高病原性鳥インフルエンザ海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
日本語報道も加わりました

12月15日

・China warns Lunar New Year could spell more bird flu Malaysia Star (マレーシア) 中国、旧正月に鳥フルの拡大を懸念
 ここ15日間、新規の鳥フル発生が報告されていないが、1月下旬から始まる旧正月で、家禽を運んで故郷に向かう人々が増えるために、鳥フルの流行が拡大する恐れがあると、農業省j家畜部門局長が談話。
・Flu pandemic could kill 30,000 in Minnesota Minnesota Public Radio, (米国) 米国保健省長官:新型インフルエンザ流行でミネソタ州では3万人の死者が出るだろうと警告
 マイク・レービット保健省長官は、ミネソタ州で新型インフルエンザが流行した場合、150万人が罹患し3万人の死者が出るだろうと警告した。それはいつ起きるか分からないが、起きることは確実と語った。


・Special birdflu clinics proposed NZ City (ニュージーランド) 鳥フル専用診療センターを提案
 ニュージーランド保健省は、鳥フルがパンデミックになったときのための鳥フル専用診療センター設立を提案している。センターの設立で、患者が病院の救急部門や家庭医を受診することを防ぐことが出来る。センターは他に抗インフルエンザ薬や抗生物質の配布の役割も持つ。 
Health authorities could set up special clinics to treat people in the event of a bird flu pandemic.
The aim of the community based assessment centres would be to keep people away from hospital emergency departments and family doctors.
The Ministry of Health has sent a draft document to DHBs outlining how the centres would work. It says the clinics would provide clinical assessment, advice and referrals.
They would also provide a secure distribution centre for anti-viral medicines and antibiotics.

・First state flu meeting shows preparations slow Reuters (国際) 最初の鳥フル対策視察で、準備の不足を指摘
 米国保健省は各州の鳥フル対策視察を開始して、初めにミネソタ州を訪れた。
 ミネソタ州保健局長の Dianne Mandernachさんは、新型インフルエンザ大流行が起きたときに必要なベッドは10%しかなく、患者を治療する人工呼吸器や薬も十分無いと語った。
 それでもミネソタ州はパンデミックやたの緊急事態に備えがもっとも出来ている州の一つであると言われる。
12月14日

・ベトナムで3歳児が鳥インフルエンザで死亡の可能性 ロイター (国際−>日本語)
 ベトナムの小児病院の医師が14日明らかにしたところによると、同国で3歳児が鳥インフルエンザで死亡した可能性がある。同国では64省・政府直轄市中15省市で鳥インフルエンザが発生している。同医師によれば、南部に住むこの幼児は12日、重度の肺感染症で病院に収容され、7時間後に死亡した。医師は匿名を条件に「症状がすべて鳥インフルエンザのものであり、現在検査結果を待っている」と述べた。幼児の血液標本は検査のため、ホーチミンのパスツール研究所内にある鳥インフルエンザ研究室に送付された。
・インドネシア、鳥インフルエンザで新たな死亡者 日本経済新聞 (日本)
 インドネシアの首都ジャカルタで13日夜、鳥インフルエンザの疑いで新たに1人の男性(39)が死亡した。世界保健機関(WHO)で検査するが、確認されれば、10人目の感染死者となる。同国では今年7月に初めての感染死者が確認されて以降、世界でも最速のペースで感染者が増加している。死亡したのは在留邦人も多く住む南ジャカルタ在住の会社員。13日夕に高熱と呼吸困難に陥り、死亡した。自宅には鶏は飼っていないが、家族によると、鶏と接触した可能性があるという。この男性も含めると同国での感染死者のうち9人がジャカルタ首都圏在住。8000人以上の在留邦人もいるため、在インドネシア日本大使館が警戒を呼びかけている。 
・Ukraine Confirms Deadly Strain Of BirdFlu WRAL.com (米国) ウクライナ、クリミア半島で発生の鳥フルをH5N1と確認
 クリミア半島の11箇所の村で発生した鳥フルが致死的H5N1株によるものと確認したと発表。
・Nine Companies Told to Stop Selling Unproven Anti-Flu Products WWAY NewsChannel 3, 米国FDA、9社にインフルエンザ用薬の販売を禁止
 インフルエンザ、鳥インフルエンザなどに効果があると称して売られている9社の薬の販売を停止するようにFDAが勧告。
 効果は立証されて無く、また副作用についても不明である。
Sacred Mountain Management Inc.; BODeSTORE.com; Melvin Williams; Iceland Health Inc.; PolyCil Health Inc.; PRB Pharmaceuticals Inc.; Chozyn LLC; Vitacost.com; and Healthworks 2000.
・Roche grants Shanghai company Tamiflu license myDNA.com, (米国) ロッシュ社、上海の製薬企業にタミフルのライセンスを提供
 ロッシュ社は上海の製薬企業に、鳥フルがパンデミックになった際の国内におけるタミフル供給のための、同薬の製造ライセンスを提供したと発表。同社は同様の話し合いを数カ国と行っている。
・Indonesia Confirms Ninth Death From BirdFlu Planet Ark, (米国) インドネシア、鳥フルで9人目の死者
 13日、インドネシアは9人目の鳥フル死亡者を確認し、アジアにおける死者数は71人(感染者数は138人)となった。
 当局者によると死亡したのは35歳の男性で西ジャカルタに住んでいた。自宅を建設中だったが周囲に多くの鶏がいて、検査ではH5N1ウイルスが検出されている。
 ジュネーブのWHOでは、患者の周辺の接触者調査の結果、患者の息子が発熱しているほか、特に発病者は検出していないと言う。
12月13日

・Indonesia confirms birdflu death Australian, (オーストラリア) インドネシア、9人目の鳥フル死亡者を確認
 インドネシアは9人目の鳥フル死亡者を確認した。WHO認定の香港の研究所で確認された。
・Hospitals a good place to catch bird flu News-Medical.net  (オーストラリア) 病院は鳥フル感染の危険地域
 米国政府当局者達は、各州と各種業界に対して新型インフルエンザ(鳥インフルエンザ)に対して早急に対策を整えるよう伝えているが、多くの病院が十分の感染対策が行われていないので、流行発生の際は感染拡大の場所となる可能性が指摘されている。
・Romania Finds Bird Flu in Domestic Fowl RadioFreeEurope/RadioLiberty, (チェコスロバキア) ルーマニアで家禽の間で鳥フル発生
 

 ルーマニア農業省は、東部のBraiesti、Tataru,およびPadinaの村でH5亜系のウルイルスが発見され、数千羽の家禽が殺処分されたと発表した。
 ダニューブデルタの3地域では既にH5N1ウイルスが渡り鳥から検出されている。


・Birdflu confirmed in Ukraine Melbourne Herald Sun (オーストラリア) ウクライナで鳥フルが確認
 ウクライナ当局は12日遅くに、クリミア半島の12の村でH5亜系(多分H5N1)が確認されたと発表。12月3日に最初に発見されて以来、44000羽の家禽が殺処分されている。
・ASEAN stockpiles birdflu drug in Malaysia News-Medical.net (オーストラリア) ASEAN、タミフルをマレーシアで備蓄に
 クアラ・ルンプールで開かれているASEAN総会で、タミフルをマレーシアで共同備蓄することが合意された。
 備蓄資金は日本などから援助される。
・Roche chooses partners to help make Tamiflu News-Medical.net (オーストラリア) ロッシュ社、タミフルのジェネリック薬製造会社に協力
 ロッシュ社は世界的タミフル不足の解消のために12製薬会社と契約を締結し、タミフルのジェネリック薬(コピー薬)にお製造を許可して、その協力をすると発表。
・MedImmune nasal flu vaccine beats flu shot in trial  Brocktown News (米国) メデュインムーン社、インフルエンザワクチン鼻腔スプレー臨床試験に成功
 メデュインムーン社は鼻腔スプレー方式インフルエンザワクチンの臨床試験を終えたが、従来型ワクチン接種者が8.6%インフルエンザに罹患したのに対して、開発中のCAIV-Tは3.9%でしか発症を見なかったと言う。今後鳥フルワクチンなど、応用性が期待される。
12月12日

・鳥インフルエンザ対策、アジア向けに150億円支援 読売新聞  (日本)
 小泉首相は12日、クアラルンプールで開かれた東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議で、鳥インフルエンザ・新型インフルエンザ対策として総額約1億3500万ドル(約162億円)のアジア向け支援を行う方針を表明した。…
・Roche identifies 12 potential partners for Tamiflu Webindia123 (インド) ロッシュ社、12製薬会社にタミフルのジェネリック薬製造許可へ
 スイスのロッシュ社は12製薬会社を招いて、タミフルのジェネリック薬製造を許可し、世界的に不足する可能性のあるタミフルの増産を依頼した。
・Japan pledges 135 mln usd in bird flu fight Forbes (国際) 日本、鳥フル対策に13500万ドルを提供と
 クアラルンプールで開かれているASEANサミットの年次総会で日本は、東南アジア諸国の鳥フル対策に13500万ドルの支援をすると声明をだした。
 またさらに来月に鳥インフルエンザに関する国際会議を東京で開催すると発表した。
 支援の内訳は、4680万ドルが50万人用のタミフル備蓄、検査用具、および感染予防衣。
 さらに4910万ドルがWHOやUNICEFに、ベトナムやカンボジア、タイの支援用に当てられる。
・Bird flu in Asia - tourists not bothered! News-Medical.net, (オーストラリア) 鳥フル流行は観光業界にさほど影響はせず
・Romania detects new supected avian flu cases Reuters.uk (英国) ルーマニアで新たな鳥フル発生地域を確認
 ルーマニアは11日、ダニューブデルタ地域の西方のブツァウ県の5箇所で家禽における鳥フル発生を確認した。
12月11日


・外務省、在外邦人向けに「タミフル」備蓄 日本経済新聞 (日本)
 外務省は鳥インフルエンザと新型インフルエンザ対策として海外に在留する邦人向けに抗ウイルス薬「タミフル」を約7万―8万人分備蓄する。東南アジアを中心に外務省が日本で調達した薬を指定した現地の医療機関で保管。医師による診察で処方せんを受けて、支給する。費用は約3億円で2005年度補正予算に盛り込む。
・New case of potentially deadly birdflu in Romania TODAYonline (シンガポール) ルーマニアで新規鳥フル発生
 3週間前にルーマニアで発見された死亡した七面鳥から高病原性のH6N1ウイルスが検出され、ダニューブ・デルタ地域外で初の流行の確認となった。


・White House tests birdflu readiness Seven.com.au, (オーストラリア) 米国、ホワイトハウスで鳥フルパンデミックに対する図上演習
 パンデミックはいつ起きるか分からない。ホワイトハウスは準備状態に関する検査を図上演習という形で行った。そして結果は極めて良かったと発表した。
 内閣長官、軍のトップ達、および他の関連組織のトップ達が集まり4時間に渡る図上演習を行った。
 内容については公開されていない。
12月10日

・感染情報隠ぺいと批判 香港大助教授 神戸新聞  (日本)
 中国の鳥インフルエンザ(H5N1型)研究で知られる香港大の管軼助教授は、鳥インフルエンザ感染は既に中国全土に拡散しているが、当局は情報を隠していると批判した。9日付カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)が伝えた。 同紙によると、助教授は「中国指導部は(感染制御に)努力していると言うが、国際社会と(情報を)共有していない」と批判、「私の研究を阻もうとしているが(感染拡大の)証拠は示すことができる」と述べた。
 助教授は7月、英科学誌で中国南部から感染が拡大する可能性を指摘する論文を発表した後、中国当局から「国家機密漏えい」に当たると警告を受け、さらに中国で集めたサンプル破棄を命じられた。また助教授は10日、香港メディアに対し、広西チワン族自治区で確認された人への感染を例に挙げ「家禽(かきん)が感染していない場所でなぜ人が感染するのか。隠ぺいの疑いはぬぐえない」と指摘した。
・中国鳥インフルエンザ拡大 地方ずさん検査露呈 「陰性」発表覆る 西日本新聞 (日本)
 中国衛生省は八日、遼寧省黒山県の女性(31)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したことを確認し、中国での感染者は計五人となったと発表したが、この女性はかつて遼寧省衛生部が感染を否定した患者だった。中国衛生省は十一月にも、湖南省で死亡し、地元衛生当局がいったんは感染を否定した少女(12)についても「感染の疑いがある」と訂正しており、地方政府のずさんな検査技術の現状をあらためて露呈した格好だ。…
・'Severe' Pandemic Could Kill 2 Million in US, Cost $625 Billion Daily News Central (米国) 米国:新型インフルエンザ・パンデミックで200万人が死亡し、6250億ドル(68兆円)の損失と
 米国議会数党院内総務 のBill Frist氏が、新型インフルエンザが米国内で流行したなら、200万人が死亡し、68兆円の経済的損失を被ると語った。 Bill Frist氏はブッシュ大統領が提案した新型インフルエンザ対策費の71億ドルの予算は、経済の1%しか影響しないと語り、6250億ドルの経済的損失を被るのは疑問なく間違いのない話であるが、現在我々はいまだ対策を立てることは可能である、と語った。
・Pandemic preparedness exercise scheduled TODAYonline (シンガポール) 鳥フル流行に対する模擬訓練計画
 シンガポール保健省は、2,3カ月以内に鳥フルがパンデミックになった状況を想定して模擬訓練を行うと発表。11000人が入院を必要とする事態を想定している。
・Officials: Thai Boy Died of BirdFlu Baltimore Sun (米国) タイ:少年が鳥フルで死亡
 9日、タイ政府は当初肺炎と発表されていた5歳少年が鳥フルであったと発表した。
 少年はH5N1鳥フルで死亡したことが確認されたが、WHOは報告を受けていないと語った。
 少年の隣家で叔父が鶏を飼っていて、そのうち何羽かが最近死んだと言われる。
 当初医師団は少年が鳥フル発病と考えていなかったから、鳥フルの治療を開始したのは死の数時間前と言われる。医師団は少年が鳥と接触していたことを知らなかったようだ。
 少年の死でタイにおける死者数は14人、感染者数は22人となった。
・China: New birdflu cases confirmed myDNA.com (米国) 中国:鳥フル感染の2新規患者
 中国は第4および5番目の人の鳥フル発症事例を確認した。1人は10歳少女で検査が陽性が確認され、もう1人は女性農業従事者である。
 少女は中国南部の広西チワン族自治区資源県に住み、発熱と肺炎を先月から呈していて、緊急治療を受けていると、新華社は報じている。少女と接触した人々の中からは有症状者は見つかっていない。
 この地域ではH5N1鳥フルの発生は報告されていないため、当局は少女の感染の原因を調査中であるが、WHOは彼女が1〜2週前に家禽に接触した既往があると言っている。
 5番目の感染者は、遼寧省北西部の女性農業従事者である。新華社電によると、彼女の周囲では家禽の間で鳥フルが流行していたという。女性は回復している。
 中国ではこれまで、安徽省で家禽飼育場で働いていた女性2人が死亡し、南の湖南省で9歳少年が発病し回復している。
・ウクライナでH5N1型 政府が非常事態宣言 徳島新聞  (日本)
 タス通信によると、ロシアの家畜衛生当局者は9日、ウクライナ南部・黒海沿岸のクリミア半島で、鶏やガチョウへの高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染が確認されたと述べた。ウクライナ政府は現地に非常事態を宣言した。同当局者によると、クリミア半島では今月初めごろから鶏やガチョウの大量死が発生し、鳥インフルエンザウイルスを検出。サンプルをロシアの研究所で調べたところ、H5N1型と分かったという。
12月9日

・Ukraine says birdflu spreading in poultry Reuters AlertNet, (英国) ウクライナ、鳥フルが家禽の間で拡大中
 クリミア半島の中で鳥フルが家禽の間で拡大中と当局は語った。初期にウイルスはロシアの研究所でH5N1と確認された。
・China hiding bird-flu cases: expert Globe and Mail, (カナダ) 香港の専門家:中国は鳥フル発生を隠している
 情報の透明性を求められているにもかかわらず、中国当局は今年数ヶ月に渡って数カ所の省で鳥フル発生を隠してきた。香港の著名な科学者が語った。
 ”国内至る所にウイルスがいることを彼等が勇気を持って発表するかどうか私は分からない”、と香港大学のウイルス学者のGuan Yi氏は語っている。彼は中国からの鳥フル検体を10万近く分析している。
 いくつかの省はウイルスが検出されているが、それは報告されていない。また疫学調査もされていない。同氏は中国からの鳥フル検体を10万近く分析している。
・Boy, 5, killed by birdflu amid new outbreaks Scotsman (英国) タイで5歳少年鳥フルで死亡
 バンコクの北東45マイルのNakhon Nayok省で5歳少年が鳥フル発病して9日後に入院した。研究室での検査でH5N1鳥フルと確認された。
・米、鳥インフルエンザ流行に備え閣僚級の机上訓練実施へ 日本経済新聞 (日本)
 マクレラン米大統領報道官は、米国内で鳥インフルエンザが流行した場合に備え、10日にホワイトハウスで閣僚や政府高官による机上訓練を実施することを明らかにした。訓練は4時間にわたる予定で、感染者が出た事態を想定して厚生長官ら閣僚や各省庁の幹部が連邦政府の対応をシミュレーションする。ブッシュ大統領は参加しない。…
・鳥インフルエンザ感染、タイで5歳児が死亡 読売新聞   (日本)
 タイ保健省は9日、バンコクの北東約100キロにあるナコンナヨク県の男児(5)が、鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスに感染して死亡したと発表した。同国では今年2人目で、これまでの死者総計は14人となった。保健省によると、男児は11月25日に発症、治療薬タミフルの投与を受けたものの、投与時期が遅かったため回復せず、7日に死亡した。近所の鶏に触れたと見られる。Roche gives go-ahead on generic Tamiflu CNN/Money  (米国) ロッシュ社、米国内におけるタミフルのジェネリック品製造許可
 ロッシュ社は米国内の2製薬会社のタミフルのジェネリック品(類似品)で製造を許可した。他にも多くの製薬会社と相談中。
 


・中国で5人目の感染確認 鳥インフルエンザ 北海道新聞 (日本)
 新華社電によると、中国衛生省は8日、遼寧省錦州市黒山県で、同県の女性(31)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したことを確認したと発表した。中国で人への感染が確認されたのは5人目。 女性は10月30日に高熱などの症状を起こし、原因不明の肺炎と診断されたが、その後回復に向かい、11月29日に退院した。中国疾病予防コントロールセンターの検査で鳥インフルエンザ感染が確認された。女性は発病前に、死んだ家禽(かきん)に接触していた。香港紙は女性は養鶏に従事、感染した家禽に接触したと伝えている。衛生省は世界保健機関(WHO)などに報告した。
・Waterbird migration ends without spread of birdflu Scoop.co.nz (press release),  (オーストラリア)  鳥フル拡大無しに渡り鳥シーズンが終わる
 国際野鳥保護協会(BirdLife Internationa)発表:渡り鳥シーズンが終わり、数百万羽の野鳥が越冬の場所へたどり着いた。しかしH5N1ウイルスの拡大は報告されていない。渡り鳥がウイルスを運ぶという懸念は払拭された可能性。
 東欧で一部の国でH5N1鳥フルが発生しているが、これは渡り鳥というよりも、感染した鳥の輸入、または産物など、他の要因が考えられる。
・China reports fifth human case of bird flu Sacramento Bee (米国) 中国、5人目の感染者報告
 遼寧省の錦州市黒山県の31歳の家禽飼育場作業員の女性がH5N1鳥フルに感染していたことが、新華社電が報じた。
 中国で5人目の感染者となる。
 これまでの感染者は、 安徽省で2人の農民が先月死亡。湖南省の9歳少年が発病後回復。広西省で10歳少女が入院して濃厚治療中。
12月8日

・AVIAN FLU: A BILLION DIE MichNews.com (米国) 鳥フル:10億人が死亡
  ”我々は鳥インフルエンザのような公衆衛生学上の新しい危機に対して最大の注意を払う必要がある”、ブッシュ米国大統領はニューヨークの国連サミットで世界の指導者に向かった演説した。”もし何も対策をとらないならば、ウイルスは21世紀で最初の(インフルエンザ)世界流行を引き起こすだろう”。

 ”もし世界でこのH5N1ウイルスが(人々の間)で大流行を起こすとしたなら、それは一度に米国も含めて世界中で発生すると考えられるので、その結果については私には想像を絶する”、とコロンビア大学公衆衛生学部国立災害対策センターのIrwin Redlener博士は語る。
 ABCニュースでは、鳥フルは世界中で10億人もの人を犠牲にする可能性もあると言う。それ故ブッシュ大統領が、1億ドル(110億円)の予算でタミフル備蓄指示を出した。しかしワクチンはいまだ研究段階だ。
 ”現在H5N1ウイルスは感染した人々の55%を死亡させる”、と「外務委員会世界健康対策(global health policy at the Council on Foreign Relations)」の上級委員のLaurie Garrett氏は語る。
 ”このウイルスは我々が地球上で初めて遭遇するもっとも致死率の高いインフルエンザだ”。

 英国の関係当局では、H5N1ウイルスによって死亡する人々のための死体公示所を密かに探している。このウイルスは人類にとって全く新しいタイプなのだ。
 外務文書では、この脅威を”来るべき世界的大流行、パンデミック”と表現している。
 ブッシュ大統領は彼の個人的関心を強調した。彼は誇張しすぎではないと注意した:メッセージは米国が近い将来非常事態を迎える可能性を伝えた。それは対策不可能な健康被害が生じる可能性である。
 
 それはアジアで始まった。ガチョウ、白鳥、そしてアヒルがウイルスを拡大させる”犯罪者”となっている。鳥達は肺炎で死亡するが、彼等の肺は血液を含んだ貯留液で満ちあふれていると、野生動物保護協会の獣医であるWilliam Karesh氏が語っている。
 ウイルスは野鳥達の間から鶏、そして人々に
感染してくる。
”中国の広東省の市場では様々な生きた動物が取り引きされていて、それらは積み重ねられたケージに入れられている。病原体はお互いに感染し合っている”、とKaresh氏は説明する。
 各国の政府にとって問題なのは、パンデミックが発生したときの被害を過小評価していることだ。ニュースキャスターも政治家も鳥フル問題を緊急の課題として取り上げることを避けているように見える。それ故何も問題なく、この冬を多くの人々が過ごすことができるかのように、人々にその危険性を十分知らせることなく、問題を先送りしているように思われる。
 この状況に付け加えるに、パンデミック対策の医薬品が準備されていないことが指摘される。広範な流行の発生は防止できない可能性がある。それは多くの人々がワクチンがないために死亡する可能性を意味している。
 科学者達は現在不眠不休の状態で、世界的パンデミック発生を阻止すべくこのウイルスの研究をしている。
 病気は鼻水の風邪症状で始まる。続いて咽頭痛、続いて肺がウイルスの攻撃を受けて重症肺炎と進展する。
 これまで感染は鳥からやってきたが、一度鳥から離れ人人感染が生じだしたなら、世界的パンデミックが起きる。それは1918年のスペイン風邪以上の流行となるかも知れない。鳥フルは地球上をジェット機のスピードで広げるだろう。
 人々はウイルスを手に付けたまま運ぶだろう。だから握手で簡単にウイルスは広がる。ドアノブもそうであろうし、接触した場所は全て汚染される。
 このような流行の拡大は汚染地域を完全に閉鎖してブロックする必要がある。すなわち感染した人々が外部に出られないように、また他の人々が中に入ってこられないようにする必要がある。空港、学校、商店街などの出入り口は閉鎖しなければならない。
 対策は無限にある。
 さらに重要な問題として、鳥フルが発生したとしても、人々は従来型のインフルエンザとして考える可能性がある。それ故、それが非常に危険であると悟る前に人々の間で広がってゆく可能性が高い。
 米国保健省長官のマイケル・レービットは、”我々は隔離のために出来ることは全て行う必要がある。そんなことを考えることは決して楽しくはないが、それが大統領が気づかせてくれた危機に対する対策につながると思う”、と語ったが、さらに問題を解決するまでさらに時間があるならば良いのだが、と付け加えた。
・WHO: More Urgency Needed To Create Bird Flu Vaccine WPXI.com (米国) WHO:鳥フルワクチンを作成が緊急課題
 中国で4人目の感染者が報告されたことから、WHOは人用鳥フルワクチン作成が各国政府の緊急課題と発言。
 また中国で農夫達への、鳥フルの見分け方等、教育が必要とも談話を出した。
Hawaii preparing for pandemic flu Government Health IT (米国) ハワイ州、鳥フル流行対策が進む
12月7日

・Bird flu now limited to the North VietNamNet Bridge (ベトナム) ベトナム、鳥フル発生はは北ベトナムに限定
 ベトナム当局は鳥フルが発生している14省は全て北ベトナムであり、最近数週間は南ベトナムでの発生を認めていないと発表した。
・Medical experts monitor family, friends of China's new birdflu... Radio Australia (オーストラリア) 中国の鳥フル発症女児の医学専門家による周辺調査が厳格に開始
 広西チワン族自治区資源県の鳥フル発症が確認された10歳少女周辺での接触者調査が詳細に行われている。
・Local health officials don't rate US government bird flu plans News-Medical (オーストラリア) 米国政府、州保健担当局に新型インフレエンザ対策強化を求める
 米国保健省のレービット長官は、鳥フルが世界的に流行した場合、業界と行政は40%の職員がインフルエンザに罹患し、業務に就けなくなると説明。長官は50州に対して可能性あるインフルエンザの大流行に備えるように求めた。
 保健省の推定では鳥フルが人の間で大流行を起こした場合、米国人の9200万人が罹患し、200万人が死亡すると言う。
 ミネソタ大学の公衆衛生専門家のオスターホルム教授によると、米国には10万5千台の人工呼吸器しかなく、そのうち8万台はいつも使用されているという。
・22,000 birds seized as Ukraine fears spread of bird flu News-Medical.net (オーストラリア) ウクライナで22000羽の鳥が処分、鳥フル拡大の恐れが広がる
 クリミア半島から全土に広がる可能性。
・New case of birdflu reported in China Globe and Mail (カナダ) 中国で4例目の感染者
 
6日、中国政府は10歳少女がH5N1ウイルスに感染していることを確認し、中国で4例目の鳥フル感染者となったことを発表した。
 少女は生徒で広西チワン族自治区資源県に住む。11月23日以来発熱と肺炎で緊急的治療を受けていた。
 少女との接触者調査では発病者はいないと言う。
 広西省のDingdangでは2004年1月以来、アヒルが死亡しており、中国本土での鳥フル発生初の事例となっている。地域はベトナムと国境を接している。
・中国で4人目の感染確認 広西チワン族自治区 USFL.COM (日本) 
 新華社電によると、中国衛生省は6日、広西チワン族自治区資源県で、女児(10)が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことを確認したと発表した。中国で人への感染が確認されたのは4人目。…
12月6日

・Ukraine fears birdflu may spread Swissinfo (スイス) ウクライナ、鳥フル拡大の恐れ
 ウクライナの非常事態省は6日、クリミア半島で検出された毒性の強い鳥フル(H5N1と推定)は、他地域への拡大するかも知れないと発表した。
 ”危険性は他地域でもある。今対策を取らなければ国中に拡大する可能性がある”、と非常事態省では言っている。
 先週末ウクライナで初めて鳥フルが確認されたが、住民によると9月から(家禽の間で)発生している兆候はあったと言う。
・China urged to educate farmers in birdflu fight Reuters.uk (英国) 中国、鳥フル対策のために農民の教育を急ぐ
 中国は鳥フル撲滅のために、医療関係者と数億人の農民に対するH5N1ウイルスの教育を行う、と専門家は6日語った。
・Ukraine cull almost completed as fights birdflu Reuters AlertNet (英国) ウクライナ、鳥フル対策で家禽の殺処分をほぼ完了
 ウクライナは鳥フル発生のクリミア半島の関係村における22000羽いを越える家禽の殺処分を、ほぼ終えたと発表。
・米で最悪190万人死亡も 新型インフルエンザ 神戸新聞 (日本)
 レビット米厚生長官は5日、鳥インフルエンザウイルスが変異するなどして感染力の強い新型インフルエンザが大流行した場合、最悪で990万人が米国内で入院し、190万人が死亡することを想定していると、あらためて強調した。ワシントン市内で開かれた公衆衛生当局者との会合での発言を、ロイター通信などが伝えた。長官によると、1918年に米国内で50万人が死亡した「スペイン風邪」と同様の大流行が起きた場合の想定という。長官は、東南アジアで大流行が起きれば50日で米国にも波及するとし、短期間に急速に拡大する恐れがあると述べた。長官は米国内のすべての州で4カ月以内に、鳥インフルエンザ対策会議を開く方針を明らかにした。
・Tamiflu and birdflu Jakarta Post (インドネシア) タミフルと鳥フル
 ジャカルタ・ポストでの編集者への手紙から

In his article, The overuse of Tamiflu in treating avian flu (The Jakarta Post, Dec. 3), Iwan Darmansjah questions the wisdom of stockpiling Tamiflu, generic name oseltamivir. This is a question many people have asked, first because an influenza pandemic is not an ordinary flu and second because of the 140 cases (all in Asia) of H5N1 infection confirmed by WHO, a very small number were treated with oseltamivir and the clinical benefits remain unknown.

The writer also questions the efficacy of Tamiflu in influenza A and B infections, and the safety of Tamiflu. Two large data sets presented in September at the second European Influenza Conference in Malta (www.eswi.org) address unequivocally these questions.

A large U.S. study of more than 176,000 patients showed that oseltamivir significantly reduced the risk of pneumonia by 32 percent and of death by 91 percent. Additionally, in Canadian patients with laboratory-confirmed influenza (A or B) requiring hospital admission, oseltamivir reduced the risk of death by 68 percent.

Elsewhere, a recent large-scale study examined the effectiveness of oseltamivir in protecting family members who had come in contact with a person infected with flu: oseltamivir protected about 80 percent of contacts from flu infection.

Regarding the reported 12 deaths in Japanese children treated with Tamiflu, the FDA Advisory Committee affirmed on Nov. 27 (surely after the writer submitted his article) the safety of Tamiflu in children. This was followed on Dec. 2 by the confirmation of the Japanese Pediatric Society, which established no links between the deaths and Tamiflu.

It was also reported that of the 24.5 million people in Japan who have used Tamiflu since 2000, 11.6 million (47 percent) were children. The death rate under Tamiflu (1/1000,000) was lower than the rate of mortality in children infected with influenza (2/1000,000).

Given its beneficial effects on the treatment and prevention of influenza, the prevention of complications and hospitalizations, and on overall patient mortality, WHO experts and others around the world have decided there is definite wisdom in stockpiling oseltamivir as part of governmental pandemic preparedness plans.

In Asia and in Indonesia the plan should also focus on better monitoring of backyard farm hygiene and the large live-bird markets, which are probably behind all the infection cases so far.

Back to the medical side, Iwan Darmansjah mentioned rightfully that half of the deaths in the case of an avian flu pandemic would be due to Streptococcus pneumonia bacteria, the most common variety causing bacterial pneumonia and for which a vaccine exists.

He talked about the antibiotherapy aspect of the management but what about vaccination? With the threat of avian flu growing, another debate is open: how wise would it be to recommend pneumococcal vaccination? If envisageable, priority of use must be established and availability secured.

What do Indonesian experts think? The question is perhaps worth a local study.

AIT-ALLAH MEJRI
Jakarta

 ジャカルタ・ポストの12月3日付けで Iwan Darmansjah氏は、「鳥フル治療におけるタミフルの過剰使用」というタイトルの論説を書いたが、その中で彼はタミフルの備蓄が賢明なる行為なのかどうか疑問を投げかけた。これは多くの人が抱いている疑問である。その理由の第1は流行を懸念しているインフルエンザは通常のタイプではないこと、第2はWHOで確認された140人の患者のうちほんの少数しかタミフルを投与されていないので、その効果は不明であること、が上げられる。
 著者は同様にA型とB型のインフルエンザに対するタミフルの効果と、その安全性に対しても疑問を呈した。この問題に関しては、9月にマルタ島で開催された「第2回ヨーロッパ・インフルエンザ会議」で、2つの大きなデータが発表され、これらの問題に対して明確に焦点が当てられた。
 米国における大規模研究では、176000人以上の患者を対象に行われ、タミフルは肺炎発症を32%抑え、死亡を91%抑えた。続いてカナダの研究では、検査室で確認されたA型とB型のインフルエンザ患者で入院を要した患者の死亡率をタミフルは68%引き下げた。
 その他の地域で行われた最近の大規模研究では、家族内でのインフルエンザ拡大に対してタミフルは80%の予防効果を示したという。
 日本におけるタミフル服用後に死亡した12人の小児に関して、米国FDA委員会は調査後、11月27日(明らかに上記著者が論説を提出した後であるが)、小児でのタミフル服用の安全性を確認し、また12月2日に日本小児科学会も、死亡小児とタミフルとの間の因果関係を否定した。
 同じように報告された事実として、日本では2000年以来、2450万人の人々がタミフルを服用していて、そのうち1160万人が小児であるという。タミフル服用小児のインフルエンザによる死亡率は百万人に1人で、服用しない小児の50万人に1人に比較して少ない。
 タミフルのインフルエンザに対する治療と予防効果、さらに合併症頻度、入院必要性、死亡率などに対する効果などから、WHOや世界中の専門家は、政府のインフルエンザ流行に対する備えの一環として、タミフルの備蓄が有用であると決定した。
 アジアとインドネシアでは、屋外における家禽飼育の衛生状態、そして全ての感染の原因となっている可能性のある、生きた家禽を扱う市場での衛生状態の厳重な監視体制にも、対策の焦点が当てられている。
 医学的側面に戻ると、 Iwan Darmansjahは、これは正当な話であると考えられるが、鳥フル感染者の半数は肺炎球菌で死亡すると語っている(細菌性肺炎を起こす最も一般的細菌で、ワクチンで予防可能である)。
 彼は抗生物質治療について語ったが、ワクチン投与はどうなのだろうか?鳥フル脅威が大きくなる中で、新しい対策も浮上したと考えられる。:肺炎球菌ワクチンの投与勧奨は意味のあることではないだろうか?
 もし意味のあることと考えれられるならば、有効な投与方法などを確立する必要がある。
 インドネシアの専門家はどのように考えるだろうか?地方でパイロット研究する価値があるように思われる。

訳者注:この著者はジャカルタ在住の医師、または医学研究者だろうか。内容的にはおおいに参考になる。












・Bird Flu Killed More Than 2,000 Birds In Ukraine Medical News Today (press release), (英国) ウクライナ、鳥フルで2000羽以上の家禽が死亡
 ウクライナの緊急事態省は、H5株鳥フルにより、2000羽以上の家禽が死亡したことを確認した。全ての死亡した家禽はクリミア半島の6カ所の村にまたがっている。
・Preliminary tests show Indonesian baby has bird flu Radio Australia (オーストラリア) インドネシア、予備的検査で乳児が鳥フル感染と
 インドネシアで8カ月の乳児が検査で鳥フル感染が確認され、最新鳥フル感染例となった。
 医師は乳児が感染した鳩から感染したと考えている。
 ジャカルタの鳥フル患者専用病院のSulianti Soroso病院のスポークスマンの話によると、病院での検査では陽性であるが、検体は香港のWHO協力機関である研究所に送られている。
 乳児は発熱などの症状を北ジャカルタの自宅で呈して5日後の4日、同病院の隔離病棟へ入院した。
 他に6人の患者が検査中とされる。
 インドネシアではこれまで8人が鳥フルの感染して死亡したと公式発表されているが、専門家の間では貧弱な監視体制のため、実際の数は把握されていない可能性があると言われている。
・US preparing for birdflu worst-case scenario Standard-Speaker (米国) 米国、最悪のシナリオで対策に
 米国は鳥フルが人の間で世界的流行を引き起こしたときに想定される最悪のシナリオに沿って行動計画を立てている。そのようの保健省長官のミハエル・レービット氏は語った。例えば、9200万人が罹患し、学校は閉鎖、企業活動は停止などを想定した対策である。レービット氏は、50回に渡る各州との個別打ち合わせを予定していると語った。
・Few companies prepared to cope with flu pandemic Corvallis Gazette Times (米国) 米国、企業は新型インフルエンザ流行に備えるべき
 新型インフルエンザ(super-flu )が世界中で流行しだしたとき、各企業はどのようにして企業活動を維持できるのか、その対策をたてるべきと。
12月5日

・Vietnam spots birdflu outbreaks in area near China Reuters India (インド) ベトナム、中国国境近くで家禽での鳥フル発生が相次ぐ
 ベトナムは5日、中国国境近くの北方の省で900羽以上のアヒルと鶏が、4カ所で発生した鳥フルのために死亡したと発表。
 当局では 流行が確認された後、Cao Bang省で3717羽の家禽を殺処分した。検査結果ではH5亜系下部が確認されたと言う。
 Cao Bang省はハノイの北方270キロに位置し、中国の広西省と国境を隔てている。
・US lawmakers slow to act on flu funds issue tied up in budget ... WTOP (米国) 米国:鳥フル対策費用、議会でいまだ承認されず
 議会の会期は10日足らずとなっているが、まだ大統領の要求した71億ドルの予算は承認されていない。
・Romania detects new bird flu cases Scotsman (英国) ルーマニアで新規鳥フルの発生を確認
 ルーマニア当局は検査された3羽の鶏からH5亜系鳥フルウイルスが検出されたことから、東部の村を閉鎖した。先週3村でH5鳥フルが検出されたBraila州の Cioacile村で8000羽の家禽の殺処分を開始した。
・New bird flu outbreak in Romania Euronews.net, (フランス) ルーマニアで新規鳥フル発生
 南東部の村で発生した鳥フルはH5N1と考えられ、家禽の処分と周辺住民に対するタミフルの投与が行われている。

・Emergency in Ukraine over bird flu Financial Times (英国) ウクライナ、鳥フル発生地域へ緊急事態宣言
 ウクライナ政府は4日、クリミア半島で発生したヨーロッパで最大の家禽における鳥フル流行に対して緊急対策を開始した。
 それはウイルスがH5亜系と確認されたからだが、さらに検体は英国に送られて高病原性のH5N1であるかどうか検査される。
12月4日

・インドネシア、鳥インフルエンザによる死者が8人に ロイター (国際−−>日本語)
 インドネシアで3日、先に死亡した25歳の女性が「H5N1型」鳥インフルエンザに感染していたことが確認された。同国保健省の高官が、世界保健機関(WHO)傘下の研究所による調査結果を明らかにした。同国の鳥インフルエンザ感染による死者数は、これで8人になった。
・Tamiflu 'useless' against avian flu WorldNetDaily (米国) 人鳥フル患者にタミフルは効果なしと
 41人のH5N1鳥フル発病患者を治療したベトナムの医師が、タミフルは無効であると結論した。
 ハノイの熱帯疾患研究施設の濃厚治療室で働くNguyen Tuong Van医師は、WHOのガイドラインに従って彼女の患者を治療してきたが、ガイドラインでの治療方法は何ら効果を持たなかったと結論している。
 ”我々は鳥フル発病患者の治療にタミフルが重要な効果を持っているとは考えていない。タミフルは通常のA型インフルエンザに
効果を持つが、H5N1ウイルスに対して効果を持つように作成されていない。H5N1ウイルスには無効である”
 同医師は、SARS患者も治療したが、鳥フル患者はさらに重症だと言う。H5N1感染者の治療には、生かし続けるために濃厚な現代医学機器によるサポートが必要だが、それには人工呼吸器とか人工透析器が必要とされる。これらの用意は患者が大量発生したときには、先進国の医療機関でも用意するのは難しいと思われる。
 同医師はまた政府がタミフルを備蓄していることに批判的意見は呈しなかったが、医師がタミフルの効果について(効かないということ)社会に公表すべきであると語った。
 スイスのロッシュ社は世界40カ国に対してタミフルの備蓄量を確保していて、もし48時間以内に投与したなら効果があると説明している。
 WHOはVan医師の、タミフルは人の鳥フル患者には有効ではないという主張を確認しているが、アジアにおける多くの患者では、タミフルが投与された次期が遅すぎるせいではないかと推定している。
・治療薬「タミフル」、海外でも備蓄へ 読売新聞 (日本) 
 外務省は3日、新型インフルエンザに対応するため、アジアを中心とした在外邦人のために治療薬「タミフル」の備蓄を在外公館などで行う方針を固めた。2005年度の補正予算に盛り込む方向で財務省と調整している。外務省の備蓄は、厚生労働省が行う国内用の備蓄とは別枠で、現地の邦人向け医療機関などに配布し、緊急時の邦人の治療に当てる計画だ。
・Japan plans to store flu drug Tamiflu at embassies for Japanese ... Pravda (ロシア) 日本、海外の大使館で鳥フル対策用にタミフルを備蓄用意と
 日本は、海外旅行者や居住者が鳥フルに感染したときのために世界中の大使館でタミフルを備蓄用意すると発表した。

・China begins bird fllu program United Press International (国際) 中国、鳥フル治療の新方法を研究へ
 中国は人の鳥フル感染に対する新しい治療法を、伝統的漢方と現代的医学の両方から模索し始めた。
 国営通信の新華社は、2日、専門家達が集まって彼等の経験と知識を交流した、と報道。
・北朝鮮、体温38度以上の入国者隔離・鳥インフル対策 日本経済新聞 (日本)
 韓国の聯合ニュースがモニターした朝鮮中央テレビによると、北朝鮮の保健当局が鳥インフルエンザの予防対策として体温が38度以上の入国者を隔離していることが明らかになった。…
12月3日

・Indonesian woman dies of birdflu BBC News, (英国) インドネシアの女性、鳥フルで死亡が確認
 今週初めに死亡した25歳のインドネシア女性がH5N1鳥フルに感染していたことが、香港の研究所で確認された。インドネシアとしては8人目の死亡者となる。当局によると女性は死んだ鶏と接触していた既往がある。
・Over 1,500 birds found dead in Ukraine Ely Times (米国) ウクライナで1500羽以上の鳥が死亡
 これまで鳥フル報告のなかったウクライナで、農業省は1500羽以上の鳥がクリミア半島で突然死亡し、その調査に専門家を派遣したと発表した。
 黒海に突き出た半島の数カ所の村で死亡した鳥が発見されたとテレビ発表があったが、詳細は不明。
 ”現在1621羽の鳥の死亡を確認している。今晩状況はもう少し詳しく分かると思う。”当局ではそのように説明している。
 ルーマニアは2日、ウクライナと国境を挟んでいるダニューブ・デルタでの鳥フル発生を確認し、検体を英国の研究所に送っている。
 ウクライナでは数千羽の家禽と野鳥の調査をこれまでに行っているが、鳥フルは検出されなかったと、当局では説明している。また狩猟は禁止されており、住民は家禽を屋内で飼育して野鳥と接触させないように指導されている。


・Vietnam finds more bird flu outbreaks ABC Online, (オーストラリア) ベトナムで、さらなる鳥フル発生
 ベトナム農業省は新規鳥フル発生を報告し、2省で鶏とアヒルが死亡し、第3地域で鳥が死亡したと発表。
 同省によると、ハイフォン市と Thanh Hoa省の6箇所で発生が確認され、317羽のアヒルと37羽の鶏が死亡したと言う。
 当局では20400羽以上の鳥を殺処分している。
 またQuang Ninh省では78羽のアヒルと鶏が1日原因不明で死亡した。鳥フル検査の結果は出ていないが、2000羽前後の鳥が殺処分された。
 ベトナムでは鳥フルの流行が10月初めに再発してから194万羽の家禽が殺処分されている。
 家禽における鳥フル流行は現在64省のうち17省まで広がっている。ほとんどは冬が到来している北部である。
 H5N1ウイルスは低温下で活動力を増すが、2003年以来アジアで133人が感染し、68人が死亡している。
 ベトナムだけで93人が感染し、42人が死亡している。
 ハイフォン市は最新の人感染事例が発生した場所であるが、感染者の15歳少年は11月に1週間の治療で回復している。
・Birdflu outbreaks hit more in northern Vietnam Malaysia Star (マレーシア) 鳥フル、北ベトナムでさらに発生
 北部ベトナムの2省で新規鳥フルが発生して、鶏とアヒルが多数死亡した、と農業省が発表した。
・UN secretary general cancels Asia trip Korea Herald (subscription), (韓国) 国連総長、アジア訪問を中止と
 4日からアジアを訪問予定だったアナン総長は緊急の用事が発生したため、訪問予定をキャンセルした。
・X-rays predict birdflu 'toll' BBC News, (英国) 胸部写真は鳥フルの重症度を予知

 専門医師達は、鳥フル発病患者の重症度を胸部レントゲン写真で判断可能と

 専門家達の意見はベトナムのホーチミン市で治療された患者14人の知見に基づいている。
 患者達の胸部写真像は疾患に特有な所見を呈していたが、所見は患者によって異なり、個々の患者に対する治療法の選択に有用であった。そのようにオックスフォード大学の放射線専門医達は語った。
 例えば、より重症な肺障害に対してはより濃厚な治療が、救命のために必要とされる。
 オックスフォード大学の放射線診断専門医のナガミ・クレシ医師は、”14人の患者の98枚の胸部写真を分析したが、もっとも共通する異常像として、小さな炎症像が複数以上に渡って存在することで、それは通常、発熱と咳を伴う患者において肺における感染と膿の存在を示す”、と語った。
 さらに同医師は、”我々は肺における重症度の把握が患者の予後の良い指標になることを見いだした”、と語った。
 研究対象になった14人の患者のうち9人が死亡し、5人が生存した。
 生存した5人のうち3人で退院後CT撮影をした。

 異なった肺傷害
Distinct lung damage

 CT像は患者の症状が軽減した後でも、肺の異常像が確認され、感染が肺に瘢痕を残していることを示唆した。
 クレシ医師は北米放射線医学会の会議で、鳥フルでの所見はSARS患者で見られた所見に似ていると説明した。
 ”しかしながら、我々は鳥フル患者でさらに追加的所見を見いだした。すなわち、胸水の貯留、リンパ節腫脹、および肺内の空洞形成、これらはSARSでは認めなかった”。
 人における鳥フルの症状は、通常のインフルエンザ様症状−発熱、咳、咽頭痛、そして筋肉痛−から、目の感染症、肺炎、重症呼吸障害、および他の生命にかかわる合併症、まである。
 ペーター・オープンショウ教授(ロンドン王室大学国立心臓肺疾患研究所、呼吸器感染症部長)は、”鳥フルが如何にして肺を傷害するのか、および如何にしてこのように高い死亡率の原因になっているのか明確にすることは、非常に重要で役に立つことである”、と語った。
 ”しかし明らかに、(今回の所見)は全容の一部分に過ぎない。我々はいまだ、鳥フルが人に感染したときに重症な臨床像を引き起こす基本的原因について知る必要があるのだ”、と付け加えた。

 今後の研究課題
Lessons to learn

 幸運なことにH5N1鳥フルウイルスが容易に人に感染するタイプに変異していないため、これまでほんの少数の人々しか感染していない。
 しかしながら臨床例が少ないことは、医師達が参考に出来るデータも少ないことを意味する。オープンショウ教授はそのように言う。
 ”我々は改良ワクチンを作成することで、如何にして人々を守ることが出来るか、その方法を知る必要がある”。
 ”ウイルスが変異した場合、どのくらい危険性があるのか、実際変異株が誕生するまで分からないことだ”、と同氏は語っている。
 ”我々は最善の治療方法についても分からない”、と彼は付け加える。
 これまでの治療方法における主眼は、呼吸障害等の合併症に対する治療、または予防であった。
 ”病態はウイルスが引き金になってカスケイド(滝状)状に進むと思われる。それはウイルスが除去されたとしても”。
 ”そして、我々はステロイドが効果を持つのか、それとも有害なのか分からない。SARS患者において長期間にわたって見られた合併症(side effects)は、実際にはステロイドによるもので、それらは避けることが出来た可能性がある”。
 (訳者注:H5N1ウイルス感染で、免疫学システムでサイトカイン産生が高まり、その過剰に産生されたサイトカインが肺を傷害するという学説が最近出てきている。それは免疫学的に健常な成人で顕著である故、東南アジアでの死亡者の多くが成人である理由の説明に使われている。そのためサイトカイン産生を抑えるために、ステロイド投与(大量投与も含む)も治療法の選択に入りつつある)。





・Ethiopia investigates possible birdflu outbreak ABC Online, (オーストラリア) エチオピア、鳥フル発生の可能性
 エチオピア当局者達は東部で死亡した数百羽の鳥について、鳥フルによる可能性を考えて調査中と発表した。
 エチオピアの科学者達は調査のためにソマリアとの国境近くに出向いている。エチオピア政府の発表によると、致死的鳥フルがアジアからヨーロッパへ拡大した後、国内で警戒態勢を敷いていると語った。しかしながらこれまで鳥フルの発生は確認されていない。
・Bird slaughter continues in Romania over flu risk TODAYonline (シンガポール) ルーマニア各地で、鳥の殺処分が継続
 ルーマニア農業省は、今週ダニューブ・デルタの3箇所で鳥フル発生が起きた後、1万羽の鳥が殺処分されたと発表した。
 ”ブムバカリ村、ドゥデシュ村とペリプラバ村は隔離され、土(地面?)は消毒された。我々はウクライナ政府に警戒を呼びかけた。なぜならペリプラバ村はほんの3キロしか離れていないからだ”、と当局者は旅行客に語った。
 ルーマニア各地でアヒルや鶏、七面鳥などの家禽の他、渡り鳥の白鳥が感染死亡している
.

・RSNA: Chest X-Rays Alone Won't Fly for BirdFlu Diagnosis MedPage Today (米国) 胸部写真だけでは鳥フルの診断は不可能
 英国の放射線診断専門医がベトナムでの鳥フル発病者14人の胸部写真を分析し、鳥インフルエンザ診断にほとんど胸部写真は有用ではないと発表した。鳥フル発病の患者における胸部写真には特異性が無いためだが、他に患者が感染地域へ行ったか、死んだ鳥との接触歴があるか等と合わせると、診断に役立つと語った。
 ”胸部写真はウイルス感染と細菌感染に特徴的像を呈している”、とオクスフォード大学のチャーチル病院胸部レントゲン診断部門のNagmi Qureshi,医師が、北米放射線医学界で14人の鳥フル発病ベトナム人の写真を分析して語った。
・Thailand: BirdFlu From Human To Human? Stratfor タイで人人感染で鳥フル発症疑い
 タイで最近発生した鳥フル感染の2例は人人感染で生じたかも知れないと、タイの当局者達が12月1日語った。中国の国営通信の2日の報道による。両患者とも症状は中等度であるが、鳥との接触の既往は無かったという。しかしながら住んでいた周囲では感染した鳥の排泄物でウイルスで汚染されていたようだ。
12月2日


・エチオピアで鳥インフルエンザか 渡り鳥で到達の疑いも 共同通信 (日本)
AP通信によると、エチオピア政府は2日、首都アディスアベバと東部ソマリ地方で見つかった死んだハトが、鳥インフルエンザに感染していた可能性があるとして、調査を始めたことを明らかにした。
・Few US Companies Ready for Flu Pandemic Sun-Sentinel.com (米国) インフルエンザ流行対策が行われている企業は少ない
 新型インフルエンザ流行時の企業における対策が十分ではないという話。
・Plan for flu pandemic lacks crucial details Journal Inquirer (米国) インフルエンザ流行対策は重要な細部の対策に欠ける
・Indonesia gears up grass roots birdflu plan Reuters.uk (英国) インドネシア、草の根鳥フル対策計画を強化
 インドネシアは鳥フル警戒報が遠い地域までも迅速に伝わるように、鳥フル警戒システムを準備中と発表。
・拡大の恐れ 鳥インフルエンザ 新ワクチンへ先進国投資を 東京新聞 (日本)
 東京新聞記者による世界のインフルエンザ研究の第一人者である米国ミネソタ大学のマイケル・オスタホルム教授へのインタビュー記事。

   ――今、アジアで人から人へ感染する流行が始まれば何が起きるか。
 「二週間以内に東京、ニューヨーク、パリなど世界に広がるだろう。抗ウイルス薬は効かず、ワクチンができるのは半年後。一九一八年のスペイン風邪と同じ致死率なら、世界で一億八千五百万人から三億六千万人が死亡する」
 「国境の閉鎖、交通や貿易の制限で世界経済はマヒする。流通のストップで食料やガソリンなど日常生活の必需品がすべて欠乏する。医薬品も同じだ。こうした必需品をどう確保するのか。限られたワクチンや抗ウイルス薬をどのように配布し、看護師や臨時病院をどう確保するのか、詳細な行動計画が必要だ」
 ――リスクを減らす方法はないのか。
 「一つしかない。今すぐ投資をし、どのタイプのウイルスにも対応できる新しいワクチン製造技術を開発することだ。二、三カ月でワクチンを世界中に行き渡らせられれば、流行は抑えられる」
 ――今の技術では?
「流行発生後にサンプルを取得し、ニワトリの卵の中で一つ一つ培養する一九五〇年代の技術では、ワクチン製造までに早くても五、六カ月。しかも、今の生産能力で流行一年目に製造できるのは、八千五百万−一億人分しかなく、これでは流行に対処できない」 ――抗ウイルス薬「タミフル」は有効か。
 「備蓄は勧めるが、残念ながら特効薬にはならない。スペイン風邪のウイルスを再現した米疾病対策センター(CDC)の動物実験で、感染後の増殖レベルは、普通のインフルエンザの数千倍に達し、タミフルを感染一日後に投与してもすでに手遅れなことが分かった。また、今後五年間で世界人口の7%分しか確保できないことも問題だ」他…。 
・New Emphasis on Corporate Flu Planning Washington Post, (米国) 企業におけるインフルエンザ大流行時対策は貧弱
 (新型)インフルエンザが大流行した際の企業における対策は全く十分でない。各企業の機能が麻痺した際の対策を立てている例は希。従業員の多くがインフルエンザで休業。社会機能が麻痺状態下でどのような対策をとるか…
・Behind a Chinese Cover-up TIME  (国際)
 中国ハルピン(Harbin)における毒性強いベンゼン化合物流出事件を対象に、中国当局の隠蔽性格を焦点にした論説。
・Senator wants state to get vaccine NewsOK.com (subscription),  (米国) 米上院議員、オクラホマ州にさらなるタミフルの備蓄量をと
 備蓄量を増やすために連邦政府に頼らないで、州当局が海外の製薬会社と交渉すべきとの意見。
12月1日

・鳥インフルエンザ:中国とインドネシアにおける状況−更新44 感染症情報センター  (日本)
 インドネシア保健省は本日、H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスによるヒト感染症例をさらに一例確認した。新たに確認された1例はWest Java州の16歳の少年であった。この患者は11月6日に発熱と咳で発症し、2〜3日のちに呼吸困難を発症した。患者は、11月16日に入院し、現在病状は落ち着いている。この症例のフィールド調査の結果、患者が入院する5日前に、患者の2人の同胞が死亡していたことがわかった。この2人は、7歳と20歳の男兄弟であり、11月3日に発症し、発熱と呼吸困難の症状に引き続き11月11日に死亡している。暫定診断は腸チフスであった。埋葬前に臨床検体の採取はされなかったため確定診断はできていない。WHOは実験室で確定された症例のみ報告している。…
患者の村にある80世帯のなかにはインフルエンザ様症状を持つものは認められなかった。
・新疆で新たな鳥インフルエンザ 中国 産経新聞 (日本)
 中国農業省は30日、新疆ウイグル自治区の新源県で新たに高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の家禽(かきん)への感染を確認したと発表した。農業省によると、新源県で11月24日に家禽300羽が死んでいるのが見つかり、30日に感染が確認された。地元衛生当局は周囲3キロ以内の家禽約11万8000羽を処分した。
・鳥インフルエンザの疑い、ジャカルタで女性が死亡 朝日新聞 (日本)
 インドネシア保健省は11月30日、鳥インフルエンザの疑いでジャカルタ郊外に住む女性(25)が死亡したことを明らかにした。世界保健機関(WHO)による検査の結果を待っているという。同国の感染死亡者はこれまで7人が確認されている。一方、WHOは同29日、西ジャワ州の病院に入院中の16歳の少年が鳥インフルエンザに感染していることを確認した。保健省の調査などで、この少年の7歳と20歳の兄弟が11日に死亡していたことが分かった。2人は腸チフスと診断され、すでに埋葬されているため、鳥インフルエンザによる死亡かどうか確認できないとしている。
・Indonesian Authorities Confirm New BirdFlu Death, Probe Possible ... KSDK, (米国) インドネシア政府、鳥フル死亡者1名を確認、他に可能性例も(人人感染か?)
 昨夜ジャカルタで死亡した25歳女性が鳥フルに感染していたことが確認された。最終確認は香港の研究所の結果により、それには数日かかると言う。また西ジャワで家族内発生が疑われていることを、インドネシア当局が発表した。
 当局は、西ジャワ Bandungの家族例について、家族と近隣の住人を観察下において、人人感染の兆候の有無を警戒観察している。当事例で、16歳少年は鳥フル感染を確認されて入院中であるが、他の2名の兄弟はすでに死亡して埋葬されている。
・Indonesia Woman Dies Of BirdFlu Free Internet Press (米国) インドネシア女性がH5N1鳥フルで死亡、他に人人感染疑い事例も
 29日遅くに死亡した25歳女性がH5N1鳥フルに感染していたことがインドネシアの研究所で確認されたが、検体は香港の研究所へ送られ、正式に確認される。
 
 西ジャワのBandungで兄弟2名が死亡し、16歳の弟がH5N1鳥フルに感染したことが確認されている。この事例に関して、人人感染を疑わせるが、(チフスとして)死亡した兄弟は検体が採取される前に埋葬されているので、さらなる検査が出来ないため、極めて可能性は高いが、これ以上の確認は出来ない。WHOのジュネーブ本部ではそのように発表した。

・Vaccine Can Stop Poultry From Spreading BirdFlu To Each Other KSDK (米国) 家禽への鳥フルワクチンは、感染拡大阻止に効果
 家禽に対する鳥フルワクチンの効果は、接種家禽の死亡を防ぐが、ウイルスを保持したまま周辺に拡大し続ける危険性がいくつかの研究で言われていた。H7N7株を用いた鶏に対するワクチン効果の研究が最近行われ、周辺に拡大するだけのウイルスを産生しないことが確認された。米国の代表的医学雑誌に発表された。
・Annan to embark on trip to East Asia this weekend Xinhua (新華社、中国) アナン事務総長、今週末に東アジア4カ国訪問へ
 アナン総長は今週末14日間の予定で東アジア4カ国を訪問する。中国、韓国、日本およびベトナムである。
・Testing time for avian flu experts Orange Central Western Daily, オーストラリア、鳥フル対策模擬テスト
 29日から3日間の予定で行われている鳥フル対策模擬テストは順調に進んでいると、当局では発表。
 これはオーストラリアで鳥フルが人の間で流行したときをシミュレートして行われた。関係当局が鳥フル発生に十分反応できるか、各当局の連携がうまくゆくか等の確認が目的となっている。
TOP