海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
10月31日

・Thailand confirms another human case of birdflu infection ABC Online (オーストラリア) タイで人鳥フル感染の新規例
 50歳女性がH5N1鳥フルに感染して入院していることを保健省は発表した。女性は鶏を飼育している裏庭を清掃している間に、感染したようだと説明されている。現在様態は安定している模様。タイで20例目の感染者となる(2003年末以来)。
・Romania finds new cases of avian flu in wild birds Reuters AlertNet (英国) ルーマニアで野鳥の間で鳥フル新規例発生
 東南の無人地域で野鳥が死亡し鳥フル発生が確認されたと、当局は発表。ガチョウと白鳥からH5ウイルスが検出されたが、詳細は今後の検査結果による。
・WHO says Vietnam needs to ensure strict adherence to birdflu... Forbes (国際) WHO、ベトナムは鳥フル対策ガイドラインに忠実に従うよう要求
 最近2例の鳥フル疑い患者が検査をされずに埋葬された事態を重く見た、WHOベトナム事務所代表の Hans Troedsson氏は、ベトナムは鳥フル対策のガイドラインに忠実に従うよう要求した。どんな場合でも鳥フルが疑われた場合でも、必要な検査を行うのは原則であると説明している。
・Thailand confirms new case of birdflu ABC Asia Pacific (アジア) タイで家禽の鳥フル新規発生事例
 タイの北東部カラシン省( Kalasin)で鶏の間で H5N1鳥フルが発生したことを確認したと、当局は発表した。
 同省では1年以上鳥フルの発生は認めいなかった。

・Birdflu suspected at Japanese farm CNN International (国際) 日本の養鶏場で鳥フル発生の疑い
 北日本の養鶏場で鳥フル感染の兆候が確認され、8万2千羽の鶏の殺処分が決定された。
 共同通信によると鳥フル拡大の恐れから、同地域では8月下旬以来150万羽の鶏が殺処分された。当局が感染を裏付ける兆候を7農場で確認していた(抗体検査で陽性:訳者)。
 今回の事例は茨城県当局発表によると、H5株に対する抗体を同養鶏場の鶏で検出したと言う。
・茨城県、新たに40羽から鳥インフルエンザ抗体陽性反応 日本経済新聞 
 茨城県は31日、新たに同県小川町の採卵養鶏場「キミシマファーム」で飼育していた鶏40羽から鳥インフルエンザの抗体陽性反応が出たと発表した。同日付で鶏の殺処分命令を出し ...
・Birdflu antibodies found at Japan farm: Kyodo Reuters.uk (英国) 鳥フルウイルス抗体が日本の養鶏場で検出
 31日、共同通信によると東京近くの養鶏場で過去に鳥フルウイルスに感染したことを示す抗体が検出された。
 ウイルス株は同定されていないが、地域の当巨億では82000羽の鶏を殺処分する予定と決定した。
 感染が確認された農場は、先に養鶏場で感染が見つかり鶏や卵の輸送が禁止されている地域内にある。
・Borders could close in birdflu outbreak The Age (subscription), (オーストラリア) 鳥フル流行時には国境閉鎖も
 オーストラリア外相の談話
・Sanctuary on guard for flu symptoms in migratory birds Financial Express (インド) 野鳥保護区で渡り鳥の鳥フル感染を監視
 インドは渡り鳥の到来シーズンを迎えた
・Mayor says anti- birdflu efforts not enough INQ7 Interactive, Inc (フィリピン) フィリピン:市長、鳥フル対策は不十分と
 フィリピン農業省と保健省から国内各地への鳥フル対策指示が十分でないと、CANDABAの市長が批判。
・Firms try to speed up flu-vaccine process WCNC (subscription), (米国) 製薬企業、インフルエンザワクチン製造法を改革
 
従来方法では9カ月要した受精卵を使用したインフルエンザワクチン製造方法から、ウイルスの特定遺伝子を取り出し、それを接種する{DNAワクチン}がバイオオテクノロジー企業数社で研究中。
10月30日

・New BirdFlu Outbreaks Registered in Central Russian Region MOSNEWS, (ロシア) 中央ロシアで新たな鳥フル発生事例
 中央ロシアのタンボフで家禽の間で鳥フルが発生したことが確認され報告された。同地域では初とのこと。地域の家禽の殺処分が行われた。(H5N1鳥フルと思われるが詳細は不明:訳者)

・Suspected Greek BirdFlu Case Tests Negative Sofia News Agency (ブルガリア) ギリシャの鳥フル疑い事例は陰性と確認
 10月18日に報告された東エーゲ海のOinousses島での七面鳥の鳥フル疑いは、検査結果が陰性と確認されたとギリシャ政府が発表した。
・Travelers are advised to take avian flu precautions Sun-Sentinel.com (米国) 鳥フルに対する旅行客への注意報
 鳥フルの流行に対する警戒感が高まっているにもかかわらず、米国とWHOは鳥フル発生地域への旅行制限について何らコメントを出していない。かわりにCDCは危険地域を旅行する人々に、家禽農場や生きた家禽を売っている市場を避けるように声明を出している。
 CDCはまた公園やゴルフコースでの鳥の排泄物に注意するように言っている。さらに家禽の肉類と卵は、完全に加熱されたもの以外は食べないようにも言っている。
 旅行制限は多分、人人感染が認められたら出されると思われる。しかし専門家によると、人人感染が表面化するまでに一定の時間的経過があり、その間に感染した旅行客によってウイルスは世界中に伝搬される可能性があると言う。
・中国各地で鳥インフルエンザ続発、政府は情報隠ぺい 大紀元 (米国−>日本語)
 世界保健機構(WHO)と世界動物保健機構(OIE)がこれまで提供した情報によると、今年5月、中国北西部の青海省で大量の渡り鳥が鳥インフルエンザに感染死亡して以来、6月には新疆省で2回、8月にはチベットで相次ぎ感染が発生した。中国当局は十分な対策がなされないまま、8月に鳥インフルエンザ撲滅宣言をした。しかし、ここ半月で内モングルや、安徽省、湖南省などの各地で感染が公表され、感染は渡り鳥の移動ルートに沿って、北部から南部へ拡大しているのは明らかであるという。…
・米国:国際空港で鳥インフルエンザ対策 大紀元 (米国−>日本語) 
 鳥インフルエンザがアジアと欧州で続発している。人間への感染疑い例が出た場合、ウイルスを遮断し、迅速に隔離対応するために、米連邦疾病管制センター(CDC)は、ニューヨークや、シカゴ、ロサンゼルスなどの17の大都市の国際空港に「防疫管制室」を設置した。…
・Bush To Unveil Plan To Fight Flu Pandemic Jackson Channel.com (米国) ブッシュ大統領、鳥フル流行対策計画を発表予定
 来週火曜日(11月1日)、ブッシュ大統領は鳥フル流行対策計画を発表すると考えられている。患者の隔離と隔離患者への食料提供方法、さらに薬とワクチンの備蓄方法等が盛り込まれる。
10月29日

・鳥インフルエンザ、WHOが中国に情報提供要請(ロイター) (国際−>日本語)
 鳥インフルエンザの発生が確認された中国湖南省で今月17日に12歳の少女が死亡したことをめぐり、世界保健機関(WHO)は28日、この少女に関する情報の提供を中国政府に求めた。
・死亡の2人、鳥インフルエンザ感染の疑い ベトナム 産経新聞 (日本)
 ベトナム保健省当局者は29日、中部クアンビン省で23日から26日にかけ死亡した14歳の少女と26歳の男性が、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型 ...
・WHO Asks China to Conduct More Tests to Determine Whether Girl ... New York Times (米国) WHO、死亡少女について詳細な検査を要求
 昨日中国のメディアは湖南省の少女の死亡が鳥フルには関係ないと発表したことを受けて、中国当局にさらなる詳細な検査を要求した。またWHOは彼女の9歳の弟の詳細な検査も要求した。
・Vietnam has two new suspected birdflu deaths - doctor Reuters Canada, (カナダ) ベトナムで鳥フル疑いで2名死亡
 40人以上が鳥フルで死亡しているベトナムで、さらに2名の疑い患者が死亡した。29日病院当局が発表した。
 ”症状は本当に非常に鳥フルのそれと同じだ”と中央ベトナムのDong Hoiのベトナム−キュ−バ病院の院長がロイターに語った。
 患者は14歳少女と26歳男性で、アヒルの肉と鶏の卵を一週前に食べた。
 少女は10月23日に、男性は26日に死亡した。
 二人とも重症の呼吸困難で死亡した。他に発熱も伴い、鳥フルの症状と一致していた。
 院長は同じような症状の三番目の患者がいたが、設備の整ったHue市の病院へ転送したと語った。
 さらに鳥フルが疑われている27歳の男性患者がいるが、症状は中等度で落ち着いていると院長は語った。
・流感にかかった従業員は出社禁止〜昨年より厳しい企業が増加 USFL.COM (米国−>日本語)
 流感の季節が近づく中、今年はインフルエンザにかかった従業員が出社することを嫌がる企業が増えている。
 USAトゥデイによると、企業向けに税金や法律関連の情報を提供するCCHによる最新調査では「病気の従業員が出社することは問題」と見る企業が前年の39%から今年は約半数に増えており、62%の企業が病気の従業員を家に帰している。
・人への感染を否定/中国農業省、14万羽を処分 四国新聞  (日本)
 中国農業省の賈幼陵・獣医局長は28日、中国で発生した鳥インフルエンザの感染状況について「人への感染はない」と強調、湖南省湾塘村で死亡した少女(12)の死因は「原因不明の肺炎」として鳥インフルエンザとの関連を否定した。…
・China's Government Says BirdFlu Outbreaks Contained (Update3) Bloomberg (国際) 中国政府、鳥フルは封じ込まれたと
 中国の家畜獣医担当部の責任者は、最近発生した3件の鳥フル流行は終息し、人での感染者は発生していないと報告した。
 中国は最近1週間に3件の鳥フル発生を報告し、その最新例は湖南省であるとOIEは昨日報告した。前日には東部の安徽省で発生したことを政府は報告している。
 ”限定された発生数の流行は封じ込まれ、人がH5N1ウイルスに感染した可能性を示唆する状況はない”、と記者会見で同Jia Youling氏は語った。
 中国は今年5件の家禽と野鳥の間での鳥フル発生を報告し、人への感染事例は1例も報告していない。
 湖南省で12歳少女が重症肺炎で死亡したが、検査結果では鳥フル感染が否定された。そのように健康危機管理部のChen Xianyi部長が説明した。また少女の9歳になる弟も肺炎の症状を呈したが状態は安定しているという。

 WHOは少女のしの原因についてさらなる検査をするように求めた、と本日のニューヨークタイムズは報じている。WHOは少女が十分検査されたとは考えていない、と同紙は伝えている。
・BirdFlu Update: US to stockpile more vaccine U.S. News & World Report (国際) 米国、ワクチンをさらに備蓄へ
 米国でChiron Corp社が6250万ドルの予算で人用鳥フルワクチン製造を政府から依頼された。
 先にパリのSanofi-Aventis社も1億ドルN予算で同様ワクチンW依頼されて、製造中である。
・UN presses China for flu scare details The Age (subscription), (オーストラリア) 国連、鳥フル情報をもっと詳細に公開するよう求める
 鳥フル感染が疑われている12歳少女の死亡原因について、国連は詳細な情報公開を中国政府に要求している。
・Chiron wins H5N1 vaccine contract; WHO says virus is changing CIDRAP, MN (米国) キロン社H5N1ワクチン製造の契約:WHOウイルスは変化している
 米国政府は、キロン社と6250万ドルでH5N1鳥フルワクチン製造の契約を交わした。
 一方WHOはアジアの鳥と人からの最近のH5N1ウイルス分離株は、以前の株と遺伝子が少し変化してきていることを発表したが、ワクチン株を従来のウイルス株から変更するようには勧奨していない。
10月28日

・Romania confirms birdflu case near Moldova border Reuters India, (インド) ルーマニア、モルドバ国境近くで死亡したサギで鳥フル確認
・アオサギの鳥インフルエンザ感染も確認、ルーマニア CNN Japan (日本)
 ルーマニア農業省は28日、東に接するモルドバの国境近くの無居住者地域で1週間前に死亡したアオサギから、高病原性の「H5N1型」鳥インフルエンザの感染を確認 ...
・Three Reunion island birdflu suspects negative - Thai health ... Forbes (国際) 3人のレユオン島フランス人は鳥フルでは無かったと
 タイ当局は、フランス当局の係官の談話として、3人の鳥フル疑いフランス人は通常のH3N2インフルエンザであったことが確認されたと発表。レユオン島での検査はH5N1ウイルスとH3N2ウイルスを区別できない迅速キットで行われたと、対当局者は説明した。
・China says no human birdflu cases Leading The Charge (オーストラリア) 中国政府、鳥フル感染人事例は無いと
 中国とタイは28日、鳥フル疑いの人事例はいずれも陰性だったと発表したが、国連保健機関は中国の事例の詳細は聞いていないので、情報を提供するように談話を発表した。
 先週から中国は3800羽の鶏、アヒル、ガチョウが犠牲になったH5N1鳥フルの3流行を明らかにしている。
 12歳少女が10月17日、最近鳥フル流行のあった湖南省で死亡したが、当局は死因を肺炎と言っている。
 当局者はさらに、少女の9歳になる弟も肺炎に罹患したが状態は落ち着いていると語った。
 ”H5N1感染者はいない”、と彼は言っている。
 ”我々は中国での疑い例に関する情報は一切得ていない”、とWHOの報道官である Maria Chengさんは言った。
 中国メディアによると少女の遺体は埋葬され、どんな検体が調べられたのか不明である。
 ”姉弟は明らかに感染した鳥に接触しているのだから、我々は状況をもっと明確に説明したいと思う”、とChengさんは語った。
・Premier calls on Beijing to be `honest' about bird-flu Taiwan Headlines (台湾) 台湾首相、中国政府に鳥フルに関して正直に情報を公開するよう求める
・Australia issues birdflu travel warnings Ireland Online (アイルランド) オーストラリア、旅行者鳥フル警戒報
 オーストラリア、外務省と保健省は鳥フルが人での発生が認められているタイとベトナム、さらに鳥フルが鳥の間で流行している国への旅行に際しての危険性と、その危険に対する個人的責任性に関する警告を発した。
・Demand for mask filters keeps 3M jumping Billings Gazette (米国)3M社に対するマスクの需要高まる
・Global BirdFlu Strategy Being Developed NewsBlaze (米国) 世界鳥フル戦略計画を策定へ
 各国際保健機関は11月7〜9日にジュネーブで国際会議を開き、鳥フル流行に対する行動計画を作成する。
 関係機関はWHO、FAO、OIEで会議ののタイトルは「H5N1協議:世界的戦略へ向かって」と呼ばれる。
・Chinese girl in birdflu region dies of pneumonia  EastDay.com (中国) 鳥フル発生地域で死亡した少女の死因は肺炎
 12歳の少女He Yinの死因は重症肺炎だったと地域の衛生当局は語った。また治療中の弟は気管支肺炎と発表された。
 姉弟は死んだ鶏の薫製を食べた後に発病し、16日地域の小児病院へ入院し、翌日姉は死亡した。
 地域当局によると検査では、検査では鳥フルは陰性と言われている。
・中国各地で鳥インフルエンザ続発、政府は情報隠ぺい 大紀元 (米国−>日本語版)
 世界保健機構(WHO)と世の界動物保健機構(OIE)がこれまで提供した情報によると、今年5月、中国北西部の青海省で大量の渡り鳥が鳥インフルエンザに感染死亡して以来、6月には新疆省で2回、8月にはチベットで相次ぎ感染が発生した。中国当局は十分な対策がなされないまま、8月に鳥インフルエンザ撲滅宣言をした。しかし、ここ半月で内モングルや、安徽省、湖南省などの各地で感染が公表され、感染は渡り鳥の移動ルートに沿って、北部から南部へ拡大しているのは明らかであるという。……
・US Senate Approves $8 Billion for Avian Influenza Preparation Bloomberg (国際) 米国上院議会、80億ドルの鳥フル対策費を承認
 
緊急予算はタミフルやウイルスの備蓄用として承認された。
・Hoarding of Tamiflu Prompts Suspension of US Shipments Daily News Central, (米国) タミフルの個人的備蓄量増加に対してロッシュ社は米国への供給を保留へ
・US anti-viral demand spikes NEWS.com.au (オーストラリア) 米国、抗ウイルス薬需要急上昇
 ほとんどインフルエンザの発生の報告が無いにもかかわらずタミフルの処方量が増加し続けている。
 ロッシュ社は28日、季節的なインフルエンザの発生頻度が増加すするまで米国への抗インフルエンザ薬(タミフル)の供給を保留すると発表した。
 既に昨年の4倍以上の処方量と専門機関は言っている。
 またタミフルに比較しすると、グラクソスミスクライン社のリレンザの処方量も増加しつつあると言う。
・US readies birdflu plan Reuters (国際) 米国、鳥フル対策計画を準備中
 
 米国上院議会は薬80億ドル(9000億円の)鳥フル用ワクチンと抗インフルエンザ薬の備蓄のための予算を承認ほか。
10月27日

・China health min says no reports of birdflu in humans Reuters.uk (英国) 中国保健省、人における鳥フル感染例の報告はないと
 中国国営通信の新華社は、中国保健省は人での鳥フル感染報告は受けていないと報道した。
 香港のSouth China Morning Postは12歳少女が鳥フル流行の中国中央部湖南省の村で、インフルエンザ様症状を呈して死亡したと報じている。
・中国、病死の鶏肉食べた少女が死亡=香港紙 ロイター (国際−>日本語)
 
27日付の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、鳥インフルエンザの発生が確認された中国中部湖南省の村で、12歳の少女がインフルエンザに似た症状で死亡したと報じた。 同紙が父親の証言として伝えたところによると、少女と10歳の弟は、約1週間前、病死したニワトリの肉を食べた後に発病。医師らは家族に対し、少女は発熱のため死亡したと説明した。 同紙は、これまでのところ、少女の死亡と鳥インフルエンザの関係を示す根拠は見つかっていないとしている。
・Girl in China birdflu village dies: HK paper Reuters (国際) 香港紙、中国の鳥フル発生村で少女が死亡と発表
・Girl in China birdflu village dies: HK paper Dose.ca (カナダ) 香港紙、中国の鳥フル発生村で少女が死亡と発表
 12歳少女が中国中央の鳥フル発生地湖南省で、インフルエンザ様症状を呈した後死亡したと香港のSouth China Morning Post が本日報じた。
 He Yinと彼女の10歳になる弟が1週間前にWantang村で原因不明で死んだ鶏を食べた後に発病したと報道された。
 ”これまで自分たちは死んだ鶏を食べて何も問題は無かった。だから大丈夫と思った”、と父親は言っている。
 報道では少女がいつ死亡したか明記していない。
 中国保健省の広報官は、少女が鳥フルで死亡したか否かは定かでは無いと言っている。さらに詳細な報告も届いていないと言う。
 ”正直に言うならば、我々は鶏がどのように死亡したかも知らない”、と広報官は言っている。
 

・鳥インフルエンザ発生地で女児死亡=病死の鶏食べる−中国湖南省 時事通信 (日本)
 27日付の香港各紙は、鳥インフルエンザが発生した中国湖南省湘潭県の村で、12歳の女児が病死したニワトリを調理して食べた後、発熱などを訴えて死亡したと報じた。弟も同様の症状を訴え、治療中という。 
・Global officials to meet next month on birdflu aid ABC News (米国) 鳥フル対策で世界各国当局者、来月も国際会議開催
 11月初旬に世界の各国から当局者が集まり、ジュネーブで鳥フル対策のための国際基金設立の会議を開く予定となった。世界銀行当局の高官が26日発表した。
・Three people may have birdflu on French island Ninemsn (オーストラリア) フランス領の島で3人が鳥フル感染疑い
 タイ旅行からフランス領 レユオン島に帰国した3人のフランス人がH5N1鳥フルに感染した恐れがあると、Xavier Bertrandフランス保健大臣が発表した。タイの動物園を訪れて鳥に接触したと言われる。
 レユオンでの検査では鳥フル陽性であったが、さらに詳細な検査のために検体がパリに送られたと説明。
 ”最初の患者の結果が明日分かるはずだ”、と大臣は語り、”現在のところ、単に疑いだけであり、何も確認されていない”、そのように付け加えた。
 先に現地の当局者は43歳男性の検査結果は陽性で、一緒に旅行した他の2名はインフルエンザ様症状を呈していて、検査は施行中であると発表していた。
 また現地の当局によると、43歳の団背は22日に脱力感と頭痛で入院した。医師達は彼が咳を呈しだした24日に鼻と咽頭から検体を採取してH5N1鳥フルウイルスの検査を行った。
 ”最初の検査では明確な結果は得られなかったが、2回目は陽性であった”、と当局の発表では説明されている。
 ”それ故、症状は典型的ではないものの鳥フル感染の疑いがある”、と説明されている。
 主治医によると患者は隔離されて抗インフルエンザ薬による治療を受けているが、様態は落ち着いているようだ。
 他に旅行ツアーに参加した17人の健康状態もモニターされている。
・仏海外県に感染者か 鳥インフルエンザ 神戸新聞 
 インド洋にあるフランス海外県レユニオンからの報道によると、レユニオン当局者は26日、タイ旅行から戻った男性(43)が鳥インフルエンザに感染している疑いが ...
・Birdflu lands in Croatia The Age (subscription), (オーストラリア) クロアチアでH5N1鳥フルが確認、フランス人3人が鳥フル感染の可能性
・French trio tested for birdflu after Thai zoo trip Reuters (国際) タイの動物園を訪れた3人のフランス人が鳥フル感染の疑いで検査
 インド洋のフランス領レユニオン島でタイから帰国した3人のフランス人が鳥フルの疑いで検査と治療を受けている。初期の検査で鳥フル陽性であったが、明確な結論は出ていない。3人とも抗ウイルス剤の投与を受けている。3人とも動物園で鳥に接触したようだ。
10月26日


・Birdflu confirmed in Croatia wild birdsKXAN-TV (クロアチア) 鳥フル、クロアチアの野鳥で確認される
 EUはクロアチアの野鳥からH5N1ウイルスが分離されたと発表した。
・Chinese media silent on latest birdflu outbreaks Reuters.uk (英国) 中国国内のメディア、最近の鳥フル情報は報道せず
 致死的鳥フル情報は世界中のメディアの主要なニュースとして飛び交っているが、中国国内での鳥フル発生に関しては、政府が統制している中国国内メディアでは情報公開はほとんどタブーとなっていて、情報は発信されていない。
 中国は国際的農業そして保健機関に迅速なる鳥フル発生報告を行い賞賛されているのに対し、国内メディアは沈黙を保ち、鳥フル対策に影響する情報だけが限定的に発信されている。
 中国はこの数ヶ月間少なくとも6回の致死的鳥インフルエンザの流行を経験している。2回はこの2日間に起きている。東部の安徽省と中央の湖南省である。
 しかし北京の町では鳥フルに関して何ら噂などの反応は見られない。
 ”南の方で鳥フルが発生したと思う”、と25歳のZhang Ningさんは言い、発生は報告されていない2つの省の名前を挙げた。”でも、テレビでは一切報道を見たことはない”、と彼は付け加えた。
 ”もし大きな流行が起きたら、テレビは間違いなく報道すると思う”、と彼女の友人の会計士は言った。
  最近起きた安徽省と中央の湖南省の事例を話すと、彼女の友人は笑った。
 ”中国ではこの種の情報はいつもブロックされる”、とZhangさんは語った。
 2003年に勃発したSARSに際して、中国はその情報隠しについて国際的に批判を浴びた。
 胡錦濤主席はトップ当局者達を更迭して、政府は情報を公開して市民と共有しなければならないと語った。
 ”情報公開は社会の当局に対する信頼を得るために透明性が必要だ”、と国営のChina Dailyが社説で語った。

 信頼感の不足

 しかし中国の主要な新聞の中で中国の最新の鳥フル発生を報じているのは、英字新聞だけである。
 政府当局の広報官である Xi 氏は、なぜ鳥フル発生情報が多くのメディアで報道されないのかと言う質問には答えず、湖南省での事例はAgricultural Daily.に掲載されたと話しただけだった。
 そこには2行の記事が載っているだけだ。
 ある新聞編集者は、教育的内容以上のものは掲載しないように言われており、また内容は当局によってチェックされていると言う。
 ”主要な重大事は社会のパニックで、それは農家の収入を減じる結果になる”、と編集者は説明する。
 科学者達は十分社会に情報を公開することは、流行の拡大防止に役立つと言っている。
 ”一般社会は衛生管理に関する一般的情報を知らされるべきだ。−−規則的手洗い、病的家禽との濃厚接触の回避、異常な死に方をした家禽の処分方法など”、と北京のWHO報道官であるAphaluck Bhatiaseviは言う。
 
 これまで北京の人々は幸せなくらい、何も知っていなかった。
 ”中国には鳥フルなんて発生してない”、と通行人の一人であるLiuさんは言っていた。”この半年間、我々は鳥フルに関して何ら問題は抱えていない”。
・中国・湖南省でも鳥インフルエンザ CNN Japan 
 鳥インフルエンザがすでに2カ所で発生している中国で25日、南部・湖南省で新たに、感染が確認された。国際獣疫事務局(OIE)が同日 ...
・Japan gives emergency medical equipment to birdflu-stricken ... China Post, (台湾) 日本、インドネシアに鳥フル対策として医学検査用備品を緊急援助
 総額216,000ドルの医学検査用備品を日本はインドネシアに緊急援助した。
・早期通報と縦割り排除強調 鳥インフルエンザ会議閉幕 北海道新聞  (日本)
 鳥インフルエンザの世界的大流行抑止を議題に、日本など約30カ国と国際機関が参加しカナダのオタワで開かれていた国際保健担当相会合は25日、鳥や人での異変を早期に通報し合う情報の透明性と「家畜衛生」「人の健康」といった従来の縦割りを超えた監視強化の必要性を強調した共同声明を発表して閉幕した。
・UK birdflu claim attacked Taipei Times (台湾) 英国のH5N1感染オウム事例に関して台湾は抗議
 英国の検疫所で発生した、H5N1鳥フル感染オウム事例に関して、英国当局は台湾から輸入された鳥から感染したとの考えを示したが、台湾代表はその根拠について正すと同時に、アジアからの鳥というだけでH5N1感染していると決めつけるのは問題だと、抗議した。
・中国湖南省、H5N1型鳥インフルエンザで545羽死ぬ 日本経済新聞 (日本)
 中国農業省は25日、中国湖南省で家禽(かきん)687羽が毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザに感染し、545羽が死んだとして国際獣疫事務局(OIE)に報告した。10 ...
・China Reports New BirdFlu Outbreak CBS2 Chicago (米国) 中国湖南省でさらに鳥フル発生−ここ1週間で3事例目
 中国中央の湖南省のWantang村で鳥フルにより545羽の鶏とアヒルが死亡し、2487羽の家禽が殺処分された。
 中国ではすでに先週、内蒙古自治区で鶏とアヒルが鳥フル(H5N1)で2600羽死亡し、今週に入って安徽省で500羽のガチョウが死亡している。


・鳥インフルエンザ、感染防止に重点を…閣僚級会合閉幕 読売新聞
 30か国が参加した鳥インフルエンザ対策の国際閣僚級会合は25日、「人の間で大流行する感染力は確認されていない」との見解で一致、鳥の輸入禁止や感染鳥の ...
・鳥インフルエンザ 欧米緊迫 “飛び火”水際警戒 東京新聞
 鳥インフルエンザが、欧州にも拡大している。アジアで猛威を振るう鳥インフルエンザウイルスH5N1型が、相次いで確認され、市民生活にも影響が出始めた。大流行を阻止しようと ...
・"Don't panic over birdflu," say top officials Metro Toronto, (カナダ) WHO、鳥フルに対してパニックを起こしてはならないと
 カナダのオタワで開かれている鳥フル対策の国際会議に出席しているマーガレット・チャンWHO副長官は、鳥フルは簡単に感染しないし、まだ人の間では流行していないのだから、そんなに神経過敏になる必要はない、とロイターとのテレビ記者会見で語った。
・Preliminary tests show dead geese in Germany had birdflu KVOA.com (米国) ドイツの死亡したカモ、初期の検査では鳥フル陽性
 西ドイツ、ボン近郊で発見された死亡したカモから初期の検査で、鳥フルウイルス感染が陽性だったと当局の係官は語った。
 しかし彼はウイルスには感染していたが、死因は中毒と考えられると説明しているが、詳細な検査がでるまで結論はだせないようだ。当局によると渡り鳥が利用する湖で2〜30羽の雁やカモが死亡したと言う。
・HK says preparing for possible birdflu outbreak Reuters.uk, (英国) 香港、鳥フル対策は完備と
 香港政務庁長官 の Donald Tsang 氏はニュヨークの記者会見で、香港はSARSの経験があるから、鳥フル対策はその経験を生かして準備されたと語った。
 ”我々は対策を色々と考慮中である。公衆衛生組織の見直し、同時に緊急事態への対応レベルと行政組織機能を見直した”、と長官は語った。さらに香港はタミフルを備蓄中だとも付け加えた。
・EU Bans Wild Bird Imports to Prevent Avian Flu Spread (Update3) Bloomberg (国際) EU、鳥フル拡大防止のために野鳥の輸入禁止へ
 EU委員会は25日、全ての野鳥の輸入を禁止することを決定した。2日前に英国で南米から輸入され検疫中のオウムからH5N1ウイルスが検出されたことによる。
・Russia Has BirdFlu Vaccine ? Health Official Baku Today (アゼルバイジャン) ロシア、人用鳥フルワクチン開発済み
 ロシアのthe Shemyakin-Ovchinnikov Bioorganic Chemistry 施設では今年の5月に人用鳥フルワクチンを開発したが、いまだ臨床試験は行っていないと、同施設の長官が談話。
・Don't eat raw eggs, EU advises The Age (subscription), (オーストラリア) EU、生卵を食べないように!
 EU食料安全委員会(The European Union's food safety agency )は家禽の生の卵と肉を食べないように警告を出す。
 食料を介して鳥フルウイルスが人に感染したという事実は無いが、また完全にそうした可能性を除外出来ない。それらを加熱して食べることで、問題は起きない。そのようにEUは説明している。
10月25日


・Avian Flu hits India - India's West Bengal state to test dead ... India Daily (インド) インド西ベンガルで大量の鳥が死亡−鳥フル検査施行中
 西インドベンガルで1週間前サイクロンの後に渡り鳥のサンクチュアリ(保護区域)で1000羽以上の渡り鳥が死亡し、当局は鳥フルを恐れて検査を行っている。
・中国の安徽省で新たな鳥インフルエンザ感染=国連機関高官  ロイター (国際−>日本語)
 国連機関の高官は25日、中国で新たな鳥インフルエンザ発生が報告されたことを明らかにした。同国東部の安徽省で、ガチョウ2100羽が感染していることが判明したという。
・BirdFlu in China Sickens 2,100 Geese New York Newsday (米国) 中国で2100羽のガチョウが鳥フルに感染
 東中国の安徽省天長近くの町で2100羽のカガチョウが鳥フルに感染し、その半数が死亡したと中国政府が発表した。鳥フルはH5N1株であることが24日確認された。
・鳥インフルエンザの脅威、大流行許すな! 読売新聞 (日本)
 強い毒性を持つH5N1型鳥インフルエンザが、渡り鳥シーズンの到来とともに欧州や中東にも上陸、大流行の兆しを見せている。 世界保健機関(WHO ...
・Human cases of birdflu confirmed in Thailand, Indonesia People's Daily Online (中国) タイとインドネシアで鳥フル人感染事例が確認
 タイの7歳の少年が10月16日に鳥フル症状を発症し、19日に入院した。現在、少年は回復しつつある。WHOはそのように発表した。少年は19日に死亡した鳥フル確認患者の息子である。
 一方、インドネシア政府は、スマトラ島の4歳の少年が鳥フルに感染したことを報告。少年は完全に回復している。この少年は10日に報告された21歳男性の甥にあたる。
 さらにインドネシア政府は確認例として、23歳男性を追加した。男性は西ジャワ在住で9月28日入院、9月30日に死亡している。
 インドネシアの2事例は発病した鳥から感染したものと考えられている。
・鳥インフルエンザ国際会議、開幕 日本経済新聞
 アジアから欧州への拡大で危機感が増大した鳥インフルエンザの、人への感染による世界的大流行の抑止策について話し合う、初の保健担当大臣会合が24日夕、日本など30 ...
・New birdflu outbreaks in Russia TODAYonline (シンガポール) ロシアで新規鳥フル事例が発生
 モスクワの東南500キロのタンボフと、シベリアのアルタイ州の1村落で鳥フルが発生。前者はH5N1と確定している。


・Health ministers, WHO experts, convene to prepare for birdflu... WSTM-TV (米国) 保健担当大臣、WHO専門家、国際鳥フル対策会議に集合
 世界各国の保健担当大臣と保健医療専門家が集まり、鳥フル流行の可能性とその対策について話し合っている。
 カナダのPaul Martin首相は、どの国も一カ国では鳥フル流行の対策は取れないことを理解して、会議に参加すべきと言っている。
 彼は先進国は貧しい国に対して戦略、薬剤、検査などを共有することで援助すべき義務があると言う。同首相はカナダの対策をモデルとして示した。カナダは抗インフルエンザ薬の備蓄を行い、行動プランを作成している。同国は2年前にSARSで44人の犠牲者をだしている。
・NZ among best prepared for birdflu, says minister Scoopt.org, (インド) ニュージーランド保健相、ニュージーランドは鳥フル対策が最も準備された国と談話
・Death of Parrot with Avian Flu to Ban Live Bird Imports in UK? Softpedia  (英国) H5N1鳥フルで死亡オウム事例は、英国への生きた鳥輸入禁止への動きが高まる
 英国の農家と自然保護団体は、英国への生きた鳥の輸入禁止を求めだしている。


・Germany testing dead birds for avian flu Reuters AlertNet (英国) ドイツ、死亡した鳥を検査中
 ドイツ当局は、死亡した25羽のカモ等を25日、鳥フルで死亡したかどうか検査すると談話。
 場所はノイビードで先の首都であるボンの近くで、死亡した鳥達は渡り鳥を考えられている。
・FDA promises to expedite bird-flu drug Macon Telegraph (米国) 米国FDA、タミフルのジェネリック薬製造の促進を約束する
 タミフルの世界的需要が高まっている中、米国内でも一般製薬会社によるジェネリック薬(タミフルコピー薬)の製造の動きが出ているが、米国FDAはそうした動きを容認するとともに促進することを約束した。
・Face masks are in hot demand - but not because of Halloween. philly.com (米国) 米国でマスクに対する需要が高まる
10月24日

・Canada hosts birdflu response summit Science Daily (press release) (国際) カナダで鳥フル対策国際会議開催
 2日間の保健担当大臣と専門家からなる鳥フル対策国際会議がオタワで開催された。
・EU May Ban All Pet Bird Imports to Prevent Avian Flu (Update2) Bloomberg (国際) EU、鳥フル対策として全てのペット用鳥の輸入禁止へ
・Birdflu spreads to another Russian region Reuters.uk (英国) 鳥フル、他のロシア地域へ拡大
 ヨーロッパロシアのモスクワ東南400キロに位置するタンボフでH5N1鳥フルの発生が確認された。
 当局によると12羽の鶏が死亡し、検査の結果H5N1ウイルスが確認されたと言う。
・Officials confirm parrot not infected by Taiwanese birds Taiwan Headlines (台湾) 台湾当局、英国のH5N1感染オウムは、台湾の鳥から感染ではないことを確認
 台湾の農業省は、外務省を介して英国側と折衝。台湾から輸出された鳥達は英国で検疫前までは鳥フルに感染していなかったことを確認した。
 台湾ではH5N1鳥フルは発生して無く、海外からの無許可での鳥の持ち込みは重罪が課せられるから、台湾の鳥が鳥フルに感染することはない、と農業省は談話。
・Roche ready to negotiate with China on birdflu drug production Forbes (国際) ロッシュ社、中国政府と共同してタミフルを製造に
 中国の13億人という人口に見合うだけのタミフル備蓄はロッシュ社では不可能であることから、中国側と共同してタミフル生産の計画を発表。
 ロッシュ社は、中国の製薬会社がタミフルを製造することを歓迎する意志を持っていると談話。
・中国、鳥インフルの人間同士の感染が見つかれば国境封鎖=新聞 ロイター (国際−>日本語)
 中国は、鳥インフルエンザの人間同士の感染が1件でも見つかった場合には国境を封鎖する。22日付のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が ...
・大流行歯止めへ結集/鳥インフルエンザで30カ国 秋田魁新報 (日本)
 アジアから欧州にも拡大した鳥インフルエンザが、人の間で大流行する事態に歯止めをかけるための方策を話し合う、保健担当大臣による初の国際会議が24日夕 ...
・ロシア西部で新たに鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを確認(ロイター) (国際−>日本語)
 欧州に近いロシア西部のタンボフ地方で、新たに鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが検出された。動物保健当局者がロイターに明らかにした。現地は、モスクワの南東部400キロに位置している。
 同当局者は、「検査の結果、死んだ鳥の組織からH5N1型ウイルスの存在が確認された」と語った。
・英で鳥インフルエンザ「H5N1型」を確認・中国に類似 日本経済新聞
 病原性が非常に強い鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」の感染例が23日、欧州連合(EU)域内で初めて確認された。英環境・食糧 ...
・Dead duck in Sweden not killed by H5N1 virus: official EastDay.com, (中国) スエーデンで死亡したカモは弱毒型の鳥フルと
 ストックホルムの西で発見された死亡したカモは強毒型のH5N1ではなく、弱毒型のH5株であったとスエーデンの農業省が発表。
・Another possible birdflu case emerges in Thailand People's Daily Online (人民網、中国) タイでさらに鳥フル感染者発生の可能性
 23日、タイの地方当局が新たに鳥フル感染者が発生した可能性を報告した。
 1週間前には48歳男性が鳥フルで死亡し、息子が感染したたばかりであったが、今回の事例も 同じPhanom Tuan地域の村で起きたと言う。
 死亡した男性は病気にかかった鳥を殺し食べたと言われる。
・Dead parrot 'caught Taiwanese strain' Australian (オーストラリア) 英国:H5N1で死亡したオウムは、台湾産の鳥から感染と推定
 英国当局は検疫中に死亡したスリナム産オウムは一緒にいた台湾産の鳥から感染したと推定していると発表。台湾の鳥の検査は施行中。南米ではH5N1鳥フルが発生していないことがその大きな理由。

・EU mulls ban on wild fowl trade to curb birdflu ABC News (米国) EU、鳥フル対策として鳥類の輸入禁止を考慮中
 英国は検疫中のオウムがH5N1ウイルス感染で死亡し、分離ウイルスが東南アジアで流行中のH5N1ウイルスとほぼ同じであることが確かめられ、それが一緒に検疫中だった台湾から輸入された鳥類から感染した可能性が高いことから、EUに鳥類の輸入禁止を求めた。EUはそれを考慮中のようだ。
・Forest officials to keep a close watch on migratory birds The Statesman (インド) インド:森林管理当局は、鳥フル監視態勢として、渡り鳥の詳細な観察の継続
・'Six-month wait' for bird-flu vaccine NEWS.com.au (オーストラリア) オーストラリア:人用鳥フルワクチン製造まで6カ月は要する可能性
 人用鳥フルワクチンを作成中のCSL社の研究責任者は、当初、流行勃発から3カ月ワクチン以内にオーストラリア国民全員にワクチン接種予定であったが、現在のスケジュールでは6カ月に延びる可能性が高いと発表。理由は抗原量が少ないワクチンでの計画だったが、現在倍量の抗原量のワクチンも作成中で、もし後者の方がより効果的と判明した場合、製造期間は倍に延びることになる、と説明。400人のボランティアがこれから臨床試験に協力し、来年2月には終了予定になっている。
・Parrot 'got birdflu in quarantine' ic Uxbridge.co.uk (英国) 英国:オウムは検疫中に感染
 英国獣医部門の責任者は、検疫所で死亡したオウムから分離されたウイルスは、東南アジアで流行しているH5N1鳥フルウイルスとほぼ同じで、検疫中に一緒にいた台湾産の鳥から感染したと考えていると発表。
・Asian BirdFlu Spreads to England Skagit Valley Herald (米国) アジアの鳥フルが英国へ拡大
 英国の検疫所で見つかった鳥フル感染死のオウムから分離されたウイルスは、東南アジアで流行しているH5N1ウイルスとほぼ同じウイルスであることが確認された。英国当局は検疫所で一緒にいた台湾からの鳥達から感染したと考えているが、死亡した台湾産の鳥の検査では今のところ明確な結果は得られていない。
・EU、鳥輸入禁止を検討 鳥インフルエンザで 神戸新聞 
 欧州連合(EU)の欧州委員会報道官は23日、欧州での鳥インフルエンザの拡大を受け、生きた鳥の輸入の全面禁止の検討を開始したことを明らかにした ...
・Dead duck in Sweden not killed by H5N1 virus: official Xinhua (新華社、中国) スエーデンで死亡のカモはH5N1ウイルス感染ではないと、当局が発表
 カモから分離したウイルスはH5型の弱毒株であるとの当局の発表。
10月23日


・'Bird trade more of a threat than migration' Scoopt.org (イタリア) 鳥の輸出入の方が渡り鳥よりも危険
 ベルギー鳥類保護協会の警告。国際的野鳥の取引の方が、健全な渡り鳥よりも、鳥フル拡大の危険性が高い。
・Croatia to pay birdflu payments  Virgin.net (英国) クロアチア、家禽の殺処分に保証を約束
・World meets to tackle outbreaks Advertiser Adelaide (オーストラリア) 鳥フル国際会議がオタワで開催
 世界30カ国からの保健担当大臣と専門家が24、25日の両日オタワで鳥フル対策会議を開催する。
・Govt urged to fund hospitals' birdflu preparations ABC Online (オーストラリア) オーストラリア、政府は鳥フル対策のために病院の助成と、野党が要請
・Britain urges EU clampdown on exotic bird trade The Observer, UK  (英国) 英国、EUに鳥輸入取り締まりを緊急提言
 英国はEUに鳥輸入の禁止を訴えた。英国で輸入したオウムがH5N1感染していたことが理由。
 以前は鳥フル拡大に対する注意が渡り鳥に向けられていた。
・Birdflu experts fly to SE Asia BBC News, (英国) 英国:鳥フル専門家、東南アジアへ調査へ
 British scientists are travelling to South East Asia on Sunday to examine the spread of birdflu in the region. The team, from the ...
 23日、英国の鳥フル専門家達が調査のために東南アジアへ発った。
・Americans stockpile drug in fear of birdflu pandemic Minneapolis Star Tribune (subscription),  (米国) 米国:人々がタミフルの個人的備蓄へ
 米国内で今年1月から8月までにタミフルの処方が170万人に対して行われた。2004年度1年間の49万7千人に対して3倍以上の数となっている。多くの人々が鳥フルの流行に備えて家庭医などを通してタミフルの備蓄を行っているようだ。
 世界的にWHOと各国がタミフルを備蓄して鳥フルに対する態勢を整えている状況下で、このような個人的行動は好ましいものではない。
 家庭医によっては患者からの依頼を断っている医師もいるようだ。
・Call for ban on bird imports Melbourne Herald Sun (オーストラリア) ヨーロッパ:鳥類の輸入禁止の訴え
 
英国で検疫中死亡したオウムから鳥フルウイルスが検出されたことから、EU委員会へ鳥類の全面的輸入を禁止する動きが大きくなっている。
・Suriname denies birdflu parrot infected there
 Reuters.uk (英国) スリナム、英国で発見の輸出オウムは自国で感染していないとさらに同国から日本へも鳥類が出荷とも
 スリナム農業省の獣医担当責任者は、輸出鳥類のチェックは以前よりも厳重に行っており、英国で発見された鳥フル感染オウムはスリナムで感染したものではないと語った。また彼は他の鳥類が日本へも出荷されていることを付け加えた。
・Duck in Sweden found with flu, virus type unclear Reuters.uk, (英国) スエーデンでカモが鳥フル、ウイルス株は不明
 ストックホルムの東で死亡したカモが鳥フル感染していたことが確認されたと、スエーデン国立獣医施設が22日発表した。ウイルス株については詳細な分析結果が出るまで不明と言う。.
・China to shut borders if birdflu mutates: paper Metro Toronto (カナダ) 中国、人人感染が生じたら国境を閉鎖と
 香港のメディアは、中国で人人感染の事例が生じたら国境を閉鎖するとの、Huang Jiefu中国副首相の談話を発表した。
 また、同首相は中国、香港、マカオの保健担当部局は、鳥フルが疑われる患者は全て隔離するだろう、と語った。
・Croatia kills birds to combat avian flu Duluth News Tribune (米国) クロアチア、鳥フル拡大阻止のために大量の鳥の殺処分へ
 22日、クロアチア政府は数千羽の家禽の殺処分を開始した。また先に6羽の白鳥が鳥フルに感染して死亡した国立公園一帯の消毒を行った。


・Countries stocking birdflu drug Turkish Daily News (トルコ) 各国、抗インフルエンザ薬の備蓄へ
 ヨーロッパで鳥フルが発見されてから、各国がタミフルなどの備蓄を開始した背景についての解説。
・Birdflu carries political risk for Europe's leaders Turkish Daily News, (トルコ) 鳥フル、ヨーロッパの指導者達に政治的危機をもたらす可能性
 鳥フル対策を巡っての政治的失敗の危険性が指導者達にはある(ブッシュ大統領がハリケーン「カテリーナ」で批判を浴びたように)。
・Worried about birdflu? Wash your hands! Turkish Daily News (トルコ) 鳥フルが心配?、それなら手をよく洗いなさい!

 インフルエンザウイルスは空気中に粒子状になって浮遊しているが、多くの医師達はウイルスは手を介して拡散してゆくことに同意している。アルコールを含んだゲルまたは泡沫状の消毒薬で手を洗うとウイルスや細菌を死滅させるという。
 鳥フルの世界的流行に対してほとんど予防のための対策は出来ていないが、個人の衛生管理だけでもインフルエンザ罹患防止が可能と保健医療専門家は言う。
・China to shut borders if birdflu mutates: paper Reuters.uk (英国) 新規情報
 ・中国副首相は、国内で人人感染による鳥フル感染者が出た場合は国境を閉鎖して、病気を海外に拡大させないと談話。
 ・スエーデン、ストックホルム近くでアヒルが鳥フルで死亡。ウイルス株については分析中。
 ・21日、英国、ルーマニア、クロアチアで新規事例が発生したが、それらがH5N1株であるかどうかについては不明。(英国の事例はH5N1と確定している:訳者)
 ・クロアチアで鳥フル発生が見られた地域における家禽1万羽の殺処分がここ2、3日以内に行われる。
 ・ルーマニアのダニューブデルタ地域で発見された鳥フルは、ウイルスが英国の研究所に送られて検査中。ダニューブ流域ではクロアチア、トルコが鳥フルの発生を見ている。これら地域で発見された鳥フルウイルスが同じ株かどうか現在は不明。
 ・ボスニアは隣国のクロアチアからの家禽の輸入を禁止した。また野鳥と家禽の輸送の禁止、屋外市場での家禽の殺処分と販売を禁止した。
 ・イタリアは、クロアチア、ルーマニア、おうよび他のバルカン諸国からの全ての種類の生きた家禽と、関連産物の輸入を禁止した。
 ・スロベニアと隣国のクロアチアは国内の1部分で、屋外での家禽飼育を禁止した。
 ・英国は南アメリカのスリナムから輸入し検疫中に死亡したオウムからH5N1ウイルスが検出されたと発表。
 ・英国の事例から、ドイツはEU委員会に来週全ての野鳥の輸入禁止を求める予定。
 ・台湾がタミフルコピー薬を製造予定。
  スイスのロッシュ社が製薬メーカー4社とジェネリック薬製造に関して話し合いを持つ予定と20日発表したが、台湾当局はパテントの有無よりも人命の方が優先されると語り、製造準備が整ったと発表。
10月22日

・鳥インフルエンザ、感染拡大を警告・米厚生長官 日本経済新聞 
 レビット米厚生長官は21日の記者会見で、英国やクロアチアでも同日鳥インフルエンザの感染例が見つかったことについて「今後もより多くの国に感染が広がるだろう」と述べ、各国に警戒を強めるよう呼びかけた。
 長官は東南アジア諸国との協力を深めるため、ベトナムやインドネシアなどの歴訪を終えたばかり。「鳥インフルエンザは渡り鳥に(ウイルスが)運ばれる形で、国境を越えて広がってしまう」と指摘。現在、発生していない地域も安全とは言えないと警告した。ウイルスは今のところ、人から人にうつる力がないとしながらも、突然変異で人から人に感染するようになれば「全く次元の違う脅威になる」と強い懸念を示した。長官は大流行を食い止めるために、国際社会の協力が何よりも重要だと強調。24、25日にカナダのオタワで開く閣僚会議で、参加国が具体的な対策で合意できることに期待を示した。 
・Swiss order poultry to be kept indoors NZZ Online (スイス) スイス、家禽の屋外飼育を禁止
 スイス政府は、ドイツとオーストリアに続いて家禽の屋外飼育を来週の火曜日から12月15日まで禁止する。
 渡り鳥から鳥フルウイルスの感染を防ぐのが目的となっている。
・No Registered BirdFlu in Bulgaria Focus News (ブルガリア) ブルガリア、鳥フル発生報告無し
 ブルガリア保健省は、国内での鳥フル発生報告も、疑わしい検体の報告も無いと発表。
・Birdflu will spread, US secretary says AZ Central.com (米国) 鳥フルは拡大する予想、米国保健省長官が語る
 渡り鳥によって鳥フルは拡大してゆくだろう、と米国保健省長官Michael Leavitt(Health and Human Services Secretary Michael Leavitt )が21日語った。
・Taiwan Says Ready To Make Its Own Tamiflu Epoch Times, (米国)台湾、タミフル製造の準備完了と
 ロッシュ製薬とパテントに関して話し合う予定はない由。
・New BirdFlu Outbreak Registered in Russia’s South Urals MOSNEWS (ロシア) ロシア、南ウラルで新規鳥フル発生
 南ウラルのチェリャビンスク州で新規の鳥フルが発生と地域の当局が発表したとインターファックスは報じた。
 七面鳥、アヒル、鶏を含む33羽の鳥がツロイスク地域スナリ村の2農場で鳥フルで死亡したことを当局は確認したようだ。
・鳥インフルエンザ、英・クロアチアでも感染 日本経済新聞 (日本)
 英政府は21日、南米から輸入され検疫中に死んだオウムが鳥インフルエンザに感染していたと発表した。クロアチア政府も同日、同国東部の湖で死んでいた白鳥から ...
・鳥インフルエンザ、欧州・中東で大流行の兆し 読売新聞 (日本)
 強い毒性を持つH5N1型鳥インフルエンザが、渡り鳥シーズンの到来とともに欧州や中東にも上陸、大流行の兆しを見せている。 世界保健機関(WHO ...
・中国で鳥インフルエンザ、香港と台湾が流入を警戒 読売新聞 (日本)
 中国で強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受け、香港衛生当局幹部は21日、爆発的流行になった場合は ...
・Taiwan has developed own anti-bird flu drug Bangkok Post (インドネシア) 台湾、独自で抗インフルエンザ薬(タミフル)を開発、製造へ
 20人の研究者からなるチームが今年の6月からタミフル製造方法を開発してきたが、その製造の目処が立ち、鳥フル発生時には大量のタミフル(類似品)が製造可能と、台湾政府は発表した。開発された薬はタミフルと99%同じと言う。
 もしロッシュ社が台湾のタミフル製造に反対したとしても、台湾の法律はパテントよりも人命の方を優先すると規定しているので、台湾はタミフルを製造すると、保健大臣の
Hou Sheng-mao氏は語っている。
・New Cases of BirdFlu Reported in Britain, Croatia Voice of America  (米国) 英国と、クロアチアで鳥フルの新規例が報告
 英国とクロアチアで鳥フルの新規例が報告され、EUは拡大措置を強化している。
 
 21日、英国は検疫中に死亡したオウムが鳥フルに感染していたことを確認した。鳥は南米から輸入されていた。
 鳥フルは同様に東クロアチアで死んだ白鳥でも確認された。
 鳥フルはすでにルーマニア、トルコ、そしてギリシャで検出されている。ルーマニアはさらに21日、モルドバとの国境近くでの新規発生を報告した。
 今回、英国とクロアチアで発見されたウイルスが致死的H5N1株かどうかは現在定かではない。
 いくつかの国では抗インフルエンザウイルス薬を備蓄中で、また警戒態勢を強めている。
 ハンガリアの保健大臣Jeno Racz氏は、21日、自国で開発された人用鳥フルワクチンは100%効果が明確である、と語った。同氏は八カ国がハンガリアの開発したワクチンに関心を持っていると語った。
・Croatia finds birdflu virus in dead swans ABC News  (国際) クロアチア、死亡した白鳥で鳥フルが確認
 
東クロアチアで死亡した野生の白鳥から鳥フルウイルスが検出されたとクロアチア当局が21日発表。検体は英国に送られて詳細な分析が行われている。クロアチアでは即狩猟の禁止、家禽類の輸出禁止措置をとった。
・Indian Co. Wants to Make BirdFlu Drug ABC News (国際)  インド大手製薬会社、タミフルのコピー薬製造の予定
 
先にインド大手の製薬会社であるCipla Ltdが、スイスロッシュ社のタミフルのコピー薬(海賊版)を製造販売する計画と発表し、すでに製造中であるが、今回さらにそのライバル社のRanbaxy's Indianが同じようにタミフルのジェネリック薬(コピー薬)を製造する計画で、現在ロッシュ社とライセンスに関して話し合っていると発表。製造が許可されると6カ月以内に市場に出荷出来るという。ロッシュ社は何もコメントを出していない。
・Birdflu found in parrot in British quarantine Reuters (国際) 英国:検疫中の死亡オウムからH5型鳥インフルエンザウイルスが検出
 
南米のスリナムから輸入され検疫中であったオウムが死亡し、その体内からH5型鳥フルウイルスが検出された。台湾から輸入された鳥と一緒に検疫中だったが、ウイルス分析の詳細に関しては数日要すると言う。


・US promises more funds to fight avian flu Reuters (国際) 米国、東南アジアの鳥フル対策にさらに基金増額を約束
 
米国政府は3800万ドル(約40億円)を東南アジアの鳥フル対策に提供する約束をしているが、さらに増額することを議会に要求すると21日発表した。


10月21日


・鳥インフルエンザ予防にむけた5つの措置 新華社通信ネットジャパン (中国−>日本語)
 【北京20日新華網】 中共中央政治局委員で国務院副総理の回良玉氏は20日午前、「国務院高病原性鳥インフルエンザ予防にむけた会議」において、胡錦濤総書記、温家宝総理ら中央 ...
・香港、中国との境界閉鎖も…鳥インフルエンザで警戒 読売新聞  (日本)
 中国で強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受け、香港衛生当局幹部は21日、爆発的流行になった場合は ...
・Countries take strict measures against birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム) 各国、鳥フル対策を強化
 内蒙古自治区で2600羽が鳥フルで死亡したことが確認されたことにより、中国内の鳥フルへの警戒感が強まっている。
 WHOのスポークスマンAphaluck Bhatiasevi,は20日、国連が中国の指導者達に、中国で発生した鳥フルに多大の関心を抱いていることを手紙で伝えた、と発表した。それに対して中国政府は直ちに地域の行政府に拡大防止をとるように指示した。

 一方、香港のQingdao紙は21日、台湾で中国から輸入された鳥(実際は密輸)が検査でH5N1ウイルスが検出されたことから、台湾政府が警戒態勢をとったと報道した。
 またEUの保健担当大臣達は20日ロンドンで、鳥フル対策の緊急会議を開いた。会議後保健大臣達は、ヨーロッパに抗ウイルスワクチン(多分抗ウイルス薬:訳者)の備蓄をすることで合意した。
 チェコ共和国では一部の住民が、鳥がH5N1ウイルスに感染している恐れから、渡り鳥の巣を破壊しだした。
 メキシコでは鳥フル予防に必要な医療用具と医薬品の用意のために5500万ドルを支出した。
 他に、世界中の多くの国、スーダン、バングラディシュ、タンザニアを含めて鳥フル発生国からの家禽輸入を禁止した。
・Thai boy infected with birdflu Brisbane Courier Mail (オーストラリア) タイの少年、鳥フルに感染
 2日前に死亡したタイの農夫の7歳になる息子が、同じようにH5N1鳥フルに感染していることが病院当局から21日に発表された。
 二カ所の研究室で二種類の検査法で確かめられた、と病院当局は説明した。
 48歳になる父親と息子は感染した鶏を処分している間に感染したと考えられている。
・Mideast on high alert for birdflu Detroit Free Press, United States  (米国) 中東、鳥フルに高度の警戒
 水棲渡り鳥が温暖な中東へ移動を開始しているが、数百万羽の越冬鳥がやってくる海岸線と湿地帯を持つアラブ首長国連合は、致死的ウイルスが運びこまれる事態に緊張感を強めている。
 国の鳥フル対策の責任者であるMajid Al Mansouri,は、我々は眠ることが出来ない、と語る。
 中東全体で薬などの備蓄、家禽や生きた鳥の輸入禁止など警戒態勢が進みつつある。
・Fear of birdflu may hurt global tourism, UN warns Scoopt.org, Italy (イタリア) 鳥フルの恐れは世界的旅行客数を減少させる:国連が警告
 政府が過度に鳥フルの脅威を訴えると、世界的に旅行客数が減少すると国連機関が談話。SARS発生のときは東南アジアへの旅行客数は13%減少したと説明。
・Don't jump to conclusions on birdflu mutation -WHO Reuters  (国際) 鳥フルウイルスの変異へ結論を飛躍させるべきではない−WHO
 インドネシアでの家族内発生の可能性は、鳥フルウイルスの変異を意味しているのではなく、家族間の濃厚接触で感染した可能性が否定できないことを意味している。WHOのインドネシア代表のGeorg Petersenはそのように21日、ロイターに電話で語った。
・Bird Experts Warn Against Culling Wild Birds to Control Flu Environment News Service 鳥専門家、鳥フル拡大防止のための鳥殺処分に警告
 世界のトップ鳥保護団体が、鳥フル拡大が渡り鳥による可能性は高くないにもかかわらず、野鳥の殺処分を行うことは生態系にも異常を起こし、結果的にH5N1ウイルスの拡大防止につながらない、と警告。
・Village checks key to early warning system Bangkok Post (タイ) 村での監視が鳥フル早期発見の鍵となる
・Germany 'will have birdflu vaccine for birds by mid-2006' TODAYonline ドイツ、2006年夏まで鳥用鳥フルワクチンを用意と
・Major birdflu developments on Thursday Monterey County Herald 
20日の主要な鳥フル発生
 ・
EUの保健当局者達は英国で鳥フル対策会議開催
 ・
EU、ロシア全土からの愛玩用鳥と羽の輸入を禁止に
 ・アラブ首長国連合、湿地帯の渡り鳥状況の監視を強化
 ・タイで13人目の鳥フル死亡者が確認
 ・スイスのロッシュ社、ジェネリック薬製造製薬会社にタミフル類似薬製造を許可の予定
 ・国際野鳥保護団体、鳥フル拡大防止のための野鳥の殺処分、湿地帯からの水の排除などの措置は、環境と生物生態系を破壊に導き、結果的にH5N1鳥フルの拡大を招くと警告
 ・WHOの専門家は、ダニューブデルタの鳥フル流行が消えるまで数年はかかる、と談話。
・Taiwan says birdflu found in birds smuggled from China Japan Today, (日本) 中国からの密輸船で鳥フル感染鳥が確認と台湾が発表
・EU targets zoo birds, markets in birdflu fight Reuters.uk (英国) 
EU、監視対象を動物園の鳥とマーケットに
・Roche Increasing Tamiflu Production
 WJXX ロッシュ社、タミフル生産量を増加
 
ロッシュ社はジェネリック薬製造製薬会社と協力関係を結び、富フル生産量を増加

・Efficacy of New Drugs in BirdFlu Pandemic Doubtful 
NewsFactor Network 新薬がどれだけ鳥フルに有効か疑問
 ほとんどの(有効と考えられる)薬は(鳥フル)流行の拡大防止に使われてこなかった。ウイルスが人へ感染するように変化しても、それがどれだけ有効か不明である。また最近作られているワクチンも流行に際し、それがどれだけ有効か不明。
・DNA-based vaccines could fight birdflu Betterhumans,
遺伝子組み換えワクチンが鳥フルに対して強力な武器に
 
科学雑誌
Biotechnology Progressに掲載の英国の研究者の見解。遺伝子組み換えワクチンで迅速人用鳥フルワクチン製造が可能で、従来型製法で生産量が間に合わない場合は有効と。
・Taiwan confirms first case of birdflu (Updated 12:37 am) China Post (台湾) 台湾、初の鳥フルを確認
 
五日前、中国からの鳥密輸グループが台湾沿岸で摘発され、その場で処分された。それら鳥からH5N1ウイルスが確認された。
 マウスや亀と一緒に1037羽の鳥がパナマ国籍の貨物船で見つかった。
 見つかった動物の半数は死亡していたと言う。
 地方のメディアによると、中国本土の福州市から動物は運ばれてきたという。密輸者達は一人を残して船で自国に戻した。彼等の健康状態には異常はなりという。
CHRONOLOGY: Spread of birdflu from Asia Reuters.uk (英国) 鳥フル事例の時系列
10月20日

・密輸の鳥からH5N1型ウイルス=台湾(時事通信) (日本)
 台湾の行政院農業委員会(農水省)は20日、中国大陸から密輸された九官鳥などから鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが見つかったと発表した。
 14日に台中港に停泊中の貨物船から押収された約1000羽の中から感染が確認された。15日にすべて処分したという。 
・Taiwan confirms first birdflu case Daily Mail (英国) 台湾、初の鳥フルを確認
 パナマ国籍の貨物船が沿岸警備艇に捕獲され、中に積んでいた鳥からH5N1ウイルスが検出したと当局が発表。
・Thailand Confirms New BirdFlu Death; New Suspected Cases in ... Voice of America (米国) タイで鳥フル死亡確認、インドネシアで疑い例
 20日、アジア全体でさらなる鳥フル発生報告があった。

 ・タイで48歳男性が感染した鳥と接触後発病して死亡。タイで13人目の死者。
 ・インドネシアで父息子が鳥フル疑いで入院。人人感染の可能性もあると言う。
 ・台湾農業省は20日、先週捕獲した中国からの密輸船のコンテナにいた死亡鳥から、H5N1ウイルスが検出されたと発表。見つかった鳥は全て殺処分と。
 ・中国農業部は内蒙古自治区で鳥フルウイルスが検出され、90000羽の家禽が殺処分されたと発表。
・The first case of birdflu confirmed in Taiwan Pravda, (ロシア) 台湾で初の鳥フルが確認
 下記と同じ事例。中国からの密輸。
・Birds smuggled to Taiwan from China test positive for birdflu... Forbes (国際) 中国から台湾へ密輸された鶏がH5N1に感染
 中国から密輸された8羽の愛玩用の鳥からH5N1ウイルスが検出された。全ての鳥は殺処分されたから、流行が起きる可能性は低いと当局は説明している。
 8羽の死亡した鳥は先週東南中国の福州市から密輸された1037羽に含まれ、台湾の沿岸警備隊によって摘発された。



・中国から密輸された鳥から、H5N1型ウイルスを検出=台湾当局 ロイター  (国際−>日本語)
 台湾農業委員会は20日、中国から密輸されたコンテナにはいっていた鳥から、病原性の高いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスを検出した、と発表した ...
・Syria Says No Meeting with Israel to Combat BirdFlu ??? ???, (シリア) シリア、鳥フル対策でイスラエルと会議は持っていない
 一部のアラブ系報道で、シリア、イラク、イスラエル、ヨルダン、そしてパレスチナ当局が鳥フル対策で会議を開いたと報じられたが、全く根拠のない報道だとシリア当局は語った。
・Thailand has new human death from birdflu Reuters.uk (英国) タイで鳥フルによる死亡者発生
 タイのThaksin Shinawatra 首相は48歳男性がH5N1鳥フルに感染して死亡したことを発表した。
 男性は鳥フルに感染して死亡した鶏を食べたという。
 検査は初回陰性であったが、繰り返し行った検査で陽性になったと言う。
・ハンガリー製薬会社、鳥インフルエンザのワクチン開発 日本経済新聞
 ハンガリーのラーツ保健相は19日、同国の製薬会社オムニベストが、人に感染し致死率の高いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスに有効なワクチンの開発に成功したことを明らかにした ...
・鳥インフルエンザをめぐる各国・地域の反応(ロイター) (国際−>日本語)
 鳥インフルエンザをめぐる各国・地域の反応、および市場への影響に関する見方は、以下のとおり。
・Macedonia kills poultry in village over suspicious birdflu sample People's Daily Online (人民網、中国) 鳥フル発生疑いのマケドニアで、家禽の大量処分
 マケドニア当局は Bitola市近くのMogila村で数百羽の鶏が死亡し、鳥フル疑いがもたれていることから、半径3キロ以内の家禽の殺処分を開始した。疑いがもたれている検体はロンドンの研究所に送られている。
・ワクチン開発に成功か H5N1型でハンガリー 共同通信
 AP通信によると、ハンガリーのラーツ保健相は19日、同国が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に有効とみられるワクチンの開発にほぼ成功したことを明らかにした。
 同保健相を含む100人に対してワクチンを投与したテストの暫定結果によると、血液中に抗体の形成が確認されたという。同保健相は「ワクチンが有効であることは99・9%確実だ」と述べた。
 一方で、世界保健機関(WHO)は、テストの詳細について把握しておらず有効性についてコメントできないとしている。
・Birdflu inspections increased EastDay.com, (中国、上海) 空港での鳥フル侵入監視体制が強化
 鳥フルが発生した地域からの旅行客は、到着時空港で手荷物検査が行われる。致死的鳥フルウイルスの侵入を防ぐためである。
 一方、上海市当局は市に入ってくる全ての家禽産物のチェックを行うと発表。
・Africa Warned To Ready Itself Against BirdFlu All Headline News (国際) アフリカ、鳥フル対策を万全にと
 国連機関のFAOはじきに拡大する可能性が高い鳥フルに対する警戒態勢を、東アフリカは緊急に敷く必要があるが、国際社会はそれを援助する必要があると声明を出した。
・鳥インフルエンザ、ロシア南西部にも拡大の恐れ=露農業省 ロイター (国際、日本語) 
 ロシア農業省の報道官は19日、鳥インフルエンザが、モスクワの220キロ南に位置するトゥーラ州に拡大している恐れがあることを明らかにした。 ...
・中国の内蒙古自治区で鳥インフルエンザが発生=新華社 ロイター (国際、日本語)
 新華社は19日、中国北部の内蒙古自治区の養鶏場で、鳥インフルエンザにより少なくとも2600羽のトリが死んだ、と伝えた。それ以降 ...
・120m birdflu vaccine doses available within six months Times Online (英国) 鳥フル流行発生6カ月以内に1億2千万人用のワクチンを製造と:英国政府行動計画
 致死的鳥フルが流行した場合、6カ月以内に全国民にワクチンを投与出来る態勢が整備される。昨日英国政府が作成した緊急体制計画に盛り込まれた。
 英国保健省はワクチン製造会社に多額の助成金を払い、人用鳥フルワクチンの製造を依頼する。
・South Africa collects droppings for birdflu tests Standard (ケニヤ) 南アフリカで鳥の排泄物検査
 南アフリカで渡り鳥の排泄物のH5N1ウイルスの検査が東海岸で始まった。
・RISK OF BIRDFLU SPREADING TO MIDDLE EAST, AFRICA RISES MARKEDLY ... Harold Doan and Associates (press release), (米国) 鳥フルが中東とアフリカへ拡大する可能性が非常に高い
 ルーマニアとトルコへの鳥フルの拡大が確認されたことから、19日国連機関のFAOが、中東とアフリカへの渡り鳥によるH5N1ウイルスの拡大を警告した。
・Europeans, Americans Polled on BirdFlu WJXX (米国) ヨーロッパと米国で鳥フルに関するアンケート調査

 鳥フルがヨーロッパへ拡大する前に小行われたアンケート調査では、イタリアとスペインの半分の人々が、米国の1/3の人々が鳥フルに対して警戒感を抱いていた。
 大雑把に表現すると、英国とフランスでは4割、ドイツでは3割の人々が鳥フルを恐れていると答えた。鳥フルに対する恐れは年齢が高いほど多くなった。
 オプション質問項目として、集積情報量の質問では、米国とフランスの1/3、英国とスペインの1/4の人々は鳥フルについて十分知らないと答えた。
 
 科学者達はこれまで家禽農家従業者しか感染していなかったH5N1ウイルスが変異して、容易に人人感染を起こすようになるのを恐れている。そうなると容易に世界的流行が引き起こされる。
 EUの外務大臣会議では18日、鳥フルのアジアからヨーロッパへの拡大は、全世界的脅威を意味している、と声明を出した。
 そして各国政府はさらなる対策をとりつつある。

 -フランスでは5千万枚のマスクが鳥フル感染防止のために全国の国立病院(French hospitals)へ配られた。そして今年度末には2億枚のマスクが用意される。
 -イタリアでは、数十人の獣医が雇用されて、家禽の健康状態の監視や、家禽への標識装着(流通経路を明確にするため)などの当局の業務を手伝う。
 -英国では当局がハンターや鳥保護団体に、国内の鳥の状況をモニターすることを依頼。
 -スペインでは、政府が鳥フル発生地のルーマニアとトルコからの鳥類輸入禁止、とハイリスク市民に対するインフルエンザワクチン接種キャンペーンが行われる
 -ドイツでは、家禽飼育者に対して飼育家禽と渡り鳥との接触を避けるために、家禽の屋外飼育の禁止が通達。
 
 アンケート調査は各国1000人の成人を対象として9月23日から10月1日の間に行われた。各アンケートとも±3%のサンプリングエラーがある。

・Roche Willing to License Generic Versions of Tamiflu WWAY NewsChannel 3 (米国) ロッシュ社、タミフルのジェネリック薬製造のライセンスを他製薬会社に提供と
 鳥フルの世界的拡大の危険性があるため、ロッシュ社は発展途上国の製薬会社に自国のタミフル同等薬を製造するライセンスを提供する意志があることを表明した。
・"It is perfectly safe to eat poultry in Canada." Canada NewsWire (press release),  (カナダ) カナダの家禽を食べても全く安全カナダ保健省
・Deadly avian flu unlikely to reach US flocks ABC News (米国) 鳥フル感染渡り鳥は、米国に来ないとだろう:渡り鳥専門家
 ジョージア大学の家禽科学教授のLarry McDougaldは、渡り鳥は北<−>南という飛来はするが、東<−>西という飛来はしないことから、米国にアジア、シベリアから鳥フルウイルスを保有した渡り鳥が飛来してくる可能性は非常に低いと説明している。
・Russia Reports New BirdFlu Cases ABC News (国際) ロシアであらたに鳥フルが発生
 モスクワの南方のYandovka村で、家禽の間で鳥フルが発生。初期の検査でH5N1と確認された。ロシア当局が19日発表した。検体はこれまでアジアで流行しているH5N1と同じものか詳細なる検査のために専門機関に送られているようだ。
10月19日

・China reports 2,600 birds dead of birdflu, EU suspects disease in ... Canada.com, (カナダ) 中国、2600羽が鳥フルで死亡と報告、EU、マケドニアでの鳥フル発生を疑う
 中国北方の草原で(内蒙古自治区)、2600羽の鳥が死亡したと中国政府が19日発表した。
 EUはマケドニアで鳥フルが発生している疑いがあることを発表した。鳥フルはヨーロッパで少なくともルーマニアとギリシャで発生している。

 一方、ロシアではモスクワ南方200キロのトゥーラ州で数百羽の鳥の死亡が確認された。もし鳥フルが確認されたら、ウラル山脈を越えてヨーロッパ・ロシアで初の鳥フル発生となる。
・China reports birdflu outbreak in Inner Mongolia Reuters.uk, (英国) 中国、内蒙古自治区でH5N1鳥フル発生
 中国内蒙古自治区で少なくとも2600羽の家禽が鳥フルで死亡した。しかし流行は抑え込まれた、と中国の国営通信の新華社が中国の農業部からの発表として報道した。鳥フルはH5N1と確定されている。
・ギリシャの鳥インフルエンザ感染疑い、未確認=欧州委 ロイター  (国際−>日本語)
 欧州委員会は19日、ギリシャで鳥インフルエンザの感染が疑われる例が見つかったことについて、まだ感染は確認されていない、と表明した。 ...
・米EU首脳、鳥インフルエンザ対策で協力確認 日本経済新聞 (日本)
 ブッシュ米大統領と欧州委員会のバローゾ委員長は18日、ホワイトハウスで会談し、鳥インフルエンザの大流行防止や世界貿易機関(WTO)の多角的通商交渉 ...
・ロシュ、第三者による「タミフル」製造を認める用意あると表明 日本経済新聞 (日本)
 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)鳥インフルエンザに対する警戒が強まる中、スイスの製薬大手ロシュ・ホールディング(RHHBY)は18日、抗インフルエンザウイルス薬 ...
・鳥インフルエンザをめぐる各国・地域の反応  ロイター  (国際−>日本語)
 鳥インフルエンザをめぐる各国・地域の反応は次のとおり。 欧州連合(EU):欧州内で鳥インフルエンザが人体に感染 ...
・UW, Big Ten schools plan for flu outbreak Milwaukee Journal Sentinel (subscription), (米国) ウイスコン州のの10の大学などで鳥フル流行時の行動計画作成
・NZ prepared to vaccinate against birdflu Xinhua (新華社、中国) ニュージーランド、鳥フルに対して国民にワクチン接種の予定
 ニュージーランド政府はもし鳥フル流行が起きたときは全国民にワクチンを接種する予定と発表。ワクチンはオーストラリアで開発中のものを購入予定。
・CDC urges people to learn about birdflu Taipei Times (台湾) 台湾CDCは人々に鳥フルに関する教育が必要と
 9日と10日に行われた、20歳以上の1092人を対象としたアンケート調査で、十分な手洗いや衛生管理の維持が健康保持にとって重要であると答えたのはわずか21.8%だった。さらに50%以上の人々が鳥フル感染からの予防の方法を十分知らなかった。

 アンケート結果:
 非加熱化家禽の肉は食べるには危険:7.7%
 鳥フル発生地域への立ち入りは避ける:3.9%
 インフルエンザ症状があるときマスクを着用すべき:2.5%
 インフルエンザに罹患したときは学校を休むべき:10.8%
 インフルエンザ症状を呈して医師の診察をうけるとき、もし海外旅行から帰って来たときは、それを医師に告げるべき:5.2%
 
 ”市民は鳥フルについてもっと知識を身につける必要がある”、とCDC副長官の Lin Ting (林頂) は言っている。
 ”インフルエンザ流行に対する、もっとも効果的対策は市民の協力である。だから市民に対する教育は重要だ”、と彼は付け加える。
 
  Lin 長官は最大の鳥フル防御方法は鳥フルを中に入れない、または鳥フルを外に閉め出すことだ、と言う。
 ”鳥フルの早期発見は、感染の輪を断ち切るために非常に重要である”、と彼は言う。
 さらに、同氏によると、英国で開かれた会議でも、最初の1例の発見が重要であると強調されたようだ。
 マスクについては同氏は、SARSのときのように多くの人にマスク着用を呼びかけないが、インフルエンザに罹患したと思う人々は着用すべきと考える、と語っている。
・Argentina says plans to produce own birdflu drug Reuters  (国際) アルゼンチン、タミフルを独自で製造へ
 アルゼンチンはロッシュ社がパテントを保有するタミフルのジェネリック薬を自国で製造する予定と発表。
 ロッシュ社の製造量が限界に来ていて、発注しても鳥フル流行前に入手できるか分からない。そのために自国でコピー薬を製造する予定にしたと、当局は18日発表。
・Jamaican government strengthens surveillance against birdflu Caribbean Net News ジャマイカ政府、鳥フル監視体制を強化
・Premier: China establishes birdflu monitoring network People's Daily Online (人民網 中国) 首相:中国は鳥フル監視体制を確立済み
 中国政府は鳥フル拡大防止の重要性を認識していて、国家的警戒態勢(モニターシステム)と将来発生するかもしれないいかなる流行をも阻止すべき緊急行動計画を作成済みである。18日、オーストラリアのMichael Jeffery総督との会談の中でWen Jiabao中国首相がそのように語った。
・Thailand to test birdflu vaccine on humans Reuters.uk (英国) タイで人用鳥フルワクチンの臨床試験が開始
 大阪大学製造ワクチンで来年度から臨床試験と。下記と同じ内容。
・Thais To Test BirdFlu Vaccine on Humans WNEP-TV (米国) タイで、大阪大学製造の人用鳥フルワクチンの臨床試験を来年開始
 2004年以来12人が鳥フルで死亡したタイで、来年度人用鳥フルワクチンの臨床試験が開始されると保健省次官が18日語った。
 タイは日本の大阪大学に3万〜10万人分用の試験的人用鳥フルワクチンを、WHOから提供されているウイルスで作成することを依頼した。
 記者会見で、20万バーツ(5500万円)で大阪大学はワクチンの製造を引き受け、来年1月にはタイに引き渡される予定のようだ。タイでの臨床試験は3月からの予定となっている。
・Roche promises new plant for birdflu drug philly.com (米国) ロッシュ社、タミフル製造の新工場の設立を約束
 ロッシュ社はタミフル増産のために米国内に新工場の設立を約束した。
・More Reports of BirdFlu Emerge in Europe US Dept of State (米国) ヨーロッパでの鳥フル発生報告相次ぐ
 世界動物保健機構(OIE)は10月17日、ルーマニアで発生している鳥フルが、アジアで1億5千羽以上の鳥を殺したH5N1であることを正式に確認した。また13日にはトルコでのH5N1鳥フル発生が確認されていた。
 さらにOIEによるとルーマニアの最初の発生地から60キロ離れた地域でも第2の発生が見られていると言う。
 さらに18日、ギリシャのキオス島で鳥フルで七面鳥が死亡したことが報じられた。H5N1ウイルスによるものかは未定のようだ。
 ヨーロッパにおけるこのような鳥フルの拡大は、7月に流行が確認されたシベリアから渡り鳥によってもたらされた可能性を高める。
 OIEの記者発表でもそのような発言がされた。
 一方国連と米国の保健担当者達は、動物から人への感染拡大を最近警告している。
 ”鳥にはびこるウイルスが人へ感染しだして流行を引き起こすのを食い止めるのは早急な課題だ”、とOIEも談話を発表した。
 WHOはアジア連合での117人の鳥フル感染者と60人の死亡者を報告している。
 ”人における流行の発生は動物でのウイルス感染量と直にむすびつく”、とOIEは説明している。
トルコで感染地から出る車が消毒されている。
・BirdFlu's Arrival In Europe Concerns EU Leaders NBC 4.com, (米国) EU首脳部、鳥フルのヨーロッパ侵入に警戒感強める
・Syria, Jordan, Iran and UAE prepare for birdflu TODAYonline (シンガポール) シリア、ヨルダン、イラン、およびアラブ首長国連邦で鳥フル対策が強化
・Europeans declare birdflu 'a global threat' International Herald Tribune (フランス) EU外相会議、鳥フルは世界的脅威と
 EU外相会議は18日、鳥フル流行が地球規模の脅威であり、EUはウイルスが人人感染に転じた場合に対する十分な対策をたてていないと警告した。
European foreign ministers on Tuesday declared the bird flu outbreak a "global threat" and warned that the European Union was not sufficiently prepared for a pandemic if the virus changed in a way that would allow it to spread readily among humans
・鳥インフルエンザ上陸 EU各国に衝撃 中日新聞 (日本)
 鳥インフルエンザの欧州上陸が明らかになり、欧州連合(EU)加盟国内に衝撃が走っている。十八日にはルクセンブルクでEU緊急外相理事会を開催 ...
・EU、鳥インフルエンザの感染対策で合意 日本経済新聞 (日本)
 欧州連合(EU)は18日、鳥インフルエンザの欧州上陸を受けて緊急外相理事会を開き、総合的な感染対策で合意した。人口の25 ...
・スイスの製薬会社ロッシュ 鳥インフルエンザで盛業 swissinfo  (スイス−>日本語)
 ... しかし、鳥インフルエンザが世界的に流行する前には、この「金の卵」の製造をロッシュは「値段は高いし、保険は効かないし、吐き気やめまいなどの副作用が大きい ...
10月18日

・Scientists say birdflu cases back migration theory Reuters (国際) 科学者、鳥フルのヨーロッパへの拡大は、渡り鳥理論の信憑性を立証と
 ルーマニアとトルコでの鳥フル発生の確認は、鳥フルが水鳥によって運ばれるとされる理論を支持する結果となると、18日科学者達は語った。
 7月にH5N1鳥フルがシベリアへ拡大して以来、科学者達は水棲の渡り鳥がウイルスを西方へ運ぶことを恐れていた。
 ”この最新のルーマニアとトルコの事例は、この渡り鳥理論を再強調する結果となった”、とOIEの高官のAlex Thiermann氏は語った。
 東南アジア、シベリア、およびヨーロッパを結ぶ何種類かの渡り鳥ルートの存在は、H5N1ウイルスを東西ヨーロッパへ拡大させる可能性を示している。OIEはそのように言っている。また、カスピ海周辺の監視を強めるべきであるとも言う。なぜならカスピ海は様々な水鳥の越冬地で、いわゆる生物学的活動中心の地と考えられるからだ、と説明する。
・EUで鳥インフルエンザ感染、広がる危機感 日本経済新聞 (日本) 
 米欧諸国が鳥インフルエンザの大流行の可能性に危機感を強め、対策を急いでいる。17日にはギリシャで感染した鳥が見つかり、欧州連合(EU)域内にウイルスが侵入した ...
・スイスのロシュ、鳥インフルエンザ薬の生産拡大へ 日本経済新聞 (日本)
 スイスの医薬品大手ロシュは18日、鳥インフルエンザの治療に効果が高い抗インフルエンザ薬「タミフル」の生産能力を拡大すると発表した ...
・UPDATE 3-Roche says could allow others to produce Tamiflu Reuters (国際) ロッシュ社、タミフル製造を他社に許可の可能性
 ヨーロッパへ鳥フルが拡大してきて、タミフルのさらなる増産を求められているロッシュ社は、タミフル製造のライセンス提供を他製薬会社に行う用意があると語り、あらゆるオプションを含めて、製薬会社や各国政府と話し合いたいと談話を発表。
・US pledges to help Indonesia fight birdflu People's Daily Online, (中国) 米国、インドネシアの鳥フル対策に315万ドルを提供
 米国はインドネシアの鳥フル早期発見システムなどの確立のために315万ドルを提供。米国が2500万ドルアジアの鳥フル対策に提供する資金の一部。
・Birdflu: everything you need to know Independent, (英国) 鳥フルの全て
 鳥フルはいつ英国に拡大してきてもおかしくはない。そのように医師達は言う。しかし、どのくらい我々は心配すべきか?何に注意すべきか?そのような質問に答える。
 鳥フルは誰かが言っているように本当に危険なの?
 英国に鳥フルが拡大してきたら、それは流行するの?
 流行はいつ起きても不思議ではないの?
 鳥フルが英国の家禽の間で発生したらどうなるの?
 人には危険性はあるの?
 …
・INTERVIEW - Roche willing to talk to Cipla on flu drug Reuters India, (インド) ロッシュ社、インドのシプラ社と話し合いを望む
 ロッシュ社はインドのジェネリック薬品製造会社のシプラ社( Cipla)と、製造ライセンス提供に関して話し合いたいと、同社の幹部は語った。
 インドのシプラ社はロッシュ社のタミフルのコピー薬品を製造する予定になっているが、それに関してロッシュ社に相談のための接触はこれまで受けていないと説明する。
 ロッシュ社は会社が製造能力があると信じているならば、いつでも話し合いをもちたい。そのようにロッシュ社の幹部は語っている。
・EU ministers say birdflu poses 'global threat' KRIS-TV (米国) EU、鳥フルは世界的脅威と
 鳥フルが人人感染を起こしだしたら、鳥フルは地球規模の脅威となる。EUはそのように表現した。
 今、鳥フル対策に国際的協力が必要である。そのようにEUは声明を出した。
・Roche to build plant in US to boost Tamiflu production amid flu... Vancouver Province (subscription), (カナダ) ロッシュ社、タミフル量産のために米国に工場を建設
 タミフルの量産のためにロッシュ社は米国に工場を建設と発表。すでに米国FDAの認可もおりた。
 ロッシュ社はさらに各国の政府や製薬会社と、製造ライセンス提供も含めて全ての話し合いを行う予定だ、とスポークスマンは語った。
 ロッシュ社はタミフルの2016年までのパテントの放棄は拒否したが、他製薬会社の協力のもとにタミフルの増産体制を模索していると言った。
・Australia reassured over possibility of birdflu pandemic ABC Asia Pacific (アジア) オーストラリア首相、鳥フル流行に対して政府は十分に対処と
 オーストラリアのハワード首相は、政府は国民を鳥フルから守るために精一杯対策を講じているから心配しないように国民に呼びかけた。
 政府は流行が起きたときのオプションとして国民全員へのワクチン接種も考えているという。
 鳥フルに対する人用ワクチンはCSL社で開発中と言われる。もし副作用がなく効果が確かめられたら、政府は全てのオーストラリア人にワクチン接種を行う計画のようだ。
 ハワード首相は、国は鳥フルの流行に対して十分な態勢を整備しなければならないと語った。
 ”私は国民に対して出来ることは全て行うことを約束する”、と語った。
 開発されているワクチンの臨床試験は本年中に終了する予定のようだ。
・EU chiefs in birdflu crisis talks ic Wales (英国) EU首脳達、鳥フル危機について緊急会議予定
・Some confuse flu shots with birdflu vaccine KTSP.com (米国) インフルエンザワクチンと対鳥フルワクチンを混同
  より多くの市民がインフルエンザワクチンを接種しているが、その理由は鳥フルに対する警戒のようだ。そして通常のインフルエンザワクチンが鳥インフルエンザにも効果があると誤解している市民も多い。医師達はそのように言っている。



・DOH promises to protect citizens against birdflu eTaiwan News (台湾) 台湾保健省、鳥フルから市民を守ると約束
 台湾保健省は必要があればパテントに関する法律を無視して、タミフルのコピー品を製造すると発表した。
 保健省大臣はロッシュ社に(パテントを放棄して)台湾でタミフルを製造する許可を求めてきたが、ロッシュ社は正式に先週拒絶してきたという。
・Russia confirms birdflu in two eastern regions Kazinform (カザフスタン) ロシア、東部地域2カ所で鳥フル発生
 ロシア東部クルガン省2カ所で鳥フル発生が認められ、22カ所で疑いがもたれ観察中と当局が発表。
・Birdflu found in Greece CBC News (カナダ) ギリシャでも鳥フルが確認
 ギリシャ農業省は17日、東エーゲ海のChios島の七面鳥で鳥フル発生が確認されたと発表した。検査で鳥フルが陽性だったと言う。

七面鳥農場
・Birdflu found in turkey on Greek island United Press International  (国際) 鳥フル、ギリシャの七面鳥で確認ルーマニアでもさらなる発生が確認
 (UPI):鳥フルがギリシャのエーゲ海の Oinouses島の七面鳥農場で確認された。
 ギリシャ保健当局はウイルスはH5亜型で、致死的H5N1株に関連した型であると発表したが、H5N1であるかどうかはさらなる検査が必要のようだ。
 ルーマニアのダニューブデルタで白鳥での鳥フル感染が確認された。死亡した白鳥が見つかったのは、最初の発生場所から数マイルの距離である。
 ギシシャはEU加盟国の中で最初に鳥フル感染が確認された国で、EUは18日緊急対策会議を開催する。
・Greece and Croatia test for birdflu, while Europe gets more ... News-Medical.net, (国際) ヨーロッパ、鳥フル拡大に神経過敏にギリシャとクロアチア、死亡した鳥の検査結果を待つ
 多くのヨーロッパ諸国は鳥フル発生の有無のための検査に懸命であるが、その一方で人々にパニックを起こさせないための広報活動も必死に行っている。
 ルーマニアが鳥フル発生した地域の大量の家禽を殺処分し、新規発生例がなく流行は終息したという声明にもかかわらず、隣国のブルガリアでは国家危機本部(national crisis headquarters)を設立すると同時に国境周辺の警戒体制を強めると共に、家禽農家とダニューブ河流域の湿地帯の監視体制も強化した。
・Birdflu contingency plans unveiled Scotsman (英国) 鳥フル流行対策計画が発表
 鳥フル流行対策計画が行政府から発表された。
 計画は流行が発生した場合の対策が細かく記されている。例えば感染した鳥の殺処分の方法やその死骸の処分方法など。
 67ぺージの文書であるが、行政府のホームページに掲載されている。
・WHO: Expect more birdflu cases in other countries Billings Gazette (米国) WHO:さらに鳥フルは他の国へ広がる可能性は高い
 WHOはヨーロッパでさらに他の国にH5N1鳥フルは広がる可能性が高いが、人人感染を起こすタイプにウイルスが変異してゆく可能性はアジアの方が高い。そのように説明。

・欧州委、クロアチアに早急な鳥インフルエンザ検査を求める ロイター  (国際)
 欧州委員会の報道官は17日、クロアチアで見つかった死んだ鳥について、鳥インフルエンザに感染しているかどうかの検査を可及的速やかに実施する ...
・タイ中部、スズメから鳥インフルエンザウイルス検出 日本経済新聞 (日本)
 タイ中部ラチャブリ県の畜産当局者は17日、同県内で野生のスズメからH5N1型の高病原性鳥インフルエンザのウイルスが検出されたと明らかにした。 ...
・初の鳥インフルエンザ ギリシャ 徳島新聞 (日本)
 ギリシャからの17日の報道によると、同国で初めて、鳥インフルエンザウイルスに感染した七面鳥が発見された。場所はエーゲ海のヒオス島近くの小島で ...
・インフルエンザ予防接種を待つ長蛇の列 中央日報  (韓国−>日本語) 
 鳥インフルエンザウイルスの恐怖が広がるなか、インフルエンザ予防接種をする人が増えている。 17日、光州建国洞(クァンジュ・コングクドン)の同事務所前で、多くの市民が予防接種の順番を待っている。 生後36カ月以下の児童と65歳以上の高齢者は無料。一般の接種は4200ウォン(約420円)。

17日、光州建国洞(クァンジュ・コングクドン)の同事務所前で ...
10月17日

・BirdFlu Unavoidable in Bulgaria - Expert Sofia News Agency (ブルガリア) ブルガリアでの鳥フル発生は阻止不可能:専門家予測
 専門家は首都ソフィアではすぐに鳥フルの発生の危険性はないが、ダニューブ河沿いではいつ発生しても不思議ではないと語っている。ソフィアで17日見つかった死亡した鳥は検査で鳥フルではないと考えられているようだ。
 一方、ブルガリア政府は(鳥フル対策)緊急本部を設置した。
・Hungary, EU take protective measures as birdflu arrives in Europe Budapest Times (ハンガリー) ハンガリー、EU、鳥フル対策を強化
 隣国のルーマニアで鳥フルが発生したことから、ハンガリーは国境周辺の監視体制を強めた。他…
・EU team arrives in Turkey to investigate birdflu outbreak(Updated ... China Post, (台湾) EUチーム、鳥フル調査のためにトルコへ到着
 トルコで調査を開始したEU当局者は、17日、西方の村で1800羽余りの七面鳥を殺したH5N1ウイルスが、人の健康に影響を及ぼしている事実はないと発表した。
 トルコ農業省の獣医担当者達は、鳥フルが発生した Kiziksa村で1万羽近い家禽を殺処分して流行は抑え込まれたと語っている。さらに当局ではKiziksa村で鳥フルが発生してからの潜伏期間を考えると、(その間鳥フルの発生がないことから)流行は終息したと考えられ、ウイルスがさらに拡大するであろうという危険性はない、とも語っている。
 しかしながら当局は国内全体に警戒を呼びかけ、渡り鳥はいまだウイルスを拡大させる可能性があると警告している。
 EUチームは17日にトルコ当局者と会い、それからKiziksa村を訪問する予定のようだ。
 EUは現地調査で情報を得たい、とメンバーの一人は語っている。
・H5N1 virus has governments scrambling to cull infected bird... OhmyNews International, (韓国) H5N1ウイルスの拡大は、各国政府当局の対策強化へ
 H5N1ウイルスがトルコとルーマニアへ拡大したことを受けて、各国政府の対策に対する強化とその内容を中心に総説。
・英国、鳥インフルエンザで今後5万人超が死亡の可能性=医療当局者 ロイター (国際、日本語)
 英政府の医療アドバイザーは、同国の研究所で行われた検査の結果、ルーマニアで死亡した複数のカモ類の鳥から病原性の高いH5N1型鳥インフルエンザウイルスが ...
・鳥インフルエンザ、東南アジアが最も危険=WHO ロイター  (国際、日本語)
 [マニラ 17日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は17日、鳥インフルエンザの上陸が確認された欧州の諸国が、鳥インフルエンザの発生地の可能性の高い東南アジアから資金や関心を ...
・Saudi birdflu preparations AME Info (アラブ連合) サウジアラビア、鳥フル対策進む
 巡礼者が多く集まるサウジアラビアは鳥フル流行の危険性が高い。すでにタミフルを大病院では備蓄している、と当局が発表。
・Syria is Free of BirdFlu Until This Date ??? ??? (シリア) シリアでは鳥フルは見つかっていない
 シリア政府はこれまでのところシリアでは鳥フル発生の報告はないと発表した。獣医担当者達が国内の鳥の状況を監視していて、問題があれば研究所で検体の検査を行っている、という。
・CDC: BirdFlu Not Yet A Problem In US The New Mexico Channel.com (米国) CDC:今のところ米国内では鳥フルを心配する必要はない
 CDCには毎日多くの鳥フルを心配する電話がかかってくるが、CDCでは、現在米国では鳥フルは発生していないので一切心配ないと答えている。庭の鳥に餌をやってもいいし、もし鳥が死んでも連絡する必要はない。CDCはそのように説明している。
・Birdflu: all eyes on Thailand Business Day (タイ) 鳥フル:全ての視線はタイに向けられている
 タイのThaksin Shinawatra 首相は多くのヨーロッパ各国は、東南アジアでの鳥フル対策のリーダー役としてタイに期待していると語った。
・Romania begins culling of birds in Danube delta International Herald Tribune (フランス) ルーマニア、ダニューブデルタでの鳥の殺処分を開始
 当局はダニューブデルタでの数千羽にのぼる家禽の処分を開始したと発表。
・EU to propose drastic flu plans Daily Mail - UK (英国) EU、鳥フル抜本的対策も計画
 もし現在の鳥フル体制が不十分であることが分かった場合、EUはさらに抜本的対策をとるだろう、とEU委員長のJose Manuel Barroso氏は語った。
 鳥フルはルーマニアとトルコで確認され、そしてEUは両国からの全ての家禽の輸入禁止措置をとった。さらに加盟国に農家に対するバイオセキュリティーの強化を訴えた。そしてさらに、湿地帯などの鳥類の感染リスクが高い地域での早期発見システムの確立も訴えている。
 ”我々は避けたい過度の警戒主義に陥るのは避けたい。しかし同時にこの事態に対して、非常に厳重な警戒態勢をとるべきで、常にモニターを続ける必要がある”、と委員長は訪問先のストックホルムで談話を発表した。
10月16日

・Prepare, don't panic over birdflu New York Daily News (米国) パニックにならず、鳥フル対策を強化
 ここ2,3週間、鳥フルの世界的流行の危険性に関する恐れが強まっている。その根拠は確かにあるが、パニックに陥る理由はない。
 H5N1ウイルスは我々が知る限り、現在のところ人人感染を起こす能力はない。その能力の有無が世界的流行の鍵となっている。
・Birdflu fears heighten Edmonton Sun (カナダ) 鳥フル脅威高まる
 ルーマニア当局は昨日、ヨーロッパで始めてH5N1鳥フルが確認された東部地域の隔離をすると共に、国内の沈静化に乗り出した。
 一方、ポーランド政府は屋外での家禽の売買を禁止し、家禽農家に家禽の閉鎖飼育舎内での飼育の通達を出した。また同時に鳩の競技会も禁止した。
 ”我々は危険から社会を守るためにこのような措置をとっている”、とポーランド農業省大臣は語っている。
   等。
・Birdflu 'could claim 50,000 lives' Virgin.net (英国) 英国:鳥フルは5万人の犠牲者をだす可能性
  政府の保健医療担当責任者のリアム・ドナルドソン卿は、鳥フルが流行した場合英国で5万人は死亡するだろうと警告した(the Government's chief medical officer Sir Liam Donaldson )。
 BBC放送での談話。毎年インフルエンザで12000人の人々が死亡しているが、鳥フルが流行した場合死亡者は5万人を越えるだろうと警告。
・Scientists warn US to prepare for worst Kentucky.com (米国) 米国:科学者は最悪の事態に備えるように警告
 最悪のシナリオに対する態勢作りを科学者達が要求。
 
They include:
 ・Working with state and local officials to bolster the ability of hospitals and other health care providers to cope with floods of infected patients requiring isolation
 ・Ordering enough Tamiflu, an expensive anti-viral drug, made by only one firm, that alleviates flu symptoms and might even prevent infection, to cover at least 25 percent of the U.S. population
 ・Creating a crash program to rapidly mass-produce and distribute a vaccine as soon as a pandemic-causing germ is isolated and its genetic properties analyzed so that a vaccine can be designed
.
・Pandemic preparation Washington Times (米国) (鳥フル)世界的流行に対する備え
 著名医学者であるHenry I. Millerの総説。
・Europe, Asia, US work to contain avian flu News 8 Austin (米国) ヨーロッパ、アジア、米国で鳥フル対策強化−−米国の主要空港で鳥フル発症患者のチェック
 咳をしたり発汗している客がいたら検疫ステーションで鳥フルに関してチェックされる。

「鳥フル検疫ステーション」を設置した米国空港

・Roche donates doses of birdflu drug to Turkey: WHO Hindu (インド) ロッシュ社、トルコにタミフルを提供:WHO
 ロッシュ社はトルコに鳥フル感染対策にあたる職員のために2万人分のタミフルを提供したと発表。
 また同社は先にルーマニアに2400人のタミフルを提供している。
・US official: Preventing birdflu here impossible Houston Chronicle (米国) 米国保健省長官、東南アジアでの鳥フル予防は不可能
 東南アジア歴訪中の米国保健省長官の Mike Leavitt氏は、各地域で人と動物が一体化した生活環境を体験し、世界的鳥フルの流行の勃発を予防することは不可能と結論した。
・Official says 1,000 chickens die in eastern Turkey Reuters (国際) 東トルコ、イラン国境近くで1000羽の鶏が死亡
 先に鳥フルが発生した東トルコ地域で、1000羽の鶏の死が確認されたと当局が発表。原因は未定。
・Mystery disease kills ducks News24 (南アフリカ) イラン、原因不明のカモの大量死
 イラン北西部で大量のカモが死亡したが、当局は15日、原因が鳥フルであることを否定した。
 イランの獣医担当責任者であるBehrouz Yasemi氏によると、3692羽のカモに死が確認され、鳥フルである可能性を考えて医学的検査を行ったが、全て陰性であったと言う。
 同氏は事情をWHOに報告したと語り、またロシアでも同じように原因不明の鳥の死が発生していると語った。
・UK parties say Tamiflu order is late Webindia123, (インド) 英国野党、政府のタミフル発注は遅すぎると非難
 1460万人分のタミフルが入手されるのは来年末との予定に、英国の保守党と自由党は労働党内閣に遅すぎる対応と非難。
  それに対し保健省の免疫担当部局の責任者であるDavid Salisbury博士は、毎月80万人分のタミフルが入荷しており、1年以内に十分量が備蓄されると説明している。
・Romania officials urge calm on birdflu Pioneer Press (米国) ルーマニア当局、鳥フルパニックの沈静化に努める
 ルーマニア当局は鳥フル発生地域の隔離を行うと同時に、すべき事は十分しているのでパニックに陥る必要はない、と声明。



・Further reports of Tamiflu resistance in avian flu virus pending ... Ottawa Sun (カナダ) タミフル耐性株に対するさらなる報告は発表を保留中
 バージニア大学のウイルス学者である Frederick Hayden 博士は、ベトナムで分離されたH5N1ウイルスのタミフル耐性に関しては、さらに他の事例があることをほのめかした。
 医科学雑誌に論文を発表するのを研究者達が保留しているから、まだ文献的に見つからないだけで、この春にハノイでWHOが主催して開かれた国際会議やマニラの国際会議でもタミフル耐性事例に関して論議されていた。そのように同博士は語った。
 14日にYoshihiro Kawaoka博士等がNATUREに発表した事例はマニラの国際会議で知らされた事例と同じものと考えられる。そのように博士は付け加えた。
TOP