNGOは人員を送り込んで、この観察プログラムを支援している。
 「うまくいけば来年は2007国家森林予算から資金が得られます。しかし今回はウエットランド・インターナショナルの資金によっています」と、アディ氏は語る。
 観察チームは集中的な研究を今年1月から9月にかけてヨギャカルタのトリティス海岸とインドラマユのエレタン海岸で行った。
 同チームは鳥を捕獲し血液標本を採りタグを着けた後に解放している。インドラマユで調べた334羽の鳥のうち感染していたのは3羽だけだった。
 「10月から12月に次の段階の観察活動を実施します。実施場所は、サウザンド・アイランドのランバット島、タンゲラン、バンテン、スラバヤのウォノレジョ海岸、西ジャワのグレシク、中央ジャワ・デマックのサユン海岸です」とアディ氏は述べている。
Would Americans Panic In A Flu Pandemic? CBS News, New York (米国) パンデミック・インフルエンザの際、米国人はパニックを起こすか

 ハーバード大学の公衆衛生学部でのアンケート調査に関する話題。

 米国人は、連邦政府の行動計画に従うか否か?
 パンデミックの間、自宅に留まることが可能か?
 一人住まいの老婆やシングルママが発病したときはどうなるのか等。
 行動計画が機能するかどうかに悲観的憶測

 昨日他報道で詳細既報

Red Cross seminar discusses disaster preparedness KGET 17, CA (米国) 赤十字セミナーで災害対策を討議
 パンデミック・インフルエンザを含む災害対策について討議。

Flu clinic and pandemic exercise to be held in Salem WJBDRadio.com, IL  (米国) インフルエンザ外来とパンデミック・インフルエンザ訓練が行われる
 教会でインフルエンザ外来が開かれ、ワクチン接種が行われるが、その際同時にパンデミック・インフルエンザ訓練も行われる、という話題。
Survey: Complying With Flu Plan Would be Struggle for Americans FOX News (米国) 調査:米国民がパンデミック・インフルエンザ計画に従うかかどうかは疑問
 ハーバード大学での調査。昨日他報道で既報済み。米国内で反響を呼んでいる重要情報。
Govt to build plant for bird-flu vaccine Nation Multimedia, Thailand  (タイ) タイ政府、鳥インフルエンザワクチン製造工場設立へ
 タイ公衆衛生相のMongkol na Songkhlaは、季節性インフルエンザと、鳥インフルエンザの世界的パンデミックに備えた人用ワクチンの製造工場の設立計画を、昨日(27日)発表した。
 ”世界のワクチン製造能力は年間わずか3億人分用しかない。万が一パンデミックが発生したとき、誰も我々に提供はしてくれないだろう”、とMongkol は鳥インフルエンザ状況に関する閣議会議の後に語った。
 ”我々は如何にして生き延びる?”、と同相は問う。
 しかしながらワクチン製造工場の設立と、従業員の教育には3~4年要する。
 ”でも、何もせずに様子を見るよりは、それに向かうことの方が良い”、と医科学局のパイジト・バラチト博士は語る。
 年間200万人分のワクチン製造には6億バーツ(18億円)必要だ、と同博士は説明する。公衆衛生省はすでにワクチン製造工場建設に関して中国と話し合い、契約を結んでいた。しかし9月のクーデター後、計画は保留されている。
 独自のワクチン工場を設立するためには、タイはゼロから出発しなければならない、とMongkol相は言う。

 もう一つの公衆衛生省が早急に着手しなければならない課題として、鳥インフルエンザを国家的問題として取り上げ、発生対策の強化を図ることである。
 この2~3週以内に公衆衛生省は、鳥インフルエンザに関して科学的情報を明確にまとめて、閣議を通して政策担当者に示さなければならない。Mongkol相はそのように語っている。
 ”我々は鳥フルワクチンをベトナムのように家きんに対して使用した場合、本当に感染拡大を抑えることが出来るのか、知る必要がある”。
 人や家きんにおける鳥フル事例の報告も、大きな疑問符を呈している。 多くの死亡者の死因は単純に原因不明の重症肺炎とされている。そのように同相は疑問を呈している。
 ”それらは本当に鳥インフルエンザなのだろうか?我々は正確に把握していない。ウイルスは変化している。我々はそれをもっとも恐れている(病原性がどのように変わっているのか分からない)。

 鳥インフルエンザやパンデミック・インフルエンザ対策に国は無関心であったことは、鳥インフルエンザ対策に従事している人々の国家レベルでの会議が、一度たりとも開かれたことはないことからも示されている。
10月27日


Glaxo says more govts plan to buy bird flu vaccine Reuters(英) 更に多くの政府が鳥インフルエンザ・ワクチンを購入の予定と、グラクソ社
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 グラクソ・スミス・クライン Plc社(GSK.L)は同社の鳥インフルエンザのヒト用試験的ワクチンの政府向け供給契約を更に締結する見込みだという。これはスイスと、名前が判明していないアジアの国による購入に続くものである。
 「これからクリスマスまでの間に、ヨーロッパなどの数か国と契約する見込みです」と、ジャン・ピエール・ガーニエ最高経営責任者は業績発表後の電話会見でアナリストに語った。
 このヨーロッパ最大の製薬会社が今月発表したところによると、多くの専門家が鳥インフルエンザによって引き金が引かれるのではないかと恐れているインフルエンザ・パンデミックの際に、全国民を守るためスイスの連邦公衆衛生局がH5N1ワクチンを800万人分発注したという。
 このワクチンはまだ承認されていないが、グラクソ社は2006年暮れまでに欧州医薬品庁に申請する予定である。
 グラクソのワクチンは極めて少量の活性成分しか使用せず、これによって供給を拡大する事ができる。
 世界中の数百万の人間のためにワクチンを生産する競争での主要な問題は?各国政府は備蓄に懸命となっているが?いかにして最低限の量の抗原、つまり活性成分から作るワクチンの量を最大化するかということだ。
 グラクソ社のワクチンは現在広がっている致死性のH5N1鳥インフルエンザウイルスからの防御をもたらすが、変異したウイルス株への効果は確定していない。
 しかし、このワクチンはヒトの免疫システムを起動させその後の改善された適合性を持つワクチンから、より強い効果を得るようにできるかもしれないと、専門家は言う。
 鳥インフルエンザのH5N1ウイルス株はアジアから急速に拡大し、感染した鳥と密な接触を持った150人以上のヒトを死亡させている。
 専門家が恐れているのは、ヒトからヒトへ容易に感染する能力を得たら、これがパンデミックつまり百万人単位でヒトを死亡させる世界的大流行につながりかねないということである。
 サノフィ・アベンティス(SASY.PA)、ノバルティス AG(NOVN.VX)やバクスター・インタ-ナショナル Inc(BAX.N)といった競合他社もパンデミック対策のH5N1ワクチン開発を競っている。

Sparrows found to carry flu virus China Daily, China (中国) 雀も鳥フルウイルスを運ぶ
 中国の研究者達は最近、2年前に雀で致死的H5N1ウイルスを検出していたことを報告した。中国本土で渡り鳥以外の野鳥からウイルスが検出されたのは初めてである。
 中国中央の湖北省のウハンウイルス研究所では、2004年の河南省における鳥フル発生の後、38羽の雀から排泄物を採取し、ウイルス検査を行った。検体のいくつかで致死的H5N1ウイルスが検出されたと研究所のLi Tianxianが語っている。
 ”パニックになる必要はない。2年前の事で、雀に危険性があるという根拠はない”、とLi 氏は語り、さらに2002年に香港、(今年度は)トルコや南アフリカでも雀から同様にウイルスが検出されていることを付け加えた。
 25検体から得られたウイルスは、北京動物研究所と中国科学アカデミーとの共同研究のもとに4株に分類された。
 Li 氏の分析によると、4株全ては新規遺伝子構造をもつH5N1ウイルスで、死亡した雀は見つかっていないと言う。
 鳥フルは主として水棲渡り鳥により伝搬されると考えられているが、今回の発見は非渡り鳥も鳥フル感染源となりうることを示している、とLi 氏は湖北省の” Chutian Metropolitan News ”で語っている。
 現地の報道によると、研究結果は昨年12月に米国の「ウイルス学雑誌」に掲載されたという。
If asked, would you stay home during a flu pandemic? Click 2 Houston.com, TX (米国) パンデミック・インフルエンザの際、求められたら家庭に留まりますか?

 米国人に致死的インフルエンザが拡大してきたとき家庭に留まるかたずねたなら、最初はそのような指示に従うと答える。しかし詳細に調査すると、答えは違うようだ。成人四人に一人は発病したとき家庭で看病してくれる人がいないとこたえる。その答えは、老婆が一人で呼吸困難のためベッドで喘いでいる姿や、子供が泣きじゃくっている側でシングルママが意識を失っている光景を呼び起こす。さらに四人に一人は一週間もの間、仕事を休む余裕はないともこたえている。彼等は家庭にいるようにとの医師の求めに従うだろうか?それともクシャミをしながら職場で同僚と働くだろうか?
 また五人に一人は、職場の上司が彼等が発病し、周辺に感染させる状況でも、職場に来るように指示するだろうと考えている。
 上記は、ハーバード大学の研究者達の調査結果である。

 ”実効性あるインフルエンザ対策のためには、人々が各感染予防対策に応じることの出来る内容にしなければならない”、とハーバード大学の公衆衛生学部の健康施策専門家のロバート・ブレンドン氏が言う。
 同氏は26日、”公衆衛生当局者の会議”で調査結果を発表した。
 ”これは本当に八方ふさがりの状態だ。もし人々が家庭に留まることが出来るように支援できなければ、流行はさらに拡大し続ける”。
 変異しやすい(鳥インフルエンザ)ウイルスが、我々が経験したことがない株に変異することで、パンデミックは容易に発生する。これは前世紀に3回起きた。
 現在警戒されているのは、アジアで発生している鳥インフルエンザが、ウイルスが人人感染を生じるようになり、パンデミックとなるかも知れないことだ。
 ワクチンが作製されるまでパンデミックの拡大を抑えるための戦略として、古典的感染予防対策が考えられる:発病した場合、または感染に暴露した場合家庭に留まる、学校の閉鎖、人混みを避ける(教会、スポーツ観戦、商店街等)。
 これらの対策が良い方向に働くかどうか、また中に悪い結果をもたらす対策があるのかどうか、それは全く分からない。
 そのため政府は今週、この問題に関して討議するために、” Institute of Medicine”に保健専門家、州と地域の当局者、および企業関係者を集めるように求め、”公衆衛生当局者の会議”が開かれた。

 ハーバード大学のブレンドン氏は、彼が調査の対象とした1697人の成人が、パンデミックに関する論議に関心を持っていることと、公衆衛生当局のアドバイスを聞く耳をもっていることに、ある程度の安心感を抱いている。
 パンデミック・インフルエンザを発病した場合、94%は7~10日、家庭にいて他人から遠ざかるとこたえていて、また85%は、家族が発病した場合、そのようにするとこたえている。
 同じように多くの人々は、パンデミック・インフルエンザが流行っている間、地域から出ないようにとの求めに従うとこたえている。
 ほとんどの人々は発病した家族を家庭で看病できると考え、さらに学校が数ヶ月間閉鎖された場合、子供の世話を頼むことが出来る親族や友人が見つけることが出来ると考えている。

 しかしさらに詳細に検討すると、人々は実際には大変な問題が多く存在していることに気づき出す。数百万人の人々は発病したときに看病してもらう知り合いの人間がいない、とブレンドン氏は説明する。地域社会は家庭に対する支援が必要で、それは良く訓練された奉仕団体が関与しなければならない。
 次ぎに生存するための実際的課題が、山積していることに気づかされる。調査対象の40%以上の人々は、おしめ、乳児のミルクや離乳食、または薬品類が、1週間家庭から出られないだけで不足すると言う。
 ブレンドン氏は、職場に対する不安も大きな問題であると言う。多くの人々は給料小切手で生活しており(Many people live paycheck-to-paycheck)、また四分の一の人々は7~10日間家庭にいるだけで職を失うとこたえている。
 職を失っても支払いはあるとこたえているのは、ほんの三分の一の回答者だけである。
 
 上記実態は、危機が実際に発生したとき、いかに人々が理性的に振る舞わないかを、政府が理解する上で重要である、とミネソタ大学の感染症専門家で、政府のインフルエンザ対策顧問である、マイケル・オスターホーム博士は語っている。
 同博士の大きな関心は、”家庭に留まる”という計画は、余りにも単純な発想だということだ。
 ”もし社会が経済的と言う意味で虚脱状態になるのを覚悟するなら、全ての人々に家庭にいるように伝えれば良いが、食料補給に外出する必要のある人もいるだろうし、ゴミを捨てに外に出なければならない場合もあるだろうし、病院は機能し続ける必要はあるだろうし、各種法律も施行し続けられる必要があるだろうし、、それらは社会機能を維持するために必要である。…”
 ハーバード大学の調査は9月28日~10月5日まで、電話で行われた。
10月26日


Study: Wood ducks could be sentinel for H5N1 CIDRAP, MN (米国) 研究:モリガモがH5N1鳥フル発生の見張り番に
 ジョージア大学の研究者達は、各種の野鳥を対象にしたがH5N1ウイルス感染実験で、モリガモとユリカモメが感受性が高く、感染死を起こすことを見いだした。
 これら野鳥の状況を監視することで、H5N1鳥フルウイルスの侵入をいち早く知ることが出来る。
Beat the cold and flu blues South Bend Tribune, IN  (米国) 風邪とインフルエンザを吹き飛ばそう
 米国内で毎年インフルエンザにより20万人以上入院し、36000人死亡している。
 風邪の罹患数は大人で平均年2~4回、子供で6~10回。
 予防のためには頻回な手洗いは効果的手段の一つである。
 インフルエンザ治療薬として4種類あるが、アマンタジンとリマンタジンはウイルスが抵抗性を獲得していることから、CDCでは使用を推奨していない。
 いずれの抗ウイルス薬も発症後48時間以内に服用開始する必要があるが、それらは基本的にハイリスク患者が服用するのが適切と考えられている。
 
Treating flu

Four prescription antiviral medications are approved by the Food and Drug Administration for treating and preventing flu. However, guidelines issued this year by the Centers for Disease Control and Prevention advise against two of them, amantadine and rimantadine, because data indicates influenza viruses are resistant to them.

For any of the drugs to be effective, they must be given within 48 hours of the onset of illness, says Dr. Timothy Wyse, a family physician with Colorado Springs Health Partners. And, he cautions, they're costly. He says they're best-suited for people at high risk of complications who need all they can get in their arsenal against the flu.

Frozen chicken raid nets 20,000 repacked birds The Standard(香港) 冷凍鶏肉の捜査で再包装の鶏肉20,000パックを押収
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 深センの衛生当局は、香港で登録された2件の宝安地区にある食料加工プラントに立ち入り捜査を行い、不正に包装されたと判明した約20,000パックの鶏肉を廃棄した。
 このプラントは賞味期限切れの冷凍鶏肉を再包装し冷凍の新鮮な鶏肉として販売しようとしていたと、水曜日に中国本土で報道があった。
 香港食料環境衛生部のスポークスマンが認めたところでは、この2件は同部が香港への鶏肉供給の登録を受けたプラントに含まれている。
 しかし廃棄された鶏肉は中国国内での消費のためのもので香港向けではなかったとしている。
 特別の安全対策が実施されており香港向けの鶏肉は最初に深センの衛生当局の衛生認証を受けなければならなくなっていると、このスポークスマンは述べている。更に、厳重な査察手順が実施されており「偽装された」鶏肉が香港市場に入ることのないようになっているという。
 しかし同部は、今回の事件に懸念を抱いており深センの衛生当局と討議を持つことになると、このスポークスマンは語っている。
 一方、この2件のプラントへの登録抹消は行われていない。
 深センでの報道によれば、衛生当局が2件のプラントに立ち入り捜査を行ったのは数日前であり20、000パック以上の冷凍鶏肉を廃棄したという。
 ある報道によれば一つのプラントは、香港のあるスーパーマーケットと関連が強いという。
 昨年の鳥インフルエンザ発生期にこの2件のプラントは大量の生きたニワトリを大量に購入して屠殺、価格が上昇した時期に販売しようとしていたという報道もある。
South Korea to take tough measures against bird flu this winter TODAYonline, Singapore (シンガポール) 韓国、冬期間の鳥フル対策を強化
 韓国農業省は冬期間の鳥フル発生を防止するために対策を強化すると発表。

 この11月から2月の間、感染した鳥が輸入されないように検疫とモニターを強化する。農業省によると、中国とタイからの輸入は、両国で鳥フル発生が報じられて以来、輸入が禁止されている。
 海外への旅行者に対して、ハイリスク国からの家きんの持ち込みは禁止される。
 農業省の検疫担当者は全国の国際空港と港湾に配置される。
 もし鳥フル感染家きんが発見された場合は、3キロ以内の地域は隔離され、全ての感染した可能性がある家きんは殺処分される。地域からの家きんの移動は30日間禁止される。
 2003年12月から2004年3月まで、韓国政府は530万羽のアヒルと鶏を、鳥フル拡大防止のために殺処分した。これはYonhapニュースによる。
 現在、冬期間に南に向かう渡り鳥が、ウイルスを韓国内に広げることが懸念されている。
 H5N1鳥フルは2003年以来、世界で150人以上の死亡者を出しているが、韓国内での死者は発生していない。科学者達はこの鳥フルが世界的パンデミックを引き起こし、数百万人の死者数をだすことを懸念している。
10月25日


Bird Flu May Return to Europe in Coming Weeks, UN Agency Says Bloomberg  (国際) この数週間内に、鳥フルがヨーロッパへ戻ってくる可能性がある:国連機関
 来る数週間以内に、H5N1ウイルスを保有するカモ、白鳥、ガンが南方へ渡る途中で、鳥フルがヨーロッパへもたらされる可能性がある。
 2005年末から2006年始めにかけて、ヨーロッパの26ヵ国でH5N1ウイルスが家きんまたは野鳥の間で検出された。それは厳しい冬がロシアとコーカサスに到来し、そのため渡り鳥を南方と西方に追いやる結果になった後である。
 FAOによると、中国とロシアにおけるH5N1鳥フルの再興が、再びこの冬に昨年と同じ状況をもたらす可能性が高いと推測されている。
Study: North American wild bird species transmit bird flu  Xinhua(中国) 北アメリカのある種の野鳥は鳥インフルエンザを感染させるという研究結果
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)


 米国ジョージア大の研究者が火曜日に報告したところによると、普通のアメリカオシドリとワライカモメは高病原性のH5N1鳥インフルエンザ・ウイルスに極めて感染しやすく、同時に他に感染させる可能性もあるという。
 この研究成果はEmerging Infectious Diseases誌の11月号に掲載され、鳥インフルエンザ・ウイルスに感染した際に北アメリカの様々な種の鳥は大きく異なる反応を示すことを示している。ジョージア大獣医学部助教授であり、この研究の共著者であるデヴィッド・ストークネクト氏は、どの種がH5N1ウイルスに感染しやすいかを知ることは北アメリカに鳥インフルエンザが侵入した際の早期検知にとって重要な取組の一つだとしている。
 「野鳥の高病原性H5N1ウイルスを探すならば、アメリカオシドリが死んでいるのを探すことは誠に効率的でしょう。この鳥はワライカモメと同様、非常に感染しやすいと思われるからです」とストークネクト氏は言う。「普通インフルエンザの溜まり場といえば思いつく種?例えばマガモですとか?の中にも、ウイルス発散の強さや広がりが比較的低いものがあるというのも興味深いところです。これはいい知らせかもしれません。というのも高病原性のH5N1ウイルスが北アメリカに侵入しても野鳥の間で生き延びる事が困難かもしれないという事になるからです」
 農業学部の気密処理され生物学的安全性が確保された管理された状況下で作業を行い、研究者たちはどれだけの量のウイルスが数種の野鳥の顔面上や呼吸器を通じ拡散されるかを確定した。
「習性や生息地の利用を考え、最もウイルスを感染させたり北アメリカに持ち込みやすい鳥を選択しました」と、代表著者で博士課程学生のジャスティン・ブラウン博士は述べている。
 研究対象の種は以下の通り:マガモ。北アメリカやユーラシアで普通に広がっている低病原性のインフルエンザ・ウイルス感染する事が多い; 北オナガガモやミカヅキシマアジ。大陸間の長距離の渡りを行う; アメリカホシハジロ。潜水をする種; アメリカオシドリ。 合衆国の北部・南部で繁殖: ワライカモメ。南大西洋からガルフ・コーストまでの地域の海岸で普通に見られる種; ストークネクト氏は、低病原性の鳥インフルエンザの大部分は鳥の顔面に広がっていると説明する。このウイルスはその後に他の鳥が汚染された水を飲むことで拡散する。しかし今回の研究で判ったことは、高病原性のH5N1鳥インフルエンザは鳥が呼吸器を通じてウイルスの大部分を拡散させるということである。
 ストークネクト氏は、こうした知識を基にして科学者は生きている鳥からのウイルス検出する際は鳥の口や喉を綿棒でぬぐうことで効率的に実施できるとしている。
 「鳥インフルエンザの監視は非常に手の込んだものです。それは種によって大きな差があると同時に季節によっても変わってくるからです」と、同氏は言う。だから適切な種を適切な時期に選び適切な標本を採取しなければならないのです」
Fatal Contact: Bird Flu in America DVD Talk, OR  致死的接触:米国に鳥インフルエンザ侵入
 本年、米国ABCネットで流されたテレビ映画がDVDとなって10月31日に発売。その内容を紹介している。
Pandemic Flu Patients Should Stay Home, US Officials May Say Bloomberg (国際) パンデミック・インフルエンザ発生時には家庭内で療養すべきと、米国保健当局者の考え

 保健当局者達は、米国内におけるパンデミック・インフルエンザの拡大を予防するために、患者を病院で治療するのではなく、家庭で療養することの指導を盛り込んだ対策を提案する可能性がある。
 家庭での療養指導の根拠は、個人的接触の制限がパンデミックの進行速度を減じるという、コンピューター・モデルでの解析結果による。
 米国医学施設(U.S. Institute of Medicine)へのアドバイザイザー達は明日ワシントンで会議を開き、この科学的評価は、パンデミックにおける数百万人の米国人の生命を救うことに十分影響する、保健医療上の決定の根拠となり得るか論議する。
 何人かのアドバイザー達は”社会的分離”により、パンデミックの進行が遅れ、その間に保健当局に抗ウイルス薬やワクチンの製造と配布が可能になると考えている。
 ”積極的社会的隔離が効果を持った歴史的事実はある”、と政府のインフルエンザ・アドバイザーでもある、ワシントン大学の疫学研究者のイラ・ロンギニ(Ira Longini)博士が電話取材で19日に答えている。
 ”それは非常に効果的な対策となりえる”
 他の政府へのアドバイザー達は、最新の治療設備で整った病院で治療を受けることに慣れきった米国人は、家庭で待機してタミフル配布、または他の治療を受けることに満足はしないだろうと考えている。
 ”我々が推奨することと、人々が取る行動は異なるのだということを、我々は理解しなければならない”、とミネソタ大学の”感染症研究と対策研究センター”のディレクターであるマイケル・オスターホーム博士は、20日の電話取材で語っている。
 ”我々が人々に家にいるようにいったからといって、人々がそれに従うとは、私は思わない”。

(Institute of Medicine)

 医学施設(Institute of Medicine)はワシントンに基盤を置く国立科学アカデミーの1組織で、米国における重要な医学問題を研究するボランティア委員会を形成する。委員会は医療ミス問題やFAOに対する改善要求などを焦点として討議する。
 致死的H5N1鳥フルがアジア、アフリカ、中東、そしてヨーロッパに拡大している事実から、米国の保健当局者達は、その拡大速度をいかにしたら減じることが出来るのか、対策を考えている。1957年と1968年の中等度のパンデミックでさえ、200万人近い人々が世界で死亡している。その程度のパンデミックですら、病院は患者で溢れかえるだろう。オスターホーム博士はそのように言っている。
 ”パンデミックに際し、病院では多くの患者のケアは無理だろう”、と博士は語る。”我々は既に病院を骨までかじってしまっている(現在の医療だけで病院は疲弊しきっている:訳者注)”。

非現実的

 パンデミックに際し、政府の助言が求められ、そして社会がそれに忠実に従う(自宅療養、社会的分離)と考えるのは、非現実的である。ニュージャージーのWBB Securities Inc.のアナリストである、ステファン・ブロザク氏が語る。
 ”それは、農業経済が中心だった100年前なら考えられただろう”、とブロザク氏は説明する。
 ”我々はこれまで出会ったことがないような、社会的混乱について話しているのだ”、と同氏は言う。
 しかしながら、保健福祉省にパンデミック・インフルエンザに関して助言している国立健康研究所のリチャード・ハチェット博士は、多くの米国人は社会的分離というガイドラインに従うだろうと考えている。
 1918年の世界で5000万人以上もの死者を出した、スペイン・インフルエンザのような重度のパンデミックでは、感染の脅威という理由だけで、患者やその家族を病院や診療所から遠ざけることになるだろう。ハチェット博士は19日の電話取材で答えた。
 患者を自宅に留める方法の1つとして、迅速なタミフル、またはリレンザ、または他の有効な抗インフルエンザの配布がある、と同博士は付け加える。
 ”人々がそれら薬を手にすることに、強い関心を抱く、と私は予想する”、とも博士は語った。

他の論議
 
 その他のパンデミック対策として論じられている課題に関しても、多くの論争がある。例えば、アトランタに本拠を置くCDCは長期間の学校閉鎖という案に関して論議した。それは両親達から多くの非難を浴びることは間違いないと、同センターの”改革と戦略( Strategy and Innovation)”部門のディレクターであるデビット・ベル氏は言っている。
 パンデミックの間、子供達が自宅に留まるとなると、両親には多大の犠牲が強いられる。
 ”前もって綿密に計画されなければ、受け入れられないだろう”、とベル氏は9月に開かれたサンフランシスコの会議で語っている。
 Albuquerqueのサンディア国立研究所の研究者の研究によると、学校の閉鎖、そして子供達を自宅に留めておく対策で、中等度の規模のパンデミックでも90%以上の子供達の感染を防止できると予知している。
 ”一般社会は賢い。十分問題を認識して行動すると思う。我々の為すべき事は、情報を提供して十分事実を認識してもらうことだ”、と彼は語った。
 

10月24日

Bird flu falls off media radar as cases mount Contra Costa Times, CA (米国) 発症例が増加しているにも関わらず、メディアでの鳥フル情報は減少
 10月20日に他報道で既報

 ほんの1年前、米国人はテレビでもインターネットでも、さらに新聞でも、致死的鳥フルによる、最後の審判を予知させる情報を毎日のように目にしていた。
 昨年11月、ブッシュ大統領は議会に72億ドルに上るパンデミック・インフルエンザ対策費(ワクチン作成、抗インフルエンザ薬の備蓄等)を要求した。
 そして現在、この感染症が未だアジアに限定していることや、渡り鳥によりヨーロッパと北米に感染症がもたらされなかった事から、H5N1ウイルスはメディアの関心から消え去ってしまった。報道による情報不足は多くの人々に、パンデミックの脅威が去ったと思わせる結果になっている。

 しかしながら何も本質的には変わっていない。
 今年これまで大雑把に表現すると、4日間に1人づつ鳥フルで死亡している。昨年は9日間に1人のペースだった。これはWHOの統計による。108人の発病者が今年報告されているが、そのうち73人が死亡している。昨年は1年間でそれぞれ97人と42人だった。
……
123 bird flu cases recorded in 14 states The Tide, Nigeria  (ナイジェリア) ナイジェリア、14州で家きんの鳥フル発生が123事例
 本年の2月発生以来。
Global vigilance is needed to counter bird flu, Indonesia causes concern: UN coordinator ... UN News Centre (国連ニュースセンター) 鳥フルの世界的警戒は必要、インドネシアは要注意:国連調整官
 下方のロイターを参照。
London Transport Considers Spraying Disinfectant Throughout Its ... ABC News (国際) ロンドン、地下鉄で消毒剤を散布の計画 
 強力な致死的鳥フルウイルスの出現や、風邪のように手を介して感染する疾患の予防のために、アジアやヨーロッパの公共輸送機関では、新消毒剤の散布を考えている。
 香港では地下鉄車両の室内の表面を消毒剤である、nano silver-titianium dioxide coating, or NSTDCを用いて消毒を試みている。これまで得られた結果では、細菌の60%近くを死滅させるが、ウイルスに関しては不明である。
 香港の地下鉄を運営していて、英国で新規に2路線を開設するMTR Corpの報道官は、公共の乗り物の中は感染症が拡大する代表的場所だ”、と言っている。現在ロンドンの地下鉄での消毒剤の散布を考えている。
 またニューヨークのロッチェスター大学のジョン・トレイナー博士は、ウイルスの中には表面に着いた後、24時間生きているものもあると言う。
 関係者は特に鳥フルウイルスの感染予防効果を期待しているが、データはこれからになる。

 香港では NSTDCは、エスカレーターの手すりや切符販売機などを含む至る所に散布されている。この製品は長期間活性を保ち、3年に1度散布、そして8ヶ月に一度チェックすれば良いとされる。
世界のパンデミック・インフルエンザ・ワクチン製造量増加のための行動計画:WHO
 世界のワクチン製造量を増加させるための行動計画。原文。
More bird flu vaccine capacity urgently needed: WHO Reuters  (国際) WHO:鳥フルワクチンの製造能力を緊急に引き上げる必要がある
 基本的に国内報道の内容。
World can't yet let down its guard on bird flu-UN Reuters AlertNet, UK  (英国) 国連:世界は鳥フルに対する警戒を緩めてはいけない
 国連の「パンデミック・インフルエンザ」主任調整官のデービット・ナバロ氏の記者会見談話。
 同氏は昨年就任した際、鳥フルがパンデミックになり、世界が対策を何も為さなかったら、世界で1億5000万人死亡すると語った。現在も同氏は危機は誇張されていないと考えている。
 ”もし何か発生する危険があると語り、そして近い将来に何も起きなかったなら、人々は、それは誇張されすぎた、という傾向にある”。”私はそれを理解できる。でもある日パンデミック・インフルエンザが発生するだろう。それたいつかは私にも、誰にも分からないだけだ”。”現在間違いのないことは、我々が対策を立てなければならないということである”。
UNITED NATIONS, Oct 23 (Reuters) - The threat of a bird flu pandemic is transforming poultry industry practices around the world, but health officials must remain on high alert for five to 10 more years, a top U.N. official said on Monday.

 The bird flu virus can reside in flocks for long periods of time, showing no symptoms, before spreading to new areas via trade or migration, said Dr. David Nabarro, who heads the U.N. drive to contain the disease in birds and prepare for its possible transformation into a fast-spreading human disease.
 It will also take more than a decade for those raising poultry to make needed changes in the way they operate to keep the disease under control, Nabarro added.
 For now, the disease continues to menace both birds and humans. A total of 256 people have been infected and 151 have died from the disease in nine countries since 2003, according to the Geneva-based World Health Organization.
 In Indonesia alone, a densely populated developing country of 220 million people with a heavy concentration of poultry, the virus has killed 55 people, causing U.N. health officials "very great concern," Nabarro said.
  While Indonesia has taken significant steps to change the way it raises poultry to lower the risk of a pandemic, "still there is such a lot to be done" to ensure both animal and human safety, he said.
 A little over a year ago, new to the job, Nabarro told reporters at U.N. headquarters he feared bird flu could end up killing as many as 150 million people if the world failed to adequately prepare for an expected mutation of the virus, enabling it to easily spread among people.
 Nabarro did not think the crisis had been overblown.
 "When we are saying there is a risk of something bad happening," he said, "if that bad thing doesn't happen in the immediate future after we have said that there is a risk, people are prone to say, 'Well perhaps you've exaggerated.'"
  "I can understand that. However, there will be an influenza pandemic one day. I don't know -- you don't know -- when it is going to be.
 When it does come along, it will have really major economic and social consequences," he said.
 The H5N1 bird flu virus is "extremely vicious" and now affecting poultry around the world except for the Western Hemisphere, he said.
 It kills birds "incredibly rapidly," can infect humans and could mutate to a form that could cause a human pandemic, he said.
 "There are probables in there. There are certainties in there. But the one absolute requirement on the basis of this is, we have to get prepared for the pandemic."



UN says worldwide cooperation may have thwarted bird flu spread E Canada Now, Canada (カナダ) 国連、鳥フル拡大阻止には世界中の協力が必要と本年末から来年初頭にかけて拡大の危険性

UN says worldwide cooperation may have thwarted bird flu spread Raw Story, MA  (米国) 国連、鳥フル拡大阻止には世界中の協力が必要と本年末から来年初頭にかけて拡大の危険性
UN says worldwide cooperation may have thwarted bird flu spread Monsters and Critics.com, UK  (英国) 国連、鳥フル拡大阻止には世界中の協力が必要と本年末から来年初頭にかけて拡大の危険性
 国連の「鳥及び人のインフルエンザ対策」主任調整官であるデービット・ナバロ氏は、致死的インフルエンザウイルス対策で、世界中で公衆と個人との連携が政治的、そして科学的に良く保たれていると語った。
 国連本部での記者会見で同氏は、ミャンマーや北朝鮮のような閉鎖的国家ですら、鳥フルに対して非常に良く対策が為されていると語っている。
 ナバロ氏によると、2006年末から2007年初頭にかけての期間が、世界がH5N1ウイルスをコントロール出来ているか否か、決定される危機的時期とされる。
 同氏はまた、北半球の冬期間、渡り鳥が南方にH5N1ウイルスを運んでくる危険性があるだろうと語った。シベリアから黒海、そして中東、アフリカ。
 ”この渡りは必ずしもパンデミックを起こしはしない”、とナバロ氏は語ったが、鳥フル拡大をモニターしている政府や民間組織の監視態勢をさらに継続することも求めた。
 同氏は、本年、北米は鳥フルの侵入を逃れることが出来たと、楽観的観測を示した。理由はシベリアからアラスカへの渡り鳥に対する米国とカナダの詳細な調査で、致死的ウイルスの拡大が全く示されなかったことによる。.
United States Gives $10 Million To Develop Global Flu Vaccine Washington File, DC (米国政府国際広報) 米国、パンデミック・インフルエンザ・ワクチン製造資金として、WHOに1000万ドルを提供
ワクチン増産へ行動計画 大流行に備えWHO USFL.COM 
 下記と同内容。
ワクチン増産へ行動計画 大流行に備えWHO 東京新聞 
 【ジュネーブ23日共同】世界保健機関(WHO)は23日、インフルエンザの大流行に備えるための行動計画をまとめ、世界人口の約3分の1に当たる20億人以上にワクチンが行き渡る態勢を数年以内につくることを当面の目標に据えた。WHOは医薬品メーカーに生産能力の大幅拡大を求め、各国政府は総額で最大100億ドル(約1兆1200億円)の投資が必要になると試算した。

 行動計画はまた、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスに対するワクチンの開発と製造を急ぐよう呼び掛け、各国・企業がそれぞれ進めている開発計画をWHOが調整し、より効果的なワクチン開発を目指す方針も提案した。

 行動計画によると、現在、世界の医薬品メーカーが季節的に流行するインフルエンザのワクチンを生産する能力は年間3億5000万本分。これを2009年までに7億8000万本分に増強する。

 WHOによると、3種類のウイルスに効くように作られる季節的インフルエンザワクチンと異なり、インフルエンザ大流行時のワクチンは単一のウイルスだけに作用するよう作られるため、製造の手間が大幅に省ける。この増産態勢が確立されれば7億8000万本の3倍に当たる年23億4000万本分のワクチンを製造できる計算だ。

 WHOによると、行動計画に対して米国が1000万ドル、カナダが100万カナダドル(約1億580万円)の拠出を表明、日本政府もユニセフを通じて2000万ドルの資金提供を表明しているという。

10月23日


1mil Tamiflu tablets prepared for bird flu prevention VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナム政府、鳥フル予防用にタミフル100万錠を用意
 ベトナム保健省は20日、鳥フル要用にタミフル100万錠とクロラミンB(塩素系消毒薬)100トンを準備していると発表した。
 保健省は他に、1000台の人工呼吸器、予防衣および手袋、各50万セット等も備蓄したと発表。
猛威の冬拡大懸念 鳥インフル中東、アフリカでも 新型への変異警告 北海道新聞 
 鳥類の病気でありながら人に感染し、時に死につながる高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)。二○○五年までアジア各国に限られていた人への感染が、今年になってから中東・アフリカでも確認されるなど世界的な広がりをみせつつある。野生の鳥や家禽(かきん)への感染も既に五十カ国以上で報告されており、渡り鳥を通じて米国などこれまで感染がなかった地域への上陸も懸念されている。

 ○三年半ばにアジアで発生したH5N1型ウイルスはもともと鳥に大量死をもたらすウイルスだが、感染した鶏と接触する機会が多い農村部で人への感染が確認され死亡するケースが相次いだ。

 ○五年までは中国、ベトナム、タイ、カンボジア、インドネシアとアジア地域だけだったが、今年に入りトルコやエジプトなどに飛び火。世界保健機関(WHO)によると、感染者は十六日現在で累計二百五十六人、うち百五十一人が死亡。

 感染者が着実に増える中、保健関係者を驚かせたのは、インドネシアで今年四月から五月にかけ、鳥から感染した三十七歳の女性からおいの十歳の少年が感染、その少年から三十二歳の父親へ感染したケースだ。

 人から人へ、より感染しやすいウイルスの変異が懸念されたが、遺伝子の解析で否定された。しかし人への感染の機会が増えるにつれ、そうした変異が出現する確率は高まる。

 人類が経験したインフルエンザの世界的な大流行は過去に三回あった。WHOによると、一九一八年に発生したスペイン風邪(死者数四千万-五千万人)、五七年のアジア風邪(同二百万人)、六八年の香港風邪(同百万人)。今回大流行が起こると三カ月以内に全世界に拡大し、死者数は少なくとも二百万-七百四十万人と推計されている。

 WHOは患者発生の通報を各国に義務付けるなど監視態勢を強めている。各国は抗ウイルス剤の備蓄を急ぐとともに、新型インフルエンザの世界的な大流行が起こった際、薬の配布の優先順位や空港閉鎖などの対処方法も検討。

 人への感染を防ぐには鳥での封じ込めが欠かせない。国連のナバロ鳥インフルエンザ問題担当調整官は「動物の健康にも十分注意が払われないと人間にとっても大惨事になる」と警告している。(ワシントン共同)
新型インフルエンザ 日本上陸なら64万人死亡? タミフル500万人分確保 北海道新聞
 新型インフルエンザは海外で鳥インフルエンザウイルスが変異して出現し、やがて日本にも上陸、最悪で約六十四万人が死亡する-。こう想定する厚生労働省は、海外での鳥ウイルス流行を「これまでに経験したことがない状況」(滝本浩司感染症情報管理室長)と警戒。抗ウイルス薬タミフルをこれまでに五百万人分確保するなど、対策を急いでいる。

 昨年十一月にまとまった政府の新型インフルエンザ対策行動計画によると、タミフルの備蓄目標は、国と都道府県が千五十万人分ずつと国内市場四百万人分の計二千五百万人分。国の備蓄は八月末までに五百万人分が終わり、年内に二百五十万人分、二○○七年度に三百万人分を確保の予定。都道府県分も○七年度までに確保するという。

 対策のもう一つの柱は、予防や症状軽減の効果が期待されるワクチン。高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を使ったワクチンを国立感染症研究所などが開発、大規模臨床試験と並行して、九月から製造が始まった。年度内に一千万人分を製造することを目標にしている。

 これまでの臨床試験では安全性で大きな問題はなく、免疫効果が確認された。しかし、実際に新型が発生した場合の効果は未知数。接種対象者の絞り込みも、これからだ。
Project Could Help Pets Serve As Disease Watchdogs  eMaxHealth.com(米) ペットを疾病監視に利用するプロジェクト
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 「全米の家庭の約40%にいる1億5000万以上の犬・猫・飼い鳥の問題を素早く検知できれば、その疾病がヒトの間に広がることを食い止める可能性が増すのです」

ペットと疾病

 ペットの医療記録を利用する全国的な監視ネットワークによって、鳥インフルエンザなど広範囲の新興疾病によるヒトと動物への脅威へ準備する事ができると、パーデュー大獣医学教室の獣医学者は述べている。
 全国ペット監視プログラムは、元来は炭そ菌やペストの発生の可能性について警告を発するためのものだった。このプログラムの分析による新たな成果は、Vector borne and Zoonotic diseases誌最新号で詳述されている。この医学誌は疾病の、蚊などの媒介動物による感染や動物から直接の感染に焦点を当てているものである。
 同獣医学教室のラリー・グリックマン疫学教授は、全国規模の動物病院チェーンの動物病院バンフィールドと協力して全国ペット監視プログラムを計画した。2002年から2004年にわたり、1000万通以上のペットの記録について分析を実施して疾病発生を監視するためにはどのようにデータベースを使えばいいかを決定した。
 「分析的手法を使いワクチン開発の必要がある地理的な領域を特定できるということが分かりました」と、グリックマン氏は言う。「こうした早期警報は、鳥インフルエンザなどのヒトに感染しうる疾病の拡大防止に重要となるでしょう。全米の家庭の約40%にいる1億5000万以上の犬・猫・飼い鳥の問題を素早く検知できれば、その疾病がヒトの間に広がることを食い止める可能性が増すのです」
 この研究報告の著者はグリックマン氏を初めとする、パーデュー大獣医学教室のジョージ・ E.ムーア、ニタ・W.グリックマン、リチャード・J.カルダナロ、VCA Antech Diagnosticsのデヴィッド・オウコイン、動物病院バンフィールドのヒュー・B.ルイスの諸氏である。
 この研究者たちは、44州にある500以上のバンフィールド病院で毎週治療を受ける8万以上のペットからデータを収集した。追加データにはVCA Antech Diagnosticsからの報告が含まれている。同社は18000以上の開業獣医が利用している全国規模の検査施設ネットワークである。
 診療記録はパーデュー大に移送され、ヒューストンのコンサルティング会社であるCOMSYS Information Technologyの協力で分析用に蓄積・変換された。
 こうしたデータを基に、研究者は下記のような結果を見出した。

 ・ ヒトのライム病発生と比較した場合、ノミとダニのペットへの侵襲との間に明確な関連性のパターンがあった。2ヶ月のタイムラグがあり、より暖かくなってからピークが訪れるのである。こうした情報で獣医は動物からヒトへの異常な疾病感染の発生を知り治療手段を整える事ができる。公衆衛生職員も警告を受けタイムリーな情報を社会に提供し影響を受けた地域のダニ駆除を行う事ができる。更にこうした標本を使用しロッキー山紅斑熱のようなノミ・ダニによりヒトに感染しうる様々な疾病のプロファイリングができる。
 ・ 2002年から2004年の間で、犬レプトスピラ症という疾病の検査結果の陽性反応は3.3%増だった。レプトスピラ症は犬からヒトに感染しうる。この疾病は現在、犬の急性腎臓障害の最大の原因で肝臓にも被害をもたらしうる。早期に診断を受け抗生物質を投与されれば、動物もヒトも大部分はレプトスピラ症から回復できる。この研究により、レプトスピラ症の新たな菌株を標的としたワクチン開発への早期の警報と手がかりを作り出せるようになる。このデータは過去10年の同疾病の増加も記録している。これは恐らく、犬とアライグマのような野性動物の接触が増加したことと関連するのだろうと、グリックマン氏は述べている。
 ・ バンフィールドが多くの病院を持つワシントンD.C.地区における猫のインフルエンザ様の症例数とヒトの同様の症状の数の相関関係がある。このパターンが示すものは、猫とヒトにおけるインフルエンザの環境的原因は共通するものだということだ。この成果により、パーデュー大の研究者のある種の能力の重要さがよく判る。それは疾病を地理的な区分ごとに追跡しペットに発生した出来事の統計的な集団を検知することである。これは鳥の渡りやバイオテロリズムによる鳥インフルエンザの侵入のような、新しいウイルスの合衆国への襲来の合図となりうる。

 「こうした動物を感染病原体の番人として使い、ヒトでの疾病発生を予言しうるかもしれないのだということを示したいのです」と、グリックマン氏は言う。「長期的な目標としては、他のペット医療関係者や動物検査データ業者と協力して包括的なシステムを作ることです。そうしたシステムは国家的なシステムとなり、実地的な獣医学や動物公衆衛生の実践を進めることになるでしょう」
 現在の研究活動で、パーデュー大の研究者は猫の鳥インフルエンザを観察する方法を調べている。バンフィールドとの協力で犬インフルエンザの発生の早期警報システムを開発した。このインフルエンザは、最近馬から犬へ感染したと思われるウイルスによるものだ。事前に決めておいた医学的兆候を示している犬がバンフィールド病院に来れば、その病院のコンピュータがモニターにフラッシュ信号を出して医師にウイルスの特定のためにどういった検体を犬から採取すべきかアドバイスする情報を表示する。同様のリアルタイム監視システムを使用しペットの鳥や猫の鳥インフルエンザを特定することもできるだろうと、グリックマン氏はしている。
 「鳥インフルエンザは動物医療の『黒死病』となりえます。しかし、早期発見とワクチン開発を通じて攻めの姿勢が取れるのです」と、グリックマン氏は述べる。「ペット用のこうした報告システムにより、獣医師の教育と一般市民の支援がおこなえるのです。人間の医療においても、更に集中化・調整化された医療提供システムで何が可能になるかを示してくれるでしょう」

Queensland Government publishes pandemic-related business continuity resources  Continuity Central(英) クイーンズランド州政府がパンデミック関連の業務継続資料を発行
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 クイーンズランド州政府首相のピーター・ビーティー氏は本日(10月20日)、クイーンズランド州政府のパンデミック・インフルエンザ向け行動計画と関連する業務継続計画策定情報を発表した。同氏は1170万ドルの災害管理・衛生要員用の予算の追加も発表した。
 「世界中で鳥インフルエンザ発生が増加し、『インフルエンザ・パンデミックが人間の衛生にもたらす』脅威への地域社会の懸念と報道の関心が増しています」と、ビーティー氏は語った。
 「今後の試練に関し今回、政府の全対応を詳細に説明し第一線で支援を必要とする主要スタッフに更なる資源を与えるための追加予算を支持します」
 「重要なことですが、この文書は高レベルの多省庁間クイーンズランド・タスクフォースと諸機関で策定済みの詳細な計画作成を補足するもので、かつてない規模の政府全体の対応準備を構成するものです」
 「主要機関の役割と責任を概説した計画と手順書、そして重要なことですが地域社会が対応準備のためにできる事が決めてあります。これはクイーンズランド州の商業・産業・個人に関して政府・非政府の両部門のことが含まれています」
 今週ブリスベーンで世界最大規模とされるパンデミック・インフルエンザのシミュレーション訓練も実施され、インフルエンザ・パンデ ミックへのオーストラリアの対応力を試験した。
 「今週のカンプストン訓練で全国のパートナーと共に示したように、法的な権限を整備して、こうした公衆衛生上の非常事態に対応します」とビーティー氏は述べている。
 州議会は公衆衛生法2005を通過させて公衆衛生部門の権限を明確化・強化して、クイーンズランド州のインフルエンザ・パンデミックへの対応を増強している。
 「こうした対応全て-今週の訓練、計画、新規予算そして法整備-によって、クイーンズランド州のパンデミック・インフルエンザ対応の準備は遥かに改善されるのです」と、同首相は述べている。
 「クイーンズランド州市民と企業に対し、情報を熟知しインフルエンザ・パンデミック発生の際の対応と業務継続の戦略を準備するように呼びかけます」
 「行動計画と事業継続計画策定情報は、クイーンズランド州政府サイト(http://www.qld.gov.au/services_for_queenslanders/health_and_communities/avian/index_avian.html)でみる事ができる。
10月22日


It's a dirty job, but Webster is doing it Columbus Ledger-Enquirer, GA  (米国) 汚い仕事だけど、ウエブスターは行ってきた
 米国聖ユダ小児研究病院の世界的ウイルス学者であるウエブスター博士の、渡り鳥が保有しているインフルエンザウイルス研究についての記事。
Deadly Bird Flu Not Forgotten By US Health Officials International News Service, Australia  (オーストラリア) 米国保健当局:致死的鳥フルの脅威は去ってはいない
 10月20日に報道済み。全訳したものを掲載。
Media attention drops, but avian flu threat spreads Kentucky.com, KY  (米国) 鳥フルに対するメディアの関心は薄れているが、脅威は広がっている
 10月20日に報道済み。全訳したものを掲載。
Poultry farmers warned of bird flu after water declines ThaisNews(タイ) 洪水後の鳥インフルエンザの警告を受ける養鶏農家
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 家畜開発部の事務総長は、洪水被害を受けた県の家畜担当職員に対し11月末に洪水が引いたら殺菌消毒薬を散布し鳥インフルエンザの予防を行うように指示した。
 家畜開発部・事務総長のユコル・リムラエムトング氏はチームを率いてアユタヤ中央部のタンボン・タンプリーの農家を訪問し飼料を供給した。農家の80%はイスラム系のタイ人で輸出用の牛や山羊を育てている。洪水の間、2,000頭の牛をアユタヤ-アングソン道路沿いの土溝の背後の場所へ移動させた。
 同事務総長は北部・中央部・北東部の飼育動物の大部分に洪水が影響していると言う。56,308人の農家と270万の動物が影響を受けているが、その内240万は家禽である。家畜開発部は農家に1,000トンの干し草を与え、更に1,000トンを中央部への供給のために準備している。別に1,000トンが南部への供給のために蓄えられている。
 ユコル氏は、こうした地域の家畜開発担当職員全員に機動医療チームを浸水した地域に送るようにも命令している。同時にこれから再び洪水が発生した時に動物を農家が避難させられるように高地を特定したゾーニングを行うように命令している。また獣医を招集し動物の治療を行わせる予定である。
 しかし洪水が引いた後の最も憂慮される問題は、鳥インフルエンザの再来である。その頃には冬が到来しており浸水した地域は昨年鳥インフルエンザが襲来した地域と同一だからである。結果として、ユコル氏は住民と全養鶏農家に、水が引いた後は飼育場に殺菌剤を配布し消毒するように協力を呼びかけている。
Indonesia says fewer bird flu endemic provinces Reuters.uk, UK  (英国) インドネシア、鳥フル発生地域が減少と

 21日、インドネシア保健省は、この半年間で鳥フルが発生している地域がほぼ半減したと発表。しかしながら最も人口が集中しているジャワ島での発生は続いている。
 ”家きんでの鳥フル発生が報告されていた州は30あったが、この6ヶ月間、そのうち14州からの発生報告がなかった”、と「国家鳥フルコントロールおよびパンデミック・インフルエンザ対策委員会」のBayu Krisnamurthi委員長が電話取材で語った。
 同委員長によるとFAOの定義では、地域で3ヶ月間発生が無ければ、その地域から鳥フルウイルスが消失したとされる。
 同委員長はジャワ島の6州では、いまだ発生が続いているという。
 インドネシアの33州のうち3州でウイルス感染が、過去に1度も起きてなく、人の感染が起きていないのは21州である。そのように委員長は追加した。

 2003年以来(アジアの家きんで発生して以来)151人の人々が世界で鳥フルで死亡している。科学者達は、現在のH5N1ウイルスが人人感染を容易に起こし、数百万人以上世界で死亡者を出す可能性のある、パンデミックとなるウイルスに変異することを恐れている。
 死亡者数が増え続けているにも関わらず、インドネシア政府は家きんの大量殺処分に抵抗している。理由は報償費の問題と、2億2000万人という多くの人々が住むこの発展途上国では、鳥フルの問題はそれほど優先されないということからである。
  しかしながら、鳥フルに関連する省の大臣達は20日、市街地での家きんの放し飼いを禁止する方針を決めた。
 FAOの地域代表であるHiroyuki Konuma氏は20日、バンコクの記者会見で、インドネシアの状況を特に懸念していると語った。
 ”現在、ウイルスは広範囲に広がっている”、と同氏は語っている。
 17000の島から構成され、無数の民族と言語が混在する、貧しいインドネシアでの鳥フル拡大対策は非常に困難な状況下にある。

 
10月21日

Bird flu infected provinces in Indonesia drop to 14: official  People's Daily Online(中国) インドネシアで鳥インフルエンザに感染の州の数は14減少
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 インドネシアで鳥インフルエンザに感染している州の数は30から14も減少したと、政府筋は土曜日(21日)語った。

 これらの14州は過去6ヶ月間で鳥インフルエンザ・ウイルス制圧を宣言したと、アンタラ通信社は「鳥インフルエンザ制圧とパンデミック警戒に関する国家委員会」上級委員のバユ・クリスナムルシ氏の発言を伝えている。
 鳥インフルエンザから脱却した州としては、南カリマンタン、西カリマンタン、ナングロ、アチェ・ダルサラーム、西スマトラ、西ヌサ・テンガラそして西スラウェシなどがある。
 鳥インフルエンザの症例は、南カリマンタン、バンカ・ベリタン、リアウ、ジャンビ、東カリマンタン、リアウ島そして西イリアン・ジャヤでも見つかっていない。
 厚生相のシティ・ファディラ氏は、こうした進展は鳥インフルエンザのヒトへの感染予防の励みとなるものだとしている。
 「問題は家禽です。家禽の鳥インフルエンザ感染を管理できれば、このウイルスはヒトに感染しないでしょう」と、同相はしている。
 2005年7月から2006年10月17日の間にインドネシアでは72例の鳥インフルエンザ感染が発生し、鳥インフルエンザ・ウイルスによりこれまで感染した55名が死亡している。
 鳥インフルエンザ・ウイルスによる症例死亡率(CFR)は76.39%に達していると、同氏は述べている。
 この致死的な疾病と取り組むために、インドネシア政府はオセルタミビル(タミフル)を全国の多くの病院に配布している。

Singapore Revises Pandemic Flu Plan  Center for Biosecurity (米国、ピッツバーグ大学) シンガポール:H5N1鳥インフルエンザ ヒト感染症対策のポリシー変更

訳 by Yasumitsu OKUBO MD. Ph.D.

【 シンガポール:H5N1鳥インフルエンザ ヒト感染症対策のポリシー変更】 10月14日

10月9日付Channel News Asiaの報じるところでは、シンガポール政府は今年行われたパンデミックに対する演習スパローヘッド1及び2の結果を受けてパンデミックに対する政策に変更を加えた。 変更の要点は以下の通り

(1)原案では18の公的な基幹病院でトリアージを行うこととしていたが、改定案では1000以上の診療所(原文primary care clinics)でもトリアージを行う。 これは大半のシンガポール国民は、インフルエンザなどの急性発熱ではかかりつけ医をまず受診することを受けての変更。

(2)原案では公的基幹病院で全てのインフルエンザ症例を加療し、インフルエンザ以外の疾患で公的病院を受診した患者は全て私立病院に受診替え(原文diverted to private hospitals)させることとしていたが、公的病院に加え私立病院でもインフルエンザに対する加療を行う。 実際上、インフルエンザとそれ以外の疾患をパンデミック期に完全に弁別することが不可能であることを受けての変更。

(3)各々の病院には、インフルエンザ専任のICTを置きインフルエンザ治療のみに専念させる。原案では病院職員全てに標準的な教育を行うこととしていた。 全職員に高度なトレーニングを施し、これを維持し即応性を確保することが不可能と判断されたことを受けての変更。

ソース:

http://www.upmc-biosecurity.org/website/biosecurity_briefing/index.html#biobrief101306_3
http://www.channelnewsasia.com/stories/singaporelocalnews/view/234564/1/.html


Bird Flu Vaccine May Hit Many Strains Washington Post, United States (米国) 鳥フルワクチンは多くの株に対して有効の可能性
 19日版、同日他報道により既報済み。

 人での臨床試験で得られたデータから、ベトナムで分離されたH5N1ウイルス亜型株で作成されたワクチンが、他の国で分離された亜型株を中和出来る抗体を産生出来ることが確認された、とワクチンメーカーから発表された。

 この初期的研究における結果は、古いH5N1ウイルス株で作成されたワクチンが、将来パンデミックを引き起こす変異株に対しても有効である可能性を示唆する希望を提示した。
 
 サノフィ・パスツール社は300人のボランティアを対象に、2004年にベトナムで分離されたH5N1ウイルス株で作成されたワクチンの臨床試験を行っているが、今回、同株で免疫されたボランティアの血中の抗体を、トルコとインドネシアで分離されたH5N1ウイルス株と反応させたところ、抗体はそれらウイルスを中和することが確認された。この事実により、ワクチンによる交差予防(cross-protection)という手段が可能であることが示唆された。
 ”これはワクチン開発の上での重大な発見だ”、とWHOの「パンデミック・インフルエンザ・ワクチン」担当責任者のクラウス・ストー博士はコメントしている。
 ストー博士はマウスやフェレットの動物実験で交差予防(cross-protection)の可能性は指摘されているが、人での確認は初めてである、と語った。

 H5N1鳥インフルエンザウイルスは、アジアで2003年末から蔓延している。昨年、それはヨーロッパとアフリカへ拡大した。インフルエンザ専門家達は、このウイルスが次のパンデミック・インフルエンザの筆頭候補であると信じている。これまでWHOは世界で151人の死亡者を確認している。

 十数社の企業がベトナムで2004年に分離された株を用いて、パンデミック・インフルエンザ用のワクチンを開発している。
 しかしながら、これらワクチンがパンデミックを実際に引き起こす新規ウイルス(変異ウイルス)に対して有効であるかどうかの確認が必要となる。
 ”我々は現在、交差予防(cross-protection)に関して何らかの総括的コメントを出せるだけの十分な情報を持ち合わせていない”、とロッチェスター大学のインフルエンザワクチン専門家であるホン・トレノール博士はコメントする。しかし、サノフィ・パスツール社の初期研究結果は、政府にワクチン備蓄の投資に対する根拠となりえるだろう、と付け加えた。
 ”これはワクチンの備蓄が意味をもつことを我々に示唆している”、とストー博士は語った。”これは我々にパンデミック・インフルエンザに対する別なアプローチを示している”、と同博士は、パンデミック株が現れ、それに対するワクチンを接種する前に、プレ・パンデミック・ワクチンを人々に投与しておく意義がある可能性について語った。
 しかしながら、いまだ、他のH5N1ウイルス株にも有効なH5N1ワクチンが、パンデミックに対し予防効果を発揮するという保証はない。このようなワクチンは、他のインフルエンザ株に対して予防効果は発揮しないだろうから(H5N1ウイルス以外の株がパンデミックを起こしたら効果はない:訳者注)。
 ”次期のパンデミックがH5亜型で始まるかについては、誰も分からない”、とヨーロッパCDCのインフルエンザ対策調整責任者のアンガス・ニコル博士は語っている。
 ”(この種のワクチンの備蓄)それは非常にリスクの伴う判断だ。交差予防(cross-protection)を持つワクチンを製造し、備蓄することが、現在の最終的判断とはならない”、と同博士は付け加えた。


UN Official Praises Asia's Bird Flu Efforts Voice of America (米国) 国連当局者、アジアでの鳥フル対策を賞賛
 国連の鳥フル対策責任者が、アジア地域における鳥フル対策は強化されてきているが、多くの州で鳥フル発生が報告されているインドネネシアに対しては、さらなる支援が必要であると語った。
UN Health Expert: Bird Flu Fight Must Be On Community Level CattleNetwork.com, KS (米国) 国連保健専門家:鳥フル対策はコミュニティー・レベルで

 国連はアジア各国に対して、地域社会レベルの鳥フルパンデミック対策のための支援を行うと、20日、国連の保健担当高官が語った。
 ”我々は地域社会が自ら、鳥フル及び発生の可能性あるパンデミックに対して防衛出来る態勢づくりを、各国政府に協力して支援してゆく”、と国連の「鳥フル及びパンデミック・インフルエンザ」対策調整官のデービット・ナバロ氏が、バンコクの国連事務所で開かれた会議の記者会見で語った。
 同氏は先にインドネシア、オーストラリア、ミャンマー、そしてカンボジアを訪問しているが、致死的H5N1ウイルスは多くが家きんに感染しているが、変異して人のパンデミック・インフルエンザを発生する危険性がある、と語った。

 WHOの東南アジア事務所の高官であるモーリーン・バーミンガム氏は、国連は各国政府と共に、その保健システムを大幅に改善してゆく予定である、と語った。特に監視態勢、初期の警戒態勢、死亡率減少のための医療スタッフのトレーニング等。
 同氏は、地域社会における鳥フル発生のコントロールを行う保健ボランティアを養成すると語り、タイの例を引き合いに出した。タイでは80万人の保健ボランティアが村人達を指導するためのトレーニングを受けている。

 WHOによると、H5N1ウイルスは2003年家きんで流行が始まって以来、すでに世界で151人の人々を殺している。インドネシアはその三分の一を占め、国中で55人が死亡している。
 FAOのアジア太平洋地域副責任者のHiroyuki Konuma氏は、インドネシアでは田舎の人々が状況を十分理解していないので、心配だと語っている。
 14000の島からなる各地域では言語も異なり、村人達を教育するのも難しい、と同氏は説明する。

 ナバロ氏は、ミャンマーの軍事政権を褒め、鳥フル対策で国連と極めて良好な協力関係を築き、一貫した国家的権限で対処している、と語った。

 

Experts warn Vietnam of winter bird flu threat Thanh Nien Daily, Vietnam (ベトナム) 専門家、ベトナムの冬期間に鳥フル発生の危険性を警告
 H5N1ウイルスは冬期間に活性化することから、ベトナムおよび周辺の各国は、鳥フル発生に警戒する必要があると、タイの国連事務所で開かれた会議で専門家達が警告した。
Nigeria: 700,000 Birds Culled Since Bird Flu Outbreak - WHO AllAfrica.com, Washington (米国) ナイジェリア: 鳥フル発生以来70万羽の家きんが殺処分に-WHO
10月20日


Illegal immigrants with bird flu symptoms in Greece MRT online, Macedonia  (マケドニア) 鳥フル症状を呈するギリシャへの不法入国者4人が隔離
 4人のインドからギリシャへの不法入国者が鳥フル症状で、Syros島の病院で隔離された。
 検査結果は20日遅くに判明と。
Single Injection of Vical's Avian Flu DNA Vaccine Provides 100% ... Genetic Engineering News (press release), NY (米国) Vical社のDNAワクチンが1回投与で100%効果と
 通常2回ないし3回投与が必要なワクチンであるが、Vical社が2004年にベトナムで分離されたH5N1ウイルスに対して作成したDNAワクチンが、フェレットを用いた実験で、1回投与で致死的H5N1ウイルスの接種に対して100%の予防効果を示した。
 ウイルスの核蛋白(NP)とイオン・チャネル蛋白(M2)、およびH5ウイルス表面蛋白に対するDNAワクチンに、同社がパテントを保有するVaxfectin(TM)アジュバントを配合している。
Indonesia says it will separate poultry from residential areas in ... China Post, Taiwan (台湾) インドネシア、住居地区から家きんを分離と
 家きん類のケージ内での飼育に。放し飼いが見つかったら当局が没収。

Bird flu-hit Indonesia to ban city backyard poultry Reuters.uk, UK  (英国) インドネシア、市街地域での家きんの屋外放し飼いを禁止に

 世界で最も鳥フルによる死者数の多いインドネシアは、市街地で鶏や他の家きんの屋外放し飼いを禁じる法的整備をする。関係省庁が20日発表した。
 タイや香港では市街地での家きん飼育を禁止する法律が制定されている。我々も同じような法律を間もなく制定する。インドネシア保健省大臣ののシチ・ファディラ氏はそのように語ったが、明確な期日については言及しなかった。
 同大臣は人と家きんを分離しなければならないと、個人的に考えていると語った。
 インドネシアは人での発病死者数が増加し続けているにも関わらず、鳥フル発生地における家きんの大量殺処分に抵抗を示している。理由は2億2000万人の人口の発展途上国では、補償費の捻出が困難で、また実行も不能(住民が反対する)という理由からである。 

Vietnam prepares for possible H5N1 pandemic VietNamNet Bridge, Vietnam  (ベトナム) ベトナム、H5N1パンデミックに態勢強化
 公衆衛生省が模擬訓練。
Ducks die en mass in Vietnam's central highland province People's Daily Online(中国) ベトナム中央部の高原地帯でアヒルが大量死
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナム中央の高原地帯であるラムドン省で数百羽のアヒルが原因不明の死を遂げたと、ベトナム通信社は報じている。
 ドゥクチャン地区の農場のアヒルが、頭部と目の浮腫や下痢といった症状を見せて死亡している。現地の動物衛生機関は、鳥インフルエンザ予防のため4000羽のアヒル全てを殺処分した。
 鳥インフルエンザはベトナムに10月に再来する可能性がある。それは、この時期は気候が鳥インフルエンザの拡大に適しているためだと、ベトナム農業・地方開発省下の動物衛生部はしている。
 鳥インフルエンザの発生は、ベトナムでは2003年12月に始まったが、数千万羽の家禽の死亡と強制的な殺処分につながった。これ迄のところ同国の家禽の間の鳥インフルエンザの発生は2005年12月が最後となっていると、同省はしている。
Deadly bird flu not forgotten by US health officials Biloxi Sun Herald,  USA  米国保健当局者達:致死的鳥フルの脅威は去ってはいない
 この記事は全米報道
 ほんの1年前、米国人はテレビでもインターネットでも、さらに新聞でも、致死的鳥フルによる、最後の審判を予知させる情報を毎日のように目にしていた。
 昨年11月、ブッシュ大統領は議会に72億ドルに上るパンデミック・インフルエンザ対策費(ワクチン作成、抗インフルエンザ薬の備蓄等)を要求した。
 そして現在、この感染症が未だアジアに限定していることや、渡り鳥によりヨーロッパと北米に感染症がもたらされなかった事から、H5N1ウイルスはメディアの関心から消え去ってしまった。報道による情報不足は多くの人々に、パンデミックの脅威が去ったと思わせる結果になっている。

 しかしながら何も本質的には変わっていない。
 今年これまで大雑把に表現すると、4日間に1人づつ鳥フルで死亡している。昨年は9日間に1人のペースだった。これはWHOの統計による。108人の発病者が今年報告されているが、そのうち73人が死亡している。昨年は1年間でそれぞれ97人と42人だった。
 ”我々は以前と変わりなく危惧している”、とミネソタ大学の「感染症研究及び対策センター」長のマイケル・オスターホーム博士は語る。

 鳥フルは現在まで主として動物から動物へ感染している。ほとんどは鳥の間で起きている。人は感染した動物(全て家きんである:訳者)との接触で発病しているが、時として、孤立した事例ではあるが、人の間でも感染が生じている。
 ウイルスが米国に侵入していないという事実は、必ずしも米国人に安心感をもたらしはしない。なぜならばウイルスは変異する可能性が高く、そうなると容易に人人感染を生じるようになり、その拡大には国境の存在は関係無くなるからだ。
 ほとんどの鳥フルによる死亡はアジアに限局している。アジアには数十億羽に上る野鳥、家きん、そして人々が濃厚に接触しながら生活していて、それが人に感染する機会を多くしている。
 家きんの間で蔓延し続ける鳥フル対策に追われ続けているインドネシアは、世界の鳥フル発生ホットスポットになっている。今週だけで3人死亡し、今年度の患者数は53人、そして死者数は43人となっている。
 今月初め、国連のFAOは、インドネシアで家きんに感染しているウイルスを分析し、より毒性の高い株に変異していないことを発表している。しかしながらインドネシアでは人人感染を生じた集団発生を、孤立例ではあるがいくつか認めている。”しかしそれは爆発的勢いにはない”、と米国保健福祉省の国家ワクチン計画ディレクターであるブルース・ゲリン氏は語っている。
 ”しかし、いまだこれら各事例に関して十分なる調査が行われていないことから、ウイルスが変異して人人感染を起こしたか否か、明確にはなっていない”、とゲリン氏は説明する。

 今春、南方のアフリカからヨーロッパに戻った渡り鳥が、予期されたようにウイルスをヨーロッパにもたらさなかった事実に、保健当局者達は驚いている。アジアで越冬し、夏に繁殖のためにアラスカに渡ってきた渡り鳥も同じように、何らウイルスを運んで来なかった。国際的野鳥監視組織も、渡り鳥の間でウイルス拡大による広範な死亡を見いだしていないと発表している。
 多くの専門家達は現在、渡り鳥の鳥フル拡大に果たしている役割はほとんど無いと考えている。鳥フルを拡大させている可能性の最も高い犯人は、感染した家きんを飼育している人々、およびそれらを商業市場に運んでいる人々と考えられる。そのように野生動物保護計画のリック・ケアネイ氏は語っている(Rick Kearney, wildlife program coordinator with the U.S. Geological Survey.)。
 ”渡り鳥は感染し、渡りを継続しているだろうが、実際に感染拡大に果たしている役割は極めて小さいと考えられる”、とケアネイ氏は説明する。
 鳥や他の動物が米国内で致死的ウイルスに感染していることが疑われた場合、検体はアイオワ州の国立獣医研究所に送られて最終確認されるが、これまで一切検出されていない。

 6企業で細胞培養法に基づいたワクチン開発を行っている。その方法が開発されたなら、パンデミック発生後6ヶ月で、全米国民に対するワクチン製造が可能となる。しかし完成までは数年間要しそうだ。
 国立アレルギー及び感染症研究所のアンソニー・ファウチ博士は、ワクチン研究が昨年から急速に進歩していることから比較的事態を楽観的に捉えている。
 同氏は特に最近のいくつかの研究に鼓舞しているが、それらによると、あるH5N1亜系株に対するワクチンは、他のH5N1亜系株に対しても効力を発揮するというものである。
 同博士が指摘する新研究は、ニューヨークのロッチェスター大学のジョン・トレナー博士によるもので、10月13日に行われたトロントでのアメリカ感染症学会で発表された。トレナー博士と共同研究者は、1998年にH5N1香港株に対するワクチンを2度接種された人々を研究対象とした。これらの人々は今年、2005年に分離されたベトナム株に対するワクチンを再度接種され、そのベトナム株に対する抗体の産生率を調べられた。
 研究者達は先に香港株に対するワクチンを接種されていた人々の方が、今回のベトナム株に対するワクチンを1度接種された人々に比較し、ベトナム株に対する抗体をより大量に高率に産生したことを確認した。
 ”さらなるデータは必要だが、この考え方には非常に勇気づけられる。なぜならある亜系株に対するワクチンを前もって投与しておけば、実際にパンデミックになった際のワクチン投与は効果的となるし、またパンデミック株に暴露された場合、抗体産生が期待されるからだ”、とファウチ博士は語る。

 保健当局者達は今年度末までに2600万人分のタミフルとリレンザを入手する予定で、また2008年度末までに8100万人分(米国民の25%)の備蓄を予定している。抗ウイルス剤はインフルエンザ症状を軽くする。しかしウイルスは広範囲に使用される抗ウイルス剤に対して、耐性を獲得する可能性がある。実際既に耐性株が分離されている。
 保健福祉省のゲリン氏は、耐性の問題が臨床的にどれだけ重大なのか不明だと語ったが、他の抗ウイルス剤を開発する必要性が提起されていて、保健福祉省は2億ドルを新薬剤開発のために提供する予定だと語った。


Are we ready? A look at emergency preparedness in Saline County ... The Marshall Democrat-News, MO  (米国) 準備出来ている? Saline郡(MO州)のパンデミック・インフルエンザ行動計画の考察
Fears of bird flu overblown The Register-Mail, IL (米国) イリノイ州:鳥フルの脅威は誇張されている
 イリノイ州の獣医担当者、米国に渡り鳥によるH5N1鳥フルはいまだ入ってきていない。今、鳥フルが発生する脅威はない。鳥フルはあくまでも鳥の感染症で、アジアで人にも発生しているが、米国で現在、そうした危険性はない。

 H5N1鳥フルによる人でのパンデミック・インフルエンザが発生する可能性は不明。しかしパンデミックはいつか起きる。それに対する準備は必要。

 現在、パンデミック・インフルエンザよりも季節性インフルエンザに対して関心を払うべき。

10月19日

Western Negev: Bird flu back? Ynetnews(イスラエル) 西ネゲヴ:鳥インフルエンザ再来か?
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

南部コミュニティの衛生部から養鶏業者に送られた手紙は、鳥インフルエンザ第二波を警告している。
(ツヴィ・アルシュ報告)

 南部イスラエルのコミュニティの住人が恐れていることは、鳥インフルエンザの再来である。エシュコル地域評議会の衛生部から養鶏業者に手紙が送られた。この養鶏業者の多くは2006年3月の鳥インフルエンザ発生で被害を受けたが、送られた手紙では鳥インフルエンザ第二波の警告を発している。これは明らかに南エジプトやガザ地区での発生の情報に伴うものである。
 養鶏業者は鳥インフルエンザの新たな発生の可能性への準備を求められており、感染したニワトリの埋め立て場所を前もって決めておくように要求されている。
 衛生部は更に、養鶏業者が衛生部に10月末までに埋め立て場所の位置を通知するように求めている。
 この手紙を受け取った養鶏業者の1人は、また鳥インフルエンザが発生すれば自分の仕事は完全に潰れるとしている。
 「数万個の卵を生み出す二つの大きな養鶏場を持っていたが、残ったのは一つで、それもやっと再開したところなのに」と、この人は語っている。
 農業省の職員は、南エジプトで鳥インフルエンザが存在するとされるなら政府は予防的措置を取らざるを得ないとしている。


英国で鳥インフルエンザのワクチンに成功

広瀬信雄氏抄訳

(USAToday, Science & Space) By Maria Chen, The Associated Press) 2006/10/19

ロンドン発

 ベトナムで採取されたH5N1ウイルスから作ったワクチンが、ヒトへの実験で他の国で見つかったH5N1ウイルスの抗体を中和することが出来たとあるワクチンメーカーからの報告があった。

これで、鳥インフルエンザH5N1ウイルスによる大流行の際でも、他の古い鳥インフルエンザH5N1ウイルスからのワクチンを接種して流行が予防出来ると言う希望が生まれた。

管理人注釈:サノフィ・パスツール社作成ワクチンのニュースであるが、下方にカナダと米国からの報道もある。


News in brief (GSK to provide bird flu jabs for Swiss population)Guardian Unlimited, UK (英国) 短報 グラクソ社、スイス人口分のワクチンを受注
 グラクソ社はスイスから同国人口分の鳥フルワクチンを受注した。来年早々には製造、納品可能と。
 また同社は英国とも相談中と発表。
Swiss order GSK bird flu vaccine Times Online, UK  (英国) スイス、グラクソ社のワクチンを発注
 スイスはグラクソ社のH5N1ウイルスワクチンを800万人分発注した。人のパンデミック・インフルエンザ対策として国民全員分を備蓄する最初の国となる。
 発表によるとスイスはワクチン計画に7700万ポンドを費やす。
 800万人分の最新のH5N1ウイルスワクチンを備蓄し、第2回目のワクチン接種用に(パンデミック発生時の当該ウイルスに対するワクチン)、やはりグラクソ社から750万人分、スイス国内のメーカーから50万人分納入される。(パンデミック発生時の第1回目のワクチン接種は現在作成されたワクチンを、その後パンデミック起因のウイルスに対するワクチンが作成されたら、第2回目のワクチンとしてそれを接種:訳者)
Research Yields Insights on Deadly Nature of 1918 Flu Pandemic Washington File, DC (米国政府国際広報) 研究:1918年のスペインインフルエンザの致死的性格を分析

 スペインインフルエンザ・ウイルスに対するワクチンを作成し、マウスでその効果が確認された。米国国立アレルギー感染症研究所での研究。

 なぜスペインインフルエンザを引き起こしたH1N1ウイルスが高度に致死的であったのか、その予防にはワクチンが効果を持つのか(人の免疫で予防出来るのか)等の分析が、このワクチンとマウスの系を用いることで可能に。
 現在の高病原性H5N1鳥インフルエンザがパンデミックになった際の被害の予知とその対策のモデルに。


FluWrap: Indonesia defends H5N1 fight
 Science Daily (press release)  (国際) インドネシアにおけるH5N1鳥インフルエンザ状況
 1週間で3人が死亡(11歳少年、27歳女性、72歳女性)したこと。
 72歳女性は脳炎を合併していたこと。このウイルスはより毒性が高まっている可能性があること。
  他。
 全て既報済み。
Bird Flu Vaccine May Hit Many Strains NewsMax.com, FL (米国) 鳥フルワクチンは多くの株に有効
 サノフィ社の研究結果による既成のH5N1ウイルスワクチンが、多数の株に効果を持つ可能性。
 下方のニュースと同内容。
The worst-case scenario DeWitt Era-Enterprise, AR (米国) 最悪のシナリオに沿って
 アーカンサスにおけるパンデミック・インフルエンザ対策
Bird flu vaccine may be more protective than thought Victoria Times Colonist, Canada (カナダ) 作成されたワクチンは予想よりも予防効果が大きい
 サノフィ・パスツール社は、作成したH5N1ウイルスワクチンは、予想した以上に広く鳥インフルエンザウイルス株に予防効果を保有しているようだと発表した。
 この事実は各国にパンデミック発生前の国民へのワクチン接種、またはパンデミックに備えて最近製造されているワクチンの備蓄の考慮に拍車をかけそうだ。

 すでに一ヵ国がそのような措置を決定した。
 スイスは全国民を対象に、パンデミック発生時に投与する1回目のワクチンを備蓄すると、本日(18日)発表した。
 ワクチンは2回投与して効果を発揮すると考えられている。
 スイスはサノフィ社のライバル会社のグラクソスミスクライン社からワクチンを購入する予定となっている。(他報道によると1億4200万ドル)。
 
 H5N1ウイルスが世界中に広がるにつれ、ウイルスは多くの異なったグループ(株)、またはクレード(分岐)に分かれてゆく。サノフィ社のワクチンは、2004年にベトナムで分離されたクレード1に属するウイルスを基に作成されている。このウイルスはトルコやインドネシアで発生したクレード2に属するウイルスとは大きく異なり、作成されたワクチンは効力を持たないと考えられていた。
 しかしサノフィ社が同社のワクチンを投与したボランティアの血液を調べたところ、血中の抗体がクレード2ウイルスにも反応することが判明した。これは効果的ワクチン作成に苦慮している中で、希に見る朗報の一つとなった。
10月18日

Swiss place first order for Glaxo bird flu vaccine Reuters  (国際) スイス、グラクソ社のワクチンの最初の発注国に
 
スイス公衆衛生局が全国民800万人分の、人に対するH5N1鳥インフルエンザワクチンを発注したことを、ヨーロッパ最大の医薬品メーカであるグラクソ・スミス・クライン社が18日発表した。パンデミック・インフルエンザ発生時に、国民の感染防止に使用するために備蓄する。2007年初めにはスイスに供給予定とされる。
Tamiflu could boost drug-resistant flu in wild birds New Scientist (subscription), UK  (英国) 人への大量タミフル投与により、野鳥の間でタミフル耐性株が出現の可能性
 H5N1鳥インフルエンザが人の間で流行した場合、多くの人々がタミフルを服用する。タミフルは体内であまり分解されず、約80%がアクティブな形で体外に排泄される。それらは河川や湖に流れ込み、野鳥の体内に取り込まれる。そこでタミフルに耐性となったインフルエンザウイルス株が誕生する。オックスフォード大学の研究者チームによる研究発表。
 Environmental Health Perspectives に発表
Officials step up efforts in H5N1 prevention Taiwan Headlines, Taiwan (台湾) 当局、H5N1ウイルス対策を強化
 台湾では渡り鳥からH5N1ウイルス感染を防止するために、家禽や豚農場でネットを張り巡らして、渡り鳥が家畜と接触することを防止すると、農業省の当局者は17日語った。
WA tests influenza outbreak response ABC Online, Australia  (オーストラリア) 西オーストラリア、パンデミック・インフルエンザ模擬訓練
 150人のボランティアが参加して、西オーストラリアで初のパンデミック・インフルエンザに対する模擬訓練が行われた。
 保健当局の考えではパンデミック時には「発熱外来」が造られ、患者の隔離と感染の拡大をコントロールする予定と言う。
CDC And Medco Study Showed Americans Stockpiled Tamiflu Over Fears ... Medical News Today (press release), UK  (英国) CDCとMedcoの共同研究:米国民、鳥フルの恐れからタミフルの個人備蓄へ
 鳥フル関連ニュースにより米国内でのタミフルの処方数が増えた。
 
 研究結果によると、まだインフルエンザ流行が始まっていない秋におけるタミフルの処方数が、2005年には前年の3倍に増加した。
 本日のカナダのCBC Newsで既報。
EU earmarks new research fund for avian and pandemic flu People's Daily Online(中国) 欧州連合、鳥インフルエンザとパンデミック・インフルエンザ向けの研究基金
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)
 
 欧州連合(EU)は、2830万ユーロ(3550億米ドル)を鳥インフルエンザとパンデミック・インフルエンザ分野の研究プロジェクトの新基金として割り当てると、火曜日に発表した。
 これは17のプロジェクトからなるもので、2~3年の間に及ぶものである。ヒトと動物の衛生を対象にし、世界保健機関・国連動物健康機構・国連食糧農業機関が認めた研究上の必要性に対応する。
 この基金はヒトと動物の衛生プロジェクトで等分に分割されると、EUの上級欧州委員会は述べている。
ヒトの衛生については、このプロジェクトはインフルエンザ・ウイルスの活動の仕組みの理解向上に関する研究やワクチン開発の医学的研究を対象とする。
 動物衛生に関する研究は、ワクチン、検診の改良や早期警戒システム、鳥インフルエンザ・ウイルスに関する知識の向上、第三世界諸国への技術の移転、渡り鳥監視ネットワークを対象とする。
 選抜されたプロジェクトのうち9つは、ロシア・中国・ベトナム・オーストラリア・米国・カナダといったEU以外のパートナーを含むものである。これらの中には最近の鳥インフルエンザの発生に直接影響を受けた国もいくつかある。
 「EUは研究プログラムを、発生する新たな必要性に応じて絞り込めることが重要です」と、欧州科学研究委員会長のヤネス・ポトチュニック氏は述べている。
 「多数の世界中のパートナーが関与することで、欧州が鳥インフルエンザとパンデミック・インフルエンザに対する国際的な戦いを指導していることが判ります」
Analysis of Spanish flu cases in 1918-1920 suggests transfusions ... Newstarget.com (press release), Taiwan  (台湾) スペイン・インフルエンザには回復者からの輸血が効果
 スペイン・インフルエンザからの回復患者の輸血が、スペイン・インフルエンザ罹患者が肺炎で死亡するのに効果を示した実績から、将来のH5N1ウイルス・パンデミックに際する治療方法のヒントとなることが示唆。回復患者の血漿や、作成された免疫グロブリン使用等。
 「Annals of Internal Medicine」の10月号に研究論文が掲載。
  http://www.annals.org/cgi/content/full/0000605-200610170-00139v1
 
 当情報は、8月31日に紹介済み
Governments still dither on bird flu, study finds ABC News (米国) 各国の鳥フル対策、いまだ不十分
 米国とイスラエルの研究者による、各国のパンデミック・インフルエンザに対する行動計画の分析。
 三分の一で、数が限定されるワクチンと抗ウイルス剤投与の優先順序が決定されていない。
 昨日の英国BBCで既報済み。
Bird flu news surge spiked Tamiflu sales; some bought for kids CBC News, Canada (カナダ) 鳥フルニュース、市民のタミフル備蓄量の増加へ:子供達のために備蓄する例も多い
 米国CDCの研究者の報告。
 昨年9月から10月におけるタミフル処方数を、米国の大手健康保険会社への支払い請求数から分析した。同時期はパンデミック・インフルエンザの危険性に関する多くのニュースが流れた。この期間はいまだインフルエンザ・シーズンには入っていない。
 処方の多くは50歳以上の中高齢者に対してであったが、その期間における増加率は17歳以下で顕著であった。中には使用承認されていない1歳以下の乳児にも処方されている例もあった。
 また医師達に送ったアンケートでは、回答者の17%で自分達のためにタミフルを備蓄していた。
Vaccine that protects mice against 1918 influenza virus developed News-Medical.net, Australia  (オーストラリア) スペイン・インフルエンザに対するワクチンがマウスで効果を発揮
 スペイン・インフルエンザウイルスがなぜ強毒であったか、その強毒ウイルスに対してワクチンがどの程度有効か等、分析実験。
More tests confirm low-risk bird flu in Illinois Reuters.uk, UK (英国) イリノイ州の鳥フル、低病原性であることが確認
 H6N2がカモで検出。
10月17日


新型インフルのワクチン 来年にも承認申請 朝日新聞 
 北里研究所など四つの国内ワクチンメーカーは17日、新型インフルエンザの流行初期に効果が期待される新たなワクチンについて、今年度中に大規模な臨床試験を終え、来年前半にも製造承認を申請すると発表した。 
Bird flu vaccine tested on WA kids Sunday Times.au(オーストラリア) 鳥インフルエンザ・ワクチン、ウエスタン・オーストラリア州の子供で治験

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 オーストラリア製の試験的ワクチンの大人での安全性が確認され次第、多数の子供と老人に対し高毒性の鳥インフルエンザの予防注射が実施される。
 パースの研究者は、血清・ワクチン製造メーカのCSL社が作ったワクチンについて、パンデミックに最も脆弱な2グループに対し試験を開始した。
 同様の治験が間もなくアデレードとメルボルンで開始する予定であり、合計800人が参加する。
 CSL社によれば、最初の治験は18歳から45歳の人に対し昨年3都市で開始され、副作用もほとんどなくワクチンの有効性が確認された。
 パースのテレソン小児衛生研究所は6歳から8歳の子供100人と同数の65歳以上の人を募った。
 研究責任者のピーター・リッチモンド博士は、この有望な結果をさらに多くの脆弱なグループでテストする必要があると述べている。
 「インフルエンザ・パンデミックでは必ず、幼児と老人が特にリスクにさらされるのです」と、リッチモンド博士は述べている。
 「最高の準備は、安全で効果的と証明されているワクチンを使えるようにしておくことであり、それが私たちの目的なのです」
 ワクチン中には生きているウイルスはいないので、ワクチン接種から感染することはないと、同氏はしている。
 研究への志願者は3週間おいて2回のワクチン接種を受け、その後7ヶ月間にわたり血液検査を受け免疫レベルを確認する。
この連邦政府が支援しているワクチンは、この種のものとしては南半球では初のもので、ベトナムの鳥インフルエンザ犠牲者から採 取されたウイルス株から開発されたものである。
 この疾病は現在までにアジアと中東で160人以上を感染させ、約100人が死亡している。
 CSL社によると、この製品はパンデミック発生から6週間以内にオーストラリアで利用可能になるという。
 しかしワクチンは鳥インフルエンザの一つのウイルス株から開発されるので、H5N1ウイルスが変異しヒトへの感染性が高くなれば免疫性を作り出せないこともあると、同社は警告している。
 CSL社は治験が完了次第、この研究を治療製品局に提示し承認を得る予定である。

 昨年発表の臨床試験のニュース
2005年9月23日

・Australian firm to start trials of birdflu vaccine Reuters (国際) オーストラリア製薬企業、人用鳥フルワクチンの臨床試験を開始と
 オーストラリアの製薬会社 CSL Ltdは、来月から人用鳥フルワクチンの臨床試験を開始すると発表。22日に政府はアジアで流行中の鳥フルに対する警告を旅行者に出したばかりである。
 CSL Ltdは人の血漿製剤のトップメーカーであるが、スポークスマンは400にんのボランティアで臨床試験を行い、結果は今年度末には得られるだろうと発表した。

Another bird flu death lifting Indonesia's toll to 55 Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシアで鳥フル死者発生、計55人に
 既報の中央ジャワの13日に死亡した27歳女性の事例。

 * インドネシア政府が発表してから、報道が情報を把握したのは今回が初。

ワクチン用ウイルス変更へ 厚労省、新型インフルで 京都新聞 
 厚生労働省は17日までに、新型インフルエンザ発生に備え開発・製造中のワクチンの基になるウイルス(ワクチン株)を、2004年にベトナムで採取されたH5N1型の高病原性鳥インフルエンザのウイルスから、H5N1型の中でも別の系統のウイルスに変更する方針を固めた。
 「クレード2」と呼ばれる系統のウイルスで、現在使っているベトナム株などの「クレード1」より新型ウイルスに変異する可能性が高く、こちらを使って作ったワクチンの方が新型には効果的と考えられるため。
 国内メーカーは9月に、ベトナム株を使ったワクチンの製造を始めている。株の変更が確定したら製造ラインを止めて洗浄しクレード2による製造を開始、製造済みのベトナム株によるワクチンは貯留しておく方針。 H5N1型は遺伝子の微妙な違いによりクレード1と2に分かれ、現在、世界各地で流行しているのは2。この中で05年に採取されたインドネシアやトルコのウイルスが新しいワクチン株の候補となっている。ウイルスの増殖性やワクチンとしての効果などを国立感染症研究所が検討した上で、最終決定する。
Warning over global bird flu plan BBC News, UK (英国) 各国の鳥フル対策計画は不十分と警告

ジョーンズ・ホプキンス・ブルームバーグ大学の公衆衛生学部と、イスラエルのベン・ガーリオン大学の共同研究。

 先進国から19プラン、発展途上国から26プランを選んで分析。
 抗ウイルス剤投与、ワクチン接種、人工呼吸器装着等の優先順位が示されていないプランがほとんどであると警告。


Indonesian Woman Is Latest Bird Flu Casualty Voice of America  (米国) インドネシア女性鳥フルで死亡
 27歳女性が死亡した事例。
 詳細は本日のWHO発表参照。
CHRONOLOGY-Bird flu developments  Reuters.uk, UK (英国) 2006年-鳥フル発生の主要な記録

 インドネシアはさらに2人の女性の鳥フル死亡を確認し、同国の死者数は55人となったことがWHOの16日の発表で明らかになった。
 以下は本年度に発生した鳥フルの主要な記録である。

 1月18日
  北京の会議で、国際的基金提供国19億ドルを鳥フル拡大対策用に拠出を約束。
 2月8日
  ナイジェリア北部で初の家禽における鳥フルが発生。
 2月11、12日
  イタリア、シチリア島と北部で6羽の白鳥から致死的H5N1ウイルスを検出と報告。ギリシャでも3羽の白鳥で検出。これらはEUで初めての事例。この後数カ国で野鳥からウイルスの検出報告が相次ぐ。
 2月17日
  エジプトで鶏からウイルスを検出。
 2月18日
  インドの家禽からウイルスが検出。
 2月22日
  EU、フランスとオランダにおける家禽へのワクチン接種を承認。
 2月25日
  フランスの七面鳥農場でH5N1鳥フルが発生。多くの鳥が死亡。EUにおける初の家禽におけるH5N1鳥フル発生となる。
 3月11日
  ディブチで初の人感染事例。
 7月26日
  グラクソスミスクライン社、低濃度抗原量の人用鳥フルワクチンが臨床試験で成功と発表。
 8月8日
  中国、初の人の鳥フル事例は2003年に発生していたことを発表。従来発表していた2005年よりも2年早かったことが確認。
 9月26日
  WHO新パンデミック・インフルエンザ委員会、各国に全てのインフルエンザウイルス検体と、その遺伝子情報データの共有を呼びかけ、パンデミック・インフレンザのためのワクチン作成のためのバンクを創設。
 9月28日
  中国、長らく求められていた、これまでに分離されたH5N1ウイルス検体を、国際的共有に。
 10月16日
  WHO、インドネシアでの新規死亡者を確認。

 世界的死者数は151人。(エジプト6人、トルコ4人、インドネシア55人、カンボジア6人、中国14人、タイ17人、ベトナム42人、イラク2人、アゼルバイジャン5人)
  

Analysis: Vaccine lags, so does bird flu Science Daily  (国際) ワクチン開発には時間がかかるが、いまだ余裕はある
 トロントで開催されたアメリカ感染症学会の年次総会の話題集約。

 鳥フルはいまだ鳥における感染症である。人の感染症になるまでまだ時間的余裕があるため、ワクチン開発や他の科学的アプローチの可能性は十分ある。

 現在の問題点:
 ・H5N1ウイルスは人に感染する場合、どのような様式で感染するのか?
 ・誰が最も感染しやすいのか?
 ・発病していない感染者はどの程度いるのか?
 ・感染のしやすさに遺伝的要因はあるのか?
 ・最も良い治療方法は?
Keeping our children safe and secure: Pandemic flu and emergency ... News-Medical.net, Australia (オーストラリア) 我々の子供達の安全確保を:パンデミック・インフルエンザ

 科学者達はパンデミック・インフルエンザが世界で発生すると予知している-新規インフルエンザの世界的流行である-。それは我が国の社会全体、学校、そして家庭に巨大な衝撃をもたらすと思われる。

 10月17日の「教育ニュース」は、次のような問題を取り上げている。

・新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違いは?H5N1とは何?なぜ研究者達はそれに重大な関心を払っているのか?
 ・新型インフルエンザとその発生の可能性について何処まで分かっているのだろうか?その脅威とは?
 ・新型インフルエンザ対策について、州、地域、国の行政はどこまで準備しているのだろうか?
 ・新型インフルエンザに対して家庭ではどこまで対策を立てられるのだろうか?家庭における対策とはどのようなものだろうか?それは他の災害時にも役立つものだろうか?
 ・新型インフルエンザ対策に関して、学校に保護者達は何を求めるべきか?
 ・パンデミック発生時、学校はどのような対策をとり、そして保護者達はそれをどのように知ることが出来るのか?そしてもし学校が閉鎖されたなら、家族達は子供達の勉強をどのように継続すべきか?
 ・家族達は新型インフルエンザの最新情報をどのようにして得ることが出来るのだろうか?

 * 新型インフルエンザ=パンデミック・インフルエンザ

Bird flu death toll in Indonesia reaches 55 News-Medical.net, Australia (オーストラリア) インドネシアの鳥フル死者数は55人に

Kenya on high bird flu alert Daily Nation (subscription), Kenya  (ケニヤ) ケニヤ、鳥フル高度警戒態勢に
 南スーダンのジュバでの家禽における鳥フル発生から、ウイルス拡大の可能性が高いケニヤでは、保健医療関係者と獣医がチームを構成して、高度の警戒態勢に入った。
Avian influenza – situation in Indonesia – update 36 WHO 鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新36
 インドネシア保健省は新規鳥フル患者3人を確認した。3人とも死亡している。
 最新の確認された患者は西ジャワ州の67歳女性である。10月3日に発病し、7日に入院し、15日に死亡した。慢性疾患があったため診断は難航した。同女性が発病する前に家庭や周辺の鶏が死亡したと言われる。
 第2の例はジャカルタ州南ジャカルタの11歳少年である。少年は10月2日に発病し、5日に入院し、14日に死亡した。少年は周辺で死亡した鶏と接触した既往があると言われる。
 第3の例は中央ジャワ州の27歳女性である。10月8日に発病し、12日に入院、そして13日に死亡した。感染源は調査中。
 インドネシアで確認された発病者72人中、55人が死亡している。

*27歳女性の事例は今回初めての発表。報道では情報がなかった(訳者)

Indonesia's Bird Flu Death Toll Climbs to 55 Daily News Central, NV インドネシアの鳥フル死者数は55人に
 WHOは16日、インドネシアで新たに3人の鳥フル死亡者が確認されたことを、インドネシア保健省が確認したことを発表した。
 最も最新の死者は67歳女性で西ジャワの病院に入院後8日で死亡した。女性は発病する前に市場で生きた家禽を購入したと言われる。 
 さらに11歳少年が10月14日に死亡し、27歳女性が10月13日に死亡している。
 インドネシアにおける鳥フル発病者数は72人となった。
インドネシアの鳥インフルエンザ、高齢者に初の死者 日本経済新聞 
 インドネシア保健省は16日、H5N1型の鳥インフルエンザウイルスに感染した67歳の女性が15日夜に死亡したと発表した。これまで同国の死者の大半は30代未満の若年層で、高齢者の感染死は今回が初めて。同国の感染死者は54人となった。
 世界保健機関(WHO)によると、インドネシアでの感染死の最高齢は44歳の男性で、世界全体でも感染死者の90%が40歳未満だった。インドネシアの保健省は鳥インフルエンザについて「高齢者は何らかの抵抗力があり、感染しにくい」とみていた。今後、ウイルス変異の可能性や感染経路などを調査する。
10月16日

Bird Flu Kills 150th Person; May Have Infected Victim's Brain  Bloomberg(米) 鳥インフルエンザによる150人目の死亡者;犠牲者の脳に感染か
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 鳥インフルエンザ・ウイルスは脳に感染した結果、インドネシア人女性は昨日死亡したのかもしれない。これにより2003年後半以来、世界でこのウイルスによる死者は150人となった。
 インドネシアの西ジャワ県の67歳の女性は、検査によりH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス陽性と10月11日に判明した。これはインフルエンザ様の症状によりバンドン市で入院した4日後のことであった。病状が急変したのは急性の脳炎を発症したときであったと、ハサン・サディキン病院で担当医だったハディ・ユスフ氏は語っている。
 「懸念しているのは、この症状が鳥インフルエンザの脳への感染によるものだということです」と、ユスフ氏は電話で本日語った。
 神経的な症状が人間のH5N1の症例で発生することは稀だと、神経学者のメノ・ドゥ・ジョン氏は話している。同氏のチームはベトナムで18名の患者を観察している。この疾病の治療の改善のために医師がこのウイルスの研究を行っている。このウイルスは百万人単位でヒトを死亡させる感染形態に変異する恐れがある。
 このウイルスは過去3年間に10カ国で255人に感染したと判っており、その内59%を死亡させている。最新の死亡事例で、今年だけでもH5N1により72名が死亡したと判明している。これは過去3年間で記録された死亡者数の合計とほぼ同じである。
 新たに感染することで、このウイルスがパンデミックをもたらす高毒性の形態に変異する可能性が増す。これは5千万人もの死者をもたらした1918年の時の形態と同様である。大部分のH5N1の症例では、肺炎などの急性の呼吸器障害が主な症状である。
 脳炎、急性横断性脊髄炎、そしてギラン・バレー症候群などの神経中枢に関する疾病は人体内のインフルエンザと関係があると、ハリソン内科書第13版ではしている。また同書はこの疾病の原因は確定していないともしている。

死亡率75%

 西ジャワの女性は、インドネシアでこの週末に鳥インフルエンザにより死亡した2番目の人間である。インドネシアでは報告された症例の4人のうち3人が死亡している。
 首都ジャカルタの南部郊外の11歳の少年はH5N1ウイルスにより10月14日に死亡したと、同国厚生省の鳥インフルエンザ情報センター職員のジョコ・スヨノ氏は昨日語った。
 米海軍研究所が報告した検査結果は現地検査施設による初期診断を確認するものだったと、同氏は述べている。この少年は家の近くの感染した家禽からH5N1ウイルスに更に感染したのかもしれないと、スヨノ氏は語っている。
 2005年7月以降でH5N1によりインドネシアで死亡したと報告されている人の数は54名となった。当局が家禽間でのこの疾病を押さえ込もうと努力する一方、昨年9月以降で鳥インフルエンザによる死亡者が毎月1名以上報告されている。
 インドネシアは世界第4位の人口大国で、H5N1による死亡者数では8月にベトナムを追い抜いている。
 インドネシアは71名のH5N1症例を報告しており、死亡率は75%になっている。この率は判明している6名のH5N1患者全員が死亡し死亡率100%となっているカンボジアに次ぐ高率である。

Indonesian woman dies of H5N1 strain of bird flu, lifting death ... Jakarta Post, Indonesia  (インドネシア) インドネシアの女性H5N1鳥フルで死亡、同国で54人目の死者に
 67歳の女性の死。下記報道と同じ情報。
Indonesia confirms 54th bird flu death Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) インドネシア、54人目の死者を確認
 西ジャワのバンドンの病院で67女性女性が、H5N1鳥フルで昨夜死亡したことが、病院当局者から発表された。死亡前2日間は意識が無かったという。ウイルス検査は二ヶ所の研究所で確認されているという。同国で54人目の死者となった。
 10月7日に女性は入院しているが、その情報は10月11日に既報済みである。
New bird flu restrictions come into force Swissinfo, Switzerland  (スイス) スイス、新鳥フル規制法が発令
 大きな湖と河川から半径1キロ以内での家禽の飼育は、15日から屋内に限定された。渡り鳥からの鳥フル感染を防止するためである。
How To Protect Against A Pandemic With Viral Make-up Unknown Until ... Medical News Today (press release), UK  (英国) パンデミック・ウイルスが把握される前に、如何にしてパンデミックを予防するか?
 1998年にH5N1ウイルス香港株ワクチンを接種されていたボランティア37人に、2004年に分離されたベトナム株で作成したワクチンを接種して、その抗体産生率を検討した。株は異なっていても、先にワクチンを接種していることで、2度目のワクチン接種による抗体産生率が高まった。14日に既報の米国での研究報告。
Australia to test bird flu response Sunday Times.au, Australia  (オーストラリア) オーストラリア、鳥フル対策訓練
 1000人の行政関係者が参加。
TOP