海外報道抄訳集
Overseas News--Japanese version.
renewing at any time
10月15日

・Indonesian dies of suspected birdflu Forbes (国際) インドネシア、鳥フル疑いで死亡者
 昨夜、56歳のジャカルタ在住の男性がSulianti Saroso病院で鳥フル疑いで死亡したことを病院当局者が発表した。男性は10日に入院したが、病院での鳥フルに関する1回目の検査は陰性であったという。症状は重症の肺炎と腎不全であった。男性は発病前に死んだ鶏に接触していたと言う。
 インドネシアは死亡3人と生存中の2人の計5人の鳥フル感染を報告している。全て最終的にWHOの研究機関である香港の研究所で確認された例である。現在疑い患者が85人経過観察中のようだ。
・Asian birdflu strain confirmed in Europe KTRE (米国) 致死的鳥フル(H5N1)、ヨーロッパで確認
 ルーマニア農業省は、ダニューブ三角地帯で見つかった鳥フルで死亡した鳥から、H5N1ウイルスが英国の研究所で確認されたと発表した。これで、東南アジアで流行しているH5N1鳥フルウイルスが、中国、ロシアを経てヨーロッパへ拡大してきたことが示された。


・Tests confirm H5N1 strain ic Wales (英国) ルーマニアの鳥フル、H5N1と確認される
 ルーマニア農業省は、英国の研究所がルーマニアで発生した鳥フルウイルスがH5N1であることを確認したと発表。
・Victim resists flu drug Washington Times (米国) 鳥フル感染者、タミフルに耐性
 下記と同じ報道
・Birdflu virus resistant to Tamiflu Fort Wayne Journal Gazette (米国) タミフルに耐性の鳥フルウイルスが確認
 ベトナムの少女から分離されたH5N1鳥フルウイルスがタミフルに耐性を示したことが研究者により報告された。
 しかしながら彼はパニックになるような理由とはならないと説明している。
 東大とウイスコンシン−マディソン大学で研究しているYoshihiro Kawaoka氏は、タミフルはいまだ大多数のウイルスに効力を示している、と説明。また一般の人インフルエンザウイルスでもタミフルの耐性株は認められているから、この発見はそれほど驚くことではないとも言う。
 少女から分離されたウイルスはリレンザには感受性があったとされる。
・Indian co. plans generic birdflu drug Duluth News Tribune (米国) インドの製薬会社、タミフルの海賊製品を発売の予定
・Indian Co. Plans Generic BirdFlu Drug Dateline Alabama (米国) インドの製薬会社、タミフルの海賊製品を発売の予定
インド大手製薬会社であるCipla Ltdが来年早々海賊版タミフルを発売する予定と発表。現在のタミフルは1人分60ドルであるが、この製品はかなり安価で発売が可能とされる。
・BIRDFLU OUTBREAK : BATTLE OVER ANTI-VIRAL DRUGS Glasgow Daily Record (英国) インドの製薬会社、タミフルの海賊コピー製品を製造へ
 インドのMumbai firm Cipla 会社は昨日、来年早々タミフルの海賊版であるコピー製品の製造を開始すると発表した。
 ロッシュ社はライセンス放棄を国連の説得にもかかわらず拒否している。
・WHO upbeat on birdflu containment World Peace Herald (米国) WHO、さらなる鳥フル対策の強化を訴える
・WHO regional head calls for more money to combat birdflu Viet Nam News Agency (ベトナム) WHO、西太平洋地域事務所長、鳥フル対策にはさらなる資金が必要と
 WHO西太平洋事務所長の尾見茂氏は、東南アジアでの鳥フル対策にこれからの短期間に2億6千万ドル必要と語った。
 尾見氏はマニラで次のように語った。H5N1鳥フルウイルスが変異して人人感染を起こす可能性が高いが、世界の対策は未だ十分効果的ではない。
 同氏によると、WHOは感染国の体制の確立と、タミフルの備蓄のために1億6千万ドルが緊急に必要とされる。
 尾見氏は感染国に対して、情報の共有と、ウイルス変異確認のために、ウイルスの国際機関への提供を要求している。
 国際社会はカンボジア、ラオス、インドネシア、そしてベトナムにおける致死的鳥フル対策に2千万ドルの提供を約束した。
 9月に東南アジア連合(ASEAN)は200万ドルの基金を設立して、加盟国の鳥フルや他の感染症対策の援助を始めた。
・Balkan Health Agencies Cooperate Against BirdFlu Serbianna.com (米国) バルカン諸国、鳥フル対策で協力
 東南ヨーロッパ10カ国の外務大臣および次官級による会議で、鳥フルのトルコとルーマニアからの拡大防止で協力し合うことが確認された。ギリシャ外務省が発表した。
・Tamiflu Resistance Seen as Global Flu Concerns Rise (Update6) Bloomberg (国際) ベトナムでタミフル体制ウイルスが確認
 世界的医科学雑誌Natureに掲載される論文によると、ベトナムで感染した1人の患者から分離されたH5N1ウイルスがタミフルに耐性を示し、世界はタミフル以外の抗インフルエンザ薬の備蓄が必要と研究者達は警告している。
・東南アジアでの制圧に失敗 鳥インフルエンザ 中国新聞  (日本)
 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(マニラ)の尾見茂事務局長は14日、マニラで記者会見し、毒性の強い鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染した家禽 ...
・「特効薬」に耐性ウイルス 越の鳥インフルエンザ患者 中国新聞 (日本)
 アジアの鳥に流行中の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したベトナムの患者から、「特効薬」ともいわれる抗ウイルス剤タミフル(一般名・リン酸オセルタミビル ...
10月14日

・全国に鳥インフルエンザ感染シンドローム 中央日報  (韓国) 
 14日、鳥インフルエンザ予報が発令され、養鶏農家はもちろん、一般市民の間にも感染の恐怖が広がっている。渡り鳥の渡来地周辺の保健所には、鳥インフルエンザ予防接種に関する ...
 (管理者注:ワクチンが、鳥インフルエンザと記載されているが、通常のインフルエンザワクチンの間違いと思われる。韓国で人用鳥フルワクチンが製造されているという情報はない)。
・ルーマニアとトルコにおける鳥インフルエンザ:欧州委員会、追加措置を決定 European Union (EU委員会:日本語)
 欧州委員会は、昨夜ルーマニアでH5型の鳥インフルエンザウイルスの存在が確認されたこと、そして今朝、欧州連合(EU)の研究所から、トルコで発見された鳥インフルエンザウイルスが ...
・WHO cautions on birdflu "false alarms" Reuters (国際) WHO、鳥フルに関する誤った警戒報に注意を喚起
 致死的鳥フルのヨーロッパへの拡大は人への感染の機会を増している。しかし誤った警戒報として認識される可能性もある、とWHOは14日、声明を発表した。
 国連当局は、トルコとルーマニアで鳥フルウイルスが検出されたことから、人や鳥での監視体制を強めるように各国に要請した。
 しかし声明の中で、高病原性のH5N1ウイルスは、いまだ鳥から容易に人へは感染しないと説明した。H5N1鳥フル感染の初期症状は通常の風邪に似ているから、H5N1感染者の発生に関して誤った警戒報が出される可能性がある、とWHOは注意を喚起した。
・Nine people under observation after birdflu discovery Ireland Online (アイルランド) トルコ、9人が鳥フル感染の有無で観察中
 トルコ当局は、40羽の鳩が異常な死をとげた地域の周辺の住民9人について、医学的観察下におき、鳥フル感染の有無についてフォローすると発表。


・Britain faces threat from birdflu, says chief vet CTV.ca (カナダ) 英国、獣医担当責任者、鳥フル警戒を呼びかける
 英国の獣医学担当責任者は、トルコやルーマニアで検出された鳥フルは英国にも拡大してくる可能性が高いと警告。
ルーマニアで七面鳥を捕獲している担当者

・European birdflu experts hold crisis talks Stuff.co.nz (ニュージーランド) ヨーロッパの鳥フル専門家、鳥フル対策緊急会議を明日開催
・US Protects Against Spread of BirdFlu WJLA (米国) 米国、鳥フル侵入に警戒態勢 
 SARSの場合、航空機によって24時間以内に5カ国にウイルスが運ばれた。米国航空保健担当局(U.S. health and aviation officials )では、鳥フルんび対して警戒態勢を強めつつある。
 空港内の検疫場所が増やされた。感染疑いがある乗客が隔離される。また乗務員は病状を呈する乗客を報告する体制がとられた。
 航空輸送協会( Air Transport Association)のスポークスマンであるKatherine Andrusさんは、もし流行したなら迅速に警戒態勢がとれるように準備することが重要であるが、過剰反応は良くない、と語っている。
・Birdflu at Europe's door, but not a pandemic: WHO TODAYonline (シンガポール) 鳥フルはヨーロッパに辿り着いたが、流行が広がっているわけではない:WHO
 WHOのヨーロッパ保健環境担当部長のRoberto Bertollini氏は、ヨーロッパに(トルコとルマニア)鳥フルが拡大してきたことが、即人での流行を意味するわけではなく、警戒体制に変更はない、とローマで語った。現在は動物間での広がりであって、人への感染はない故、ヨーロッパにおける警報体制はに変更はなり。そのように説明した。
・Roche Boosting Production of BirdFlu Drug  Lakeland Ledger (米国) ロッシュ社、タミフル量産体制に
 ロッシュ社は数年前に、各国政府にインフルエンザが世界的流行した場合に備えて、前もって備蓄用のタミフルを発注するように伝えていた。ロッシュ社のスポークスマンであるAlexander Klauser氏はAP通信に語った。タミフルの製造工程は複雑で10工程からなる。そのため前もって発注されなければ、要求された量のタミフルの期間内での製造は無理である。同氏はそのように説明する。
 先週国連のアナン事務総長が、もし世界的インフルエンザ流行が起きたときには、ロッシュ社のタミフルに対するパテントは保留して、他の製薬会社が製造する体制が必要だ、と語った。しかしロッシュ社側は、2016年度まで権利が続くパテントを放棄することに何ら問題はないと言う。タミフルの鳥フルに対する医学的効果はまだ立証されていないが、国連の保健当局は、感染後48時間以内にタミフルを服用すると症状は発現しないと言う。
 ロッシュ社はタミフル製造を他社で全て行うのは現実的ではないという。なぜなら工程全てを完備するには3年は要するからだと言う。ロッシュ社は現在タミフル製造10工程のうち3工程を外部で行う準備をしている。そして来年夏までに製造量を2003年度の10倍に増加する予定であると説明している。



・欧州に鳥インフルエンザ波及、トルコで人感染ウイルスを確認 日本経済新聞 (日本) 
 欧州連合(EU)の欧州委員会は13日、トルコで見つかった鳥インフルエンザウイルスが人に感染する恐れがあるH5N1型だったと発表した。ルーマニアの家禽(かきん)からも鳥 ...
・EU confirms deadly birdflu found in Turkey Billings Gazette (米国) EU、トルコでのH5N1鳥フルウイルスを確認
 
EU委員会はトルコで確認された鳥フルはH5N1ウイルスによるもので、中国、シベリアで発生した鳥フルのウイルスと直接的関係があると説明した。
10月13日

・US pledges money for Laos to fight birdflu TODAYonline (シンガポール) 米国、鳥フル対策費用をラオスに助成
 米国はラオスの鳥フル対策用に340万ドルの援助を行うことを決定した。東南アジア歴訪中の保健省長官とラオス保健省大臣の間で調印された。
・WHO Chief Warns of Avian Flu Epidemic Korea Times (韓国) WHO事務総長、鳥フル流行を警告
 WHO事務総長のLee Jong-wookは、東南アジアからの視察から戻り記者会見で、鳥フルウイルスが変異して新型インフルエンザとして世界的流行を起こすことを警戒していると述べた。
 Lee事務局長の警告は、韓国政府の14日の鳥フル警戒報発令に符合している
・農林部、「鳥インフルエンザ注意報」発令へ 朝鮮日報 (韓国−>日本語)
 農林部が韓国の周辺国で鳥インフルエンザが相次いで発生し、北方の渡り鳥が国内に渡来する時期が近づいたことにより、14日付で鳥インフルエンザ注意報を発令すると13日伝えた。 ...
・韓国の鳥インフルエンザ危機管理ソフト、マレーシアが採用 朝鮮日報 (韓国−>日本語) 
 このプログラムは、国内で鳥インフルエンザにより44万人が死亡するという最悪の状況を仮定して、疾病管理本部が製作した国家レベルでの伝染病危機管理ソフトウェアだ。 ...
・New tests reveal birdflu in Romania Euronews.net (フランス) ルーマニアで鳥フルが確認される
 EUはルーマニアの鳥フル発生を確認した。検査でウイルスが確認されたが、詳細については不明。
 同時にルーマニアからEUへの家禽とその産物の輸入が禁止された。
 
鳥インフルエンザはアジアからロシアを通りトルコ、ルーマニアへ広がり、西欧も感染しそうな勢いか

・BirdFlu Confirmed in Romania Sofia News Agency (ブルガリア) ルーマニアで鳥フルが確認される
 死亡したアヒルのサンプルから鳥フルウイルスが検出されたと13日、ルーマニアの獣医担当責任者とEUが発表した。
・Birdflu found in Romanian duck samples - chief vet Malaysia Star (マレーシア) ルーマニア:死亡アヒルからH5鳥フルウイルスが検出
 ルーマニアの獣医担当責任者が、死亡アヒルからH5ウイルスが確認されたと13日発表した。12日EUはウイルスが確認されなかったと発表したばかりだった。
・16th H5N1 Fatality Transferred 20 Minutes Before Death  Recombinomics (米国) インドネシア:病院収容20分後に死亡−−16人目のH5N1感染死亡者
 現地の新聞情報による。多くの鳥フル様症状を呈している患者は軽症〜中等症なので入院は拒否されている。この死亡例も3日間、初期治療病院で様子をみられていた。
 インドネシアでの検査はずさんで多くの偽陰性の結果を出していると思われる。
 Recombinomics研究所の集計によるインドネシアでの人鳥フル感染発生地と数(10月上旬):丸は確定例、四角は疑い例。赤は死亡。橙は生存この研究所のデータは現地報道に基づいているので、最終的に香港での結果により判断しているWHOとインドネシア政府の公式データとは大きく解離している。


・Roche Tamiflu Sales Jump in Anticipation of BirdFlu (Update2) Bloomberg (国際) 米国:鳥フル流行予測のため、タミフルの個人的備蓄が増加
 米国内でタミフルの処方量が1年前に比較して7倍に増加。家庭医が人々の要望に応えて処方する量が増加していることが理由。実際に鳥フルが流行した場合、タミフルが不足する可能性が高いことから、鳥フル流行の危険性が警告されるに従い、人々は個人的にタミフル備蓄を始めているようだ。
 ある家庭医によるとタミフルを求めてくるのは45歳〜75歳の中高齢者が多いと言う。
 インフルエンザに感染して症状が発現後1〜2日以内にタミフルを服用したなら、症状の軽減が期待される。
 ロッシュ社は本日メールで、来年夏までにタミフル製造量を8〜10倍に増量する計画を発表した。
・UN Seeks to Boost BirdFlu Vaccine Output KLAS-TV, (米国) 国連、鳥フルワクチン増産方法を模索
 鳥フルが世界的に流行した場合、ワクチン製造はどんなに急いでも6カ月間要する。国連はもっと短期間にワクチンを製造し備蓄する体制を作りを模索している。国連と数カ国の政府はワクチン製造会社に働きかけてもっと迅速にワクチンを製造する体制を確立することを考えている。国連のインフルエンザ対策責任者のDavid Nabarroはそのように語った。
 現在数カ国で標準的な鳥フルウイルス(ベトナムで分離されたH5N1)を用いてワクチンの製造を行っている。(実際に流行した場合、それは現在の株の変異株と考えられるから、実際効果を呈するかどうか疑問視する専門家も多い:訳者)。
・Health Officials Prepare For BirdFlu Pandemic NewsHour Extra (国際) 各国保健当局は鳥フル流行対策の強化を!
 米国の保健省長官のMichael Leavittは、鳥フルが流行中の東南アジアを歴訪中であるが、鳥フルの世界的流行の危険性が高く、それに各国は備えなければならないと、タイでの国際会議の席上で語った。
 先にブッシュ大統領は世界的鳥フル流行阻止のために国際的警戒態勢を早急に構築することが必要であると声明を出している。
・EU laboratory tests find no birdflu in Romania International Herald Tribune (フランス) EUの研究所、ルーマニアでの鳥フル確認できず
 EUの獣医専門家が、ウイルス検査の結果ルーマニアで高病原性の鳥フル発生は確認できないと公式に語った。
・US prepares birdflu plan TVNZ (ニュージーランド) 米国、鳥フル対策計画を整備
 米国国防省は、鳥フル流行時の人々の隔離対策に連邦軍隊を出動させることを計画している。12日政府高官が語った。
・Turkey birdflu culling complete Scotsman, (英国) トルコ、鳥フル拡大防止のための「鳥殺処分」を完了
 トルコでの鳥フル発生地域周辺における鳥の殺処分は完了したと、地元のメディアは当局の発表として伝えた。
 トルコで発見された鳥フル感染七面鳥の検体は英国に送られ詳細が検査中であるという。14日に結果が出る予定。
10月12日

・Bulgaria, Neighbours Meet over BirdFlu Sofia News Agency, (ブルガリア) ブルガリア、近隣国と鳥フル対策会議を開催
 ブルガリア、ギリシャ、およびトルコは地域における鳥フル対策会議を10月21日に開催予定と、ギリシャのメディアが報道。
 ニュースはルーマニアにおける鳥フル検査が陰性の可能性が高いという、楽観的情報がルーマニアに届いた直後に発表された。
 一方、トルコでの鳥フルは確認されている。それが高病原性かどうかは未定ではあるが。
・EU hopeful no birdflu in Romania, testing Turkey Reuters.uk (英国) EU、ルーマニアで鳥フルウイルスが検出されないようだと談話
 現在までのところルーマニアで鳥フルウイルスは検出されていないとEUスポークスマンは語った。
 トルコで検出された鳥フルは高病原性か否かは不明。
・BirdFlu Tests in Romania Prove Negative Sofia News Agency (ブルガリア) ルーマニアでの鳥フルテストは陰性
 先に死亡した3羽のアヒルで鳥フルウイルスの抗体が検出されたが、ウイルスは検出されなかったと、EUスポークスマンの談話としてAFP通信が報じた。
・Agencies step up bird-flu efforts Taiwan Headlines (台湾) 台北市、当局は鳥フル警戒態勢を強化
 台北市は鳥フル警戒の本格的時期に入ったと表明。全ての住民は鳥に近づかないように注意を促すとともに、オウムや鳩などの簡単にウイルスを人に感染させる鳥を買ったり、えさを与えたりしないように警告している。
・鳥インフルエンザの恐怖…渡り鳥飛来地 中央日報 (韓国−>日本語)
 韓国:14日、鳥インフルエンザ予報発令を控え、地方自治体ごとに防疫対策準備に追われている。 特にこの夏(7〜8月)鳥インフルエンザが発生したロシア ...
・UN Seeks To Speed Up BirdFlu Vaccine WCCO, (米国) 国連、鳥フルワクチン製造スピードアップを模索
・Health Officials Work to Prepare For BirdFlu Missourinet.com (米国) 保健当局は鳥フル対策を急ぐ
 ミズリー州保健当局における鳥フル対策に関して。
・Birdflu treatment in short supply WBBH, (米国) 鳥フル対策用医薬品は不足
 南西フロリダでは十分のタミフルは用意されていない。またワクチンは現在のところ有用ではない。
・Is north Alabama prepared for a birdflu pandemic? WAFF (米国) 北アラバマは鳥フル対策が十分か?
 政府はテロと同じくらい鳥フル流行を危険なものと捉えているが、鳥フルは簡単に人の間では流行しない。それほど危険とは思えない。…マジソン群保健当局の医師の談話をもとに。
・UN Seeks to Speed Up BirdFlu Vaccine WJLA, (米国) 国連、鳥フルワクチン製造のスピードアップを模索
 流行株が同定されてからワクチン製造を開始した場合、入手できるまで少なくとも6カ月は要する。スピードアップの方法を国連は模索中と。
・Birdflu vaccine could be too slow - UN Stuff.co.nz, (ニュージーランド) 鳥フルワクチン製造は遅すぎる可能性:国連
・Birdflu vaccine may be too late for pandemic-expert Reuters  (国際) 鳥フルワクチンは世界的流行には間に合わない可能性:専門家
 流行が始まってからワクチン製造を急いでも6カ月は要する。また現在製造しているワクチンは無効だろう。なぜならウイルスは変異するから。そのように国連の高官は11日語った。
 ウイルスが人の間で流行を開始したとき迅速にワクチンを製造できる能力をワクチン製造会社が身につけることが必要で、それは非常に優先されなければならない。国連のインフルエンザ流行対策の責任者であるDavid Nabarro博士は語った。

・Experts cite differences between H5N1 and ordinary flu CIDRAP (米国) H5N1と従来のインフルエンザは臨床的に異なる:専門家
 人でのH5N1感染に関する論文71を調査し、41人の確定した患者を分析して人におけるH5N1インフルエンザの性格を明確にした。
 「Writing committee of the World Health Organization (WHO) Consultation on Human Influenza A/H5. Avian influenza A (H%N1) infection in humans. N Engl J Med 2005 Sep 29;353(13):1374-85 [Abstract]」
 
 初期の症状は下痢が多く、潜伏期間は通常のインフルエンザが2〜4日なのに対し、1〜4日、さらに8日、17日と長い事例も認められた。
 ウイルスは主として腸管内で増殖。糞便中にウイルスRNAが検出される。
 呼吸速拍などの下気道症状は初期から出現。一方鼻汁などの上気道症状はあまり見られない。また通常のインフルエンザと異なりウイルスは鼻腔よりも咽頭で多く検出される。
 タミフルは早期に投与した場合有効で、アマンタジンは無効であった。
   等
・Nations Are Urged to Do More Against Risk of Avian Flu Voice of America (米国) 各国は鳥フルの危険性に対して行動を起こさなければならない
 WHOは各国政府が今対策をとらない限り、鳥フルは世界的脅威となる可能性があると言っている。一方国連は鳥フルが世界で700万人もの犠牲者をだす可能性があり、その犠牲の大きさは流行株となったウイルスの毒性によって決まる、と警告している。
10月11日

・Roche under pressure to allow generic version of flu drug Tamiflu ... Forbes (国際) ロッシェ社、タミフルの他社製造許可の圧力強まる
 台湾がロッシュ社の許可のもとに数ヶ月以内にタミフルの一般薬バージョンの製造に着手すると発表したが、それは各国からも同様の許可を求める圧力となっている。
 ロッシュ社や他の専門家達はタミフル製造は複雑で時間が非常にかかると考えており、一般的製薬会社が製造に着手しても十分な量の製造は困難と考えている。一方台湾当局者は、ロッシュ社は製造が難しいことを、ことさら強調しているが、台湾の研究者達は迅速な製造方法を考案していて、大量製造はそれほど難しいことではないと語っている。
・Indonesia seeks Vietnam advice on fighting birdflu Jakarta Post (インドネシア) インドネシア、鳥フル対策にベトナムの助言を求める
 ”ベトナムでは我々と同じように制限された資源しかなかった。にも関わらず人での鳥フルの拡大を防止できた”、と Supari保健大臣 は、ベトナムのTran Thi Trung Chienとの会談後にロイターに語った。
 インドネシアでの鳥フル感染者数は増加し続けていて、その対策に政府は苦慮している。
・Indonesian man is latest positive birdflu case Thanh Nien Daily (ベトナム) インドネシアでさらに鳥フル陽性者が確認
  鳥フル様症状で治療中の21歳男性が、H5N1ウイルス感染が香港の研究所で確認され、インドネシアでの鳥フル感染者の公式数は5人となったと保健省が発表。男性は死亡した鶏と接触したと言う。
 保健省の当局者によると現在22人が鳥フル疑いで経過観察中であるが、検査結果では今のところ全員陰性といわれる。

・Indonesia's Fifth Human BirdFlu Case Is Confirmed (Update3) Bloomberg (国際) インドネシアで鳥フル感染5人目が確認:WHO
 WHOはスマトラのLampung省の21歳男性が香港の研究所でH5N1鳥フル感染が確認され、公式に確認された5人目の患者となったと発表。男性は治療中。
男性は発病する少し前に飼育している鶏が死亡し、その処理にあたっていたという。
・One more person suspected of birdflu dies in Indonesia Xinhua, (新華社、中国) インドネシアでさらに鳥フル死亡者発生の可能性
 Cahyadiという男性が昨日、病院へ到着後数時間で死亡した、と ジャカルタの鳥フル専用病院であるSulianti Saroso病院の院長が新華社の電話取材で答えた。
 男性は鳥フル様症状を呈していたが、検査結果はまだ出ていない。
・France calls for EU minister meeting on birdflu Reuters AlertNet (英国) フランス、EU加盟国保健担当閣僚による鳥フル対策会議開催を呼びかける
 フランス外相は、EUがトルコで鳥フル発生が確認されたことから、トルコからの鳥やその羽毛などの輸入を禁止したことを受けて、鳥フルがすでにヨーロッパの玄関まで拡大していると表現して、EU加盟国の保健担当大臣と外務大臣による鳥フル対策会議を緊急に開くべきと呼びかけた。
・Survival during pandemic may hinge on good hygiene, doctor says Bradenton Herald (米国) インフルエンザ流行で生き延びるかは、個人の衛生管理で決まる
 ニュージャージー州の公衆衛生学者の Dr. Eddy Bresnitzの説明を中心に、インフルエンザの世界的流行に備えて個人的に衛生管理をお行うことが重要であると説明。
 手洗い、マスク着用、などの子供の頃に習った個人的衛生管理が重要と。
・State Ag department stepping up birdflu surveillance. The Ledger (米国) 米国農業省、鳥フル監視態勢を強化
 連邦農業省は鳥フル対策強化の一環として、鶏の監視態勢を強化することにした。年間これまでの4000羽から15500羽と約4倍の鶏をチェックすると発表。
・Drugmakers meet with Bush, offer help. CNN (米国) 製薬企業、インフルエンザ対策の協力をブッシュ大統領と話し合う
・Greece announces all precautions taken against birdflu Xinhua (新華社、中国) ギリシャ、鳥フル対策を完備と発表
 ギリシャ保健省大臣は、鳥フル発生時に必要な抗生物質を発注し、流行勃発に対する備えを完備したと発表した。
10月10日

・South Korea to advise farmers to take precautions against birdflu Billings Gazette (米国) 韓国、家禽飼育農家に鳥フルに警戒するように通達
 今月末にH5N1鳥フルが流行しているシベリア、カザフスタン、モンゴルなどから渡り鳥が、朝鮮半島を横断して南方へ飛来してゆくことから、韓国農業林業省は今週、国内の農家に飼育家禽を屋内の飼育舎に収容して、渡り鳥と接触させないように注意を喚起すると発表した。
・LAMPUNG RESIDENT POSITIVELY INFECTED WITH BIRDFLU Antara, (インドネシア国営通信) 5人目の公式感染者が確認される
  Lampung 省の21歳の住人が鳥フルに感染していることが、検体を送ったWHOの検査機関である香港の研究所で確認された。5人目の感染者と公式に確認された。患者の4歳になる従兄弟も鳥フルに感染していることがジャカルタ当局によって確認されているが、検体が香港に送られていると言う。その結果により公式に6人目の感染者となるい可能性がある。
・US urges urgent preparations for flu pandemic Reuters (国際) 米国、鳥フル流行に対する緊急警戒体制整備を訴える
 米国保健省長官のMichael Leavitt氏は鳥フル流行の東南アジアを訪問に際し、各国政府はいつ発生するか分からない鳥フルの世界的流行に対する警戒態勢を、厳重に迅速に整えなければならないと語った。
 ”世界は先の世紀に3度インフルエンザの世界的流行を経験した。そして彼等は再びやってくる。我々は備えなければならない”、とLeavitt氏はバンコクで語った。
 ”我々の準備はいまだ不十分だ”、と同氏は語った。同氏は鳥フル対策に各国の協力を求めるために東南アジア各国W訪問する。
・Hungary Bans Romanian Poultry Imports Sofia News Agency, (ブルガリア) ハンガリー、ルーマニアからの家禽輸入禁止へ
 ハンガリーは隣国ルーマニアからの家禽の肉と関連産物の輸入を禁止した。理由はダニューブ三角地域での鳥フル発生による。
 また先にオーストリアとポーランドを含むEU数カ国が同様にルーマニアからの輸入禁止措置をとっている。
・「大量感染が懸念」 鳥インフルエンザ流行時、隔離病室不足 朝鮮日報 (韓国) 
 国内で鳥インフルエンザが大流行した場合、感染者は人口の20%におよぶ1000万人以上になることが予想される中、全国に確保されている隔離病室は280か所しかないことが分かった。 ...
・鳥インフルエンザ、最大1500万人の感染のおそれ innolife.net  (韓国) 
 国会保健福祉委員会所属のハンナラ党アン・ミョンオク議員は何の防疫措置を取らない状態で鳥インフルエンザが発生した場合、2ケ月で全国民の32%の1550万人が感染し、この中で44 ...
・Turkey, Romania Begin Slaughtering Fowl Town Hall, (米国) トルコとルーマニアで家禽の大量殺処分が始まる
・Greece announces preventive measures on birdflu People's Daily Online (中国) ギリシャ、鳥フル警戒態勢を表明
 渡り鳥の監視、鳥フル発生国からの家禽、家禽産物の輸入禁止、密輸入の監視など。
・Europe on high alert over avian flu The Observer (英国) ヨーロッパ、鳥フル高度警戒態勢に
 ルーマニアとトルコで鳥フルが確認されたことからヨーロッパでは鳥フル(H5N1)の拡大の可能性があることから、昨日から高度の警戒態勢をとりはじめた。ドイツ当局は緊急体制を準備し始めたと発表した。
 ルーマニアでは当局がダニューブ三角地域で数百羽の鳥を殺処分し、一帯を隔離地域とした。また当局は鳥から人へのインフルエンザの感染を防ぐ目的で、地域住民の半数にインフルエンザワクチンの接種を行た(従来型のインフルエンザワクチンと思われる:訳者)。
 トルコでは、発生地周辺の家禽農場の家禽の殺処分が行われ、軍警察が周辺道路を閉鎖している。また半径2マイル以内は検疫地帯とされている。
 両国の鳥フルはその型については現在調査中である。
 黒海周辺の住民は2〜3週間前から、鶏やアヒル、カモが死んでいることに気が付いていたと言う。また死んだ白鳥が湖面に漂っているのも見たと報告している。
・Africa needs to prepare for flu pandemic Daily Nation (subscription),  (ケニヤ) 鳥フル流行にアフリカも備えを
 アフリカもH5N1鳥フルに備える必要がある。総説記事。
・Turkey, Romania kill poultry to stop birdflu spread ABC News (米国) 鳥フル拡大抑止のために、トルコとルーマニアで多くの家禽を殺処分
 トルコとルーマニアで数千羽の家禽が、鳥フル拡大阻止のために殺処分された。両国の鳥フルはH5N1ウイルスかどうかはいまだ未定。
 トルコの事例はエーゲ海近くの村の七面鳥飼育場で発生し、2000羽の七面鳥が10月4〜5日に死亡し、その後2500羽が殺処分された。
 ルーマニアの事例は黒海のダニューブ三角地域で発生。もしこの事例がH5N1ウイルスによるものであることが確認されたなら、2003年来アジアで発生しているH5N1鳥フルのヨーロッパでの初の事例となる。
・Officials Await Tests on Suspected 6th Indonesian BirdFlu Victim Voice of America (米国) インドネシアで6番目の鳥フル感染者発生の疑い
 インドネシア政府は4歳少年の検体を香港に送っているが、もしH5N1ウイルス感染が確認されたなら6番目の感染者となると発表。
・Workers priority for influenza vaccine The Age (subscription),  (オーストラリア) 抗インフルエンザ治療薬は葬儀屋、保健医療関係者、公共事業関係者が優先
 オーストラリア保健省のスポークスマンによると、タミフルやリレンザは400万人分相当備蓄しているが、一般人にはその1割しか適用出来ない。そのほかは保健医療関係者や公共事業関係者などに投与される。 ワクチンは流行株が同定されてから3カ月後に初めて入手可能となると言う。
10月9日

・Romania birdflu could be less harmful than feared Reuters.uk (英国) ルーマニア、検出鳥フルは予想されたよりも弱毒かもしれない
 ルーマニア当局は、鳥からウイルスの抗体は検出したが、ウイルス分離に成功していないという。ウイルスはそれほど強毒型ではないのではないかとコメント。
・Turkey reporting its 1st cases of birdflu Cleveland Plain Dealer (米国) トルコ、鳥フルの初ケースを報告
 トルコ農業省の発表では、1村で鳥フルが発生して2000羽の七面鳥が死亡した模様。発生村周辺を軍警察が閉鎖して、全ての鳥の殺処分を行う。鳥フルウイルスのタイプなどは不明。
・ルーマニアとトルコ、新たな鳥インフルエンザ感染を確認 ロイター (日本)
 ルーマニアとトルコで8日、新たな鳥インフルエンザの感染が報告された。両国では、感染の拡大を防止するため、数百羽の家禽(かきん)類の処分が開始されている。
10月8日

・Romania reports first birdflu case in Danube delta Reuters.uk (英国)ルーマニアでも鳥フル発生の可能性
・Emergency situation because of birdflu announced in Kurgan Region ... Regnum (ロシア) 緊急事態、クルガン州の大養鶏場で鳥フル発生、大量の鶏が死亡
・Romania detects birdflu in Danube delta Dose.ca (カナダ) ルーマニアで初の鳥フルが家禽で確認か
・大規模養鶏場で初の感染 ロの鳥インフルエンザ USFL.COM (日本)
 ロシア連邦農業監督局は7日、中部クルガン州の養鶏場から鳥インフルエンザに感染したとみられる鶏が見つかり、既に10万羽が処分されたことを明らかにした。ロシアでは7月ごろから ...
10月7日


・Bush Presses Vaccine Makers on BirdFlu Fairfield Daily Republic (米国) ブッシュ大統領、ワクチンメーカーに人用鳥フルワクチン製造能力の拡大をを要請
 ブッシュ大統領は7日大統領官邸に主要なワクチンメーカーの責任者を招き、鳥フルワクチン製造能力を拡大するように要請する。
・Web sales of birdflu drug spark counterfeit fears Reuters.uk, (英国) インターネット販売のタミフル、偽造品の恐れ
 スイスの製薬会社ロッシュ社は、インターネットを通じて抗インフルエンザ薬のタミフルを買わないように呼びかけた。偽造品を購入する危険性があると言う。
 専門家は鳥フルウイルスが変異すると世界的流行に発展すると警告しているが、そのため人々の中には個人的にタミフルを備蓄する人が増えてきている。政府も備蓄しているからその労力が無駄になる。
 ロッシュ社は処方でしか入手できない薬をインターネットで買わないように警告するとともに、入手希望なら医師の助言をもらい、正規の薬局から購入するように言っている。
 英国やヨーロッパではインターネットで黄色や白色のカプセルが10錠のパッケージ(一人の治療分)で74〜140ドルで売られている。
・鳥インフルエンザ対策で国際会議 米が警戒呼び掛け CNN Japan (日本)
 世界的な流行が懸念される鳥インフルエンザへの対策をめぐる国際会議が6日から7日にかけ、ワシントンで開催された。主催した米国のレビット厚生長官は、鳥インフルエンザへの準備態勢が「はなはだ不十分だ」として、国内外に警戒を呼び掛けた。
・Annan wants birdflu solidarity Brisbane Courier Mail (オーストラリア) アナン総長、鳥フル対策で世界の結束を呼びかける
 裕福な国家が中心となって世界の鳥フル対策の結束が必要と、アナン総長が談話。
・BirdFlu Experts to Meet in Washington, DC KPHO Phoenix (米国) 世界の鳥フル専門家とWHOがワシントンで国際会議
・President Bush Pushes for Mass-Produced Avian Flu Vaccine; DNA ... Biotech Intelligence (press release),  (フランス) ブッシュ米大統領、遺伝子組み換えワクチンの製造を要請に 
 7日、ブッシュ米大統領はワクチンメーカーに、遺伝子組み換え技術による、人用鳥フルワクチンの製造を要請する。鳥フルが世界的に流行した場合、初期の6カ月で多くの死者を出す可能性がある。遺伝子組み換え技術を利用した大腸菌でのワクチン生産は、3カ月間で1億5千万人分の製造が可能となる。一方従来法では1人分4ケの受精卵を必要とする。もし鳥フルが流行しだしたなら、多くの鶏が殺処分されワクチンの大量製造は不可能になる。
・Annan urges leaders to pool drugs against birdflu Reuters.uk (英国) アナン国連事務総長、鳥フル対策用医薬品のプールを各国首脳に求める
 アナン事務総長は6日、各国首脳にインフルエンザの流行に全ての国が備えることが出来るように、抗ウイルス薬やワクチンなどの対策医薬品の世界的備蓄を求めた。
 事務総長はさらにエイズの際に生じた、特許権からくる薬剤の発展途上国への安価な配布の障害は、このような生命に関する流行病に際しては起きてはならない、と語った。
 ”私は世界のリーダー達に、一緒に協力して、自分達の用意した対策用資源を持ち寄り、自分たちの力では対策を立てることが出来ない国々を援助するようアピールしたい”、とアナン氏は記者団に語った。
・Indonesia under fire for its limited steps to contain avian flu Charlotte Observer (米国) インドネシア、鳥フル対策が不十分−−非難が高まる

 世界からの鳥フル対策へのプレッシャーにもかかわらず、あまり進まないインドネシア政府の対策に、世界的鳥フル流行がこのインドネシアで始まる可能性が高まりつつあるようだ。
 インドネシア政府は大量の鶏の殺処分に積極的ではない。それどころか今年の初めに殺処分した少数の家禽に対する補償費も、農家に支払っていない。
 このような政府の消極的態度に世界の保健専門家達の中には、このインドネシアで(人に対して)より致死的なウイルス変異が起きる可能性があり、それが世界の大惨事につながるかも知れない、と警告する声が上がっている。
 インドネシア保健省は、鳥フル以外に健康被害に直結する問題がインドネシアには多く、それらの対策が優先されているという(ポリオ、マラリア、結核、デング熱)。
・Birdflu cases confirmed Brisbane Courier Mail (オーストラリア) インドネシア、新たに鳥フル感染者が確認
 先週死亡した一人を含む若い男性が鳥フルで死亡したことが確認されたと、インドネシア保健省は発表。検体はWHOの協力機関の香港の研究所に送られた。インドネシアにおける初期の検査ではH5N1鳥フル感染が確認されている
 当局によると、これで鳥フル感染疑い例と可能性例の総計は90人近いが、そのほとんどは検査の結果最終的に陰性と判断されている。
 インドネシアで鳥フルウイルスは、33省のうち22省に広がっており、2003年末以来1000万羽以上の家禽が死亡している。
10月6日


・Indonesia lowers birdflu toll BBC News, (英国) インドネシア政府、鳥フル死者数を下方修正−−WHOの公式情報に従う
 
インドネシア政府は鳥フル死者数をWHO情報に合わせて6人から3人に下方修正した。
 結果の違いは、ジャカルタでの検査結果と香港研究所での検査結果の違いによって起きていたが、インドネシア政府はWHOの検査機関である香港の研究所の検査結果に従った数値に修正した。
・Indonesia’s birdflu toll is rising AsiaNews.it (イタリア) インドネシアの鳥フル死者数増加
 インドネシアでの鳥フル死者数は8人に達する可能性がでた。またウイルス感染が85人で確認され、65人が疑い患者となっていると、保健省の高官が語った。
 ジャカルタが最も多く発生していて55人、12人はBantem、10人が西ジャワとなっている。
 20カ月の幼児が昨夜ジャカルタの病院で肺炎で死亡し、当局によると8人目の鳥フル死者となる可能性があるという。幼児が入院したとき両親は、子供が飼育していた鶏に接触していたと語った。
 *このイタリア報道機関の感染者数は異常に多いが、詳細は不明(訳者)。
・Shocking flu discovery Alaska Highway News (カナダ) スペイン風邪ウイルスは「鳥フルウイルス」だった
 1918年のスペイン風邪で死亡した兵士の凍結死体の肺組織から得られたウイルス遺伝子を再構築した科学者達は、スペイン風邪ウイルスが全くの鳥インフルエンザウイルスであり、現在東南アジアで流行している鳥フルに類似していて、人のインフルエンザウイルスとは完全に異なることを見いだした。
 スペイン風邪ウイルスの遺伝子分析から、科学者達は現在のH5N1鳥フルウイルスも何らかの原因で簡単に人に感染しやすくなり、世界的流行に発展する可能性を警告している。
・Experts Unlock Clues to Spread of 1918 Flu Virus The Ledger (米国) 専門家、スペイン風邪発生の手がかりを掴む
 1918年に世界的大流行したスペイン風邪のウイルスの遺伝子が再構築され、ウイルスが再現された。ウイルスは鳥インフルエンザウイルスで、人に直接感染するように変化したことが分かった。2研究チームによって昨日発表された。
・米政府、鳥インフルエンザ対策で国際会議開催 日本経済新聞 (日本) 
 米国務省は5日、世界的な大流行が懸念されている鳥インフルエンザについて、各国の専門家らを集めて感染防止対策などを話し合う国際会議を6、7 ...
・Suspected birdflu patients double in Indonesia People's Daily Online (人民網、中国) インドネシア、鳥フル疑い例は2倍に
 鳥フル感染を疑われている患者の数は85人に増加したと、インドネシア保健省は5日発表した。
 患者は国内30省のうち9省に渡っている。
・鳥インフルエンザで国際会議=予防策に関心高まる−米 (時事通信) 日本
 米国務省は5日、鳥インフルエンザ対策を話し合う国際会議が6、7の両日、ワシントンで開催されると発表した。
 会議は国務省が主催し、65以上の国・国際機関の代表者が出席、鳥インフルエンザの予防や流行時の対応に関して意見を交換する。 
・鳥インフルエンザと「スペイン風邪」酷似 直接感染? 米研究機関が発表 (産経新聞) 日本
 一九一八(大正七)年に大流行し約五千万人が死亡したとされる「スペイン風邪」のウイルスが、九七年以降に東南アジアなどで死者を出している鳥インフルエンザの「H5N1型」ウイルスとよく似た特徴を持っていることがわかった。米国の複数の研究機関の研究成果で、英科学誌「ネイチャー」(六日号)と米科学誌「サイエンス」(七日号)に論文が掲載される。
・米、鳥インフルエンザ対策へ旅客機運行中止など検討 日本経済新聞 (日本)
 ブッシュ米大統領は4日、アジア各地で発生している鳥インフルエンザについて「(人間社会での)大流行を強く懸念している」と述べ ...
・Asian BirdFlu Bears Likeness to 1918 Pandemic Virus (Update1) Bloomberg (国際) H5N1鳥フルウイルスは1918年流行のスペイン風邪と遺伝子が共有
 今週発行される医科学雑誌「Nature 」と「 Science」に、現在アジアで流行中の鳥フルN遺伝子が1918年に流行したスペイン風邪のウイルスの遺伝子と共通部分を持っていることが報告される。
 研究者達はスペイン風邪で死亡した兵士の凍結検体を利用してウイルスを再構築し、その遺伝子構造から現在の鳥フルウイルスや人インフルエンザウイルスとの関連性を分析した。
・" BirdFlu" Similar to Deadly 1918 Flu, Gene Study Finds National Geographic (米国) スペイン風邪ウイルス分析で、鳥フルウイルスが類似していることが判明
 メリーランドの米軍病理学研究施設のJeffery Taubenberger博士らは、医科学雑誌「Nature」「Science」に、1918年に世界的に流行し多くの人々を死亡させたスペイン風邪のウイルス遺伝子を再構築し、それが鳥フルウイルス由来で、現在流行しているH5N1鳥フルウイルスと類似している部分があることを明らかにした。両ウイルスとも感染動物から、人に直接感染出来る能力を保持しているようだ(人に感染するように遺伝子変異が起きなくても)。
 遺伝子が再構築されたウイルスは厳重に管理されているが、もし世界的に広がったとしても人類は免疫を持っているので世界的流行にはならないと考えられている。
 スペイン風邪ウイルスが鳥フルウイルス由来で、いかに変異して人に感染するようになったか、さらに今後ワクチン作成の上での情報、抗インフルエンザ薬開発など、多くの有用な情報が提供されると予想される。
・Puzzling development in birdflu fight Seven.com.au (オーストラリア) 鳥フル対策に厄介な問題が発生
 インドネシア保健省は無症状の鶏でH5N1ウイルス感染を確認したことを発表した。
 アヒルやカモなどの水鳥の何種類かはH5N1ウイルスの自然宿主となっていて、ウイルスに感染しても発病しない。しかしウイルスは常に鶏に対して、感染24時間以内に死亡させるだけの強力な毒性を保有している。
 香港の保健省大臣のYork Chow氏は、インドネシア当局の発表を伝えると共に、インドネシアでウイルスが感染を広げるに従って、鶏も自然宿主になった。我々は感染した鶏を区別できず鶏に接触するようになり感染の機会が増加する可能性がある。そのように警告した。
・Egypt quarantines 13,000 turkey chicks on suspicion of birdflu Xinhua, China (新華社、中国) エジプト、ドイツからの七面鳥13000羽を鳥フル疑いで検疫
 今月初旬にドイツから輸入された七面鳥のヒナ13000羽が鳥フル感染の疑いで検疫中と当局が発表。検査結果は間もなく判明の予定と。
・US government hosts international conference on potentially deadly ... WRIC (米国) 米国、ワシントンで鳥フル対策の国際会議を開催
 世界65カ国以上の代表とWHOが参加して6日ワシントンで鳥フル対策会議が開かれる。
・鳥インフルエンザ対策のAPEC会議開催、豪州 CNN Japan (日本)
 キャンベラ――オーストラリアのダウナー外相は5日、アジア地域で拡大する鳥インフルエンザへの包括的な対策を模索するため豪州ブリスベンで10月31日から11月1日まで ...
・鳥インフルエンザで米軍出動、議会での議論求める CNN Japan (日本)
 ブッシュ米大統領は4日、アジアなどで感染が拡大している鳥インフルエンザが米国内で流行した事態を懸念し、感染者の隔離 ...
10月5日

・Bush Considers Military Role in Flu Fight Washington Post, (米国) ブッシュ大統領、鳥フル流行対策に軍隊を動員の計画
・Indonesian Hospital Reports Seventh Human Death From BirdFlu Bloomberg (国際)インドネシアで7人目の鳥フル死亡者
 23歳男性が先週死亡し、H5N1鳥フルウイルス感染が確認されたと、 Sulianto Saroso病院の医師が語った。検体は香港の研究所に送られWHOで検査されるが、同病院の血液検査とPCR検査では陽性であったという。
 また2日に死亡した68歳の男性は、検査で陰性であったと発表された。Sulianto Saroso病院では現在21人の疑い患者が入院しているという。
 AFP通信によるとインドネシア保健省の談話として、現在インドネシア全体で85人の疑い患者が観察中と言われる。
・Bush military birdflu role slammed CNN (米国) ブッシュ大統領、鳥フル流行拡大阻止に軍隊を動員の計画
 全米ニュース
・Indonesia finds H5N1 infected but healthy chickens Reuters AlertNet (英国) インドネシアで鶏に低病原性のH5N1ウイルスを検出−−ウイルスの変異か?
 インドネシア保健省は無症状でH5N1ウイルス検査が陽性な鶏が出現してきたことを確認した。
 インドネシアで広がっているH5N1鳥フルウイルスが鶏に適合して、鶏に対して低病原性になってきた可能性が考えられる。もしそうだとしたなら鶏から人に、より感染しやすくなる可能性がある。これまではアヒルなどの水鳥などに対してH5N1ウイルスは自然宿主として存在していたが、鶏には致死的であった。
・Military might enforce quarantines in a flu epidemic Seattle Times, (米国) ブッシュ米大統領、 鳥フル流行の場合は隔離対策が必要で、軍隊も参加させる計画
 鳥フル流行の危険性が高まっていることに関しブッシュ大統領は、国内のいかなる場所で発生しても隔離体制が必要で、そのためには軍隊の動員も考えていると語った。”流行対策の最も良い手段は、流行が勃発した地域を隔離し続けることだ”、大統領は記者会見で語った。
・Bush: Military may have to help in pandemic CNN  (米国) ブッシュ:流行には軍隊の動員が必要だろう
 ”私は鳥フル流行により米国、そして世界がどのようになるかを心配している”、とブッシュ大統領はロース・ガーデンでの記者会見で語った。このような致死的な社会的現象が起きたときには、如何にして隔離体制を敷くかが一番問題だ。彼はそのように語る。
 ”一つのオプションとして軍隊を動員することだ”、と大統領は鳥フル流行勃発時に軍隊の参加を可能にする法案の提出を考えていることを語った。
・Six human flu deaths are linked to poultry Shanghai Daily (中国) インドネシアで死亡の6人は家禽からの感染と考えられる
 インドネシア農業省大臣はこれまで鳥フルで死亡した6人は、住居の近くに家禽農場があり、そこから感染したと考えられる、と調査結果を発表した。(人人感染ではなく家禽からの感染を強調:訳者)
・Medicos at birdflu frontline Australian (オーストラリア) オーストラリア、鳥フル最前線に医師達を派遣
 オーストラリアの鳥フル対策チームがインドネシアに派遣されたことを外務大臣が発表した。オーストラリアは先にタミフル5万人分をインドネシアに提供している。
10月4日


・Korea alert on possible birdflu pandemic Korea Herald (subscription),  韓国、鳥フルの世界的流行を警告
 韓国はWHOが鳥フルの世界的流行を警告しているにもかかわらず、家禽へのワクチン接種の禁止を続ける。
 韓国農林省の家畜部局の高官は、家禽へのワクチン接種は鳥フル拡大防止とはならず、むしろ害があるだろうと説明する。
 ”我々が家禽へ注射針を刺した瞬間、我々は鳥フル対策を諦めたにも等しい。ワクチン接種は事態をさらに複雑にして、予防をさらに困難にする”、と彼は語る。
 ベトナムや中国の場合は、問題がさらに拡大していたため、大量の家禽へのワクチン接種が行われた、と彼は強調する。
 ワクチンの反対者たちは、ワクチンを投与された鶏の肉を人々は予期せぬ副作用の可能性から嫌うと言う。しかしWHOなどのワクチン提案者は、十分加熱された鶏肉は害にならないという。70度30分間の加熱でウイルスは死滅するとされる。
 韓国政府は警戒と厳重な監視が最も良い対策であると言う。
 さらに農業省は10月中旬に、渡り鳥による鳥フル伝搬に対する警戒報を出す予定にしている。
 渡り鳥飛来地域での監視態勢は厳重に敷かれていると言う。
・Brazil to produce birdflu vaccine Scoopt.org (イタリア) ブラジル、来春から人用鳥フルワクチン製造と
 保健省のスポークスマンは来年早々から鳥フルワクチン製造を始めると発表。ワクチン株は英国から供給される。
・Another Indonesian suspected of birdflu, condition stable Reuters AlertNet (英国) インドネシアで新たな鳥フル疑い患者が発生
 スマトラ島のBandar Lampungの病院で入院中の若い男性が初期の検査で鳥フルと診断されたと、インドネシア保健省の疾病コントロール 局の責任者が語った。患者の状態は安定している。血液は香港の研究所に運ばれ詳細な検査を行っている。
 現在33省のうち9省から疑い患者が発生していると、当局から発表された。
・Australian birdflu vaccine trials begin ABC Regional Online (オーストラリア) オーストラリア製の人用鳥フルワクチンの臨床試験始まる
・Australia sends birdflu experts to Indonesia Reuters (国際) オーストラリア、インドネシアに鳥フル専門家を派遣
・Birdflu drug now less effective TODAYonline (シンガポール) 鳥フル薬、効果を減じだしている
 香港研究者のH5N1鳥フル耐性株出現の発表を受けての報道。オーストラリア政府は400万人分のタミフルを備蓄しているが、専門家からは半分をタミフル、残りをリレンザにとのアドバイスも現在出ているという。
・Birdflu vaccine trials to begin Australian (オーストラリア) オーストラリア:鳥フルワクチンの臨床試験が始まる 
 オーストラリアのワクチンメーカーであるCSLが開発した人用鳥フルワクチンの臨床試験が始まる。健康成人400人のボランティアが対象となる。
10月3日

・Indonesian man with suspected birdflu dies in hospital TODAYonline (シンガポール) インドネシアでさらに鳥フル疑いで男性死亡、 7人目の死者の疑い
 68歳男性が入院2日後の2日にジャカルタの鳥フル専用病院であるSulianti Saroso病院で死亡したことが、同病院のスポークスマンによって発表された。症状は高熱と咳であった。検査結果は4日に明らかになる予定と言う。インドネシアではこれまで60人以上がH5N1鳥フル感染が確認か、または疑いがもたれているが、そのうち6人が死亡している。WHOは6人のうち3人しか、香港のWHO協力研究所でH5N1感染を確認してなく、残りは保留とされている。しかしながらスポークスマンは、インドネシア政府は6人がH5N1鳥フル感染していたことを確認していると語り、香港での研究所での検査はWHOの記録のために行われているだけだ、と付け加えた。
・Birdflu quarantine lifted from two more Altai settlements ITAR-TASS (ロシア) アルタイの2居住区で鳥フル隔離が解放
 ロシア当局が発表。しかしいまだ多くの居住区で流行が見られている模様。
・BirdFlu Developing Resistance to Tamiflu and Other Anti-Flu Drugs ... Newsinferno.com, 鳥フルウイルスはタミフルや他の薬剤に耐性になりつつある
 中国からの報告や、他の情報源によるとH5N1鳥インフルエンザウイルスは、タミフルにすでに耐性になってきているようだ。またアマンタジンに対しても多くの国で耐性になっている。
・Anti- birdflu drug no longer as effective The Age (subscription), (オーストラリア) 鳥フル薬はもはや有効ではない
 オーストラリアでは鳥フル流行に備えて400万人用のタミフルを備蓄しているが、香港の研究者によると、今年北ベトナムの感染者から分離されたH5N1ウイルスは、タミフルに耐性となっていると言う。
10月2日

・Vietnam’s birdflu vaccination program delayed Thanh Nien Daily (ベトナム) ベトナム、家禽への鳥フルワクチン接種予定よりも遅れる
 ベトナムでの家禽への鳥フルワクチン接種計画は第三相に入ったが、予定より2〜3週遅れて10月上旬まで延期される。理由は予定のワクチン入荷が遅れているからと当局から説明された。
・China drafts plan to fight birdflu Thanh Nien Daily, (ベトナム) 中国、鳥フル対策計画立案
・Experts warn of growing resistance to Tamiflu Thanh Nien Daily 専門家、タミフル耐性株出現に警告
 香港の研究者は今年北ベトナムで人に感染したH5N1鳥フルウイルスが、タミフルに耐性を示していることを明らかにすると共に、より効果のあるリレンザの増産を急ぐように製薬会社に警告した。

・<鳥インフルエンザ>農水相会議で日本が協力姿勢強調 毎日新聞 
 ASEANと日中韓3カ国の農水相会合が29、30日、マニラ近郊で開催された。日本は鳥インフルエンザ対策について、国際機関を通じた資金援助や技術協力などを積極的に行う方針を示した。
・Asean prepares plan to combat birdflu Peninsula On-line (クエート) 東南アジア諸国連合(ASEAN)、鳥フル対策計画
 東南アジア諸国連合は、今後3年以内に鳥フルを排除する目標で計画を作成。
・British stockpiled flu drug may be useless Science Daily (英国) 英国で備蓄のタミフルが無効になるかも
 3億2千9百万ドル(362億円)の予算で備蓄している英国のタミフル(1460万人分)は、H5N1鳥フルウイルスがタミフルに耐性を獲得してきているので無効になるかも知れない、とロンドンタイムス紙は伝えた。
10月1日


・A Boy in E Java Suspectedly Infected With BirdFlu Antara  (インドネシア国営通信) 東ジャワで少年が鳥フル疑いで入院
  5歳少年が鳥フル様症状を呈してDr Soedono 病院へ28日入院。各種の検査でも現在、確定診断はついていないと担当医が説明。母親の話では飼育していた15羽の鶏が突然死んだ後、少年が発症したと言う。
・タミフルに耐性、鳥インフルエンザ感染に効かず=香港の薬理学者、日本の使い過ぎを警告 日本消費者新聞
 鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染による死者がベトナムに続き、インドネシアでも拡大している問題で、香港の薬理学者は9月30日、鳥インフルエンザウイルスがインフルエンザ感染症 ...
・'We Are in Real Trouble'
 Newsweek (国際) 我々は本当に厄介な問題を抱えている
 H5N1鳥フルに関する総説。
インドネシアの5歳の少女が鳥フル様症状で死亡した。
・£186m drug consignment may be ineffective against birdflu Times Online (英国) 1億8千6百万ポンドのタミフルが無効になるかも
 昨日香港の研究者が、北ベトナムで発病した患者からのH5N1ウイルス株がタミフルに抵抗性を示していることを発表した。H5N1ウイルスに対してタミフルが無効となると、鳥フル流行に備えて英国が備蓄している1億8千6百万ポンド相当のタミフルが無効になる可能性も出てくる。
・Experts Warn of Growing Resistance to Tamiflu RedNova.com 専門家警告:タミフル耐性株の鳥フルウイルスが増加

 H5N1鳥フルウイルスがタミフルに抵抗性を示してきていることが、香港の研究者により明らかにされた。
 報告によると今年北ベトナムで流行したウイルス株がタミフルに耐性を示していたことが分かった。研究者達は薬品製造会社に至急、より効果を示すリレンザの製造を促した。リレンザは吸入により使用する。
 ”タミフル耐性H5N1株が出現してきている。我々はタミフルだけに依存することは出来なくなった”、と香港のクイーン・マリー病院の薬学部門の名誉助教授であるWilliam Chui博士はロイターに語った。
 同氏はインフルエンザウイルスに対する耐性株は日本で多く見られ、それは日本でインフルエンザに対して習慣的に医師が商法するからであると、語った。
 同氏は出来ればリレンザの注射薬の開発が望ましいと語ったが、そうすれば高濃度の薬剤の投与が可能となるし、腸管からの吸収率の個人差の問題を無視できると説明した。
・Expert Predicts "Perfect Set-Up" for Avian Flu Pandemic KTRE, TX (米国) 専門家、鳥フルの世界的流行はいつ発生するか分からないと警告
 米国の鳥フル対策について議論が高まる中、専門家は鳥フルの世界的流行がいつ起きるか分からないと警告した。
 ”インフルエンザの流行はハリケーン、津波、そして地震のようにいつ起きるか予知は難しい”とOsterholm博士はテレビ出演で語った。人類はこの300年間に10のインフルエンザ流行を経験し、いまさらに新たな流行を経験しようとしている、と彼は語った。
・WHO Tries to Calm BirdFlu Fears North County Times (米国) WHO、鳥フル脅威を沈静化に 
 29日、WHOの
David Nabarro 博士が鳥フルウイルスが変異して世界的に流行した場合、最悪1億5千万人の人々が世界で死亡する可能性があると言ったことに対して、WHOはその数値を下方に修正した。WHOのスポークスマンは1億5千万人という数値が間違っているとは表明しなかったが、現実的には740万人という数値が妥当であると語った。
 
鳥フルが世界的に流行した場合の死者数予測は専門家により異なるが、200万人から3億6千万人の幅がある。昨年WHOの西太平洋地域事務所で1億人の死者がでる可能性があると表現したのが、これまでのWHOにおける最大の数値であった。
・鳥インフルエンザで、1億5000万人が死亡する恐れある=国連◇ロイター
 nikkeibp.jp (日本) 
 国連は29日、鳥インフルエンザが突然変異してヒトからヒトに感染するようになる事態への備えを怠れば、世界で最大1億5000万人が死亡する恐れがあると警告した。 ...
・ASEAN、鳥インフルエンザ対策で行動計画策定へ 日本経済新聞 (日本)
 東南アジア諸国連合(ASEAN)は30日、鳥インフルエンザの撲滅と感染拡大防止に向けた3カ年の行動計画を早急に策定すると発表した ...
TOP