高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

*管理人編集2005年まとめはこちら*
12月31日

・Mystery surrounds source of seventh human infection People's Daily Online (人民網、中国) 中国福建省での死亡例、感染源が不明
 中国で7人目にあたる、41歳の患者は鳥に接触した既往はなく、感染源はいまだ不明なままである。感染者周辺地域での家禽は全てワクチンが投与されており、また秋以降異常な鳥の死亡は報告されていなかった。さらに当局は患者が見つかってすぐに近くの230羽の鶏を殺処分して調べたが、ウイルスは見つからなかった。
・CDC Chief Outlines Plan of Action for BirdFlu Voice of America (米国) CDC長官、鳥フル対策行動概略を語る

 鳥フルはヨーロッパを越えて鳥の間に広がって来ている。トルコやルーマニアで新規の発生が報告されていることから、米国は国内にウイルスが侵入しないように対策を継続している。

 米国政府は鳥フルの脅威を深刻に受け止めている。米国CDC長官のジュリー・ガーバーディングは、もしウイルスが変異して人人感染が生じるようになった際の行動計画が用意されていると語った。”ほんの少し前”、と彼女はNBCニュースに語った。”内閣は差し迫った鳥フル流行の脅威に対する行動計画に一致団結して対応することを申し合わせたばかりだ”。

 ガーバーディング博士は米国は、彼女の言うところによると、良い国際的パートナーであり、世界のどこで流行が発生してもそれを抑止するように努力するだろう、と強調している。
 しかし彼女は、政府は国境や空港の閉鎖は考えていないと言う。”もし我々の目的が海外で発生した流行の国内への拡大防止ならば、我々は非常に早期に行動を開始するだろう”、と彼女は説明する。”例えば、海外で感染した可能性ある人が航空機で入国した場合の隔離、発病者や感染者の移動の禁止措置”。
 しかし彼女はこれらの措置は国内で一旦流行が発生してしまった場合は、それほど有効に働かないだろうと言う。”我々が本当に必要とするものは、常識に基づいた対策なのだ”。

 常識に基づいた対策とは、ワクチンが作られるまで社会におけるウイルスの広がりの速度を減じることと、そして人々を感染から守ることなのだ。”場合によっては学校の早期閉鎖もあり得る。また症状が現れた場合は仕事を休むようにアドバイスするだろう。発病や自宅での子供達の世話で多くの人が休業する可能性がある。(学校や企業は前もって対策を立てる必要がある)。

 ジュリー・ガーバーディングCDC長官は、米国は最悪のシナリオにそって行動計画を立てているが、予想される程パンデミックが重大な結果をもたらさないことを願っている、と付け加えた。
 

12月30日


・中国、鳥インフルエンザのウイルスサンプル依然提出せず=WHO ロイター  (国際−>日本語) 
 世界保健機関(WHO)は30日、中国が鳥インフルエンザに感染した動物のウイルスサンプルを提出していないことを明らかにした。中国は29日、国内で鳥インフルエンザによる3人目の死者が出たことを明らかにしている。新華社の報道によると、死亡した女性は福建省に住む41歳の工場従業員。H5N1型鳥インフルエンザにより1週間以上前に死亡していたという。女性の住んでいた地域では動物のH5N1型鳥インフルエンザ感染は公には確認されていなかった。WHOをはじめとする国際的な保健機関は中国に対し、鳥インフルエンザウイルスに感染した動物のサンプルを試験用に提供するよう要請しているが、中国はまだ応じていない。現地のWHOスポークスマンは、中国におけるウイルスの状態も疑問視される、との見解を示している。中国は今月先に、人間以外の鳥インフルエンザ感染例について、ウイルスサンプルを提出することに同意。WHOは、中国がサンプルを提出しない理由は不明だとしている。
・WHO says China still not sharing birdflu samples Reuters Canada (カナダ) WHO、中国はいまだ鳥フルウイルス検体を提供せずと
 WHOは中国からいまだ動物由来のH5N1ウイルスを提供されていないと談話。H5N1ウイルスはいまだ鳥の間で感染症を繰り返しているので、鳥から分離されたウイルスを分析することが重要とWHOでは説明している。
・Bad vaccines may trigger China birdflu-expert Metro Toronto (カナダ) 専門家:不良ワクチンが中国の鳥フル流行の引き金に
 米国の聖ユダ小児病院の世界的ウイルス学者のロバート・ウエブスター博士は、中国全土で広がっているH5N1鳥フルが非標準的、または不良ワクチンで起きている可能性を示唆した。
・NewZealand: Hotels, hostels likely quarantine stations for bird flu epidemic radionz.co.nz (ニュージーランド) ニュージーランド:鳥フルがパンデミックとなった場合、ホテルやホステルも隔離施設に

 The Wellington Medical Officer of Health, Margot McLean, says hostels and hotels are likely to be used to quarantine people during any future pandemic of influenza.
 Public health officials are considering how to cope if the bird flu virus ciruclating in Asia and elsewhere mutates into a form easily spread among humans.
 A draft plan for Wellington and Wairarapa says field hospitals would be needed and travellers would need to be quarantined, possibly on Kapiti and Matiu/Somes islands.
 According to the draft, field hospitals could be located at a campus in Trentham, at hotels and other commercial buildings, and at marae, schools and churches.
 Quarantine stations could be sited at prisons and nursing homes, the Salvation Army Training School, motels and camp grounds, and on Somes/Matiu and Kapiti islands.
 Dr McLean, says the draft is still a work in progress and final planning for a possible flu pandemic is months away from being completed. 
 Public health officials throughout the country are preparing pandemic contingencies for their area.

・China: Third human dies from birdflu Fort Worth Star Telegram (米国) 中国、鳥フルで3人目の死者
 福建省で41歳女性が発症後2週間で、12月21日H5N1鳥フルで死亡したことが国営通信で発表された。感染源など詳細は不明。周辺からは感染者は出ていないという。
 中国でH5N1鳥フル感染者は合計7人で死亡者は3人となった。他に死亡した12歳少女が疑い例となっている。

・Birdflu found in Romania The Age (オーストラリア) ルーマニアで新たな鳥フル
 今月に入ってからブカレストの東部の6カ所の村で発生した家禽の鳥フルは、ロンドンの研究所でH5N1と確かめられた。
 
・Expert: Bad vaccines may trigger China birdflu Ely Times (米国) 専門家:中国の鳥フルは不良ワクチンが原因の可能性
 米国の聖ユダ小児病院の世界的ウイルス学者のロバート・ウエブスター博士は、中国全土で広がっているH5N1鳥フルが非標準的、または不良ワクチンで起きている可能性を示唆した。
 ”もし良いワクチンを使っているならば、家禽から人への感染は阻止される。しかし、もし彼等が何年間もワクチンを使ってきたなら、なぜ今あんなんい多くの家禽が感染しているのが、説明が難しい”、と香港で同博士はロイターに語った。
 ”不良ワクチンは、鳥での発病は阻止するが、鳥はウイルスは排出し続けて、さらに変異させる可能性がある。中国での状況は正しくその通りになっていると思う”、と博士は付け加えた。
・中国、鳥インフルで女性死亡・福建省で初 日本経済新聞  (日本)
 新華社電によると、中国衛生省は29日、福建省三明市の女性(41)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し死亡したと発表した。中国での人への鳥インフルエンザ感染確認は7人目、死者は3人目。福建省での確認例は初めて。女性は工場で働いていたが、発熱など肺炎に似た症状が出て今月8日に入院、21日に死亡した。衛生省は世界保健機関(WHO)や香港政府などに通報、女性に接触のあった人などに発症した例はないとしている。
12月29日


・FDA OKs Tamiflu For Kids CBS News (全米) FDA、タミフルの小児への投与を承認
  FDAは1〜12歳の小児に、インフルエンザ予防のための投薬を承認した。
  これはインフルエンザAとBに対する予防薬とした初の承認となる。
  しかしながら、タミフルはワクチンの代替品とはならない、とFDAは伝えている。
  FDAの評価対象とした研究によると、家族内でインフルエンザを発症したメンバーのいる222人の1〜12歳の小児で、タミフルを予防的に1日1錠服用させた群では、3%の発症であったが、服用しなかった群では17%の発症だったと言う。これは成人に対するのと同様に、小児に対してもタミフルは予防効果があることを示している。

 副作用

 FDAによると副作用は治療と予防投薬において差はなく、もっとも共通の症状は悪心、嘔吐、頭痛、倦怠感であった。
 嘔吐は1日2回服用する場合の方が多く、ある研究によると大人よりも小児で嘔吐が頻繁に認められ、量的問題が関係している可能性が示唆された。

3 versus 17

1日1錠10日間投与−−>3%発症
投与なし−−>17%発症

・Bird Migration Not Spreading Deadly Flu WRAL.com (米国) 渡り鳥は鳥フルを伝搬しない
 鳥フルは渡り鳥によらず、むしろ航空機によって世界中に伝搬される可能性が高い。科学者達は鳥フルが渡り鳥によって伝搬されるという証拠を見いだせなかった。数千羽に及ぶ死亡した渡り鳥が鳥フルを拡大の原因になっていないことが示唆される。
  *全米ニュース
12月28日

・Birdflu appears to wing its away around globe by plane Pravda, (ロシア) 鳥フル拡大に渡り鳥は関与せず
 科学者達は鳥フルウイルスが渡り鳥によって運ばれるという証拠を見いだせなかった。
 ウイルスは鶏、アヒルなど他の家禽の輸出により運ばれる危険性がはるかに高いと考えられる、さらに家禽農場や市場でのウイルス調査の方が、野鳥での調査よりもはるかに意義があると考えられる。米国とヨーロッパの専門家が語っている。
・Turkey's second case of birdflu discovered Hurriyet (トルコ) トルコで2事例目の鳥フル発生
 トルコ東部Igdir省のアルメニアとの国境沿いで2事例目の鳥フルの発生が確認された。H5亜型ウイルスが検出されたが、詳細は不明。
       

・Birdflu fails - for now - to migrate Monterey County Herald (米国) 鳥フルウイルス、渡り鳥では拡大せず
 秋から冬にかけて西ヨーロッパ、ナイル流域に多くの渡り鳥が来ているが、鳥フルは伝搬されていない、等から鳥フル拡大に渡り鳥が関与している可能性が低いことが立証。もし渡り鳥がウイルスを伝搬しているなら世界中にウイルスがすでに拡大しているはずだ。… 
12月27日

・自治体のタミフル備蓄、地方交付税で財源を措置・総務省 日本経済新聞 (日本)
 新型インフルエンザの発生に備えて地方自治体が備蓄する抗ウイルス薬「タミフル」の購入費用として、総務省は27日、120億円を来年度の地方交付税で措置する方針を決めた。政府が27日に開いた「鳥インフルエンザ等に関する関係省庁対策会議」に報告した。年明けの閣議で正式決定する。120億円で、約500万人の5日間の服用量を確保できる。国がまとめた「行動計画」によると、国と都道府県がそれぞれ1050万人分のタミフルを購入することになっている。厚生労働省は来年度中に約500万人分を購入するよう自治体に求めていたが、今回の方針で財源が確保される。
・Romania detects new bird flu outbreak Reuters (国際) ルーマニアで新規鳥フル発生
 ルーマニアはブカレストの東90キロの村で新規鳥フルの発生を確認した。
・Chinese scientists claim new birdflu drug better than Tamiflu ... Forbes (国際) 中国でタミフルよりも良い抗鳥フル薬が開発
 中国の科学者は、鳥フル感染人の治療薬としてタミフルよりも優れている薬を開発したと発表した。
 スイスのロッシュ社のタミフルのように、新薬はニュラミダーゼ阻害薬で、ウイルスが他の細胞に感染するのを阻止する。コストはタミフルの1/3であると言う。
 新薬は中国軍医科学アカデミーの研究グループによって開発されたが、研究責任者によると臨床試験でタミフル以上の効果が得られたとされるが、詳細は不明。
・TAMIFLU: DANGEROUS AND INEFFECTIVE? Free Market News Network (米国) タミフル:危険で無効の可能性?
 各種の副作用の他、間違いなく鳥フル(新型インフルエンザ)に有効という根拠が得られていないことを説明。
 The list includes, in alphabetical order: aches and pains, allergic reactions (sometimes leading to shock), asthma and aggravation of pre-existing asthma, bronchitis, chest infection, conjunctivitis, dermatitis, diarrhea, difficulty sleeping, dizziness, ear infections and problems, erythema multiforme, headache, hepatitis, indigestion, liver problems, lymphadenopathy, nausea, nose bleed, rash or rashes, runny nose, sinusitis, Stevens Johnson syndrome, symptoms of a cold, tiredness, tummy pain, urticaria, and vomiting.

 The capsules also contain the following ingredients: black iron oxide (E172); croscarmellose sodium; FD and C blue 2 (indigo carmine, E132); gelatin; oseltamivir; povidone; pregelatinised maize starch; red iron oxide (E172); shellac; sodium stearyl fumarate; talc; titanium dioxide (E171); yellow iron oxide (E172). The oral suspension liquid, meanwhile, contains: oseltamivir; saccharin sodium (E954); sodium benzoate (E211); sodium dihydrogen citrate (E331 (a)); sorbitol (E420); titanium dioxide (E171); tutti frutti flavor; maltodextrins (maize); propylene glycol; Arabic gum (E414); natural identical flavoring substances (mainly consisting of banana, pineapple and peach flavor); and xantham gum (E415).

Lists that may have adverse affects while interacting with Tamiflu, including Chlorpropamide, Methotrexate, and Phenylbutazone.

・Watching For BirdFlu At Airports CBS 5 - Green Bay (米国) 空港での鳥フル警戒態勢が強化
 アジアからの搭乗者が発病したとき、乗務員は患者を隔離して到着空港に連絡する訓練を受けている。、到着空港では検疫室でチェックの体制がCDCにより敷かれている。
・Flu fight must be maintained: PM Viet Nam News (ベトナム) ベトナム首相:鳥フル対策は継続しなければならない
 H5N1ウイルスの脅威はいまだ高いから、鳥フル対策は継続しなければならないと、首相は警告した。また農業省と保健省に対して、新年には鳥フルを撲滅出来るように努力するように言った。
・Strict health checks as crowds gather for haj MSNBC (米国) メッカへの巡礼者に対する厳格な健康チェック
 サウジアラビア政府は来月のメッカ参拝への巡礼者に対する健康チェックを始めたと発表した。すでに50万人集まっているが、鳥インフルエンザ感染者がいて、そこから巡礼者の間に拡大する懸念から、参加者の健康をチェックし、感染者がいたなら母国へ戻す計画となっている。

・China to produce 1b doses of new birdflu vaccine for animals Radio New Zealand (ニュージーランド) 中国、家禽用に10億羽分の新ワクチンを製造
 中国国営通信は、科学者達が4年間要して家禽用の鳥フルワクチンを作成し、今月末まで10億羽分製造すると発表した。製造コストは従来の五分の一で済み、また人用ワクチンの開発にも役立つと説明している。
12月26日

・新インフルエンザ 隔離治療室が不足 都内施設は70床 産経新聞 (日本)
 東京都の新型インフルエンザ対策で、患者を隔離して治療が可能な「陰圧室」のある医療施設が都立、民間病院を合わせても七十床しかないことが二十五日、分かった。大流行の場合、都民の三分の一が感染する恐れがあることから、事態を重視した都は代替施設の調査を開始。都立、民間を含めた各病院の結核病棟や一般病棟のほか、学校などの公共施設を臨時の隔離病棟とするための準備に乗り出した。
・Four more provinces declared birdflu-free for three weeks Viet Nam News, Vietnam  (ベトナム) ベトナム:さらに4省で3週間鳥フル発生無し
 過去3週間鳥フル発生が見られていない省がさらに4カ所増え、国内で13カ所の省が鳥フル撲滅に成功している。いまだ8カ所の省で鳥フル発生がこの3週間以内に見られているが、新規の発生はない。
 10月初めから370万羽の鶏が殺処分されていると動物衛生省(The Animal Health Department)では言っている。
 また農業省では中央のQuang Nam省でワクチン接種されていない鶏20万羽を殺処分することを決めた。
12月25日


・Bogus drugs alert! Gulf Daily News (ヴァーレーン) ヴァーレーン:偽物のタミフルに注意!
 タミフルや他の薬を購入する前に家庭医に相談するように保健省から昨日警告が出された。
 警告はタミフルの偽物がヴァーレーンのウエブサイトで売られているという報告があったことによる。保健省ではこれまで知らなかったと言う。
 カナダの報道機関によると、英国当局がタミフルとして抗ウイルス薬を販売している18のウエブサイトを確認し、そのうち一箇所がヴァーレーンであった。
 報道によると英国保健医薬品監視機構(British Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency :MHRA)が、タミフルと称されて売られている抗ウイルス薬の英国内のインターネット販売の状況を調査した結果による。
 鳥フルのパンデミックの可能性とタミフルの市場での不足が、このようなインターネットにおける偽物タミフルの発売につながっている。
 ヴァーレーン保健省では、国内のウエブサイトで偽物タミフルが販売されていたことを知らなかったと言い、タミフルだけでなく他の抗生物質も家庭医の相談無く、インターネットで購入しないようにと警告した。
 英国MHRAによるとタミフルと言って販売しているウエブサイトは、米国7箇所、英国3箇所、カナダ2箇所。他にスイスやヴァーレーンなど6箇国に1カ所づつあり、現在地域当局により調査されている。
 MHRAではタミフルのような医薬品をインターネット、そして保健行政の管理外で購入する危険性を警告するキャンペーンを開始している。
・Dead chicken did not have dreaded flu Advertiser Adelaide (オーストラリア) 死亡した鶏は鳥フルではなかった
  ニューサウスウエールズのベントワースで見つかった屋外飼育で死亡した鶏は、検査の結果マーレック病であったことが確認された。鳥フル疑いで飼育者から報告された事実は、オーストラリア国内における鳥フルサーベーランスシステムが有効に機能していることが示唆され、当局では歓迎されるべきと談話を発表した。
・Birdflu again detected in Romania TODAYonline (シンガポール) ルーマニアで再び鳥フルが検出
 ルーマニアの東南部のイアロミタで三箇所目の村で鳥フル発生が見つかった。簡易検査でh5亜型と確認された。
・Vaccine against BirdFlu and Newcastle Disease Developed CRI (中国) 中国、鳥フルとニューカッスル病両者に対する家禽用ワクチンを開発
 中国は、ニューカッスル病と鳥フルを予防する新タイプのワクチンを開発したと発表。
 国立獣医担当局の責任者であるJia Youlingは記者会見で24日、ワクチン製造が公的に認められたため、今月末まで10億本(ロット)製造すると発表した。
 
従来品に比較すると、低コスト、簡単な使用法、効果が高い、貯蔵期間の延長、など利点が多数あるとされる。
 Jia Youlingの説明によると、新型ワクチンはニューカッスル病と鳥フルの家禽における流行を制御出来、また人間に対するワクチン研究にも役立つとされる。
・Health Canada warns of online Tamiflu fraud CTV.ca (カナダ) カナダ保健省はネット販売のタミフル偽造薬を警告
 
 カナダ保健省はネットでタミフルを購入するのに注意するように警告を出した。特にタミフルのジェネリック薬(generic Tamiflu)と表示されたものは避けるように言っている。なぜならタミフルのジェネリック薬というものは存在していないからだ。
 タミフルは鳥フルに対して最善の武器と考えられている。
 カナダ保健省は23日、英国からの報道、すなわち多くのウエブサイトで違法なタミフルの販売がされているという情報を懸念して、警告を出した。タミフル販売のウエブサイトにはカナダ国内の2サイトが含まれている。
 また米国税関からも偽物のタミフルが米国内に輸入され、それが摘発された報告が出されている。
 ”現在のところカナダ国内でタミフルの偽物に関する報告はない”、とカナダ保健省の報道官は言っている。
 ”我々は、これがカナダでも起きえることを警告する”
 カナダ保健省は、タミフルは医師からの処方箋を持って、間違いのない薬局で購入するように言っている。
 すでにタミフルを購入した人は、それを薬局、医師、またはロッシュ社に持ってゆくべきと警告されている。
 最新のタミフルに関する情報がニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New England Journal of Medicine)に報告されているが、それによるとタミフルは必ずしも鳥フルに対して万全の武器とはなりえない可能性がある。
 論文の著者等は、H5N1ウイルスがタミフル耐性の株に変異出来る証拠を見いだし、現在世界で備蓄されているタミフルが無効になる可能性を示唆している。
 タミフルのような薬が鳥フルの治癒をもたらさないとしても、早期に使用することで症状の緩和が図れることを、専門家達は期待している。

・Vietnamese teacher's death not from birdflu WTOP (米国) ベトナム教師の死因は鳥フルではないと
 23日報道されたベトナムの36歳教師の死因は鳥フルではなかったと、ベトナム当局から発表された。医師団は患者の肺炎の原因をさらに調査中と。
12月24日


・Roche grants Tamiflu sublicense to co. BusinessWeek (国際) ロッシュ社、インドの製薬会社へタミフル製造のサブライセンスを提供
 インドのヘテロ薬品はタミフル製造のサブライセンスをロッシュ社から提供された。インドや発展途上国からの政府の求めに応じてタミフルのジェネリック薬を提供する。小売り業者への提供は禁止されている。同社では1月までに100万錠(10万人分)をインド政府のために製造したいと言っている。また同社は2年半前にタミフルのジェネリック薬の製造を始めていたが、今回サブライセンスの提供を受けたことで、貧しい国からの政府の求めに対応するため、サービスを拡大したいと言っている。
・Airport Workers On Lookout For Signs Of BirdFlu WRAL.com (米国) 空港職員鳥フル患者検出体制を強化
 現在、鳥フルは鳥から人への感染が中心と考えられているが、人から人へ感染した疑いがもたれている事例も出ている。専門家はウイルスが変異して人人感染を生じることを警戒している。
 一人の感染者が航空機で米国に到着したならそこから感染が米国内で広がる。それ故CDCは米国内の主要な空港に検疫室を用意している。
 航空機搭乗スタッフは現在、症状の見分け方と、発見した場合到着地へ連絡することなどについて訓練を受けている。
 空港では隔離室が用意され、感染疑いのある人は全て収容される予定になっている。
・WHO urges China to share birdflu samples Deepika (インド) WHO、中国へ家禽からの分離鳥フルウイルスを提供するように催促
 尾身茂WHO西太平洋地域事務所長官の声明:
  2005年度、中国ではH5N1鳥フルの発生が30以上発表された。しかしウイルスサンプルは提供されていない。農業省では、ウイルスをWHOと共有する重要性は理解していると語っているが、未だ実行されていない。昨年は5検体が提供されている。
 長官は中国が最近人から分離されたウイルスを提供したことについては評価した。
・Birdflu virus could reach Europe this spring Macon Telegraph (米国) ヨーロッパへの鳥フル拡大は来春の可能性
 今秋アフリカへ越冬のため飛び立ったヨーロッパの野鳥が、東南アジアからH5N1ウイルスを運んでくる渡り鳥からウイルスが感染し、来春ヨーロッパへウイルスを持ち帰ってくる。ドイツの代表的獣医センターのThomas Mettenleiter長官の談話。
・WHO,中国に鳥インフルエンザのサンプル要求 日本経済新聞  (日本)
 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(マニラ)の尾身茂事務局長は23日、北京市内で記者会見し、中国政府に対し、ことし発生した30件の家禽の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)について、WHOに早急にサンプルを提出するよう求めた。
 事務局長は「ウイルスのサンプルが公表されていない」と不満を表明、感染拡大に迅速に対応するためにもサンプル提出が必要とした。世界規模の感染拡大が懸念される鳥インフルエンザの情報公開に消極的な中国の姿勢は批判を呼びそうだ。
 事務局長は、感染した人からのサンプル提供など中国政府は鳥インフルエンザ問題で全般的には協力的と強調したが、「情報共有はタイムリーかつ定期的、全世界的なものでなくてはならない」と指摘した。
 事務局長は、中国の鳥インフルエンザの主な発生地域の農村では、医療関係者の数が少ないなど十分な監視システムが働かないことが弱点と指摘。今後、冬が本格化する中で拡大の可能性を否定できないとした。
12月23日

・Indonesia says 2 more avian flu cases confirmed CIDRAP (米国) インドネシアで2人鳥フル感染が確認
 先週死亡した2人の検体から米国CDCでH5N1鳥フルウイルスが確認され、インドネシアで10、11番目の死亡者となった。
 39歳男性と8歳少年であるが、男性の方は鳥との接触既往が明確ではないが、少年の家の近くにはペット鳥の市場があったという。2人はジャカルタの別の地域に住んでいたという。
・Birdflu may have killed Vietnamese man Reuters AlertNet (英国) ベトナムで鳥フル死亡疑い例
 南ベトナムで36歳男性が鳥フルで死亡した疑いがもたれている。男性は病院へ収容後5時間で死亡。近くのBac Lieu州の州立病院の医師が発表した。検体はホーチミン市のパスツール研究所へ運ばれている。男性は教師で闘鶏を家庭で飼っているが、最近特に以上は呈して無く、またBac Lieu州でも鳥フルの発生は最近みていないと言う。
・中国で今後感染拡大も 鳥インフルエンザでWHO 河北新報 (日本)
 新華社電によると、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(マニラ)の尾身茂事務局長は22日、中国の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の人への感染について「拡大を抑えたというにはまだ早い」と述べ、今後も拡大する可能性があるとの見方を示した。感染者が出た湖南省を視察した際に語った。中国ではこれまで6人の感染を確認、うち2人が死亡。今月15日以降、新たな感染確認はないが、尾身氏は「他国では感染数の低下後に再び増加する例が多い」と指摘した。
・Now 21 sites in Romania where there is bird flu TODAYonline (シンガポール) ルーマニアの21地域で鳥フルが広がる
 ルーマニア東南部のイアロミタで21番目の家禽における鳥フル発生が確認された。検体は英国に送られて分析中である。

・Roche mulls upping Tamiflu dose to treat bird flu TODAYonline (シンガポール) ロッシュ社、タミフル投与量増加を検討
 スイスの製薬会社グループのロッシュ社は、耐性株が報告されているタミフルの投与量を増量する必要があるかも知れないと声明を出した。
鳥フルがパンデミックとなった場合、さらに他の抗ウイルス薬との併用も必要かも知れないと語った。
 ”ロッシュ社H5N1ウイルスに対してさらなる別の治療方法の開発が必要であることには同意する。その中にはタミフルの投与量の増量、投与機関の延長、または他の抗ウイルス薬との併用が含まれる”
 ロッシュ社によると高投与量に関する安全確認データはあるという。
 ベトナムにおける耐性株の報告が出る前から、高投与量の効果に関する研究はWHOと米国NHIとすでに計画中であったとロッシュ社は説明する。
 巨大な製薬会社であるロッシュ社はH5N1治療に、すでにタミフルと付加的他の治療の併用を開発する準備体制にある。


・'Tamiflu resistance no cause for alarm' Sydney Morning Herald (シンガポール) タミフル耐性株の検出は、それほど警戒する必要はなし:WHO高官
 どんな抗ウイルス薬、抗生物質でも、使用していると耐性株は出てくるから、今回報告されたベトナムのケースはそれほど驚くべき事ではない、とWHOのインフルエンザ担当高官は語った。しかし適正使用量などを検討する必要はあるとも語っている。
12月22日

・CDC confirms 2 more birdflu deaths in Indonesia Reuters AlertNet 米国CDC、インドネシアで2人の鳥フル死亡を確認
 22日、インドネシア保健省は米国CDCが今月初めに死亡したインドネシア人2のH5N1鳥フル感染を確認したと発表。インドネシアでの公式死亡者は11人、生存している感染者は5人となった。
 39歳男性と8歳の少年は先にインドネシアで鳥フルと確認されていたが、WHOの協力研究機関である米国CDCの検査結果で確認されたため、公式データとなった。
 8歳少年の鳥との接触歴は不明であるが、39歳男性の場合、近くで鶏が飼育されていて、死亡ていたエピソードがあるとWHOは説明している。
・More evidence bird flu can evade drug: report Leading The Charge (オーストラリア) 鳥フルにタミフルが無効のさらなる事実:報告
 ホーチミン市の熱帯医学病院のオックスフォード大学臨床研究部門のDr. Menno de Jongと共同研究者は、タミフルで治療を受けていた8人の鳥フル発病ベトナム患者の4人が死亡したことを、New England Journal of Medicineに発表した。検査で死亡した2人から分離されたウイルスがタミフルに耐性であったことが確認された。
 この事実に対し、ニュヨークのコーネル大学ワイル医学校の、小児ウイルス病学専門家のAnne Moscona博士は、”タミフルのようなニュ−ラミニダーゼ阻害薬で鳥フルを治療するためには、投与量を増加し、投与期間を延長する必要があることが明確になってきている”、と語った。
・Patients die after resisting Tamiflu Washington Times (米国) 鳥フル感染患者、タミフルが無効で死亡
 本日発行された医学雑誌て、2人のベトナムの鳥フル患者がタミフルに抵抗を示して死亡したことが報告された。
 8人のタミフルを投与されたベトナム人の患者を研究した医師は、結果についてニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンに
発表した。死亡した患者のうち2人で、分離されたウイルスのタミフル耐性が確認された。1人は13歳少女で発病後7日で死亡した。症状発現後1日でタミフルを投与していたにも関わらず反応しなかったと言う。
 ”H5N1鳥フルに関して人での臨床試験が行われていないから、論文で発表される事例が役立つ”、とロッシュ社では語っている。
 ロッシュ社は米国NIHやWHOと協同して、H5N1鳥フルを含む重症インフルエンザに対する投与タミフルの増量効果について臨床試験を計画している。このような研究は来年2月か3月に開始される予定という。
 NIHのAnthony Fauci博士は、このような事実は困惑されることではあるが、驚くべきことではない。ある程度予想されていた”、と語っている。
・タミフルで治療後に患者が死亡、備蓄にも疑問符=ベトナム人研究グループ 日本消費者新聞 (日本)
 ベトナム・ホーチミン市で研究を続けているオックスフォード大学やベトナム小児科病院ナンバーワン(ホーチミン市)、香港大学のベトナム人医師らの研究グループはこのほど、ヒト感染H5N1鳥インフルエンザの治療薬タミフルに強い耐性を示すインフルエンザA(H5N1)ウイルスを、タミフルの治療を受けたベトナム人患者8人のうち2人から分離した。2人の患者はH5N1に感染して亡くなった。うち1人は、症状を示した早期に治療受けていた。研究が米医学雑誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」(NEJM)最新号に掲載された。この研究について、米コーネル大学(ニューヨーク)の医師はNEJM同号に論文を寄せ、「多くの人々がすべての薬箱にタミフルを備えなければならないと信じても驚かないが、このシナリオは恐らく危険だ。この医薬品の誤った使用は、未感染細胞にウイルスを広げるノイラミニダーゼを阻害するアドバンテージを奪うに違いない」との見解を示し、各国政府が進める備蓄に疑問を呈した。
・鳥インフルエンザ、治療薬タミフルに耐性 英チームが確認 CNN Japan  (日本)
 人間への感染拡大が懸念されている鳥インフルエンザについて、治療薬タミフル(一般名オセルタミビル)が効かない耐性ウイルスが新たに2人の死亡患者から発見された。英オックスフォード大学が中心となった英国やベトナムなどの研究者らによるチームが、22日付の医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」(電子版)に発表した。 …
・First for Beijing as bird flu samples are sent to WHO The Standard (香港) 中国から鳥フルウイルスのサンプルがWHOへ
 中国CDCは2人の鳥フル患者から分離されたウイルスをWHOへ検査のために提供した。
 検体の提供は初めてである。
 WHO西太平洋地域事務所の尾身長官は、中国で分離されたウイルスの分析は、鳥フル研究と薬剤の開発に非常に役立つと語った。
 11月28日中国保健省は、中国で人から分離されたウイルスの遺伝子配列は、ベトナムで分離されているものとは異なっていると発表している。
・Deaths cast doubts over flu drug Financial Times (英国) タミフル治療が無効で死亡症例が増加
 
ホーチミン市の熱帯疾患病院の医師達が昨夜、世界でも有数の医学雑誌であるNew England Journal of Medicineにタミフルで治療した鳥フル患者の8人中4人が死亡し、そのうち2人でウイルスがタミフルに耐性を獲得していたと報告した。
 この研究結果は、世界50カ国でH5N1ウイルスのパンデミックに備えて備蓄しているタミフルに対して新しい疑問を投げかけている。
 これまで31人タミフルで治療された患者のうち3人で耐性が見つかっている。10%で耐性が生じている結果だ。
 ロッシュ社では、報告を厳粛に受け止めており、タミフルの人や動物における臨床研究を強化して、投与量の倍増、期間の延長などを検討すると発表している。
・Europe on guard against bogus Internet Tamiflu ABC News (米国) ヨーロッパ、インターネット販売の偽のタミフルを警戒
 米国でインターネットで輸入された偽のタミフルが税関で摘発されているが、ヨーロッパでもイギリス、オランダで偽のタミフルが見つかっている。スイスの医薬品管理局が発表した。同局による調査では、中身からビタミンCが検出されていたという。ロッシュ社は何度もインターネット販売によるタミフルの購入を警告しているが、それは同薬が処方箋薬という理由だけではなく、偽物が流通していることにもよる。
12月21日

・China, WHO sign virus co-op deal People's Daily Online (人民網、中国) 中国とWHO、鳥フルウイルス共有でサイン
 昨日北京で、人感染したH5N1ウイルスの中国からWHOへの提供が合議され、中国側が同意してサインした。WHO西太平洋地域事務所の尾身茂長官が北京の中国保健省とCDCを訪れて調停していた。
・WHOにウイルス初提供=鳥インフルで国際協力強化−中国(時事通信)
 新華社電によると中国疾病予防センターは20日、世界保健機関(WHO)に対し国内の鳥インフルエンザ感染者2人から採取したウイルスのサンプルと遺伝子に関するデータを提供した。中国が感染者のウイルスをWHOに提供するのは初めて。 
・BirdFlu Drugs Shipped into US Counterfeit The Conservative Voice, (米国) タミフル模造品が米国に出荷されている
 世界各国が鳥フルパンデミックに備え、効果があると考えられているタミフルを備蓄中であるが、新たな問題が浮上している。
 インターネットで購入したタミフル模造品が最近税関などで摘発されだしている。FDAが調査した結果では、タミフルの痕跡程度しか模造品には含まれていなかったという。当局者は、このような模造品が世界中に流れ、多くの人が備蓄すると大変な結果になると語っている。
・Have You Bought Tamiflu as a Preventive Measure? ABC News (米国) アンケート調査:あなたは鳥フル予防のためにタミフルを買いましたから?
 2003年末以来アジア5カ国でで71人が鳥フルで死亡している。専門家達はウイルスが変異して人人感染を起こすようになり世界的流行(パンデミック)となることを警戒している。
 ABCニュースは、鳥フルがパンデミックとなった場合の予防対策のためにタミフルを購入して現在保有している人々から意見を聞きたい。下記の書式に従って意見を書き、メールで送って欲しい。
 名前、メールアドレス、居住地域、意見
・China agrees sharing virus isolates from human birdflu cases EiTB (スペイン) 中国、人感染者からのウイルスを公開、共有と
 中国と米国は鳥フル研究のために、情報や分離ウイルスのの共有を図る予定と、20日、米国NIH長官が北京で記者発表した。SARSの際の中国当局の対応から大きく変化した。
・French experts reduce possible birdflu death toll Metro Toronto (カナダ) フランス:専門家は鳥フル発生時予想死亡者数を下方修正
  フランス国内に鳥フルがパンデミックとなり拡大してきた場合、死者数は8万人と、昨年1月に政府が計算した数値よりも3割少ない予想を、フランス国立健康対策研究所(INVS)の疫学専門家sabelle Bonmarinが鳥フル会議で発表した。
 ”予想死亡者数の減少は、最近の抗ウイルス剤の政府備蓄量からだ。備蓄量が十分なので、もし人口の25%が感染したとしても十分な治療が可能となる。先の研究では118500人と計算したが、それは保健医療が介入せず、自然状態で流行が拡大した場合の話だ”、と同氏は説明した。
 政府のタミフル備蓄量は現在1460万人分となっている。2006年9月には3000万人分備蓄される。
 ”約10億枚のマスクが発注されて、それが入荷するのは1年後と考えられる”。
 現在国内では5000万枚のマスクが備蓄されている。
 Bonmarinはさらに、タミフル治療により流行の拡大率が下がり、また患者の隔離対策、マスク着用による感染率の減少等を考慮したなら、予想死亡者数はさらに減少する可能性がある、と語った。
・Authorities, Crimean Villagers Worry That BirdFlu Is Spreading RadioFreeEurope/RadioLiberty (チェコスロバキア)
 ウクライナ政府は、クリミア半島で過去2週間に6万羽以上の家禽の殺殺処分を行い厳重な感染拡大対策を行ってきたが、未だ効果は現れず、むしろ半島全体に広がっている。現在、クリミア半島全体の閉鎖を考えている。

・渡り鳥はシロ 環境省 神戸新聞 (日本)
 環境省は20日、千葉県と茨城県で9−11月にシベリア方面からの渡り鳥200羽を調べたが、いずれも高病原性鳥インフルエンザウイルスを保有していなかったと関係省庁対策会議で報告した。千葉県の木更津市と習志野市の河口などで9月3−20日、水鳥66羽の血液などを調査。11月上旬には、茨城県の水海道市と坂東市でも陸鳥134羽を調べたが、ウイルスは見つからなかった。11−12月に長崎県対馬市と新潟市で採取した渡り鳥計約200羽の検体は分析中。
12月20日

・US health agency says China open on birdflu Reuters (国際) 米国保健当局、中国は鳥フルに関して完全にオープンと
 米国NIH長官は20日、米国と中国は鳥フルに関して理解すべく協力関係が築かれていると語った。
 ”中国は積極的に協力的姿勢を示しており、情報も透明性があり、またWHOや他の関連機関との検体交換にも応じている”、と北京における記者会見で長官はそのように語った。
・CDC Helps Airports With BirdFlu Screenings cbs4denver.com (米国) CDC、国際空港の鳥フルスクリーニング体制へ協力
 全米18の空港で鳥フルスクリーニングのための隔離室を作り、疑い患者のモニターを開始するが、米国CDCが全面的に協力する。飛行中に患者が発生した場合は、隔離室へ収容する。
・WHO's Regional Director To Make China Avian Influenza Trip China CSR (中国) WHO尾身所長、鳥フル対策で中国を訪問
 中国は鳥フル対策を強化中であるが、12月19日〜24日の間、WHO西太平洋地域事務所長の尾身茂氏が中国を訪問し、当局者と会見L、さらに感染地域での取り組みを視察する。
・鳥インフル、ウイルスに変異か=人のみ発病の可能性も−中国専門家 時事通信 (日本)
 18日付の中国広東省の夕刊紙・羊城晩報などによると、中華医学会の鐘南山会長は、中国で鳥インフルエンザの家禽(かきん)への感染が確認されていない地域で人への感染が起きたと指摘し、「ウイルスが変異し、渡り鳥や家禽が感染しても発病せず、人に感染すると発病するようになった可能性がある」と警告した。中国ではこれまで5省、自治区で6人の感染・発病者が確認されているが、広西チワン族自治区資源県など、家禽への感染が確認されていない地域で感染・発病者が出たことが報告されている。
 鐘会長は、この6人がいずれも家禽との接触歴があったことを明らかにし、「家禽と接触した人が原因不明の肺炎の症状を示したら、直ちに鳥インフルエンザのチェックを進めるべきだ」と述べた。 
・米下院、約38億ドルの鳥インフルエンザ対策基金を可決 ロイター (国際−>日本語)
 米下院本会議は19日、鳥インフルエンザ流行の可能性に備え、対策基金として37億8000万ドルの予算案を可決した。使途は、ワクチンの備蓄、救急人員の訓練、国際的監視の強化などとなっている。ブッシュ政権が今年これまでに要請していた額のおよそ半分となる。
12月19日

・Agents Seize Counterfeit Tamiflu Times Picayune (米国) 米国:税関、インターネット販売の偽物のタミフルを押収
 11月26日以来、何件かの偽物タミフルの違法輸入が税関により摘発されている。説明書きは中国語であるが、アジアの供給元からインターネットで購入の個人に送られている。中身の検査ではビタミンCなどが検出されたという。
・Romania detects new H5 bird flu case in southeast province Bucharest Daily News (ルーマニア) ルーマニア東南部で新規H5鳥フルが発生
 ブカレストの東部120キロにあるRovine村で鶏からH5亜型鳥フルウイルスが検出。国内で拡大していることが示された。
・US Team Will Test Live-Virus Bird Flu Vaccine HealthCentral.com (国際) 米国研究者チーム、鳥フル用生ワクチンの臨床試験に
 来春に予定と
・NIH using live viruses to create nasal vaccines against bird flu Portsmouth Herald News (米国) NIH、鳥フル用鼻腔噴射ワクチンに生ウイルスを使用
12月18日


・NIH Uses Live Viruses for BirdFlu Vaccine Washington Post (米国) NIH、鳥フル用ワクチンに生きたウイルスを使用と
 NIHは開発中の鼻腔スプレー方式の鳥フル用ワクチンの臨床試験を、バリチモア病院で30人のボランティアを対象に行う。H5N1を弱度化して病原性を失わせた株を使用する。もし臨床試験が成功したなら、今後発生すると考えられるパンデミックウイルスに対するワクチン製造に応用可能で、短期間に多くの人々に接種が可能になる。

・H5N1 BirdFlu Virus Mutating: UN Official HealthCentral.com (国際) 国連高官、H5N1ウイルスが微妙に変化してきていると
 国連の鳥インフルエンザ調整役(コーディネーター)のダビド・ナバロ博士は、H5N1ウイルスの遺伝子が微妙に変化してきていて、人人感染の能力を身につけつつあると語った。カンボジア訪問中の同博士は、プノンペンでAFP記者に語った。
 今年感染者の数は倍増していて、国連は家禽における感染対策が緊急課題で、家禽における感染拡大が続けばウイルスが変異して人における流行に発展する可能性が高くなると警告を発してきていた。
 2004年以来、少なくとも141人が感染し71人が死亡している。
・Romania detects new birdflu cases Sydney Morning Herald (オーストラリア) ルーマニアでさらに新規鳥フル発生地域が確認
 ルーマニアで首都ブカレストの東90キロの村で鳥フルの家禽での発生が確認された。ウイルスが首都に向かって拡大していることが示された。10月以来、ダニューブデルタ地域の21の村で鳥フルが発生し、9箇所で高病原性H5N1ウイルスが確認されている。
・Ukraine excludes full Crimea quarantine for birdflu Reuters.uk (英国) ウクライナ、クリミア半島全域での隔離対策を停止
 ウクライナ農業省は、鳥フル拡大防止のために行ってきたクリミア半島全域における隔離対策を中止すると17日発表した。理由はそこまでする必要性がなく、そうすることで農業活動が低下することを挙げた。
12月17日

・ウクライナ、クリミア半島で鳥インフルエンザが拡大  ロイター (国際−−>日本語) 
 ウクライナ政府は16日、同国のクリミア半島で、H5N1型ウイルスによる鳥インフルエンザ感染が広がっていることを明らかにした。 ロシアの研究所が行った調査では、同半島の15の村で感染を確認。現在は、英国の専門研究機関で、死んだ鳥から採取したウイルスの最終的な確認を行っているとしている。ウクライナ政府当局によると、クリミア半島の27の村で家禽(かきん)が大量に死亡した事例が確認されており、これまでに約6万羽が処分されている。
・Initial tests show Indonesian man died of birdflu TODAYonline (シンガポール) 初期の検査で死亡したインドネシア男性は鳥フル陽性と
 今週死亡した39歳男性は初期の検査で鳥フル陽性と死んだされた。さらなる確認検査が行われている。インドネシア当局が発表した。確認されたらインドネシアで10番目の死者となる。また15日に死亡した8歳少年も11番目の死者として疑われている。
・Birdflu affected area in Crimea expanding Agrimarket Consulting, (ウクライナ) 鳥フル、クリミア半島で拡大
 クリミア半島の15居住区に家禽での鳥フルが広がっていて、12月3日から15日までの間約6万羽の家禽が殺処分されている。
 農家には補償費が支払われている。
・Birdflu hits Malawi Radio Australia, (オーストラリア) アフリカ、マラウイで鳥フル発生の危惧
 アフリカのマラウイで数千羽の鳥が死亡し、鳥フル発生が警戒されている。これまでケニヤとエチオピアで多くの鳥が死亡し、H5N1鳥フルの発生が危惧されたが、検査で否定されている。
 マラウイで発見された死亡した鳥は、イスラエル語で書かれたバンドを着けた鳥がいることから、と中近東から飛んできたと考えられている。



・More cases of birdflu detected in Romania TODAYonline (シンガポール) ルーマニアで鳥フル発生新規例
 ルーマニアで鳥フル発生の2新規例が報告。首都ブカレストから100キロのイアロミタ地域の農場。検査でH5亜型と確認された。
 10月7日に鳥フルがルーマニアで確認されてから17地域目となった。多くにはダニューブデルタ地域である。これまで10万羽の家禽が殺処分されている。


・Tamiflu is not a panacea, experts say WTOP (米国) 専門家、タミフルは万能薬ではないと
 もし鳥フルが流行した場合、ワクチン製造までの半年間、タミフルが唯一の対抗手段となる。政府当局者と医療専門家はそのように考えている。早期に服用することにより発熱期間短縮、または感染予防が可能と言われているが、それを否定する専門家もいる。自分でタミフルを備蓄している市民も出ているが、自分で診断して服用するのは危険である。鳥フルが流行した場合に備えて国家的備蓄が進んでいるから、市民は自分で90ドル費やして備蓄する必要はない。…
12月16日

・Suspected birdflu death in Indonesia ABC Asia Pacific (オーストラリア) インドネシアで11人目の死者発生疑い
 鳥フルが強く疑われて死亡した8歳少年の検体が香港の研究所に送られた。確認されると11人目の死者となる。
・Pandemic flu-vaccine prototype shows promise MSNBC (国際) 新型インフルエンザワクチンのプロトタイプ、臨床試験に成功
 新成分添加で必要抗原量を減少させることに成功と仏Sanofi-Pasteur社の研究者が発表。
・Birdflu vaccine has potential Albuquerque Tribune, (米国)  米国:仏Sanofi-Pasteur社の改良ワクチン、臨床試験に成功
 先に臨床試験に成功していたが、その必要抗原量の多さから実用化が躊躇されていた、仏Sanofi-Pasteur社のH5N1鳥フルウイルスに対する改良ワクチンの新規臨床試験が成功したと同社から発表された。
 WHOのスポークスマンも、パンデミック・ワクチンの製造への大きな進展と賞賛した。
 通常のインフルエンザワクチンは抗原量として15mg含有するが、先に同社が臨床試験に成功したH5N1鳥フルワクチンは90mgの抗原量(不活化ウイルス)を必要とし、それを2回接種する必要があった。今回の改良型には免疫効果を高める成分が加えられていて、1回の抗原量が30mgで済むという。抗原となるウイルスの増殖には受精卵を必要とするため、大量のウイルスの製造が困難となっている。
・China Reports Sixth Human Case of BirdFlu Ocala.com (米国) 中国、6人目の感染者を報告
 中国は15日、6例目の人感染者を報告した。
 江西省遂川県の35歳男性が鳥フルに感染したことを新華社が報じたが、詳細については未発表。
 中国ではこれまで安徽省、湖南省、広西チワン族自治区、遼寧省で計5人の感染を確認している。
12月15日

・China warns Lunar New Year could spell more bird flu Malaysia Star (マレーシア) 中国、旧正月に鳥フルの拡大を懸念
 ここ15日間、新規の鳥フル発生が報告されていないが、1月下旬から始まる旧正月で、家禽を運んで故郷に向かう人々が増えるために、鳥フルの流行が拡大する恐れがあると、農業省j家畜部門局長が談話。
・Flu pandemic could kill 30,000 in Minnesota Minnesota Public Radio, (米国) 米国保健省長官:新型インフルエンザ流行でミネソタ州では3万人の死者が出るだろうと警告
 マイク・レービット保健省長官は、ミネソタ州で新型インフルエンザが流行した場合、150万人が罹患し3万人の死者が出るだろうと警告した。それはいつ起きるか分からないが、起きることは確実と語った。


・Special birdflu clinics proposed NZ City (ニュージーランド) 鳥フル専用診療センターを提案
 ニュージーランド保健省は、鳥フルがパンデミックになったときのための鳥フル専用診療センター設立を提案している。センターの設立で、患者が病院の救急部門や家庭医を受診することを防ぐことが出来る。センターは他に抗インフルエンザ薬や抗生物質の配布の役割も持つ。 
Health authorities could set up special clinics to treat people in the event of a bird flu pandemic.
The aim of the community based assessment centres would be to keep people away from hospital emergency departments and family doctors.
The Ministry of Health has sent a draft document to DHBs outlining how the centres would work. It says the clinics would provide clinical assessment, advice and referrals.
They would also provide a secure distribution centre for anti-viral medicines and antibiotics.

・First state flu meeting shows preparations slow Reuters (国際) 最初の鳥フル対策視察で、準備の不足を指摘
 米国保健省は各州の鳥フル対策視察を開始して、初めにミネソタ州を訪れた。
 ミネソタ州保健局長の Dianne Mandernachさんは、新型インフルエンザ大流行が起きたときに必要なベッドは10%しかなく、患者を治療する人工呼吸器や薬も十分無いと語った。
 それでもミネソタ州はパンデミックやたの緊急事態に備えがもっとも出来ている州の一つであると言われる。
TOP