高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
10月15日

インドネシアの鳥インフルエンザ死者、53人に CNN Japan
 インドネシアで15日、高病原性のH5N1型鳥インフルエンザに感染した11歳の少年が死亡したことが、入院先の病院関係者の発言で明らかになった。鳥インフルエンザによる同国内の死者は、これで53人に増えた。
 少年はスリアニ・サロソ感染症病院に12日入院し、14日夜に死亡した。氏名は公表されていない。
 インドネシアでは裏庭で家きん類が飼育されている場所が数億カ所にのぼるとされ、感染対策を取らない限り死者は今後も増えると予想されている。国別に見た鳥インフルエンザの死者はベトナムが42人で2位につけているが、今年は新たな死者が出ていない。
Indonesian bird flu toll now 53 CNN International  (国際) インドネシアの鳥フル死者数53人に

A boy dies of bird flu, taking human death toll to 53  Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 少年、鳥フルで死亡、インドネシアで53人目の死者に
 
Indonesian boy dies of bird flu, taking country's human death toll ... International Herald Tribune, France (フランス) インドネシアの少年鳥フルで死亡、同国53人目の死者に
 ジャカルタの感染症専門病院であるスリアンチ・サロソ病院に12日に入院した、H5N1鳥フルを発病した11歳の少年が、14日遅くに死亡したと、同病院の院長が発表した。同国で53人目の死者となった。
 南ジャカルタに住む少年は、発病した家禽から感染したと考えられている。
British scientists believe they are close to finding a way to stop ... CTV.ca, Canada (カナダ) 英国の研究者、全てのインフルエンザを予防する画期的方法を開発中
 ”保護ウイルス”による新方法。10月8日に既報。
Low-risk H5N1 bird flu in Ohio wild birds- USDA Reuters.uk, UK (英国) オハイオ州で低病原性H5N1ウイルスが野鳥から検出
 米国農業省が14日発表。
Conference told of bird flu risk for health workers ABC Online, Australia (オーストラリア) 会議は鳥インフルエンザ発生のリスクについて訴える
Flu pandemic: it's not 'if' but 'when' Luton Today, UK (英国) パンデミック・インフルエンザは、起きるかどうかの論議ではなく、いつ起きるかが問題
10月14日


Study supports concept of 2-stage H5N1 vaccination CIDRAP, MN  (米国) 2段階H5N1ウイルスワクチン接種方法の効果が示唆

 人の免疫システムは、現在存在するH5N1ウイルスに対するワクチンを前もって接種しておけば、新規(パンデミック)ウイルスに対するワクチンを接種した場合、より効果的に反応する可能性が、最新の研究で明らかにされた。

 研究では、1998年にH5N1ウイルスワクチンの接種を受けた37人を対象にして、2004年にベトナムで分離されたウイルス株に対するワクチンを接種した。その結果これらの被接種者において、新ワクチンだけを接種された被接種者に比較して、2004年のウイルス株に対して強い免疫が得られた。国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の研究で明らかになった。
 ”これらの初歩的研究結果はさらに大きな集団を対象にして確かめられる必要があるが、パンデミック前に作成されたH5N1ウイルスに対するワクチンを接種しておくことで、何か月後にパンデミックが発生し、当該ウイルスに対して作成されたワクチンを接種したとき、十分ブースター効果が得られるという、非常に興味ある可能性を示唆している”、とNIAID長官のアントニー・ファウチ博士がニュース発表の中で言っている。
 ロッチェスター大学の研究者達は、本日のトロントで開かれるアメリカ感染症学会の年次総会で、予備研究の結果を発表する。
 もしパンデミックが発生した場合、当該ウイルスに対するワクチン開発には数ヶ月要する。そしてさらに1回以上の接種が、予防可能な免疫を得るためには必要である。そのようにNIAIDは説明する。しかし2回接種のためのワクチン量の確保は極めて困難である。そのため研究者達は他の戦略を模索している。1つの提案された方法は、パンデミックに先立って、関連ウイルスに対するワクチンを接種しておき、パンデミックワクチンは1回で済ませる方法である。
 
 1997年に香港で最初のH5N1ウイルス感染が人で発生した後、NIAIDは当該ウイルスに対するワクチンを1998年に作成し、その臨床試験を行った。37人のボランティアに2回のワクチン接種を行った。
 今年、37人は2004年にベトナムで分離されたH5N1ウイルスで作成された90マイクログラムの抗原を含むワクチンを接種された。当ワクチンはサノフィ・パスツール社が製造し、米国政府がパンデミック発生時用に最近備蓄しているものである。
 1998年にワクチンを投与されていた被験者では、産生抗体価の中央値が64で、70%において、抗体価が免疫効果が期待される40以上であった。一方、先のサノフィ社の研究結果による、同社ワクチン1回接種の場合、被験者の産生抗体価の中央値は27.1で、抗体価40以上を示した率は29%だった。
 ”研究対象は少ないため、より大集団での研究が必要だ”、とロッチェスター大学の研究グループのリーダーであるジョン・J・トレナー博士がコメントしている。
 もしさらなる研究で、今回の結果が確認されたなら、パンデミック対策の戦略として、保健医療従事者のような対策の最前線で働く職種に、”priming”注射を行うことが考慮される。トレナー博士はそのように、大学のニュース発表で説明している。
 ファウチ博士はCIDRAP Newsに、”研究結果は非常に期待が持たれるが、対象とした人の数が比較的少ない。しかし、データは実際のパンデミック株とは異なるウイルス株で作成したワクチンを、前もって投与する利点に関する科学的根拠ともなる”、とファウチ博士はコメントしている。

Merits of Novel Bird Flu Vaccine Studied Washington Post, United States  新規鳥インフルエンザワクチンのメリットが研究発表
 下記報道と情報は同じ。
 
 前もってH5N1ウイルスワクチンで、H5N1ウイルス株を免疫システムに刻印させておく(H5N1ウイルス株全体の共有する抗原の認識:訳者注)。
 続いてパンデミック発生時に、当該ウイルスに対するワクチンを製造して2回目の接種。
 他は基本的に下記と同じ内容。
New Bird Flu Vaccine Strategy For Humans Might Work Medical News Today, UK  (英国) 人に対する新ワクチン戦略が成功する可能性

 鳥インフルエンザに対する効果的ワクチン接種は、各人に対して2回の接種を行うことである。しかし、研究者達の考えの中に、最初のワクチン接種は、パンデミック前に行うことが可能であるとする考えが浮上してきた。

 現在のワクチンによる戦略の問題は、完全にワクチンによる免疫を獲得するには、期間がかかりすぎて、パンデミック対策に間に合わないことである。
 次の問題を読んで、その理由を考えてみて欲しい。
 1.パンデミックを生じるウイルスに対するワクチン製造は、そのウイルスを同定しなければ開始出来ない。
 2.製造準備のために数ヶ月待たなければならない。
 3.大量生産にはさらに数ヶ月要する。
 4.ほとんどの人々は免疫を得るために2回のワクチン接種を要する。
 以上の過程を終了するまでに多数の人々がパンデミック・インフルエンザに罹患し、多数の人々が死んでいると考えられる。
 もしパンデミックが発生する前に1回目のワクチン接種を行ったならどうであろうか?最初の接種では十分の免疫は出来ないが、身体は新しいインフルエンザ株に暴露される。続いてパンデミックが発生したとき、2回目の接種を出来るだけ早期に接種する。2回目の接種を待っている間でも、人々の身体は変異した鳥フルウイルス(パンデミックウイルス)感染に対してある程度の抵抗力を発揮できると思われる。
 上述の戦略をロッチェスター大学の研究者達は、”Prime and Boost”方法と呼ぶ(まず免疫システムにウイルス抗原を認識させておいて、後からそれをさらにブーストさせる。問題は先に認識させておくウイルス抗原とパンデミック時のウイルす抗原に多くの共通蛋白があることが必要:訳者注)。
 もし彼等の仮説が正しいとしたなら、医師やナース、そして他の保健医療関係者はパンデミック発生の前に最初のワクチン接種を受ける意義がある。実際には誰に対しても、この1回目のワクチン接種を行うことことは可能である。

 この研究者のリーダーであるジョーン・トレナー博士は、この方法で多くの人々を前もって、免疫獲得のための準備状態にしておくことが可能であると説明する。

 今回の研究は、1998年に、実験的鳥インフルエンザワクチンを投与された37人の人々を対象に行われた。このワクチンは1997年に香港で鶏から人へ感染したH5N1ウイルスを用いて作成されている。7年後、人々は再度他のH5N1ウイルス株に対するワクチン(2004年にベトナムで分離された株)を投与され、このワクチンを1回だけ投与された人々と、このベトナム株に対する抗体の産生量が比較された。
 1998年にワクチンを投与されていた人々の方が、2004年のワクチン株1回投与の人々に比較して倍の数で免疫が得られた。
 研究者達はアメリカ感染症学会で研究結果を発表した。

-- University of Rochester Medical Center (article)
-- Infectious Diseases Society of America


.
Russian Human Bird Flu Vaccine Set For Spring E Canada Now, Canada  (カナダ) ロシアの鳥フルワクチン、来春に製造開始
 ロシアの人用鳥フルワクチンは2007年春から製造される予定と発表された。
 完全な臨床試験の終了までは数ヶ月要する。
 ワクチン研究に特化されたMicrogen centerが製造する。
 第一回目の臨床試験は本年6月に行われ、240人のボランティアを対象に行われ、2種類のタイプのワクチンが接種された。OrniFlu ワクチンが最も効果があった。
 9月26日に同様ニュース。

10月13日


Effective preventive drug against bird flu developed in the mouse innovations report, Germany  (ドイツ) 効果的鳥フル予防薬がマウス実験成功
 マウスで作成したH5N1ウイルス抗体(一部は人の抗体分子を含む)を用いた実験で、マウスすは感染を完全に防止された。
 シンガポールの研究者と、米国の聖ユダ小児研究病院の研究者の共同研究。
 Respiratory Research (http://respiratory-research.com/)に掲載。
London financial hub poised for bird flu test  Reuters AlertNet, UK (英国) ロンドンの金融機関で鳥フル机上訓練
 数十の金融機関が参加して、鳥フルのパンデミックが発生したときに、いかに対応できるか6週間に渡る机上訓練が13日開始される。
China to start 2nd trial for birdflu vaccine soon San Diego Union Tribune, United States  (米国) 中国、鳥フルワクチンの2回目の臨床試験に
 7月に開発を発表した人用鳥フルワクチンの2回目の臨床試験が本年度末には開始の予定と、北京のBeijing Sinovac Biotech Coが発表。来年度中頃には臨床試験が終了し、ワクチン製造能力をを現在の10倍に引き上げる予定と発表。
 第1回目の臨床試験は、120人のボランティアを対象に本年北京で行われた。1.25、2.5、5、10マイクログラムの抗原量で行い、10マイクログラムの抗原量で最も良い免疫効果が得られた。ボランティアの対象年齢は18歳と60歳の間であったが、重篤な副作用は無かったものの、発熱と注射部位の腫脹は見られた、と7月に発表された世界的医学雑誌である「Lancet」の論文で説明された。
 第2回目の臨床試験では対象者の年齢層を広げる予定であるが、国家食品医薬品管理局(State Food and Drug Administration (SFDA))が最終決定するとされる。
 また北京以外でもSinovac社は、他の2地域で臨床試験を行う予定とされるが、南中国で行われる可能性が高い。
 第1回目の臨床試験に際してWHOから助言が得られたが、第2回目も同じように助言されるだろうと、同社では言っている。
 これらのパンデミック前のウイルス株によって作成されるワクチンに対して、実際のパンデミックに際して効果が期待できるのかどうか疑問の声もあるが、Sinovac社では、他H5N1ウイルス株に対してもある程度有効である(cross protection)ことを確認している、と説明している。
UN Says BirdFlu Awareness Increases WVVA TV, IL (米国) 世界の鳥フル認識力は増加、国連
 昨年に比較し、世界各国における鳥フルに対する認識力は増加しているが、監視態勢と発生時に対する行動計画は保持しなければならない。12日に国連機関のFAOの高官が語った。
10月12日

Bird flu case in Thai dog raises questions about infection  Globe and Mail(カナダ) タイにおける犬の鳥フル感染に関する問題

森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 H5N1インフルエンザの犬への感染例がタイの科学者により報告された。この発見により、鳥インフルエンザが感染しうる哺乳類のリストは異様なまでに広がることになる。
 この報告は鳥インフルエンザ・ウイルスで死亡したアヒルを食べることで犬も感染したことを示すもので、感染した動物を消費することで鳥インフルエンザ・ウイルスが拡がるかを解明する必要があることを裏付けていると、世界保健機関(WHO)の科学者は水曜日に語った。
 「犬は死骸を食することで感染した、3番目または4番目の種です。食物摂取による感染のリスクを考える必要が本当にあると思います」と、WHOの国際インフルエンザ・プログラムの鳥インフルエンザ専門家であるマイケル・パーデュー氏は述べている。
 「つまり何らかの形で感染しているものがいる訳ですが、どうやって感染しているかは判っていないのです」
 2003年後半からアジアでH5N1が猛威を振るい始めて以来、虎・ヒョウ・猫そして今度は犬が感染したニワトリやアヒルの死骸を食べることで感染してきた。他の哺乳類-ブナテンや少数の豚-にも、こうした場合は伝播の形態が明らかになっていないが感染の疑いがある。
 ヒトの症例でも、ウイルスの経口摂取による感染形態と考えられるものがある。最も有名なのは、ベトナムの三兄弟で、これはアヒルの血液から作った生のスープを食べた後に発病している。
 インフルエンザの感染は呼吸器で発生し、くしゃみや咳で噴出されたウイルスが空気中を通して鼻や喉の粘膜に接触することによる。ヒトの場合は、くしゃみでウイルスが付いたものに触れて、その手で鼻や口を触ることでも感染する。
 ヒトの消化器を通じての感染は考えられていない。またWHOの公式の立場としては、適切に調理された家禽や卵を摂取することでヒトが感染する証拠はないとしている。
 タイの動物園で虎やヤマネコが感染したニワトリを食べた後に死亡するということが2003年後半に発生し2004年に再度起こった。このとき科学者は、感染は虎などが死骸を噛み裂いた時点で発生したと推察した。ニワトリの羽毛にいたウイルスを吸引したと考えたのである。
 パーデュー氏は、それが実際の感染の形態だったかもしれないとしている。しかし別の何かも考えるべきかもしれないと、同氏は問いかけている-科学者はその答えを明らかにすべきだ、とも。
 「(感染した肉類が)胃に到達する前に感染しうる組織があるのか?それが別の可能性です。食道や粘膜(胃部)の組織がウイルスに感染しうるのか?」同氏はジュネーブからインタビューに答えつつ訝しんでいた。
 犬の症例は「新興感染症(Emerging Infectious Disease)」誌11月号に発表されたが、実際に発生したのは2004年10月であった。科学者やH5N1の拡大をインターネットのブログやウエブサイトで追っていた人たちは、この事実を知っていた。しかし、タイのカセサート・チュラロンコン両大学の科学者によるこの記事は、イヌ科の動物の鳥インフルエンザ感染を示す初の科学的発表である。
 この犬は感染したアヒルの死骸を食べてから5日後に高熱、息切れと嗜眠の症状を見せ、翌日死亡したと、科学者は報告している。H5N1ウイルスは、この犬の肺・肝臓・腎臓そして尿から検出された。
犬も鳥インフルエンザに感染しうると証明されたことで、「懸念が適切なものであり、将来発生した場合は飼育されている動物を観察する必要があることが強調された」と、記事の著者はしている。
 犬が感染しうるか、そして他の動物に感染させたり家禽へ逆感染させうるかを確定させることは重要だが、今までに明らかになった事からは犬が猫に近い率で犠牲になることはないと考えられるとする科学者もいる。
 アジアの数カ国でH5N1感染により飼い猫や野良猫が死亡したとする複数の報告がある。被害の大きく、世界最悪のH5N1による死者を出しているインドネシアでは、そうした報告が目立つ。
 「これからはよく調べるべきでしょう」と、国連の食糧農業機関の動物衛生官のピーター・ローダー博士は言う。
「(しかし)犬に関しては証拠が見つかりません・・・病気になるという。だから現時点では極めて大きな意味を持つとは理解していません。けれども、別のことを考えてみるべきかも知れません」
 別の専門家であるアブ・オスターハウス博士は、研究施設で犬の感染を実験し、その犬が近傍の未感染の犬にウイルスを拡大できるかを調べることは重要だろうとしている。こうした研究をオスターハウス博士は猫について実施したが、犬に付いての実験によって犬への感染がどれ程容易か、それとも困難か、そしてウイルスを拡大できるのかが示されることになる。
 「こうした種類の実験で、犬が感染する相対的なリスクが少しは分かります」と、ロッテルダムのエラスムス大学ウイルス学研究所長であるオスターハウス博士は言う。同氏とその研究所は、この実験を行う予定である。

 
Greece on alert for possible reappearance of birdflu People's Daily Online, China  (中国) ギリシャ:鳥フルの再興に警戒態勢
5000 could die from birdflu fijilive.com (subscription), Fiji  (フィジー) フィジー:鳥フルパンデミックで5000人が死亡
 対策強化を促す警告
US flu plan survey: How long could you hole up at home? WFAA (subscription), TX (米国) 米国パンデミック計画:どの程度人は自宅にこもれるか?
 下方の記事と同内容。全米記事となっている。
Egypt, Indonesia each report an avian flu case CIDRAP, MN (米国) エジプトとインドネシアで新規鳥フル患者が発生

US Pandemic Flu Plan: Hole Up at Home Town Hall, DC  (米国) 米国パンデミック・インフルエンザ計画:家庭でへの引きこもり)それは可能?)

 米国のパンデミック・プランに対する、ハーバード大学の国民調査
 

Could you work from home for weeks at a time? How long could you hole up without needing to go to the grocery or drugstore? Would you be willing to wear a face mask and isolate yourself from others?
 パンデミック時には家庭で何週間も仕事が続けられrますか?スパーや薬局にどの期間出かけずに家庭に閉じこもれますか?フェーズマスクを着用し、あなた自身を他の人から隔離できますか?
 抗ウイルス薬とワクチンが入手できるようになるまでの期間、政府の初期対策に従って、一般社会は対応可能か、上述のごとき質問で調査を行った。
 従来型の予防方法は効果があるのか、多くは科学的に立証されていない。
 また実行するにも実際上不可能なものも多い。 例えば:ビルディングでエレベータを避けるとか、人との間隔を1.8メートル開けて位置するとか。また慢性疾患保有者が何週間、何ヶ月も病院に行かなくても済まされるのか。

Harvard researchers are surveying Americans on questions like these as the government wraps up work on a plan to use primitive infection-control measures to deal with a killer flu outbreak until drugs and vaccine become available.

The federal Centers for Disease Control and Prevention is pitching the plan at medical meetings and aims to send it out for review by the end of the year. State and local governments have asked for unusually detailed and specific advice on such matters as closing schools and canceling public events, one CDC official said.

This week, CDC awarded $5.2 million in grants related to the plan, including research on whether to recommend face masks to the public. CDC also asked the Institute of Medicine, a group of scientific advisers, to meet on these measures later this month.

"We can't afford to neglect some of the traditional approaches to contagion control because we very well may find ourselves in a situation where that's all we've got for a period of time," said CDC's quarantine chief, Dr. Marty Cetron.

However, skeptics say parts of the plan amount to wishful thinking with little evidence they would work.

"A lot of these things sound good but they lack practical application," said Michael Osterholm, a University of Minnesota health expert involved in the planning.

Advising people in big office buildings to avoid elevators and stay 6 feet away from each other is impractical, and people can't stay in their homes for weeks or months without needing insulin and other medications, he noted.

The nationwide survey by the Harvard School of Public Health is an attempt to get a handle on how Americans would follow such advice.

As for hygiene tips like sneezing into your sleeve, "we have no data that that makes any difference" in controlling a pandemic, Osterholm said.

The bird flu that has ravaged poultry in Asia and killed at least 140 people is "still smoldering" as a human threat, showing no signs yet of morphing into one that spreads easily among people, said Dr. Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases.

If it does, severe travel restrictions would delay its spread in the United States by only a week or two and at extreme cost, the CDC's Dr. David Bell said at a recent meeting of public health and disease experts in San Francisco.

Thermal scanning to try to detect people with fevers during the SARS outbreak turned up no cases and caused many false alarms. But voluntary quarantine, voluntary isolation of infected people and hygiene measures like hand washing, "cough etiquette" and face masks did help and might for flu, too, Bell said.
 SARSの際の空港における発熱チェックで患者は見つからなかったが、多くの間違った警報が鳴った。しかし一時的チェック、感染者の隔離、頻回な手洗い、咳エチケット、マスク着用は、SARS対策に役だったと考えられるし、インフルエンザに於いても役立つ可能性はある。CDCの医師は説明している。

Dr. Frederick Hayden, a University of Virginia virologist currently working on global flu planning for the World Health Organization, agreed.

"The classic public health measures did work in SARS," he said. They won't be enough to stop a flu pandemic but could prolong and spread out its impact to prevent hospitals from being swamped and running out of respirators to keep the sickest alive.

The CDC plan will list multiple scenarios for pandemics that range in severity or attack certain age groups like children or college students, and recommend corresponding control measures.

These will include voluntary isolation of sick people, voluntary quarantine for those exposed to the germ but are not ill, and protective sequestration to separate healthy people or communities from a source of infection.

"Quarantine has gotten a very bad name and for very good reason. It has been abused in the past. It works best when we obtain and maintain the public trust," Bell said.

However, Osterholm said there's not enough science to recommend some measures, like "keep your distance" campaigns. Scientists know flu spreads through hand contact and big droplets when people cough or sneeze, but they don't know how far tiny particles remain in the air, or how important that is for spreading the germ.

In fact, experts know surprisingly little about what enables a flu germ to spread.

Health officials need to give advice but should be honest about the limits of what is known "and not oversell it, which there is a tendency to do in times of crisis," Osterholm said.

If that happens, "we will lose credibility quickly," he said.


Production of Russian human birdflu vaccine set for spring RIA Novosti, Russia - (ロシア) ロシア、人用鳥フルワクチンの製造が来春から
 ロシアで、H5N1ウイルスに対する人用ワクチンが来春から製造されることが、研究センター長から発表された。
 この6月に18歳から50歳までの240人のボランティアで行われた第一相臨床試験は成功し、続いて危険性に対する補償費が支払われたボランティアを対象に臨床試験が行われる。
 ワクチンの詳細に関しては情報無し。
Three million domestic fowls inoculated in north China for bird... EastDay.com, China (中国) 北部中国で家禽300万羽にワクチン接種

 中国北部内蒙古自治区で、鳥フルの発生があったことから、300万羽の家禽に鳥フルワクチンが接種された。
 約1000羽の鶏とアヒルが9月27日に、突然H5N1鳥フルで死亡し、あらに1046羽の家禽が殺処分された。
 地域の家禽全てにワクチン接種が行われる。
China tightens up monitoring of birdflu possibilities Earthtimes.org (国際) 中国、鳥フル監視態勢を強化
 渡り鳥シーズンに入って中国は鳥フル監視態勢を強めるべく、渡り鳥の監視態勢の強化を各地に指令した。
Singapore revises birdflu plan Healthcare Today, UK シンガポール、鳥フル行動計画を改訂
 
主として病院とホームドクターにおける問題の改善。
10月11日


Hospitalised Indonesian woman has bird flu-official Reuters AlertNet, UK (英国) 入院のインドネシア人女性は鳥インフルエンザと、当局
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 病院で治療を受けているインドネシア人女性は検査の結果、鳥インフルエンザ陽性と判明したと、衛生筋が水曜日に語った。
 インドネシアはこの疾病に対する戦いの最前線の一つとなっている。現在、52名が鳥インフルエンザのために死亡しているが、これは世界最悪で死者の大多数は今年の年初以来のものである。
 「バンドンのチサルアで暮らしている67歳の女性が家禽と接触を持ちました」と、鳥インフルエンザ・センターの係官は電話で述べている。この女性は10月7日に入院し現在も生存していると、同係官は付け加えている。
 この女性は厚生省の検査施設での検査とジャカルタの米海軍医療研究部隊(NAMRU)による検査でH5N1ウイルス陽性と判明したと、同係官は語った。
 首都ジャカルタの南東にある、バンドンのハサン・サディキン病院の責任者であるハディ・ユスフ氏は、この女性には抗ウイルス剤のタミフルと抗生物質が投与されているとしている。
 「彼女の状態は悪く、二日目に入って人工呼吸器を付けており血圧も高いのです」
 この女性は死んだニワトリに接して2週間後に発熱し倒れたと、ユスフ氏はしている。
 死亡者数の急増にもかかわらず、インドネシア政府は大規模な鳥の殺処分に抵抗している。これは自宅の庭でニワトリやアヒルを飼育することが通常の、広大で人口の多い国では費用が嵩み非現実的であるからだとしている。
Beijing cranks up bird flu monitoring  新華社(中国) 北京市、鳥インフルエンザ監視活動を開始
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 北京市は、鳥インフルエンザ発生の予防のために鳥インフルエンザ監視活動の日次の結果報告を再開した。
 日次報告は、86ヶ所の鳥類監視ステーションでの毎週火曜の週例の報告に代わるものだ。この秋に北京上空を飛行する大量の渡り鳥に備えるものである。
 市の公園管理当局によれば、10月だけでも10万羽以上のロシア、モンゴルそして中国東北部からの渡り鳥が同市上空を通過するという。
 12万2583羽の渡り鳥を観察したが鳥インフルエンザの発生は見つかっていないと、同局はしている。
 鳥が死んだり病気になっているのを発見したら直ちに報告するように、同局は住民に呼びかけている。
 鳥インフルエンザ発生を防ぐため家で飼っている家禽やペットの鳥が野生の鳥と混じることがないように同局は住民に警告をしている。
 北京市は鳥インフルエンザの被害を受けた地域からの生きた家禽や関連製品の購入を禁じており、地方市場での家禽関連製品の隔離手順の強化を行うと、水曜日に新京報は報じている。
 「秋冬は鳥インフルエンザの発生に関し重要な時期です。当局はその危険性について知識を持つべきで、鳥インフルエンザ・ウイルスの制圧の困難さを過小評価してはなりません」と農業部副部長の尹成傑氏は語っている。
 過去2週間で中国では2件の新たな鳥インフルエンザが発生しており、これにより内モンゴル・寧夏回族自治区で約2000羽の家禽が死んでいる。
EGYPTIAN AUTHORITIES DETECT NEW HUMAN CASE OF BIRD FLU -- WORLD Reuters AlertNet, UK (英国) エジプトで新規鳥フル患者が発生
 10日(現地時間)、エジプト政府が新規鳥フル患者を確認したことを、WHOが発表した。
 患者は39歳女性で10月4日以来入院して、タミフルによる治療を受けているが様態は安定している。本年5月以来初めての事例となる。
 一ヶ月前にエジプト当局は、家禽での2ヶ月ぶりの鳥フル発生を発表していた。
 今回の事例でエジプトでの鳥フル患者は合計15人となり、そのうち6人が死亡した。
 これまでの発病者は、鳥フルが2月に家禽の間で発生してから、3月と5月の間に検出されていた。
No birdflu in NZ chicken farms Newstalk ZB, New Zealand  (ニュージーランド)  ニュージーランド国内の養鶏場では鳥インフルエンザは検出されず
 ニュージーランド国内の養鶏場検査で、高病原性鳥インフルエンザは検出されなかった。
 「Biosecurity New Zealand」は、商業用ブロイラーと養鶏場の第一回目の検査を終了した。鳥フルの国際的報告義務システムに乗っ取った検査である。
 これまでニュージーランドでは、H5N1ウイルスのアジア株は発見されていないが、関係者は、ニュージーランドに鳥を介してH5N1ウイルスが入ってくる可能性は低いと説明している。
Vehicles from Sudan to be sprayed against birdflu African News Dimension (subscription), South Africa (南アフリカ) スーダンからウガンダへ入る車両、鳥フル侵入に備えて消毒
 先月南スーダンの首都ジュバで致死的H5N1鳥インフルエンザが家禽の間で発生したことからの措置。
Unconfirmed report raises suspicion of BirdFlu virus in Iran ArmeniaNow.com, Armenia (アルメニア) イランで大量の野鳥が死亡、鳥フルの疑い

 アゼルバイジャンの報道が、イランのアルメニア国境沿いにある水源地で、2000羽近い野鳥が死亡しているのが見つかった、と報道した。
 水源地の名前は特定されていないが、検体はテヘランとイタリアに送られ、鳥フルウイルスの検査が行われている。

 この1月にH5N1鳥フルは、アゼルバイジャン、グルジア、イラン、およびトルコと、アルメニアの国境近くで発生した。しかしアルメニア国内では、発生していないことを当局では保証していた。
 隣国における発生などからアルメニアは予防対策を学び、昨年以上に対策は強化されていると、当局では説明している。
 なおアゼルバイジャンの報道内容に関して、今のところ確認は出来ていない。


 

10月10日


Chula researchers find speedy test for bird flu Nation Multimedia(タイ) チュラロンコン大の研究者、鳥インフルエンザの迅速な検査方法を開発
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 チュラロンコン大は、抗ウイルス剤のオセルタミビル(タミフル)に耐性を持つ鳥インフルエンザの迅速かつ正確な検知のための新たな検査手法の開発に成功した。オセルタミビルは現在、この高毒性のウイルスへの最高の防衛手段である。

 この検査手法はH5N1株のいかなる亜種も検知できるものだと、開発チームを率いた医学部のヨン・プーヴォラワン教授はしている。
 「これで世界中のどこでも、ウイルスがオセルタミビルに耐性を持つかどうかを知り、患者の生命を救うことができるのです」と、同氏は述べている。
 更に、この検査手法は先進型の検査ができない地域にある従来型の生体分子検査施設でも使用できるように開発されている。
 これまでオセルタミビルへの耐性を持つH5N1ウイルスとそうでないものとの大きな違いは、N1亜型の位置274のアミノ酸の変化であることがわかっていなかったと、ヨン氏は言う。
 新検査手法の開発はこの発見を基にしたもので、リアルタイム・ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)と従来型PCRの両方を使用している。オセルタミビルへの耐性の有無を判定するために、前者は結果が判明するのに2~4時間が必要であるが、後者は約8時間を要する。
 チュラロンコン大の研究者は、人間と動物の検査標本の両方についてこの手法をテストしており、どちらの場合もオセルタミビルに耐性を持つかどうかを検査した。ベトナムでのオセルタミビル耐性の世界初の事例の人間からの標本もタイで検査された。
 昨年10月に鳥インフルエンザ・ウイルスに感染したベトナム人の少女がオセルタミビルへの耐性を示す最初の患者となった。このときの検査は、この少女の体内でオセルタミビルがウイルスに効果がないことを示した。
 昨年12月には、ベトナムで患者8名のうち3名でオセルタミビル耐性が発見された。更に医師がこのウイルスが抗ウイルス剤のタミフル-オセルタミビルに耐性を持つことを発見することが遅れたため、患者が死亡している。
 「このことで、医師が患者の命を救うために早期に結果が得られる高性能の検査手法の研究・開発を始めたのです」と、ヨン氏は言う。
 オセルタミビルの唯一の代用品はザナミビルだが、これは鼻腔からの吸入や静脈注射によってしか投与できず、経口で服用できるオセルタミビルほど便利ではない。
 研究結果により、薬剤耐性検査の正確性と効率性が証明される。RT-PCRを使ったテストは来週「ウイルス学的手法(Journal of Virological Methods)」誌で発表され、従来型のPCRを使うテストは12月に「新興感染症(Emerging Infectious Diseace)」誌で発表される。
 ヒトの鳥インフルエンザによる死亡率は60%にも達すると、ヨン氏は言う。
 タイでは、公衆衛生省がオセルタミビル100錠を備蓄する予定だが、ウイルスが耐性を得れば意味のないものとなると、同氏はしている。
 耐性を持つようになる要因はいまだ見つかっていないと、ヨン氏はしている。しかしこれは耐性が存在しないということを意味してはいない。「薬剤の使用が増えれば、ウイルスが耐性を得る可能性も増します」と同氏は述べている。

 
鳥、新型インフルエンザ対策で 御坊保健所が県下初の対応訓練実施 紀州新聞
 御坊保健所が6日、人への感染が確認されている鳥インフルエンザ(H5N1)と、人から人への感染が危惧される新型インフルエンザを見据えた県下初の発生時対応訓練を行い、野尻孝子所長や職員30人が課題や問題点を検証した。年内に病院や医師会、行政ら関係機関と合同訓練を行い、今年度内に独自の対応マニュアルを策定する。
……
Pfizer pushes into vaccine business with purchase of British company  CBC News(カナダ) ファイザー、英社買収でワクチン事業参入へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 製薬メーカーのファイザー社は、英国の未上場ワクチン企業の買収で合意に達したと月曜日に発表した。買収額は明らかにされていない。これは利益が見込まれる事業分野への参入となるものである。
 英オックスフォードに本社を置くパウダーメド社はインフルエンザや慢性のウイルス性疾病向けのワクチンを開発している。このワクチンは、注射針ではなく加圧されたヘリウム・ガスを使用し患者に免疫を与えるものである。
 米国でインフルエンザ・ワクチンの不足への最近の懸念や生物兵器を使ったテロ攻撃や鳥インフルエンザの流行への恐れから、製薬会社はワクチン産業への関心を新たにしている。この産業の参入者が減少してきた理由は、訴訟と低価格のためだった。メルク社が最近承認を受けた子宮頸ガン予防のワクチンが高価格になったことも、この分野への関心の高まりにつながっている。このワクチンは3回の予防注射で360米ドルとなっている。
 今年、ノバルティスファーマAGが未保有であったワクチン・メーカーのケイローン社の株の56%を買収した。昨年、グラクソ・スミスクラインplcはカナダのワクチン・メーカーのIDバイオメディカル社を買収している。
 ファイザー社は更に企業買収、ライセンス契約そして独自の研究活動を通じワクチン事業大手へと成長する計画であると、同社の研究技術部門長であるマーティン・マッケイ氏はしている。
 マッケイ氏は、技術的進歩と医療での必要性の結びつきが理由となりファイザー社はワクチン事業へ参入することになったとしている。パワーメド社の技術はDNAを人体の免疫システムの細胞へ直接送り込むもので、現在のワクチンの製造・接種の方法の大きな進歩を示すものであると、ファイザー社はしている。
 しかしワクチンの価格上昇によって、この事業分野への関心の向上となっていると、マッケイ氏は述べている。「同業他社も、この点では同じです」と、同氏は言う。
 この買収契約は、7月にジェフリー・カインドラー氏が同社CEOになってから初めて発表されたものである。発表声明の中で同氏は、この買収が患者のための医療ソリューションの拡大への尽力の一部であるとしている。
 ニューヨーク株式市場の取引で、ファイザー社の株価は25セント安の27ドル65セントとなっている。
Study finds signs virus resistant to oseltamivir Bangkok Post, Thailand  (タイ) タミフル耐性株が増加
 タイのChulalongkorn 大学のウイルス学者であるヨン博士と共同研究者達は、昨年のベトナムの鳥フル患者4人で、ウイルスがタミフルに耐性になっていることを見いだし、「Emerging Infectious Diseases Journal」と「Journal of Virological Methods」に報告する。
 鳥フル遺伝子の変化の結果と考えられ、科学的にこのような変化を指摘する初の研究と考えられる。
 これらのベトナムの事例は、タミフルが予想された程には効果は無く、特に耐性株が増えていることが原因と考えられる。
 先の日本の研究では、H3N2株(香港インフルエンザ株)に対して、タミフル服用者の18%の患者が耐性になっていた、と報告された。(タミフル服用者から分離されたH3N2株の18%がタミフルに耐性)。ヨン博士はそのように説明している。
 同博士は以前、公衆衛生省とバンコク行政府管轄下の病院に対し、インフルエンザおよび鳥フル様症状を呈する患者にタミフルを投与する場合、正確な診断無しに、継続的に頻回に投与することは、耐性ウイルスを誕生させる危険性があると警告した。
 鳥フル発生時に、保健医療関係者はインフルエンザと鳥フル様症状を呈する患者に、家禽との接触の既往が無くてもタミフルを投与していた。
10月9日


Birdflu found in pigs in Indonesia's Bali Reuters.uk, UK (英国) インドネシア、バリ島で豚がH5N1鳥フルに感染
 7月に2頭の豚でウイルス感染が確認。
 豚が死亡したか否か詳細は不明
No new birdflu outbreaks reported over ten months Nhan Dan, Vietnam ベトナム、10ヶ月以上鳥フル発生が無し
 昨年12月以来、国内での鳥フル発生の報告はない。
 2007年2月末まで、水鳥とウズラの孵化の禁止は継続。
Researchers unveil key protein in fight against flu Monterey County Herald, CA  (米国) 研究者達、鳥フルとの闘いの鍵となる蛋白を見いだす
 10月5,6日に他報道で紹介済み。ウイスコンシン-マディソン大学の研究者が今月号の「ジャーナル・オブ・ウイルス学」に発表した研究。
 人の細胞内に物質が取り込まれるのに関係する蛋白分子の一部分であるentry blockerが、H5N1ウイルスを含むインフルエンザウイルスが細胞内に侵入するのをブロックすることを見いだした。
 細胞内でウイルスが増殖するのをブロックする。
 マウスの実験では、ウイルス接種されたマウスが全例死亡したのに対し、entry blockerを投与されたマウスは全て生存した。
Agri dep't signals birdflu alarm Sun.Star, Philippines (フィリピン) フィリピン農業省、鳥フル警戒を呼びかける
 北部ミンダナオの湿地帯に渡り鳥が集まりだしている。農業省は致死的鳥フルウイルスを運んできている可能性があることから、狩猟に対する警告を発した。
 渡り鳥との接触を避け、鳥フル発生の疑いがある場合は報告するように当局では語っている。
Mayors to draft birdflu fight plans Manila Bulletin, Philippines (フィリピン) フィリピン市長達、鳥フル対策計画の草稿作成へ
 アジア開発銀行の支援のもとに、地方行政府がSARS、鳥フルなどの新興感染症に対策を講じるための草稿を作成に。
BirdFlu Still A Risk, But Romania Is Ready – Agriculture Min Mediafax, Romania  (ルーマニア)  鳥フルはいまだ危険、しかし対策は完了-ルーマニア農業大臣
 この秋、ルーマニアはいまだ鳥フル発生の危険性があるが、昨年に比べて対策は十分強化していると農業大臣が記者会見で語った。
 800人以上の獣医が警戒態勢につき、法律が改正され、対策が強化された。さらに現在渡り鳥も厳しく監視されている。
10月8日

Instant Flu Protection Offered By "Protecting Virus" Medical News Today (press release), UK  (英国) 新研究:”保護ウイルス”によるインフルエンザ予防

 英国のワーウィック大学のニゲル・ディムモク教授は、インフルエンザ予防に対する全く新しい方法を開発している。この方法は動物実験で各種のインフルエンザウイルス感染に効果を現し、H5N1ウイルスなど、人の間でパンデミックを生じる可能性あるウイルスを含む、全てのA型インフルエンザウイルスに効果を持つ可能性がある。用いられる”保護ウイルス”は、感染インフルエンザウイルスの増殖速度を十分抑えることにより、そのウイルス自体に生体の免疫反応によるワクチン効果を発揮させるものである。また”保護ウイルス”は、ウイルス感染後24時間以内に投与されたら、発病を防止する効果も発揮する。
 現在のワクチン接種法による予防効果は、体の免疫システムを刺激し、白血球に抗体を産生させ、そしてその抗体がウイルスを攻撃することで発揮される。このワクチン接種による予防効果は、天然痘、ポリオ、そして麻疹等の多くの感染症予防で役立っているが、インフルエンザの場合、ウイルス表面が持続的に変化しているため、他感染症程効果は明確ではない。ある種のインフルエンザ株、例えばH3N2(香港株)に対するワクチンは、H5N1ウイルス等の他のウイルスには全く無効である。このことはパンデミックを生じる株が発生した場合、現存のワクチン全てが無効であることを意味している。
 ディムモク教授は20年間以上、完全に新しいインフルエンザ予防方法を研究してきた。それは”保護ウイルス”を用いる方法である。この方法は最近の研究で、感染ウイルスに対する一時的発病予防効果を示し、そして、生体の免疫効果が発揮されてくるまでウイルス増殖を抑えることで、感染ウイルスを機能的にワクチンウイルスに変えてしまうことが示された。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 保護ウイルス-->感染インフルエンザウイルスの増殖を抑制-->発病抑制
                         -->感染ウイルスがワクチン効果を発揮
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ”保護ウイルス”は遺伝子の一つに大きな変更が加えられている。インフルエンザウイルスの遺伝子構造は、8本のRNA鎖から成り立っているが、ディムモク教授の”保護ウイルス”は、巨大であるが、インフルエンザウイルス遺伝子鎖8本のうち、1本のRNAの80%近くを欠損している。
 このRNA欠損でこの”保護ウイルス”は無害となり、また細胞内での増殖能力(自己遺伝子複製能力)を失っている。そのためこのウイルスは、通常のインフルエンザウイルスのように感染を広げることは出来ない。しかしながら、もしこの”保護ウイルス”が細胞内で他のインフルエンザウイルスの遺伝子と組み合わされると、それは無害な性格を保持したまま、自己複製を開始する。その速度は新規侵入ウイルスの増殖速度以上となる。この”保護ウイルス”の増殖により、新規侵入したインフルエンザウイルスは増殖出来る経路を失う。新規侵入ウイルスの増殖速度が著しく低下することで、発病は抑えられ、そしてその間に身体の免疫系は、新規ウイルスに対する抗体産生の準備に向かう。結果的に”保護ウイルス”は、毒性あるウイルスを”無害な生ワクチン”に変えてしまうことになる。
 研究結果は、”保護ウイルス”は人に感染するインフルエンザウイルス全てに、同じような効果を持つ可能性が高いことを示している。それはウイルス表面構造(構成蛋白の相違)は、”保護ウイルス”による感染予防過程には無関係だからである。-効果は細胞内の遺伝子レベルで発揮されるからである。それ故、この方法は現存するインフルエンザウイルスの他に、今後出現する新規株に対しても効果を発揮すると考えられる。インフルエンザ予防のために、特定のウイルス、または変異したウイルス用に、”保護ウイルス”を調整することなしに投与できる。これは特定のウイルスにしか効果を発揮しないワクチンに比較すると、突然出現してくるインフルエンザウイルスに対する予防効果を考えた場合、明らかに利点がある。付け加えるに、従来のワクチンでは効果が現れるまで2~3週間要したが、この”保護ウイルス”による予防方法は、即、効果が現れる。これまで得られた実験結果では、ウイルス感染6週前に”保護ウイルス”を投与して、十分効果を持つようである。これは感染24時間以内に投与する必要のある抗インフルエンザ薬に比較して、十分な利点となる。さらなる利点としてインフルエンザウイルスは”保護ウイルス”に対して、耐性となることがないことである。多くの病原体で薬剤に対する耐性株の出現は深刻な問題となっている。
 ”保護ウイルス”の効果は先に投与しておく場合の他、インフルエンザウイルス感染後24時間以内に(多分、もう少し長い可能性もある)投与されたなら、その効果(当該インフルエンザウイルスの増殖抑制効果)を発揮できるようだ。このように”保護ウイルス”は実際の感染に対しても抑止力を持つ。そうしたことからこの方法は、患者の家族や、他の感染者接触者の治療としても使える。
 ”保護ウイルス”の標的とする細胞は、他のインフルエンザウイルスが標的としている細胞と同じであるから、細胞内に感染させる方法も同じである。研究室におけるこれまでの方法では、”保護ウイルス”を含む生理食塩水を一滴鼻腔に滴下するだけで十分である。また、既に他ワクチンで採用されているエアゾールの鼻腔内噴霧も良い方法と考えられる。
 ”保護ウイルス”はまた、家畜の治療用にも用いることが可能である。インフルエンザウイルスの腸管内感染を起こしたアヒルや、腸管内および呼吸器感染を起こした鶏の場合、単純に飲料水に”保護ウイルス”を混入するだけで、治療が出来る。また数週間鶏をインフルエンザから予防することも可能ともなる。インフルエンザは競走馬の世界でも重要な問題ともなっている。また米国では最近犬の間でも問題となっており、さらに愛玩猫もH5N1ウイルスに感受性あることも言われている。
 ワーウィック大学の研究チームは現在、”保護ウイルス”のパテントを申請して、人での臨床試験と、鳥での効果の確認を行う計画を立てている。大学当局はさらなる研究を支援するために、”ViraBiotech”という会社を設立した。これにより投機的資本によるサポート、および製薬企業との共同事業により、広く動物および人での試験を、多くのインフルエンザウイルス株で行い、この新技術の実用化を図ってゆく。
 通常は完全なる論文発表されていない研究に関して大学は報道発表しない。しかし最近のパンデミック・インフルエンザ発生に関する世界的関心を考慮し、この研究の初期の段階で、研究者達が人での臨床試験と鳥での検査をするための支援が得られるように、大学は判断し、発表した。

Contact: Peter Dunn
University of Warwick

10月7日


Department of Natural Resources Starts BirdFlu Testing WREX-TV, IL (米国) 自然資源局、鳥フル検査を開始
 イリノイ州、渡り鳥のH5N1ウイルス検査を開始。
Cats can carry birdflu, study says Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) 研究報告:猫も鳥フルウイルスを運ぶ。渡り鳥の拡大説には根拠無しと
 最新の研究結果で、猫も鳥インフルエンザウイルスに感染することと、渡り鳥の鳥インフルエンザ拡大説には根拠がないことが明らかになった。

 ヨギャカルタ(Yogyakarta)にあるインドネシア環境情報センター(PILI)は、野良猫が従来型市場で、鳥インフルエンザに感染した家禽と接触して、H5N1ウイルスに感染したことを確認したと報告した。
 ”猫が感染し、ウイルスを体内に保有していることは間違いの無いことだが、そこから他の動物や人に感染が生じるのかは不明である”、とPILIの所長であるイワン・セチアワン氏が5日、渡り鳥のウイルス拡大に果たす役割に関する会議の後に、語った。
 National Geographic Indonesiaが主催した会議で、渡り鳥は鳥インフルエンザ拡大に関与していないと結論された。
 ボゴール農業研究所の獣医である、I Wayan Teguh Wibawa氏は、いくつかの研究で渡り鳥が鳥インフルエンザウイルスを運ぶという証拠は、世界のどこにもないことが立証されていると語った。
 マレーシア、中国およびオーストラリアで過去6年間に渡って行われた研究で、どの地でも渡り鳥からH5N1ウイルスは検出されなかったと、同氏は語った。
 Wayan 氏は鳥インフルエンザ国家委員会の委員でもあるが、同氏はさらに家禽貿易がインドネシアの33州のうち29州に、鳥インフルエンザを拡大させた原因の可能性が最も高いと語った。
 ”家禽のワクチン接種と、家庭環境から家禽の排泄物を除去して衛生管理することが重要だ”、と同氏は語っている。
 最近行われた、バンドゥン市の発病した患者周辺の20羽の鶏における血清学的検査で、無症状の鶏によってウイルスが感染拡大される可能性が示されている。

 PILIは昨年、渡り鳥による鳥インフルエンザ拡大の役割について研究を開始した。西ジャワのヨギャカルタとインドラマユで研究は行われているが、いまだ継続中である。今後さらにジャワの海岸地帯数カ所に拡大した研究が、計画されている。
 

Indonesia reports H5N1 in healthy chickens CIDRAP, MN  (米国) インドネシア、無症状鶏からH5N1ウイルスを検出
 最近のインドネシア情報をまとめて報告。
 ・5日報道済みのジャカルタ・ポストから
 致死的H5N1ウイルスが分離されたからどうかまでは不明。
 これまで無症状鶏から致死的H5N1ウイルスが検出されのは2月の中国南部の事例のみと。

Junk medicine: avian flu Times Online, UK (英国) ジャンク医療:鳥インフルエンザ

 最近報道のヘッドラインから落ちているが、鳥フルは消え去ったわけではない。この数ヶ月を見ても、インドネシアで着実に人の発病事例は少しづつ増加している。同国は世界で最多の死者数となり、致死率も最も高い。この1年間で69人が感染し、52人が死亡している。また人人感染を疑わせる事例も発生していて、パンデミック発生に向かっている兆しが示されている。

 H5N1ウイルスが種の壁を超えて、容易に人の世界で感染を繰り広げるようになるかについては不確かではあるが、多くの科学者達の間では、この株がパンデミックを引き起こさないとしても、遅かれ早かれそれに代わる他の強毒株が現れてくるという考え方が支配的である。
 インドネシアでの経験は、いかに世界でいまだ十分に対策が講じられていないかを示している。南アジアは、人と家禽が接触して生活していることから、鳥フルウイルスが人のウイルスに最も変化してゆきやすい地帯である。
 パンデミック・インフルエンザの発生阻止、および発生した際のインパクトを抑えるための方法には2通りある。 タミフルのような抗ウイルス剤は症状を緩和し、感染率を減少させる。そしてワクチンは、地域の人々を免疫にする。
 しかし実際問題として、この両アプローチには多くの困難性が伴う。ワクチンはパンデミック株用に作成されなければならないが(現在のH5N1ウイルスに対するプロトタイプは作成されているが、実際に発生したときはその株に合わせて大量生産する:訳者)、これには6ヶ月要する。これはインフルエンザが爆発的に拡大してゆくのに十分な期間である。さらにワクチン製造量が年に3億人分が限界である、という問題もある(これは多分、現在の受精卵を使用して抗原となるウイルスを増殖させる方法を考えた場合と思われるが、最近開発されている細胞培養法でウイルスを増殖させる方法だと、短期間により大量に作成可能となってきている:訳者注)。世界の65億人という人口にとって、わずか20人に1人の量である。
 抗ウイルス剤の場合の方が、備蓄が効くという観点から状況は良いようにも思える。しかし供給量がいまだ不足している。15の協力製薬会社と提携してロッシュ社は、製造量を増加しているが、それでも年間4億人分に過ぎない。タミフルはパテントで守られ、また高価でもある。英国がタミフルを備蓄できるとしても、パンデミックの震源地の可能性の高い発展途上国では、それは簡単ではない。さらにウイルスは耐性を獲得していく可能性もあり、今後それら薬剤の役割にも限界がある。
 世界はこのようなことから、ワクチンと抗インフルエンザ薬だけに頼ることは出来ない。それらは確かに重要ではあるが、他の戦略、特に安価で単純な対策方法も必要である。最近2つの可能性ある方法が発表されている。
 1つは先の医科学協会会長(president of the Academy of Medical Sciences)のペーター・ラクマン卿によって提案された、回復患者、または実験的ワクチンを接種されたボランティアの血清を用いる方法である。血清中に含まれるウイルス抗体を分離し、それを他の人間に注射して、感染を防ぐ方法である。投与量は少なくて済むので、少数の人々から得られた抗体で多数の集団の予防が可能となる。
 もう1つの可能性は、4日に「The Times」の編集者への手紙に掲載された、抗高コレステロール血症薬のスタチンを用いる方法である。毒性の高いインフルエンザに罹患した患者の死亡原因の一つと考えられている過剰な免疫反応が、それら薬剤で抑えられることを示唆する、初期の検証結果は得られている。スタチンは安価で、ほどんど副作用がない。またすでに一般的に大量に製造されている。もしこれら薬剤が有効であるなら理想的である。
 これら両方法に関していまだ有効性は立証されていないし、その安全性と効果について臨床試験は必要である。しかし現時点では、これらの研究はサポート不足から可能となっていない。パテントにとって適合していないこともあり、製薬会社は興味をもっていない(抗高コレステロール血症としての効果薬としてパテントなので、改めて他の目的用に臨床試験して、そのパテント内容を書き換える厄介さと利潤の関係:訳者)。The Timesの編集者への手紙に原稿を寄せたフェドゥソン教授は、煉瓦の壁に頭を打ち付ける思いで、社会に研究のサポートを求める、と語っている。
 これら二つの対策方法は、緊急に確認する必要がある。本当に役立つか、または有用であっても、ワクチンや抗ウイルス薬の代用にはならなくても、補助的使用意義があるのか、保証はされない。しかし、パンデミック・インフルエンザの脅威を考えるならば、どんなオプションでも開発されるべきである。数百万人の命がそれにかかっているかも知れないのである。

 マーク・ヘンダーソン、The Times紙科学部編集者 

 
Flu expert: World is better prepared for pandemic DesMoinesRegister.com, IA  (米国) インフルエンザ専門家:世界は先のインフルエンザ・パンデミック発生の時代よりも、対策は進んでいる
 米国のパンデミック・インフルエンザ対策をリードする、アイオワ州のナンシー・コックス博士が、世界は前世紀のパンデミック・インフルエンザ発生の頃に比較して、いくつかの進展が見られていると語った。
 ・かってはウイルスはどこからともなく出現し、パンデミックが発生したが、現在は、インフルエンザ・ウイルスが変異し、そして危険な株に変わるメカニズムを研究者は把握している。
 ・危険な致死的ウイルスを検出、そしてその株を追跡する現代的体制が確立されている。
 ・さらに科学者は、診断のための迅速テストを開発し、またワクチン製造方法を改良しつつある。

(The world is much better prepared to combat possible pandemics now than it was during previous waves of influenza that killed millions of people, the nation’s top expert said here today.

Dr. Nancy Cox, a native Iowan who leads U.S. preparations for a possible flu crisis, noted several key scientific advances since three deadly flu pandemics hit in the early and mid-20th century.

In the past, flu viruses seemed to strike out of nowhere, Cox said. Experts now understand how influenza viruses become particularly deadly by shifting their form, she said, and a sophisticated system has been set up to detect and track dangerous strains. Scientists also have developed better, faster tests, she said, and they are improving the design and manufacture of vaccines.)
China warns of seasonal birdflu outbreaks TODAYonline, Singapore (シンガポール) 中国、季節性鳥フル発生を警告
 中国政府は地方行政当局に繰り返し、渡り鳥の飛来シーズンの秋に入るとともに、鳥フルの再興が起きる可能性が高いことから、十分警戒態勢をとるように求めている。
 ”秋と冬は鳥フル発生の主たる季節である”、と農業部副長官のYin Chengjie氏は国営通信の新華社に語っている。さらに、当局者はウイルスのコントロールが非常に難しいということを十分認識しなければならない、とも語っている。
. Yin氏は5日、中国の状況はいまだ深刻で、渡り鳥の飛来シーズンを迎えて、ウイルスの拡大を防止するために為すべきことが多くあると言う。
 4日、中国衛生部は北部中国で1000羽の家禽が新規H5N1鳥フルで死亡し、この1週間で2事例目となったことを発表した。.
. 中国では政府発表によると、これまで21人が鳥フル発病し、14人が死亡している。もっとも最近の死亡例は7月で、新疆ウイグル自治区 で発生している。.
. 中国は8月に最初の鳥フル死者が2003年遅くに発生していることを確認した。これはそれまで発表していたよりも2年早い。
Cheap birdflu drug possible Stuff.co.nz, New Zealand  (ニュージーランド) 安価な鳥フル薬が可能

 抗高コレステロール血症薬のスタチン(statin)が、鳥フルの死者数を減らす可能性についての仮説。10月4日の英国「The Times」の編集者への手紙で、オリジナルニュースは掲載。


 元米国の内科学教授のデービット・フェドゥソンが、抗高コレステロール血症薬のスタチンのH5N1ウイルスや他の鳥フルに対する効果を、緊急に研究する必要があると主張している。
 同氏は英国の「The Times」に、パンデミック・インフルエンザのインパクトを弱めるためにも、世界は多くの武器を必要とすると語った。
 現在存在するタミフルやワクチンなどは、鳥フルのパンデミック発生に対して十分な効力を持つとは思えないと、同教授は語っている。
 スタチンはニュージーランドでは年に30万人に処方されていて、コストは1人につき30セントに過ぎない。タミフルは1コース10錠で75ドル要する。
 フェドゥソン教授によると、スタチンには「サイトカインの嵐(サイトカイン・ストーム)」と呼ばれる過剰な免疫反応を弱める働きがあることが知られている。このサイトカインの嵐が、しばしば鳥フルの死亡原因となっている。
 1918年のスペイン・インフルエンザを起こしたウイルスの研究で、このような過剰免疫反応が5000万人からの死者を出した原因と推定されている。
 スタチンの効果については不明確ではあるが、それが過剰免疫反応をコントロール出来る可能性を示唆する初期的研究結果はある。そのように同教授は説明する。
 このテーマに関する研究論文を発表しているにも関わらず、フェドゥソン教授は研究費を得ることが出来なかったと語っている。
 ニュージーランドインフルエンザ対策戦略グループのウイルス学者であるランス・ジェニングスによると、彼はフェドゥソン教授の研究を知っていて、さらなる研究が必要であると考えている。特に現状ではパンデミック・インフルエンザが発生したとき、十分量の抗ウイルス薬がないのであるから、そのような研究は重要と言う。
 ほとんどの研究はウイルス感染治療に関するものばかりで、ウイルスが免疫反応に障害を与える過程のコントロールに対する研究はほとんどない(ウイルスが過剰免疫反応を引き起こすのを抑制する研究がなり:訳者)。”スタチンに関して全面的に研究が必要だ”。そのようにジェニングス博士は語る。
 オンタゴ大学の免疫学者であるサラ・フック博士は、サイトカイン・ストームの治療はH5N1ウイルス感染を阻止はしないが、重大な反応のいくつかを除去出来る可能性があると言う。”人々の多くはサイトカイン・ストームで死亡するのだから”。

 ニュージーランドではすでに83万5000人分のタミフルを備蓄していて、それは国民の21%分に相当する。また84万5000人分の抗生物質と2000万枚のマスクも備蓄。 
10月6日


Unicef sponsors birdflu classes Bangkok Post, Thailand (タイ) ユニセフ、児童の鳥フル教育を支援
 タイは来週から国内の学校で児童に鳥フル予防教育、例えば手洗いなどの予防方法、のキャンペーンを行う。6日ユニセフが発表した。
 国内の4万ヵ所の小学校と中学校を対象とし、頻回な手洗い、死亡した家禽の迅速なる当局への報告、他のキーとなるH5N1ウイルスの拡大予防策について教育する。
Possible birdflu cases in Makassar Jakarta Post, Indonesia (インドネシア) インドネシア、マカサールで鳥フル患者発生の可能性
 南スラウェシ州のマカサールの病院に7人が鳥フル疑いで入院した。
 患者のほとんどは10歳以下の子供で、ワヒディン・スディロウソド(Wahidin Sudirohusodo)病院の隔離病棟に発熱と嘔吐で、5日入院した。
 初期の臨床診断は鳥フル感染であるが、7人とも血液検査ではH5N1ウイルスに対して陰性であったとされる。しかし、診断確定のために、患者の鼻腔粘膜の検査をジャカルタの研究所で行う必要があるため、検体を採取して送ってあると、病院の担当者であるM.Halik氏が語った。
 患者の家族達によると、家の近くの鶏が病的状態で倒れたり、原因不明で死亡したりしていたようだと、同氏は付け加えた。
 ワヒディン・スディロウソド病院は、鳥フル疑いで治療する患者で、いくぶん溢れかえっていて、各室2人収容の2隔離室は倍の患者を収容している。
 保健省によると、インドネシアでは69人が鳥フルに感染し、52人が死亡している。
 マカサールでは6月に14歳少女が死亡し、9月7日にインドネシア政府からH5N1鳥フルであったことが報告されている。
 
 今回の疑い事例発生のマカサールと8月に感染者が出たパル。(スラウェシ島)
 
 一方、中央ジャワでは、ここ2,3日多くの鶏が倒れたり死亡していて、一部の検査でH5N1ウイルスが確認されている。
Indonesia to help develop rapid bird flu test  Reuters  (国際) インドネシア、鳥フル診断迅速測定キットの開発に協力
 インドネシア政府は、人での鳥フル早期診断キットの開発にシンガポール企業と提携する。
 タミフルによる治療には早期の診断が必要とされるが、そのためにも迅速診断キットの開発が急がれる。
 シンガポールの”Temasek Life Sciences Laboratory”は、すでに開発のアウトラインは得ているが、必要なウイルス株をインドネシア政府に提供してもらう必要がある。同社によると1年以内にキットの開発を行う予定とされる。
中国の鳥インフルエンザの防止体制が依然として厳しい CRI 
 中国農務省の尹成傑次官は5日、北京で「鳥インフルエンザの発生率が高い季節がやってきたが、中国の鳥インフルエンザの防止体制が依然として厳しい状況にある」と述べました。
 これは、尹成傑次官が5日農務省で開かれたテレビ会議で述べたものです。尹成傑次官はこの中で、「9月下旬以来、中国の寧夏回族自治区、内蒙古自治区などでは鳥インフルエンザの感染が相次いで発生している。家禽と関連製品の輸送は、ウイルス拡散のリスクを増やし、渡り鳥の移動が新しい感染をもたらす可能性もある。中国の防止体制にはまだ弱いところもある」と指摘しました。
 中国政府は、関連する省に対して鳥インフルエンザ防止のための緊急対策案を整備すると共に、突発的な感染への対応能力を高めるよう要求しました。また、それと同時に中国政府としては、ワクチンの生産メカニズムを調整し、ワクチンの生産企業が全力でワクチンを生産することによって、その供給を確保することにしています。
New birdflu cases reported in China North Korea Times, North Korea (北朝鮮) 中国で家禽における新規鳥フル発生
 中国北西部の寧夏回族自治区の省都である銀川近くの村での事例。4日に他報道で既報済み。
Researchers Find New Weapon Against Flu Virus Consumer Affairs (国際) 研究者達、鳥フル対策に新兵器を見いだす
 ウイスコンシン-マディソン大学の研究者達が、致死的インフルエンザウイルスを含む、広い範囲のインフルエンザウイルスに対して抑制効果を持つ化学物を見いだした。
 今週の10月4日にオンラインで発表された”Journal of Virology”で、インフルエンザウイルスが細胞に付着し、そして細胞内に侵入するのを阻止する効果を持つペプタイドが発見されたことが報告された。
 マウスによる動物実験で、致死的H5N1ウイルスを含む各種のインフルエンザウイルスに対して効力を発揮し、無処置マウスが全例死亡したのに対し、”entry blocke”と呼ばれる新薬(ペプタイドから作成)を投与したマウスでは全例生存した。 
Mauritania submits birdflu prevention plan at global conference TODAYonline, Singapore (シンガポール) モーリタニア、国家的鳥フル対策計画を世界会議に提出
 鳥フル発生のハイリスク国と考えられるモーリタニア共和国は、国家的対策計画をNouakchott.で開かれた国際会議に提出した。
 対策計画は463万ドルの国際基金を必要とする。
 毎年モーリタニアには数百万羽の渡り鳥がヨーロッパから地中海と大西洋を超えてアフリカへ飛来してくる。
渡り鳥の飛来ルートであることと、高湿帯が存在していることが、モーリタニアをハイリスク国にしている理由である。
 北部の高湿帯では120種類にも及ぶ渡り鳥40万羽がヨーロッパから飛来してくる。
 付け加えるに250万羽が Nouakchottの北方200キロに位置するArguin Bank 国立公園に毎年飛来してくるが、そこは世界でも最も渡り鳥の密度が高い場所になっている。
 計画は、高湿帯に接している小さな村落の住民が、家禽の密猟や放し飼いから、鳥フルに感染する危険を防止することを目的としている。
Govt Set to Begin Drive to Check Avian Flu Himalayan Times, Nepal (ネパール) ネパール政府、鳥インフルエンザのチェック開始
 世界銀行の支援の下に、監視態勢の強化。
US birdflu plans near 'state of the art'-official Reuters (国際) 米国の鳥フル対策は最高水準に近い-米国当局者
 米国は致死的H5N1鳥フル発生対策は完全に近いが、他の国家は十分準備されていないようだ。米国の健康危機管理当局者(health safety official)は5日警告した。

 ”我々の対策は最高水準に近い”、と内務省の鳥及びパンデミックインフルエンザ対策特別代表のジョン・ランゲ氏が、ワシントンで開かれた家禽産業界の代表者との会議で語った。
 しかし、海外での対策は”寄せ集め”に過ぎない。ランゲ氏は、そのように警告した。
 さらに同氏は今後2年間に海外での鳥フル対策に3億9200万ドルを費やす予定になっていることを語った。その費用は、専門家の派遣と検査機器の提供であるとされる。
10月5日


'Fit chickens can carry bird flu'  The Jakarta post(インドネシア) 無症状鶏が鳥フルウイルスを拡大
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 全く病気の症状を見せていなくても健康なニワトリが鳥インフルエンザのキャリアになることもありえると、衛生当局筋は25日に警告を発した。
 西ジャワ動物飼育事務所所長のラクマット・セティアディ氏は、この警告はH5N1ウイルスの陽性を示す健康なニワトリが検査によって発見さえたことに伴うものであるとしている。これはバトゥンガルのケボンワル地域でのインフルエンザによる二人の死者-23歳のIJと20歳のその弟TJの家の周囲の20羽のニワトリに実施された血清検査の結果である。
 同氏は、ニワトリとアヒルだけがこのウイルスを拡めることができると信じられているとしている。
 「検査結果では、4羽の健康なニワトリがH5N1に感染していました。一層の注意が必要です」と、同氏はバンドンで25日語った。
 現在、市民は近所でニワトリが突然死んだ場合に鳥インフルエンザの危険があるとしか知らされていない。しかし健康なニワトリもキャリアになりえると、ラクマット氏は述べている。
 バンドンの26の市と区のうち、2つのみ-タシクマラヤ市とシアミス区-が家禽間のH5N1感染を逃れているに過ぎない。
 健康なニワトリが鳥インフルエンザに感染する例はバンドンのみでなく他の市や区でも発生していたと、同氏は言う。しかし同氏は その市や区の名前を明らかにしなかった。
 住民が裏庭や自宅の近所でニワトリを飼うことをやめるように、同氏は勧めている。
一 方、バンドン市農業事務所所長のヨギ・スパルジョ氏によれば、ケボンワルでの鳥インフルエンザの集団感染の家庭で飼われていた11頭の犬の血清検査は陰性となったという。
 検査結果から考え犬から鳥インフルエンザ・ウイルスが拡がることはないと、同氏はしている。
 同氏の事務所は現在、26地域で広報キャンペーンを実施し、IJとTJの兄弟の死に伴う鳥インフルエンザの脅威の啓もうに努めているという。

 この兄弟例に関しては9月28日の報道で紹介済み。
AVA, cullers at the ready in case of a bird flu epidemic Channel News Asia(シンガポール) 鳥インフルエンザ流行に備えるAVAと殺処分要員
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 約540羽の雌鳥の殺処分が水曜に実施された。これは農業食料家畜局(AVA)が鳥インフルエンザへの準備の演習の一部として行われたものである、
 ガルス4というコードネームのこの演習は、昨日のプログラムも含め、AVA内部の30名の殺処分要員に加えてAVA外の50名の殺処分要員が初めて参加した。合計230名の要員が様々な機関から参加している。
 対応開始や殺処分要員の召集・訓練は欠かすことができないと、現実の想定では第二防衛線を構成することになるAVA主席行政官のチュア・シンビン氏は述べている。
 「除染プロセスと、殺処分要員が自衛し実際の殺処分活動を遂行するための保護器具装着を確実に学べる動物公衆衛生センターの設置もテストしたいものです」と、同氏は言う。
 AVAによれば、シンガポールの5つの農場には約200万羽のニワトリがいる。
 鳥インフルエンザ・パンデミックの場合、同局は2週間以内に全てのニワトリを殺処分することを目指している。
 約400名の殺処分要員は、廃棄物処理業者・建設会社・農家・屠殺場から召集される。
 殺処分要員-中には外国人労働者もいる-がどれほど訓練と安全手順を理解できるのかという懸念もあるが、学習ビデオを使い言葉の壁を克服していると、このプログラムの管理者であるメルビン・チョウ氏はしている。
 これは建設労働者のハラダーン・ラル氏には役立っている。彼はインドのタミル・ナドゥ出身である。
 「訓練を受けて、できる様になりましたし、判りやすいです」と、ラル氏は言う。
 ガルス4は、今のところ2回目の殺処分演習で、2004年2月の同様の演習に続くものである。この時は5000羽のニワトリの殺処分が行われた。
 国家開発省国務大臣のグレイス・フー氏は演習の進行を講評し、「各段階で全参加者が、外部から参加した殺処分要員も含め、何をすべきか正確に判っていました。だから問題が発生しても状況把握のための極めて優秀な姿勢が取れていると思います」としている。
Birdflu vaccine shows good results in early trial Washington Post, United States  (人用)鳥フルワクチンの初期臨床試験に成功
 類似報道は掲載済み。
 米国バクスター社。
 細胞培養に基づき、ウイルス成分全体を用いた人用ワクチンの初期臨床試験が成功。
 来年(2007年)早々、後期臨床試験に着手。
 英国に200万人分を来年末に納入予定。米国政府とは交渉中。
 下記内容の全文翻訳予定ありません。

CHICAGO (Reuters) - An experimental vaccine for bird flu using new cell-based manufacturing methods showed promise at combating several strains of the virus in an early clinical trial, Baxter International Inc. said on Wednesday.

The health-care products maker said preliminary results from a 270-patient study suggest the vaccine was safe, well- tolerated and may provide wider protection against H5N1 -- the bird flu virus -- for a larger number of people.

Although early, Baxter's study suggests the vaccine could be stockpiled and used as a weapon against an emerging bird flu pandemic, said Hartmut Ehrlich, M.D., vice president of global R&D for Baxter's BioScience division.

Ehrlich said the early-stage study suggests the vaccine could offer cross-protection from similar strains of the H5N1 virus.

"We're seeing cross-neutralization, which of course we hope will be translated to cross-effectiveness in a pandemic situation," Ehrlich said in an interview.

H5N1 mainly affects birds, but experts fear it could mutate into a strain easily transmitted from person to person, capable of killing millions of people in a global pandemic.

Deerfield, Illinois-based Baxter said the results are the first data from any bird flu vaccine made using cell-based techniques, a new and better way for developing vaccines that holds the promise of producing much larger quantities of vaccine in much less time.

Vaccine makers currently rely on egg-based production methods, which require steady supplies of carefully grown eggs and months of cultivation. The new method grows the vaccines in labs, in batches of cells called cell cultures.

"Our system will allow us to begin vaccine production significantly earlier than the egg manufacturers," said Noel Barrett, Baxter's vice president of global research vaccines.

He said Baxter is the only vaccine maker using the highly virulent "wild type" strain of the virus, which is the authentic virus circulating in nature,

Baxter is also using the whole virus. Other companies must genetically manipulate the virus to make it less toxic to chicken eggs and must have its safety checked before vaccine production can start.

Because of those extra steps, Barrett estimates the company could have a seven to 10-week advantage over the egg-based manufacturers in the event of a pandemic.

LATE-STAGE CLINICAL TRIAL EARLY 2007

Ehrlich said the Baxter-funded study of healthy adults in Austria and Singapore suggested the vaccine had similar side effects to those reported for seasonal flu vaccines.

The preliminary results suggest the vaccine is highly capable of producing an immune response and can create antibodies to H5N1 even at the lowest dose level.

Serum samples from study subjects showed the vaccine was able to neutralize the virus contained in the vaccine as well as other diverse strains of the H5N1 virus.

Baxter plans to begin a late-stage clinical trial of the vaccine early next year and said it will present final results by the end of 2007.

Joy Amundson, president of Baxter's Bioscience business, said in an interview the company is in active discussions with ministers of health concerning bird flu preparedness.

"We've got a commercial scale facility that is able to produce product immediately," she said.

Baxter is under contract to supply bird flu vaccine to the U.S. and British governments.

Amundson said the company will deliver some 2 million doses to the British government in the fourth quarter and is in the process of delivering product to the U.S. government as well.

Europe's biggest drugmaker GlaxoSmithKline Plc in July said its egg-based vaccine could be mass produced in 2007.

French drugmaker Sanofi-Aventis and Swiss drugmaker Novartis AG are also working on an H5N1 vaccine.

The virus has killed at least 148 people since 2003, mostly in Indonesia, Vietnam, Thailand and China, according to the World Health Organization.




AVA, cullers at the ready in case of a birdflu epidemic TODAYonline, Singapore (シンガポール) シンガポール、農業食料家畜局、鳥フルパンデミックに対する、家きんの殺処分態勢準備完了と
 パンデミック発生時には全ての家きんを2週間以内に殺処分と。
 シンガポール内には、5農場に200万羽の鶏がいるとされる。
Getting prepared for the worst The Capital Journal, SD (米国) 最悪の事態に備えよ
 サウス・ダコタ州で州保健局の疫学担当官が、地域の企業関係者に対して、鳥フルとその対策について説明を行った。
 、もし、H5N1ウイルスや他のインフルエンザウイルスで、大規模なパンデミックが発生した場合、サウス・ダコタ州で23万6千人が発病し、5千人近くの人々が死亡する。
  ……
FluWrap: West Java goes own way Science Daily (press release) (国際) 西ジャワ州、独自の方法で鳥フル対策に
 インドネシアでもっとも多くの鳥フル被害を出している西ジャワ州は政府の公共鳥フル教育プログラムを拒否して、その代わりにこれまでの鳥フル予防チームによる対策を強化すると発表。
 内容は以下の通り。
 西ジャワ州保健当局のユディ長官の語った問題点は以下の通り。
・政府の出したプログラムを使用することに意味はない。これまでの対策を強化することが必要。
・保健省、農業省、教育省が各州の代表者と共に国家的対策プログラムの概要を作成したが、西ジャワ州で必要なのは、学童を中心に鳥フルについて、そしてその危険性について強力に教育することである。
・インドネシアの医師とナースは事態の悪化を深刻に受け止めていない。
 ”鳥フルで死亡したIJの場合、入院して何ら治療もされないまま4時間後に死亡した”。その5日後、患者の兄弟が病院で死亡している。
・ユディ長官がジャカルタ・ポストに語ったところによると、西ジャワ州政府が地域の鳥フル治療に対する特殊助成金を配分していないことが、重要な問題となっているとされる。
Community volunteers needed for emergency preparedness Robertson County Times, TN  (米国) 緊急対策には地域のボランティアが必要
US Drug Company Says BirdFlu Vaccine Effective in Early Trials Voice of America (米国) 米国製薬企業、人用鳥フルワクチンの初期試験で成功
New drug blocks influenza, including birdflu virus EurekAlert (press release), DC (米国) 新抗インフルエンザ薬が開発
 ウイスコンシン-マディソン大学の研究者達が、致死的インフルエンザウイルスを含む、広い範囲のインフルエンザウイルスに対して抑制効果を持つ薬を見いだした。
 今週の10月4日にオンラインで発表された”Journal of Virology”で、インフルエンザウイルスが細胞に付着し、そして細胞内に侵入するのを阻止する効果を持つペプタイドが発見されたことが報告された。
Baxter unveils birdflu vaccine Sun-Sentinel.com, FL (米国) バクスター社、(人用)鳥フルワクチンの初期臨床試験に成功
 米国ディアフィールドに本社を置くバクスター国際製薬(株)は、5日、人用鳥フルワクチンの実験的製品の初期臨床試験に成功したことを発表した。
 これまでH5N1ウイルスに対するワクチン開発が数社で進められてきたが、バクスター社もその仲間入りをした。
 英国の巨大製薬企業であるグラクソスミスクライン社は7月に、人に効果的ワクチン開発を発表している。
 今回のバクスター社の臨床試験はオーストリアとシンガポールの健康成人270人をボランティアとして、4種類の異なった抗原濃度を含むワクチンを投与した。
 ”今回の臨床試験結果には非常に満足している”、とバクスター社のワクチン開発部の副社長であるノエル・バレット氏は語っている。
 ”バクスター社が特許権を保有するベロ細胞を用いた方法で、安全で効果的ワクチン製造のゴールに向かって重要な関門をくぐり抜けた”。
 バクスター社のワクチンは、これまでの受精卵を用いた方法で抗原となるウイルスを増殖させる方法ではなく、細胞培養を用いた方法により製造される。前者は製造の時間がかかりすぎるため、すでに方法論としては古いものになっている。
 バクスター社の方法は9から12週で大量のウイルス抗原を製造でき、これまでの数ヶ月も要する受精卵使用の方法よりも格段に進歩している。
 またこれまでの方法では、数百万個の受精卵にウイルスを注入する技術者を必要とする。注入する際技術者は、卵の殻に光りをあてて、エンブリオを取り巻いている液体を確認し、そこにウイルスを注入する。その後受精卵は数ヶ月孵卵させられる。
10月4日

China reports birdflu outbreak, second for the week Reuters AlertNet, UK (英国) 中国、今週2事例目の家きんにおける鳥フル発生を報告
 中国北西部の寧夏回族自治区の省都である銀川近くの村で家きんにおけるH5N1鳥フルが発生し、1000羽近くの家きんが死亡したことが、国営テレビが報道した。前日には隣の内蒙古自治区での発生が報告されたばかりである。
 当局者によるとさらに72930羽の家きんが殺処分され、既に発生はコントロールされているようだ。
Vietnam To Import Six Million Doses Of H5N9 Vaccine Bernama(マレーシア) ベトナム、600万本分のH5N9ワクチンを輸入へ
森 孝夫氏訳(日本リスクマネジメント株式会社)

 ベトナムの農業・地方開発省は600万本分のH5N9ワクチンを輸入し鳥インフルエンザ対策でガチョウに接種すると、ベトナム通信(VNA)は3日に報じた。
 鳥インフルエンザ対策・国家運営委員会の会合で、動物衛生部部長のブイ・カン・アン氏は、10月に新たな鳥インフルエンザの発生が起こる可能性があり、全国での予防活動を強化する必要があると、語った。
 同氏はベトナムのガチョウへのワクチン接種の困難さを予測した。全国でガチョウは1万羽いると見積もられ、大半は家庭で飼育されている。
 37の地方自治体で今年6450万羽に対し第2巡目の鳥インフルエンザ予防のためのワクチン接種を完了させていると、ブイ氏が述べたことをVNAは報じている。
 動物飼育部部長のグエン・ダン・ヴァン氏は、今後数ヶ月で家禽製品の需要増がありうるため、それが鳥インフルエンザ再発につながる要素になりうるとしている。
NJ unveils campaign about flu pandemic MLive.com, MI (米国) ニュージャージー、パンデミック・インフルエンザ対策キャンペーン
 一般市民は公衆衛生局が、いつ発生してもおかしくはないと警告しているパンデミック・インフルエンザに対して、対策を立てなければならない。ニュージャージー州の保健当局の責任者が3日、公衆注意キャンペーンの中で語った。

 ”インフルエンザ対策は大丈夫?ニュージャージ”、と名付けられたマルチメディア・キャンペーンは、一般住民、学校、企業に対して、パンデミック・インフルエンザの対策を促進することを目的としている。それにより実際発生したときのパニックと感染の広がりを抑えるものである。
 キャンペーンでは、一般市民に対して、食料や飲料水の備蓄を勧めるとともに、ウイルス感染を防ぐための厳格な衛生管理、およびパンデミックが発生したときの社会的インパクトに関して学んでもおらうことを目的としている。
 ……
Indonesia confirms 69th human case of birdflu News-Medical.net, Australia (オーストラリア) インドネシア、69人目の感染者を報告
 東ジャワで21歳女性がH5N1鳥フルを発病したことが、インドネシア当局から発表され、同国で69人目の感染者となった。9月18日に11歳の弟がH5N1鳥フルで死亡しているが、人人感染の可能性があるか否か調査中とされる。

 9月29日に、ロシアのプラウダで既報済み
Best way to treat birdflu Times Online, UK  (英国) 鳥フルの最善治療
 英国タイムズ紙への「編集者への手紙」
Sir, The report in Nature describing the increased host immune response caused by the 1918 pandemic influenza virus (report, Sept 29) is the latest in a series of studies suggesting it is the host response (the “cytokine storm”) that is probably responsible for most deaths now being seen with H5N1 infections. If the H5N1 virus leads to the next human pandemic, and if the situation is similar to that in 1918, there could be 350 million deaths worldwide.

Conventional vaccines will be too little too late, and limited supplies of antiviral medications will be available in only a few countries. However, we have recently learnt that statins (the drugs used to treat high cholesterol) decrease mortality due to pneumonia by 40-60 per cent, suggesting that, by modifying the influenza “cytokine storm”, statins could be life-saving. The scientific rationale for considering statins for pandemic use is persuasive, but the public health rationale is hugely compelling. Unlike vaccines and antivirals, generic statins are available in almost all countries, and treating an individual patient would probably cost less than £1.

The pandemic might be imminent, yet nothing is being done by scientists and health officials to explore this idea. Why?

DAVID FEDSON
Former Professor of Medicine University of Virginia
SUSAN CHU
Editor, fluwiki.com
PETER DUNNILL
Professor of Biochemical Engineering
University College London

編集者殿

 9月29日に報告されたNatureの論文で、1918年のパンデミック・インフルエンザ(いわゆるスペイン・インフルエンザ)のウイルスで過剰に免疫反応が引き起こされ、サイトカインストームが発生するという一連の研究の流れの中で、さらに最新の研究結果が報告された。この仮説は、現在報告されているH5N1ウイルス感染による死亡の原因でもあろうと考えられている。もしH5N1ウイルスが次のパンデミック・インフルエンザを引き起こすとしたなら、そして状況が1919年と似ているならば、世界で3億5千万人死亡する可能性がある。

 ワクチンは作成されても量的に少なく、また時間的にも間に合わない。さらに抗インフルエンザ薬は量的に限界があり、(裕福な)数カ国でしか利用できない可能性が高い。
 しかしながら我々は最近、高コレステロール血症の治療に用いられるスタチン(statins)が、合併肺炎による死亡率を40~60%減少させることを知った。スタチンはサイトカインストームを抑えることで、結果的に生存率を上げることが示唆される。
 パンデミックに対してスタチン使用を考慮する科学的正当性は十分説得力あるが、公衆衛生学的にはさらに魅力的な正当性を持つ。ワクチンや高インフルエンザ薬とは異なり、スタチンのジェネリック薬はほとんど全ての国で手に入り、さらに1人の患者に対するコストも1ポンド(約223円)もかからないはずである。
 パンデミックは差し迫っているとも思われる。しかし科学者と保健当局者は、この考えに関してあまり注目していない。それはなぜなのだろうか?

 デビット・フェドゥソン
  前バージニア大学医学部教授
 スーザン・チュ
   fluwiki.com 編集者
 ピーター・ダンヒル
  ロンドン大学生化学工学教授


スタチン
 抗コレステロール血症薬

 

10月3日

インドネシア情報、全く無し。
 下記の情報はフォローできず。

西ジャワ、家族内で3人集団発生の疑い、2人死亡(最終報道9月28日)
北スマトラで家族5人が発病疑い(最終報道9月27日)

東ジャワで姉弟間で感染の可能性(最終報道9月29日)


US governors prepare for flu pandemic United Press International  (国際) 米国知事協会、パンデミック・インフルエンザ対策を協議 

Disease screening controls to be doubled at airport Nation Multimedia, (タイ) 空港における疾病チェック態勢を倍に強化
 タイ疾病管理局は、インフルエンザ・パンデミックに備えて、新年まで国際空港における疾病監視管(disease-control officers)の数を16人から32人に、医師の数を3人に増加と発表した。
 5台の体温チェック機(thermoscanner)も追加配備される。
Roche on Target to Meet Tamiflu Demand CBS News, New York ロッシュ社、タミフル要求に応えるべく、十分量の増産体制に
 今年度末までタミフル生産量を2004年度の10倍量、年間4億人分まで増量すると発表。
 このインフルエンザシーズンにおける需要にも、昨シーズンの倍量出荷予定で、十分応えられると説明。
10月2日

 現在のところ、特記すべき情報はなし。6年10月2日 月曜日 6:42:41 AM

 週末の話題 PDF ファイル
 新インフルエンザ薬ペラミビル情報集約集
 季節性インフルエンザワクチンがH5N1ウイルスに効果を持つ可能性情報集約集
10月1日(日)

Birdflu detected in Illinois wild ducks thought to be harmless Journal Gazette and Times-Courier, IL  (米国) イリノイ州でカモから鳥インフルエンザウイルスが検出、無害なタイプと推定
 イリノイ州で野生の渡りのカモでから鳥フルウイルスが検出された疑いが持たれているが、連邦当局では、アジアで流行している致死的株とは考えられないと発表。
 初期の検査では人に害のないウイルス株であることが示唆されたと、農業省と内務省の当局者が語っている。
 カモは何の症状も呈していないことから、通常野鳥で見られる鳥フルウイルスであることが示唆されている。
 野鳥における低病原性の鳥インフルエンザウイルスは、ペンシルバニア、マリーランド、およびミシガン州でも見つかっている。
New drug boosts birdflu survival in animals Reuters (国際) 新規抗インフルエンザ薬、動物実験で成功
 鳥インフルエンザ及び季節性インフルエンザ治療用の新薬が、動物実験で鳥インフルエンザに対してして有効であることが確かめられた。米国系企業の BioCryst Pharmaceuticals Inc.が9月30日発表した。
 ペラミビルと呼ばれる新薬は、インフルエンザに対する感受性が人に類似しているマウスとフェレットが、H5N1ウイルスで感染死するのを防いだ。
 研究結果はサンフランシスコで開催された「抗微生物薬と化学療法」会議で発表された。
 結果はFDAに対して、人での使用承認に弾みをつける結果になったようだ。
 FDAは、致死的病原体が関係している場合、人での臨床試験の代わりに2種類の動物実験の結果を採用する。
 ペラミビルはいまだ実験的研究段階であるが、タミフルとリレンザに次ぐ世代の抗インフルエンザ薬と見なされている。
 専門家は治療で選択するために、数種類の抗インフルエンザ薬が必要と考えている。なぜならばウイルスの変異が早いと言うことと、現在、完全に効果があると考えられる薬剤がないからである。

 研究者達は41匹のマウスと20匹のフェレットを用いた。
 ペラミビルの一回注射で致死的H5N1ウイルス70%のマウスが生き残り、5日間の注射で80%が生き残った。ペラミビルを投与されなかったマウスでは、H5N1ウイルスウイルス感染により36%しか生き残らなかった。
 フェレットの実験では、5日間の注射で86%が生き残り、無処置群では36%しか生き残らなかった。
 ”研究者達は人で容易に得られる薬の血中濃度で、薬が動物の死亡阻止に対して、非常に有効的に作用することを見いだした”、と薬剤開発会社であるBioCryst,社の社長のチャールス・ブグ博士は電話取材で答えた。
 29日、同社はペラミビルは安全に人に高濃度で投与出来ることを発表した。しかし倫理的にH5N1ウイルスを人には投与できないため、実際にどれだけH5N1ウイルスに感染した人に効果を発揮するのかは不明である。

 当情報は昨日も他報道で出されており、訳文は掲載済みである。参照のこと。
China Reports New H5N1 BirdFlu Outbreak CBS News, New York  (米国) 中国、新規H5N1鳥インフルエンザの家きんでの発生を報告
 中国北部の内蒙古自治区で、H5N1ウイルスで985羽の鶏が死亡したことを9月30日、国営通信が発表した。
 発見されたのは包頭市(Baotou)近くの村で、当局は8990羽の鶏を殺処分した。検査結果は29日判明したと言う。
TOP